八木ヶ鼻温泉 いい湯らてい (三条市) A  (泉質B、浴室A、設備A、眺めA)

三条市大字南五百川16番地1 TEL:0256-41-3011 営業時間:10:00-22:00(受付21:15まで) 定休日:第3水曜日
泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉、64.0℃
タオル:あり サウナ:あり 露天:あり 石鹸:あり シャンプー:あり 休憩所:あり 食堂:あり
http://www.iiyuratei.com/

場所:三条市から国道289号線を下田、笠堀ダム方面に進む。旧下田村役場(下田支所)を過ぎ、五十嵐川の清流に沿って山に向かって進む。正面に粟ヶ岳の勇姿が見える。やがて八木ヶ鼻という垂直に切り立つ崖が見えてくる。この八木ヶ鼻の下にこの温泉がある。五十嵐川と駒出川の合流地点にあたり、風光明媚な場所である。スポ−ツセンターはやぶさという人工芝の全天候型運動場や屋外遊戯施設が整っている。三条市の第3セクターによる運営。平成12年4月1日のオープンであるが、かなりの賑わいをみせ、その後増築・改修が行われたが、平成23年7月末の水害で浸水し、長期休業を余儀なくされたが、11月11日に復旧し、再オープンした。

料金:大人850円(タオルセット付)、子供600円(タオルセット・館内着付)で、夕方5時以降は、大人650円、子供400円になる。館内着は100円。10回利用で1回無料のスタンプカードがある。回数券や、入館料が100円引きになるネット会員制度もある。

浴室:数奇の湯、和楽の湯で男女が別れ、奇数日・偶数日で交替する。数奇の湯には、大浴槽、足湯、寝湯、マグマ風呂、ロッキーサウナ、ナノミストサウナなどがあり、和楽の湯には、大浴槽、寝湯、スチームサウナ、ウォーターセレモニーサウナなどがある。階段を下がったところに露天風呂があり、屋根付きの大浴槽のほか、寝湯などがある。さらに、「たなごころの湯」という変わった浴槽があり、替わり湯となっている。これは石製の大きな手のひらを配した浴槽で、母の手のぬくもり、やすらぎを表現したものという。露天風呂からは八木ヶ鼻が見渡せて気分爽快であるが、露天風呂に行くには10数段の階段を下りなければならないので、体の不自由な方はご注意。洗い場は仕切付き、仕切りなしがあり、ボディソープ、シャンプー、コンディショナー完備。アカスリも自由に使用できる。飲泉所が作られているが、現在は利用されていない。脱衣場の洗面台には健康ランド並にドライヤーやヘアブラシ、綿棒、整髪料、化粧水等が備えられているのはありがたい。

泉質:源泉名は八木ヶ鼻温泉。泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉。源泉温度64.0℃。主な成分(イオン濃度:mg/kg、平成16年9月2日分析)は、Na 985.0、K 17.1、Mg 0.3、Ca 262.5、Sr 0.4、Fe(II) 0.1、F 5.4、Cl 230.5、Br 0.8、I 0.1、SO4 2363、HCO3 47.0、CO3 2.4、メタ珪酸27.5、メタホウ酸5.1、遊離CO2 6.2、など、ガス性除く成分総計は3947mg/kgである。湯は、急激な温度上昇に対応するため一時的に加水、加熱・循環濾過あり、塩素系消毒剤使用。実際の湯は、無色透明、ほぼ無臭であるが、塩味・薬味があり、軽度のツルスベ感がある。

平成29年8月22日付けの新しい分析表では、、Li 0.1、Na 938.2、K 10.8、NH4 0.3、Mg 0.4、Ca 290.2、Sr 2.1、Fe(II) 0.2、F 5.1、Cl 236.8、Br 0.7、SO4 2329、HPO4 0.3、HCO3 59.9、CO3 0.4、メタケイ酸 49.9、メタホウ酸 3.9 など、ガス性除く成分総計は3928mg/kgである。

コメント:休憩用広間、個室、仮眠室(女性専用あり)、液晶テレビ付きのリクライニングチェアなどがあり、休憩場所は充実している。館内は階段が多いが、エレベーターがある。椅子席・畳席のある食事処、欧風レストランなど飲食設備は充実し、メニューも豊富である。
 

*平成23年7月末の水害後の復旧工事により、館内はリニューアルされ、食堂のメニューもかなり変更された。→ブログ
*平成29年4月3日、露天風呂が改修されてリニューアルオープンした。八木ヶ鼻を眼前に見る露天風呂が新設された。→
ブログ

 関連記事

注:2008年7月31日をもって、温泉スタンドは休止し、浴室の飲泉は廃止された。20Lポリタンクでのみ温泉の販売は行うそうです。(2008/8/2追記)

(No.161 2000/4/2、2002/6/9改訂、2005/5/1合併により住所変更、2011/11/13、2017/6/3改訂)

前頁

下越一覧

次頁