現在の掲示板へ戻る



[6400] 中村美月 さん(mzk@cd5.so-net.ne.jp) 2002/06/28 Fri 15:55:55
自分で自分にレスしてます。
先ほど、ボクサーが主人公の小説のことをお尋ねしましたが、たった今友達が
教えてくれました。「沈黙」というタイトルだそうです。早速探してみます。
どうもお騒がせいたしました!

[6399] 中村美月 さん(mzk@cd5.so-net.ne.jp) 2002/06/28 Fri 15:39:15
村上春樹さんのファンの方、教えてください。
学校で友達を殴った経験のあるボクサーが主人公の小説って、
村上さんの著作の中にありますか?
お心当たりがあれば、教えてください、お願いします!!

[6398] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/06/26 Wed 23:59:01
 皆さん、こんばんは!
 ここ最近、寒いですね。寒がりの私はつらいです。連れのヒーターは修理に出して
いるので会えません・・・・。
 久しぶりに森博嗣さんの作品を読みました。彼の作品は「すべてがFになる」が
最初でしたが、文系ミステリー好きの私には理系ミステリーはダメでした。でもこ
の方が時折り書かれる、ある人々の「孤独」のあり方が好きで縁があったら読んで
います。

 本間さん、1度作品が当たってしまうと、次の作品を書くのは相当のプレッシャー
でしょうね。最相葉月さんは力のある人なので、がんばってほしいです。
 最近、何かを見たり、読んだりして泣く事が多いです。幸せな事なのでしょうが
「歳だなあー」とも思います。確かに「ある時期」を失ったんだなあと。
 後は書くだけですか。もしよろしければ、仕上がった暁には読ませて下さい。
 ゆめみさん、私は今、同人誌に参加して書いています。締め切りに間に合うよう
日々、格闘中です。中にはプロ並みの人もいますよ。読んで「ひぇー」とか思った
りします。
 今、短編物は減っているらしいですね。長編の方が「書きがい」があるのかもし
れません。やはり「書いたぞー」というカルタシス(で合っているのかな)は、長編
の方がありますね。
 moegiさん、私も河合先生のファンです。以前広島に何かの会(会に興味がな
かったので・・・)に村上春樹さんと河合先生がいらっしゃって対談されたのを見た
のですが、とっても話の内容がわかり易かったです。「私って頭良かったんだな」
と思うくらい。ほんとに「なるほど なるほど」でした。

 では、お休みなさい。

[6397]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/26 Wed 18:06:40
 さて、今日は何を食べて何を飲もうかな。

◎ゆめみさんへ
 「最後の物たちの国へ」は、良かったですか。何だか不思議な話ですよ
ね。私は近未来物のSFを思い出しました。
 毎年夏は、各文庫でミステリーフェアが企画されますし、今月もなかなか
豪華ラインナップでしたね。普通の新刊もどかどか出ているし、私も時間見
つけては読んでいこうと思ってます。

◎nkmtさんへ
 なるほど。私は扶養してもされてもいないので、関係ないのですが、パー
ト問題でよく引っかかる部分ですね。
 税金は家を買うと更にどかどか取られるので、ちょっとうんざりです。

◎ベガさんへ
 高橋源一郎、最近よく名前聞きますね。プライベートも充実しているよう
だし、競馬と仕事を一生懸命しているのでしょう。
 でも、その本ちょっと読みたくなってきました。今度本屋で探してみます
ね。

[6396] ベガ さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2002/06/26 Wed 16:09:12
こんにちは。
高橋源一郎さんの「一億三千万人のための小説教室」を、寝食忘れて読みました。
昼食と昼寝ですけど(笑)。

これは一見小説作法の本のようですが、読書作法でもあります。すべての本読みさ
んにお薦めしたいです。私みたいに偏読傾向のある方には特に強く。
小説を(ことばを)いかに楽しむかいうことを、ステップアップしながら教えてく
ださっています。読後、目の前がぱあっと広がったみたいな感じ。
春樹ファンにはたまらない記述もあるし(私が知らなかっただけで、すでに常識に
なっていることかもしれませんが)、太宰ファンならうんうんと頷くに違いない箇
所もありますよ〜。

日々新しい表現を求めて格闘し続けている高橋さんに、惚れてしまった私なのでし
た(笑)。なんか、この人すごい!

[6395] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/06/26 Wed 07:45:28
本間さん>税金が問題になるのは103万からです。正確に言うと、親の給料の扶養控
除がなくなるので、トータルで見ると損します。特に扶養者が学生だとかなり控除
されているので・・。ちなみに私の給料に直接税金がかかってくるのは130万以上で
す。月8万7千以上でも所得税取られますけど。この辺は法学部の面目躍如、といっ
たとこでしょうか?

あっくんさん>「JMM」かなり前から取ってますよ!この頃は「フィジカル・インテ
ンシティ」も配信されていて。月曜の「経済の専門家に聞く」は時に内容が深すぎ
てついていけない時も・・。というか、あのボリュームだけでもすごいです。

MIUMIUさん>バイトでお互い疲れてて、なんか親近感を感じてしまいます。(笑)
私はメールの方、大体携帯の方で済ませています。受信するだけなら携帯でも問題
ないので。以前は1000字くらいの長ーいメールを友達に送ってたりしてたのです
が、この頃は携帯から送る関係上500字位・・それでも多いか?

さっきまで映画をみてて印象に残った科白があったので、ついでに・・
「自由とは責任である。責任を忘れることも責任である」

訳わかりませんね。(苦笑)それでは

[6394] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/06/25 Tue 17:51:57
こんにちは。ダイベックの「シカゴ育ち」、オースターの「最後の物たちの国で」
を読み終わりました。「シカゴ育ち」は、切れのいい短編集です。掌編が特にいい
なあと思いました。短編好きの方はぜひ読んでみてください。「最後の物たちの国
で」は、オースターファンでこれがベストだと言う方の多い理由が分かりました。
私も個人的なオースターランキングでは上位に入る作品です。初めて読む方でも読
みやすい作品だと思いますので、オースターが未読の方は是非。読んでいて「世界
の終りとハードボイルド・ワンダーランド」や鴻上さんの「ピルグリム」や「ハッ
シャ・バイ」という作品を思い出してしまいました。今は、気分転換を兼ねて原田
宗典さんのエッセイ集を読んでいます。そういえば有栖川さんの「ペルシャ猫の
謎」が文庫になったり、宮部さんの「今夜は眠れない」も文庫になったりしていま
すよね。この後は文庫の「白夜行」でも読もうかなと思っています。

>KEIKOさん、こうちゃん。さん
ポール・オースターはいいですね。買ってあるオースターでは「鍵のかかった部
屋」がまだ未読なのですが、これも早く読みたいです。「ミスター・ヴァーティ
ゴ」は気にしていながら買っていないので・・・近いうちに購入したいです。

>nkmtさん
今回は日曜日の夜だったので・・・今度、水曜日に利用することがあれば、よろし
くお願いします。

これから週末まで読書モードに入ります。暑くなると読書はしづらくなるので(私
だけでしょうか?)、今がチャンスだと思って。

[6393]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/25 Tue 09:25:52
 本当寒い日が続きますね。

◎ベガさんへ
 文語体は今でも苦手ですよ。旧かなづかいなら、慣れればわりと読みやす
いけど、文語体はだめです。でも着々と読んでますね。
 北村薫の新刊エッセイは、本屋で見ましたが、国語の先生パワー爆発とい
った内容で、ちょっと買いそびれました。ふーん、ミステリの話も出てくる
んですか。それは読まないと。

◎坂田さんへ
 スペインでは、主に平野に雨が降るというモチーフを思い出しました。佐
世保に住む佐藤正午の小説です。地元では彼の人気はどうなのでしょう?
 「光源」は、ユニークな小説ですよね。あの癖がある人物たちは、どう展
開するのか楽しみでした。桐野夏生はここ何作か、ああいう小説が多いので
目が離せません。
 時代小説はあまり読まないので、勧めるほど詳しくないです。

◎nkmtさんへ
 学生が土日やることないとは、ちょっと寂しいですね。勉強するなり、遊
ぶなり、やる事は多いのでは。私は今でも多すぎるくらい(笑)。
 年間120万というのは税金ですか? ちなみに就職すると、働いた額の
3割は税金に持っていかれますよ。会社員は必要経費も申告出来ないし、取
られすぎ。

◎MIUMIUさんへ
 疲れた時は、パソコンなんてしなくていいから、寝た方がいいですよ。私
もばたばたしている時は、ここの掲示板の返事が書けないですし。
 メールは、ほっとするメールが来ていると嬉しいですね。お知らせとか事
務メールばかりだと、ちょっとがっかりです。

◎moegiさんへ
 村上作品に影響を受けて、スパゲッティはよくゆでるようになりました
が、なかなかアイロンまでは手が回りません。未だにどうやってかけるのか
よく分からないくらいです。
 河合隼雄は、今の内閣の諮問委員か何かになってましたよね。教育問題の
対談でもよく見かけます。

◎あっくんへ
 強制終了はウィルスとは違いますね。わりとありがちな事なので、そんな
事で友達を起こさないように(笑)。ついでに「記号と象徴の違い」でも聞
いてみたら良かったのに。私もああいう友達が欲しいなあ。
 「火車」は、本間刑事は活躍してますか? 隠れたヒロインが読み所なの
で、楽しんで下さい。

[6392] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/06/25 Tue 02:41:08
こんばんは。こちらの掲示板は一寸久しぶりです。

moegiさん、河合隼雄、いいですよねー。私は偶然、会ったことがあるんで
す。ブエノス・アイレスに記念碑的に重要な旅行を、20代の終わり頃、し
たのですが、同じ飛行機だったんです。トランジットの時、思わず話しかけ
てしまいました。

nkmtさん、村上龍のメルマガ、「JMM」おもしろいですよ。私は彼の小説の文
体は苦手で、全然読んでないんですが・・・。でも経済などに関する発言は
テレビなどで見るにつけ成程だったので、とって(というのも変ですが)み
たのです。最近は、やはりサッカーの話題です。でも、トルコ戦以来、龍さ
ん本人の記事がこないんです・・・あの人がどう総括してくれるのか、コメ
ントを心待ちにしてるのですが。

KEIKOさん、大変でしたね。私はこの前初めて「フリーズ、強制終了」を体験
しました。もう死ぬほどドキドキして、午前2時なのに友達電話で叩き起こ
してしまった(T嬢、感謝)。あれ、でもこれってウィルスとは全然次元のち
がう話なのかな・・・?

今「火車」やっと半分くらいまで来ました。 W杯のあいまをぬって、寝る前
に1章位のペースで読んでいたので・・・。それでもまだ見てない試合のビ
デオが5、6試合分ある・・・やれやれ。こっちはヒマな日曜日なんかにだ
んだん見てこう。当分楽しめますね。

ではまた。

[6391] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2002/06/25 Tue 01:36:00
 こんばんは、本間さんのおっしゃる通り村上作品には読んでいるうちにスパ
ゲッティ-をゆでたくなったり、せっせとアイロンをかけたくなったりする事
ありますよね。何もしたくなくなるか、何かしたくなるかどっちにしても影響
受けちゃうってことですね。
 話は変わりますが、5年ほど前「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」を読んで
河合隼雄さんの著書も何冊か読み「会いに行きたい」気持ちが良く解りまし
た。以来私は河合さんの熱烈なファンでもあります。昨日は吉本ばななさんと
の対談集「なるほどの対話」をなるほど、なるほどと読み終えました。

[6390] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/06/24 Mon 23:52:53
HELLO!こんばんわ☆
nkmtさんと同じく、最近とても疲れているみたいで、なんだか調子のおかしい
MIUMIUです。でも本間さんを見習って、毎日メールチェックはしています。
といっても、メールが来る日はめったにないんですけど。でも来ると嬉しいです
ね。顔ほころびます。
坂田さん梼рェ小学生のころはまったのが永井路子の「北条政子」(って題名だっ
たと思います)ですね。なにより読みやすいのがいいです。
頼朝がとんでもないタラシで(笑)、政子の女としての葛藤なんかが書いてあって
読み応えばっちりだと思いますよー。
最後がまた、いいんだ〜。




[6389] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/06/24 Mon 19:26:30
こんばんわ。
奈良も朝から雨で、傘も持たずに外に出掛けて、びしょ濡れです。
久しぶりの休みだったのに。(今日は純粋な休講でした。)

この頃、少しストレスが溜まり気味、みたいで。
なんか周りの人からバイト先の同僚からそんなことをちらほら言われてしまって。
というのも土日は毎週20時間前後は働いているので、疲れているように思われる
のです。

まあ、疲れているのはある程度はあたってるのですが、あんまり周りに気を遣わせ
るのもなんだかなー、思ってしまいます。こうゆう相手を気遣わせない気遣い(な
んかややこしいですね)はどうも苦手で・・。

バイト減らすのが手っ取り早いとは思うんですけど、土日はバイトがないとやるこ
と無くなるし・・。まあ、このペースでいくと年間120万ペースですからどこかで休
まざるを得ないんですけど・・。どうしたものでしょうか?

本のほうは村上龍の「文体とパスの精度」と「ザ・ゴール」を最近は読了。
村上龍の方はさんざんこれまで述べてきたので省略、付記するならばまえがきに
「この本は若い人と女性に読んで欲しい」とあったこと。
龍さんは概して男性向きと私は思ってたので。実際対談とプライベートなeメールで
構成されているのでソフトな文体になってます。それ故に初めての人でもすんなり
入っていけるかと。

「ザ・ゴール」はビジネス書なんですけど、小説風に書かれていてかなり読みやす
かったです。第二弾も出てるので、早速読もうかなと思ってます。 

坂田さんへ>吉川栄治の「宮本武蔵」はどうでしょうか?
      私は井上雄彦の「バガボンド」の方しか読んでないので薦めるのもど
      うかとは思いますが・・。

ゆめみさんへ>私もチャしてるんですけど、大体水曜日です。よければ声かけてや
       って下さい。

長くなってすいません。それでは。

[6388] 坂田康代 さん(u-sakata@ngs2.cncm.ne.jp) 2002/06/24 Mon 13:48:30
今日は、朝から長崎は雨です。
以外かもしれないけれど、長崎は雨の少ない町です。
前川清さんにだまされてはいけません。

桐野夏生サンの本で、最近おもしろかったのは、’光源’です。
わたしはすぐ主人公に恋してしまいますけど、例に漏れず、です・・
皆川博子サンの、(タイトルは、おぼえていない・・)一枚の写真&絵画をモチー
フにした小説は、とても美しく、怖くて楽しめました。
皆川サンの小説は、どれも美しくて奥が深すぎる・・
ただ・・私の苦手分野は、実は、時代小説で、かろうじて、宮部みゆきさん、京極
夏彦さんは、読めるのですが,ほかはどうしても、手が止まってしまいます・・

でも例外が一冊。22歳のころに読んだ、司馬遼太郎さんの、'燃えよ 剣’は
今でも心に残っています。当然しばらくは、土方歳三さまさまでした・・
時代小説の苦手な私にお勧めの本を教えてください。


[6387] ベガ さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2002/06/24 Mon 00:55:16
えー、相変わらずマイペースで明治中です。

一葉はいいですねぇ。高校時代にうんざりした文語体の美しさ(笑)。「十三夜」
「たけくらべ」、いいですね。
初恋繋がりで、伊藤左千夫の「野菊の墓」も読んでみましたが、(北村さんの「秋
の花」系列)、私は「たけくらべ」の方が好きです。ヒロインを取り巻いている状
況の凄みと、独特のとんがった意識と、なんといっても初恋の相手である信如がク
ールで素敵(笑)。その点、「野菊〜」の政夫は、いまいちかな(すみません、単
なる好みです。笑)。

北村さんの新刊「詩歌の待ち伏せ」読みました。
例によっていろいろな本からの引用がいっぱいです。詩歌の解釈はもちろん、エッ
セイの要素も強くて面白かったです。北村さんはやはり!女の子のお父さんだった
のね〜。

途中、伊織さんとの会話なんかも登場したりしまして(おおっ)、詩歌の話であり
ながら、ハードボイルドや推理小説関係にまで話が及ぶのです。
北村さんの本を読むと、読書の羽がどこまでも広がっていって、もうどうにも止ま
らない(笑)。高橋さんの明治文学も止まらないけど。


[6386]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/23 Sun 11:05:59
 今日は昼2時から仕事だから、何とか更新出来るように頑張ります。

◎リカさんへ
 はい、初めまして。
 何もしたくなくなるというのは、作品世界に囚われて、なかなか現実に戻
れないという事でしょうか。確かに吸引力は凄いですね。ある種の人は特に
そうなると思います。私も学生時代は結構影響受けました。
 ずっと個人の物語を描いてきた作家なので、そちらに意識がいくのでしょ
うけど、食事の準備も村上作品では多いし、村上風に音楽を聴きながら作っ
てみたりするといいかもしれません。

◎M×2さんへ
 うーん、どうでしょうね。マンガと本はジャンルが違うので、そう一緒く
たにする事もないと思いますよ。浦沢直樹は高校の時「YAWARA」が始
まったので十数年読んでますが、それほどペダンチックな感じはしません
し。画力がなくても、福本伸行のように迫力あるマンガはありますしね。

◎MIUMIUさんへ
 私はメールチェックは生活習慣になってしまったので、どんなにばたばた
していても、パソコンの前に一度は座ってしまいます。別に携帯でしてもい
いんだけど、打つのが面倒で。

◎坂田さんへ
 ワールドカップは、私も会社で見るくらいかなあ。でも街中で、街頭テレ
ビの前に人が集まるという光景は、なかなか凄いです。
 皆川博子も桐野夏生も、いい小説が多いので楽しまれたかと思います。何
を読まれたんですか?

◎ゆめみさんへ
 「流星」読み終わりましたか。白川道が思うところの、男の生き方爆発の
一作ですが、熱い小説ですよね。「最後の…」は、オースターファンはベス
トに挙げる人も多い小説ですね。
 読書は今日辺りから日常ペースに戻そうかと思ってます。今週も飲み会多
いので難しい気はしますが。

◎moegiさんへ
 なるほど、確かにそういう事はありますね。私も仕事などで疲れると、ふ
と再読する事はありますが、無意識にそういう事を求めているのかもしれま
せん。常備薬か。いい表現ですね。

◎KEIKOさんへ
 ウィルスは本当に気を付けて下さい。ソフト入っていても、最新のパター
ンにしていないと、全然意味ないですし。
 高村薫は、文庫化する際に大幅に手を入れる作家として有名です。だから
なかなか文庫化されないんですよ。感想にも書いていますが、「レディ」の
あの描写力と取材力は凄いです。お楽しみ下さい。
 オースターは「偶然の音楽」が、今のところマイベストです。

◎こうちゃんへ
 私はあまりいらいらする事はないのですけど、他の事に気が行っていると
確かに本読んでいても、なかなか内容が頭に入らないですよね。
 そういう時は軽めの短編集とかエッセイがいいので、その秘密兵器の投入
もいいかもしれません。勉強も頑張って下さいね。

[6385]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/06/22 Sat 19:55:52
みなさん、こんばんは!
ここ最近忙しくて、カルシウムも足りていないせいか、イライラしていま
す。こんな時に本読んでも、すんなり入っていけません。
こんなときは、秘密兵器としてとっておいた「ポシェット童話 」でも読んで
みようかな?
あ〜、それとそろそろ自分も資格試験の勉強始めないといけない。
あまり取ってもパッとしない試験なんで、メチャクチャモチベーション低い
です(^^)

>motokoさんへ
自分も@探してみようかな。

>坂田さんへ
ある意味スゴイですね。つい最近までベッカムベッカムベッカムベッカムだ
った事を考えると。今でもそうかな?

>KEIKOさんへ
オースターいいよね(^^)「ムーン・パレス」あの生卵のシーンなんか、鮮烈
に残っています。

[6384] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/06/22 Sat 17:23:52
皆さん、こんにちわ!お久しぶりですKEIKOです。あんまりにも久しぶりだから、忘
れられてるんじゃないかと心配です(^-^;)
さて、実はここ1週間ぐらいずっとパソコンにウィルスメールが届いていて、恐くて
触れなかったのですが、無事、解決しました!皆さんもご注意を・・・
今月末に検定試験があるので、なかなか本が読めないのですが、終わったら読もう
と思って、本を購入しました。宮部みゆきさんの「理由」と本間さんおすすめの高
村薫の「レディ・ジョーカー」です。「レディ」の方はハードカバーなので最初は躊
躇しましたが、ぱらぱらと見てみたらすごく面白そうなので購入しました。ただ、
すごく長い作品なので、試験が終わるまでは我慢です(>_<)

海外の作品では「ムーンパレス」を読んでいらいポール・オースターにはまってし
まいました。少しずつ他の作品も読みたいですね。
では、また

[6383] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2002/06/22 Sat 17:20:18
 お久しぶりです。リカさん、貴女だけじゃありません。私もそうです。ハル
キワールドにはまると魂を抜かれたようになります。抜かれた魂がきちんと自
分の身体に戻ってきちんと日常生活に戻るまでしばし時間がかかります。だか
ら私は、村上作品を読むときは覚悟して読みます。逆もまたしかりです。魂抜
かれたい時は常備薬のように利用しています。

[6382] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/06/22 Sat 13:37:47
こんにちは。昨日ようやく、「流星たちの宴」を読み終わりました。割と分厚い作
品だったのですが、一昨日から昨日にかけてラストへと向かう部分を一気に読めた
ので、良かったです。「シカゴ育ち」の方はあと半分くらいですね。ダイベックはこ
の本一冊しか知らないのですが、なかなかいいです。これは今日中にいけるでしょ
う。この後はとりあえず買ってあったオースターの「最後の物たちの国で」を読も
うかと思っています。今日はまた本屋さんに買出しに行くので、何か新しいものを
仕入れてこようと考えています。

>おりえさん
長編の「コク」と短編の「キレ」ですか。とても上手い表現だと思います。さすが
創作をなさっている方ですね。おりえさんの小説、機会があれば拝見したいです。
私は長編も短編も好きですが、短編集は長編よりちょっと評価されにくいのかな、
という気はしますね。

>本間さん
私も今週はペースが落ちました。月末までにはもう少し読みたいです。急いで読も
うと思っているわけではないのですが、読みたい本がいっぱいあるので未読本で埋
もれてしまいそうです。また今度は、ちょっと手触りの違うものも読みたいです
ね。何かいいものを物色してきます。

>リカさん
はじめまして。
村上さんの作品を読んだ後、日常に引きずってしまうこと、私はありますよ。

>MIUMIUさん
私は太宰好きなので・・・多分自分だ、と思っている方に入るのではないかと思い
ます。太宰は好き嫌いがかなりはっきり分かれますよね。ちなみに「人間失格」
は、冒頭の一節がやはり印象的だと思います。

[6381] 坂田康代 さん(u-sakata@ngs2.cncm.ne.jp) 2002/06/22 Sat 13:25:54
こんにちは!

とうとう、ワールドカップ一度も見ないで、すごしてしまいました・・
ソノ間、していたことといえば・・やはり読書です。
皆川博子,桐野夏生、などを・・。

TVは、吉本新喜劇にはまっています。誰か石田靖さんの親戚とかいませんか?
(なんてね)。紹介してください。

リカさんへ・・・・はじめまして。すごく気持ち分かります。
         ノルウェイの森をよんだあと、わたしもしばらく
         街中をうろついてみました。そのとき、まだ19歳くらい
         だったけど、なんだかすべてむなしく感じました。
         今は2歳半の子供がいるのでさすがに自由時間が、減りましたけ
         ど、機会があれば、ふっと一人になりたくなるときがあります
         お互い、子育てガンバロー!!(????)


[6380] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/06/22 Sat 00:17:35
こんばんわMIUMIUです(^^)最近はバイトと勉強で忙しくてなかなかPC
に向かえなくて残念です。ここはいつも活気があるなぁ〜。
村上龍の「5分後の世界」読了。これは男の方にお勧めかも。面白い。
モンスターも、マスターキートンも、脇役がいるからこそだと思うけどなぁ〜。
あたしは個人的に浦沢直樹スキですね(^v^)。
yukiさん
「人間失格」を細部まで覚えているなんて(>∇<)!!素敵☆☆
マニア魂炸裂です。あれは小学生の時以来読んでないんですよね〜。
谷崎が一段落したら読んでみようかな。
ゆめみさん
「太宰の小説の主人公は自分だ、と思う人とそうでない人に、二分される。」
ですか。成る程成る程。
ゆめみさん自身はどちらのひとですか?あたしは半分半分くらい・・・かなぁ・・
(苦笑)
ようじさん
は、はずかしくないですよ!?(汗)私のは、卒論ではなく、論文の発表ですが、
そんな違いはあれ、共にがんばりましょうね。(^0^)
ちなみに、あれから何冊もの資料を探して読みましたが、全く意味わかりませんで
した(−−;ゞあと一週間後なのにぃ〜〜〜!!

[6379] M×2 さん(ggdghhh@jhhhhjh) 2002/06/21 Fri 22:30:00
 今、マンガのモンスター読んでます。まだ3巻までですが、感想はこうです。
 スケールの大きさには驚かされました。時代背景もしっかりしてるし、本当によ
く調べてあり、考えられたストーリーだとは思います。しかし!致命的に主人公が
描けていない・・・むしろ毎回入れ替わり立ち代り出てくる脇役達の方が目立って
しまって、印象が希薄になっている。主人公が分からなさ過ぎていまいち物語に入
っていけないのは僕だけでしょうか?前に連載してたマスターキートンも同じで、
主人公に全然親しみがもてなく、ただただ知識を見せびらかされてるような感じが
してすぐ飽きてしまいました。
 それともう1つ、彼(作者)はマンガをより本(文学)に近づけようとしてるのだ
と思いますが、あれくらいの本なら世界にはゴマンとある。むしろマンガの本との
相違点である絵(画力)をつけて、本来のマンガ表現にたち返る必要があると思う。
そうしなくてはマンガは永遠に本と並ぶ芸術と認知されることはない。マンガには
すごい可能性がある、だからこそ今のままじゃいけないと思う。

[6378] リカ さん(yausdarika3@hotmail.com) 2002/06/21 Fri 22:11:25
はじめまして。
にわかに村上さんの作品を読み始めた者です。
それにしても
村上さんの作品を読むと 何もしたくなくなるのは私だけでしょうか。

とくに 一つの作品を読み終えたあと、歯の無い子供用の食事を作ったりするのが
とてもだるくなるんですよ。
子供の歯が生えてから読めば良いのですが 気になって読んでしまうのが村上さん
の世界。 
みなさん 自分の日常生活に引ずる事 無いですか?
引きずってしまうのは やはり私が暇な世界に生きているってことでしょうかね。


[6377]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/21 Fri 02:17:40
 金曜働けば、土曜は休みで競馬と映画。楽しみだ。

◎motokoさんへ
 2つの疑問のうち、1つでも分かって良かったですね。しかし、それで分
かるとは、アキさんもすごい。
 と、ここまで書いて分かる通り、私にはどちらも分かりませんでした。長
編ではないと思うので、どれかの短編でしょうね。

◎ゆめみさんへ
 私はこの1週間、1冊しか読んでいません。今月はペースダウンです。ま
あ、たまにはこういう時期もあります。そろそろ更新もしなきゃなあ。
 でも、次に何を読もうか、未読本の前で考えるのも楽しいですよね。私は
ちょっと短めのやつで、リハビリしないと。

◎おりえさんへ
 最相葉月もいろいろありましたから、次作はプレッシャーでしょうね。音
楽は、例えばラフマニノフ弾くのには、ある程度の技術は必須でしょうし、
確かにそういう面があるかと思います。
 私も家族物は昔は苦手でしたが、最近は涙ぐみながら感情移入してしまい
ます。歳を取るという事は、そういう事なのでしょう。
 乱歩賞狙いは、モチーフは出来ているので、後は書くだけなんですが、こ
れがなかなか。クーラーは、今年ボーナス減ったので無理っぽいです。クー
ラーより欲しいものは、たくさんありますしね。

[6376] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/06/21 Fri 02:04:22
 皆さん、こんばんは!
 暑いですねえ〜。ホント。
 最相葉月さんの「絶対音感」を読み終えました。この本を読んで思ったのは、音
楽(クラシック系)は絵や小説と違って続けていくにはある一定度の技術が絶対不可
欠なんだなあと。勿論、絵も小説も上手い(技術がある)にこした事はないんでしょ
うが、それ以上に「何か」が大切だな気がします。それがあれば、技術がなくても
OKのような。音楽もそうなんでしょうが、一定水準の技術があって、初めて「何
か」を追求出来るんだなあと。
 久しぶりにノンフィクションを読みました。

 Yukiさん、私も「秘密」のラストは1つだと思っていました。だからここの掲
示板でラストに意見が割れたというカキコにちょっとおどろいてしまいました。私
も、もう1つの可能性が知りたいです。「創作」は楽しいです。孤独な作業ですが、
それを含めて好きです。「創作」のすごい所は、喜びや楽しさだけではなく、悲し
みも苦しみも生かせる事ですね。むしろそういった感情が、作品に深い彩りを与え
てくれる気がします。興味のある分野から触れられたらいかがですか?
 本間さん、「ビタミンF」のような作品は、昔はダメでした。以前はストーリー
の面白さを第一のものとしていたので。ああ、年取ったとつくづく思います。
 小説書いていないのは残念ですね。乱歩賞を目指す方って多いですねえ。読んで
みたいです、本間さんの小説。
 しっかり睡眠取ってください。やはりそのためにはクーラーを早期に購入しない
と。私は多分買わないと思います。ヒーターは好きですが、クーラーは苦手です。
 ゆめみさん、確かに短編はもっと評価されても良い気がします。長編の「コク」
も良いけど短編の「キレ」も捨てがたい。

 では、お休みなさい。

[6375] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/06/20 Thu 18:36:20
こんにちは。迷った末に2冊同時進行で進めているのですが、まだ「シカゴ育ち」
と「流星たちの宴」を読み終わりません。「シカゴ育ち」は家でちょっとずつ読ん
でいるからなのでしょうが、「流星たちの宴」もやっと後半に入ったところです。
そろそろ集中して一気に読んでしまいたいところですが、さて。これが終わったら
何を読もうかなと早くも思案中です。

>Yukiさん
「ささやかだけれど、役に立つこと」はいいですね。あの作品を読むと心のなかが
ほわっと温かくなります。

[6374] motoko さん(ld02287@waku3.com) 2002/06/19 Wed 20:27:22
アキさ〜ん、どうもありがとう!
さっそく本を開いて久々の再会?にすごく嬉しくなりました。
そっかぁ、「オニオン・スープ」かぁ。全然思いつきませんでした。

最近なんとなく気になっていた言葉の意味をずいぶん時間がたってふっと実感する
時があって、この言葉ももう一度読み返したい言葉でした。

ホントにありがとう。

[6373] アキ さん(to-roro@mail.goo.ne.jp) 2002/06/19 Wed 20:04:16
motokoさん>はじめまして。@の方はちょっと分かりませんが、Aは「夢で会いま
      しょう」に収録の『オニオン・スープ』に出てくる文章です。実は私も
      とても好きなので即書きしてしまいました。きゃ(笑)。では。

[6372] motoko さん(ld02287@waku3.com) 2002/06/19 Wed 18:51:32
すみません。唐突な探しもの?です。下記のような一節がどの作品のどの部分にあ
ったかを探しているのですが、どうしても見つかりません。思い当たる方、ぜひ教
えていただけませんか?よろしくお願いします!
@主人公が、鳥を見ていて「何をしてるんだろう」と思うのですが、ふっと「(鳥
にとって)意味のないのは自分たち(人間)の方かもしれない」と思う場面。
A「言葉で表現できないことを体が体験できるって素敵だ」という主旨の台詞。


[6371]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/19 Wed 16:05:15
 お腹が空いたなあ。

◎ROYさんへ
 はい、初めまして。そう言っていただけると、嬉しいです。
 さて「ザ・スタンド」ですが、確かにあの厚さは「むむっ」と来ますよ
ね。でも読み始めると結構すいすいと読めますよ。
 私は、キングは「IT」だよなあとずっと思っていたのですが、現在は
「IT」、「スタンド」、「アトランティス」の三本柱です。

◎ようじさんへ
 モチーフと関連して読むというのは、読書の醍醐味ですし、それはそれで
参考になるかと思いますよ。

◎号衣文さんへ
 そうですか。それは残念です。

◎かずおさんへ
 確かに久しぶりですね。
 「図書室の海」は、物語が始まりそうな予感がする短編ばかりなので、こ
の先どういう長編に膨らむのか、楽しみですが、その反面「ここで終わる
の」と読み足りない部分はありますね。
 言われる通り、気に入ったものだけを再読するのは贅沢な感じがします。
私もそういう時期作ろうかな。

◎ベガさんへ
 昨日は休みだったので、のんびり見てましたが、昨日の夜は飲み屋は大変
だったんだろうなあ。
 森茉莉はちょっと読んでみたいと思ってましたが、鴎外はしばらく読んで
ないですね。でも、そういう繋がりは読書の醍醐味ですよね。
 「ありのすさび」は効きますか。確かにあれを読むと、正午さんも頑張っ
ているんだな、という気がしますね。地道な毎日だし。

[6370] ベガ さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2002/06/18 Tue 23:46:17
こんばんは。
今日の宮城は大雨だったんですね。試合の時間、ちょうど外出中だったのですが、
商店街のテレビというテレビに人が群がって大賑わいでした。結果は残念でした
ね。

高橋源一郎「日本文学盛衰史」がとても面白かったのをきっかけに、ここのところ
明治文学読書中です。
恥ずかしながら鴎外を初めて読みました。「高瀬舟」のテーマは深くて、ラスト一
行が心に重く沈みます。「舞姫」の書き出しは、高校の教科書で読んだ記憶があり
ますが、今になってようやくその素晴らしさに気付いたという次第。

ただ、今日はちょっと落ち込むことがあったので、(サッカーの結果ではないです
よ、もちろん)さっきまで、正午クンの「ありのすさび」を読んで慰められていま
した。「正午薬」これ、効きます(笑)。本間さんなら「春樹薬」ですか?(笑)

[6369]かずお さん(tosyokukan@mail.goo.ne.jp) 2002/06/18 Tue 18:54:04
こんにちは。こちらに書くのは久しぶりで、ちょっと緊張します。(笑)
ここんとこ、しばらく再読ばかりしていましたが、久しぶりに恩田陸の「図書
室の海」を読みました。新しい物語を読むのって、やはり楽しいですね。(←
いまさら何言ってんだ?という感じですが)

でも、ここ半年くらい、結構ハイペースで本を読んでいたので、その中で気に
入ったものだけをゆっくり読み返しているのも、すごく贅沢でよかったです。

伊織さんの「蚊トンボ〜」は、夫に先に取られてしまったため、しばらく読め
ませんが、またここを参考に、ぼちぼち読みたいと思います。


[6368] 号衣文 さん(g0uemon@hotmail.com) 2002/06/18 Tue 10:35:52
このホームページ作ってる人は馬鹿じゃない?俺よりずいぶん作品を読んでるよう
だけど、記号の概念的解釈しかしてないじゃん。エッセイも読んでんなら、本人に
ついて、もう少し気配りが出てくるのでは? 暴走族と同じで、害のない、自己顕
示欲のページですね。こういうページがいっぱいあるけど、春樹さんは本当はどう
思ってるのか、推測つかないかな?ばかげてる。

[6367] ようじ さん(sora-no-namae.4.26@k2.dion.ne.jp) 2002/06/18 Tue 00:04:09
MIUMIUさんへ

追加:谷崎のでしたか・・・。
すっかり、卒論のテーマだと勘違いしてました。
かなりハズカシイ・・・
とりあえず、頑張ってください!!

消せるものなら、↓を消したい・・・



[6366] ようじ さん(sora-no-namae.4.26@k2.dion.ne.jp) 2002/06/17 Mon 23:59:42
こっちではお久しぶりです!
みなさん、かなり読書されてるようで・・・。
うらやましいです。はぁ〜。。。

MIUMIUさんへ
試験勉強のために買った参考書で、「刺青」についての文章理解問題があったの
で、報告させてもらいます。
出典:松田修「刺青・性・死」とゆーのがあったんですけど、論文の参考資料とし
て使えるかどうかはわかりません。
内容は、日本的異端美の追求についてのテーマを、刺青に絞って論じてます。
自分には、何が言いたいのかサッパリわからなかったです。
まだ参考文献を探しているなら、見てみてください。
僕も卒論やってますけど、お互い頑張りましょう!!

[6365] ROY さん(fwkk1873@mb.infoweb.ne.jp) 2002/06/17 Mon 21:59:52
 はじめまして。ROYと申します。
初めて書き込ませていただきます。
管理人さんの書評をいつも参考にさせていただいてます。

最近はキングの「スタンド」の高さと厚さを前にして
むむっ、と本屋でうなっています。図書館で借りるという感じではないし・・・
読んだ方いかがでしたか?
いつまでもキングは呪われた町とシャイニングだよなー、と言う自分としては
それを超える傑作だと願いたいのですが・・・


[6364]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/16 Sun 02:10:37
 いつのまにかこっちも梅雨入りしてたんだなあ。

◎MIUMIUさんへ
 谷崎潤一郎に関しては、ほとんど知識ないので、何とも言えません。村上
龍も数冊しか読んでいないので、同様です。
 基本的に何でも読みますが、やっぱり好みがあるので。

◎おりえさんへ
 重松清の直木賞受賞後第一作ですね。わりと家族テーマが多い作家ですが
私は結構好きですよ。なんか、ストレートにじんわり来ます。
 それにしても、クーラーなしは辛いですね。暑いのもいいんだけど、夜勤
があるから、寝られないと仕事に差し支えるんです。
 小説は10年ほど書いてないですね。当時好きだった子によんでもらった
ら「村上春樹みたい」と言われ、文体を確立出来ずに断念。まあ気長に乱歩
賞狙います。

◎ゆめみさんへ
 アンファンテリブルだったかな、恐ろしい子供たちというジャンルがあり
ますが、そう捉えるのも、無垢な存在と捉えるのも、大人からの視点一つで
すからね。自分が子供の頃は忘れそうですが、憶えていたいです。
 法月綸太郎は、固定ファンが付いているので、そこそこ売れるのですが、
あの寡作さ故に知名度が今一つです。今号のメフィストにも書いてますよ。

◎Yukiさんへ
 常時接続は便利ですよ。ぜひお勧めです。私はアッカなんですが、なかな
か快適ですね。
 「秘密」のラストは、性善派と性悪派に分かれるような。内容に触れるの
で詳しくは書けませんが、余韻のあるラストはいい感じです。
 キャロルはいい子ですね。第1部の彼女もいいけど、私はやはり第2部で
す。確かキングは奥さんと大学時代に知り合っているので、その辺りも含め
て熱が入ったのかも。「ノルウェイ」と同パターンかも。

[6363] Yuki さん(bqb03265@nifty.ne.jp) 2002/06/15 Sat 15:43:31
こんには。ふー、暑いですね☆ ただ今、ADSLで常時接続にしようと思い、プ
ロバイダを変えようと物色中です。

☆本間さん そうなんですか、「秘密」はラストがどっちかで意見が分かれたので
すね。単純な私はたった一つの可能性しか考えられなかったのですが……もう一つ
の可能性って……お聞きしたらネタばれになってしまいますね(^^;。「アトランテ
ィス」は下巻でも、てっきりボビーがそのまま大学生になって出てくると思ってい
たので最初戸惑ったのですが、キャロルがボビーのことをやはりすごく大切に思っ
ていることが分かって、嬉しかったです。ゆっくり読んでいます。

☆MIUMIUさん、今度は谷崎なんですね。谷崎といえば、「細雪」しか読んだ
ことがないので力になれませんが……、何かいい情報が寄せられるといいですね。
頑張ってください☆
太宰が文学界で地位が低いというのは、芥川賞がとれなかったからかしら? でも
そういうところも含めて好きです(^-^)。……といいつつ、「晩年」は内容が思い出
せないので(^^;、もう一度読んでみなければ。「人間失格」は細部に至るまで覚え
ているほど何度も読んでいるのですが(^^;。

☆おりえさん、どんな小説を書いていらっしゃるのですか? 私も趣味でいいか
ら、何か創作ができたらいいなーと思うことがあります。

☆ゆめみさん、いえいえ、カーヴァーの件のフォローは蛇足でした。ということは
後から気がついたのですが。……ところで私も、「ささやかだけれど、役に立つこ
と」がカーヴァーの作品の中でいちばん気に入っています。悲劇的な事件の後に、
ほんとうにささやかなことが人の心を癒すということ、心の中にぽっと温かい火が
灯るようで、とてもとても好きな短編です。

[6362] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/06/15 Sat 14:30:46
こんにちは。今日は来るつもりではなかったのですが、今日見に行こうと思ってい
た映画が立ち見だと言われてしまいまして・・・。2時間立ちっぱなしは辛いの
で、ちょっとここに立ち寄りに来ました。
さて、安部公房を読み終わり、法月さんも読み終わってしまったので、買ってあっ
た阿刀田高さんの文庫に手をつけました。でもこれも早々と終わってしまいそうな
ので・・・次はまた白川さんに戻って「流星たちの宴」を読むか、昨日入手したダ
イベックの「シカゴ育ち」を読むか思案中です。

>本間さん
なるほど。確かに「誕生日の子どもたち」は、大人の残酷さによって子供の生活が
左右されてしまう、というときに子供が感じるやるせない気持ちについて、本当に
よく伝わってきますよね。
法月さんの新作は、私も未読のものは少ししかなかったです。でも、「都市伝説パ
ズル」で日本推理作家協会賞を受賞されていたとは。私がよく行く本屋では、平積
みでPOP付きという注目体制で売り出されていました。

>こうちゃん。さん
「ダンスしないか?」について、フォローのコメント、ありがとうございました。
合っていたのでほっとしています。こんなに記憶が残っているのだから、両方で読
んでいるということに書き込み後に気がつきました。カーヴァーはとても好きなの
で・・・「足元に流れる深い川」とか、「ささやかだけれど、役に立つこと」と
か、特に気に入っています。

>Pox3さん
そうだったのですか。プロフィールをご覧になっていると思っていたので、あえて
そういうお話はしなかったのかもしれないですね。
ナンシー関さんのことは、私も突然のことで驚きました。独特の世界を持っていら
っしゃっただけに、残念ですね。

>Yukiさん
カーヴァーの件、丁寧なフォローをありがとうございました。あと、「誕生日の子
どもたち」については、拙い感想が参考になったようで何よりです。じっくり楽し
んでいただける本だと思います。

>ソースさん
お役に立てて何よりです。「カーヴァーズ・ダズン」は、「ダンスしないか?」の
他にもいい作品が集まっていますので、お勧めですよ。文庫でも手に入ります。

>MIUMIUさん
「晩年」ですか。そうですね、私も同じような感想を持ちました。太宰は好き嫌い
がはっきり分かれますよね。新潮文庫のコピーではないですが、「太宰の小説の主
人公は自分だ、と思う人とそうでない人に、二分される。」ような気がします。

>おりえさん
そのエッセイはまだ読んでいないので、探してみます。私は短編が好きなので、長
編のストーリー性と同じくらい、短編の切れ味も評価されればいいのになあと思っ
ています。これは小池さんに限ったことではないですが。



[6361] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/06/15 Sat 00:49:46
 皆さん、こんばんは!
 今現在「ビタミンF」という本を読んでいます。一緒に働いているおばさんから
「貸してあげるよ」と渡された本です。こういう縁でないと、多分読まなかった本
ですね。こういう本がイヤでなくなった辺りが、年を取った証拠のような気がしま
す。
 本間さん、私の部屋にもクーラーがありません。「扇風機」のみです。夏のとん
でもなく暑い時は死にそうになます。あっ、本間さんの文章て無味乾燥じゃないで
すよ。味があります味が。
 所で、今はもう小説を書いてらっしゃらないのですか?私は趣味で小説を書いてい
ますが、「書く」という行為が「読む」という行為をより楽しくしてくれます。私
が本格的に活字中毒になったのは、小説を書きたいなあと思ってからでした。
 ゆめみさん、確かに小池さんの短編はキレがありますね。ご主人である藤田さん
との交換エッセイ「夫婦公論」は美味です。

 では、お休みなさい。

[6360] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/06/14 Fri 22:44:08
皆さんこんばんわ。MIUMIUです。
少し色々忙しくて久々に来てみました。山のように書きコ増えてて、焦り気味で
す。(^^;
今度授業で谷崎の「刺青」を論文にして発表しようと思うのですが、何かいい資料
をご存知の方、ご一報下さい。m(__)m
最近、村上龍(R)の「5分後の世界」を読んでます。
なんていうか、男性の方が好みそうな話。あたしもなかなか楽しんで読んでます
が。自爆テロとか、そんな事件があったので、やけにリアルに感じました。
M×2さん
太宰は地位が低いのかぁ〜太宰ファンとしては結構悲しい。
でも、春樹さんも文学界という中ではまだ微妙な位置だそうです。ま、そんなの関
係ないでしょうけども。
斜陽の美しさに感動した方がいて、MIUMIUも嬉しいです。
斜陽より、「晩年」という短編集を見ていると、心臓がえぐられる程の痛みを感じ
ましたよ。死の影がつきまとっているんですが、だからこそなのか、かんがえさせ
られる文章でした。


[6359]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/14 Fri 18:56:16
 さて、遅くなりましたが、返事を。

◎坂田さんへ
 連城三紀彦は「幻影城」出身という事で、ミステリーファンにはお馴染み
ですね。私は数冊しか読んでいませんが、確かにあの構成は凄い。
 お勧めは、言われる通り難しいですね。文学なら、宮本輝、鷺沢萠、山本
文緒がお勧めでしょうか。特に宮本輝は読み応えありますよ。

◎ゆめみさんへ
 「誕生日の…」は、子供の残酷さより、大人の残酷さの方が私は印象深い
です。どういう風に暮らすにせよ、子供に選択権はほとんどないですから
ね。私は子供はいないですが、ちょっと考えてしまいました。
 光文社は、なかなかユニークな小説が多いので、面白いですね。当たりは
ずれが多い分、自由度が高いですし。
 法月綸太郎の新刊は、アンソロジーとメフィスト掲載分なので、全部読ん
でました。ちょっと残念ですが、まとめて読み返します。

◎おりえさんへ
 家には寝室にしかクーラーがないので、夏はピンチです。競馬で勝ったら
もっとエアコンを買おう。
 私の掲示板の文章は、無味乾燥なので、村上さんとは似てないですよ。昔
書いていた小説文体は、そっくりになってしまって、自己嫌悪でした。
 作家と印税問題は、図書館やブックオフなどの古書店も絡んでくるので難
しいのですが、余裕があったら、新人作家は買って応援していきましょう。

◎tbさんへ
 あら、本当に久しぶりでしたね。ホームページも閉鎖されていたので、元
気かなと気になっていました。勉強に励んでいるようで、何よりです。
 村上さんの新刊の話は、去年辺りから様々な噂が出てますが、私は本人か
出版元が出した話以外は、裏が取れないので載せません。年内には出ると思
いますし、気長に待ちましょう。

◎こうちゃんへ
 サッカーファンの方には、たまらない一ヶ月なんでしょうね。読書はいつ
でも出来ますから、堪能されて下さい。
 さて、今日はこれから飲みに行きますが、サッカーファンで混んでそうだ
なあ。

◎M×2さんへ
 太宰は結構読み継がれているんですね。地元の作家なので、それは嬉しい
事です。親子二代で読んでいる人も多いんでしょうね。
 文学界における評価が低い、というのはよく分かりませんが、そうなんで
すか? そんな事はないように思えますが。

◎nkmtさんへ
 感想書いていても、細かい点は忘れますよ。別に試験に出る訳じゃないか
ら、根本的な部分を憶えていれば大丈夫ですよ。ただ、何度も再読した小説
は結構憶えてますね。短期記憶から長期記憶に書き換えられるからでしょう
けど、何気ない時にふと思い出すと、何だか不思議な気がします。
 ホームページに関する事は、いつでもどうぞ。

◎ソースさんへ
 ガレージセールをする話ですよね。私が書かない間にもう解決したような
ので、良かったです。
 みなさん書いているように、元版の「ぼくが…」でも「ダズン」でも読め
るので、探してみて下さい。

◎KEIKOさんへ
 「ムーンパレス」もいいですね。村上春樹と共通の何かがあると思いま
す。あと翻訳の定番で「リプレイ」もぜひどうぞ。新潮文庫です。
 「アトランティス」は、2部いいですよね。くすくす笑う女の子とか、寮
生活とか、私もいろいろ思い出しました。大学生の生活は、アメリカでも日
本でも、さほど変わらないんですね。あの伏線は、なかなか効いてますし、
自分たち二人にしか分からない事というのは、いいですよね。

◎PO×3さんへ
 それはごくたまに言われます。文章の一人称に「私」を使うと、性別分か
りにくいですからね。
 ナンシー関は死因がよく分かりませんが、いきなり具合が悪くなるという
のは怖いですね。

◎Yukiさんへ
 どれも面白く読めたみたいで、何よりです。
 「秘密」は、出た当時、ラストがどっちかで、「本の雑誌」などで結構意
見が分かれてました。確かにどちらとも取れなくもないですね。
 「アトランティス」、第二部が終わると一転して違う話になりますし、ク
ロニクル的連作ですから、あの世界観楽しんで下さいね。

[6358] ソース さん(homuhomuhomu@hotmail.com) 2002/06/14 Fri 13:06:39
ゆめみさん、こうちゃん。さんへ
回答ありがとうございました。
早速探してみようと思います。

[6357] Yuki さん(bqb03265@nifty.ne.jp) 2002/06/14 Fri 02:45:33
こんにちは。なんか眠れなくて、遊びにきました。あれから『R.P.G』、『村上春
樹、河合に会いに行く』、『秘密』を読みました(^-^)。どれも面白かったです! 
やっぱりここで好評だったり、お薦めの本は当たり外れがないですね☆
『秘密』は最後のどんでん返し、すごくドラマチックでじーんときました。切なか
ったです。今は、『アトランティスのこころ』下巻を読んでいます。途中、学園青
春ものを読んでいる気持ちの余裕がなくなってしまって読みかけだったのですが、
今は楽しんでいます。

村上さん訳のカーヴァーの本ですが、ゆめみさんがおっしゃるように、『カーヴァ
ーズ・ダズン』に「ダンスしないか?」というタイトルで収録されています(今手
元にあります)。ですから、タイトルも、ゆめみさんのおっしゃる通りで正確です
ね。こうちゃんさんがおっしゃるように『ぼくが電話をかけている場所』にも収録
されていましたね。ゆめみさんの感想を拝見して、『誕生日の子どもたち』がすご
く読みたくなって、オンラインの本屋さんに注文して、今日届きました。こちらは
ゆっくり読んでいきます。



[6356]PO×3 さん(hato_pox3@excite.co.jp) 2002/06/14 Fri 01:27:43
こんばんは。ゆめみさんからメールもらうまで、
本間さんのことを女の方だと思い込んでいました(汗

ところでナンシー関さんの訃報には仰天しました。
エッセイはあまり読んだ事がないのですが、あの消しゴム似顔には
非常に感服していたので、残念です。


[6355]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/06/13 Thu 22:54:42
あっ!「ダンスしないか?」は「ぼくが電話をかけている場所」に収録され
ているんだけど・・・。絶版かな?でもBOOKOFFあたりで100円で
簡単にget出来ると思います。

[6354]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/06/13 Thu 22:51:44
みなさん、こんばんは!
明日は、まったく読書の時間+ネット徘徊出来ないような気がするので、今
日のうちに!ってな思いです。

KEIKOさんへ
給料日前に「ムーンパレス」ですか?なにか絶妙な感じがします。

ゆめみさん、ソースさんへ
僕も「ダンスしないか?」だと思います。これを機にカーヴァーちょいと再
読してみようかな?



[6353] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/06/13 Thu 17:59:51
こんにちは。今日はちょっと時間が取れたので、ふと思い立って見に来ました。
「海は涸いていた」を先日こちらに書き込みをした直後に読み終わりまして、気分
が変わるものを読もうと柴田元幸さんと佐藤良明さんの共著のエッセイ集を読みま
した。今読んでいるのは安部公房ですが、これも後数ページで終わりそうなの
で・・・終わったら昨日ようやく買ってきた法月さんの新刊を読みたいと思ってい
ます。とても楽しみです。(数日前の朝、ぼーっと新聞を見ていたら、大きく新刊
広告が載っていたので驚きました。給料日前なのに買ってしまいました。)

>おりえさん
そうですね。小池さんはいろいろなものが実に上手いですね。宮部さんの次くらい
に、女性ではよく読む作家かもしれません。長編もいいですが、短編の切れ味も私
は好きです。

>nkmtさん
私は書評は残していないのですが、読んだ本のタイトルと作者名だけは手帳に書く
ようにしています。自分の読書ペースとか、読むものの傾向などが分かって役に立
ちますよ。

>ソースさん
それはレイモンド・カーヴァーの作品ですね。タイトルがはっきりとは思い出せな
いのですが、「ダンスしないか?」だったでしょうか。私の家にはカーヴァーの全
集があって、「カーヴァーズ・ダズン」もあるので、どちらで読んだのか(あるい
は両方で読んだのか)今すぐには記憶が鮮明ではないのですが、カーヴァーの作品
であることは間違いないと思います。村上さんが翻訳していますよ。
どなたか、作品名がすぐお分かりになったら正確な情報を伝えてあげてください。

>KEIKOさん
「ムーン・パレス」はいい小説です。オースターのなかでも、私が特に好きな作品
です。柴田さんの翻訳もとてもいいです。楽しんでくださいね。「秘密」も読んで
くださいね(笑い)。

[6352] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/06/13 Thu 16:25:35
みなさんこんにちわ。
「アトランティスのこころ」を読み終わって、次は何を読もうかなーと思っていた
のですが、ある人のすすめで「ムーンパレス」を読んでいます。またもや外国作
品。このごろ外国作品のもつ独特の雰囲気もいいかなーと思って読んでいます。
ところで、村上春樹さんの新作の噂がかなり気になってます!!ほんの少しの情報
でもいいので、何か分かった方は教えてください。新刊待ち遠しいです(>_<)

>本間さん。
「アトランティスのこころ」、私は第2部?でしょうか?(下巻から始まるところで
す)が気に入ってます。やはり主人公の年齢が自分に近いからでしょう。感情移入
しやすかったです。でも、上巻を読み終わって下巻に移ったときは「あれっ!?話
が変わってる!」と思って驚きました。でもこれにはきっと意味があるんだ。と思
って中途半端で終わったイライラを抑えました。ちゃんと最後には解決しましたけ
どね。

>坂田さん。
連城さんは読んだことないです。何か確かな記憶ではないのですが、すごい派手な
表紙の作品がありませんか?本屋につまれていた本のその表紙のインパクトの強さ
を覚えています。ただ、初めての作家さんをハードカバーで購入するのは大学生の
私には勇気が要ることなので、止めたのですが・・・今度文庫で探してみます。

>こうちゃんさん。
給料日前なのにやっぱり我慢できずに買ってしまいました。↑にも書きましたが
「ムーンパレス」という小説です。その他にも村上龍さんの新作(題名は覚えてま
せんが・・・)を買いました。少し反省しています。

>ゆめみさん
ありがとうございます。「秘密」読んでみますね。その後は映画も一応見てみるつ
もりです。あと、「模倣犯」は的確な意見、大変参考になりました。まだ少し迷っ
ていますが、映画館にいかなくてもビデオで見ようかなーとも思ってます。まだ原
作も読んでないですから・・・(-_-;)

それでは、また・・・・


[6351] ソース さん(homuhomuhomu@hotmail.com) 2002/06/13 Thu 10:58:01
村上さんが尊敬してる外国作家さんの作品で
「老人が家の庭に自分ん家の家具などを売ってしまおうと庭に家具類を並べる。そ
こに通りかかったカップルがいいものがないかと家具などを物色するらしい。そこ
でレコードを見つけ、どんなレコードなのか3人で聴きながら踊った」
という作品があるらしいんですが・・・
それが誰のなんていう作品なのか知りたいです。
知ってたら教えて下さい。


[6350] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/06/12 Wed 23:54:51
 こんばんわ。
 W杯でアルゼンチンがリーグ敗退と何かと波乱続きで私の応援してるポルトガル
は果たして予選突破なるか非常に気になります。

M×2さん> 
太宰って文学界では評価が低いのですか?それは知らなかったです。まあ、私は別
に文学系の人間じゃないのでそんなことはあまり気にしない方なんですけど。自分
の好きな物をストレートに愛でるのがこの頃の私のセオリーというか方針です。と
いっても何にでも比較的感動してしまうだけなんですけどね・・。

本間さん>
この前に言っていた書評、全然書いてないのですが、そういう記録を残さないと、
話の筋をどんどん忘れていくことを発見。たとえば、吉本ばななの「うたかた」で
人魚の父親の行った国は?とか言われると、「ウルグァイ?」とか言ってしまった
りして。(それは緑の父親)
なんとかしなければ・・。そのうちにホームページ運営もしてみたいな、と思って
ビルダーいじったりしてますけど。何かあったら質問するかもしれませんので、そ
の時はよろしくお願いします。

水曜はチャットDayと勝手に決めて少し待ってたのですが、誰も来ませんね・・。大
体居ると思うのでまた声掛けてやって下さい。
それでは。  

[6349] M×2 さん(ggdghhh@jhhhhjh) 2002/06/12 Wed 22:05:55
 なにか話題になっているようですが僕も太宰は好きです。斜陽で感動した場面
は、母親の死の近いのを聞かされた弟が、猛烈に泣きながら「おれ達にはいいこと
なんかなんにもありゃしねぇじゃねえか」とつぶやくシーンです。僕は公園のすべ
りだいの上とか、ブランコに乗りながら読んでみましたが、結構考えさせられまし
たし、自殺も人生においての1つの選択肢に過ぎないと考えるようにすらなりまし
た。
 しかし文学界において彼の評価が低いのはなぜでしょう?

[6348]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/06/12 Wed 21:09:48
こんばんは、本間さん。みなさん。
自分しっかりW杯モードで、今でもサッカーの試合みながら書き込んでいま
す(^^)まぁ、自分も↓のKEIKOさん状態引きずっています。
そんな訳で読書も思ったより進んでおらず、「アトランティスのこころ」ま
で、しばらくたどり着けないでしょう。しばらくは、本買わなくても良い状
態です。
KEIKOさんへ
給料日前になにか文庫本買いましたか?給料日前に慎重に選ぶ文庫本。気に
なります。

[6347] tb さん(dlc0201@mail2.doshisha.ac.jp) 2002/06/12 Wed 17:52:53
お久しぶりです本間さん。tbです。覚えてらっしゃるでしょうか。
現在大学院一回生で、ひたすら毎日英語を読んでいます。

村上春樹の新刊の噂を聞きました。
ソースはドイツの雑誌のインタビューに答えたものらしく、
上下二巻、海辺のカフカだか、浜辺のカフカだか、
そんなタイトルの新刊らしいです。
昨日それをブンガクに詳しい友人から聞いて、
詳細を知りたく、さきほどからネットで調べてるんですが、
情報が出てきません。本間さんの耳には、入ってますか?
もしご存知でしたら、教えて下さい。それでは。

[6346] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/06/12 Wed 00:05:17
 皆さん、こんばんは!
 暑いですねー。私は7月までは扇風機は使うまいとなんとなく決めているので、ひ
いひい言いながら、カキコをしています。
 最相葉月さん(彼女の名前をカキコするのに苦労しました)の「なんといふ空」と
いう本を読みました。初体験です。やはり新しい作家さんの作品を読むのはドキト
ギします(「絶対音感」からはいらなかったのが、私らしい「へんくう」だと思いま
した)。葉月さんはノンフィクション作家さんですが、読んでいて小説家のような文
章を書かれる方だなと感じました。どこがどうそう感じるのか解らないのですが。
好みの作家さんです。

 本間さん、ヒーターとはまた「冬」に幸福であたたかい再開をしたいです。以前
から感じていたのですが、本間さんの文章は村上春樹さんと共通する味がします
ね。
 本間さんの「作家さんと印税」のお話は少し胸にしみました。今すぐ自分の本読
みスタイルを変える事はないでしょうが、心に留めておきたいと思いました。
 ゆめみさん、小池さんは色んなジャンルをある一定度の水準で書けるいい作家さ
んですね。

 では皆様、夏風邪(?)にご用心を!
 

[6345] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/06/11 Tue 17:56:22
こんにちは。そろそろ梅雨入りしそうな空模様ですね。
さて、「誕生日の子どもたち」と「ドラゴン・ティアーズ(上下)」は予想通り週
末で読了いたしました。今読んでいるのは「海は涸いていた」です。こちらは3分
の2くらいまで終わったので、もう少しですね。

>本間さん
「誕生日の子どもたち」はあの感覚が実にカポーティ的だなあと思いました。子供
の純粋さだけではなくて、子供の残酷さまでも整った文体で描写してしまうところ
が。印象的だったのは、「許されない罪は企まれた残酷さだ」という一節ですね。
読みながら唸ってしまいました。私はカポーティの長編では「冷血」は読んでます
が、人に勧めるなら短編集の「夜の樹」ですね。短編から入ったほうが読みやすい
のではないかと思います。
光文社文庫の出来に関しては・・・確かにその通りだと私も思います。
あ、それから削除の件ありがとうございました。お手数をお掛けしてすみませんで
した。

>KEIKOさん
「天国への階段」は気長に待ってみてくださいね。そんなに急いで読まなくても本
は逃げませんので。(笑い)
さて東野圭吾さんの作品では、初めて読まれる場合、やはり読みやすさや完成度か
ら言って「秘密」がいちばんいいのではないかと思います。本間さんが書かれてい
る通り、完成度から言うと光文社文庫と祥伝社文庫はあまりお勧めしません。講談
社文庫の作品でしたら大体どれも外れがないですし、集英社文庫の作品もとても楽
しめます。あとはKEIKOさんのお好みでどうぞ。
ちなみに「秘密」は、そうです、広末涼子主演で映画化されました。「模倣犯」の
映画は見に行きましたよ。BARでちょっとコメントしてきました。

>つかさん
はい、「模倣犯」の映画を見に行ってきました。お勧めするかどうかは難しいとこ
ろなので・・・BARでコメントしてしまったので重複は避けますが、森田監督の
「模倣犯」になっているのは確かです。

>坂田さん
日本の作家、なかなか渋いところがお好みですね。私も太宰は好きです。あと芥川
龍之介も好きです。お勧めは・・・ジャンルを絞っていただければ何か考えます
が、この間本間さんが「基本」として勧められていた「夏の扉」は涼やかで楽しめ
る一冊ですよ。ハインラインだと、私は創元SFに入っているものが割と好きなの
ですが。あとは早川SFのヴォネガットとか。


[6344] 坂田康代 さん(u-sakata@ngs2.cncm.ne.jp) 2002/06/11 Tue 14:07:29
皆様こんにちは。
パソコンビギナーの、坂田です。

図書館で、好きなジャンルの本は大体読んだので、新しいジャンルに
挑戦しようかな〜とゆう、今日この頃です。

KEIKOさん・・・私は15歳のころ、たまたま入った本屋さんで、たまたま積まれて
        いた「少女」とゆうハードカバーの小説の表紙に一目ぼれして以 
        来,連城三紀彦さんの、大大ファンです。
        ぜひ、「黄昏のベルリン」「どこまでも殺されて」読んでみてくだ
        さい。
        本格的に出家されて、最近では執筆量が減ってますけど・・
        しつこいくらいのどんでんがえしがくせになります。
        
本間さん・・・こんにちは。亡くなった日本の作家で、私のお気に入りは,
       太宰治・三島由紀夫・中上健次石川達三です。
       おすすめがあれば教えてください。
       といってもけっこうむつかしいですよね。
       一人一人,嗜好がちがうから・・・

[6343]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/11 Tue 11:35:56
 今日はいろいろ更新します。

◎ゆめみさんへ
 「誕生日…」は堪能されましたか? 私は読んだ後、そういえばカポーテ
ィは長編読んだ事ないなと気付きました。
 東野圭吾は、光文社文庫の数冊が私はだめでした。岡嶋二人でさえ、光文
社文庫のは「うーん」という出来のもあるのですが、他の作家はいいものが
あるし、締め切りがきついのかどうか、不思議な出版社ですね。

◎KEIKOさんへ
 私はサッカー詳しくないので、ロシアに勝ったのがどれくらい凄いのか、
今ひとつ解りません。ドバイW杯だったら詳しいんですが。
 「アトランティス」、お疲れさまでした。第何部が一番良かったですか?
次はキング繋がりで、クーンツの「ウォッチャーズ」文春文庫辺りはどうで
しょう? クーンツは売れているのでブックオフでも可です。

◎つかさんへ
 左ジャブは世界を制するんですか。じゃあ練習しようかな。
 キングは全部読もうと思って、読んではいるんですが、なかなか追いつき
ません。来年辺りには読破出来るかな。キングの長編って、微妙にリンクし
ているので、出来るだけ順番に読んでいるとこです。

[6342] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2002/06/10 Mon 18:21:27
皆様こんばんは。
昨日のタイソンvsルイスは燃えました!
明日のためにその1、左ジャブは世界を制する、です。

>本間さん
おお!本間さんの未読本を先に読むなんてラッキーです。
キングの「ニードフル・シングス」読了いたしました。
人の心の中に暗闇が…、というキングさんの真骨頂発揮、という感じです。

>MIUMIUさん
ドストエフスキーに乾杯、というと「羊をめぐる冒険」
の鼠からの手紙みたいですね。でもドストエフスキーが
続くのはしんどそう…。
僕は太宰ワールド未体験ですのでそちらも気になります。

>坂田さん
パソコン用語は難しいですよね。
僕は最近WindowsをMacに変えたのですが最初はチンプンカンプンでした。
「エイリアス」って何だ?とか。

>ゆめみさん
「ピギー・スニード…」、気に入っていただいた様で嬉しいです。
BARの方で書き込みありましたが映画「模倣犯」ご覧になったのですね。
僕は観ようかどうか、迷ってます。




[6341] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/06/10 Mon 12:17:13
皆さん、こんにちわ。まだ昨日の日本戦の興奮がなかなか冷めない状態です(^-^)
やっと先週末、「アトランティスのこころ」を読み終わりました。なんか、久しぶ
りに読み応えのある本を読んだ気がします。次は何を読もうかな…とその前にバイ
トの給料が15日に入るので,今はかなりの金欠病になっていてひもじい(;_;)文庫
本1冊買うのにも慎重にならざるを得ません。

>本間さん。
「アトランティスのこころ」面白かったです!!上下巻とも、結構な量があるので
読みきれるかな−と思っていましたが最後はどんどん読みました。やはり、本間さ
んのおすすめははずせませんね。「秘密」を読んでみようかな…

>ゆめみさん。
「天国への階段」は残念でしたが、人気があるという事は分かっていましたし、はじ
めからうまくはいかないことは覚悟していました。これからも根気よく待ってみま
す。いつか借りられる日が来ると思うんで…ゆめみさんも東野圭吾のおすすめは
「秘密」ですか。あれって、前に広末涼子が出ていた映画の原作ですよね?本を読
んでから映画も見てみたいですね。

>MIUMIUさん。
そうですね、村上春樹を好きなら,ドフトエスキーは読むべきなんでしょうね。近い
うちに挑戦したいと思います。MIUMIUさんのおすすめは何ですか?

>坂田さんへ。
綾辻さんの作品は私も好き嫌いがはっきりしてしまいます。「館」シリーズは好き
なんですけど,私も「殺人鬼・2」はタイトルを見ただけで,引いてしまって…ちな
みに坂田さんの好きなミステリーは何ですか?私も何か面白いミステリーが読みた
くなってしまいました。(あっ、でも「アトランティスのこころ」はミステリー
か・・)

「模倣犯」の映画がついに公開されましたね。私は原作も読んでいないのに見たい
と思っています。誰かもうご覧になった方はいますか?感想聞かせてください。
それでは・・・今週も仕事とか勉強とか頑張りましょう!

[6340] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/06/08 Sat 14:09:20
こんにちは。ちょっと見ない間にまたすごい書き込みの量になっていますね。
さて、私は「誕生日の子どもたち」をまだちびちびと読んでいる傍らで、読み返し
たくなってしまった「ドラゴン・ティアーズ」を読んでいます。こちらは下巻にも
うすぐ入ります。「誕生日の子どもたち」はこの週末で終わるかと思いますが、こ
の後は何を読もうか思案中です。やはり買ったばかりの白川さんの小説でも読もう
かなと漠然と思っていますが。

>KEIKOさん
「天国への階段」、貸し出し中でしたか。確かに今はドラマもやっているので、通
常よりニーズは多いのかもしれませんね。また時間を置いて図書館でご覧になって
見てください。そんなに急がなくても大丈夫だと思いますので。
ちなみに東野さんはどの作品からお読みになっても外れは余りないと思いますが、
一般的にお勧めできるのは「秘密」でしょうね。でも、東野さんは作品ごとにかな
りカラーが違うので、出来ればいろいろ読んでいただけると嬉しいです。

>あっくんさん
今回私が行ったワークショップに関しては、私は鴻上さんの連載で情報入手しまし
た。鴻上さんが行うものでしたら、サードステージに問い合わせていただければ教
えてくれると思います。他の方のワークショップの場合は、演劇雑誌に載っている
ことも多いようですが、特に受けたい方がある程度決まっているのであれば、その
方の所属事務所に聞くのが一番確実なようです。発声については、今回鴻上さんが
出した「発声と身体のレッスン」(白水社)という本がありますので、参考まで
に。私も一日中声を酷使する仕事をしているので、お気持ちはよく分かります。
鴻上さんのワークショップ、良かったですよ。本だけだと実感が伴いにくかったこ
とが、よく伝わりました。本当にちょっとしたことで変わるものです。

>つかさん
はい、「ピギー・スニードを救う話」は、買ってから少しずつ読んでいました。今
回ちゃんと読み終わりました。勧めていただいて、ありがとうございます。
私の読書量は、そんなに大したことはないですよ。そのお言葉は、そのまま本間さ
んに差し上げてください。(笑い)
私も疲れているときには、寝る前に読む本は進み具合が落ちます。読むのもそんな
には早くないので・・・。

>おりえさん
小池真理子さん、上手いですね。私は全部読んでいるわけではないのですが、書店
で見かけるとつい手に取ってしまいます。「恋」は一般的にも評価が高いですね。
とても上品な官能小説を書かれると思っています。

>坂田さん
パソコンは初心者にとっては本当に難関ですね。村上さんのエッセイにもあったと
思いますが、用語ひとつとっても分かりにくいですし。私は今も、困ることがよく
あります。綾辻さんは私も好きです。全部読みました。当面の関心は、「暗黒館の
殺人」が早くまとまってくれないかな・・・ということですね。今は「インポケッ
ト」を立ち読みしないで、本になるのをじっと待っています。




[6339]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/08 Sat 04:25:43
 昨日早く寝たら、こんな時間に目が覚めてしまいました。

◎つかさんへ
 「ニードフル・シングス」は、まだ未読なんです。面白そうですね。私も
早く読みたいくらいです。「アトランティス」は他のキング作品ともリンク
しているので、キングファンなら、より一層楽しめますよ。
 「レディー・ジョーカー」は、綿密な取材が透けて見えるし、物語そのも
のも、人物も、読み応え十分です。ぜひご一読を。

◎おりえさんへ
 ヒーターさんとは、寒くなったらまた幸福な出会いをしてください。
 作家と収入に関しては、各種エッセイを読んでいると、一握りの作家以外
は大変みたいですね。何か新人賞を取って、その人が勤めている会社を辞め
ると、編集者は本気で心配するそうですし。出る小説が常に10万部以上売
れる作家以外は、本屋で買う読者が作家生活を維持するスポンサーです。図
書館と新刊書店の在り方は、よく「本の雑誌」などでも議論になりますが、
いい小説を書く作家は、生活の心配なしに執筆に専念できる環境を整えてあ
げたいですね。本読みの力でそれが出来るなら、本望じゃないですか。

◎MIUMIUさんへ
 収入は、上を見てもきりがないので、自分が慎ましく好きな生活を出来る
くらいが一番いいですよ。村上作品でも出てきますが、各種税金とか様々な
お金の事を考えると、非常に現実的な大人になっていきます。月で生きてい
る訳じゃないから、そうならないといけない面もあるんですけどね。

◎坂田さんへ
 綾辻行人は、本当に久しぶりの「館シリーズ」を現在連載中なので、新刊
を読めるのも、もうすぐです。楽しみですね。
 パソコン関係の質問は、いつでもどうぞ。一番右のBAR掲示板がいいか
も。肉じゃが、美味しそうですね。味のしみた糸こんにゃくも美味しいし。

[6338] 坂田 さん(u-) 2002/06/07 Fri 18:45:59
全国の村上ファンの皆様、こんにちは!
KEIKOさん・・・ありがとうございます。綾辻作品は、大好きなんだけど・・・
        どうしても、「殺人鬼・2」は、最後まで読めませんでした・・・
        自分にも、2歳半の子供がいて、最初のシーンでもう     
        「・・・・・」でした。
        その代わりほかの作品は、読破しております!!

ゆめみさん・・・スティーブンキングの作品は、小説ではよんだことありません。
        がんばってよんでみます。

つかさん・・・私は最近、パソコン使いだして、まだぜんぜん、パソコンを
       つかいきれてません・・・
       「リンクフリーってなに・・・?」「チャットって一体・・・?」
       こんな状態です・・う〜ん・・なかなかあまくない・・・

本間さん・・いつも楽しくみております。パソコン関係の分からないことを
      たまに質問してもいいでしょうか・・?まったく、何のコーナーだ 
      か・・・すみません・・
      そろそろご飯食べます。肉じゃがです。

[6337] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp<復活しました)) 2002/06/06 Thu 23:17:50
こんばんわ(´ー`)愛媛のいよかんMIUMIUです!(つかさん参考)
罪と罰が佳境です。いや〜人間、やはりある程度のお金がないと生きていけないも
のですね・・・本当。健全な生活に健全な精神が宿る・・・というか・・・
というわけでバイトに励んでいます。お気に入りの教え子ってできるもんですね〜
はるしげさん†あっくんさん†KEIKOさん†あんこさん。
MIUMIU如きに当て字を考えてくださって嬉しい!!(^ー^)ありがとうご
ざいます(にこにこ)
味上味上・・・当たってます。くいしんぼう。
美兎美兎 美羽美羽・・・美しいって字が入ってるのでとても照れます(照)
          昔うさみうというHNでした。そこ(だけ)当たってます☆
美雨美雨・・・なんか中国の美人みたいじゃないですか?素敵ですね。
深海雨・・・これにはびっくり。思いつかなかった!綺麗。
全部とっても綺麗な当て字で驚き。とっても恥ずかしい。(笑)
 つかさん、カラ兄(←真似)を次に是非とも読もうかと思います。ドフトエフス
キーに乾杯。
nkmtさん†
太宰ワールド、いいですね、いいですね、、、「太宰=暗い」みたいなイメージが
一新されると思いますよ〜暗いっていうか、深いんですよね〜
太宰といったら人間失格ですけど、あたしはやっぱ斜陽が代表作だと思います。
最後の文の感動をわかちあえて幸せです〜
この時代の作家さんって、どうしてこんなに文章が美しく洗練されてるんでしょう
ね?
KEIKOさん†
海外ものって、間接的じゃないですか?作者→訳者→読者で、まどろっこしい感じ
がしてあんまり好きじゃないんですよ〜〜本当は!
でもやはり、「傑作」を読んでおきたいかなぁ、なんて思って(^^;ゞ
村上春樹のファンといえばドフトエフスキーじゃないですか?なんちゃって。


[6336] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/06/06 Thu 23:11:14
 皆さん、こんばんは!
 松下竜一さん著「底抜けビンボー暮らし」を読み終えました。
 題から推察出来る通りの貧乏話です。松下先生は、1度はノンフィクションの賞を
取った事があるそうですが、現在の所の収入がだいたい200万を下回るとか・・・。
 でも、自分の思う通りに生きて、その結果貧乏という環境に置かれる事になっ
た、自分の選択の結果を受け入れて暮らしている様は読んでいて気持ちが良かった
です。

 本間さん、ヒーターとは苦しみながら別れたというより、思いもかけない連日の
暑さに(私の住んでいる広島ではここ2、3日30度越しています)、自ら引導を渡した
という感じです。
 「底抜けビンボー暮らし」を読んだ時、「作家さんと印税」の関係についてちょ
っと考えてしまいました。図書館派の私にとっては割と耳(目かな)の痛い話しだな
と・・・。以前本間さんがちょこっとその手のカキコをされていたのを、思い出し
ました。
 確かに、最近ヒットした映画とかはそういう傾向がありますね。結局、最終形態
はどれなんだーと思って、ビデオとかなってもなかなか買いにくいです。
 ゆめみさん、小池真理子さんイイですねえ。個人的に官能恋愛小説を書かれた
ら、ピカ一ではないかと。私は「恋」が一番好きです。
 あんこさん、nkmtさん、「模倣犯」のラストは原作とは全然違うみたいです
ね。それが吉と出るか、凶と出るか。私は映画「模倣犯」を見に行きたい衝動と戦
っています。原作をまだ読んでいないので。原作の面白さを損なわせたくないの
で、ガマンします。
 
 では、お休みなさい!


[6335] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2002/06/06 Thu 18:36:38
こんばんは。
フィル・ジャクソン率いるレイカーズは強いなぁ、さすが。

また翻訳物でキングの「ニードフル・シングス」読みはじめました。
ある種、キングさんの集大成みたいな作品ですね。堪能してます。

>ゆめみさん
「ピギー・スニード…」読まれたのですか。
しかし凄い読書量ですね、見習いたいです。
僕は寝る前に読書するのでなかなか進まない時期が
ありますもので。すぐにウトウト(-_-)zzz

>本間さん
今ウチにある未読本があと3冊なので
そろそろ「アトランティス…」も買います!
あとKEIKOさんに薦めている、高村薫さんの
「レディ・ジョーカー」も気になります。

[6334]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/06 Thu 14:35:46
 高村薫の新刊、早く読みたいな。

◎D,Rさんへ
 一人称に何を使うかは、文体によりますから、なぜと言われても、そうい
う文体なんです、としか答えようがありません。「世界の終り」では「私」
も出てきますし、使い分けに注目して読むのも面白いですよ。

◎nkmtさんへ
 英語版ノルウェイは、私も学生の時に挑戦しましたが、もどかしいので、
つい挫折しました。頑張って下さい。
 映画化に関しては、全く別な作品になってしまいますし、映像の方が記憶
しやすいため、見てから読むと先入観が強いです。好みでしょうけど、私は
小説くらいは、先の展開が分からないまま読みたいですね。

◎アキさんへ
 それはこの前BAR掲示板で話題になってましたね。
 日常会話で、あの比喩を普通に使える人というのは、一度聞いてみたい気
もしますが、至難の業だと思いますよ(笑)。少なくとも、私には無理。
 という訳で、アキさんも使えるように練習して下さいね。

◎あっくんへ
 私はスポニチも宅配で取っているので、この時期はサッカー関係のコラム
も読みます。なるほど、そういう視点もあるのかと面白いですが、サッカー
ファンの人には、確かに長い6月でしょう。
 のどはくれぐれも大事にして、応援して下さいね。

[6333] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/06/06 Thu 02:01:25
こんばんは。

イカン。サッカー熱のテンションが全然下がらない。長い6月になりそう。

ゆめみさん、そんなワークショップがあるんですか。どうすれば情報入手で
きるのか教えていただけませんか?のどを酷使する商売を実はしておりまし
て、しょっちゅう傷めるんです。耳鼻咽喉の先生からは、発声のしかたを工
夫するよう言われるのですが、どうしていいのやらという感じです。

でも、夜中日本戦のビデオ見て、独り吠えてたんですけどね。

次は9日か・・・。さて。

[6332]アキ さん(tororo@goo.mail.ne.jp) 2002/06/05 Wed 23:27:31
こんばんは。「春樹さんナンパしまくり?!」記事は読みたいですねぇ。もぅ売って
ないんでしょうか? 前に村上朝日堂のHPに偽者の見分け方が載ってましたよね。
「気の利いた比喩が言えるかどうか」みたいなヤツ。確かにあれだけツボな比喩を
ツルツル言えるなら本物だし、例え偽者でも高ポインツです。お友達から始めたい
(笑)。と、書いてから、コレってBARな話題?と心配になってきました。えーと
まぁイイか。って、良くないですか?(笑)

[6331] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/06/05 Wed 20:15:20
こんばんわ。

ワールドカップも始まって、時間が許すかぎりテレビ観戦しています。
本の方も村上龍のサッカーエッセイが四冊目に突入しています。
なんかこの頃はサッカーの話ばかりで申し訳ないような気もしますが・・。
でも、この本はサッカーを通じて日本の閉塞感を指摘してたりするので、
サッカーにあまり関心のない人でも楽しめる、かも?

今日は丸善にて「ビッグ・フット・キャット」の世界一簡単な英語本を購入。
「やはり英語くらいは・・。」と三ヶ月に一回位は考えて、その手の本を購入する
のですが、長続きしません・・。
とりあえずは英語版「ノルウェイの森」を読むことを目標に・・。
地味にやります。

「模倣犯」の映画化についてなにやら色々話題になってるようですが・・。
前に本間さんと小説の映画化について話したことあって。
私は映画、原作どちらから見てもよく、それぞれ違う楽しみあると主張したのです
が、さすがにあのボリュームの小説を二時間でまとめるのはしんどいかな、と。
監督と同じ視点で一回原作読んでから映画館に足を運ぶのがいいのでしょうね。
自分とはまた違った角度の「模倣犯」が楽しめるかもしれません。
(監督の視点と自分の視点が合う、合わないは別として)
機会があったらこの本も読みたいです。

最後に、今太宰にはまっています。MIUMIUさんと同じく、「僕は、貴族です。」
の一言でかなり感動しました。あとラストのかず子の革命も。
荒唐無稽、でも人間的というのは個人的にとても好きです。
しばらくは太宰ワールドにはまります。

長くなりました。それでは。

(追伸)私は勿論「MIU=美雨」に一票です。(笑)
     

[6330] D,R さん(ない) 2002/06/05 Wed 15:46:09
なぜ村上さんの作品の登場人物は(主人公と思われる人)は自分のことを僕というの
いですか?僕はそのほうが好きですが。

[6329] D,R さん(ない) 2002/06/05 Wed 15:45:49
なぜ村上さんの作品の登場人物は(主人公と思われる人)は自分のことを僕というの
いですか?僕はそのほうが好きですが。

[6328]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/05 Wed 14:20:40
 さて、まとめて返事書きます。

◎B.B.claptonさんへ
 「中国行きの…」は短編集として選んだのでしょうか? それとも短編そ
のものかな。資料は文学界増刊の村上春樹特集や、その他の解説本がたくさ
ん出ていますので、図書館ででも当たってみて下さいね。www上ではまめ
に検索するしかないかと思います。

◎MIUMIUさんへ
 私の場合、ケースが一人だけなのでかなり偏ってはいますけどね(笑)。
 地元は地元でよく知っているし、気楽なので、たまにはそうして帰ってみ
て下さい。新たな視点で見られるかと。

◎はるしげさんへ
 「白い犬」は、いい話だとは思いますが、もう一ひねり欲しいなと思う今
日この頃です。「アトランティス」はどうでした?
 オフは次回の時にでも、ぜひどうぞ。

◎あっくんへ
 昨日は盛り上がって見てましたか? 私も休憩中に見てましたが、惜しい
試合でしたね。その後の韓国戦のスタンドの盛り上がりは凄かった。アジア
勢として、どちらにも頑張ってほしいです。
 残りの試合も、気合いで応援して下さい。

◎あんこさんへ
 あの長大な原作ですから、読んでいる人だったら関係はすぐ分かるでしょ
うけど、未読の人は辛そうです。私はDVD化されたら見てみようかなと思
うくらいかな。
 オフ会は次回にでも、ぜひどうぞ。

◎坂田さんへ
 村上さんがwwwのやり取りを再開するかどうかは分かりませんが、また
きっとチャンスはありますよ。
 とても涼しくなる本ですか? 私は逆に夏らしい本や一夏を描いた本をお
薦めします。樋口有介や池澤夏樹、マキャモンの「少年時代」辺りは夏らし
いですよ。あるいは基本で「夏への扉」とか。

◎つかさんへ
 私はW杯というと、ドバイW杯を思い出します。
 「アンドロイド…」は、中学生の時読みました。ちょうど映画化されてい
た頃でしょうか。エド・マクのそのシリーズ、今いったい何作目までいった
んでしょうね。「アトランティス」、現在のところ今年ベストですので、ぜ
ひご一読を。

◎ゆめみさんへ
 なるほど。私も早く読んでみたくなりました。日常と違った環境にあった
場合、集団がどうなるかという小説で一番好きなのは「流刑地サートからの
脱出」でしょうか。いい小説なので、機会があったらぜひ。
 土曜は確かに忙しかったですね。今度はゆっくりと飲みましょう。「海は
涸いていた」もいい小説なので、楽しんで下さい。

◎KEIKOさんへ
 「アトランティス」、もうすぐ読み終わるのですね。なかなかラストも印
象的なので、楽しんで下さい。
 東野圭吾は、やはり「秘密」でしょうか。あれは巧い。その本屋さんはい
い本屋さんですね。そういう特徴的な棚があるところは好きです。
 「レディー・ジョーカー」は、数年に一作の傑作なのでぜひどうぞ。

[6327] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/06/05 Wed 12:59:18
みなさんこんにちわ。W杯盛り上がってますね。私も好きですよ!燃えます。私個
人としては日本はもちろんですが、イングランドとアルゼンチンに注目していま
す。ただ、私よりも母が一番盛り上がってて、先日の日本戦でも、母の叫び声にび
くびくしながら応援してしまいました。まったく・・・いい年して(-_-;)

少しずつではありますが、「アトランティスのこころ」が結末に向かっています。
面白くて目が離せませんね!!次は何を読もうか本当に迷ってしまいます。少し気
になってるのが東野圭吾です。多くの作品がありますが皆さんのおすすめは何です
か?そういえば、バイトの近くの小さな小さな本屋に村上春樹関連の本が全部そろ
っていました。かなりびっくりです!あまり大きな書店ではないような短編から翻
訳ものまでしっかり揃ってます。きっとその本屋の人も村上春樹が好きなんでしょ
う。

>本間さんへ。
高村薫の「レディージョーカー」がなかなか見つかりません(>_<)悔しいですが、
本間さんの薦める本でハズレはないので、何がなんでも探します。きっとどこかに
あるはず・・・

>ゆめみさん。
先日、図書館に行ってみました。ある程度覚悟はしていたのですが、「天国への階
段」はやはり貸し出し中でした。しょうがないですね。今はドラマもあっているこ
とだし・・・あきらめずにがんばります。私も「蝿の王」は偶然ですが前に読みま
した。私もゆめみさんと同じような感想を持ちました。人間は複雑ですよね。

>MIUMIUさん
私としては「みゅうみゅう」とひらがなで書くのが好きです。ちっちゃい「ゅ」が
ポイントです。よく海外の作品を読んでるみたいですね。何かオススメあったらぜ
ひ教えてください。

>あっくんさん。
私もW杯が気になるのですが、本が読みかけだとそっちのほうが余計気になってしま
うので、読んでから見ます。でも試合が3時半からあったりするので、困りますよね
(>_<)

>坂田さん。
私はミステリーの中では宮部みゆきと綾辻行人が好きです。綾辻さんなんかは「館
シリーズ」はスタンダードではありますが、そこがまたいいんですよ。何か面白い
の読んだら教えてくださいね。

それでは、このへんで・・・次はもっとちゃんと書きます。



[6326] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/06/04 Tue 18:31:43
こんにちは。早速ですが、「蝿の王」を読み終えましたよ。その後ちょっと感じが
違うものを読みたいなあと思って、小池真理子さんの作品を読みました。この後は
ようやく「誕生日の子どもたち」を読もうと思っています。
「蝿の王」は・・・最初、どうしてこういうタイトルなのだろうと思っていたので
すが、3分の2くらいになって初めてタイトルの由来が出てきましたね。読んでみ
て思ったのは、とても優れた集団論になっているなあと。集団はこうして成立し
て、こうして壊れていくのだなあと思いながら読んでいました。また、人間の狂気
はこんな身近に成立していくのだなあとつくづく思いました。(と書きながら、文
庫巻末の解説ではもっと違う分析がされていたのですが・・・。まあ、私はそう思
ったのです、ということですね。)でも、全く堅苦しくはなくて、すいすい世界に
入っていける作品でした。「アトランティスのこころ」でテッドが勧めたのも頷け
ました。確かに、あの時期のボビーがこれを読むのと読まないのとではその後の人
間の見方が変わってくるだろうなあと思わせる1冊でしたね。

>おりえさん
はい、私も「永遠の仔」と「白夜行」を読みながら、というよりは読み終わった
後、いろいろと考えてしまいました。「白夜行」はまた読み返そうかなと思ってい
ます。「天国への階段」は下巻がありましたか。上下巻もので下巻しかないときほ
ど悔しいことはないですね。なので私は本を買うときは、必ず上下巻を一緒に買っ
ています。「天国への階段」はまた図書館で見てみてください。

>KEIKOさん
「天国への階段」は、確かに発売当初からかなり話題になっていました。発売当日
に新聞に全面広告が掲載されたと記憶しています。それで確か、宮部みゆきさんが
推薦文を書いていたような気がします。図書館で探して読まれるのでもいいのでは
ないかと思いますよ。上下買うと4000円くらいしますし。重いので持ち歩きに
くいというお気持ちは分かります。(私も持ち歩きは専ら文庫本なので。)自宅で
読むのに向いているかもしれませんね。

>B.B.Claptonさん
参考になるかどうか分かりませんが、大きめの書店に行っていただくと、村上さん
の本が置いてあるコーナーに研究本が一緒に置いてあります。私が知っているのは
明治学院大学の加藤教授が村上さんを研究されていることくらいですが、その加藤
先生のまとめた本の巻末に論文名も載っていたような気がしますが・・・。また、
朝日新聞社から出ている「村上春樹がわかる」というムックでも、多少研究的な内
容を扱っていたように記憶しています。ホームページは詳しくないのでご案内がで
きませんが、この辺りの本から探してみてはいかがでしょう?文学部で村上さんを
研究しているところはいくつかあると思いますので、その中には多分「中国行きの
スロウボート」もあるのではないかと思います。ただ、研究対象になりやすいのは
長編が多いようですが・・・。

>あっくんさん
そうなんですか・・・。地声は確かに大きくなるかもしれないです。でも、昨日鴻
上尚史さんのワークショップに行ったのですが、声は随分いろいろと変えられます
よ。演劇に関わっていなかったら、多分声に関してそんなに意識することはないか
もしれないので、よい方向に持っていければいいのではないでしょうか?

>あんこさん
「模倣犯」、私も見に行く予定です。いろいろな前情報を総合しますと、人物関係
についてはあらかじめ頭に入れていった方がいいみたいですね。森田監督が自分の
読後感をもとに映画化したとおっしゃっていたので、分かりやすい作品にはあえて
していないようです。まあ、詳しい感想はまた見に行った後にでも書きますね。

>坂田康代さん
はじめまして。さて、涼しくなるような本ということは、ホラー作品の方がよろし
いのでしょうか?書いていらっしゃる作家は私も好きな方ばかりですね。翻訳もの
でよろしければ、キングの作品をやはりお勧めします。(もう読まれているかもし
れませんが・・・。)

>つかさん
遅くなりましたが、「ピギー・スニードを救う話」は良かったです。アーヴィング
の作品の魅力がまた広がりましたね。さて、「アンドロイドは電気羊の夢を見る
か?」は私も良かった作品だと思っています。私が読んだのは随分前になります
が。ちなみに「夢のサーフシティー」が出たときは私も悔しかったです。買うだけ
買って、職場に置いてあったノートパソコンでこっそり残って見た覚えがありま
す。

>本間さん
1日はありがとうございました。楽しかったです。今度は時間がもう少しあるとい
いですよね。すみませんでした。
白川さんの小説は、「流星たちの宴」が見当たらなかったので、「海は涸いてい
た」(でしたか?)をまず買いました。昨日青山ブックセンターに行ったときに
「流星たちの宴」を見かけたのですが、買いそびれてしまったので・・・。今度1
4日にも行くので、そのときには買ってきます。

何だかとても長くなってしまいましたね。すみません。

[6325] つか さん(tsuka_saku@yahoo.co.jp) 2002/06/04 Tue 17:31:31
こんにちは。
僕はあっくんさんと正反対でW杯モードで読書が進んでます。
すみません、ひねくれ者で。
W杯よりもNBAファイナルと今週末のタイソンvsルイス
が気になりますねぇ。

ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
とマクベインの87分署シリーズ「魔術」を読みました。
翻訳物は登場人物の名前がネックです。
マクベインは初めてでしたが、登場人物が多くて
苦労しました。どちらも良かったのですがね。
「電気羊…」は公衆電話(というか映話)を街で探すのが
面白かった。携帯電話は思いつかなかったんですね、ディックさん。

MIUMIUさん
「カラ兄」は去年読みましたが体力が必要です。
長大な小説なので根性も必要ですが。
愛媛といえば昔、新入社員研修の時に
「私は愛媛のイヨカンです!」と自己紹介した女性を
思い出します。イヨカンの様に明るい人でした。

坂田さん
僕はその昔「夢のサーフシティー」が出た時すごぉく悔しかったです。

翻訳物がまた待機しているのですがキングの「アトランティスのこころ」
を早く読みたいです。本間さんにも皆様にも評判良いみたいですからね。








[6324] 坂田康代 さん(u-sakata@ngs2.cncm.ne.jp) 2002/06/04 Tue 16:03:46
こんにちは。
長崎の村上ファンです。
「そうだ、村上さんに聞いてみよう」のときはまだ、
パソコンの、使い方もしらなくて・・・すごく悔しい・・・

村上春樹さん以外で、さいきんはまっているのは、ミステリー系です。
京極夏彦さん・小池真理子さん・綾辻行人さん・桐野夏生さんなどなど・・
この夏、とても涼しくなるような本を知っている人がいたら、教えてください。

[6323] あんこ さん(amrin@syd.odn.ne.jp) 2002/06/04 Tue 09:15:09
おはようございます。
オフ楽しかったようですね。
次回は是非参加したいです。

『摸倣犯』の試写会、友人が行ったんですが、
彼女いわく「途中で帰りたくなった試写会は始めて」だそうです。
原作は読んでいないらしいのですが、
謎だらけで解からない事ばかり、いろんなタレント使いすぎ、
と、かなり許せない作品だったみたいですよ。

>はるしげさん
『5分後の世界』、もう読みましたか?
村上龍を嫌いになっちゃうかもしれません。

>あっくんさん
「地声がでかい」「身ぶりがはげしい」はともかく、
「いるとなんか暑苦しい」は悲しいですね。
良く言えばキャラが濃いってことでしょうか。
でも、そんな風に思われがちですよね。
とてもわかります。

>MIUMIUさん
「美雨美雨」はいかがでしょう。
坂本龍一の娘みたいですが(笑)

[6322] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/06/04 Tue 02:55:09
こんばんは。ところで梅雨はどこへいったんでしょうね。

ゆめみさん、それはきっと「地声がでかい」「身ぶりがはげしい」つまり
「いるとなんか暑苦しい」という意味なんだろうなどうせ、と自分では思い
ましたが・・・しくしくしく。

MIUMIUさん、「健全な精神」がいるんですか。ううむ、そういわれるとやはり
びびるな(笑)。漢字は「未生未生」「美羽美羽」「御宇御宇」・・・うーん
いい字面って結構むずかしいですね。

KEIKO さん、実は「火車」全然すすんでない・・・というのは今ワールドカッ
プモードなので。私は90分間とおして試合見ると、小説一本読んだような
気分になるのですが(で、つまんない試合だと寝てしまう)。w.cupはその意
味でやはり濃い、どの試合も。でもバタバタしてて結局まだほんとの初戦し
かフルでは見てない。くそう。

あ〜、いよいよ明日だ!!でもちょうど仕事中なんですよね〜、時間が。
でも結果がどうでもこれはビデオでフルを見よう。でないとフランス大会以
来の四年間の気持ちにケリがつかん。
ああ、こういう気持ちを「ごまめのはぎしり」っていうんだろうな。
ちくしょう。
ふけよカミカゼ、とべよヤタガラス!

以上、ジャンル限定右翼(でもハト派。政治的には中道左派の一般市民)の
あっくんでした。乱文、どうぞ御容赦を!

[6321] はるしげ さん(harusige@zk9.so-net.ne.jp) 2002/06/04 Tue 00:36:26
ずいぶんごぶさたでした。アトランティス終了。ただいま、白い犬とワルツを
にとりかかってます。ほんとしばらくいないだけで浦島ですね。

>MIUMIUさんへ
こんなんでいかがでしょ。
美兎美兎--うさぎちゃん。これが近いでしょうか?
味上味上--あてじ。くいしんぼう。
未海得。--うみのように広い心になりたいけど、まだなれないや。
深海雨。--太平洋の真っ只中、しとしとと雨が降る。

「5分後の世界」読んで見ます。でも、これが未来をよめる話じゃなかったら、村上
龍きらいになっちゃうかも。

>本間さん
次回は必ずお邪魔しますです。

[6320] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/06/03 Mon 22:14:35
こんばんわ、MIUMIUです。
愛媛から東京に帰ると、ビル街が不思議な物質のように思えてしまいます。
本間さん†
愛媛のひとは確かに海賊っぽい。うちのおじいさまも、23年間漁港にある造船所
で働いていた海の男なんですよ。
KEIKOさん†
ジュリアっていう友達は、漢字で寿理亜でしたよ〜みうみうって漢字つけられなく
ないです?誰か考案してください(笑)
私の読書量は、ここのホムペに来てるひと達に比べたら、まだまだひよっこです
(笑)ただ、ドイツ文学だけは、本当に名前が混乱しますよ〜。
ポルフィーリィ・ペトロ―ヴィっチだのピョートル・ペトロ―ヴィッチだの、訳わ
かんないんですよ〜しかも、同一人物なのに名前の呼び方が変わるんですよ〜(涙
映画とかで「これ誰だっけ?」とか言っちゃう私なので、苦労します(苦)!
その点春樹さんはいいですね。主人公は『僕』で済むし(^^)


[6319] B.B.clapton さん(l991629t@ryukoku.seikyou.ne.jp) 2002/06/03 Mon 20:34:58
私は、今年大学4回生です。卒業論文に村上春樹氏の「中国行きのスロウボー
ト」を選択しました。しかし、その作品に関する資料、論文が全然見つかりま
せん。どこか、論文などが掲載されているHPを知っていたら教えていただけ
ませんでしょうか?

[6318]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/06/03 Mon 15:51:06
 東京でお会いしたみなさま、お疲れさまでした。

◎siesieさんへ
 はい、初めまして。
 私も長編では「世界の終り」が一番好きです。井戸は子供の時以来、見て
ないですね。くれぐれも落ちないように気を付けて下さい。村上作品におけ
る井戸は、私は単純に自分の心の奥底、ふたをされて自分でも意識しない部
分の象徴として読んでます。

◎ぴぐさんへ
 それは集団読書用テキストです。詳しくはゆめみさんも書かれている通り
です。「レキシントンの幽霊」はたしか文春文庫だと思ったので、探してみ
て下さい。
 でもあれを元に、いろいろ授業で話し合うのはちょっと楽しそうだし、シ
ュールな気もします。

◎ゆめみさんへ
 土曜はお疲れさまでした。その時も言ったのですが、白川道は「流星たち
の宴」「病葉流れて」がとてもいいのです。ぜひご一読を。
 「蝿の王」は、私も読みたい本リストに入れました。大体の話はあれで分
かりますが、細部を読むのが楽しみですね。

◎おりえさんへ
 何だかそうやって読むと、ヒーターという彼と付き合っていて、お互い苦
しみながら別れたようですね(笑)。また冬までさよならですね。
 「特別編」はそうなんですか。最近の映画は全部そうだけど、本編の後に
特別編とか完全版とか、いろいろ出て混乱します。興行上、上映時間の問題
もあるんでしょうけど、ちょっとずるいなあと思う今日この頃。
 「ニューシネマ」はあのテーマ曲だけで涙腺ゆるみますよ。

◎masatakeさんへ
 一時村上作品に出てくる音楽を聴いてみよう、といろいろ集めた時期があ
ったのですが、その時緑が歌っていた曲も聴きました。あんな歌を一緒に聴
いていたら、ほのぼのするでしょうね。
 村上作品のギターのイメージは、そういう感じでしょうか。

◎MIUMIUさんへ
 実家は愛媛なんですか。海の幸、美味しそうですね。学生時代、愛媛から
来た友達がいて、そいつは海賊のようだったので、私の中では愛媛はワイル
ドなイメージです。新居浜の人でした。
 
◎こうちゃんへ
 競馬は負けました。完敗です。
 「ポシェット童話」というと、アンソロジーで「シドニーのグリーン・ス
トリート」が収録されている本ですね。後の収録作家は糸井重里とかでした
よね。

◎KEIKOさんへ
 電車乗り過ごすほど、熱中して読まれていたんですね。それだけ熱心に読
んでもらえれば本も本望でしょう。引き続き第二部以降もお楽しみ下さい。
 私のお勧め定番は、村上作品を除くと「レディー・ジョーカー」高村薫、
「永遠の仔」天童荒太、「模倣犯」宮部みゆきです。ここ10年で、この3
作は必読と言えるほどのお勧めですね。

[6317] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/06/03 Mon 12:42:11
皆さん、こんにちわ。もう少しで「アトランティスのこころ」の上を読み終わりま
す。ほんとに面白い!!(^-^)読み出したら止まらないです。実はバイトの帰りに
電車で読んでいたら乗り過ごしてしまいました・・・(-_-;)こんなこと初めてだっ
たのでかなり焦りました。すぐに自分の駅まで引き返しましたけどね。東京でのオ
フ会はどうでしたか?私は福岡にすんでいるので、こういうのにはまったく縁がな
いです。

>本間さんへ。
上にも書きましたが、「アトランティス・・・」楽しく読んでいます。この前まで
はあまり読書をする気になれなかったので(いろいろあって)今は、やっぱり本を
読みたいって言う気持ちがすごく強いです。幸運にもそばには夢中になる本もある
ことですし・・・「アトランティス」を読み終わってからは次は何を読もうかとさっそ
く考えています。何かお勧めはありますか?

>ゆめみさん。
「天国への階段」、かなり興味があります。これって、出たときからもかなり話題
になってましたよね。その時から興味がありました。でも、ハードカバーなので、
買うのをためらっていたのですが・・・ハードカバーは値段も高いですが1番は重たい
ので、気軽に持ち歩けない。という難点があります。図書館で探してみますね。

>MIUMIUさん。
こちらも、お名前がすごくかわいいですね。響きが好きです。でも、もし自分の子
供にこの名前をつけるとしたら、どんな漢字になるんでしょう?すみません、本と
は関係ない話でした(-_-;)愛媛ってすごくいいところですよね。のんびりしてる
し、何よりも食べ物がおいしい!!うらやましいです。いつも思うのですが、読む
本の範囲がものすごく幅広いですね。日本の昔の作家から、海外のまで・・・・。
私はどちらかというと海外の作品は少しためらってしまいます。ただ単に登場人物
の名前がカタカナで覚えられなくて混乱してしまうだけなのですが・・・

>あっくんさん。
私もつい最近「火車」を読みました。面白いですよね。私は宮部みゆきの作品は長編
のほうが好きなんですが、この作品は私の中の宮部作品の中でも上位にあります。
読み終わったらぜひ感想聞かせてください!

それでは、この辺で・・・

[6316]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/06/02 Sun 20:11:11
おかえりなさい。本間さん。競馬はどうでしたか?
今日、懐も暖かいので古本屋巡りしてましたら、なっなんと!「ポシェット
童話」なる本が売られていました。絶版なのか絶版じゃないのかスレスレの
本だったので、(ノ゜凵K)ノびっくり!!まだ読む予定はないのですが、長編
小説のあいまにでも、読んでみたいって考えています。

[6315] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/06/02 Sun 18:46:16
こんにちわ。MIUMIUです。お久しぶりです。
実家へ帰って参りました。愛媛なので、完全に小旅行ですね。
で、島へ行って海の幸を堪能してしまいました。もうたらふく食べ過ぎて、本間さ
んのこと注意できません。(^^;ゞ
nkmtさん†
太宰の「斜陽」すばらしいですよ〜最後の、弟のセリフに号泣です。
「姉さん、僕は貴族です」没落の美しさの描き方は、さすが太宰ですよねぇ〜
『姫君』読了しましたか。私自身もけっこう前に見たので、はっきり覚えてないで
すけど、「姫君」が一番良かったかなぁ、最後がちょっと漫画的っていうか俗っぽ
い、そんな感じも否めなかったですが。でもあーゆう終わらせかたしかなかったか
もしれない。「私が犯されてる気がする」でしたっけ?そーゆう感じが痛いほどわ
かっちゃったです(^^)。自分だけを愛でようとするエゴイズム(汗)ですよ
ね、本当に。そんな姫の混乱ぶりが痛かった。
あ、ちなみにあたしも二本くらいとばしました。(笑)最初の話でさえ、結構
「・・・うーむ」と思ったぐらいなので・・
はるしげさん†
「5分後の世界」もいいらしいですよ。「ライン」、今度読んでみたいかも。
あたしは「透明に〜」には結構拒否的というか。
でもあのセリフがあるからこそ救いがあるような気が・・・だって救いようないん
だもん(><)あの話!小説全体の色的にはもっと混沌とした色って感じがします
よね、確かに。。。
あっくんさん†
そ、そんな会があったなんて・・・ひよっこでした。
「カラマーゾフ」、まだ読んでません。いつか読もうと思いながら、読んでないの
です。罪と罰を読むには・・・健全な精神が必要です。(苦笑)いや、
影響されたら大変だもの。

「村上春樹」を名乗る男(勿論本人ではない!)が原宿だかどっかでナンパしまく
っていたという情報があったんですが、そんなんで女の子はついていくんでしょう
かねぇ〜。笑っちゃいます(>v<)






[6314] masatake さん(fushigi2002jp@yahoo.co.jp) 2002/06/02 Sun 17:42:57
僕は個人的に ノルウエーの森が好きです
いろんな音楽があの作品の中に盛り込まれていますが
クラッシック・ギターサウンドのイメージが素敵ですね。
ギターの魅力について どんな感じにおもいますか?

[6313] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/06/01 Sat 01:14:21
 皆さん、こんばんは!
 やっと、そろそろヒーターとお別れ出来そうです。私自身「一体、いつまでヒータ
ーを使うのだろう・・・」とやや困惑していたのでホッとします。
 時折り、ご機嫌ななめになりながらもよく働いてくれました。修理に出してみよ
うかと思っています。
 現在、松下竜一さんの「底ぬけビンボー暮らし」を読んでいます。読んだら感想
書きますね。

 本間さん、「バトルロワイアル特別編」は幾つかのエピソードを新たに(と言って
も少しだけです)を加えたものです。私は加えて正解だなと。特に杉村君と琴引さん
のエピソード(これは単に私が好きだからなのですが)と相馬さんの過去のエピソー
ドは。相馬さんのエピソードは最初からあった方が良かった気がします。多少、映
画の深みが違ってきます。
 「ニューシネマー」の子役の子はどっから見つけて来たのかと思うくらいのハマ
り役ですね。音楽か゛イイです。
 ゆめみさん、私は「白夜行」を読んでいる時、「永遠の仔」を思い出しました。
この2つの作品と「青の炎」は私の中でワンセットになっています。ホントに色々考
えさせられますね。前にも書いたのですが、私は基本的に癒せない傷はないと思う
のですが、癒しがたい傷ってあるんだなと、それらを読んでしみじみ思いました。
選ぶ事の出来ない親から癒しがたい傷を受けたら、人はどうやって生きていけばい
いのだろうとつくづく考えました。
 「天国への階段」の下巻を図書館で見つけました。何か・・・悔しかったです。
下巻からは読めないよー。

 では、お休みなさい。
 


[6312] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/05/31 Fri 18:19:22
こんにちは。「天国への階段」、読み終えましたよ。また長い作品を一気読みして
しまいましたね。ちょっと違うものを読みたいなあと思って、昨日から今朝にかけ
ては内田康夫さんを読んでいました。でもこれも今朝読み終わってしまったの
で・・・次は何を読もうか思案中です。「蝿の王」にしようかなとは思っています
が。

>おりえさん
「白夜行」は、私も東野さんの作品の中ではかなり好きな作品のひとつです。初め
て読んだときには(単行本のときですね)、「永遠の仔」の直後だったこともあ
り、しばらくいろいろと考えてしまいました。「天国への階段」はですね・・・も
し、テレビドラマをご覧になっていなかったら、一気に読んでいただきたい作品で
す。ドラマをご覧になっていたら、ちょっと印象が違うかもしれません。

>KEIKOさん
「アトランティスのこころ」、楽しんで頂けているようで何よりです。「天国への
階段」は、予備知識がない方が楽しんで頂けると思いますが、ラストへと向かうス
トーリー展開は引き込まれるものがありました。よろしければ読んでみてください
ね。

>あっくんさん
「なるほどね」って言われてしまうのですか?・・・何が「なるほどね」なのでし
ょう。謎ですね。

>ぴぐさん
その冊子は、朗読のためのテキストとして編纂されたものですね。私も持っていま
す。村上さんの年譜が載っていたと思います。ちなみに「沈黙」は、「レキシント
ンの幽霊」にも収録されています。「村上春樹全作品」のときは、全集のための書
下ろしでした。私にとっては印象的なもののひとつです。

>本間さん
「天国への階段」は、白川さんの他の作品とはタッチが違うのですね。他のものは
まだ読んだことがないのですが、文体が違うのなら他はどんなものなのか興味があ
りますね。


[6311] ぴぐ さん(te199189@cse.ec.kyushu-u.ac.jp) 2002/05/31 Fri 13:02:18
こんにちは。

 日頃あんまり利用しない本屋に行ったら、村上さんの「沈黙」という作品が平積
み(っていっても10冊くらい)あったので思わず買ってしまいました。1冊20
0円もしない、版型もよくわからないような薄い冊子という感じの本でした。
 巻末を見ると、「沈黙」は「村上春樹全作品」に収録されているらしいのです
が、ちょっとばかり、レアな作品が読めてうれしいです。(あまりに薄いので、帰
りのバスの中で読み終えた)
 作品の感想ですが、終わり良ければすべて良し、というか、最後のパラグラフで
救われるというかほっとする作品でした。

 やはり、本屋さんを変えてみるといろいろ新しい発見があるようです。


[6310] siesie さん(jinko@f8.dion.ne.jp) 2002/05/31 Fri 11:45:30
こんにちは。初めまして。
実家でパソコンをいじっていたらここにたどり着きました。
いろいろ勉強になりました。
私は個人的に、世界の終わり〜・・・と、納屋を焼くが好きです。
地元の友達の家には、井戸があるらしいので
来週にでも見に行く予定です。
井戸の中で、色々考えてみたいな〜。
まぁ、入れないんですけどね・・・・。興味があります。


[6309]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/31 Fri 00:49:51
 続き。

◎KEIKOさんへ
 キングは自分で「モチーフ付きシアーズカタログ」と呼んでますが、ジャ
ンルを越えて、物語の要素を全て入れてますので、やっぱり面白いですよ
ね。楽しんで下さい。全集の短編集編は私も持ってますが、たまに再読する
としみじみ読みふけってしまいます。あの小冊子、「自作を語る」も面白い
ですよね。

◎あっくんへ
 西原のだんなさんは、確かに読んでないと分からないですよね。失礼しま
した。
 「鏡に映らないものたちの存在」ですか。なるほど。なかなか言い得て妙
ですね。私の場合は何だろう。ちょっと考え込んでしまいました。
 「火車」は、宮部初期三部作の一つです。この三部作、全部違う作風なの
でよかったらあと2作「レベル7」「龍は眠る」も読んでみて下さいね。

◎バロンさんへ
 はい、初めまして。
 パソコンは道具なので、がんがん使いこなして下さいね。村上さんは、何
年経っても新鮮に読めるので、こちらはじっくりどうぞ。
 私のブックガイド、そう言っていただけるとやりがいがあります。島田荘
司は、私も偏愛しているのですが、あのパワーは凄いです。

◎むろやまさんへ
 こちらも初めまして。
 投票物以外、あまり更新していないので、そう言っていただけると更新す
る意欲が湧いてきます。
 「ノルウェイ」のあの比喩、巧いですよね。私も村上作品を読む時、あの
比喩を思い出します。冒頭の言葉、どうでしょうね? 知っている方、教え
て下さい。

◎ゆうさんへ
 右の掲示板にも書いたのですが、私はその記事読んでいないので、何とも
言えません。村上さん本人のコメントとして載っているなら、確かだと思う
んですけど。
 何にせよ、楽しみですね。

[6308]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/31 Fri 00:37:33
 ナイター行ったり、仕事したりで返事が遅くなってごめんなさい。明日か
ら東京なので、更新と返事は月曜になります。

◎あんこさんへ
 アメリカは個人主義のせいかどうか、刑務所内の自由度高そうですよね。
お金があれば物もある程度自由に買えるみたいですし。ただ「ストーン・シ
ティー」などの刑務所物小説を読むと、行動が自由な分、ヘビーですね。
「刑務所のリタ・ヘイワース」でもそうでしたし。
 国内のは去年の乱歩賞のは有名ですが、東直己の「札幌刑務所4泊5日体
験記」扶桑社文庫、は面白いし、様子がよく分かります。

◎ゆめみさんへ
 詳しくは読後書きますが、今までの白川作品と比べて、あの小説、何だか
違う人が書いたようなんです。「病葉流れて」が強烈過ぎたのかもしれませ
んが。
 「理由」は確かに3年経ったんですけどね。加筆訂正中なのかもしれませ
ん。

◎nkmtさんへ
 「アトランティス」に限らず、キング作品は結構作品同士がリンクしてい
るので、全部読まないと分からない部分はあります。第一部にも「レギュレ
イターになった」とか「破壊者」とか出てきますが、これは別な作品の話で
すね。
 私の書評というか、感想はかなり適当ですよ。結構量読むので、適当に書
き続けるのが長続きの秘訣です。まともに書いていたら、3か月で嫌になり
ます。nkmtさんもパソコンあるなら、感想書き続けると後で面白いですよ。

◎Yukiさんへ
 読みたい本がたくさんある状態は、幸せな状態だと思いますよ。迷わずに
まっすぐ道を歩いていける訳ですし。のんびりどうぞ。
 その悩みの件ですが、何とか当事者同士で解決するといいのですが、無理
っぽい時は、離れてみるのが一番かと思います。
 インターネットを題材にしたのは、結構多いですよ。「青猫の街」が一番
リアルでした。「誘拐症候群」もなかなか鋭かったですね。

◎おりえさんへ
 「特別編」って、どこが違うんですか? 私も先日一番好きな映画「ニュ
ーシネマパラダイス」の特別編を買いましたが、見るのが楽しみです。
 新井素子は、両親共に講談社でしたよね。本人は多分両親以上に小説読ん
でいるでしょうが、その型にはまらないあの作風はいいですよね。一番の力
業は「絶句…」だと思いますが、あれにはすっかりやられました。
 本好きな男の子編は、確かに北村薫が最適の作家だと思います。ミステリ
好きな男の子…だったら、新本格系は全員でしょうけどね(笑)。

◎moegiさんへ
 そうですね、確かに。私は忘れっぽいので、その点は助かっています。

◎fmさんへ
 それはお久しぶりですね。
 「R.P.G」は、ぜひ「模倣犯」と「クロスファイア」もセットでどう
ぞ。2つの事件の捜査側が再登場しています。
 宮本輝の「ひとたびは…」は、先日読み終わったところでした。なかなか
ヘビーな旅ですが、その先も面白いですよ。6巻にはフーミンちゃんの写真
もありますので、お楽しみに。

[6307] ゆう さん(sugikatu@clio.dricas.com) 2002/05/30 Thu 23:13:15
週刊現代によると春樹さんの新作は9月ですか。
あの作品の続編かな。
楽しみです。



[6306] むろやま さん(fbbltmwm@jcom.home.ne.jp) 2002/05/30 Thu 22:31:28
 はじめまして。「神の子どもたちはみな踊る」を読んで、作中の作家や作品を調
べてたらこのページ存在を知りました。 とても役に立ちました。ありがとうござ
います。
 わたしのベストは「ノルウェイの森」であります。何度も何度も読んでいます
が、一ページとしてつまらない文章がありません。ワタナベ君の「グレートギャッ
ビー」みたいなものですね(笑) この作品が大好きなのですが、冒頭の「多くの
祭りのために」という言葉には特別な意味がこめられていたりするのでしょうか?
もしよろしければ教えてください。
 

[6305] バロン さん(cafe_bird289@hotmail.com) 2002/05/30 Thu 19:52:35
こんばんは、はじめまして。初カキコです。
春樹ファンになってもうすぐ1年、パソコンはまだ初心者、の大学生です。
本間さんのブックガイドはとても参考になります。島田荘司もここがきっかけで読
んだらハマってしまいました。これからもちょくちょく来させて頂きます。

[6304] Yuki さん(bqb03265@nifty.ne.jp) 2002/05/30 Thu 19:45:27
こんにちは。「風の歌を聴け」を読みました(^^)。なぜ今、自分がこの本を読んだ
のかが分かりました。それはともかく……村上さんの原点ですね。ここにも井戸が
出てくるし、指が4本しかない女の子は「ノルウェイの森」の直子を思い出させま
す。
moegiさん、ありがとうございます。ほんとにもう、起きてしまったことは忘れなき
ゃ、ですね。往生際が悪かったですが、私の問題なんて、世の中に数多ある悲しみ
と比べれば、ほんとうに小さなもの。……納得はできませんが、涙を払って、いや
なことは忘れ、目の前の課題に専念しよう、と思います(^^)。

KEIKOさん、ありがとうございます。まだ学生さんなんですよね。大騒ぎして恥かし
いです。自分がこんな状態なので、KEIKOさんに何も言葉をかけることもできなかっ
たのですが、逆に励まされてしまいましたね。裏切りをテーマにした小説といえ
ば、漱石の「こころ」は読まれました? 裏切った方も苦しむものなのですね。で
も人間関係って、恋愛も含めて、結局、選ばれたり、選ばれなかったりの繰り返
し……せめて自分は、自分を信じてくれる人を裏切ることだけはしたくないなあと
思います。ところで、太宰の「斜陽」は面白いですよ。私は印象的な冒頭の文が、
とても好きです。

今日は宮部みゆきの「R.P.G」を買ってきました。ネット社会について考えさせられ
ると書いてらした方がいたので、俄然興味をもってしまいました。ネット社会を題
材にした小説って、まだ稀少ですよね? あっくんさん、「火車」はすごく面白い
です。「理由」は、このタイトルにした理由が私にはちょっと「?」だったのです
が、「火車」は宮部みゆきの最高傑作なんじゃないでしょうか。……といっても、
そんなに読んでるわけじゃないのですが。「スキャンダル」も面白そうですね。

[6303] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/05/29 Wed 22:07:02
こんばんは。今日から仕事が三連休。やれやれ。
皆様、おかわりありませんか?

あんこさん、ゆめみさん、
成程、本好きの集いに顔を出せば、演劇部出身者に出会える確率が増すのも
道理ですね。私もさんざん妙な顔されました。その後ダメ押しのように「な
るほどね」といわれたり。一体どういうことなんだ。

はるしげさん、
当日純利益ですか・・・。缶コーヒーは何の費用にできるんだろう?ああ、
勉強していたころの悪夢が蘇る・・・。有価証券評価額がどうとか、貸し倒
れ引当金がどうとか。証券アナリストって、あの世界をお仕事になさってる
んですね・・・。勇敢だなあ(笑)。

MIUMIUさん、
春樹さんのホームページにも確か「カラマーゾフの兄弟読了者の会」みたい
なのがありましたね。ううむ。やはりいつかは読まねば。

本間さん、
すいません、西原のだんなさんってワカラナイ・・・。私の説明も要領をえ
なくて、失礼イタシマシタ・・・。

遠藤周作「スキャンダル」読了しました。地位も名誉も手に入れた還暦すぎ
の男の周辺に、自分そっくりのハイド氏のような何者かが出没するようにな
り、おびやかされるというお話。

私の場合、小説の中のいわば「鏡に映らないものたちの存在」にいやされま
す。
主人公が深ーい精神的危機にずっとはまりこんでいった時、彼等はやってき
て、最終的に新しい視点と視野を与えてくれる。主人公自身が「むこうが
わ」に行って帰ってくるという場合も然り。「星の王子さま」だって、そこ
に鏡があったら映らなかったんじゃないかなあと自分では思っています。

で、「嘔吐」の説明に(しつこく)再挑戦すると、主人公が「孤独」という
精神的危機に自ら進んでずうっとはまっていった時(しかもかなりドタンバ
になるまで、全然危機だとは自覚してない)なんでもない公園の風景が、突
如「むこうがわ」の景色として迫ってくるんですねえ。で、例の有名な「実
存する!」という連呼になるんです・・・。
ううむ・・・なんとか、こんなところで・・・。

今度は「火車」読みはじめました。宮部みゆきは初めてなんです。
さて・・・?



[6302] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/05/29 Wed 18:30:35
こんにちわ。やっぱり「アトランティスの心」は長い作品です。面白いのですぐに世
界に入り込むことはできましたが、なかなか前には進みません。でもまだまだ楽し
みが残っている!と考えて、私には珍しくゆっくりとゆったりと読んでいます。

>本間さん
「アトランティス」面白いです。私の知らない世界なのでぐんぐん読めます。この
間、村上春樹の短編を読んだといいましたが、主に講談社の「村上春樹全作品G−
短編集V−」(ハードカバーです)を読みました。「パン屋再襲撃」などから始ま
り「象の消滅」などををはさみ、最後は「人食い猫」で終わっています。どれもすご
く面白かったです。私が特に好きだったのは「眠り」です。

>Yukiさん
私も今どん底でしたから、気持ちがすごく良く分かります。裏切り、自信、信頼、
仲間、孤独。私もここ2,3週間はこの言葉が渦巻いていました。今でも全然立ち
直った訳ではないのです。しかし、ありきたりな言い方ですが「明けな夜はない」
という言葉を実感しました。少なくともYukiさんの友達やこの掲示板の人たち
みんながYukiさんのことを心配していると思います。そして、応援していま
す。がんばってください。私も泣いて立ち直ろうとしています。

>nkmtさん
私も太宰治や夏目漱石好きなんです!いいですよね。「人間失格」は読んだことがあ
るのですが、「斜陽」はありません。読んでみようかなーと興味がわきました。私
は、夏目漱石は「吾輩は猫である」が1番好きです。

>ゆめみさん
「アトランティス」楽しく読んでいます。(内容も面白いのですが、本を読んでい
る時間そのものを楽しんでいます。「天国の階段」は私が「摸倣犯」の次に読んで
みたいと思うサスペンスものです。サスペンスではないのかな!?読んでいないの
でなんとも言えませんがどうですか?オススメですか?




[6301] fm さん(nikkun@mvb.biglobe.ne.jp) 2002/05/29 Wed 10:37:31
本間さん、皆さん、お久しぶりです。おそらく5ヶ月ぶりの書き込みです。
宮部みゆきさんの『R・P・G』を読了しました。犯人の予想が当たった(僕が推理小
説を読み始めてから初かも)のは良かったのですが、内容に関しては、ネット社会
についていろいろと考えさせられました。
続いて、宮本輝さんの『ひとたびはポプラに臥す』を読み始めました。まだ冒頭の
部分なのですが、旅行記好きの僕は、これからの展開が楽しみです。


[6300] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2002/05/29 Wed 09:23:42
神は自分より優れた能力をひとつだけ人間に与えたと言います。

  それは、『忘れる』と言う能力です。使ってみましょう上手に!

死んでしまいたくなるような、哀しいコト、辛いコト、苦しいコト、ミンナ忘
れてしまいましょう!そして生きていきましょう!マケナイデ!!

   Yukiさんはじめ、カナシミの渦中に身を置くすべての皆様へ・・・・・m

[6299] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/05/29 Wed 01:11:22
 皆さん、こんばんは!
 先日「バトルロワイアル特別編」を見ました。偏愛ふ゛りはまだ止みません(1度ハ
マるとしつこい奴です)。
 
 本間さん、新井素子さんの事を「本好きな女の子の恩返し」とカキコされた下り
に思わず「上手い!」と唸ってしまいました。確かに。確かに。
 「本好きな男の子の恩返し」は北村薫さんでしょうか。
 「星へ行く船」シリース゛が私のお気に入りです。彼女の作品はどんなむちゃな
展開、設定であっても何故か力技的に納得させられます。
 ゆめみさん、なんとか「天国への階段」を手に入れたいと思います。
 「白夜行」買われたんですね。私も買うつもりでしたが、「チグリスー」を買っ
たので今回は断念しました。東野さんの作品の中ではこの作品が一番好きです。ラ
スト、本の中の登場人物と解っているのに、あの人がこれからどう生きていくのか
真剣に心配しました。良い本に巡り合えるのはホント幸せですね。
 hinataさん、「チグリスー」はホントにおすすめです。是非機会があった
ら読んで下さい。
 「ひとめあなたに・・・」は面白い作品ですね。この作品と「おしまいの日」を
読むと新井素子さんて「残酷さ」を書くの上手いんだなと思います。

 では、お休みなさい。

[6298] Yuki さん(bqb03265@nifty.ne.jp) 2002/05/29 Wed 01:02:46
こんにちは! このところ読書に集中できなくて(電車の中でもボーッと考え
ごとをしていることが多いんです)、「アトランティス」も半分読みですが、
ここの書き込みを拝見していて、次に読みたい本のリストを増やしています。
「誕生日の子どもたち」はぜひとも読みたいですねー。宮部みゆきの「模倣 
 犯」も。「蝿の王」もやっぱり読みたい。「秘密」も未読ですが、読み始め
たら一気だと思います! あ、今日は村上さんのデビュー作「風の歌を聴け」
とキングのデビュー作「キャリー」を買ってきました(……脈絡ないです)。
励ましてくださった方々、ありがとうございます! でもやっぱり、まだふっ
きれてないんです。今日もウェブを見にいって号泣してしまいました。……つい二
か月前までは、コミュニティの中でそれなりの地歩を築いていたのに……急転直
下、それまでのもの+自分が望んでいたものを野心満々の人にさっと奪われてしま
い、いまだに自分の身の不運が信じられないし、とうてい受け入れ難いんです。ど
うして、どうして??って。リーダーからにらまれるような失言をした自分にも落
ち度はあったのですが、その後にされた仕打ちがあまりにもひどくて。……「翻訳
夜話」で村上さんが「優雅に暮らすことが最良の復讐である」ということを言って
いらっしゃるでしょう。事件が起こったときから、この言葉を思い出していまし
た。他人からいやな目にあったり、踏みにじられてもそんなことは意にも介さず、
優雅にちゃらちゃら暮らせば、それが相手に対するいちばんの復讐になるのだ
と。……オスカー・ワイルドの格言にも「汝の敵を許せ――敵に許されるほど、悔
しいことはないからである」(笑)というのがあるそうです。でもこのままでは、
どうしようもなく人を恨んでしまいそうで、怖いんです。少ないけれど私を信じて
くれている人たちもいるというのに。……ここまで立ち直る?ことができたのも、
勉強会の仲間たちの支えがあったのと、村上さんの本、とくに「シドニー!」が平
常心を保つのに一助を果たしてくれたこと、犬伏選手のもう少しのところでゴール
に辿りつけなかった無念さが自分と重なってボロボロ泣けたこと、この掲示板の存
在……。いつになったらふっきれるんでしょう?……明日こそ、本道に戻らなくて
は。(わけの分からない書き込みでごめんなさい!……あまり場違いなようでした
ら、削除してください。>本間さん)




[6297] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/05/28 Tue 23:47:58
「アトランティス」、上巻読み終わりました。
現時点では、腑に落ちない、というか謎めいている部分があるので
下巻どうなるのか、楽しみです。

話変わりますが、今日ブックオフに行って太宰の「斜陽」と「人間失格」を購入。
なんかこの頃太宰の話題が出てますが、前々から太宰には興味があって。
ついに手を出しました。
で、「斜陽」にのめりこんでしまって、既に読了です。
しばらくは太宰を攻めてみるかもしれません。

漱石も同じく興味があるのですが、こっちは三部作あたりから入っていこうかな、
と考えてます。

「アトランティス」の映画ははたして公開中に行けるのか?と思ったりもしますけ
ど。(笑)

>あんこさん
日本の刑務所も自由時間には本も読めます。ただ一定の条件みたいがあるとは思い
ますが。
まあ労働がありますから。この前の講義で刑務所の壁を受刑者が修理しているとい
う話があって。自分で自分を閉じ込める皮肉。
この話は印象に残りましたね。
(大学では犯罪学を専攻してるんです。)

>MIUMIUさん
「姫君」の方、大体(五本中四本)読み終わりました。
あとがきの所にかいてあった「私は愛が怖い」というのはよく分かります。
「死」っていうのは人に愛されること、または愛すことを当然ながらやめなくては
いけないですから。
それ故にこの作品の主人公達は自分だけを愛でようとしたり、一見愛情に見えない
愛を相手に注ごうとしたり。
でも、それだけではやっぱり人生は成り立たないから、コミットを必要とする矛
盾。
あと、句点が多いのも印象的でした。(「でも、もう、遅い」など。)
これも「コミットの断絶=死」を連想させるのです。
考えすぎでしょうか?

とりあえず、一番のお気に入りは「シャンプー」で、「MEMU」と「姫君」も
割とすんなり行けました。
「検温」、「フェイスタ」(未読)は拒絶反応おこした部分で。
このニ作品は自傷的な雰囲気が痛くてきついです。

的外れな意見になってなかったらいいのですが。評論は難しい。
本間さんの書評はすごいな〜とつくづく感じます。
また機会があったらチャしましょう。 

[6296] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/05/28 Tue 18:27:21
こんにちは。「天国への階段」は下巻に入りました。まだ淡々と進んでいます。
先日ここへ書き込みをした後、本屋さんに行ったらすぐに「蝿の王」が見つかりま
した。ささいなことですが、嬉しく感じられました。もちろん買って帰りました。
「天国への階段」が終わったら読んでみようかと思っています。

>FLEAKYさん
「回転木馬のデッドヒート」は・・・そうですね、一見リアリティにあふれている
だけに、歪みやねじれが感じられやすいのかも、という気はします。リアリスティ
ックでない作品も好きですよ。村上さんの作品のなかでベスト、というのは決めに
くいです。どの作品にも思い入れが強すぎるせいかもしれませんが。あえて語ろう
とすると、好きかどうかだけが判断基準になってしまいそうな気がして。

>KEIKOさん
少しは落ち着かれましたか?
「アトランティスのこころ」は、お勧めします。あの世界の流れに浸って、楽しん
でいただけるといいなあと思いますね。

>こうちゃん。さん
「誕生日の子どもたち」、読まれたのですね。
私は買ってはあるものの、未読です。「天国への階段」が終わったら、「蝿の王」
の前にこれを読もうかな、という気分になってしまいました。

>あんこさん
宮部さんの「理由」は、時期的にはそろそろ文庫になってもいい頃ですが、どうな
んでしょうね?私は待ちきれないので単行本で読んでしまいましたが、文庫になっ
たら再度文庫で読むと思います。(多分)
ちなみに、私も元演劇部です。演劇部って、そんなにマイナーなのですか?
うーん、そうなのでしょうか。

[6295] あんこ さん(amrin@syd.odn.ne.jp) 2002/05/28 Tue 15:58:49
こんにちは。
最近あまり本を読んでません。
今読みたいのは、宮部みゆきの「理由」かな。
早く文庫になってくれー。

>本間さん
横レスですが、私はアメリカの映画などを観ていると、
日本よりも刑務所が楽しそうにみえます。
入所したことないのでわかりませんが、
休憩時間に運動したり、読書したり、面会は直接会えたり。
日本もそうなんでしょうか。

>はるしげさん
私は小説も漫画も同じくらい好きですよ。
「BANANA fish」は未読ですが、ずーっと読みたいと思っています。
私がいつも人に勧める漫画は楳図かずおの「洗礼」です。
ホラーの印象が強い作家で、絵が怖いとか言われていますが、
これは傑作です。
機会があったらぜひ読んでみてください。

>あっくんさん
確かに演劇部の人に出会うことは少ないですよね。
私は「何部だった?」と聞かれ「演劇部」と言うと、
たいてい「え??」って反応があるのが嫌だなあと思っています。
野球部やバレー部と同じ、普通の部なのに。

[6294]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/28 Tue 12:40:47
 今日は仙台で中日戦のナイターがあるので、観てきます。

◎KEIKOさんへ
 ばたばたと動いていれば、問題は問題じゃなくなっちゃう事もあるし、あ
る程度距離を置いて見た方がよい時もありますからね。
 「天国への100マイル」は、あれを読んでいる間PP&Mの曲が頭から
離れませんでした。テーマ的には親子物だけど、浅田次郎の親子物は泣かせ
どころが巧いというか、ずるいですよね。
 村上さんの短編集は何を読まれたんですか? 「アトランティス」は、ゆ
っくりと楽しんで下さい。

◎こうちゃんへ
 ああいうアメリカの少年が主人公の小説を読んでいると、感謝祭やクリス
マスって、こっちとは桁が違うくらい楽しみなイベントなんだな、と改めて
思います。あの、いとこの女性との生活は、何だか楽しそうですよね。もう
失われたものだと分かっていても、淡々とした描写が少し哀しいですが。

[6293]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/05/27 Mon 19:21:04
本間さん、こんばんは。
自分も「誕生日の子どもたち」読み終わりました。自分は「感謝祭の客」や
「無頭の鷹」がとても印象的でした。あと表題作以外は、以前読んだ事もあ
って・・・。あんまり印象度は高くはないけど、やっぱりこういうのがイノ
セント・ストーリーだよ!てな感じで見てました。ちょいと山本容子さんの
銅版画が無くなっていて、ちょいと寂しかったけど。

>FLEAKYさんへ
だいぶ↓になってしまいましたけど、この本も読んでみたくなりました。自
分の近くの本屋、あんまり白水社の品揃え悪いのでネットで注文しようか
な?

[6292] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/05/27 Mon 16:27:52
あっという間に書き込みが増えてますね(^-^)最近、だいぶ調子が上がってきまし
た。問題はまだまだ解決しそうにありませんが、バイトだったり、学校だったり、
自然と考えることが少なくなってきました。
浅田次郎の小説ですが、「天国まで100マイル」を読みました。読み出したらとまら
なくなってしまい大事な週末の土曜日、とても天気がよかったにも関わらず、ベッ
ドの中でイモムシみたいに読み終えました。涙があふれてきて、止まらなくなり、
ぼろぼろでした。でも、心の中はすっきりとしました。やっぱり泣くことは大事で
すね。小さなきっかけがあれば人は泣けるものです。それが本だったり映画だった
り、人それぞれですが・・・とにかく皆さん、アドバイスありがとうございまし
た。あと、その後に村上春樹さんの短編集を一気に読みました。(長編を読むには
時間がなくて・・・)不思議にこころが軽くなりました。こういう時は私の中ではや
っぱり村上春樹です。

とうとう「アトランティスのこころ」にとりかかれます。本当はもっと早くに手を
つけたくてうずうずしてたのですが、あの長編に挑戦する精神状態ではなかったも
のですから・・・でも、皆さんの評価は軒並み高いので期待しています。


[6291]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/27 Mon 11:54:18
 今日は更新します。

◎kaさんへ
 あれは私の感想じゃないんです。数年前に村上さんのサークルみたいなの
を作っていたんですが、そこに寄せられた感想です。私のもあるけど。
 「回転木馬…」は、歳を取ると更に「そういう事か」と分かる事も多いで
すよ。「プールサイド」とか「レーダーホーゼン」とか「今は亡き…」とか
結構深いです。言われる通り、そのままの自分でずっと行けば、分かる事も
多いので、自分のペースで過ごして下さいね。

◎MIUMIUさんへ
 いつもハンバーガー3個食べるって話、ここに書きましたっけ?(笑) 
先日受けた健康診断の結果見て、やばそうなら減らす事にします。でも本読
みながら食べやすい食事って、なかなかないんですよ。
 青森は実家なので、旅行というより帰省なんです。海外へのんびり行くな
ら、やっぱり学生のうちですよ。いつか行ってくださいね。

◎はるしげさんへ
 あんなのはアドバイスでもないですよ。麻雀は奥が深いので、自分なりの
スタイルを確立してくださいね。

◎やじろべえさんへ
 書き込み削除は、私が手動でやらないと出来ません。書き込みそのものに
は問題なさそうですし、大丈夫ではないでしょうか?

◎ゆめみさんへ
 読了しましたか。第2部が好きな理由は、先日も書きましたが、寮生活、
恋愛、ギャンブルという要素が全て自分と重なるからです。詳しくは感想を
見てみて下さいね。
 学生小説が好きだというのもあるんですが、学生アリスの場合は「双頭の
悪魔」があるからです。あれは日本の本格ではベスト5に入るかと。

◎FLEAKYさんへ
 一応マスコミに身を置く立場としては、「僕の知りたい事はほとんど報道
されなかった」という序文に、ちょっと耳が痛いです。個人的には「約束さ
れた場所で」の方が重かったですね。一線を踏み越えるのが簡単すぎて。
 「ハイ・フィデリティ」は、音楽部分も魅力なのですが、すっ飛ばしても
何ら問題ありません。私も一時期かなり推してました。
 ペーパーバックの定価は、あちらは割引きがありますからね。にしても、
日本の文庫は安いと思いますよ。ただ安ければいいという風潮の元、再販制
度が撤廃される日を思うと、本読みとしては心配です。

[6290]FLEAKY さん(kemu@ma9.sekyou.ne.jp) 2002/05/27 Mon 00:59:27
こんにちは。久々に『アンダーグラウンド』を読み返しました。
やっぱり重いです。これだけのことを経ても、日本の持つ問題点はあまり変わ
っていないのではないか、と考え込んでしまいます。今もニュースを見ると問
題山積みだし。
そのあとは『ハイ・フィデリティ』を。ぼくも「彼女のためにテープを編集し
た」タイプなので、この本には身近な部分が多いです。ところで、あまり音楽
に詳しくない人がこれを読むときは、やっぱり後ろの注に指を挟みながら読む
のかな?音楽好き以外は読まなかったりして。もっと普遍的な魅力のある小説
だと思うんですが。

> 本間さん
確かに、翻訳が出ないのが最大の問題ですね。絶版や品切れも困りますが。
原書で読んでいて強く感じるのは、アメリカの本は高いということです。
ペイパーバックが12〜17ドルするんですが、紙質なんかはたいしたことないで
す。それに比べると日本の文庫はカバーや帯がついているし、かなり凝ってい
るような気がします。単行本との価格差も大きいのに。すごい。

> はるしげさん
植物のベンジャミンを知りませんでした。けっこう世話が大変そうですね。
ぼくは世話を忘れそうなので、部屋に植物はありません。あったらいいなあ、
と時々思います。

> ゆめみさん
『目かくし』は単行本です。
ぼくにとって『回転木馬のデッド・ヒート』はなんだか腑に落ちない短編集で
す。『ノルウェイの森』もそうですが、ぼくは村上作品の場合、ヘンなものが
出てこない、いわゆる「リアリズム」小説のほうにねじれや歪みをより強く感
じます。

[6289] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/05/26 Sun 10:48:04
こんにちは。(というよりまだ「おはようございます」の時刻ですが。)
昨日ようやく、「アトランティスのこころ」を読み終えました。最後は一気に行け
ましたね。本間さん、一押しは第2部ですか。私は・・・難しいですが、印象が強
いのは第1部と第5部ですね。ただ映画を先に見てしまったからではないか?とい
う気もしますが。第2部は、あの感覚は好きです。ストークをめぐるエピソードと
か。第3部は、間接法描写であそこまで話を進められるのはさすがだなあと、ひた
すら感心して読んでました。第4部は、サリーの思考の描写にはっとさせられまし
た。全体として、やはりキングという感じです。ホラーが苦手でキングを敬遠され
ている方にも、印象が変わると思うので是非読んでほしいです。
昨日「アトランティスのこころ」を読み終わった後、ようやく「天国への階段」に
手をつけ始めました。といっても、まだ第1章しか読み終わっていないのですが。
今のところは、何だか淡々と進んでいるなあという印象が強いです。同じ幻冬社の
書き下ろし特別作品というと、「永遠の仔」の印象が強かったせいでしょうか。
これからいろいろ起きるのでしょうけれど・・・淡々と描いていけるのも、作家の
個性ですし。今日はこの後本屋さんに行くので、「蝿の王」を探してみようかなと
思っています。

>Yukiさん
大変でしたね。私も組織の長とぶつかったことは何度かありますので、やりきれな
いお気持ちはよく分かります。長だからといって、何もかも正しいとは限りません
よね。太宰は、一時期一気に読みました。ユーモアあふれるものも、人間の深いと
ころを探ろうとするものも、どちらも好きです。「人間失格」とか、「斜陽」だけ
では語れないものがありますね。

>kaさん
「回転木馬のデッドヒート」は、村上さんの短編集のなかでも気に入っているもの
のひとつです。人生の断片の切り取り方が実に絶妙というか、上手いですよね。ふ
とした瞬間に思い出すことが多い1冊です。読んでも抜けてしまう本もあるのです
が、そんなに頻繁には読み返さないのに、ずっと切り取られたワンシーンが心に残
っているタイプの本だと思います。

>本間さん
「アトランティスのこころ」は、多分本間さんは第2部がお好きだという気がしま
した。ああいう学生時代の感覚がプレイバックするものが、割とお好みですよね?
以前学生アリスの方が作家アリスより好きだとおっしゃっていたような覚えがあり
ますので。


[6288] やじろべえ さん(fragrance501@yahoo.co.jp) 2002/05/26 Sun 05:39:22
>本間さんへ
都合により、メールアドレスを削除しました。それで、書き込みを削除しようと思
ったのですが、できませんでした。私の部分の書き込みの削除をできたら削除して
もらえませんか。お願いします。

[6287] はるしげ さん(harusige@zk9.so-net.ne.jp) 2002/05/26 Sun 02:46:01
本間さんのアドバイスのおかげで無事辛勝しました。どうもです。

>ka さん、MIUMIU さん
自分も、始め春樹と龍を間違えたくちです。限りなく透明に近い〜はよいデスね。
でも、なんであの題名??村上龍がそこに結論をもってきたかった、というのはわ
かるんだけど、なんか?なかんじです。小説全体をあらわしてないような気
が・・・。解釈もとむ。そういえば、最近よんだ「ライン」はよかったデス。

>あっくんさん
目に入る全てが、貸方/借方 で構成されてる・・・。ありますよね〜そういうこ
と。自分の場合、証券アナリストだったのですが、損益計算書がアタマからはなれ
なくて、パチンコやったあと途中で買った缶コーヒー代をのぞいて、当日純利益率
を計算している自分がいます。・・・あまり関係ないかもしれませんが。

>moegiさん
西原理恵子はいいですね。自分、ほんよりもマンガのほうが読む量が多いのです。
ほうろうきの頃はよく読みました。鳥頭紀行はよんでないんですが。晴れた日〜は
西原らしくなくて別の一面をみたきがしました。

>あんこさん
ぼく地球〜はよかったですね。「BANANA FISH」もよいです。最後の手紙で泣きま
くりました。手塚治の「アドルフに告ぐ」もよいですよ〜。上にも書きましたが、
よいマンガ常に探してるので、教えてくださいね。

[6286] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/05/26 Sun 00:28:19
こんばんわ〜MIUMIUです☆☆ちょっと酔っ払ってます。
相変わらず、ここはすごい量の書きこみ!もう、レスしまくっちゃいます♪
ちなみに、チャット、いつか誰かしましょう。(笑)
あっくんさん
そうです、あたしはまだピチピチ(死語)の大学生です♪『罪と罰』、重いです。
主人公の精神状態が、重い(−−;でも春樹さんもドフトエフスキーに影響されて
る感じがしますね、世界の傑作ってのを一度読んでみるのもなかなかですよ。「あ
ぁ無情」なんてよかったです。きっかけ、作ってみてくださいな。
あ、ちなみに孤独、三日に一度は堪能するようにしていました(笑)充電ですね、
自分自身の。
本間さん
ここの掲示板の返信にはいつも尊敬してます。(笑)でもハンバーガー三個は駄目
ですよっ! あたしも大学生のうちに、一人で旅、してみたいですねぇ、青森、い
いじゃないですか!勿論、ハワイも☆イタリアは、「遠い太鼓」見て嫌になりまし
たね。(苦笑)
nkmtさん
「姫君」、読んでるんですね、なんか嬉しいですv拒絶反応をいくらか起こしなが
らって感じはよくわかりますよ〜なんてゆうか、現実味がないってゆうか(汗)
でも切ないんですよ〜感想、楽しみにしてますね!
yukiさん
いやいや、しょーもないヤツ(自分)がたいしたコメント出来なくて歯がゆかった
ですよ。うまく行かないときなんて、人生の中でもちょっとだけですよ、多分。
今はちょうどその時なんですね。頑張ってください。
『畜犬談』を知っていらっしゃるなんて、感動です!太宰の、「〜しちゃった。」
っていう語尾がなんともかわいいですよね!罪と罰、今の所ラスコーリニコフ
(?)が婆さん殺しました。めちゃめちゃ面白い。
kaさん
「自分に引き戻してくれる」感じ、よくわかります。だから春樹が好きなひととい
ると、本当の自分を知ってくれているような安心感があるんです。
 ぶっちゃけ、あたしも始めはあまりRとHの違いを気にしてなかった(汗)
でも、ジャズ好きだし、学生紛争の経験とかは、RもHに共通してますよね。
Rのデビュー作、「限りなく透明に近いブルー」はどうでしょう。龍の魅力満載で
すよ。快楽、麻薬、暴力のオンパレード!最後がいいです。
『恋とは未知なもの』(だったかな)、すごく良かった。ジャズの小説で、口当た
りが良い小説でした。刺激的ではないですが。



[6285] ka さん(nyocolate@h3.dion.ne.jo) 2002/05/25 Sat 14:23:55
こんにちわ!!
1973年のピンボールと回転木馬のデッドヒートを読みました。
「1973〜」を読んでいたときは、私の脳みそ腐ったんじゃないか…って思うぐらい
読むことに集中できなくて、あまり理解する事ができなかったんですが、本間さん
の感想をよんで、あぁ〜そうか…そうゆう事かって思いました。脳みそが治ったら
もう一度読もうと思ってます。「回転木馬〜」は出掛ける時に、鞄の中に入れて持
ち歩いて、暇な時に何度でも読める感じがしました。私はプールサイドの話が好き
です。人生について考えてしまいました。
最近思うんですが、私にとって春樹さんの作品は、私に「それでいいんだよ。自分
のままでいいんだよ」って言ってくれているような感じがします。背伸びしたり、
自分をつくろったり、仮面かぶったり、周りに合わせたり、で疲れる事たくさんあ
るんですけど、そんな時に私を冷静にさせてくれる。自分のペースに戻してくれる
感じがするんです。春樹さんが居てくれてよかったな〜。

☆MIUMIUさん、初めまして!!
 電車通学お疲れ様です。混んでるとイライラしますよね…。これからの季節、た
くさんの類の匂いが楽しめる事でしょう…。「どっか行ってくれぇ〜!!!」って思わ
ず言ってしまいそうになります。(言いませんケド…ね)
実は私、村上春樹さんと村上龍さんの見分けが分かってなかったんです。今考える
と、とんだアホなんですけど、「風の歌を聴け」は村上龍さんの本を買いに行って
買ってきた本でした。(笑)で、すっご〜い!!面白い作品かく方だな〜って思っ
て、次の日に「村上龍映画小説集」を買って読んだんです。なんか全然前のと感じ
が違う…って思って、隣りあわせてみたら「春樹」と「龍」って事を発見しまし
た。そうです、私はアホです。(笑)それから春樹さんにのめり込んだっていう感
じです。次は、龍さんを読もうかな。




[6284]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/25 Sat 11:58:53
 追加。

◎東京オフ
 来週なのですが、今回参加希望少ないので、東京近辺のみなさま、ぜひど
うぞ。単に飲むだけですけど、いろいろ話しましょう。

[6283]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/25 Sat 11:57:18
 今日も仕事。こんなダービー前日に仕事している場合じゃないのに。

◎KEIKOさんへ
 世の中はいろいろな人がいますからね。だからこそ面白いのですけど、い
い人だって多いですよ。なんだかんだ言って、私も結果的には裏切る形にな
る事もあります。恋愛問題では特にそうです。なかなか難しい。
 浅田次郎は泣かせの浅田次郎、という異名があるくらいです。親子物はず
るいよなあ。「模倣犯」は当分文庫になりません。去年出たばかりですし。
もう一冊、人生は捨てたもんじゃないという意味で「空飛ぶ馬」北村薫を推
しておきましょう。多分、泣くよりこちらの方が合ってます。

◎ゆめみさんへ
 「アトランティス」、もうすぐ読み終えるのですね。第2部は何となくで
すか。うーん、私が感情移入しすぎなのかもしれません。寮、学生時代の恋
愛、ギャンブルと3つも要素が重なってしまったので、ついつい。逆に言う
と、これらに惹かれる方は、ぜひご一読を。
 残りわずかですから、ラストお楽しみ下さい。

◎hinataさんへ
 「チグリスと…」は、ぜひどうぞ。何だか懐かしい感じがします。
 「ひとめあなたに…」ありましたね。私は「絶句」と「グリーンレクイエ
ム」が大好きで、何度か再読してました。あの発想は凄いですよね。去年辺
りに出た書評エッセイも面白いです。

◎moegiさんへ
 うーん、なるほど。言われてみると、確かにそういう感じがします。テー
マでも分けられますね。親子、動物、恋愛、運命。大体この4つに集約され
るような。村上さんの小説では泣いた事はありませんが、胸が痛くなる事は
多いです。村上さん風に言えば、「心のずっと奥の、一番柔らかい部分をぎ
ゅっとつかまれた感じ」がします。
 西原の私のベストは「まあじゃんほうろうき」ですが、「晴れた日…」も
いいですよね。今の西原はかなり強いですよ。亜空間や小島先生とやってれ
ば、そりゃパワーアップします。イガリンは、今彼女に借金があって、返済
企画を近代麻雀で連載中。私、プロ試験の時にちょっと話しました(笑)。

◎nkmtさんへ
 なるほど。私はサッカーに興味ないので読むことはないでしょうが、経済
からサッカーから、村上龍もいろいろ書いているんですね。
 坂本龍一といえば、ミステリー作家の浦賀和宏がマニアです。デビュー作
の「記憶の果て」からして、YMOががんがん出てきますので、興味あった
ら読んでみて下さい。

◎Yukiさんへ
 さっきのKEIKOさんへの返事とだぶりますが、いろいろな人がいますから、
時には離れた方がいい事もあります。ストレスの元は出来るだけ少ない方が
いいですし。
 エネルギーはいりますが、自分で新たに始めてみてはいかがですか?

◎あっくんへ
 ちょうど奥泉光の哲学モチーフの小説を読み終わったところだったので、
何となく感じは分かります。
 でも普通の小説っぽいんですか。煮詰まるといえば、西原のだんなさんを
思い出しますが、きっと全然違うんでしょうね。うーん、よく知らないので
コメントが的はずれで申し訳ありません。

◎やじろべえさんへ
 はい、初めまして。
 代表作品だけという事は、未読がいろいろあって、これから読み甲斐があ
りますね。長編の他にも様々な作品があるので、ゆっくり読まれて下さい。
本は逃げませんが、若いうちに読んでおくと、後々助けられる事もあります
よ。ある経験をした時、あの小説に書かれていた事はこういう事だったのか
と気付くのも、なかなか面白い体験ですし。

[6282] やじろべえ さん(fragrance501@yahoo.co.jp) 2002/05/25 Sat 06:33:35
皆さんはじめまして。大学生活中のやじろべえです。私も村上作品が好きでよく読
みます。まだ代表作品しか読んだことがないんだけど…。先日、本屋に行ったとき
に「誕生日のこどもたち」と「模倣犯」とばななさんの新作「虹」があってどれに
しようか迷いましたが「虹」にしました。模倣犯はぶ厚いのでもう少し先に(^_^;)
疲れてしまって何かによりかかりたいとき村上さんの本が心地いいです。なんだか
ムリしすぎちゃうと反動がくるので、ほどほどに時々自然を見に行ったりします。
春樹さんのギリシャや他はスイスに行ってみたいですね。坂本さんの話題が少し出
ていたのですが、坂本龍一さんは「ゾウ」に興味をもっているらしいですよ。(理
由は忘れてしまいましたが…)News23の特集でキャスターの筑紫さんが話していま
した。今度特集でくむかもしれないそうです。余談になってしまいすいません。で
はまたカキコします(^^)

[6281] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/05/25 Sat 03:27:52
こんばんは。
何か今ここの掲示板、ホットで、つい私も毎晩のように書き込みしてしまっ
てます。

Yukiさん、そんな事情だったんですか・・・。組織の長と衝突なんて、め
ちゃめちゃ大変じゃないですか。ゆっくり、御自分の気持ちを癒してくださ
い。

KEIKOさん、moegiさん、「王子さま」いいですよね!私はこれが喉にきま
す。あの「羊が花をくうってことは、そのひとにとって、星という星がなく
なることなんだけど、それも君はたいしたことじゃないっていうん
だ・・・」っていって、わあっとないちゃうところ。
私、そういう子供のむきになりかたが喉にくるなあ。「ロッタちゃんのひっ
こし」でロッタが「ママのばかあ!!」って地団駄ふんでシャウトするとこ
ろとか。

あんこさん、私自分の母校以外の演劇部の人って初めてです。なんか嬉しい
ですね。これからもよろしくお願いします。

本間さん、「嘔吐」は普通に小説でしたよ。ほかのサルトルは知りません
が。ニーチェも。根つめて簿記の勉強してた時、歩いていても目に入る全て
が「貸方/借方」の値段で構成されているいる感じがしてしまい、「ああ、
もうやだ、吐きそう」で、「嘔吐」。で、簿記はザセツしてこっちは読了。

孤独な都市生活者、ロカンタン君の不毛な独り言がエンエン続くんです。カ
フェで思ったこととか、海見て思ったこととか。彼もここに書き込みにくれ
ば、あんなに煮詰まらなかったのに。(あ、でも、煮詰まってくれないと、
読んだ私が癒されなかったか。)

[6280] Yuki さん(bqb03265@nifty.ne.jp) 2002/05/25 Sat 01:09:20
こんにちは。書き込みが多いので、ちょっと見ない間に、浦島太郎状態です……。
トラブルは、ようやく解決のきざし(私をコテンパンにのした後、終息)が見えて
きたかに思えたのですが……。
本間さん、そう、人間関係の方が、恋愛よりこじれるとややこしいですよね。ハ
イ、さよなら、というわけにはいかない場合、とくに……。
あっくんさん、名前を平仮名にしただけで謝らないで下さいな。応援メッセージ、
とても身に染みて、嬉しかったです。そう、ふつうなら勝ち負けにはこだわらない
んですが……私が衝突した相手は、組織の長だったんです。とほほ……。何しろ力
のある人ですから、完璧にやっつけられました。ちょうど組織をリニューアルする
時期だったのですが、新しいコミュニティを立ち上げるメンバーから完全に外され
てしまったんです。これは「ものすごく」辛かったです。無念です。これから涙を
流したいときは、そのウェブを見に行けばいい……ぜったいボロボロ涙が出ますか
ら。(笑)
主宰していた勉強会の掲示板も一方的に閉鎖されてしまって……こちらはメーリン
グリストで続けることになったからいいのですが……でもやっぱりというか、組織
の方につく人も出てきて……う〜ん、まあ、ある程度予想はしていましたが。で
も、「自分がどんな気の持ち方をするかが、次の一歩に大きく影響する」って、紙
に書いて張っておきたいほど、深くて、いい言葉ですね。ありがとうございまし
た。
はるしげさん、「蝿の王」、ファンタジーを想像していたのですね。私は「蝿」と
いう字がとってもイヤで……でもファンタジーを想像すると、なんだか可愛いです
ね。オースターの「ムーンパレス」はいいですよね。「リヴァイアサン」と「偶然
の音楽」も。内容はごっちゃになっていますが……(^^;
MIUMIUさん、励ましのメッセージ、ありがとうございます。思わず、涙ぐんでしま
いました。MIUMIUさんも太宰がお好きなんですね! 私も太宰のユーモラスな短編
も好きです、「畜犬談」とか。「罪と罰」もすごく面白いと思いました。こういう
重厚な本も好きですね。ミステリの原型だと言われる人もいますが。
ゆめみさん、太宰を全部読破したなんてすごいです。さすがですね。



[6279] nkmt さん(lunefroid@yahoo.ne.jp) 2002/05/24 Fri 23:42:27
MIUMIUさん>
今、山田詠美の「姫君」読んでます。
といっても龍さんのエッセイ(下のカキコ参照)と同じ時に買ったので結構前の話
ですけど。
何か言いそびれてしまって・・。
実はメール送ろうともしたんですけど。

とりあえず、何箇所か拒絶反応を示しつつも読んでます。
読了したらまた報告します。

>本間さん
村上龍は中田英寿とプライベートなレベルで交流してて、「悪魔のパス、天使のゴ
ール」の執筆にも協力してます。
さらに村上龍は坂本龍一とも仲がいいんです。
そして私はちらっと言いましたが坂本ファン・・。ほら繋がった。 

[6278] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2002/05/24 Fri 23:32:13
 感動してはらはらと泣ける本はたくさんあります。私の場合三つのタイプが
あります。眼にくる・胸にくる・喉にくる、です。あんこさんの、あまり深く
ない話のほうが泣ける気がしませんか?と言う問いかけに同感です。眼にくる
タイプです。読んだ文章そのまま脳を刺激し頭で理解し素直に泣ける本、胸に
くるタイプはハートを刺激します。胸にキュンときたりジーンときたりします
恋をしている時自分の体験とオーバーラップした時などです。一番辛く苦しい
のは喉にくるタイプです。慟哭と言うのでしょうか喉を締め付ける感じと言え
ばわかってもらえるでしょうか。「アンダーグラウンド」を読んだ時はまさに
この感じでした。「ダンス ダンス ダンス」は胸にきました。感動の涙は血液
をきれいにすることが科学的に立証されているらしいですね。
 西原理恵子は私も大好きです。「ちくろ幼稚園」「ゆんぼくん」「まーじゃ
んほうろうき」「おもしろくても理科」とにかくマンガ本から対談集まで何で
も読みまくりです。私の一押しは「晴れた日には学校を休んで」です。
 ちなみに彼女相手にマージャンしてみたいなあ・・・勝てるかも(うふ)な
んてこと夢見ています。
 本間さんは、マージャン強そうですねえ。

[6277] hinata さん(hinata_a2z_jp@yahoo.com) 2002/05/24 Fri 18:29:54
おりえさん・管理人さん>新井素子懐かしいです。高校生のころ、新井素子の
「ひとめあなたに・・・」を何度も読み返していました。あのころは吉本ばな
なもデビューしてなかったのだなぁ(年がばれるなー)「チグリスとユーフラ
テス」読んでみたいです。


[6276] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/05/24 Fri 18:03:58
こんにちは。ちょっと見ていない間に、またまた書き込みが増えていますね。話の
展開が早いので、浦島太郎のような気分になってしまいました。
さて、「アトランティスのこころ」は下巻の400ページまで行きました。やっと
第3部ですね。本間さんが第2部を気に入っていらっしゃる理由が、何となく分か
ったような気がします。あの感覚の描写の仕方は、キングならではという感じです
ね。第3部に入ったので一気に読み終えたいところですが・・・。

>FLEAKYさん
情報をありがとうございます。白水社というと、Uブックスのシリーズですか。そ
れとも単行本でしょうか。今度探してみます。

>あんこさん
そうなんです、東野さんの「白夜行」、文庫になりました。もうそんなに経ってし
まったのか・・・と、感慨深いものがあります。私も文庫、買いました。割と分厚
いですね。ハードカバーのときにも、そこそこどっしりとした感じでしたが。

>おりえさん
「天国への階段」は、上下巻買うと4000円ですから、借りたくなるお気持ちは
分かります。本当は借りられる本は借りたほうがいいのでしょうが、私はいつでも
自分の気が向いたときに読みたいほうなので、買ってしまうことが多いですね。も
うそろそろ「アトランティスのこころ」の終わりが見えてきたので、次は読もうと
思っています。

>KEIKOさん
毎日いろいろなことがありますよね。
本は読みたいときに読んでいただくのが一番ですよ。
元気を出してくださいね。悲しい思いにも感謝ができるくらいの素敵な方になって
ください。
ちなみに、「模倣犯」はしばらくは文庫にはならないのではないかと思います。単
行本ですが、それだけの価値はある本だと思いますので、よろしければ読んでみて
ください。

[6275] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/05/24 Fri 17:11:44
皆さん、どうもありがとうございます。ぜひ、参考にさせていただきます。という
よりも、皆さんの励ましの言葉を読んで、泣きそうでした。「がんばれ!」という
言葉は本当にうれしいです。相変わらず、問題は解決していないのですが、もう、
どうなることもできないような気がします。ただ、信じられる人が減ったというだ
けのことです。でも、だからといってまったく信じないというわけではありませ
ん。「人を信じる」という希望を失いたくはありませんから。裏切りってこんなに
つらいものだったんですね。でもがんばります。

>本間さん
ありがとうございます。浅田次郎ははるしげさんなどもお勧めみたいなので、ぜひ
読みたいと思います。やはり「鉄道員」か「天国まで100マイル」のどちらかからは
いってみたいと思います。あと、宮部みゆきの「模倣犯」は文庫になるのを待って
ます。いや、もうなってるのかな!?その時は来月には読みにかかりたいところで
す。

>はるしげさん
はるしげさんの「時間だけがすべてを洗い流してくれる。」という言葉はすごく心
にきました。そうですよね、消えはしないけどだんだん傷の痛みは和らいでくるも
のです。浅田次郎、読んでみますね(^-^)

>あっくんさん
「星の王子様」私も大好きです!!なんか、心の中をちくっと刺激されて、読み終
わった後でも不思議といい気分になれます。

>あんこさん
「天使なんかじゃない」は私の永遠の青春のバイブルです。私はマミリンがすごく
好きでした。初めて読んだときは、思いっきり泣いたような気がします。(といっ
ても中学生のころでしたけど・・・)また、本棚の奥から引っ張り出して再読して
みようかな!?


[6274] あんこ さん(amrin@syd.odn.ne.jp) 2002/05/24 Fri 14:18:29
こんにちは。

>KEIKOさん
確かに泣くとすっきりしますよね。
私も、なんとなく理由も無いのに辛い時は泣いてみたりします。
思いっきり泣くことって大事なんだなあって思います。
泣ける本、漫画じゃダメですか?
私あまり本や映画で泣けないのですが、
『僕の地球を守って』『天使なんかじゃない』この2作は読むたび泣けます。
あまり深くない話のほうが泣けそうなきがしませんか?

>あっくんさん
全然関係ないですが、私も高校時代は演劇部でした。
部活部活の毎日でしたよ。
大変だったけど充実してたなあ。
結局、全国大会には届かずじまいで終わってしましたが。

[6273]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/24 Fri 11:10:50
 村上さんの翻訳新刊、読み終わりました。既刊の絵本3冊分が収録されて
いるので、文章だけ読みたい方はお得です。

◎KEIKOさんへ
 うーん、悩みがあると辛いですね。大きい悩みはもちろん、小さいのが積
み重なってもストレス溜まりますし。関係ないけど、すごく好きだった昔の
彼女と名前が一緒なので、何とか幸せに過ごして下さい。
 泣けるものかあ。私もわりと本を読んで泣けてしまう方ですが、最近だと
宮部みゆきの「模倣犯」かな。あれは前半感情移入してしまって大変でした
ね。あとは、はるしげさんも言ってますが、浅田次郎は泣けます。「鉄道
員」の中の「角筈にて」が好きです。

◎コジーさんへ
 私はスポーツって、野球と競馬しか見ないので、こういう視点があるんだ
となかなか興味深かったですが、やはり旅行記としてのパートの方が面白か
ったですね。犬伏選手は気になりますよね。きっと村上ファンはみんな気に
している事でしょう。

◎おりえさんへ
 新井素子を語らせると、長いですよ。星新一の推薦でデビューしたので、
そちらから入ったのですが、中学生の時以来延々読んでます。最近では恩田
陸もそうですが、本好きの女の子が大人になって恩返し、という感じがし
て、嬉しくなりますよね。ただ正直、ここ10年はあまり作品も発表してい
ないし、転換期なのかもしれません。一時期の長編群、「グリーンレクイエ
ム」から「絶句」までは、今でも愛してます。彼女の読書量も半端じゃない
ですしね。新井家の蔵書量は数万冊だそうです。
 後は駆け足で(笑)。最近の西原理恵子は痛々しいです。高知は彼女とい
い板東眞砂子といい、凄い女性が出てきますね。
 読みたい本の問題は難しいですね。作家の収入問題も絡みますし。でも、
読みたいときに読みたい本を読むのが、一番いい事だと思いますよ。

◎nkmtさんへ
 名前の意味、伝わりましたよ。ずっと不思議に思っていたんです。
 村上龍もサッカー好きなんですか。馳星周がマニアだというのは知ってい
ましたが。私は流行りに乗るというのが、どうも性格に合わないので、別に
W杯も見ませんが、ファンにはたまらないイベントだというのは分かりま
す。期間中、楽しんで下さいね。

◎はるしげさんへ
 3年も経つといろいろな性格が出てきますからね。うちの後輩も、様々な
タイプがいて面白いです。
 タワーシリーズに関しては、説明が足りなかったかな。「タワー」の二部
までには登場してません、という事です。その後登場するだろうから、楽し
みだという話でした。麻雀、頑張って下さいね。普通の相手なら、右端を見
ていれば、テンパイかどうかは分かりますよ。

◎あっくんへ
 新田次郎は「八甲田山」を書いた人です。読む本の繋がりというのは、読
む人以外分からない事が多いですね。
 「嘔吐」ってサルトルのですか? それも凄いですね。読んでみようと思
ったことさえありません。ニーチェで挫折しました。

[6272] コジー さん(yujikoji@hotmail.com) 2002/05/24 Fri 11:09:15
>nkmtさん
ご指摘ありがとうございます!
ずっとイヌブセで読んでいました(恥)

[6271] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/05/24 Fri 05:47:50
お早うございます。寝つけなくて起き出してしまいました。

はるしげさん、お疲れ様です。肝臓、お大事に。
(ねぼけてるせいか、文が変ですね。)

本間さん、新田次郎って、時代小説でしたっけ?第三者には解らない脈絡で
すね、確かに(笑)。ちなみに私の前の読了本は「嘔吐」でした。かっこよ
かったですよ、暗いんだけど乾いた感じで。

KEIKOさん、サンテグジュペリで思い出したんですが、泣ける小説、「星の王
子さま」いかがでしょう(かなりベタな提案ですが)。なにしろ大人になっ
てしまう前の無垢な心がテーマなので。きっと何か再発見できるのでは。

この本には個人的に思い出があって。中高と演劇部だったのですが、自分達
がとりしきった年の文化祭で上演したのが、これだったんですね。部活、部
活の毎日という青春だった(笑)。でも今思うと若かったというより幼かっ
たんだなあ。大真面目に悩んでいたことも、いじらしくてかわいく思えてし
まう。

[6270] はるしげ さん(harusige@zk9.so-net.ne.jp) 2002/05/24 Fri 01:04:38
本日もまた、飲んできてしまいました。まだ就職して三年目なのに、まわりからは
オヤジ呼ばわりされてる今日この頃。最近それも慣れてしまいましたが。

>KEIKO さん
浅田次郎の「天国までの100マイル」自分はこれで延々泣きました。単純です
が、浅田次郎の小説を読みながら自分、よく泣いてます。自分も同じ気持ちにはよ
くなるので(原因は違うと思うのでえらそうなコトは言えませんが)、泣ければ楽
になれるのに・・・という気持ちはよくわかります。
本当に哀しいと、泣くこともできないんですよね。月並みな言葉ですけど、「時間
だけが全てを洗い流してくれる」のではないでしょうか。言葉や涙が生まれるの
は、後になってから。頑張りましょうね、お互いに。

>本間さん
タワーシリーズとのリンクの件ですが、一部でテッドの話の中に簡単にでてきたと
ころがありました。ただ、タワーシリーズを読んでいたら、背景的にふくらむのか
な、と思いまして。というかもっと読む時間をとらねば、です。といいつつ明日は
麻雀をうつのです。自分は本間さんと違って下手の横好きですが。

[6269] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/05/23 Thu 23:27:01
こんばんわ。
チャで本間さんと話したときはカキコしなかったので、久しぶり、てことになりま
すか。名前の意味は無事に伝わったのでしょうか・・。

今は未読本が大量にあって大変です。というのも村上龍のサッカーエッセイ
「フィジカル・インテンシティ」を四冊まとめて買ってしまったからです。
私は今までサッカーには疎いほうだったのですが、龍さんの攻撃的かつ適切な
サッカー論を読むと「サッカーを知らないって損だな。」って思うほどに。
ワールドカップの影響で龍さんの最近の仕事はサッカー一辺倒になってますね。
それはそれで歓迎すべきことなのですが。
(ちなみに、ワールドカップの経済効果は三兆三千億円らしいです。)

>コジーさん 犬伏=いぬぶしです。 



[6268] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/05/23 Thu 23:13:12
 皆さん、こんばんは!相変わらず、すごいカキコですね。
 先日新井素子さんの「チグリスとユーフラテス」を手に入れました。1度図書館で
借りて読んだ事はあるのですが、すごい感動して絶対手元に置きたいと思っていた
ので、念願の文庫本になり早速ゲット!しました。
 いやー、この本は素晴らしい!新井素子さんのクリエィティブとしての能力に、改
めて唸らされました。彼女の作品は割りと当たり外れがでかいのですが「チグリス
ー」は大当たりでした。
 この作品に表現されている「生きる」ことに対する考え方が、私の考えとぴった
りだったんですね。「生きている」ただそれだけで素晴らしいのだと改めて思わさ
れました。もう、涙、涙です。おすすめの一品です。

 本間さん、80箱はスゴイですね。「この分だと引越しする時本は10箱くらいにな
るなあー」と困惑していた私はまだ未熟者でした。
 必要な本とそうでない本に分けるのが難しいですね。うんうん唸ってしまいま
す。
 室井佑月さんと西原理英子さんが似ているというのは「なるほど」なと思いまし
た。西原さんはスゴイ作品書いてらっしゃるけど、時折りチラッと見せる「情」と
いうのかな、あれにはやられてしまいますね。
 ゆめみさん、「天国への階段」はまだ読んでいません。図書館で借りる事になる
と思うのですぐにはムズカシイですね。
 最近、図書館で借りる事を迷っています。どうしても「借りれる本」を読む事に
なるので。限られた人生(時間)の中で読みたい本を買って読む方がいいのかなと。
まあ、金銭面とか起き場所の問題もあるので、ムズカシイなあ・・・。

 では、お休みなさい。

[6267] コジー さん(yujikoji@hotmail.com) 2002/05/23 Thu 22:05:29
どーも!
シドニー読み終わりました!
読んで思ったこと、
スポットライトの当たらない場所にもドラマがある!
ですね!
高橋尚子の金は嬉しかったけど、
その裏で苦悩している人がいたんだ・・・

犬伏(いぬふせ?って読むのかな?)選手が気になる今日この頃。

>KEIKOさん
悩みがあると集中できませんよね。
わかります、その気持ち!
でも僕は逆にその悩みから逃避するために本にすがる場合あります!
でも集中できなきゃ本読めないじゃん!(食い違ってますね(笑))
悩み解決するといいですね!!(o^-^o) 

[6266] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/05/23 Thu 15:43:48
こんにちわ。最近、ちょっと事件が起きてしまい、悩みすぎて本に集中できなくな
っています。本を読んでいても、頭の中はそのことでいっぱい・・・っていうかん
じです。今、かなり苦しいので早く解決すればいいのですが、なかなかうまくはい
かないものです。こんな感じなので、今は読む本も慎重に選ばないと、ドツボには
まりそうで・・・

ところで、昨晩最近泣いてないなあ・・・と、ふと思ってしまいました。私は映画
や本を読んでけっこう泣いてしまうほうですが、最近は本を読んでも何しても、す
ごく悲しいことなのに泣けません。今、私が抱えている問題だって、誰かに相談し
たり、泣けたらずいぶん楽になれるのに・・・。子供のように泣き喚くとはいかな
いまでも涙を流すのはすっきりしますよね!大人になるということは泣けなくなる
ということなのかな・・・・
泣ける小説求む!!

[6265]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/23 Thu 09:09:33
 服部真澄の「バカラ」、お説ごもっとも。国内にカジノ作るのであれば、
できるだけテラ銭は下げてほしいとこだけど。

◎kaさんへ
 私の基準ですが、眠くなると読んでいても字を追うだけで、さっぱり頭に
入らないので、2回読んでだめだったらその時点で寝ます。だから読む時は
歯も磨いて、すぐ寝られる体制で読み出しますね。
 村上さんの次に読む本ってプレッシャーですね。トップページに「私的ブ
ックガイド」としてまとめてますので、良かったら見てみて下さい。

◎MIUMIUさんへ
 「遠い太鼓」は、大学1年の時、函館から青森までの海峡線の中で読んで
いたので、つい函館の事をセットで思い出します。旅行しながら旅行記読む
のも、なかなかいいですよ。
 それにしても、私もハワイでもいいから行きたいです。

◎はるしげさんへ
 翻訳の際にタイトル変わったと書かれていたので、ちょっと気になって。
 「アトランティス」と「タワーシリーズ」は、少なくとも2部まではリン
クしていませんでした。解説読む限り、この後リンクしていくのでしょう。
その日が楽しみですね。
 本棚はあった方が、確かに何かと便利ですね。

◎あっくんへ
 私の会社の人も、同じような方法で本を選んでいるらしく、新田次郎を読
んだ次に、サン=テグジュペリを読んでいました。次は何を読むのか、ちょ
っと楽しみです。

[6264] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/05/23 Thu 01:51:25
こんばんは。

Yukiさん、先日書き込みでなんとお名前間違えてしまっていたんです!(か
なでかいてしまった。)大変失礼いたしました。マジメなこと言おうとして
あせってたのでしょう。平謝りです。

浦島太郎なMIUMIUさん、おひさしぶりです。いや、最近お見かけしないなと
思ってたんですよ。「遠い太鼓」、私はギリシャ行きたくなりました。春樹
さんの文章って、春樹さん自身に触れたような感じがホントしますよね。
「罪と罰」ですか。そのへんって、きっかけがなくて読んでないんです。で
も、なんかゴリゴリした読書ってかんじでいいですね、そういう古い重厚長
大な本も。
MIUMIUさんって、まだ大学生なんでしたよね?いや、おおいに孤独を愛する
日々を堪能なさったらいいと思います(笑)。

私の場合、読書の選択の方法論は「御縁」(笑)。その時抱えているトラブ
ルや課題、自分の精神状態が渾然一体となって「私」しているわけで(ヘンか
な、この言い方)そんな私のアンテナにひっかかってきたものを迷わず読
む。既読本・未読本にかかわらず。
で、今日遠藤周作の「スキャンダル」読みはじめました。なんかドロドロし
てそうですが、これくらいの毒っ気が今の気分かも。



[6263] はるしげ さん(harusige@zk9.so-net.ne.jp) 2002/05/22 Wed 22:36:09
最近、ぼんやりといきてますです。

>Fleankyさん
「最後のものたち〜」は読んだような気がしますが、めっきり内容をわすれてしま
いました。捜して読んでみます。「偶然の〜」は読みました。よかったです。
オースターにはまっていた当時、スモークのポール・ベンジャミンと、リヴァイア
サンのベンジャミン・サックスから影響をうけて、ベンジャミン(植物の)を購入
しました。

>あんこさん
ひつじたちの頃と比べるとレクターさんもおとなしくなりましたね。メイスンもや
な奴ですが、自分はレクターのほうがちかよりたくないです。レクターのモデルに
ついては、ホームページにいっぱい載ってます、恐いデスが。

>本間さん
映画化されてタイトルが変わった例でしたね。ショーシャンクだけは、刑務所のリ
タヘイワースで発行された本をもっていました。
スタンド・バイ・ミーは確か、翻訳される前に映画がでていたはず。真心をキミに
は、アルジャーノンの昔の映画のタイトルだ、と聞きました。
アトランティス、上巻の終わりあたりまできたのですが、タワーシリーズが読みた
くなりました。ガンスリンガーは高校の頃読んだハズなのに、記憶が・・・。
やはり、大きな本だなが必要ですね。手放した本がいつよみたくなるかわかりませ
んから。

[6262] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/05/22 Wed 22:19:45
こんにちわー(*^−^*)MIUMIUです。あっという間に書きこみが増えてい
て、浦島太郎なMIUMIUですが、皆様元気ですか?
「遠い太鼓」を読みこみました。なんだか、春樹さん自身に触れた気がしました。
前回書いた、顔半分もあるハンバーガーははるしげさんのご指摘通り、ハワイア
ン・ハンバーガーです。なんだか、遠い太鼓を見てると外国行きたくなりません
か?ハワイでもいいから行きたい・・・・。
 ちなみに今、ドフトエフスキーの「罪と罰」読んでます。再チャレンジ!!
kaさん
はじめまして、MIUMIUです!あたしも通学の地下鉄で読んでます〜〜
ででもうっかり感動して、電車の中で涙が出そうになったりして困るときがありま
す(笑)あと、酔ったりします・・・。気をつけて。(あたしだけ!?)
ちなみにあたしは、春樹の次に村上R(龍)を読みました。刺激的です。
Yukiさん
あたしも太宰、好きです。「晩年」「歯車」「斜陽」、すきですね〜。でも、明る
い作品も多々あって、それも面白くてすきなんです。
あたしもよく人間関係で失敗します。(苦笑)全てうまく行くなんてありえないけ
ど、うまくいかないとやっぱり傷ついてしまいます。弱虫なんですかね?
そうゆう時、孤独って、とっても優しいものだなって思いませんか。でも、孤独に
慣れすぎるといけないって、よく怒られるんですけど。(^^;
私の場合、何もしないで、(あるいは何かをしつづけて)ぼーっとご飯食べたり本
読んだりするとその怠惰さに癒されます。何もかも、お休みするのも手ですよ。





[6261] ka さん(nyocolate@h3.dion.ne.jo) 2002/05/22 Wed 17:10:56
>ぴぐさん、ゆめみさん、本間さん、アドバイスありがとうございます。
 今日、電車で帰って来たのでその時やってみました。
 真剣になりすぎて「ハッ!!どこ!?」とドキマギしちゃいましたが、いい時間の使
 い方だと思いました。あと、寝る前に読むんですが、眠くなったらココまでって
 決めて読むことにしました。「ダンス…」を読んでいたとき、2時間睡眠で生活
 していたら、肌があれてニキビとか出てきてビックリな結果だったので、春樹さ
 んのように正しい生活を心がけようと思います。ハイ。

このページ見てると本読みたくなります。春樹さんの次に読むべき本、面白い本あ
ったら教えてください〜



[6260]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/22 Wed 13:16:04
 服部真澄の久々の新刊読んでます。いい感じ。

◎kaさんへ
 何というか、味が想像出来る食べ物ですよね。
 「国境の南」も、先が気になる小説ですから、つい最後まで読んでしまう
気持ちは分かります。
 基本的には、区切りいいとこまで読んで寝るのが一番でしょう。ただ私は
今日もですが、朝まで読むのはしょっちゅうですが、体調はいいので、慣れ
かもしれません。でも翌日仕事とか学校のある人には勧められないです。

◎ぴぐさんへ
 車通勤は飲めないので、お勧めしません、ってそれは違う話ですね。
 前に住んでいたアパートは、会社まで歩いて35分、バスは渋滞で25分
という理不尽な場所にあったため、バスの中で読書した事はないですね。
 恩田陸もいいですよね。私は「三月」と「光の帝国」を愛してます。「ド
ミノ」も新境地でいい感じです。

◎ゆめみさんへ
 下巻150ページというと、第二部真っ最中ですね。タイトルも第二部か
ら取られているし、楽しんで下さい。

◎はるしげさんへ
 毎日書いているのは、掲示板の返事だけなので、それほどでも。
 その3作、翻訳でもタイトルは一緒ですね。

◎FLEAKYさんへ
 刊行順が変わるのならいいんですが、翻訳されないのが困ります。もしく
は版権が高騰して、良心的な翻訳だった出版社から、妙なとこへ行くのが一
番困ります。FLEAKYさんのように、原書で読むのが一番なのでしょうけど、
根気と時間がありません。だから、そういう話を聞くと羨ましいです、って
思うんだったら実行すればいいんですけどね。

◎あんこさんへ
 翻訳物だと千円前後の文庫は結構ありますね。国産で千円超えるのは、確
かに珍しいかも。それなら上下巻にするケースがほとんどですし。だから分
冊しない、というのは値段を抑えるための良心的措置かと。
 もう3年経ったのかと思って、今見たら、2年9か月で文庫化でした。若
干集英社は文庫化を早めたのかと思ったら、「バナ−ルな現象」奥泉光は8
年かかってるし、ルールがよく分かりません。

[6259] あんこ さん(amrin@syd.odn.ne.jp) 2002/05/22 Wed 12:49:26
こんにちは。
『白夜行』の文庫発売されましたね。
1000円でしたよ。
文庫で1000円って珍しいですよね。
でもすごい厚い本だった。
読むのが大変そうですね。

>はるしげさん
『ハンニバル』は実在のモデルがいるんですか?
私の持ってる文庫のあとがきには書いてなかったです。
最近は現実にひどいことする人がたくさんいるので、
レクターみたいな人もいるかもね、
なんて思っちゃう自分の慣れも怖いかな。

個人的にはレクターよりもメイスンのほうが
鬼畜でひどい奴だと思いますが。
同情の余地なし、当然の報いかなと。


[6258]FLEAKY さん(kemu@ma9.seikyou.ne.jp) 2002/05/22 Wed 01:05:24
こんばんは。

> 本間さん
前回は二重書きこみになってしまいました。すみません。
翻訳は原書と刊行順が変わったりして、ややこしいですよね。
オースターも映画のシナリオ集が前倒しになったし。
ぼくは大学でアメリカ文化・文学を勉強しているので、できるだけ
英語の本は原書で読もう、と決めています。大変ですけど。
オースターを原書で読みとおせると、英語力が上がった気になった
でしょう、と先生に言われました。彼の文章は語学的にはやさしい
というわけです。ぼくの少ない経験から言うと、原書で読むきっか
けによい作家だと思います。文章のリズムもいいですし。

> ゆめみさん
『ミスター・ヴァーティゴ』はですね……、話の筋そのものよりも、
ある一場面(第一部の最後)が強く心に残りました。しばらく震え
がとまらないくらいでした。すさまじいです。
アーヴィングもおもしろいですね。長いし、途中で止められなくな
るので、ぼくは週末に読むことが多いです。
シリ・ハストヴェット、一冊だけですが、翻訳が出ていますよ。
題名は『目かくし』。内容は、下のこうちゃんさんへのレスに書き
ますね。

> こうちゃんさん
ハストヴェットは小説二冊と詩集、エッセイ集を出していますが、
邦訳は現在『目かくし』(斎藤英治訳、白水社)だけです。
ニューヨークに住む学生、アイリスが貧乏と恋愛運のなさを抱え
ながら、不思議な人々と出会う連作集です。彼女も繊細ながら、
少し風変わりな人。「無頭の鷹」などのカポーティに通じる不気味
さ、こわさがあります。でもカポーティほど冷たくはないですね。
オースターと似ているとしたら、街中を彷徨するところかな。
ハマってしまいました。

> はるしげさん
ぼくのお気に入りオースター作品は『最後の物たちの国で』と『偶
然の音楽』です。なかなか一つには絞れません。はるしげさんは、
『最後の〜』はもう読みましたか?『ムーン・パレス』とちょっと
したつながりがありますよ。


[6257] はるしげ さん(harusige@zk9.so-net.ne.jp) 2002/05/21 Tue 22:45:22
きづけばこのページの愛読者になっている今日この頃です。ホント毎日の更新お疲
れ様デス。>本間さん

>Yukiさん
タイトルって結構きになりますよね。でも翻訳書だとタイトルが全然違うものにな
ってたりしますよ。スタンド・バイ・ミー=死体、刑務所のリタ・ヘイワース=シ
ョーシャンクの空に、アルジャーノンに花束を=真心をキミに、などなど。
あ、これは映画の場合ですかね。自分の場合、「蝿の王」という題名そのままを
期待していたので(ファンタジーも結構好きなんです。)
フム?というかんじでした。

>FLEAKY さん
どーもです。リヴァイアサンは読みました。よいですね。自分はあれからポールに
はいりました。↑上でいっているようにファンタジーを期待しててにとった本だっ
たのですが(笑)ちなみに自分がポールで一番好きなのは、ムーンパレスです。
FLEAKY さんは何がお好きですか?

>ピーターパンさん
最近自分も英語の勉強をしていますが、あまり進んでません。よかったですか??

アトランティスはようやく上巻がおわるところです。ぼつぼつとよんでますね。

[6256] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/05/21 Tue 17:52:57
こんにちは。えーっと、昨日の訂正に来ました。(別にそれだけのために来たわけ
ではないのですが。)
FLEAKYさんへのレスで、アーヴィングとなっているところをオースターに読
み替えていただければと思います。頭ではオースターと書いているつもりだったの
に、どうしてこんな間違いをしてしまったのか・・・出先で書き込みをしていたの
で、店舗を出た直後に気づいて愕然としてしまいました。
アーヴィングもオースターも好きな作家なのですが、私のなかではイメージが似て
いるらしく、前にもこういう間違いをしてしまったことがあります。恥ずかしいで
すよね。
さて、「アトランティスのこころ」は下巻の150ページくらいまで行きました。
といっても、今朝の通勤時間で進んだ分なので、そんなには読み進んでいないです
ね。まだ第2部です。

>FLEAKYさん
シリ・ハストヴェットの小説って翻訳されていますか?以前書店でちょっと見かけ
たような気がするのですが・・・。

>KEIKOさん
名前について、お褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。
「アトランティスのこころ」は、本間さんをはじめ皆さんが薦めていらっしゃるよ
うに、良い小説だと思います。とても読みやすいです。
村上さんの新刊は、カポーティの小説の翻訳ですね。既に村上さんが翻訳して市販
されている作品と、訳し下ろしの作品とが入っています。私も買ってはあるのです
が、まだ手をつけていません。

>kaさん
体に良い読書の方法・・・かどうかは分かりませんが、通勤時間を読書に当ててい
ます。ぴぐさんと同じですね。あとは、私は空き時間があれば何かを読んでいたい
たちなので、家にいるときはテレビを見ないで本を読んでいる、ということはよく
あります。でも時間が許すのであれば、他のことをほっぽって読む、というのもい
いのではないでしょうか。私は先日、「マレー鉄道の謎」を一気読みしたとき、ず
っと集中して読んでいたせいか、読み終わった後肩から背中にかけてこってしまっ
ていました。でも満足感はいっぱいだったので・・・。

[6255] ぴぐ さん(te199189@cse.ec.kyushu-u.ac.jp) 2002/05/21 Tue 15:09:35
こんにちは。

体に良い読書の方法・・・、僕は、通学中のバスの中で本を読んでいます。片道30分
くらいなので、一日に1時間は読めますし、気付いたら学校の前・家の前に帰って
これるので、時間の利用法としてはとってもお得です。
就職しても、車で通勤となると時間が取れなそうなので、できたらバスとか電車
(こんでて大変そうだけど・・・)での通勤ができるところに住みたいものだとか、今
ごろから思ったりしています。

 恩田陸の「不安な童話」を読み途中。恩田さんは、文体が読みやすくて好きで
す。たまに太字が出てくるのは、村上さんと同じですね。

[6254] ka さん(nyocolate@h3.dion.ne.jo) 2002/05/21 Tue 13:58:48
こんにちわ!
鼠が好きな「あつあつホッケーキのコーラかけ」を作って食べました。
正直私的には、ビビ微妙…。でも、楽しかった。(笑)

今、「国境の南、太陽の西」を読んでいます。私は自分の限度の分からない人間み
たいで、やめられないから朝まで読む。という単純な読書をしていたら、体調を壊
してしまいました。「馬鹿みたい。」です。みなさん、すごい量の本を読んでらっ
しゃるみたいですが、空いた時間にはトコトン読書!って感じで時間を作っている
んですか?体に良い読書の方法教えて下さい!!

[6253]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/21 Tue 12:25:07
 今日も更新する予定。

◎hinataさんへ
 「眠り」というと、「アンナ・カレーニナ」ですが、本屋でボリュームを
見て以来、未読です。いつか読もうと思うのですが、なかなかきっかけがな
いですよね。あのラストも、なかなか象徴的だと思うのですが、いろいろ解
釈が出来そうですね。

◎ゆめみさんへ
 下巻の冒頭といえば、私が一番好きな第二部ですね。あれは、同じような
体験をしたから惹かれるのか、一般的にもいい物語なのか、客観的に見られ
ないので、読み終わったら感想教えて下さい。
 「天国への階段」は、うーん、先入観ない方がいいでしょうね。読み終わ
ったら、そこで。

◎こうちゃんへ
 その本は読んでません。ネギは美味しいのに。「四季のピアニスト」はい
いですよ。ぜひ探してみて下さい。
 給料日前のネット書店注文、私もよくします(笑)。カード時間差です
ね。早く届くといいですね。

◎KEIKOさんへ
 ええ、ぜひ「アトランティス」はお読み下さい。現時点での今年ベストで
す。物語自体も、翻訳も、とてもいいですよ。
 私の読書量は、ちょっと特殊な仕事とテレビを見ないからでしょう。飲み
会とデートと競馬と旅行と仕事をしなければ、もっと読めるんですが、それ
ぞれ、みんな好きですからね(笑)。
 「沈まぬ太陽」凄いですか。じゃあ、探してみますね。

◎ピーターパンさんへ
 本の話は大歓迎ですが、別に何の話でもいいですよ。右のバーの方が普通
の話はしやすいかも。競馬の話が多いですが、引かないで下さい(笑)。
 英語は、うーん、私の弱点です。スキルアップはアメリカのような傾向で
すが、日本も能力給の時代になってきたし、これからは必須でしょうね。
 高井由美子に感情移入したんですね。切なくなりませんでした?

[6252] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/05/21 Tue 02:07:18
こんばんは。
ゆきさん、人間関係って「勝ち負け」ということを意識してしまったら、か
えって辛くなるのではないですか?
「完敗」なんて考え方なさらないほうがいいとおもいますよ。
事情は解りませんが、自分がどんな気の持ち方をするかって、次の一歩に大
きく影響してきてしまうと思うのです。
幸先のいいリスタートの為にも、泣いて、さっぱりなさって、前向きに!

おせっかいと思いつつ、気になってコメントしてしまいました。

[6251] ピーターパン さん(fwnn5274@mb.infoweb.ne.jp) 2002/05/21 Tue 00:21:06
こんばんわ!久々にくるとみなさんの書きこみで驚きます。
私は書きこみ出来るほど本を読んでないので、拝見重視になってます。
今は読書は休憩中です。ベストセラーの『世界一簡単な英語の本』を
読んでます。英語なんて高校卒業と同時に触れる機会がなかったんだけど
興味があったので、読んでます。
最近は英語と日本語の文庫がベストセラーになってましたが、ここに来て
見なおされているのは私達のそれだけ今の時代に必要であり、乱れている
んでしょうかね。私の会社でもスキルアップ研修があって、力入ってます。

模倣犯はすごく読みごたえがありました。
高井由美子のキャラは少し私に似ているなってドキッとしました。


[6250] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/05/21 Tue 00:15:08
皆さん、こんばんわ。書き込みを見てて、決心しました。今読んでいる本が読み終
わったら、「アトランティス」を読もうと思います。何か、面白そうだし(^-^)で
も、ホントにつくづくまだまだ読んでない本がいっぱいあるな−と感心しきりで
す。特に本間さん(><)仕事しながらなんで学生の私より読書量が多いの〜!?
って感じです。もうこれは一種の才能ですね。もちろん本間さん以外の多くの方が
そうなのだろうと思いますが。読んでると村上春樹さんの新作、小説ではなく翻訳
だそうですね。でも、翻訳も好きです。近いうちに読みたいものです。
>本間さんへ
「沈まぬ太陽」は久しぶりに身震いがした作品です。迫力が・・・スゴイです!で
も、話の内容からすると、まだ私には早すぎたのかも・・・あと10年したらもっと違
った読み方ができるんでしょうね。今の一押しです!

>ゆめみさんへ
どうでもいいことですが、お名前可愛いですね!
「蝿の王」は、私も好きです。中学生の時に読んで、けっこうなショックを受けた
覚えがあります。大学の授業でビデオも見ましたが、やはり話がしっかりしている
ので映像になっても迫力はそのままでしたよ。読んだ後、感想聞かせて下さいね。

[6249]こうちゃん さん(kou1chan@mac.com) 2002/05/20 Mon 20:31:14
本間さん、こんばんは!
>ネギとレバーの描写は覚えていません。
これは、「おかわりいらない?」の作者紹介の文中にあります。描写ではあ
りません。
>「四季のピアニスト 下」もありました?
この本出ているの知りませんでした。次回図書館で探してみようかな?

図書館で児童書や絵本探すのって、最初は勇気が必要だったんだけど、今は
慣れました。やっぱり児童書とか絵本って、金銭的にもなかなか買えないで
す。
「誕生日の子どもたち」ネット本屋さんで注文しました!届く頃には、少し
はリッチになっていると思うので(^^)

>FLEAKYさんへ
>オースターの奥さん、シリ・ハストヴェットの小説
はじめまして。
自分も気になっていました。どんな感じの小説なのでしょうか?


[6248] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/05/20 Mon 19:05:44
こんばんは。ちょっと見なかっただけなのに、随分書き込みが増えていますね。
キングの新刊、上巻を読み終わって下巻に入りました!まだ下巻は100ページく
らいまでしか行っていないのですが、とても楽しんで読めています。早く読み終わ
りたいなあという気分にさせられる本ですね。この後は・・・そろそろ、「天国へ
の階段」を読もう、とひそかに決めています。その後に「蝿の王」ですかね。

>はるしげさん
ありがとうございます。すぐに、ではないかもしれませんが、「蝿の王」読む予定
です。また読み終えたらコメントを書かせていただきますね。

>KEIKOさん
「沈まぬ太陽」、山崎豊子さんの作品ですよね。書店で平積みになっているのを見
るにつけ、気になってはいたのですが・・・。

>Yukiさん
「蝿の王」、私もタイトルだけ聞いていたらあまり読む気にはなれなかったのでは
ないかと思うのですが・・・キングがそれだけ魅力的に書いている、ということで
すよね。読むのをちょっと楽しみにしています。
あと、太宰は私も好きです。全部読破しました。

>FLEAKYさん
アーヴィングの件、ご指摘の通りです。私は「リヴァイアサン」も「空腹の技法」
も翻訳で読んでいたのですが、やはり柴田さんの翻訳は良かったと思います。「偶
然の音楽」は、文庫になったときに文庫で読み返したので、印象が強かったのです
ね。失礼しました。「ミスター・・・」はまだ買っていないんですよ。書店で見か
けるたびに、気にしてはいるのですが。


[6247] hinata さん(hinata_a2z_jp@yahoo.com) 2002/05/20 Mon 15:09:43
「眠り」は、私もいくつかひっかかりのポイントがありました。夫婦の描写、
覚醒していく描写でさんざんひきつけておいて・・・。

[6246]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/20 Mon 11:04:10
 午後にでも更新します。

◎kaさんへ
 はい、初めまして。
 長く続けているので、コンテンツは豊富だけど、適当です。でも、褒めら
れると嬉しいです。ありがとうございます。
 「料理の遊び人」とは、痛いところを突きますね(笑)。数年前にやって
いた企画ですが、自分の料理下手さ加減に嫌になってしまいました。私の料
理の腕は、いつになったら上がるのでしょう。

◎こうちゃんへ
 ええ、発売になりました。私は買ってまだ読んでいませんが、楽しみです
ね。カポーティとは、ちょっと意外でしたし。
 佐藤多佳子の児童書は何冊か読みましたが、ネギとレバーの描写は覚えて
いません。ひょっとして、「四季のピアニスト 下」もありました? ずっ
と探しているのですが。

◎hinataさんへ
 それはちょっと面白いですね、エッセイだと思ってた。エッセイはエッセ
イでいいですが、その気持ち分かります。「TVピープル」といえば、「眠
り」が収録されてますね。あの短編、妙に心に引っかかります。
 加納マルタ、確かに全く違うキャラクターですね。短編では、ちょっと怖
い(笑)。未読があるかどうかは、謎のままというのも面白いです。

◎Yukiさんへ
 なるほど、人間関係でしたか。こじれると、恋愛よりもややこやしいかも
しれませんね。何かアドバイスが出来るといいんですが、私もよく失敗する
ので。うーん、うーん、好きな事をいろいろして、元気出して下さいね。
 「アトランティス」の二部は、ぴたりはまりました。私の学生時代と一緒
だと思って。読んでいると、心が痛いですよ。

◎FLEAKYさんへ
 はい、初めまして。
 なるほど、違う翻訳は嬉しいですよね。「翻訳夜話」でも、翻訳の違いは
分かりましたが、結構違うものですしね。
 オースターの件は確かに。「偶然の音楽」は文庫で、「リヴァイアサン」
は単行本で読んだので勘違いしてました。ご指摘ありがとうございます。
 でも原書で読むなんて凄いですね。「リヴァイアサン」も結構深い話なの
で、楽しまれて下さい。私は読後考え込んでしまいました。

[6245]FLEAKY さん(kemu@ma9.seikyou.ne.jp) 2002/05/20 Mon 03:29:27
はじめまして。
 村上さん訳の『誕生日の子供たち』、さっそく読みました。
 ぼくは元々カポーティが大好きで、収録作品の大半は既に読んでいた
のですが、どうしても我慢できなくて。好きな作家の作品をまた別の
好きな作家が訳すなんて、すごおく豪華な事です。
 「無頭の鷹」に顕著ですが、長いセンテンスを区切ったりしていて、
既訳よりもすいすい読めると思います。既訳が特別読みにくいわけ
じゃないけれど。また違った角度から読めて、楽しいです。表題作と
「無頭の鷹」は特に好きな作品なので、書店で目次を見たときから期
待で笑いがこみ上げてしまいました。「ミリアム」も入ってればなあ。

> はるしげさん、本間さん、ゆめみさん
 オースターの邦訳は『偶然の音楽』の後に『リヴァイアサン』と
『空腹の技法』(評論&インタヴュー集)が出ています。ぼくは
『ミスター・ヴァーティゴ』と『リヴァイアサン』の邦訳は読んでいま
せんが(原書で読みました。後者はまだ途中です)、話はおもしろいし、
柴田元幸さんが訳されているので、翻訳もすばらしいと思います。
 オースターの奥さん、シリ・ハストヴェットの小説もおもしろいです。

[6244]FLEAKY さん(kemu@ma9.seikyou.ne.jp) 2002/05/20 Mon 00:31:36
はじめまして。
 村上さん訳の『誕生日の子供たち』、さっそく読みました。
 ぼくは元々カポーティが大好きで、収録作品の大半は既に読んでいた
のですが、どうしても我慢できなくて。好きな作家の作品をまた別の
好きな作家が訳すなんて、すごおく豪華な事です。
 「無頭の鷹」に顕著ですが、長いセンテンスを区切ったりしていて、
既訳よりもすいすい読めると思います。既訳が特別読みにくいわけ
じゃないけれど。また違った角度から読めて、楽しいです。表題作と
「無頭の鷹」は特に好きな作品なので、書店で目次を見たときから期
待で笑いがこみ上げてしまいました。「ミリアム」も入ってればなあ。

> はるしげさん、本間さん、ゆめみさん
 オースターの邦訳は『偶然の音楽』の後に『リヴァイアサン』と
『空腹の技法』(評論&インタヴュー集)が出ています。ぼくは
『ミスター・ヴァーティゴ』と『リヴァイアサン』の邦訳は読んでいま
せんが(原書で読みました。後者はまだ途中です)、話はおもしろいし、
柴田元幸さんが訳されているので、翻訳もすばらしいと思います。
 オースターの奥さん、シリ・ハストヴェットの小説もおもしろいです。

[6243] Yuki さん(bqb03265@nifty.ne.jp) 2002/05/20 Mon 00:23:50
こんばんは。
本間さん、いえ恋愛関係の悩みじゃないんです……そうだったらいいんですけれど
(笑)。でも、もう終わりました。完敗です。ずいぶん泣きましたが、もう泣きま
せん。コミュニティを離れて我が道をゆきます。……一人でゴールをめざすのは辛
くて孤独かもしれませんが、人間関係でボロボロに傷つくよりはましです。あー、
三年間も私は何をしていたのでしょう?……やっぱり、しばらくは泣くかもしれま
せん(;_;)。
「アトランティス」は、二部はもっと切ないのですか? 一部だけでも十分切ない
のに。……今は涙もろくなっているので、もうどんどん涙は出ますよぉ。(笑) 
☆ゆめみさん、「蝿の王」、私も読みたくなって、オンライン書店で「秘密」を注
文したときに検索したのですが、やっぱりタイトルが好きじゃなくて……なんか、
蝿から喚起されるイメージと王のイメージがちぐはぐで(^^;……でも面白かったら
教えてください。
☆KEIKOさん、太宰治なんかはどうでしょうか? 半世紀以上も前の作家なのに、文
体や感性などびっくりするほど古さを感じさせません。私は好きですが……。


[6242] hinata さん(hinata_a2z_jp@yahoo.com) 2002/05/19 Sun 21:58:10
こんばんは。
ついさっき「TVピープル」読み終わりました。エッセイだと思ってました。あ
けてみたら短編集で得した気分です(もちろんエッセイも好きだけど)。これ
で長編・短編は全部読み終えたかな?調べるとわかるのだろうけど、こうやっ
て読んでないがでてくると面白いのでこのまま流れにまかせよう。
それにしても加納マルタのキャラが・・・(笑)

[6241]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/05/19 Sun 18:31:13
本間さん、こんばんは!
村上春樹訳の「誕生日の子どもたち」発売されたみたいですね。自分は、給
料日前で、ほんとヤバイ状態なので買えません。(;´д`)トホホ給料日まで
待つしかない。
今日は図書館で、読んでみたいんだけど買って読む気はないよ!ってな本借
りてきました。佐藤多佳子さんの児童本です。チラッと見たのですが、佐藤
さんは、ネギ類とレバーが嫌いみたいです(^^)

[6240] ka さん(nyocolate@h3.dion.ne.jp) 2002/05/19 Sun 13:15:07
こんにちは!!初めて書き込みさせて頂きます!!春樹さんファン2年目のkaです。
すごい面白いページですね☆話題豊富だし、面白いし、手が込んでる感じが温かで
いいなぁ〜なんて眺めてました。

「料理の遊び人」、面白いですね。男の手料理って感じがしました。
私も、春樹さんの本を読むと、感化されて料理がしたくなる時があります。美味し
くできると、ちょっと成長した気がして気持ちがシャンとします。

また、来させて頂きます!よろしくお願いしますッ!!!

[6239]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/19 Sun 07:27:35
 フェイ・ケラーマンは面白い。最近これ一色です。

◎Yukiさんへ
 たまたま私がその方法を採用しているだけで、じたばた動く方がいい時も
あるでしょう。「見」はかなりマニアックな用語なので、下手に友達なんか
に口にすると、雀荘に拉致されますよ(笑)。
 きっと恋愛関係の悩みでしょうけど、当人同士しか分からない問題だし、
巧く解決するといいですね。
 「アトランティス」は第二部が切ないですよ。少し泣きました。

◎ゆめみさんへ
 「アトランティス」の読後、同じキングの小説読んだのですが、「アトラ
ンティス」は翻訳の巧さによる部分も大きいですね。さりげなく日本独自の
表現も入れられていて、読んでいてよく訳したな、と唸りました。
 「蝿の王」、読みたくなりますよね。第一部で言われている本についての
事は、本読みなら嬉しくなることばかりですし。

◎でんぼさんへ
 じゃあしっかり参観してきてください。参を観するんですよ。16符。
 「血い花」は読みました。さてはでんぼさん、私の感想ページ、ちっとも
見てくれてないですね(笑)。この前読んだエッセイもでしたが、室井佑月
って前向きですよね。いつも西原理恵子を連想します。

◎moegiさんへ
 読書量はともかく、ドラマは全然見てないですって。この前も書きました
が、最後に見てたのは「ドク」ですよ。一体何年前だ(笑)。たまたま夜勤
がある職場なので、夜更かし出来るのが強みです。
 「模倣犯」は、連休など時間がある時がいいでしょうね。私も2日かかり
ましたが、仕事中続きが気になって大変でした。

◎MIUMIUさんへ
 私はマックに行くと、ハンバーガー3つは食べるので、ちょうどいいか
も。なんでみんな、あのセットでお腹一杯になるのか不思議です。
 「バート・バカラック」は、ある評論で、ラストを引用して、そんな昔の
事を言ってるなんて、センチメンタルな、と書かれてましたが、そのパート
よりハンバーグについてのパートが好きです。「レター教室」の影響、確か
にあるかもしれませんね。下敷きにはしてないと思いますけど。

◎はるしげさんへ
 繰り上げ秋天馬のオフサイドトラップですね。4歳からお馴染みの馬でし
たし、愛馬の父でもあります。でも、あのレースは、スズカのレースです。
史上最強馬は、あの馬かもしれません。他馬とは、次元が違いました。
 多分、その寮のある大学は、私の家のすぐ近くです。
 あと、「模倣犯」は、当分文庫にならないと思いますよ。

◎阿部美智子さんへ
 最近のお勧め。それはもう「アトランティスのこころ」新潮文庫、スティ
ーヴン・キングです。今月の文庫新刊なので、平積みで売ってますよ。
 少年の成長物語、学生小説、ベトナム戦争について、などクロニクル形式
で読み応え十分です。長い物語ですが、ぜひどうぞ。

◎KEIKOさんへ
 私の守備範囲はミステリー以外では、ここ30年の小説なので、そこから
前は弱いのです。詳しい方、フォローお願いしますね。
 「沈まぬ太陽」といえば、日本航空の社員をモデルにした小説でしたっ
け? 未読ですが、組合どうこうという部分は読んでみたいなと思ってまし
た。レッドパージが日本でもあったなんて、今だと想像出来ないので。

[6238] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/05/19 Sun 01:16:18
あっという間に書き込みが増えましたね。
私も山田詠美さん大好きです。「姫君」おもしろいと私も思います。最近では「マ
グネット」という短編集を読みましたが、それもなかなか面白かったです。

さて、最近少し昔の作家の作品が読んでみたくなりました。芥川龍之介とか夏目漱
石などの基本的な作品は中学生の頃にむさぼるように!?読んだのですが、何か面
白いお勧めの作品や作家教えて下さい。
なんだか、私はいつも皆さんに質問ばかりしているように思います。でも、私が読
んでいる本は”たぶんみんな読んでいるだろうなー”と思ってしまいます。ちなみ
に、今寝る間も惜しんで「沈まぬ太陽」を読んでいます。もう少しで最終巻なので
すが、面白くてバイトも学校も何もかも放り出して集中したいものです。

[6237] 阿部美智子 さん(papillon98@ma.mni.ne.jp) 2002/05/19 Sun 00:12:10
こんばんは。忙しさにかまけて最近は読書が進んでいません。明日はゆっくり読書
が出来ればいいのですが・・・。最近のお薦めは何かありますか?良かったら教え
て下さい。 
 
<moegiさんへ>
お返事遅くなりまして申し訳ございません。PCに触るのも久しぶりなんです。仕事
が忙しく毎日、毎日残業していますので家に帰ってくるとすぐに寝てしまうので
す。山田詠美は高校生の頃よく読んでいました。勿論、図書館や図書室で借りてで
すけど・・・。最近は読んでいませんね。今のお気に入りはやっぱり、林真理子で
すかね!!そういえば、先週は母の日でしたね。絵手紙なんてとても素敵ですね。
私もよく友達に手紙を書きますけど絵心が無いので初めから模様の入っているのを
よく使っています。機会があったら絵手紙に挑戦してみたいですね。

[6236] はるしげ さん(harusige@zk9.so-net.ne.jp) 2002/05/18 Sat 23:47:53
今日は一日寝ておりました。つかれもすっきりとれました。

>本間さん
「偶然の音楽」でしたね。「ミスタ−・ヴァ−ティゴ」今度よんでみます。その前
にアトランティスを読み終えないと、ですが。
本間さんは一口馬主になられているとのことですが自分のPCは、オフサイドトラッ
プが勝った天皇賞をとったおかげで買えました。ただ、ログイン名はあの馬を偲ん
で「スズカ」にしてます。嫌いでしたが。
大学生の頃、仙台の寮に住んで居ました。The MALE そばに長町中学というのが
あってその横にあるんですが、なかなか雰囲気ありますよ。来年なくなっちゃうそ
うですが。

>ゆめみさん
昨年、たまたま「蝿の王」はよんでいたのですが、なんとなく??という感じでし
た。自分もまた読み返してみますが、後日ご感想をお聞かせくださいませ。

>MIUMIUさん
ハワイアン・バーガーとかじゃありません?(違っていたらごめんなさい。)自分
は、イクスピアリでいったんですが一つで一日分のカロリー摂取というかんじです
よね。

>moegiさん
以前「模倣犯」を読んで居たのデスが、持ち歩けないので他の本を持ち歩くうち
に、とおのいてしましました。最近、文庫もでたんですよね。新刊をかりていたん
ですが(ちゃんと返しましたよ(笑))、今度文庫で読もうかな、とおもいます。

[6235] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/05/18 Sat 22:31:36
皆さんこんばんわ。もう梅雨なんでしょうか?
今日、青山にある小さなハンバーガーショップに行きました。
その量が半端じゃない。私の顔ぐらいの大きさでした、誇張なしで。
紀伊国屋書店の前にあるのですが、青山に行った際、是非行ってみてください。
驚きますよ、本当!(@−@)
本間さん
電話での家庭教師ですか?それは興味深いっ!「バート・バカラックはお好
き?」、お気に入りの話のひとつです。ペン・マスター、やってみたいし(笑)
三島由紀夫の、「レター教室」に通じるものがありませんか?
春樹さんはあれを下敷きにしたのかなぁ・・・
nkmtさん
ば、ばれてしまいましたか!?!?!(汗)って、別に隠してないですけど。
某M大といったら、そこしかないでしょう。(笑)
山田詠美、「姫君」が最近では話題になりましたよね、あれはなかなかいいです
よ。短編集ですが、「姫君」が一番いい。
ただ他の作品は、奇をてらった感じがしました。是非一読を♪
あっくん(・・・さん笑)
情報、アリガトウございます、とっても嬉しい!読む本がまた増えた。
そうですね、一人の時間と場所、これこそ一番の薬です。
あの後、自主休講を一日設けて、ただひたすら本を読んでたら、すっきり
しました。意外に単純な構造みたいです、私の身体。(笑)

[6234] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2002/05/18 Sat 20:24:39
 皆さん、こんばんは!
はるしげさん、ホントそうですよね。貸した本って戻って来ないですよね。だ
から私は好きな作家の本は貸さないようになりました。絶対お勧めだから自分
で買ってよねって感じです。
 
 本間さんって、すごいですねえ!!ものすごい読書量に、こちらへの書き込
みへのお返事、もちろんお仕事もしてらして、TVドラマも見ていて・・・
1日24時間で足りてるのって思うのは私だけ?

 宮部みゆきは、ほとんど読んでいますが「模倣犯」はまだです。早く読みた
いんだけど長編は一気に読みたい人なので睡眠不足になるのが怖いです。この
歳になるとね(笑)

[6233]でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2002/05/18 Sat 16:03:38
東京オフ会6月1日かー。その日は子供の参観日です。だから何?って聞かれても
困るんだけど。
今、室井佑月の『血い花』を読んでます。好きな部分とそうでない部分が半々くら
い。話のテンポは悪くないです。本間さん、読んだことありますか?


[6232] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/05/18 Sat 12:25:53
こんにちは。ちょっと来ない間にまた書き込みがたくさん増えていますね。
私はキングの新作に一昨日から取り掛かっています。まだ上巻の270ページくら
いなのですが、すいすい行けています。流石にキングは読みやすいですね。通勤の
時間に読むだけでここまで行っていますので、続きが楽しみです。映画のほうも今
日から公開とのことで、まだ原作を読み終わっていないのに行っていいものかどう
か、迷うところですね。アンソニー・ホプキンスの演技、楽しみなのですが。
読みながら、「蝿の王」も読みたくなってしまいました。これを読み終わったら探
してみたいです。
まだ未読本はたくさんあるのですが、今日もまた買出しに行ってこようと思ってま
す。村上さんの「誕生日の子どもたち」、もう読まれた方はいらっしゃいますか?

>ピーターパンさん
「模倣犯」読了おめでとうございます。
ご期待に添える作品だったと思いますが、いかがでしたでしょうか?

>KEIKOさん
本の管理にあたって気をつけることは・・・やはり直射日光に当てないことでしょ
うか。あとは立てておくほうが本当はいいみたいです。スペースの問題があるの
で、なかなか難しいとは思いますが。分量はある程度増えてしまうとどうにもなら
ない部分がありますが・・・。最近の本屋さんのカバーは背表紙が見えるくらいの
薄さのものも増えていますので、カバーつきでもいいのではないでしょうか?
ちなみに私はかなり好きな本を読み込む方なので、カバーがないと本をいためてし
まって駄目なのです。

>はるしげさん
オースターは、本間さんのおっしゃるとおりです。私も新刊はまだ読んでいないの
ですが・・・。

>おりえさん
私も既読本でもういいかな、という本がある程度たまると、ブックオフに売りに行
きます。でもダンボール3箱はためたことはないですが。(大体紙袋2つくらいで
すね。)またそろそろ整理しないといけないたまり具合になっているので、確認し
ようと思ってます。「天国への階段」、お読みになりましたか?

[6231] Yuki さん(bqb03265@nifty.ne.jp) 2002/05/18 Sat 12:18:29
こんにちは。
嫌なことがあったときは、じっとしていた方がいいのですね。麻雀用語で見(け
ん)という状態があるのですね。いいことを教わりました。私はじたばた動いてし
まいましたが(--;。……でもじたばた動いたことの一つに、村上さんにメールしよ
う!と思い立って、ここの掲示板にたどり着いたので、よかったこともありました。
 事態はまだ予断を許さない状態です(と書いても何のことか分からないでしょう
けれど、ごめんなさい)……先日もあまりのことにボロボロ泣いてしまいました
が、まだ勝負はこれから……と思っています。負け惜しみかな……いいえ、ぜった
い負けたくない!……
 ということで(どういうことで?ですが)「アトランティス」、読んでいます。
まだ上巻の半分までですが、これから何かとんでもないことが起こる予感で、ワク
ワクしながら読んでいます(^^)。


[6230]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/18 Sat 09:32:43
 今日もせっせと仕事です。

◎KEIKOさんへ
 古本屋で買うと作家に印税は入らないし、好きな作家のは新刊書店で買う
のが基本です。作家活動の基本になっていると思えば、古本屋で見つけても
悔しく思うことはないですよ。マイナーな作家だと特にそうですね。
 本を綺麗に保存する方法は、直射日光に当てない、年に一度は虫干しする
などがあるでしょうけど、本棚にカーテンを付けるのが一番いいかもしれま
せん。前に何かのエッセイで読みました。

◎おりえさんへ
 私はここ数年ドラマ見ないので(最後に見てたのは「ドク」かなあ)、そ
のドラマも知らないのです。
 本は、本当に重いですよ。ここ13年で引っ越し4回の私は、もううんざ
りです。最後に引っ越した時は、本だけで段ボール80箱でした。あれは腰
にきます。それで、もう里子に出されたんですね。残念。今度売る時あれば
私にリストをメールして下さい(笑)。

◎ピーターパンさんへ
 「模倣犯」読了、お疲れさまでした。何だか、いつのまにか100万部突
破したそうですよ。あの分量で100万部は凄いですよね。どのシーンが気
に入りました? 私は有馬のじいさん絡みのシーンでは、ほとんど泣いてま
したね。あの真っ当さが好きです。あと若い刑事も。
 村上さんの新刊翻訳、私も読むのが楽しみです。

◎moegiさんへ
 そうなんですよね。本は物理的にどんどん増えるので、収納が一番の問題
です。読まずに集めるマニアの方もいるくらいなので、物を収集するという
行為には魅力があるのでしょう。本棚に並べるのも楽しいですし。
 向田邦子の良さが分かったのは、ここ数年です。正月にドラマやっていた
じゃないですか。あれで読み始めたのですが、ああいう時代もあったんです
ね。日本人の奥ゆかしさというのは、どこへ行ってしまったんでしょう。

◎はるしげさんへ
 「アトランティス」は、読むと結構関連書が気になりますよ。第一部はタ
ワーシリーズと背景が一緒ですし、タワーシリーズは「ザ・スタンド」とも
背景が一緒です。キングも作品数多いので、楽しんで下さい。
 オースターの新刊は、私も読んでないですね。「偶然の音楽」(の事です
よね?)まで読んだなら、後は新刊の「ミスタ−・ヴァ−ティゴ」だけで
す。

[6229] はるしげ さん(harusige@zk9.so-net.ne.jp) 2002/05/18 Sat 02:02:54
こんばんわ。はるしげと申します。2度めの掲示板登場です。
ほんじつ、アトランティス購入いたしました。どうせ読みたくなるだろうと思って
上下同時に。本間さんが前にグリーンマイルの発売がまちどおしかった、とおっし
ゃっていた気持ちがよくわかるので(自分もひじょーにまちどおしかったで
す。)、いっきに買ってしまいました。今度、今すんでいる千葉から東京への引越
しを考えているんですが、第一条件は夜12時ぐらいまでやっている大きな書店が
駅前にあること、です。なにかよい物件がありましたらおしえてくださいませ。
一時期ポール・オースターにはまったのですが、最近の新刊はどんなのがでてるか
どなたかチェックしてらっしゃいません?「幸福の音楽」までは読んだのデスが。
(さかのぼってスモークをよんでる途中で、アトランティスを読み始めることにな
っちゃいましたが)

>あんこさん
EDENというマンガで読んだのデスが、ハンニバル・レクターのモデルはヘンリ
ー・リー・ルーカスという実際にいた人をモデルにしてるそうですね。(解説にの
ってましたっけ?)でも、ヘンリーはそんなにアタマがよかったりしない普通の人
です。

>KEIKOさん
自分の場合、お昼に本屋さんにいくというのが習慣になってまして、ついおもしろ
そうなほんがあったら買ってしまってます。年間どれぐらいよんでるかはちょっと
不明デスが。

>moegiさん
私のばあい、自分がいいなと思った本は貸したままもどってこないことがよくあり
ます。そんなこんなで同じ本を何冊も買ったりしちゃってます。国境の南は三回、
ノルウェイは4回などなど。整理はちゃんとしないといけないですね。

[6228] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2002/05/17 Fri 01:31:30
 私も本が大好きで、好きな作家の場合ほとんどためらわず買っちゃいますの
で本棚はすぐにいっぱいです。でもいつでも見たい時に取り出せるようにして
います。問題は、いつか読みたい、読んでおいたほうがいいだろう、と思って
買った本は、大切にきちんとカバーされて、机の上やベッドの枕元に平積み状
態です。読み終えた時、本棚に収まるかダンボール入りか分かれます。
 BOOK OFFへ里子に出したことはありませんが、引越しの度に整理され
ています。本好きの友にもらわれたり、町の図書館に寄贈したりですね。
今後引っ越す予定はないので逆にどんどん増えてもいいかと思ってます。ぜん
ぜん参考になってませんね(笑)。
   
      KEIKOさん(私と同名ですよろしく)私が気を付けていることは、
      湿気と直射日光を避けることくらいですかね。

  本間さん、向田邦子さんに共感できるようになったのは最近ですか?そうで
すよね、戦後10年と20年でかなり違いますものね。歳を経て解る事ってあ
りますよね。年齢差は縮まらないけれど(笑)共感できるって嬉しいですよね



[6227] ピーターパン さん(fwnn5274@mb.infoweb.ne.jp) 2002/05/16 Thu 23:50:05
お久しぶりのピーターパンです。やっとの事で、『模倣犯』読了しました。
最後は早く読みたくて会社をいつもの帰社時間を1時間も早くしたぐらいでしたか
ら・・・なんか久々に達成感を感じましたね。本間さんがおっしゃってた意味が
分かってなおかつ嬉しさ倍増でした。今日、早速村上さんの新翻訳本を購入しまし
た。翻訳本は実ははじめてなんです。(−−;)
カタカナが苦手なんです。(ワケが分からないですね!)
でも、初挑戦ドキドキです。

P.S.本間さん、ゆめみさん、やっと宮部さん作品読めました!!
    早く報告したかったので嬉しかったです。

[6226] おりえ さん(orie8.4@h6.dion.ne.jp) 2002/05/16 Thu 22:50:00
 皆さん、こんばんは!
 いやー、すごいカキコの量ですね。結構、初めての方がいらっしゃいますね。
 はじめましてよろしくお願いします。

 最近、読んだ本は「QUIZ 2010」です。TVドラマ「QUIZ」の続編で
す。私はこのドラマにハマッていたのでBOOK OFFで見つけた時は喜びまし
た。面白かったです。でも、色々な意味で「苦い」作品でした。
 
 本間さん、もう本達はBOOK OFFへ里子に出しました。ダンボール3箱にな
りました。本て・・・ほんとに重いですね。多分、本間さんの趣味に合わない本ば
っかりだと思います。まだまだ青い頃に買った本ばかりなので。
 海外ミステリーは1冊も無かったです。若い頃に勢いで「罪と罰」を読んで挫折し
て以来、海外文学アレルギーなもので。トラウマですな。
 
 では!
 

[6225] KEIKO さん(k_nite328@yahoo.co.jp) 2002/05/16 Thu 17:31:05
最近本棚が足りなくなってきました(-_-;)私の本棚は自由に棚の大きさなどを調節
できるようになっているのですが、本棚に入りきれない本が、そこら辺に積み上げ
られている状態です。去年、私が買った本の総数のべ70冊。主に文庫ですが、時に
は1000円以上のハードカバーもほしいものは何のためらいもなく買ってしまいま
す。(そういうのに限って後になって古本屋で見つけてしまうのですが・・・)
今となっては、合計金額を計算するのも恐くてしていません。
多分、今年も確実に同じペースで増え続けると思います。
そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、本をきちんときれいに長持ちさせる方法
って何がありますか?私は日焼けなどさせたくないので、一応カバーをかけて保管
していますが、カバーをかけると題名が分からなくなってしまいます。それに、結
局日焼けしてしまいます。まあ、それも味があっていいのですが・・・何かお勧めの方
法があれば教えてください(^0^)

[6224]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/16 Thu 09:28:10
 今日仕事終わったら更新する予定です。

◎nkmtさんへ
 本棚の整理は何冊あろうと楽しいですよね。愛書家のエッセイなどを読ん
でいると、本棚の整理法は、著者別と出版社別に分かれます。見た目の美し
さを重視するなら、出版社別です。nkmtさんも本好きになってしまったので
しょうから、これからどんどん増えますし、好みの整理法を見つけて下さ
い。ちなみに私は探しやすさ重視で、著者別。

◎あんこさんへ
 「ハンニバル」は読みそびれてます。シリーズ3作目なので、前2作も読
んだし、そろそろ読もうかと。
 面白い日本の小説は、山のようにありますから、ぜひ読みたいものを読ん
でみて下さい。何かこれは、というのに当たったら、私にも教えて下さい
ね。

◎ひろさんへ
 2週間で20冊は、私でも厳しい。でも、なんか興味あるのを片っ端から
借りる気持ちは分かります。アメリカの図書館では、返却が遅れると罰金の
ようだし、キングには図書館警察という怖い短編もあるくらいなので、期間
は守りましょうね。

◎あっくんへ
 嫌な事あると、手詰まり状態になる時もありますよね。私はそういう時は
じっとしてます。麻雀用語で見(けん)です。結構いろいろな場面に応用で
きますが、分かっていてもつい動いてしまいますね。
 向田邦子は、「あ・うん」が一番有名でしょうか。戦後の日本、今では同
じ国とは思えない日本の良さを、読んでいてしみじみと感じますよ。
 私はユミヨシさんほど素敵ではありませんが、褒めていただいてありがと
うございます。たまに返事さぼりますが(笑)。

[6223] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/05/16 Thu 04:15:18
こんばんは。又書き込みします。

やなことがあっても、時間がたつと全体の状況が見えてきて、次の一手がう
かぶものだと解りました。してみると、やなことにも良い側面がある訳です
ね。つまりそれは、「明けない夜は無い」ことの再確認。

ひろさん、20冊積んだ眺めというのはいいですね。村上さん風にいえば、
「小確幸」ってヤツではありませんか。

MIUMIUさん、ただの「あっくん」と呼んで下さいませ。風邪のほうは、良く
なりましたか?河合隼雄の追加情報、新潮文庫の「こころの声を聴く」でも
村上さんと対談しておられます。小説創作時の発想方法などを、村上さん御
自身が語っておられて興味深いです。
笑顔でいることに疲れた時は、とにかく独りになれる時間と場所を確保する
と良いのでは?お互い頑張りましょう!

本間さん、向田邦子はエッセイを少し読み齧ったくらいでして、よく知らな
いのです。小説はどんな感じなんですか?また何かお勧めがあったら教えて
下さい。
みなさんの書き込みが温かいのは、運営者の目配りが行き届いていて心地よ
いことが大きいでしょう。なんだか「ホテルの精」ユミヨシさんがいるドル
フィンホテルのようではありませんか。感謝。


[6222] ひろ さん(cherishingwood@hotmail.com) 2002/05/15 Wed 21:00:13
最近図書館通いはじめました。
新刊や人気のある本は中々読めませんが、
けっこう楽しんでます。
市内にある図書館を巡っているので、
今二十冊くらい転がっています。
2週間で読みきれるのか??不安ですが、
20冊積み上げると中々壮観です。
中には、ヴェルサイユのばらの愛蔵版だの、
どーでもいい雑学だの、
ノンフィクションだのあって、
ジャンルもばらばらなら、本の形もばらばら(苦笑)
早く読みたい・・・

[6221] あんこ さん(amrin@syd.odn.ne.jp) 2002/05/15 Wed 18:14:47
こんにちは。

「ハンニバル」を読んだのですが、
後半が映画と全然違うことにびっくりしました。
なんか、おもしろーい日本の小説が読みたい気分です。



[6220] nkmt さん(luneforid@yahoo.co.jp) 2002/05/15 Wed 10:32:43
>flip-flipさんへ
昨日はどうもすいません!!
PCが親と共用なのでどうしてもこういうこと(チャット強制終了)が起こりうるの
です。
また機会があったらチャしましょう。

>MIUMIUさんへ
山田詠美さんの後輩ということは明治大学ですか?
ちょっと気になって調べました。
山田詠美さんも読んだことがなく気になる作家のひとりです。
というか、興味のある作家が多すぎて、手に負えない状況です。
塾の先生もコネがあるのでやってみたいのですが、何となく塾をたずねる気にはな
らなくて・・。

私はつくり笑いをすると顔がひきつるのでやりません。(苦笑)
それにいやなこともありませんし。空白の日常。
それはそれで退屈なんですけどね。もう少し起伏があってもいいかな・・。

>本間さん
遅ればせながら、本の整理完了しました。
この前までは要る本と要らない本を選り分けて適当に並べてただけだったんですが
、昨日、分類をして。

小説は100冊くらいしか実はもってないので、そんなに大変な作業でもないんで
すけど。
それでも講談社文庫の黄色い表紙で(仮)本棚が染まるのは壮観です。
しかも春樹さんの小説の発行順に並べて。

まあ、ある程度なら楽しいでしょうが、容量が多くなってくると・・。
困るでしょうね。

それでは、講義に行ってきます。

[6219]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/14 Tue 14:53:17
 さらに続き。

◎フミさんへ
 「文学界」などで特集していた記憶はあるんですけどね。でも、作品読ん
で自分の思うところを書くのが一番だと思いますよ。レポートでは、論文な
どを読むと、どうしても引っ張られてしまいますし。
 巧く完成するといいですね。

◎virtuosoさんへ
 「壁と…」は、最初に「早稲田文学」に発表されて、その後に「文学界」
ですね。短編はもう一編「鹿と神様と聖シチリア」も「早稲田文学」に掲載
されています。
 ただ、作者の意向で単行本収録されていないという事は、それなりの意味
があるので、私は万人にはお勧めしないですね。

◎はるしげさんへ
 はい、初めまして。
 村上ファンには、という事ではなくて、本読みにはキングファンは多いで
すよ。何と言っても世界屈指のストーリーテラーですし。
 この前も書いたのですが、キングの小説はホラーでも非ホラーでもあまり
意識しませんね。まず物語ありきの作家ですし。ジャンル的にはこれだけ読
むと一般小説でしょう。キングファンなら、他の作品とのリンクに気付く仕
組みになってます。

◎MIUMIUさんへ
 ここ数日、何だか寒いですよね。今年は梅雨入り早そうです。
 家庭教師の前は、電話での家庭教師みたいな事もしてました。そこでは十
数人を担当していたので、お気に入りの生徒みたいなのが出来ますね。つい
勉強より雑談になってしまって、確かにかわいい感じでした。だから、村上
さんの「バート・バカラックはお好き?」の世界観は、親近感あります。先
生というのも難しい。

[6218]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/14 Tue 14:42:21
 続き、遅くなりました。

◎Yukiさんへ
 「シドニー」は、オリンピック観戦記としても旅行記としても読めるので
確かにお得ですよね。言われる通り、犬伏選手の描写は印象的でした。あれ
以来、マラソンの結果などで、彼の名前を探してしまいます。
 キングの新刊は普通に平積みで売ってますね。見つかったようで良かった
です。「快笑小説」はブラック路線の一冊ですが、昔の筒井康隆を読むよう
で、私もその路線は好きです。

◎こうちゃんへ
 そりゃ京極夏彦を数冊読んでいると、他のはなかなか読めないでしょう
ね。文章に乗れるとハイペースで読めるのですが、ペダンチックな描写が続
く部分は、眠くなってきますし。

◎chatさんへ
 その買った本は豪華ラインナップですね。「レベル7」は、宮部みゆきの
本格路線では最高傑作だと思います。東野圭吾の2作もいいし、キングの新
刊は、今年読んだ本では私のベストです。読んだ人に第何部が良かったか聞
いてみたいくらい。ゆっくり楽しんで下さい。

◎nkmtさんへ
 「アトランティス」は結構なボリュームですが、それだけの事はあります
ので、堪能して下さい。
 「クロニクル」読了ですか。あれは一回読んだだけでは、多分よく分から
せない小説です。何回か読んでも、分からない部分はありますし。短編やエ
ッセイの未読が残っているという事で、ゆっくり楽しんで下さいね。
 チャットは昨日惜しかったですね。ちょっと遅かったです。

◎moegiさんへ
 今まで読まなかった分野の本を始め、読書の裾野は確実に広がりますね。
ただ、歳を取るごとに好きな作家は確実に増えるので、新刊をチェックする
だけでも結構大変です。まあ、嬉しい悩みなのですが。
 村上さんの新刊は、待ち遠しいですね。新刊翻訳でも読みながら、気長に
待ちましょう。

◎あっくんへ
 人間関係は難しいですよね。仕事そのものよりも、難しいかもしれませ
ん。ここの掲示板の雰囲気は、いつも書き込んでくれるみなさんのおかげで
すね。ありがとうございます。
 共感できる範囲が広がる、というのは分かります。20代前半で向田邦子
を分かりませんでしたが、最近は共感する部分も増えてきました。

[6217] MIUMIU さん(melancolico@rio.odn.ne.jp) 2002/05/14 Tue 13:55:48
連日の気温の差についていけず、風邪をぶりかえしたMIUMIUです。
再び自主休講してしまいました。でも天気のいい日に家で本を読んだり
ご飯を寝ながら食べるのも、それはそれでいいかなっと。
本間さん盗フ家庭教師をしていたそうで。(微笑)「先生」なんて
呼ばれるとちょっと嬉しいような恥ずかしいような・・・そんな気しませんでし
た?今は中学生の男の子を教えてるんですが、なんていうか・・・かわいいです
(*^^*)
あっくんさん(変になっちゃうなぁ)
河合隼雄の「青春の夢と遊び」、ぜひ読んでみようと思いますー
大学の図書館で、よく春樹を論じる本を読むのですが、どれもイマイチで。。。
「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」も、読んでみようと思いながら読んでない
ので、今読んでる「遠い太鼓」が終わったらトライしようかな(^v^)
 
あたしも昨日なんだかいやなことが続きました。
ずーっと笑顔をしてなきゃいけないのって、すごーくすごーく嫌なことですね。




[6216] はるしげ さん(harusige@zk9.so-net.ne.jp) 2002/05/14 Tue 00:57:17
こんばんわ、はつカキコです。
春樹ファンには、キングファンも結構いらっしゃるんでしょうか?
キングのホラー以外には、ボクも興味あります。
ホラーとその他って結構違いませんか?
スタンド・バイ・ミー、ゴールデンボーイ
(厳密には、それぞれ2作入っているうちの一作ですね。)
グリーン・マイルは好きですが、キャリーとか
Itとかはあんまり・・・。
そういや、ゴールデンボーイとスタンド・バイ・ミーって
アメリカでは一冊の本なんですよね。
4つの中編のうち、3つが映画化されてるとはなかなかお目にかかれません。

ところで、「アトランティス」はどっちなんでしょ?
全然しらなくてすみません。最近、キングからめっきり遠くなってしまって。


[6215] Yuki さん(bqb03265@nifty.ne.jp) 2002/05/13 Mon 21:31:26
こんばんは。昨日書き込みしたばかりですが(^^ゞ、キングの「アトランティス」、
本日無事、上下巻とも入手しましたので、そのご報告です。みなさん、上下巻とも
購入されているようで、よかったですねぇ……品切れかと思って、ちょっと焦りま
した。
 東野圭吾の「快笑小説」、一気に読了しました。面白かったです。私のお気に入
りは「超たぬき理論」と「しかばね台分譲住宅」です。もうばかばかしくって、お
かしくて、電車の中で、笑いをこらえるのに苦労しました。「アルジャーノンに花
束を」のパロディである「あるジーサンに線香を」と「動物家族」は可哀相で笑え
ませんでしたが。……私のイチオシです(東野圭吾はこれで二冊目なのによく言う
よ、ですが)。これ読んで、いっぺんにファンになっちゃいました。
 しばらくは本間さんお薦めのキングの新作にどっぷり浸かる予定です。

[6214] virtuoso さん(virtuoso@cs.puon.net) 2002/05/13 Mon 21:25:15
こんばんは。昨日、大阪市立中央図書館へ行ってきました〜。「世界の終わりとハ
ードボイルドワンダーランド」の元となる、「街と、その不確かな壁」を手に入れ
るためです。大学の図書館にも近所の図書館にもなくて、市立中央まで行っちゃい
ました。これも卒論のタメ!!見事ゲットしました。コピーが大変でした(^^;
まだ暇がなくて読んでないですが・・・。因みに、「文学界」の1980年9月号に掲載
してます。興味のある方はどうぞ〜(^^)

[6213] フミ さん(d2910105@kwassui.ac.jp) 2002/05/13 Mon 13:32:08
◎管理人 本間様◎

応援、ありがとうございます☆

まだ、キッチンの参考文献を見つけることができませんが、
今日の放課後にでも図書館に行って探してみます。

☆これからも ヨロシクお願いします。☆


[6212]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/13 Mon 09:21:00
 お腹が空いたなあ。

◎りんさんへ
 その線引きは難しいのですが、「スタンドバイミー」「ゴールデン・ボー
イ」、あとファンタジーも数作あります。でもキングの場合、気にしないで
読んでも、大丈夫ですよ。

◎シャンチーさんへ
 はい、初めまして。
 学生の時と社会人になってからの違いは、私もほぼ同じです。その分家に
どんどん本がたまりますが。村上さんの本は、文庫化されたものは品切れな
しという、日本ではとても珍しい作家ですが、さすがにハードカバーは品切
れもありますね。頑張って収集して下さい。
 「はいほー」は、もう出てから13年も経つんですか。早いなあ。

◎ゆめみさんへ
 「マレー鉄道」は、私も先日読みました。出ると言われてから、ずいぶん
経った作品ですが、有栖川有栖らしいオーソドックスなミステリでしたね。
 村上さんの翻訳、出たんですね。それは楽しみなので、今日にでも本屋へ
行ってみます。
 キングの新刊はいいですよ。楽しまれて下さい。

◎阿部美智子さんへ
 お久しぶりでしたね。元気そうで何よりです。
 林真理子は未読です。なかなか読む機会がなくて。「ハネムーン」では泣
きませんでしたが、私は結構読んでいて泣くこと多いですよ。浅田次郎では
ここが泣かせ所と思って書いているんだろうな、と分かっていても引っかか
るくらい。
 昨日母の日でしたか。すっかり忘れてました。

◎続き
 10時から仕事なので、今から風呂入って会社行ってきます。なので、続
きは帰ってきてから。

[6211] あっくん さん(akkunn@aa.alles.or.jp) 2002/05/13 Mon 02:58:24
こんばんは。
一寸、人間関係で嫌なことがあって(まあ誰しもあることなのですが)元気に
なりたくて来ました。
ここのかきこみは、皆さん何か温かいんですよね。村上ファンはみんないい
人?

本間さん、タイトル有難うございます。本屋さん行って探してみますね。


シャンチーさん、お返事有難うございます。感動を共感してもらえるってい
いものですね。これぞ、ネットの醍醐味ってとこでしょうか。
河合隼雄の「青春の夢と遊び」、おすすめです。私はこれで羊男の存在を
知ったのです。他にも三四郎、アムリタなどがとても読みやすく論じられて
いて、共感のあまり思わずファンレター出してしまいました。
村上さんも、「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」と対談本をだしていらっ
しゃいます。机上の論理でない心理学に興味のある方は、ぜひどうぞ。

若くなくなることの最良の面は、読書して共感できる範囲が広がることでは
ないかと常々思っております。
高校のころ、夏休みの宿題で「それから」を読み、進路のことで悩んでいた
時期だったので主人公のモラトリアムっぷりに大いに共感し、じゃあ次と
「門」に手をだしたものの、でだしのあまりの渋さについていけなかった思い
出があります。でも二十台後半にはしみじみ読めてしまった。(実は本間さ
んとタメなんですね。)

どうも、長くなってしまいました。
ではまたおじゃましますね。


[6210] moegi さん(keiko@kctvnet.ne.jp) 2002/05/13 Mon 00:22:38
 こんばんは!本間さん。暖かいお言葉ありがとう!
歳を重ねて行くと好きな作家は変わっていくと言うか、こんなのが好きだった
んだ私って・・・・・という新しい発見がありますね。春樹さんの本はもうず
ーっと、ずーっと読ませていただきます。新刊が出るまで待ちどうしくて、翻
訳本にも手を染めています。

*阿部美智子さんへ   はじめまして。私に本の面白さを教えてくれたのは林
真理子さんの「花より結婚きびだんご」でした。本を読んで声を出して笑った
のは初めてでしたから。山田詠美さんに言わせると真理子さんの本には、善玉
と悪玉があるそうです。本当にその通りで、うーーん上手いことを言うなあと
感心して詠美さんの作品も読みまくりです。どれが善玉でどれが悪玉か判り易
いのも真理子作品のいいところです。
 母の日にプレゼントなんて気の利いたことできるのはやっぱり女の子ですよ
ね。私は二人の息子たちに母の日感謝メールはないの?と催促しました(笑)
そういう私は母に絵手紙にカーネーションいっぱい、いっぱい書いて送りまし
た(安上がり)

[6209] nkmt さん(lunefroid@yahoo.co.jp) 2002/05/12 Sun 23:16:40
「クロニクル」、読み終わりました!
で、「アトランティスのこころ」を上下巻まとめて購入。
大作を読み終わったばかりで、短編の方に行くつもりでしたが、皆さん読んでいる
ようなので、便乗してみました。

それはさておき「クロニクル」で春樹さんの長編はすべて読み終わったのでなんだ
か「待つ側」に立ってしまった心境です。
とはいっても短編やエッセイは読んでないのがたくさんあるし、
再読の余地もまだ全然あるんですけどね。

まあ、新刊を待つのもそれはそれで楽しみ、と言えない事もないでしょうから。

この五月は「アトランティスのこころ」をはじめ、「ALI」、「パニックルーム」と
見たい映画もたくさんあって、映画月間にもなりそうです。

本間さん>チャット好き、という事ではなくてたまたま誰かとしゃべりたかっただ
     けです。で、何度行っても誰もいないから少々ムキになっていたでけで
     。我ながら大人気ない・・。

 

[6208] chat さん(freewill_14@hotmail.com) 2002/05/12 Sun 22:18:04
こんばんは。皆様、東野作品についてアドバイスありがとうございました。
ベガさんの東野作品初読みだった「あの頃ぼくらはアホでした」は、本屋さん
の東野作品を見に行くたびになぜか目につきます。
皆様の意見を参考に、といいますか、もうそのまんま教えていただいた通り
東野作品「超・殺人事件」、「浪花少年探偵団」の2冊を購入しました。今日
は、その他にも、ずっと気になっていた宮部みゆきの「レベル7」、そして、
最近よく話題にのぼっていたキング氏の「アトランティスのこころ(上)(下)」
をまとめ買いしました。当分読むものに困らなくてよさそうです。
では、今から読書timeにはいります。また、おじゃましますね。



[6207]こうちゃん。 さん(kou1chan@mac.com) 2002/05/12 Sun 19:38:09
こんばんは!本間さん。
京極夏彦さんの本、ドサッと借りてしまったために、未読本がだんだん溜ま
っていっています。そんな訳で最近本に出費するお金は激減したのですが、
本屋や古本屋で本を買わないでチェックしているだけだと、どうやら自分妙
なストレスが溜まってきています。京極さんの本読み終わるの・・・。いつ
になるんだろう。

[6206] Yuki さん(bqb03265@nifty.ne.jp) 2002/05/12 Sun 18:56:21
こんにちは。ようやく「シドニー!」を読み終わりました。この本は一粒で二度お
いしいというか、オーストラリアに関する記述は面白く読め(^-^)、マラソンランナ
ーのお話にはとても感じるものがありました。……村上さんが最後に、オリンピッ
クゲームは僕らにとって一つの大きなメタファーともいえると書いていますが、共
感です。そうか、闘争心を失ったら人生おしまいなのですね。競争から下りてしま
ったら……。(--;
 マラソン選手の姿に自分の姿を重ねて読んでいたのですが、犬伏選手がいまだゴー
ルにたどり着いておらず、彼は四〇キロのあたりをさまよっているのだ、という話
には思わず滂沱の涙でした。……私もゴールにたどり着けるよう、頑張ろう。

キングの新作、オンライン書店では上巻はお取りよせになっているので、書店で探
しているのですが、今日行った本屋では下巻しか売っていませんでした。もう少し
で下巻を二冊買うところでした(レジで気がつきました(^^;))。もしかしたら上巻
はどこでも売り切れになっているのでしょうか? 東野圭吾の本は「秘密」が見つ
からなくて、結局、平積みになっていた「快笑小説」を買ってしまいました(お笑
い系に走ってしまいました……)。



[6205] 阿部美智子 さん(papillon98@ma.mni.ne.jp) 2002/05/12 Sun 17:50:20
ご無沙汰しております。本当に久しぶりです。みなさん相変わらず色々な本を読ん
でいますね。私も忙しい日々を送りながらも、地道に読んでおります。最近のお気
に入りは「林真理子」です。思わずクスクスと笑ってしまいます。今現在の一番は
吉本ばななの「ハネムーン」かな?一気に読んでしまって、おまけにラストの方で
泣いてしまいました。今まで色々な本を読んで来ましたが、涙が流れてきたのは初
めてで自分でも驚きました。
         
話は変わりますが、今日は「母の日」ですね。ささやかですが姉妹でお花とケーキ
を買い母にプレゼントしました。

また来てみますね。

[6204] ゆめみ さん(yumemi-m@clubaa.com) 2002/05/12 Sun 11:51:04
こんにちは。ちょっと来ない間に随分書きこみが増えてますね。皆さんにレスをし
ようと思いましたが、難しそうなので近況報告だけにします。すみません。
阿刀田高さんの「小説家の休日」と有栖川有栖さんの「マレー鉄道の謎」を読み終
わりました。阿刀田さんのはとても読みやすいエッセイ集で、さらっとした読後感
ですね。有栖川さんのは、火村先生のファンである私には嬉しいのですが、一気読
み(約3時間)してしまったせいか・・・早くも次の火村先生が読みたくなってし
まいました。わがままな読者ですみません。
あと、まだ読んではいないのですが村上さんの翻訳の新刊、買いましたよ。既に出
ていた作品の改訳と訳し下ろしですが、読むのが楽しみです。
通勤用には・・・そろそろキングの新刊に手をつけてしまおうかなと思ってます。
他のことをほっぽってしまいそうですが。

[6203] シャンチー さん(sun@private.email.ne.jp) 2002/05/12 Sun 11:04:26
どうも、はじめまして
わたしは、どこにでもいる26歳のサラリーマンです。
わたしも、”あっくんさん”と(おそらく全く)同じで大学2年生の時に
「羊をめぐる冒険」に出会ってから村上春樹さんのファンになりました。
当時はあまりお金がなかったので地元の図書館で春樹さんの作品を
片っ端から借りて読んでました。
今は働きだして自由にできるお金が増えましたので本屋さんや古本屋さんに
行ってハードカバーの本を見つけては買って再読しています。
(村上春樹さんの作品て大きな本屋さんでないと揃っていないのが残念です。)
今朝、「村上朝日堂 はいほ〜!」を読み終えました。
13年前のエッセイなのにホントに面白かったです。
また、来て、楽しく読ませていただいたり、カキコしたりします。
よろしくどうぞ。

[6202] りん さん(hiroron@h7.dion.ne.jp) 2002/05/12 Sun 08:36:53
キングさんの
ホラー以外の 小説を 教えて下さい。分かるだけで良いから 御願いしま
す。


[6201]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2002/05/12 Sun 02:33:07
 仕事帰りです。明日から早番なので、夜更かしの日々も終わり。

◎chatさんへ
 いきなり「天空の蜂」は辛かったでしょうね。あの小説、問題提起はある
んですが、カタルシスはないので。その路線でしたら「亡国のイージス」福
井晴敏がベストかと。危機管理意識のなさを思い知ります。
 で、東野圭吾でしたら、「学生街の殺人」「浪花少年探偵団」辺りを読ん
で「秘密」を読んでいただけたら取っつきやすいかと。

◎KEIKOさんへ
 レポート、お疲れさまでした。でも山のようにある研究本から、そのまま
写すよりも、その方が個性が出ていいと思いますよ。
 村上作品は、読む時期によって読後感は変わるし、初読時には分からなか
った事柄も分かるようになっていたりして、自分の変化も把握できます。の
んびりと読みたい時に再読してみて下さいね。

◎moegiさんへ
 17年というと、私が初めて読んだのが16歳で、今32歳だから、おお
ほぼ同じ時期ですね。moegiさんも長く読み続けていて嬉しいです。歳を取る
と好みも結構変わるじゃないですか? そんな中ずっと好きな作家がいると
いうのは、幸せな事ですよね。年齢に関係なく、応援していきましょう。
 それと、親子二代でファンというのも、いい話ですね。私は独身ですが、
そういう話を聞くと、子供が欲しくなります。

◎ようじさんへ
 こちらはゼミの発表ですか。お疲れさまです。
 インターネットは毎日見ないで済むなら、それはそこまでの必要性がない
という事です。むしろシンプルで羨ましい。この手の習慣は、どんどん増え
ていくので、自分でも何が大事なのかよく分からなくなりますし。

◎あっくんへ
 ああ、泡盛の方でしたか。思い出しました。
 佐藤多佳子は小学生向けでしたら、「イグアナくんのおじゃまな毎日」中
公文庫が入手しやすいし、お勧めです。私が読んでも、なかなかいい小説で
したし。
 村上さんの新刊は、本当待ち遠しいですね。いつか本屋でばったり会える
日を楽しみにしています。

◎ベガさんへ
 残り一冊まで来ましたか。「リボルバー」は、エッセイでも散々触れられ
ている小説だし、エッセイとぜひ読み比べてみて下さい。
 「超・殺人事件」もいいですね。「名探偵の掟」同様、今のミステリ界を
皮肉った小説なので、かなりひねりが効いてます。
 私の読む小説は、確かにここ20年を集中的に読んでます。同時代性を感
じるのが好きなのと、入手しやすいからかな。少しでも役に立っているので
あれば、嬉しいですね。長く続けている甲斐があるってもんです。