日記のページ


96年7月分/96年8月分/ 96年9月分/96年10月分
96年11月分/96年12月分/ 97年1月分/97年2月分
97年3月分/97年4月分/ 97年5月分/97年6月分
97年7月分/97年8月分/ 97年9月分/97年10月分
97年11月分/97年12月分/ 98年1月分/98年2月分
98年3月分/98年4月分/ 98年5月分/98年6月分
98年7月分/98年8月分/ 98年9月分/98年10月分
98年11月分/98年12月分/ 99年1月分/99年2月分


3月

31日

 近所にある庭の桜が咲き始めています。最近は寒いけど、空気の匂いが春っぽくなってきましたね。これで選挙カーの騒音さえなければ気持ちのいい一日なのだけど。

 今日の更新は、読んだ本の感想5冊分です。

29日

 今日は寒かったですね。会社からの帰り際、午後6時過ぎに温度表示見たら「1度」でした。もうすぐ4月なのに。
 27日の土曜日には東京オフを行いました。参加者は7名でしたが村上春樹ファンってそれ以外はあまり共通点がないような気がします。読む本とか聞く音楽とか趣味とか。という訳でいろいろ普段聞けない話を聞けて面白かったです。2次会から結局始発までになってしまいましたが、最後までいた4人のみなさまお疲れさまでした。次回は6月頃になると思います。

 今日の更新は、人物人気投票7名分です。最近更新をさぼっていたので明日以降ちょっとまめに行う予定。

23日

「イングリッシュ・ペイシェント」

 先日原作を読んだのでどんな風に映画化されたのか見てみた。
 ハナの叔父という設定のカルバッチョが他人になっていたり、工兵のパートが大幅に削られていたりしているものの、砂漠のシーンの映像は良かった。いささか急ぎ気味で、何故工兵が急に帰ったか、そしてその後のエピローグもカットされていたけど、それでも映画内で一応完結しているので、これでいいのかも。
 ハナ役の女優もコケティッシュでいい。

「スワロウテイル」

 岩井俊二監督で3年ほど前の映画。
 「円」が強かった時代、円を稼ぎに日本へやってきた移民の物語。日本人、移民、そこで生まれた移民の二世、そこを牛耳ろうとする勢力といろいろな人が入り乱れて話は展開する。
 トピックの一つに偽札作りがあるが、あれでは印刷出来ないような気もするが、「イェンタウン」という架空の街を作り上げ、そこを中心に展開する作品世界は良かった。作品内でデビューする事になるCHARAの囁くような歌い方もいい。

 今日の更新は、作品人気投票10名分とアンケート。

21日

 深夜勤明け。6時に寝て午後2時に起きて競馬。最終レースまでしてしっかりと負けた後、ちょっと本読んで更新してます。平和な一日。
 ここのとこビデオとCDを一週間ごとにレンタルしてきてますが、今から短めの映画見て仕事行って来ます。

 今日の更新は、読んだ本の感想4冊。

17日

「この森で、天使はバス停を降りた」

 ある事件で刑務所に服役していた少女が見知らぬ小さな街で再起しようとする。小さなレストランに勤めた彼女は、徐々に周りの人へ溶け込んでいくが、偏見を持つ人も多い。そんなある日、彼女はある人物と出会い・・・、というストーリー。
 タイトルから想像していた話とはまるで違ったが、地味ながらじっくりと人の心を描いた映画。どこでもつくマッチですぐタバコを吸う少女の健気さもいいし、徐々に自立に目覚める甥の妻も良かった。ちょっと意外なラストだったのもいい。
 しかし確か原題が「The SPITFIRE grill」なのに、このタイトルはちょっと・・・。

 今日の更新は、読んだ本の感想3冊とこの映画日記です。

13日

 ここの日記に私の日常を書いていてもどうも盛り上がりに欠けるので、映画を見た時は映画日記とする事にしました。

「ハル」

 数年前からすすめられていた邦画。パソコン通信の映画フォーラムで会った二人が、メールの交換を通じて、それが日々の生活に必要となる様子を描いた映画です。東京に住むアメフトが好きな会社員「ハル」(誰だか不明)、盛岡近郊に住む読書好きな子「ほし」(深津絵里)という設定なのですが、「ほし」の本棚や図書館で働いている様子などで村上春樹のハードカバーが数回出てきます。
 全編の1/3位が画面にメールの文字が出てくるのが画期的といえば画期的なのですが、もっとスクロールのスピードは速くしてほしかった。でもほんわかして和む映画ですよ。深津絵里も可愛いし。

「ショーシャンクの空に」

 S・キングの短編が原作の映画。
 妻とその愛人殺しの罪でメイン州ショーシャンク刑務所に入った主人公を中心に、その日々が描かれます。刑務所物というのは小説の1ジャンルとなる位多々あるのですが、これは後の「グリーン・マイル」の原型的ストーリーで、映画としてもなかなか良かった。後半の落ちは見えるものの、分かっていてもいいですね。
 結構人気のある映画だそうですが、これを見て気に入った人は前述の「グリーン・マイル 1−6」キング、新潮文庫や「囚人同盟」デニス・リーマン、光文社文庫、「ストーン・シティ」M・スミス、新潮文庫がきっと気に入ると思います。

 今日の更新は、本屋さん情報2件とこの映画日記です。

10日

 読んだ本の感想にも書いたのですが、「永遠の仔」天童荒太は傑作です。今年はこれを越える小説はもう出ないかもしれません。みなさんもご一読を。上下で3800円ですが、これ以上の価値はありますよ。

 今日の更新は、読んだ本の感想3作品分と東京オフのお知らせ。

7日

 買い物づいている今日この頃ですが、昨日はエプソンのプリンターPM−770Cを買ってきました。いろいろ試して遊んでいます。明日はスキャンした画像を使ってTシャツでも作ろうかな。

 今日の更新は、ゲストブック5名分と競馬日記2日分です。

4日

 という訳で昨日CD−Rライターを買いました。詳しくない方のために説明しますと、CDをメディアとして扱い、パソコンのファイルや音楽を一回だけ書き込める機械です。書き込むCDは一枚150円から190円ほど。音楽CDをファイルとして取り込めば、オリジナルCDが簡単に作れます。ただし一曲40M位のファイルになるのでハードディスクの空きは結構必要となります。
 今日早速7枚ほどレンタルしてきてCDにコピーしました。50分位のアルバムなら、20分もあればコピー出来ます。レンタルしに行ったTSUTAYAで始めて知ったのですが、店舗ごとに会員証は共通じゃないんですね。独立採算性なのかな。

 今日の更新は、作品人気投票16名分とアンケート、競馬日記6日分です。

2日

 さきほどメインファンヒータが止まりました。きっと「一ヶ月に一回はファン部分を掃除してね」というのを2年間無視したためでしょう。明日は休みだし、掃除機をかけてあげようかな。
 それと音楽CDを作りたいがために今一番欲しいCD−Rライターですが、SCSI接続のためのカードを探していると一杯種類があるんですね。いつの間に規格が拡張されていたのか、知らない内にどんどん増えてます。きっとそのうちウルトラスーパーグレイトSCSIが出るに違いありません。複雑な世の中です。

 今日の更新は、読んだ本の感想3冊分。


ホームページへ戻ります