シンシナティ・ポップス・オーケストラ
  ←前  次→
1997年12月3日  東京国際フォーラム ホールC
 
指揮:エリック・カンゼル
 
 
ディズニー名曲集、ポップス名曲集ほか
 
 
 
 毎年恒例の年末の東京出張中の夜です。この日、どんな曲をやったのか資料がなく、記憶もないのですが、ディズニーの音楽やポピュラー音楽の名曲集をやったようです。

 この年の春に東京国際フォーラムがオープンしたばかりで、見学がてらに行ってみた記憶があります。5000席の巨大なホールAではなくて、1500席のよくあるサイズの音楽ホールがホールCです。黒っぽい内装が印象に残っています。
 このホールがオープンしたての頃は、在京オケの演奏会や外来アーティストのコンサートが頻繁に行われていましたが、最近はクラシックコンサートはたまにしか開催されなくなったのは寂しいです。

 さて、かつて軽音楽やライトクラシックの演奏といえば、ボストンポップスが定番でした。アーサー・フィードラーとの録音は音楽を聴き始めた若き日に楽しませてもらいました。
 その後もジョン・ウィリアムズとの映画音楽などのCDが手元にありますが、最近は日本での活動が目立たず、むしろエリック・カンゼル率いるシンシナティ・ポップスの活躍が目覚ましいです。

 ポップスコンサートは、堅苦しくなく、娯楽としての音楽を楽しむには最適です。たまにはこういう息抜きも良いですね。

 東京出張の3日目の夜、どこに行こうかと迷ったのですが、結局国際フォーラムへと向かい、当日券を買いました。演奏の内容は記憶に残っていないのですが、きっと楽しんだに違いないです。

 でも、こういうコンサートに中年男がひとりで行くのは寂しいです。是非ともカップルで行きたいものです。私はどうだったかって? 実はね、・・、おっと、それは私の心の中の宝箱にしまっておきましょう。思い出深いコンサートだったということでお許しを・・・。


(3階6−29、B席\10000)