現在の掲示板へ戻る


[6600] とおる さん(toru910@hotmail.com) 2002/08/19 Mon 00:23:10
お久しぶりです。大阪の同級生で〜〜す。
クラス会には残念ながら出席できず残念でした。
結局夏休みとれずに過ごしていますよ。
正月には帰れると思うので、そのときには積もるはなしを(^o^)丿

[6599] サトシ さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2002/08/19 Mon 00:09:51
どうもです。「理由」を読み終えました。宮部みゆきのいいところは、どの
本を読んでも当たり外れなく楽しめる点にあると思います。さて次は、安岡
章太郎の「海辺の光景」にしようかな。ところで、「ライ麦・・」の新訳はと
ても楽しみです。原文と邦訳では、「あれっ」ていうくらいリズム感が違い
ますので、春樹訳を期待します。

[6598] MIUMIU さん(melancolico@rio) 2002/08/18 Sun 23:02:26
こんばんわ、お久しぶりですMIUMIUです!
最近まで群馬に合宿でした。ずっとテニスをやっていたので、日焼け
しちゃって大変です。(涙)
皆さんのお勧めされた映画をこなそうと、最近は映画三昧です。
今日はシャイニングを借りました。「17歳のカルテ」が今一番見たいところ。
本の方は皆様よりも読んでないですけど・・・今の所、村上R
の「ヒュウガ・ウイルス」(5分後の世界パートUなのです)を読んでます。
こんなにグロイ小説を、18歳の女子大生が読んでたら、嫌ですね。
って私のことじゃん。(笑)
suzuさん、ご迷惑おかけしました。m(__)m!
なんで勝手に送られちゃったのかなぁ〜??
そうです、私は大学生です。彼とは同い年ですね。
私が春樹に出会ったのは中学生でした。でも「ノルウェイの森」
を読むにはやはり大学の時だと思いますなんでって、共感できるから!
ノルウェイの森は、自分がおばさんになってからも読み返したいなー
「大丈夫、ちょっと悲しくなっただけだから」・・・みたいな!

そういえばお盆に、夢で死んだ愛犬に会えました。本物かなぁ!?





[6597] Chika さん(zuc00653@nifty.com) 2002/08/18 Sun 20:04:38
はじめまして
この1年ほど北方謙三氏の「三国志」はじめ、歴史物に凝っていたました。たまには
違うのもをと思って手にとった「羊をめぐる冒険」で村上作品に出会い続けて「ダ
ンス・ダンス・ダンス」も一気に読破しました。個人的なことですが、村上氏の出
身地が私と同じ兵庫県というのも、なんだか嬉しいですし。
これからその他の作品も皆さんの感想など参考にしながら、読み進んでいこうと思
っています。では、また。(^0^)/

[6596]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/08/18 Sun 18:10:03
こんにちは!本間さんにみなさん。
「理由」さっき読み終わりました。この本の解説書いておられる重松清さん
同様に、読み終わった後「すごかった」とか「面白かった」とか「最高!」
って誰かに薦めたくなる本でした。次は彼の「日曜日の夕刊」読んでみる予
定です。
さて、自分もつかさん同様に更新情報みてきましたv
「ライ麦・・・」もほんと楽しみです。
来年春刊行予定なので、それまでに野崎版「ライ麦・・・」再読して復習し
ておかないと。
あっ本間さん、1日遅いけど誕生日おめでとうございます。

[6595] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2002/08/18 Sun 10:23:05
おはようございます。
今日は東京三大祭りの一つ、深川の三年に一度の
例大祭です。別名「水掛け祭り」。今日は寒いだろうに。
僕は子供時分にこういう涼しい日にお神輿かついで
水をバシャバシャかけられ、寒くて嫌になった記憶が今でも
あるので、かつぎません。自宅のすぐそばが神輿の出る場所なので
朝6時頃から拡声器でわっしょい!とかやってるし、夜まで連日(3日間)
ピーヒャラと笛の音がして、もうウンザリ…。
そんな中でこの休みは夏目漱石「草枕」と太宰治「人間失格」
を読みました(気が散って困った)。
太宰治は初めてでしたが、良いですね。ハマりそうです。

>本間さん
おかえりなさいませ。
「キーワード解説」は確かに(?_?)ですね。
今後の出版予定の8/17更新分を見たら、サリンジャーの「ライ麦…」
を来年春に刊行予定とありました。前から春樹版の翻訳をやりたい、
とご本人がおっしゃってたので、いよいよか!って感じです。

>ゆめみさん
休みは今日までです。早いなぁ。上記の2作は昼間も読んでたのですが
騒がしいし、昼寝したり、でやっぱり夜が一番読書ははかどりました。
この後はカフカ全集のうちの2冊が未読なので(ウチで印刷したので
タダです。ふふふ)、「海辺のカフカ」に向けて読もうかな?
と思ってます。

長々とすみませんです。


[6594] ねじれ さん(scarpetta@clubaa.com) 2002/08/18 Sun 06:44:04
はじめまして。7、8年前からの村上ファンです。先週末に、初めてこのサ
イトにやってきました。内容もさることながら、ホームページのあの数字が
おもしろい。あれが見たくて、毎日毎日おじゃまするようになりました。
日本語を教える仕事をしていますが、生徒の中にも村上春樹ファンは結構い
ます。(英訳がかなりでているし)今は星新一を使っていますが、いずれ、
村上春樹の小説のどれかを教材に使ってやろうと思っています。ではまた。

[6593] ごはん さん(nakakoma@ams.odn.ne.jp) 2002/08/18 Sun 00:40:22
こんばんは。
本間さん、ゆめみさんありがとうございます。
早速探して読んでみますね。読みたいものがありすぎてうれしい悲鳴です。

[6592]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/08/17 Sat 15:48:34
 さて、後半は読書ペース上げようかな。

◎ごはんさんへ
 ただいま。帰省は、ごはんもお風呂も準備してもらえるので楽ですが、何
日かいるとやっぱり一人暮らしのペースが懐かしくなります。
 「亡国のイージス」の前作は乱歩賞受賞作です。この手のは、本の感想の
ページ見てもらえると、シリーズ物は書くようにしてますので参考にしてい
ただけると幸いです。ちなみに3作目もありますよ。
 佐藤正午なら「ジャンプ」もいいんですが、「取り扱い注意」「放蕩記」
「彼女は誤解している」辺りもぜひ読んでみて下さいね。

◎suzuさんへ
 聞いたことがある曲でしたか。小説の中で取り上げられている知らない曲
の場合、勝手に想像したのと実際の曲が結構違うというケースがあるので面
白いです。「世界の終り」でのボブ・ディランなんて、聞いてみたら全然想
像と違いましたし。
 村上作品の長編は9作しかないので、未読作品楽しまれて下さいね。「ス
プートニク」もラストの解釈が人によって違って面白いんですよ。

◎あささんへ
 それは気合い入ってますね。私は一応前日から本屋見てみます。

◎Mikiさんへ
 ちょっとじゃなくてかなり面倒ですよ(笑)。
 なるほど、それらの技は使えそうですね。でもオーブン持ってないです。
あとフライドポテト、私は残した事ありません。いつもLサイズを食べてし
まいます。多分私が特殊な例なのでしょう。

◎ざ・すみすさんへ
 どういたしまして。そういった雰囲気があるという事は、書き込んでいた
だいているみなさんのお陰です。
 インターネットのネット書店で海外へも簡単に送れるといっても、やっぱ
り送料が高いのでしょうね。古本屋でも今は海外配送してくれる店はありま
すし、探してみてはいかがでしょうか。でも海外にいて「遠い太鼓」を読む
と、結構共感出来る部分はありますか?

◎ゆめみさんへ
 新本格以降は概ね読んだので私見ですが、島田−綾辻ラインは王道です。
そこから有栖川有栖、法月綸太郎、北村薫、麻耶雄高辺りまでは本格好きは
無条件で好きでしょうね。そこから派生する二階堂黎人、篠田真由美、森博
嗣辺りからは好みが分かれます。二階堂黎人って、少年探偵団を思い出させ
る文体がちょっと合いませんでした。今なら、本格の王道は殊能将之が一番
可能性がありそうです。後は、はまった時の西澤保彦。

[6591] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/08/17 Sat 11:45:49
長い書きこみをしたのに、追加ですみません。

>ごはんさん
「亡国のイージス」の前作は、「Twelve Y.O.」だと思います。講談社
文庫に入っていますよ。


[6590] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/08/17 Sat 11:41:58
こんにちは。連日暑いです。いつになったら涼しくなるのでしょうか。夏休みはま
だ遥か彼方です。
二階堂さんの「名探偵の肖像」を読了。パスティーシュがなかなか上手いですね。
しかしこれは二階堂さんの裏ラインから読み始めてしまったなあという気がしなく
もないです。私は二階堂さんの正当表ラインの作品は未読で、先日読んだアンソロ
ジーが初読だったので。正当ラインは・・・またそのうちに読むかもしれません。
他には歌野晶午さんの「館という名の楽園で」と有栖川有栖さんの「まほろ市の殺
人 冬 蜃気楼に手を振る」を読みました。歌野さんは全作品を読破したいなあと
思わされた作家です。講談社文庫の読破から始めようと思ったら、初期の3冊が昨
日行った書店には置いてありませんでした。残念。気になったまま見逃した映画
「カオス」の原作が歌野さんだったと知って、「ああ、もっと早く知っていれば良
かった!」と後悔しました。近日中に読破モードに入ると思います。
今読んでいるのは宮部さんの「理由」です。今朝読み始めたばかりなのでまだ2章
までしか進んでいませんが、読ませる文章なので多分この週末のうちには終るので
は?という気がします。その後は、やっとオースターの「リヴァイアサン」に手を
つける予定です。今週は新刊本の動きが少なかったので(時期的にやむを得ないの
ですが)、月末の新刊に期待です。
ところで、村上さんの新刊は9月12日の発売に決まったのですね。公式サイトで
見て初めて知りました。ここにいらっしゃる皆さんの情報は本当に早いです。

>本間さん
「インソムニア」は、私はロビン・ウィリアムスの印象が強いです。映画館の予告
で少しだけ見たときも、そうだったので・・・。ところで、二階堂さんは好みが分
かれる作家なのですね。私は長いという噂の正当ラインは読んでいないので、本当
の二階堂さんのタッチというのはよく分かりません。しかし私はやはり好みが分か
れると言われる綾辻さんも好きなので・・・。ちなみに私も、ゲームより小説が希
望です、はい。

>おりえさん
「模倣犯」読破、おめでとうございます。気に入っていただけて何よりです。
それに読める時間も持てたようで、良かったですね。永井さんの「歪んだ函」は短
編集なのでしょうか。今度書店で探してみます。私はもし今、人に一般的に(とい
うのは好みを把握しない状態で、という意味ですが)勧めるとしたら「ミスター・
ヴァーティゴ」ですね。長編ですけど。

>つかさん
レスをありがとうございます。ぼちぼちやってました。(笑い)
上にも書きましたが、ようやく「長いものあたり」が取れてきたので今日から「理
由」に取りかかっています。二度目でも良いものは良いですね。おっしゃる通り、
実に読ませる文章だと思います。硬質な文体なのに、読みづらさを感じさせないの
はさすがに宮部さんです。今日一気に行けるかな?無理でも明日には読破したいで
すね。つかさんは確か寝る前にゆっくり読まれるのでしたか。私も平日は仕事疲れ
と夏疲れがどっと出てしまい、1章読み終えないうちに寝てしまうことが続いてい
ます。夏休みは明日くらいまでですか?ゆっくりなさってくださいね。


[6589] ざ・すみす さん(ga2ga2@hotmail.com) 2002/08/17 Sat 01:46:23
本間さん
お返事ありがとうございます。昨日書き込みをした後、もうこんなに新しい書き込
みがあるなんて、盛況ですね。みなさんの書き込みに、どこか「家庭的」とすら言
えそうなものを感じ、読んでいて、なんとなくこちらまで楽しい気分になりまし
た。

現在、私は外国におり、なかなか日本の小説を手にすることが出来ません。夫婦で
来ているのですが、知り合いなどから何かを入手すると、時に二人で暗誦するほど
読んだりしています。比較的最近では、(小説ではないのですが)日本から来た友
人が置いていった「遠い太鼓」の文庫本があります。大学の学部生の頃に一度読ん
だきりだったので、久しぶりに楽しく読みました。

[6588]Miki さん(sweetseason020713@hotmail.com) 2002/08/16 Fri 19:28:09
本間さん
揚げ物とかってちょっと面倒ですよね。 わたしも料理は好きですが、揚げ
物とかは後片付けが大変なのであまりやりません。 そこで、お惣菜コーナ
ーに売っている揚げ物を揚げたてホクホクに甦らせる技をお教えします。 
コロッケなどはオーブン(パンを焼く)で両面焦げない程度に焼くんです。
 そうすると甦ります。 あとポテト。 よく外でオーダーして食べきれず
に持って帰ってくるんですが、これはフライパンを火に掛けて、弱火で油を
しかずにのんびり空炒りしながら出てくる油をティッシュなどでふき取りま
す。 最後にパセリとかガーリック(乾燥の)なんぞをかけてしまうと立派
なポテトに甦ります。ちなみすぐに食べないフライなどは冷凍庫にしまって
おくのがベターです。

[6587] あさ さん(ayumoomin0009@hotmail.com) 2002/08/16 Fri 18:43:55
村上新作、本屋に並んで買ってやる!開店待ちでね。

[6586] suzu さん(atpin@clubaa.com) 2002/08/16 Fri 13:51:26
お返事ありがとうございます。
ご実家に帰られていたとの事、首をなが〜〜くしてレスを待ってました。(笑)
「ノルウェイの森」の曲がビートルズの「Let It Be」に入っていると教えて頂
き、早速かりてきました。
「あぁ〜この曲ね。」と耳にした事のある曲でした。
それにしても 本の中にでてきた曲を こうして実際 聴いてみると ストーリー
が生きてくるようですね。う〜〜ん、なんていったらいいんだろう・・・・。絵本を開
くと立体的になる絵本・・・・がありますよね?まるで 3次元の世界にはいりこんだ
ようです。 余計わからないですね・・・・。表現力のなさに自己嫌悪です。。。。。

「私的ブックガイド」も参考にします。
まず 「風の歌を聴け」から 入る事にします。

「私的・・・・」によると 読む順番がかなり前後しましたが、「スプートニクの恋
人」を 先に読んでしまいました。
読み終えたこの気持ちを 誰かにか伝えたくて仕方がありません。
でも 本の感想ほど独りよがりなものはないと 思いますので、ここで 皆さんの
感想などよんで 一人で共感をしています。
「スプートニクの恋人」にでてくる『ぼく』の『すみれ』への気持ち・・・・・。
胸がえぐれる位 心が痛くなりました。

・・・・・これでいい。ぼくらは同じ世界の月を見ている。ぼくらはたしかにひとつの線
で現実につながっている。ぼくはそれを静かにたぐり寄せていけばいいのだ。・・・・・







[6585] ごはん さん(nakakoma@ams.odn.ne.jp) 2002/08/16 Fri 12:09:44
おかえりなさーい。
私は結婚するまで実家に住んでいて、今は実家から5分のところに住んでるので
帰省経験が皆無。お客さんみたいにもてなして貰えるんですよねえ。憧れます。
1つ教えてください、あのー「亡国のイージス」の前作ってなんですか?
気になります。今回は父親が図書館で借りたのを奪って読んだので時間がなくて
大変でした。もう思いっきり家事放棄。
昨日は初めて佐藤正午さんの「ジャンプ」を読みました。
ちょっとじれったいけど嫌いじゃないかもしれません。
「カップルズ」も借りたので楽しみです。

[6584]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/08/16 Fri 10:35:28
 今日は更新する予定です。

◎ちびさんへ
 はい、初めまして。
 うん、エッセイもいいですよね。でも「村上ラヂオ」は短すぎて、ちょっ
と物足りなかったです。「そうだ、村上さんに…」くらいボリュームあると
満腹感ありますよね。お腹いっぱい。
 もうすぐ新刊なので、本当待ち遠しいです。

◎suzuさんへ
 こちらも初めまして。
 たまたまのきっかけで村上作品に出会えて良かったですね。自分に合う作
家というのは、なかなか見つけにくいですし。本は逃げませんので、他の作
品もゆっくり楽しまれて下さいね。「私的ブックガイド」でも、一応お勧め
の読む順番を書いてますので、参考になれば幸いです。
 「ノルウェイの森」は、ビートルズの「Let It Be」というアルバムに収録
されていますので、レンタルして来るのが早いかもしれません。

◎さるめさんへ
 大体合ってます。「若い読者のための短編小説案内」ですね。私もあれを
読んでから、いくつか探して読みましたが、品切れが多くて探しにくいです
よね。そういう時こそ図書館です。
 でもあの文体で勧められると、確かに読んでみたくなります。

◎Mikiさんへ
 なるほど、コロッケパンについては参考になります。ただ、料理企画を見
てもらえれば分かるとおり、私はそもそもコロッケが作れません(笑)。
 「遠い太鼓」と同時進行で、あの島を旅行するなんて、なんて贅沢な。そ
れは理想的ですね。ソマスに会った時は、かなりびっくりしたんじゃないで
すか? でも同時進行だと普通に知り合いのような感じかもしれませんね。

◎ゆめみさんへ
 「インソムニア」って、モーガン・フリーマンが出る映画でしたっけ?
 二階堂黎人は結構好みが分かれる作家ですね。私はノーコメントで。でも
佐野洋は本当に巧いし、歌野晶午の奇想というのは現代随一かも。一時の中
断を挟んで、今はコンスタントに作品出してますし、大好きな作家です。
 「暗黒館」は、ここまで待ったんだから、もういつでもいいやという心境
ですね(笑)。ゲームや麻雀もいいけど、小説書いてほしいですよね。
 晶午、正午は確かに二人いるから間違えやすいんですよ。大丈夫です。

◎moegiさんへ
 別にどちらの掲示板でも結構ですよ。書きやすい方へどうぞ。
 新刊、もう一ヶ月切りましたね。わくわくします。

◎つかさんへ
 私は今日で夏休みが終了です。休みはあっという間に終わりますね。
 あのホームページは、キーワード解説がちょっと余計なような。村上さん
へのインタビューは良かったですよね。久しぶりの近況でしたし。
 という訳で、私はキーワード以外をこれからは見るようにします。

◎あんこさんへ
 「理由」はそうですね。感想にも書きましたが、高村薫の切り口と読み比
べてみるのも面白いですよ。この二人の作家、いい意味でライバルだと思い
ます。どちらからも目が離せません。
 「バトル…」、文庫化されたんですか。もう3年経ったんですね。

◎ごはんさんへ
 長大な物語読了、お疲れさまでした。例のテロ事件以降、日本でもいろい
ろな論議がありましたが、世界状況を無視して日本だけの例で考えてないか
という意見も多くて、そういう人にも読んでほしい小説ですよね。
 もっとも物語としても面白いので、出来れば前作も読むと話が繋がります
よ。

◎ちびさんへ
 私の実家の青森も、一週間連続で雨が降って、なんだかお盆前に秋が来た
ようだとみんな言ってました。
 ピナコラーダはパイナップルの味がします。そんなに強くないので、女性
も飲みやすいと思いますし、今度どこかで頼んでみて下さいね。
 そしてプール行く日は、ちゃんと晴れるといいですね。

◎MAMIさんへ
 それはすごく久しぶりですね。大阪オフ、懐かしいです。あの空中庭園の
あるビルの地下に行った時ですよね。MAMIさんといえば、テニスをされてる
という話をした方じゃなかったでしたっけ? 宮本輝、気に入ってもらえて
嬉しいです。関西が舞台の小説も多いし、馴染みやすいかと思ったので。
 結構昔からいる人は入れ替わってしまいましたが、またいつでも遊びに来
て下さい。

◎おりえさんへ
 お疲れさまでした。あの分量なので、単行本化する時、矛盾がないか編集
者がチェックした時、あまりの大変さに白髪が増えたって宮部さんがトーク
ショーで言ってましたが、それが報われるくらいの力作ですよね。そろそろ
更新しなければいけない特定作品掲示板を次は「模倣犯」にしますので、内
容的な部分はそこで。
 「バトル…」は加筆あっても私は読みません。作品が変わるくらいの加筆
だったらともかく、細かい点だったらいいやという感じですね。

◎ざ・すみすさんへ
 はい、初めまして。
 そうですね、日常生活の中に自分の生活のベースを作る、というのは私も
見習っています。いわゆる「小確幸」ですね。
 新刊はあと一ヶ月弱になりましたが、本当待ち遠しいです。

[6583] ざ・すみす さん(ga2ga2@hotmail.com) 2002/08/16 Fri 04:41:47
こんにちは、はじめまして。
高校生の時に出会って以来、村上春樹のファンです。
いろいろな感想(あるいは批評)があるとは思いますが、日々の生活の中に
人生の楽しみ(ちょっと大げさだね)を見つけようとするところが気に入っていま
す。
9月には新作が出るそうですね。楽しみにしています。

[6582] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/08/16 Fri 00:04:20
 祝!「模倣犯」読破!

 遂に「模倣犯」を読み終えました。色々な意味で「スゴイ」本だと思います。私は
思わず本に向かって拍手をしてしまいました。今まで読んだ本の中で最上級のもの
の1つです。
 「奪う側にいる者達」の悪意に翻弄されながらも、それらに、そして現実に立ち
向かっていく「奪われた者達」の姿に感動しました。
 良い本に出会えるのは幸せですね。

 ところで「バトルロワイアル」が文庫本として出たみたいですね。
 迷っています(図書館で1度借り、古本屋で買ってしまいました)。どうやら加筆・
訂正があるみたいです・・・・。
 私個人の意見として文庫本にする際の加筆・訂正はあまり賛成できません。

 本間さん、やっと「模倣犯」を読みました。本間さんがあれだけオススメするの
がよくわかります。宮部さんはどこのレベルまでいくのでしょうね。
 下巻のあの瞬間、ヒロミとカズが互いを思いやるシーンが好きです。泣けまし
た。後、ラスト辺り、山崎老人が感情を吐露する場面を読んで、ホッとしました。
あの場面を用意してくれて良かったなと思いました。
 しかし、今回は一層、宮部さん、容赦のない書き方してましたね。
 本の整理のアドハイス、ありがとうございます。

 ゆめみさん、私は「永井するみ」さんの作品を最初に読んだのが短編のせいか、
短編作家のイメージがあります。「歪んだはこ」(はこは漢字なのですが、該当する
漢字が私のパソコンにありませんでした)はイイですよ。
 「模倣犯」はゆめみさんにもススメられましたが、ホントにスゴイ本でした。出
会えて良かったです。

 では、お休みなさい。


[6581] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/08/15 Thu 18:28:39
こんにちは。えーと、訂正に来ました。時間がないので読書に関する書き込みはま
た今度改めてします。
一昨日の書き込みの「歌野正午さん」を「歌野晶午さん」に訂正してください。
すみません、単なる変換ミスです。「バニシングポイント」は佐藤正午さんの作品
なので、つい間違えてしまったのでしょうか。
二階堂黎人さんの「名探偵の肖像」は今読んでいます。二階堂さんはディクスン・
カーがお好きなんですね。今度読んでみようかと思っています。

[6580] MAMI さん(mamigreencafe@yahoo.co.jp) 2002/08/15 Thu 16:32:53
4年くらい前に何度か書き込みしてた者です。しばらくNETが見れない状況になり数
年して久しぶりにのぞいたら相変わらず活発な更新&書き込みでうれしく思ってま
した。実は大阪オフにも行ったことあるんですが。
それまですごく偏った読書をしてて(村上さんその他数人の全著書を読む、読み終
わらないと次へいけないみたいな)違う作家の本も読んでみたいけど誰がいいのか
分からないっ話したんです。
その時本間さんに薦めてもらった宮本輝にはまって、今では好きな作家NO.2!
感謝してます。今でも偏った読書はあんまり変わってないですが(笑)。
これからはまた時々お邪魔しますね。「海辺のカフカ」楽しみです。

[6579] ちび さん(chibikun@ams.odn.ne.jp) 2002/08/15 Thu 11:10:26
こんにちわ!
私は今日からお盆休みです。
今年の北海道はまったく変な夏で、
まだ夏を満喫しないまま夏が終わってしまいそうです。
どこか南の島での〜んびりしたいな〜。
そしてピナコラーダを飲むんだ!!
ところでピナコラーダってどんな味がするんでしょ。
もう海には入れそうもないので、(っていうか今年一回もはいってない…)
プールに行くことにしました。
泳げないけれど…。

[6578] ごはん さん(nakakoma@ams.odn.ne.jp) 2002/08/15 Thu 00:05:16
こんばんは。
今「亡国のイージス」を読み終わりました。ふう・・・。
私は今年読んだ中で1番考えさせられた本でした。武力の均衡の上に成り立っている
平和、人の命、日本の防衛力。もう、ぜひ皆さん読んでみて下さい。
人物設定はありがちですが、それでもぐいぐい引き込まれます。
終戦記念日前に良い物を読みました。

[6577]Miki さん(sweetseason020713@hotmail.com) 2002/08/14 Wed 10:42:09
コロッケパンから千切りキャベツが落ちないようにするには、
キャベツとマヨネーズを混ぜてしまいます。
そうするとあまりぽろぽろと落ちないようになるんです。
すいません、こんなんで。
あっ、ちなみにポテトにうまく塩を絡められないときは、
トマトケチャップに塩を混ぜてしまえばうまく食べれます。
タランティーノ映画でみてなるへそ!!と思いました。

[6576] あんこ さん(amrin@syd.odn.ne.jp) 2002/08/14 Wed 09:59:12
こんにちは。
お盆なんですね。

やっと宮部みゆきの「理由」読みました。
管理人さんの書評にあるように、
この国にはほんの数十年前までこんな事があった、というおばあさんのエピソ
ードが私も心に残りました。
きっと少ない話ではないし、現在でもそんな目に遭ってる人もいるんだろう
な、
と考えさせられました。

「バトルロワイヤル」も上下巻で文庫出てましたね。
あれもすごい厚さになってましたね。

>MIKIさん
はじめまして。
私もコロッケパンのキャベツが落ちない方法聞きたいです!
コロッケパンっておいしいですよね。



[6575] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2002/08/13 Tue 23:51:25
今晩は。僕は明日から夏休みです。
すみません、休みじゃない方。このクソ暑いのに
お疲れ様です(ちょっとオゲレツかな)。

本間さん、こうちゃんさん
やっぱりそこに春樹さんのHPがあれば
我慢できませんよね!?安心しました。
今んとこ毎日見てしまいます。更新されてませんが。

>ゆめみさん
お久し振りです、お元気でしょうか?
相変わらず読書されてる様子ですね。
僕にしては珍しく速く、土・日で宮部さんの「理由」
を読破しました。一気に読ませますね。
重い話なのでちょっと放心状態です。

[6574] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2002/08/13 Tue 20:34:49
 Mikiさんへ
千切りキャベツがパンから落ちないようにする技、私知りません。是非是非教
えてくださいませ。

 本間さんへ
最近はBARの方にばかりおじゃましてこちらはご無沙汰でした。
「海辺のカフカ」楽しみにしています。


[6573] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/08/13 Tue 18:07:54
こんにちは。初めましての方が多いですね。よろしくお願いします。
さて、先日書き込みしました「インソムニア」を読了しました。映画だと雰囲気が
また違うそうなので、見てみようかと思っています。また、「発火点」も怒涛の週
末読書で読み終わりました。週末他に読んだ本は、何と言ってもアーヴィングの新
刊「第四の手」です。いかにもアーヴィングらしい小説ですが、今回は回復への試
みが強い作品になっているような気がしました。他にも週末には5冊くらい読めた
ので、充実した週末になって良かったです。
他に面白かったのは、講談社文庫から出た日本推理作家協会編のアンソロジー「殺
人買います」です。二階堂黎人さんは初読だったのですが、軽快なタッチがなかな
か楽しめました。こんなことなら先月の新刊「名探偵の肖像」も買っておけば良か
ったなあと思いました。(近日中に買おうと思っていますが。)他にも佐野洋さん
の会話だけで成り立っている作品とか、法月綸太郎さんの作品とか、歌野正午さん
の作品とか、粒ぞろいのアンソロジーになっていたと思います。
今読んでいるのはその流れで歌野さんの「放浪探偵と七つの殺人」です。オースタ
ーの「リヴァイアサン」もそろそろ読もうかなと思っています。これが終わると買
ってあるハードカバーの未読はなくなるので。

>本間さん
「暗黒館の殺人」は、一体いつになるのでしょうね?「INPOCKET」でも
時々休載になっていることがありますし、気がかりです。まあ、あの綾辻さんが連
載を一度に2本も持たれるのは大変なのだろうな、とは思いますが。「最後の記
憶」はまとまったようなので、これからは暗黒館に期待です。私はあえて連載は読
んでいないので・・・。

>おりえさん
ありがとうございます。仕事はですね・・・お客さんの絶対数は減っている時期の
はずなのですが、職員が夏休みを取る時期なので(私の職場は交代制なのです)、
人員が少なくてひとり当たりの負担率は増えている、というところでしょうか。
お互い体調には気を付けましょう。
永井するみさんは長編作家の印象が強いのですが、短編集も出していらっしゃいま
すか?それともアンソロジーに収録されているのでしょうか。短編集があるなら、
是非読んでみたいです。(長編も本屋さんで見かけたくらいで、まだ読んだことは
ないのですが。「第四の手」の余韻が少し覚めたら、読んでみてもいいかなあと思
っています。)またお勧めがあれば教えてください。作家の幅はそんなに広くない
かなと思いますので。

>つかさん
私も祝!文庫化で宮部さんの「理由」を買いました。単行本で1回読んでいるので
すが、また読みたくなって・・・。しかし、単行本でもあのボリュームだっただけ
に、文庫でも厚いですね。一緒に買ってきた「免疫学個人授業」や「バニシングポ
イント」と比較すると、重厚感がいっそう顕著です。アーヴィングを読んだばかり
でまだ「長いものあたり」を起こしているので、短いものでリハビリしてから読み
たいと思っています。

[6572]Miki さん(sweetseason020713@hotmail.com) 2002/08/13 Tue 13:03:58
さるめさん
コロッケパンはわたし、いつも作って会社に持っていきます。
わたしのはキャベツの千切りが入ってるんですけど。
あの食べるときに千切りキャベツがパンから落ちないようにする技知ってま
すか? 最近発見したんです。 え?常識ですか??

ほんまさん
はい。ソマスにしか会えませんでした。 ソマスには毎日会いました。
お互い小さな島の中をうろうろしてましたので。
そうですね、わたしは本を読んでからというより、同時進行で、本を読みな
がら向かって、あちらに着いてからホテルの部屋で読み終えたので。
でも変わらない島なんだなって思いました。 素敵な島です。


[6571] さるめ さん(domenico@ezweb.ne.jp) 2002/08/13 Tue 00:02:11
またまたお邪魔しまーす。
『若い読者のための短編小説講座』(このタイトルでよかったかな?)を
四苦八苦しながら読んでます。
何せハルキさんが論じている、当の短編が見つからず...
でもこんな本の読み方も良いな、と思いつつ。

>Mikiさん
あとひとつ忘れてました、コロッケパン!
まだ自分ではやってません。ほとんど宿願(笑)。

[6570] suzu さん(atpin@clubaa.com) 2002/08/12 Mon 23:40:14
はじめまして。人生半分を過ぎて 村上春樹の「ノルウェイ」に出会いました。
結婚、育児と毎日を消化するように過ごしていましたが、最近また本を読んでみよ
うと図書館通いです。村上春樹・・・って名前は存じていましたが、手にとった事もあ
りませんでした。
 1ページ、2ページと村上ワールド(オーバーでしょうか)に引き込まれてしまい
ました。この文章、この感性 暫くぶりの衝撃を感じました。もっと早くに出会っ
ていればとも 思いますが、今の私だからこその感動かもしれません。
「ノルウェイの森」の曲を聞きたくて 検索してここに流れ着きました。(笑)
ビートルズの曲とまでわかったのですが、年齢のわりにはビートルズにも うとい
私です。もし「ノルウェイの森」の曲がきけるサイトをご存知の方がいらしたら教
えて頂けたらと思います。
今 「スプートニクの恋人」を読み始めました。

[6569] ちび さん(chibikun@ams.odn.ne.jp) 2002/08/12 Mon 22:32:25
はじめまして。おじゃましてます。
ただいま「村上ラジオ」を読み終わったばかりです。
あ〜やっぱりエッセイもいいですね!
というか、私はエッセイの方も大好きです!!
村上さんの本は読んでいるときがとっても心地良い…。
次の作品もすごく楽しみです!!

[6568]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/08/12 Mon 10:35:46
 夏休み3日目です。

◎taraさんへ
 あと一ヶ月、本当に待ち遠しいですよね。先入観なしで読みたいですが、
ついついあのホームページ、見てしまいます。読後の感想も募集するそうだ
し、村上さんの返事が楽しみですね。

◎さるめさんへ
 はい、初めまして。
 小説を読む人は減っているみたいですので、ここが交流の場になってくれ
れば嬉しいです。
 村上さんの新刊は、9/12発売なのでもうすぐですね。わくわくして待
ってます。

◎Mikiさんへ
 ありがとうございます。ちゃんと読みました。なるほど、あれから着実に
成功したんですね。あの管理人のおじさんには会えなかったんですか? 出
てくる人では、あのおじさんが一番好きです。
 読んでみてのイメージと、実際に行ってみてのイメージの差はいかがでし
たか?

◎こうちゃんへ
 それは面白いかもしれませんね。取次がどの時点で発送するか分かります
し。でも普段ネット書店を使っていて思うのは、普通に本屋で買った方が早
い事は早いです。初版あまり刷らない本だと、増刷のタイミングもあります
し。

◎ロビンズネストさんへ
 本当そうですね。共感は出来るけど、理解するのは難しいです。私にとっ
ては「ねじまき鳥」がそういう作品にあたりますね。もう何回も再読しまし
たが、自分なりに理解出来たかという点では、まだ消化しきれていません。
 「ノルウェイ」でいえば、素敵なお姉さんという印象のハツミさんより、
自分が年上になったのが何だか不思議な気がします。だから再読すると、ハ
ツミさんのパートが引っかかりますね。

[6567]ロビンズネスト さん(sengang@ma.media.ne.jp) 2002/08/12 Mon 03:02:42
今晩は。2ヶ月くらいかかってようやく「心臓を貫かれて」を読み終えました。ハー
ドでした。で、次は。。。と考えて「ノルウェイの森」を3年ぶりくらいに読んでい
るところです。

 僕がノルウェイに出逢ったのが中2でかれこれ8年間お付き合いをしている作品で
す。今僕は大学生で、時代は違うけれどノルウェイのワタナベ君や直子も大学生。
ちょうど年齢的には同年代になったということです。だけどノルウェイはワタナベ
君が昔を思い出しているのだと捉えているのでノルウェイを理解できるのはもっと
先なんだろうなぁと思います。今は「共感」できるけれど「理解」出来るほど大人じ
ゃないなって感じます。何となくですけどね。

これからも何度も読み返すんだろうなぁ。。。

[6566]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/08/11 Sun 20:36:31
こんばんは!本間さんにみなさん。
僕も村上春樹さんの新刊専用ホームページ見てきました。
もう!待ち遠しいです。o><)oモォォォォ〜ッ!!
早く読みた〜いって感じです。

そんな訳で、今日初めてネット本屋さんで新作本を予約しました。
自分は、地方に住んでいるのでなかなか発売日に新作本は買えません。
こっちでの実際の発売日と自分の手元に届く日を、この際だから比べてみよ
うと思います。
ネット注文の方が、早かったらもう断然今後予約は、ネットで買うことにし
ます。

[6565]Miki さん(sweetseason020713@hotmail.com) 2002/08/11 Sun 20:23:04
本間さん
たいした話ではなくて恐縮なんですが、
わたしのHPのSweet Places のなかのMikonosのページを読んでいただければ
わかります。ちょっとタイミングがよくてびっくりした話です。

さるめさん
サンドイッチも良いですよね。 彼の小説にでてくる食べ物は妙に食欲をそ
そりますね。 そう思っているのはきっとわたしだけじゃないんでしょう
ね。 それを証拠に”村上レシピ”なる本がでていますものね。

[6564] さるめ さん(domenico@ezweb.ne.jp) 2002/08/10 Sat 16:00:13
はじめまして!
...うわー、本好きの方々の集ってる楽しいところだっ!と思ったので
書き込ませていただきます。
ハルキさん、新作出るんですね? 早速チェックします。

>Mikiさん
私はサンドウィッチ派です。『世界の終わり&ハードボイルド』が
お気に入りなので、読むともうたまんないです。

[6563] tara さん(musetara@hotmail.com) 2002/08/10 Sat 13:16:50
こんにちは!私も今村上さんの新作関連HP覗いてきました。
上下巻だなんて!!あの表紙!!早く9/12がきたらいいのにな!!

[6562]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/08/10 Sat 13:03:02
 これ書いたら、昼ご飯食べようっと。

◎キティさんへ
 はい、初めまして。
 9月の新刊は、「スプートニク」以来だから、結構久しぶりですよね。確
か9/11発売だったから、あと一ヶ月。本当待ち遠しいです。「ねじま
き」の3巻ほどじゃないですが、今回は上下巻なので、たっぷり読めそうで
すね。

◎ビッチさんへ
 こちらも初めまして。
 親子二代で読むのは、なんだかいい感じですね。実家の妹の部屋の本棚に
は「ノルウェイ」の上巻だけあって、見るたびに頭をごつんとしたくなりま
す。それはともかく、長編は9作しかないので、他の未読の作品もぜひ読ん
でみて下さい。「ノルウェイ」が好きなら、きっと気に入ると思います。
 年表、更新していないですが、そう言ってもらえると嬉しいですね。食べ
物と音楽のリストは、本になってますので見てみると面白いかも。

◎Mikiさんへ
 ドーナツを普段食べない私ですが、確かに読むと食べたくなります。特に
「図書館奇譚」。で、ミスドに行って6個くらい買ってくるのですが、食べ
過ぎて後悔します。
 ホームページ、見たのですがどこに小説があるのか分かりませんでした。
今度教えて下さいね。

◎おりえさんへ
 それは我慢強いですね。私なら一気に読んで睡眠不足のまま、ぼーと仕事
している事でしょう。
 「眠れる…」は女性に人気があるんですか。あの子供が出てくるからか
な。変わった話だなと思いつつ読みましたよ。
 本は、もうこの人のは増えないと思った作家のを段ボールにしまうという
手はあります。私の例だと赤川次郎と西村京太郎かな。

◎Hideさんへ
 はい、初めまして。
 普段本をあまり読まないという事は、あんな名作やこんな名作も、これか
ら読むことが出来るので、ある意味幸せですよ。さっきも書きましたが、村
上さんの未読がたくさんある時点で羨ましい。「模倣犯」は、去年の私のベ
スト小説ですし、楽しんで読んで下さいね。
 持っていく本ですが、長い小説かシリーズ物が一気に読めていいかも。村
上朝日堂シリーズとか、宮本輝の「流転の海」シリーズがお勧め。あと村上
さんの長編未読全部とかね。

◎つかさんへ
 本当暑いです。最近暑くて途中で目が覚めますね。
 新刊専用ホームページは、さっき見ましたが、インタビューもあるし、発
売後は感想をメールで送って、村上さんがwww上で返事書いてくれるなど
村上朝日堂っぽい仕組みですよね。同じく私も我慢できずに見てしまいまし
た(笑)。あと一ヶ月、待ち遠しいですね。

[6561] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2002/08/10 Sat 10:41:44
おはようございます。朝から暑いですね。

昨日、待望の宮部みゆきさんの「理由」(文庫)を
買ってきてさっきまで読んでました。まだ120ページですけど。

一息ついて「ハッ!」と思い出しました。
今日は春樹さんの新作「海辺のカフカ」のHP開設日だ、と。

結構混んでるのか表示が遅い気がしましたが、
御本人からの挨拶があったり、「海辺のカフカ」
についてのインタビューが載ってたり、で良いです。

以前、本間さんが「なるべくなら先入観なしで新作は
読みたい」とおっしゃってましたね。
僕もそうなんですけど、やはり我慢出来ずに見てしまいました!
いづれにせよ、9/12の発売が待ち遠しいですね。


[6560] Hide さん(kiyoshi1230@virtual-mail.com) 2002/08/09 Fri 12:05:25
はじめまして!僕は今年大学生なったばかりのものです。
三ヶ月前くらいにノルウェーの森を読み感動しまくりました。
しかしそこからいろいろ忙しく、なかなか本を読む機械がなかったので
夏休みは頑張って読みたいと思います。今は模倣犯読んでるんですが
これがまたすごいおもしろいです。普段からあまり本を読んでないので
これは長すぎて読めないだろーと思いましたが、呼んでみるとすらすらいき
ます。ほんとにおもしろいです。

話は変わりまして、今年の夏休み長野に一ヶ月バイトにきくんですー。
それでその時暇しないように本を持って行こうと思ってるんですが、
何かみなさんのお勧めはありますか?
よろしければ教えてください。

[6559] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/08/08 Thu 23:29:10
 皆さん、こんばんは!
 今だ、「模倣犯」下巻、読む事ならず。
 1文字でも読んでしまったら止まらないと思うので、今はガマンの子です。
 短い時間しか読書にあてる事が出来ないので、エッセイばっかり読んでいま
す。  乱読、乱読!

 はじめましての方々、結構初めての方がいらっしゃいますね。はじめまして、よ
ろしくお願いします。
 本間さん、「あなたにはー」はほんのり思い出しました。これを読み終えた時「は
っきりとした結末を知りたい!」と思った記憶がありやす。所で女性に人気のある
「眠れるラプンチェル」は男の方はどうなんでしょう?
 今、とある事情で部屋の整理をしていますが、悩みの種は本ですね。私はまだ
1000冊くらいしか持っていませんが、4.5畳の私の部屋はすでに本が主役です。こ
れでも結構、間引いたのですが・・・。もう、これ以上この子達を間引けませ
ん・・・。ああ、ドラえもんがほしい。
 ゆめみさん、お気づかいありがとうございます。ゆめみさんもお仕事、忙しいの
かしら?お互い、気をつけましょう。
 東野さん連載む4本!とは。働き過ぎですね。まあ、ご本人も油がのってらっしゃ
ねのかも。私は今「永井するみ」さんにハマッています。この方の短編はスパイス
が効いていてイケますよ。読まれた事あります?

 では、では!

[6558]Miki さん(sweetseason020713@hotmail.com) 2002/08/08 Thu 22:37:18
こんにちは。ドーナツをかじりながら村上ワールドにどっぷりはまってる
Mikiです。村上本でドーナツの話がでると絶対にドーナツ買いに走ってしま
うのは、わたしだけでしょうか? 日本ってドーナツ屋さん少ないですよ
ね。 わたしはミ○ドよりもパン屋さんで売ってるカリカリドーナツのほう
が好き。 ところで最近HPを作成しました。 みなさん「遠い太鼓」は読ま
れましたか? その中にでてくる「あの男」についての小話をHP中に書きま
した。 興味ある方ご覧ください。 

[6557]Miki さん(sweetseason020713@hotmail.com) 2002/08/08 Thu 22:37:06
こんにちは。ドーナツをかじりながら村上ワールドにどっぷりはまってる
Mikiです。村上本でドーナツの話がでると絶対にドーナツ買いに走ってしま
うのは、わたしだけでしょうか? 日本ってドーナツ屋さん少ないですよ
ね。 わたしはミ○ドよりもパン屋さんで売ってるカリカリドーナツのほう
が好き。 ところで最近HPを作成しました。 みなさん「遠い太鼓」は読ま
れましたか? その中にでてくる「あの男」についての小話をHP中に書きま
した。 興味ある方ご覧ください。 

[6556] ビッチ さん(satomi@wavenet.co.jp) 2002/08/08 Thu 17:40:07
初めてお邪魔します。
村上さんの小説、大好きですが
「ノルウェイの森」は母が買った単行本が家にあって
それを少しだけ読んで、何年も忘れたままだったのですが
この間、初めて読了しました。
ハードカバーの単行本は私はあまり読まない
(高いし、持ち歩きづらいから)ということもあるけれど
ナゼ何年も読まずにいたのだろうとものすごく後悔しました。
うーーん。何とも言えない爽やかな、読後の私の気持ちを書きたいけど
適切な言葉が浮かばず。
ボキャブラリーの少なさが恨めしい。
とにかく素敵な小説ですね。

4大作年表、すごいですね。
小説に出てくる食べ物のリストとか、お店のリストとか
自分で調べて作ると面白そうですね。
私も誰に見せる訳じゃないけど(笑)、作ってみようと画策中。


[6555] キティ さん(mimichibiri@yahoo.co.jp) 2002/08/08 Thu 17:22:21
初めまして。村上春樹の小説がないと生きていけない女性です。ずっと、長編小説
が出ていなくて待ちこがれています。9月に出る予定とか。「スプートニク」位の
長さかな。出来れば「ねじまき鳥」位の大長編が読みたいです。

[6554]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/08/07 Wed 11:12:45
 朝から暑いなあ。

◎アルカンジェリさんへ
 その手の事は、内輪で楽しんでもらえると幸いです。

◎あっくんへ
 夏のその時間だったら、おはようですね。6時からはラジオ体操も始まる
し。うちの隣でも毎日せっせとやっているようです。
 何度も再読していると、自分の考えとして消化出来るというのはいいので
すが、自分なりにアレンジ出来るかどうかでしょうね。まあこれも、言うの
は簡単で、実行するのは難しいんですが。でも読んでいる内に考え方の波長
が合ってくるというのは分かります。

◎marriさんへ
 ワタナベ君は「ギャッツビィ」しか読まない訳ではないですが、それくら
い気に入っている小説があるというのはいい事ですね。

◎ゆめみさんへ
 私はようやく7月の新刊を読み切って、8月の新刊待ちです。今月はなん
といっても乱歩賞受賞作が楽しみですね。もう発売になったはず。後は乱歩
賞受賞一作目の高野和明の新刊でしょうか。
 綾辻行人は、久々の新刊ですが、もう10年近く待っている「暗黒館」が
まとまるのが待ち遠しいです。

◎あささんへ
 山本昌は防御率5点台ですよ。でも落合も岩瀬も使った後だから、ピッチ
ヤーいないんですよね。9回で逆転していないと負けパターンです。あとゴ
メスは、持病のひざ悪化で帰国中。このまま引退の可能性大です。
 小説はリアルタイムで読んでいない場合は、特に年代関係ないですよ。読
みたい順に読むのが一番です。
 チャットは機会があったらね。少なくてもあの時間は無理です(笑)。

◎青木さんへ
 私は知らないですが、村上さんが教えたくないと言っているのを、こうい
う場で聞くのもどうかと。そういうのは、自分で探すから楽しいんですよ。

[6553] 青木敬一 さん(ma-ai@nifty.com) 2002/08/07 Wed 04:38:56
村上朝日堂 はいほーにでてくる洋食定食・うさぎ亭の場所を知ってるかたおしえ
てください。コロッケ定食がたべたーい。まだ、あるのかな?

[6552] あさ さん(ayumoomin0009@hotmail.com) 2002/08/07 Wed 03:39:49
本間さんへ
今日は山本昌が打たれた!!ああ、あんなに怖い投手だったのに。今日は巨人木村
も復帰早々打たれて、もう。
と言うことで、やっとホテルニューハンプシャー完読。いったい何年前のだか。も
う十年くらい経ってるっしょ。相変わらずアーヴィングは私にとって疲れる作家で
す。でも勿論面白いけどね。でもそのお口直しに(笑)読んだ江国香織の流しのし
たの骨は文句なく良かったです。これも古いね。
で、さっきチャット行ったら切られた(泣)。私は昼嫌いで、殆ど夜起きて遊んで
るんで暇なんですよね。夏休みならでは、です。また今度遊んで下さい。野球トー
クでもしましょう(笑)。ゴメストークとか。ゴメスどこいちゃったの!

[6551] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/08/06 Tue 18:00:43
こんにちは。一週間ぶりくらいに来ました。
先日ようやくミルハウザーの「マーティン・ドレスラーの夢」を読みました。緻密
な描写が好き嫌いが分かれそうな感じでしたが、あんなホテルに是非行ってみたい
です。ぽっと放り出すようなラストも好き嫌いが分かれそうですが、私は好きでし
た。やはりこの作家は万人向けではないなあと実感しましたが、感じが違うものを
たまには読んでみたいなあとお思いの方にはお勧めします。あと他には乃南アサさ
んのエッセイ(と言っていいのでしょうか)「ダメージ」を読みました。現在は自
宅で真保裕一さんの「発火点」、通勤時間に「インソムニア」(これは映画の原作
ですね)を読んでいます。「発火点」はまだ3章分くらいしか進んでいないのです
が、この先がとても気になります。「インソムニア」はまだ序盤のところなの
で・・・この感想はまた後日にでも書きたいと思っています。これを読み終わった
ら(気が早いですが)、次はアーヴィングの新刊「第四の手」に取り掛かりたいと
思います。
個人的には、今月末に出る綾辻行人さんの「最後の記憶」も楽しみにしているとこ
ろです。有栖川さんの評論集(?)もその頃出るらしいですし。
>本間さん
「トキオ」、お読みになったのですね。

>おりえさん
「模倣犯」上巻読破、おめでとうございます。下巻も楽しみになさってください。
宮部さんは本当に、感覚に伝わる文章の書き手だと思います。
ところで、おりえさんはお仕事がお忙しいようなので、体調には充分気をつけてく
ださいますように。
東野さんは現在連載を4本持っていらっしゃるそうなので、しばらくの間はそれが
まとまるのが楽しみですね。本格ミステリでの東野さんも楽しみですが、連載中心
になさっている今は難しいのかなあ・・・と。「トキオ」はまた違った感じの作品
です。そのうちに読んでいただければ嬉しいですが。

[6550]marri さん(mari_tarou@hotmail.com) 2002/08/06 Tue 13:19:21
麻薬の様に恋しいモノでは無いでしょうか。
何度も繰り返し読む。

ワタナベくんのように『ギャッツビ』しか読まないとか
そんな時代があってもいいんじゃないでしょうか。

一度離れてみて、再び帰って来るとか。


[6549] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/08/06 Tue 05:27:34
こんばんはとおはようございますのハザマな時間帯。
お久しぶりでございます。
いえ別に何か新刊に着手したとか、何か読了したとかいうニュースは何も無
いのですが。何となく書き込みに参りました(笑)。

最近思うのですが、気に入った本を何度も何度もじくじく読み返していると
だんだん作者の考えと自分の考えの境界線みたいなものが曖昧になってきて
これは危険な状態なのではないか、と。(笑)
なんか羊博士の部屋みたいなんですね、頭の中が。
部屋にただよう体臭が、すでに体臭ですらなく、光と時間と調和してしまっ
ているというあの部屋です。
誰か私でない人が書いたはずの文章なのだけれど、(読書というのが孤独な
作業のせいか)まるで自分の体臭のように感じられる。

なんてね。「オマエハヘンタイジャ!」とか石ぶつけられたりして。
管理人様はじめ他の本読みの皆様はいかが思われますでしょうか。
それでは!

[6548]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2002/08/06 Tue 05:22:45
本間さま(*^_^*)ネトアデビューしました(^^)

http://hw001.gate01.com/setaoya/net.htm

よかったら見に来てね(^^)

[6547]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/08/05 Mon 00:01:41
 今日は夜勤と昼勤の境だから、眠いです。

◎坂田さんへ
 うーん、それは残念でしたね。でもまずは体調です。そのシャドウという
バイクは知らないですが、目的がある貯金だと、早く貯まりますよ。
 東野圭吾も佐藤正午も、いい小説を書く作家なので、ゆっくりとでも読破
していってください。加賀シリーズは、ちゃんと書き続けられていますし。
「ありのすさび」もいいですよね。作家の日常がよく分かります。

◎まっけさんへ
 はい、初めまして。
 私小説ならともかく、今の作家は参考にする事はあっても、そのまま書く
事はないでしょうが、あれこれ聞くのは楽しそうですね。
 伝聞ではなく、いつか本人から聞けるといいですね。

◎伶さんへ
 「ファミリー・アフェア」は大好きな短編なのですが、現実に妹がいる立
場としては、ああいう感じにはならないので、憧れます。私もステーキより
コロッケがいいな。
 一方、喪失感というのはデビュー以来ずっと書き続けられている気がしま
すが、普段意識しないだけに身に沁みます。

◎こうちゃんへ
 東北は今が祭りのピークです。ねぶたは真っ最中だし、仙台七夕はあさっ
てからで、明日が花火大会。楽しみです。
 「恋愛中毒」は出だしも巧いし、読み応えありますよ。「あなたには…」
は、髪が長くて優しくて大人しい子になぜ男は弱いのか、考えさせられます
ね。幻想だとしても、なぜそのイメージなのかも。

◎神無月さんへ
 はい、初めまして。すごいお名前ですね。
 村上さんの話は大歓迎ですし、本の話でも、何の話でも、お気軽に書いて
いって下さい。

◎サトシさんへ
 小説は読むタイミングもありますから、時間を置いてから読むと、スムー
ズに読めるという事もよくあります。読みたくなったら、また読んでみて下
さいね。私も未読なので、いつかは読もうと思ってます。

[6546] サトシ さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2002/08/04 Sun 22:52:08
どうもです。先日図書館で借りてきた「アンナカレーニナ」が全然前に進ま
なくて、やっぱりぼくにはロシア文学は無理かなー。ということで、S・ハ
ンターの「悪徳の都」を読み始めてます。

[6545] 神無月和泉 さん(riko-e@topaz.ocn.ne.jp) 2002/08/04 Sun 19:33:17
初めまして。神無月 和泉(かんなづき いずみ)と申します。
埼玉県在住の学生です。
以前から少しずつ覗いていたのですが、今回初めて書き込ませていただきました。
これからも書き込みをしていきたいと思っていますので、どうぞ未熟者ですが宜しく
お願いします。

[6544]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/08/04 Sun 19:10:49
本間さん、みなさんお久しぶりです。
やっと、昨日祭り終わりました。今年の祭りは、参加もしたし充分に堪能し
ました。
そんな訳で、今日はのんびりと過ごそうかな?
なんて考えていたのですが、米とかビールの買出し等日常の雑事に追われる
し、古本屋にも寄ったのですが収穫無しでした。
自分は、これから「恋愛中毒」に入ります。「あなたには…」は、なんか男
の自分としては、読んでいる最中肩身が狭く感じました(^O^)

[6543] 伶 さん(reiko@p2223.nsk.ne.jp) 2002/08/04 Sun 17:23:48
「パン屋再襲撃」を読んでなかったので、読みました。
「ファミリー・アフェア」と「双子と沈んだ大陸」がすごく面白かった。

「ファミリー・・・」村上作品としては『僕』の兄妹が登場するのは珍しく
ないですか?こんな『僕』はやっかいな人ですが愛すべき人です。
「双子と・・・」は繰り返し読みたい箇所が多く、心にズキンときました。
<結局のところ、人はどのような状況の中にも自らを同化させていくものな
のだ。どんな鮮明な夢も、結局は不鮮明な現実の中に呑みこまれ、消滅して
いくものなのだ。そしていつか、そんな夢が存在していたことすら、僕には
思いだせなくなってしまうだろう。>の一文など。
忘れる筈もない事が、ふと気付くと日を重ねるごとに薄らいでいる・・・そ
んな事実が許せない。人間って悲しいものですね。



[6542] まっけ さん(3244259401@jcom.home.ne.jp) 2002/08/04 Sun 01:49:48
はじめて書き込みします。まっけと申します。私も春樹さんファンになって
約10年。全作品をこよなく愛しています。で、書き込みをしたのは、、、な
んと、知り合いの某人が春樹さんの喫茶店でアルバイトをしていたというで
はないですか!世界とはなんと狭い。さらにその人から、鼠のモデル人物ま
であっけなく教えてもらい、、、。感動興奮です。仕事柄、作家関係の方と
のつながりはあるのですが、まさか、こんな夢みたいなことを教えてもらえ
るとは。なんか自慢みたいになってしまいましたが、本当に純粋に感動なん
です。あ、こんな書き込みすでにあるんでしょうか?また、皆さん既知の事
実なんでしょうか?でしたら、すいません。

[6541] 坂田康代 さん(u-sakata@ngs2.cncm.ne.jp) 2002/08/03 Sat 17:48:31
こんにちは!!
壊れていたエアコンを、とうとう付け替えて、毎日がパラダイス**・・といいた
いところだけど、二輪免許取ろうと、こつこつへそくりしてたのに・・・
残念ながらまたおあずけ・・それにしても、シャドウは、かっこいい!!
シャドウ400に、一目ぼれして、50CCも乗れない私が
せっかく決意したのに・・

本間さんの影響で(??)東野圭吾&佐藤正午を読み出しました。
読み出したらとまらない。
’卒業'を読んだら、すべての加賀シリーズを早くよみたくてしょうがない!!
それにしてもなぜあんな素敵な男性を,サトコ三は振ったのでしょう??
シンジラレナイ!!

佐藤正午さんは、’ありのすさび’とゆうエッセイを読みました。
すご〜くファンになりました。途中、春樹さんの小説の話がでてきて、曾遊ときっ
て、すごくうれしですよね。
ついでに、夏目漱石まで読みたくなったのは、私だけではないはず・・・




[6540]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/08/03 Sat 14:19:14
 川上健一の「雨鱒の川」いいです。とてもいいです。

◎あささんへ
 川上はドラゴンズの若きエースですからね。真のエースが野口で、中継ぎ
のエースが岩瀬、抑えのエースがギャラード。一体エースは何人いるんだ
か。井川はまだまだ野口の域には達していません。勝ち数じゃなくて、その
人にしか投げられない球があるのが名投手だと思います。あの高速スライダ
ーは野口にしか投げられないし。
 本は二千冊までだったら何とかなるもんですよ。これを越えると、確実に
一部屋潰れますね。手放すか、広くするか、どちらかしかありません。

[6539] あさ さん(ayumoomin0009@hotmail.com) 2002/08/02 Fri 16:23:38
おめでとう〜、憲伸!!すごいね。本当おめでとう。やっぱ、セ・ナンバー1右腕
は、川上か、黒田か、三浦でしょう。でも私は黒田だと思ってる。あと朝倉は要注
意!でしょう。初めて見た時巨人戦で、確か清原にぽこられてて、ああ何なんだ、
だめじゃんこいつって思ったけど、あなどりがたし山田久志。サブマリン健在。だ
って、中日投手陣は、あれ、強すぎでしょう。でも本当に野口はいつ帰ってくるん
だか。セ・ナンバー1左腕は、奴か、井川でしょうね。巨人はもうすぐマジック点
灯らしい。選手層厚いのもあるけど、やっぱ監督今はまってるから。ってことは前
監督が・・(禁句!)。

なんか映画話出てるので私も入れて下さい。
今のも面白いけど、昔のもいいですよ〜。私のお薦めはビリーワイルダーもの。淡
々と、起伏なく続いてくけど、終わった時のさらっとした感じが素敵です。あと味
も悪くない。お熱いのがお好きとかね。最近観たのはオープンユアアイズ。これは
!かなりつぼだった。しかもペネロペかわいすぎだよー。まあアンジェリーナジョ
リーの方がかわいいけどね。17歳のカルテは超お薦め!!しかしなんつう邦題だ
か。オープン〜は、なんかマトリックスみたいだった。あれはヴァニラスカイと筋
違うんですかね?ダイヤルMを廻せ、みたいに。映画館で最近観たのは模倣犯。原
作読んでないから分かんないけど、なんかどうよって感じだった。まあもともと私
が映画館好きじゃないってのもあるんですけどね。だって暑すぎアンド寒すぎでし
ょう、あそこ。それに高いし。日本は高すぎ!カナダなんか6ドルくらいですよ!
日本ぼってるよ。

今日は今から郵便局行って、レキシントンの幽霊受け取ってきます!!うちにも一
冊あるけどね。なんかオンラインショップで見てたらほしくなって買ってしまいま
した。実家に送ろうにも実家も本だらけなんです〜。太宰全集とか江戸川乱歩全集
とかで、ごっちゃごちゃ。


[6538]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/08/02 Fri 11:59:45
 よし、今日はたくさん洗濯するぞ。

◎ロビンズネストさんへ
 昨日会社で見てましたが、やってくれましたね。野口がいない穴を一生懸
命埋めてくれました。松井の3三振、関川のナイスプレー、見応えありまし
た。問題は、これが優勝争いに絡まないという事ですね。巨人に3タテを2
回くらってますからね。ノーヒットやったら5勝分になればいいのに。
 今中のスローカーブは私も大好きですが、今は野口が一番好きです。バッ
ターではゴメス好きですが、このまま引退っぽいのが寂しいですね。

◎おりえさんへ
 「模倣犯」半分読まれたんですね。上巻は泣けますよね。私は有馬のじい
さんに感情移入してしまって、何度泣いたことか。ちなみに、彼女のベスト
3は、この他には「クロスファイア」と「レベル7」を推してます。
 「あなたには…」は、「恋愛中毒」よりずっとマイナーですが、とてもい
い話なんです。なんで男はこういうタイプに弱いのか、というのをしみじみ
考えましたよ。幻想なんでしょうけどね。

◎さとしさんへ
 「キャリー」は、数年前に新バージョン出ましたよね。小説の方が淡々と
していて好きですが、映画の母親の怖さもなかなか良かったです。
 「風の歌」は言われる通り、監督が中学だか高校だかの後輩ラインだった
と思いますが、なんか映像で見ると変は変でした。主演が小林薫というのも
最近の人だと「GOOD LUCK!」のイメージが強くて違和感あるかも。

◎アルカンジェリさんへ
 「人間失格」は中学生の時に読みました。一応津軽出身なので。
 別に小説を書くのに、何が必須という事もないでしょうが、読んでおくの
もいいかもしれませんね。
 あと、・・・は…を使わないと、校正で引っかかりますよ。

[6537]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2002/08/02 Fri 03:57:28
おひさですm(__)m本間さま〜♪

みなさんのおかげで

10000ヒット突破ありがとうございますm(__)m

( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ-イ!

 ところで、本筋の「本話」ですが・・・

本間さまは、太宰治の「人間失格」をお読みでしょうか??

僕は小説家のクセに読んでいませんので、周りから

不思議がられます(O.O;)(o。o;)

「テロリストのパラソル」の藤原伊織

お勧めの「眉山」はよみましたが・・・

今度、「ピカレクス 太宰 治」

という映画になりますので、

是非、みたいです(^^)

それでは、また(^^)

[6536] さとし さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2002/08/01 Thu 23:40:24
どうもです。映画の話題に惹かれ立ち寄りました。
>MIUMIUさんへ 個人的にお勧めの映画は、S・キング原作「シャイニング」
「キャリー」島尾敏雄原作「死の棘」、あと「アメリカン・グラフィティ」
「ファンダンゴ」なんて好きです。それからうーんとえーと又今度。
ところで、「風の歌を聴け」大森一樹監督で、映画化されているんですよ
ね。ぼくは、まだ観たことがないので情報願います。確か、村上春樹・大森
一樹の姉・大森一樹の順番で二年の間をおいて、同じ中学校を卒業している
んでしたっけ?映画の話ばかりですいません。

[6535] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne,jp) 2002/08/01 Thu 23:02:40
 「模倣犯」上巻たった今、読み終えてホヤホヤの所です。

 ここでたくさんの方が、この本に対して賛辞を送ってらっしゃいましたが、ほん
とにスゴイ本です。「ああ、本好きで良かったあ〜」としみじみ思いました。下巻
は仕事が忙しくなるのですぐには読めないのが痛いのですが、まあ「もう〜幾つ、
寝ると〜」ぐらいの気持ちで楽しみに待ちたいと思います。
 
 本間さん、確かに「模倣犯」は傑作ですね。改めて宮部さんはスゴイと思いまし
た。私「火車」も好きなんですが(これは名作ですね)、この2つは彼女の代表作です
ね。
 申し訳ないのですが「あなたにはー」の方はすぐに内容が思い浮かばないのです
が、「恋愛中毒」はバッチシ憶えています。この作品辺りから、彼女は知名度を上
げられた気がします。「恋愛ー」は読んでいて、ウソくそさを感じさせない作品だ
なあと思いました。
 もうそろそろ、彼女の長編が読みたいです。
 ゆめみさん、お祝いありがとうございます。「模倣犯」は上巻まで読みました。
読んでいて、泣けてくる所がありました。宮部さんは奪われた側の「孤独さ」や
「悲惨さ」を、突いてくる文章で書いてあるんですよねえ。泣けながらも「上手い
なあ」と思ってしまします。
 「トキオ」は読んでみたいです。ああ、でも当分先かも・・・・。ホントに東野
さんてチャレンジ精神旺盛ですよね。でも正直、そろそろミステリー作家「東野圭
吾」に会いたいですねえ。「悪意」とか、「どちらかがー」みたいな作品を読みた
い!

 では、お休みなさい!

 

[6534]ロビンズネスト さん(sengang@ma.medias.ne.jp) 2002/08/01 Thu 22:52:41
やりましたね!!川上憲伸ノーヒットノーラン。僕は達成の瞬間うれしくて涙ぐん
でしまいました。こういうのってどこファンとかあまり関係ないですよね凄いもの
は凄いって。ぼくは愛知県民の中日ファンですけどね。

いまだに今中は僕の中のNo.1ピッチャーです!  失礼しました。また遊びに来ま
す。

[6533]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/08/01 Thu 04:04:14
 涼しい夜のうちだと、読書も捗ります。今週は夜勤なので助かるなあ。

◎伶さんへ
 はい、初めまして。
 それは大変な体験でしたね。若くして亡くなるというのは、周りの人もや
るせないですし。そういう時、文章が助けになるなら、それは伶さんにとっ
て大事な文章となるでしょうね。何だかありきたりの事しか言えないで済み
ません。いつでも遊びに来て下さい。

◎M.Iさんへ
 はい、初めまして。
 再読するたびに読後感が変わるというのは確かにありますが、期間を置く
とその傾向はより顕著になります。もう何年かしてから読むと、きっと感情
移入する人物も、心を揺さぶられる描写も変わるかもしれませんよ。
 私は実在の人物と重ね合わせて読む事はしないですが、なるほど、いろい
ろな読み方があるんですね。

◎ほっぺさんへ
 確かに久しぶりでした。
 「夢で会いましょう」は、わりと分かりやすいと思うんですけどね。再読
する時、いつも村上さんのパートだけ読んでしまいます。
 「アバウト・ア・ボーイ」はいきなり文庫で出ました。サッカーものはサッ
カー好きじゃないので、半分読んで挫折しましたが、今回のはいいです。30
代の独身書かせたら、この人巧すぎですね。9月公開の映画も楽しみ。

◎MIUMIUさんへ
 乱読に関しては、人のこと言えないので何とも言えませんが、読みたいの
を読むのが醍醐味ですよ。
 映画はやっぱり「ニューシネマ・パラダイス」ですね。アル・パチーノは
鷺沢萠も好きだと言っていたような。

[6532] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/07/31 Wed 23:41:08
お久しぶりです。MIUMIUです。皆様暑い夏ですがいかがお過ごしですか。
MIUMIUはもう夏休みです。大学の夏こそ、本を読もう!と思って、色々借りてきま
した。「ポネット」とか「共生虫」(村上R)「蛍・納屋を焼く・・」(二回目)と
か。まさに乱読ですね。(^^)
でも最近は専ら映画を借りてみています。アル・パチーノの「セント・オブ・ウー
マン」を今日は見ました。アルパチーノやはりかっこいいわー。
「バニラスカイ」や「カッコ―の巣の上で」(←これは重厚でした!)も見まし
た。カッコ―の巣の上でを見た後は、しばらく動けなかったです。
私の中での映画で、今の所ベスト1はやはりシンドラーのリストでしょうか。
基本的に私はジャンルを問わないので、「CUBE」みたいなホラー系もスキです。
お勧めの映画があれば、是非是非、皆様MIUMIUに教えてください。

[6531] ほっぺ さん(hoppe888@hotmail.com) 2002/07/31 Wed 21:35:46
こんばんは。こちら側はとても久しぶりです。
「夢で会いましょう」をはじめて読んでいます。5行読んでもどちらが書いたのか
分からないと非常に動揺します(笑)。「カツレツ」など、タイトルだけで春樹さん
だなとすぐ分かるのもあるのですが。
「アバウト・ア・ボーイ」が文庫で出ていたのですかー! この人たしかサッカーもの
も書いていたから読んでみようかなと思っていたところでした。さっそくゲットし
に行かねば。ずいぶん高得点つけられてますね(期待)。映画のサントラも良くてC
D屋さんで何度も視聴してました(笑)。

[6530] M.I さん(ttn4duf2aw@mx2.ttcn.ne.jp) 2002/07/31 Wed 21:15:02
はじめてかきこみします。最近村上春樹をくり返し読んでいます。そして読
むたびに違った感想を抱きます。中でも「ねじまき鳥」で、「僕」が憎悪す
る「ワタヤノボル」は、社会学者の宮台真司がモデルなんじゃないか?と思
えてなりません。あのアイデンテティにそっくりだなぁと。かなり憶測です
ね。そして「ダンスダンスダンス」のユキの父親が、椎名誠に似てるなぁと
か。そんな風に勝手ながら実在の人物を想定して読むと、またなかなかおも
しろいものでした。
そして、村上春樹の作品には娼婦がよく出てくるなぁ、というのも最近抱い
た感想です。「スプートニク」の女性たちの描写も気になるものでしたし、
これから彼の抱く女性像にもう一度着目して読み深めたいと思います。

[6529] 伶 さん(reiko@p2223.nsk.ne.jp) 2002/07/31 Wed 16:03:31
はじめまして。
時々、ここに来て楽しんでいました。
次は何を読もうか迷った時もここを覗きに来ました。
薦めていらっしゃる本は期待を裏切らない物が多かったです。同じ村上春樹
ファンという事で、どこか相通ずるものがあるのかもしれないです。

先日、3週間程前に知人が事故で亡くなりました。20歳で、水死でした。悲し
みにくれている時、借りてあった本を開いたら、こんな詩が目に飛び込んで
きました。
・・・月まで泳ごうぜ/潮にのってさ/街の眠りにくるまれた/夜をつっきるん
だ/さあ、泳ごうじゃないか/今夜がしおどき/車を海岸ベりの/日光通りにと
めてさ/   (略)・・・
「波の絵、波の話」の中の「月光通りで」という詩の一部です。
春樹さんが訳したものだと思いますが、稲越功一さんの海の写真と共に私の
心を揺さぶりました。
きっと、こんなふうに月まで泳いで行っちゃったんだと思います。澄んだ目
をして、楽しい夢を見ながら・・・この本、忘れないと思います。

また、おじゃましていいですか?

[6528]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/30 Tue 23:30:45
 ホーンビィはやっぱり凄い。今年読んだ翻訳でベストです。

◎risaさんへ
 はい、初めまして。
 なるほど、そういうきっかけでここに辿り着いたんですか。そう言ってい
ただけると嬉しいですが、彼とも早く仲直りできるといいですね。女の子は
ケンカすると頑固だし、経験則で大体男の方が折れると思います。といって
も、どちらが折れてもいいし、仲良くして下さいね。

◎あっくんへ
 夏休み第一弾ですか。私はあと2週間くらい働いたら夏休みです。
 前にも書いた通り、大岡昇平は未読なので何とも言えないのですが、私も
さっき読んだ小説で、つい村上作品と比べてしまいました。一人暮らしで自
分の世界を確固たるものにしたい、という男性が主人公だったので。

◎ゆめみさんへ
 「トキオ」は明日読む予定です。貫井徳郎は短編も巧いんですが、ラスト
で世界観がひっくり返る長編が、やはり真骨頂だと思います。寡作なのが惜
しいくらい。本多孝好は逆に、現時点では短編の方が切れがあるタイプです
ね。「発火点」は、ここ数作の流れとは別路線ですね。村上春樹について、
1行だけ描写がありますよ。

◎nkmtさんへ
 テストお疲れさまでした。
 そのロシア文学の話、何というか、青森県民にはお馴染みのロジックで
す。分からなくはないですが、違うかと。私のイメージではドイツやイギリ
スの方が、大河小説は多そうです。今だと日本の方が長いでしょうね。

◎のぶぞーさんへ
 私は何年ぶりかで読み返しましたよ。初めて読んだのは函館から青森へ向
かう電車の中だったので、その時の事を思い出しました。
 お風呂で本読む人って、結構多いみたいですね。それだけぼろぼろになる
まで読まれるなら、本も本望だと思います。

◎青猫さんへ
 青が好きなんですか。そういえば「青猫の街」という小説もありますね。
本は読みたいものを読むのが一番楽しいし、どんどん読まれて下さいね。
 「カンガルー日和」は、もう16年間(そんななるかあ)、何度も繰り返
し読んでいる大好きな短編集です。「デイ・トリッパー」と同い年ですが、
確かに退屈さについては分かるようになってしまいました。

◎ロビンズネストさんへ
 どういたしまして。ホームページは作るより、維持していくのが大変なの
で、これからの更新楽しみにしています。
 そして夏休みも楽しんで下さいね。

◎さとしさんへ
 私もちょっと読むだけにしよう、と思ったんですが、ついつい全部読んで
しまいました。
 キングの「図書館警察」はよく出てくるモチーフです。結構作品同士で繋
がっているので、読み比べてみると面白いですよ。

◎さえさんへ
 こちらも夏休みに入ったんですか。
 自分なりに気に入った比喩は、ずっと経っても覚えているものなので、そ
ういう表現が見つかるといいですね。私は「ファミリー・アフェア」での比
喩が特に気に入ってます。

◎ともさんへ
 はい、初めまして。
 ちなみに、そのアーティストって誰なんですか? 気になります。
 村上さんは、長編は9作しかないですが、短編集、エッセイ、翻訳まで含
めると結構な仕事量だし、のんびりと未読を楽しんで下さいね。

[6527] とも さん(jiro172002@yahoo.co.jp) 2002/07/30 Tue 23:14:40
初カキコです★私は村上春樹さんの本が好きです♪こんなにのめり込めた本はあり
ません!特にすきな本は「羊をめぐる冒険」です★私が村上さんの本にはまったの
は中学2年の頃からです。好きなアーティストが村上さんの本が好きだと言ってい
たのでそれがきっかけで読むようになりました。もともと本を読むのは好きなんで
★まだまだ集められてない本もたくさんありますがこれからも愛読していきたいと
思います♪でも高校に入ってから勉強や部活であまり読めないのですが・・・これ
からも沢山ほんを出して下さいね*

[6526] さえ さん(sa-a-e-e@nifty.com) 2002/07/30 Tue 23:06:20
だいぶ前にここに突然お邪魔して、村上春樹さんについての比喩を聞きまし
た。virtuosoさんありがとうございました☆
やっと余裕のある生活になったので、今度からは自分で見つけようと思いま
す!でもここにはやっぱりとても感謝です☆

[6525] さとし さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2002/07/30 Tue 22:58:06
どうもです。
>本間さん、のぶぞーさん、「遠い太鼓」は僕もお気に入りの一冊です。ど
こから読んでも面白いです。
S・キングの「図書館警察」なんですが、思っていたより面白くって一気に
読んじゃいました。「アンナ・カレーニナ」図書館で、借りてきました。さ
て、読み始めようかな。


[6524]ロビンズネスト さん(sengang@ma.medias.ne.jp) 2002/07/30 Tue 22:15:30
 本間さんリンクありがとうございます。これを期にさらに内容を充実させていき
たいです。皆さんも是非来てみて下さい。大歓迎です!
 ついに僕は明日から夏休みです。いろいろと読んでやろうと思う今日です。

[6523] 青猫 さん(ototoikiyaga-0@jcom.home.ne.jp) 2002/07/30 Tue 21:46:28
>本間さん
 「青が散る」を読んで見ることにしました。青が好きだからです。日本文学は小
さい頃、お受験で有名作品の冒頭をいくつも暗記してから、受験で文学史を勉強す
るまで、主体的に読んだ絶対量が少ないのです。こっ恥ずかしいです。活字中毒的
な状況になってからは、やれ村上春樹だったもんで…。

 そういえば、カンガルー日和ってホント時々むしょうに読みたくなると思いませ
ん?「4月のある晴れた朝に100%の女の子に出会う事について」や「32歳の
デイ・トリッパー」がどうしても僕は読みたくなります。そして「4月の〜」を読
むと何故かいつも、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の奥菜恵を
思い出しちゃいます。全然、関係はないんですけど、そうなんです。きっと、とて
もきれいな映画だからでしょう。

 

[6522] のぶぞー さん(nobz4@yahoo.co.jp) 2002/07/30 Tue 20:05:55
>本間さん
「遠い太鼓」って何度も読んじゃいますよね。
僕もそう。特にお風呂で。なんでだろう??
僕の持っている文庫じゃぼろぼろになっちゃったので
2冊目です(アホですね)。

[6521] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/07/30 Tue 19:11:53
こんばんわ。テストの方、無事(?)終了しました。
単位は全部取れたと思うのですが・・まあこればっかりは蓋を開けてみないと。
あとはゼミの打ち上げをやって、夏休みですね。

今は川端康成の「雪国」読んでます。テスト中はずっとテキストばかりだったの
で、久しぶりで、心も躍るってもんです。
太宰以来、日本文学にはまってるので、当分この傾向は続くでしょう。

ロシア文学の話が出てるみたいですけど、私の聞いた話では、ロシアの人は外が寒
くてあまり外出することなく、小説を書くことに没頭するため、あんなにも長い小
説ができてしまう、というのがあります。
実際そうなのかは一寸わからないのですけど・・。

春樹さんの新刊、楽しみです。
「模倣犯」も読まねば・・読みたい本は尽きませんね。
それでは、また。

[6520] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/07/30 Tue 19:10:44
こんにちは。東野さんの新作、「トキオ」を読み終えました。それから本屋さんで
お勧めのPOPが立っていた、貫井徳郎さんの「崩れる」と本多孝好さんの「MI
SSING」という文庫が気になったので、この2冊も買って読みました。貫井さ
んは、日常のなかのひずみを描くのがとてもうまい作家ですね。本多さんの短編の
切れは素晴らしいです。実に短編らしい短編です。「トキオ」も本当は感想を書き
たいのですが、未読の方が多そうなのでもう少ししてからコメントしたいと思いま
す。そして、明日にはアーヴィングの新刊が出ます!これもすぐに買うと思います
が、買い置きの未読本がまだ多いので読むのは先になりそうです。

>本間さん
「発火点」読まれたのですね。本屋さんで見かけたときから気になってはいたので
すが、まだ入手していません。東野さんの新刊と一緒の広告を見て、ますます気に
なっていたところです。
「亡国のイージス」、全部読みましたよ。前回の書き込みをした後、翌日くらいに
一気に読み終えました。本間さんプッシュの理由に納得です。

>おりえさん
まずは「天国への階段」読了、おめでとうございます。(お祝いが遅くなりまし
た。すみません。)そして、「模倣犯」入手、おめでとうございます。もうどのく
らいまで行かれましたか?
それからお気遣い、ありがとうございます。夏はどちらかというと苦手ですが、何
とか夏ばてはしないように過ごしたいと思います。
「片想い」はですね・・・確かにおっしゃる点は当たっていると思います。私もベ
ストという訳ではないので。そのうち「トキオ」の感想も聞かせてください。


[6519] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/07/30 Tue 05:54:38
こんばんは(というよりお早うございますかな)。
忙しさと暑さでパソコンたちあげもしなかった、何だかタフな一週間でし
た。今日は4連休の3日目(でもこれも嵐の前の静けさ的休暇)。だいぶ元
気も戻ってきた感じです。

大岡昇平「俘虜気」まだ3分の1位しか読めてないんですけど・・・おもし
ろい。
春樹さんて「魂の最も柔らかい部分に触れてくる作家」って前にどなたか書
かれてた気がするのですが、この人も自身のそういう部分へと真摯に切実に
しかもなるべく公正にアプローチしてる気がします(もちろん両者の方法は
ずいぶん異なりますが)。
「戦争を経験したから、書かれた本」と思われたら、大岡氏は多分怒るだろ
うなあ。確かにその経験に対する考察ではあるのですが。この「考察し追究
する意志」は、いわゆる「戦争の悲惨さを訴えねば」みたいな情緒的な動機
とは独立したものだと思う。
私的には「ねじまきどり」と受ける印象が相通じます。もちろん間宮中尉の
こともありますが、岡田亨の逃げ出さずにぐるぐる考えてる感じとかが。そ
れに牛河的なものも綿谷ノボル的なものも登場しますしね。
(しかし感想は自由とはいえ、余りに強引かしら・・・)

それでは。




[6518] risa さん(pinkpink11065337@yahoo.co.jp) 2002/07/30 Tue 00:49:37
初めまして。
今日初めてこのサイトに来ました。
とても素敵なHPですね。又遊びに来たいと思いました。
もちろん、こちらに来たのは書くまでもない、村上ファンだからです。

昨日、今日と彼と喧嘩の真っ最中です。
とても心が弱っています。
こんな時は何かを調べよう、(何かに夢中になるとその事に心を預ければいいから
です。)と思い、ネットで村上春樹について調べていたら
このサイトに会えました。
めぐりあわせというのは不思議なものですね。
というわけで、又遊びにきます。
では。


[6517]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/30 Tue 00:26:47
 「遠い太鼓」を久々に再読しました。

◎のぶぞうさんへ
 本は読んだ人の数だけ読後感があるでしょうし、言われる通り様々な読み
方があるからこそ、面白いですよね。だから研究本などで、「これはこうな
のだ」と断定しているような表現を見ると、壁に投げつけたくなります。
 私が初めて読んだ時は、まだ「ノルウェイ」出ていなかったのですが、あ
の作品がきっかけという人も多いのでしょうね。

◎アルカンジェリさんへ
 その「しず君」がどなたか分かりませんが、読めて良かったですね。
 「象工場」は、たしかかつら工場も取り上げていたと思うので、あの時点
から「ねじまき鳥」まで暖めていた村上さんの引き出しは、なかなか凄いと
思います。普通の作家だったら、すぐに使うでしょうし。

◎TETSUさんへ
 現在断片的なモチーフしか分からないのですが、専用サイトが開けばもう
少しいろいろ分かるのでしょうね。楽しみです。

◎ごはんさんへ
 たまたまその3作は読んでいますが、ミステリー好きっぽいラインナップ
ですね。
 未読が増えるのは、もう必然的です。私は一定数から減ることはありませ
ん。その方が、何読もうか本棚の前で迷えて、楽しいじゃないですか。

◎あささんへ
 野球は地方球場の方が面白いですよね。芝生の外野自由席が一番好きで
す。中日は朝倉よりも、野口です。あと川崎。早く復帰しないとシーズンが
終わってしまいます。あの二人の故障なければ、いいシーズンになったの
に。本の整理方法は、実家に送るのが手っ取り早いですよ。私は学生時代は
そうしてました。

◎さとしさんへ
 海月ルイさんに関する情報は、さっぱり知らないので何とも言えないので
すが、そういうきっかけで読んでみるのも面白いかもしれませんね。

[6516] さとし さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2002/07/29 Mon 21:57:42
どうもです。
>ごはんさん、あささんどうもです。アンナカレーニナに早速挑戦してみる
ことにします。よっしゃあー。
どうでもいい事なんですが、ぼくは、海月ルイさんのご主人と同じ床屋でカ
ットしてもらっています。ははっ。
最近読んだ本で、ユベール・モンテイエの「死にいたる芳香」は、お酒、料
理の勉強になりました。

[6515] あさ さん(ayumoomin0009@hotmail.com) 2002/07/29 Mon 17:47:12
>本間さんへ。ただいま〜!!神宮夏の陣、行ってきました。でも正直あんましお
 もしろくなかった(笑)。なんか「あの辺で野球してる奴もいるなー」位のもん
 でした。しかもレフトに座ってた(しかも席かなり前)くせに、手にはつばくろ
 う君のぬいぐるみ(笑)。何しにいったんだか、本当。中日はなんか今微妙です
 ね。でも朝倉が強いから安泰でしょう。あと私はまだ学生なんで引っ越せません
 ー。金がないから。もう本買うのやめなきゃ、と思うんですけどね。
>さとしさんへ。トルストイといえば、やっぱかの有名なアンナカレーニナでしょ
 う。でもトルストイに限らずロシアものって長ったらしいから、やっぱ長い夏休
 みにこそ、ですよね。でも私は冬に読むほうが好きだけど。あったかい暖房器具
 の前で読んでこそ!でしょう(笑)。リアルな感じを味わうべく、です。あと普
 通〜に一般的だけど、戦争と平和とかもおすすめです。とか言いつつ、今さっき
 学校の図書館からものすごい量のバルザック全集を借りてきてしまいました。夏
 休みに読みまくりたいです。バルザックなんて、いとこベット読んで以来ですよ
。

[6514] ごはん さん(nakakoma@ams.odn.ne.jp) 2002/07/29 Mon 15:25:31
こんにちは。
お昼のパンを買いに行ったのに、つい隣りの本屋さんにフラフラっと入ってしま
い・・・「有限と微小のパン」「心とろかすような」「プリズンホテル」他3冊を気が
つけば購入。読んでない本があるのにどんどん買い足してしまうのは活字中毒者の
悲しい性なんでしょうか。うれしいんですけどね。

>さとしさんへ  トルストイは簡単なコースは「イワンの馬鹿」だと思います。
 ロシア民話風で読みやすいです。もっと長編コースでしたら「アンナ・カレーニ
 ナ」はいかがでしょう。私は観ていないんですが、ソフィー・マルソー主演でビ
 デオもあるらしいですからそこから入ると読みやすいかもしれませんねえ。い 
 きなり読み出すと最近のテンポの速い本に慣れているとまどろっこしいかもしれ
 ません。参考になるでしょうか・・・。

[6513] TETSU@ さん(w_taps@j-wave.net ) 2002/07/29 Mon 08:50:26
>管理人 本間さん
15歳でねこで四国で図書館で中野区の話し......?
なんにしても楽しみです!

[6512]アルカンジェリ さん(おひさぁ(^^)本間さまぁ〜♪) 2002/07/29 Mon 03:16:18
ついに「しず君」が勧めていてくれた、「精神科医がうつ病になった」泉 基樹著
が図書館に入荷しました(^^)・・・

それと、かりた本は・・・
死ぬな、生きろ。アイデンティ・クライシス」山川健一著
来の歴史〜古代の予言から未来研究まで〜ジョルジャ・ミノワ著
「幸福は幸福を呼ぶ」宇野千代著です。

今日、新聞で「アフガニスタン・シンドローム」という精神病がアフガンから帰還
した米兵の間で流行っているらしいので
主治医に聞いてみようと思っています。

アフガンから帰還した米兵が、自分の奥さんを殺すのです。(謎)

 そうそう、本間さまは「象工場のハッピーエンド」どうでしたか??

・・・ぼくは・・・でした。

[6511] のぶぞう さん(nobz4@yahoo.co.jp) 2002/07/28 Sun 15:25:06
以前、「カンガルー日和」について質問したのぶぞーです。
ありがとうございました!!!

僕が村上ワールドにはまったのは、「ノルウェイの森」ではなく
「世界の終わりと、、、」でした。
それからすべて読んでいます。
なんていうのか人間だれしもが持っている暗黒な世界をかき出して
くれるっつーか。でもいろんな人がいろんな読み方をしていると
思うので、これはあくまでも僕の読み方ですけどね。

またお邪魔しますね。
ありがとうございました。





[6510]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/28 Sun 01:08:33
 コーヒー飲んでいたら、ますます暑くなってきました。

◎あささんへ
 北陸といえば、北陸中日があるので中日はわりと人気あるのでしょうか。
仙台周辺は、巨人が一番人気ですが、仙台出身の人が多い横浜も人気です。
佐々木がいた頃がピークだったかな。彼の同級生は会社にもいますし。
 本は、置けなくなると広いとこに引っ越します(笑)。私はそれで一部屋
潰れてますね。それにしても、なかなか渋い読書傾向ですね。私はリアルタ
イムで変化が分かるのが醍醐味だと思うので、ちょうど逆ですね。

◎ゆめみさんへ
 本当毎日暑いですね。起きた時から暑いですし。
 「亡国のイージス」は、あの取材力と浪花節的人物とのギャップが面白い
のですが、イージスの矛盾は今なお何も変わってませんね。
 「第一級殺人弁護」は先日読み終えました。弁護士も何かと大変ですね。
 「トキオ」は私もまだ読んでませんが、まずは新保裕一の新刊ですね。

◎TETSUさんへ
 新刊のちらしは数種類あるので、四国の話らしい、というのとどう繋がる
のか楽しみです。この小出し宣伝は、なかなか面白い試みですね。

◎おりえさんへ
 「模倣犯」は現時点の宮部みゆきの全てを出し尽くしたと言ってもいいく
らいの傑作です。じっくり読まれて下さいね。
 山本文緒は、「あなたには帰る家がある」と「恋愛中毒」が大好きです
ね。特に「あなたには…」は、確かに男にはそういう願望があるというのを
再認識しました。普段意識しない事を意識するのは面白い体験ですね。
 小説の魅力に関しては、私なんかより様々な作家が様々な言葉で語ってい
ます。最近だとキングの「アトランティス」での描写が良かったですね。

◎コジーさんへ
 初読みから1年経ったんですか。一周年、おめでとうございます。そして
そうなると、絶版及び単行本未収録の作品が気になってくる事でしょう。図
書館でチェックしてみるのも面白いですよ。
 「神の子どもたち…」は、さて何でしょうね。みんな違う事を想像してい
るでしょうし、それぞれ発表してみると面白いかも。あと「蜂蜜パイ」の作
風から、新刊がどうなるかが一番楽しみです。

◎にしんさんへ
 それは借りすぎかも(笑)。頑張って見て下さいね。

◎さとしさんへ
 うーん、読んでないですね。サントリーミステリー大賞受賞作なので、気
にはなっていたんですが。
 トルストイも詳しくないので、詳しい方、フォローお願いします。

◎ロンロンさんへ
 新刊専用サイトのアドレスから、そういうタイトルだなあとは思いました
が、決定したんですか? 楽しみですね。

[6509] ロンロン さん(asimo@h9.dion.ne.jp) 2002/07/27 Sat 23:41:05
新作タイトル発表になりました。
村上春樹 9月刊行の新作「海辺のカフカ」(上下)です。
楽しみです。 
 



[6508] さとし さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2002/07/27 Sat 09:20:54
どうもです。このサイトに来るたびに本好きの方がたくさんいて、なぜか元
気がでてきます。ところで、どなたか海月ルイさんの「子盗り」を読まれて
いませんか?あとトルストイで読みやすい作品を教えて下さい。

[6507] にしん さん(oyogenishin@sea.sannet.ne.jp) 2002/07/26 Fri 14:44:08
こう暑くちゃ映画でもみるしかない!!!10本も借りちゃいました.

[6506] コジー さん(yujikoji@hotmail.com) 2002/07/26 Fri 12:43:24
本間さん、お久しぶりです!

思えば作家、村上春樹に会ったのは昨年でした。
この1年、まじで春樹中毒になってほぼ全作品読みました。
なんだか彼に出会えたおかげで物事を冷静に判断できるようになった気がします。
春樹さまさまですよ!ほんと!
9月に新刊ですか・・・くぅ〜待ち遠しい!!( ̄¬ ̄)

ところで昨日”神の子〜”の単行本買いました。
久々の作品(既読ですが)に感激!春樹マジックにかかっちゃいましたよ!
ところでネタばれになっちゃう(?)かもしれないんですけそ、
一番初めの短編、あの箱の中身って一体なんだったんだろう・・・
うーむ・・・

[6505] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/07/25 Thu 23:20:38
 祝!「模倣犯」上巻、GET!(もうすぐ下巻もGET)

 皆様、暑い日々、如何お過ごしでしょうか?
 遂に!「模倣犯」が読めます。かなり前にリクエストしたので、図書館員さんが
「リクエストした本が届いています」と言われた時「はて?何かリクエストしたっ
け」と困惑した表情を一瞬見せてしまい、そのせいか「長い間おまたせしました」
と詫びられてしましました。読むぞ!

 山本文緒さんの「プラナリア」を読みました。彼女の本は久しぶりですが、やっ
ぱり良かったです。山本さんの文章は苦味がありますが、それを包み込む温かな作
者の視線が感じられて堪りません。生きていく中にある「アク」や「コリ」のよう
なものを書かせたら、天下一品の人です。

 本間さん、山本文緒さんお好きでしたよね。今回読んだ作品と「落下流水」が好
きです。本間さんはどの作品がお好きですか?
 「あいあるあした」を読んだ時、作品がより深くなった気がしました。この「あ
いあるー」がラストにきてくれて良かったです。
 確かに「想像で補完するしかないどこにもない風景(この文章いいですね)」
を味合えるのは小説の魅力ですね。小説でしか表現出来ない世界もありますね。
 ゆめみさん、いやいや幅広いっすよ。すごいです。お仕事がお忙しいようです
が、夏バテされぬように。「やはり夏は暑かった」と思い出させてくれるような最
近の暑さ、厳しいです。
 やっと東野圭吾さんの「片思い」読みました。「秘密」の辺りから東野さんは
色々なテーマ、モチーフに挑戦されてますね。
 ただ個人的な意見としてこの「片思い」を読んだ時、いつも東野さんの作品を読
んで感じるカタルシスはなかったかな・・・。でも色々考えさせられたテーマでし
た。
 
 では!
 


[6504]TETSU@ さん(w_taps@j-wave.net ) 2002/07/25 Thu 17:53:39
9月にいよいよ新刊発売ですね〜。
図書館の話し&中野区の話しらしい......。
住人としては嬉しい!!

[6503] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/07/25 Thu 17:51:15
こんにちは。ちょっと来なかった間に、相変わらずすごい量の書き込みですね。
皆さん、毎日暑いですね。職場の冷房と外とのギャップがきついです。
私は先日買った「法月綸太郎の新冒険」と「第一級殺人弁護」を読んだ後、買い置
きの本を置いたまま「亡国のイージス」を読み始めました。まだ上巻を読み終わっ
たところなのですが、確かにこの作品はすごいですね。決して一般的ではない舞台
をあれほどまでに描ける力に感服しました。後から思い返すと細かい複線が綿密に
張られているのが良く分かりますね。本当ならもっと早く読み終えたいところなの
ですが、今週は仕事がばたばたしているので下巻を読み終えるのは今度の土曜日く
らいになりそうです。その後は早くも何を読もうかなと考えていたのですが、東野
さんの「トキオ」が出たのでまずはこれを読みたいと思います。買ってはあるので
すが、「亡国のイージス」を放ったまま読む気にはなれなくて・・・。今週末には
読むぞ!と思っています。

>本間さん
「第一級殺人弁護」は男性の弁護士の方が主人公なので、大丈夫ですよ。完璧では
ないけれど、親しみの持てるキャラクターです。
今月はここ数ヶ月のうちではいちばんの読書ペースでした。良かったです。

>おりえさん
本の範囲、広いですか?ありがとうございます。個人的には結構偏ってしまってい
るかなと思うときもあるのですが・・・。好きな作家の作品は大体読破する性質で
すし、その作家の方が影響を受けているような作家の作品も読みたくなってしまう
方なので、切りがないですね。翻訳ものだと、翻訳者の方の影響もあります。ミル
ハウザーは柴田元幸さんのお勧めで読みました。万人受けの作家ではないですが、
あの作風が好きな方はもっといるような気がします。

[6502] あさ さん(ayumoomin0009@hotmail.com) 2002/07/25 Thu 16:31:40
ごめんなさい。また私です。てか野球のことしか書いてなくて、ばかみたいでした
。ここは本のことを書くとこなのに。

ということで。最近第二次古本屋ブームで(第一次は今年の冬)いっぱい買って、
もう置くとこないです。みなさんは置き場所困ったらどうしてるんですか?やっぱ
捨てるしかないのか。ちなみに昨日買ったのはアーヴィング(ワシントンじゃなく
てジョンの方)、カポーティ、モーム、アーサーヘイリー、マークトゥエイン、石
原慎太郎、筒井康隆、江国香織、山田詠美、阿刀田嵩などなど。アーヴィングは本
当今更だけど、でもやっとホテルニューハンプシャー、読めます!!うれしいけど
でもいつ読もうか。この「大事な本を取っておく」のは結構難しいですよね。まあ
暇ができたらお風呂に入って読みたいです。うさぎ以来のアーヴィングになるので
すごい期待大です。

でも外人の、昔のってどうしてこうも面白いんでしょうかね。最近の日本の作家さ
んのなんてただただ疲れるだけでちっとも面白くないのばっかしだけど(ただ単に
私がお子様なのか)、古臭い外人のははまる!!ということで目下読みたくてしょ
うがないのはスタンダール。高校生の時初めて読んで、それ以来繰り返し読んでま
す。本好きって、どんどん新しいの読む人と、いつまでも同じのばっか繰り返して
読む人とがいると思うんですけど、明らかに私は後者で、うちの本たちはもうぼろ
ぼろです。ああ、でも寝酒代りに読んでたアンナカレーニナ、まだ途中なのに。今
はリョーヴィンがニコライとなんかうまくいかないなーってことで草刈ってる場面
です(笑)。リョーヴィンは私の想像では絶対顔の青白い男だと思う。血色の悪そ
うな。

[6501] あさ さん(ayumoomin0009@hotmail.com) 2002/07/25 Thu 12:36:27
本間さんへ。それは!!知りませんでした。申し訳ないです。実は私の実家は石川
の方で、ご近所さんが小松辰夫(の実家)なんですよ〜。もうあの辺一帯ドラファ
ンばっかです。ちなみにうちの弟は山崎武のサイン入りバット所持。

[6500]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/25 Thu 11:38:20
 返事その2。

◎青猫さんへ
 はい、初めまして。
 それは難しい質問ですね。ここに来ている方も、村上ファンということで
は共通ですが、好きな作家はそれぞれ違うでしょうし。日本の作家で文学と
いうのであれば、私なら宮本輝を推します。「青が散る」「ここに地終わ
り、海始まる」「流転の海」辺りが入りやすいかと思いますよ。

◎つかさんへ
 私はクーラー入れると寝てしまうので、暑い中窓全開で読んでます。暑い
とビールが美味しいのはいいのですが、飲み過ぎるのがネック。
 読まれた本、なかなかのラインナップですね。「理由」はさっき見たら、
もう4年経ったんですか。早いなあ。「心臓を…」は、ハードな話なので、
元気がある時に一気に読む事をお勧めします。

◎あささんへ
 はい、初めまして。メールもちゃんと見ましたよ。
 学校からアクセスしている方というのは結構多いみたいですね。家から繋
がったら、また遊びに来て下さい。
 それはさておき、熱心な中日ファンの私にそういう書き込みをするとは、
チャレンジャーですね(笑)。巨人に3タテで、今年は終わりっぽい。

◎こうちゃんへ
 資格試験、お疲れさまでした。私の職場でも先輩が受けさせられて、毎週
日曜日に講習行くのが大変そうです。これでゆっくり未読の本でも楽しんで
下さいね。
 うちの近所は犬はいないのですが、演歌歌手の歌が大音量でした(笑)。

◎ムーンさんへ
 中日ファンは今でも複雑なのですが、結果的にセ・リーグを盛り上げてく
れたので、まあ結果オーライですね。今年のオフに松井と中村を取ると言っ
てますが、さてどうでしょう。松井は無理っぽいけど、中村は面白いかと。
 「心臓を貫かれて」は、さっきも書きましたが、元気な時に読んで下さい
ね。やるせなくなってきますから。

[6499]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/25 Thu 11:28:41
 さっきほとんど返事書いたのに、間違って消してしまいました。とほほ。

◎さとしさんへ
 暑い時は、なかなか集中できないから短編もいいかもしれませんね。
 なぜか読みにくい時は、読む時期にないか、自分に合わないかです。何年
かおくとスムーズに入れる、というのも結構ありますよ。

◎たけさんへ
 公式サイトが8月にオープンするので、そこで各種情報は手に入ると思い
ますよ。版元が開くサイトなので確かでしょうし。
 でも、個人的には先入観なしで読みたかったですね。あると見ちゃいます
から。

◎ロビンズネストさんへ
 試験が終われば夏休みですね。いいなあ。
 遠藤周作は、私も3作しか読んでいないため、詳しくないのですが、あれ
だけの作品がある作家ですから、夏休みに読破するというのも面白いかもし
れません。

◎しのさんへ
 最後の夏休みですか。就職すると、夏休みなんてほとんどないので、たく
さん遊んで下さい。
 江國香織は、数少ない私が苦手な作家です。日常生活の描写が苦手なんで
す。でも人気があるのは肯けますね。「アンテナ」は、まあいろいろ問題も
あった小説ですが、三部作の中では一番面白いと思いますよ。

◎fmさんへ
 ああ、酒井美紀はいいですね。なんか正統派という感じがします。
 高村薫を読まれるなら、その書かれた順番で読むことをお勧めします。合
田刑事シリーズなので、時系列順がベストですね。それにしても「レディ
ー・ジョーカー」が未読とは羨ましい。楽しんで下さい。

[6498] ムーン さん(flower7@moon.co.jp) 2002/07/25 Thu 00:38:56
今日は阪神がさよならホームランでとてもいい気分です。
星野監督が来てくれてチームが明るくなりました。

>最近、遠藤周作原作の「愛する」という映画を見てから遠藤周作に興味がありま
す。
>何かお薦めの小説はあるでしょうか?

私も「深い河」はお勧めします。
小説の中に出てくる大津という僧侶が印象的です。
この本を読んでインドに興味を持ちました。

「心臓を貫かれて」を読み始めました。
長くて分厚い本なので時間がかかりそうです(笑)



[6497]ロビンズネスト さん(sengang@ma.medias.ne.jp) 2002/07/24 Wed 23:46:56
>fmさん
 ありがとうございます。「深い川」試してみます。
 酒井美紀かわいかったですね。ほんとに先月に見たくらいなのであの映画の彼女
の無垢な感じの人物像がすごい新鮮でした。渡部篤郎の演技も独特なところがあっ
て僕は好きです。

 「愛する」の原作は私の・棄てた・女という題でしたっけ?原作も読んでみたい
と思ってます。

[6496]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/07/24 Wed 19:28:41
本間さん、みなさんお久しぶりです(^ー^)ノ
今日ようやく資格試験終わりました。
これから、ちょいとネット徘徊して、
溜まっている本を片つけてみたいと思います。

こっちも、本間さんの所と同じ理由で花火がうるさいです。
そのあと犬が騒ぎまくるので、余計うるさくなってしまいます(^O^)


[6495] あさ さん(ayumoomin0009@hotmail.com) 2002/07/24 Wed 17:37:30
はじめまして。今日初めてここを見つけて、今さっき「世界の終わりと〜」とゲス
トコーナーみたいなとこに書き込みしてきました。私も春樹さん大好きです。てか
もうすぐここのPC閉まるんでもう終わらなければ(学校なんです)!おうちのパソ
繋がったらいっぱいここに来たいです!日曜みんなフジ見ろよ!!対巨人の神宮中
継に私映るかもしれないんで。絶対真田だよ〜。桑田のほうがいいよ。ちなみにあ
さは巨人と広島好きです。黒田最高。

[6494] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2002/07/24 Wed 16:25:16
本間さん、皆様こんにちは。
随分久し振りになってしました。
この季節、クーラーを程々にきかせた部屋で読書しているのは
(休みの日ならビールを飲みながら)幸せですねぇ。

皆様ほどではないですが、ボチボチと読んでおります。
春樹さんの「約束された場所で」、オースター「ムーン・パレス」、
宮部みゆきさん「魔術はささやく」など。
本間さん、その他の方に薦めていただいた
「ムーン・パレス」は良かったです。NYらしくて。
「魔術はささやく」は言わずもがな、です。さすが!
(「言わずもがな」って最近あまり使わないそうですね)

この後は太宰治「人間失格」、夏目漱石「草枕」、ディッケンズ
「クリスマス・カロル」、M・ギルモア「心臓を貫かれて」、
宮部みゆき「ドリームバスター」、と控えています。
が、8/9(でしたか?)に宮部さんの「理由」が文庫化されると
いう事なので、ムムム…です。

>青猫さん
初めまして。僕もあまり春樹さん以外の小説は読んでなかったのですが、
こちらにお邪魔する様になってから、だいぶ世界が広がりました。
この掲示板にたびたび出てくる作家さんはお薦めできると思います。

長々と失礼しました。では皆様、暑いですから身体に気を付けましょう!


[6493] 青猫 さん(ototoikiyaga-0@jcom.home.ne.jp) 2002/07/24 Wed 15:06:15
 はじめまして、本間さん、皆さん、こんにちは。

 僕は村上春樹さんの作品が大好きでいつも一冊は持ち歩いています。村上春樹さ
んの作品は読んでいるとその独特の空気に包んでくれます。しかし最近たまには、
違う人の作品を読みたいなと思っているのです、何かいい作品はないですか?皆様
と同じように僕にとって読書というのはおそろしく重要なものなのです。昨日も書
店で江国香織さんの「神様のボート」を手にして考え込んでみました。果たして僕
はこの作品を読んで失望しないかと。そこで僕は、皆様のように村上さんの作品が
いいと言う人々の意見が聞けたら幸いだなぁと思ったのです。どうぞ、よろしくお
願いします。
 また、僕に不適切な発言がありましたら、お許しください。







[6492] fm さん(nikkun@mvb.biglobe.ne.jp) 2002/07/24 Wed 10:52:20
本間さん、皆さん、こんにちは。

>最近、遠藤周作原作の「愛する」という映画を見てから遠藤周作に興味がありま
す。何かお薦めの小説はあるでしょうか?

ロビンズネストさん、はじめまして。僕も「愛する」をビデオで見てから、遠藤さ
んに興味を持ち始めました。酒井美紀が主演という理由だけで、借りたんですけど
(笑)。いろいろと考えさせられるストーリーでしたね。
遠藤さんの小説というと、『深い河』が印象に残っています。もし、未読でしたら
いかがでしょうか?

この夏は高村薫さんに挑戦しようと思っています。『マークスの山』『照柿』『レ
ディジョーカー』を古本屋さんで手に入れました。

それでは。


[6491] しの さん(shino1496@hotmail.com) 2002/07/24 Wed 09:32:20
こんにちは
昨日、テストも終わって、長い長い夏休みを迎えました。
今年は、例年になくたくさんの予定が入っているので楽しみです。
学生最後だから、遊ばなくっちゃですよね。


この間、江國香織の「きらきらひかる」「神様のボート」を読みました。
続けて、短編集を読んだんですが、こちらはいまいちしっくりこなかったですね。
そんなもんで、今は田口ランディの「アンテナ」を読もうと、図書館で借りてきま
した。
田口ランディはずっと読みたいと思っていたのですが、まだ読んだことがないの
で、しっくりくることを期待してます。

[6490]ロビンズネスト さん(sengang@ma.medias.ne.jp) 2002/07/24 Wed 04:20:21
こんばんわ。久しぶりに来たけど、相変わらずにぎわってますね。大学の試験のレ
ポートの作成がてら、気分転換にきました。

ここに来るとついつい村上さんの小説を読みたい衝動に駆られます。あと一週間我
慢して、8月には読み漁ってやろうと思います。

最近、遠藤周作原作の「愛する」という映画を見てから遠藤周作に興味があります。
何かお薦めの小説はあるでしょうか?

[6489] たけ さん(tkhrkt@yahoo.co.jp) 2002/07/23 Tue 20:55:38
はじめまして。時々訪ねてくるのでよろしくお願いします。
ところで9月に発売予定の春樹さんの新刊について何か情報をお持ちの
方いらっしゃいますか?公式サイトもまだ開いてないようなので。
http://www.kafkaontheshore.com
アドレスから推定する限りカフカに関する小説のような気もしますが・・・。

[6488] さとし さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2002/07/23 Tue 14:55:07
二度目のカキコです。今カンガルー日和を再読しています。暑くってうだう
だしてる時は、短編が最高です。大岡昇平の「事件」は、何故か読みにく
く、半分くらい読んでそれから先に進んでないです。          
          

[6487]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/23 Tue 12:16:30
 隣の神社で昨日今日とお祭りなんですが、開催の合図の花火を朝から打ち
上げるので、心臓に悪いです。

◎ユウと猫さんへ
 読書は量じゃなくて質だし、マイペースでいいと思いますよ。あと時間は
それほど関係ないかと。読みたくなったらどんなに仕事があっても、読みま
すしね。

◎あっくんへ
 うーん、自分が傷つく分にはいいんですが、意図的とまではいかなくても
気配りが足りずに傷つける事が多いので、やっぱり気になります。若いとき
ならともかく、今でもそうなので、自覚して直していかないとなあ。
 「俘虜記」といえば大岡昇平ですか。未読なんです。ある時期は、新聞社
員は必読とまで、言われていたみたいですね。

◎沙羅さんへ
 ADSLは快適ですよね。もう元には戻れないという感じです。
 ハルキさん料理、沙羅さんも参加されるんですね。楽しみです。私は今日
作る予定ですが、コロッケかハンバーグにしようかと。コロッケは熱そうだ
から、ハンバーグにしようかな。

◎かずおさんへ
 「蚊トンボ」は、「本の雑誌」に「大人版ど根性ガエル」と書かれていま
したが、全くその通り。お楽しみ下さい。
 「バンドーに訊け」は、犬と競輪ネタ満載で面白いですよね。もう読める
事はないですが、その分小説に期待しましょう。
 料理はさっき書いた通り順調です。私のとこでも案内ページ作りますので
もう少々お待ち下さい。

◎MIUMIUさんへ
 テストといっても、その後に長い夏休みあるからいいじゃないですか。そ
れを楽しみに頑張って下さい。
 私は本読みなだけに、ついそうなると言葉もきつくなります。冷たいとも
よく言われるし。だからこそ、巧くいかなくなると、いろいろ後悔します
よ。みんな幸せになっているといいのだけど。

◎nkmtさんへ
 こちらもテスト中ですか。
 確かに傷つく事を恐れていると何も出来ませんが、慎重になる事は出来ま
す。そうなる事が必然とは思いませんし、どれだけ相手の事を思いやれるか
だと思いますね。でも言うのは簡単ですが、実行するのは難しいんですよ、
経験上。

◎やーまやーまさんへ
 そういう昼休みもいいですね。私は外に食べに行って、休憩室でタバコ吸
っているともう終わってしまいますし。
 人の気持ちばかりは、どうにも変えられませんし、巧く行かなかった恋は
仕方ないです。無理に長引かせても惰性だけになってしまうし。きっと村上
さんもそう思ってくれるでしょう。
 「国境」は、終わった恋が多ければ多いほど、思うことは多いですよ。ぜ
ひ再読されてみて下さい。

◎さとしさんへ
 はい、初めまして。
 それはポプラ社の乱歩シリーズですね。私も読んでました。大体のミステ
リ好きは、あれとホームズシリーズにはまるんですよね。
 村上作品で思い出すのは、私は高校と大学の頃でしょうか。一番変化があ
った頃だからかな。

◎あんこさんへ
 東野圭吾の新刊「トキオ」は出ましたね。まだ読んでませんが。
 「国境」の話は、だんだんストーリーに触れてきたので、微妙なところで
す。確かに、どちらの行動も確信犯的ですから、あの主人公の行動は嫌だ、
という意見が多いのも分かります。あれは極端な例かもしれないけど、そう
いう自覚がある私が読むと、あのシーンは本当辛いですね。

◎さえさんへ
 その前日になるまで放っておく、というのは学生時代の私に似て好感が持
てますが、早く直した方がいいですよ(笑)。
 あと、自分でやらないとなかなか身に付きません。経験的に。

◎virtuosoさんへ
 なるほど、virtuosoさんはその比喩が好きなんですね。この辺りはかなり
好みが分かれるでしょうが、確かに素敵な比喩です。

[6486] virtuoso さん(virtuoso@cs.puon.net) 2002/07/23 Tue 03:56:59
>さえさん
私が村上作品の中で、これぞ村上流比喩っていうのをあげるとしたら、それは「ノ
ルウェイの森」に出てくるものですね。単行本でいうと、下巻の152頁です。文
庫は持ってないのでわかりませんが、第九章の後ろのほうです。主人公が、緑とい
う女性に「どれくらい(私のことが)好き?」ってきかれて、「春の熊くらい好き
だよ」と答えるのです。

「春の野原を君が一人で歩いているとね、向こうからビロードみたいな毛なみの目
のくりっとした可愛い子熊がやってくるんだ。そして君にこう言うんだよ。『今日
は、お嬢さん、僕と一緒に転がりっこしませんか』って言うんだ。そして君と子熊
で抱きあってクローバーの茂った丘の斜面をころころと転がって一日中遊ぶんだ。
そういうのって素敵だろ?」

「それくらい君のことが好きだ」

この部分ですね。とても村上らしくて、大好きな部分です。
お役に立ちますかね?

[6485] virtuoso さん(virtuoso@cs.puon.net) 2002/07/23 Tue 03:43:36
>さえさん
私が村上作品の中で、これぞ村上流比喩っていうのをあげるとしたら、それは「ノ
ルウェイの森」に出てくるものですね。単行本でいうと、下巻の152頁です。文
庫は持ってないのでわかりませんが、第九章の後ろのほうです。主人公が、緑とい
う女性に「どれくらい(私のことが)好き?」ってきかれて、「春の熊くらい好き
だよ」と答えるのです。

「春の野原を君が一人で歩いているとね、向こうからビロードみたいな毛なみの目
のくりっとした可愛い子熊がやってくるんだ。そして君にこう言うんだよ。『今日
は、お嬢さん、僕と一緒に転がりっこしませんか』って言うんだ。そして君と子熊
で抱きあってクローバーの茂った丘の斜面をころころと転がって一日中遊ぶんだ。
そういうのって素敵だろ?」

「それくらい君のことが好きだ」

この部分ですね。とても村上らしくて、大好きな部分です。
お役に立ちますかね?

[6484] さえ さん(sa-a-e-e@nifty/com) 2002/07/22 Mon 19:37:12
村上春樹さんファンお願いです。学校で村上春樹の比喩について書かなきゃ
池にんですが明日までなのでこれから本を探してもまにあわないのです。。
誰かこれぞ、村上流比喩っていうのを、本の名前とページ数つきで教えてく
れませんか??お願いです!!

[6483] あんこ さん(amrin@syd.odn.ne.jp) 2002/07/22 Mon 12:56:39
こんにちは。
最近、なぜかホントに本を読んでません。
東野圭吾の新刊が出たんですか?

「国境の」話、遅ればせながら私も参加させてください。
私も、あっくんさんやMYUMYUさんにハゲシク同意ですよー。
確かに人間生きてれば、知らぬ間に誰かを傷つけてるかもしれないけど、
あの場合、主人公がとった行動は決して無意識じゃあないですよね。
イズミに対しても、このことをイズミが知ったら絶対に傷つくって
分かってることですよね。

という訳で、実はあまり好きじゃないんですよ、国境の〜は。
なんか、切なさを越えて辛くなっちゃうんですよね。

[6482] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) ) 2002/07/21 Sun 12:29:42
うーむ、いくら疲れてるとはいえ、ロシアとドイツを間違えるとは・・・・われな
がら自分の脳が怖い。。。

[6481] さとし さん(smibde088088@yahoo.co.jp) 2002/07/21 Sun 02:15:05
皆さん始めましてさとしと申します。暑いですね。ぼくにとって読書のはじ
まりは、小学四年に読んだ怪奇四十面相からです。ちょうど夏休みの最中
で、冒頭のシーンは今でもよく覚えています。村上作品に没頭するとすっと
そのころにトリップすることがあります。まあこんなんですがどうぞよろし
く。

[6480] やーまやーま さん(sandc6@din.or.jp) 2002/07/21 Sun 00:31:46
夏休みが始まったようですね。テスト中の方、おつかれさまです。
この季節になると、子供の頃、ラジオ体操のために公園へ向かう途中、せみの脱皮
をみたことを思い出してしまいます。

今、2週間だけの派遣仕事で、ある会社に通っているのですが、お昼休みはお弁当
を食べ終わると、春樹さんの「スプートニクの恋人」を12時59分まで読んでま
す。
いつも読むところは「すみれ」が残したフロッピーの中の文章です…。

本間さん、ちなみに、春樹さんの本を贈ったのは以前の恋人です。
この人とのことは、村上朝日堂で春樹さんにも「これからも仲良くね」とお返事い
ただいたのですが、残念ながら幸せな結末はやってきませんでした。

掲示板を読んでいたら、私も久しぶりに「国境の南…」が読みたくなりました。
あの本は恋をたくさんしてから読み直すとまた違った印象を受ける作品のひとつだ
と思います。

[6479] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/07/20 Sat 22:46:28
お久しぶりです。私もMIUMIUさんと同じくテスト中で四苦八苦してます。
語学はないんですけどね。すべて法学の専門科目なのでこれはこれでしんどい。
ちなみに語学はフランス語でした。ゴダールやベッソンに惹かれてですけど。
しかしものになってません。

自分が無意識の内に誰かを傷つけている、という事実は恐ろしいですね・・。
坂本龍一は(彼自身の言葉かは分かりませんが)「人を傷つけ、自分が傷つくのを
恐れて、人から離れるのは、卑怯だ」という旨の発言に影響を受けたのを思い出し
ます。
この言葉にその当時は反発したものですが、その後にノルウェイの森のレイコさん
の「どれだけ最善を尽くしても、人が傷つくときは傷つく」という科白にやられま
したね。
人を傷つけ、自分も傷つくというのは必然であり、そこからなにを学びとるか、そ
の傷を今後どう扱うのか。
それが今の私の傷に関する考え方、ですかね。

バイトの方は一寸人間関係がギクシャクしてしまって、辞めてしまいました。夏休
みはゆっくりするつもりで、とりあえず宮部みゆきの「模倣犯」あたりから攻めよ
うと思ってます。

最後に、非常に言い難いのですが・・MIUMIUさん、ドフトエフスキーはロシア人で
は・・・。

[6478] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/07/20 Sat 21:29:50
HELLO!MIU×2です。テストのヤマを超えて、一安心。
ゆうと猫さん、はじめまして。みうみうです
えースペイン語は落としたかもしれません。(死)必修なのに・・・(;;)
ドイツ語ですか?最近ドイツ文学を読んだので(主にドフトエフスキー)、親近感
ありますね〜。
ところであっくんさんいいこと言いますねー。理解は誤解の総体ねーうーむ
本間さんの言うように・・・確かにあのシーンが怖いのは、無意識に(じゃなくて
も?)誰かの「表情という名前で呼ばれるはずのものをひとつ残らず奪い去って」
しまったら、と思うからでしょうね。今までもたくさんのひとを傷つけてきたけ
ど、多分これからも誰かを傷つけるんでしょう。
それが愛したひとだったりするなんて、なんか虚しい。。。
でも傷つかない愛なんてねーよって言われちゃいそうですね(^^;
あ、ちなみに、あたしはまだまだイズミ派です!!・・・年が近いからv
(←必死にアピール)・笑




[6477]かずお さん(tosyokukan@mail.goo.ne.jp) 2002/07/20 Sat 19:56:49
うわーん。ごめんなさい。下のURL、違ってました。(汗)
正しくは、http://www1.odn.ne.jp/~cby75900/harukiindex.htm
です。

[6476]かずお さん(tosyokukan@mail.goo.ne.jp) 2002/07/20 Sat 19:49:15
こんにちは。蚊トンボ中のかずおです。
やっと夫が読み終わって、私に順番がまわってきました。
白髭は、シラヒゲなんですね。私はなぜか「シラガ(白髪)」と読み間違えて
いて、かぼそいおじさまの話かと思ってました。(笑)
まだ途中ですが、とてもおもしろそうです。

馳星周さんの書評が、文庫になっていたので読みました。
以前からここで、馳さんの書評はおもしろかったと聞いて(読んで)いたんで
すが、ほんとおもしろかったー。もっと読みたいです。

沙羅さん、「500円でムラカミハルキ料理」楽しみにしてます。私も特売を
狙って、がんばりました。本間さんは、進んでますかー?(笑)
500円でムラカミハルキ料理って何?ってかたは、
http://www1.odn.ne.jp/~cby75900/img/dscf0011.gif
ここへどーぞ。(宣伝しちゃった。(笑))

[6475]沙羅 さん(so_dyu@m4.kcn.ne.jp) 2002/07/20 Sat 09:15:15
 おはようございます。朝から扇風機かけまくっています。
 ADSL導入を機に引越ししました。Yahoo!BBよりも安い地元のプロバイダーです。
ホームページの引越しに四苦八苦してしばらく沈没してました。もしこの間訪れて
下さった方へ、何もお知らせ出来ずに申し訳ありませんでした。

 今日は久々に一人の時間を満喫します。でハルキさん料理にトライしてみます。
予算500円はちょっと苦しいので、雑草のごとく繁っているルッコラを足してやりく
りしてみます。さてスーパーをはしごして特価品を見てきます。
 洒落た食器などありませんが村上春樹さんを想って料理するのはなんだか楽しそ
うです。

[6474] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/07/20 Sat 02:48:42
こんばんは。
「国境」話、続き。
MIUMIU さん、でーすーよーねー、思いますよね、やはり(笑)。
ああ、女子高生でらしたんなら奥さんよりイズミの方にシンクロしやすいか
な。

本間さん、スイマセン私もMIUMIUさんと同じ勘違いしてました・・・。
傷つける・られるに関しては・・・でもほら、お互い「理解は誤解の総体」
なんだから、とにやりと笑ってやりすごすことにしてます、最近、ワタク
シ。(象徴的にでも)血が流されることによってしか購えない何かもあるわ
けですし。

まあ必要に迫られていつのまにかそういう厚いツラノカワを身につけてし
まった訳ですが、ユウと猫さんの男女のぐしゃぐしゃ以前のフレッシュな視
点には、はっとさせられてしまいました・・・中学生で「知と愛」(嗚呼ヘ
ルマン・ヘッセ!)初めて読んだ時の感じが蘇ってきて。今読むと色っぽい
場面も多い小説なんですが、そんなことは全然解らず、「私もこんな生き方
をするんだ!」(笑)。何か、変わったなあ、自分。思えば遠くにきたもん
だ。

閑話休題

最近忙しくて本屋さん行けなくて(故に佐藤正午は未入手)、でも取りあえ
ず何か、と家にあった「俘虜記」読み始めました。「野火」は小説だったけ
ど、これはちがうんですねえ。どこかつきはなしたドライさは共通です
が・・・でもやはりこちらの方が相対化しようとしてしきれない、生々しさ
があります。

それでは。



[6473] ユウと猫 さん(cocoa_84@hotmail.com) 2002/07/20 Sat 00:44:47
>>あっくんさん

初めまして。

国境と南についてですが、
自分が一人っ子のせいか、凄く愛着が持てました。
最初10頁くらい読んで、スルスルと一日で完読しました。

一人っ子って関しては、自分が感じていた物と、あそこに書いてる物が殆ど違いま
せん。
それと、今では気にならないのですけど、小学校、中学校では他人に対しての
欠乏感が少なからずありました。
久しぶりに自分の記憶的な感情をかき立てられた気がして読みやすかったんです
ね。
それと、日常的な不安定さが、自然と近くの人を傷つけているっていうところでし
ょうか。

村上春樹の小説を読むと「浮遊感」を感じます。これが病み付きですね。
Arto Lindsayを聞きながらいつも読んでます。

読書量みなさんに比べたらかなり少ないですね・・・。
月に10冊ぐらいしか読めません。時間無くて・・・^^;

>>MIUMIU

初めまして。
スペイン語ですか、良いですね。
自分はドイツ語やってます。

頑張りましょう^−^





[6472]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/19 Fri 09:37:15
 今朝は5時に起きてしまいました。今日は夜6時から仕事なのに。

◎ゆめみさんへ
 中嶋博行は司法試験通った女性が主人公というのが多いので、個人的には
昔の彼女を思いだして辛いのですが、私も好きです。「新冒険」もいい短編
集ですし、お楽しみ下さい。
 「亡国のイージス」はあの年の収穫でしたね。日本を巡る状況も興味深か
ったですが、物語としても面白いですよ。

◎MIUMIUさんへ
 栗本薫はかれこれ20年読んでますが、一種の天才でしょうね。今は「グ
イン」しか読んでいませんが、一時期の切れは凄かったです。
 「国境」の怖さは、そういう物語的要素もあるんですが、自分も無意識の
内に誰かを傷つけてきたのかもしれない、という事です。かもしれない、じ
ゃなくて、実際そうなんでしょうね。怖い事です。

◎おりえさんへ
 「天国への階段」良かったですか。私は読んでいる間中、ツェッペリンの
あの曲が頭の中でかかってましたね。個人的に決着の付け方が今までの作品
と比べて納得いかないのですが、力作である事に変わりはないですね。
 ドラマは見ないので何とも言えないのですが、確かに映像だと一目瞭然な
ので、分かりやすいですね。でも想像で補完するどこにもない風景というの
も、なかなかいい感じかと。

[6471] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/07/18 Thu 22:39:04
 皆さん、暑いですね。
 この間、久々に雷雨だったのですが、ちょうどパソコンをやっている最中だった
ので「ああ、頼む!停電せんでくれえ〜」と、ヒヤヒヤしながらやっていました。
 心臓に悪いです。

 やっと「天国への階段」を読みました。泣きました。テイッシュ片手に握りしめ
て泣きました。
 誰だって苦しむために、不幸になるために生きているわけではないのに、皆それ
なりに日々一生懸命生きているはずなのに、何故皆、幸せになれないのかなあと思
いました。この本を読んで、人って悲しい生き物だなと感じました。いい本に出会
えて良かったです。
 また図書館に行ったのですが、東野圭吾さんの「片思い」、加納朋子さんの「さ
さらさや」、矢口敦子さんの「VS」、永井するみさんの「大いなる聴衆」、山本
文緒さんの「プラナリア」をゲットしました。豊作でした。「ああ、今日はついて
いる!」と小確幸を噛み締めておりました。

 本間さん、テレビの「天国への階段」を終わりの辺りから見たのですが、やっぱ
り牧場とかの映像を見る時は、こういう部分では小説は映像には叶わないなあと思
いましたね。
 ジューシーは瑞々しいという意味で合っています。うちの辞書に瑞々しいは載っ
ておりました。調べて良かったです。全然違う意味で使う所でした。
 ゆめみさん、ゆめみさんの読書の幅って広いですね。私は狭い方なので感心して
しまいます。
 やっと「天国への階段」を読む事が出来ました。もっとこういった類の本が出て
きてほしいなあと思います。面白いだけでなくて、何かを響かせるような。
 確かにテレビの「天国への階段」は原作と結構違いますね。わりと良く出来てい
ると思うのですが、ラストが雑になった気がします。
 ゆうと猫さん、はじめまして、お若いですね。
 確かに村上さんの作品は、好きな人と受け入れられない人に、すっぱり別れるで
しょうね。彼の作品はある人達には「ある」作品で、ある人たちには「ない」作品
に感じるのではないでしょうか?
 私は愛しています!

 では、お休みなさい。

[6470] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/07/18 Thu 20:52:15
こんにちわ。MIUMIUです。
皆様読書数半端ないですね・・・MIUMIUは今テスト期間で四苦八苦です!!
スペイン語おとしたかも・・・
今「ベニスに死す」読んでます。映画にもなりましたよね。
あと栗本薫に夢中です。やおいものですが、面白い・・・このひと、天才?

あっくんさん†
思いましたねー国境。あたしもはじめて見た時、女子高生でした。
「えーサイテー」って(笑)「イズミ可愛そう」って(笑)。
読んでる時は夢中だったんで思わなかったですけど、あれって不倫小説?
ですよね(笑)友達に指摘されて、はじめて気付いた(^^;
でもあたしが一番印象に強いのは、やはり最後のあのシーンですね。
あえて言えば・・・怖い。(笑)ぞっとしました。
としか言いようが・・・でも本間さん、女のあたしからすれば、
あのシーンがあるからこそ、個人的に印象の強い作品なんですよね、やっぱ
り・・・
だいたい、あの痛みがないと、なんだか主人公都合いいじゃないですか!?(苦
笑)

それでは皆様、夏バテしないよう、よい夏を。


[6469] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/07/18 Thu 19:19:51
こんにちは。昨日本屋さんでちょっとだけ本を買ってきました。講談社文庫の新
刊、法月綸太郎さんの「法月綸太郎の新冒険」、中嶋博行さんの「第一級殺人弁
護」、森博嗣さんの「黒猫の三角」です。法月さんはこの1冊だけが見つけられず
未読だったので、文庫になって嬉しいです。中嶋さんは短編集を読むのが初めてで
すし、森さんは新シリーズの文庫化ということなので。まだ1冊買い置きの未読文
庫本があるので、それを読んでからになりますが、読むのが楽しみですね。
オースターの「リヴァイアサン」は今度の週末に買いに行きます。ミルハウザーの
「マーティン・ドレスラーの夢」が待望の出版となり、これは買ってはあるのです
がもったいなくて(?)まだ読んでいません。今週末は東野さんの新刊も出ます
し、あっという間にまた未読本が増えてしまいそうです。

>本間さん
ありがとうございます。お言葉に甘えて、また書き込みしました。
「亡国のイージス」は、気になってはいたのですが、まだ読んでいません。そこま
で本間さんがプッシュされるようであれば、今度買ってこようかなと思います。
最近本屋さんにはまめに行くのですが、チェックが追いつかないですね。
良い本を見つけるのはなかなか難しいです。

[6468]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/18 Thu 10:29:08
 奥田英朗、今回もだめでした。どうも最近ミステリ系の作家が直木賞取る
事なくて残念。

◎ブックフィールドさんへ
 私もそこが印象的でした。逆回りの電車のシーンですね。なんでだか、ず
っと記憶に残るシーンです。

◎アキさんへ
 昨日仕事だったので、受賞コメントなども仕事しつつ読んでましたが、私
も同じジレンマです(笑)。「パレード」、面白そうなんですよね。でも今
買うと本屋の店員に「この人、ミーハーなんだわ」と思われるのが悔しいと
いうか(笑)。ちなみに翌日でも、多分POP付きだと思いますよ。

[6467] アキ さん(to-roro@mail.goo.ne.jp) 2002/07/17 Wed 23:47:23
こんばんは。BARにばっかり入りびたってないでタマには小説の話を(笑)。
直木・芥川賞が決まりましたね。今回芥川賞を受賞した吉田修一さんの書いた
『パレード』という話。ちょっと前に本屋サンで見かけて「あ、読みたいな」と
思いつつ読まずにいたら、先日山周賞をとってました。うー、何だか今読むのに、
モノスゴーク抵抗あるんですけど(笑)。イヤ誰も何も言わないのは分かってるん
ですが、でもでもっ! 明日ならまだ“芥川賞作家扱い”じゃないかな?急いで
行ってみます。では。

[6466] ブックフィールド さん(humanbeing83@hotmail.com)) 2002/07/16 Tue 23:13:43
>たかさんへ
「中国行きのスロウ・ボート」に収録されている
「午後の最後の芝生」ですね
どうもありがとうございます

「中国行きのスロウ・ボート」で印象に残っているところと言えば
主人公と女の子が山手線の駅で電車に乗るシーンですね
当時ここ何度も読み返しました

本屋で探してみます
ありがとうございました


[6465] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2002/07/16 Tue 01:04:07
エリコさんへ
 川上弘美さんの「センセイの鞄」は、いいですよね。春樹さんも、弘美さん
も独特の世界を持っていますよね。心の奥深いところで繋がっているような気
がします。前にも書きましたが春樹ファン歴は親子二代に成る程長いんですが
川上弘美さんは「センセイの鞄」初めて読んで以来すっかり虜になりファン歴
五ヶ月たらずですが、「パレード」もお薦めです。最新作「龍宮」も是非読ん
でみて下さい。

[6464]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/15 Mon 23:30:14
 もう次の台風が。しかも仙台に来る頃には飲み会です。

◎あっくんへ
 今年のJRAのCMは、なかなか気に入ってます。会社でも結構流行って
ますし(笑)。それにしても授業料高い学校ですよ、競馬場って。
 長年人気投票やってますが、女性の方の「国境」の感想などは同意見多数
ですね。その前のイズミへの件もあるし。あのシーンは今でも怖いです。男
にとっては一番怖いかも。それを除けばいい佳作なんですけどね。
 「ねじまき鳥」との関連については、なるほど、そういう読み方もあるん
ですね。それは初めての視点でした。こんなとこでいいですか?

◎ゆめみさんへ
 オースターの「鍵のかかった部屋」は未読です。結構未読あるなあ。これ
から読むのが楽しみです。
 講談社文庫といえば、「亡国のイージス」がようやく文庫化されたので、
未読でしたらぜひどうぞ。これは圧巻ですよ。一応前作あるんですが、読ん
でいなくても大丈夫です。本の話題については、何でも結構ですよ。面白そ
うなのがあれば、私も読んでみますし。
 学生有栖は、もうずっと待っているんですが、さていつになるのでしょう
か。ちなみに短編は一つありますよ。「創元推理」収録だったような。

◎エリコさんへ
 なるほど、そういう事情でしたか。何にしても仲良さそうで何よりです。
私は彼女に電話されて、怒って帰った事があります。子供だったんですね。
その夢、秋にでも叶えたらいいじゃないですか? 今はちょっと暑いので。
 センセイが博士。うーん、博士はもう色気なさそうだからなあ(笑)。あ
の小説、特に女性に受けがいいですよね。

[6463] エリコ さん(ytey@d2.dion.ne.jp) 2002/07/15 Mon 21:41:13
>管理人様。彼といる時に本を読んでたのは、彼の電話の内容を聞いたら悪いと
思ったからなんですよぉぉぉう。うっうっう(言い訳) 
いや、確かに私が悪いですね(汗)。でも夢は天気のいい秋の日に、恋人と背中合
わせで公園のベンチで本を読む・・・っていうのなんですけどね。それをかなえて
くれそうな人にはまだ出会えてないです(笑)

それはともかく、どなたか川上弘美さんの「センセイの鞄」読んだ方いませんか?
あれに出てくるセンセイは私的には「世界の・・・」に出てくる老大佐+老博士という
イメージ。会話の調子なんかも春樹さんの小説に通じるような気がして好きなんで
す。ここ最近春樹さんの小説以外で久しぶりに泣いた一冊でした。

[6462] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/07/15 Mon 13:16:05
こんにちは。今日は午後から用事があるので有休を取りました。帰宅前にちょっと
だけ書き込みしますね。
この土日は結構たくさん読みました。全部で6冊ですね。オースターの「鍵のかか
った部屋」も読みましたし、レイモンド・カーヴァー全集の第7巻も読みました。
今度は何を読もうか思案中です。講談社文庫の7月の新刊もなかなかいいラインナ
ップですし、未読本のボックスも空になりつつあるので、近いうちにまた本の買出
しに行ってこようかなと思っています。
それにしても・・・最近、この掲示板で話題になる本をあまり読んでいないので、
書き込みの感覚があくと「書いていいのだろうか」と逡巡しますね。またいい本を
いろいろ読みたいなあとは思うのですが。

>本間さん
確かに、「絶叫城殺人事件」は有栖川さんらしい作品集だと私も思います。これで
とうとう有栖川さんの未読もなくなってしまいました。新作、早くも楽しみです。
それにしても、学生アリスシリーズの続刊はもう読めないのでしょうか?

>坂田さん
東野さんの作品はどれも楽しめますよ。今度7月20日に新刊が出るそうです。タ
イトルは「トキオ」だったと思います。読破目指してください。私は読破してしま
ったので、目下の楽しみは新刊です。

[6461] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/07/15 Mon 01:15:27
こんばんは。
最近の書き込み拝読してたら、新しいJRAのCM思い出してしまいました。
「春樹堂って・・・大人の学校ですよね(笑)」

でもユウと猫さん、はじめましてでいきなりですが、高校生が「国境の南」
読みやすい・・・ってどんな感想もたれたんだろう。興味ありますねえ。
私はラスト、主人公が奥さんに「話を聞いてくれ」っていうのをみて、思わ
ず「えー、サイテー!」と叫び、それに対して奥さんが「話なんか聞きたく
無い」と答えたのを見て「そりゃそーだよ」と言ってしまいました。(笑)

だからその次に「ねじまきどり」が出た時、クミコさんの出た行動に対して
妙に納得してしまったんですよね。何か「国境」で解決されないままだった
モチーフが再登場してきた、って感じで。
だから私の中では、この2作品ってセットなんです。

んー、どうなんでしょうね。管理人さん、うまくまとめたフォロー入れて
やって下さいませ(笑)。


[6460]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/15 Mon 01:01:39
 雨が降ってきたので、暑い上に湿度高いです。

◎ブックフィールドさんへ
 はい、初めまして。
 たかさんに答えていただいてますが、その通りです。部屋の描写だけです
が、そこに示される女の子の肖像が印象的な短編で、結構人気あります。
 ぜひ再読してみて下さいね。

◎たかさんへ
 回答、ありがとうございます。

[6459] たか さん(takshik@nagai.dewa.or.jp) 2002/07/14 Sun 22:42:09
ブックフィールドさん それは「中国行きのスロウ・ボート」に収録されている
「午後の最後の芝生」でしょう。

[6458] ブックフィールド さん(humanbeing83@hotmail.com) 2002/07/14 Sun 17:54:45
初めてのカキコです。
村上春樹さんの著作で主人公が芝かりのバイトをしている短編小説が
あったと思います。
そのタイトルとどの短編集かがどうしても思い出せません。
どなたか教えてください。

[6457]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/14 Sun 01:44:53
 今日は更新出来ませんでした。明日こそ。

◎ゆめみさんへ
 「絶叫城」は有栖川有栖らしい短編集だな、と思いましたが、いかがでし
たか? あの世代で順調に作品発表しているのは彼くらいなので、これから
も頑張ってほしいです。
 カーヴァー全集ももうすぐ完結ですか。私は文庫化された短編集しか読ん
でいませんが、ファンにとっては嬉しいニュースですね。

◎坂田さんへ
 これからの季節、エアコンなしは辛いですね。早めに修理するか買うかし
ないと、寝不足になりますよ。
 東野圭吾は、私も長年読んでますが、「学生街」辺りの作品はとても好き
です。村上さんよりも、ミステリー書いていた頃の栗本薫に似ているような
記憶があります。加賀刑事シリーズ、未読で読めるなんて幸せですよ。

◎エリコさんへ
 そういう季節やシチュエイションによって、特定の作品が読みたくなる事
はありますよね。私の場合は、冬になって雪が降ると「世界の終り」を再読
するというのが恒例行事です。春は「ノルウェイ」かな。付き合っては別れ
るという生活が虚しくなった時は「ファミリー・アフェア」です。
 好きな子と一緒にいる時、電話や本を読まれると、確かに寂しいかも。

◎ユウと猫さんへ
 はい、いつでもどうぞ。
 「ノルウェイ」はリアリズム小説と村上さんが言っているだけあって、羊
男とかに拒否感を示す人でも、読みやすいかと思います。だからこそ、あれ
だけのベストセラーになったのでしょう。
 村上ファンは結構たくさんいるので、その内きっと出会えますよ。

[6456] ユウと猫 さん(cocoa_84@hotmail.com) 2002/07/13 Sat 22:55:59
>>本間さん

返事有り難うございます。
これからもちょくちょく来ますね。
ノルウェイの森は読みやすいかもしれませんね。
個人的には国境の南、太陽の西も読みやすい小説だと思います。
国語の先生は夏目漱石の「こころ」「門」「それから」が好きみたいです。
確かにノルウェイの森は村上さんの中でクセが割と少ないと思います。

>>エリコさん
雨の日は「国境の南・・・」自分も思い出しますね。
自分も雨の日っていうのは深い思い出があって、
何となく国境の南が村上作品の中で一番強く印象に残ってる気がします。

自分は村上春樹を読んだことのある女の子には会ったこと無いですね・・・。
本と音楽の趣味が合えば大抵は仲良くなれるんですけどねぇ。



[6455] エリコ さん(ytey@d2.dion.ne.jp) 2002/07/13 Sat 22:02:23
私は「ダンス・・・」のハワイのシーンが好きで、天気がいいとよく下巻から読んだり
します。実は昨日も・・・。(ちなみに寒い雨の日は「国境・・・」が読みたくなりま
す)春樹さんの小説はなぜか季節とか天候によって「あ〜なんかあの場面(作品)
読みたいっ!」って無性に思ったりします。

春樹さんの小説で素敵な恋の演出をしている方は結構いるんですね♪
私の身の回りにそうゆうことをスマートにこなせる男性がいなかっただけなのです
ね。
そう言えば昔、彼が電話中だったので横で手持ちの春樹さんの小説を読み始めて、
夢中になって彼の電話が終わった事に気づかず、「本と俺とどっちが大切なん
だ!」とキレられたことがあります。トホホ。

[6454] 坂田康代 さん(u-sakata@ngs2.cncm.ne.jp) 2002/07/13 Sat 13:47:26
長崎は、台風8号の影響で、すごく天気はいいのに風が強い・・
ところで・・な・・なんと!!うちのエアコンが壊れてしまった・・・!!
この夏、どーすればっ・・・
旦那さんと、「8月のボーナスがあれば買おうね・・」と
夏だというのにブルーな私です・・

東野圭吾の「怪笑小説」が面白くて、デビュー当時のからよんでます。
「学生街の殺人」を読んで思ったんですけど・・なんとなく、村上さんの文体・
感性に近いものがあるな・・。ジャンルも年齢もぜんぜん違うけど、そんな感じが
しました、。だから、初めて読んだ小説なのに、とてもスムーズに読めました。

これからも、頑張って、読破めざします!!




[6453] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/07/13 Sat 11:31:28
こんにちは。ちょっと来るのに間が空いたと思ったら、すごい書き込みの量で浦島
太郎状態です。いったい何から書けばいいのやら。
有栖川有栖さんの「絶叫城殺人事件」、重松清さんの「日曜日の夕刊」、武者小路
実篤の「友情」を読み終えました。あまりたくさんは読んでいませんでしたね(笑
い)。寝る前に読み始めた本は、そんなに読み進まないうちに眠ってしまうことも
多かったです。まあ、今月はペースとしては順調なのでいいかな、とは思っていま
すが。今度は・・・またオースターに戻って、未読の「鍵のかかった部屋」でも読
もうかなと思います。オースターの未読は、これと「リヴァイアサン」だけなの
で。読破も近いですね。
そういえば、村上さんのレイモンド・カーヴァー全集、第7巻がとうとう出ました
ね。買っただけでまだ読んでいませんが、カーヴァーの落穂拾い的な1冊(いい意
味で、です)のようで、楽しみです。第8巻も来年の春に出るそうで、ついに完結
してしまうのですね。嬉しいような、ちょっと寂しいような気もしますが。

>おりえさん
そうですね、キーワードがいっぱいあっても、全体像はやはり謎ですね。まあ、読
む前に頂けるヒントとしては、このくらいでちょうどいいのでしょうか。
「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」の続編はいつかは読めると思い
ますが・・・しかし、本当に今回の新作が続編だったらすごいですね。

>本間さん
「ミスター・ヴァーティゴ」は、良い作品でした。多分この作品のことは、しばら
く時間が経っても覚えているような、そんな気がします。

[6452]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/13 Sat 08:57:06
 今日は仕事前に更新します。

◎エリコさんへ
 卒論をwwwで公開している大学もあって、こういうのを書きましたから
見て下さい、というメールがたまに来ます。みなさんなかなか力作で、読ん
でいて面白いですよね。
 「100%」はそうです、全てそれで押し切りました。「君にとって僕は
100%の男の子ではないかもしれないけれど…」パターンです。今書いている
と、恥ずかしいですね(笑)。

◎やーまやーまさんへ
 それはなかなか豪華再読ですね。言われる通り、気の向くまま、あるシー
ンだけを読み返すのも面白いのですが、つい、そこから最後まで読んでしま
います。話の展開全部知っているのに、不思議ですね。
 好きな子に村上さんの小説をプレゼントするのは、私はいつもです。みん
な幸せに暮らしているといいのだけど。やーまやーまさんは順調そうで羨ま
しいくらい。これからも仲良くね。
 スーパーなどの「何とかまつり」は変ですよね。「冷凍食品まつり」とか
やっていると、「そんなの祭るなよ」と突っ込みたくなります。

◎きたちさんへ
 はい、初めまして。
 大人の会話ですか。まあ管理している私が、32歳ですからね。これが子供
文体だと怖いですし(笑)。
 「ねじまき鳥」は、質量共に読み応えありますよね。今までの村上作品に
ないファクターもいろいろ出てきますし、一読しただけでは分かりにくいの
で、再読のしがいがあります。

◎ゆうと猫さんへ
 はい、初めまして。
 私も初めて村上作品を読んだのは高一の時でした。もう中学生一人分くら
い昔になってしまったんですね。早いなあ。それはともかく、「ノルウェ
イ」は長編の中では一番読みやすいと思うんですけどね。その国語の先生の
趣味が極端なような気がします。
 でも、言われる通り、村上さんは万人に受けようという小説は書いていな
いですね。ずっと個人的な物語を書いていますし、それがある種の人の、心
の中の一番柔らかい部分に触れるのだと思います。

[6451] ゆうと猫 さん(cocoa_84@hotmail.com) 2002/07/12 Fri 22:17:10
初めまして。17歳の男です宜しくお願いしますm(_ _)m

村上春樹さんの小説を初めて読んだのは高1の時です。
作品は「ノルウェイの森」です。
僕の詩的読解力や詩的行動規範が若干形成されていなかったせいか、
今のように何に感傷を受けるのかサッパリ解らなかったんです。
でも、割と疲れないで読むことは出来ました。

一つ解ったのは、彼の小説は必ずしも誰にも好かれないということですね。
特に、極端に。
家の学校の国語の先生は「ノルウェイの森」を最後まで読めなかったと言ってまし
た。彼は何百という本を今まで読んでますしやはり、そういう極端な部分がある作
品ものだと思います。

僕は「ただ面白い」という小説があまり好きではありません。
村上春樹さんの文章には「何か」というのが常に潜んでいる気がします。
その「何か」が僕の心を強く打つ気がするのです。

僕は今までどんなに好きだろうと、ミュージシャンのファンページか何かを
訪れたりはしませんでした。行く必要がないと感じたからです。
しかしながら、彼の作品を何度か読んでいるうちに、僕はある種の好奇心を感じま
した。そして、今ここに訪れてしまいました。

ってくだらない話長々と済みません^-^;話を変えます。
彼の作品、特に初期の作品を見て思ったんだけれど、
少し「異邦人」のムルソー君に似ていません?


[6450] きたち さん(emi114@arion.ocn.ne.jp) 2002/07/12 Fri 20:53:21
こんばんは、前々からロムらしてもらってましたが、カキコさせてもらうのは初め
てです。何となく『大人の会話』という感じを受けて(勝手に/笑)
春樹さんの本では(読んだ作品の中では)、ねじまき鳥クロニクルが読み応えがあ
って好きです。最近は宮部みゆきさんにはまっています♪
皆さんはどんな作品がお好きですか?最後に、稚拙な文章ですいませんm(_ _)m

[6449] やーまやーま さん(sandc6@din.or.jp) 2002/07/12 Fri 17:20:54
こんにちは。お久しぶりです。
ここ数ヶ月で春樹さんの「羊をめぐる冒険」「ダンス〜」「世界の終わりと〜」
「スプートニク〜」「ねじまき鳥〜」を読み返して、今は気の向くままどれかを
手にとって、適当にページをめくって読んでいます。
最初からきちんと読むのも良いですが、ぱらっとめくってそのページからしばらく
読むのもなかなかおもしろいなと最近思います。

お付き合いしている人に、春樹さんの本をプレゼントしたことがあります。
(もし僕らのことばがウィスキーであったなら)
ものすごく気に入ってくれたみたいなのですが、「あなたが私の100%…」は
言えませんでした。今度言ってみようかな。

ところで、「カンガルー日和」の中に「あしかまつり」という話がありますよね。
私、その響きが非常に気に入っているのですが、あるとき、イトーヨーカドーで
「ぼうしまつり」と書いてある紙を見まして、かなり気にクラクラしました。
別にただ帽子が売っているだけで、どこにも祭りらしさは見られなかったのですが
買い物に行くたびにニヤニヤしてしまいます。

[6448] エリコ さん(ytey@d2.dion.ne.jp) 2002/07/12 Fri 09:33:49
>リカさん。私も昨年卒論村上春樹でやったんですよ〜。私も最初は「世界の〜」
でいこうと思ってたんですが、色々考えて、最終的には羊四部作と「世界の〜」の
比較研究みたいな感じになりました。「生きてる作家の研究は難しいよ」と先生の
反対に遭いながらも押し切って(笑)
結果は評価Aでした♪「作品に対する愛や思いが伝わってくる」と言われました。
ただ、卒論かいてる途中に続編とか出ちゃうと大変なことになりますけどね。私も
ひやひやしながら書いてました。
でも、とても魅力的な話です。卒論書いててほんと楽しかったです。リカさんも書
き上げたらぜひ読ませてください。

>管理人様。それはそれは失礼いたしましたm(−−)m
確かに「僕だけの”図書館の女の子”になってくれ」とか言われたらグラッときま
す(笑)管理人さんはすべて「100%の女の子」で告白したんですか?他作品を使っ
た方とかいたらぜひ聞いてみたいです♪

[6447]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/12 Fri 00:10:16
 今日は台風一過でいい天気でした。

◎エリコさんへ
 私もちょっと調べてみましたが、99年に再ビデオ化されているようなの
で、店によってはあるかと思います。ツタヤなど大手より、小さな店の方が
ありそうな気はしますね。
 その告白の話、笑えません。私何度か使ってます(笑)。本、手紙の順で
したが、2回くらいは巧くいった事もあります。

◎nkmtさんへ
 まあそういう考え方もあるでしょうが、その時点で100%だったら、それは
それで真実だと思いますよ。物事は様々な面があるからこそ、面白いと思い
ますし、その時絶対と思いこむのも恋です。

◎リカさんへ
 いろいろな切り口があるので、面白いと思いますよ。卒論なので、やりが
いがあった方がいいでしょうし、それが好きな作品ならやる価値はあるかと
思います。頑張って下さいね。
 カフカの「家長の悩み」は未読ですが、そんなにややこしいんですか?

◎ぴんぐさんへ
 はい、探してみて下さいね。ただ、村上ファン全てにはお勧めしません。
ヒロインの真行寺君枝は綺麗なんですけどね。

◎ヒナゴンさんへ
 はい、初めまして。
 私も「世界の終り」が一番好きで、初めて読んでからもう十数年経ちまし
たが、未だにベストです。再読する時期によって思うことが変わるのも、ま
た楽しいですよね。

◎おりえさんへ
 静内はこの季節いいでしょうね。「天国への階段」読んで印象的なのは、
やはり静内の牧場の描写でした。
 森田監督については、なるほど。「家族ゲーム」も淡々とした感じが良か
ったですし、「ハル」もそうかもしれません。
 ジューシーは「瑞々しい」とかいう意味になるのかな。

[6446] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/07/11 Thu 23:12:56
 皆さん、こんばんは!
 私は今、「天国への階段」を読んでいます。
 先日、図書館に行きましたら、「天国への階段」(怪談と出たのでちょっと笑って
しまいました)上下巻が私を出迎えてくれました。面白いです。
 
 本間さん、私、個人的に森田監督は、自分のカラーをあまり出さない方が(押さえ
た方が)、良い作品になるような気がしてしまいます・・・。「ハル」はホントに良
い映画でした。
 「カタルシス」の情報、ありがとうございます。ところで、「ジューシー」を
色々な辞書で調べてみたのですが、意味が載っている辞書は少なかったです。うち
の子が悪いわけではないんだなと思いました。
 ゆめみさん、「中野区(もしくは四国)、ネコ、15歳」とは・・・・。まるでなぞ
なぞですね。
 私も「世界の終わりー」の続きは読んでみたいです。「ハードボイルド」のあの2
人がその後どうなるか知りたい。やっぱり今回は違うんでしょうね。これで続きだ
ったら、すごいかも。

 では、お休みなさい。

[6445] ぴんぐ さん(yasu.k_diamond855410@nifty.com) 2002/07/11 Thu 15:36:26
ぴんぐです。メールアドレスが間違えてました。
正しいのこれです。

[6444]ヒナゴン さん(hinagon@theia.ocn.ne.jp) 2002/07/11 Thu 15:16:19
はじめて訪問しました。
村上春樹大好きです。
今まで一番好きなのが「世界の終わりと・・・」です。
あれを読んだ後は世界が変わったのを覚えています。
ぼくの中に世界がある、という単純で揺るぎ無い確かな事実でした。
また来ますので、よろしくお願いします。

[6443] ぴんぐ さん(yasu.K_855410@NIFTY.COM) 2002/07/11 Thu 12:04:22
下のレス間違えました管理人さんを小林薫さんと間違えました。
僕、役が小林薫さんなのね。

[6442] ぴんぐ さん(yasu.K_855410@NIFTY.COM) 2002/07/11 Thu 12:02:08
ありがとう。小林薫さんその他の皆さん。
僕もさっそくビデオやさんで「風の歌を聞け」調べてみますね。
また報告します。


[6441] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/07/11 Thu 07:25:02
訂正を
(誤)ノルウェイの森の「100%の恋愛小説」も同様です。
(正)この意味ではノルウェイの森の「100%の恋愛小説」という表現も同様です。

まあ、一日置いて見てみると「何言ってんだか・・」って感じですね。(笑)

[6440] リカ さん(rmotoi@nifty.com) 2002/07/11 Thu 00:15:45
こんにちは★
卒業論文を村上春樹でしようと考えております。
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」で書こうと思います。
存在について興味があり、難しくなりそうですが、存在について考えたいと思いま
す。
やっぱり難しいですかね?
フランツ・カフカの「家長の悩み」などを読んでいると、こんがらがってしまうの
ですが…
頑張ります★

[6439] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/07/10 Wed 19:48:49
台風、いつの間にかどっかに行ってました。

100%の女の子について>
私は100%だとか、絶対と言うのをあんまり、(というか全然)信じない人間なの
で、最初読んだときは「なんだかなー」と思ったものです。
ノルウェイの森の「100%の恋愛小説」も同様です。
私にとっての100%というのは100%と考えても差し支えない、といった感じです。
言うなれば、ある事物において絶対的な100%は存在しない、と私は考えてます。し
かし、もし70%が最高値だとしても、主観的視点で残り30%が充当される、と言っ
た感じでしょうか?
絶対的な人類の嗜好なんか存在しないですし。
まあ、その30%はあまりすすんで人前に晒さない方がいいような気がしますけ
ど・・。

[6438] エリコ さん(ytey@d2.dion.ne.jp) 2002/07/10 Wed 11:41:58
>管理人さん 「風の歌…」のビデオは今は無いかもしれませんよ。
私も気になって、去年くらいに近くの大手レンタルチェーン店をはしごしました
が、一回も見つかりませんでした。思い余って店員さんに検索してもらったんです
が、「え?風の?歌?」「う〜ん。主演だれですかぁ?」「風の歌を聴きたいって
のだったらあるんですけど〜」と、ものすごく手応えの無い答えが返ってきまし
た…。
教訓。ビデオ屋さんの店員がみんな村上春樹の小説を読んでいるとは限らない…。

あと、ちょっと前の「四月の〜100%の女の子…」話題に参加させてください。
私の大学の同級生の女の子の話。知り合いの男の子に「カンガルー日和」を突然
プレゼントされ、「僕にとっては君が100%の女の子だと思ってるから…」
と告白されたそうです。素敵なのかどうなんだか…。
ちなみに彼女は丁重にお断りしたとのことでした。

[6437]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/10 Wed 11:26:32
 追加。

◎ぴんぐさんへ
 「風の歌」はメジャー映画化されてますよ。大森一樹監督です。前にビデ
オレンタルして見たので、ビデオ化もされていますが、今でもレンタル屋に
あるかは分かりません。ちなみに、「僕」役は小林薫です。

[6436]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/10 Wed 11:24:30
 この後更新します。

◎あっくんへ
 ある時期の宮部みゆきって、すごく構成というか切り口に凝っていた時期
があって、読み応えありましたよ。犬や財布の一人称とかね。視点の問題を
考えながら読むと、さすがブロだなと思います。
 その「スプートニク」の例え話、面白いですね。ヒロインのすみれが不安
定だからかな。私の中では「ノルウェイ」と同系列という感じです。ラスト
の印象が似ているのかもしれません。

◎fmさんへ
 「クロスファイア」読むと、「ファイアスターター」読みたくなりますよ
ね。どちらも面白い小説ですし。キングは、今更言うまでもなく世界的スト
ーリーテラーなので、読み出すと止められません。ジャンルによって読む本
を限定するのは、あまりに惜しいので、ぜひこれからも読んでみて下さい
ね。でも「ペット・セマタリー」辺りは結構怖いです。

◎ゆめみさんへ
 この前宮本輝の新刊読んでいたら「四国の話らしい」バージョンのちらし
入ってました。ハードカバーにも入っているんですね。
 オースターの新刊、良かったですか。何だかファンタジックな話のような
ので、私も読むのが楽しみになってきました。
 重松清は確かに巧いですね。文章がこなれているので読みやすいですし。

◎あんこさんへ
 そうですね、長く待ちましたから本当に楽しみです。
 「理由」も文庫化ですか。あれも分厚い文庫になりそうです。
 「ハリー・ポッター」は読むタイミング逃がしましたが、ファンタジーの
とっかかりとしては、ファンが増えていいのではないでしょうか。そのポプ
ラ社子供向け全集は、私も好きでした。今でも古本屋で見ると懐かしい。

[6435] ぴんぐ さん(yasu.k_855410@nifty.com) 2002/07/10 Wed 11:09:28
村上春樹さんの小説が面白くて色々読んできましたが、
ビデオとかDVDとかは出てないのでしょうか?
一様「100%の女の子・パンや襲撃」のDVDは見たのですが
その他にあったら見たいです。
知ってる人は教えていただけないでしょうか。
まってます。

[6434] あんこ さん(amrin@syd.odn.ne.jp) 2002/07/09 Tue 18:02:40
なんだかお久しぶりです。
とうとう村上春樹の新作が出るんですね。
ここに来て知りました(笑)
なんか楽しみです。

8月には宮部みゆきの「理由」が文庫発売されるみたいで、
これも私は嬉しいです。
待っててよかった。
なんかいつも文庫化の話ばかりですみません・・・

ハリーポッターシリーズ3冊読みましたよ。
映画は批判意見多かったけど、
けっこう忠実に映像化してるなあって思いましたよ。
読み込んでる人には物足りないんでしょうか。
でも面白いけど『良く出来た子供向け小説』という印象を、
どうしても持ってしまいます。
小学生の頃図書館で借りて読んでいた、
『ルパン』や『シャーロック・ホームズ』シリーズを思い出しませんか?
夢中で読んでいたなあ。


[6433] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/07/09 Tue 17:58:59
こんにちは。村上さんの新作のちらし、「四国の話」というのもあるのですね。他
の新刊も見てみれば良かったかな・・・と思いましたが、発売が本当に楽しみです
ね。さて、オースターの「ミスター・ヴァーティゴ」、読み終わりました。土曜日
までちびちびと、日曜日には一気に読んでいました。とてもわくわくさせられるフ
ァンタジックなストーリーで、オースターの小説の良さが堪能できました。途中で
出てくる「楽しかった日々を忘れるなよ。」「私が教えたことを忘れるなよ。」と
いう台詞が印象的です。最後の一文を読んだときに、全てはこのフレーズのために
向かっていたのか、と思えるような作品でした。他にも何冊か読めましたし、今月
はなかなかいいペースで本が読めているので嬉しいですね。今日はこの後、半分読
んだ「絶叫城殺人事件」を読み終える予定です。その後は・・・まだ決めていない
のですが、またちょっと感じの違うものを読みたいですね。
そういえば、今日から通勤中には重松清さんの短編集「日曜日の夕刊」を読んでい
ます。重松さん、短編上手いですね。何気ない風景からの切り取り方、アングルの
構え方が絶妙だと思います。まだ2編しか読んでいないのですが、他の収録作品も
楽しみです。

[6432] fm さん(nikkun@mvb.biglobe.ne.jp) 2002/07/09 Tue 10:40:16
本間さん、皆さん、こんにちは。
スティーブンキングの『ファイアスターター』を読みました。宮部みゆきさんの
『クロスファイア』との関連で読んでみたのですが、すっかり物語に引き込まれて
しまいました。キングさんというと「ホラー作家」として認知されているので、怖
がりの僕は彼の作品を敬遠してきたのですが、ちょっと興味が湧いてきました。
(ビデオで『グリーンマイル』『ショーシャンクの空に』は見たことがありま
す。)

ニワさん、はじめまして。

>塩野七生さんの「ローマ人の物語」が新潮から文庫になりましたね。

僕も文庫化を待っていたのでうれしいのですが、今年の刊行は6、7、9月のみ
で、次は「2004年の刊行予定」みたいですね。なんでこんなに間が空いちゃう
んでしょう?

[6431] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/07/09 Tue 01:36:38
こんばんは。

本間さん、「火車」コメント有難うございます。構成、という切り口は成程で
すね。私も、読んだ直後こそ「肩すかし」と思いましたが、「こういう時代
に、ああいう個人的状況の本間刑事が、追い求めていった結果うきぼりに
なっていく女性像が、あの影のヒロインの在り方なのかあ」と思ったら、
ううん、なかなかオツな作品なのかもと思いました。

今「スプートニク」を結構みっちり再読中。通読ではなく、適当に開いたと
ころを、という感じで。
私は村上作品のなかでこれが一番印象が不安定。
誤解を恐れずにイメージで、私が持っている現時点での感想をいうと、「最
初はなにげない世間話だと思って聞き流してたけど、後になってよく考える
と、あれはプロポーズの言葉だったのかも、と思えてくる。でもさらによく
考えると、ひどい侮辱の言葉だった、ようにも思えてくる」というところ。

でもしつこく蒸し返して読んでからの方が、あのラストがしっくりくるよう
になったことは確かです。
みなさまは、いかがお感じでしょうか。

それでは。

[6430]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/08 Mon 23:55:28
 今日は黒崎緑の、本当に久しぶりの新刊読んでいました。

◎ゆめみさんへ
 私もそのちらし、先日見ました。アドレスからして、そういうタイトルに
なるんでしょうね。ちらしのコピーは何種類かあるみたいです。新潮社もか
なり力入れてますね。映画では専用サイトというのは普通にありますが、小
説では初めて聞きますし。

◎坂田さんへ
 仙台は昨日初めて真夏日になりました。だからクーラーも、ほとんど使っ
てないですね。日本といっても気候はいろいろで面白いです。
 「ぼっけえ」は、岩井さんのトークショー聞いて、あまりの本人の面白さ
に読んでみた小説です。初期の坂東眞砂子を軽くした感じでした。
 デジカメは便利ですよ。いろいろ使い倒してくださいね。

◎アルカンジェリさんへ
 私も昨日は白ワイン飲んでましたが、暑いと何飲んでも美味しいですね。
 谷村志穂は未読ですが、エッセイはどこかのPR誌で読みました。いい小
説読めて良かったですね。

◎こうちゃんへ
 ちらしはいろいろなバージョンあるみたいですよ。さっきも書きましたが
新潮社はYonda?君といい、なかなか面白い販売促進の方法を取りますね。8
月のサイトオープンも楽しみです。

◎MIUMIUさんへ
 ああ、バーゲンの時期ですよね。知り合いの女性達からも、いろいろ話は
聞きます。
 私はタイトルからして、なんでカフカなのか気になります。カフカを初め
て読んだ中学生の話かな、と。中学生が主人公、という話もあるみたいだ
し、新刊、待ち遠しいです。

◎あっくんへ
 「火車」は、あの構成が印象的なのです。表のヒロインに対する陰のヒロ
インという構図が、余韻を残していいじゃないですか。でもこの辺りは好み
かな。本格ミステリなら、すぱっと全てが割り切れた方が気持ちいいけど。
 どうでもいいですが、「火車」は私の初宮部作品です。新刊で出た時、本
屋でぱらぱら見てたら「本間刑事」が主役のようなので買ってみました。

◎ニワさんへ
 「ねじまき鳥」は、私は未だに把握出来ていない部分も多いですよ。あれ
は何回か通読しないと、しっくりこないタイプの小説かもしれません。本当
に力作ですね。「スプートニク」は再読しやすいからいいんですが、「ねじ
まき鳥」の再読は気合いが入りますよね。
 「ローマ人の物語」は1巻だけ読んで挫折してます。結構文庫化まで長か
ったですけど、確かに面白いですよね。

◎のぶぞーさんへ
 それは多分「4月のある朝に100%の女の子と出会うことについて」だと思
うのですが、1Pよりは長いですね。十数ページかな。「カンガルー日和」
講談社文庫に収録されていますので、読んでみて下さい。
 映画化もされていて、あのセリフが音として入ると、何だか不思議な感じ
がしますよ。

[6429] のぶぞー さん(nobz4@yahoo.co.jp) 2002/07/08 Mon 22:16:57
教えてください。
村上さんの作品でどうしても思い出せない、だけど大好きだった短編が
あるのです。
「ある土曜日の朝に完璧な彼女とであった。。。。」とかいう始まりで1ページ程度
だったような気がします。

家にあるのを調べたのですが、どうしても見つからなくて皆様にお聞きする次第で
す。
スイマセン、どなたかご記憶にあるかた教えてください。

[6428] ニワ さん(niwa844@yahoo.co.jp) 2002/07/08 Mon 17:17:17
こんにちは。

ついに村上さんの新刊が出るんですね。
自分の場合は「国境の南」ぐらいまでは,読むと同時に「ガツン」ときていたので
すが,「ねじまき鳥」あたりから最低でも2,3回読まないと,時間でいうと1〜
2年くらい経たないと,その作品の本当の凄さが理解できないようです。タイムラ
グがあるんですね。(鈍いというか。)
現時点ではそろそろ「スプートニクの恋人」でも読み直すかあ,という感じです。
しかし「?」と思いながらも,何度も読み直させるのが,村上さんの作品の凄いと
ころだと思います。
どんな作品なのか,とにかく今から楽しみです。

それと全然関係ありませんが,塩野七生さんの「ローマ人の物語」が新潮から文庫
になりましたね。彼女の著作は,歴史上の英雄に対する強い思い入れとややスノッ
ブな視点に少し引っかかることがなくもないですが,独特の洗練されていてなおか
つ力強い文章で,世界史の門外漢であってもその時代に引き込まれていつも一気に
読んでしまいます。

読みたい本が多いですね。最近まで朝夕の愛読書が「ベーシック簿記」だったもの
で・・・(泣)
それでは。

[6427] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/07/08 Mon 04:23:43
こんばんは(というよりおはようございますか?)

春樹さんの新作、いよいよ満を持して、ですね。
MIUMIUさん、
「うどんを茹でてると電話がなって」ナイスですねえ。とると、きっと15
歳のねこが、「10分でお互いを理解し合えるのよ」とか言い出して、主人
公がおもいっきり混乱するんですよ(笑)。

「火車」読みましたー。確かに本間さんのおしゃったとおり、「影のヒロイ
ン」に読ませられますね。本間刑事が宇都宮入りしたあたりから、いきなり
急展開になって。
ただ個人的には、あのラストには一寸肩すかしくらった気分。読んでて彼女
のイメージがガーっとひろがってしまっていただけに、「え、これで終わ
り?じゃあ実体としてどんな人だったのかは、描いてくれないの?」と思っ
てしまったのですが、宮部ファンの方はその辺どうお感じになるんでしょう
か・・・?

うーん、次は何を読もうかなっと。
それでは。


[6426] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/07/07 Sun 22:28:19
MINASAMAこんばんわ★★MIUMIUです
またまた久々になってしまいました(^^;もうすぐテストなので
バーゲンにも行けず悔しいです・・・。
というわけで、ゆめみさん春樹さんの新刊情報、嬉しい〜有難うございます
MIUMIUめちゃめちゃ楽しみな上に混乱しました(笑)
四国の話?中野区の話?謎だらけですねぇ、まぁ春樹さんの小説に
秩序を求めても仕方ないっつか、、、(笑)
「世界の終わりと〜」とは違った雰囲気ですね
四国の話だったら、やはりうどんが登場するんでしょうかね?
うどんを茹でていると、電話が鳴って・・・・みたいな・・・。
う=んくだらない・・・。
 谷崎潤一郎の研究はうまく行きました(^^)
最近谷崎の「卍(まんじ)」を読んでみたんですが、彼はいやらしさを
文章にする天才ですね。天才。

[6425]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/07/06 Sat 22:44:58
こんばんは!本間さん、そしてみなさん。
新潮文庫の新刊気になる物ばかりで、ドサッと買ったのですが・・・。
自分の買った本に挟み込まれていたのは、
「四国の話らしい。」でした。
( ̄~ ̄;) ウーン

[6424]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2002/07/06 Sat 22:35:58
今日は、海洋酵母から生まれたスパークリング・ワイン「ブルーイングブルー」を
飲んでいます、美味しい(^^)

 読んだ本は「自殺倶楽部」谷村志穂著です。

  〜黒曜石の断面に宿る美神が

  豊かな雲の中へ霧散してしまった後

  ジェラルミンのドームの下に閉じこめられた

  わたし達の

  錐(キリ)を手のひらに突き刺されたような不自由〜

「ヒカルモノ」を探せないと、もう決して戻ってこれなくなる・・・という小説で
す。

お勧め(*^_^*)

[6423] 坂田康代 さん(u-sakata@ngs2.cncm.ne.jp) 2002/07/06 Sat 17:37:40
梅雨のじめじめ+クーラーのせいで、おもいッきり風邪ひきました。
こんなとき、仕事つらいです・・
デスクワークは、とにかく眠い!!薬のセイで、すご〜く眠い!

さて、岩井志麻子の「ぼっけいきょうてい」を、昨日一日でよみました。
なかなかあじわいぶかくて・・表紙が怖いね

風邪気味なので、今日の夜はスタミナつきそうな、「お酢の、さっぱり煮」です。
(萬田久子のCMのやつです)これはすごく簡単でとてもおいしいので、
本多さんも、ためしてください。
レシピは、お酢のビンについてます。
やっとデジカメ買いました。使い方は、まだよくわかりません・・
なにせ、まだPCも満足に使えないので・・




[6422] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/07/06 Sat 10:13:40
こんにちは。早速ですが、村上さんの新刊情報第2弾です。(そんな大したもので
はありませんが・・・。)
まず、先日の書き込みで触れた新作長編専用期間限定サイトについてですが、
http://www.kafkaontheshore.com
がURLです。8月に開設予定とのことです。また、昨日本屋さんに行って他の作
家の新潮文庫7月の新刊をぱらぱらと眺めていたところ、江國香織さんの「神様の
ボート」と吉本ばななさんの「キッチン」にも村上さんの新刊ちらしが挟み込まれ
ていました。それに載っていたコピーは、「ネコの話らしい。」というのと「15
歳の話らしい。」というものです。ということは、中野区とネコと15歳の話とい
うことでしょうか?ますます分からなくなってきました。(笑い)まあ、楽しみに
待ちたいと思います。あと、刊行時期についてですが、ちらしには「9月刊行!」
となっていたので、9月に出ると思っていて大丈夫なようです。

>taraさん
どういたしまして。お役に立てて何よりです。初版、入手できるといいですね。今
から発売日が待ち遠しいです。

>おりえさん
村上さんが「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」は続編を書くかもし
れない、とおっしゃっていたのは、私も何かで読んだ記憶があります。今度の長編
はどうなのでしょうね?雰囲気からすると、今回はまた別の長編のような気が何と
なくしますが。いずれにしても、とても楽しみです。
作品は・・・そうですね、書きたい気持ちはあるので、気持ちが高まったらまた書
き出すかもしれません。

何だか最近急に暑くなったようで、本が読みにくい時期ですね。(と思っているの
は私だけですか?)この週末はもう少し「ミスター・ヴァーティゴ」を読み進めた
いと思っています。

[6421]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/05 Fri 13:17:38
 高村薫の「晴子情歌」、もうすぐ読み終えます。人間を書くという事はこ
ういう事か、と読み応え十分。

◎ゆめみさんへ
 版元が出した話だったら、もう大丈夫でしょう。ありがとうございます。
 中野区の話かあ。うーん、どういう話でしょうね。あと2か月、楽しみに
待ちましょう。挟んである本については謎ですね。
 私もオースターは全部読んでいる訳じゃないのですが、最近になるに連れ
良さは上がっている気がするので、最新刊読むのが楽しみです。

◎taraさんへ
 「世界の終り」、それではあれから翻訳されたのですね。良かった。その
友達の人も気に入ってくれると、嬉しいですね。
 小説は、別に完全に理解しなくても、taraさんの感じた通りで大丈夫です
よ。その友人の方に、いろいろ教えておくと読みやすいかもしれませんね。

◎nkmtさんへ
 ありがとうございます。いつのまにかここまで来ました。
 飲み会や旅行の幹事はなかなか大変ですよね。私もよくやるので、苦労は
分かります。頑張って下さい。
 山田詠美は昨日本屋行ったら、10代の子が「この作家好き」とわいわい
選んでました。幅広く支持されているんですね。

◎おりえさんへ
 「ハル」は「模倣犯」と同じ森田監督です。この監督、競馬好きなので、
ロケ地はいつも競馬場がある所にする、とエッセイに書いてました。だから
あの作品も水沢。岩手はよく行きますが、深津絵里はいないなあ(笑)。
 40万アクセスは、長く続けていたらこうなりました。特に企画ないので
50万の時に考えます。「カタルシス」は本格ミステリの常套句なんです。
論理的に全ての謎が解かれた時、カタルシスを感じるというのが定型。元々
は「魂の浄化」の意味だったような。うろ覚えなので、調べてみて下さい。

◎ロビンズ・ネストさんへ
 はい、ありがとうございます。これからもぼちぼちと続けていきます。
 東北、北海道以外は全国的に暑いのかも。こっちは涼しいですが、飲む機
会が多いので、なかなか本を読めません。
 「心臓を貫かれて」は、作品世界に入って、一気に読むとすぐ読めます
が、なかなかハードな読書になります。

[6420]ロビンズ・ネスト さん(sengangzhenren@hotmail.com) 2002/07/05 Fri 01:26:28
 ついに40万ヒット越えですね!!おめでとうございます。どうでもいいことです
が4万と読み間違えてました。

 毎日蒸し暑いですね。読書は全然はかどりません。皆さまはいかがですけ?「心
臓を貫かれて」を読んでいる最中なんですけど、ゲイリーの両親の生い立ちのエピ
ソード〜アメリカ中放浪する時期とトコを読んでいるとこです。説明的な文章が多
いところなので余計にはかどりません。。。

[6419] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/07/04 Thu 23:31:22
 皆さん、こんばんは!
 暑いですね〜。私は今、第2の友である扇風機と仲良くやっています。

 先日「ハル」という映画を見ました。とても良い映画でした(ビデオ鑑賞なのです
が)。こういう映画を見ると他人を求めたくなりますね。久々に「良い映画を見たな
あー」と思いました。
 主人公の本棚に村上春樹さんの作品が並んであるのを見た時、思わずニンマリし
ました。親近感を感じました。こういうのイイですね。

 本間さん、40万ヒットおめでとうこ゛ざいます。こちらに参加させてもらうよう
になったのは最近ですが、居心地が良く遊びに来させてもらっています。これから
もよろしくお願いします。
 本間さんは感情移入しやすい方なんですかあ。私は今でも感情移入しにくい方で
すね。昔はもっとひどく、何かを見て読んで泣くというのは年に1、2回あるくらい
でした。だから感情移入しやすい人がうらやましかったですね。今私が泣けるのは
喪失した事によって得たものが反応している気がします。小説楽しみにしてます。
 ゆめみさん、村上さんの新刊情報ありがとうございます。「中野区の話らしい」
というのはそそりますね。以前どこかの情報で次回の長編は「世界の終わり
と・・」の続編になると聞いていたのですが、この分だと違うみたいですね(まあ、
村上さんはまんまの続編を書くとは思いにくかったのですが)。嬉しいです。
 作品は自分の書きたい気持ちと、書く物と、書ける物があればいつでも書けるも
なので、時期が来てからでも充分だと思います。私は24歳の時にいきなり書き出し
た人間です。
 「カルタシス」ではなく、「カタルシス」が正解なのですね。お恥ずかし
い・・・。今持っている辞書はかなり古く、調べてもわからなかったので、うら覚
えで書いてしまいました。ジューシーの言葉の意味も載っていない辞書なので、買
い替えようかと迷っています。

 では、お休みなさい!

[6418] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/07/04 Thu 22:41:30
こんばんは。そして40万ヒットおめでとうございます!

一寸大学の方が忙しくなってきました。試験もそうなんですけど。
ゼミのほうでの試験後の企画関係もそろそろ準備をしないといけないということ
で。飲み屋を探して、旅行先を探して・・。

本の方は「It's Not Luck」を読了し、山田詠美の「Amy Says」を今読んでいま
す。あとは試験用のテキスト「家族法」!
結婚も離婚も当分縁なさそうなので・・まあ机上のお勉強ですね。
それでは、また。

[6417] tara さん(musetara@hotmail.com) 2002/07/04 Thu 21:18:13
★本間さま:
更なる追加情報、ありがとうございました!「羊の星のもとに」ですか。
私もできることなら順番に読んでほしいのですが、私が村上さんの短編小説を理解
できないので。。。どうしてなんだ、私!
別のHP(イタリア語サイト)に書き込んだところ、「世界の終わり〜」が
翻訳されていることがわかりました!ばんざーい!ぱちぱちぱち。
本紹介のサイトはここです:
http://r1.eu.rmi.yahoo.com/rmi/http://www.internetbookshop.it/ser/serd
sp.asp/rmivars%3ftarget=_top?shop=1177&c=PKY3GYPKG05WO
私も表紙くらいしか鑑賞できませんが・・・。
友達がどんな感想を持つのか楽しみです!

★ゆめみさま:
新刊情報ありがとうございます・・・!Grazie!!
ぜっったいに初版をgetするぞ!
(田舎なので本屋さんで発見した時にはもう遅い・・・この間の「誕生日の子ども
たち」だってすでに2版めだった・・・くやしいー)
楽しみですね!!!!




[6416] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/07/04 Thu 18:20:54
こんにちは。村上さんの新刊情報を入手したので(そんな大げさなものではないで
すが)、嬉しくて臨時に書き込みします。新作長編は9月刊行予定だそうです。昨
日新潮文庫の7月の新刊を買ったら、中にちらしが挟んでありまして、それに書い
てありました。ご覧になった方も多いと思いますが、参考までに。タイトル等は載
っていないので詳細は全く分かりませんが、「中野区の話らしい。」というのがち
らしに載っていたコピーです。中野区の話って言われても・・・と思わなくもない
ですが(笑い)、村上さんらしいと言えば言えるような気もしました。8月には新
作長編用の期間限定専用サイトも設けられるようです。URLは正確なものが今は
分からないので、改めて確認してから後日書きますね。
それにしても・・・辻仁成さんの新刊には挟んであって、重松清さんや小林恭二さ
んの新刊には挟んでいないのは何故なのでしょう。辻さんのファンと村上さんのフ
ァンは共通項が多いと思われているのでしょうか?

>本間さん
というわけで、新潮文庫にちらしまで入っていたので、かなり期待できる情報だと
思うのですが、いかがでしょうか?不都合がありましたら削除してくださいね。
私のオースターの個人的ベスト3は、現時点で「ムーン・パレス」「偶然の音楽」
「最後の物たちの国で」ですね。「リヴァイアサン」も未読ですし、「ミスター・
ヴァーティゴ」もまだ読み始めたばかりなので、変わる可能性は多分にあります
が。でも、最近「ミスター・ヴァーティゴ」は寝る前に読むせいか、まだそんなに
進んでいないのです。しばらくはかかりそうです。

>ほりえさん
そのCDはいいですね!今日タワーレコードに行くつもりだったので、早速見てこ
ようと思います。

通勤中に読んでいた文庫の芥川龍之介がもう終わりそうです。今度は真保さんの
「ボーダーライン」か、昨日買った重松さんの「日曜日の夕刊」を通勤中に読もう
と思っています。

[6415]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/04 Thu 12:18:00
 晴れたのって何日ぶりかなあ、と思って天気予報見たら、明日からまた崩
れるようです。とほほ。

◎taraさんへ
 いえいえ、村上サイトを名乗っている以上、正確にお答えしないと。
 「羊」は「羊の星のもとに」というイタリア語タイトルだそうです。ロン
ガネージ社というところから出ているようですね。でも翻訳されていないか
ら仕方ないですが、出来れば一作目から順番に読んでほしいですよね、イタ
リアでも。

[6414] tara さん(musetara@hotmail.com) 2002/07/03 Wed 18:41:55
本間さま:
早速のご回答ありがとうございました。しかも文献をひも解いていただき、恐縮で
す。なんとなく・・なさそうですね。「羊をめぐる冒険」を読んでもらうことにし
ようかなと思います。作品を外国語では読んだことがないけれど、村上さん風な感
じってどう訳されているのか、とても気になります。
吉本ばななさんの名前は友達も知ってました。
吉本さんも村上さんも河合隼雄さんとの対談つながりがあってうれしいです。



[6413]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/03 Wed 13:21:34
 メフィスト賞初のハードカバー読んでますが、なかなか面白い。宮本輝の
「流転の海」シリーズ待望の4作目も出たし、楽しみです。

◎ゆめみさんへ
 飲み会と競馬をハイペースでこなしていたので、私は未だスローペースで
す。今日は何冊か読む予定ですが、掃除もしないとなあ。本は逃げないので
お互いのんびり楽しみましょう。
 「最後の…」は、私はあまり印象に残ってないですね。「偶然の音楽」
「リヴァイアサン」「ムーン・パレス」が現在のところベスト3です。

◎taraさんへ
 はい、初めまして。
 イタリア語など、各国への翻訳についての資料はどこかにあったなあと思
ったので、調べてみました。「國文学95年3月号」の村上春樹特集で、「羊
をめぐる冒険」と「ノルウェイ」(「トウキョウブルース」)は翻訳されて
います。この時点で「世界の終り」の翻訳が待たれる、と書かれていますの
で、現在は分かりません。なお、この2作はイタリアではあまり話題になら
なかったようですね。むしろ吉本ばななの方が受け入れられたようです。

◎こうちゃんへ
 タイトルと間違えましたね(笑)。
 「アトランティス」、じっくり読むにはいい小説なので、楽しんで下さ
い。マキャモンの「少年時代」と合わせて読むと、その頃のアメリカの少年
の生活がより分かるかと。
 筒井康隆の「グランパ」は初文庫化ですよ。ハードカバーで出た時、買お
うかどうか迷ったので、よく憶えてます。

◎くれたさんへ
 お子さんの誕生、おめでとうございました。育児でなかなか自分の時間が
作れないかもしれませんが、本はいつでも読めますし、言われる通り児童文
学を再体験出来るのは、少し羨ましいです。「ぐりとぐら」も「チョコレー
ト工場」も。後者は小学校高学年だから、まだ先ですね。

◎ほりえさんへ
 何年か前にもベスト企画盤が出て、日本語への翻訳は鷺沢萠がしていまし
た。その時も「おおっ」っと思ったのですが、今回のは村上さんですか。そ
れは豪華だ。私も買ってみようかな。情報、ありがとうございました。
 高橋源一郎は、一頃かなり、それこそ村上さんと同じくらいメジャーでし
たが、最近また復活してきたようです。

[6412]ほりえ さん(horiyus@clubaa.com) 2002/07/02 Tue 23:11:41
 こんばんはお久しぶりです。春樹さんの音楽関係担当、ほりえです。今日は新し
い村上さん情報があるので書き込みに参りました。

 先日、東芝EMIからビーチ・ボーイズの最新ベストアルバム「カリフォルニ
ア・フィーリン」が発売になりました。選曲はなんとブライアン・ウィルソン本人
ということで、通常のベスト盤とはちょっとレベルが違う選曲になってます。さら
にさらに、なんとブライアン・ウィルソンの新曲(!)「カリフォルニア・フィー
リン」も収録されているということで、これだけでもかなりお腹いっぱい状態なの
ですが、なんとなんと驚くことなかれ、村上春樹さんが「ブライアン・ウィルソン
の宇宙」というタイトルで最新エッセイを書いてます。このベスト盤には、「風の
歌を聴け」でおなじみの「カリフォルニア・ガールズ」、「村上ラヂオ」でも取り
上げられてた「キャロライン・ノオ」、「神の子どもたち〜」の「タイランド」で
出てきた「サーファー・ガール」をはじめ、個人的に勝手にビーチ・ボーイズの最
高傑作と思っている「ドント・ウォーリー・ベイビー」、言葉を失ってしまうほど
悲しく美しい「ゴッド・オンリー・ノウズ」、そして”ティーン・エイジャーのた
めのポケット・シンフォニー”「サーフズ・アップ」など、もうとにかく素晴らし
い内容なので、これからビーチ・ボーイズを聴こうかなと思う方にはかなりお勧め
できる内容だと思います。なんか春樹さん情報というより純粋にビーチ・ボーイズ
情報になってしまいましたが・・・。

 あ、そういえば、下のほうの書き込みに高橋源一郎について色々書かれてますけ
ど、僕は「ジョン・レノン対火星人」が好きです。絶版ですので、古本屋さんにし
か置いてないですけど。

[6411] くれた さん(koiwa_fukuyama602@ャフー) 2002/07/02 Tue 21:33:59
 こんばんは 管理人様かなりお久しぶりです。
新しい家族ができて、7ヶ月、やっと自分の時間ができました。

(ちなみにぼっちゃんでした。馬鹿親なのでかなりかわいい!!!)

 最近ISDNからADSLにやっと変わったので、アドレスのほうもかわりました。
小説よみたいな・・・・・・・そろそろ絵本も吟味しなくては・・・・・
 明日本屋さんにでも行ってきます。
 


[6410]こんばんは! さん(kou1chan@mac.com) 2002/07/02 Tue 20:42:37
こんばんは!本間さん、そしてみなさん。
W杯終わってからの脱力感で、なかなか読書進んでいません。
ここらへんで一発!♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!
って本読みたいですね。
近々「アトランティスのこころ」読むんで、これにメチャ期待です。

ところで、本間さん。
「わたしのグランパ」って今年文庫化されたんですか?
自分は、かなり前に文庫化されていたイメージがあったんだけど、
勘違いかな?

[6409] tara さん(musetara@hotmail.com) 2002/07/02 Tue 20:31:59
はじめまして本間さん&春樹ファンのみなさん♪
是非知りたいことがあり、書き込みさせていただきます!
イタリアの友達に是非村上さんの作品を紹介したいと持っています。どうせなら私
の一番大好きな「世界の終わりと〜」と思っているのですが、これはイタリア語に
翻訳されているのでしょうか?「ノルウェー〜」と「国境の〜」は確実にあるみた
いなのですが・・・。
ご存知の方!よろしくお助けください。
次の村上さんの新刊、いつ出るんでしょうねぇ・・・。深く深〜く掘ってるのかし
ら・・。




[6408] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/07/02 Tue 18:03:11
こんにちは。先週から一週間くらい集中して本を読もうと思っていたのですが、読
めたのは結局東野圭吾さんの「白夜行」、スティーブン・ミルハウザーの「三つの
小さな王国」、有栖川有栖さんの「暗い宿」、村上さんの「神の子どもたちはみな
踊る」の4冊だけでした。何だか余り読んでいないような気がしてきました。ポー
ル・オースターの「ミスター・ヴァーティゴ」をやっと買ったので、今度はこれを
読もうかなと思っています。

>本間さん
「最後の物たちの国で」は、そうですね、個人的にはオースターのベスト3には入
れたい作品でした。(オースターは全部読破した訳ではないのですが、現時点で
は。)前半が好きな方と後半が好きな方とに分かれるみたいですね。近未来
的・・・といえば確かにそんな感じもします。文庫は、夏に向けて本当に豪華ライ
ンナップですね。

>おりえさん
そうですか、同人誌で書いていらっしゃるのですね。昔、私も同人誌で書いていま
した。本当は今も書きたい気持ちはあるのですが、なかなか。また書いてみようか
とは思いますが。長編の方が書き上げた時のカタルシスが大きいというのは、その
通りだと思いますよ。長編は作品ひとつで1冊の本になりますけど、短編は作品ひ
とつでは本にしにくいでしょうし。

>坂田さん
東野さんは私も好きです。長編も短編も面白いですし、描くジャンルが広いですよ
ね。講談社文庫の他の作品も面白いので、機会があれば是非お読みになってみてく
ださい。



[6407]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/07/02 Tue 02:29:54
 今日は眠いから、読書ははかどりそうにありません。

◎Robin's Nestさんへ
 はい、初めまして。
 ホームページは更新していくのがポイントなので、これからの更新頑張っ
て下さいね。そしてリンクのお知らせありがとうございます。村上さん関連
でしたら、メールもらえればこちらからもリンクしますよ。

◎沙羅さんへ
 早速ホームページ見ました。私も先月社内でそのソフトの先生役やりまし
たが、なかなか大変ですよね。普段使わない機能はよく知らないし。何はと
もあれ、合格おめでとうございます。
 高村薫の「照柿」、もう読み始めてしまいました? あれは合田刑事のシ
リーズ物なので、できれば「マークスの山」から読むのがいいですよ。

◎なんおうさんへ
 はい、初めまして。
 村上さんは長編は9作しかないのですが、短編集、エッセイ、旅行記、翻
訳と結構幅広いので、その他の作品を含めると、かなりの数になります。
 作家のお薦めは好みがあって結構難しいので、ここの私的ブックガイドを
参照していただければ幸いです。

[6406] なんおう さん(nannou.@livedoor.com) 2002/07/02 Tue 00:57:29
はじめまして、ここ2年位前から本を読むようになり、先輩に教えてもらって村上
春樹に出会いかなりはまり、読み尽し(以外と少ないですね。)ました。そこで質
問ですが、他の作家で村上さんの様に幻想的な世界を描いてる人で面白いものがあ
ったら教えて下さい。お願いします。

[6405]沙羅 さん(so_dyu@f7.dion.ne.jp) 2002/07/01 Mon 15:14:11
 こんにちわ、昨日某検定試験に合格し、晴れて読書解禁となり、PCのサイドボー
ドに昨日まで積んであったテキストの山が「流星ワゴン」「蚊トンボ白鬚の冒険」
「照柿」に変わり、もう何とも言えないい気分です。
 高村薫さんの新刊は作品の焦点が事件から人間像に移り変わったとかで評判です
ね。「晴子情歌」、興味はありますが私はまだどの作品も読んだことがないのでと
りあえず「照柿」から読みはじめてみます。

 

[6404]Robin's Nest さん(sengangzhenren@hotmail.com) 2002/07/01 Mon 01:18:39
 初めまして。前から何度か来ていたんですが初カキコです。村上さんの作品とは
中2からのお付き合いです(現在20歳)。最近HP作ったんで村上さんの作品に
ついても幼稚ながら書いていこうと思っています。で、より村上さんの作品につい
て皆さんに知ってもらおうと思って、僕のページにリンク貼らせていただきまし
た。なにぶん出来たばっかのページなんで内容も薄っぺらですががんばります。ち
なみに、ご存知とは思いますがページ名を『国境の南・太陽の西』のアレから拝借
しました。どうぞよろしくお願いいたします。

[6403]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/30 Sun 00:41:53
 明日は福島競馬に行ってきます。晴れればいいなあ。

◎おりえさんへ
 こちらでも灯油を買いに行く人が続出のようです。夜は寒いですよね。
 森博嗣は、なんだかんだ文句いいつつも、新刊出たら読んでしまいます。
 感動して泣くのは、私もありがちですよ。喪失して泣くのではなく、感情
移入しやすい質なのです。
 小説仕上がった時は、そうですね、さわりくらいは。

◎中村美月さんへ
 疑問が解決して良かったですね。「レキシントンの幽霊」に収録されてい
る短編ですので、ぜひ読んでみて下さい。

◎坂田さんへ
 東野圭吾は長年読んでますが、内田春菊はほとんど読んだことないです。
佐藤正午は、ぜひお勧めですよ。村上さんと一緒で、万人に受ける作風では
ないですが、はまるとあの作風は堪りません。
 「カンガルー日和」は16歳の時に初めて読んでからずっと、私のベスト
短編集です。あれから十数年経ったけど、今でもやっぱりいいです。

◎アルカンジェリさんへ
 ホームページ作られたようで、お疲れさまです。そして絵が採用されたよ
うで良かったですね。
 ドラマは見ないけど、スガシカオはすっかりメジャーになったんですか。
2年前くらいによく聞いてました。

[6402]アルカンジェリ さん(angel_crystal_777@hotmail.com) 2002/06/29 Sat 15:13:17
 小説ではないのですが、最近、スガ・シカオの詩集「1095」を読んでいます。

ドラマ「整形美人」のテーマソング「アシスメトリー」で彼もかなりメジャーに

なってきましたね(^^)

 僕の方は短編小説につづき「絵画」が医学博士の先生の御本の「挿し絵」として

採用されました、また、僕のサイトではみなさまの作られた「詩」もアップしてい
ますので自信のある方、お気軽によってみてください。現役のミュージシャンも顔
をちょくちょくだしてくれるのでデビューのチャンスになるかもしれませんよ(^^)


 それでは、本間さま、みなさま、失礼いたしますm(__)m

[6401] 坂田康代 さん(u-sakata@ngs2.cncm.ne.jp) 2002/06/29 Sat 15:12:02
今週は,東野圭吾、内田春菊週間でした。東野さんは短編も長編もわくわくします
ね。「昔僕が死んだ家」は、おもしろかった。
内田春菊は、いつ読んでも、後味悪くって、でもついひかれてしまいます。
内田春菊って長崎の人なんですよね・・
すごい過去の持ち主なんですよね・・ちょっと悲惨な・・・

長崎出身の佐藤正午さんは・・・私は読んだことありません。
でも図書館では一番目立つところにおいてあるので、結構読まれているようで
す・・(憶測)

ひさしぶりに「カンガルー日和」読み返しました。
さらりとした後味のよさは、やはり、村上さんどくとくですね。
いつ読んでも、何を読んでもぜんぜん時代を感じさせない文体は
わたしにとって、「癒し」以外のなにものでもありません!