キーロフ歌劇場管弦楽団演奏会
  ←前  次→
1998年12月4日  新潟市民芸術文化会館コンサートホール
 
指揮:ワレリー・ゲルギエフ
ヴァイオリン:ヴィクトール・トレチャコフ
 

 
プロコフィエフ:組曲「3つのオレンジへの恋」

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調

(休憩)

チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調

(アンコール)
プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」より ほか

 

 
 
 さて、今日はキーロフ新潟公演第3夜、私にとっては2日目です。仕事を早めに切り上げ、会場に駆けつけました。
 ちょっと時間があるので食事しようかと思いましたが、2階のレストランは席待ちの客であふれ、6階の展望ラウンジは売り切れの札。この時間で売り切れかと拍子抜け。ということで会場内の飲食コーナーに行ったのですが、ものすごい人だかり。ということで空腹で臨みました。客は昨日より多く、8〜9分の入り。席は2階正面やや左よりでまずまず。

 1曲目のプロコフィエフはなじみがなく、好きでもないし、ダイナミックな曲でもないので、少々退屈しました。2曲目のコンチェルトは、可もなく不可もなく、というところ。6日のサントリーホールでの演奏は評判良かったらしいですが、この日はあまり感動しませんでした。

 少々物足りない感想を持ちつつ、後半のチャイコフスキーに臨みました。漸くゲルギエフらしい演奏です。緩急のメリハリをつけダイナミックに演奏をしてくれました。もっと遊んでくれてもいいかなとも思いましたが・・。初日の4番はどうだったのかなと気にななりました。
 アンコールはプロコフィエフのロメオとジュリエットからいろいろと演奏。15日の分までしないでよ〜と心の中で叫びました。9時半近くまでの大サービスでした。

 決して悪い演奏ではなかったのですが、個人的には少々欲求不満でした。空腹のためもあったかも知れないですが、隣の客にもよります。
 私の左となりの紳士は、結局終始居眠りしていました。静かに寝ていてくれればいいのに、寝息を立てていました。休憩時間も席から立たずにうつむいていました。
 後半はゆっくり休んで大丈夫かなと思ったのですが、やっぱりグーグー。気になって集中できませんでした。この人は自分の金で聴きに来たんじゃないだろうなと想像。切符がさばけず市が配った違いない、と勘ぐってしまいました。

 この日も、花束のタイミングが悪かったです。演奏中に客を入れたり(それも指揮台の直ぐ下の席)とイライラがつのりました。咳払いもやたら多かったです。
 ひとついやなことがあると他も気になって仕方ありません。曲が終わってカーテンコールの最中にさっさと帰る客も多かったです。終始イライラで曲に集中できませんでした。
 本当はみないい演奏だったのかも知れません。席を選ぶとき隣の客の情報も知りたいものです。快く楽しんだのは、隣の客が帰った後のアンコールの時間でした。