日記のページ


96年7月分/96年8月分/ 96年9月分/96年10月分
96年11月分/96年12月分/ 97年1月分/97年2月分
97年3月分/97年4月分/ 97年5月分/97年6月分
97年7月分/97年8月分/ 97年9月分/97年10月分
97年11月分/97年12月分/ 98年1月分/98年2月分
98年3月分/98年4月分/ 98年5月分/98年6月分
98年7月分/98年8月分/ 98年9月分/98年10月分
98年11月分/98年12月分/ 99年1月分/99年2月分
99年3月分/99年4月分/ 99年5月分/99年6月分
99年7月分/99年8月分/ 99年9月分/99年10月分
99年11月分/99年12月分/ 00年1月分/00年2月分
00年3月分/00年4月分/ 00年5月分/00年6月分
00年7月分/00年8月分/ 00年9月分/00年10月分
00年11月分/00年12月分/ 01年1月分/01年2月分
01年3月分/01年4月分/ 01年5月分/01年6月分
01年7月分/01年8月分 01年9月分/01年10月分
01年11月分/01年12月分 02年1月分/02年2月分


映画日記

英会話日記


3月

22日

 宮部みゆきの新刊「あかんべえ」を読んでいたら、ついつい朝4時。現在のところ、時代物ではこれが一番の傑作だと思う。時代小説にありがちな変なノスタルジーもないし、モチーフも普遍的なものなので、今まで敬遠していた人もぜひどうぞ。

 あと、急に始まる新コーナー。「本の雑誌」を読んで思うこと。先月号で椎名誠が、「雑誌業界では未だに活版印刷が使われている。時間がないし、深夜に渡る事が多い活字の世界では、コンピュータ化はあまり進んでいないようだ」という事を書いていたけど、そんな事はないだろうに。それはたまたま雑誌だけで、もっと厳しい条件の新聞は完全にコンピュータ化されているし。あと、今月号では佐藤正午の小説についてのコラムもあるので、ファンの方は読んでみて下さい。そうだ、そうだと思う点が多いです。北上次郎の笹塚日記は、相変わらずの本と競馬の日々だけど、それでも自炊している点が偉いなあ。

 今日の更新は、作品人気投票33名分とアンケート、読んだ本の感想4冊。

18日

 会社では、人事異動も発表になりました。関わりのある方が昇格したり、異動になったりいろいろある3月です。なお、花粉症の方は、二日酔いになったら治まってきました。アルコールが効いたのか、スギ花粉以外で反応したのか、謎です。

 今日の更新は、読んだ本の感想5冊とプロフィールと、久々に作品別掲示板。

14日

 数日前から涙目と鼻水がひどく、てっきり風邪かと思ったけど、熱とセキは全くないのでどうやら花粉症みたい。しかし、この毎日はつらい。仕事中でもティッシュ放せないし、経験者に聞くと4月までこの症状は続くようだ。せっかく春になりつつあるのに、ついてないなあ。

 今日の更新は、読んだ本の感想9冊。

8日

 オークションで半村良20冊セット落札。これで当分はゆっくり読める事でしょう。でも古本屋に行く時間がなくても、こうして古本を買えるというのは、何て便利なのでしょう。

 今日の更新は、読んだ本の感想4冊。

6日

 3月は人事異動や定年で、別れの時期ですね。今日は休みですが、この後夜から送別会です。ずっと一緒に働いていた人がいなくなるのは、何だか不思議な気もするし、やはり寂しいですね。
 そして、先日半村良が亡くなりました。日本SF第一期を支えてきた作家で、中学の時に「戦国自衛隊」を読んで以来、その作風に魅せられていただけに残念です。あちらの世界で星新一とゆっくり話している事でしょう。

 今日の更新は、各作家の作品リスト71名分。全員にリスト付けて、オンライン書店とリンクしました。疲れた。

2日

 時期柄、送別会やなんだかんだで、飲み会が続いてます。飲んでいる時は楽しいけど、翌日の睡眠不足が辛い。
 そしてパソコンの電源がいきなり落ちる不具合も相変わらずなので、今日はハードディスクを交換してみる事にしよう。これで直るといいなあ。

 今日の更新は、読んだ本の感想4冊。

ホームページへ戻ります