98年5月 東京オフ



 多分4、5回目の東京オフです。
 ニフティーで開いているパティオ「あしか堂」とこのホームページ「春樹堂」合同オフなので、何回も会っている人から初対面の人までいますので、毎回少し緊張します。

 今回は3部構成で第1部は昼12時30分に新橋駅ゆりかもめ乗り場改札集合。私は前日も飲みに行っていたので新幹線一本遅れて、参加する後輩との待ち合わせ場所の上野駅に着いたら「仙台からお越しの本間進さん。お友達の野田様がお待ちです」と駅の放送で呼び出されました。初めて呼ばれました、放送。とほほ。
 新橋駅に行って挨拶しつつゆりかもめに乗って「お台場海浜公園駅」へ。ゆりかもめは感じがモノレールに似ているので何か大井競馬に行くみたいで変な感じでした。
 お台場では海が見えるビアレストランへ。バイキングスタイルで和洋中いろいろな料理を食べながら台場地ビールを飲みます。確か3種類あってまずまずのおいしさで、天気も良かったので、気分良くビールが飲めました。6人でいろいろ話しつつ、3時に終了。その後フジテレビを見に行ったり、海浜公園を見た後、私は築地のホテルへチェックイン。


 2部は渋谷109前に6時集合。ちょっと時間空いたので渋谷の大盛堂という本屋で調整。しかし土曜夜の渋谷はとんでもなく混んでますね。苦労しつつも11人全員が揃って会場のロシア料理屋へ。ここは道玄坂にあるので周りはちょっと、というかかなり怪しい雰囲気です。でもお店は静かで落ち着いた雰囲気。一気に人数が増えたので自己紹介などをしつつ料理を食べました。ロシア料理ってよく知らなかったのですが実は食べた後でもよく分かりません。
 ロシアにビールはあるのかという心配をよそに、日本のビールが置いてあったのでとりあえず幸せ。

店内で。こんな感じです。

店を出たところで。お腹いっぱいです。

 さて、3部はやっと村上春樹らしく「国境の南」にちなんで青山のバーで飲もうというものです。
 なんでか忘れたけど、歩いて行こうという事になっててくてくと歩いて青山まで。結構遠かったです。30分位だったかな。
 ここはサントリーがやっているダイニングバーで、入り口で靴を脱ぐシステムです。くつろげていいのですが、テーブルの下がほりごたつの様になっているとベストですね。
 村上さんの後輩、早稲田文学部の学生さんに恋愛の話などを聞きながら11時まで飲みました。いつも思うのですが、東京で飲んでいると電車の時間などがあるため早めに終わってしまって飲み足りないですよね。いつも2時まで飲んでいる私の方に問題があるかもしれませんけど。

こんな感じのお店です。背中にはクッションがあって楽。

 という訳で解散。みなさまお疲れさまでした。
 この頃普通の飲み会化しているので、次回は「世界の終わり」にちなんで晴海埠頭でビールを飲みながら話す、とかカンガルーの赤ちゃんを見ながら飲む、などの企画を考えてます。今まで参加した事のない方もぜひご参加を。7月の予定です。


写真館もくじ

ホームページへ戻ります