日記のページ


96年7月分/96年8月分/ 96年9月分/96年10月分
96年11月分/96年12月分/ 97年1月分/97年2月分
97年3月分/97年4月分/ 97年5月分/97年6月分
97年7月分/97年8月分/ 97年9月分/97年10月分
97年11月分/97年12月分/ 98年1月分/98年2月分
98年3月分/98年4月分/ 98年5月分/98年6月分
98年7月分/98年8月分/ 98年9月分/98年10月分
98年11月分/98年12月分/ 99年1月分/99年2月分
99年3月分/99年4月分/ 99年5月分/99年6月分
99年7月分/99年8月分/ 99年9月分/99年10月分
99年11月分/99年12月分/ 00年1月分/00年2月分
00年3月分/00年4月分/ 00年5月分/00年6月分
00年7月分/00年8月分/ 00年9月分/00年10月分
00年11月分/00年12月分/ 01年1月分/01年2月分
01年3月分/01年4月分/ 01年5月分/01年6月分
01年7月分/01年8月分 01年9月分/01年10月分
01年11月分/01年12月分 02年1月分/02年2月分
02年3月分/02年4月分 02年5月分/02年6月分
02年7−9月分


映画日記

英会話日記


12月

18日

 10日にボーナス出たんですが、それから飲みっぱなし。1/8ほどを使い切りました。私みたいな人がたくさんいれば、日本の消費動向なんてすぐ上がるのに、今時こういう人は特殊な例なのでしょう。まあ、その間に本もぼちぼち読んではいるのですが、この時期恒例「このミステリがすごい」は、私の評価と全く違ってました。それだけ裾野が広がったという事なんでしょうが、あれを押すならなぜ前作をもっと、という気がしないでもないな。恒例の私のベストの方は、本当の年末に書きますね。

 今日の更新は、読んだ本の感想7作品分です。

8日

 昨日まで八戸へ一泊出張。開通したばかりの「はやて」で行ったのだけど、駅と新幹線はさすがに新しかった。揺れもほとんどないし。泊まった温泉も良かったし、食べ物も美味しかった。幹事のデイリー東北のみなさま、ありがとうございました。外に飲みに行って2次会以降参加出来なくてごめんなさい。そして今日はこれから、秋保温泉で会社の忘年会。幹事なので飲み過ぎないようにしないと。

 今日の更新は、読んだ本の感想6作品分です。

2日

 今月の本の雑誌について。競輪大好きライターの青木るえかが書いていたんだけど、全国の地方競馬、競輪場などでは確実にモツ煮込みが売っている。どれも美味しそうなので写真付きで紹介する本があれば売れるだろう。しかも文章は村上春樹。問題は、いかに村上さんをその気にさせるか、というのを読んで笑ってしまいました。確かにね。書評の方は「カフカ」についての鏡明の評が面白かったな。

 今日の更新は、作品人気投票45名分とアンケート。

11月

29日

 11月ももう終わりですね。クリスマスの曲がかかるシーズンになってしまいましたね。先日は東京に行って来たのですが、その時飲んだみなさま、お疲れさまでした。競馬の方は散々でしたけど。また来春にでも行った時にお会いしましょう。


 今日の更新は、読んだ本の感想5作品。

21日

 昨日まで組合出張で福島一泊。フリーライターの方と論説委員の人を招いて、メディア規制法などについて話を聞いたのだけど、これがなかなか面白かった。もはや、ジャーナリズムは一般の人はどうでもよく思っているし、ワイドショー、新聞、週刊誌と分けても、そんな事は意識されていない、という提言は考えさせられた。99年、サッチー騒動の裏でガイドライン法案が通ったように、国民が国家権力を規制する力を持たないと、これからも妙な法案がいつのまにか国会を通ってしまうのかも。北朝鮮問題も拉致ばかりが前面に出ているが、平壌以外での深刻な飢餓状態が無視されている現状は、確かに問題だ。視点を変える大事さがよく分かった。私ものほほんと仕事している場合ではないな。

 それと東京オフは土曜ですので、明日の昼で締め切ります。参加希望の方はお早めにどうぞ。

 今日の更新は、読んだ本の感想6作品。

13日

 先日は仙台で初雪。去年より18日早いそうですが、そりゃ寒いはずだ。そんな中、おとといは更に北の盛岡へ、組合出張で行って来ました。各社の一時金状況などを話し合い、どこも悪いなと思った後は、焼肉屋で懇親会。実は4日にも競馬しに盛岡行ったのですが、そこで勝ったら食べようと思っていた前沢牛が出てきて、ちょっと嬉しかった。

 今日の更新は、読んだ本の感想4作品。

6日

 秋の新刊ラッシュで、好きな作家の新刊がばんばん出て嬉しいですが、それがほとんど当たりだというのも読者冥利に尽きます。詳しくは感想のページに書きましたが、ぜひみなさまもご一読を。桐野夏生の久々の新刊も大作だし、加納朋子も控えているし、楽しみ。

 今日の更新は、読んだ本の感想4作品。

10月

31日

 今日で10月も終わり。朝晩寒くて電気ファンヒータでは無理が出てきました。去年はいつ出したのか、ここの日記を見たらやっぱり10/31に灯油を買うとか書いてるし。毎年同じ事を思っているんだな。それと、11/23に東京オフ開催のお知らせです。ただ飲みながら話すだけですが、お近くの方はどうぞ。新宿の予定です。

 今日の更新は、読んだ本の感想6作品。

24日

 読む度に思うのだけど、新潮クレストブックスは凄い。良質の海外文学を読者にお届けします、というモチーフなのだけど、まさにその通り。近くに丸善があって、そこでもフェアしていたんだけど、つい見入ってしまいます。で、その支店が撤退というのが非常に残念です。休みの日にぶらぶらと買いに行くのが好きだったのに。ちゃんとご当地作家もPOPでフォローしていた点が、ジュンク堂仙台店とは違う点だったし、ぜひ再入居してほしいところだけど、どうなるでしょうか。

 今日の更新は、読んだ本の感想4作品。

21日

 昨日は朝から競馬場へ行って、今年一番の大負け。競馬は一日12レースあるんですが、そのうち1−11レースまで11連敗だったから、自分でもよくこんなに外すなと感心していました。それはともかく、最近ずっと雨なので、洗濯出来なくて困ってます。夜は寒いし、もう冬がそこまで来ているんですね。

 それと、親戚の友人の子供が難病で手術資金が足りないため、募金活動をしているそうです。興味のある方はご覧になってみて下さい。ここです。

 今日の更新は、読んだ本の感想6作品。

15日

 作品人気投票を集計して思うのは、長編はまあ順当だと思うんだけど、短編の人気が時期によってばらばら。数年前と比べて人気のある短編は、明らかに最近の短編にシフトしているし。読んだ時期が近い方が印象に残りやすいという事だろうけど、なかなか面白い現象です。

 今日の更新は、その作品人気投票39名分とアンケート。

11日

 しばらくぶりに書く今月の「本の雑誌」。各社が毎年夏に出している、文庫100冊に対抗して、本屋さんが独自に選ぶ裏100冊。この裏売り上げベスト10が載っているのだけど、2位の「ア・ルース・ボーイ」佐伯一麦、の紹介文が「村上春樹を読み尽くした人、新しい青春小説に出会ってみない」というのは、確かに書店員の作戦勝ちかと。8位に「雨鱒の川」川上健一が入っているのも嬉しい。ミステリー書評家の池上冬樹が山形で行っている作家講座のゲストに北上次郎が行った時の様子で、仙台の古本屋「萬葉堂」が出ていたけど、ここは私も行きつけなので嬉しい。でもこの講座に行ってみたいな。新刊ガイドに関しては、「アバウト・ア・ボーイ」については、そうなんだと同感。「僕のなかの壊れていない部分」についても同感。

 今日の更新は、読んだ本の感想5作品。

7日

 いつのまにか10月も7日なんだ。早いなあ。10月になってから、組合の副書記長になったり、二日酔いで福島競馬へ行ってぼろ負けしたりしてましたが、その間に「海辺のカフカ」をそろそろ再読しようかと思ってます。

 今日の更新は、読んだ本の感想4作品と映画日記1本。

ホームページへ戻ります