日記のページ


96年7月分/ 96年8月分/ 96年9月分/ 96年10月分
96年11月分/ 96年12月分/ 97年1月分/ 97年2月分
97年3月分/ 97年4月分/ 97年5月分/ 97年6月分
97年7月分/ 97年8月分/ 97年9月分/ 97年10月分/


11月

29日

 休みなのに何だか時間がなくなってしまいました。もう11時過ぎてるし。今日一日何してたのかなあ。とほほ。

 更新は私が気に入った仙台の本屋さん2軒と今日明日の競馬日記。ちなみにジュンク堂すごい人ですよ、関西のみなさん。

26日

 全然風邪が治らなくて大変です。ちゃんと食べてるんですが、食事療法だけでは限界があるようです。まあ、今日から深夜勤なので10時間ずつ3日寝れば治るんじゃないかと期待しているのですが。

 更新は作品人気投票5名分とアンケート。

24日

 ちょっと仕事の前に読みかけの本を読み終えたいので、今日の簡単エッセイは休み。

 更新は読んだ本の感想2冊とゲストブック1件です。

23日

 風邪と仕事で更新をさぼっていました。今日はこの後ニフティーでやっているサークル「あしか堂」のチャットの日なので、更新は明日の午後します。といっても明日は夜勤なので昼間空いているだけなんですが。私も3連休を取りたいなあ。

 という訳で、更新は競馬日記だけです。

20日

 今日のテーマは今日読んだ本に影響されて「結婚と仕事」。

 まだ結婚していないみなさまへ。結婚したいですか?
 私の知っている範囲では、この問いに女性と30代男性は「YES」と答えます。それではなぜ女性は結婚したいのか。その理由の一つに仕事のつまらなさがあるでしょう。大手の会社だと女性は「一般職」「総合職」と別れて就職するそうです。その段階ですでに意味不明なのですが、一般職の女性は30代になると会社に残りにくい雰囲気になるそうです。会社側としては年齢が上がると賃金も上がるので、簡単な仕事ならコストが低い方がいいと考えての事なんでしょうが、ではなぜ簡単な仕事しかないのでしょうか。
 多分、今20代、10代の男性のみなさんは自分で飲む飲み物は自分で入れるし、必要な書類は自分でコピーを取るのに抵抗はないでしょう。そんな仕事をOLの方にさせるくらいだったら自分の仕事を手伝って欲しいと思うかもしれません。ただそんな会社は日本では珍しいようです。

 結婚してすぐ辞めてしまうから、仕事を教えても仕方がないというのもまあ正論です。ただ、仕事がつまらないから辞めるというのも正論です。また、奥さんにはずっと家にいて欲しいと思う男性がいるのも、専業主婦になりたいと思う女性がいるのも事実でしょう。
 性差ではなく、その人個人の能力によって仕事を割り振るようになると理想なのでしょうが、何かと保守的な日本社会ではそれはいつ実現するのでしょうね。

 いずれにせよ、働く女性のみなさん、頑張って下さい。私は応援します。

 更新は読んだ本の感想2冊です。

19日

 今日のテーマは「料理」。

 今日は夜勤だったので、新米と料理の材料を買いにスーパーまで行って来ました。
 たまには魚を料理しようかなと思っていろいろ見ていたのですが、うちのコンロは2口だけで魚用の場所がないんです。だから焼き魚は却下。刺身は酒が飲みたくなるから却下(家では飲まないようにしてるんです、最近)。
 となると選択肢はぐっと少なくなって、結局温めるだけで簡単なうなぎ1匹分。これはご飯が炊きあがった時に、炊飯器の中に入れておくと蒸らしの時間を利用してすぐ食べられる状態になるので私がよく使う手です。しかし、これを料理とは言わないような気がするなあ。

 前は創作料理というか、適当に作る料理に凝っていました。一番適当だったのはサラダでしょうか。レタスを一個適当にちぎって大皿に乗せます。そこへ缶詰のコーン(グリーンジャイアント推奨。98円)を全部乗せます。キューピーのドレッシング掛けます。以上で出来上がり。もしゃもしゃ食べていたらうさぎになった気がしました。やはりレタス一個は多すぎます。
 割と美味しかったのは卵とキャベツを炒めて、ステーキ用のソースで味付けしたもの。数少ない成功例です。

 毎日作る日常的に料理と豪華な材料で作る趣味的な料理とでは性格がまるで違いますが、私も日常的な料理がさっと作れるようになりたいなあと思うこの頃です。

 更新は読んだ本の感想2冊、ゲストブック1件です。

18日

 久しぶりの簡単エッセイ。テーマは「食欲」。

 現在風邪を引きかけてますが、よく風邪引くと食欲出なくなるっていいますよね。私の場合、寝ていると猛烈に腹が減ってくるのでコンビニで食べ物を大量購入して、冬眠前の熊のような感じになります。その後は一歩も外に出ずにひたすら寝転がって治そうというのが基本姿勢です。
 風邪を引いていない時でも食欲は常にあります。腹が減ると機嫌が悪くなって行動力が落ちるという分かりやすい体質ですが、世の中には昼食にカップラーメン1個とか、コンビニのおにぎり2個とか、信じられない位少ない量の人がいますね。よくそれで晩ご飯まで持つなあといつも不思議に思います。

 同じような体格でも、食欲に差が出るのはどうしてでしょうか? それと食事の内容にこだわる人とそうではない人との落差が大きいのは先天的なものなのか、後天的なものなのか、味覚の鋭い、鈍いも同様に不思議です。遺伝するのかなあ。
 私の疑問について答えて下さる方、お待ちしています。

 更新は作品人気投票6名分、作品アンケートに競馬のリンクが1件です。

16日

 簡単エッセイは今日も休みです。テーマを本気で募集しています。
 本来の日記となりますが、今日は競馬で5万ほど儲かったので信州の方に送っていただいたワインを飲みながらサッカーを横目で見つつ、本を読もうと思います。競馬の帰りに目一杯焼き肉を食べてきたのでお腹もいっぱいですし、幸せ、幸せ。
 更新は人物人気投票1名分、競馬日記です。

15日

 簡単エッセイは休みです。なんか書いてほしいテーマがあったらメール下さい。
 更新は競馬日記だけです。

14日

 だんだんネタがなくなってきましたが、今日のテーマは「冬」。

 南の方に住んでいる方は「北国って雪が降ってロマンチック」と憧れているという話はよく聞きますが、かつて豪雪地帯の青森に12年住んでいた私は、もう雪はうんざりです。
 想像して下さい。朝氷点下の気温の中起きる。学校に行こうと道に出ると周り全部雪。降っていると横からも来るので傘は意味なし。がんがん雪の中を歩いていると、深い所では靴の中に入ってくる。これでは午前中の授業をさぼって映画を見に行くのも無理はないでしょう(あるって)。
 私が高校時代住んでいた弘前という所には大きな公園があって、私の行っていた高校はその隣にありました。夏は自転車で、冬は歩いて、毎日その公園の中を通ってましたが、冬の朝、誰もいない公園の中を歩く事は例外的に好きでした。雪の降る音が聞こえそうな位の静謐さ。何だか世界に自分一人しかいないような錯覚を覚えたものです。もっとも誰もいないのは私が寝坊して遅刻しているせいなのですが。
 雪国では屋根の雪下ろしと家の前の雪かきは必須です。スノーダンプというでかい道具でせっせと運ぶのですが、これが重労働。お年寄りの家はこれが出来ないので、毎年何軒かの家が雪で潰れています。

 青森でこれだから、北海道や新潟の人はもっと大変なんでしょうね。北国のみなさん、春が来るまで頑張りましょうね。

 久しぶりの更新は読んだ本の感想4冊分。

13日

 今日は簡単エッセイも休み。なんか寝不足な日々が続いているんです。という訳で更新も休み。明日こそは時間作って更新します。

11日

 またもや一日空きましたが、今日のテーマは「小説」です。

 最近小説が売れないという話をよく聞きます。私の周りでも20代で読んでいるのは1割という感じ。
 多分日本で最後の政治の季節、60年代後半は若いときに小説読むのが当たり前だったようですが、90年代に入ってどうしてこうなったんでしょうか。
 いわゆるサブカルチャーの台頭もあるでしょう。マンガ、ゲーム、アニメなど受動的に楽しめるメディアが増えましたしインターネットが更に拍車を掛けるかもしれません。でも、それだけではないような気がします。
 語弊があるかもしれませんが、若年層の知性レベルの低下を感じます。会話の内容が車とかマンガとかに偏っているし、行政改革やジェンダーについては議論にすらならない。意見を聞くと新聞やテレビの焼き直し。自我が全く確立されていない人もよく見かけます。もちろん、これは私が暮らしている狭い範囲の話ですので、みなさんの周りではそうではないかもしれませんが。
 別に小説を読むのが知性的だと言っている訳ではありません。ただ、それによって触発される事はあるのは事実です。本屋の売れ行きベスト10を見ていると、そのラインナップに悲しくなります。

 偉そうに言っている私も傾向的にはかなり偏っています。系統的に読む癖をそろそろ付けたいのですが、これからの課題ですね。
 最後に。20代前半までのみなさん、どんどんいい小説を読んで下さい。きっといつか自分の血となります。女性のみなさん。素敵な女性とは一緒にいるだけで楽しいですが、一緒に小説の話も出来たら最高ですね。知的な女性となって下さい。社会的、性的なパートナーではなく、知的なパートナーと生きていけたら幸せだと思います。もちろん男性もそのために努力しないとだめですけど。
 なんかやたら悲観的な文章になってしまいましたが、今日はここまで。

 更新は小説のリンク1件です。

9日

 一日空きましたが、今日のテーマは「競馬」です。

 私は20歳の学生の時から競馬しています(競馬法違反ですが)。
 最初はどこで馬券買うかも分からずに、友達とスポーツ新聞を見て後楽園の場外馬券場へ行きました。確か千円位勝ったのかな。その後、知り合いの友達関係が持っている馬がレースに出るという事で始めて東京競馬場のある府中に行ったのですが、これがなんとダービー。もうとんでもなく大きな競馬場とレースの興奮に興味を惹かれ、それ以来競馬ファンまっしぐらです。ちなみにその時の平成2年度ダービーの勝ち馬、アイネスフウジンの持つダービーレコードはいまだ破られていません。2着馬メジロライアンをどうしようもなく好きになったのもこの時です。
 馬券の収支の方はビギナーズラックのためか、この年は大黒字。次の年も黒字。それ以来全部赤字で現在に至っています。
 私にとって競馬の魅力は世代交代と馬券でしょうか。人間が世代交代するためには長い時間がかかりますが、競馬は数年待つと好きな馬の子供に会えます。去年、前に書いたメジロライアンの産駒が出てきてとても感動しました。12月はちょっと入院していたのですが、ライアンの娘がGIという大レースを勝ったのをテレビで見て、少しだけ泣きました。
 馬券の方は徹底してリアリズムです。感傷の入る隙間はありません。何せ馬券を買った段階で概ね25%を税金で引かれます。普通の人ならこの条件で毎週賭けていたら、プラスになるのは至難の業だという事に気が付くのでしょうけど、競馬ファンは買ってしまいます。しかも負けると偏頭痛がするほど買ってしまいます。とほほ。

 リリシズムとリアリズム、相反する二つのファクターがあるから、競馬は面白いのかもしれません。
 もし、これから競馬を始めようとする方がいたら、競馬場へ行って好きな馬を見つけることから始めて下さい。そしてその馬については誰にも負けない位詳しくなって下さい。それがスタートです。

 更新は競馬日記だけです。

7日

 今日のテーマは「プロ野球」です。

 私のひいき球団はセ・リーグの中日ドラゴンズです。毎シーズン、勝った負けたに一喜一憂している訳ですが、野球に興味のない人から見たらばかみたいだよなあ、と思います。高校3年まで私がそう思ってましたから。
 きっかけとなったのは単純明快、大学1年の時好きだった子が名古屋出身で中日ファンだったため。そこから離れてもずっとファンでいるのですが、いつのまにか根っからのドラゴンズファンとなってしまいました。競馬情報もあるのですが、宅配でスポーツ紙を取り始めてもう6年になりますし、ユニフォームが似ている(中日が真似したんですが)LAドジャースもついでに応援しています。さらに愛知の東海ラジオでの中継を聞くために有線放送まで加入してます。
 今年は久々の最下位だったので、やるせないシーズンだったのですが、ひいきの球団を持っていると半年間楽しめますので、興味のない方も来年から応援してみてはいかがでしょうか? しかし、この時大事なのはひいきの球団の決め方です。自分の住んでいる所にホームチームがあれば問題ないのですが、それ以外の方は巨人、オリックス、西武以外をおすすめします。これらのチームはファンが多いため、人気のない球団を応援してあげた方が人情的に正しいことのような気がしますので。セ・リーグだと広島、パ・リーグだと近鉄がおすすめです。

 更新はここだけ。今日は何にもしない日なのです。

6日

 毎日私の下らない日記を書いていても仕方ないので、何かテーマを決めて書くことにしました。昨日急に決めたんですが続かなくなったら諦めます。今日のテーマは「朝食」。

 みなさん朝ごはんは食べてますか?
 私は寝ぼけながらベッドの中で新聞を読むのが好きなので、抜いています。そのため、シャワー浴びて会社行った後も午前中は何だかぼーと過ごしている事が多いですね。
 稲見一良さんの短編などを読むと朝食があまりに美味しそうなので2、3日は朝食にトーストを食べてみたりするのですが、続きません。もちろん医学的には食べる方が自然で、朝お腹が空かないのは不自然だという事は分かっていますが、なかなか一人暮らしでは難しいです。でも一人暮らしだからこそ、逆にこの辺はきちんとすべきなのでしょうけど。
 という訳で、何が言いたいのか自分でも全く分からない「朝食」についてでした。

 更新は読んだ本の感想4作品分です。

5日

 うーん、今日はネタがないです。図書館の話でも書きますか。

 私は仙台市の概ね東部地区に住んでいるのですが、ついこの間まで歩いて10分の場所に宮城県立図書館がありました。でもかなり古い建物でたしか3階建てだったし、つい行かないまま閉鎖されてしまいました。閉鎖されて県立図書館がどこへ行ったかというと、車で30分ほどの仙台市北部。作家の瀬名秀明が助教授だか講師やっている宮城県立大の近くです。そんなに離れるともう行く機会はないだろうし、近くにある内に一回行っておけばよかったなと思う今日この頃。
 なぜ図書館の話かというと先日村上春樹さんの新刊「若い読者のための短編小説案内」を読んで、取り上げられている作品を読みたくなったためです。図書館でしか読めない短編も結構あったので。
 という訳で、この話の結論は「図書館が近くにある人はがんがん使いましょう」という事でした。

 更新は作品人気投票5名分、人物人気投票1名分、ゲストブック1件です。

4日

 30000アクセス突破です。いつも見に来て下さっている方、昔からずっと見てくれている方、最近見始めた方、みなさんありがとうございます。なお、30000人目の方はメールもらえると嬉しいです。あぶなく自分で取るところでした。
 これを機に、しばらく更新していなかった村上作品感想ページの大幅更新とか、各ページをもっと見やすいレイアウトに変更するなどリニューアルもしたいのですが、そのうち折りをみてしたいと思ってます。
 更新はリンク小説1件、その他2件、競馬日記とプロフィールの私の歳(とほほ)です。

2日

 ただいま午後2時56分。3時から競馬を見てご飯食べようと思ってますが、それにしてもお腹すいたなあ。
 そしてただいま午後9時32分。ご飯のむらしが終わったので今から晩御飯。それにしても新米の季節は嬉しいです、ってまだ買ってないですけど。
 更新は半年ぶりの更新となる村上作品の感想(私の「国境の南」)、ゲストブック1件、競馬日記です。

1日

 仕事から帰って、あまりに眠くてさっきまで寝てました。だって寒いから。坂東黎人もどこかで書いてましたが、北国出身者が寒さに強いなんて幻想です。実は寒さにも暑さにも弱いのです。
 更新は2日連続ありません。明日こそは。


村上春樹 /書評 /ゲスト /リンク /プロフィール /日記 /検索 /本屋

ホームページへ戻ります