村上春樹さんと会った話のページ

 96年12月21日午前10時30分。私がニフティーで開いている村上春樹 ホームパーティのオフに出るため、集合場所の銀座の伊東屋前にいました。
 そうしたら、そこに来た会員の方が「村上春樹に会った!」と言うではありませんか。
 まずはその方のお話を引用します。

 オフの集合前に、少し買い物をしようと早めに銀座に着いて、夫の靴を買い、子 どもの鳴り物(次の日のクリスマス会用に鈴が欲しかった)を買おうと山野楽器 に入りました。打楽器売場は4階で、鈴の近くにおもちゃのマラカスもあったの で、それもついでに買い、そろそろ伊東屋へ行かなくては、と下りのエレベータ を待っていたら、開いたドアの右側に村上さんが乗っていました。眼鏡をかけて いて、思ったより背は低かったのですが、この人は村上春樹以外の何者でもある まい、という確信があり、1階に着くまで心臓はドキドキ、声をかけてみたい、 でも声をかけられるといやがるだろうなーと葛藤しつつ、ふらふらと後をついて いくと、山野楽器を出て、左折するではありませんか。まさか、あしか堂のオフ に? 本間さんにメールか何か来ていて、実は本間さんがみんなに内緒にしてい るだけ?、などと思いつつ歩いていると、松屋の脇で信号をわたり、ますます伊 東屋へ近づいてきました。
 と思ったら、突然、松屋の伊東屋に近い方の入り口で、中に入ってしまいました。 違ったのかー、としくしくしつつ伊東屋の前に行って、本間さんと合流、 今、村上さん見ちゃったんですよーーーー、と騒いでいたら、なんと、村上さん が女の人と連れだって、こちらの方へ歩いてきたのです。すーっと通り過ぎてし まったので、今の村上さんだよー、と本間さんをけしかけて顔を見にいかせたの です。本間さんたちが後を追っていって、しばらくして「本人だったよー」 と戻ってきました。えーっ、声をかけたのかー、わたしも行けばよかったよー、 とちょっと悔しかったのですが、本人であることが確認出来ただけでも嬉しかっ たです。

次の日になって、やっぱり何かお話ししたかったなーとか、鞄の中に入っていた 『羊男のクリスマス』にサイン貰いたかったな、とかくよくよしていたのですが、 本人に声なんてかけてもあがってしまって、まともなことは何も言えなかったで しょう。本間さんでさえ、何を言えばいいのか、わからなくなってしまったそう ですから。
気分としては、「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うこと について」という感じかな。

 という訳で、私が「失礼ですが、村上春樹さんですか?」と声を掛けたところ、 「はい、そうです」と思ったより低い声でお返事が。もうこの時点でどきどきして 「いつも読んでいます。これからも頑張って下さい」としか言えませんでした。
 その時はデジタルカメラも持っていたし、そもそも村上春樹ファンのオフだった のですから、もっと言いようがあったかなあと今になって思いますが、もう緊張して 頭の中は真っ白でした。

 でもエッセイなどで「声を掛けられるのは好きではない」みたいな事を書かれて いたので、こんなところで良かったんでしょうね。
 クリスマスプレゼントなのか、両手に一杯荷物を抱えていました。

 しかしすごい偶然でした。これだけでも東京に行った甲斐はありましたね。

感想のページ1 /感想のページ2 /感想のページ3 /感想のページ4

作品人気投票 /作品アンケート /作品年表 /あしか堂探偵団 /村上さんと会った話

ホームページへ戻ります