にいがた音楽雑記帳

更新日記 

2018年1月14日

 1月も半ばとなり、厳寒の日々が続いています。新潟県内は大雪となり、通常は降雪が少ない海岸部の新潟市でも予期せぬ豪雪となって混乱が続いています。
 こんな状況の中、今週末は県内各地で魅力ある公演が予定されています。無事開催されますように・・・。

 さて私は、12日の「ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団ニューイヤー・プレミアム・コンサート」に行く予定でしたが、大雪で交通状況最悪のため断念せざるを得ませんでした。千住真理子・牛田智大という魅力あるソリストを迎えて、新春を飾る素晴らしい演奏が聴けたものと思います。

 そして今日は「東京交響楽団第105回新潟定期演奏会」に何とか行くことができました。飯森さんの指揮で、豪華絢爛・大迫力のオーケストラサウンドを堪能しました。

 

2018年1月7日

 新年を迎えて1週間となりました。新潟の音楽界も始動しました。今年も音楽を楽しめますように・・。

 今日は今年最初のコンサートとして「新潟アルス・ノーヴァ 新春ファミリーコンサート」に行ってきました。新潟の音楽家による肩の凝らない楽しいコンサートに音楽の喜びを感じました。

 さて、今年は新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)の開館20周年に当たります。きっと大きなイベントがあるものと期待しているのですが、今のところ何の気配もありません。10周年にはウィーンフィルが来ましたけれど、今回はいかに・・。期待しない方が良さそうですね。

 

2018年1月1日

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 今年も新年のカウントダウンは、BSジャパンで生中継された東急ジルベスタ―コンサートでした。今回は広上さんの指揮で「展覧会の絵」でしたが、ピッタリと新年を迎えることができました。めでたし、めでたし。

 今年も良い音楽に出会えますように、そして、どの会場も賑わいますように・・・。

 


2017年12月31日

 今年も本ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございました。皆様方にとりまして本年はどんな年でしたでしょうか。
 ホームグランドであるりゅーとぴあの改修工事に伴う長期休館などがありましたが、今年もたくさんのコンサートを聴くことができました。
 例年のように、今年私が聴いたコンサートの中から県外公演を除いて2017年コンサート・マイベスト10」を選びました。その中から私が選んだマイベスト1は、「東京交響楽団第100回新潟定期演奏会」です。皆様方はいかがでしたでしょうか。

 来年は毎年春の風物詩になっていたラ・フォル・ジュルネ新潟の中止が決まりました。寂しさは禁じ得ませんが、来年も良い音楽が聴けますように・・・。では、良いお年をお迎えください。

 

2017年12月24日

 今日はクリスマスイブ。年末年始はホールもお休みになりますので、この連休が実質最後の休日ということで、今年の最後を飾るイベントが目白押しです。同時刻開催の魅力ある公演に究極の選択を迫られて、うれしい悲鳴です。

 こんな中、昨日は悩んだ末にといいますか、先にチケットを買ってしまっていた「キエフ国立フィルハーモニー交響楽団」に行ってきました。ドヴォルザークとベートーヴェンの二つの第九を演奏するという豪華プログラムにお腹がいっぱいになりました。
 そして、開演が15時からと遅かったので、開演までの間「新潟市ジュニア音楽教室スプリングコンサート2017」を聴かせていただき、子どもたちの高水準のひたむきな演奏に感激しました。

 そして今日は、今年最後のコンサートして、「新潟大学吹奏楽部第53回定期演奏会」に行ってきました。学生たちの真摯な演奏に元気をいただきました。

 

2017年12月17日

 今年もあと2週間となり、年末恒例の催しがこれでもかというくらいに目白押し。うれしい悲鳴です。どの会場も賑わってほしいですね。
 このところ忘年会続きで疲労困憊し、行く予定のコンサートをいくつかキャンセルしてしまいました。年末の慌しさは増すばかりで、コンサート通いもはばかられそうですが、時間を空けてできるだけ聴きたいと思います。

 今日は県民会館で開館50周年記念の大型イベントがありましたが、新潟の年末には欠かせない「第18回新潟第九コンサート2017」に行ってきました。誰が演奏しても、どんな演奏でも感動するのが第九マジックですが、良い演奏でした。

 さて、来年のラ・フォル・ジュルネ新潟中止のニュースは新潟の音楽ファンをがっかりさせましたが、新潟の小学校5年生を対象に毎年開催されている東京交響楽団による「わくわくキッズコンサート」も中止になるんだそうですね。
 私の娘たちも参加して感動していた歴史あるコンサートの中止は誠に残念です。子どもたちに生のオーケストラの演奏を体験させてあげる貴重な機会であり、次代を担う子どもたちへの投資ともいえるものです。子どもたちの情操教育まで削らねばならないほど新潟市の財政事情が危機に瀕しているということなのでしょうが、削るべきものがほかにありそうであり、どうにかならないものかと考えざるを得ません。

 

2017年12月10日

 年末の慌しさで身も心も疲れがたまっていますが、昨日は新潟市西区の越後森林館で開催された「Rim-ictus Christmas Concert」に行き、新潟を代表する打楽器奏者である本間美恵子さん、倉澤桃子さん、大越玲子さんの名演奏を楽しみました。
 夜は「新潟大学管弦楽団第54回定期演奏会」に行く予定にしていたのですが、残念ながら行けませんでした。

 今日も魅力あるコンサートがいくつも重なって、どこに行くか悩ましい日曜日になりましたが、疲労が蓄積し、休養することにしました。

 

2017年12月3日

 ついに12月になってしまいました。今年も残すところあとわずかとなりましたが、たくさんのコンサートが目白押しであり、うれしい悲鳴です。でも、年末の慌しさで、行くに行けないものが多くて残念です。

 昨日は「りゅーとぴあオルガンクリスマスコンサート2017」に行き、メサイアを聴く予定にしていたのですが、諸般の事情により断念しました。先週に引き続いてチケットを無駄にしてしまって残念です。

 今日は「東京交響楽団第104回新潟定期演奏会」に行ってきました。音楽監督のノットの指揮でたっぷりと楽しませていただきました。

 その前に開催された定期の日恒例の「東響ロビーコンサート」も聴かせていただきました。今回は弦楽四重奏でしたが、プログラムも演奏も良かったです。

 

2017年11月26日

 11月も末となり、寒さが厳しいですが、音楽関係のイベントは数多く、同時刻にたくさんの公演があるという事態に聴きに行く方も困ってしまいます。客の奪い合いという感じもしますが、どこも賑わってほしいですね。

 23日の勤労感謝の日もたくさんのコンサートがあり、プロジェクト・リュリに行こうか最後まで悩みましたが、東響定期会員招待の「萩原麻未 ピアノリサイタル」に行ってきました。若き才能の爆発を目の当たりにし、元気をいただきました。

 そして昨日は「第1回大谷康子とアンサンブルNORTH新潟」に行き、大谷さんと若手プロ音楽家の素晴らしい演奏を楽しみました。その前に開催された無料のロビーコンサートも良かったです。

 今日は「新潟市民吹奏楽団第93回定期演奏会」に行く予定にしていたのですが、昨夜の忘年会疲れで断念しました。

 

2017年11月19日

 ついに冬がやってきました。寒さに負けずに頑張りましょう。

 昨日は「フジコ・ヘミング&ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団」に行ってきました。フジコさんも良かったですが、ブダペスト・フィルの軽快な演奏に感動しました。

 今日は「北区フィルハーモニー管弦楽団第7回ファミリーコンサート」に行く予定にしてチケットも買っていたのですが、諸般の事情で断念しました。

 さて、LFJ新潟中止のニュースは、アルビレックス新潟J2降格と並ぶ悲しい出来事でしたが、経費以上にいろんな制約があって大変だったようですね。マルタンさんやラ・フォル・ジュルネというブランドの下で開催され、某音楽事務所が牛耳っていましたものね。新潟独自のの企画はやりにくかったと思います。今年金沢はLFJを捨てて独立しましたが、いろんな事情があったものと思います。
 新潟には金沢のようなパワーや文化的下地がありませんので、独自の音楽祭を開催する力はありませんが、GWに何らかのイベントを開いてもらいたいものです。このままでは新潟の地盤沈下が進むばかりです。

 

2017年11月12日

 あっという間に11月も半ばとなり、寒さも感じられるようになりました。相変わらず新潟でのコンサートは盛況で、行きたい公演は多いものの、重なってしまって行けないのが残念です。

 昨日は「第52回新潟県音楽コンクール受賞者コンサート」に行き、才能溢れる若者たちの生き生きした演奏に力をいただきました。

 そして今日は、長岡での「東京フィルハーモニー交響楽団長岡特別演奏会」にも行きたかったのですが、チャイコフスキーの後期交響曲3本立ての「ロシア国立交響楽団」に行ってきました。演奏もさることながら、ボリュームいっぱいの内容にお腹いっぱいになりました。

 今週は残念なニュースがありました。毎年春の風物詩となったはずのラ・フォル・ジュルネ新潟が、財政難から来年は開催中止の方向で検討されているとのことです。毎年4〜5千万円の負担が財政を圧迫しているとのことですが、新潟の芸術文化発展への貢献は計り知れず、全国に誇れる新潟の魅力がまたひとつ減るようで、寂しさを禁じ得ません。19年以降は未定とのことですが、このまま消えてしまうんでしょうね。
 実はこの件は、今年のラ・フォル・ジュルネ開催直後から話しが出ていましたが、市長の英断で存続を期待していました。結局は当初の噂話が現実のものとなりました。でも、新潟には素晴らしい音楽家がいますから、それに代わるいろんなイベントが行われるものと期待しています。

 

2017年11月5日

 11月になり、さすがに寒くなってきました。でも、新潟の音楽界は熱いです。激動の10月が終わって一休みというところですが、昨日は「鍵冨弦太郎 秋のアンサンブル」に行ってきました。ピアノ、オーボエと共演し、選曲も良くて楽しめました。

 

2017年10月29日

 10月最後の週末となりましたが、2週続きの台風で天候は優れません。今週もたくさんのコンサートがありました。昨日は「サファリオーケストラ」の公演に行く予定にしていたのですが、仕事がたまっていて行けませんでした。残念でした。

 今日は「ハンガリー国立歌劇場「こうもり」」に行き、お馴染みのワルツにのせて繰り広げられる面白おかしいオペレッタを理屈ぬきに楽しみました。
 終演後そのまま移動して「東京交響楽団第103回新潟定期演奏会」に行きました。東響というより、ヴァイオリンの神尾さんの妙技に感嘆しました。

 

2017年10月22日

 超大型台風が日本列島を直撃しようとしています。そして、今日は衆議院議員選挙投票日です。慌しい週末になりましたが、新潟ではたくさんのコンサートが目白押しです。魅力的なコンサートがいくつも重なって悩ましいですね。

 こんな中、昨日は長岡での「仲道郁代&仲道祐子 デュオコンサート」に行ってきました。演奏もトークも素晴らしく、楽しいひと時を過ごしました。

 そして今日は、「新潟交響楽団第100回記念定期演奏会」に行ってきました。記念演奏会に相応しい熱い演奏に、感動の涙が流れ出ました。

 さて、このホームページは1996年10月23日の開設であり、明日で21周年を迎えます。私が行ったコンサートを記録に残すのが趣旨であり、音楽的素養がなく、楽器も演奏できない素人の感想を書き綴っているのみです。的外れの感想もあるかもしれませんが、素人のたわごととご容赦ください。
 また、新潟音楽情報のページは、新潟で開催されるクラシックコンサートを網羅するよう心がけています。新潟でどんなコンサートがあったのか記録に残したいと考えています。
 これからも昔ながらの手作りのホームページにこだわって続けていきたいと思いますので、ご覧いただければ幸いです。

 

2017年10月15日

 秋も深まり、芸術の秋・音楽の秋真っ盛りです。スケジュール調整もままなりませんが、できるだけ楽しみたいと思います。

 昨日は「洋楽の夕べ ジョイントリサイタル」に行き、新潟で活躍する音楽家たちの熱きパフォーマンスに感動しました。

 そして今日は、片野大輔さんがコンチェルトで共演する柏崎フィルの定期演奏会や三船優子さんのコンサートなど、魅力的な公演が重なりましたが、りゅーとぴあで開催された「プッチーニ:歌劇「トスカ」」に行ってきました。音響の良いコンサートホールで観るオペラも素晴らしく、河P直美さんによる斬新な演出もあって楽しめました。

 さて、十日町市に建設中だった「越後妻有文化ホール」(愛称:段十ろう)が竣工し、11月3日に会館記念式典が開催されます。2層708席(1階席323席、2階席377席、親子室4席、ユニバーサル室4席、車イス席あり)の多目的ホールで、中央公民館が併設された複合施設です。開館記念イベントとしては、「「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」(12月9日)、「オーケストラ・リベラ・クラシカ」(3月10日)ほかが予定されています。

 

2017年10月9日

 体育の日の今日、「ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団」に行ってきました。辻井さんとユロフスキの熱い演奏に感動しました。

 

2017年10月8日

 あいかわらずのコンサートラッシュ。行きたくても行けないものばかり。梯剛之さんや山本真希さんのリサイタルには是非行きたかったのですが、時間がとれず断念しました。

 昨日は北区文化会館で行われた「ワンコインご縁コンサート 尺八と箏」に行き、薫風之音の二人の演奏を楽しみました。

 そして今日は「茂木大輔のオーケストラコンサート No.13」に行ってきました。解説も良かったですが、在京オケのトップ奏者を中心とする「もぎオケ交響団」の見事な演奏に感動しました。

 

2017年10月1日

 今日から10月。日も短くなって、秋も深まりました。芸術に秋真っ盛り。今週もたくさんのコンサートがありました。でも、行きたくても行けないものも多く、東響定期会員招待の「ダネル弦楽四重奏団」(9月28日)も、仕事のため行けませんでした。素晴らしい演奏だったとのことであり、ちょっと残念に思っています。

 週末もコンサートラッシュですが、昨日は、「関 敦子 ピアノリサイタル」に行ってきました。淀みなく流れ出るピアノの調べに身をゆだねました。

 そして、今日は「新潟メモリアルオーケストラ第27回定期演奏会」に行き、パワーと情熱にあふれる演奏に感動を抑え切れませんでした。

 

2017年9月24日

 彼岸をむかえ、すっかりと秋らしさを感じるようになりました。芸術の秋ということで、今週末もたくさんのコンサートが重なっており、新潟の音楽界の活発さに驚きです。

 昨日は、北区文化会館で開催されたワンコインご縁コンサート・シリーズの「ランチタイムコンサート チェロとピアノ」に行き、チェロの片野大輔さん、ピアノの清水美香さんの演奏を楽しく拝聴しました。

 そして今日は、「東京交響楽団第102回新潟定期演奏会」に行き、トランペットの饗宴に酔いしれました。

 

2017年9月17日

 9月も半ばを過ぎ、芸術の秋のスタートです。今週もたくさんの催しがあり、いずれも興味深いものばかり。行くに行けないのが残念です。

 昨日も行きたいコンサートがいくつもありましたが、仕事で出張でしたので断念しました。今日は出張を早く切り上げて、毎年最も楽しみにしていると言っても過言でない「新潟市ジュニアオーケストラ教室第36回演奏会」に行ってきました。情熱が爆発する演奏に胸を熱くしました。

 

2017年9月10日

 新潟平野は稲刈りが盛りとなり、秋も本格化しました。芸術の秋もスタートです。長期休館していた「りゅーとぴあ」も、9月8日にリニューアルオープンし、早速公演が始まっています。昨日・今日は吹奏楽の西関東大会が開催され、大賑わいとなっています。

 かくいう私は、今週は所用が重なり、コンサートは断念しております。

 

2017年9月3日

 ついに9月になりました。夏休みも終わって、芸術の秋の始まりです。今週末もたくさんの催しがあり、困ってしまうほど。仕事もありますし、体は一つ。どこに行くか悩ましいですね。

 昨日は「堤 剛 無伴奏オールバッハプログラム」に行き、チェロ一本での熟練の演奏を堪能しました。実は加藤礼子さんがソリストとして共演する「新潟セントラルフィルハーモニー管弦楽団第4回演奏会」に是非とも行きたかったのですが、この演奏会の発表前に、既に堤剛さんのチケットを買っていましたので、涙を呑みました。時間がずれてくれたら行けたのですけれど・・。
 また、このコンサートに先立って、古町7番町で開催された「フルマチ クラシック フェスタ in mall 7 高雄敦子」に立ち寄って、商店街に響くヴァイオリンを楽しませていただきました。

 そして、今日は、フルマチクラシックフェスタに立ち寄り、SHIMOHONCHO QUARTETの皆さんの演奏を少しだけ聴いて、「五來貴洋 ヴァイオリンリサイタル」に行ってきました。ウィーンで研鑽を深めた若き才能の初リサイタルに参加できた幸せを感じました。

 さて、東京交響楽団新潟定期演奏会の2018年度の予定が早くも発表になりました。マニアックなプログラムはなく、一般受けしそうで、集客増が期待されます。
 注目は、飯森さん指揮によるヴェルディのレクイエムでしょうか。ほかにも飯守泰次郎さんのワーグナーが楽しみですし、ソリストではピアノのスティーヴン・ハフが楽しみです。定期会員が増えますように・・・。
(→2018年度東京交響楽団新潟定期演奏会)(→パンフレット

 

2017年8月27日

 いよいよ8月も終わろうとしています。天候不順な夏ですが、もうすぐ9月だと思うと、行く夏がさびしく思われます。

 さて、昨日は「野上詩織・比護慧子デュオリサイタル〜夏送りの調べ〜」に行ってきました。若い二人の才能の開花を実感し、二人の将来が輝かしいものなることを祈りました。
 

2017年8月20日

 天候不順な毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。お盆休みが終わって、新潟の音楽界も活動再開です。

 今日は、私が大好きなマーラーの9番を聴きに、県外遠征して、「セイジ・オザワ松本フェスティバル オーケストラコンサート Aプログラム」に行ってきました。ファビオ・ルイージ指揮による渾身の演奏に感激しました。

 

2017年8月13日

 お盆がやってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。コンサートもお盆休みのようですが、それでもいろいろあります。
 金曜日の海の日には、「第21回武蔵野音楽大学同窓会新潟県支部演奏会」に行き、熟練の歌声に感嘆し、その後は「APRICOT2017夏季公演「小公女」」に行き、子どもたちの素晴らしいパフォーマンスに元気をもらいました。
 そして昨日は、「新潟中央高等学校管弦学部♪コーラス部 Joint Concert 2017」に行き、県内高校では最高水準の演奏を堪能しました。

 

2017年8月6日

 8月になり、新潟も漸く梅雨明けし、暑い毎日です。新潟市は祭りでにぎわいをみせています。コンサートもいろいろありますが、どこも盛況となりますように・・・。

 昨夜は仕事関係の納涼会が新潟市内であり、帰りはタクシーで帰ったのですが、車内ではメジューエワの弾くショパンのマズルカが流れていました。クラシック音楽好きの運転手さんで、音楽についてお話ができて良かったです。

 

2017年7月30日

 7月も終わろうとしていますが、梅雨明けしない新潟。気分も晴れませんが、コンサートは花盛りです。昨夜は長岡市に遠征し、「東京フィルハーモニー交響楽団長岡特別演奏会」に行って来ました。チョン・ミョンフンの指揮で、興奮と感動のベートーヴェンを楽しみました。

 そして今日は、「山形交響楽団新発田公演」に行ってきました。小編成のオケながら、熱く燃え上がる演奏に、心躍りました。

 

2017年7月23日

 高校野球県大会も今日が決勝にはずでしたが、雨で順延となりました。でも、新潟の暑い夏が続いています。こんな中、金曜日は「前橋汀子 無伴奏オール・バッハ・プログラム」に行き、熟練の演奏に心を熱くしました。

 そして今日は、「新潟市ジュニア合唱団第27回定期演奏会」に行き、汚れた心を清めてきました。ジュニアの力は素晴らしいですね。

 

2017年7月16日

 新潟は猛暑が続いています。新潟市内では昨日・今日と「第30回新潟ジャズストリート」が開催されているほか、新潟大学管弦楽団のサマーコンサートをはじめ、たくさんのコンサートがあり、音楽界も熱く燃えています。

 私はこのところいろいろ業務が重なり、行くに行けない状況でしたが、今日は空いた時間で秋葉区文化会館で開催された「クラリネット ワンコインコンサート」に行き、岩渕仁美さんと斉藤晴海さんの演奏を楽しみました。

 

2017年7月9日

 新潟は梅雨の中休みですが、新潟の音楽界に休みはありません。とういうものの、今週はいろいろありまして、大人しく過ごしております。

 

2017年7月2日

 新潟は梅雨の真っ只中で、鬱陶しい毎日ですが、たくさんのコンサート、催しが目白押しです。皆さんはどこに行かれますでしょうか。

 昨日は「モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団」を聴いてきました。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と交響曲第6番「悲愴」というボリュームいっぱいの重量級プログラムで、お腹いっぱいになりました。

 そして今日は、長岡遠征して「長岡交響楽団第58回定期演奏会」に行き、熱く燃え上がる奇跡の演奏に興奮しました。

 さて、今年も半分終わりましたが、今年の後半の公演情報も明らかになりました。オーケストラ公演のラッシュには驚きです。これだけたくさんの公演が続くのは記憶にありません。りゅーとぴあ改修工事の関係で、コンサートホールの稼動期間が限られたことも一因と思いますが、オペラ公演もありますし、選択に困ってしまいます。地方都市の新潟で、どれだけ集客できるか心配になります。

 

2017年6月25日

 新潟も漸く梅雨入りし、雨が降ったり、晴れたりと、落ち着かない陽気です。

 暫くコンサートからご無沙汰していましたが、今日は「北区フィルハーモニー管弦楽団第6回定期演奏会」に行って来ました。燃え上がるような熱演に胸を熱くしました。。

 

2017年6月18日

 なかなか天候が落ち着きませんが、週末は穏やかになりました。ただし、いろいろあって、今週はコンサートはお休みです。

 

2017年6月11日

 暑かったり涼しかったり、天候が落ち着かない日が続いています。でも、新潟の音楽界は活発です。

 昨日は北区文化会館で開催された「ワンコインご縁コンサート ヴァイオリンとピアノ」で、鈴木理恵子さんのヴァイオリンに酔いしれ、音楽文化会館での「第1回新潟中央高等学校音楽科卒業生の会コンサート」に参加し、新潟の若手音楽家の素晴らしい演奏を楽しみました。

 そして今日は、「新潟交響楽団ファミリーコンサート」に行ってきました。肩の凝らない楽しい音楽でリラックスできました。

 

2017年6月4日

 りゅーとぴあが長期休館に入り、ちょっとさびしい週末になりました。今週はコンサートに行く予定はなく、大人しく雑務に励みます。

 

2017年5月28日

 早いもので、もう5月も終わりです。もう夏なんですね。今週末もいろんな催しがありますが、皆さんはどこに行かれますでしょうか。

 昨日は、「Noism1 「Liebestod−愛の死」/「Painted Desert」」に行ってきました。3日連続公演の中日でしたが、芸術性の高い演目にため息が出ました。新潟にこのようなダンスカンパニーがある喜びをひしひしと感じました。

 さて、新潟市の文化の殿堂・りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)は、いよいよ今日の公演を最後に、明日から9月7日まで、改修工事のため全館休館となります。ちょっとさびしいですが、コンサートが減るわけではありませんので、別の会場で楽しみたいと思います。

 

2017年5月21日

 好天が続き、気温も上がって、春から初夏の陽気になっています。田植えが終わって、田んぼでは蛙の大合唱です。新潟のベストシーズンですね。

 昨日は北区文化会館で開催された「ワンコインご縁コンサート ヴァイオリンとマリンバ」に行き、佐々木友子さんと倉澤桃子さんの素晴らしいアンサンブルを楽しみました。

 その後は音楽文化会館での「第74回新潟室内合奏団演奏会」に行き、小黒亜紀さんとのコンチェルトに感激し、スピード感あふれるオーケストラに気分爽快になりました。

 そして今日は、秋葉区文化会館で開催された「フォリエと歌うオペラの世界」に行き、ソプラノの鈴木さん、カウンターテナーの弥勒さんの魅力に感激しました。

 

2017年5月14日

 GWが終わって、早くも5月半ばとなりました。今週もたくさんの催しがあり、新潟の音楽文化も花盛りです。

 昨日は「トリオ・ベルガルモ演奏会 幽遠なる調べ」の昼の部に行ってきました。新潟が誇るトリオの情熱あふれる緻密な演奏に聴きほれました。

 そして今日は、「Vari Colori vol.3」に行き、小林浩子さん、加藤桜子さん、金川 唯さんの個性あふれるピアノを楽しませていただきました。

 さて、りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)は改修工事が行われていますが、コンサートホールは今日の「第13回新潟中央高等学校音楽科ロシアンメソッド公開ピアノレッスン&コンサート」を最後に、明日から9月7日(木)まで休館となります。そして、5月29日(月)から9月7日(木)までは全館休館となり、飲食施設も休業し、2階ロビーへも立ち入りできなくなります。なおチケットの窓口販売は1階事務室で行うそうです。新潟が誇る文化の殿堂の休館は寂しいですが、老朽化した施設の改修は避けられない問題であり、9月の再開を待ちたいと思います。

 

2017年5月7日

 GW後半もいろいろありましたが、5月5日は「第7回新潟クラシックストリート」に参加してきました。晴天の下に熱い演奏をたっぷりと楽しみました。

 そして今日は、江南区文化会館で開催された「ジョイントコンサート DANCE!」に行き、新潟の若手音楽家の熱演に胸を熱くしました。
 

2017年4月30日

 ついにGWに突入しました。28日の金曜日から「ラ・フォル・ジュルネ新潟2017」が始まり、今日まで開催されています。他にも関連イベントがあって、新潟は大賑わいです。同時刻に重なる公演もあり、頭を悩まします。
 LFJ新潟の詳細は後日にアップする予定ですが、「ラ・フォル・ジュルネ新潟2017 第1日」、「ラ・フォル・ジュルネ新潟2017 第2日」、「ラ・フォル・ジュルネ新潟2017 第3日」としてまとめました。

 LFJ新潟が終わっても、GW後半に「新潟クラシックストリート」などいくつもの公演が控えています。行楽に出かけるのも良いですが、新潟で音楽に浸るのも良いですね。

 

2017年4月23日

 早いもので4月も下旬となり、もうすぐGWが始まります。今週末は天候に恵まれて、青空がすがすがしく、まさに春爛漫です。
 今月初めから開催されてきたアートミックスジャパンは今日が最終日となります。どの公演も盛り上がりを見せたようで良かったと思います。
 和の祭典の次はクラシックの祭典です。いよいよ28日からLFJ新潟の開幕です。例年肌寒いことが多いのですが今年は天候に恵まれますように・・。

 さて、今日は「東京交響楽団第101回新潟定期演奏会」に行ってきました。沼尻さんの指揮で、大編成のオーケストラサウンドを堪能しました。
 その前に、「東響ロビーコンサート フルート四重奏」も聴き、東響が誇る4人のフルート奏者による見事なアンサンブルと美しい音色に酔いしれました。

 

2017年4月16日

 新潟の桜も満開となり、各地ともお花見客で賑わっていることでしょう。音楽界も春真っ盛りです。アートミクスジャパンは盛り上がっているようですし、魅力あるコンサートが目白押しです。でも、行くに行けないのが寂しいですけれど・・。

 そんな中、昨日は江南区文化会館で開催された「ラ・フォル・ジュルネ新潟2017 プレ公演」に行ってきました。先日の「新潟市政令指定都市移行10周年記念行事」でも見事な演奏を聴かせてくれたスペシャル市民オーケストラが出演し、新潟明訓高校合唱団との共演もあって迫力ある演奏を楽しみました。

 そして、本日は「東京音楽大学校友会新潟県支部45周年記念コンサート」に行く予定で、チケットも買って楽しみにしていたのですが、仕事のため断念しました。大谷康子さん、小川典子さんのゲスト出演もあって盛り上がったことでしょう。

 

2017年4月9日

 新潟も桜が開花し、いよいよ春本番です。昨日は「新潟市政令指定都市移行10周年記念行事」が開催され、市民の一人として参加しました。新潟に根付いた多彩な文化を楽しむことができました。

 

2017年4月2日

 4月を向かえ、新年度の始まりです。恒例となったアートミックスジャパンが昨日開幕しましたが、年度始めということからか、コンサートが少ないのが寂しいです。

 

2017年3月26日

 年度末の慌しさで音楽どころでもないのが実感ですが、気分転換も重要です。この時期は高校・大学の吹奏楽部のコンサートが目白押しです。行けないのは残念ですが、練習の成果を思う存分発揮してほしいですね。

 さて、今日も魅力あるコンサートが重なっています。特にスプリングコンサートと銘打ったコンサートがいくつもあります。その中から、毎年楽しみにして万難を排して駆けつけている「新潟市ジュニア音楽教室第13回スプリングコンサート」に行ってきました。

 

2017年3月19日

 昨日からラ・フォル・ジュルネ新潟2017のチケットの一般発売が開始され、春の音楽シーンも佳境を迎えています。この連休もたくさんの催しがあり、春の訪れを実感します。

 昨日は魅力あるたくさんの催しの中から、聖籠町で開催された「春のジョイントコンサート」に行き、小黒亜紀さん、小山瑠美子さん、斉藤晴海さん、薫風之音の皆さんの多彩な演目を楽しみました。

 そして今日も魅力ある催しがたくさんあります。長岡でのリリック・メモリアル・オーケストラの演奏会も気になりますが、今日は東響新潟定期の日。こちらに行かねばなりません。
 ということで、「東響ロビーコンサート」で弦楽五重奏を楽しみ、リハーサルを見学した後、「東京交響楽団第100回新潟定期演奏会」に臨みました。飯森さんの指揮によるレスピーギのローマ3部作は、オーケストラを聴く醍醐味を知らしめてくれて、100回を記念するに相応しい演奏でした。

 

2017年3月12日

 3月も半ばとなり、年度末の慌しさが増すばかりですが、たくさんのコンサートがあり、新潟の音楽界は大盛況です。どの会場も賑わいますように・・・。

 昨日は巻文化会館で開催された「チェロを聴く春の音楽会」に行き、結成されたばかりの新潟チェロカルテットの初の演奏を聴かせていただきました。
 その後はりゅーとぴあで開催された「イタリア ベルカント・オペラ名曲集」に行き、素晴らしい歌声を堪能しました。

 そして今日は「新潟リング・アンサンブル第17回定期演奏会」に行き、肩の凝らない楽しい演奏を堪能しました。

 

2017年3月5日

 いつのまにか3月。桃の節句が終わり、少しずつ春の予感を感じるようになりました。まだ天気の週間予報に雪マークがありますが、来月の今頃は桜の話題が出ていることでしょう。もう少しの辛抱ですね。

 昨日は「小山実稚恵ピアノリサイタル」に行ってきました。スピード感あふれるパワフルな演奏でしたが、エレガントさを失わないところが素晴らしかったです。

 そして今日は長岡遠征して、「モーツァルト レクイエム 長岡演奏会」に行ってきました。プロのオケとソリストを迎えて、公募による市民合唱団の熱演に胸が熱くなりました。

 

2017年2月26日

 今週末は東京出張で、新潟でのコンサートへは行けませんでした。その代わりに「新日本フィルハーモニー交響楽団第569回定期演奏会」を聴いてきました。

 

2017年2月19日

 今週もいろいろありまして、大人しく暮らしており、今日も仕事でコンサートには行けません。

 でも、昨日は長岡市の朝日酒造で開催された「SanDoコンサート フランスからの音手紙」に行き、フルートの金子さん、ピアノの平林さん、そしてチェロの片野さんの演奏を楽しみました。

 さて、先日新潟市内の某ホテルでの会議に出席しましたら、隣の宴会場から弦楽の美しい調べが漏れ聴こえてきました。ドアの隙間からのぞいてみますと、見覚えのある弦楽奏者の皆さんのお姿がありました。ちょっと立ち聞きさせていただきましたが皆さん頑張っておられますね。

 最後に、今週は今年のラ・フォルジュルネ新潟のプログラム発表がありました。あっと驚く目玉的公演はなく、小粒な内容です。金沢やびわ湖に競うことなく、新潟独自の身の丈にあった公演といえましょう。盛況になりますよう期待します。

 

2017年2月12日

 行きたい催しはいろいろありますが、諸般の事情でなかなか出かけられません。今日は出かけることができたのですが、魅力ある公演が見事に重なっています。どれに行くか悩ましかったですが、「にいがたジュニアコーラス・フェスティバル2017」に行ってきました。子供たちの純真な歌声に心が洗われました。

 

2017年2月5日

 いろいろと所用が重なり、コンサートにも行くに行けない日々ですが、じっと我慢です。とはいうものの、昨日は「新潟交響楽団第13回室内楽演奏会」を前半だけ聴かせていただきました。多彩な編成での多彩な音楽を楽しませていただきました。

 

2017年1月29日

 あっという間に、1月も終わりになりました。コンサートもいろいろありますが、行けないのが残念です。随分とコンサートからご無沙汰してしまいましたが、今週末も東京出張で断念です。
 でも、せっかく上京しましたので、本日仕事が終わった後に東京芸術劇場で開催された「新交響楽団第236回演奏会」を聴いてきました。

 

2017年1月22日

 新年を迎えたと思ったら、早くも1月下旬となり、何事もなかったかのように新潟の音楽界も活動が活発です。今週も魅力ある公演が目白押しです。
 こんな中、平日開催で行きにくかったのですが「小黒亜紀 ピアノ・リサイタル」に無理をして行って来ました。期待通りの、いや、期待以上の興奮と感動をいただきました。ますます成長する小黒さんに驚くばかりです。

 また、木曜日には「ベルリンフィル八重奏団」の公演がありましたが、さすがに行けませんでした。さらに昨日は「第29回新潟ジャズストリート」という大きなイベントがあったのですが、所用が重なり断念しました。
 そして、今日も・・・。我慢も大事です。

 

2017年1月15日

 最強の寒波が襲来中。大雪に猛吹雪。出かけることもできず、除雪に励んでおります。昨日は山本真希さんの「1コイン・オルガンコンサート」に行く予定で楽しみにしていたのですが、雪に埋もれた車を出せずに断念しました。

 そして今日は、「小山瑠美子のやっぱり歌が好き」に行ってきました。小山さんと共演者の圧倒的なパフォーマンスに驚きました。

 

2017年1月8日

 新年を向かえ、新潟の音楽界も始動しました。昨夜は「NHK交響楽団演奏会新潟公演」に行ってきました。新春を飾る素晴らしい演奏を楽しみました。

 そして今日は「新潟ARS NOVA 新春コンサート」に行き、新潟音楽家による楽しい演奏で新春を祝いました。

 先月ご案内しましたが、今年のラ・フォル・ジュルネ新潟2017のテーマは「ラ・ダンス 舞曲の祭典」で、4月15日(土)にプレ公演が江南区文化会館で開催され、本公演は4月28日(金)、29日(土)、30日(日)に開催されます。
 開催準備は着々と進んでいるようであり、有料公演の半券提示で入場できる「交流ステージ」の出演者の募集が始まっています。昨年同様に劇場での開催で、募集団体は15団体程度とのことです。
 劇場ではなく、以前のように東側ロビーでの開催が盛り上がって良いと思うのですが、いろんな事情があるのでしょうね。何はともあれ、新潟の春を飾る一大イベントであり、詳細なプログラムの発表を待ちたいと思います。

 

2017年1月1日

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 皆様方は新年をいかがお迎えでしょうか。昨夜は4年に一度のジルベスターコンサートがりゅーとぴあで開催されましたが、きっと盛り上がったことでしょうね。カウントダウンはうまくいきましたでしょうか。
 私のカウントダウンは例年の通り、BSジャパンの東急ジルベスターコンサートでした。大友さんの指揮で、今年のカウントダウン曲はボロディンのダッタン人の踊り。まさに時間ぴったりの演奏に感動しました。大友さんと東京フィルの皆さんにブラボーです。
 実は、その前の紅白歌合戦の最後の嵐の曲で、郷土の誇り・石丸由佳さんがパイプオルガンを演奏していたのにも感動しました。素晴らしい活躍ぶりに勝手にうれしく思っています。

 では、今年が良い年になりますように。そして、良い音楽を楽しめますように・・・。

 


2016年12月31日

 ついに2016年も今日で終わりです。皆様の一年はどうだったでしょうか。今年もたくさんの音楽を聴かせていただき、充実した一年だったと思います。今年最後の締めくくりとして、今夜は「にいがたジルヴェスターコンサート2016」があり、是非とも行きたいところではありますが、諸般の事情で参加できないのが残念です。

 さて、今年もたくさんのコンサートを聴くことができました。私が聴いた公演の中から県外公演を除いて「2016年コンサート・マイベスト10」を選びました。
 さらにその中から私が選んだマイベスト1は、「イリーナ・メジューエワ ピアノ・リサイタル」です。皆様方はいかがでしたでしょうか。

 来年も良い音楽が聴けますように・・・。では、良いお年をお迎えください。

  

2016年12月25日

 今日はクリスマス。皆様方はいかがお過ごしでしょうか。いよいよ今年も残すところあとわずかです。頑張っていきましょう。

 天皇誕生日の23日には、恒例の「りゅーとぴあ・オルガン・クリスマスコンサート2016」に行ってきました。大オルガンの連弾やポジティブオルガンとの二重奏など、多彩な演目を朗読を交えて楽しませていただきました。

 昨日は新津美術館で開催された「ミュージアムコンサート on X'mas eve」に行き、中林恭子さんのフルートと廣川抄子さんのヴァイオリンを楽しみました。

 そして今日もたくさんの公演がありましたが、「第17回新潟第九コンサート2016」に行ってきました。グイグイと飛ばす熱き演奏に感動しました。

 

2016年12月18日

 いよいよ今年もあと2週間を切りました。慌しさは増すばかり。じっと我慢の日々です。今日も「新潟大学吹奏楽部第52回定期演奏会」のチケットを買っていたのですが、所用にて行けませんでした。

 さて、来年のラ・フォル・ジュルネ新潟2017のテーマは「ラ・ダンス 舞曲の祭典」ですが、開催の概要が明らかになっています。
 4月15日(土)にプレ公演が江南区文化会館で開催され、本公演は4月28日(金)、29日(土)、30日(日)です。有料公演はりゅーとぴあ・コンサートホール、能楽堂、音楽文化会館、燕喜館、チケットの半券で入場できる無料公演がりゅーとぴあ・劇場で開催されます。公演は全31公演で、チケット一般発売は3月18日(土)です。
 現在企画運営業務を行う委託業者の公募型プロポーザルによる選定が始まったところですが、今年と同じような開催内容になりそうです。具体的な開催発表を楽しみに待ちたいと思います。

 

2016年12月11日

 12月も中旬を迎え、せわしない日々が続いています。音楽を聴く余裕も失いそうですが、良い音楽で気分転換を図らねばなりません。
 ということで、昨日は「新潟大学管弦楽団第53回定期演奏会」に行ってきました。若者らしいフレッシュな演奏に元気をいただきました。

 

2016年12月4日

 ついに12月に突入。今年も残すところあとわずかとなりました。慌しさが増すばかりですが、良い音楽を聴いてストレス解消しましょう。

 昨日は「イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル」に行ってきました。パワーと色彩感あふれる演奏に魅了され、アンコールの大サービスもあってお徳感もたっぷりの演奏会でした。

 そして今日は、創立30周年記念の「新潟ウインドオーケストラ第58回定期演奏会」に行ってきました。高水準な演奏で、大編成のの吹奏楽の楽しみを存分に味わうことができました。

 

2016年11月27日

 11月最後の日曜日になりました。さすがに寒くなり、冷え込みが身にしみます。年末が迫り業務多忙ではありますが、良い音楽を聴いて気分転換を図りましょう。

 今週は23日の勤労感謝の日に、東響定期会員は無料招待の「名古屋フィルハーモニー交響楽団新潟特別演奏会」に行ってきました。日頃東響ばかり聴いていますので、たまに他のオケを聴きますと、新鮮で良いですね。
 この日もプロジェクト・リュリを初めとして、魅力的なコンサートがいくつもあり、悩ましい日になりました。新潟の音楽文化はたいしたものですね。

 金曜日にはエルサレム交響楽団の公演があり、西村さんの指揮もさることながら、ドボコンにマーラーの5番という魅力あるプログラムで聴きたかったのですが、平日昼の公演ということで断念しました。新潟のような地方都市で、平日昼のオーケストラ公演にどれだけ集客できるのか心配しましたが、主催者発表で1100人の集客だったそうです。熱い演奏に盛り上がったそうで、良かったですね。

 さて、昨日は大好きな仲道郁代さんのリサイタルがあり、是非とも行きたかったのですが、仕事で断念しました。また金曜日と今日、長岡でオペラ「てかがみ」の公演があり、知人のご子息が出演されてお誘いを受けたのですが、長岡遠征する余裕がなくて断念しました。

 また、今日は東京遠征してバイエルン放送交響楽団(ヤンソンス指揮でマーラーの9番)を聴こうと画策していたのですが、上京する時間が取れず断念しました。残念。
 そこで今日は、新潟でのたくさんの公演の中から、毎年聴いている「新潟市民吹奏楽団第91回定期演奏会」に行ってきました。高水準の演奏で吹奏楽の楽しさを味わうことができましたが、ゲストの新通ジュニアウインドアンサンブルの演奏の素晴らしさに涙しました。

 

2016年11月20日

 相変わらずたくさんの催しがありますが、体は一つ。仕事もありますし、行きたくても行けないものばかりです。今日も行きたい公演が同時刻に開催という困った事態になっていますが、どこも賑わってくれたら良いですね。

 そんな中で、「新潟交響楽団第99回定期演奏会」に行ってきました。

 さて、ラ・フォル・ジュルネ新潟2017のテーマは「ダンス(La Dance)」(仮題)だそうですね。現在広報業務委託受託者選定が行われています。どんな内容になるのか楽しみに待ちましょう。

 

2016年11月13日

 今週の新潟もいろいろコンサートがありましたが、行きたくても行けないのは残念です。昨日も魅力あるコンサートがずらりと並び、特に「第51回新潟県音楽コンクール受賞者コンサート」や「新潟室内合奏団第72回演奏会」は行きたかったですが、仕事があって断念しました。どこも盛況であったものと思います。

 今日は「プラハ国立歌劇場管弦楽団オペラ・ガラ コンサート」に行ってきました。

 

2016年11月6日

 今週もたくさんのコンサートがありました。3日の文化の日には「ヴァレリー・アファナシエフ ピアノリサイタル」に行き、唯一無比の音楽に感嘆しました。

 昨日は、秋葉区文化会館で開催された「パーカッション ワンコインコンサート」に行ってきました。大越玲子さんと倉澤桃子さんの二人の妙技に感動し、打楽器の楽しみを教えてもらいました。

 そして今日は、「東京交響楽団第99回新潟定期演奏会」に行ってきました。ドヴォルザークのチェロ協奏曲とブラームスの交響曲第4番の明るく爽やかな演奏に癒されました。

 また、その前に、東響定期の日恒例の「東響ロビーコンサート」を聴きました。若手奏者4人による弦楽四重奏で、ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第14番が演奏されましたが、緊張感あふれる快演に、東響の底力を実感しました。
 さらに、東響新潟定期までの時間に、「第50回新潟市合唱祭」聴いてきました。編成も人数も演奏水準も様々でしたが、合唱を楽しもうという思いはひしひしと伝わってきました。

 

2016年10月30日

 10月も末となり、冷え込みも厳しくなりましたが、新潟の音楽界は相変わらずホットです。今週も魅力あるコンサートがいろいろありますが、このところ公私ともに多忙で、行くに行けないのが残念です。
 水曜日にあった「レ・ヴァン・フランセ」も行く予定にして、チケットを買っていたのですが、業務多忙で断念しました。今シーズンはチケットを無駄にすることが多く、注意せねばなりません。平日のコンサートはやはり無理ですね。じっと我慢の日々です。

 これまで行かなかったコンサートは記事にしていませんでしたが、今後、チケットを買っていたのに行けなかったコンサートは、行けなかったということを記録に残すために、記事にしておきます。個人的な備忘録の目的ですので、ご了承ください。

 さて、昨日は私の娘の結婚式が、新潟市内の某所でありました。チャペルでの結婚式では、パイプオルガンの生演奏、ソプラノの独唱、二重唱がありました。プッチーニの「私のお父さん」の見事な歌唱に、花嫁の父は涙してしまいました。このアリアの歌詞にこめられた娘の気持ちを思いますと、さらにつらくなります。
 さて、歌ってくれたソプラノ歌手はどなたでしたっけ。なにかのコンサートでお見受けしたような、しないような・・。とにかく素晴らしい歌声でした。美しい歌で盛り上げてくださいまして、ありがとうございました。

  

2016年10月23日

 先週は行くはずのコンサートにいけず、寂しい思いをしましたが、今週も行きたかったけれど行けなかったコンサートがいろいろありました。
 特に火曜日の「加藤礼子ヴァイオリンリサイタル」は是非とも行きたかったですが、仕事で断念しました。加藤さんの大ファンなのですが、リサイタルはいつも平日の火曜日。それも私が一番都合の悪い日を狙ってばかりです。はなはだ残念でなりません。次のブラジル特集は私が行ける日にしてくださいね。

 それにしましても、新潟の音楽家の皆さんは活発な演奏活動をされており、連日連夜、どこかで公演が行われているというのは驚きです。こんな地方都市にもかかわらず、たくさんの演奏会がある新潟は素晴らしいですね。

 さて、昨日は長岡へ遠征して、「東京フィルハーモニー交響楽団長岡特別演奏会」に行ってきました。今絶好調の若手ナンバーワンの指揮者・バッティストーニにより、燃えるような演奏を楽しみました。

 そして、今日は・・・。いろいろ行きた公演が重なってしまいましたが、西区民ということで、「第4回西区アートフェスティバル」に行ってきました。多彩な参加者、演目の中で、新潟楽所の皆さんの雅楽は際立って良かったと思います。

 最後に、このホームページは1996年10月23日の開設であり、本日20周年を迎えました。それまでは、コンサートに行っても記録を残す習慣はなく、いつ、どんなコンサートに行ったのか思い出せませんでした。そこで、記録しておこうということで始めたのがこの「にいがた音楽雑記帳」です。
 従いまして、ホームページを開設した1996年10月以降の記録はしっかりと残っているのですが、それ以前はあいまいな記憶によるものです。
 振り返れば、りゅーとぴあ開館以降にコンサート通いが増え、単身赴任から帰って以降は飛躍的にコンサート数が増えました。これからも音楽を楽しむとともに、新潟の音楽界が発展することを、陰ながら応援していきたいと思います。
 今後ともご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

2016年10月16日

 今週もたくさんのコンサートがありました。「薫風の音の和楽祭り」は行きたかったですが、平日は困難です。昨日の最終公演は行けたのですが、チケットは早々に完売でした。
 その代わりに、「洋楽の夕べ ジョイントリサイタル」に行く予定にしていたのですが、体調不良で断念。同様に「田中弦楽アンサンブル第22回演奏会」にも行けずと、散々な週末となりました。疲労がたまり、思い切って休むことも大事ですね。

 今日は東響新潟定期の日。恒例の「東響ロビーコンサート」に行ってきました。今回はヴァイオリンとオーボエの二重奏でしたが、豊かな響きのホワイエで、若い二人による素晴らしい演奏を楽しみました。

 次に、定期開演までの時間に「大滝 俊 ピアノソロコンサート2016」を聴きました。1曲ごとに解説があり、アットそsてホームな雰囲気の中で、真摯な演奏を楽しませていただきました。

 そして、いよいよ楽しみにしていた「東京交響楽団第98回新潟定期演奏会」に臨む予定だったのですが、職場よりの緊急呼び出しで出勤せねばならなくなり涙を呑んで断念しました。きっと期待通りの熱演を聴かせてくれたものと思います。

 

2016年10月10日

 今日は体育の日。定期更新日ではありませんが、「レオナルト・エルシェンブロイヒ チェロリサイタル」に行ってきましたので、特別に更新します。チェロとピアノとの情熱あふれる音楽に圧倒されました。

 

2016年10月9日

 今週も興味あるコンサートがいろいろありましたが、なかなか行けません。そんな中ではありますが、昨日は「イタリア中部地震復興支援チャリティコンサート」に行き、新潟ARS NOVAの皆さんのすばらしい演奏を楽しみました。

 そして、今日は「新潟バッハ管弦楽団&合唱団新潟公演」に行ってきました。最初は不安定に感じましたが、後半は見違えるような演奏で楽しませていただきました。

 

2016年10月2日

 ついに10月になりました。あっという間に1年の4分の3が過ぎたことになります。慌しさで心を癒してくれrのは良い音楽です。今週もたくさんの催しがありましたが、なかなか行けないのが残念です。

 こんな中、昨日は私の地元で開催された「山宮るり子 魅惑のハープ」に行ってきました。出身地である西区での凱旋公演。満場の聴衆を魅惑の時間に誘いました。

 

2016年9月25日

 9月も下旬となり、すっかりと秋らしくなりました。新潟の音楽界も盛況であり、聴きたいコンサートが目白押しです。しかし、体はひとつ。聴きに行けないのが残念です。

 そんな中で、21日には秋葉区文化会館で開催された「大谷康子ヴァイオリンリサイタル」に行き、サービス精神満載の大谷さんの演奏を堪能しました。

 翌日の22日、秋分の日には、「りゅーとぴあ・1コイン・コンサート 荘厳な響き“オルガン”」でパイプオルガンの多彩な音色を楽しみ、その後に西川多目的ホールで開催された「関敦子ピアノリサイタル」に行き、熟練の演奏に酔いしれました。

 そして今日は「新潟メモリアルオーケストラ第26回定期演奏会」に行ってきました。大編成のオーケストラによるゴージャスなサウンドに酔いしれました。無料で聴くにはもったいないコンサートでした。

 

2016年9月18日

 稲刈りも終わろとし、いよいよ芸術の秋へと向かいます。今週も魅力あるコンサートがありましたが、平日は行けず、昨日も東京出張のため行けませんでした。
 行かれた方々のレポートを拝読し、聴いた気分になっております。こういう素晴らしいコンサートがたくさんある新潟って良いですね。

 でも、私もただでは転びません。昨日は夕方からの会議でしたので、早めに上京し、東京芸術劇場で開催された「パーヴォ・ヤルヴィ & NHK交響楽団」を聴いてきました。個々の奏者の素晴らしさに裏打ちされた洗練された演奏が良かったです。

 そして今日は「東京交響楽団第97回新潟定期演奏会」に行ってきました。にいがた東響コーラスとの共演でメンデルスゾーンの「讃歌」が演奏され、素晴らしい盛り上がりで楽しんできました。
 今日の新潟は、飯森さん率いる山形交響楽団も新潟テルサで演奏会を開催しています。プロオケが2つ同時に公演しているという新潟の音楽環境もたいしたものですね。

 この定期演奏会の前に、恒例の「東響ロビーコンサート」も聴きました。今回はヴァイオリンの土屋さんとコントラバスの安田さんの二重奏でした。美しいホワイエの響きとあいまって、二人の絶妙なアンサンブルを楽しませていただきました。

 この連休、明日もたくさんのコンサートがあります。どこも賑わいますように・・・。

 

2016年9月11日

 新潟では稲刈りが始まり、日も短くなって、秋の到来を実感するようになりました。今週も魅力あるコンサートがたくさんありましたが、さすがに平日は困難。土日はできるだけ聴きたいと思います。

 ということで、昨日は「武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会」に行ってきました。さすがに音楽を専門に勉強されている皆さんですので、高水準な熱い演奏を聴かせてくれました。

 そして、今日は、私が一年で一番楽しみにしている「新潟市ジュニアオーケストラ教室第35回定期演奏会」に行ってきました。どの演奏も感動でいっぱいでしたが、毎年のことながらアンコールでは感動の涙が抑えきれませんでした。
 ウィーンフィルが来ようが、ベルリンフィルが来ようが、私はジュニアオケを選びます。こんな気概を持って毎年コンサートに臨んでいます。新潟市の宝・ジュニアオケの更なる発展を祈ります。

 昨日から公開されている映画「4月は君の嘘」を見てきました。昨年3月に、小出郷文化会館で「4月は君の嘘 クラシックコンサート」が開催されましたが、そのとき初めて「4月は君の嘘」というコミックがあることを知りました。
 早速コミックを大人買いして読んで、その物語の世界に引き込まれてしまいました。すでにアニメ化はされていましたが、実写版で映画化されることを楽しみにしていましたので、今回の映画公開に際して、観に行かないわけにはいられません。
 予想されることではありますが、原作の設定と若干異なり、登場人物も絞られています。全11巻の物語を2時間に収めるには仕方ないところでしょう。キャスティングに問題を感じる点もありますが、まずまず良い出来だと思います。劇中の演奏も結構楽しめます。皆様もいかがでしょうか。
     

2016年9月4日

 残暑が厳しい日々ですが、9月に入り、暦的には芸術の秋へと向かいます。相変わらず新潟の音楽界は大盛況で、たくさんのコンサートがあります。さあて、何を聴きますやら・・。

 ということで、昨日は昼に時間がありましたので、新潟市の古町7番町で開催された「フルマチ クラシック・フェスタ in mall 7」を少しだけ聴かせていただきました。猛暑の中、商店街で聴くクラシックというのも乙なものですね。

 そして今日は、「新潟セントラルフィルハーモニー管弦楽団第3回演奏会」に行ってきました。新潟で活躍するプロの音楽家を中心に編成されたオケは高水準であり、品田真彦さん独奏による協奏曲も素晴らしかったです。

 さて、東京交響楽団の2017年度の主催公演のラインナップが発表されました。来年はサントリーホールの改修工事が行われるため、4月から7月までの定期演奏会はミューザ川崎で開催されるそうです。この中で、新潟が誇るオルガニストである石丸由佳さんが、サントリーホールでの定期演奏会に登場というのがすばらしいですね。

 そして、新潟定期演奏会のプログラムも同時に発表されました。来年はりゅーとぴあの改修工事が行われますので、プログラム編成に苦労があったものと思います。曲目的には驚きはありませんが、楽しませていただきたいと思います。

 詳細は → 2017年度東京交響楽団新潟定期演奏会

 

2016年8月28日

 いよいよ8月最後の日曜日になりました。今週もいろんな催しがありますが、どこも盛況だと良いですね。

 さて、昨日は秋葉区文化会館で開催された加藤礼子さんの「ヴァイオリン・ワンコインコンサート」に行く予定にして、チケットも買っていたのですが、所用が入って断念しました。大ファンの加藤さんなのですが、加藤さんのリサイタルがある日は必ず用事が入るという状況で、寂しく感じています。

 そして今日は、「硬派弦楽アンサンブル 石田組」に行ってきました。石田泰尚組長が率いる男だけのかっこいい弦楽アンサンブルを堪能しました。
 さらに夜は「高橋希絵・品田広希 ジョイント・コンサート」を聴きました。二人の圧巻のパフォーマンスに驚くとともに、若き才能の今後の発展が楽しみになりました。

 

2016年8月21日

 あっというまに8月も下旬となり、学校の夏休みもあとわずかなりました。世間はオリンピックで盛り上がっているようですが、新潟の音楽界も盛り上がっています。

 今日は大型イベントが重なってしまい、どこの行くか悩ましい日曜日になりました。「新潟県合唱フェスティバル」に「新潟県少年少女合唱団合同演奏会」、そして「新潟中央高校音楽科15期生によるコンサート」と、どれもが魅力的です。
 そんな中にあって、私は「ジュニアオーケストラ・フェスティバル 2016 in NIIGATA」に行ってきました。4時間以上の長丁場でしたが、全国からのジュニアオケの熱演に感激し、ホストオケである新潟市ジュニアオケの素晴らしさを再認識しました。

 

2016年8月14日

 お盆を迎え、皆様方もおくつろぎのことと思います。さすがに今週末は新潟の音楽界もお盆休みのようですね。

 さて、今週は11日の山の日に、「新潟中央高等学校管弦学部♪コーラス部 Joint Concert 2016」に行ってきました。さすがに県内最高水準のコーラス部は素晴らしかったですが、管弦楽部のレベルアップにも驚きました。盛りだくさんの内容を楽しませていただきました。

 

2016年8月7日

 リオ・オリンピックが始まりましたが、新潟市は新潟まつりで盛り上がりました。今日は最後を飾る花火大会ですので、多くの人たちで賑わうことでしょう。

 こんな暑い夏ですが、新潟の音楽界も盛況です。昨日は「小さな音楽会」にしようかと最後まで悩みましたが、黒埼市民会館で開催された「American Dream in Concert 」に行ってきました。
 毎年恒例の新潟大学と西区が連携してのコンサートですが、私は西区民ですので、こちらに参加させていただきました。学生の運営による手作り感のあるコンサートですが、新潟を代表する音楽家によるすばらしい演奏に感動しました。

 

2016年7月30日

 梅雨明け後は連日の猛暑。早くも夏ばてしそうです。そんな今週もたくさんのコンサートがありました。どれも熱い演奏が聴けたものと思います。

 昨日は「久石 譲&ワールド・ドリーム・オーケストラ2016」に行ってきました。新日本フィルを母体とするオケを指揮しての自作・自演。すばらしい演奏に、満員のホールは盛り上がりました。

 そして今日は新発田市民文化会館で開催された「山形交響楽団新発田公演」に行ってきました。2000円という低料金で、すばらしい演奏を楽しませていただきました。

 さて、今週は通勤の途中、ラジオを聴いていましたら、FMポートの6時半からの「ECHIGORIAN」で笠原恒則さんのインタビューが連日放送されていました。人柄がしのばれる真摯な話し振りと興味深いお話、そしてすばらしい演奏に毎日聴き入っていました。これからのますますのご活躍を祈念申し上げます。

 

2016年7月24日

 新潟は梅雨明けし、暑い夏がさらに暑くなるものと思います。今日は新潟県音楽コンクールの本選会や吹奏楽コンクールがありました。こちらも熱い戦いが行われたものと思います。

 さて、金曜日は「スペイン国立管弦楽団」を聴きに行く予定にしていたのですが、仕事が入って断念しました。きっと情熱あふれる演奏が繰り広げられていたことでしょう。

 そして今日は、音楽コンクールも高校野球の決勝も気になりましたが、ヒーリングホールで開催された「とある楽器の二重奏曲 fourth 「チェンバロは歌う」」に行ってきました。サロンコンサート的な会場で、笠原さんと飯田さんのチェンバロ・デュオを楽しみました。

 

2016年7月17日

 今週末の新潟は新潟ジャズストリートで賑わっています。私も参加したいところですが、昨日も今日も所用があって行けないのが残念です。

 今日は毎年楽しみにしている「新潟市ジュニア合唱団第26回定期演奏会」があり、整理券を早々にいただいて行く予定にしていたのですが、絶対に外せない予定が入り断念しました。きっとすばらしい歌声を聴かせてくれたことでしょう。

 

2016年7月10日

 今日は参議院議員選挙の日。どんな結果になりますか注目しましょう。

 今週は「アレクサンデル・ガジェヴ ピアノリサイタル」に行ってきました。昨年の浜松国際ピアノコンクール覇者によるダイナミックな演奏に心奪われました。

 昨日は「新潟大学管弦楽団第37回サマーコンサート」に行く予定で、チケットを買っていたのですが、所用で断念しました。きっと若さあふれるフレッシュな演奏を聴かせてくれたものと思います。

 そして、今日は「第28回新潟ジャズストリート・プレイベント」に行ってきました。エニグマの皆さんの大人の演奏と、新潟ジュニアジャズオーケストラのフレッシュな演奏を楽しんできました。

 

2016年7月3日

 今週も大型公演が続きました。火曜日のローマ・イタリア歌劇団の「ラ・ボエーム」に行きたかったですが、仕事が重なって断念しました。
 金曜日の「山田和樹指揮バーミンガム市交響楽団」には何とか行けました。山田さんの指揮での爆演に、興奮と感動をいただきました。

 そして、今日は「東京交響楽団第96回新潟定期演奏会」に行って来ました。横山幸雄さんによるリスト、ショパン、ラフマニノフのピアノ協奏曲3つという重量級プログラム。疲れも感じさせない見事な演奏でした。ご苦労様でした。

 また、この定期公演に先立って行われた恒例の「東響ロビーコンサート」も聴きました。今回は若手による弦楽四重奏でしたが、熱気あふれる演奏に感激しました。

 

2016年6月26日

 今週も魅力あるコンサートがたくさんありましたが、仕事が重なっていくことが出来ませんでした。どの公演も素晴らしい演奏が聴けたものと思います。
 ちょっと多忙な日々が続いていましたが、今日は仕事帰りに、「北区フィルハーモニー管弦楽団第5回定期演奏会」に行ってきました。
 第5回を記念してベートーヴェンの5番に挑戦となりました。結成間もないにも関わらず、高水準のオケに成長した奇跡のオケ・北区フィルの渾身の演奏に感動しました。

 

2016年6月19日

 AKB48 45thシングル 選抜総選挙で熱く燃えた新潟ですが、クラシック界も負けていません。今週の新潟もたくさんのコンサートがありました。
 そんな中、昨日は「新潟シティ合唱団コール・トゥッティ第5回定期演奏会」に行ってきました。エレクトーン伴奏で演奏されたカール・ジェンキンスのスターバト・マーテルが良かったです。

 そして今日は「新潟交響楽団第98回定期演奏会」に行ってきました。

 

2016年6月12日

 暑い日が続いていますが、新潟のコンサートも熱いですね。今週も魅力あるコンサートがありましたが、私は先月に引き続いて関西方面への出張があり、新潟でのコンサートは聴けませんでした。
 その代わりに、京都で「宮田 大 チェロ・リサイタル2016」、そして西宮で「ヒラリー・ハーン ヴァイオリン・リサイタル」を聴いてきました。新潟の話題でなくて申し訳ありませんが、ご紹介したいと思います。

 今日もたくさんのコンサートがあります。どこも盛況でありますように・・・。かくいう私は、出張疲れで休養しようかと思いましたが、予定通り「茂木大輔のオーケストラ・コンサート No.12 アメリカからの望郷:ドヴォルジャーク」に行ってきました。的確で分かりやすい解説ともぎオケのすばらしい演奏に大満足でした。

 

2016年6月5日

 今週もたくさんのコンサートがありましたが、平日は行けず。今日も魅力あるコンサートが重なっています。体がひとつなのが残念です。

 昨日は阿賀野市の吉田東伍記念博物館で開催された「Togo Museum Ensemble 第18回演奏会」に行ってきました。ポッチャリーノ弦楽四重奏団による本格的なクラシックプログラムと楽しいファミリー向けのプログラムを楽しみました。
 そして今日は、東響定期会員特典で無料招待の「ジョン・健・ヌッツォ in リサイタル」に行ってきました。急な仕事が舞い込んできてどうなるかと思いましたが、何とか処理して、予定通り参加できました。美しい美声に酔いしれ、イタリア歌曲とオペラ・アリアの数々を堪能しました。

 さて、今年のLFJ新潟の開催結果が発表されました。来場者総数は62,484人、有料公演(プレ公演2公演、本公演29公演)16,886人、無料公演(アマゾンステージ14公演、ナチュールラウンジ11公演)5,870人、エリアイベント(プロジェクションマッピング)7,100人、関連イベント(ライン広場、こどもたちの音楽アトリエ他)32,628人、出演者総数(全会場)2,101人、海外アーティスト(有料公演)117人、国内アーティスト(有料公演)159人、市民・学生アンサンブル等1,825人とのことです。
 ちなみに、昨年の実績は、来場者総数95,595人、有料公演16,573人、無料公演9,770人、エリアイベント35,443人、関連イベント33,789人でした。昨年に比して来場者総数がかなり減っていますが、エリアイベントの減が主であり、無料公演も減っています。
 今年はプロジェクションマッピングの時間帯に雨が降ったり、強風が吹いたりと、屋外イベントは悪条件でした。無料公演は、アマゾンステージは半券が必要であり、本来の意味での無料公演はナチュールラウンジのわずかの公演だけでしたので、来場者数は当然減ったはずです。有料公演の来場者数がわずかながら増えたのは良かったです。
 今年はちょっと地味な、他の地域のLFJに見劣りする目玉の乏しいプログラムでしたので、この数字はまずまずだったのではないでしょうか。

 

2016年5月29日

 今週もコンサートが目白押し。しかし、平日開催のコンサートは行くに行けず、じっと我慢です。「小林浩子・田村亮太 デュオリサイタル」は、小林さんからご案内をいただき、是非行きたかったのですが、仕事の都合で行けませんでした。今週末もたくさんの催しがあります。どこも盛会となりますことをお祈りします。

 今日は「東京交響楽団第95回新潟定期演奏会」に行ってきました。ウルバンスキの創り出す、抑制のきいた精緻な音楽に魅了されました。
 そして、定期演奏会恒例の「東響ロビーコンサート」も聴かせていただきました。今回は弦楽四重奏でしたが、ホワイエに響く弦楽の調べに、うっとりと聴き入りました。

 最後に、全国の音楽ホールの紹介ページに、先日行った大阪のフェスティバルホールを追加しました。

 

2016年5月22日

 今週の新潟もたくさんのイベントがあって、大賑わいです。「山本真希オルガンリサイタルシリーズ 」、「モンテカルロ・フィル」を始め、あまりの多さに唖然とするばかりです。大型公演も次から次へとあり、集客も大変だろうと心配するほどです。

 私は関西方面に出張があり、新潟でのコンサートは行けませんでしたが、せっかくですので、新しくなったフェスティバルホールの見学がてら「大阪フィルハーモニー交響楽団第498回定期演奏会」を聴いてきました。来週の東響新潟定期に登場するウルバンスキの天才ぶりを見せ付けられました。

 そして今日は、興味あるたくさんのコンサートの中から、五頭山麓いこいの森で開催された「森の音楽会」に行き、自然の中での弦楽四重奏を堪能しました。
 そして午後は、北区文化会館で開催された「山本貴志ピアノコンサート」に行き、詩情あふれるピアノに酔いしれました。

 

2016年5月15日

 大きなイベントが続いた連休が終わり、新潟の音楽界は一休みかと思いましたが、その逆で、昨日・今日と、新潟ではたくさんのコンサートがあり、異常にすら思えるほどです。新潟の音楽環境の充実度を反映するように思います。どこに行くか、悩ましく思っている人も多いものと思います。日時がずれてくれたらみんな行きたいところです。どのコンサートも盛況となりますようお祈りします。

 かく言う私は、昨日から仕事で県外に出張しており、昨日のコンサートはどこにも行けませんでした。今日は出張先から直接りゅーとぴあに行き、「佐渡裕指揮トーンキュンストラー管弦楽団」を聴いてきました。
 レイ・チェン独奏によるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲とR.シュトラウスの「英雄の生涯」ともに期待以上の演奏に感動しました。

 

2016年5月8日

 ラ・フォル・ジュルネ新潟が終わりましたが、その後も関連イベントは続いています。の関連イベント中でも最大のものは「第6回新潟クラシックストリート」でしょう。
 私も参加させていただきましたが、新潟の音楽家の底力を感じさせるすばらしい内容に感銘を受けました。特に若き才能を目にし、耳にして、今後の成長が楽しみになりました。

 そして昨日・今日と、日本の伝統芸能の祭典である「アート・ミックス・ジャパン2016」が開催されています。魅力あるたくさんの公演がありますが、昨日、「祭り にいがた総おどり」 と「和太鼓 DRUM TAO」 の2公演を観て来ました。すばらしいパフォーマンスに感動しました。新潟発でこのようなイベントを開催するパワーには驚きます。来年には海外でも開催することが決定したそうです。
 今日もたくさんの企画があり、新潟駅南口広場や白山公園・空中庭園での無料公演もあります。皆様もいかがでしょうか。

 さて、今日は快晴の好天に誘われて、秋葉区文化会館で行われた「アフターコンサート」に行ってきました。今年のラ・フォル・ジュルネ新潟はここでのプレコンサートで始まりましたので、アフターコンサートで〆ようというものです。関連イベントの最後を飾るにふさわしいもので、ほのぼのとした雰囲気も良かったです。

 

2016年5月3日

 ラ・フォル・ジュルネ新潟の有料公演の詳細を載せました。

 

2016年5月1日

 GWの真っ只中。行楽地は賑わいを見せていることでしょう。新潟のGW前半の最大のイベントは、やっぱり「ラ・フォル・ジュルネ新潟2016」でしょう。4月28日(木)夜から30日(土)夜まで無事開催されました。
 私も盛り上げようと参加さていただきましたが、老若男女、0歳児からお年寄りまで、たくさんの皆さんで賑わっていました。冷たい雨が降ったり、強風が吹いたりし、気温も低くて天候には恵まれませんでしたが、音楽は熱く燃えていました。すばらしい演奏を披露してくれた出演者の皆様、主催者の皆様、スタッフ・ボランティアの皆様に感謝申し上げます。
 来年のテーマは「La Danse」だそうです。新潟の開催がどうなるのか、楽しみにして待ちたいと思います。

→「ラ・フォル・ジュルネ新潟2016 第1日」、「ラ・フォル・ジュルネ新潟2016 第2日」、「ラ・フォル・ジュルネ新潟2016 第3日

 昨夜LFJ新潟が終わったばかりだというのに、今日から普通に同じ会場で音楽公演が始まります。撤収作業も大変だったんだろうなあと思います。
 今日も聴きたいコンサートが重なっています。公演が途切れない新潟の音楽界の底力に感服しました。LFJ疲れで、今日は大人しくしていようかと思いましたが、「ジョイントコンサート 〜自然を讃えて〜」のチケットを買ってありましたので、予定通り聴いてきました。新潟の若手音楽家たちの頑張りに感銘し、今後の活躍を祈念しました。

 連休後半も様々なイベントが続きます。中でも5月5日の「新潟クラシックストリート」が一番注目されます。市民による手作りのイベントで、行政の支援もマスコミの応援もありません。新潟の街を盛り上げようというすばらしい企画です。たくさんの人たちで賑わいをみせますことを祈りたいと思います。
 また、5月7日(土)から8日(日)は、恒例になった「アートミックスジャパン」が開催されます。日本の伝統芸の祭典ですが、こちらの成功も祈念したいと思います。

 連休真っ只中。これだけイベントが続きますと旅行に出かける暇もありません。うれしい悲鳴というところでしょうか。

 

2016年4月24日

 いよいよ春も真っ盛りですが、今週末はコンサートが少ないようです。G7の影響でしょうか。個人的には、LFJ参戦に向けて、大人しく過ごし、力を蓄えておこうと思います。。

 

2016年4月17日

 満開の桜は散り、新緑の季節がやってきました。今週もいろいろコンサートがあり、私は昨日秋葉区文化会館で開催された「ラ・フォル・ジュルネ新潟2016 プレコンサート」に行き、新潟市内で活動するオーケストラのメンバーからなるスペシャル市民オーケストラの演奏を楽しみ、本公演への期待が高まりました。

 またこのプレ公演の秋葉区開催を盛り上げようと企画された「ラ・フォル・ジュルネの木 in AKIHA」にも参加し、野外での加藤礼子さんと斉藤晴海さんのすばらしい演奏を楽しみました。

 残念ながら今日は所用が重なり、疲れもたまっていますので、コンサートはお休みです。

 

2016年4月10日

 新潟の桜も満開となり、一気に春本番となりました。コンサートもいろいろあり、どこに行くか悩ましいです。

 今日は合唱団にいがたのメサイアは是非聴きたかったのですが、早々にチケットを買って楽しみにしていた「武満徹没後20年 ギターとうた」に行ってきました。荘村清志さん、大萩康司さんのギターとメゾソプラノの林美智子さんの歌に酔いしれました。

 

2016年4月3日

 ついに4月になりました。桜の開花ももうすげです。新潟にも春がやってきました。音楽の世界もこれから花盛りとなることでしょう。
 その第一弾ということで、昨日は「YUKO SPRING CONCERT」に行ってきました。お母様になれましたが、相変わらずの美貌とリリカルな歌声に魅了されました。

 

2016年3月27日

 今週も魅力あるコンサートがいっぱいあります。昨日の「淺香みのり ピアノリサイタル」は是非とも行きたかったのですが、所用で断念しました。熱演を聴かせてくれたものと思います。
 今日も行きたいコンサートが重なってしまいましたが、毎年恒例の「新潟市ジュニア音楽教室第12回スプリングコンサート」を外す訳にはいきませんので、今年も行ってきました。子供たちの演奏に元気をもらうことができ、仕事をがんばれそうです。

 

2016年3月20日

 今日は春分の日。いよいよ待ちに待った春ですね。新潟の音楽界も賑わいを見せておりますが、なかなか参加できないのが残念です。

 昨日は Revoir や田口侑果さんの演奏を聴きたかったのですが、所用が重なって断念せざるを得ず。でも、今日は久しぶりの「東京交響楽団第94回新潟定期演奏会」に行ってきました。飯森さんの指揮で、フォーレのレクイエムとラベルの名曲を楽しませていただきました。
 また、その前に行われた「東響ロビーコンサート」でヴィオラの柔らかな音色にうっとりと聴き入り、ヴィオラの魅力を堪能しました。

 

2016年3月13日

 昨日は、朝起きたら雪が降り積もっていてどうなるかと心配しましたが、その後は青空が広がり、穏やかな天候になりました。気分も良いですね。

 今週も魅力あるコンサートが重なりました。昨日はどこに行くか悩みましたが、「関 敦子 ピアノ・リサイタル」に行ってきました。安定感とエレガントさを感じさせる演奏に魅了されました。

 そして今日は。「清水明日香 ピアノの調べ」に行き、若さあふれる演奏に元気をもらいました。

 

2016年3月6日

 さすがに3月となり、今週末は暖かくなりました。このまま春になってくれると良いですね。

 年度末のあわただしさの中、新潟の音楽界は大盛況です。今週末も魅力あるコンサートがいくつも重なり、どれに行くべきか悩んでしまいます。

 こんな中、昨日は「La feuille 新潟大学音楽科大学院生によるコンサート」に行き、フレッシュな皆さんの熱演に感動しました。
 その後は「りゅーとぴあオペラ劇場 イタリア・オペラ 超名曲集」に行き、名歌手とにいがた東響コーラスの共演を堪能し、「椿姫」ハイライトを楽しみました。

 そして今日は「りゅーとぴあアウトリーチ事業第2期登録アーティスト ジョイント・コンサート」に行ってきました。フルートの金子由香利さん、ピアノの小黒亜紀さん、ソプラノの小山瑠美子さんのすばらしい演奏を堪能しました。

 

2016年2月28日

 相変わらず落ち着かない天候ですが、今週末もたくさんのコンサートがあります。行きたい公演がいろいろあるのですが、このところ多忙で行くことができません。

 昨日は「新潟セントラルフィルハーモニー管弦楽団 with 大谷康子」に行く予定で、チケットも買っていたのですが、仕事で行けませんでした。
 新潟を代表するプロの演奏家が結集したオケは、メンバー表を見るだけでわくわくしますが、このオケと大谷さんが共演するという夢のような公演でしたが、聴けなかったことは悔やまれます。

 今日は行きたい公演が重なってしまいましたが、「新潟シューベルティアーデ vol.8」に行ってきました。シューベルトを極めようと、十分な研究、準備を重ねた公演は、賞賛すべきものと思います。

 

2016年2月21日

 雪が積もったり、暖かかったりと落ち着かない陽気です。このところ多忙で、最近はコンサートに行く頻度も少なくなっていますが、昨日は新津美術館の「ミュージアムコンサート」に行ってきました出演はヴァイオリンの加藤礼子さんとチェロの前田美華さんによる Duo Anima で、響きの良い展示室で、本格的な演奏を聴かせていただきました。

 さて、2月18日に、今年のラ・フォル・ジュルネ新潟2016のプログラム発表がありました。4月16日(土)に秋葉区文化会館で開催されるプレ公演2公演を含め、有料公演は全部で31公演です。東京金沢に比べるべくもありませんが、出演者、曲目ともにインパクトに欠けるかもしれません。でも、「Regard de Niigata」という新潟独自の企画が多くあり、新潟ゆかりの音楽家が出演されますので楽しみにしたいと思います。経費節減がうかがわれますが、背伸びすることなく、身の丈に合った内容だと思います。例年同様できるだけ参加し、盛り上げに協力したいと思います。

 

2016年2月14日

 今週は暖かい日が続いて過ごしやすいですね。コンサートもいろいろあるのですが、なかなか行けなくて、悶々としております。

 今日は気温が高いものの雨模様。どうしようかと思いましたが、「第3回にいがたジュニアコーラス・フェスティバル201」に行ってきました。子供たちの歌声に、汚れた私の精神が浄化され、元気をもらいました。

 

2016年2月7日

 今週も寒い日々が続いています。こんな中ではありますが、新潟ではコンサートがいろいろあります。昨日は「新潟交響楽団第12回室内楽演奏会」に行ってきました。団員の皆さんが、それぞれユニットを組み、趣向を凝らしたプログラムを聴かせてくれました。

 今年のラ・フォル・ジュルネ金沢のプログラムが発表になっていますが、なかなか親しみやすく、魅力的な曲が並んでいます。さすがに金沢にはかなわないと思いますが、ラ・フォル・ジュルネ新潟にも期待しましょう。ちなみに新潟のプログラム発表は2月18日。待ち遠しいですね。

 

2016年1月31日

 大荒れの日が続き、県内の交通も麻痺し、「中越大渋滞」なる新語まで生まれた一週間でした。私の健康状態も大荒れ。じっと我慢の日々でした。
 こんな状況ではありましたが、「第17回ショパン国際ピアノコンクール2015 入賞者ガラコンサート」に行ってきました。仕事が終わらず半分しか聴けませんでしたが、熱い演奏に元気をもらいました。
 そして今日は、「舘野ファミリー&フレンズ スペシャルコンサート2016」に行ってきました。弦楽オーケストラには新潟のお馴染みさんが結集し、演奏を盛り立てていました。後半の舘野さんのためのオリジナル曲が聴き応えがありました。

 

2016年1月24日

 さすがに冬らしい日々です。昨夜からの暴風雪で、新潟市内も雪に埋まってしまいました。新潟のコンサートも冬休みという感じですが、今週もいろいろあります。出かけたいところではありますが、大雪警報発令中で道路事情は最悪ですので、大人しく家の除雪に励むことにしました。

 

2016年1月17日

 寒さが厳しい日が続いています。暖冬を期待していましたが、やはり冬は冬。仕方ないですね。こんな週末ですが、今週もコンサートはいろいろあります。最大なのは「新潟ジャズストリート」でしょうか。賑わってくれることを祈ります。

 と、一旦更新し、心身ともに疲れ気味でしたので、今日は家で休養しようと思ったのですが、気分転換に「シンフォニア アンサンブル ニイガタ第15回定期演奏会」に行ってきました。演奏する喜びが伝わる心温まる演奏に、冷え切った私の心を温めていただき、元気をもらいました。

 

2016年1月11日

 今日は定期の更新日ではありませんが、「プラハ交響楽団ニューイヤー・コンサート」に行ってきましたので、ご紹介します。寒さを吹き飛ばすような熱演に、ホールは熱く燃え上がりました。

 

2016年1月10日

 新年がスタートし、この連休もニューイヤーコンサートをはじめとして、いろいろと興味ある公演があります。昨日は薫風之音のコンサートに行こうかと思ったのですが、チケット完売の大盛況。残念ながら聴くことができませんでしたが、にぎわって何よりです。

 さて、今日もいろいろあります。NGT48劇場のオープンが一番の話題でしょうか。私はどうしましょうか・・・。

 ということで、本当は「アンサンブル・アルブル ニューイヤー・コンサート2016」に行こうと思っていたのですが、このところ疲れ気味ですので、コンサートには出かけず、休養に当てて、家でCATVでやっていた「NGT48 グランドオープン初日公演」の生中継をわくわくしながら観ていました。(CATVに入っていて良かったなあ・・)

 

2016年1月3日

 正月休みも今日で終わりです。さすがに新潟ではコンサートはありませんが、次の週末からは新潟の音楽界も活動再開です。どの公演もにぎわってくれると良いですね。

 さて、新年のカウントダウンは、すでにご紹介したとおり「東急ジルベスターコンサート」でしたが、元日の夜はウィーンフィルのニューイヤーコンサートを楽しみました。いつか私もあの会場で新年を迎えたいと思いますが、見果てぬ夢でしょう。(振り返ってみましたら毎年同じことを書いていますね。)

 最後に、東京交響楽団のソロコンサートマスターの大谷康子さんは、この春からコンマスをやめて、ソロ活動に専念するそうですね。新潟でも絶大な人気がありましたが、そのお姿を見る機会が減るのではないかと心配です。この大谷さんが、2月27日に新潟セントラルフィルと四季で共演するコンサートがあり楽しみにしていたのですが、仕事が入って行けないことになりました。この春一番の楽しみでしたので誠に残念です。

 

2016年1月1日

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 新年のカウントダウンは、今年もBSで放送された「東急ジルベスターコンサート」でした。今回は大友直人さん指揮の東京フィルによる「ボレロ」でカウントダウンでしたが、時間ぴったりの大成功。演奏もさることながら、シルヴィ・ギエム+東京バレエ団の舞踏もお見事。感動の涙が出てきました。ギエムのボレロは芸術品ですね。新潟公演を見なかったことを悔やんでいます。

 皆様はどんなお正月をお過ごしでしょうか。本年が良い年となりますようお祈り申し上げます。そして、今年も良い音楽が聴けますように・・・。

 追記:「2015年コンサート・マイベスト10」がリンク切れになっていました。申し訳ありませんでした。

 


2015年12月31日

 今日は大晦日。あとわずかで2015年も終わろうとしています。今年もたくさんのコンサートを聴くことができました。仕事の都合で行けなかったコンサートもあり、チケットを無駄にしたことも度々あったのが残念なところです。

 「コンサート見聞録」ではちょうど100公演紹介していますが、LFJ新潟や新潟クラシックストリートなどは、1日分を1公演にしていますので、実際聴いたコンサート数はかなりの数になるものと思います。
 ちょっと数多く聴きすぎて、各公演の印象が薄まった感は否めず、来年は数を絞らねばと感じています。すでに来年の公演で、チケットは買ったものの、仕事と重なっている公演がすでにあり、どうしようか悩ましいところです。

 ことし聴いたコンサートの中から、「2015年コンサート・マイベスト10」を選びました。そして、私が選んだベスト1は、「小黒亜紀ピアノリサイタル」です。今年聴いたピアノ公演では、ツィメルマンもトリスターノも良かったのですが、3月に聴いた小黒さんの感激が、心の奥に今なお残っています。

 

2015年12月27日

 ついに2015年も終わろうとしています。今週もいろんな公演がありましたが、22日には「新垣隆&磯絵里子 おしゃべりコンサート」に行ってきました。「おしゃべり」に期待しましたが、新垣さんはあまりしゃべってくれませんでした。でも演奏は良かったです。
 そして、今日は、今年最後のコンサートとして、キエフ国立フィルの2つの第九にしようかとも思ったのですが、「キャトル フルート コンサート vol.4」に行ってきました。4人の奏者のすばらしい演奏に、音楽的にも視覚的にも楽しませていただきました。

 さて、来年のラ・フォル・ジュルネ新潟2016の開催概要が発表されました。本公演が4月28日(木)、29日(金・祝)、30日(土)で、4月16日(土)にプレ公演が開催されます。日曜日をはずしているところが微妙ですが、大人の事情があるのでしょう。
 会場は、りゅーとぴあ(コンサートホール、能楽堂)、音楽文化会館、燕喜館で、プレ公演は秋葉区文化会館で開催されます。ちょっと規模縮小というところでしょうか。
 テーマは「la nature ナチュール −自然と音楽」です。プログラム発表は2月中旬。どんな出演者で、どういう曲が演奏されるのか楽しみに待ちましょう。開催の公式発表が遅れていて心配していたのですが、7回目となるLFJ新潟の開催が決まって一安心です。
 これに合わせて、関連イベントとして、5月5日(祝)に第6回新潟クラシックストリートが開催され、5月7日(土)、8日(日)にはアート・ミックス・ジャパン2016が開催されます。GWが待ち遠しいですね。

 最後に、第25巻発売から1年以上たち、発売が大幅に遅れていた一色まことの「ピアノの森」の第26巻(最終巻)が今週ついに発売されました。
 ラストがこうなるとは予想していませんでしたが、18年にも渡ったこの物語を締めくくるにふさわしい感動的なエンディングでした。初期の物語はアニメで映画化されましたが、その後の物語の映画化を期待したいです。

 

2015年12月20日

 今年もあとわずか。新潟のコンサート・ラッシュも続いています。昨日も行きたいコンサートがいくつもありましたが、所用のため断念せざるを得ませんでした。
 今日は、北区フィルのファミリーコンサートにも行きたかったのですが、涙を呑んで「第16回新潟第九コンサート2015」に行って来ました。時間がずれてくれたら良かったのですが、同時刻の開催ではどうしようもありません。演奏は盛り上がりましたが、個人的にはアンコールの「フィンランディア」が一番楽しめました。

 

2015年12月13日

 12月もあっという間に半ばとなりました。あわただしさの中で、日々の業務をこなすので精一杯な毎日ですが、新潟のコンサートは大盛況です。私も是非にとは思いますが、仕事が重なってどうしようもありません。

 金曜日は「オルガン・クリスマスコンサート2015」に行く予定にしていたのですが、仕事が終わらずに断念しました。先週に引き続いて、再びチケットを無駄にしてしまいました。
 昨日は新潟中央高校音楽科の定期演奏会や新潟大学管弦楽団の定期演奏会があり、是非とも行きたかったのですが、涙を呑みました。体が二つほしいですね。

 でも、今日は「新潟県警察音楽隊第35回定期演奏会」に行ってきました。吹奏楽とカラーガード隊のパフォーマンスに楽しませていただきました。

 

2015年12月6日

 12月になり、年末のあわただしさが増すばかりです。それでも新潟の音楽界はにぎわっています。今週も魅力ある公演が多数ありましたが、平日の公演は行くことができませんでした。「カルミナ四重奏団」のチケットを無駄にしたのは残念でしたが、仕方ありません。

 昨日・今日もたくさんのコンサートがありました。何を聴くか悩ましかったですが、昨日は「冬の午後のコンサート vol.4」に行ってきました。実力あるフルート奏者4人によるコンサートでしたが、それぞれがソナタを演奏し、ボリューム満点のコンサートでした。

 そして今日は「新潟ウインドオーケストラ第56回定期演奏会」に行ってきました。躍動感ある演奏に、吹奏楽の喜びを感じさせていただきました。

  

2015年11月29日

 秋から冬へと季節は向かい、新潟平野を見下ろす五頭連峰にも雪が積もりました。爆弾低気圧による大荒れの天候も一息ついたようですが、天候は優れません。

 こんな陽気ではありますが、コンサートラッシュが続いています。昨日今日とたくさんのコンサートが同時開催され、それも魅力的なものばかり。うれしい悲鳴ではありますが、聴きたくても聴けないのは残念です。

 さて、26日には「フランチェスコ・トリスターノ ピアノ・リサイタル」に行き、才能あふれる若きピアノニストに感動が抑えきれませんでした。

 昨日は柏崎に遠征して、「クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル」に行ってきました。さすがというべき演奏にひれ伏すのみでした。

 そして今日は「東京交響楽団第93回新潟定期演奏会」に行ってきました。その前に、恒例の「東響ロビーコンサート」を楽しませていただき、その後「プロジェクトリュリ第8回演奏会」にも行って、忙しい一日になりました。

 

2015年11月23日

 「新潟市民吹奏楽団第89回定期演奏会」に行ってきましたので、特別に更新します。

 

2015年11月22日

 晩秋の新潟。紅葉から落ち葉の世界へ。冬近しを感じますが、新潟の音楽界は熱く燃えています。たくさんの公演があり、どの会場も賑わってくれることを祈ります。

 こんな中、昨日は「品田真彦ピアノリサイタル」に是非とも行きたかったのですが、仕事のため断念せざるをえませんでした。本格的なリサイタルは初めてということで新潟日報記事でも紹介されていましたが、素晴らしいコンサートになったことでしょう。

 そして今日もたくさんのコンサートが重なっています。まさにうれしい悲鳴。日時がずれてくれたら良かったのですけれど・・。体がひとつというのが残念です。
 柏崎フィルの定期演奏会も聴きたいですし、長岡でのヴェルディのレクイエムも魅力があり、潟響の発表があるまでは長岡遠征するつもりでしたが、結局「新潟交響楽団第97回定期演奏会」に行って来ました。指揮者が松沼俊彦さんというのが決め手です。熱い演奏が確約されていますから・・。

 

2015年11月15日

 今週末は天候すぐれず、ちょっと憂鬱です。こんな日は良い音楽を聴いて、気分を高めましょう。ということで、昨日は「第50回新潟県音楽コンクール受賞者コンサート」に行ってきました。コンクールを勝ち抜いた皆さんの熱演を前にしに、今後のさらなる発展を祈りました。

 

2015年11月8日

 今週は天候に恵まれて、過ごしやすくて良かったです。今週もたくさんの公演がありましたが、昨日は「伊奈るり子 林佳保里 クラリネットデュオリサイタル」に行ってきました。語りや楽しい演出もあって、飽きさせませんでした。
 そして今日は聴きたい公演がいくつも重なってしまいましたが、「新潟フルートアンサンブル・アカデミー第16回演奏会」に行き、音楽的にもビジュアル的にも堪能しました。

 

2015年11月3日

 今日は文化の日で休日です。定期の更新日ではありませんが、昨夜「グザヴィエ・ドゥ・メストレ ハープリサイタル」に行って来ましたので、記事を追加しました。

 

2015年11月1日

 今日から11月。今年も残り少なくなり、慌しさが増すばかりですが、文化の秋が真っ盛り。今週もたくさんの公演があります。特に今日は行きたい公演が同時刻にいくつも重なってしまいました。さて、どうしましょうか。

 そんな週末ですが、昨日は「ウィリアム・プランクル&石井玲子 チェロとピアノのデュオ・リサイタル」に行ってきました。東欧・ロシアの音楽がプログラムに組まれ、ロマンチックな調べにうっとりと聴き入りました。

 そして、今日は、長岡遠征、小出遠征も考えましたが、市外に出かけるのはやめにして、「りゅーとぴあ・1コイン・コンサート 魅惑の美声“テノール”」に行き、テノールの美声に酔いしれました。
 その後はカトリック青山教会に行って、「山本真希 オルガン・チャリティコンサート」を聴かせていただき、山本さんの魅力を再確認しました。

 さて、来年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭2016 の開催が発表されました。2016年のテーマは「la nature(ナチュール)」(仮題)だそうです。新潟市はBRTでつまづいてしまいましたが、きっと来年も開催してくれるものと期待しましょう。

 最後に、ジュニアオーケストラフェスティバルで新潟に何度か来ている墨田区の「トリフォニーホール・ジュニア・オーケストラ」は、昨日創立10周年・第20回演奏会を開催しましたが、その演目に仰天しました。OB・OGも参加して、総勢140名でストラヴィンスキーの「春の祭典」を演奏とのこと。ジュニアが「春祭」を演奏するなんて、凄い時代になったものです。我らが新潟市ジュニアオケはやらないでしょうね。
 もっとも新潟は初心者から指導する「オーケストラ教室」ですが、かのオケはオーディションで選ばれた団員からなる精鋭たちですから、比較できませんけれど。でも、ジュニアオーケストラフェスティバルでは新潟は決して引けをとりませんからたいしたものと思います。

 

2015年10月25日

 秋たけなわ。新潟の音楽界は賑わっています。今週も行きたい公演が多数重なっています。こんな中、昨日は「洋楽の夕べ Joint Recital」に行ってきました。地元音楽家の多彩なパフォーマンスに魅了されました。

 そして本日は、「内田美果ピアノ演奏会」に行ってきました。自治会主催の手作り感いっぱいの演奏会でしたが、迫力ある演奏に魅了されました。

 

2015年10月18日

 今週もコンサートの嵐です。昨日は当初行く予定はなかったのですが、時間が取れましたので、急遽「Opus X Super Quartet」に行ってきました。ジュリアード音楽院出身の美女4人による名曲コンサートが売りでしたが、直前にメンバー4人中2人が交代してしまうという事態になりました。でも、美女には違いなく、視覚的にも楽しませていただきました。

 そして、今日は東響新潟定期の日。「東響ロビーコンサート」、「朴 葵姫ギターリサイタル」、「東京交響楽団第92回新潟定期演奏会」とはしごする強行軍でしたが、いずれも良い演奏でした。

 さて、東京交響楽団は、毎年恒例の「わくわくキッズコンサート」のため、水曜まで新潟でのコンサートが続きます。新潟市内の小学校5年生全員がオーケストラに接する貴重な機会であり、水曜夜には、一般向けの「特割コンサート」が開催されます。指揮は飯森さんですので、きっと熱い演奏を聴かせてくれるものと思います。楽団員の皆様は長期の新潟暮らしとなります。ご苦労様です。

 

2015年10月11日

 今週末もたくさんのコンサートやイベントがあり、賑わいをみせています。昨日も行きたい公演があったのですが、仕事のため断念しました。
 そして、今日もたくさんの魅力ある公演が同時刻に開催されるという困ったことになりました。新潟市では新潟シティマラソンも開催され、朝から盛り上がっていましたが、そんな中、私が選んだのは・・・。

 ということで、「牛田智大ピアノリサイタル」に行ってきました。若さ溢れる変幻自在な自由な音楽に、大いに楽しませていただきました。

 

2015年10月4日

 10月になり、すっかりと涼しくなり、秋も深まってきました。芸術の秋も真っ盛り。今週もたくさんの公演があります。特に今日は、ネーベル室内合奏協会、市民オペラ「愛の妙薬」、山本真希さんのコンサートに新潟ジュニジャズオーケストラなど、行きたい公演が見事なまでに重なっています。
 そんな中から苦渋の末に私が選んだのは「新潟県音楽コンクール第50回記念コンサート 音楽のよろこび」です。多彩な出演者による多彩な演目で、大いに楽しませていただきました。

  

2015年9月27日

 シルバーウィークもあった今週は、実にたくさんのコンサートがありました。どれも魅力的で聴きたいコンサートばかりで、行くに行けなくて困ってしまいます。

 そんなコンサートラッシュの中で、連休中の22日には「秋川雅史&二期会&N響メンバー スペシャルコンサート」に行き、秋川さんのと鈴木愛美さんの共演を楽しみましたが、N響メンバーの弦楽五重奏も良かったです。

 また、連休最終日の23日には「コバケンとその仲間たちオーケストラ in 新潟」に行き、障がいを持つ皆様とともに、オーケストラを楽しみました。

 昨日は「大阪フィルハーモニー交響楽団新潟特別公演」に行き、名曲中の名曲である「未完成」、「運命」、「新世界」の三大交響曲を一気に聴いて楽しませていただきました。

 そして今日は、コンサートに行く予定はなかったのですが、時間の都合が付き、急遽「井上静香と仲間たち」に行ってきました。井上さんをはじめ、各奏者の素晴らしさに息を呑むような見事な演奏でした。

 さて、数多くの、行きたくても行けなかったコンサートの中で、特に木曜日に開催された「加藤礼子 ヴァイオリン・リサイタル vol.1」は、加藤さんファンの私としましては何としても行きたかったです。しかし、連休明けの平日は業務多忙で行くことはできませんでした。またの機会にとは思いますが、一期一会の生演奏は二度と味わえませんから、残念でなりません。
 昨日も魅力あるコンサートが重なりましたし、今日もたくさんのコンサートがあります。どれを選ぶかは、まさに苦渋の決断です。地方にいながら、これだけ豊富なコンサートがあるなんてうれしい悲鳴であり、喜ぶべきことでしょう。どれもが盛会となりますことをお祈りします。

 最後に、先日りゅーとぴあで開催された第21回西関東吹奏楽コンクール。新潟県代表は、各部門とも健闘むなしく金賞受賞は1団体もなく、東日本大会や全国大会への出場はなりませんでした。新潟県と関東、全国とのレベルの差を感じざるを得ませんでした。コンクールがすべてではありませんが、来年の活躍を期待したいと思います。

 

2015年9月20日

 いつの間にか9月も下旬となり、稲刈りも終盤。もうすぐ彼岸を迎えようとしています。シルバーウィークの催しもたくさんあり、各会場とも賑わってほしいです。特に、昨日から明日まで、りゅーとぴあでは西関東吹奏楽コンクールが開かれています。県外からたくさんの団体が来られており、新潟の初秋を堪能していってほしいですね。

 さて、金曜日に、新潟市とナント市との姉妹都市交流事業として、新潟市民招待の「ストラディヴァリア新潟公演2015」が開催されましたので聴いてきました。古楽器によるバロックアンサンブルの響きで、優雅なひとときを過ごすことができました。

 そして今日の午後は、西関東吹奏楽コンクールを少しだけ覗いてきました。さすがに県予選を勝ち抜いた皆様であり、ハイレベルな演奏に感嘆しました。真剣勝負のコンクールですので、「コンサート見聞録」に載せるのはやめておきます。

 

2015年9月13日

 9月も半ば、いよいよ芸術の秋到来です。昨日は、「とある楽器の二重奏曲 THIRD」に行き、笠原恒則さんと飯田万里子さんのチェンバロニ重奏を楽しませていただきました。編曲の良さと演奏の良さが相まって、チェンバロの豊潤な響きに酔いしれました。

 そして今日は、私の生きがいである「新潟市ジュニアオーケストラ教室第34回演奏会」に行ってきました。子供たちの演奏に元気をいただき、感動に涙しました。

 さて、東京交響楽団新潟定期演奏会の2016年度のプログラムが発表になりました。りゅーとぴあのホームページでは何の情報もありませんが、東京交響楽団のホームページでは9月7日付けで発表されています。
 指揮者陣は、ウルバンスキ、川瀬賢太郎、広上淳一、ジョナサン・ノット、シモーネ・ヤング、飯森範親の6人です。音楽監督(ノット)、正指揮者(飯森)、主席客演指揮者(ウルバンスキ)は外していませんが、桂冠指揮者のスダーンや秋山さんの出演がないのが残念です。
 新潟定期もいよいよ100回を迎えますが、その100回記念公演は飯森さんによるレスピーギのローマ三部作です。きっと熱い演奏を聴かせてくれることでしょう。

 → 2016年度東京交響楽団新潟定期演奏会

  

2015年9月6日

 9月になり、随分と過ごしやすくなりました。このまま秋になってくれるありがたいですね。

 昨日は「山本真希オルガンリサイタルシリーズ No.20」に行ってきました。回を重ねて20回目となりましたが、今回も素晴らしい演奏を楽しませていただきました。

 

2015年8月30日

 早いもので、8月最後の週末となりました。今週末も様々な催しがあり、新潟の音楽界の活発さを感じます。同時間帯に行きたい公演が重なり、悩んでしまうというのは、地方都市としては贅沢なことですね。

 そんな中、昨日は新潟日報メディアシップで開催された「メディアシップ音楽フェスティバル」に行ってきました。様々なジャンルの全11公演が開催されましたが、そのうちの4公演聴いてきました。オープンな会場ではありましたが、出演者の皆さんの熱演を無料で楽しめて良かったです。

 そして今日は、8月最後の演奏会として「新潟メモリアルオーケストラ第25回定期演奏会」に行ってきました。毎年のことながら、無料で素晴らしい演奏を聴かせていただいで大満足でした。

 

2015年8月23日

 今週もたくさんのコンサートがあり、どこに行くか、どう回るか悩ましいです。どのコンサートも賑わいますようお祈りしたいと思います。

 昨日は「幣隆太朗 コントラバス ソロコンサート2015」に行ってきました。ピアノの大瀧拓哉さんとの共演で、見事なテクニックと音楽性に魅了されました。

 今日は、「東響ロビーコンサート」で、木管四重奏を堪能した後、だいしホールでの「森 麻季 ソプラノリサイタル」に行き、森さんの美声と美貌に酔いしれ、最後に「東京交響楽団第91回新潟定期演奏会」で、ヴァイオリン、チェロ、ピアノの名協奏曲を一気に楽しみました。
 ハードなスケジュールではありましたが、いずれも聴き応えある演奏で、疲れも吹き飛ぶほどの感動をいただきました。

 

2015年8月16日

 お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。行楽地は賑わいをみせたことでしょう。お盆ということで、コンサートは少なかったですが、それでもいくつかの公演が開催されました。
 14日は、東アジア文化都市の関連イベントとして、日・中・韓の3国の子供たちが参加した「日・中・韓3都市「わたしは未来」合唱交流」に行ってきました。このような文化交流を通じて、3国間の関係改善が進むと良いですね。

 そして昨日は「APRICOT&劇団ひまわり合同特別公演「赤毛のアン」」に行ってきました。新潟の子供たちが作り出す感動のステージに感激しました。公演は今日と明日もありますので、是非ご覧になってください。

 

2015年8月9日

 今週は新潟まつりですが、コンサートも負けていません。残念ながら平日のコンサートには行けませんが、昨日は「新潟中央高等学校管弦楽部♪コーラス部 Joint Concert 2015」に行ってきました。盛りだくさんの内容で、充実したコンサートでした。

 そして今日は「2015 マイタウンコンサート in ツバメ」に行ってきました。ユーフォルビアの皆さんの楽しい演奏と櫻井綾さんの落ち着いたソプラノを楽しみました。

 

2015年8月2日

 今週もたくさんのコンサートがあります。身体はひとつ。仕事もありますし、どこに行くか悩ましいところです。こんなに悩めるということは、新潟の音楽界が活発に活動しているということであり、喜ぶべきことと思います。

 昨日は数あるコンサートに中から、新発田市での「真夏のコンサート2015」に行って来ました。新発田市民文化会館の開館35周年記念のコンサートでしたが、新潟の音楽家による素晴らしい演奏を堪能しました。

 また、今日も行きたい公演が重なってしまいましたが、昨日に引き続いて新発田に行き、「山形交響楽団特別公演」に行ってきました。小編成の山響が機動力を発揮し、熱気溢れる演奏を聴かせてくれました。オーディションで選ばれた木米さんのピアノも良かったです。

 

2015年7月26日

 暑い日が続いていますが、新潟の音楽シーンも熱いです。今日は新潟県音楽コンクールの本選会です。どんなヒロイン、ヒーローが生まれますか、楽しみです。

 さて、昨日は、水と土の芸術祭の関連イベントである「QUARTET PAPAS」のコンサートに行ってきました。旧二葉中学校の音楽室で開催され、若き俊英たちの熱い演奏に感激しました。

 

2015年7月20日

 今日は海の日。定期更新日ではありませんが、「新潟市ジュニア合唱団第25回定期演奏会」に行って来ましたので更新します。毎度ながらの素晴らしい歌声と演技に感動をいただきました。

 

2015年7月19日

 今週は猛暑の後に台風がらみの不順な天候。ジメジメの暑さにストレスはたまるばかり。良い音楽を聴いて暑気払いしましょう。

 ということで、金曜日は「ロシア国立交響楽団」に行ってきました。一晩でチャイコフスキーの三大交響曲を一気に演奏するというお得なコンサートで、燃え上がるような演奏に気分爽快になりました。

 昨日は新潟市郊外の松野尾地区で開催された「風と緑のサマーコンサート」に行き、手づくり感あふれるほのぼのとしたコンサートに心も和みました。

 そして今日は「第26回新潟ジャズストリート」に参加。スウィングしまくりで、大いに楽しめました。ジャズの街・新潟を実感しました。

 

2015年7月12日

 今週も新潟はたくさんのコンサートがあります。どこに行くべきか悩ましく、長岡の小山さんのリサイタルなど、行きたくても行けない公演もあります。特に今日は同じ時間帯に魅力ある公演が重なっています。身体が二つ、いや三つくらい欲しいですね。

 そんな中、昨日は「今井あいソプラノリサイタル」に行ってきました。斉藤晴美さんの見事なピアノに載せて、多彩な曲を、リリカルな歌声で楽しませていただきました。

 そして今日は、佐々木友子さん、伊奈るり子さんも気になりましたが、「Revoirサマーコンサート2015」に行ってきました。いつもながらの見事なアンサンブルを堪能しました。

 さて、今週は心配な情報があります。新潟の音楽のメッカといえば「りゅーとぴあ」。この「りゅーとぴあ」は、施設の老朽化に伴い、平成29年1月から9月上旬までと平成30年度上半期に、大規模な改修工事を行い、この間は施設ごとに長期休館となります。特に平成29年6月から9月上旬までは全館休館となります。
 こんなに長期間使用できないとなりますと、困ってしまいますね。他のホールがフル稼働となりましょうが、大ホールは県民会館と新潟テルサしかないですので、オーケストラや演劇などは開催が制限されそうです。週末はホールの奪い合いになることでしょう。東響定期はどうなるんだろうと心配が募ります。

 

2015年7月5日

 今週も新潟の音楽界は盛況です。昨日は、昼は「新潟混声合唱団第45回定期演奏会」を聴きました。新指揮者の佐藤匠先生を迎えて、楽しいステージで楽しませてくれました。
 夜は「新潟大学管弦楽団第36回サマーコンサート」に行ってきました。カリンニコフの交響曲第1番の新潟初演が注目されましたが、期待通りの素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

そして、今日は「長岡交響楽団第56回定期演奏会」に行って来ました。小杉真二さんとのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番に熱狂し、後半の新世界に酔いしれました。

 

2015年6月28日

 梅雨入りした新潟。すっきりしない毎日ですが、音楽はいろいろあって良いですね。今週は、水曜日に「オーケストラ・アンサンブル金沢 新潟公演」に行ってきました。井上道義さんと五嶋みどりさんの共演で、めずらしいシューマンのヴァイオリン協奏曲を聴けたのは良かったです。

 そして今日は、・・・。北フィルと茂木さんのチケットの両方あるのですが、梯子は時間的に難しそう。石丸由佳さんのサイン会にも行きたいですし。悩ましい日曜日になりました。

 ということで、まず北区文化会館での「北区フィルハーモニー管弦楽団第4回定期演奏会」に行き、素晴らしい熱気あふれる演奏を堪能しました。
 終演とともに大急ぎで車を飛ばし、「茂木大輔のオーケストラ・コンサート No.11」を聴きました。当然開演に間に合うはずはありませんが、興味深い解説と素晴らしい演奏を楽しみました。毎度のことながら、もぎオケのすごさには驚かされます。

 話は変わって、佐渡裕の司会で人気の「題名のない音楽会」の新司会者が五嶋龍になったそうですね。歴代最年少司会者がどんな番組を作ってくれるか期待したいと思います。

 

2015年6月21日

 今週も仕事が忙しい毎日でした。「タリス・スコラーズ」のチケットを買って楽しみにしていたのですが、仕事が入って行けませんでした。是非聴きたかったのですが・・・。

 また、今日の「新潟交響楽団第96回定期演奏会」も行こうと思ってチケットを用意していたのですが、仕事で軽井沢まで出張することになり、断念しました。なかなかうまくいきませんね。

 でも、ただでは転びません。出張先の軽井沢で、「軽井沢吹奏楽団第20回定期演奏会」を聴いてきました。会場の軽井沢大賀ホールの豊かな残響と相まって、素晴らしい演奏を聴かせてくれて、楽しませていただきました。

 

2015年6月14日

 今週も「新潟室内合奏団第69回演奏会」など、聴きたい公演がありましたが、時間がとれず断念せざるをえませんでした。来週末も仕事が入っています。我慢の日々です。

 

2015年6月7日

 このところ多忙で音楽どころでなく、コンサートから遠ざかっていましたが、一段落し、昨日は親鸞聖人七五0回後遠忌記念の「鼓童特別公演 ワン・アース・ツアー2015 永遠」に行ってきました。魂を揺さぶる太鼓の連打に酔いしれました。

 そして、今日は「東京交響楽団第90回新潟定期演奏会」に行ってきました。ノットによるブル7に酔いしれましたが、ちょっとゆっくりすぎかなと感じました。
 また、東響定期に先立って、恒例の「東響ロビーコンサート」も聴きました。「東響2cellos」とエレキベースの共演で、サービス精神にあふれた名人芸は、まさのプロを感じさせました。
 さらに、ロビコンと定期の間を縫って、「新潟東シティ管弦楽団東区新緑コンサート」も聴きました。まさにアメチュアというほのぼのとした演奏は清清しかったです。

 

2015年5月31日

 今週もたくさんの公演があり、今日も聴きたいコンサートがありますが、本業多忙で自粛です。どのコンサートも賑わいますように・・・。

 今年のLFJ新潟の開催結果が発表されました。総来場者数は95,595人。このうち有料公演が16,573人、交流ステージが9,790人、エリアイベントが35,443人、関連イベントが33,789人とのことです。昨年に比較しますと、総来場者数は増えていますが、有料入場者数は減っています。実際、コンサートホールは満員になった公演はありませんでした。
 収支の報告はありませんが、今年の出演者は小粒でしたし、経費削減が図られていたように思います。来年の開催が心配されますが、せっかく新潟の春に根付いたイベントですので、継続してほしいものです。

 

2015年5月24日

 今週は本業多忙につき、大人しくしております。いろんな公演がありますが、盛況となることをお祈りします。

 と、一旦更新しましたが、午後になり音楽が恋しくなり、思い立って弥彦神社で開催された「奉祝行事結び「音楽」奉納演奏」に行ってきました。弥彦の若手ピアニストの演奏と奥村愛さんのヴァイオリン演奏を楽しく聴かせていただきました。

 

2015年5月17日

 今週もたくさんの公演があり、特に昨日は県内各地でいくつもの公演が開催され、まさにコンサートの花盛りです。私も行きたいところではありましたが、先週のクラシックストリートからLFJ新潟と続いた音楽浸けの疲労がたまっていて、大人しくしていました。

 そして今日は、「東京交響楽団第89回新潟定期演奏会」に行ってきました。前音楽監督のスダーンの指揮で、モーツァルトとフランクを堪能しました。

 また、これに先立ちまして、定期演奏会の日に恒例の「東響ロビーコンサート」も聴いてきました。東響トップ奏者による弦楽四重奏を、無料で楽しませていただきました。

 さらに、ロビーコンサートと東響定期の間の時間を利用して、江南区文化会館で開催された「アモーレ・マルー グランドコンサート」を聴いてきました。リコーダーの丸山友裕氏を中心に昨年結成されたバロックアンサンブルの旗揚げ公演で、躍動感ある演奏を堪能しました。

 最後に、遅ればせながら、先週のLFJ新潟の公演ごとの個別の記事をまとめました。我ながらたくさん聴いたものと自画自賛しております。

 

2015年5月10日

 新潟クラシックストリートの感動と興奮が冷めやらぬ中、8日からラ・フォル・ジュルネ新潟2015が開幕しました。私も連日参加しました。
 概略を「ラ・フォル・ジュルネ新潟2015 第1日」、「ラ・フォル・ジュルネ新潟2015 第2日」、「ラ・フォル・ジュルネ新潟2015 第3日」として掲載しました。詳細は後日作成の予定です。

 

2015年5月5日

 今週末はLFJ新潟の開催で、更新もままならない可能性があり、特別に今日のうちに更新しておきます。

 好天の下、今日は「第5回新潟クラシックストリート」が開催されました。どれに行くか悩まれた方が多いものと思いますが、いくつか回ってきましたので紹介します。

 

2015年5月3日

 GW真っ盛り。天候にも恵まれ、行楽地は賑わっていることでしょうが、コンサートもたくさん開催されています。

 そんな中、4月29日は、新潟市西区と新潟大学とのコラボによる「暮らしっく広場2015 西区国際音楽祭」の第1回公演である「Ludwig Chamber Players 〜日本×ドイツ 多彩なる室内楽の夕べ〜」に行って来ました。西区出身の横坂源さんをはじめ、7人の奏者の素晴らしいアンサンブルを堪能しました。

 昨日は、LFJ新潟の関連イベントでもある「恋するクラシック 〜情熱の音〜」に行って来ました。新潟の若手音楽家による情熱的な演奏を楽しませていただきました。

 そして今日は長岡に遠征し、「東京フィルハーモニー交響楽団長岡特別演奏会」に行って来ました。チョン・ミョンフンの指揮の下、躍動感ある演奏を聴かせてくれました。

 

2015年4月26日

 春たけなわとなり、新潟の音楽界も活動が活発です。昨日からはアートミックス・ジャパンが開催され、たくさんの公演が開催され賑わいをみせています。
 そして今日は、「ラ・フォル・ジュルネ新潟2015 プレ公演」が開催されました。新潟市内の各オーケストラのメンバーが集まってのスペシャル市民オーケストラが、美しくも熱気あふれる演奏を聴かせてくれました。

 

2015年4月19日

 新潟も平地の桜は散り、山間部が見頃となっているものと思います。チューリップもきれいに咲いており、春の喜びを感じます。

 今週もたくさんの催しがありましたが、金曜日には「佐渡裕指揮兵庫芸術文化センター管弦楽団」に行ってきました。若さとエネルギーあふれる演奏に心躍りました。
 また、昨日は越後森林館で開催された「春のおと風 マリンバ&ヴァイオリン」を聴きました。木造ホールで聴く美しく柔らかな調べに癒されました。

 

2015年4月12日

 新潟の桜も満開となり、春本番を迎えました。行楽地も賑わっていることでしょう。音楽関係の催しもたくさんあります。皆さんも是非お楽しみください。

 

2015年4月5日

 いよいよ新年度がスタートしました。新潟の桜も開花し、いよいよ春本番です。コンサートもたくさんあって、選択に困るほどです。どの会場も賑わいますように・・・。

 昨日は東堀のコンチェルトさんで開催された「よろずやリコーダーカルテット インストアライブ」に行き、リコーダーの柔らかな音色を楽しませていただきました。
 終了後は、東堀に4月1日にオープンした小劇場「新潟古町えんとつシアター」に足を伸ばし、オープニングイベントである「春のえんとつ音楽祭 薫風之音」に参加しました。お馴染みの鯨岡さんの尺八と美しい藤崎さんが奏でる箏にうっとりと聴き入りました。

 

2015年3月29日

 新潟にも春がやってきました。週末は気温も上がって良い気分です。今日はちょっと曇り空になってしまいましたが・・・。

 こんな中、昨日は、「ラナンキュラス ヴォーカルコンサート vol.12」に行ってきました。出演者のハイレベルな歌声に驚きました。
 その後雰囲気を変えて、「酒場 de バロック Sophia sinistra」に行きました。酒場という狭い空間で、贅沢な時間を過ごさせていただきました。

 そして今日は、毎年楽しみにしている「新潟市ジュニア音楽教室第11回スプリングコンサート」に行ってきました。邦楽、合唱、オーケストラと、新潟が誇るジュニアたちの演奏をまとめて聴ける貴重な機会です。今年も大勢に人たちで賑わっていました。

 

2015年3月22日

 昨日は春分の日。天候に恵まれ、青空が心地良い週末となりました。昨日からLFJ新潟2015の一般発売も始まり、いよいよ春到来を感じさせます。

 昨日はコンチェルトさんで開催の「野上詩織インストアライブ」に参加し、初々しくフレッシュな演奏に元気をもらいました。
 夕方には「山本真希オルガンリサイタルシリーズ No.19」で、バッハ一族の多彩な曲を楽しませていただきました。

 

2015年3月15日

 3月も中旬なのですが、天候は落ち着かず、真冬に戻ったような日が続いています。今日はしばらくぶりに青空が見え、太陽の光のありがたさを感じています。

 多忙で音楽どころでもない状況ですが、気分転換も欠かせません。今日はたくさんのコンサートがありましたが、「オペラ・1コインコンサート 〜日本新人オペラ歌手プレミアム・コンサート〜」に行ってきました。ソプラノ3人、バス1人が出演し、若手代表として見事な歌声を聴かせてくれました。

 

2015年3月8日

 今週は多忙で、音楽はお休みです。

 今日からLFJ新潟の先行販売が始まりました。私も買いたいところですが、5月の予定が定まらず、買うに買えないのが実情です。皆さんは是非お買いになって、LFJ新潟を盛り上げてください。

 また、LFJ新潟の関連イベントである5月5日の「第5回新潟クラシックストリート」のタイムスケジュールが発表になっています。着々と準備は進んでいるようであり、春到来を実感します。

 

2015年3月1日

 いよいよ3月になりました。LFJ新潟のN-PACmate向けのチケット先行販売の案内も届き、春もすぐそこまでやってきたことを実感します。年度末で慌しいですが、催しはいろいろあります。良い音楽を聴いて、気分転換を図りましょう。

 ということで、昨日は「ハルビン交響楽団公演」に行ってきました中国の曲を中心に多彩なプログラムが組まれ、予想以上の見事な演奏に感激しました。

 今日は、待望の「小黒亜紀ピアノリサイタル」に行ってきました。小黒ワールド全開で、新潟の音楽史に語り続けられるんじゃないかと思うほどの演奏にノックアウトされました。

 今日はこれでお腹いっぱいで、後はどうでも良いような気分になりましたが、その後にとんでもない演奏が待ち構えていました。それは、「東京交響楽団第88回新潟定期演奏会」です。秋山さんと東響の集大成とでも言うべき渾身の演奏に驚嘆しました。一期一会の神ががり的演奏に立ち会えて幸せでした。

 

2015年2月22日

 2月もあと一週間。来週は3月です。いよいよ春も近いですね。音楽も花盛りです。昨日は仕事でいけませんでしたが、今日はどうしようかな・・。

 ということで、「新潟リングアンサンブル第12回定期演奏会」に行くか最後まで悩みましたが、「シンフィニック アンサンブル リルト第20回定期演奏会」に行ってきました。20回を記念するにふさわしい、良い演奏だったと思います。

 さて、2月17日に、ルネ・マルタン氏を迎えて、LFJ新潟2015のプログラム発表会が開催され、プレ公演(4月26日)と本公演(5月8日〜10日)を合わせて、全部で35の有料公演プログラムが発表されました。
 今年のテーマは東京と同じ「パシオン」ですが、副題は、東京の「恋と祈りといのちの音楽」に対して新潟は「恋する作曲家たち」と若干違っています。
 今年は新潟市が東アジア文化都市に選ばれたということで、中国、韓国、日本の伝統音楽を加えて、国際色豊かにしたというのが特色のようです。プログラムと出演者を見ますと、あまり大物の名前はなく、オケは小編成のシンフォニア・ヴァルソヴィアのみです。
 東京や金沢と比べられるわけはなく、びわ湖と比較してもちょっと寂しいかなという印象はありますが、新潟の身の丈に合った、独自のプログラムがあって良いものと思います。
 会場はりゅーとぴあ(コンサートホール、劇場、能楽堂)と燕喜館、旧齋藤家別邸、旧小澤家住宅です。例年のことながら、和風建築とクラシック音楽の融合ということは面白いのですが、旧齋藤家別邸、旧小澤家住宅はりゅーとぴあからかなり離れていて、行きにくいというのが難点です。
 派手さはありませんが、小粒ながらも興味深い公演が並んでいます。地元の音楽家が出演する無料公演も期待されます。私は例年のようにできるだけ参加したいと思います。

 

2015年2月15日

 寒さ厳しい毎日ですが、今週もいろんな催しがありました。11日には、東堀のCDショップ、コンチェルトさんで開催された「小黒亜紀インストアライブ」で、すばらしい演奏に感動し、その後は、「新潟シューベルティアーデ」を聴き、シューベルトの歌曲の世界に酔いしれました。
 そして、昨日は、「にいがたジュニアコーラスフェスティバル」に行き、子供たちのほのぼのとした歌声に癒されました。
 また、11日の午前に行われた「りゅーとぴあコンサートホール・バックステージツアー」にも行きましたので。その報告も載せました。

 さて、今年のラ・フォル・ジュルネ(LFJ)のテーマは「パシオン」。東京(5月2日〜4日)の有料公演のプログラムはすでに発表されましたが、LFJ新潟(5月8日〜10日)のプログラム発表会が、17日に、アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン氏を迎えて開催されます。どのようなプログラムになるのか楽しみですね。
 ちなみに、LFJ金沢(5月3日〜5日)のテーマは「パッション・バロック 〜バッハ、ヘンデル、ヴィヴァルディ〜」、LFJびわ湖(5月2日〜3日)のテーマは「パシオン・バロック 〜バッハとヘンデル〜」です。

 

2015年2月8日

 今週も行きたいコンサートはありましたが、相変わらず平日は行けませんでした。その代わり今日は「ルベン・シメオ トランペット・リサイタル」に行って来ました。超絶技巧にハイトーンの美しさ。この年齢でこれだけの演奏をするなんて脱帽するしかありませんが、感動は今ひとつでした。

 先週映画「マエストロ!」の紹介をしましたが、今週も再び見に行ってしまいました。やはり原作以上の仕上がりではないでしょうか。西田敏行のほかキャストも適役。全く違和感なく楽しめました。「未完成」の第二楽章の魅力に改めて気付き、スダーン/東響のCDを聴きながらこの文章を書いています。

 さて、新潟市は東アジア文化都市に指定され、今年は中国(青島市)、韓国(清州市)とのさまざまな交流イベントが開催されます。新潟の文化親善大使は小林幸子とNegiccoとのこと。頑張ってもらいたいですね。
 今年のLFJ新潟とアート・ミックス・ジャパンもこれに連携するとのことで、どのような公演がもたれるのか楽しみです。
 これに関連して、2月27日(金)にオープニングイベント(新潟県民会館)が開催され、新潟からはHilcryme、Negiccoのほか、和楽器ユニット「音魂」、「にいがた総おどり」が出演し、清州市、青島市からも舞踊団ほかの出演があり、豪華なイベントになりそうです。
 また、2月26日(木)(新潟市民プラザ)、28日(土)(江南区文化会館)には新春日中文化交流フェスティバルが開催され、新潟市の友好都市であるハルビン市の交響楽団の演奏会があるそうです。いずれも無料ですが要申し込みです。詳細はHPをご覧ください。

 

2015年2月1日

 先週に引き続いて、今週も聴きたいコンサートがいろいろとあったのですが、平日の公演は行くことができません。じっと我慢というところです。結局1月に行ったのは3公演のみ。ちょっと寂しい新年のスタートでした。

 今日は「新潟交響楽団第11回室内楽演奏会」に行ってきました。団員によるアンサンブルの演奏でしたが、ボリュームもたっぷりと、楽しく聴かせていただきました。

 さて、昨日から公開中の映画「マエストロ!」を観てきました。原作はさそうあきらのコミックで、当ホームページの音楽コミックのコーナーで紹介していますが、原作の面白さが良く表現されていて良かったと思います。一般人にはどうかはわかりませんが、当ホームページをご覧になっている音楽好きの皆さんは楽しめると思います。劇中の演奏(佐渡裕指揮ベルリン・ドイツ交響楽団)も聴き応えがあります。

 

2015年1月25日

 今週は大雪はなく、比較的過ごしやすい日が続いて助かりました。このまま春に向かってくれると良いのですけれど。

 さて、今週は聴きたいコンサートの花盛り。ファンである加藤礼子さんのリサイタルは、是非聴きたいと思っていたのですが、平日で行けませんでした。メディアシップの紫竹さんらによるコンサートも、中林恭子さんのリサイタルも同様に行けませんでした。誠に残念です。休日に再演してくれませんかねえ・・・。

 ということで、今週は大人しく過ごしております。コンサートに行かれた方のレポートを拝見し、せいぜい行った気分にひたりましょう。

 

2015年1月18日

 寒波が襲来し、山間部は大雪になっていますが、新潟は音楽で盛り上がっています。昨日は吹雪の中、冬・夏恒例の「第25回新潟ジャズストリート」に参加してきました。聴けた公演はわずかではありましたが、良い音楽を聴かせていただきました。
 そして今日は、「新潟市ジュニアオーケストラ教室OBアンサンブル ルヴォワール第2回定期演奏会」に行ってきました。高水準の躍動感ある演奏に心奪われ、絶妙のアンサンブルに驚嘆しました。

 

2015年1月12日

 遅ればせながら、新年最初のコンサートに行ってきました。「枝並千花&須藤千晴デュオ・コンサート2015」です。新春を飾るにふさわしい、明るく爽やかな演奏で、楽しませていただきました。

 

2015年1月11日

 新年も中旬となり、コンサートも盛んとなっています。私は行きませんが、今日は新春恒例のウィンナワルツのニューイヤーコンサートも開催され、賑わっていることでしょう。

 毎年恒例になっているLFJ新潟2015(5月8日〜10日)や第5回クラシックストリート(5月5日)の開催も告知され、春近しを感じます。今年のLFJテーマは「パシオン 〜恋する作曲家たち〜」。時代や作曲家にとらわれず、さまざまな曲を楽しめるものと思います。
 また、4月25日〜26日には、日本の伝統文化を紹介するアートミックス・ジャパンも開催され、新潟の春は熱く燃え上がりそうです。

 さらに、うれしいことに、次の「茂木大輔のオーケストラ・コンサートNo.11」の開催(6月28日)も決まりました。テーマは「モーツァルト、クラリネットが彩った最後の年」です。クラリネット協奏曲、レクイエムを中心に演奏され、もぎオケと共演する合唱団募集も始まりました。これも楽しみですね。

 さて、チラシ集めをしていましたら、「四月は君の嘘 クラシックコンサート2015」(3月29日:小出郷文化会館)というのがありました。「四月は君の嘘」は何のことか分かりませんでしたが、音楽コミックで、TVアニメ化もされているんですね。面白そうなので、既発売の10巻を大人買いして読んでしまいました。
 出だしはストーリー展開が雑で、書き込み方が足りず、「のだめ」や「ピアノの森」などに比べて奥が深くないなあと思いながら読んでいましたが、だんだんと濃密に描かれるようになり、すっかりはまってしまいました。まあまあ楽しめますので、皆さんもどうぞ。

  

2015年1月4日

 今年初めての定期更新です。今後も毎週日曜日の更新を継続したいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 元日は恒例の「ニューイヤーコンサート」をBSの生中継で観て、セレブなウィーンの雰囲気を堪能しました。毎度のことながら、日本人の姿も多いですね。いつかあの席に自分も座りたいと思いながら観ていましたが、かなわぬ夢でしょうね。

 

2015年1月1日

 明けましておめでとうございます。本年も当ホームページをよろしくお願い申し上げます。

 昨夜は紅白を観た後、新年のカウントダウンは、例年のようにBSで生中継された東急ジルベスターコンサートでした。山田和樹指揮で合唱付きのフィンランディアでカウントダウン。ピッタリ決まって新年を迎えました。

 さて、皆様はどんなお正月をお過ごしでしょうか。本年が良い年となりますようお祈り申し上げます。そして、良い音楽が聴けますように・・・。

  

 

2014年の更新日記

2013年の更新日記

2012年の更新日記

2011年の更新日記

2010年の更新日記

2009年の更新日記

2008年の更新日記