ケルン放送交響楽団
  ←前  次→
1994年12月1日  新宿文化センター大ホール
 
指揮:ガリー・ベルティーニ
 
 
ベルリオーズ: 幻想交響曲 作品14a

(休憩)

チャイコフスキー: 交響曲第5番ホ短調 作品64

 
 
 
 前夜のコンサートで大いに感動し、もう一度聴きたいと新宿文化センターへ赴きました。しかし、入場券は完売とのことであり、あきらめかけたのですが、キャンセル分があるかもしれないとのことで、開演ギリギリまで窓口に並んでいました。
 開演10分前頃から早い者順に券がが配布されましたが、私の前でアウト。しかし、あきらめずにねばっていたら、再びキャンセル分があるとのことで、入場券をゲットできました。

 新宿区主催のコンサートであり、S席で定価5000円と格安でした。それをさらに安く買うことができました。開演ギリギリに着席できましたが、なかなかいい席でびっくり。周りは関係のVIPの方々。どうも招待者席のキャンセル分だったようです。

 このホールは初めてでしたが、NHKホールみたいに側壁にパイプオルガンがありますが、よくあるタイプの多目的ホールでした。

 さて、演奏はこれまた期待に違わぬ力のこもった名演でした。前半の幻想交響曲でもう充分に満足。後半のチャイコフスキーでお腹いっぱい。こんな安い値段でこんなリッチな演奏を堪能できて幸せいっぱいでした。今振り返ってもこれは拾いもののコンサートでした。

 
(1階8−33、S席\5000)