七福温泉 七福荘 (阿賀町)   (泉質C、浴室C、設備B、眺めB)

東蒲原郡阿賀町七名乙930 TEL:0254-95-3550 営業時間:平日10:00-19:00(最終受付18:30)、 定休日:月曜日
泉質:炭酸水素ナトリウムの項による温泉、15℃、循環
タオル:なし サウナ:なし 露天:なし 石鹸:あり シャンプー:あり 休憩所:あり 食堂:あり
http://www.shichifukuso.com/

場所:国道49号線で津川市街を抜け、常浪川の橋を渡って右折し、旧上川村へと進む。しばらくすると上川支所が左手にあり、そのすぐ先の交差点を左折、道なりに七名(ななめ)、たきがしら湿原方面に進む。しばらく細道を進むと、七名小学校があり、そのすぐ先を右折、柴倉川に架かる七名橋を渡った先に、茶色い木の色鮮やかな建物が見える。初めて来たときは予想以上に立派な施設でびっくりした。2001年5月に、旧上川村山村体験交流施設としてオープンした施設である。そばうち体験などができる。

料金:大人500円、小学生400円、幼児無料、夕方5時以降は100円引き。タオルなし。

浴室:建物右手奥に浴室がある。大小2つの浴槽があるが、サウナや露天風呂はない。小浴槽は夏季は冷泉風呂となる。窓からは山が見えるが、絶景というほどではない。木々の緑はすがすがしい。洗い場にはボディソープ、シャンプー、コンディショナーあり。脱衣場の棚は大きく、脱衣籠も多数ある。洗面台にはドライヤーが置いてある。

泉質:源泉名は七福の湯。泉質は単純硫黄冷鉱泉。源泉温度12.5℃。PH 8.8。主な成分(イオン濃度:mg/kg、平成11年3月23日分析)は、Na 217.1、K 1.6、NH4 0.5、Mg 1.4、Ca 3.7、F 0.9、Cl 19.0、Br 0.2、OH 0.1、HS 4.3、S2O3 0.7、SO4 221.2、HCO3 280.4、CO3 13.4、メタ珪酸 16.4、メタ硼酸 0.8、遊離CO2 0.7、など、ガス性除く成分総計は781.7mg/kg。湯は加水なし、加熱あり、循環あり、入浴剤なし、消毒あり。無色透明無味無臭で、加熱循環されてるためか、硫化水素臭、硫黄味は感じられないが、アルカリ性でツルスベ感がある。

 平成20年11月付けの新しい分析では、炭酸水素ナトリウムの項による規定泉で、療養泉としての泉質名は付かない。源泉温度15.0℃、使用位置42.0℃、PH 7.6。主な成分(イオン濃度:mg/lg、平成20年11月12日付)は、Li 0.0、Na 196.2、K 0.9、NH4 1.3、Mg 6.9、Ca 14.3、Sr 0.3、Ba 0.0、Al 0.0、Mn 0.0、Fe(II) 0.3、Cu 0.0、Zn 0.0、F 0.8、Cl 15.5、Br 0.1、I 0.0、NO2 0.0、NO3 0.0、HS 0.0、HSO4 0.0、S2O3 0.0、SO4 278.6、HPO4 0.0、HCO3 287.4、CO3 0.0、メタケイ酸 20.8、メタホウ酸 1.0、遊離CO2 9.6、遊離H2S 0.0 など、ガス性除く成分総計は824.7mg/kg。加温あり、循環ろ過装置使用あり、入浴剤なし、塩素系薬剤使用あり、衛生管理上及び源泉供給に支障が生じた場合、一時的に加水することありとの記載があった。

コメント:外観もそうだが館内は木材がふんだんに使用され、木の香が漂う。板張りの床が心地よい。休憩用広間(56畳)や休憩コーナーなど必要十分にあり、広いベランダでもくつろぐことができる。林産物加工体験室と試食コーナーというのが左手にあるが、実際は食事処である。メニューは、そば・うどん・定食程度。他にビール、清涼飲料の自販機がある。かなりの山奥で、通りすがるところではないが、時間的には国道からそれほどでもないので、訪れて損はない。泉質は特に優れてはいないが、木の香り漂う館内は気持ちよい。
 七名地区は七福神が名物らしく、各集落に七福神の石像があるらしい。浴室のお湯の注ぎ口にも七福神のレリーフがあるのだが、気付いた人はいるだろうか。

ブログ、  ブログ

(No.208 2001/6/17、2005/4/1合併により住所変更、2008/6/29、2014/8/16、2017/8/14改訂)

前頁

下越一覧

次頁