えちご川口温泉 (長岡市) A  (泉質A、浴室A、設備B、眺めA)

長岡市川口中山2515-4 TEL:0258-89-4511 営業時間:10:00-21:00(受付20:00まで) 定休日:第1,3,5火曜日(休館日にはホテルサンローラで日帰入浴可)
泉質:ナトリウム-塩化物強塩温泉、55.4℃、循環、掛け流し浴槽あり
タオル:なし サウナ:あり 露天:あり 石鹸:あり シャンプー:あり 休憩所:あり 食堂:あり
http://www.hotel-sunrolla.jp/

場所:旧川口町の河岸段丘の高台にあるキャンプ場や運動施設などが整備された「蒼丘の杜公園」という総合施設(旧キャンパス川口)の中にある。国道17号線から案内板に従って河岸段丘を登っていった岡の上にある。1997年夏に「キャンパス川口温泉」として開業し、2003年4月に「和楽美(わらび)の湯」と名称変更した。隣りに宿泊施設があり、以前は「サンローラ川口」という名称だったが、ここも「ホテル蒼丘」と改称された。また、和室休憩室、レストラン、売店、トレーニングルームを備えた新しい建物(本館)が増築され、同年7月19日にオープンし、設備の充実がはかられた。ところが2004年10月23日の震度7を記録した中越地震によって甚大な被害を被って休業を余儀なくされた。しかし、復旧工事は順調に行われ、以前より工事が進められていた屋内温水プール棟に大展望露天風呂を備えた浴室が新設され、2005年7月23日に再オープンした。震災の町「川口町」の復興のシンボルでもあるが、町の財政に大きな負担となった。その後経営改善のため、指定管理者としてえちご川口農業振興公社が運営を委託され、えちご川口温泉と改称された。宿泊部門はホテル・サンローラとして運営されている。

料金:大人800円、小人(3歳以上)550円、幼児100円。18時以降は大人700円、小人450円と割引になる。回数券は10枚:7000円(1年間有効)。タオルセット・浴衣は200円、タオルセットのみ100円で別料金。プールは夏期のみの営業であり、温泉とプールのセット券があるが、営業時間、料金等は要確認。(2017年4月1日より料金改定)

浴室:鍵付き下足箱に靴を入れ、券売機で入浴券を買って受付すると、タオル・浴衣セットと共に、ロッカーのカードが渡される。震災前は左手に浴室があったが、今度は右手に新設されたプール棟に浴室がある。長い渡り廊下を歩いた先にプールを挟んで男女の浴室がある。今回は手前の浴室が男湯であった。
 脱衣場ロッカーは、入浴のみ、入浴とプール、プールのみの各コースで色分けされており、受付で渡されたロッカーカードの色に対応している。ロッカーカードはロッカーを指定するものではなく、カードの色のロッカーの中から好きなものを選ぶ。ロッカーにカードを差すと鍵が使用できる仕組みである。帰るときにはカードを抜いて受付に返す。
 浴室は豪華である。掛け湯、大きな大浴槽、寝湯、腰掛け式流水浴、旧施設からおなじみの電気風呂、サウナ(テレビ付き)、水風呂、そして大きな露天風呂がある。露天風呂には掛け流しの源泉浴槽が別に設けられている。浴室からの展望は抜群。信濃川と魚野川が合流し、蛇行しながら新潟平野へと向かう川の流れ、川の手前に広がる川口町の町並み、川の向こうには山本山、河岸段丘の高台からの眺めには遮るものがない。この景色は泉質以上に癒しをもたらす。洗い場は仕切付きで24ヶ所、ほかにシャワー2ヶ所。ボディソープ、シャンプー完備。脱衣場洗面台には無料ドライヤーあり。ヘアブラシ、綿棒が置いてある。そのほかサウナ付きの家族風呂が2ヶ所(2時間で3000円、2000円:2006/2/1値下げ)ある。

泉質:源泉名はえちご川口・和楽美の湯。泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉、源泉温度55.4℃、湧出量409L/分。主な成分(イオン濃度mg/kg、平成17年6月分析)は、Li 0.7, Na 5914, K 35.4, NH4, Mg 78.8, Ca 205.9, Sr 8.4, Ba 4.9, Mn 0.3, Fe(II) 7.8, Cu 0.02, F 0.4, Cl 9292, Br 73.0, I 12.3, HCO3 328.3, メタホウ酸145.7, メタケイ酸39.3, 遊離CO2 28.2 など成分総計は16150mg/kgである。実際の湯は、茶褐色透明で強い塩味、独特の臭気あり。肌は若干つるつるする。源泉浴槽は茶褐色で混濁し、成分の濃さを実感できる。浴槽は循環式だが、露天の源泉浴槽は掛け流しである。源泉温度が高いので、浴槽の湯も高温であり、湯もみ用の板が置いてある。私が訪問したときは非常に熱く、足をつけておくのも苦痛だったが、ガマンして頚まで浸かっていると肌に馴染んでくる。後から入った人は水でうめていたが、せっかくの源泉がもったいない。この熱さは「かのせ温泉・赤湯」の源泉浴槽ほどではないが、なかなかのもの。源泉浴槽に比較すると循環浴槽の湯はおとなしく感じるが、これはこれでヘビーな湯であり、満足度は高い。(このデータはえちご川口温泉と改称する前に調査したものです。)

コメント:震災に被災した旧浴室から全く新しい浴室になった。豪華な浴室、大きな露天風呂、源泉掛け流し風呂、そして雄大な眺望は大きな満足感を感じる。ロビーや休憩用広間からの眺めもすばらしい。売店、食堂のメニューは並。料金システムが変更されたが、タオルや浴衣なしでいいので、もっと安く利用できるとありがたい。夜間割引のお得感が乏しいのも残念。プールと合わせて利用した方がお得かも知れない。ともあれ、いろいろ問題がなくもないが、温泉に限っていえば広くお勧めできる施設には違いない。と書いていたら、2006年2月1日より要望通りの利用しやすい料金体系に改められた。また、経営難からプールの営業は夏期のみとなってしまった。キャンパス川口温泉→和楽美の湯→えちご川口温泉と名前が変わり、施設・運営形態も大きく変貌した。採算面から町の財政に大きな負担となっており、今後の運営には暗雲が立ちこめている。→その後、川口町は長岡市に吸収合併され、負債は長岡市に引き継がれた。

ブログ
 

(No.346 2005/8/16、2006/2/1、2008/3/29、2008/4/19改訂、2011/12/14住所訂正、2012/1/3定休日・料金の項目改定、2013/10/20ブログリンク追加、2017/4/1料金改定)

前頁

中越一覧

次頁