キーロフ歌劇場管弦楽団演奏会
  ←前  次→
1998年12月15日  新潟市民芸術文化会館コンサートホール
 
指揮:ワレリー・ゲルギエフ
 

 
チャイコフスキー:「エフネギ・オネーギン」より、ポロネーズ

チャイコフスキー:「眠れる森の美女」より、ワルツ

チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より、行進曲、あし笛の踊り、花のワルツ

ボロディン:「イーゴリ公」より、ダッタン人の踊り

(休憩)

プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」組曲

(アンコール) 
チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より2曲
グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲

 

 
 
 本日は日本最終公演です。各地の公演を終え、再び新潟に帰ってきました。この間マスコミでの評判も良く、いやがおうにも期待は高まります。今日は立ち見席まで満席となり、最高の客の入りとなりました。

 前半はポピュラー名曲が続きました。流麗に音楽が流れます。さすが劇場指揮者。そういえばオペラやバレエの伴奏が本職だったんだと納得しました。
 でもちょっときれい過ぎかなと思っていたら、ダッタン人の踊りで大爆発。ブラスの炸裂には驚嘆。やっぱりキーロフはこれでなきゃ。合唱付きでないのは仕方ないですが、打楽器の皆さんが頑張って、圧倒的な音量でした。

 後半はもう言うことなしの超名演。ゲルギエフの統率力のすばらしさを実感。そして、管楽器ソロのうまさ、特にトランペットはたいしたものです。満足、満足。最後のピッコロ、よくあんなに息が続くんだろうと驚きました。
 第1、第2組曲からの10曲を演奏会用に順番を変えて演奏。ストーリーに従って並べ替えたらしいです。あらためてこの曲を見直すことができました。

 アンコールも圧巻。最後のルスランとリュドミラではゲルギエフは舞台左袖に下がって、指揮者なしの演奏を披露。乱れることは全くありませんでした。日頃の練習の成果を見せつけてくれました。粋な演出をしてくれたものですね。
 東京ではアンコール4曲と聞いたのですが、3曲で終わり。さすがに疲れたのかなあ。楽団員のほっとしたような笑顔が印象的でした。
 伝え聞くところによると、コンサート終了後打ち上げのパーティーが設定されており、そのため演奏を早く切り上げたという噂もあります。まあどうでもいいですが、もうちょっと聴きたかったなあというのが正直な感想です。

 余談ですが、ビオラのトップの女性は毎回裾が割れた衣装で、魅力的な足を大腿部まで露出。また、その後ろの奏者はミニスカートででした。前の席に座っていた人に聞いたら、ハープ奏者はシースルーで、目のやり場に困ったといいます。これも外貨獲得のサービスの内?

 新潟ではオールロシア物でしたが、他ではベートーベン、ブラームス、マーラー、ベルリオーズ、バルトークなど多彩。1日たりとも全く同じ演目はなかったといいます。レパートリーの広さ、オーケストラの力量に感嘆します。そして過密日程にも驚きです。

 結局3夜聴くことができたましたが、満足でした。3年前の感動は幻ではありませんでした。今後の活躍に期待したいと思います。また、NHKでの放送を楽しみに待ちたいです。

 ブラボー!ゲルギエフ!