聖籠観音の湯 ざぶーん (聖籠町) A  (泉質A、浴室A、設備A、眺めC)

北蒲原郡聖籠町大字諏訪山652-3 TEL:0254-27-1126 営業時間:9:30-21:30 定休日:第3火曜日
泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉、52.2℃、循環
タオル:あり サウナ:あり 露天:あり 石鹸:あり シャンプー:あり 休憩所:あり 食堂:あり
http://www.zaboon.co.jp/


場所:平成10年4月5日にオープンした日帰り温泉施設。国道7号線新新バイパスを新潟から新発田方面に進み、聖籠インターを降り、左手の紫雲寺方面に2-3分進む。案内板に従って2つ目の信号(角にローソンあり)を右折し、少し行って右折するとある。隣には聖籠町の保健福祉センターがある。案内板が充実しているので、迷わず行けるだろう。

料金:大人750円、小人450円、タオルセット付き。聖籠町民は割引がある。回数券(5回3250円)も発売している。浴衣は150円で別料金だが、借りてゆっくりしたい。貸し切り家族風呂(ホテル専用風呂)は1時間2000円。100円で1ポイントで、豪華賞品と交換できるポイントカードがある。

浴室:浴室は広く、男女別で内容が異なる。左が「聖の湯」で、大浴槽、気泡浴、寝湯、打たせ湯、サウナ、水風呂、露天風呂がある。右は「観音の湯」で、大浴槽、歩行浴、圧注浴、サウナ、水風呂、露天風呂がある。入浴設備は充実している。洗い場は仕切付きで、ボディソープ、シャンプー類完備。ほかにシャワーが2ヶ所ある。脱衣場洗面台にはドライヤー、ヘアブラシ完備。ほかに壁に設置されたドライヤーもある。

泉質:源泉名は聖籠観音の湯。泉質は、ナトリウム-塩化物強塩泉で、源泉温度52.2℃、湧出量326L/分。主な成分(イオン濃度mg/kg、平成8年2月20日分析)は、Li 4.6、Na 10900、K 161.1、NH4 8.0、Mg 102.5、Ca 424.2、Sr 7.8、Ba 3.2、Al 0.9、Mn 0.2、Fe(II) 7.1、F 0.4、Cl 17430、I 74.0、SO4 4.8、HPO3 0.2、HCO3 1023 など、溶存成分合計は30630mg/kgという強烈な塩分濃度である。黄褐色を呈し、臭素・ヨウ素を含むため、独特の臭気が漂う。なめれば塩辛く、肌のツルスベ感が心地よい。源泉は1km先の聖籠観音付近から汲み出し、ここまで引いている。地下1000mから汲み上げた400万年前の古代海水とのこと。とにかく塩分濃度が高いので、湯上がりはシャワーで洗い流さないと肌はベタベタする。しょっぱすぎて飲む人もなかろうが飲用はできない。源泉供給分はオーバーフローされるが循環式である。

コメント:館内は休憩用の広間の他、リラックスルーム、貸部屋、売店、食堂などが完備されている。マッサージコーナーもある。ロビーにもソファが多数あってくつろげる。
泉質、館内設備などハード面は抜群であり、オープン早々に人気施設としてすっかり定着した。泉質が強烈すぎて逆に欠点になりかねない程だが、この温泉で娘のアトピーが良くなって驚いている。

 2002年4月、宿泊施設もオープンした。宿泊棟に浴室があるが、宿泊客は日帰り棟の浴室も利用できる。

(No.51 1998/4/5、2002/4改訂、2011/10/15写真変更、2015/7/1料金改定)

前頁

下越一覧

次頁