村杉温泉 割烹旅館 室町 (阿賀野市) C  (泉質C、浴室C、設備C、眺めC)

阿賀野市 村杉温泉4806-2 TEL:0250-66-2134 営業時間:7:00-   定休日:なし
泉質:単純弱放射能泉、25.2℃、循環
タオル:なし サウナ:なし 露天:なし 石鹸:あり シャンプー:あり 休憩所:なし 食堂:なし
http://www.yado-muromachi.com/

場所:村杉温泉街の手前の少し離れた場所にある。「うららの森」前の入口から村杉温泉街に入り、看板に従って左折し、小道を50mほど進んだ先にある。客室は6室のみで、村杉温泉で一番小さい旅館と看板に書かれていた。

料金:入浴は500円。タオルなし。スタンプカードあり。

浴室:玄関から入って右手に、旅館の規模相応の、小ぶりの大浴場がある。ほかに総檜造りの貸切専用露天風呂「ひのきの湯」がある。浴室には大浴槽がひとつあるのみ。窓からは小さな庭が見える。洗い場にはボディソープ、シャンプー類あり。

泉質:源泉名は薬師の湯3号井。泉質は単純弱放射能泉(弱アルカリ性、低張性、低温泉)、源泉温度25.2℃、湧出量510L/分(掘削自噴)、pH 8.6 。主な成分(イオン濃度mg/kg、平成23年5月2日分析)は、Na 50.4、K 1.4、NH4 0.4、Mg 0.3、Ca 28.3、Sr 0.3、F 0.6、Cl 9.5、I 0.3、SO4 84.4、HCO3 36.6、メタ珪酸 26.2、メタ硼酸 0.1、遊離CO2 0.2 など、ガス性除く成分合計は238.8mg/kg。ラドンを136.6x10-10Ci/kg(37.6マッヘ/kg)含む。自噴した源泉は、ポンプで一旦村杉露天風呂隣接の貯湯タンクに汲み上げられ、加圧ポンプを用いて、道路埋設配管により、この旅館に毎分20L供給されている。湯は加温され、循環ろ過装置を使用し、塩素系薬剤により消毒されている。湯は無色透明無味無臭。浴槽に注がれた湯はオーバーフローはなく、循環されている。


コメント:湯上りには浴室前で、温泉で入れたコーヒーをいただくことができる。家族経営の小さな旅館であるが、心遣いがうれしい。朝は7時から立ち寄り湯できるのはありがたい。

ブログ

(No.516 2016/6/26)

前頁

下越一覧

次頁