エンシェント・ミュージック管弦楽団
  ←前  次→
1994年11月29日  サントリーホール
 
指揮:クリストファー・ホグウッド
チェロ:鈴木秀美
 
 
J.S.バッハ: 管弦楽組曲第1番ハ長調 BWV1066

ヴィヴァルディ: チェロ協奏曲ニ短調 F.III-24/RV.405

              (チェロ: 鈴木秀美)

アルビノーニ: 2つのオーボエのための協奏曲ト長調 作品9-3

              (オーボエ: フランク・デ・ブリュアン、アルフレード・ベルナルティーニ)

     (休憩)

アルビノーニ: ヴァイオリン協奏曲変ロ長調 作品9-1

              (Vn: アンドリュー・マンツェ)
     
ヴィヴァルディ: チェロ協奏曲ト長調 F.III-19/RV.414

              (チェロ: 鈴木秀美)

ヘンデル: <水上の音楽>組曲 〜室内楽版日本初演〜

 
 
 
 東京出張の夜、ネオンの誘惑に打ち勝って芸術に身を投じようとコンサートに赴きました。今夜はバロック音楽を堪能しました。

 ホグウッドの名前は知っていましたが、演奏を聴くのは初めてでした。バロックの名曲を「ダンス音楽」としてとらえなおして躍動と活力を明らかにしようということで、ニューヨーク・バロック・ダンス・カンパニーのメンバーのダンスが加わったコンサートでした。

 管弦楽組曲と水上の音楽でダンスが演じられましたが、ダンスに関心のない私にはその良さは理解しがたかったです。

 日本のバロックチェロの第一人者の鈴木の演奏はすばらしく、ダンスを除いても充分楽しめたコンサートでした。
 

(1階10ー9、S席\9000)