塩之入温泉 志保の里荘 (長岡市:旧与板町) C  (泉質C、浴室C、設備C、眺めC)

長岡市与板町本与板字2380-1 TEL:0258-72-4649 営業時間:9:00-19:00(1-3月は17:00まで) 定休日:月曜(祝日営業)、12/31−1/3
泉質:ナトリウム-塩化物泉、14.9℃、循環
タオル:なし サウナ:なし 露天:あり 石鹸:あり シャンプー:あり 休憩所:あり 食堂:あり
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/miru/eki/sihonorisou.html

場所:与板市街から和島村方面への道路沿い、塩之入トンネルの少し手前にあるレンガ色のしゃれた建物でわかりやすい。私は国道116号線から行ったが、和島の北野交差点から与板へ進み約4分。ちなみに、この北野交差点にある越後線踏切は、国道116号線唯一の踏切である。横道にそれたが、レンガ色の建物の一番奥が入り口である。左手はデイサービスセンター、右手には屋内ゲートボール場がある。正式には与板町健康福祉センターという公共施設である。館内はきれいに管理されている。受付で記帳して入館する。

料金:大人500円、小中学生200円、市内在住70歳以上300円。17時以降夜間割引で300円(小中学生100円)。タオル持参。

浴室:入って正面に売店がある。左手奥に浴室がある。大浴槽ひとつと露天風呂のみ。洗い場には固形石鹸とシャンプーあり。内風呂の大浴槽のちょうど裏側にに露天風呂があるのだが、大浴槽の後ろは大きなガラス窓なので、中から露天風呂の様子がよく見える。露天風呂に行くにはぐるりと歩くことになる。

泉質:塩之入温泉といい、名前が示すようにナトリウム-塩化物泉である。泉温は14.9℃、PH 7.7。古くから冷鉱泉として知られていたらしい。黄褐色で軽い塩味。主な成分は、ナトリウムイオン5058mg/kg、カリウムイオン212.4mg/kg、カルシウムイオン76.1mg/kg、マグネシウムイオン58.3mg/kg、バリウムイオン15.5mg/kg、塩素イオン5631mg/kg、炭酸水素イオン1183mg/kg、臭素イオン53.0mg/kg、ヨウ素イオン31.2mg/kg、メタ珪酸65.5mg/kg、メタ硼酸380.9mg/kgなどで、ガス性除く成分合計は15170mg/kgであるのでもっと塩辛いかと思ったが意外に薄味。少しぬるめに設定されており、ゆっくり入れる。露天風呂は無色透明でやや塩素臭がする。これは水道水かな。ということで職員に聞いてみたらやはり露天風呂は温泉でありませんとの返事。これは残念。

コメント:館内は休憩用の小さな大広間があり、売店は充実している。右手奥に食堂があるがラーメン程度。職員の対応は良好。分かりよい場所であり、内風呂はまあまあの泉質であるので、通りすがりに良いが、タオルなし600円は高いかな。

注:「志保の里荘」は「しおのりそう」と読みます。念のため。

(No.63 1998/7/11、2004/7改訂、2011/3/5一部訂正)

前頁

中越一覧

次頁