〜幸せを運ぶ青い鳥〜

栃木県佐野市第一酒造蔵元

杜氏の紹介 カーブドフジの様子



お酒に添えて
「去年は世紀末?今年は21世紀?」なにやら2000年問題?で揉めてます
「いや今年が世紀末、世紀越えとでもいうのかなぁ」と島田社長が言います。 めったにお目にかかれない、1000年に1度の節目に会員一同感慨に浸っています。
300年以上も造り歌を重ねてきたこの蔵においても初めての体験・・・。 蔵に住み着く酵母菌も武者震いをしているようです
そういえば我が「大瑠璃」も渡り鳥!! 今年は新たに田中さんも加わり逞しく世紀越えに挑戦します。

おおるりの会




香りが高く、フルーティーな味で、女性にも飲みやすいお酒です。

栃木県にこだわり、原料はすべて県内産で、製造は県内の酒蔵、銘柄も県鳥のオオルリから名付けました。厳選された原料と豊かな自然が生み出す端麗で芳醇な美酒。
飲むほどに深まる味わいは、あなたに至福の時をお約束します。
原材料名

米・米麹

アルコール分 15〜15.9
酒質内容 純米吟醸
原料米 栃木県小川町産美山錦100%
精米歩合 52%
日本酒度 +2〜+4
生産者 佐藤一樹・杉本順一
酸 度 1.3〜1.5
杜 氏 力石武司
発売元 おおるりの会
醸造元 第一酒造株式会社
第一酒造のホームページへ
栃木県佐野市田島町488
TEL0283-22-0001
協力 日本名門酒会
銘柄 容量 価格
大瑠璃 純米吟醸 1800ml \2,720
720ml \1,360
純米吟醸生酒 720ml \1,700


第一酒造株式会社
栃木県佐野市田島町488
TEL 0283(22)0001
FAX 0283(24)6168
E-mail kaika@sunfield.ne.jp

ホームページ
 創業延宝元年(1673年)。清酒(開華)の製造・販売を中心に政府指定食糧集荷業者として米麦の集荷業をしています。中心となる清酒の製造は、小規模のメリットを生かし「こだわりの酒」の製造に力を入れていて、平成10年より全商品が特定名称酒になりました。
  自社水田において酒造好適米「若水」を栽培する一方、米の集荷業者として、近隣の農家と好適米の直接契約栽培をしています。
 また、日本名水百選にも選ばれている佐野市の良質で豊富な水と、全量自家精米した原料米(平均精米57%)をもとに、丁寧な小仕込みによる手造りの酒造りを行なっております。
 関東信越酒類鑑評会・全国新酒鑑評会において長年金賞受賞するなど輝かしい成績は素より、杜氏が年間蔵に駐在し出荷管理まで担当するといった安定した出荷管理が高く評価されています。販売は地元栃木県が中心ですが、日本名門酒会を通して、首都圏を始め全国各地・欧州・米国・香港といった海外へも輸出しています。

このページのトップへ

杜氏の紹介
 
力石 武司
(りきいし たけし)
昭和10年 5月31日生。
昭和47年 第一酒造(株)杜氏に就任。
昭和59年より夏期も第一酒造にて出荷管理を担当。
当時では珍しい年間駐在し、製造責任者及び出荷管理責任者を兼務している。

鑑評会成績
栃木県清酒鑑評会は入杜以来26年連続入賞。
関東信越国税局清酒鑑評会(国税局単位では日本最大)
  昭和57年より平成10年まで17年連続金賞受賞中。
一昨年秋には関信局第3位に入賞。(2度目)
全国新酒鑑評会
  平成3年から3年連続金賞など、入賞8回。一昨年も金賞受賞。
新潟県酒造従業員組合自醸酒品評会(二百数十人参加・杜氏組合では最大)
2位1回、3位2回など入賞の他特別表彰も10回を数える。
寺泊酒造従業員組合清酒品評会
1位1回、3位2回。連続入賞中。
過去10年の清酒鑑評会の成績
 
(春)
(秋)
全国

平成元年

2年

3年

4年

5年

6年

7年

なし

8年

9年

3位

10年

11年

12年

◯は金賞受賞、△は銀賞受賞
(春)、(秋)は関東信越国税局清酒鑑評会のこと。
※関東信越国税局清酒鑑評会の管轄(新潟、長野、群馬、栃木、茨城、埼玉内の約260蔵)
 
 

このページのトップへ


フランス「カーブ・ド・フジ」の様子

昨年10月より、フランス・パリの「カーブ・ド・フジ」で大瑠璃の販売を始めました。


このページのトップへ