96年有馬記念のページ



 そういう訳で、行って来ました有馬記念。
 有馬行くのは、平成2、3年以来でしたが、相変わらず混んでいましたね。
 6Rからやったんですが、ホープフルSではライアン産駒のエアガッツが勝って 嬉しかったなあ。前日のたんぱ賞でもライアン産駒のメジロブライトが勝っているし、 来年のクラシックはライアン産駒が席巻しそうな気がします。
 7Rの終わったあたりからゴール前に移動して、9Rの有馬に備えました。 8Rが終わり、さあ有馬というところで例によってゴール前は人の圧縮が始まって もうぎゅうぎゅう。ちなみにミスターフビジョンの応援する馬はヒシアマゾンでした。
 ファンファーレの前には音楽隊が行進するのですが、バトンの女の子が失敗する 度にスタンドがわーわー言ってて、ちょっと可愛そうだったなあ。16万人に 見られるのは緊張するだろうなあ。
 本馬場入場では歓声でファビラスが入れ込み気味。毎回思うけど、馬券買っている んだったら本馬場での歓声はやめろよなあ。あと1周目の歓声も。それと心ない 応援も目立ちました。「武、落馬しろ」とか。年々競馬ファンのレベルが落ちてる 気がします。
 レース自体は大方の予想通りの展開でした。トップガンも好位置付けていたし、 ローレルも中団。例によってアマゾンは出遅れてるし。河内の秘策は出遅れる事か(笑)。
 直線ではローレルの強さだけが目立ちましたね。後は荒れた馬場に適性のある、重も こなす馬が上位。トップガンの敗因は馬体重もあったでしょうけど、荒れた馬場が 合わなかったのとローテが空きすぎた事ではないでしょうか。あの馬は使い詰めで 来た方がいい結果を残しますからね。
 しかし、マイネルブリッジの3着はびっくりでしたね。レース前に冗談で 「有馬が福島2500だったらブリッジ本命なんだけど」とか言っていた位でしたから。 でも10月の福島並に馬場が荒れていたという事なんでしょうね。

 結局、大幅マイナスで終わりましたが、ローレルは現役続行だそうなので、来年も また楽しみですね。クラシックも楽しみだし。
 というわけで、来年もまたおつき合い下さい。競馬ファンの常として金杯から 始動です。

最初にいた内馬場からの風景。内もものすごく混んでいました。

8R直前のゴール前。まだ振り返る余裕がありました。

私の馬券。ちなみに7年間愛用している競馬新聞は「馬」です。


写真館もくじ

ホームページへ戻ります