99年11月 結婚式



 同僚が結婚したので、結婚式へ。なんかネタがあるかも、とデジカメ持っていきました。

 最初はホテル内の教会で結婚式。洋式のは久しぶりだ。こいつのタキシード姿を見るのは最初で最後だろうな、とみんなで話しつつも見守る。出たところで花びらをかけて祝福するのだけど、ぶつけるのはやめようね、みんな。あと余ったからって私の手に全部乗せるのもやめてね、ホテルの人。
 その後は披露宴。私は新聞社勤務なのだけど、社員が結婚すると伝統として号外を作って当日配る。今回は同じ部の同僚なのでみんな勢いが付きすぎて品のない新聞になってしまった。ごめんなさい>上司と親戚の方々。それで、それを乾杯の後に配れという司会の命令の元、素面のみなさんに配って歩く。寒いなあ。
 この日はちょうど菊花賞という競馬の大レースの日だったのだけど、余興として一人一枚単勝馬券が配られて、ラジオで録音しておいたレースの実況が流された。いくら競馬ファンとはいえ、前代未聞だ。さすがだなあ、新郎。

左が教会内での指輪交換、右が何だか忘れたけど何とかの火点火。


 最後の新郎父挨拶も型破りで面白かった。さすがだ。気に入ったエレクトーン弾きの子と記念撮影してから二次会へ。飲んで話す。その繰り返しで終了3時。もちろんこの間にも写真やらエピソードやらいろいろあったんだけど、省略。

 最後になったけど、おめでとう、藤村、智枝さん。いい感じの二人だし、いつまでもお幸せに。


写真館もくじ

ホームページへ戻ります