現在の掲示板へ戻る


[7600] 伊東四朗 さん(toshiro.i@excite.co.jp) 2003/11/22 Sat 12:43:31
ハルさんへ
「もしも〜」はまだ読んでないです。スンマセン。
ねたばれになってしまうので詳しくは書けませんが、「きみの〜」の感想を
ぜひお聞きしたいので、読んでみてください。(自分勝手ですな。スンマセン)


[7599] らぱんこ さん(YIU03513@nifty.ne.jp) 2003/11/21 Fri 21:07:40
なかなか樋口一葉が読み終わりません。
本を読む時間が限られているというのもあるけれど、
それ以上に、やっぱり、さーっと読んでしまえるような本ではないですね。
でも、難しいなあ〜と思いつつじっくり読んでいくと、
はっとさせられる文章に出くわす(気づく)こともあります。
一葉が描く世界の中では、少年少女は勿論のこと、路上の土埃さえ生き生きとして見えて、
読んでいるこっちも元気になってくる気がするのです。
その背景には、明治という時代も関係しているのでしょうね。

一方、今早く読みたいのが『ライ麦畑でつかまえて』。
ただし、春樹さん訳ではなく、野崎孝さん訳の方です。
私にとって春樹さんはあまりに大きすぎる存在なので、
最初に読んでしまうと印象が強すぎると思い、予習することにしました。
ただ、つばめひこうきさんのコメントにもありましたが、
私は、同時に読むのが出来ないタイプなんですよね。
技術的にではなく、気分的に苦手です。一つ終わらせないとすっきりしないので。
でも、早く読みたいしなあ。
うーむ。

あ、ミスチルの新曲がでましたね。
本間さんやあじこじさんもミスチルが好きだとのことで。
春樹さん好きのミスチル好きが私以外にもいると思うと、それだけでわくわくです(笑)。


[7598] 龍来 さん(ryuki-lik@hotmail.com) 2003/11/20 Thu 19:01:13
今日高校の授業で村上春樹の『鏡』という作品に出会いました。
すごく興味深い作品だったのですが、なにを表現した作品なのかよく理解できませんでし
た。どなたか詳しい方がいましたら、『鏡』についての作品解説をお願いできませでしょう
か?よろしくお願いいたします。

[7597] つばめひこうき さん(BYY05367@nifty.ne.jp) 2003/11/20 Thu 08:17:24
では、お言葉に甘えまして・・・。

「世界の・・・」って、そんなにいい本なんだぁ。
じゃぁ、今日買って来ようかな。
おいら今現在、技術的な仕事についているんだけど、そっちの勉強をしながら、羊をめぐる冒険の英
語版を読んで、さらにもう一冊となると、ちょっと欲張りかなぁ。
でも、本だけは、欲しいと思ったら我慢ができないんだよねぇ。
甘いお菓子や、お酒の方が我慢できるね。
まぁ、お酒の中に、ビールははいらないんだけどさ。

みんなは、何冊も同時に読んじゃうタイプ?
それとも一冊ずつ読むタイプ?

[7596] Kei さん(idp_57@hotmail.com) 2003/11/20 Thu 01:19:49
はじめまして。掲示板の雰囲気もつかめぬままミーハーな?
話題を書き込ませていただきます。
でも、皆さんもうご存知なのかも…?

ヤフーオークションに春樹さんの生原稿がでているのです。
(ホンモノかどうかも私にはわかりかねるのですが。)
今のところ入札者、いないようなんですがー。
ホンモノなのだとしたら、見れただけで小確幸どころじゃなく
幸せ♪と私なんかは思うのですが。

ココ http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g9308846 で
見れますよー。

今度はこんな風な話題ではなく春樹さんの小説についての書き込みで参加
させていただきたいと思います。ではでは。

[7595] ハル さん(haru0248@hotmail.com。 ) 2003/11/18 Tue 17:41:54
土曜日にマトリックスレボリューションズを見てきました。
リローテッドを見ないで三部を見たので意味が解からない所がありありでした。
二部のリローテッドをビデオで借りてみたら二部のほうがロマンス重視で好みでした。

伊東四郎さん、片山恭一さんを読みたくて今日は本屋に走りました。
「きみの知らないところで世界は動く」も伊東さんのカキコミを見て興味が沸いたのですが
今回は、本の厚さ、表紙の感じ、内容を吟味して
「もしも私が、そこにいるらならば」を買いました。
世界の中心で・・は再読はしていませんが、気に入った部分の会話をひろって
何度かページを開いています。おじいちゃんの存在もなかなか良かったですよね。
悲しい部分は一度読んだっきりにしています。


[7594] ハルキング さん(CHECK保坂和志OUT!!) 2003/11/15 Sat 15:48:39

小説とは、グラフィックや音楽とは違って、高価な機械を買わなくても
簡単(?)にクリエイティブして表現できる手段なのです、今更ですが。

ということで、保坂和志の「小説を書きあぐねている云々」がリリース
されていますので、興味のある方は、読もうよ。体の中に隠れている
便秘気味的な才能を外に出してあげよう。詳しくは、
                    ↓
                    ↓
               http://www.k-hosaka.com/
     ●●●
    ●   ●
     ◎ ◎
      も
      〜


[7593] へれん さん(b_tor@sannet.ne.jp) 2003/11/14 Fri 22:24:47
はじめて書き込みします。
ついさきほど、「世界の終り〜」を読み終わりました。
「僕」はどうして影と一緒にいかなかったの??
すすと、「私」は一体どうなるの??
・・・だめだ、もう一回最初から読み直そうっと。

つい先週、初めてこのHPを知りました。
これからもちょくちょくおじゃましたいです!!

[7592] カフカ さん(aimatsu0619@hotmail.com) 2003/11/14 Fri 20:12:09
本間さんへのレス
どうもありがとうございますっ♪
4人とも読んだ事がナイので、さっそく明日本屋さんに行ってみたいと思います。
作品リストも参考にさせて頂きます。
「ノルウェーの森」は12回目ですが・・「ダンス・ダンス・ダンス」は16回読んでいます。
笑)ほぼ春樹さん中毒ですね・・・。笑)
また、読んでみて感想をカキコしに来たいと思います。ではでは


雄大さんへのレス
初めまして、レスありがとうございますっ♪
同じように春樹さんが好きな方から返事がもらえて、しかも貴重なお話を聞けて凄く嬉しいで
すっ。春樹さん中毒で困っていたので・・・。笑)
井上靖さんですか・・明日本屋さんに行くつもりなので探してみようと思います。
読んでみて感想をカキコしますねっ♪
ではでは・・・

[7591] 雄大 さん(yu-dai-absent-from-school.@docomo.ne.jp) 2003/11/13 Thu 21:12:33
>カフカさんへ
 雄大です。
 春樹さんの魔力に取り付かれていますね。僕もそうなんです。入り込んだら、なかなか出ることは
難しいけれども、僕は、井上靖さんの作品も好きなんです。
 春樹さんの文章は、読み始めると、読んでいること自体に熱中して、勢いがとまらないんですが、
井上靖さんの作品は、勢いではなく、文章自体がその都度完結する構成力のある文章だと思っていま
す。読んで止まってっていう文体だと思うんですね。何か落ち着きがあって、どっしりとした進む、
止まるっていう感じです。一度読んでみたらいかがでしょうか。お勧めは自伝青春小説である「北の
海」「しろばんば」などです。
 

[7590]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/11/13 Thu 14:23:22
 夜寒くなってきたので、そろそろ灯油を買いに行こうかと思ってます。

◎ハルキングさんへ
 小説の利点の一つに、読者それぞれの想像に任せられている部分が大きい、というのがあ
ります。私は顔をイメージするより、個人としての雰囲気をイメージして読みますね。文字
絵はちょっと勘弁してほしいところではありますが。

◎あじこじさんへ
 今日辺りが誕生日なのでしょうか。おめでとうございます。あじこじさんにとって、いい
一年になるといいですね。
 お勧めの本は、かなり好みが分かれる部分なので難しいのですが、そういう雰囲気なら、
最近だと恩田陸がお勧めです。「三月は深き紅の淵を」講談社文庫、「光の帝国」集英社文
庫辺りが読みやすいかと。向こう側の世界の雰囲気が感じられます。

◎つばめひこうきさんへ
 なるほど。いや、あまりに変わったのでびっくりしただけです。使いやすい文体でいいで
すよ。私も実家に帰ると、口語体は一人称二人称、全部変わります。
 新潟に紀伊国屋ってありました? 前に行った時駅前と古町周辺は大分歩いたんですが、
発見出来ませんでした。残念。英語版、楽しんで読んで下さいね。

◎ハルさんへ
 Nステーションで、投票率日本最高の場所と、最低の場所を紹介してましたが、土地柄も
あるのかなあ。まあ一般的に都市部は低いですよね。でもいわゆる1区現象が起きる事を思
うと、なかなか面白いです。
 「ノルウェイ」は、村上さん唯一のリアリズム長編だし、やっぱり特別な気がします。ず
っと読み続けられる小説になると嬉しいですね。

◎アルカンジェリさんへ
 図書館の蔵書量も物理的に決まってますから、定期的にそういう催しがあるみたいですよ
ね。興味ある本を入手出来たようで、何よりです。

◎カフカさんへ
 「ノルウェイ」12回目というのも凄いですね。好きなパートがもう暗記できるくらいでし
ょうか?
 お勧めの本は先ほども書きましたが、難しいです。会話文が巧い作家なら、佐藤正午と樋
口有介はいかがでしょうか? 物語としてなら宮本輝と北村薫を推します。感想のページに
作品リストもありますから、参考になると幸いです。

◎羊飼いさんへ
 はい、初めまして。
 依存症ですか。私も昔から小説読んでますし、その分結構夢見がちですが、それでもちゃ
んと就職して、日々働いてますので、何とかなるもんですよ。時間もテレビを見ないとかル
ールを決めると、やりくりできると思います。
 またいつでも遊びに来て下さいね。

◎らぱんこさんへ
 本当に夜は寒くなりました。暖房入れ始めた数日間って、寒さに弱くなって風邪を引きや
すいような気がしますし、注意して下さいね。
 下北沢はスズナリ辺りだと、そういう感じですよね。2時間越えるとちょっと辛くなって
きます。距離感の近さは嬉しいんですけどね。

◎伊東四朗さんへ
 「世界の中心で…」は、未だ未読です。そろそろ読もうかと思うんですが、ここまで売れ
るときっかけが難しいです。

◎ロビンズネストさんへ
 「永遠の仔」はとても好きな小説のため、映像化されたものは見られませんでした。思い
入れが強すぎて。文字で「ジラフ」と読む分にはいいんですが、どうも耳から入ると違和感
ありそうな気がするんです。
 とてもいい小説なので、ぜひ読んでみて下さいね。

[7589]ロビンズネスト さん(sengangzhenren@hotmail.com) 2003/11/13 Thu 06:16:32
 読書の感想ではないのですが、「永遠の仔」のドラマを録画してたのを見てました。
最後のピストルのところで泣いちゃいました。かなり重厚で秀逸なドラマでした。
是非原作も読みたいと思います。

調べてみると、原作に忠実に作ってあるという評価も多いので、
ますます原作を読みたいと思っております。

最終回を見た直後なので、支離滅裂な文で申し訳ありませんでした。
なんか考え込んじゃう作品ですよね。

[7588] 伊東四朗 さん(toshiro.i@excite.co.jp) 2003/11/12 Wed 23:13:59
本間さん、皆さん、お久しぶりの書き込みです。

◎ハルさんへ
僕も「世界の中心で・・・」読みました。いやぁー、不覚にも号泣してしまいましたよ。
ひゃく万部売れたらしいですね。読んだときはかなり感動したけれども、なんか再読しよう
という気にならないんですよね・・
なんでかなぁ?
あと、「きみの知らないところで世界は動く」も読みました。読んでて、あぁ、これは「ぼ
く」と「直子」と「鼠」の物語だなあ、と思ってしまいました。
皆さんの感想をお待ちしています。
2作品を読んで、片山氏はハルキのファンなのでは?と思ってしまいましたね。うふ。

[7587] らぱんこ さん(YIU03513@nifty.ne.jp) 2003/11/11 Tue 20:52:00
こんばんは。ここ数日でめっきり寒くなりましたね。
今年こそこたつ布団を買って、ただのちゃぶ台と化したおこたを救済しなくては。

下北沢は、知り合いがよく舞台をするところなので、ちょくちょく行くのですが、
学生演劇以外の舞台を観に行ったのは、今年の夏が初めてです。
劇場はOFF・OFFシアターで、作・演出は鐘下辰男さんでした。
お芝居自体は、とてもおもしろかったのですが、
あまりにお客が多かった為桟敷席にすし詰めにされてしまいました(前から二番目)。
私は、そこまで気にする方ではないですが、
それでも知らない人とひざをくっつけ合うのは、さすがにつらかったです。
しかも、もの凄い量のスモークを炊いていたので、客席までしっかり煙が流れ込んできて、
目が痛い。思わず「燻蒸・・・?」と呟きそうになりました。うーむ。
まあ、そういうところも小劇場の醍醐味だ、と言えなくもないのかもしれないのですがね。
うーむ。 

先日、『キル・ビル』を観に行きました。
普通に観て楽しめる作品だとは思うのですが、
案の定、日本映画のパロディがかなり多いので、ある程度知識がないと楽しめない
(というか、気づけない)ところも多いです。そこはちょっと残念。
出来れば今週中に『阿修羅のごとく』を観に行きたいです。


[7586] 羊飼い さん(hitsuzikai.yahoo.co.jp) 2003/11/11 Tue 16:13:34
皆さん、本間さん初めまして。
最近春樹さんの小説を読み返さずに一日を過ごせるようになりました。
もう、春樹依存症とはおさらばと行きたいところですが、
おそらく新しい本が出れば必ず購読してしまうと思います。
でも、そろそろ、地に足をつけて生きなくてはね。
春樹さんが好きなお友達がいなくて寂しいと思って、
初めてお邪魔しました。
もし、差し支えなければ、また書き込んで行きたいと思います。
それではよろしくお願いします。

[7585] カフカ さん(aimatsu0619@yahoo.co.jp) 2003/11/11 Tue 04:47:33
お久しぶりです。
最近、村上さんの本ばかり読み返していて・・どうも他の本が読めません。
なんでなのかは分からないんですが・・村上さんの世界とかが好きなんです。
最近はノルウェーの森をまた読んでいます。(これで12回目)
友達のオススメな本などトライしてみたのですが・・・イマイチ楽しくないのです。
本間さんは沢山読んでらっしゃると思うので・・村上氏が大好きな私が読めそうな本があれば
教えて下さい。
人それぞれ好みがあって難しい問題かもしれませんが・・。
できたら教えて頂けると嬉しいです。  ではではまた遊びにきます。

[7584]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2003/11/10 Mon 12:51:59
おひさしぶりです。本間さま。みなさま。 
  昨日、図書館でたまたま本のリサイクル市をしていました★
アサヒグラフの「伊勢神宮〜保存版〜」と
「レッド・ツェッペリン最強伝説」と
あのアンディ・ガルシアが主役をつとめた映画
「ロルカ〜殺人の丘〜」の「天才詩人ロルカ」と
「ナチスの要塞〜イギリス海峡に残存するヒトラーの遺産」
をもらってきました(*^▽^*) 

[7583] ハル さん(haru0248@hotmail.com。 ) 2003/11/09 Sun 16:59:39
私の住んでいる所は田舎なので選挙に行かないと忌み嫌われるので
もちろん選挙には行ってきました。創価学会に入っている友達からも選挙よろしくね。
とメールもきていて、適当にわかったよ。と返事を返したりしました。

「世界の中心で、愛をさけぶ」を読んで「ノルウェイの森」って改めてすごい小説なんだと
再確認しました。文章は美しく、沁みこんでいくのに、胸を打つ衝撃にふるえます。

「阿修羅」は昭和ムード満載でした。
掃除機、お風呂のタイル、ファッションなど昔懐かしい代物でした。
年老いた男の浮気を、艶を求めると言う表現をしていたところがニクイ感じでした。

[7582] つばめひこうき さん(BYY05367@nifty.ne.jp) 2003/11/09 Sun 11:36:38
こんにちは。
本来は、前回のような文体が、私のナチュラルなものなのですが、このHPにはあんまり似つかわしく
ないかしら?と思って、こんな風にしていました。(笑)
だいたい、「おいら」なんて、羊男くらい?(笑)

先日、新潟市内の紀伊国屋に行って、「羊をめぐる冒険」の英訳版を買ってきました。
英語(かんなり)苦手なんだけど、頑張ってみようかな?と思い・・・。
まぁ、元があるから、多分大丈夫。まだ2ページしか読めていないけど・・・。
でも、英語だと、結構雰囲気変わりますよね?


[7581] あじこじ さん(ajikoji@a9.shes.net) 2003/11/08 Sat 23:57:45
こんばんは。
今日は選挙ですね。
私事ですが今週誕生日です。そしてまた今年も身内でお祝いです。
(あ、でもこれってしあわせなことです)
最近思うのが、ひとが笑ってる顔って一番しあわせですよね。
だから「笑い」って重要です。

ウラキさんの「キーポイントは弱さなんだ」のフレーズが
とても気になってます。
自分も弱さについて、考えてみました。
自分より他人を思いやる気持ちがエスカレートすること
そしてこころがはだかの状態
それでもそれに向き合って見えてくるものに、大切なことがあると思うので
私にとって弱さはこの先もずっと付きあっていく相棒みたいなもんです。
きちんと自分の弱さを受け入れて強く生きていくひと
素敵だと思います。
 
今日から読売新聞で、よしもとばななさんの連載がスタートしましたが、
そこにでてくるはじめちゃんは
自分の中に常に確定している芯を持ち合わせていて、
私はぶれまくってる人間なんで、じぶんの芯をできるだけ維持させるかのように
本や音楽や映画から「それでいいんだ」「あるがままの自分で」
という感じを求めているんだと思いました。
あと最近好きな色が「白」になりました。
可能性があって、ものの見方が公平で、リセットされるような
村上春樹さんの小説を色で例えるとグレーでしょうか?

ごめんなさい。話を本題に。
わたしは「世界の終わり」「ねじ巻鳥」「レキシトンの幽霊」の
行間の向こうにある第3番目の世界が感じられる雰囲気が好きです。
本間さん、もしおすすめの本があればぜひ教えてください。
 




[7580] ハルキング さん(激シゲッキクス) 2003/11/08 Sat 20:53:52
《村上さんのページ 登場人物人気投票編 》すごいですね。

小説ということで、登場人物の顔は当然見ることができないんだけれど、

そんな中でも、皆様がコシタンタンと

登場人物の顔をイメージしている事を思うと、

本当に右脳が激シゲッキクスであります。

私のイメージでは、「僕」の顔はこんな感じだと思います。
       ↓
     ●●●
    ●   ●
     ◎ ◎
      \
      〜

つまり、あんまり顔は整っていません。(めがねをかけている)

ところで、

注意深く春樹さんの作品を読むと、

作中の「ボク」には、「僕」と「ぼく」の2種類が存在していることがわかります。

ひらがなの「ぼく」は、しばしばナイーブです。

漢字の「僕」は、「ぼく」に比べると少ししっかりしています。

たとえば、

「ぼく」はいったい何者なんだと「僕」に尋ねます。「僕」は「ぼく」に

そんな事しるものか、と答えます。そんな傲慢な「僕」の発言に対し、

「ぼく」はちょっとメゲマス。

こんな具合です。





[7579]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/11/08 Sat 09:21:57
 いよいよ明日は衆院選。今回は、浮動票によって左右されそうなので、選挙権のある方は
ぜひ投票に行きましょう。

◎ハルさんへ
 片山恭一かあ。売れてますよね。ベストセラーって、私が買わなくてもいいかと思わせる
ところがあって、それよりは生活が大変そうな、売れてなさそうな作家のを買ってあげよう
という気持ちもあります。でも、ちょっと読んでみたかったりする。
 向田邦子は何作か読んでますが、「阿修羅」は未読です。多分昭和20−30年代が舞台なの
だろうけど、現代にリライトしないで映画化されたんですか? その方がいいと思います。

◎あじこじさんへ
 はい、初めまして。異性の友達は貴重ですから、その気持ちは分かります。その好きな作
家とアーティストの羅列では、村上さんの他に、宮本輝とオースターとミスチルとスピッツ
が共通してますね。言われる通り、大事なものはなくしてから気が付くため、時々深い喪失
感を感じます。なかなか難しい世の中だけど、ぼちぼちいきましょう。でも人生の軌道修正
かあ。いい事いいますね。ちょっと自分のそれを考えてしまいました。

◎らぱんこさんへ
 こちらも初めまして。そんな前から見ていただいていたんですか。ありがとうございま
す。読書量は、まあ好きで読んでますので結構な量になりました。でも年齢差もあるし、ゆ
っくり自分の好きな作家を見つけていってください。
 「村上ラヂオ」って、そういう雰囲気ありますよね。いつものエッセイより親切さや読み
やすさ2割増しみたいな感じがします。舞台は、学生時代小劇団が好きで、下北沢とかによ
く行ってました。最近行ってないので、見たいなあ。

◎ハルキングさんへ
 面白い考え方だと思いますが、よく分かりません。別に経験至上主義ではないけれど、
様々な季節に様々な事をしていると、ああ、これはこういう事だったんだと思い当たる瞬間
が訪れます。寒いけれど今はいい季節だし、あれこれしてみるといいかもしれません。

[7578] ハルキング さん(デキルスキル) 2003/11/07 Fri 21:49:07
たびたびスミマセン。

村上春樹の作品のあの読後感である「あのなんとも言えないドープ」な感じって
なんなんだろう。うまくキャッチコピー的に表現できる人いますか?
(NGワード:村上ワールド)

「あのなんとも言えないアレ」を一言で表現デキルスキルのある人はいますか?

[7577] ハルキング さん(リアルゴールド) 2003/11/07 Fri 21:21:59
すごいですね。この板に新しく投稿してくる
人があまりにも多くってマンモスヤッピーって感じです。


◆この板の中には、村上春樹を実際に肉眼で見た方がおられる
との事でしたが、本当のことをいうと、私は「村上春樹」とい
う人物はこの世に存在していないのではないかと思います。
「村上春樹」は、しばしば作中で「リアル」という言葉を使って
いますが、私には、「村上春樹」こそ「リアリティ」に欠けた人物
は他にいないと感ぜられます。なぜでしょうか?
何はともあれ、村上春樹が切磋琢磨と文章を書いている姿が想像でき
ないのです。
大半の作中の主人公、「ぼく」とは「村上春樹」のことであり、彼と
出会えるのは本の中だけなのです。そういうことにしておきましょう。

「村上春樹」=「ヴァーチャル」
上記の事柄が真実であると仮定すると、いったい「風の音を聞け」やら
「ノルウェイの森」やらを書いているのは誰なんだろうという疑問が残
ります。誰なんでしょう。

「村上春樹の作品」を書いている著者が誰なのかを
誰か知っている人いますか?

[7576] ハル さん(haru0248@hotmail.com。 ) 2003/11/06 Thu 00:40:31
「世界の中心で、愛をさけぶ」を今、読み終えました。
うるうるきたり、恋愛のエピソードは微笑みながら読みました。
いい本だなと思いました。
DIMEと言う雑誌で片山恭一さんのインタビューと写真が載っていたのでチェックしました。
「阿修羅のごとく」も見てきました。
昭和のムードが満載でした。もう平成になってから15年も経っているなんて早いなと
少ししみじみしました。


[7575] らぱんこ さん(YIU03513@nifty.ne.jp) 2003/11/05 Wed 13:10:01
はじめまして。
随分昔(中学生くらいかな?)から、このホームページは覗かせてもらっていました。
その頃はまだ、実家のパソコンだったので、書き込みはしていなかったように思います。
その後自分のパソコンを買い、久々にここを覗いてみて、本間さんの読書量の多さに改めて感動しま
した。私も、以前よりは読書の幅が広がったと自負しているのですが、量的には本間さんにはとても
かないません。
だからといって、別にどうということはないはずなのだけれど、なんか悔しくなっちゃいますね。
本が好きな人間の性かもしれない。

つい最近、『村上ラヂオ』の文庫を買って読みました。雑誌で毎週チェックするのはさすがにしんど
かったので、本になると嬉しいですね。
読者層の違いがあるからなのかな、『ラヂオ』の春樹さんは『村上朝日堂』とちょっと雰囲気が違う
ような気がします。文体がラフで、なんか、ちょっと不良っぽいというか、やんちゃなおじさんが若
い女の子を相手に遊んでいるみたい。嘘ついてちょっとからかってみたり、いい話(っぽいもの)を
話してみたり。新鮮でした。

次は樋口一葉を読む予定です。こまつ座の『頭痛肩こり樋口一葉』は面白かった。本間さんは舞台を
観に行ったりすることはありますか?

[7574] あじこじ さん(ajikoji@a9.shes.net) 2003/11/05 Wed 12:19:32
はじめまして。
「村上春樹」のキーワードでここにたどり着きました。
すごく仲良しだった男友達が結婚して、その喪失感に
じわじわやられる今日このごろです。
好きな作家・音楽は
村上春樹、龍 吉本ばなな 三浦綾子 宮本 輝 森瑤子 山田詠美
(あ、あと宮崎 駿とディズニーはすごくいい。単純ですよね。でも言いたかった。)
ポールオースタ ーサリンジャー
くるり  ミスチル スピッツ 浅井 健一 James Iha 最近LEIAH 
the afternoons「my lost city」つながりで、今フィツジェランドのマイ・ロストシティ
読んでます。
好きなものの根源にはいつも村上春樹がいて、
でも「この作品のここがいい」みたいなことが言えないので
なんとなくですが、「あなたにとって大切なものは」と聞かれたら、
「村上ワールド」(この一言で)
でも時としてついつい見失いがちになるので、そう、大切なものほど意識しないと
気づいたらない・・
同じ価値観のひととずっといたいけど、社会とはそうもいかないもので、
だから私にとって「村上春樹の小説」は、自分を見失わないように
人生の軌道を修正するような、バイブル的役割を果たしてます。
まとまりない文章でした。

[7573] ハル さん(haru0248@hotmail.com。 ) 2003/11/04 Tue 22:32:37
こんばんは、本間さん。
寝言を言うエピソードは「FLY…」でしたね。ボケちゃってすみません。
片山恭一さんの「世界の中心で、愛をさけぶ」を今日買いました。
1/4くらい読みました。今のところなかなかいいです。
明日向田邦子さん原作で森田義光さんが監督の「阿修羅のごとく」の試写会に行きます。
深津絵里ちゃんも出演しているし、いい映画だといいなと期待しています。
本間さんは向田さんの本も読まれていましたね。
いろんな本をたくさん読んでいるんだなって改めて思います。

[7572]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/11/04 Tue 21:58:05
 衆院選まで、あと5日。その翌週は一時金闘争で、再来週まではばたばたです。

◎涼子さんへ
 おっ、それは良かったですね。ただ村上さんそっくりのはるきち君も、都内に出没してい
るようなので、微妙なところです。昔みたいにwwwで近況報告を書いていてくれると、本
人かどうか分かるんですけどね。でも、声をかけないのは偉いです。
 なお、村上さんは都内在住ではないです。ここ数年のエッセイに書いてますので、良かっ
たらいいきっかけですし、ぜひ読んでみて下さいね。

◎つばめひこうきさんへ
 かなり文体とか一人称変わっているけど、何かあったんですか? もうすぐ冬ですが、お
互い元気に過ごしましょう。

◎ノンブルさんへ
 何がきっかけかはともかく、読みたくなった時に再読すると幸せですよ。でも済みませ
ん、私は衝動的につい声をかけてしまいました。反省しています。

◎若林さんへ
 初めまして。カリフォルニアは暖かいんでしょうね。この時期は羨ましいです。
 なお、このサイトはただのファンサイトですので、新潮社か講談社経由で、その旨を綴っ
た手紙を送られるのがよろしいかと思います。住所はそれぞれのサイトにあります。

◎ハルキングさんへ
 はい、初めまして。加工されていないリアルな本ですか。個人的にリアルだな、と思う小
説は多々ありますが、これは個人差が激しいでしょうし、世評にとらわれず、様々な小説を
読んでみるしかないかと思います。でも、生の事象に作家がどれだけ手を加えて、命を吹き
込むか、という読み方の方が好きです。現実の生活でも十分いろいろありますし。

◎りょうさんへ
 退屈な入院生活、お疲れさまです。私も合計5か月入院していたので、その気持ちは多少
は分かります。「カフカ」を読むと、様々な情景や思いも浮かぶでしょうし、続きを楽しま
れて下さいね。そして、感覚の若さには同感です。そういう部分は見習いたいですよね。

◎ミントさんへ
 はい、初めまして。
 「フォーサイト」で連載しているのは知らなかったです。「…会いに行く2」にでも、ま
とめてもらうと読みやすいんですけどね。「フォーサイト」自体、一度も読んだ事ないです
し。情報、ありがとうございました。

[7571]ミント さん(ahenmint@nifty.com) 2003/11/03 Mon 21:32:19
(=°-°)ノ ハジメマシテ。

新潮社の定期購読雑誌「フォーサイト」に村上春樹さんと河合隼雄さんの京都対談が連載
(2回)されてますね。
また春樹さんが隼雄さんに会いにいったんですね。

この雑誌を読むことができなくて残念・・・。
はやく単行本にならないかあ。と待ち焦がれています。

[7570] りょう さん(cpk-dog@agate.plala.or.jp) 2003/11/02 Sun 09:56:29
 今僕は入院生活を送っていて(今日は外泊で家にいるけれど)「海辺のカフカ」を読んでいま
す。まだ最後まで読んでいないけれど、なんだか昔の作品の雰囲気が変わって新鮮な感じがしま
す。(変わったのは本じゃなくて僕の方かもしれないけれど)
 村上春樹さんも年齢を重ねられて来たはずなのに、あえてどうして主人公があんなに若いのか
聞いてみたいモノだなぁと思いました。

[7569] ハルキング さん(errermessage@hotmail.com) 2003/10/31 Fri 21:06:53
はじめまして。ハルキングというハイテンションなニックネームでスミマセン。

私は、最近村上春樹にハマッテイマス。

「風の歌を聞け」から「羊をめぐる冒険」、「ダンス・ダンス・ダンス」まで

通して読みました。

かつてのアメリカのポップ的思考から、アンチ高度資本主義的思考への変化には

非常に共感を持ちました。

旅行も音楽も人間もレストランのご飯も結局全て、パッケージングされてしまって

いる既製品のように感じらる今日この頃です。

ナマじゃないんです。

加工されているんです。

リミックスされているんです。

リアルじゃないんです。

本間さんはじめ皆様へ

ナマで加工されていなくてノンリミックスでリアルな本があったら

教えてください。ジャンルにはこだわりませんので、宜しくお教えいただけないでしょう

か。







[7568] 若林道枝 さん(michie1936wakabayashi35@hotmail.com) 2003/10/31 Fri 03:10:47
当方カリフォルニア在住。同人誌詩を発行しています。レイモンド・カーヴァーさんの詩と日本語翻
訳作品を比較しながら、詩の翻訳論などを執筆中です。カーヴァー氏の未亡人からは作品転載のOK
をいただいていますが、村上さんに彼の日本語翻訳作品の転載のOKを戴きたいので、この掲示板を
お借りしました。よろしくご連絡下さい。
若林道枝

[7567] ノンブル さん(http://ndg93485@biglobe.ne.jp) 2003/10/27 Mon 19:32:58

村上さんに会えるなんてすんごく羨ましいです!!私も一目会ってみたいなあ(●^o^●)
どんな人なんだろう?恐れ多いとは思うけど、お話してみたいですよね。渋谷にいれば会え
るかな(笑)うんうん、涼子さんは賢明な人です。そういう常識ある人って素敵です!(^^)!
自分のファンがずうずうしいなんて思われたくないですよね(笑)あ〜なんか読みたくなち
ゃったよ★

[7566] つばめひこうき さん(BYY05367@nifty.ne.jp) 2003/10/25 Sat 17:47:34
すごいなぁ。都会に住んでいると、春樹さんとすれ違っちゃったりできるんだ。
山の中で、会社まで3分なんていうところじゃ、絶対にありえない話だもんな。
あぁ、うらやましい。
何年か前に、織田裕二はうちの近所でロケしていたけど、そういうのとは違うもんね。
渋谷のハンズね。
来月そうそう東京に行く予定だから、ちょっとうろちょろしてみようかな。
もちろん、おいらも声なんてかけないと思うけどね。(ウン、涼子さんは賢明な人だ)

それに、おいらはかなり重症な猫アレルギーなんだ。
だから、人ごみとかかなり苦手。猫飼っている人に結構敏感なのさ。
最近だいぶよくなったけど、それでもだめだなぁ。
猫飼える人うらやましいです。もちろん、春樹さんも含めてね。
だから、『ふわふわ』読んで、我慢しています。(笑)

あぁ、最近本読んでいない。時間なくてね。なんせ雪国の秋は短くて忙しいから。



[7565] 涼子 さん(ryoko314@loveboat.cx) 2003/10/23 Thu 14:55:12
あるいはここに書き込んじゃいけないことかもしれないけど、黙っていられないので書いちゃ
いますネ☆なんとハルキさんに遭遇してしまいました!

昨日、友人と渋谷に買い物に行った時の事です。
ハンズの横の道を歩いてたら、前から茶色の革ジャンを着たオジサンが歩いてきて、それがま
さにその人でした。一緒にいた友人以下、周囲の人は誰も気付いていない様子でした。
すれ違う時、声をかけようかとも思いましたが、雨が振り始めたところだったし、彼がそうい
うのを苦手としている事はエッセイなどで読んで知っていたので、素知らぬフリをしました。
すれ違った後、一緒にいた友人に「今すれ違ったのハルキだよ」って囁いたら、舞い上がって
しまって(ノルウェイしか読んでないクセに…)、道を引き返そうとしたので必死に止めました
(ヤレヤレ)
本に載っていた写真のままの人でした(笑

ところで、私は『スプートニック〜』以降、ハルキ関係の情報を追ってないので教えて欲しい
のですが、今、彼は都内在住なのですか?それともハンズにハンダコテでも買いに来ただけだ
ったのかな?

[7564]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/10/23 Thu 09:15:02
 出勤前ですが、早番週は眠いです。

◎ruiさんへ
 はい、初めまして。数年おいての書き込み、ありがとうございます。
 「スプートニク」は、長さが適当なので、再読しやすいですよね。私も何回か読み返して
いますが、前半部の描写が好きです。ラストは解釈分かれますが、楽観派です。再読は、初
読時と読後感が変わるので、面白いですよね。

◎アルカンジェリさんへ
 はい、ありがとうございます。
 「アユの物語」はそんなに売れているんですか。守備範囲外ですので、読むことはないで
しょうが、小説が売れるのは良い事です。あと、内輪の話はご自分のサイトでしてもらえな
いでしょうか? 意味が分かりませんので。

◎ロビンズネストさんへ
 「R.P.G.」ってドラマ化されたんですか? それは知りませんでした。単独の作品
なら、別にどの順番で読んでもいいと思いますが、関連したものは順番に読まれた方が面白
いかと思います。例えば「R.P.G.」だと、「鳩笛草」「クロスファイア」の刑事と、
「模倣犯」の刑事が出てきますし、「クロスファイア」にしてもキングの「ファイアスター
ター」のオマージュですし。でもこうして読む本がリンクしていくと楽しいですよね。

◎つばめひこうきさんへ
 3分は近いですね。私も会社は近所ですが、やっぱり近いと楽です。
 髪型は、結構印象に残りますから、結構短くなると気になるものです。でも好評で良かっ
たですよね。手入れも楽でしょうし。

◎沙羅さんへ 
 そろそろ暖房が必要な時期なんですね。早いなあ。
 柄澤齊は言われる通り未読です。私が未読の作家なんて、まだまだたくさんいますって。
好きそうな面白い作家がいましたら、ぜひ教えて下さい。
 「クライマーズ・ハイ」と「まひるの月を追いかけて」、どちらも面白い小説ですので、
楽しまれて下さい。タイプとしては、直球と変化球ですね。

[7563]沙羅 さん(so_dyu@m4.kcn.ne.jp) 2003/10/22 Wed 12:03:59
 こんにちわ。
 朝晩冷え込んできたので炬燵を出しました。炬燵で本を読む、あー至福。

 読書は小池真理子「水の翼」から柄澤 齊「ロンド」に”木口版画”でリンク、表紙も柄澤
氏の幻想的な版画。さてさて本の方は如何に? 本間さんが未読ならムフフ、いつも追いかけ
てますので(笑)

 あと予定では「クライマーズ・ハイ」と「まひるの月を追いかけて」、どちらもホントわく
わくします。
 

 


[7562] つばめひこうき さん(BYY05367@nifty.ne.jp) 2003/10/21 Tue 08:12:09
おはようございます。
出勤前のひと時です。(なんせうちから会社まで3分なので・・・。)

「トニー滝田」の妻役の宮沢さんは、確かにばっさりいきましたよね。
私はそれに影響されたわけではないのですが、同じようにばっさりいっちゃいまして、(まぁ、宮沢
さんと比べてもしょうがないんですけど)結構好評でした。
秋に髪を切ると、いろいろ言う人もいるもので、それで話題になるんだろうなぁ。

こうちゃんさん
魚沼産コシヒカリって高いよねぇ。
でも、農家はそんなに儲かっていないんだよ。
まぁ、自分のうちの米は食っているけど、そんなにおいしいもんかなぁ?
って、みんなで言っています。(笑)
おいしいお米ができるようにがんばってはいるけどね。
ブランドブランドとあがめられるのは、現場の人間にとっては、少し迷惑かも。
米泥棒もいるしさ。

[7561] ロビンズネスト さん(sengangzhenren@hotmail.com) 2003/10/16 Thu 23:59:23
御久しぶりです。

宮部みゆきさんの作品で、どうしてもタイトルを思い出せなかった本が本間さんの書評に入っていて
一件落着しました。
「R.P.G」という作品がそれだったんですが、前にNHKのBSか何かでドラマ化されたものですよね。
その予告を見て面白そうだと思っていましたが、いかんせんタイトルを思い出せなくて……。

やはり宮部さんのような推理作家も発表順に読んでいくと面白さは増えるものですか?

[7560]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2003/10/16 Thu 22:46:26
ジャズ・バー

http://www.pure.ne.jp/~natural/

僕の小説の書評を書いていただいた
癒しのジャズ・ギターリスト宮野弘紀氏の公式サイトと
リンクしておられました(*^▽^*)

あさのかい大阪オフの後行ってみようかな??って思っています★

[7559]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2003/10/16 Thu 09:27:36
70万アクセス突破おめでとうございます。
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

 ところでDeepLove「アユの物語」yoshi著が文芸で2位にランクインされていました。
 ついに映画化されるそうです。
とある女子高生の話なんですが、非常に読んでいて悲しく美しい物語です。


[7558] rui さん(peking_rui@hotmail.com) 2003/10/14 Tue 22:00:38
はじめまして。
数年前からここには遊びに来ているんですが
書き込むのは初めてです。

昨日、「スプートニクの恋人」を4年ぶりに読みました。
なんだか昔読んだときとはまた違う感じがしました。
前はそれほどいいと思わなかったけど
今は読後感のすがすがしさがとても好き。
また、他の作品も再読してみようかと思ってます^^

[7557]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/10/14 Tue 12:52:09
 せっせと未読本を消化したので、大分減ってきました。それでもあと100はありますが。

◎ハルさんへ
 寝言を言うエピソードは「FLY…」ですってば。「レボリューション」はやはり文化祭でし
ょう。あれだけイベントに出来るというのは凄いです。女性から見たらおバカなものなので
しょうが、そんなもんなんです。

◎おりえさんへ
 15日といえば明日ですね。着々と準備は進んでますか? 一人暮らしは慣れると止められ
ないですよ。仙台は区が5つあって、全区制覇しようと思ったのですが、3区目で終わりそ
うです。本、間引きしちゃったんですか。その前にリスト送ってもらえれば、私が高価買い
取りしたのに。

◎つばめひこうきさんへ
 つばめひこうきさんの辺りは大丈夫なんですか。それは何よりです。私も新米買ってこよ
うかなあ。
 「トニー滝谷」映画化は、作品よりも宮沢りえに注目が集まっているようですね。どう映
像化するのか、少し見てみたい気もします。

◎カフカさんへ
 はい、初めまして。
 読書はまあ好きずきなのでしょうけど、受動的メディアがほとんどの中、自分であれこれ
考えられるというのは、やはり面白い体験です。どんどんいい小説を読まれて下さいね。実
生活の方も、いい出会いがあるといいですね。
 動物は、昔犬とうさぎを飼ってましたが、今は何も飼ってません。猫との共同生活、何だ
か楽しそうですし、冬は暖かいかも。

◎カンチさんへ
 はい、初めまして。
 古本屋で英語版はよく見かけますし、探し続ければ見つかると思いますよ。「キズキ君」
は、カナカタ表記で濁点付きだと、特に違和感ないです。漢字でどう書くか、というのは村
上さんへの質問コーナーでも出ていたような。

◎こうちゃんへ
 「ハックルベリイ」も最近読みました。なんか冒険したくなる小説です。あまりにアメリ
カの小説で引用されるので、読んでみたくなったんです。

◎さりーさんへ
 はい、初めまして。いつでも遊びに来て下さい。
 お会いした時は、私も舞い上がってました。サインをもらうというのは、考えつかなかっ
たなあ。大事にして下さいね。

◎アキさんへ
 はい、ありがとうございます。ぼちぼち続けていきます。読んだ順は、3か月分なら感想
ページで分かりますが、自分で見ていて、この月はこれがあったから、というのは分かりま
す。9月は全て組合のせいです。

[7556] カフカ さん(aimatsu0619@yahoo.co.jp) 2003/10/14 Tue 11:31:17
こんにちわぁ
今回で二回目のカキコです。

最近隣の住人が引越しをして飼っていた猫を置いて行ってしまったらしく、かわいそうなので
家で飼う事にしましたぁ。
最初は懐きませんでしたが一週間ほど経った今では同じ布団で寝るほどになりましたぁ。笑)
ご飯も初めは何が好きなのか分からず色々試して、やっと好みが分かった感じです。
名前をどうしようか悩んで・・・「いわし」に決めました。笑)
気に入ってるみたいな様子です。
猫は気まぐれでワガママなイメージだったのですが、このいわしは凄く甘えん坊でいつも私の
傍にいます。  きっと飼い主に置いてかれて寂しいのだと思います。
そんな猫との共同生活が始まって不思議な感じがします。
本間さんも動物は飼ってらっしゃるのかなぁ?
お返事楽しみにしています。 ではではまた来ます。  カフカ

[7555]アキ さん(to-roro@mail.goo.ne.jp) 2003/10/13 Mon 22:30:20
こんにちは。70万アクセス突破、おめでとうございます。自分でもサイト運営を始めてみて、改めて
本間さんのスゴさを感じてます。私なんて2年足らずで何度リタイアしそうになったコトか…。読書
記録の2000冊というのもオドロキですね。恩田陸ではないですが、それを読み終わった順に並べて、
見ていきたいくらいです。ココで恋愛にかまけてやがる…、とかいう時期もあるんでしょうか(笑)。
ともあれ、今後も春樹堂を楽しみにしています。末永く続けて頂けますように。かしこ

さりーさん>初めまして。っていうか、何ぃーっ!生春樹・生サイン・生会話ッスか?!ううぅー…
      もぅ赤裸々に言ってしまいますが、羨まし過ぎるーっ!(泣・しかも男泣き)。「反省して
      ます」との言ですが、以前、新幹線のホームで織田裕二に遭遇した際、全然ファンでも
      何でもないにも関わらず後を追ってしまった私としては、春樹さんに会うなんてコトに
      なったら、もぅ何をするか分かりません(笑)。ヤバイ。大学2年の若さで理性を保った
      さりーさんは立派ですよー(笑)。いいなぁサイン…。でもでも!私も本多孝好のサイン
      は持ってるんスよ!でもいいなぁ…。しょぼりん。初対面で馴れ馴れしくスミマセン。
      では。
 

[7554]さりー さん(sariy-sariy@mail.goo.ne.jp) 2003/10/13 Mon 16:34:50
初めまして。
インターネットではじめて『村上春樹』を検索して辿り着きました。
いろりろ凝縮されていて読みふけってました。
とてもおもしろかったのでこれからちょくちょく遊びに来させてください!

本間さんと同じように、私も大学2年生の時に神保町の古本屋で村上春樹さん
にお会いしたことがあるんです。その時は舞い上がってしまい、速攻で新書の
『ねじまき島クロニクル』を買ってサインしてもらいました。今となっては
迷惑で恥ずかしい行為だったと反省しています。最後に『大学なんて気楽に
勉強しなよ』って言われたことが今でも印象的です。

[7553]こうちゃん。 さん(kou1chan@saku2.com) 2003/10/12 Sun 16:36:26
こんにちは!本間さん、みなさん。
「トムソーヤの冒険」かぁ、自分まだ読んだことありませんが、何故か「ハックルベリーフ
ィン」の方は読んだことあります。

◎つばめひこうきさんへ
自分も「トニー滝谷」のニュース見ました。映画の内容より、宮沢りえさんの髪の短さに注目
が集まっていたみたいだけど・・・。自分はまだ「魚沼産コシヒカリ」食べたことありませ
ん(;´д`)トホホ


[7552] カンチ さん(cookie65@hotmail.com) 2003/10/10 Fri 23:10:15
初書き込みします
春樹作品ほとんど読んで(多いもので三回ほど)、今英語版のノルウェイの森を
読んでます。古本屋で買いました。
ただしそれは上巻だけで、下巻は無いのであります。
書店で注文したところ、絶版とのこと。
どーしよっかなーと思ってたところ、
たった今思いつきました。
そうだ、ネット書店で調べてみよう。
でも絶版なら同じかな?

ところで、英語版読んでて気づいたんですけど、
「キズキ」って「kishugi」じゃなくて「kizuki」君
だったんですね。ス、じゃなくて、ズ。
皆さん知り合いにキズキって人います?
どういう字書くかもわかんないんですけど
というわけでレスよろしくお願いします

[7551] カフカ さん(aimatsu0619@yahoo.co.jp) 2003/10/10 Fri 12:47:59
初めてカキコします・・・。
私は読書というものにあまり魅力を感じなかったのですが、村上春樹さんの作品を読んでから
本が大好きになりましたぁ。  もう殆ど活字中毒です。笑) 
一番好きなのはダンス・ダンス・ダンスです。 
こんなHPがあるのも知らなかったので何か、とっても嬉しい。
どんな事を書いたらいいのか分かりませんが、とにかく村上春樹さんは大好きなので思わずか
いてしまいましたぁ。
小説に出てくる主人公のような人とめぐり合いたいなんて思いつつ憧れるような気持ちで読ん
でいます・・。(まぁ実際はいないけれど・・・笑)
読書歴はまだまだ浅いですが、また遊びに来るので宜しくお願いします。ではでは

[7550] つばめひこうき さん(BYY05367@nifty.ne.jp) 2003/10/10 Fri 08:10:32
ご心配いただきまして、ありがとうございます。
おかげさまで、うちは大丈夫みたいです。
例年よりも、米の粒が小さい感じはしますけどね。
新米炊いてみましたが、大丈夫。おいしかったです。魚沼産コシヒカリ。

さて、イッセー緒方さんと宮沢りえさんが村上春樹作品の映画をするっていうニュース見ました。
「トニー滝谷」
らしいです。どうも。
どっかで読んだなぁと思い、本棚を探してみたら、「レキシントンの幽霊」の中に入っていました。
もう一度読み返してみたんですが、イッセー緒方=トニー滝谷にあまり結びつかなかったなぁ。
映画、ちょっと観てみたいです。
村上さん原作の映画、実は一度も見た事がないんです。

[7549] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/10/09 Thu 17:03:48
 皆さん、お久しぶりです。
 見事部屋が決り10/15に引越し予定です。
 掘り出しものの物件が見つかりほくほくしています。
 この年で初!の一人暮らしであります。しばらく落ち着くまで本が読めないと
思いますので、また読めるようになったらお邪魔いたします。

 本間さん、引越し回数が2桁にいきそうとはすごいですね。かかる費用はバカ
になりませんよね。今回決った物件はネットで見つけたものです。そんなに期待
していなかったのですが、実際見たら想像以上の好物件でした。
 「現在の本の量を考えると2度と引越ししたくない」しいうお気持ち、胸に染みました。
今回荷造りで一番頭を悩ませたのはやはり「本」でした。更に間引きしましたよ。

 では!

[7548] ハル さん(haru0248@hotmail.com ) 2003/10/03 Fri 21:51:45
本間さんに、ぜひご一読をと薦められて、寝言で言うエピソードが好きですと
言われてしまっては「レボリューションNo.3」を読まずにいられなくなりました。
昨日と今日で読んでしまいました。はっきり言って面白かったです。
男子高校生の集団がいとしく思えました。男のロマンと言うか、男臭さと言うか
そういうが満載でした。


[7547]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/10/03 Fri 03:28:06
 さて、ようやく続きです。

◎モミジさんへ
 孤独な部分ですか。私の感覚ではそれと似てますが、喪失感と共に、心の中の一番柔らか
な部分に触れられる気がします。それが何なのかは読者の数だけあるのでしょうね、きっ
と。

◎おれんじさんへ
 はい、初めまして。
 なるほど、恋をしているのですね。先ほども書きましたが、きっと「主人公像」というの
も読者の数だけあるのでしょうが、おれんじさんにとっての「僕」と似ているのなら、それ
は幸せな事だと思います。幸せな展開になるといいですね。

◎ちーさんへ
 雑誌を作る授業があるんですか。面白そう。DTPソフトで作っているんですか? 縦組
みの時大変じゃないですか? 外字はどうしてるんですか、って仕事柄そういう方向が気に
なってしまいます。という訳で、興味のある方はメールしてあげて下さいね。そして雑誌制
作、頑張って下さい。

◎ハルさんへ
 私の感想は、感想のページに書いてますが、あの切り口は金城一紀という作家の違う引き
出しが見られて面白いですよね。

◎moegiさんへ
 「花」ですか。うーん、あまり印象に残っていないので、ちょっと再読したくなってきま
した。

◎はじめましてさんへ
 お褒めの言葉、ありがとうございます。
 さて、ドラゴンズですが、熾烈な2位争いがもの悲しい今日この頃です。山崎の放出が一
番びっくりしましたが、監督との確執が、監督交代という事態にもなって、寂しいです。来
年はいいシーズンになればいいですね。

◎イルカさんへ
 こちらもありがとうございます。
 村上さんの作品世界は、やっぱり他の作家では代替出来ない世界ですよね。

[7546]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/10/02 Thu 16:28:24
 土曜になれば、更新できるかと思います。毎日ばたばたで嫌になってきました。
 それでは、以前の続きから。

◎リョウさんへ
 久しぶりですね。ホームページも名前変わって、最初誰かと思いました。
 その樺太に行った話は、きっとロシア語に翻訳されている方に会いに行った時の話でしょ
う。前に新聞で読みました。プロフィールは、2つもサバ読んでますね。

◎堀川さんへ
 英語版の「ダンス」は読んだ事がないので、その違いは分からないのですが、詳しい方い
ましたら、メールしてあげて下さい。

◎フィービーさんへ
 初めまして。
 例え話で恐縮ですが、車を10種類しか知らないとすれば、一番目の車と七番目の車は似
ていると思うかもしれません。端的に言うとそういう事のような。高校生の内にいい小説を
読むと、後で効いてきますから、これからもいい本をたくさん読まれて下さいね。

◎ゆっこさんへ
 はい、初めまして。そういう風に、読んでいる内に興味が繋がって、本がリンクしていく
のって楽しいですよね。昔読んだ小説が、違う小説の中で取り上げられたりするのも、何と
なく嬉しいです。ちなみに、私もヘビースモーカーなので、スタバの中にはいられません。

◎こうちゃんへ
 3連休とは羨ましいです。私だったら何するかなあ。掃除とか洗濯とかしている内に終わ
りそうな気もします。その本は読んだ事ないですね。

◎ハルさんへ
 「FLY,…」合ったようで何よりです。あの高校生軍団は「レボリューションNo.3」にも出
てきますので、ぜひご一読を。私は寝言で言うエピソードが好きです。

◎水月さんへ
 そうですね、再読すると読者である自分も変わっているため、読後感が変わるのが面白い
点です。
 相互リンクという形は、今はしていないんですよ。ごめんなさい。

◎アキさんへ
 寝違えは治りましたか? さて、本棚ですが、そういう状況みたいですよ。引っ越しさえ
考えなければ、天井までの本棚が一番いいです。棚板追加したりしてね。
 ブックカバーをする習慣がないので、そちらは何とも言えないのですが、よく古本マニア
の人の間で帯の話も出ますが、真っ先に捨てちゃう派なので、それも微妙です。

◎りょういちさんへ
 お褒めの言葉、ありがとうございます。エッセイは、小説とはまた違った魅力があります
よね。肩の力の抜け具合がちょうどいい感じです。小説を書くのはなかなか大変ですが、楽
しい作業でもありますので、楽しまれて下さいね。

◎美子さんへ
 20歳の誕生日を迎えた女の子が主人公で、ちょっと不思議な話です。短い話ですので、ぜ
ひ読まれてみて下さい。

◎コロ助さんへ
 長編がその辺りという事は、まだまだ未読がありそうで羨ましいですね。「ダンス」のユ
キは、頭がいいというよりシャープな感じがします。どういう大人になるんでしょうね。身
近にいれば、楽しみにしている事でしょう。

◎つばめひこうきさんへ
 今年の東北地方の作況指数は、本当悪いみたいですが、つばめひこうきさんのとこは大丈
夫でしたか? その若手作家の村上春樹トリビュート作品集は、本屋で見ましたけど私も読
む気はしないです。まあ好きずきですが、S・キングのトリビュートは好きなんですが。

◎おりえさんへ
 今はネットで部屋探せるんですね。でもベッドに寝っ転がって、引っ越し情報誌を読むの
も好きでした。引っ越し回数も2ケタに近い私ですが、現在の本の量を考えると、もう二度
としたくないです。準備、頑張って下さいね。

◎だいしさんへ
 それは面白い卒論になりそうですね。同様の文献もいろいろ出ていますし、参考になるか
と思います。当時の評価ですか。どの公立図書館でも国会図書館から取り寄せ出来ますし、
時間はかかりますが、直接当たってみるのが一番ですよ。

◎時間切れ
 あと30分で仕事なので、続きは帰ってから書きますね。

[7545] イルカ さん(yuyu-yu@yahoo.co.jp) 2003/10/01 Wed 20:55:20
こんばんは。とてもステキなHPですね。
村上春樹の世界って独特だけど、とってもいいですよね。

また遊びにきます。


[7544]はじめまして さん(yasu-i@bc4.so-net.ne.jp) 2003/10/01 Wed 09:06:35
はじめまして、村上春樹さん関係でネットサーフィンをしていたら、このような素敵なホー
ムページに巡り合えてうれしい限りです。この後、ゆっくり拝見させていただきたいと思い
ます。
ところで、管理人さんは中日ファンなのですね。僕もドラゴンズファンです。今年は優勝が
できなかったけれど、福留の成長、立浪の2000本安打と、いろいろトピックスもありま
したね。
 これからよろしくお願いします。

[7543] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2003/09/30 Tue 00:04:43
こんばんは。
私も金城一紀さんの一押しは「対話篇」です。
「花」は、個人的には一番印象に残っています。
私は春先に読んだので、ああ、秋に読んでみるのもいいかも と思いました。

[7542] ハル さん(haru0248@hotmail.com ) 2003/09/29 Mon 20:51:34
こんばんは。
金城一紀さんの「対話篇」の「花」を読み終えました。
三つの短編の中で花が一番良かったです。
優しくさわやかな気持ちにさせてくれる短編でした。
58歳の弁護士の男性がリアルに書かれていました。
「恋愛小説」という短編の学生の恋よりも
58歳の男性が別れた妻を思う「花」のほうが私には全然リアルでした。
「対話篇」は少し怖い話と聞いていましたが
私の好きなタイプの怖さでした。


[7541] ハル さん(haru0248@hotmail.com ) 2003/09/28 Sun 23:39:01
こんばんは。
金城一紀さんを追いかけて「対話篇」と言う本を読んでいます。
「恋愛小説」「永遠の円環」「花」の三つの短編でなりたっています。
金城さんが書く恋愛小説に興味があったので選んだのですが
「永遠の円環」のほうが気に入りました。

どの短編も死と別離がテーマだと思いました。
今は最後の短編「花」を読んでいます。
元気が出るとか、そういうたぐいの本ではないですけど
物想いに耽る秋には、悪くない読みやすい短編です。

[7540] ちー さん(ballad-of-nice-and-easy@jcom.home.ne.jp) 2003/09/28 Sun 16:38:09
はじめまして。
私は今大学で雑誌を製作する授業を専攻しているのですが、記事のテーマを「キャッチャー
ー・イン・ザ・ライ」にしました。ホールデン少年の行動や考え方を人々はどう思うのか?
そしてその感じ方は、世代や職業などの違いによってどのように変わるのか?メインテーマ
はそんなところです。
幅広い方々の意見を聞かせていただきたいので、この掲示板を使わせていただきました。も
しよろしければ、「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を読んで感じたことを、率直に語って
いただけたらなと思います。名前を公表したり、メールを返信して追求したりすることもな
いので、上記のアドレスに気軽にメールください。その際、年齢・職業・性別・そして本の
感想を明記していただけたらと思います。ご協力よろしくお願いします。

管理人様、もし不適切でしたら削除お願いします。

[7539] おれんじ さん(orangehome@oak.zero.ad.jp) 2003/09/27 Sat 23:00:34
はじめまして。

信じられないかもしれませんが、
今わたしは、『僕』とかかわりを持っています。

職業は文化的雪かきをしていて、性格はどこかクール。
感情は一応あるようなんだけれど、置き忘れてしまったような。
どこか理屈っぽいし、言葉少なめで、恐ろしく頭が良い。
去る者は追わず、追求もしない、自分勝手だし、わがまま。
彼の頭の中は宇宙で、私はその中の小さな塵でしかない。

その人と、付き合ってるわけではありません。

でも、とても気になるし、言葉のひとつひとつ、行動、どれを
とっても、『僕』なんです。
小説からそのまま現実世界に出てきてしまったような人。
まるで羊男に逢ったような顔をするし、本気なんだか冗談なんだか
分からないことを普通に言う。

私は、夢を見ているのでしょうか。
『僕』に逢ってみたいという願望が、そのまま出てきてしまったの?

『僕』に迫っても、追いかけても、付き合っても、うまくいかないのは
わかっているのにね・・・。

みなさんはどう思いますか。

[7538]モミジ さん(momizi@m2.dion.ne.jp) 2003/09/27 Sat 22:16:57
こんばんは。お久しぶりです。

春樹さんの作品は、私の個人的な意見ですが
心のどこかに孤独な部分を隠し持ってる気がして
目が離せないのかな?とも思います。危なっかしい感じがして。
年齢を重ねても純粋な気持ちでいられるかわからないけど
努力はしていこうと思いました。

[7537] だいし さん(fwip.yutaka@nifty.com) 2003/09/27 Sat 22:14:29
 はじめまして、村上春樹作品で卒論を書いている大学生です。村上作品における音楽について研究
しています。
 1979年、「風の歌を聴け」が発表された当時の文壇はどんな評価をしていたのだろう、と思
い、調べてみましたが、家のPCからはマガジンプラスにアクセスできずで気になったままです。
 高校生の時から好きで読んできたけど、いざ研究対象になるとなんだか変な感じです。

[7536]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/09/26 Fri 23:21:50
 こちらの返事が大幅に遅くなってごめんなさい。

◎雄大さんへ
 読書感想文に「ねじまき鳥」は、なかなか難しいような気がします。枚数制限に引っかか
りそうな。

◎アルカンジェリさんへ
 個人的には、冬の方が村上作品を再読したくなりますね。「世界の終り」は特に冬のイメ
ージが強いからでしょうか。

◎ゆんたろべさんへ
 「模倣犯」はあの分量ですから、読了おめでとうございます。でも、終盤になってくると
「まだまだ続いてほしいなあ」と思いつつ読んでいました。

◎サトシさんへ
 その2作を読むと、勢いで「ダンス」も読んでしまいそうですね。何年ぶりかで再読する
と、当時読んだ時の事も思い出しませんか?

◎べらみーさんへ
 さすがに「スプートニク」は読み終わった頃でしょうか? 夜中電話が来て、あんなすぐ
対応出来るのは凄い、と本筋と違うところで感心したのが印象的です。結構好きなんです、
深夜の電話。

◎ウラキさんへ
 はい、初めまして。
 こちらは5年振りに再読したのですね。別に経験が全てではないですけど、ある程度経験
を積んでから読むと、あの時は分からなかったけど、こういう事か、というような発見もあ
って、なかなか新鮮です。

◎黒猫館館長さんへ
 はい、初めまして。いきなり「ねじまき鳥」は、村上春樹作品初読みとしては、ちょっと
きついかもしれません。クロニクルという名前通り、ある時点までの集大成のような話です
し。他の作品を読んでみると、こういう事だったのかと腑に落ちる部分もあると思いますの
で、楽しんで下さいね。

◎洋子さんへ
 はい、初めまして。お褒めの言葉、ありがとうございます。最近さぼりがちですが、ぼち
ぼち更新していきますね。
 「ダンス」は、ステップを踏み続けるんだ、というモチーフが好きです。村上長編の中で
もかなりテンポの早い作品なので、再読するのも楽しいですよね。

◎PSBさんへ
 こちらも初めまして。ずっと村上作品を読んできて、「ねじまき鳥」が出た当時はびっく
りしました。まさか村上作品で正面から戦争や暴力がモチーフの一つになるとは思わなかっ
たので。確かにあの辺りから、作風が変化してきたし、これからもどう変わるか楽しみです
ね。

◎ロビンズネストさんへ
 宮部みゆきも結構長い事読んでいますが、ほぼ全作品お勧めです。「火車」「レベル7」
「魔術はささやく」辺りの初期三部作が入りやすいかと思います。乃南アサは数冊しか読ん
でいないので、詳しくはないんです。機会があったら読んでみますね。

◎おりえさんへ
 「トキオ」は、私も少し泣けました。どの場面かは秘密です。
 新井素子は、13歳の時から読んでいるので、かれこれ21年間愛読してますが、やっぱり読
み手の私が変わったのと、新井素子自身の変化が合わなくなってきたのかもしれません。で
も新刊出るとやっぱり読んでしまうんですが。

[7535]水月 さん(mizukimoon@hotmail.com) 2003/09/24 Wed 05:14:47
こんばんは。
村上春樹の本を読んでいると、
いろんなものがいろんな形で、
また、意外なものが、意外な形でリンクしています。
世の中がこんな風に、繋がっていたり、影響しあっていたりと思ってしまいます。
 
当HPに村上春樹のコンテンツはありません。
ただ、互いにリンクしていたいと思います。
どうか、相互リンクお願いします。
宜しくお願いします。
ではでは。

[7534] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/09/23 Tue 22:50:59
 皆さん、こんばんは!
 10月に大阪に引越し予定で、現在ネットで部屋を探している最中です。
 結構ムズンシイ条件なのですが、探せばあるものです。
 引越し準備の為に色々やる事があり、本も余り読めません。うっ、うっ・・・。
 引越しに向けて本を間引きしていましたが、15箱くらいあった本は8箱くらいに
減りました。手離した本は成仏してほしいです。

 では、また!

[7533] つばめひこうき さん(BYY05367@nifty.ne.jp) 2003/09/23 Tue 19:15:29
お久しぶりです。
久しぶりに来てみたら、初めての方もたくさんいて、春樹さんのファンが多いってことしみじみ感じ
ています。
今日、爽快な秋晴れの中、稲刈りをしていたのですが、今は機械がものすごくいいので、今日のノル
マをすばやく終了し、近所の書店へ頼んでいた月刊誌を取りに言ったら、なんか春樹さんの雑誌と
か、春樹作品と同じタイトルの若手作家が書いた作品がいろいろ置かれていました。
「なんなんだ?」
と思い、手にとって見たけど、どうも買う気になれず、そのまま当初の予定を果たし帰ってきまし
た。
わかる人はわかると思いますが、読んだ方いますか?

>フィービーさん
私は「ライ麦」も「ノルウェイ」も何度も読みましたが、アメリカをぶっ潰したくなったことはないで
す。帝国主義者でもない代わりに、共産主義者でもない私なので。
「ノルウェイ」をはじめて読んだのは、同じ高校生のときでした。(って言うか、そのときに出たんだ
けどね。あ、年がわかってしまう・・・。)
読み終わったとき、死んでしまいたくなりました。なんとなくね。
アレから何十回もこの作品は読み返しました。今は死にたくなりません。
もしかしたら、年を取ればアメリカをぶっ潰したくならなくなるかもしれませんね。

[7532] コロ助 さん(moonwalk16@jeans.ocn.ne.jp) 2003/09/22 Mon 17:51:08
ついこの前ダンスダンスダンスを読み終え、今世界の終わりとハードボイルドワンダーラン
ドを読んでます。ダンス〜〜〜〜のゆきに惚れました。こんな頭がいい中学生なんているの
か?(16歳なのでロリコンではない)頭の中の漠然とした感覚や感情などを村上さんは上手
く表していてすごいです。

[7531] 美子 さん(http://ym58ito@sweet.con.ne.jp.) 2003/09/22 Mon 11:04:23
バースデイストーリーについて、あらすじを教えて下さいますか?
初めての書き込みで、とても図々しいですが・・・
よろしくお願い致します。


[7530] りょういち さん(cpk-dog@agate.plala.or.jp) 2003/09/22 Mon 01:48:28
 こんなホームページがあったんですね。春樹好きの僕にはとってもうれしいことです。小説も好
きなんですが村上春樹のエッセイとかも大好きで、今は「村上ラヂオ」を楽しく読んでいます。
 僕自身も村上春樹さんに大きな影響を受けて小説を書いたりするようにもなりました。マッキン
トッシュじゃないけれど(笑)
 そんなわけでよろしくお願いします。


[7529] アキ さん(to-roro@mail.goo.ne.jp) 2003/09/21 Sun 16:26:16
こんにちは。豪快にクビを寝違えてしまって家で大人しくいている日曜日です。うぅ。正直、かなり
痛いのですが、病院はお休みだし、救急病院に行くほどではないしで、なんともはや…って感じです。
お隣のBARで書かれていました「最近は本棚は売れない」みたいな話題ですが、本好きには考えら
れない話ですね。シンプルで小回りのきく優秀本棚を求めて日々さすらってる本好きはゴマンと(か
どうかは分かりませんが・笑)いるのに。まったく。で、本周辺アイテムつながりなんですが、最近
雑貨屋さん系に行くとブックカバーが売っているコトが多い気がします。なので、ヤングの間で読書
はアリ、ってコトになってきたのかっ?!と勝手に思っていたのですが、どうなんでしょうね。単に
秋だから?(笑) かくいう私も買ってしまいました、ブックカバー。フフ。カスタードクリームのよ
うな淡い黄色で、厚手のコットン素材。手にしっくり馴染む感じが気に入ってます。本好きの友達に
も贈ろうかなーとも思ったのですが、でも突然そんなコトするとあらぬ誤解を生むかな…とかイロイ
ロ考えているうちに面倒になってやめました。気苦労クイーン(笑)。そんなこんなで、この秋冬は
「屈託のなさ」をテーマにしようかと思う秋の午後です。では。

[7528]水月 さん(mizukimoon@hotmail.com) 2003/09/21 Sun 06:17:56
はじめまして。
こんなサイトがあるのをはじめて知りました。
僕は最新作より、昔の作品を今読み返しています。
良い本は、読むたびに味が出てきます。
昔と感じ方が違ってきます。
だから、繰り返し読んでいますが、とても、面白いです。
とうHPにも遊びにいらしてください。
メールマガジンもやっています。
よろしかったら、どうぞ。

[7527] ハル さん(haru0248@hotmail.com ) 2003/09/20 Sat 17:51:02
「FLY,DADDY,FLY」を今日読み終えました。
金城一紀さんの小説は初めて読みました。魅力的な登場人物が沢山でてきました。
主人公は47歳のサラリーマンだけれど、
主人公とかかわる男子高校生の集団がいい味だしていて若い感じもしました。
八景島シーパラダイスも出てきて10年前くらいに行ったなぁと懐かしく読みました。
金城一紀さんは本間さんの一つ年上で「GO」と言う小説で直木賞をとっていました。
ネットで顔も見てみたら、そんなにハンサムじゃないなぁと思いましたが
インタビューで答えていることなど、好感がもてていいなと思いました。
そんなこんなで「GO」のレンタルビデオを借りてきたところです。

[7526]こうちゃん。 さん(kou1chan@saku2.com) 2003/09/14 Sun 14:51:25
本間さん。そしてみなさんお久しぶりです。
自分は、3連休利用して小旅行しながら読書にふける予定組んでいたんだけど、台風を考慮
して諦めたら、寝ている間に去っていってしまいました。うーんなんだかなぁ。天気もいい
し今日はドライブだぁ!ところで『エドウィン・マルハウス』読まれた方おりますか?

[7525]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2003/09/12 Fri 04:57:01
本間さま、みなさまのカキコをみさしていただいて、なんだかこの季節
「夏の終わりと秋の始まり」に春樹作品を読み返したい方が多い気がします。
ごたぶんにもれず、僕もそうなんですが・・・(爆。(*^▽^*)

[7524] ゆっこ さん(yukko-) 2003/09/11 Thu 02:52:34
はじめまして。ゆっこです。ダンスダンスのいるかホテルの男の人が「白鯨」のように何かを探し求
める人生というものに憧れる姿が何となくずっと心に残っていてやっと「白鯨」読み始めました。
時々スターバックスで読んじゃったりして。でもタバコがすえなくていらいらしちゃったりして。

[7523] フィービー さん(sonotewo@hotmail.com) 2003/09/09 Tue 23:18:43
 今初めてノルウェイの森を読んでいる高校生です。それで、ふと疑問に思ったのですが、この小
説はライムギ畑に似ていると思ったのです。
 たとえば、ミドリはまるっきりホールデンの口調ですよね。そして、髪型なんかもツンツン頭で
似てるし。ちょっとキレテルところも似ています。
 そして、突撃隊はにきびをいじくっているアックリー
 さらに、永沢さんは、一緒に住んでいた・・名前を忘れちゃったけど・低能とか呼ばれていた少
年
 ナオコは、ホールデンの初恋の人でチェスをよくした女の子。
どこが似ているかというと、こっちは彼女のことを好きなのに、彼女のほうはこちらを決して愛し
てくれない・・ということですかね。

 さらに他の場面ではたとえば、シスターがでてきたり。夜明けに女の子と一緒に喫茶店にいった
りですね。けっこう似てる場面があったりします。
 春樹さんが最近cather in the lie を翻訳したのは知っていますが、まだ読んでいません。
 なぜこんなに似てる場面があるのでしょうか。彼はライムギになにか特別な感情があってlワザ
とそうしたのでしょうか。それとも、無意識にライムギの作風が入り込んだのでしょうか。
 なんか、ノルウェイの森をよむと、ライムギを読みたくなります。そして、どちらの本を読んだ
後も、人生の奥ゆかさを知ると同時に、世の中のことを深く考えたりします。
 しかし、方向性は2つの本で異なります。
 ノルウェイの森は、楽観的に
 ライムギのほうは、悲観的に
理由は簡単です。自分を芯から信頼してくれる(ミドリ)みたいな人がいる。だから頑張ろう
他方、ライムギのほうは、世の中みんな「インチキ」やろうばかり。だから、自分の殻に閉じこも
ろう。

 うーん、とくにライムギを読んだあとは、アメリカの自爆テロなんかをしたくなりますね。アメ
リカなんか、インチキだ。だから、ぶっつぶしてしまえ。と
 思うのですが、ライムギは「危なく」ないですか? 何回も読んでると犯罪をするようで。ちょ
っと怖い本ですよね?何回か読まれたかたはいますか?

 
 

[7522] 堀川晶 さん(ahorik20@student.scad.edu) 2003/09/09 Tue 06:31:48
村上春樹の英訳版Dance,Dance,Danceについて 質問があります。まだチラッと目をとおしただけで
 僕の早とちりなのかも知れないんですけど、日本語の方にあって英訳版のほうに無い個所がある気
がするんですが気のせいでしょうか?文庫本の16ページあたりからしばらくの文が見当たらないん
です。こういうことってありなんですか?僕にとってその辺の文があるのと無いのとではすごく意味
が違うのでちょっとショックでした。誰かこの事に着いて何かしら知ってることがあったら教えてく
ださい。

[7521] リョウ さん(ryo@sweet-69.com) 2003/09/09 Tue 05:15:29
本間さんお久しぶりです。名前が変わってからは初めて書き込みします(多分)。
先日美容室で何気にページをめくっていたら、春樹さんが樺太へ行ったレポートみたいなの
が載ってました。釣りをなさったり、バーベキューをなさったりしてました。
なんの雑誌だったかは忘れてしまいましたが、なかなか面白かったです。
最近は本がなかなか読めない症候群でありまして、足が遠のいておりました。
久しぶりにプロフィールを見たら、32歳のままになってましたよ!(笑)

[7520] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/09/08 Mon 22:51:17
 皆さん、こんばんは!
 久々に読書が出来ました!東野さんの「トキオ」を読み終えホヤホヤです。
 正直な所、あまり期待して読んだわけではないのですが、読んで数ページで、
目がウルウルしてきました。この作品を読んでいて、誰かを愛する事でひどく悲しい
目に合う事があっても、その人が「いない世界」よりも「いた世界」の方がいいんだ
うなと。後、舞台が大阪なのですが、今度大阪に引っ越すのでちょっと嬉しかったです。

 初めましての方が多いようですね。よろしくお願います。

 本間さん、新井さんの小説はツボに入らないっすかあ。確かにわくわく感は薄れているかな。
 ちょっと地面に足がついている感じはしますね。私的には最近のも結構好きなんです。作品にもよ
るのですが・・・・。「チグリスとー」は堪らなく好きですね。読み手側が変わるというのはありま
す、あります。それが大きいのかも知れませんね。
 お仕事大変そうですが、心身共気をつけて下さい。

 では!

[7519] ロビンズネスト さん(sengang@ma.medias.ne.jp) 2003/09/08 Mon 19:10:07
 どうも今晩は。まだまだ暑いですね。
僕は蚊に刺される体質なので早く我が家から蚊がいなくなってほしいです。

さて、皆さんがよく話題にされている宮部みゆきが読みたくて図書館に行ったんですが、あいにく全
部貸し出し中でした。で、乃南アサを始めて読みました。面白かったです。2冊借りたのですが、そ
の一冊の『不発弾』という短編集が秀逸でした。
短編ということもあってか、どんでん返し具合が江戸川乱歩のようでした。シリアスなミステリーと
いうよりは、どちらかというと「人情もの」の作品が多かったです。
最近のヒットです。この『不発弾』おすすめです!(既出でしたらすみません)

[7518] PSB さん(jocool@fo.freeserve.ne.jp) 2003/09/08 Mon 17:38:31
はじめまして。

さきほど『ねじまき鳥クロニクル』を読み終わりました。様々な感想や意見があるみたいですが
『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』で村上さんが指摘していたとおり発表された当時よりも
今現在、読んだほうがより具体性がみいだせる作品なのではと思っています。
暴力や痛みというのは、まさに今を表すキーワードではないでしょうか?レディオ・ヘッドのトム・
ヨークが指摘していた通り「ひとや組織に取り憑いて、本来のあるべき姿を変えてしまうもの」の存
在を予見していた作品だと思いました。

[7517] 洋子 さん(otera@po1.ctt.ne.jp) 2003/09/07 Sun 19:48:45
本間様、皆様はじめまして。素適なHPですね。なんだかどきどきしてしまいます。春樹さんの本と
は4年前の高校1年生のときに出会い、それ以来色々な場面で助けられています。「ダンス・ダンス・
ダンス」は特に好きな作品です。読みなおす度に人生の中で大切な事を気づいたようにも思います。
今日は大事な人にかなりひどいことを言われ傷ついているので、このHPに出会えた事で少し元気に
なりました。
>ウラキさん、私も先日「風の歌を聴け」再読していました。夏の終わりはついつい読んでしまう作
品なのです。いいですよね。

[7516]黒猫館館長 さん(kuroneko@cna.ne.jp) 2003/09/07 Sun 01:19:32
管理人様、皆様はじめまして。

今回、初めて村上春樹の小説である『ねじまき鳥クロニクル』を読了して
思わず筆をとった次第であります。正直なところこの小説がなにをいいた
いのかピンとこないのですが井戸を掘る話や満州の話や壁を抜ける話など
がそれぞれあまりにもインパクトがあるので一気に全部読み通してしまい
ました。登場人物では「綿谷ノボル」の悪役ぶりが気に入っています。

さてこの『ねじまき鳥クロニクル』を読んで村上春樹という作家に興味が
湧いてきました。次は『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』
を読んでみようと思います。このHPも時々覗かせていただきますので今後
ともよろしくお願いします。

[7515] ウラキ さん(byxxs067@ybb.ne.jp) 2003/09/06 Sat 23:57:14
本間様 皆様はじめまして
夏も終わっていく中で、「風の歌を聴け」〜「羊を・・・」の3部作を大学卒業以来5年ぶりに
読み返してビールを飲みながら、たまらなく哀しい気持ちになったり、懐かしい10代を思い出したり
していました。初めて村上春樹ワールドにはまったのは、大学2年の時。「僕」「ワタナベ君」を自
分にダブらせながら読んでた頃をおもいだしました。

今では、心の中で「キーポイントは弱さなんだ」とか言いながら仕事をしています。

これから徐々に秋に向かっていきますが、物寂しい気分に浸りながら、読み直したいなーっておもて
ます。



[7514] べらみー さん(jandmetaphor@aol.com) 2003/09/06 Sat 00:02:45
レスのありがとうございます。そうなのです、まだ読んでいないのが結構あるのでウホウホです
(笑)こちらのサイトは村上春樹さん以外の本も結構紹介されてて、非常に読書欲がわきます。
現在「スプートニクの恋人」を読み始めたところです。読んでから感想を書いたほうがいいのかも知
れないなと思ったんですけど、何だかここが気に入ってしまいまして思わず書き込んでしまいまし
た。
ちなみに「海辺のカフカ」最高でした。出会えて嬉しかったです。
87人待ち・・・・すごい!

[7513] サトシ さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2003/09/05 Fri 22:37:11
なぜだかここ2週間で「1973年のピンボール」と「羊をめぐる冒険」を再読しちゃいまし
た。この前読んだのがもう何年も前なので結構勘違いしてたところが多かったです。さて次
はダシール・ハメットの「赤い収穫」(red harvest)の予定です。

[7512] ゆんたろべ さん(yuntarobe@aol.com) 2003/09/05 Fri 19:10:58
目が痛くなりましたが「模倣犯」面白かったです。宮部さんて何もかもすべて伏線になっていくので
気を抜いて読めません。あー!ここがここに繋がるか!!って感じです。
あれだけの人数をきっちり書くのはすごいですよね。
たぶん映画ではあそこまで書けてないと思うので、見ないほうがいいのかなとも思います。
図書館では「次の方がお待ちなんでなるべく早めに」とせかされてちゃんと3日で返しました。
ちょっと疲れました。「海辺のカフカ」は後87人待ちです。辛抱します。

[7511]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2003/09/05 Fri 04:27:25
 本間さま、みなさま☆

 おひさしぶりです(∩.∩)
読書の秋・・・食欲の秋・・・ですね(*^▽^*)
アルの一番好きな季節です。
村上春樹の「羊をめぐる冒険」や「ノルウェイの森」が読み返したくなる季節です★

残暑お見舞い申し上げますm(__)m

[7510] 雄大 さん(yu-dai-absent-from-school.@docomo.ne.jp) 2003/09/03 Wed 18:54:39
 読書感想文、まだ書いていない人、いますか。
「ねじまき鳥クロニクル」で、書いてみませんか。
 テーマは、なぜ、主人公の「僕」は綿谷ノボルを憎むことになったのか。
 ヒントは、どちらに感情がないのか。人間的であるとは、どちらの状態が望ましいか。
 どちらも、人間なんですけれど、ユング心理学の解釈ではベクトルが逆なんですぞー。
 以上、書くきっかけになってくれたらいいな。

[7509]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/09/03 Wed 13:55:58
 今日は完全休みなので、夜にでも更新します。

◎おりえさんへ
 あまり書き込みがない? 私も更新さぼってますからね。
 新井素子は、ここ10年の作品は、昔みたいなわくわく感がないんですよ。書評本は面白か
ったけど、小説はツボに入りませんでした。読み手の私が変わったというのも大きいのか
も。私がここ一年ばたばたなのは、仕事よりも組合執行部をしているからです。完全休みの
日がないと、言われる通り精神的に参りますよね。

◎ゆんたろべさんへ
 「模倣犯」と「ドリームバスター」を3日で、というのは結構難しいですよね。さくさく
読むモードになっていればいいでしょうが、今日は本読む気分じゃない、という期間に当た
ったら、なかなか進まないでしょうし。お疲れさまでした。でも「模倣犯」なら、大変でも
読む価値は十分あるかと思います。面白かったですか?

◎ゆらりさんへ
 はい、初めまして。
 村上さんの長編は10作しかないので、わりとすぐ読めると思います。お勧めの読む順番に
ついては、トップページから「私的ブックガイド」にまとめてありますので、良かったらご
覧下さい。短編集だったら「カンガルー日和」か「中国行きのスロウ・ボート」をお勧めし
ます。

◎伊東さんへ
 はい、初めまして。
 という事は、今沖縄に旅行中なんですね。羨ましいです。村上さんは、ずっと個人の物語
を書き続けている、とご自分でも言ってますし、そのモチーフの一つに喪失感があります。
それが心の中の一番柔らかい部分に触れるのでしょう。無くしてきたものは、ある年代にな
ると、あまりにも多いですよね。私の場合は、こんな感じでしょうか。

◎べらみーさんへ
 はい、こちらも初めまして。
 自分に合う作家を見つけるのは幸せな事です。その中でも合う小説の場合、左手の残りペ
ージが少なくなるにつれ、寂しくなるというのは、すごく良く分かりますよ。年に数冊は、
この作品世界が永遠に続けばいいのに、と思う本に出会いますし。しかし、その3作しか読
んでないという事は、まだまだ未読がたくさんあって、幸せですね。羨ましい。高校生の時
初めて「世界の終り」読んだ時は、興奮して眠れなかった記憶があります。

◎southさんへ
 何があったか分かりませんが、へこんでいるのですね。まあ、そういう時期もあります
よ。結構思いこみでそうなる時もあるので、いろいろアクティブに動いてみるのも、じっと
しているのも、southさん次第です。いろいろ経験してみて下さいね。

[7508] south さん(minamihime_sleeping@yahoo.co.jp) 2003/09/02 Tue 23:39:43

素直に謝ってるのに誰も私に振り向きもしてくれないような気持ちです。
自分が思ってるよりもずっとみんなに嫌われているのかも。

すみれがいってしまった場所に私も行きたいです。

[7507] べらみー さん(metaphorandj@aol.com) 2003/09/02 Tue 11:29:07
始めまして。春樹さんの本を読むようになってからちょくちょく覗いていたのですが、やっと書き込
むにいたりました(遅い!)
友人があまりにも褒めるので村上春樹さんの本を試しに図書館で借りたのですが・・・「良い!!」
もうページがすすむにつれ、「ああ、少しずつページが少なくなってる」と寂しくなるくらいでし
た。アタシは短編集のほうが好きなのですが、長編もかなり好きになりました。以前は太宰はまりま
くってたんですけど、今は春樹さんに夢中です!
まだ「レキシントンの幽霊」と「カンガルー日和」「海辺のカフカ」しかよんでないですが、これか
ら制覇していきます!「少年カフカ」ももちろん買いました。
これからもちょくちょく書き込みをすると思いますがよろしくお願いします。

[7506] 伊東四朗(仮名) さん(toshiro.i@excite.co.jp) 2003/08/31 Sun 02:28:40
本間さん、皆さん、初めまして。今までもチョクチョク見させてもらっていたのですが、
筆(?)不精なもので、初めて書き込みさせていただきます。
今年の2月頃からハルキ(愛を込めて敢えて呼び捨てにさせていただきます。御容赦)
を読み始めた超初心者です。
友人に「かえる君東京を救う」をすすめられたのがきっかけで、そこから「ノルウェイ」に
進み、今では「アンダーグラウンド」以外はほとんど読んでしまいました。
なぜここまで「ハルキ」にはまってしまったか?
それは、読後にこんなにも「切ない」というか、とにかく魂の揺さぶられる作家に出会った
のは初めての経験なんですね。32歳にして・・
僕が好きなのは長編では「ねじまき鳥」と「海辺のカフカ」、そして短編では断然「4月の
ある晴れた朝に100%の女の子に出会う事について」です。
僕は読んだ後にけっこう沈むというか、落ち込むというか、ブルーな気持ちが続くことが多
いのですが、皆さんはいかがですか?
特に「4月の〜」では、つい最近似たような経験をしたことがあって、かなーり凹んでしま
うんです。
ところで明日から沖縄に行ってきます。ピナ・コラーダをイッパイ飲んでこようと思いま
す。(「ダンス〜」みたいに・・)
もちろん、「ハルキ」の本は必携ですよね。
では、また書き込みします。長文失礼いたしました。

[7505] ゆらり さん(yurali@mail.goo.ne.jp) 2003/08/29 Fri 02:35:07
はじめまして!ゆらりと申します★
私は今、読書にハマっていて、村上先生の作品も是非読んでみたいと思い
書き込みさせていただきました!
でも私は村上先生のことをよく知らないので、なるべくなら初心者でも読
みやすいお勧めの作品等を教えていただきたいんです。
自分勝手なお願いですみませんが、よろしければ教えてください(>_<)
それでわ。またきます♪


[7504] ゆんたろべ さん(yuntarobe@aol.com) 2003/08/28 Thu 23:33:52
夏休みに山本周五郎全集を5巻まで借りてきました。
その後すぐに模倣犯とドリームバスターも入りましたという
連絡がきたので、再び図書館へ行きました。
うーん、さすがに3日で読むのはきつかったです。
お盆中は涼しかったので、その辺はかえってよかったですけど。
(家はクーラーがないので。)

[7503] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/08/28 Thu 23:27:18
 皆さん、こんばんは!
 久しぶりに来たのですが、あまりカキコかがなくちょっと寂しいですね。
 今、新井素子さんの「ハッピー・バースディー」を読み終えました。
 この方は「狂気」を書かせたらとっても上手いですね。静かな狂気が上手い!
 ただ今作品はちょこっと竜頭蛇尾っぽかったかな。でも新井さかんの作品読めて
楽しかったです。

 本間さん、本間さんもお疲れ様です。6勤務はつらいッスね。
 仕事はそんなにハードではないので肉体的にはそうでもないのですが、やはり
精神的なものですね・・・・。
 「今日を1日大切に生きていこう・・・」と「6連勤務」にはなるべく目を向けない
ようにして一日一日自分をごまかしていました。
 「水の眠り-」は番外編だったんですね。本編余読まないと・・・。

 では!


[7502]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/08/27 Wed 02:08:11
 8月も終わりになって、ようやく夏らしくなってきました。

◎ハルさんへ
 20歳の誕生日かあ。何してたかなあ。学生の時だし、もう忘れちゃったかな。その頃の事
は、いろいろ恥ずかしくて忘れたいというのもあるけど。
 ハルさんの今年の誕生日はもう終わっちゃったんですね。じゃあ、来年お祝いしてあげま
すよ。

◎モミジさんへ
 はい、ありがとうございます。34歳になったんですが、さっぱり成長してないですね。経
験と知識だけは増えますが、それに見合った大人になりたいものです。

◎サイモンさんへ
 はい、初めまして。「ノルウェイ」が出たのは私が高校3年生の時でした。歳は上に書い
てあります(笑)。それ以来何度も再読してますが、心が柔らかい学生の内に、村上さんの
小説に出会えるのは幸せな事だと思います。何か分からない事とかありましたら、いつでも
どうぞ。

◎おりえさんへ
 6勤は辛いですよね。組合関係で休みでも出ているので、私も6勤4日目でした。「水の
眠り」は、桐野夏生の中でもかなり好きな小説です。ミロシリーズ番外編なので、直接続き
はないですが、本編をお楽しみ下さい。
 キングの映画化では、ベタですが「スタンド・バイ・ミー」が好きです。少年の冒険物と
いうのは、アメリカ小説には傑作多いんですが、マキャモンの「少年時代」もいいですよ。
こちらは映画化されていないですが。

[7501] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/08/20 Wed 23:36:00
 皆さん、こんばんは!
 やっと6連勤務が終わり。久々の休日を満喫しております。
 今日は気持ち良く布団が干せました!(ここ最近休日は雨が多かった・・・・)
 桐野さんの「水の眠り 灰の夢」を読みました。続きが読みたいと思いました。
 でも最近、図書館に行けないので難しそうです。

 本間さん、かなり遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。
 原作ものがある作品の映画化はホント難しいだなと、「模倣犯」見て痛感しました。
 今まで見た映画の中で原作と映画が仲良く結ばれているなあと思ったのあまりないですね。
 でも、赤川次郎さんの「ふたり」宮本輝さんの「幻の光」桜井亜美さんの「イノセントワールド」
は別格ですね。
 「ふたり」は正直言って映画の方が素晴らしいかったですね。
 「幻の光」は芸術性の漂う仕上がりで感嘆しました。
 「イノセントワールド」は原作と設定と基本的な話が一緒だけで後は前々違っていたのに、
原作と映画は同じ音色を奏でていてビックリしました。
 キングさんの映画化された作品の中では「ショーンシャンクの空に(合ってる?)」が好き
です。これは原作は短編なんですよね。

 では!では!


[7500] サイモン さん(harukun@mail2.dnet.gr.jp) 2003/08/20 Wed 20:27:23
皆さん初めまして。そしてこんばんは。学生をしています、サイモンと申します。村上さん
の本に最近はまっています。1年振り位に、昨日『ノルウェイの森』を読破しました。回数
を重ねていく程に村上さんの文章には感無量です。現在は『スプートニク』を読んでおりま
す。学生の内に村上さんの作品は全部読破したいと思っています。初心者ですが、どうぞ宜
しく。

[7499] モミジ さん(momizi@m2.dion.ne.jp) 2003/08/19 Tue 22:38:08
こんばんは。本間さん。
お誕生日おめでとうございます。
私ももうすぐ誕生日ですが
この年になると手放しで喜べないような。
いくつになってもエイジレスな人に憧れますね。

>Southさん
"チョコレート"、私も好きな映画のひとつですね。
観ていて胸がズキっとしたことを覚えてます。

[7498] ハル さん(haru0248@hotmail.com ) 2003/08/19 Tue 22:34:50
こんばんは、本間さん。
バースデーストーリーズの春樹さんの書き下ろしの
「バースデーガール」は、二十歳の誕生日を迎える女の子にお勧めだと思います。
私もすれてしまっているからか、この話は夢がありすぎました。

最後の春樹さんの後書きの
そして願わくばよき誕生日をお迎えください。
と言う言葉がよかったです。
今年の誕生日は期待していた人からお祝いがなかったので少し淋しい気分でした。
そんな私に春樹さんの文章がやさしかったです。

[7497]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/08/18 Mon 16:06:10
 明日の夜にでも更新いたします。

◎yさんへ
 そういえば、「少年カフカ」か何かで書いてましたよね。今度、本屋で見てみる事にしま
す。情報、ありがとうございました。

◎おりえさんへ
 「模倣犯」は、まあ映画は別物という事で。見てないので、何とも言えないのですが、ほ
とんどが映画化されているキングの場合、原作が短編だといい映画が多いです。長編は、う
ーんという出来ですし。本人が監督したものも、ファンには不評だったみたいです。
 高野和明の2作目は読んでみると分かります。ねたばれになっちゃうので。若竹七海は好
き好きでしょうが、最近新刊出ないのが寂しいですね。

◎ロビンズネストさんへ
 なるほど。私も初読時は「?」と思った事もあったので、再読したくなってきました。
 「ピンボール」の位置づけですか。私は、変わらないモチーフである「喪失感」が一番良
く現れている作品だと思います。だから結構好きでよく再読しているのですが、作品投票を
見ると、あまり人気はないみたいです。

◎southさんへ
 台風の日は函館にいたんですが、かなりの土砂降りで凄かったです。でも、今年は冷夏だ
と言われているし、勉強ははかどるのではないでしょうか?

◎ゆんたろべさんへ
 上下巻だし、結構時間かかるのでしょうね。個人的には、図書館には絶版、品切れの本を
重点的に置いてほしいです。全集もそうですね。新刊書店で手に入らない小説、かなりあり
ますし。

◎つかさんへ
 夏休みは、もう終わってしまいました。残念です。
 「ピンボール」は、208と209がアクセントになってますよね。あの二人がいなかったら、
ただのもの悲しい物語になってしまったかもしれませんし。
 カウンターは、666666の時になんかしようと思ったんですが、終わってました。7ゾロの
時に何か考えます。

◎☆★☆さんへ
 その、原稿用紙4、5枚という指定の仕方は面白いですね。宿題っぽいです。ちょっとこ
こでは長すぎると思うので、興味のある方はメールしてみて下さい。

◎こうちゃんへ
 今は夏休み後半なのでしょうか? 毎日天気悪いですよね。その分読書ははかどりました
か? なんか雨降っていると会社行くのが面倒です。

◎よこさんへ
 その部分の描写は覚えていないのですが、そういう発見があると面白いですよね。馴染み
のシリーズを読んでいると、その辺りの地名はお馴染みになってくる感覚も好きです。

◎ひろたかさんへ
 最近出たリミックスシリーズですね。「歌舞伎町の映画館」、という描写があったんです
か。出来れば「新宿の映画館」にして欲しかったです。何となくですが。あの短編、かなり
好きな短編なので、私は小説のまま、そっとしておいてほしいなと思います。

◎ハルさんへ
 はい、ありがとうございます。
 「サリンジャー戦記」、確かにイノセントという言葉の頻度高いですよね。「バースデ
イ…」は、20歳の誕生日を迎える方には是非読んで欲しいとは思います。私は、もうすっか
りすれてしまいました。

[7496] ハル さん(haru0248@hotmail.com ) 2003/08/17 Sun 21:52:53
こんばんは、本間さん。
お誕生日おめでとうございます。

最近やっと本を読む余裕がでてきたので
遅ればせながら「サリンジャー戦記」を読んでいます。
あと80ページくらいで読み終わります。
イノセンスという言葉がたくさん出てきて印象的でした。
サリンジャーにも興味が沸きました。
春樹さんがサリンジャーの他の作品も翻訳することがあったら
また読んでみたいと思いました。

春樹さんの「バースディ・ストーリーズ」は誕生日に読むのも乙なものだと思います。
あとがきの春樹さんの言葉は、誕生日の人の気持ちをあたたかくしてくれると思います。

[7495] ひろたか さん(hirotakab@livedoor.com) 2003/08/17 Sun 10:42:26
拝啓、古川登志男の「中国行きのスロウボートリミックス」を読んだ。「誇りを持ちなさい」のとこ
ろから少し泣いた。自分はエッセイばかりで小説はあまり読まないからかな?第1のガールフレンド
が亡くなって、何か自分の大切なものが失われたかのようなダメージが続いている。また、彼女が8
3年くらいに「ポルターガイスト」「ET」などを見ていたのかなと思うと又泣けてくる。彼女が歌
舞伎町の映画館などに通っていた可能性は大きい。同じ空間にいた女の子かもしれないということ
と、あれからずいぶん時間がたってしまったという事にほろりとする。(自分は年上なんだけれども
ね)テレビドラマでも作ってくれるとうれしい。

[7494] よこ さん(atakauji@hotmail.com) 2003/08/15 Fri 21:19:07
今晩は。時間があったのでザ・スコット・フィツジェラルド・ブックを久しぶりに再読しました.そ
の中で村上
さんはスコットフィッツジェラルドゆかりの各地を訪れるわけです。その足跡をYahoo AmericaのMap
で追いか
けてみました.特に気になったのはゼルダ・フィッツジェラルドが晩年を過ごしたメリーランド州モ
ントゴメリ
ーの323 Sayre St.(本の中ではSayer St.となっている)を探したけれどその番地がとうとう見つか
らなかった
という記述でしたが、Yahoo Mapで探すと確かにその番地は有りました.http://maps.yahoo.com/
maps_result?csz=Montgomery%2C+AL+36104&state=AL&uzip=36104&ds=n&name=&desc=&ed=FyJ
d4.p_0ToiRV5fFnJ8b5KVR68FYLTR7u3EY8DdN9XrQwktej9H9tIhZCF.vjyBAyY0n2LwY_dGDdkEYRnLw
KV1doBIwBwisQ--&BFClick=&BFKey=&mag=10
興味の有る方は御覧下さい.既出でしたら、ごめんなさい。

[7493]こうちゃん。 さん(kou1chan@saku2.com) 2003/08/15 Fri 18:45:05
本間さん、みなさんこんばんは!
夏休み前半は、本なんか読まないで遠くにドライブ三昧でした。
今年の夏は、あまり天気が良くない!ってのが非常に悔やまれたけど。
さて、後半は少しは本でも読んでみっか!

[7492] ☆★☆ さん(happygirl@tbe.t-com.ne.jp) 2003/08/14 Thu 10:59:38
村上春樹さんのノルウェイの森の読書感想文を紹介してください♪私はノルウェイの森が大
好きなのですが、他の人の感想文が読みたいのです。私は特に好きな本の感想文などは短い
のが嫌いでせめて原稿用紙4枚か5枚くらいはなければ読みがいがないのです・・・とても
自己中心的ですが・・よければ皆さんのノルウェイの森の感想文を読ませてください!!

[7491] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/08/13 Wed 00:23:01
 前回の書き込みで「暑い!」と書きましたが、あんまりそうでもありません。
 なんか不完全燃焼気味の夏です。
 
 今、桐野さんの「水の眠り、灰の夢」を読んでます。
 読んだら感想書きます。

 では!
 

[7490] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2003/08/12 Tue 12:41:39
こんにちは。
本間さんは夏休みですか。良いですね。

ロビンズネストさんが「三部作を読んでいる方が割りといらっしゃいます」
とおっしゃっていますが、僕もこの前『風の…』と『ピンボール』を
読みました。『少年カフカ』を読み終わったら何故か無性に読みたくなって
しまったんです。何故でしょうね?

『ピンボール』の位置付けですか。難しい事は良くわかりませんが、
双子の女の子が登場するのが何とも好きです。

すみません。あまり読書してないので話題が乏しいですが
カウンターが665555人目だったのでつい…。
本間さん、何かください(笑)。



[7489] ゆんたろべ さん(yuntarobe@aol.com) 2003/08/11 Mon 20:20:06
図書館で「海辺のカフカ」を予約してるんですが、後何人か問い合わせたところ「あと、100人くら
いですね。」と軽く言われました。むう。おそるべし。そういうわけで、今年の夏休みは山本周五郎
全集を読み進めています。

[7488] south さん(minamihime_sleeping@yahoo.co.jp) 2003/08/09 Sat 12:29:52
台風ってなんか好きです。家にこもれるし。。
毎日の予備校のなかで、ビデオや映画だけはしっかり見るようにしています。
それで、、昨日「チョコレート」を借りてきて見ました。見ていない人がいたら絶対見てください!
私的にはかなりオススメです。ちょっとエッチだけど・・・。
ちなみにまだ「ソクラテスの弁明」読み終わってません。
まわりくどすぎて、ページは進んでも話しはぐるぐるになってるようなそんなかんじです。



[7487]ロビンズネスト さん(sengang@ma.medias.ne.jp) 2003/08/08 Fri 16:58:16
  うちの方は台風が目の前まで来ているみたいです。

「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」を読みました。前に読んだときには何を言ってるのかちんぷん
かんぷんでしたが、今回少しは成長したのでしょうか、言ってることも理解しながら読むことが出来
ました。

本文では地下鉄サリン事件や「ねじまき鳥〜」のことについて言及していますが、今読むとイラク戦
争や、小学生の殺人という最近の事件とも言ってることは重なるんじゃないかという気がするんで
す。上手くいえませんが。だから、この本は最近の事件をどう見るかということについてのヒントを
与えてくれると思いました。

話題は変わりますが、最近の書き込みを見ると「三部作」を読んでいる方が割といらっしゃいます
ね。僕も読んでいるのですが、第二部である「ピンボール」をどういう位置付けで皆さん読んでいら
っしゃるのでしょうか。僕はそこら辺がいまいちわからなくて。ご意見聞かせてください。

[7486] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/08/07 Thu 23:24:36
 あつい!暑いっすね!やっと夏らしくなりました。
 
 最近、念願叶って「模倣犯」のビデオを借りました(半額の日でたまたま1本あったのを見つけ
た時は自分の運の良さを神に感謝しやした)。
 見た感想は「原作を読んでいる私にはつらい映画」でした。
 ストーリーと人間関係の荒さが目立って「おいおい」とツッコミ入れたくなる部分が
多かった(あれだけの量を限られた時間の枠に収めるムズカシさはあると思いますが)。
 森田監督はやっぱり作り過ぎのような気がして、見ていて少しうるさく感じてしまいました。
 原作があるものの映画化ってムガカシイのかなあ・・・・。

 本間さん、地震大丈夫でしたでしょうか?高野和明さんは3作も出ているんですね。2作目は
なんで有名になったのでしょうか?
 「模倣犯」を見て「ハル」が懐かしく、改めて素晴らしい作品だったなと思いました。
しみじみ。
 今、若竹さんの「死んでも治らない」を読んでいます。この方はやっぱ短編ですね。
正直な所、長編ものは短編程のキレとカタルシスを感じられないんですね、私。

 ゆめみさん、「13階段」映画でご覧になられたんですか。読む前は読んだらビデオ
で見ようと思っていたのですが・・・。読み終えて、悩んでいる最中です。
 「ラッシュライフ」は確かに好みが分かれるでしょうね。私は好みの味ではなかったかなあ
・・・。好きな方は好きなんだろうなと思いますが。

 では!

[7485] y さん(izushi@msd.biglobe.ne.jp) 2003/08/06 Wed 10:58:53
すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、stereo soundという雑誌で安西水丸さんの
絵で春樹さんの「音楽のある場所」というかなり長いコラムの連載が載ってました。(第2回の今回
はビーチボーイズ)興味のある方は、ぜひ。

[7484]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/08/05 Tue 16:54:58
 ここ数日、ようやく夏らしい天気になってきました。

◎ゆめみさんへ
 伊坂幸太郎はまだ若い作家ですし、メジャーになりつつあるので、これからでしょう。東
野圭吾、真保裕一はいつ取ってもおかしくないんですけどね。謎の選考です。
 連載エッセイの方は、社のサイトには挙がってないですね。連載小説も一定期間だけとか
挙げてくれると、まとめて読みやすくていいんですが。今後の課題です。
 「13階段」は、面白いですよ。トリック部分もなるほどー、という感じですし。

◎kusuoさんへ
 活発な意見交換はいいのですが、あの書き方では単なる全否定ですし、失礼なだけです
よ。もう一度ご自分の書いた文章を、読んでみてはいかがでしょうか?

◎りょうさんへ
 京都のジェイズバーは良さそうな感じでいいですね。フライドポテトは頼みましたか? 
 木屋町って飲み屋さんが多くて、近くに鴨川があるところでしたっけ? 一度だけ行った
ことあります。

◎むぅちゃすぐらしあすさんへ
 「陽気な…」、あの人物と展開、いいですよね。好きな映画をモチーフの一つとして、楽
しんで書いている気がします。
 「サリンジャー戦記」は「キャッチャー」の読後がお勧めです。まあ逆でもいいんですが
セットみたいなもんですね。
 秋田も涼しかったですか。仙台もここ数日ようやく夏です。七夕祭りも明日からです。

◎モミジさんへ
 多分こちらも暑くなってきたので、北海道もそういう頃だと思います。
 日常生活は単調になる分、なかなか普段思う事以外の事を考える事はないですが、そう心
がけている事で意外な発見があるかもしれませんよ。唐突ですが、そういう事を考えさせて
くれる「グレイが待ってるから」伊勢英子、中公文庫をお勧めします。犬の散歩ものです。

◎りんごさんへ
 はい、初めまして。会社員13年生、性別は男です。
 「風の歌」ですね。なるほど、そういう風にも読めますね。本格ミステリでは、謎は論理
的に解かれなくてはなりませんが、文学は読者の数だけ解釈があっていいのです。気になる
ので、久々に再読してみようかな。

◎southさんへ
 今頃は「ダンス」を読んでいるところなのでしょうね。いかがですか? それにしても、
三部作とダンスをまとめて読めるなんて、なんて幸せな事でしょう(強調形)。
 それはともかく、難しそうなレポートですね。学生の時思ったんですが、本読むのがいく
ら好きでも、課題の本って読みたくないですよね。新潮文庫のどれか、とかにしてくれたら
いいのに。

◎アルカンジェリさんへ
 弟さんが優勝したみたいで、おめでとうございます。今はインターハイやってますが、秋
は国体のシーズンになるんですね。スポーツ選手もなかなか大変そうです。

◎ちょんたさんへ
 仙台は震度4弱くらいだったので、特に被害はないです。6は県北の方ですね。ここ数日
は大分静かになって、いい感じです。でも今回の地震で思ったのは、本棚にぎっしり本を詰
め込んだ状態だと、まず揺れても落ちないです。盤石ですね(笑)。

◎アキさんへ
 そちらで東海地震がずっと言われているように、こちらでは宮城沖地震がずっと言われて
います。私は、うちのマンション壊れるくらいなら、会社も壊れるだろう、と楽観視して何
もしてません。体が何ともなければ、何とかなりますって。
 「風の歌」に関してはなるほど。ずっと別人だと思っていたので、何だか新鮮です。

[7483] アキ さん(to-roro@mail,goo.ne.jp) 2003/08/04 Mon 15:15:04
こんにちは。
お久し振りです。本間さん、地震は大丈夫でしょうか。ニュースを見るたびに何となくドキドキして
ます。非常持出し袋とか、ちゃんと作っといた方がイイのかなぁとか思う今日この頃です。

 ↓以下、激しくネタバレです。注意。
りんごさん>はじめまして。「鼠の女」と「小指のない女の子」は同一人物ではないか?というコト
      ですが、私もちょっとそう思いました。というか、理屈で検証するとそう思うのですが
      でも感情的には別人じゃないかなぁと思ってます。ややこしいな(笑)。まずひとつは、
      同一人物だとすると鼠が可哀相すぎると思うから。あと、その後の作品の印象から、鼠
      と僕は好みはかぶらないかなぁと思うからです。もうちょっと理屈っぽいコトを言えば
      終盤、小指サンは手術をするじゃないですか。というコトは、僕と知り合った時スデに
      そういう事態になっていたワケで、そういう時って2人の男性と仲良くなるより、1人
      (それも僕みたいな人)とだけ親しくなるコトを求めるかな、と思うからです。分かん
      ないですけど。 ともあれ、読む時期に(あるいは人に)よって全然ちがって読めると
      いうのは、春樹さんの小説の最大の魅力ですから。折にふれ再読して、どう感じるかを
      比べてみるのは春樹好きならではの楽しみ方だと思います。末永くご愛読ください。
      長文失礼しました。では。

[7482] ちょんた さん(suzaku_reborn@livedoor.com) 2003/08/04 Mon 14:59:56
●りんごさんへ
謝ることなんかないですよ。小説は人によって受ける印象も、感想もそれぞれですから。
だからこういう所でいろんな人の感想を聞いて、「あぁ、そういう読み方もあるんだぁ」
とか思える、そういうのが楽しいんです。
間違いなんかないんですよ。またいろいろ話を聞かせてください。

[7481] りんご さん(marimaririsarisa@prontonet.ne.lp) 2003/08/04 Mon 13:47:08
そうですよねちょんたさん!でもどうしても鼠の女と小指のない女の子が一緒のような気に
なってしまいます〜‥!小指のない女の子が手術のために一週間旅行に行くといったら、次
の日鼠に女にあってくれといわれて、でもそれも止めることになって‥。これはもしかした
ら、「鼠は僕に中絶のことを相談したかったのもあって一度あわせてみようと思ったのだけ
ど、その前に彼女が中絶を決めたからあわせるのを止めたのかな」と、ふと思ったのです。
鼠の小説の中で、ジョン・F・ケネディという言葉が出てきて、小指の女の子も酔ってその
話をしているので‥。これはどうして同じなのでしょうか?また、鼠の癖で指を順番に見て
いく、というのが小指の女の子を暗示しているように感じてしまいました‥。すいません
〜!

[7480] ちょんた さん(suzaku_reborn@livedoor.com) 2003/08/04 Mon 13:18:26
●本間さんへ
仙台の方は地震酷かったみたいですね。震度6強ですもんね。マンションの方に被害はありま
せんでしたか?
本に押し潰されていないか心配です(笑)

[7479] ちょんた さん(suzaku_reborn@livedoor.com) 2003/08/04 Mon 12:58:06
●りんごさんへ
はじめまして、ちょんたと言います。
風の歌を聴けに出てくる鼠と小指のない女の子は別人だと思いますよ。鼠は主人公の友達だ
し、小指のない女の子はそうじゃないでしょう?
この小説は映画にもなっているので(個人的にあまり好きではないのですが…)、その中で
も別人として描かれていました。
もう一度読んでみると、また違った印象が得られると思いますよ。

[7478]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2003/08/04 Mon 02:07:53
〜本の持つ力〜

本間さま、みなさまのおかげです(∩.∩)

昨日、津山で5000M陸上の美作大会が開催されまして。
弟が見事!優勝いたしました(*^▽^*)

有森選手を育てた名コーチさこた先生にもご恩返しができました。

次は国体予選です★

 僕がブック・オフで見つけた稀覯本「世界最強の商人」オグ・マンディーノ著、(原価10100
円を800円でゲット、使徒パウロの逸話がでてくる感動作!)でメンタルなトレーニングも続けて
います(∩.∩)

感性が研鑽しているようです。
家族がそろう日にシャンパンでお祝いする予定です(∩.∩)

[7477] south さん(minamihime_sleeping@yahoo.co.jp) 2003/08/04 Mon 01:36:02
やっと3部作読み終わりました。
夏休みにゆっくり読めて幸せな気分です。
次はダンス!!
・・・けど高校の夏の課題で「ソクラテスの弁明」についてのレポートがあるので
とうぶんダンスにはたどりつけなさそう。。。
はぁ、、、頑張ります。
じゃぁおやすみなさい♪


[7476] りんご さん(marimaririsarisa@prontonet.ne.jp) 2003/08/03 Sun 18:18:55
わたしは大学1年で、りんごといいます。性別は女です。この前初めて「風の歌を聴け」を
読ませてもらいました。感想は、とても言葉では言い表せません〜!そこで質問です!この中
に出てくる小指のない女の子と鼠の女はどうしても同じ人物のように思えるのですが、どう
でしょう!?3部作でほかに鼠の女がでてくるようですが、この話だけで見るとそう感じま
す。

[7475] モミジ さん(momizi@m2.dion.ne.jp) 2003/08/03 Sun 00:25:29
こんばんは。久しぶりに書き込みさせて頂きます。
北海道の夏も、今年は特に涼しくて、
今日もあてもなく散歩するのに最適な一日でした。

村上作品に流れているある種のせつなさを、
私も日常生活でも感じられたらなと思いますが
感覚が鈍っているのか、ただ単調な毎日を過ごしています。
なかなか、普通に生きているだけではそうそうないですよね。

[7474] むぅちゃすぐらしあす さん(ks7222@cameo.plala.or.jp) 2003/07/30 Wed 23:16:15
 こんばんは。伊坂さんの『陽気なギャングが・・・』をほくそ笑みながら読書中です。言葉
の定義がけっこう笑えますね。伊坂さんの影響で、コーエン兄弟の『バーバー』や『オー!ブ
ラザー』をレンタルして見てみました。『ファーゴ』は見たことあったんですけどね。2作と
もすごく面白かった。
 それらと並行して『サリンジャー戦記』を読んでいるのですが、実は『キャッ
チャー・・・』を未読なので、機会をみつけて読もうと思います。
 今年の東北の夏は涼しくて、個人的にはとても快適です(秋田県に棲息しています)。こう
いう時は、村上さんの短篇を読みたいのですが、長篇→翻訳と来たので、次は短篇集の番であ
うよね、おそらく。村上さんの短篇、かなり好きなので期待してしまいます。
それでは、失礼し

[7473] りょう さん(ryosei0904@yahoo.co.jp) 2003/07/30 Wed 21:53:37
>本間さん
「ダンスダンスダンス」買いました。早速明日から読もうと思います。
それとジェイズバー行ってきました。京都の木屋町にある所なんですがかなり自分の
イメージに近くて大満足でした。そこでハイネケンを飲んでちょっとだけ小説の世界
を味わえた感じです(笑)。

[7472] kusuo さん(kusuo-9@yahoo.co.jp) 2003/07/30 Wed 16:51:39
>管理人さん
 こちらこそはじめまして。たしかにおっしゃる通りです。ただ私としては活発な意見交換ができれ
ばと思い、お邪魔させていただいたのですが、「読まなければいい」といわれると・・・・・・やはり批判
がましい意見はお呼びでないということでしょうか・・・・・・?
>フイさん
 今ちょうど『狭き門』を読んでます。やっとジイドの良さがわかってきた気がします。そこで、
「アンドレ・ジイドをヨンデクレ」っていうのはあの文脈の中ではどのような意図で書かれたのでし
ょう?とても興味があるので教えていただけませんでしょうか?

[7471] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2003/07/29 Tue 20:19:08
こんにちは。またちょっと間が空いてしまいましたが……。
このところ仕事がばたばたしていたのですが、ようやく一区切りがつきそうなので、また本をいっぱ
い読みたいなあと思っています。先に手をつけた「カラマーゾフの兄弟」を読むべきかとは思うので
すが、ちょっと手をつけた後時間が空いてしまったので、また最初からの読み直しになりそう
で……。短いものはちょこちょこ読んでいたのですが、長いものは集中しないと難しいですね。

>本間さん
伊坂さんは直木賞、惜しくも逃してしまいましたね。私も受賞作はどちらも読んでいないので……。
個人的には、真保さんが取ってくれても嬉しかった気もします。(もちろん東野さんファンの私とし
ては、東野さんが取ってくれても嬉しかったですが。)
「ラッシュライフ」は確かに好みが分かれそうな気がしますね。そういえば、伊坂さんの連載が終
わってしまったということですが、そのうち新聞社のホームページにアップされないかなと密かに期
待してます。(笑い)
「13階段」はお勧めですか?映画は見ましたが原作はまだです。お勧めでしたら読んでみようかと
思います。
本間さんのところは、地震の影響は大丈夫ですか?

>おりえさん
こちらも「13階段」お勧めですか。また他にもお勧めがありましたら教えてくださいね。

[7470]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/07/29 Tue 05:03:49
 こんな朝早く起きても、困ってしまいます。いつ寝るかが難しいですね。

◎ちょんたさんへ
 「カフカ」は、もう読了されましたか? 本を読む時間も取れないくらい、ばたばたして
いると確かに疲れますね。せめて寝る前くらいは、のんびり読みたいものです。

◎雄大さんへ
 「少年カフカ」には、確かにそういう事が書いてありましたね。でも小説内の描写と、現
実での事をごっちゃにするのは違うかと。陥りがちな事ですけどね。
 「海辺のカフカ」の感想は、内容に触れるのなら、感想掲示板に書いてほしかったです。
感想については、「少年カフカ」を読まれたのなら、十分ですね。

◎ロビンズネストさんへ
 「中国行きの…」は、私もしばらく読んでないです。「やれやれ」は、わりと初期作品で
は多用されていましたが、最近はそうでもないような気もしますね。でも、あの文体は確か
に影響力あります。ともすれば、自分の文章がコピーみたくなってしまいます。

◎あゆ太郎さんへ
 はい、初めまして。学校の図書館という事は学生なんですね。その頃、自分でやりくりし
たお金で買った本は、大人になっても強く覚えています。この作家が好きという幸せな出会
いがあったら、何度も読み返せるように、手元に揃えるのがベストです。
 村上さんへのトリビュート小説は、賛否両論でしょうね。私は読みません。

◎さやかさんへ
 三浦雅士というと、よく評論を書いている方ですね。最近は読んでいませんが。

◎ゆうすけさんへ
 はい、初めまして。
 言われるように、喪失感は一貫して一つの大きなモチーフだと思います。「ピンボール」
には、ノートと右側と左側に、今まで得てきたものと失ってきたものを書き出すシーンがあ
りましたね。確か元ネタは「キャッチ=22」ですが。その喪失感を強く意識させ、それを埋
める力は小説にはあると思います。

◎YUIさんへ
 夏休みですか。私も8月に6日間あります。楽しみ。「スプートニク」は、人気投票見て
いても、地味な支持のされ方ですが、前半部の言葉のやりとりはかなり好きです。それと、
「にんじん君」はやはり気になりますよね。

◎りょうさんへ
 はい、初めまして。
 三部作の次には「ダンスダンスダンス」もありますので、引き続きお楽しみ下さい。しか
し、みんな夏休みなんですね。いいなあ。ジェイズバーは、結構全国各地に同名の店がある
みたいですね。昔渋谷にあった店に行きましたが、イメージとはずいぶん違いました。りょ
うさんの近くのは合ってるといいですね。

◎クスヲさんへ
 初めまして。私は特にサリンジャーに詳しい訳ではないので、コメントしにくいのです
が、本読みとしてはかなり読んでいますので、複数の翻訳があった方がいいのは真実です。
 読書なんて、個人的体験ですし、あなたが村上訳を嫌いなように、野崎訳が合わない人も
いる訳です。しかし、嫌いなら読まなければいいだけの話だと思うんですが。

◎ハチミツさんへ
 読書という行為自体、今の時代はマイナーな行為ですからね。「208」「209」で反
応するのは、難しいかもしれませんし、本当は分かっているけど、恥ずかしがっているだけ
かもしれません。でも、どこかにはいると思いますよ。

◎むぅちゃすぐらしあすさんへ
 「ラッシュライフ」は、昨年「このミス」などで高評価だったんですが、私はあまり合い
ませんでした。「オーデュポン」と「陽気な…」は、かなり好きなので、これからお楽しみ
下さい。よくモチーフになっている映画は、大好きでよく見ると朝刊のコラムに書いてまし
た。楽しみに読んでいたんですが、連載終わっちゃって残念です。

◎おりえさんへ
 「13階段」、合ったようで何よりです。現在3作目まで出ていますので、そちらもお楽し
み下さい。2作目は、去年ある事で有名になってしまいました。
 仙台が舞台になる小説は、そんなにないですよ。小池真理子以降、ちらほら出たくらいで
す。広島は、うーん、確かにこれというのは浮かばないですね。「ハル」は、深津絵里が住
んでいたという設定のとこは水沢です。森田監督は競馬場のあるとこでしかロケしないって
競馬エッセイに書いてました。

◎フイさんへ
 初めまして。村上訳が合わないようで、残念でした。その「ライ麦」についての考えは、
「サリンジャー戦記」で、村上春樹と柴田元幸が対談している中で触れられていますので、
良かったら読んでみて下さい。

[7469] フイ さん(ありません;;) 2003/07/29 Tue 00:00:49
 こんばんわん。
先日「ライ麦」を野崎さん、村上さんの訳で同時読みしてみマスタ。
 感想から言いますと、比較的に村上さんの訳には逃げ腰なるものを感じました。野崎さん
にもその傾向があるのですが、村上さんには憤慨させられるほどの逃走本能を見出させられ
ました。・・・・省略(ぇ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というわけで、現代人向けに訳したと言うよりは「ライ麦」の秘めたる読感に対して年月を
越えるエネルギー保存の法則を適用する力が無かったがための結果であると考えます。

アンドレ・ジイドをヨンデクレ

ライ麦について、つけたし。。。「ライ麦畑の登場キャラクター全員がサリンジャーの一部
なのではないか?(サリンジャーの持つ心。・・)」という視点から今考え込んでいます。
つまりアクリーやらスペンサー先生、あのストリッパーでさえサリンジャーの体内から一つ
一つ摘出された、彼の赤裸々な内面なのではないかと、と言うことです。誰か意見をくださ
い。お願いします。


[7468] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/07/28 Mon 01:23:57
 皆さん、こんばんは!

 高野和明さんの「13階段」読み終えホヤホヤです。
 面白かった!ですわあ〜。久々に「面白い」という言葉の意味を実感したような
読書でした。高野さん、これから楽しみな人です。

 本間さん、上でも書きましたが「13階段」堪能しました。そんなに期待して読んで
いたわけではないので拾いものでした。若干ストーリーに強引だな?と思う部分があり
ましたが、楽しみな作家さんが増えたなあという気がします。
 自分が住んでいる所が舞台になると嬉しいですよね。仙台はなんとんく舞台映え(?)
する所ですよね。「ハル」を見て以来、気になる所です。広島が舞台になった小説って
あんまり見かけないのですが、舞台映えしにくいのだろうか・・・・。

 では!





[7467] クスヲ さん(kusuo-9@yahoo.co.jp) 2003/07/27 Sun 12:14:10
>haTshさんへ
 前者か後者と聞かれれば後者になります。しかし私の言いたかったのはサリンジャーとムラカミが
まったく相容れない性質の作家であるということなんです(ムラカミ・サポーターのあなたがホール
デンに共感できなかったことがずばりその証拠では?)。だからあの翻訳が出ると聞いたときなんと
もちぐはぐに思ったのでした。そして私的には翻訳と創作が別なものとは思いません(J・L・ボル
ヘス著『伝奇集』(岩波文庫)所収「『ドン・キホーテ』の著者ピエール・メナール」を是非ご一読
あれ)。

[7466] むぅちゃすぐらしあす さん(ks7222@cameo.plala.or.jp) 2003/07/27 Sun 09:32:08
 本間さん、こんにちは。『重力ピエロ』も読み終わり、『ラッシュライフ』も読了。いやは
や、伊坂幸太郎さん好きです。好きな作家が増えると人生は豊潤なものになりますね(と最後
の一節をマネてみたりする)。近所で懇意にしている書店に、『オーデュポンの祈り』、『陽
気なギャングが地球を回す』共々、取り寄せお願いしてしまいました。
 現在は書店で偶然手にした、蓮見圭一著『水曜の朝、午前三時』を読んでいます。こういっ
た語り口調のものもなかなかいいです。

>そらさん
東野圭吾さんは特にコレ!というのはないのですが、『パラレルワールド・ラヴストー
リー』、『変身』、『宿命』あたりを最初に読んで、東野さん面白いなぁなんて思った記憶が
ほのかに残ります。『手紙』を近頃購入したのですが、伊坂熱にやられてわが家の書棚で読ま
れる時を待っています。そろそろ読みたいと思います

[7465] haTsh さん(batshthe@mail.goo.ne.jp) 2003/07/27 Sun 02:32:39
>クスオさんへ
>サリンジャーの訳は止した方がよかったでしょう。ホールデンが村上作品を読んだら鼻で笑われま
す。
とのことですが、文章からは判断が付きませんでしたので質問させてください。
村上さんの「キャッチャー」の訳がまずかったのでしょうか?それとも(クスヲさんが思われる)村
上作品レベルごときの作者が「キャッチャー」を訳すなんて身の程知らずがということなんでしょう
か?

前者のことであるならば、原語と比べてどういうところがまずかったのでしょうか?教えていただけ
ると幸いです。後者のことであるならば、訳することと作品を創作することはまったく別物だと思い
ます。

話はそれますけど、「ホールデン」君に仮に村上作品を読んでもらっても誉められたくないなぁなん
て思います。個人的には彼あんまり好きじゃないんですよね。

[7464] haTsh さん(batshthe@mail.goo.ne.jp) 2003/07/27 Sun 02:24:35
こんばんは、haTshです。

>雄大さんへ
>ありもしない空想を書いてあるところがあるのが見出される.ちょっとがっかりした。
ありもしない空想、自分は結構好きですよ。雄大さんは「カフカ」つながりで「フランツ・カフカ」
は嫌いですか?「変身」なんか現実には絶対あり得ない話だけれども夢中になって読んじゃいまし
た。ヴォネガットじゃないですけど「そういうものだ」って感じで読んでいます。

>「解釈しないで読んでほしい」って言っているのに矛盾していませんか?
との事ですが自分は矛盾してるとは思いませんでした。春樹さんが言われている「解釈」というの
は、例えばナカタさんが魚を降らせるシーンは何かの象徴なり比喩でありうんたらかんたら・・・と
いうような事ではないでしょうか?(わかりにくくてすみません)。自分はこんな風に思っているの
で綿谷ノボルの件についても矛盾してるとは感じませんでした。みなさんはどう思われるんでしょう
ね。

[7463] ハチミツ さん(hachimitu5@livedoor.com) 2003/07/26 Sat 22:12:25
私のメールに対して、すぐに温かいリアクションが返ってきて、とてもうれしく思いました。
ベガさん、本間さん、ありがとうございました。
送っていただいた資料、大事に使わせていただきます。ほくほく。

ところで、現在私の周りには村上さんのファンがいません。学生の時は春樹ファンだらけだったの
に・・・。
児童福祉施設に勤めていて仕事着はトレーナーなので、ネイビーブルーのに「208」「209」
とプリントして着てみたけれど、誰も反応してくれなくてがっかり。本当に村上作品が認知されて
いないのか、「双子のイメージ崩すんじゃねぇ」と黙殺されたのか。どちらにしても悲しいです。





[7462] クスヲ さん(kusuo-9@yahoo.co.jp) 2003/07/26 Sat 10:29:12
 サリンジャーの訳は止した方がよかったでしょう。ホールデンが村上作品を読んだら鼻で笑われま
す。

[7461] 雄大 さん(yu-dai-absent-from-school.@docomo.ne.jp) 2003/07/26 Sat 05:09:01
<感想>

 今度の「海辺のカフカ」は、やっと現実的束縛から離れて、空想というか想像力をかきたてる内容
になっている.
 春樹さん自身は現実的な人間なのに(それは以前の作品群を読めば分かる)、春樹さん自身がそれ
ではいけないと思ってしまっている.それが今度の作品の中身を招いているところがある.
 僕の目からみれば子供向けのお話みたいな感じで、ありもしない空想を書いてあるところがあるの
が見出される.ちょっとがっかりした。人殺しにしろ、空からイワシが降ってくるのにしろ….空話
になっちゃあおしまいだ。うそを書いているみたいでね。真実味を感じさせることも小説の中では必
要な要素だ.
 「ねじまき鳥」のモンゴル人の皮剥ぎは(ある意味恐ろしいけれど)すんなり(心に)入っていった
のにね.
 ありもしない話(出来事)と想像力をかきたてる話とは、また別の違ったものだと思う.
 以上、今回は少々苦情を。

[7460] 雄大 さん(yu-dai-absent-from-school.@docomo.ne.jp) 2003/07/25 Fri 20:34:55
 雄大です。
 「少年カフカ」を読んでいて思ったことがあるので一言.p.35です。
 春樹さんは、(彼の小説を)解釈しないで楽しんで欲しいと書いてありました.けれども、「ねじ
まき鳥クロニクル」の綿谷ノボルについての人物記述なんか人間解釈のオンパレードです.これって
矛盾していませんか? 春樹ファンの方のご意見、うかがいたいです.

[7459] りょう さん(ryosei0904@yahoo.ne.jp) 2003/07/25 Fri 15:04:34
本間さん、春樹堂のみなさん、はじめまして。
今日3部作を読み終えました。
村上春樹さんの小説を読むのは今回が初めてだったのですが、かなりはまってしまいました。
夏休み中にいっぱい読もうと思っています。
あと余談ですが家の近くにジェイズバーという店があるのでそこに行こうかと思っています。


[7458] YUI さん(silvernightsax@aol.com) 2003/07/25 Fri 12:31:23
こんにちは。
夏休み・・です。
本いっぱい読みまくるつもりです。
スプートニク読みました。
・・ミュウさんがとても魅力的でした。
観覧車の話が印象に残っています。
気になったのは、やっぱり「にんじん君」のこと。
あれって少年カフカでも問題になってましたよね。
なんだかすごい気になっちゃいました。。
でも、スプートニクの感想って言うの難しいと思うんです。


[7457] ゆうすけ さん(yusuke344@jp-t.ne.jp) 2003/07/25 Fri 01:07:33
はじめまして。ぼくは村上春樹の小説が大好きです。自分がさびしくなった時、うまくいか
ないとき、そんな時にぼくは読みます。村上春樹の小説で一貫して描かれているもの、それ
は「失われたもの」であるように思う。しかしその中で、微かながら、さまざまなものを失
った結果に主人公が得る希望みたいなものに元気をもらっているのは僕だけだろうか。みな
さんはどうですか?


[7456] さやか さん(coralbay@m7.dion.ne.jp) 2003/07/24 Thu 23:49:22
エキサイトブックスに三浦雅士さんのインタビューが。
村上春樹さんの作品世界について言及されてます。

村上春樹と柴田元幸とアメリカの憂鬱
http://www.excite.co.jp/book/

[7455] あゆ太郎 さん(spring@jd5.so-net.ne.jp) 2003/07/24 Thu 22:05:13
春樹堂の皆さん、初めまして。ふとしたきっかけで村上さんの作品を読み始めました。
そうしたら面白くて面白くて、たくさんの作品を読みました。
どんどん惹きこまれてしまうんですよね。
今まで学校の図書館で借りていたのですが、やっぱり文庫でもいいから揃えてみようかなと思う、
今日この頃です。

最近知ったのですが、村上さん作品のトリビュート小説があるらしいですね。
村上さんの作品を読んで作家になった人達が書いた作品だとか。
「ダンス・ダンス・ダンスRMX」というのはユキのその後らしいですよ。
なんだか面白そうですよね。
読んだ方いらっしゃいますか?

[7454]ロビンズネスト さん(sengang@ma.medias.ne.jp) 2003/07/24 Thu 01:49:46
 ちょうど読んでいるものが無くなって手持ち無沙汰だったので、本棚から無作為に手にとった『中
国行きのスロウ・ボート』をずいぶん久しぶりに読んでいます。
 春樹さんの作品によく出てくる「やれやれ。」も随所に出てきています(笑)。僕の中ではあの
「やれやれ。」は春樹さんの専売特許的な言葉になってて、自分で文を書くときについ使いたくなる
のを何故かグッとこらえてしまいます。
 具体的には表現できませんが、『海辺のカフカ』から一気に『中国行きのスロウ・ボート』にまで
遡るとなんと言うか逆に新鮮味がありますね。

[7453] 雄大 さん(yu-dai-absent-from-school.@dokomo.ne.jp) 2003/07/23 Wed 22:39:39
 雄大です.
 とうとう「少年カフカ」、買いました.
 どちらかというと、話題というか、流行に疎いもので、みなさんや本間さんの文章を読んで、初め
てそれを知りました.はじめに行った本屋では売り切れで、二軒目の大きな本屋で見つけました.そ
れも、本屋の定員さんに調べてもらって、見つけました.
 僕も、いままで読んだ春樹さんの本をよむきっかけになったときの様相とは違って、興味があって
おもしろそうという感じではなく、中毒するくらいに春樹ワールドへいり込んできているようです.
大丈夫かなあ〜。

[7452] ちょんた さん(suzaku_reborn@livedoor.com) 2003/07/23 Wed 11:11:57
ちょんたです。久しぶりの書き込みです。
今更ながら「海辺のカフカ」を読んでいます。
職業柄いろいろと仕事が変わって、なかなか落ち着けなかったのですが(それは今でもです
が…)、今はなんとか落ち着いてます。
やっぱり本を読める時間があるというのは、生活が潤いますね。読んだらまた感想を書き込
みします。

[7451]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/07/23 Wed 01:55:06
 97年当時、まだノートパソコンの解像度が640*480だったので、掲示板の横幅を抑えてまし
たが、久しぶりに変えてみました。行間をもっと取れれば読みやすくなるんですけどね。

◎southさんへ
 三部作+「ダンス」は、読む順番が時系列順じゃない人って、結構多いのです。私も初め
て読んだ長編が、いきなり「ピンボール」でした。
 改めて時系列順に読むと、これはこういう事だったんだ、という発見があって面白いです
よ。

◎沙羅さんへ
 リカバリーディスクって、ハードディスクを初期化してしまうので、そりゃデータ飛びま
すって。ある程度詳しくなれば、説明書なんていらないですが、最初はよく読んで実行した
方がいいです。特にディスク関連は。
 「終戦のローレライ」、読了されましたか。私は読んで以来、「椰子の実」の曲を聴くと
涙ぐんでしまいます。エピソードでは、船酔いを直すやりとりが好きです。

◎ハチミツさんへ
 うどん巡りは、新潮文庫から出ている、麺通団の「おそるべきさぬきうどん」は結構参考
になりますよ。結構並んでいますが、回転が早いので、さほどではありません。
 「少年カフカ」でも朝日の高松支局の人のメール載ってましたが、概ねあの通りの記事で
した。私もベガさんに見せてもらったんです。

◎おりえさんへ
 もう8月なのに、全く梅雨が明ける見込みがありません。このままうやむやになるのでは
と仙台ではもっぱらの評判です。
 高野和明の「13階段」は巧いですよ。ご堪能下さい。その翌年の乱歩賞は、仙台が舞台で
やたら知っている店とか出てきたのは面白かったですが、ミステリとしては「13階段」の方
がずっと良かったような。

◎tikiさんへ
 はい、初めまして。
 「ノルウェイ」文庫化の時というと、90年代初めの頃ですね。岡山というと、先日地下に
ある本屋さんに行きました。
 サリンジャー戦記を読む前に、「キャッチャー…」を読んだ方がベストだったかもしれま
せんが、好みもありますから、気になったら読んでみて下さいね。

◎ベガさんへ
 朝日の地方版wwwで見られたら便利なんですけどね。お手数おかけしました。

◎あささんへ
 私も入社3年目くらいまでは、よく遅刻していました。ちなみに、当たり前ですが遅刻す
ると無茶苦茶評価下がるので、気を付けて下さい。
 「マークス」とクリスティというのも凄いですね。「ドリームキャッチャー」もいい小説
ですが、その前に新潮文庫なら「アトランティスのこころ」を推します。
 それと、その若さで肝臓で引っかかるのはまずいです。γ−GTPいくつでした?

◎ふくろうさんへ
 はい、初めまして。
 なるほど、アパレル業界では季節先取りなんですね。ちなみに仙台では、長袖でちょうど
いいくらいですよ。缶ビール片手に見て、ほっとしていただけるなんて、私も嬉しいです。
 「ねじまき鳥」の出だしですか。どんなんだったかなあ。「僕はロッシーニの泥棒かささ
ぎ序曲を口笛で吹きながら、スパゲッティをゆでていた」とかそんな感じでしたっけ?

[7450] ふくろう さん(owlpost1219@msn.com) 2003/07/22 Tue 22:57:01
本間さん、みなさん、初めまして。
ふくろうと言います。アパレル業界で働いてるので、暑いのにもう秋物を着て
ブーツを履いて仕事しています…地獄です。
春樹堂はずっと見てたんですけど、掲示板に書き込むのは初めてです。
今日とってもシゴトで嫌な事があって気分転換に春樹堂を覗いたらなんとなく
ホッとしたので(今一人で缶ビール飲んでるんだけど…)書いてみようかなー
と。実はこんな風に自分で書いたりして参加したりするのは春樹堂だけでなく
て、初めてです。
えっと、とりあえず、春樹さんの長編は全て好きです。その中でもどれが好き
かっていうと「ねじまき鳥」が好きなんですけど…なぜかと言うと最初の一
文、出だしが異様に好きなんですよね。いいと思いませんか〜?
カフカも大好き!なんで春樹さんの小説を読むとこんなに幸せな気分になるん
でしょうねー。さて、明日も仕事頑張るかー!

[7449]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/07/22 Tue 15:29:57
 返事が11日ぶりになってしまいました。遅くなってごめんなさい。

◎YUIさんへ
 そうですよね、あれを読んでいると本当にいろいろな人がいるんだなと実
感します。読み方も解釈もそれぞれで面白いですよね。
 「スプートニク」、読了しました? いかがでしたか?

◎ゆんたろべさんへ
 私は分かりませんので、どなたか分かる方、お願いします。
 絶版については、本当に多いです。流通上仕方ないのでしょうが、これだ
から本の処分も出来ないですね。

◎まっちゃんへ
 長編は10作しかないのですが、短編集、エッセイ、翻訳は結構な量があり
ますので、ゆっくりお楽しみ下さい。
 「風の歌」、根強い人気ありますよね。

◎おりえさんへ
 「少年カフカ」については同感です。前の村上朝日堂wwwの方が、いろ
いろなテーマがあって面白かったですよね。まあ、返事を書く村上さんが大
変だというのはありますが、また開催してほしいです。

◎アキさんへ
 舞城王太郎はメフィスト賞の「煙か…」しか読んでいないのですが、去年
から結構売れてますよね。性格上、マイナーな作家が多いメフィスト賞です
が、第二の森博嗣になるかも。

◎こうちゃんへ
 あの分量ですからね。私も後半は村上さんの返事以外は、結構読み飛ばし
ていました。一つ辺りが長いと特に。
 文庫化は、村上さんは通常より早い2年後と指示されているようです。で
も確かに、もう文庫化かあというのはありますね。

◎サトシさんへ
 面白かったですか。私はこれから読むので、楽しみです。

◎つかさんへ
 キングの「IT」は、前半部がとても好きです。この前半部か、「ザ・スタ
ンド」が現在のベストですね。
 ヴォネガットは3作くらいしか読んでいないので、詳しくないんです。
 「T3」は、昨日見てきました。絶対4が出来そうですよね。

◎ゆめみさんへ
 北村薫の三部作で「リセット」が一番人気あるんですか? 私は「スキッ
プ」だと思ってました。小説的に一番まとまっていると思いますし。
 直木賞は、今回も意外な結果ですね。受賞作読んでいないので何とも言え
ないですけど、真保裕一は受賞しても良かったような。

◎秋さんへ
 私も大分前に見たので、あまり細かい点は覚えてないです。どうしても見
たかったら、ヤフーオークションなどをこまめにチェックしてみてはいかが
でしょうか?

◎tontoさんへ
 はい、初めまして。
 村上さんと梨木香歩ですか。何となく共通点があるような気もします。ど
ちらも独特の作品世界ですよね。

◎むぅちゃすぐらしあすさんへ
 とてもとても北上次郎御大の域には達していません。でも、私も一番好き
な書評家なので嬉しいです。
 「重力ピエロ」、地元仙台ではなかなか好評です。ミステリーのお勧めは
私的ガイドブックにまとめてますので、良かったらご覧下さい。

◎そらさんへ
 久しぶりの問題なしだったので、嬉しいです。血液検査って、いろいろ分
かるから面白いですよね。頑張ってレバーとか牛乳とか取ってくださいね。

◎時間切れ
 4時から仕事なので、続きは帰ってから書きますね。

[7448] あさ さん(ayumoomin0009@hotmail.com) 2003/07/22 Tue 12:05:49
おはようございます。
朝は頭が働かないーーーのでさぼりです(笑)。おまけに朝2時間の遅刻。ゴゴから
働きます。

先日の3連休を利用して久々に実家に顔を出してきたんですが、道中、読むものがな
くて困ってしまい駅の売店で購入したのが『マークスの山』でした。結構はまりま
した。日本の推理物は今まであまり縁、というか興味がなかったのですがこれから
は挑戦してみたいと思いました。ちなみに、持っていくつもりで忘れたのは『パデ
ィントン発4:50』でした。ここまで両極端な推理物もちょっとないですね。

結局この2週間で読めたのは『走れ、ウサギ』『世界の終わりとハードボイルドワン
ダーランド』『流しのしたの骨』『ガープの世界』『頼むから静かにしてくれ』
『マークスの山』でした。読み返しも多いけれど、でもペースが以前より落ちて未
読が溜まっていくのがつらいとこです。今現在の最優先未読本はマークスの山とど
っちを買おうか悩みまくった『ドリームキャッチャー』と以前あまりの長さと意味
不明さに挫折した『失われた時を求めて』です。一体いつになるか。

本間さんへ
仕事メールは今度こそ送ります!!!ってここまでいくとじらしてるみたい(笑)。
じらすほどの仕事じゃないんですけどね。あと健康診断総合Aはちょっとすごいで
すよ!私は総合Cで、おまけに肝臓にチェックマークが入れられました!やっぱり
肝休日は必要なんでしょうかーー。

[7447] ベガ さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2003/07/22 Tue 11:49:51
>ハチミツさん
 もしよかったら、コピーしてお送りしましょうか?
 去年11月朝日新聞香川版です。ただし、モデルはないと、春樹さんも言われてい
る通りで、あくまで地元民のお遊びですが。それでもかまわないのなら。

[7446] tiki さん(ok_tiki@mail.goo.ne.jp) 2003/07/22 Tue 00:40:13
はじめまして。管理人さんの本間さん、みなさん。
31、♂、岡山在住です。

春樹さんをはじめて読んだのがノルウェイの森が文庫化されたときだと思います。
半分地下に潜ったコンビニで立ち読みしてました。泣きそうになって買いました。
結構な時間が経ち、春樹さんの文章を追いかけて、結構遠いところまで移動してき
ました。

移動、というのはサリンジャー戦記の中で心に残った言葉です。

僕が夜を移動する間、月の光のような言葉が降り続いていたということでしょう
か。それは春樹さんの言葉であったり、他の誰かの言葉であったり。

夜、月の光が道を照らしているとき、まるでそれは運命のように見える…

---

さて、サリンジャー戦記。読んじゃったけど、とりあえずはそっちじゃなくて、キ
ャッチャーを読んだ方がいいですね。ライ麦の方は持っているのですが。ああ、で
もなあ、彼のことばに何度も耳を傾けるのは苦手だー。

結局あんまり好みじゃないんですよね。

[7445] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/07/22 Tue 00:35:35
 皆さん、こんばんは!
 今日、久々に青空を見れました。暑いのは嫌ですが、やっぱりその季節
らしさがないとつまらんですね。もうすぐ・・・・8月ですよ。
 高野和明さんの「13階段」を借りて来ました。江戸川乱歩賞は外れが少ない
と聞いているので楽しみです。

 本間さん、健康診断「総合Aランク」とはスゴイですね。おめでとうございま
す。健康って大事ですよね。
 ゆめみさん、「晩鐘」は彼の物語ですか・・・・。読んでもないのに上手い
表現だなと何故か思いました。彼の物語ですか、なるほど。きっと読んだ時、ゆめ
みさんのこの言葉を思いだすと思います。
 3部作の中では「リセット」が人気高いのですか。期待したいです。正直な所「ス
キップ」と「ターン」はラストに多少納得出来ない部分あるので、「リセット」
がどんな感じなのか楽しみですね。
 「水の眠り 灰の夢」をやっと手に入れる事が出来ました。以前程、頻繁に
図書館に行けないので幸運でした。私もゆめみさんに、良い本すすめて頂き感謝・
感謝です。

 では!

[7444] ハチミツ さん(hachimitu5@livedoor.com) 2003/07/21 Mon 23:51:36
こんばんは。
香川でのオフ会レポート、興味深く拝見させていただきました。
私も夏休みに高松に行ってみようと思っているのでとても参考になりました。
うどん屋さんはどこもあんなに行列が出来ているのでしょうか・・・。
ちょっとたいへんそうですね。並ぶのが。
以前、地元の新聞で、「海辺のカフカ」のモデル地(らしき所?)の特集があった
そうですが、それを今から読むことは出来るでしょうか。
もし何か情報をご存じでしたら教えて頂けますか。

この連休で「サリンジャー戦記」を読みました。訳者解説を読んで、改めて村上さ
んの文章ってなんてわかりやすくて美しいんだろう思いました。


[7443]沙羅 さん(so_dyu@m4.kcn.ne.jp) 2003/07/20 Sun 15:08:32
 こんにちわ。
 この間、PC不調だったのでリカバリーディスクを入れたらデータが全部吹っ
飛んで夫にしばらく口を聞いてもらえませんでした。何でもまず説明書読ま
ないと駄目ですね。幸い自分のHPはサーバーに置いているので損失を免れま
したが年賀状の住所リストまた打ち直しは辛いです、うっ(涙)

 「終戦のローレライ」下巻一気読みでした。まだ頭の中で名場面集やってま
す。洋式トイレをめぐる田口掌砲長とフリッツのやりとりは笑えたし、17才
の工作兵の淡い恋心の描き方も良かった。「伊507」万歳でした。


[7442] south さん(minamihime_sleeping@yahoo.co.jp) 2003/07/19 Sat 01:06:36
昨日「羊をめぐる冒険」読みました。
後から3部作だったことを知って、しかも3つめのから読んでしまって、
かなりショックです。
たいして書くことはないんですけど、私もあほさを誰かに伝えたくて
書き込みました。
はぁ・・・。

[7441] そら さん(tsumumi-333.ocn.helen.ne.jp) 2003/07/18 Fri 21:36:08
 本間さん、健康診断総合ランクAおめでとうございます!私は貧血検査でひっかか
りました。 レバー、レバー・・・。(泣)
 むぅちゃすぐらしあすさん、私も東野圭吾さん好きです。初めて読んだ作品は「天
使の耳」です。けっこう衝撃を受けましたね。それからは夢中で読みました。むぅ
ちゃすぐらしあすさんの東野圭吾ベスト1は何ですか?

[7440] むぅちゃすぐらしあす さん(ks7222@cameo.plala.or.jp) 2003/07/18 Fri 02:32:27
本間さん、はじめまして。
いつも書評を読ませていただいて、書籍購入の参考にさせて頂いております。
私の中では、書評の参考は本間さんか北上次郎さんかといったところです。

ちなみに私の好きな作家さんは、村上春樹さん、池澤夏樹さん、カート・ヴォ
ネガットさん、ポール・オースターさん、宮本輝さん、平安寿子さん、山本文
緒さん、レイモンド・チャンドラーさん、ティム・オブライエンさん、アガ
サ・クリスティさん、東野圭吾さん、白石一文さん、重松清さんなどなどで
す。
統一性がないですね(汗)。

さて、現在『重力ピエロ』を読んでいるのですが、個人的に文章の展開がすご
く好きです。仙台に住んでいたことがあるので、情景を想像しながら読めるの
もなかなか良いものですね。

近頃、推理小説にハマりつつあるので、何かよいものがあれば教えて下さい。
また、おじゃまします。失礼しま

[7439]ロビンズネスト さん(sengang@ma.medias.ne.jp) 2003/07/17 Thu 20:20:45
 >tontoさんへ そうなんですか。内田百○(←なんという漢字か分かりませんで
した。)は初めて聞く人ですが、泉鏡花は読んだことは無いのですが、有名人です
ね(笑)。
 泉鏡花の文は日本的というか古典的な文体ですね。谷崎か三島の「文章読本」に
美しい古典的な文の例として出たのを読んだことがあります。自分が高校のとき古
典が大の苦手だったので何となく敬遠していましたが、読んで見たいと思います。
どうもありがとうございます。

[7438] tonto さん(tonto@theia.) 2003/07/17 Thu 09:03:38
 はじめまして、tontoと申します。
図書館で借りて読むことが多いのですが村上さんと、あと梨木香歩さんのは買って
読んでいます(^^)
 下になってしまいましたがロビンズネストさんへ。私もたくさんの作品を読んで
るわけではないのですが明治・昭和の作家では内田百閧ニ泉鏡花が好きです。25
年前の高校生のときの夏休み、ある企業が作った効果音ばっちりの朗読ソノシート
で「高野聖」の一節を聴いて感動したことと、鈴木清順さんの映画の影響です。


[7437] ゆんたろべ さん(yuntarobe@aol.com) 2003/07/16 Wed 23:03:00
ブルース・チャトウィンの「ソングライン」という本がありまして、人生に迷った
ときに読んですごく為になった私にとってもっとも良い本だったんですが、絶版に
なってしまいました。すごくがっかりしたんですが、そういうものかもしれませ
ん。

[7436] 秋 さん(dapump-love@mail.goo.ne.jp) 2003/07/16 Wed 16:14:34
度々すいません。
風の歌を聴けのビデオ、探し回りましたがありませんでした。
ご覧になった方は、みなさん原作と大きな違いはないよと言いますが、
どんな些細なことでも良いので、原作との違いや、映画の感想を知りたいです!
お願いします(><)

[7435] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2003/07/16 Wed 12:46:00
こんにちは。S・キングの『IT』、第2巻の中程まで来ました。
最高傑作との評価もある作品なので、さすがに凄い。

>haTshさん
初めまして。さっそく色々な情報ありがとうございます。

>ゆめみさん
こちらもありがとうございます。ごくたまにですが「ぶっ飛んでる」
作品を読みたくなるもので…。

どちらも参考にさせていただきます。何か読んだらお知らせしますね。
それにしても、題名を見ただけでワクワクしちゃいますね。
『バゴンボの嗅ぎたばこ入れ』とか『ガラパゴスの箱舟』とか。



[7434] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2003/07/15 Tue 21:36:49
こんにちは。土曜日に「晩鐘」下巻を読み終わり、昨日は「リセット」を読み終わ
りました。
そこで、「晩鐘」の感想なのですが……うーん、書くのが難しいです。いろいろ微
妙な問題を余りに多く含んでいるので。「風紋」を読まれた方には、今回は彼女の
物語ではなく彼の物語という印象を強く受けました、と言っておきたいです。もち
ろん彼女も登場していますし、今回のストーリーの横糸になっているとは思うので
すが。上下でかなりボリュームのある本ですが、深く考えさせられることも多く、
読めて良かったと思えた本なので、もしよろしければ是非。「風紋」未読の方は、
まず「風紋」を読まれてから「晩鐘」を読まれることをお勧めします。村上さんの
三部作のように、順番に読むことで世界観がつながるというのが大きい作品ではな
いかと思います。
「リセット」は大きな時の流れと思いの強さを感じる作品ですね。こちらも「ス
キップ」「ターン」からの流れで読みましたが、他のシリーズと比べてこの「時と
人」三部作は北村さんらしさが一番よく出ているような気がしました。「リセッ
ト」が三部作で一番好きだという人が多いのも納得です。(個人的には「スキッ
プ」の主人公の意志の強さが一番好きかもしれません。「ターン」の人称とストー
リー運びもすごいなあと思いましたが。)

>本間さん
「重力ピエロ」、ついに直木賞候補ですか。すごいですね。何だかどんどん私の手
の届かない世界に行ってしまうような気がします。(笑い)もちろん、嬉しいので
すが。真保さん、東野さんも好きな作家の方なので、今回はどなたが取られても喜
べると思います。本好きとしては幸せなことですよね。

>おりえさん
「晩鐘」については上にも書きましたが、非常にデリケートな問題を多く含んだ作
品だと思いますので、曖昧な形でしか感想が書けなくてすみません。(詳しく、と
いう場合はメールでも頂ければ。)でも、「風紋」が心に残る方であれば今回の作
品も是非読んで頂ければな、と思います。「リセット」も良かったです。お勧め頂
いて感謝しております。

>つかさん
ブコウスキーはたしかに「ぶっ飛んでいる」作家の方だと思います。流麗な、とい
う感じの文章ではないかもしれませんが、柴田さんが「翻訳してみたいと思った」
とおっしゃるのも肯けるような、エネルギーと文章の底に流れるヴォイスが独特の
魅力があるのではないかと思います。万人向けの作家の方ではないかもしれません
けれど。
「サロン・ドット・コム」は研究社から4000円くらいで出ている英米作家のガ
イド本で、ちょうど「作家の辞典」のような感じになっています。柴田さんが書い
ている項目もありますし、村上さんが書いている項目もあります。私はこの本の刊
行記念のイベントに行きまして、柴田さんにサインをして頂いたこの本を持ってい
ます。新しい作家を発見するのにも最適な一冊だと思います。
ヴォネガット、私も好きです。まだ「バゴンボの嗅ぎたばこ入れ」は未読ですが、
他の小説は読みました。「スローターハウス5」は評価が高いですよね。個人的に
好きなのは、「チャンピオンたちの朝食」「タイタンの妖女」「ガラパゴスの箱
舟」あたりです。ヴォネガットらしさはそれほどではないかもしれませんが、「プ
レイヤー・ピアノ」もなかなかの作品だと思います。ご参考になれば幸いです。

[7433] haTsh さん(batshthe@mail.goo.ne.jp) 2003/07/14 Mon 23:27:32
つかさん、はじめまして。こんにちは。
個人的にはヴォネガットの短編集も好きです。
「モンキーハウスへようこそ1」、「モンキーハウスへようこそ2」、「バゴンボ
の嗅ぎ煙草入れ」の3作です。ハズレが少ないので、旅行などに行くときにはよく
持っていっています。
長編では「スローターハウス5」が気に入っています。

ちなみに作家のディーン・クーンツ氏は著作の中で「プレイヤー・ピアノ」「タイ
タンの妖女」「スロータハウス5」「チャンピオンたちの朝食」を勧めていまし
た。

[7432] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2003/07/14 Mon 12:30:20
ごめんなさい!
>ゆめみさん
です!
>ゆみみさん
じゃないですね。

[7431] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2003/07/14 Mon 12:28:34
こんにちは。
『少年カフカ』を読了後に『海辺のカフカ』には何故かいかず、
『風の歌を聴け』と『1973年のピンボール』を読みました。
そして『羊をめぐる冒険』にいくかと思いきや
その後また何故かS・キングの『IT』にいってしまい、現在第2巻。
最近また読書熱が上がってきましたよ。

>ゆみみさん
いつもご丁寧にありがとうございます。
”ブコウスキー”さん、なかなか面白そうですね。
Amazonでちょっと調べてみました。かなりぶっ飛んでる
印象を受けましたが、いかがでしょう?
柴田さんのも興味津々。それを購入とは羨ましいです。

ぶっ飛んでるといえば、カート・ヴォネガットさんの
『猫のゆりかご』を読んだ事があって、かなり驚きました。
本間さん、皆さん、ヴォネガットさんで他に何かお薦めはありますか?

先週末『ターミネーター3』観てきました。ふむ、ああいう終わり方かと
ちょっと意表をつかれましたね。

[7430] サトシ さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2003/07/14 Mon 08:56:22
桐野夏生「グロテスク」読了。うーん面白かったですよ、結構ボリュームの
ある本なのですが。さて次は中断している「zero]にとりかかろう。

[7429]こうちゃん。 さん(kou1chan@saku2.com) 2003/07/13 Sun 17:56:13
お久しぶりです。本間さんにみなさん。
とりあえず、生きています(^^)
さて、ようやく「少年カフカ」読み終わりました。最初は(゜ー゜)(。_。)ウ
ンウン、パチッ☆-(^ー'*)bナルホドってな感じで読んでいたのですが、後半
は流石に、ちょっとうんざり入りました。こういったところにも村上春樹さ
んのスゴさ、っての感じました。
さて、最近ほんと文庫化されるの早い!って感じませんか?
「ビタミンF」や「村上ラヂオ」とか・・・。
ただ。自分が時の流れを早く感じているだけかな?

[7428]アキ さん(to-roro@mail.goo.ne.jp) 2003/07/13 Sun 13:43:01
こんにちは。
一昨日、美容院で散財してしまったのでオウチ読書の日曜日です。雨も降ってるし。
コチラの掲示板に書くのはかなり久し振りなので、オーソドックスに本の話など。
えーと、今スッカリ舞城王太郎にハマッています。スッゴイ!面白いです。わぁー
何だコレー?!って感じ。くだけた口語体の結構クセのある文体なのですが、合うと
クセになっちゃいます(笑)。「一見物静かだけど、頭の中ではかなり理屈っぽいコト
をぐるぐる考えてる」というタイプの人なら、思考回路がそのまま文章になったみ
たいでグングン読めると思います。そして春樹さん好き派には、そういうタイプの
人が多いんじゃないかと思うのですが、どーでしょう?(笑) 最近、オモシロイ本
ないなぁー、とか思ってるならオススメですよー。ソフトカバーで安いですしね。
でも10頁読んでみて受け付けなかったらヤメた方がイイと思います。マジで(笑)。
それでは読書に戻りますので、これにて。どろん。
 

[7427] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2003/07/13 Sun 01:02:20
 皆さん、こんばんは!
 唯川恵さんの「肩ごしの恋人」読みました。面白かったです。
 唯川さんの作品に一時期はまっていた事がありました。面白くて読みやすい
のでハマっていたのですが、正直な所私にとって「残らない」作品が多くある意味
読書の為の読書的な色合いが強かったのですが、「ベターハーフ」という作品から
彼女は一皮向け「残してくれる」作品を書かれるようになり嬉しく思います。
 唯川さんといい山本文緒さんといい、元少女小説家の方は化けられる事が多いで
す。

 本間さん、「少年カフカ」買ってしまいました。いやー読んでも読んでも減らな
い錯覚を覚えます。本音をちょっと言いますと思っていた程楽しんでいない自分
がいます。今までも読者とのメールのやり取りされたものを読んだ事あるのです
が、それらはすっごい楽しかったのですが、本の感想という限定された部分も
あるせいか物足りなさを感じております。
 ゆめみさん、「リセット」読まれるんですね。羨ましいなあ。すっかり3部作
というのを忘れておりました。本屋で見かけて「あっ、そうだ」と思いだしやし
た。機会があったら読みます。
 「晩鐘」の感想を楽しみにしています。私も「風紋」の内容結構覚えています。
かなーり前に読んだはずなのに。かなり細部まで覚えているので私にとっても印象
深い作品です。
 そらさん、最近そらさんのお名前のものを見かけません。曇ってばっかりで。
早く気持ちの良い青空を見たいです。
 おすすめ本ですが、桐野夏生さんの「OUT」。パンチの効いた作品です。

 では!


[7426]まっちゃん さん(norihiro.10.17@md.neweb.ne.jp) 2003/07/12 Sat 18:21:29
そうですね。
読む時期がよかったんだと思います。
なんだか連鎖的に読んでしまい、村上春樹さんの小説は半分くらい
は読んだと思います。
風の歌を聴けが痛々しいと言うかリアルな感じがして好きです。


[7425] ゆんたろべ さん(yuntarobe@aol.com) 2003/07/12 Sat 00:57:30
マーク・ストランドの「一人の老人が自らの死の中で目覚める」の原文ってどこに
載ってるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

[7424] YUI さん(silvernightsax@aol.com) 2003/07/11 Fri 19:16:47
お返事ありがとうございました。
海辺のカフカと少年カフカ読みました。
村上ファンってホントにいろんな人がいるんだぁ・・って
思いました。
私もそのうちの一人なんですよね。(なんか嬉しい)
少年カフカを読んで、みんなつながっている気がしました。

スプートニク頑張って最後まで読もうと思います。
最後まで読んだときと、途中経過な今の感想は違ったものになるかもしれません。

[7423]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/07/11 Fri 17:43:30
 今日はまあまあ暑いですが、とても30度はありません。

◎あささんへ
 ジョン・アップダイク。読みたいけどまだ未読なのです。通勤電車で読む
というのもシュールな気がします。内容はメジャーですしね。社会人なんだ
と実感するのは、仕事でミスした時と成功した時とボーナスもらう時と、先
物取引やマンションの勧誘電話が来る時かな。
 謎の仕事に関するメール、お待ちしてますね。

◎ジャン・コパーさんへ
 どういたしまして。

◎猫太郎さんへ
 合っているといいんですが。どの本屋でもすぐに見つかると思います。

◎ゆめみさんへ
 「重力ピエロ」、なんと直木賞候補になってしまいました。こういうニュ
ースは嬉しいですね。ただ、真保裕一と東野圭吾、この二人は強敵です。ど
ちらもモチーフが似ているけど、それぞれ持ち味が出ていて、いい小説です
し。来週の発表が楽しみですね。

◎秋さんへ
 はい、初めまして。
 「風の歌を聴け」は、一頃はツタヤに結構置いてあったのですが、最近行
ってないので、今でもあるかは分かりません。小説との違いはさほどないの
で、後は映像化される事での、自分の読後感とのギャップの大小でしょう。
私は結構違和感ありました。

◎YUIさんへ
 はい、初めまして。「海辺のカフカ」「少年カフカ」と読んでいただける
と分かるのですが、村上ファンにもいろいろ違いがあって、好き嫌いの問題
は結構出てきました。何年か経って読んでみると、新しい発見があるかもし
れませんよ。別に全部好きになる必要はないですし。私が好きな点は、僕と
すみれの信頼感です。ああいう人間関係はなかなか築けません。

◎初心者さんへ
 はい、初めまして。
 初期作品には神戸近辺が舞台の作品があるので、そのイメージが強いで
す。「風の歌を聴け」から始まる三部作が代表でしょうか。ジェイズ・バー
という場所が出てくるのですが、読むと忘れられません。

◎ロビンズネストさんへ
 私の守備範囲は、内外問わずここ30年の小説なので、その時代のは全く詳
しくないんです。ごめんなさい。
 連続分は、今度更新する時に直しておきますね。

◎まっちゃんへ
 はい、初めまして。
 ゲストブックとの違い。うーん、私がサイトを始めた96年頃は、ゲストブ
ックを置くのが一般的だったので、そのまま来ているんですが、確かに違い
はないですね。手動登録だし、今回分で止めたいと思います。
 小説は読むタイミングに結構左右されますので、村上作品を読むにはいい
時期だったのかもしれません。

[7422]まっちゃん さん(norihiro.10.17@md.neweb.ne.jp) 2003/07/11 Fri 02:20:42
はじめまして。ゲストブックに登録しました。
ところでゲストブックと掲示板の違いって何ですか?
よく分かってなくて。

最初は村上春樹さんの本を読んだときは、
途中で読むのを止めてしまったんですが、再度読み直したときは
すごくおもしろく感じました。
どうしてなのか未だに分かりません。。。

[7421]ロビンズネスト さん(sengang@ma.medias.ne.jp) 2003/07/11 Fri 01:18:59
 こんばんわ。皆さんは大正〜昭和前期くらいまでの
日本の小説を好きな方はいらっしゃいますか?僕はそっち方面はまだまだ未開拓で
すが、好きでよく読むんです。

最近、志賀直哉の短編集を読んで、省略の美学みたいなのを感じました。
「城の崎にて」なんかはたった10ページくらいの作品なのに、命というものを考え
させられる深い作品です。

そこら辺の時期でお薦めの作家がいたらぜひ教えて欲しいんです。
因みに谷崎潤一郎がその辺に時期で、はまった作家です。

[7420]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com ) 2003/07/11 Fri 00:37:35
初心者さんへ>>

やっぱり「風の歌を聴け」か短編集の「カンガルー日和」ですよ。
これからもよろしくd(^-^)ネ!

[7419]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com ) 2003/07/11 Fri 00:35:06
そらさんへ>>

映画大好きですよ。最近良かったのはロバート・レッドフォードとブラッド・ピッ
トの共演「スパイ・ゲーム」かな?

「戦場のピアニスト」楽しみにしているのですよ(∩.∩)
もちろん「海の上のピアニスト」も良かったですよ(∩.∩)

宮部みゆきやデイブ・ペルザー・・・なかなか素敵ですd(^-^)ネ!



[7418] 初心者 さん(chobinet@infoseek.co.jp) 2003/07/10 Thu 23:45:05
はじめまして。つい最近、村上春樹さんの本を読むようになりました。
まだ村上作品は「キャッチャーインザライ」、「村上ラジオ」、「ノルウェイの
森」しか読んだことがないのですが、村上さんの作品といえば、神戸や芦屋に行き
たくなる、とアンケートでもありましたが、神戸や芦屋に行きたくなるのはどの作
品なんでしょうか?
よろしければ、教えてください。

[7417] そら さん(tsumumi-333.helen.ocn.ne.jp) 2003/07/10 Thu 21:28:33
  アルカンジェリさん、「マジェスティック」昨年、映画館へ観に行きました。
私、ジム・キャリー好きなんですよね^^  アルカンジェリさんは映画が好きなん
ですね♪  私も好きです。最近は「戦場のピアニスト」や「ボウリング・フォー・
コロンバイン」を観ました。
  今は村上龍を読んでいるのですね。私は宮部みゆきやデイブ・ペルザーを読んで
います。あと!「少年カフカ」も。
  
  YUIさん、「村上中毒」って面白い言葉ですね(笑)  スプートニクは私も好き
です。でもどこがいいのかという質問にはうまく答えられません。ごめんなさい。
合う、合わないってありますもんね〜。お互いこれからもたくさん本を読んで、自
分に合うものをドンドン!見つけていきましょう♪

  皆さん、これからどんどん暑くなって体力を奪われる季節になりますが頑張りま
しょう!ちなみに夏の北海道はカラっとしていて気持ちがいいですよ〜!ぜひお越
しください。北海道のことで何か質問があればどうぞ〜☆  答えられる範囲でお答
えします!!

[7416] YUI さん(silvernightsax@aol.com) 2003/07/10 Thu 19:53:34
初めまして。
村上中毒?の高校生です。
今スプートニクを読んでいるのですが
なんかしっくりこないんです。。
はっきりいっておもしろくない・・・
でも村上ファンには結構人気ある作品ですよね・・
スプートニク読んだことある人はどこがいいのか教えてください。
よくわかんないんです。ホントに

[7415] 秋 さん(dapump-love@mail.goo.ne.jp) 2003/07/10 Thu 12:25:26
はじめまして。私は兄の影響で、村上春樹さんの作品を読むようになりました。
「風の歌を聴け」のビデオを探しているのですが、なかなか見つかりません。
そこで、ビデオを見た方にお願いしたいことがあります。
原作と映画の違いを、くわしく教えていただきたいです。
お願いします。

[7414]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2003/07/10 Thu 01:01:07
そら様へ>>

 はじめまして!「ショーシャンク」も「グリーン・マイル」もいいですよね。
映画の話になりますが。この次に「希望3部作」として。
「マジェスティック」(ジム・キャリー主演)がありますよ(*^▽^*)
とてもいい作品です★

読書の方は村上龍氏の「どこにでもある場所と どこにでもいないわたし」を読ん
でいます。それでは。またお会いしましょう♪

[7413] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2003/07/09 Wed 23:50:57
こんにちは。またちょっと間が空いてしまってすみません。
買いだめしていた新潮文庫の新刊の山も読み尽くしてしまったので、いよいよ長編
に取りかかりました。乃南アサさんの「晩鐘」です。といってもまだ上巻を読み終
えたところで、下巻はこれからなのですが。早くもいろいろ考えさせられるところ
が多い作品です。詳しい感想はまた読み終えましたら書きたいと思います。

本間さん、「重力ピエロ」はジュンク堂仙台店第三位ですか。すごいですね。そう
いえばこの間の小説現代に本多孝好さんと伊坂幸太郎さんの対談が載っていて、私
はお二人とも好きなのでとても嬉しかったです。

つかさん、ブゴウスキーは「ブコウスキー」が正式な綴りでした。ご迷惑をおかけ
してすみません。新潮文庫に3冊入っていますので、気が向かれましたらご覧に
なってみてください。そのうちの一冊「パルプ」は柴田元幸さんの翻訳です。
柴田さんといえばもうご存知かもしれませんが、「サロン・ドット・コム」という
現代英米文学ガイドの本の監修・翻訳をされて、ちょっと前ですが発売されました
ね。翻訳ものがお好きでしたら役に立つと思いますので、書店でぱらぱらめくって
みてください。ちょっと値段は高いのですが、私は買ってしまいました。

おりえさん、そうなんです。上にも書きましたが、「風紋」の続編の「晩鐘」とい
う本が上下巻で発売になりました。上巻だけで600ページくらいある、すごいボ
リュームの本なのですが、やはり気になるので買ってしまいました。「風紋」を読
んでからちょっと時間が空いたので忘れた部分も多いかと思ったら、意外と覚えて
いました。それだけ印象が強かったということだと思うのですが。
あと、つい先日は北村薫さんの「スキップ」「ターン」を立て続けに読みました。
「リセット」も今日買ってきたので、「晩鐘」が終わったら読もうと思います。

それでは、また。

[7412] 猫太郎 さん(torio@jp-q.ne.jp) 2003/07/08 Tue 23:04:02
そうなんですか!!わかりました、どうもありがとうございます。
早速探してみま〜す!

[7411] ジャン・コパー さん(pinkuku123@yahoo.co.jp) 2003/07/08 Tue 21:00:54
今朝はすみませんでした。


[7410] あさ さん(ayumoomin0009@hotmail.com) 2003/07/08 Tue 12:07:06
お久しぶりです!

今はアップダイクのウサギとカーヴァーの初期の作品をちまちま読んでいるんです
が、最近寝不足で、さすがに満員電車で本を読んでると酔ってしまいます。でも、
連日飲みやらバーゲンやらでもう!これが社会人なんだ−って感じですってあんま
学生のときと変わらない(笑)。

今朝は、JRがなんと犬のせいで遅れて結局遅刻でした。まあほぼ毎日遅刻のような
もんだからいいんですけどね。でも車内放送で「線内に大きな犬がいたため〜〜」と
案内してて、かなり面白かったんで笑おうかと思ったんですけど誰も笑ってなかっ
たんでやめました(とんがり鴉にこういうフレーズありましたよね)。都会の人は
ノーリアクションだな−と思いました。

本間さんへ
仕事の内容は、今度濃いメールをじっくり送ります(笑)。

[7409]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2003/07/08 Tue 11:06:26
 今日はこれから出張なので、あさってにでも更新します。

◎ねじれさんへ
 「エレファント・ヴァニッシュ」、楽しめたようで何よりです。セリフが
日本語でどうするのかなと思いきや、字幕があるんですね。なるほど。
 しかし、その友人の方、絶妙なタイミングですね。何か感じるところがあ
ったのでしょうか。

◎ケイティさんへ
 「罪と罰」は、様々な小説のモチーフになってますから、私も読みたいな
と思っているのですが、なかなか読み出せません。「刑事コロンボ」はまず
犯人側から描く倒叙形式が特徴なので、心理的駆け引きでしたら、いいミス
テリーはたくさんありますよ。

◎雄大さんへ
 「海辺のカフカ」に関しては、「少年カフカ」で本当にたくさんの読後感
に返事書かれていますし、そちらを参照してみるのも面白いかと思います。
 仏教は、今読んでいる本にもちょっと出てくるのですが、モチーフとして
読む分には面白いですね。

◎ゆんたろべさんへ
 岡本綺堂はさすがに読んでいないですが、1万円する本は、買おうかどう
か結構躊躇しますね。
 「しゃべれども…」は、ずっと推してますがやっぱりいい小説だと思いま
す。簡単な感想ですが、役に立つと言われると嬉しいです。

◎そらさんへ
 「少年カフカ」の、あの膨大な返事も凄いですよね。これはこういう事で
すね、とか断定調のメールは読み飛ばしてますが、それでも一定のトーンで
返事するのは難しいんですよ。
 お勧めの小説は「私的ブックガイド」にまとめてますので、見ていただけ
れば幸いです。

◎Yoda Soさんへ
 村上さんの長編は10作しかないので、未読がありましたら、ゆっくり読ま
れて下さいね。
 映画化しないのは、読むのと聞くのとではセリフの違和感があるので、と
書かれてましたが、個人的には私もしてほしくないなあ。

◎おりえさんへ
 「少年カフカ」、あの分量であの値段は安いですが、節約中という事で、
終わってから買うというのでもいいかもしれません。
 お酒は飲めれば飲めたで楽しいですが、二日酔いの辛さと、昨日言った事
を思い出す恥ずかしさがない分、いいかもしれませんよ。

◎サトシさんへ
 「午前三時のルースター」、普通新人は文章読みにくいんですが、確かに
読みやすいですよね。他の作品も楽しみです。

◎猫太郎さんへ
 はい、初めまして。そのタイトルの短編はないんですが、多分「蛍」の事
じゃないかと思います。文中にその描写が出てくるし、翻訳でそのタイトル
になったのかもしれません。「蛍・納屋を焼く・その他の短編」新潮文庫、
です。

◎ナツさんへ
 個人的メールはその方に直接してもらえればと思いますが。
 それと村上ファンなら、人に自分の価値観を押しつける事の怖さも分かる
ような気がしますが。

◎アルカンジェリさんへ
 キングは全点お勧めですが、かなり作品数多いので、気合いが必要です。
まあゆっくりと読まれて下さい。

◎ジャン・コパーさんへ
 意味分からない書き込みなんですが、酔っぱらってるのでしょうか? こ
の掲示板って、書き込みずっと残るので、少し考えて書いていただけたら幸
いです。

[7408] ジャン・コパー さん(pinkuku123@yahoo.co.jp) 2003/07/08 Tue 05:55:16
俺は不眠症なんだ。眠たくてしょうがないじゃないか朝は!みなさん読書し
てますねー。いいんじゃない!沢山読んでよく嫌にならないよねー。俺は前
頭葉が熱でポッポッになっちゃって氷枕で冷やしているところさ。もういい
って感じ。でもねー氷枕では残念ながら冷やせないんだよねー、なんかいい
方法あったら教えてください。やっぱ旅行がいいかもね。野郎一人でグァム
ってのはどうだろう。さびしいなー。オオぅ、そばに君がいてくれたら。ス
タンドバイミー、歌っちゃうよーいいかなー。それにしても皆さん恋の話題
でもちきりだね、夏はさかりって感じがする。少し下品かい?青い空の下で
肌を焦がし女性に声を掛けてひと時のアバンジゅールといきたいねー。そん
なに上手くはいかないって!わかってるわかってるって。なあ、俺に同情し
てくれる人いたらいいな。メールまってますが、バカ社長の無礼講って感じ
だよ。     J・C

[7407] ヘズ さん(mono-oki@hm6.aitai.ne.jp) 2003/07/07 Mon 23:19:11
夏は愛って感じがする。

冬が恋って感じ。

ふむ、なんとなくさね。

[7406] ケイティ さん(keity@comweb.ne.jp) 2003/07/07 Mon 22:54:47
まだ梅雨だ!雨降りには読書だ!
恋もいいけど、それって楽しいばかりじゃないしね。
フツーの人間にとって、一番の悩みは恋愛でしょう。

[7405] ナツ さん(pikeys-1969.com@docomo.ne.jp) 2003/07/07 Mon 22:10:07
2発目!!夏だ!海だ!恋だ!本もイイが、やっぱ恋愛だ!!これしかネェ
〜だろ!?部屋にばっかこもってね〜で外へ出てバカ騒ぎしようゼ!!だ
ろ?

        
 LOVE BEER?  LOVE BEER?  LOVE BEER!!!


[7404] ナツ さん(pikeys-1969.com@docomo.ne.jp) 2003/07/07 Mon 22:01:14
ふうむ!キングか・・。確かに面白い!けど、G.アイルズの「神の狩人」な
んてのもイケてるよ!漫画は「軍鶏」がおもろいよ!映画は試しに「本当の
ジャクリーヌデュプレ」は見たほうがイイよ!マジ泣けるから!!見終わっ
たあと、ちょいと人生変えて見よっかなッなんて感じるよ!ところで俺はオ
フランス文学はあんま興味ないんだけどプルーストの「失われたときを求め
て」って読んだことある人いる?いたら簡単なストーリー教えて下さい!

[7403] そら さん(tsumumi-333@helen.ocn.ne.jp) 2003/07/07 Mon 21:05:38
 あ!ごめんなさい。アルカンジェリさんでした・・・(反省)

[7402] そら さん(tsumumi-333@helen.ocn.ne.jp) 2003/07/07 Mon 21:03:23
  アルカンジュリさん、はじめまして!私もS・キング好きです♪
「ショーシャンク・・・」も「グリーンマイル」もいいですよね。

[7401]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2003/07/07 Mon 06:29:33
 映画「ショーシャンクの空に・・・」の原作、S・キングの「刑務所のリタ・ヘイ
ワース」を読み終えました。S・キングの世界は何故こんなに素敵なのでしょう
か??再読します(∩.∩)