現在の掲示板へ戻る

[4800] gem さん(gem_3210@hotmail.com) 2001/06/28 Thu 07:33:21
夏になると、ビールを飲みたくなる。そして、「風の歌を聴け」を読みたくなる。

[4799]はるか さん(haruka@s2.ocv.ne.jp) 2001/06/28 Thu 04:57:27
はじめまして!
宣伝させて下さい!

村上春樹さんの同盟をつくりました。
まだまだ始まったばかりなのでバナーなど少ないのですが、
ぜひぜひ遊びに来て下さい!
それからBBSで春樹さんへの熱い思いを書いていって
くれると嬉しいぃです。

では、突然の書き込み失礼致しました。

どうぞよろしく御願いします!

[4798]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/28 Thu 02:26:53
 森博嗣の新刊3冊刊行は凄い。

◎りんごさんへ
 別に冷やかしだと思ってないですよ。きっかけは何であれ、気に入った作家に出
会うという事は幸せな事です。先日も言いましたが、「ノルウェイ」は村上作品へ
のとっかかりとしては、入りやすい作品だと思いますし、これから未読作品楽しま
れて下さい。

◎アキさんへ
 私も、誰かに村上作品を勧める時は「カンガルー日和」をプレゼントして様子を
見ます。それで面白いと言われたら「ノルウェイ」かな。先日プレゼントした人に
は「おしゃれな短編集で、わたせせいぞうみたい」と言われて、リアクションに困
りました。広報活動、頑張って下さい。その人はきっと見込みあります。

◎ゆりさんへ
 基本的に、相手に本を勧める時はプレゼントが前提なので、文庫本の方が良いか
もしれません。そしてあまりボリュームがなく、読みやすいという事で、私は「カ
ンガルー」を選んでます。自分が好きなのでという理由も大きいですが。
 でもプレゼントした本を気に入ってもらえると嬉しいですよね。プレゼントって
品物より、相手に何が合うか考える時間を贈るんだ、という心意気です。

◎大木さんへ
 うーん、まあそう言われるとそうかもしれませんね。私としては、現実社会であ
れ、掲示板であれ、こちらの言った事に何らかの反応がある人の方が対応しやすい
というのは確かにあります。一方通行で書かれても、返事の書きようがないので。
 ただ、私にせよ、大木さんにせよ、人に不快感を与える文章を書いた事に変わり
はないので、その点は反省いたします。失礼しました。

◎かずおさんへ
 という訳で、さっき書いた理由から、「ねじまき鳥」はハードかと思いますよ。
私未だに消化しきれてないし、読んだ人に「ここはどういう事?」と質問されても
なかなか答えられないですし。
 その点、「カンガルー」ならもう長年読み込んでいるし、どこからでも来い、と
いう感じでしょうか。

[4797] かずお さん(ma-ti@pop01.odn.ne.jp) 2001/06/27 Wed 13:00:39
おお!さすが広報部長、アキさん。いつもねじまきをすすめているから、みんな引
いていくのね。(笑)特に普段本を読まない人は、借りてもくれないわよ。(笑)
ゆりさんもいい選択な気がします。比較的新しいから、話題性もありますしね。
おお、参考になりましたー。

[4796] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp ) 2001/06/27 Wed 10:00:32
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。
 今日は3週間ぶりくらいに海に入ることが出来ました。天気は最高、波も良くて久
しぶりにいい気分でした。やはり海はいいです。日常の生活の中でわだかまったご
ちゃごちゃを一時的にせよ、忘れさせてくれます。それで何が解決するというわけ
ではないんですけどね。
 
 さて、私の前回のメールにおけるワールドカップについての言及は、確かに偏見の
産物といわれても仕方がないところがありましたね。そこは反省しています(すぎ
むらさん、フォローありがとう)。それにしても、以前から感じていたことではあ
るのですが、どうも本間さんは私のメールに対して、何かと突っかかってくるとこ
ろがありますね。揚げ足取り、とまでは言わないまでも、どうも私に対して悪い感
情をお持ちのようです。
 私にしてみればここの掲示板は、居心地のいい飲み屋のような存在でした。雰囲気
はいいし、集まってこられる皆さんも気持ちのいい方ばかり。私も今まで生活の一
部として、ここで楽しく遊ばせてもらってきたのですが、肝心のマスターとの相性
が悪いのでは、せっかくのお酒も美味しくなくなってしまいます。
 ということで、ここの掲示板からは自主的に退室させていただくことにします。こ
こで少なからず関わりを持つことの出来た皆さん、今までありがとうございまた。
 本間さんも今後もますますのご活躍を。
 では。

[4795] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/06/27 Wed 08:54:31
おはようございます。

アキさんへ、お願い。
その後の経過報告お願いしますね。相手の趣味傾向によって全然違うんですもん。
私なら最初に「神の子どもたち・・」をすすめてしまうところなんですけど、(新
しい、いろんなタイプがある、ということで,一気に釣り上げよう作戦で)。これは
やや年長向きですか?
そうですね、「カンガルー」がいいかもしれない。うんうん・・。       
           その前に未読本読む必要有り、の広報パート社員ゆりより



[4794] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/06/27 Wed 01:51:08
こんばんは。
友達が突然「村上春樹、読んでみようかな」と言い出したので、「カンガルー日和」と
「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか?」を貸してみました。
<小説が気に入ったら「世界の終わり…」を、エッセイが気に入ったらその他の「朝日
堂」を貸すから>という慎重な貸し本計画メモ付き。 竿にかかった後、いかにして
引き上げるかが醍醐味ですから、とかカワハギ釣りのような気持ちです(笑)。
とりあえずエッセイは気に入ったようで、特に全裸家事主婦にヤラレテました。
ふーむ、予定変更で「夜のくもざる」とかを貸してみようかしら、と思う火曜日の
広報部長・アキなのでした。では。

[4793] りんご さん(jhsk@mti.biglobe.ne.jp) 2001/06/27 Wed 01:30:46
こんにちは。 
先日初めてお話しさせてもらって、なんか‘冷やかし’みたいに思われてしまった
のではないかと思って、ちょっと言い訳させてください。
「“ノルウェイの森”を表紙と安さにひかれて購入しました。」とずいぶんないい方
をしてしまったけど(それも事実だけど)それで、すごく、あの作品が自分に染み
たような気がして、村上春樹さんの本をいろいろ読み始めて、本当に、とても好き
なんです。←全然説得力ないですね....とほほ。(気持ちを活字にするの、て
難しいな....。)
みなさんのように、上手に作品を分析したり、感想を言ったりできないかもしれま
せんが、参加させてくださいね。 おねがいします。



[4792]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/26 Tue 23:56:16
 車のタイヤ替えて、バッテリーとオイル交換して、エアコンガス入れて、締めて
6万円なり。なんだかんだでお金がかかるものです。

◎樽井さんへ
 本能は騙すものではないのですが、まあ猫が可愛いという気持ちは分かりますの
で、それで良いでしょう。
 これから、賢い猫に育つといいですね。

◎やまももさんへ
 そうなんですよ。駆け足でした。面白かったけど、あの範囲を回るにはやはり一
週間は欲しいですね。今一番見たい馬は、うーん、やっぱりライアンかなあ。本当
好きだったんです。
 「八月の」は多分来年文庫化です。サイン本の関係で家に2冊あるので、プレゼ
ントしてもいいですよ。

◎眼球太郎さんへ
 ちょっとだけ見ましたが、横幅広すぎるので、もう少し小さくすれば、もっと見
やすくなるかと思います。

◎優游さんへ
 はい、初めまして。ゲストブックはコメントが入るので手動更新です。メールは
受け取っていますので、更新までしばらくお待ち下さい。あまり掲示板との差がな
くなってしまったので、ここに書き込んでもらっても、もちろん構いません。

◎ほりえさんへ
 ダメージ50だとベホイミの方がいいですね。黄色の右上とか言って探していた
去年の事を思い出します。何にせよ、体は大事にしてください。

[4791] ほりえ さん(horiyus@clubaa.com) 2001/06/26 Tue 18:12:04
 こんばんは。ほりえです。今日は車の窓を開けて走っていたら、じめっとした初
夏の香りがしました。日本のじめっとした初夏の香りにはボブ・ディランの「くよ
くよするなよ」がぴったりくるような気がします。

 昨夜、ひさしぶりに腕立て、腹筋、スクワットを数十分間こなしてみました。そ
の結果、50のダメージを食らいました。だれかホイミをかけてください。

◆チヒロさんへ
 どうもはじめまして。「夫婦茶碗」は面白いですよ(と思います)。彼の文体は
なんとなく未完成っぽいところが好きです。
 ところで、チヒロさんの書き込みのなかの「・・・いよいよ死ぬぞってとき、人
間はじぶんにむかって短い話をするものなのさ。・・・」という個所で、映画「海
の上のピアニスト」の主人公、ナインティーンハンドレッドがラストで語る物語を
思い出してしまいました。関係ない話ですみません。
 えーと、アメリカの短編ならトルーマン・カポーティの「夜の樹」がたいへん面
白いです。かるく読めて、あとからじんわりきます。

[4790]優游 さん(youyou.kazu@nifty.ne.jp) 2001/06/26 Tue 18:07:26
はじめまして。村上さんのファンです。近頃「村上ラヂオ」読みました。
ゲストブックのほうにも書き込んだのですが、まだ載っていんですけど、これは載
るまでに数日かかるのでしょうか?それとも、闇の中に消えてしまったのでしょう
か?そのへんがわからないので質問してみました。もし届いていないようでした
ら、また書いてみますので、お答えお願いします。

[4789]眼球太郎 さん(gankyu@livedoor.com) 2001/06/26 Tue 02:32:15
はじめまして。
 ウエブサイトやってます。コラム・裸眼凝視というタイトルです。
 テーマを決めず、情緒より分析をモットーにいろんなことについて書い
 てゆくつもりでして、今まで爆笑問題、広末涼子、村上龍、2ちゃんねる掲示板
  そして今回は児童大量殺人犯、宅間守について書いてみました。
 「闇無き世界の宅間守」というタイトルです。
  冷やかしでもいいので是非読んでみてください。
 いきなり宣伝で申し訳ありません。
 

[4788] やまもも さん(hiromi@st.rim.or.jp) 2001/06/26 Tue 01:39:21
◎本間さん
 牧場関係の旅行記拝見させていただきました。短期間に色々行かれたのです
ね。その中でもアロースタッドはタマモクロスを見にわたしも行きました。ラ
イアンは相変わらずモヒカンですよね。わたしは比較的マイナーなところを
回ってしまいます。本桐牧場(ウィナーズサークル好きなので)とか、愛馬の
母のいる出羽牧場とかに足を運んでいます。今度「八月のマルクス」読んでみ
ます。マルクス兄弟のことが少しでも意識して書かれているだけで、とても読
みたい気分になってしまいます。



[4787]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/26 Tue 00:47:00
 こんにちは。樽井です。
 今日はニ度目のおじゃまです。
 あんまりにも今日の大阪は暑かったので、今からやっと涼みタイムです。
 さて。

>本間さん
 本能というわれると、そうなのかも、とも思ってしまうのだけれど、まぁ
 でも、本能に騙されているだけだとしても、それで安らぎや優しい気持ち
 がうまれるなら騙されてもいいかな、なんて思えます。
 猫は春樹さんの話しに出てきたように当たり外れがハッキリしているそう
 だけれど、たぶん、この子たちは賢くなるような気がします(飼う前から
 親ばかですね)

>ぴぴさん
 そんなわけで猫を飼ったりしようとすると猫関係のことに意識がいって
 しまいます。今日も路地裏の猫とかに自然と眼がいってしまいました。

>かずおさん
 料理のページ、僕も実は結構楽しみにしています^^ だから、頑張って
下さい。


[4786]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/26 Tue 00:05:30
 今日の仕事は疲れた。

◎ほりえさんへ
 そうですか。私は町田康も太宰も今ひとつ合わなかったので、そんなに読んでは
いませんが、人気ありますよね、どちらも。
 「AV女優」は数年前に面白いノンフィクションとして話題になりましたね。第
二弾も出ていたような。私も機会があれば読んでみます。

◎すぎむらさんへ
 樋口有介って、書く小説のタイプがみんな似ているのですが、はまる人はすぐに
はまります。私もそうでした。
 感想のページに作品リストあるので、見てみて下さい。

◎チヒロさんへ
 ここ10年は、日本の小説にも様々なタイプが出てきて、面白いですよ。文学よ
りも他のジャンルの方がその傾向は強いですね。とはいえ、好みの問題が大きいの
で、やはり実際に読んでみるしか手はありません。
 私のおすすめは「私的ブックガイド」にまとめてますので、良かったらご覧下さ
い。

◎かずおさんへ
 私もここ数日は書店に行ってないので、まだ本は見てません。明日こそは。
 コンセプトが似ていても、切り口は違うと思うので、大丈夫ですよ。自信持って
作ってみて下さいね。

◎でんぼさんへ
 「絶対泣かない」ですか。色々な職業の女性を主人公にした短編集ですよね。私
が好きだと言った理由が少しは分かりました? 男性でも女性でも、ある種の人は
とても惹きつけられる話が多いと思いますよ。

[4785] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/25 Mon 22:40:37
山本文緒の『絶対泣かない』を読みました。
なんて読みやすい文章なんだっ。読めない漢字もひとつもなかったし・・・。
OL経験者にはキュンとくるようなお話が多かったです。
男性陣はどう思われてるのかしら?

♪アキさん
山本文緒が結婚に向かない女というのは短絡的すぎたかもしれませぬ。
短絡的すぎたかもしれないと思いつつ・・・やはりそう思うのでしたぁ・・・。
(めざましテレビ 今日のわんこ風)

♪かずおさん
是非ともHPを作って欲しい者のひとりです!
今からもの凄く楽しみにしてます。ほんとうだよ〜。


[4784] かずお さん(ma-ti@pop01.odn.ne.jp) 2001/06/25 Mon 22:22:07
気になっている、「村上レシピ本」ですが、まだこちらの書店では見かけません。
でも、もうすこし集めて、HPにしてみようと思います。でも、その本、良さそう
だから、見たら自信を無くしそう・・・。
村上さんの本の料理もおいしいんですけど、個人的に一番好きで、よく作るのは山
田詠美さんのエッセイとかに出てくる料理です。簡単で、おしゃれで、おいしいん
ですよ。


[4783] チヒロ さん(owl@nifty.com) 2001/06/25 Mon 21:41:07
ほりえさんのカキコミを見て、町田康さんの「夫婦茶碗」を読みたい! って思い
ました。ここ数年、恥ずかしながら、村上作品以外の日本の現代小説はほとんど読
んでないんですよねー。高村薫エンスーの友人から何冊か借りて読んだきりです。
避けてたわけじゃないんだけど、身につまされるような人間関係とか人生観がつづ
られたような日本の小説を読むと、こう、がーんとなって、ぐらっとなって、ばっ
たり行ってしまいそうな、ここ数年はそんな心弱い人間だったもので・・・。
ちょっとご無沙汰しているうちに、「GO」みたいなおもしろい作品も出てきた
し、読みたくなってきました。なんか他にもオススメがあれば教えて下さい。
わたしのほうはというと、今、「アメリカ短編小説興亡史とめどもなくあらわれる
アメリカ短編小説をめぐる、めどもなくあられもない断片的詳説」を読んでいま
す。著者は「本の雑誌」のおもしろいコラムでもおなじみの青山南さん。
「短編は苦痛を癒やしてくれるんだよ。
死ぬかもしれないなあ、というとき、誰が長い話をする?
その時必要なのは短編だよ、短い話だよ。
いよいよ死ぬぞってとき、人間はじぶんにむかって短い話をするものなのさ。
長編はおよびではないの」なーんて帯の文句にしびれちゃいました。

ふと立ち止まり、気持ちを軽くしてくれて、最後にちょっとせつなさが残るよう
な、アメリカ短編が好きなんですよねー。


[4782] チヒロ さん(owl@nifty.com) 2001/06/25 Mon 21:17:43
ほりえさんのカキコミを見て、町田康さんの「夫婦茶碗」を読みたい! って思い
ました。ここ数年、恥ずかしながら、村上作品以外の日本の現代小説はほとんど読
んでないんですよねー。高村薫エンスーの友人から何冊か借りて読んだきりです。
避けてたわけじゃないんだけど、身につまされるような人間関係とか人生観がつづ
られたような日本の小説を読むと、こう、がーんとなって、ぐらっとなって、ばっ
たり行ってしまいそうな、ここ数年はそんな心弱い人間だったもので・・・。
ちょっとご無沙汰しているうちに、「GO」みたいなおもしろい作品も出てきた
し、読みたくなってきました。なんか他にもオススメがあれば教えて下さい。
わたしのほうはというと、今、「アメリカ短編小説興亡史とめどもなくあらわれる
アメリカ短編小説をめぐる、めどもなくあられもない断片的詳説」を読んでいま
す。著者は「本の雑誌」のおもしろいコラムでもおなじみの青山南さん。
「短編は苦痛を癒やしてくれるんだよ。
死ぬかもしれないなあ、というとき、誰が長い話をする?
その時必要なのは短編だよ、短い話だよ。
いよいよ死ぬぞってとき、人間はじぶんにむかって短い話をするものなのさ。
長編はおよびではないの」なーんて帯の文句にしびれちゃいました。

ふと立ち止まり、気持ちを軽くしてくれて、最後にちょっとせつなさが残るよう
な、アメリカ短編が好きなんですよねー。


[4781] すぎむら さん(305@l-navi.com) 2001/06/25 Mon 19:36:23
こんちには。
今は宮本輝は一休みして樋口有介を読んでいます
何気なく読んだ「プラスチック・ラブ」ですが、
主人公の会話がおもしろくて、あっという間に読んでしまいました(^^
何冊ぐらい本を出しているのかわからないけれど、
全部読みたいと思わせてくれるお気に入りの作家になりました。

大木さん>僕はワールドカップを開催するにあたって
     いろいろな問題点があると思いますが
     フーリガンというのもかなり深刻な問題だと思います
     (実際大きな事件も起こったことがありますから)     
     だからフーリガンが恐いと思う気持ちはよくわかります。
     自分のチームがどれほど好きでも、他の人々に迷惑をかけるようでは
     まずいですよね(^^;
     でも、名選手もたくさん来ますし、良い面もいろいろあると思いますので
     めったにない機会ですからワールドカップを楽しみましょう!

長くなりましたのでここらへんで失礼させていただきます。
     


[4780] ほりえ さん(horiyus@clubaa.com) 2001/06/25 Mon 19:11:07
 こんばんは、ほりえです。今日は雨降りの午後でした。日本の雨降りにはどうい
うわけかボブ・ディランの「北国の少女」がぴったりくるような気がします。

 こないだ、本屋さんをぶらぶらしていたら町田康の「夫婦茶碗」が文庫化されて
いるのに気が付きました。僕の個人的見解をのべさせていただくと、この作品は太
宰治「人間失格」よりもすぐれた文学作品のような気がします。気がするだけで
す、はい。わははと大笑いしながらも、なんだか懐かしい気分になる小説でした
(意味不明)。

 あとは、文春文庫からでていた「AV女優」というとても分厚いドキュメンタリ
ー作品があるのですが、これはなかなか(というか、かなり)面白いです。読んで
ていろんな発見がありました。

[4779]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/25 Mon 15:30:42
 今日はどしゃ降りの雨。

◎やまももさんへ
 記者の方でしたか。一般紙は組合などで情報入ってくるから分かるのですが、ス
ポーツ紙って交流ないですからね。これを機によろしくお願いします。牧場巡りっ
て結構幸せですよね。旅行記のとこに置いてますが、また行きたいものです。
 「八月のマルクス」は主人公がコメディアンという設定なので、カールじゃなく
て兄弟の方です。いろいろ触れられていますので、ぜひどうぞ。

◎大木さんへ
 「シドニー」に関してはその通りなんですが、ワールドカップに関しては、ちょ
っと偏見がありすぎでは? 大木さんも「私はサーフィンする人乱暴で嫌いだから
あの人たち外国でやってくれないかなあ」と言われると、どうですか?
 フーリガンを心配するのは分かりますが、開催を楽しみにしている人もたくさん
いるし、そのような極論は友達同士ででもお話し下さい。

◎樽井さんへ
 目と目がくっついているものを、本能的に可愛いと思い保護する、というのは人
間の本能のようです。そういう理屈は分かるけど、子猫も子犬も無条件でかわいい
ですよね。私は前子犬を何匹かあげる方でしたが、手放す時は切なかったです。

◎ほのぼのさんへ
 私はいつも書いているのですが、読んでない本が多いという事は、あんな名作も
こんな名作もこれから読めるという事で、幸せな事です。どんどんいい本に出会っ
て下さい。
 という訳で、この前も勧めたけど多分あなたが通っている大学が舞台だし、シリ
ーズ一作目の「彼女が死んだ夜」西澤保彦、角川文庫がまずおすすめでしょうか。

[4778]ぴぴ さん(sweet@redbit.ne.jp) 2001/06/25 Mon 15:15:58
みなさんこんにちは。
雨嫌ですね。
私の住んでいるところはかなり街中なのですが、近所に沢山の猫がいるのです。
今は身重の白猫や、お産したての黒猫などもいて、豪雨の時などはどこで
雨風を凌いでいるのかと気になります。
時々、餌を持っていってあげているのですが猫の事を悪く思っている住人の方々も
いらっしゃるかもしれません。でもあげずにはいれません。

>でんぼさん
山本文緒は私も大好きです。面白いですよ。
「紙婚式」なんて読んだら、ますます「この人は結婚を憎んでいるのかなぁ」
と思ってしまいます。怖いけど、面白かったですよ。

>アキさん
はじめまして。
私も、「いくつもの週末」を小説と間違えて買ってしまいました。
しかしまだ読んでいません。
江國さんは好きな人と、苦手な人がはっきり別れますね。
私は、割と好きなほうです。
「Lovers」という、女流作家9人の恋愛短編小説アンソロジーが出ています。
まだ途中ですがなかなか面白いですよ。


[4777] ほのぼの さん(b0mf007@s.kochi-u.ac.jp) 2001/06/25 Mon 14:38:58
◎本間さんへ、
 お答えいただきありがとうございます。さっそく私的ガイドブック拝見させてい
ただきました。
 たくさんの本が紹介されていてどれを読もうかワクワクしてしまいました。(ハ
ードボイルドや純粋なサスペンスものが苦手な僕には、ジャンル分けがしてあって
とてもありがたい!)
 ところでメルアドから僕が高知の人間だと思っている方が多いようですが、じつ
はこれは大学のメルアドを使っているからで出身は福岡です。でもせっかく高知に
来たのだからこの場所に絡んだ小説をよんでみるのもいいですね。(年配の方の高
知弁のスピードには未だついていけません・・・)

◎ゆりさんへ、
 本の紹介ありがとうございました。さっそく図書館、本屋などで探してみようと
思います。
 ところで、ゆりさんが言った同じ作家さんの本がずらーり、といった状況は僕も
まったく一緒です。つい気に入った作家さんの本は何度も読み返せるよう、図書館
では借りず新作でなくても買ってしまいます。(下手すると一度読んだ本までも)
だから気がつけば本棚の作家さんの名前に妙な偏りが・・・さらに内容を読めばど
んな本が好きか一目瞭然って感じなのであまり人には見せたくない状況になってま
す。そんなこともあって、他の人たちに新しい作家さんの小説を紹介してもらおう
と思ったんですけどね。

[4776]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/25 Mon 10:50:45
 こんにちは。樽井です。
 昨日は京都まで猫を見にいってきました。
 最初は一匹だけもらうつもりだったのですが、むこうの奥さんが
あんまりにもすすめるものだし、とってもかわいい猫たちだったの
で結局2匹いっぺんにもらうことにしました。
 とーっても、かわいかったですよ。
 まだ、生まれて一ヶ月半くらいです。あのくらいの生き物の可愛
いさに勝てるものはちょっと見当たりませんね。



[4775] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp) 2001/06/25 Mon 02:06:24
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。

「シドニー」読了しました。村上さん流の視点で描かれるオリンピックはとても面
白かったです。来年開かれるワールドカップの時、村上さんは日本にいるのかな。
サッカーに関しては村上龍の守備範囲という感じもするのですけど、「シドニー」
の視点を実地で確認出来る機会ではありますね。私は神奈川県の平塚市というとこ
ろに住んでいるのですが、ここは現在J2所属の湘南ベルマーレの本拠地でして、
ワールドカップの際にはどこかのチームの合宿地として名乗りを上げることが、市
政のレベルではもう既定事実のような雰囲気になっています。ただヨーロッパのチ
ームとかだと、それにくっついてくるフーリガンの連中がすごく心配。横浜にも近
いし、ホテルに大挙して泊まり込んだフーリガンが、暴徒化したらと思うとメチャ
メチャ怖い。ごく一部で盛り上がっているサポーターや利権がらみの人たちは別と
して、市内では戦々恐々という雰囲気が大勢のようです。特に子供がいる家庭には
迷惑以外の何者でも無いですね。私としても、どこか別の所(国)でやってくれね
えかな、と心から思っているのですが。ま、同じ呼ぶにしてもジャマイカとかなら
練習を見に行っても楽しそうなんだけどな。

「神様のボート」読了しました。江國さん、あとがきで曰く。「小さな、静かな物
語ですが、これは狂気の物語です」とのこと。ふーん、という感じです。確かにう
ちのカミさんにこの本を渡されて「これが私よ」なんて言われた日には、相当怖い
かもしれない。ま、私自身がそんなたいした男じゃないので、杞憂ですな。

 次の本として、図書館で村上春樹さんの「河合隼雄に会いに行く」、同じ河合さ
ん繋がりで村上龍の「存在の耐え難いサルサ」を借りてきました(本間さんは村上
龍は嫌いなんでしたっけ)。今週は対談週間です。

 今週のビデオは「M:Iー2」。あー、面白かった。お約束通り。ジョン・ウー
最高!トム・クルーズ最高!です。
 長文失礼、では。



[4774] やまもも さん(hiromi@st.rim.or.jp) 2001/06/25 Mon 00:42:50
 こんばんは。
 大組はマッキントッシュで見出しなり、写真なりを加工して端末に転送して
いるみたいです。わたしは整理部ではなく、レース部の記者なので詳しいこと
はわからないんですよ。レース部は中央競馬からオートレースまで幅広く扱っ
てますが、わたしはオートレースを中心にやっています。高橋源一郎さんが週
末にコラムを書いている新聞っていったらわかるかな。
 競馬は趣味ですね。趣味がこうじてひと口馬主にまでなったほどですから。
夏には牧場回りをしたりして楽しんでいます。
「八月のマルクス」は読んでいません。一般的にマルクスというと、カール・
マルクスのほうを連想してしまい手にとらなかったのですが、マルクス兄弟と
何か関係のある内容なのですか?


[4773]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/24 Sun 16:44:00
 今週も土日仕事です。ちょっと悲しい。

◎アキさんへ
 もう読まれたんですか。レシピ本かあ。私もいくつか作ってみようかな。
 苦手な物というのは料理法を変えても、やっぱり苦手なもんですよね。それで克
服出来るようだったらいいのだけど、私はずっときゅうりは食べられない事でしょ
う。もう慣れましたけどね。

◎yu-chanへ
 全集の短編集1−3には、単行本未収録の短編がいくつか入ってます。Uには、
確かあしか関係の短編が入っていたような。私はそれ目当てで買いました。
 という訳で、リクエストがあるようなので、ちゃんと作って下さいね>かずおさ
ん。

◎ゆりさんへ
 私は特に何とか系って意識しないで読みたいものから読んでます。「模倣犯」は
そんなに予約多いんですか。あのボリュームだけに回転率悪そうですしね。
 私の本の好みは、結構ばらばらなので、人によって当たりはずれは多いと思いま
すよ。ここで読んで面白かったと言ってもらえると、私も嬉しいです。

[4772] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/06/24 Sun 01:41:23
こんばんはーん。「村上レシピ」買っちゃいましたー♪
「羊のレストラン」は文章中心と言うか研究本みたいな作りでしたが、こちらは
完全にレシピ本でした。パンの選び方から切り方、パスタの茹で方まで載ってて、
至れり尽せりです。この中にかねてから気になっていた『牛肉とセロリの煮物』が
載ってたので、即!作ってみました。メチャ簡単。ほほぉー、こういう料理だった
のか。コレで苦手なセロリを克服できるかと思ったのですが、やっぱりセロリでし
た。うぇ。
かずおさん>そんなHPがあったら入り浸っちゃいますよ、私。是非是非つくって
      ください。この本、短編系は手薄でしたから『図書館忌憚』の羊男の
      料理とか(私が食べたい(笑))いくらでもありますよ。ちゃお。
      

[4771] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/06/23 Sat 14:25:39
こんにちは。今日も雨。まさに梅雨さなかです。

この頃はミステリー系に偏っています。このお天気に似合うと思って。
昨日からは「模倣犯」に入りました。この掲示板のおかげで、すごく早いうちに図
書館に予約したので、もう回ってきたというわけです。後に135〜6人並んでま
す(つまり早う読め、と言いたいのかな?)と言われました。

ほのぼのさんへ、
私からのおすすめは、高知ならまず、安岡章太郎。春樹さんの「若い読者のための
短編小説案内」にも取り上げられている「ガラスの靴」。こちらは正統派純文学で
すよね。
それから新しいところでは、金城一紀「GO」。本間さんもチヒロさんもいわれてい
るように、これはいい! 私はこの本も図書館で借りたのですが、金城作品2作目
からは買いますとも。
と言う風に、私は初読み作家はできるだけ図書館利用です。で、気にいった作家の
本はバシバシ買っていきます。従って、本棚は同じ作家のお名前がずら〜りと並ん
でいくことに・・。(一目瞭然好みがわかるから、あんまり親しくない人には見ら
れたくないです、正直いって)

そうそう、山本文緒作品まだ2冊しか読んでないけど、私にはあんまり合わないか
な?本間さんの「BOOK REVIEW」とても参考になってます。が、ときたま大きく外
れたりするので(外れる時は滅茶苦茶外れるんです(笑)これがまた楽しい。

では、午後のひととき、「模倣犯」へ、GO !



[4770] yu-chan さん(yu-chan@nerima.oshokuji.org) 2001/06/23 Sat 02:12:06
こんばんは。
最近、図書館で「村上春樹全作品1979ー1989 D 短編集U」というのを
借りてきました。
そのうちの、「カンガルー日和」と「回転木馬のデットヒート」は持っているし、
読んだ事もあるのですけれども、「その他の断片」というのが、雑誌に掲載されたも
のらしく、読み過ごしていたので、楽しみながら読みました。
また、今日は、わたしもROWさんと同じ「午後の最後の芝生」を再読しました。
あぁ〜しあわせ。
「村上レシピ」、わたしも買いたいな。
でも、かずおさんのホームページも見てみたいですね。是非、完成させて欲しいな
ぁ。


[4769] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/06/23 Sat 01:28:28
こんばんは。仕事だけの人生でおま。
それはどうでもいいんですが、でんぽさん。山本文緒さんって結婚にムチャムチャ
向いてないんですか?うあー……。そんなキモチを跳ね飛ばすかのように江国香織
さんの『いくつもの週末』を読んでいます。こちらの結婚は楽しそうですが、この
潔さというか、正しくなくても全然構わない、みたいな思いきりは私には無理そう
です。ハッ!コレが結婚に向いてない所以?!んーまぁイイや。おやすみなさい。

[4768]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/23 Sat 00:03:26
 さて、今日はもらった絵本を読もう。

◎リップビアさんへ
 初めて読んだときは、「素敵なお姉さん」の象徴だったハツミさんですが、とっ
くに私の方が年上になってしまいました。でも、ああいう素敵な子に世話を焼かれ
たいという俗っぽい願いと、言われる通り、後日突然思い出すシーンがやはり好き
です。ビリヤード場でのエピソードも大好きですね。

◎やまももさんへ
 おお、それはいい職場ですね。整理部ですか? うちの制作は昼勤夜勤が一週間
交代なので、まだいい方でしょうね。それにしても、スポーツ紙の大組って、一部
切り張りでしてませんか? どう見ても端末で組めるとは思えないレイアウトがあ
るので。
 マルクス兄弟好きなら、「八月のマルクス」は読まれました? 乱歩賞受賞作で
なかなか良かったですよ。

◎でんぼさんへ
 初読みですか。それじゃあ、あれもこれも未読でいいですね。
 山本文緒って、結構癖があるので、そう思う方も多いでしょうね。ただ、私のよ
うな男から見ると、結構魅力的です。こういう人とだったら、暮らしていけるかも
しれないと思いますよ。

◎ほのぼのさんへ
 はい、初めまして。私のおすすめは「私的ブックガイド」というコーナーにまと
めてますので、良かったら見てみて下さい。
 ただ、メルアドから察するに、高知の方だったら、西澤保彦と板東眞砂子がおす
すめです。前者は高知舞台物が多いし、後者は高知弁が多用されているので、リア
リティあると思いますよ。

◎ROWさんへ
 ネタバレになるので詳しく書けませんが、表題作は山手線のエピソードがなぜか
好きです。ずっと心に引っかかってますね。あれほどダイレクトじゃなくても、あ
あいう事を私もしているのではないだろうか、と思って。
 その「村上レシピ」、楽しみですね。私も買ってみます。結構前に「羊のレスト
ラン」という同じコンセプトの本もあったのですが、絶版みたいですし。
 「雪が降る」はいい短編集ですよ。河出はJ文学と言い出した頃から、合いませ
ん。新刊は東野、京極、帚木、と出ていたので、結構お腹一杯ですね。

◎いわすぃさんへ
 割と知られていないのですが、津軽海峡にもイルカ多いんですよ。昔はよく連絡
船から見えました。確かに幸せな気分になりますよね。
 それにしてもチキンカレー、美味しく出来て良かったですね。私もカレーはチキ
ンが一番好きです。

◎かずおさんへ
 それは残念でした。でもそれはそれで面白いアイディアだと思うので、ぜひHP
作って下さい。本とレシピが違うかもしれないですし、あれだけ料理があれば、そ
んなにだぶらないかと思いますよ。

◎チヒロさんへ
 再読はしたい時にするのが一番ですよね。眠れない時なんかに、今日はこれが読
みたいなと思って読む村上作品は、やっぱり幸せです。
 私はただ単に好きで読んでいるだけなので、別に凄くはないのですが、読めば読
むだけ、読みたい本が増えるので、やっぱり奥が深い趣味ですね。
 「わが名はアラム」は未読ですが、それでは探し出して読んでみる事にします。

[4767] チヒロ さん(owl@nifty.com) 2001/06/22 Fri 21:47:00
村上春樹再読月間! ROWさんのカキコミにありましたが、わたしにも周期的に
この月間が訪れて、本棚のはじからから再読することがありますよ(ROWさんと
同じく「午後の最後の芝生」好きです。既に鼻から芝生が出そうなくらい読みまし
た)。このカキコミを見ていると、皆さん再読してるんだなーと、なんだかうれし
くなっちゃいますね。わたしのまわりには村上ファンはいないみたいなので。とい
うか、みんな小説とか読まないみたいです。しくしく。月に20〜30冊読んでい
らっしゃるという本間さんはすごいです。ほんと。金城さんの次回作、わたしも楽
しみにしています。
再読といえば、わたしがいちばん繰り返し読んでいる本は村上本じゃなくて、「わ
が名はアラム」(Wサローヤン・福永武彦訳)なんです。読んでいるとそこはかと
なく乾いた草原の匂いがしてくる作品・・・と思うはわたしが田舎育ちだからか
な。独特の比喩とユーモアが染みわたっているところなど、村上ファンにも愛され
そう。村上ファンの中にもサローヤン・ファンは結構いらっしゃるかもしれません
ね。


[4766] かずお さん(ma-ti@pop01.odn.ne.jp) 2001/06/22 Fri 20:46:38
あわわわ・・・!ね、ねえROWさん、その本、ほんとに出てるの?ほんとに?
あああー。私、いつか「春樹料理」でHP作ろうと思って、レシピと写真、ためて
たのにィー。ショックだわ。




[4765]いわすぃ さん(iwashi@community.net) 2001/06/22 Fri 20:12:33
今日サーフィンで波待ちをしている時、久しぶりに野生のイルカの群れに遭遇しま
した。カリフォルニアの海に野生のイルカが回遊しているなんて不思議な感じしま
せんか?でもこれが本当にいるんです。こんな日は一日ハッピーに過ごせます。
で、勢いでLe Creusetのパンとナベとケトルを買ってしまい、気合でチキンを3
時間煮込みチキンカレーを作りました。これがまた自分でいうのもなんですが絶
品。村上さんのようなおしゃれな料理は作れませんが、気分良く美味い料理ができ
ればそれでよしと。

[4764] ROW さん(akiraski@mail.goo.ne.jp) 2001/06/22 Fri 18:23:55
こんにちは。
「中国行き〜」再読終了しました。(いちいち報告せんでええわいっ、という声も
聞こえますが、ま、よしなに)
「午後の最後の芝生」がいちばん好きだったのですが、本間さんおすすめの表題作
もいいですね。たぶん(違ってたらごめんなさい)村上春樹が世に出した短編の1作
目だからか、村上節とも言えるレトリックがいっぱいで、肩に力入ってんな〜って
感じで。「シドニーのグリーン・ストリート」に出てくる『ちゃーりー』は、なん
か好き。次は「カンガルー日和」再読します。「ノルウェイ」はその次かな…。

そうそう「カンガルー日和」の文庫を買いに行ったら、「村上レシピ」なる料理本
が新刊コーナーに平積みされてたんで思わず買ってしまいました。腰巻には「村上
春樹の小説に登場するおいしい料理の作り方!」と書いてあります。さてさて、ぼ
くたちを満足させてくれる内容でしょうか?それとも村上春樹の名を利用した商業
主義バリバリのものでしょうか?(まだ読んでない)
文庫の新刊コーナーに藤原伊織の「雪が降る」があったので、こちらも思わず買っ
てしまいました。「テロ・パラ」も「ひまわりの祝祭」も、好きです。が、買って
気づいた、これは短編集ではないか!ま、いいけど。どうせ今は村上春樹再読月間
だから。
あと、気になった新刊本は、暴力温泉芸者の中原昌也の本と、小林恭二の「モンス
ターフルーツの云々」ってやつ。小林恭二は以前「電話男」とか書いてましたよ
ね。あれは面白かったけど、その後ご無沙汰。本間さんは河出系はあまりお好き
じゃないんですよね?いい出版社なんですけど、ここんところちょっと、ね。

[4763] ほのぼの さん(b0mf007@s.kochi-u.ac.jp) 2001/06/22 Fri 16:51:23
始めて書き込ましてもらいました。この掲示板を読んでみると村上春樹さん以外の
小説家の小説の話もたくさん書いてあるので、次に読む本を選ぶときの参考にとて
もなります。僕は気に入った作家の本を読みつづけるタイプなので、なかなか読む
本の幅が広がりません。皆さんはどんな作家さんの小説を好んで読んでいますか?
それほどメジャーな作品でなくてもこの本は、という作品があったらおしえてもら
えませんか?

[4762] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/22 Fri 15:40:17
『プラナリア』読みました。
山本文緒って実は初めて読んだんです。
とても読みやすくて話も悪くないし、女性の心理なんて「うん、うん。」と
頷けるところが多いのですが・・・
この人、めちゃめちゃ結婚に向かない人ですね。
ひねくれ者もいいとこだわ。
じゃあ結婚に向く人ってどんな人なのよ!と詰め寄られても困るんだけど。
ひとつ屋根の下で男の人と生活を共にするということができないんでしょうね。


[4761] やまもも さん(hiromi@st.rim.or.jp) 2001/06/22 Fri 02:53:43
本間さん
 わたしの部署は選挙とはほとんど関係ありません。スポーツ紙のギャンブル
担当ですから。本間さんの制作部は時間的に不規則ではないですか?うちの制
作をみていてそう思うだけですが。
 最近は「スプートニクの恋人」を読み返しています。
マルクス兄弟が大好きなわたしにとって、「ぼく」がグルーチョ・マルクスの
言葉を引用しているところが興味深いです。


[4760] リップビア さん(Rip beer@aol.com) 2001/06/22 Fri 00:30:02
本間さん
「ノルウェイ」のはつみさんのエピソードはちょっとかなしい...
特に「僕」がグランドキャニオンの夕日を眺めながらビールを飲んでいる時に
はつみさんの思いを瞬間的に理解したシーン(だったと思う)は単に悲喜というよ
り、心の震え、としかいい様のない感情を導き出してくれます。
勇気づけられるというのは時として全く思いもよらない事からも起こるのではない
でしょうか。

[4759]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/21 Thu 12:51:25
 ヤフーが始めるADSLって安いですね。考えてしまいます。

◎大木さんへ
 宮本輝については、惜しいですね。ずっと読み続けていると、どう変わってきたか
が感じられて、面白いのですが。私は一度好きになった作家って、ひたすら読み続け
るため、年々好きな作家は増えていきます。私も「青が散る」を読んだのは、高校の
時だから十数年前ですが、今でもスタンダードですね。読んでいるこちらは結構変わ
ったでしょうが。

◎でんぼさんへ
 ストーリーだけ聞くと面白そうですね。個人的にこの時期は、映画を見る時間がな
かなか取れないので、今度機会があったら見てみます。

◎やまももさんへ
 初めまして。それだけ共通項があるというのも珍しいですね。私はシステム管理か
ら制作部なのですが、今年からシステム変わるので大変です。来月には選挙ですしね
。お互いぼちぼちと頑張りましょう。

◎チヒロさんへ
 「ノルウェイ」は読んでいる人の数が違うので、やはり強いですよ。前回も1位だ
ったし、当分動きそうにありません。妥当な結果かと。私はむしろ短編の「パン屋再
襲撃」が現在1位というのが結構意外ですね。
 「GO」は確かにいい小説でした。なかなか2作目が出ないのが気がかりです。

◎RIEさんへ
 学生のみなさんはもうすぐ試験ですか。でもそれ終わったら長い夏休みじゃないで
すか。それを目指して頑張って下さい。
 携帯は、私3年間くらい同じもの使っているし、携帯でメールする気がないので最
近のはよく分かりません。しかし、ここまでメールが普及するとは、かなり意表を突
かれました。今や一番のキラーコンテンツですし。ドコモの作戦勝ちかな。

[4758] RIE さん(rie-388@qk9.so-net.ne.jp) 2001/06/21 Thu 08:46:49
久しぶりにきてみました。毎度おなじみのセリフになってしまいますが
ここの掲示板はすご〜い。回転がはや〜い。
 ところでそろそろ試験週間というものに入ろうとしています。憂鬱。
でもぐっとこらえてレポートに手を伸ばします、今日当たりから。
 昨日、携帯を変えました。少しいいものを思い切って買ったら、前のに
比べて断然使いやすいのです。こういうことってよくありますね。
 なんだか内容がいろいろ飛んでしまって申し訳ないのですが、もうひとつ。
↓自由が丘・・・めっちゃ近くに住んでます。お互い顔は知らないけど
        きっと図書館や本屋さんですれ違ったりしているんでしょうね。
        なんだか不思議な気がします。

それではもう学校に行かなくてはならないので、出ますね。行って来ます。



[4757] チヒロ さん(owl@nifty.com) 2001/06/21 Thu 02:27:50
はじめてお邪魔します。いろいろ楽しいことがいっぱいのHPでわくわくします。
作品ランキング(でしたっけ?)では“ててて点数?”って感じで驚いちゃいまし
たが、1位がノルウェイの森、っていうのも意外でした。広島カープが優勝し
ちゃったみたいに驚きました(カープファンのみなさん、気を悪くしないでくださ
い)。
それにしても好きな村上作品に対する順位づけは難しいな。体調によっても変動し
そうですね。悩んじゃいます。
ちなみに今日は自由が丘のABCで池内紀「なじみの店」と一緒に「村上ラジオ」
を買ってきました。最近読んだ中でおもしろかったのは、金城一紀「GO」と吉田
健一「文學人生案内」です。「GO」はわたしにとってぐっとくるものがありまし
た。そうでない人でもすらすら読めるし、時間を損したぜ、とは思わないんじゃな
いかな。
ではまた来ます。


[4756] やまもも さん(hiromi@st.rim.or.jp) 2001/06/20 Wed 22:38:01
はじめまして。
ドフトエフスキーのHPから飛んできました。
本間さんとは、村上春樹、競馬、ドラファン、新聞社等の共通項が
あったのですごく親近感がわいて、思わず書き込んでしまいました。
これからもちょくちょくお邪魔させていただきますね。


[4755] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/20 Wed 19:30:31
『ロゼッタ』観ました。
カンヌでパルムドール獲得、だったと思います。
よかったんですよ、これが。
カンヌで賞を取った作品でつまらないと思ったものって今までにないので
チェックするようにしているのですが、これもよかった。
まっとうに生きるためにひたすら仕事探しに奔走する女の子のお話で、
ほとんど主人公の一人舞台です。脇役なんてほんの数人しか出てきません。
BGMも全くないんです。
女の子の表情がめちゃくちゃよくて、確か彼女も賞を取ったんじゃなかったかな。
特に話の盛り上がりとか何かが解決するとかっていう話じゃないんですが、
”憤り”が画面から伝わってきてなんだか心打たれました。


[4754] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp) 2001/06/20 Wed 17:21:22
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。
 鬱陶しい日々が続いています。たまに晴れても予定があったり、波が全然なかっ
たりと、なかなか海に行けません。で、今日はまたプールに行って600メートル
泳いできました。

 江戸川乱歩!読んでいました、小学生の頃。怪人二十面相と小林少年の対決にハ
ラハラドキドキしてたクチでした。宮本輝も「優駿」くらいまではリアルタイムで
読んでたんですけどね。この間、実家に行った時に本棚で埃を被ってた「青が散
る」を持ってきました。もう読んでから十年以上たっているので、話の内容もすっ
かり忘れてしまっています。今度再読してみようっと。曽根綾子さんの「太郎物
語」とか、北杜夫の「幽霊」なんかもその頃夢中になって読んでいましたよ。
 
>でんぼさん、ぴぴさん(お名前間違い、失敬)
「セントラル・ステーション」よかったです。出てくる人たち一人一人の顔がいい
ですね。ビム・ベンダース監督の「パリス・テキサス」とか、デビット・リンチ監
督の「ストレート・ストーリー」などロード・ムービーものには秀作が多いです
(北野武の「菊次郎の夏」はまだ見てないのですが、どうなのかなあ)。主役のお
ばさんが、ちっとも善人でないのが良かったです。もう一人の主役の男の子はジュ
リエット・ピノシュが男の子になったみたいでした。
 あと、「神様のボート」ってひょっとして江國作品の中でもカスの方を選んでし
まったのでしょうか。何の事件も起こらないまま3分の2くらいまで読み進んでき
ましたが。読みやすいことは確かです。つい、カフェオレの宣伝に出てくる原田知
世を想像して読んでます。最近、プールで泳いでる女の人はみんな江國作品を読ん
でいるような偏見にとらわれている私です。

「シドニー」やっと半分くらいまで来ました。一日、日記一日分のペースでゆっく
り読んでいます。やはり、マラソンに関しての記述は熱がこもってますね。
 長文失礼。では。

[4753]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/19 Tue 23:27:54
 飛行機事故の話を読んでいるのですが、結構怖いですね、やっぱり。

◎すぎむらさんへ
 そうですか。私は結構好きですけどね。「螢川」の叙情性も、「泥の川」の寂し
さも。でも高校生の時は、確かにその手の話はそう思うのかもしれません。
 結構長編は多いので、ゆっくりと読んでみて下さいね。宮本輝についての書き込
みが多いのは、本好きの中で読む人が多いからです。

[4752] すぎむら さん(305@l-navi.com) 2001/06/19 Tue 21:01:00
こんにちは。
出版順に読んだ方がいいというアドバイスを参考にして
「蛍川」を読みました(^^
感想は・・・・あまり好きにはなれませんでした(好きな人ごめんなさい)
「泥の川」、「蛍川」両作品に言える事だと思うけど
ああいった暗さは僕は好きではないんです。
僕が読んだ宮本作品と全然雰囲気が違っていたけど
ああ、やっぱり宮本輝だなぁと思う箇所も何個かありました
出版順に読むというのは作風の移り変わりを楽しむ事ができて
いいですね。しばらく宮本輝しか読まないつもりなので、
順番にどんどん読んでいこうと思います。

そういえぱ最近宮本輝についての書き込みが多いような気がする
けど、なんでだろう?


[4751]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/19 Tue 01:39:18
 明日こそ更新します。

◎でんぼさんへ
 一気読みされたんですね。無償の愛は本当に難しいですよ。どうしても見返りを
求めてしまいますよね。まだまだ修行が足りません。
 宮本輝性善説派は、そういう部分があるでしょうね。根っからの悪人って出てこ
ないですし。ただ、一頃宮部みゆきもそう言われていただけに、今後どう展開する
かは分かりません。

◎ROWさんへ
 主人公には感情移入しますが、作品によってその度合いは違いますね。もちろん
読む状況によっても左右されます。例えば、片思いしている時「スプートニク」を
読むと、100%主人公に感情移入してしまいます。三部作の「僕」は、私はさほ
どではなかったですね。影響は結構受けましたが。あそこまで自分の世界を確立出
来ませんし。「中国行き」、楽しんで下さいね。あの短編集なら、私は表題作が圧
倒的に好きです。

◎かずおさんへ
 私が初めて読んだ宮部作品が「火車」でした。ぱらぱら読んだら本間刑事が出て
いるので、名前に惹かれたというのもありますが。宮部みゆきが男の子の登場人物
に優しくて、典型的な「女の子」に厳しいのは、異性の方が理想像を書きやすいか
らと以前インタビューで答えてましたが、「夢にも思わない」のラストは結構きつ
いですよ。でも「女性」には優しいです。「龍は眠る」の描写なんて、ただただ美
しいですしね。

[4750] かずお さん(ma-ti@pop01.odn.ne.jp) 2001/06/18 Mon 21:26:54
こんばんは。
今日は宮部みゆき「火車」を読みました。題名からして、なんか嫌な予感はしてた
のですが・・・痛い、痛いよう。それにしても、皆さんが言われているように、宮
部みゆき作品って、女性に厳しいですよね。男女全く逆の方が、私としてはリアリ
ティーがあるし、心穏やかに読めるのですけどね。

少し前に、江國香織さんの「いくつもの週末」というエッセイを読んだ時、私もR
OWさんと同じようにショックを受けました。知らず知らずに影響を受けているも
のですね。
そして、夫に「私を理解したかったらこれを読んで。」と言って、渡してみました
が、返事だけで、一向に理解した様子はありません。ねえ、でんぼさん、夫婦っ
て、何なんでしょうね・・・・。(笑)


[4749] ROW さん(akiraski@mail.goo.ne.jp) 2001/06/18 Mon 18:37:34
こんにちは。
仕事もあるし、恋もしなくちゃならないので(←ここ笑うところです)、時間かか
りましたが、19年ぶりの「羊〜」再読終了しました。正確に言うと19年ぶりという
のは嘘で、「羊」はいちばん好きだからちょくちょくぱらぱらめくってはいたんで
す(といってもここ10年以上そんなことをしていないけど)。
ほんとにどこを読んでも煌いていて、堪能しましたよ、実際。
そこで爆弾発言です。はっきりいって、主人公の「僕」は、私です。(笑)
村上さんもモデルにするならするとひとこと言ってくれればよかったのにね。
ネタばれが恐くてあまり書けないけど、友達がいないとことか、小数点以下16桁ま
で空で言えるとことか、子供いらない理由とか、よそのお宅へお邪魔したときに
さっさと帰る言い訳とか、いっさいがっさいが自分そのものです。さんざん使って
きたネタです。
ってことは、つまり、ここ十数年、村上作品をパクって生きてきたということ
だ〜っ!がーん。ちょっとショック。
でもみなさんもそうやって読んでるのかな?この主人公自分じゃない?って。
僕だけですか?本間さんはどうですか?

では次、短編集ではいちばん好きな「中国行きのスロウ・ボート」いきます!
やれやれ。

[4748] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/18 Mon 09:26:45
『私たちが好きだったこと』読みました。
1日で読了できたのは果たしてどれくらいぶりのことでしょうか。
シチュエーションも内容も読みやすいものでした。
しかし与志くんちょっとお人好しすぎじゃないのかな〜・・・。
無償の愛っていうんでしょうか。与える喜びはとても大切だし、私の
日々のモットーとしているところですが、ここまでは・・・。
宮本輝ってやっぱり奥の深い性善説派なのでしょうか。
ホームページの日記読むと結構アクが強くてそうでもないんだけどなー。

[4747]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/18 Mon 05:48:36
 お腹が空いたなあ。ごはんでも炊いて、卵と海苔の朝食でも食べよう。

◎リップビアさんへ
 そういう事はありますよね。「ノルウェイ」に関しては、最初は緑とかワタナベ
君に目が行きましたが、最近は宿命的にハツミさんですね。やはり彼女が登場する
エピソードだけ読んでみたりします。
 脇の人物像が魅力的だと、その小説は深みを増しますが、書かれなかった部分を
想像してみるのも楽しいですよね。

◎まおさんへ
 初めまして。マニアックですか(笑)。私はごく普通に作っているつもりなんで
すけどね。
 そちらではあまり降らないと思いますが、雪が降ると私は「世界の終り」を思い
出します。自分の中ではセットなのでしょうね。
 いつでも遊びに来て下さい。

◎でんぼさんへ
 「焚火の終わり」、印象が薄かったので感想を読み直してみました。こういう時
はつけていると便利ですね。思い出した結果、この時会社を辞めようか迷っていて
ストーリー的に結構はらはらした記憶が。
 宮本輝と言えば、前は年に一回は長編出てましたが、最近崩れつつありますね。
一体「流転」4部はいつ出るのでしょうか。

◎ほっぺさんへ
 「ニュークリア・エイジ」は何故か私はまだ読んでません。折を見て。
 ポプラ社のは、私はみんな好きでしたよ。ルブランの「ルパン」もはまりました
ね。「奇岩城」とか。今でも古本屋で見ると懐かしいですね。
 「心を覗く」は、その設定だけで楽しい小説です。ぜひ読んでみて下さいね。人
と違う能力を持つという事に関して、考えさせられますよ。

◎樽井さんへ
 うちのクラスでは「ルパン」は一番人気でしたよ。私たちはその後、クリスティ
やクイーンに走って、ミステリーをよく読んでました。懐かしいです。

[4746]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/18 Mon 01:17:47
 こんばんわ。樽井です。
 お風呂につかって、椎名誠の本など読んでいるうちに身体がふやふやに
なってしまいました。でも、テレビでK-1を見ているうちに結構興奮してきま
した。結構現金な身体です。
 さて。
 
>ほっぺさん
 小さい子向けのルパンって、ルバンの悪党な魅力が削られていますから、
ちょっとインパクトが弱いかも知れませんね。それに、小さいうちは、ルパ
ンといえば『ルパン三世』一味の方が有名で人気だから、本家ルパンが弱い
のも無理はないでしょうね。
 そんなだから、ルパンが綴り的にはルピンだけれど、当時の市町と同じ名
前だから名前をルピンからルパンに変えられたという裏話を聞いたのもずい
ぶんと後になってからでした。
 ルパン、泥棒だけにちょっと子供には不利ですよね。

>まおさん
 こんにちは。はじめまして。
 えっと、あの、素朴な疑問なんだけれど、おいくつぐらいなのでしょう。
 遠足、と聞いて最初は中学生くらいを想像したのだけれど、谷崎ってくる
となると高校生でもかなり通ではないですか^^
  尊敬ものです。

[4745]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/17 Sun 23:33:28
 返事が遅くなってごめんなさい。ただいま大酔っぱらい中なので明日書きます。

[4744] ほっぺ さん(hoppe888@hotmail.com) 2001/06/17 Sun 08:57:20
オブライエン『ニュークリア・エイジ』を読み終わったところです。
わぁ、こんな面白い本があったとは! しかも村上春樹訳で読めるのは幸せです、
まったく。
『村上ラヂオ』は少しずつ楽しんでいます。始めからではなくて、適当にバッと開
いたページを読むのだ。

ところで私は小学校時代は正統派ルパンファンでした。乱歩については、一冊だけ
読んだ何かがあまりに怖かったのと、クラスの乱歩ファンの男の子に「ルパンなん
か、けっ」と言われたのとでちょっと傷ついてる・・・(笑) クリスティとホー
ムズとスパイものをちょろっと読んだだけでミステリーファンにはならなかったで
すが、本間さんお勧めの『心を覗くスパイたち』が面白そうなので今度買いにいき
ます。NATO情報部の諜報部員にかつて憧れた私。

[4743] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/16 Sat 22:45:16
『焚火の終わり』読了しました。
うーん・・・。今までの宮本作品の中では読み進むのにちょっと時間が
かかりました。それはおもしろくなかった、ということではありませんが。
『海岸列車』は私の大好きな作品で、あとがきも凄く頷きながら読んだ記憶が
あるのですが、『焚火の終わり』はある種、『海岸列車』とまったく
反対の内容のような気がしました。
血が繋がっているかもしれないのに深い仲になるっていうのは私にはどうも
ついてゆけませんでした。
『村上ラヂオ』も同時に読了。
村上さんのエッセイはいつも日々の生活にとても心地いいエッセンスを
もたらしてくれます。ルン♪
次はいろんな人に薦めていただいた『わたしたちが好きだったこと』を
読みます。

♪大木さん
『神様のボート』どうですか?
私は江國香織けっこう好きなのですがこれは途中で断念しました。
もうダメ〜という感じです。
ラストは気になるのですが、ヒマを見つけて少しずつ読み終えるつもりです。


[4742] まお さん(naho83@hotmail.com) 2001/06/16 Sat 17:43:30
今日はじめてこのサイトにきました!
マニアックでいいなあと思います!!
わたしは、姉の影響で村上春樹の本をよむようになりました。
初めてよんだのは、ねじまき鳥なんですが、それ以来すっかりハマっています。

この前学校の遠足で、六甲山牧場にいきました。
ほとんど羊ばっかしでした。
やっぱり村上春樹をおもいだしました。

それと、動物の骨の標本とかをみると、
ハードボイルド・ワンダーランドを思い出します。
お姉ちゃんもいっていました。

またここにこようと思います。
今は谷崎潤一郎をよんでいますが、次はスプートニクの恋人をよもうとおもいま
す。


[4741] リップビア さん(Rip beer@aol.com) 2001/06/16 Sat 12:39:11
本間さん、ご返事ありがとうございます。
ところで登場人物人気投票において、意外というか、やっぱりというか永沢さんの
人気ぶりには大変興味をひかれます。
私もたまに彼の出てくるところだけ「ベストセレクション」的に拾い出して読み返
す事があります。
さすがに彼の様なエリートは身近にはいませんが、部分的(話し方とか人生観)に似
ている人は知人にもいます。その共通項は何かなと考えると、結局ジェントルマン
という処に行き着くのではと思います。(そういう意味では私は少しもジェントルで
はありません、というか資質的に何かが決定的に欠けている気がする)
ただ永沢さんもその知人も、いつも一緒にいるとちょっとねっていう感じですね。
他に人気投票には入ってなかったと思うのですが、「羊」の黒服の男も興味深いで
す。
物語の筋そのものよりも、もっと彼の「正直な」話を聞きたかった。もっと「高度
資本主義社会」について「正直に」語ってほしかった。でもそれだけで一冊の小説
になってしまうかな。
こうしてみると、個人的には主役以外のあるキャラクタ群にも大きく惹かれている
自分に気がつきます。黒服の男、永沢さん、五反田君、間宮中尉といったキャラで
す。
後、出番は短かったですが「納屋を焼く」男です。この短編の人物と「ダンス」に
おけるそれの相似については、わぞさんの感想に私も同感です。
「黒服の男」のオフの姿はわりと彼みたいな感じだったのでは?(ちょっと飛躍しす
ぎ?)
おっと長くなってしまいました。ではまた。



[4740]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/16 Sat 04:59:12
 うーん、ざるそばが食べたいから、今から24時間スーパーに行ってきます。

◎海王星へ
 問題は解決しないけど、「ダレカガ…」はとてもいい小説なので、楽しんでね。
オウム事件の時も先取りしている、と話題になったなあ。

◎fmさんへ
 「青が散る」は熱い時代背景もあるので、今と比べるのが難しいですが、確かに
彼らの生き方はいいですよね。駱駝にはならないようにしましょう。
 宮本輝は稀代の物語作家なので、長編は全ておすすめです。短編だと消化不足に
なっているのもあるので。でも「トマトの話」など傑作もあるので見逃せません。

◎ぴぴさんへ
 それは良かったですね。それにしても山田詠美はいつ見ても若いですよね。あれ
であの歳だとはとても思えません。
 一ノ瀬泰三は、APや共同など通信社のクレジットが付くのを嫌がっていました
が、何となくその気持ちは分かります。新聞の記事や写真も署名が増えてきたもの
の、まだまだですからね。

[4739]ぴぴ さん(sweet@redbit.ne.jp) 2001/06/16 Sat 03:14:50
こんばんは、本間さん、みなさん。
来月、山田詠美さんの新刊が出ると共にサイン会があるんです!
嬉しい。実に1年半ぶりの小説新刊&サイン会!!
今から予約しちゃってます。
先日から読んでいた「地雷を踏んだらさようなら」読了しました。
まぁ、元来泣き虫なのですがわんわん泣いてしまいました。
一ノ瀬泰三さんに、惚れてしまいます。(←単純)
今は、司馬サンの「人間の集団について」というエッセイを読んでいます。
思想書っぽい。
でも、司馬さんの文章はなんだか読んでいてほっとします。

>大木さん
「セントラル・ステーション」如何でしたか?
ちなみに、私はVIVIではなくPIPIです。(笑)

[4738] fm さん(nikkun@mvb.biglobe.ne.jp) 2001/06/15 Fri 16:49:36
宮本輝さんの『青が散る』を読了しました。登場人物たちが青春している感じでし
た。それに引き換え僕は、大学で何してるんだろう、と思ってしまいました。

宮本さんの小説は『蛍川・泥の河』『海岸列車』など、どれも、すんなり物語の中
に入っていけるように思います。春樹さんの最新長編が出るまで、宮本さんの長編
小説にはまりそうです。

[4737]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/06/15 Fri 09:35:29
 おはようございます。

 本間さん、ありがとうございます。私のうろ覚えのせいかもしれません。とりあ
えず、『ダレカガナカニイル・・・』を、再読してみることにします。そういえば
似ていますね。これかもしれません。ありがとうございました。

[4736]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/15 Fri 02:11:33
 今日は眠いです。

◎でんぼさんへ
 好きな作家の新刊は幸せですよね。ゆっくり楽しまれて下さい。

◎アキさんへ
 聞いてみました。私は専用線なので、ローカルに落とさなくても大丈夫ですが、落
としたい場合はブラウザ単体では無理でしょう。そういうツールがあったような気が
します。窓の杜ででも探してみて下さい。
 それにしても、結構感情移入して読まれてましたね。ちょっとびっくり。

◎海王星さんへ
 設定だけ聞くと、井上夢人の「ダレカガ…」っぽいけど、細かい点が違うしね。
それだけのヒントでは、私は分からないなあ。国内とか作家名とか分かれば探しよう
があるけど。

◎樽井さんへ
 そういう事はたまにあります。ここのサーバーもたまに落ちてますし。
 樽井さんも、「ラヂオ」ごゆっくりお楽しみ下さい。

◎大木さんへ
 「そうだ」は結構ボリュームあるので読み応えありますよね。大抵wwwで読んで
いたものの、読み飛ばしていたものもあったので、楽しく読めました。
 素敵に歳を取るのはそれほど意識しなくても大丈夫なような気がします。自然体が
一番ですよ。そんなに人は変わりません。

[4735] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp ) 2001/06/15 Fri 01:18:10
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」読了しました。なかなか面白かったです。私
も以前、フォーラムに投書したことがあって、村上さんから返事が本当に返ってき
てびっくりしたことがあります。でも、さてこれからという時に村上朝日堂自体が
閉鎖してしまって、すごく残念でした。
 で、今日は図書館に行って「シドニー」を借り直し、また以前からの懸案だった
(苦笑)江國香織さんの本を借りてきました。安西水丸画伯の挿画と、「あたしが
発生したとき、あたしのママとパパは地中海のなんとかという島のリゾートコテッ
ジにいたのだそうだ。」という出だしに惹かれた「神様のボート」という本です。
まだ途中までしか読んでいませんが、なかなか面白そうです。

 今週は天気が良くなく、晴れても波が全然ないという状態でしたので、海は諦め、
総合体育館のプールに行って泳いできました。小説に出てくる登場人物たちがプー
ルに行くと、大体1000メートル以上は平気で泳いでる気がするのですが、私と
しては500メートルが精一杯というところです。
 村上さんの「聞いてみよう」の中にもあったのですが、素敵に歳をとるというの
も大変ですよね。女性は安い下着をはいてはいけないとかね。お腹の肉のたるみは
どうしようもないことですけど、ささやかな抵抗は続けてみたいところです。私の
場合、テレビは余り見ない。代わりに本を読む。ビデオを見る。世間のブームには
とりあえず背を向ける。下着と靴下は自分で買う。若者に媚びない。うーん、他に
は何でしょうね?

 以前、この掲示板ででんぼさん、びびさんなどがお薦めしていた「セントラル・ス
テーション」借りてきました。また日曜の深夜にでもゆっくりと見るつもりでいま
す。楽しみです。
 長文失礼。では。

[4734]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/14 Thu 22:48:22
 こんばんわ。樽井です。
 昨日あたりからニフティのサーバーの調子が悪いのか、ほとんど自分の
ページに入れない状態です。インタネをやりだして初めての経験にびっく
りです。インタネの世界では、こういうことってよくあるんでしょうか?
ネット初心者で結構びびってます。
 『村上ラヂオ』ちょっとずつ読んでいます。
 連載のときとまた違った感じかたをしてます。やっぱり買ってよかった。
 
 

[4733]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/06/14 Thu 19:36:54
 こんにちわ。
 突然ですが、ここまで出てるのに、思い出せない小説があります。
 「男性の頭の中に女性の人格が存在し、その男性は気持ちが悪いのでそれを追い
出そうとするのですが、追い出した途端その人格が失った恋人のものだと気付き発
狂する」というような内容の小説なのです。最近のものではないです。
 本間さん、心当たりのある方、手がかりがあったら教えてください。

 こういったものを、探す良い方法ってないですかねえ。

[4732]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/14 Thu 16:39:47
 飲み会のため、返事さぼってしまいました。

◎かたつむりさんへ
 はい、お久しぶりでした。
 ネット販売ですか。本格的ですね。以前よりホームページも軽くて見やすくなった
ので、いい感じだと思いますよ。
 ビールは年中好きですが、夏は特に美味しいですね。楽しみです。

◎あめふらしさんへ
 きっかけは何であれ、気に入った作家に出会うのは幸せな事です。もし気に入りま
したら、ゆっくりと未読作品を読んでみて下さい。
 長編の読む順番は、「私的ブックガイド」にまとめてありますので、良かったらト
ップページから見てみて下さい。

◎増渕さんへ
 うーん、入れ込んでますね。私のところに来るメールでも「奥さんが羨ましい」と
いう意見を書く女性の方がいますが、女性から見るとそういうものなのでしょうね。
 それはともかく、新作を楽しみに待ちましょう。

◎リップビアさんへ
 はい、初めまして。
 エッセイは結構同じ話題が出てくる事も多いですからね。
 見た話は、いろいろなシチュエイションですね。私のは他に書いているから省略し
ますが、講演会などでちゃんと話を聞きたかったなと思います。

◎すぎむらさんへ
 えーと、ちょっとしたアドバイスなのですが、ある作家が気に入って、過去に結構
作品を書いている場合は、出版順に読んだ方が良いですよ。厳密にじゃなくても初期
、中期、現在というような順番で。その方が、その作家の変遷が分かるし、より深く
理解出来るような気がするから。だから、「優駿」とか「川三部作」「ドナウの旅人
」辺りがおすすめです。
 お金はない時でも何とかなるもんです。でもある時に出たらいいですね。

◎ゆりさんへ
 大抵のミステリーファンは、小学校の時ポプラ社のシリーズではまります。ホーム
ズやルパン、江戸川乱歩のシリーズですね。ゆりさんの例だと、最近の百花繚乱的ミ
ステリーは読まれていないようなので、実に惜しいです。現代日本文学の低迷振りに
比べ、ミステリーは今が旬ですよ。
 村上さんを見た事に関しては、私も教えてもらったから気づいてはなかったな。

◎ゆらさんへ
 いえいえ、どういたしまして。寿郎社ってサイバラのあれが載っている雑紙を出し
たとこでしたか。話には聞いてました。
 「ススキノ…」は、堪能いたしました。酒を飲む人にとっては、本当に人ごとでは
ない話ばかりで、笑いながら楽しく読めましたよ。二日酔いの時に読んだので、それ
も良かったかも。

◎後半は深夜に
 あと20分で仕事なので、残りは夜書きますね。

[4731]masc さん(masc@mail.goo.ne.jp) 2001/06/14 Thu 15:17:40
アキ さん ありがとうございます。さっそく行ってきました。
う〜ん、朗読以外はさっぱりわからないので、誰か日本語訳してくれないかな
(笑)
僕も右に同じで、保存の仕方がわかりません。右クリックの「対象をファイルに保
存」で出来るのかなあ。すいません。
http://www.nytimes.com/books/01/06/10/specials/murakami-audio.html

[4730] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/06/13 Wed 23:15:57
こんばんは。
今日、知り合いから「村上春樹の『かえる君、東京を救う』の朗読を聞けるサイト
があるよ」と教えられ、即!行ってきました。(サイトというか、ダウンロードでし
たが。)有名なトコロなのかもしれませんが。春樹さんの声がかえる君のセリフを
喋っているのって、えもいわれぬ感動があります。あぁもぅ、全国の片桐さん達、
羨ましいっ!私も春樹さんに呼ばれてみたいっ!と、まるで若い子ちゃんみたいに
(笑)取り乱しちゃいました。ふぅ。
ただ、コレ約40分の大物でこんなのダウンロードして大丈夫なんだろうか?後日
スゴイ額の請求が来るんじゃ…?とかちょっと不安なのですが、どーなんでしょ。
あと、こういうモノを保存する事って出来ないんでしょうか?
Real Playerらしいのですが、よく分からない。へなちょこユーザー。
どなたかご存知でしたら教えてください。では。
ちなみに、聴きたい方は、下記までアクセスください。

 『かえるくん、東京を救う』朗読(日本語)
  http://www.nytimes.com/books/01/06/10/lifetimes/murakami.4.ram





[4729] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/13 Wed 21:23:08
『村上ラヂオ』読んでま〜す。幸せ♪
気持ちのいいふてぶてしさが感じられます。

♪大木さんへ
小学生殺傷事件は私も子を持つ親として他人事とは思えません。
精神障害を装っていたというではありませんか!
悪魔ですね。いや、それ以下だ。
同じようにメッタ刺しにして殺してやりたい。

[4728]ゆら さん(yura92022@hotmail.com) 2001/06/13 Wed 21:13:51
 こんばんは、ゆらともうします。以前もう一つの掲示板に間違って書き込んでし
まってごめんなさい;

 「ススキノハードボイルドナイト」読んでくだっさってのですね。ありがとうご
ざいます。とても嬉しいです。
 東直巳さんは推理作家協会賞をとってから、「残光」もかなり売れています。と
ても嬉しいですね。
本当にありがとうございました!!

[4727] リップビア さん(Rip beer@aol.com) 2001/06/13 Wed 19:32:54
ゆりさん、はじめまして。
特にオーラはかかってませんでしたが2回目からはすぐにわかりました。なぜだか
わからないのですが、やはりこの人しかいない、っていうお顔でした。
多分他の一般人とは目つきがやはり違うんじゃないかなと思います。鋭いとかじゃ
ないんですけど。
ミステリーといえるかわかりませんが、今奥泉光の「鳥類学者のファンタジア」を
読んでいます。
横溝といえば本格はもちろん「鬼火」の様な変格ものも、いいですね。

[4726] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/06/13 Wed 12:04:56
こんにちは。

今、「私的ブックガイド」見ていて思ったこと。私って結構ミステリーを読んでた
んだなあ。ここ何年も純文学していたので自分でも忘れていました。ある時期から
後の作家をほとんど知らないということは、つまり、この頃に人生の転機が・・?
小学校の学級文庫で一番人気があったのが乱歩(背表紙見るだけでゾクゾク)。大
きくなってからはクイーン(ドルリーレーンでしたっけ、素敵なおじ様)ドイル
(ホームズさんてなんて頭がいいんだろう、と思った)。どろどろの横溝正史、骨
太の松本清張、夏樹静子・・。おお、今鮮やかに甦ってきました。この世界を最初に
見せてくれたのは二木悦子でした。(年がばれる)ああ、なつかし・・。
友達同士の話も妙にくっきりと思い出します。
初心に返って(?)この夏はミステリー三昧といきますか。ところで有栖川有栖っ
て名前は不思議の国のアリスから貰ったんでしょうか?だったらいいのになあ。

寺山修司も結構怖いですよね。東北には失われてゆく理屈で説明出来ない何かや郷
愁みたいなものがたくさん残っているような気がして、私は好きですね。

話変わって、リップビアさん、また他の「村上さんに会ったことのある方」、どう
してすぐに分かるんですか? 顔写真が印象的だから? それともある種のオーラ
のせい?



[4725] すぎむら さん(305@l-navi.com) 2001/06/12 Tue 21:31:16
「青を散る」を読んでから僕も宮本輝にはまってしまいました
2作目に読んだのは「海岸列車」です
最後まで読んでから始めの方を少し読み返してみると
夏彦もかおりも成長したんだなあと(なまいきにも)
思いました 
次は「流転の海」を読もうと思ってます

「村上ラヂオ」を買う金がないので、毎日書店で
1話だけ読んでいます(春樹さんすいません)
本当は家で挿絵などをじっくりながめたいです
金がないというのは本当に困りますね〜
金がない時に春樹氏の長編が発売されたらどうしよう!
さすがに立ち読みではすませられないからなあ



[4724] リップビア さん(Rip beer@aol.com) 2001/06/12 Tue 19:46:08
はじめまして、村上春樹を読み始めて21年になります。
新著、昨日会社の帰りに買ってだいたい読んでしまいました。でも冒頭のスーツの
話はどこかで読んだ様な気がしたのですが....
一番好きなのは「羊をめぐる冒険」か「国境の南、太陽の西」と今は思っています
が、特に自分の中では大きな優劣をつけてはいません。
ところで私は春樹氏本人を3回みたことがあります。(これって結構多い方だと思
う)
1回目はまだ学生時代、偶然そのとき「1973年のピンボール」をリュックに入
れていたのですが、東急線で私の前に多分三田誠広氏とならんですわっていたのだ
と思います。でもそのときは気が付きませんでした。ただ話が彼が活字にしていた
内容と同じ様な内容だったので、後でほぼ確信しました。この時彼が話していた内
容に「朝日ジャーナル」である大学のレポートをしたことがあったのですが、それ
は私の母校でした。ブレザーにローファーをはいていたのもそれを裏付けるもので
あります。でもそのとき持っていた彼の著作を取り出して読んでいたら、どうなっ
ていたかな?と今でも時々思います。
2回目は銀座線の中で、おそらく「ノルウェイの森」が出た後だったと思います。
「ニューズウィーク」を読んでいました。この時はすぐわかりました。
3回目は桜田門駅の近くでした。ちょうど法務省の前あたりを歩いていると、
0.0001秒くらいの、あれっどこかで見た顔という検証の瞬間を経て彼だとわかりま
した。
えっそれがどうしたって?いえなんでもありません。ただご挨拶代わりにでもと思
ったので。
ではまた。

[4723] 増渕亜由子 さん(g9131027@dokkyo.ac.jp) 2001/06/12 Tue 19:17:20
私は春樹くんが死んでしまったら生きていかれないと思っています。
とても怖い。彼の書く小説に励まされ、生きる喜びを見出してきたのに・・・
もしも彼がこの世に存在しなくなったらと・・・
大切な大切な人なのに・・・
陽子さんがうらやましい。
あんな素敵な人と生涯をともにしつづけているのだから。
ホームページの運営、がんばってください。

あゆこ

[4722] あめふらし さん(l00a1201@ip.media.kyoto-u.ac.jp) 2001/06/12 Tue 11:55:59
はじめまして。「世界の終わりと…」から読み始めたあめふらしです。
最近になって、竹田青嗣さんが村上春樹さんの著書について書かれた批評文を読
み、なんとなく読んでいてはまってうという、不届きものです。
もちろんこれから他の作品についても読んで行きたいと思っているので、アドバイ
スや感想などがありましたら、ください。
ではでは。

[4721]かたつむり さん(mieko21@nasuinfo.or.jp) 2001/06/12 Tue 03:43:59
本間さん、ご無沙汰しています。
最近、こちらは大雨ばかりです。
洗濯物は夜中から午前中に干すと乾くありさまです。
ところで、私のHPで、お店の商品の
ネット販売をはじめました。
アンティークものが多いんですけど、
良かったら見に来てください。
また、このページから来てくださる方もいらして、
大変嬉しいです。
今後共宜しく御願いします。

もう直ぐ、本間さんの好きなビールの季節が
やって来ますね。(私もワクワクです)



[4720]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/12 Tue 02:17:32
 今日は外信、2面、スポーツ面とバラエティー豊かな担当でした。

◎うさんへ
 って、ういすけさんでは?(笑)
 連載の物に加え、加筆訂正しているようなので、読み比べてみるのも一興かと。
でも、もう読んでしまった頃かな。

◎大木さんへ
 「シドニー」読書中ですか。結構ボリュームあるので、少しずつ読めば、長く楽
しめると思います。
 大阪の事件は、いろいろ問題を含んでいて難しいですね。親や同級生のコメント
を読んでいると、ただただ痛ましいです。

◎mascさんへ
 それはそれで難しい問題なんですよ。デフレで、ただ安く買えればいいという購
買層が増えたおかげで、作家に印税が回りにくいシステムが出来ました。漫画家は
団結して反対運動してますね。
 まあ、そうは言っても学生なんかは現実にお金がないだろうし、痛し痒しではあ
ります。私は働いているので、好きな作家の小説は書店で、品切れ・絶版・品薄の
ものは古本屋で、というスタンスです。

◎ゆりさんへ
 当然そういう意見もあるでしょうね。恩田陸って影響を受けた作家を隠さないの
で、同じような系統を子供の頃から読んでいた人は、一発ではまります。彼女の作
品読んでいると、子供の頃行った図書館の棚を思い出すんですよ。
 本格ミステリは好きずきですが、私は法月綸太郎と有栖川有栖をお薦めします。
作品名などは「私的ブックガイド」をご覧下さい。

◎くれたさんへ
 こちらは一日いい天気でした。梅雨入りしたのが信じられない位でしたが、明日
からまた崩れるようですね。
 谷崎潤一郎は、あの文体合わないのでほとんど読んだことありません。
 名前に色付いている人は、ホームページを開いている人です。だから、url入
れるとリンクされて色付きますよ。

◎樽井さんへ
 そうですか。寝る前にゆっくりと楽しまれて下さいね。
 私は何を読もうかなあ。

[4719]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/12 Tue 01:40:44
 こんばんわ〜、樽井です。
 なんだかんだ考えたんだけれど、結局『村上ラヂオ』買っちゃいました。
今日から寝る前に二つ、三つずつ読んで行きます。ではでは。

[4718] くれた さん(yuujin-fukuyama@nifty.com) 2001/06/11 Mon 21:30:52
 こんばんは、おもてはどしゃ降りです。
谷崎さんの 卍買ってきました。
スプートニクとは、だいぶ違ったけれどとにかく濃い内容で
どっと疲れました。
それと お名前が青の色かたはドウヤッテイルンデスカ?

[4717] くれた さん(yuujin-fukuyama@nifty.com) 2001/06/11 Mon 21:30:42
 こんばんは、おもてはどしゃ降りです。
谷崎さんの 卍買ってきました。
スプートニクとは、だいぶ違ったけれどとにかく濃い内容で
どっと疲れました。
それと お名前が青の色かたはドウヤッテイルンデスカ?

[4716] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/06/11 Mon 12:33:53
そうそう、今晴れてきたので頭も晴れて、言い忘れに気づきました。
「三月〜」各章は下のようでしたが、全体の感じは、ほおぉぉ〜でしたよ。そう、
この本は全体が大事なんですよね。私からもおすすめです。

[4715] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/06/11 Mon 11:58:40
こんにちは。晴れてるような雲ってるような・・

恩田陸の感想。「三月は深き紅の淵を」は、1章うおお〜、2章ふむふむ、3章ふ
ーん、4章うんうん、あれ?うんうん、あれ?・・・でした。どうやら私はレトロ
風ミステリーが好きで、幻想学園超能力系が苦手みたいです。従って「光の帝国」
は合いませんでした。今のところ、恩田作品は1勝(三月〜)1敗(光〜)1引き
分け(象〜)です。感覚的にすごく似た部分のある人のような気はするんですけ
ど。ここらで、ぐわ〜んとなるような本格ミステリーって何でしょうか?雨の日に
は推理小説がよく似合ふ。
「村上ラヂオ」      
猫の自殺って本当にあるんですよ。私は見た。とある夕方、乗用車がゆっくりすれ
違える程度の田舎道。ドライブ中の私たちの前方のわだちの上に座ったまま動かな
い薄茶の猫。横向きの顔にはなにやら諦観のような決心のような。もちろんこちら
が避けたけど、もう少し暗かったら見えなかったかも・・。車を見送る猫の哀しい
目を後ろに感じたのでありました。耳や目が悪いのかなとも思ってみたけれど、やっ
ぱり様子が変だった。あの猫どうなったんだろう。


[4714] masc さん(masc@mail.goo.ne.jp) 2001/06/11 Mon 01:28:54
nao さん、こんにちは
そうですよね。文庫派にとっては切実な問題です。
・・・というほどでもないか?
僕は「村上春樹」に関しては単行本を買うのですが、
他の作家の本はやはり文庫を気長に待ちます。
でも最近では古本屋やリサイクル店で買ったりします。
「村上ラヂオ」は僕の知る限りでは、初刷が多いようなので、
これらの店で入手しやすいんじゃないかと思います。

[4713] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp ) 2001/06/11 Mon 01:27:05
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。
 今週は海にも行ったし、合気道の稽古もあったし、娘とも一杯遊んだし、サッカー
も白熱してたし、今週のビデオということで見た「アメリカン・ビューティー」も
良かったし(ケビン・スペイシーって本当に不思議で最高な役者ですよね)。仕事も
忙しかったし、結構充実したいい日々だったんですけどね。
 「村上ラヂオ」もちょっと立ち読みしましたけど、いいですね。村上さんと言え
ば安西水丸画伯というイメージが固定観念のごとくあったのですが、この版画もす
ごくいいですしね。今読んでる「シドニー」も相変わらず面白いし。
 なんだけどな。
 大阪の事件がショックで。自分と一歳しか違わない大馬鹿野郎が、自分の娘と同
じ歳の子供たちを殺すなんて。それが常に歯痛みたいに心にあって、何をしてても
沈んだ気分でした。
 すいません。つまんないメールで。だったら書くな、ですよね。では。

[4712] う さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 2001/06/11 Mon 00:49:09
こんばんわ。
本日ダビンチを見て、「村上ラヂオ」が本になっていること、初めて知りました。
大体は本誌掲載中に読んだのですが、表紙が素敵。
明日給料日。素敵!買えということですね。

[4711]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/10 Sun 23:43:03
 「村上ラヂオ」今日読みました。堪能しました。

◎naoさんへ
 マガジンハウスのように、自前の文庫を持たない出版社の場合、文庫化先は様々
です。著者の意向が大きいのでしょうが、他の作家の場合は講談社とか新潮社とか
ばらばらですね。
 という訳で、気になるなら買って読むのが良いかと。

◎アキさんへ
 首はいかがですか? 今日の私は二日酔いで頭が痛かったです。
 バックギャモンってルールうろ覚えです。すごろくみたいな感じだったような。
双子の女の子は、妹の友達にいたけど、それほどそっくりではなかったのが残念。
 既に読んだものが単行本化された場合悩みますよね。今回の朝日堂wwwもそう
だし。

◎samiadoさんへ
 ハイソというより独身の30代男性の一般的な過ごし方のような気もしますが。
 ただ、一般的に小説は日常に起きる非日常という形を取りますので、村上作品だ
けの特徴ではないかもしれません。

◎ほりえさんへ
 おそらくそうでしょう。私いつも二人がごちゃごちゃになるので。
 池澤夏樹には、割とストレートな恋愛小説も多いので、それがはまると、とても
胸に響きますね。私も大好きです。

◎のたへ
 久々って4月に「魔女」出たよ(笑)。こちらも樋口有介王道路線で、なかなか
良かった。「海泡」はネット書店で注文したのを忘れて、昨日本屋でも買ってしま
い、手元に2冊あります。困りましたね。私もそのうち読むので、感想はもう少々
お待ち下さい。小林泰三の新刊読み終わってからだな。

◎樽井さんへ
 うーん、好きは好きですが、「水晶のピラミッド」辺りの頃の方が好きでした。
原書房路線は今ひとつだったのですが、「季刊」で新作読めるのが楽しみなくらい
です。でもあの島田荘司ですからね。やはり新刊は楽しみな作家です。

◎Shinanoさんへ
 お久しぶりですね。お元気でしたか?
 女性の方は「アンアン」で読んでいた方が多いんですね。私はほとんど初読みだ
ったので、堪能いたしました。新作長編は本当に楽しみです。予告しないで、いき
なり本屋で見つけると、特に嬉しいですよね。

◎Akikoさんへ
 人は変わるものでもない、というのに関しては、確かに「何とかをしよう」と思
っている時だけですね、変わるのは。核になっている部分は、確かに変わりようが
ない気もしますし。それ以外の部分は結構変わるんですけどね。
 分量的には少なかったですが、私も今日読み終わって堪能しました。

[4710] Akiko さん(kasuya@nmao.go.jp) 2001/06/10 Sun 15:47:50
今日は!「村上ラヂオ」読みました。なかなか味わい深くて・・・。「焼かれたブ
ラジャーの行方」とか、私も一緒に考え込んでしまいます。「人は変わるものでも
ない」という命題とか(だから、心機一転して変わろうと努めるのはエネルギーの
無駄使い、とか・・・)←でも、そう思っていると変わって行く、というのも本当
ですよね。しみじみ。    

[4709] Shinano さん(jshina@tmtv.ne.jp) 2001/06/10 Sun 11:17:10
こんにちは、一年半ぶりくらいにかき込みさせていただきます。
「村上ラヂオ」買いました。大橋歩さんの銅版画(だと思う)が
素敵です。大体はアンアンで読んでいたのですが、あらためて
読みなおしてもやっぱりいいです。本当に同時代に生きててよかったなあ
と思います。
新作はいつ頃になるのでしょうか?楽しみですね。

ではでは、また。

[4708]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/09 Sat 23:57:27
 みなさんこんばんわ〜。いよいよ30度を越えた気温は、いやでも夏の到来
を感じさせますね。まだ梅雨さえ乗り切っていないってのに、なんでまたこ
んなに暑いんでしょうねぇ。
 白ワインのソーダ割がとても飲みたい(赤はまだあんまり美味しいとは思え
ない。子供だから)気分です。さて。

>ほっぺさん
  いえいえ^^  こちらこそ、そんな楽屋オチなことを。
 くだらないことばかり覚えているもんで^^

>本間さん
 言葉の端々から察するんだけれど、やっぱり本間さんも今の
 島田さんはあんまりお好きじゃないんですか?
 僕はそうなんです。いや、もちろん御手洗さんものが出たら買って読む
し、去年か一昨年のクリスマスプレゼントには「ディナー」がずいぶんと役
にたったんだけれど、昔の方がいいなぁ、、と。
 人間的な魅力ってとこで、御手洗さんが下がっちゃったような。。

 てなところで。失礼します。
 

[4707] のた さん(crazy4u@so.hot.co,jp) 2001/06/09 Sat 23:46:09
久々に書き込みさせていただきます。

>本間さん

もうすぐ夏です。
夏と言えば樋口有介です。

というわけで久々に、ああそりゃもう久々に樋口有介の新刊が出ていたので
買ってまいりました。購入場所はもちろん三省堂です。

まだ数ページしか読んでませんが、いい意味で相変わらずです。
夏と青年を書かせたら多分日本一の作家でしょう。(笑)
読み終わったらまた感想など書き込みさせていただきます。

あ ちなみにタイトルは「海泡(かいほう)」@中央公論新社です。


[4706]ほりえ さん(horiyus@clubaa.com) 2001/06/09 Sat 20:02:02
 こんばんわ。今日は夕焼けが綺麗でした。日本の夕焼けにはどういうわけか
ボブ・ディランの「マイ・バック・ペイジズ」がぴったりはまるような気がし
ます。

◆本間さんへ
 僕の記憶が正しければ「死刑台のエレベーター」はマイルス・デイヴィスだ
ったような気がします。マイルスがトランペットを女優さんの耳に向けてる写
真をなんか覚えてるので。

 それはそうと、池澤夏樹の「タマリンドの木」はなかなかおもしろかったで
す。最後近くのオーロラのシーンで感極まりそうになってしまいました。

[4705] samiado さん(hiroyama@wb3.so-net.ne.jp) 2001/06/09 Sat 18:46:56
「  それはたしかにすてきだろうなとぼくも思った。
その午後は市立プールに行って軽く泳ぎ、帰りに冷房のきいた喫茶店で一時間ばか
り本を読んだ。部屋に帰って、テン・イヤーズアフターの古いレコードを両面聴き
ながら、三枚のシャツにアイロンをかけた。アイロンかけが終わると、バーゲンで
買った安い白ワインをペリエで割って飲み、ビデオで録画しておいたサッカーの試
合を見た」
そういうことが思わずしたくなるような暑さだった。
 それにしても、村上の作品は庶民とハイソな世界の対比がおもしろい。もちろん
上記の引用も、ハイソな社会の人たちの休日の過ごし方の対比である。私を含めふ
つうの人たち、ささやかな楽しみを心待ちにしは懸命にいきているのだが、そこに
突然日常を裂く出来事が起きるというのが村上春樹の作品の特徴であると思う。最
近、文庫本化された小説を読んでそう思った。

[4704] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/06/09 Sat 04:57:52
こんばんは。(むしろ、おはようございます?)
未だに首のイタイ私です。この週末は自宅療養。あーぁ。だからというワケではあ
りませんが「1973年のピンボール」を再読しました。イイ話ですね。そしたら、
すごくバックギャモンがやりたくなったので、来週はゲーム系バーで缶ビール片手
に遊んで来よう。でも女の子の双子に知り合いがいないんです。無念。
ananを見ていたら「村上ラジオ」の広告が出ていて、50編のエッセイと…と書いて
ありました。そんなにやってたっけ?とちょっと驚きでした。うーん、買うべきか
否か…全部読んだんですけどね。

[4703] nao さん(nao_ss@hotmail.com) 2001/06/09 Sat 01:58:50
「村上ラヂオ」でましたね。
ああ、買うべきか買わざるべきか・・・。
文庫派の私ですが、マガジンハウスからでた本ってどこで文庫になるの?い
つ?
という感じなので、もう少ししたら買ってしまうかもしれません。
ちなみに、「anan」はマガジンハウスですよん。


[4702]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/09 Sat 00:14:06
 えーと、どこからだったっけな。

◎えぐちさんへ
 今日の大阪は大変な事件がありましたね。痛ましい事です。
 吉本ばななの最初の頃は、私も大好きでした。「キッチン」から「N.P」辺り
までは良かったのですが、最近の作風は、どうも好きになれません。
 「あなたには」は、私がとても好きな山本作品です。確かに、考えさせられる事
が多い小説ですよね。

◎沙羅さんへ
 小池真理子は高校が仙台です。伝統の宮一女。最初はサスペンスが好きで読んで
いたのですが、ここ数年の恋愛小説路線も、なかなか切なくて良いです。
 シナモンスティック、私も初めて見た時は、どう使うのかさっぱり分かりません
でした。でもいい匂いですよね。トーストにかけて食べるのも好きです。

◎ほっぺさんへ
 そうですね、書き込み多くて嬉しいです。私はあの村上文体とは全然違いますが
村上さんの返事ってあまり考えずに書いているとしたら凄い。
 「死刑台」と言えば、巨匠ルイ・マル監督の若き頃の映画ですね。しかも音楽が
確かコルトレーン。ミステリファンとしてはありがちな話なのだけど、あの演出は
映画ならではで、巧いなあと思った記憶があります。もちろん好きです。
 男は化粧しない分、準備早いですからね。私18分あれば全て終了します。

◎いわすぃさんへ
 でもカントリーが根強い人気があって、というのはアメリカの小説によく出てき
ますね。大抵、その事に主人公が腹を立てている、という心理描写で。
 私は最近は昔ほど音楽聞きません。SADEとかしっとりしたのを、夜たまに聞
くくらいですね。

◎ほりえさんへ
 という事で、私はあまり詳しくないのでお任せします。

◎すぎむらさんへ
 この前も書きましたが、御手洗シリーズは絶対時系列順です。しかも数作読んで
から「異邦の騎士」がいいでしょう。
 「青が散る」は、私にとっては永遠の青春小説です。高校生の頃読んでおくと、
いつかきっと効いてくるでしょう。宮本輝にしろ、宮部みゆきにしろ、稀代の物語
作家なので、長編はゆっくりでも全作おすすめです。

◎樽井さんへ
 一作目はそうですね、「占星術」です。今とは結構人物像変わってますが、一時
占星術で暮らしていたという島田荘司の事だから、馬鹿にはしないでしょう。でも
確かにあの頃の御手洗潔は、弱さも兼ね備えて結構魅力的でしたね。

◎ROWさんへ
 そういえばもう発売になったんですね。私も明日にでも買ってきます。
 エッセイはエッセイで、なかなか面白いものも多いですよ。競馬エッセイは別格
として、鷺沢萠や東直己をお薦めいたします。特に鷺沢嬢は、大酒飲みでギャンブ
ラーという理想的な生活ですし。

◎でんぼさんへ
 ええ、なりました。6/8発売だったかな。1年間ほどの連載分をまとめたもの
ですね。私も一回か二回しか読んでなかったので、楽しみです。

◎ゆりさんへ
 それは良かったですね。ゆっくりとお読み下さい。

◎ドーナツさんへ
 ロビン・ウィルアムスって、一時期好きでよく見てたのですが、ここが泣かせど
ころという演技のシーンより、何気ないシーンの方が好きでした。ただそれだけな
んですが。
 映画は見たけど記憶にないです。いつかまた見てみようかな。

◎yu-chanへ
 それは入荷分が少ないんですよ、きっと。マガジンハウスって初刷り少ないんで
す。でも掲載誌が「アンアン」だけに、新たな読者層を開拓して、飛ぶように売れ
しているのかもしれません。ファンが増えるのは良いことですね。
 でもよく考えたら、「アンアン」ってマガジンハウスでしたっけ?

[4701] yu-chan さん(yu-chan@nerima.oshokuji.org) 2001/06/08 Fri 20:05:38
今日、「村上ラヂオ」買ってきました。
うきうきした気持ちです。
本屋さんで平積みされていたけれど、だいぶ少なくなっていましたよ。
ゆっくり、楽しみながら読みたいなぁ、と思います。

[4700] ドーナツ さん(aitz@yb4.so-net.ne.jp) 2001/06/07 Thu 23:56:48
こんばんわ、お久しぶりです。
この頃時間にゆとりがあり、授業の合間によくビデオを観ます。
で今日「ガープの世界」(ロビン・ウィルアムス主演)を観ました。
(何故かと言われれば答えに窮するけど、ただ無性にそれを観たくなった。
乾杯の時、何ビールでもいいように気付くとなんの味気もないむしろ、
B級映画的なそのビデオのパッケージを手に取っていたんです。)
原作は読んでないのですけど、、、胸に響きました。
でてる女性が全員、素敵です。 メアリー・ベス・ハートはカワイイですね。
グレン・クロウト(?自信ない)は最高に魅力的な人でした。








[4699] ドーナツ さん(aitz@yb4.so-net.ne.jp) 2001/06/07 Thu 23:56:14
こんばんわ、お久しぶりです。
この頃時間にゆとりがあり、授業の合間によくビデオを観ます。
で今日「ガープの世界」(ロビン・ウィルアムス主演)を観ました。
(何故かと言われれば答えに窮するけど、ただ無性にそれを観たくなった。
乾杯の時、何ビールでもいいように気付くとなんの味気もないむしろ、
B級映画的なそのビデオのパッケージを手に取っていたんです。)
原作は読んでないのですけど、、、胸に響きました。
でてる女性が全員、素敵です。 メアリー・ベス・ハートはカワイイですね。
グレン・クロウト(?自信ない)は最高に魅力的な人でした。








[4698] ほっぺ さん(hoppe888@hotmail.com) 2001/06/07 Thu 22:02:58
こんばんは。梅雨入りで憂鬱です。
本間さん、26分でそれは神業・・・ほんとお疲れさまです。
私も美容院でananはときどき読んでいましたが、早く買いに行きたくてうずうずし
てきました。

>ほりえさん
Radioheadのアルバムは優劣はなかなかつけられないですが「OKコンピュータ
ー」は私の脳味噌の12%ぐらいを占めていてとても思い入れが強いです(春樹さん
もお気に入りなのですよねー)。

>樽井さん
なるほどそういうことだったのですね。すみません読みが甘かったです。
やっぱり春樹さんはボーイ・ジョージが好きでないほうに120点!

[4697] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/06/07 Thu 21:42:38
ヤッホー。
「村上ラヂオ」発売日前にゲットしました。うふふ・・。掲示板の皆様のおかげで
す。皆様、どうもありがとう。

[4696] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/07 Thu 21:11:52
ものすごくバカな質問ですが「村上ラヂオ」が本になったのですか?
新刊チェックなど、してないもので・・・・。
いつもお世話になっている美容院では、私が村上ファンだと知っている
私の担当のこれまた村上ファンの女の子が、待ち時間があると、必ず、
「今月もおもしろいよ〜」と言ってananを持ってきてくれます。
明日早速本屋へGoします。

♪ほっぺさん
「百貨店大百科」タイトルからして惹かれますね。
今度レンタル・ショップで探してきます。

[4695] ROW さん(akiraski@mail.goo.ne.jp) 2001/06/07 Thu 14:57:42
こんにちは。
さっき昼休みに「村上ラヂオ」入手しました。有隣堂恵比寿アトレ店です。
この掲示板1番乗りでうれしいです。
アンアンなんてもちろん読んでなかったので、楽しみです。
基本的にエッセイって読まないんですが、もちろん村上春樹は別格です。
小説もエッセイも紀行文も、すべてが面白いですよね。


[4694]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/07 Thu 13:34:21
 真保さんの新刊は、なかなかリアルでした。

◎海王星へ
 「スプートニク」はそうか。ただ、合う合わないというのも大事なファクターだ
と思うよ。評判に関わらず、自分に合う小説は大事な小説だし。
 青井夏海は創元文庫の新刊だからね。要チェック文庫なので。おまけで、それを
言うなら新保教授。見に行った真保裕一とのトークショーは面白かったよ。

◎秀紀さんへ
 ヤフーオークションみたいですね。自分が大事にしていればいいような気もしま
すが。

◎でんぼさんへ
 そんな事で、そんな事を思わないように(笑)。
 読書は個人的体験なので、やはり個人差が大きいです。村上春樹という作家は、
特にその振り幅が大きいような。だからこそ、「ノルウェイ」の時にはびっくりし
ましたね。

◎えなさんへ
 きっと周りにもいるのでしょうが、公言していないのでしょう。「ノルウェイ」
なら読んだ人はきっと多いですよ。
 でも、同じ趣味の友達が出来ると嬉しいですよね。出来たら良いですね。

◎後半の返事
 は、仕事から帰ってから。あと26分で、風呂入って会社行かないと。

[4693]いわすぃ さん(iwashi@community.net) 2001/06/07 Thu 04:05:55
>樽井さん

私も夏頃から猫を飼おうと思っています。
もちろん名前は「いわし」。
もう決まってます(^^)


[4692]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/07 Thu 01:46:41
 こんちは、樽井です。
 猫を飼う話がすすんでいて、最近は猫一色の樽井です。

>ほっぺさん
 エッセイとかではなくて、『ダンス・ダンス・ダンス』の主人公がつねに
ボーイジョージを引き合いにだして馬鹿にしていたら、ユキに「本当は好き
なんじゃないの」とつっこまれるシーンがあるのです。
 そこからのお話なのでした^^
  ごめんなさい。

>すぎむらさん
 御手洗さんの第一作って、『占星術殺人事件』かな?
  僕はあのころのほうが、今の御手洗シリーズより好きなんだけれど、逆に
今の御手洗さんだったら、占星術とかっておもいっきり馬鹿にしそうと違和
感も感じたりするのでした。

>でんぼさん
 う〜ん、それは不幸です^^
  

[4691] すぎむら さん(305@l-navi.com) 2001/06/06 Wed 19:42:00
こんにちは 読みたい本が次から次へとでてきて困っています
まあうれしい事でもあるんですけどね(^^

御手洗シリーズについてですけど
よく考えたら僕第1作目を読んでいなかったですね
いつか、というかなるべく早く1作目を読みたいと思います

昨日一気に読んだ宮本輝の「青が散る」
一気に読むつもりはなかったのに気がついたら読み終わってました
テニスの事全然わからない僕でも楽しく読めました
言葉で表すのが難しいのですが、みんなそれぞれ自分の道を歩き出していて
良い終りかた(ハッピーエンドとは言えませんが)だと思います

今は宮部みゆきの「蒲生邸事件」を読んでいます
これも気がついたら第4章に突入していました
5作ぐらい読んでいてはずれがない宮部みゆきですが
この作品も素晴らしい!
二・二六事件について詳しく知らないのが残念ではあります
勉強してから読めばよかったかなーと思っていますが
今更勉強する気にはなりません(笑)
結末が楽しみです



[4690]ほりえ さん(horiyus@clubaa.com) 2001/06/06 Wed 19:09:23
 音楽の話題を見たらいても立っても居られなくなった、ほりえです。よー
し、じゃあ「70年代モータウン・レーベルにおけるスロー・バラードのベス
ト5!」・・・というのは冗談です。ロブとバリーの会話じゃあるまいし。

◆ほっぺさんへ
 レディオヘッドはやっぱり「OKコンピューター」がベストだな〜、と僕は
今でも思っているのですけど、ほっぺさんはいかがですか?
 それからこれは僕の個人的推測の域を出ないのですが、春樹さんはおそらく
ボーイ・ジョージの音楽はそれほど好きではないような気がします。気がする
だけですけど。

◆いわすぃさんへ
 アメリカン・ロックはいいですよね。からっと晴れた空の感じと独特の泥臭
さ感覚が大好きです。さいきんのアメリカものの中では、オル・ダラの「ネイ
バーフッド」とロン・セクスミスの「ブルー・ボーイ」というアルバムが特に
良かったです。そして、これからの季節はやっぱりビーチ・ボーイズ!もちろ
ん「カリフォルニア・ガールズ」や「サーフィン・USA」も好きなんですけ
ど個人的には「ドント・ウォーリー・ベイビー」がいちばん好きです。

[4689]いわすぃ さん(iwashi@community.net) 2001/06/06 Wed 16:19:38
ここアメリカはやっぱりロックの国。音楽ソフトのマーケットシェアはなんとタン
トツの25%!!ついでカントリー、ラップ/ヒップホップ、R&B、POPSがそれぞれ約10%
で追従。特にここロスの気候や町並みに囲まれて、車なんか運転した日にはやっぱ
りロックのステーションKORQ(ケーロック)にチャンネルを合わせてしまいます。
さんざんロックを車のなかで聴かされると自分の部屋で聞きたくなるのはやはりジ
ャズ。今はビルエバンス&ジムホールの「アンダーカレント」を聞きながらカキコ
してます。
本間さんはどんな音楽を聴くのですか?
たまにはいいですよね。村上さん以外の話題でも(^^;

[4688] ほっぺ さん(hoppe888@hotmail.com) 2001/06/06 Wed 14:52:13
すみません訂正です。 変身→返信。
カフカ「変身」は名作です。うん。

[4687] ほっぺ さん(hoppe888@hotmail.com) 2001/06/06 Wed 14:45:47
掲示板大賑わいですね。本間さんお忙しいなかお疲れさまです。
先日朝日堂フォーラムをずっと見ていたのですが(目ぇ痛くなっちゃった)、気づ
いたら春樹さんの変身を本間さんが書かれたものであるような錯覚に陥って読んで
いました。

>でんぼさん
「8月のクリスマス」>「シュリ」に一票です。
前に書かれていた「奇人たちの晩餐会」は私もツボをつかめなかったのですが、コ
メディ系のフランス映画ではセドリック・クラピッシュ監督の「百貨店大百科」が大
好きです。絶妙なユーモアにもう抱腹絶倒!
フランス映画といえども「死刑台のエレベーター」は本間さんもお好き、なはず、
と思うのですが、どうでしょう。。。

>アタオコロイノナさん
Radioheadの新譜、最高ですね♪ この一週間どっぷり浸っているので本はあまり
読んでいない状態です。でもグアテマラで聴く「Amnesiac」はちょっと想像できな
い・・・(笑)

>樽井さん
春樹さんはボーイ・ジョージお好きなのですか? 記憶にないのですが何かに書かれ
ていますか? 彼の扮装は嫌いだけど曲は好きなのかな。
UK音楽愛好会(対抗:アメリカン・ロック同好会(笑))の私としては気になるとこ
ろです。

[4686]沙羅 さん(so_dyu@f7.dion.ne.jp) 2001/06/06 Wed 14:05:11
 こんにちわ。外は雨がシトシトと降り、とても静かな昼下がりです。
 「恋」読み終わりました。小池真理子さんは仙台にゆかりのある方なのでしょう
か?book reviewで本間さんがずっと愛読されていたことを発見しました。

 「恋」の中のシナモンスティックのお話。昔に私、この得体の知れないものはお
店のサービスかなんかのクッキーだと判断し、口の中に直行、一緒に居た友人もナ
ント同じ動作を、、、「八つ橋(京都の銘菓)みたいやけどちょっと固いね。」謎
が解けたのは幾日か経てからでした。(赤面の至り・・)
 こんな私ですから今でも知らないことは山のようにあるのでしょうけど澄ました
顔で1児の母やってます。

[4685] えぐち さん(tare@nyan.club.ne.jp) 2001/06/06 Wed 09:21:39
こんにちは、梅雨ですね。実家近くのダイエー大和田店今夏閉鎖の新聞記事を読ん
で、なんとなく寂しいです。
ただいま、吉本ばなな「うたかた/サンクチュアリ」をさらっと読んで平和な気持
ちです。ばなな初期作品は新鮮だなあ。
かわって山本文緒「あなたには帰る家がある」(こんなタイトルだったと思う)結
婚生活、同居、仕事あれこれと思い当たることありました。7月から子供を保育園
に預けて復職する予定なんで、明日は我が身かと。


[4684]えな さん(nikiita@mail.goo.ne.jp) 2001/06/06 Wed 00:37:26
神奈川の25歳の♀です。
村上春樹さん大好きです。
でも、なかなか周りにそぉいってくれる人が居なくて
淋しいです。
同じ様な趣味の人居たら仲良くなれると思うのに。。。
だから、このHPを知って凄く嬉しいです。
村上春樹が好きな女の方とお友だちになりたいなぁ〜



[4683] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/05 Tue 20:50:51
多分うちのダンナは『夜のくもざる』好きじゃないだろうなーと
思いつつも、薦めてみたら意外にも「貸して」と言ってきたので
貸したら、今朝「ねえ、あの本、どこがおもしろいの?僕にはあの本の
おもしろさが全然理解できない」とぬかしました。
想像どおりの答えと思いつつ・・・・
なんだか"離婚”の二文字が頭をよぎりました(笑)

[4682] 秀紀 さん(campus72@mail.goo.ne.jp) 2001/06/05 Tue 15:45:40
村上春樹関係のレア本(と思っている)を所有しています。

●映画をめぐる冒険 (村上春樹+川本三郎) 講談社・昭和60年初版
もはや絶版。映画好きにはたまらない春樹・三郎による映画解説。

●カンガルー日和(ハードカバー)平凡社・1983年初版
佐々木マキさんの挿し絵が素晴らしい短編集。名作多数。

●月刊広告批評【村上春樹への18の質問】1993年2月号
アメリカ暮らしを終え帰国した春樹氏へ「国境の南、太陽の西」についてなど
のインタビュー。
つみきみほさんが表紙の美しい本。

大事にしてくれる方に、お売りしたいと思います。
興味ある方は、メールで連絡下さい。
campus72@mail.goo.ne.jp

[4681]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/06/05 Tue 09:12:44
 おはようございます。本間さん、レスお疲れ様です。
 『スプートニク』昨夜、読了しました。『ノルウェイ』のときと同じように、上
手く感想が書けません。反芻しています。やっぱり、特別なんだなあと思っていま
す。合う、合わないじゃあないんですよね。読んでよかったとは思っています。本
間さんの感想を、と思ったら、なかったです(笑)。ゆっくり、感想を書きます。

 話は変わりますが、青井夏海『スタジアム 虹の事件簿』読まれていたんです
ね。私も真保博士の帯に惹かれて読んだのですが、次作が期待されますね。

 宮本輝は、やっぱり人気がありますね。私も大好きなので、宮本輝コンテンツで
も作りたくなりました。『青が散る』の感想は苦笑。それからやっぱり『流転』は
別格ですね。個人的には『私たち』『錦繍』『避暑地』などを挙げたいです。

[4680]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/05 Tue 07:32:28
 という訳で、過去ログ管理していたら、左の酒場の書き込み、全て消えてしまい
ました。ごめんなさい。反省しながら返事の2。

◎アキさんへ
 という訳で、この前チャットでお話した通り、私は読んだことありません。どう
も私の好みとは違うような気がするので。
 寝違えは大変ですね。気合いで治して下さい。宮本輝は「流転の海」はライフワ
ークというだけあって別格です。私も「青が散る」か「ここに地終わり」かなあ。
前者は切なさに、後者は物語性に一票。

◎ゆりさんへ
 佐伯一麦は、オランダかどこかにしばらく住んでいた後、現在宮城県内に住んで
ます。恩田陸のその2作品は、読書の喜びを満喫させてくれると思いますが、好み
があるので、合うといいのですが。東北ゆかりといえば、小池真理子もそうです。
「恋」に出てくる仙台の和菓子屋さんは美味しそうですし。今でもあるみたい。
 「スプートニク」、その気持ちは謎ですが、いつか読めるといいですね。

◎海王星へ
 「私たち」は大人のファンタジーという感じで、個人的にはそういう世界もあっ
てもいいけど、あまりに綺麗にまとまりすぎている気がする。宮本作品では、ちょ
っと珍しい系統かもしれないね。
 有栖川有栖は、私かなり好きなので、そう言われると辛いが、確かに長編は非シ
リーズが少ないね。学生有栖シリーズの再開をファンは心待ちにしているのです。

◎大木さんへ
 「小夜子」、面白かったようで何よりです。私は「三月」ではまった口なので、
長らく絶版だったこの小説は後から読みました。デビュー作でこの世界観は、なか
なか凄いです。
 「シドニー」、結構ボリュームありますので、お楽しみ下さい。

◎千葉のひろしさんへ
 ちょっと内容に触れすぎているので、隣の掲示板に移動しました。ご了承下さい
ね。

◎樽井さんへ
 そうですね、エッセイ楽しみです。私は自分の時間を作るため、テレビも見ない
し、ほとんど雑紙も読まないので、ほとんどが初読みになるため、更に楽しみ。
 「私たち」はそういう訳なのですが、これが好きだという人は結構多いですね。
きっと私が素直じゃないのでしょう。

◎ゆりさん、らしさんへ
 確か6/8だったような覚えがあります、発売日。
 書店員というのは、見た目よりずっと重労働なので、そういう事があっても許し
てあげて下さいね。

◎いわすぃさんへ
 それは幸せで何よりですね。美味しいものと美味しいお酒は、確かに幸せにさせ
てくれます。

◎アタオコロイノナさんへ 
 書き込みの度に書き込む場所が違うのは、なかなか不思議です。
 のんびりと読みたい本でも読んで下さい。日本の物価は他国に比べたら高い分、
収入も高いのです。でも使うのも高ければ、結局一緒なんですが。しかし、これだ
け私が派手に使っているのに、なかなか景気よくならないなあ(笑)。

◎でんぼさんへ
 朝からせっせと返事書いてますよ。
 私が映画に対しては辛口なのはご存じかと思いますが、「シュリ」はどこが良い
んだか、さっぱり分かりませんでした。あの程度のストーリーで話題にするんだっ
たら、映画評論家はもっと本読めという感じです。ハリウッドの二番煎じじゃない
普通の韓国映画が話題になったら、もっと嬉しかったのですが。
 「模倣犯」は、全面的にお勧めです。ぜひどうぞ。

◎ROWさんへ
 安田は△▲で縦目でした。自分の詰めの甘さに参っています。
 「風の歌」「ピンボール」は、あの分量だけに再読しやすいので結構読んでます
が、そんな重いですか? 私は結構楽しんで読んでます。でも自分にとってのピン
ボールは何かとか考え出すと、重いかもしれませんね。何だろう。
 続いての「羊」も楽しまれて下さい。きっと札幌に行きたくなりますよ。

◎海王星へ
 「スプートニク」はどうだった? 合うといいのだけど。
 宮本輝の長編は本当にいい話が多いよね。「流転」の4部は一体いつ出るんだと
待っているのも一興で。「青が散る」は、私が高校の時読んで、大学のイメージが
出来た想い出の長編です。なかなか現実は厳しいけどね(笑)。

◎たるいさんへ
 掲示板に関しては、みなさまの書き込みが全てなので、多い分には嬉しいです。
 本の感想は確かに難しいですね。言われる通り、それをきっかけにして読む人が
いると嬉しいです。
 久々に私的ブックガイドも更新しようかなあ。何かこういうテーマでやってほし
いというのがありましたら、みなさまリクエスト下さい。

◎☆さんへ
 飲み会明けで、自動的に早起きしたので、せっせと書いてますよ。右側にも返事
書いたのに、全部消えて切ないです(笑)。
 蛍ってもういるんですか? 早いですね。でもあの存在も考えてみると不思議な
存在です。でも、いい一日で良かったですね。

[4679]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/05 Tue 06:22:22
 飲みに行っている内に、ずいぶん書き込みあったんですね。返事の1。

◎けんじさんへ
 はい、初めまして。華麗な虚像や一般論ですか。私は欠落感に強く惹かれます。
自分の欠落感にぴたっとはまるような感じかな。何にせよ、自分が気に入った作家
を見つけるのは幸せな事なので、未読作品、楽しんで読まれて下さいね。

◎RIEさんへ
 私が野球を好きなのは、逆転があるからです。サッカーだと、後半3−0だとそ
のまま決まりますが、野球は9回裏まで分かりませんし。
 でも何か楽しそうでいいですね。私も水泳じゃなくて野球してれば良かったかな
と思う時もある今日この頃。

◎和弥さんへ
 1969年に何か思い入れでも? ぎりぎり60年代最後の世代です。
 10代の内に読んでおけば、という気持ち分かります。良い本に出会うと、結構
変わりますよね。もちろん20代で変わる事も多いので、いろいろ刺激があると良
いですね。その順番だと、次は「ダンス」ですか? これも良い小説ですよ。
 ホームページは、今度遊びに行きますね。

◎樽井さんへ
 セは三つ巴になってきましたね。ゴメスに当たりが出てきたし、日本最高投手の
野口は調子いいし、中日もこれからです。

◎ぴぴさんへ
 「地雷を踏んだら」も熱いエッセイですよね。自分でもアンコールワット遺跡を
見たくなります。
 熱があっても大人しく寝ていると退屈なので、ついつい何か読みますが、入り組
んだ小説は辛いので、短編集が良いと思いますよ。

◎すぎむらさんへ
 私の感想を読んでいただけたならお分かりでしょうが、私今の方向は肯定的では
ありません。あの御手洗潔ですよ。なんであの方向へ。出来れば、あのシリーズは
時系列順に読む事をおすすめします。「暗闇坂」「水晶のピラミッド」「アトポス
」辺りの長編群は、たまりません。再読したくなってきました。

[4678] ☆ さん(shiyaha@d1.dion.ne.jp) 2001/06/05 Tue 00:35:22
 わ〜い!私も意地悪しちゃお。がんばれ本間さん!!
 
 今日は蛍を見に出かけました。豊橋は石巻山のふもとまで。
 ふ〜わふ〜わ飛んでました。ゲンジ蛍。
 一匹、蜘蛛の巣にひっかかって弱々しく光っているのを見つけました。
 なんとかして助けてやりたかったんだけど、もうすでに蜘蛛の糸で
 ぐるぐる巻きにされていて、もう手遅れ・・・。かわいそうだった。
 蜘蛛って蛍も食べるんだなぁ。蚊と蝿とゴキブリだけ食べればいいのに。

 今日は「吃り」について勉強したし、蛍も見たし、
 なんだか「突撃隊」って気分な一日でした。(笑)


[4677]たるい さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/04 Mon 23:18:53
 こんばんわ。大盛況ですねぇ。掲示板、とんでもないことになってます^^
  うちもこれくらいあれば、、いや、ここまであるときついか? ちょっと^^
 さてさて。

>海王星さん 
 あ、感想とか書かれているページがあるのです。早速今日か明日にでも
見に行きますね。僕も自分のページで感想のような紹介のようなものを書
いてるんですけれど、兼ね合いが難しくて結構中途半端になってしまいま
す。でも、それを読んで本屋で手にとってくれる人が一人でもいれば、、
と思って頑張ってます。

>ゆりさん、ROWさん、アキさん
 その図書館との店員の掛け合い、めちゃ面白かったです^^
 アキさん、首大丈夫ですか〜。

>でんぼさん
 「シュリ」、韓国映画とくれば、「JSA」でしたっけ、今来ている韓
国映画もなかなか話題ですね。見たいです。 
 ちょうど今、韓国からクレームがついた『新しい歴史教科書』を読ん
でいるだけにそんなことを思います。これがまたなかなか変わった本な
んだな。黒船事件ならぬ白船事件、というのがあるんですが、こんな事
件知ってる人います?


[4676]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/06/04 Mon 21:38:28
 こんばんわ。

 村上サイトなのになかなか村上作品に手が出ない私ですが、やっと『スプートニ
ク』を読み始めました。

>樽井さん 始めまして。『草原の椅子』は、このページの書評コーナーに書いて
あるような内容です(笑)。私のところにも書いてありますが、私は「書評」では
なく「感想」を書いているので・・・。

>でんぼさん 『私たちがすきだったこと』は、『海岸列車』とはまた違った感じ
で、いいと思いますよ。私からもお勧めです。

 アキさんも書いていらっしゃいましたが、ほんとに宮本氏はハズレが少ないで
す。長編はもちろん、短編、エッセイや対談も良いですね。『青が散る』かあ。あ
れも良かったなあ。再読したくなりました。

[4675] ROW さん(akiraski@mail.goo.ne.jp) 2001/06/04 Mon 20:35:13
こんにちは。
じゃあ僕も、でんぼさんに倣って意地悪する意味で書き込もう。(笑)
やっとこさ「〜ピンボール」再読終了しました。読むのが遅いのは、仕事が忙し
かったし、ダービーやら安田記念やらあったし…って誰に言い訳してるんだろう?

村上作品との初めての出会いが「〜ピンボール」だったので、それだけにワクワク
した気持ちで読んだのですが、21年ぶりに読み返した率直な感想は、「ピンボー
ルってこんなに暗く重く悲しい話だっけ?」でした。21年前いったい俺は何を読ん
でいたんだ?自分の記憶力のなさに驚きです(笑)。
きっとタイトルのピンボールという響きが記憶の中で、もう少し軽い物語にすりか
えたんですね。物語の詳細なんかほとんど忘れてたけど、やっぱりかなり影響を受
けてる自分がわかりました。
なんか昔好きだった女のこに再会したようなもんです。
「いまでも大好きだよ、お互い歳をとっちゃったけど」てなもんです。
さあ次は、いちばん好きな「羊〜」です。楽しみだなあ。

本屋の店員さんネタでは、アキさんの持ちネタである「『結婚願望ありますか?』
『え?あまりないです〜』」が、僕は好きです。



[4674] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/06/04 Mon 20:14:24
こんばんは。確かにスゴイ書きこみ量ですね。ガンバレ本間さん!(ヒトゴト(笑))
朝起きたら首を寝違えていて病院に行ってきました。「2.3日は読書も禁止ね」
とドクターストップが。確かに痛くて読書どころじゃないんですが、止められると
意地でも読みたい。うーでも座ってられない痛さなんです。悩むわ…。

宮本輝<私の輝ベストは「青が散る」と「流転の海3部作」です。(ベストじゃな
    いな。4つもある。)宮本輝は本当にハズレがないので嬉しいッスね。
山本文緒<私のオススメは短編全部と「眠れるラプンツェル」です。でも「眠れる
     …」は山本さん系読者投票でも人気薄いんですよ。泣けるのにぃー。

[4673] でんぼ@ドジ主婦 さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/04 Mon 19:57:07
えー、勧告映画 → 韓国映画 の間違いです。ごめんなさい。

[4672] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/06/04 Mon 19:55:23
すごい書き込みの量です。
本間さん返事書けるのでしょうか?
意地悪するため、私も書き込んでしまおう(笑)
『八月のクリスマス』という勧告映画をビデオで観ました。
ダンナに再三「観ろよ〜」と言われていて、ずっと無視してきたのですが、
なんだか気が向いたので観たんです。
これが良かったんですよー。
情緒的に静かにゆっくりとストーリーが流れていて、ジーンとくるシーンが
たくさんちりばめられてました。
主人公を演じたハン・ソッキュがとてもいい演技してました。
『シュリ』よりこっちのほうがずっといい。
本間さんが「今年の1番になることはほぼ決定」と言い放った『模倣犯』
是が非でも読みたくなってきました。
古本屋か図書館に行ってみることにします。

♪樽井さん
『私たちがすきだったこと』未読なので是非読んでみます!
私の中では『海岸列車』がダントツ1位なのですが、それを超えるでしょうか!?

♪大木さん
『ホテル・ニューハンプシャー』が地味だというご意見に椅子から転げ落ちまし
た。
マジで?!という感じです(笑)
私は映画のほうしか観てないのですが、あのぶっ飛んだ内容に驚愕しつつ、
おもしろいと思ってしまった自分の人格を疑ってしまいましたよー。
余談ですが、映画の中のマシュー・モディンは最高にかっこいいです。
私の永遠の王子様です。

長くなってすみませ〜ん

[4671] アタオコロイノナ さん(naokingnk@hotmail.com) 2001/06/04 Mon 16:24:36
お久しぶりです。
一昨日タイから帰国いたしました。ほんの2ヶ月ほどの旅のつもりが、ズルズルと2
ヶ月も延びてしまいました…。

4ヶ月ぶりに帰ってきたら、買いたい本が山ほど本屋に並んでいて一瞬眩暈がしまし
た。早速片っ端から買っていったらあっという間に手持ちの日本円がなくなってし
まってビックリでございます。まだレディオヘッドの新譜も買いたいのに…
おい、日本!物価たけぇーよ!(笑)デフレじゃなかったのかぁーー!?

2週間ほど日本でゆっくりしてロスに飛びます。日本トランジット…。一応母国なの
に…。そこから陸路でグァテマラを目指します。今回はどんな本を持っていこうか
…。海外に持っていく本を選ぶのは本当に難しいです。

[4670]いわすぃ さん(iwashi@community.net) 2001/06/04 Mon 16:07:28
あ〜日本から「夜のくもざる」もってくれば良かった....

[4669] いわすぃ さん(iwashi@community.net) 2001/06/04 Mon 14:38:56
最近やっとロスに美味しいパン屋さんを発見。
幸せな気分になったので今日はチキンを焼いて赤ワインなんぞも飲んでみました。
Sarah Mclachlanなんぞを聞きながら....
あ〜幸せ。


[4668]らし さん(masc@mail.goo.ne.jp) 2001/06/04 Mon 13:23:37
ゆり さん こんにちは
はははは〜 そんな店員はこらしめてやりたいけど気が弱いのでできません

それはananで連載していた「村上ラヂオ」です
そうか、う〜ん今度は「電気屋さんに行ってください」って言われそうだなあ〜
(笑)
↑僕のHPじゃないけど、そ〜っと覗いて見てください

[4667] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/06/04 Mon 12:04:36
おはようございます。

な、何ですか?春樹さんのエッセイって??教えてください!いつ?
ここは辺境(?)なので、出版の広告が出ても本屋には並ぶまで3日かかるんで
す。「そうだ、村上さんに・・」の時も、無い無い!とあせって、店員さんに村上
春樹の新刊は?って聞いたら、なんですか?みたいな顔されて、「そうだ村上さん
にきいてみよう」と言ったら、店員さんが怪訝な顔で、「村上さんに聞くんです
か?」と返してきたヘンな経験があります。本屋で声を出しても恥ずかしくないタ
イトルでありますように〜。



[4666]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/04 Mon 09:47:26
 おはようございます。
 樽井です。いよいよ今週は春樹さんのエッセイが出ますね。楽しみです。

>海王星さん
 こんちは、初めましてですね。
 『私たちがすきだったこと』、本当にいい作品でしたね。与志くん、本
当にそれでいいの? と思ったり、相手の人の行動の一つ一つにものすごく
いろいろ思ったりしました。ネタバレ危険であんまり書けないですけれど
ほんとうにあれほど人の気持ちというものに痛みや苦しみや甘さを与える
小説は珍しいですね。
 『草原の椅子』はどんな話ですか? 

>アキさん
 宮沢さんの『。。。クラッシュ』の方は、確かに??? という出来でし
たね。やっぱりそうですよね。僕もエッセイの方はめちゃくちゃ笑わせ
てもらった(『わからなくなってきました』が特に)だけに、小説も期待
したら、ペケでがっくしきたのを思い出しました。
 ひよっとしたら、読みが足りないのかもしれないけれど、なんか僕は
駄目でした。
   
[4665] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp ) 2001/06/04 Mon 02:00:57
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。
 コンフェデ杯、サッカー日本代表強いですね。いいですね。日本、チャチャチャ。

「六番目の小夜子」あっという間に読了しました。すごく面白かったです。欠点を
挙げようと思えば出来るのですが、荒削りではあっても小説全体に勢いがある、と
いう感じがグッドです。噂の関根秋君も気持ちのいい青年でした。他の小説にも出
てたりするんですか?
 どうやらでんぼさんと同時進行して読んでたらしい村上さんの「夜のくもざる」、
私的には「ずっと昔に国分寺にあったジャズ喫茶のための広告」が一番好きです。
学生の頃(もう二十年近く前)ジャズ喫茶でバイトしてたことがあるのですが、暗
がりの中でジャズが大音量で響き渡っている空間って、はまってしまうと本当に心
地いいんですよね。胎内願望の一つの変形かななんて思うのですが。
 その影響もあって、先日は図書館に行って、久しぶりにジャズのCDなんか借りて
きちゃいました。ケニー・ドーハム、レッド・ガーランドとか、車の中で聞いてい
ます。で、村上さんのコーナーを見ると、「そうだ、村上さんに聞いてみよう」が
あったので借りてきました。こりゃ面白いや、と「小夜子」と並行して読んでいた
ら図書館から電話が入って、もう忘れるくらい前にリクエストを入れていた「シド
ニー」が入ったとのこと。ウヒョヒョもので借りに行きました。これでしばらくは
村上さん三昧できそうで嬉しい限りです。

 今週のビデオは「マグノリア」を観ました。以前、この掲示板でコタシャーンさ
んが誉めていましたよね。最初のうちはなんじゃこりゃって感じでしたけど、ラス
ト20分には超ぶっ飛びましたよ。これこそネタバレしたら切腹もの。久々に当たり
の映画でした。(そうそう、J・アービングものの中では私は「ホテル・ニューハ
ンプシャー」が一番好きなんです。地味ですけど。)

 こんなところです。では。


[4664]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/06/04 Mon 00:29:34
 こんばんわ。

 宮本輝『草原の椅子』には、大満足でした。樽井さんが、カキコしていらっしゃ
ったように、『私たちがすきだったこと』は、私も個人的にも共感する部分がある
ので(かなり痛い)、宮本氏のベスト3に入れたいです。

 山本文緒は、私も今の作品が好きです。個人的には『群青の夜の羽毛布』がお勧
めかな(これも痛い)。コバルト時代の復刻版『野菜スープに愛を込めて』を読み
ましたが、同じ人とは思えない作風で、かえって新鮮でした。まあ、かなりベタな
ラヴ・コメですけれど。刊行順を逆行して読んでいます。

 後は、やっと、有栖川有栖『幻想運河』を読みましたが、よい意味で期待を裏切
ってくれました、一生シリーズものしか書かないのかと思っていました(笑)。

 池澤夏樹のエッセイを読んだ後、小説を続けて読んでいますが、あまりハズレが
ないので、今のところ満足。ちょっと、エンターテイメントなものも読もうかな。
『スプートニク』をやっと入手したので、挑戦したいと思っています。

 それではまた。独りよがりな書き込みですみません。

[4663] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/06/03 Sun 23:58:31
こんにちは。

初読みの佐伯一麦「ア・ルース・ボーイ」「まぼろしの夏・その他」を読みまし
た。仙台一高懐かしい。ここのすぐ側に私はかつて住んでいました。
明日からは、いよいよ本間さんおすすめの恩田陸「光の帝国」「三月・・」を読み始
めます。寺山修司もその後に控えていて、青葉の季節、しばらく東北文学に浸りま
す。
「スプートニク・・」既に購入済みなんですけどね、なぜか開くのが怖いのです。
本当、なんでだろ? タイトルだけで揺さぶられる私もヘンだけど、春樹さんもすご
いですよね。


[4662] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/06/03 Sun 23:49:09
こんばんは。
今日は1日読書をするゾ!と決めて、図書館に行き、初読み作家・宮沢章夫サンの
エッセイ「百年目の青空」と小説デビュー作だという「サーチエンジン・システム
クラッシュ」を読みました。
エッセイの方はメチャメチャ面白くて大当りでした。物事へのツッコミ所が何とな
く自分と似てて「あぁ、この人とならシェアで暮らせる」とワケの分からない感想
を持ってしまいました。で、小説も期待して読んだのですが…うーん、でした。
決して面白くなかったワケではなくて、こりゃ確かにサーチエンジンのシステムが
クラッシュしてるわ、という感じでした。でも私はそれほど混乱してないので共感
できなかっただけです。我ながら変な感想ですが(笑)読むと分かって頂けるハズ
です。でもエッセイは本当に相性良さそうなので、しばらく読み漁ろうかと思いま
す。では。


[4661] すぎむら さん(305@l-navi.com) 2001/06/03 Sun 21:42:06
やはり試験が終わったあとは本がゆっくり読めていいですね
でもこんな事だから試験前にまた苦労することになるんだろうなー

それで読んだのはまず「御手洗パロディサイト事件」
読み終わってから本間さんの書評を読んでびっくりしたのは
いくつかはWWW上に存在する話だという事です
英語で書かれている話以外は当然全部読んだのですが
どれも本当にレベルが高い!
英語の奴も時間があったら読みたかったけど
それよりこの話全体の結末が知りたくて
読みませんでした 
結末はこんな物かーぐらいにしか思わなかったけど
短編集と言ってもいいぐらいよかったです

2冊目は「御手洗清の挨拶」
どれもよかったけど僕は「柴電改研究保存会」が好きです

今さらですが御手洗シリーズはとてもおもしろい!
いずれ全シリーズ読もうと思います




[4660]ぴぴ さん(sweet@redbit.ne.jp) 2001/06/03 Sun 16:20:29
この頃小説漬けだったので、今はエッセイなどを読んでいます。
一昨日から一ノ瀬泰三の「地雷を踏んだらさようなら」を読み始めています。
しかし、風邪をひいてしまい熱があるので読書はきつい・・・。
熱があると頭にはいりませんね。
私だけでしょうか?!

[4659]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/06/03 Sun 09:46:30
 こんにちは〜、いよいよ阪神が最下位に落ち着いてがっくり、でも、
ヤクルトが首位にたって、それはそれで嬉しい樽井です。
 ここんとこ再読が一段落して、いろんな本を次々に読んでいるんで
すが、世の中には面白い作家さんというのはつきませんねぇ。。。
 
>でんぼさん
  宮本輝の作品は当たりが多い人だけにみんなからお薦めされる本が
違うと思いますが、僕的には「私たちがすきだったこと」というのを
プッシュしたいです。ふた組の男女の物語、といってしまえばそれだ
けなんですけれど、非常に感情を揺さぶられる作品でした。
 
 

[4658]和弥(かずや) さん(emih@din.or.jp) 2001/06/03 Sun 02:05:22
はじめてカキコします。
管理人さんは、1969年生まれなんですね。にっこりしました。

さて、鼠3部作を読み終わったところです。
喪失感が身体中を占めていて、ネットで春樹関係HPを探してしまいました。
つながりがほしかった。ストローくらいでもかまわないから。

私は今、23才ですが
10代のうちに読んでおけばよかった。なんとなくそう思いました。

えっと、支離滅裂になりましたが、怪しい人間でないことを証明するために
自分のHPのアドレスを書きました。
今は、掲示板しか使ってませんが、お暇な方はいらっしゃってください。
お友達になれたら、うれしい。ほんとに。

[4657] けんじ さん(chy54570@syd.odn.ne.jp) 2001/06/03 Sun 00:25:59
始めまして。僕は大学一回生ですが村上さんにはまってしまいました。最初は友達
が好きで借りて読んだのですが分けがわからず「なんだよこいつ」とか言ってたん
ですがだんだん華麗な虚像や一般論にやられてしまい、今ではもっと村上春樹とい
う人間を知りたくなりました。皆さんが言っている高い次元の事は僕にはよく分か
りませんが、よろしくお願いします。


[4656] RIE さん(rie-388@qk9.so-net.ne.jp) 2001/06/03 Sun 00:25:40
またまた1週間が経ってしまいました。早いです、そしてここの掲示板は
回転がはやいですね。先週は午後から晴れたため野球の試合がありました。
雨上がりの午後、気持ちよかったです。野球って守備側はチームワークが
必要で攻撃側は1人1人の活躍で、いいスポーツだなって思いました。
何よりも勝ったので行った甲斐がありました。

[4655] けんじ さん(chy54570@syd.odn.ne.jp) 2001/06/03 Sun 00:22:45
始めまして。僕は大学一回生ですが村上さんにはまってしまいました。最初は友達
が好きで借りて読んだのですが分けがわからず「なんだよこいつ」とか言ってたん
ですがだんだん華麗な虚像や一般論にやられてしまい、今ではもっと村上春樹とい
う人間を知りたくなりました。皆さんが言っている高い次元の事は僕にはよく分か
りませんが、よろしくお願いします。


[4654]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/03 Sun 00:01:08
 新刊がいろいろ出て嬉しいな。

◎海王星へ
 「マレーナ」だったか。どんな映画か楽しみだね。
 「ブルー」はジュニア小説から、普通の小説を書くようになっての初期作品なの
で、今とは結構作風が違うかも。私は今の方が好きかな。
 宮本輝の長編は、留保なしで全作おすすめ。

◎かずおさんへ
 なるほど、そういう見方もあるんですね。それが現実となると「あなたには」み
たくなるので、ご注意下さい。
 「バトロワ」に限らず、あの手の登場人物が多い小説は描写の多さによって主要
人物が分かってしまうのが難点です。まあ分かってもいいのだけど。

◎yu-chanへ
 他の作品ではそうですね、私の好みなら「あなたには帰る家がある」集英社文庫
でしょうか。感想のページに山本文緒の作品リストありますので、良かったら参考
にしてみて下さい。

◎茶々さんへ
 はい、お久しぶりです。「遠い太鼓」で書かれている長編は「ノルウェイ」の事
です。時系列的にそう繋がりますね。「スプートニク」は「僕」があまり前面に出
ない長編なので、この作風の変化が次作にどう繋がるか、興味深いですね。
 「レキシントン」もなかなか興味深い短編が多いので、準備で忙しいとは思いま
すが、お楽しみ下さい。

[4653]茶々 さん(tee_ti_ti@hotmail.com) 2001/06/02 Sat 12:37:35
とてもお久しぶりです。
先日「スプートニクの恋人」を読みました。
私としては、少し物足りなかったかな。
で、気になったんですけど、「遠い太鼓」のエッセイを書かれているときに、
村上さんは長編小説も書き上げていますよね。その作品が
「スプートニクの恋人」だったのでしょうか?

ふふふ、これから「レキシントンの幽霊」を読みます。
夏からイギリスに住むんですけど、その前に村上さんの本は
読破しようと思い立ちまして。

[4652] yu-chan さん(yu-chan@nerima.oshokuji.org) 2001/06/01 Fri 21:38:21
こんばんは。

「ブルーもしくはブルー」は、とてもよかったです。
うん・・・読んでよかったなぁ。
私も割りと妄想家なので、この話、すごく興味深かったです。

他の作品では、どれがお勧めなのでしょうね。



[4651] かずお さん(ma-ti@pop01.odn.ne.jp) 2001/06/01 Fri 20:25:53
こんにちは。

yu−chanさん、「ブルー、もしくはブルー」読まれたのですね。どうでした
か?私は割りと妄想家(←そんな言葉あるのか?)なので、他の人と結婚したら、
どんな生活だっただろうか?と考えたりすることも、たまにあります。だからこの
話はすごく興味深かったです。

「バトロワ」では、日下由美子と北野雪子コンビか、相馬光子、どちらかに自分は
なるだろうなあと思って読みました。しかし、相馬とかいうと、また☆さんに悪人
と呼ばれてしまうかしら?(笑)

[4650]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/06/01 Fri 14:55:49
 こんにちは。
 本間さん『マレーナ』ですよ。私も期待しています。

 『ブルーもしくはブルー』は、私も最近になってやっと読みました。ちょっとテ
イストが違いますよね。後回しにしてしまっていました。宮本輝は、やっと『月光
の東』を読み終わり、『草原の椅子』に手をつけようかと思っています。しかし、
『バトロワ』の高見氏は、新作が本当にでませんねえ。

[4649]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/06/01 Fri 09:49:41
 珍しく朝返事書いてます。

◎かずおさんへ
 読めなくても意味が分かるところが、漢字の良い所です。
 「バトロワ」読まれたのですか。私はサードマン、三村がお気に入りでした。映
画では三村の描写が少なくて残念。しかし、次作が出ないんですよ。
 「永遠の仔」未読でしたか。かなり重い小説なので、じっくりと腰を据えてお読
み下さい。子供時代のパートは、本当にいい描写です。

◎ほっぺさんへ
 ええ、もうすぐですね。「マリーナ」でしたっけ? なかなか良さそうな感じな
ので、私も映画館に行こうと思ってます。
 私の読んでいる海外物は、ミステリ中心なので文学にまでは手が回りませんが、
気に入った作品と巡り会うと幸せですよね。私の今年ベストは、「模倣犯」でほぼ
確定です。これを越える小説は出ないでしょう。

◎でんぼさんへ
 宮本作品は何らかの形で関西が出てくる事がほとんどなので、お馴染みですね。
私はどうだろう、特に誰かのイメージは出ないですね。
 あと読めない字があると、仕事で見出し作る時に困るので、部首検索で強引に探
し出します。中国人の名前などは難しいですよ。読書の時は、概ね読めなくても問
題ないです。私は結構大ざっぱなので。

◎yu-chanさんへ
 山本文緒は私も大好きですが、結構マイナーな作品から入りましたね。作風は合
いましたか? 今は様々な作風の作家がいるので、いろいろ読み比べてみると面白
いですよ。
 読めない字ではないですが、私も村上作品の「スポイルする」を、高校の時全然
違う意味に取ってました。辞書で見たとき、びっくりしましたよ。

[4648] yu-chan さん(yu-chan@nerima.oshokuji.org) 2001/06/01 Fri 03:11:15
「ブルーもしくはブルー」山本文緒、読み終わりました。
村上春樹の再読ばかりだった私としては、勇気というのでしょうか?いりました。
夕方に買って、明日に持ち越す事が出来ずに、読んでしまいました。(笑)
読みながら、ふーむ・・・と唸ってしまっていました。

読めなかった漢字・・・私は、中学生の時「風の歌を聴け」を読んで、鼠を「しょ
う」と読んでいました。何の根拠もなく雰囲気で・・・(あぁ、恥ずかしい)

[4647] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/05/31 Thu 16:27:57
『焚き火の終わり』を読み始めました。
久しぶりに宮本輝ワールドに浸りたいっ。
大阪弁のセリフってどうも、さんまちゃんがしゃべっているところを
想像してしまいます。

意外。本間さん、読めない字はそのままなんだ・・・・。
いかにも調べて「ふむふむ・・・・」っていうタイプかと思ってました。
私は当然調べませんけど(笑)


[4646] ほっぺ さん(hoppe888@hotmail.com) 2001/05/31 Thu 14:38:44
「ニュー・シネマ・パラダイス」コンビ(トルナトーレ+モリコーネ)の映画、来週
公開ですね。予告とか全然見てないのですが、どうしても期待してしまいます。

>コタシャーンさん
そうです、モンタネッリ。塩野さんのは読んだことないんです。
アイルランドの軽い歴史の本てありますか(笑)? けっこう悲惨の連続。しばさ
んの「愛蘭土紀行」はちょっと(ちょっとか?)面白かったです。
それよりアドレスのアカウントが気になる・・・・

本間さんは海外小説ブームでいらっしゃるようなのですが、アーヴィングは本当に
面白いです。私はまだ「サイダーハウス・ルール」しか読了していませんが今のとこ
ろ今年のベストです。

[4645] かずお さん(ma-ti@pop01.odn.ne.jp) 2001/05/31 Thu 13:45:56
もくぎょめ・・・(笑)女のお坊さんが、頭に浮かびました。本間さんやアキさん
でも、読めない字があるんですね。なんか親近感・・。先日「バトル・ロワイヤ
ル」を読んだせいか、頭の中で色んなシュミレーションをしたりしています。あの
時のクラスだったら?今の会社だったら?ふふふ・・。(怖いなあ、私。)
次の休みには、いよいよ「永遠の仔」を読もうと思っています。

[4644]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/05/31 Thu 01:26:25
 今日も仕事帰りです。

◎すぎむらさんへ
 多分、あなた位の歳で読むより、その後色々な経験をしてから読むと、更に感慨
深いですよ。無くしてきた物と得てきた物のリスト、というのは「ピンボール」だ
ったかに出てきましたが(元ネタは「キャッチ=22」)、無くしてきた物を思う
と、時々切なくなります。ただの感傷なのだろうけど。

◎アキさんへ
 でもそういう事ってありますよね。何となく意味も分かったような気になります
し。私は読めない字が出てきた場合、前後の文脈から勝手に判断して、気にせずど
んどん読み進めます。従って、前後の文脈も良く分からない某芥川賞受賞作は、途
中で読むのを放棄しました。あんな新聞社にもない字を使わないように(笑)。

[4643] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/05/31 Thu 00:04:37
こんばんは。
イキナリ本題に入りますが、「木樵女」は「きこりおんな」と読むんですね。
知らなかったー!私はズッと、何の根拠もなく「もくぎょめ」と読んでいました。
超テキトー(笑)。そういえば昔は、本を読んでいて分からない漢字や言葉は
その場で母に聞いていました。「すいとんって何?」とかね。今思うとあれはなか
なか良いコミュニケーションだったなぁ、なんて。でも子供心に「コレは親に聞い
てはイケナイ言葉だな」という勘がはたらいたのは何故だったんでしょ?謎です。

くもざる>私も「インド屋さん」好きです。あと「コロッケ」。『自動車の免許も
     とれなかったし』という泣き言が妙にリアルでおかしかったです。
     あっ!これってネタバレですか? うー横道だからイイかな。逃げよ。


[4642] すぎむら さん(305@l-navi.com) 2001/05/30 Wed 22:05:16
「少年時代」読み終わりました(^_^)
前にも書いた通り始めは読みずらくて進むのが遅かったけど
だんだん早くなっていきました
おもしろいシーンも悲しいシーンも感動的なシーンもあって大満足です
僕は「老人が一人死ぬのは、図書館が一つ焼け落ちることだ」
という文がとても気になって少し死についても考えさせらました
マキャモンの他作品も読みたいと思います

とりあえず次は試験が終了してから「御手洗シリーズ」を二、三冊読むつもりです

[4641]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/05/30 Wed 02:13:06
 仕事帰りです。最近は労働ばかりだ。

◎樽井さんへ
 いや、あれは完全に嫌っているでしょう。ホーンビィの「ハイ・フィデリティ」
にもそういうシーンありましたが、音楽の好みで性格を判断するという癖は春樹さ
んにもありそうですね。

◎ゆりさんへ
 ここでは特に、いわゆるキリ番を重視していないので、何もありません。申し訳
ないです。
 本の感想って、口にするより文章にした方が、まだ思いが伝わるような気がしま
すね。何となくですが。パソコン用語はだんだんにでも覚えればいいですよ。

◎のむらさんへ
 それは「きこりおんな」です。きこりは普通「木こり」と表記しますが、樵一文
字でも「きこり」と読みます。

[4640] のむら さん(nomusan@peach.plala.or.jp) 2001/05/29 Tue 10:28:24
こんにちは。突然ですが、教えて欲しいことがあるのです。『ノルウェイの森』の
中に出てくる「木樵女」ですが、何と読むのでしょう。なーんだ、こんなことも分
からないのかとお思いでしょうが、ぜひともどなたか教えてください。

[4639] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/05/29 Tue 08:41:42
おはようございます。
朝からとってもいい気分。それは、春樹堂お客様230000人目という記録の人
に当たったからです。美術館なら花束戴けるところなんですが・・(笑)。

春樹再読の波に乗って、今は、「羊をめぐる冒険」の途中です。友人から、村上春
樹ってわからない、といわれたので、私だってわかってないよ、でもあの人の作品
は何作か続けて読むとその世界に入っていって自分なりに感じてくるよ、と答えま
した。そのうち抜けられなくなるんですけどね。春樹マジックにかかってしまう
と。
本間さんの教えてくださったパソコン用語、ごめんなさい、理解不能です。まった
く機械音痴の私です。だから、できるだけ失敗しないように細心の注意をはらうこ
とにします(笑ってごまかす)。

[4638]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/05/28 Mon 23:39:26
 こんばんはー、たるいです。
 本日は、ぼんやりぼやぼやの一日でした。

>でんぼさん
 『くもざる』、面白いですね。
 シュールな怖さの馬になってしまうお父さんの話と、インド屋さんの話が
僕はとても印象に残っています。「奥さん、インドが足りないよ」っていう
のに場所を忘れて笑っていました。
 ところで、フリオ・イグレシアスについては、ボーイ・ジョージと同じ
で、本当は好きかも知れませんよ。ニコラス・ケージはわかんないけれど^^



[4637]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/05/28 Mon 23:38:27
 昨日書き込みがだぶったので、返事書けなかったため、追加。

◎☆さんへ
 普通あそこまで入れ込んでいたら来ないのに。でも強い勝ち方でした。
 PP&Mは、もちろん私もリアルタイムでは知りません。そうです、緑が弾いて
いた曲ですね。何となくどこかで聞いたような感じしますよね。「500マイル」は
浅田次郎の「天国への百マイル」のモチーフになってますので、良かったらそちら
もどうぞ。

[4636]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/05/28 Mon 23:35:17
 何だか寒いですね。

◎大木さんへ
 「ねじまき鳥」は通しで読むと、すごく時間がかかるので、私も通読したのは3
回ほどしかありません。読む度にいろいろ考えさせられる箇所が変わって、なかな
か消化出来ずにいます。
 隣の掲示板はどうしようか考え中です。全てのネタばれOKにするのもなかなか
難しいですしね。

◎いずみさんへ
 はい、お久しぶりでした。
 その手の評論は昔はよく読んでいたのですが、断定調文章に飽きてきたので、何
らかのテーマ(食べ物とか映画とか)に絞った本しか読まないようにしたので、お
役に立てずにごめんなさい。見つかるといいですね。

◎コタシャーンさんへ
 私も「模倣犯」以降、しばらく読めませんでしたから何となく分かります。
 さて、「ローマ人の物語」は私は合いませんでした。とてもいい本だとは思いま
すが、どうしても物語を求めてしまうので。現実の歴史をアレンジした船戸与一と
か隆慶一郎は好きなんですけどね。私の場合、特殊な例だと思います。

◎でんぼさんへ
 昔の短編には「あしかシリーズ」など、あの手の短編多かったですけど、最近は
なかったですからね。あのユーモラスさは好きなので、たまにはこういう風に書い
て欲しい気がします。
 フリオ・イグレシアス嫌いは「ファミリー・アフェア」で既に出てますし、本当
長いですよね、このネタ。

[4635] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/05/28 Mon 23:04:40
『夜のくもざる』読みました。(大木さんと一緒♪)
あぁ、おなかいっぱい。おもしろかった。
村上さん、ふざけて書いてるんでしょうか、あんなおもしろい話。
笑いの性感帯をくすぐられる思いです。
@特におもしろかったもの@
コロッケ、タコ、夜のくもざる、バンコック・サプライズ、動物園。
それにしても村上さんはほんとうにフリオ・イグレシアスとトム・ジョーンズと
アバがお嫌いなんですね。

[4634] コタシャーン さん(Spicioni@aol.com) 2001/05/28 Mon 21:12:19
最近本を読んでません。
というのも「ガープの世界」を読んで、激しくやられてしまい読むことが出来なく
なってしまいました。もう、こてんぱんにノされた感じが続いております。
それで今は「動物のお医者さん」やアイルランドを始めとする歴史関係の軽い本を
読んでごまかしております。

それはそうと本間さん、「ローマ人の物語」は駄目ですか?
俺の愛読書なんですが・・・。塩野さんは司馬遼亡き後、最高の歴史作家だと思い
ます。

>ほっぺさん
「ローマの歴史」ってI・モンタネッリのやtるですか?
あれも面白いですよね。塩野流解釈と全く違ったんで驚きました。

[4633] いずみ さん(cep78850@nyc.odn.ne.jp) 2001/05/28 Mon 15:03:53
皆さん、こんにちは。ものすごく、お久しぶりです。
6月に教育実習が迫っているので、その準備に追われて
います。

今日は、みなさんにちょっと質問というか、教えて欲しい
ことがあって、書き込みしました。
私は現在大学4年生で、卒論を控えています。私は卒論で
村上春樹の『国境の南、太陽の西』を研究しようと思って
います。そこで、聞きたい事は私は以前どこかのHPかもしくは
本などで「国境〜の島本さんを探しに行かせる話が『ねじまき鳥
クロニクル』の久美子を探すという話だ」みたいな話をどこかで
読んだんです。この話がどこでされていたか、知ってらっしゃる
方がいたら是非メールなりなんなりで教えていただけないでしょうか。
もちろん、私も全力を尽くして探し中です。本当に、申し訳ありませんが、
宜しくお願いします。


[4632] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp ) 2001/05/28 Mon 12:58:54
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。

「ねじまき鳥クロニクル」読了しました。3回読んで、やっとこ分かってきた気が
します。うーん、これはつまり平成版「羊をめぐる冒険」だったのだな、と。もっ
とゆっくり考えたら、ネタばれ掲示板の方にでもカキコしてみたいと思います。と
ころで今、ネタばれ掲示板の方は「スプートニク」特集のようですが、いきなり他
の本の話でお邪魔してもいいのでしょうか?
「6番目の小夜子」読み始めました。でもその前に図書館で借りた村上さんの「夜
のくもざる」なんか挟んでみました。面白くて一晩で読んでしまいました。村上さ
んて軽い文章は本当に軽く書けるからすごいですよね。News weekも立ち
読みしました。村上さん、大陸から来た殺し屋みたいでした...。

 先週雨上がりの海に入った際は、天気で波も良く、久々にサイコーって感じで、
すっかり日焼けしてしまいました。私の職場は、サーフィン、釣り、素潜り、サー
ファーのカミさんでバーベキュー好きと海関係の趣味を持つ人間が多く、5月にし
て皆、日焼け顔してるのがおかしいです。土曜は合気道の稽古、日曜はまた朝起き
てから夜寝るまで娘に振り回され、ついでに仕事も忙しく充実した日々ではありま
す。お陰で今朝は持病の腰痛が出てしまい、いててであります。

 今週のビデオは「マルコヴィッチの穴」を観ました。前半はすっごく面白かった
のですが、後半に入ると腰砕けでつまらなくなってしまうという映画でした。最近
なかなかいいビデオに当たっていません。カミさんはカミさんで「オータム・イ
ン・ニューヨーク」ですか、大好きなリチャード・ギアということで気合いを入れ
て観たようですが、近年にないワースト映画であったと憤慨しておりました。

 そんなとこです。では。

[4631]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/05/28 Mon 00:57:41
 金土日と仕事だと、妙に疲れます。

◎RIEさんへ
 歳取ると更に時間経つのは早いですよ。一週間はあっという間です。給料日前の
一週間だけは遅いのですが。
 雨の中、結局読書されたんですか? それともレポートを仕上げたのかな。休み
の日くらい、自分のしたい事をしたいですよね。

◎すぎむらさんへ
 村上作品の登場人物は苦労している様子はないけど、まめに勉強してますよね。
ちゃんと授業受けてるし。学校教育については否定的だけど。
 私が高校生の時は、試験前って驚異的なペースで本読めてました。あの集中力を
勉強に生かせれば(笑)。
 ダービーは勝った馬が強かったです。雨と展開の恩恵もありましたが。

◎樽井さんへ
 保坂さんは、もう競馬はされていないそうですよ。私が読み始めたきっかけは、
猫と競馬と共に流れる時間、という帯のフレーズだったので、ちょっと残念です。
 「秘密」の映画化はトークショーでいろいろ話してましたが、本人が出るシーン
の撮影は大変だったようです。

[4630] ☆ さん(shiyaha@d1.dion.ne.jp) 2001/05/28 Mon 00:51:53
 ダービー、クロフネ残念でした。ポケット君は興奮しまくってましたね。なんだ
か観ていて辛かったです。お疲れ様・・・。
 村上作品は、ノルウェイの森を再読中です。「P、P&M」が気に入ったので。
お母さんのCDをあさったら、ベスト版が発掘されました。ラッキー!なぁ〜ん
だ。ピーター、ポール&マリーの略だったんですね。P、P&Mって。何も知らな
い私は「ピー、ピーアンドエム」って読んでました。(笑)しかもミドリがギター
で弾いた曲なんですね。火事を見物しながらキスをしたときに。私もギターが弾き
たくなって、へたくそギターをまた練習し始めました。そんな日曜日でした。


[4629]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/05/27 Sun 22:10:27
 こんにちは。樽井です。
 気持ちのいい日曜日ですね。だんだん暑くなる最近の気候ですが、今日は
ちょうどいいくらいでした。

>☆さんへ
 「秘密」、映画は確かにイマイチでした。僕は広末ファンですが、それで
もあんまりだなぁという感じでした。体当たりのベッドシーンもどき? もな
んかイマイチでしたし、出来は悪かったですね。原作の半分もよくない、と
思います。ただ、東野さんは芸域が広いですから、本間さんの言うようにい
ろいろあたっていくのもいいと思います。今ちょうど『片想い』を読んでい
るんですけれど、この作品もまた今までとかなり感じが違います。

>かずおさんへ
そうですよね。やっぱちょっと似ていますね。
今日のダービーを見ながら、またぱらぱらと読んでしまいました。彼の作品
にも猫がよくでてきますよね。実は今猫が欲しいなぁと思っているんです
が、なかなかいいのがいません。
警察ものと言えば、創現推理文庫からフロストシリーズの新作が来月に出ま
すね。

>本間さんへ
 保坂さんのホームページにはときどき本人さんが出てくるというのはいい
ことを聞きました。ちょっくら見てきてみたいと思います。あ、でも、あの
人も競馬好きみたいだから、今日は忙しいかな^^

 ではでは。


[4628] すぎむら さん(305@l-navi.com) 2001/05/27 Sun 19:31:41
逃避行動としての読書といえばやはり村上作品(もちろん春樹氏の方)
村上作品の主人公はみんな勉強に苦労している感じがしませんよね
だから自分もいいのかなーなんて思ってしまいます

又、火曜日から中間試験なのに「少年時代」は冬へと突入してしまいました
読み終わってから試験に挑むか、試験後の楽しみにとっておこうか迷っています
どちらが正しいかはわかっていますが

ダービーは応援していたダンツフレームが1着になれなかったのがくやしいです

そろそろ勉強せねば・・・・・(なんかまとまりのない文ですいません)


[4627] RIE さん(rie-388@qk9.so-net.ne.jp) 2001/05/27 Sun 10:58:54
先週かきこみしましたRIEです。もう1週間が経ち時間の早さに
驚いています。それにしてもここの掲示板は皆さんのおっしゃる通りにぎ
やかですね。読んでいて楽しいです。

ところで今日は雨が降っています。今日の予定としては仲間の野球試合の
観戦の予定が突然中止になってしまいました。思わぬところに時間がたっぷり
あいてしまったのでたまっている本を読んでみようかと(ROWさんのカキコ
を見て‘風の歌〜‘なども再読したくなっちゃった!)思います。
ああ、雨で憂鬱なはずの日もやりたいことがあると幸せな気分になれますね。
うれしい。あっ。火曜提出のレポートがあったんだった。ショック!・・・



[4626]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/05/26 Sat 23:44:34
 明日はいよいよ日本ダービー。

◎ROWさんへ
 再読は、一度読んだ余裕から違う部分で作品が読めるのが面白いですね。ストー
リーを追うよりもディテールに拘ったり、会話を重要視してみたり。もちろん、ス
トーリーを忘れていても、新鮮に読めてそれはそれでいい事です。
 「Newsweek」ですね。会社で見てみます。

◎☆さんへ
 そうですか。それは残念。私はとても気に入っている作品なのですが。東野圭吾
は様々な作風で書いているので、他の作品もどかどかと読んでみて下さい。きっと
気に入るものが見つかるかと。軽めの「しのぶせんせ」シリーズも良いですよ。
 村上作品の再読、楽しまれて下さい。何を読むのかな?

◎樽井さんへ
 保坂和志に関しては、以前公式ホームページの管理人されている方が遊びにきて
くれました。本人も掲示板に返事書いていたので、遊びに行ってみるのも良いかも
しれません。作風は、確かに似ている部分はありますね。
 グインは、ここ数年これだけ出ているので、頭が下がるばかりです。

◎かずおさんへ
 会社でテレビ見ている時、「恋愛中毒」の予告編を見たのですが、思いっきりね
たばれで宣伝してました。あれはちょっとひどかった。あの中盤以降のずれはなか
なかいい感じで、私は気に入っている作品です。
 警察物、というのはミステリでは一ジャンルになっているほどですが、大沢在昌
の鮫と、柴田よしきのRIKOシリーズもいい感じですよ。

◎でんぼさんへ
 読み終わりましたか。有森裕子って、読む前は特に興味なかったのですが、読後
は確かに応援したくなりますね。強い人です。私にとって「シドニー」は、観戦記
というより、旅行記+人物インタビューの本という位置づけでした。犬伏選手にも
頑張ってほしいですね。
 フランス映画って好きな人は凝りますからね。私はさほど好きでもないです。

[4625] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/05/26 Sat 18:25:05
「シドニー!」読了。やっとこさっとこ、です。
有森さんのインタヴューのくだりがとてもよかった。
選手である前に女であり、人間でありたい有森さんの心境がとても
理解できたし、エールを送りたい気持ちになりました。
それにしてもこんなに長い時間をかけて一冊の本を読んだのは初めてです。
さて次は何を読もう?

ビデオで「奇人たちの晩餐会」観ました。
フランス映画で、初日公開前夜に徹夜組まで出し、フランス内での
高収益歴代1位になった作品、しかもその凄い人気をいち早くキャッチして
スピルバーグがアメリカでのリメイク権を獲得し、ダスティン・ホフマン主演で
作ることも決定している・・・・割にはあまり入り込めなかった。
おもしろいんだけどぉ・・・なんだろ、もうひとひねり欲しかった、かな。
でも、いかにもフランス人に受けそうな映画でした。
私は一年間くらい間近で割とたくさんのフランス人と一緒に過ごしたことがあるけ
ど、
フランス人って本当にバカが好きなんです、国民的に、たぶん。
スピルバーグが作るダスティン・ホフマン主演のリメイク版のほうが
おもしろそう。


[4624] かずお さん(ma-ti@pop01.odn.ne.jp) 2001/05/26 Sat 07:10:26
こんにちは。すごく楽しみにとっておいた、山本文緒、「恋愛中毒」よみました。
・・・がしかし、私、どこかであのドラマ、見てしまったみたいです。だから最後
の展開が、他の作品のようには楽しめなかった・・・。自宅でTVをつける事はま
ず無いので、友達の家か、実家か・・・。
今は、女囮捜査官を読んでいます。これは面白いです。警察って、男性の嫌いな部
分が多くて、あまり感情移入できないのですが、この主人公はいいです。
全五巻なので、ゆっくり楽しもうとおもいます。
樽井さんへ 保坂和志さん、確かにすこし似てますよね。あの方の家の猫ちゃんが
家の猫ちゃんにそっくりですが、そんな事はどうでもいいか。(笑)

[4623]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/05/26 Sat 01:05:07
 こんにちは。樽井です。
 相変わらず、ここは賑やかですよね〜。やってくるたびに何か増えている
と嬉しいですね。さて。ここは春樹さん好きがたくさん集まっているところ
なので、一つ質問なのですが、、保坂和志さんっていう作家さんがいますよ
ね、あの人の作品の雰囲気ってちょっと春樹さんと似ているなと思いません
か。
 切れ目のない文章だとかは全然似てないんですが、全体のトーンが似てい
る感じがしませんか? いや、それだけなんですけれどね^^

>本間さん
 グイン・サーガも読まれるんですか?  僕も読んでいます。来月はひさび
さに新刊がでますね。楽しみです。それでは。

[4622] ☆ さん(shiyaha@d1.dion.ne.jp) 2001/05/26 Sat 00:34:25
「秘密」読んだけど、期待しすぎたのか、あんまでした。
映画はますますあんまだそうで、「観んくってヨカッタ。」と思った。
「白夜行」のほうが面白かった気がする。

私も村上作品の再読しょうっと。

[4621] ROW さん(akiraski@mail.goo.ne.jp) 2001/05/25 Fri 23:49:51
みなさんこんばんは。
私、あまり村上作品に限らず再読ってしないのですが、オフ会に参加してみなさま
に『それはダメだよ〜ちゃんと再読しなくちゃ〜」とのありがたいお言葉を頂戴
し、いま「風の歌〜」を読んでおります。
はっきり言って、こりゃ〜面白いや!です。(当たり前ですけど)
再読してわかったことは、考え方や行動が無意識のうちにずいぶん影響されていた
んだなという事。自分で作り上げたつもりのものが、村上春樹のデビュー作にこん
なに散りばめられていたなんて!(ただ単に忘れっぽいという話もありますが…)

そうそう、みなさん、もうすでにご存知かと思いますが、今週の「Newswee
k日本版」に村上さんの写真が載ってます。悪そうで、とてもカッコイイです。

それでは、次「ピンボール」に取りかかります。ではでは

[4620]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/05/24 Thu 23:25:46
 今月は読書量少ないので、下旬は読もう。

◎大木さんへ
 人によって幸せのイメージは違うでしょうがほのぼのと幸せそうで何よりです。
 長めの長編は、確かに読み終えるのが惜しくなりますね。私は逆に後半の方が加
速度付いて読み終わります。左手の残りページ数が減っていくのが悲しいですが。
その後、恩田陸も楽しんで下さい。

◎ゆりさんへ
 恩田陸初読みで「象と耳鳴り」を選ぶというのは渋いですね。割とミステリファ
ン向けの短編集なので、「光の帝国」集英社文庫と「三月は深き紅の淵を」講談社
を読むまで評価は保留していただければ、ファンとしては嬉しいです。
 「スプートニク」未読のまま引っ張るのは凄い。私は気になって即読みです。
 書き込みボタンの件は謎ですね。ブラウザでリロードしてません?

◎すぎむらさんへ
 夏を過ぎましたか。じゃあ後半部分ですね。それにしても中間試験という単語は
懐かしい。本は逃げないので、やる事を先にしてからの方がいい、と理屈では分か
っているんだけど、逃避行動としての読書はとても楽しいんですよね。

◎ぴぴさんへ
 おお、評価高いですね、「セントラルステーション」。私もこれで、ちゃんと覚
えました。

◎ほっぺさんへ
 500人、それは凄い。私も以前例の塩野さんのローマ9部作(でしたっけ?)
を読もうとしたものの1部で挫折中です。実在の歴史物より、グイン・サーガなど
のファンタジーに惹かれてしまいます。おかげで、歴史の知識は一向に増えません
ね。むむう。
 「くもざる」はキングのような作風で面白いですよね。怖さと笑いは表裏一体の
ような気がしますし。

◎くれたさんへ
 あら、それはおめでとうございます。確かその費用は保険で返ってくるし、オース
トラリアには、またいつか行けますよ。もっとも、読むとすぐにでも行きたくなって
しまうかもしれません(笑)。
 ちなみに、私も名前覚えられません。話している時は二人称で逃げます。

[4619] くれた さん(yuujn-fukuyama@nifty.com) 2001/05/24 Thu 22:39:47
 こんばんは お久しぶりです。
**書き込みが増えていて読みきれませんね!!**

 残念な事とうれしい事が、重なりました。
うれしい事は、今年の12月に家族が増える事で、
  残念な事は、その費用のために、シドニー行きキャンセルした事です。

いつか絶対行ってみせる。
  とゆうわけで、シドニー読んじゃいます。
  その他にもいっぱい読んじゃおう。。。と思ってます。
以前から暇な私は、余計暇になってしまいました。

ほっぺさん>すごいですね〜〜〜
      500人ですか?名前現実の世界でも良く忘れていきます。


[4618] ほっぺ さん(hoppe888@hotmail.com) 2001/05/24 Thu 16:15:59
こんにちは。
登場人物といえば、ついに読みはじめた中公の「ローマの歴史」、巻末の人名索引
を見ると500人くらい出てくるみたいです。結構ぶっちゃけた文で書かれていて
読みやすいんですけど、固有名詞ははしから忘れていきます。忘れないと進みませ
ん。はやくカエサル出てこないかな。

ずっと手をつけずにいた「夜のくもざる」をやっと読みました。
評判どおり面白いのですがちょっと背筋がぞぞーとしないでもなかった。
「開けたら怖い村上童話」という副題をかってに付けました。
ドーナツ化・・・怖い。

[4617] ぴぴ さん(sweet@redbit.ne.jp) 2001/05/24 Thu 16:04:11
>でんぼさん
「セントラルステーション」以前私も見ました。
よかったですね。
泣き虫の私は(本当にすぐ泣く)ぼろぼろ泣いてしまいましたよ。
まだ、観ていない方お勧めです。
確かに、あの子役の子は相当上手でした。

[4616] すぎむら さん(305@l-navi.com) 2001/05/23 Wed 22:57:31
少年時代は「秋」に入ったのでさすがに登場人物は覚えました
でも中間試験(僕は高校生だという事言ってませんでしたよね?)が近づいているの
で
なかなか読む時間がない(>_<) 

ゆりさん>僕は「〜ピンボール」のラストが大好きなんですよ
     なんかさっぱりしているというかとても雰囲気がいいですよね

[4615] masc さん(masc@mail.goo.ne.jp) 2001/05/23 Wed 19:32:31
ゆり さん こんにちは mascです
「あえて未読のまま」という気持ちはわかるような気がします
「スプートニクの恋人」を読み終えたら<Free space2.>へ来てくださいね
では


[4614] ゆり さん(ak-fujiw@mail2.netwave.or.jp) 2001/05/23 Wed 17:42:42
こんにちは。昨日今日と雨続きです。いくらなんでも梅雨ではないですよね。でも
蒸し暑くてちょっと寝不足気味です。

初読みの恩田陸「象と耳鳴り」、前半の作品はとても面白かったです。後半は意地
みたいになって読み終わりました。恩田ファンには申し訳ないのですが、主人公の
中年男性に魅力を感じなかったのです。私はやっぱり春樹さんの書くジェイや三宅
さんみたいなちょっとくたびれかかった人の方が好きだなあ。

そういう人に会いたくなったので、「・・ピンボール」を丁寧に丁寧に読み返して
みました。当然どこにも退屈なところはありません。哀しいくせに居心地のいい作
品。春樹さんのは全部そうですね。
実は「スプートニクの恋人」あえて未読のまま残しているんですよ。
「ねじまき鳥」ではぐるぐる巻きにされて引きずられて井戸に放り込まれたみたい
な気がしたのですが、(ハードな表現ですみません)「スプートニク」は私をばら
ばらにして宙のかなたに撒き散らすんではないか、と予想しているんです。(かな
りマゾっぽいですね)。でも、村上朝日堂がもうじき閉まっちゃうというので、フ
ォーラムは読んでおきたい。そのためにはまず作品を読まなくては・・・。うう
う、そろそろ限界でしょうか?

それと、ここの「書き込みボタン」押さないうちに書き込まれてしまってあせること
があるのですが・・。前回はアドレスの途中で入ってしまいました。10分くらい
睨んで、逃げることにしました(笑)


[4613] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp ) 2001/05/23 Wed 01:08:23
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。

 もう梅雨の季節に入ってしまったのでしょうか。外は鬱陶しい雨が降っています。
先週は夏を思わせるような暑い陽気が続きましたね。この間の日曜は娘と手をつな
いで、海まで散歩しました。なかなかの距離でしたが楽しかった。素足になって、
波打ち際に足を浸してからまた引き返してきました。コンビニでアイスを買って、
公園のベンチに腰掛けて食べたりしました。幸せ、という言葉の具体的イメージ
を、ちゃんと提示できるというのは嬉しい事です。私の場合は、それは娘の手のぬ
くもりですね。父親なんていずれは娘に嫌われていくものらしいですけど、ま、先
のことはその時になって悔しがればいいことだし。

 村上さんの「ねじまき鳥」、まだ読んでいます。私の場合いい長編小説を読む
と、終盤になるにつれて、読み終えてしまうのがなんだかもったいなくて、ペース
が落ちるという傾向があるようです。でも次に読む小説として、恩田陸の「六番目
の小夜子」がスタンバイしています。本を売るなら、の安売り店で文庫を250円
でゲットしました。読むのが今から楽しみです。

 今週のビデオは、「レインディア・ゲーム」を観ました。アルマゲドン(まだ観
てません。多分これからも観ないと思う)の兄ちゃんとシャーリーズ・セロン主演
の、刑務所を出てカジノを襲ってドンパチっていう映画です。最後にどんでん返し
とかもあってなかなか面白い映画ではあるのですが、いかんせんタランティーノの
洗礼を受けてしまった身としては、テンポがとろすぎて、辛いものがありました。
話は変わりますが、ここ最近では旬の女優さんであるシャーリーズ・セロン(「ノ
イズ」「サイダー・ハウス・ルール」)とアンジェリーナ・ジョリー(「ボーン・
コレクター」)の見分けがつかなくてちょっと困っています。別に困ることもない
のだろうけれど、やはり困る。いつまでたってもグウィネス・パルトロウという名
前が覚えられないのと同じくらい困ります。ブロンドでクール・ビューティー系
(シャローン・ストーンが代表かな)の美人ってみんな同じ顔に見えませんか?

 またしょーもないことで長文失礼。では。


[4612]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/05/22 Tue 23:37:11
 明日こそ更新します。

◎樽井さんへ
 そうですね、再読が出来るというのは魅力の一つです。再読する際の読後感の違
いも楽しいですし。初読時と間が空けば空くほど、読後感も変わってきます。
 「どのページを開いても失望する事がなかった」というのは「ノルウェイ」です
が、確かにそんな感じですね。

◎でんぼさんへ
 ブラジル映画は私も見たことないです。イラン映画の「運動靴と赤い金魚」もな
かなか良かったですが、見たことないものは見た方が良いのかもしれません。
 最近レンタル屋に行ってないので、今度行ったら探してみます。

◎ほりえさんへ
 改名されたんですね。そしてホームページも変わったんですね。私の後輩に同姓
の人がいて、いつもお互いぼけあっているので、馴染みがある名前です。 
 ホームページは作るのは簡単なのですが、やはり更新は大変です。何とかこれか
らも頑張って下さい。また遊びに行きますので。

[4611]ほりえ さん(horiyus@clubaa.com) 2001/05/22 Tue 22:43:09
 はじめまして。ほりえと申します。というかおひさしぶりです、ぶるーうで
す。名前が変わりました(笑)。というわけで、以後ほりえでよろしくおねが
い申し上げます。だからなんだと言われればそれまででございます、はい。

 それはそうとさいきんあれこれ忙しいのですが、週末に空き時間ができたの
で、ここ3週間ぐらい村上春樹ファンHPを作っておりました。その結果、自
分でもなんだかよくわからない方向に進んでいるような感じになってます。ま
だぜんぜん中身がないのでなんとも言えないですが、これからこつこつ更新し
ていこうと思ってます。以後よしなに。

 さいきん読んだなかで面白かった本は、池澤夏樹「夏の朝の成層圏」、高橋
源一郎「ジョン・レノン対火星人」、ホーマー・ヒッカム・ジュニア「ロケッ
ト・ボーイズ」でした。

 それでは今日はこのあたりで失礼します。またよろしく。

[4610] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/05/22 Tue 17:25:44
『セントラル・ステーション』をビデオで鑑賞しました。
初めて観たブラジル映画だったのですが、よかったです。
『グロリア』と同じく中年女性と少年のロードムービーなのですが、
ふたりの心の交流がとても自然で押し付けがましくなくて
どうだ、感動しろって感じも全然しなくてじわじわと心に染み入る映画です。
少年役の子はオーディションで選ばれた素人さんらしいのですが、
見事な演技力です。オススメしますよ〜。


[4609]樽井  幸雄 さん(JZS00240@nifty.ne.jp) 2001/05/22 Tue 02:02:07
 みなさん、こんばんわ。
 樽井です。
 本間さんがおっしゃる通りに春樹さんの長篇はあまり数が多く無いので
貴重ですよね。まだ全部読んでない方はゆっくり読んで下さいね。
 ただ、春樹さんのすごいところは、何度でも再読に耐える小説を書いて
いるということです。ストーリーが売りの作家さんの本は一回読むとなか
なか再読というわけにはいきませんが、春樹さんの本は何回でも読めてし
まいます。
 春樹さんが何かの作品で、偉大なるギャッツビーを誉めて、どこにも退
屈なところがないというふうな事を書いていますが、春樹さんの作品もそ
んな感じで何回読んでもやはり面白いです。
 ちなみに、僕は『ダンス・ダンス・ダンス』が好きでよく読み返してい
ます。ではでは。


[4608]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/05/22 Tue 00:14:02
 ようやく帰ってきました。名古屋は30度越えていたのに、仙台は涼しいです。

◎ぴぴさんへ
 本を読んで泣けるときですか。うーん、心の一番柔らかい部分を刺激された時と
いうのもあるような。このツボに入ると、確実に泣けますね。
 「あまり好きではない」という言葉は余計ですが(笑)、楽しんで読まれて下さ
い。部分的にちょっと引っかかるものが多いんです。

◎Qさんへ
 はい、初めまして。村上さんの長編は9作しかないので、貴重です。出来るだけ
ゆっくり読み進めるのもいいかもしれません。もっとも、短編集やエッセイや旅行
記や翻訳は結構な数あるので、そちらはどんどん読んでも可です。
 春樹、という名前は結構人気ありそうですね。大樹とか、最近は樹の付く名前が
増えたような感じもしますし。

◎RIEさんへ
 はい、初めまして。ビートルズの「ノルウェイの森」は、あのメロディーライン
からは考えられないくらいの変わった歌詞です。機会があったら、ぜひ見てみて下
さい。作品に出てくる音楽は、確かに知っているとより楽しく読めます。でも知ら
ない曲の方が多いですよ。やっぱり世代が違うとそうなります。
 私は再読するのは、「世界の終り」と「カンガルー日和」が圧倒的に多いです。

◎WAKAさんへ
 お久しぶりですね。もちろん覚えていますよ。今ざっと1400番台見ましたが
麻雀ネタとセシールネタが懐かしいです。それはともかく、それではご結婚2周年
を過ぎたのですね。お元気そうで何よりです。読書はどうしても時間がかかるので
ある時期には読めないという事もあります。またその内きっと時間が出来ますよ。

◎しのさんへ
 村上春樹、という作家だけが共通で、他に読んでいる本はみなさんばらばらです
からね。ある程度メジャーな作家については共通してますが、本当に様々な読書が
あるもんですよね。しのさんも、何か読まれた本があったら、存分に語っていって
下さい。

◎かずおさんへ
 でも人には言わないだけで、結構読んでいる人も多いような気がします。なかな
か幅広いだけに、共有するのが難しい分野ではあります。

[4607] かずお さん(ma-ti@pop01.odn.ne.jp) 2001/05/21 Mon 21:55:37
こんにちは。
<しのさん  そうですね。本の話って、読んでいる人が少ないと言う事もありま
すが、なんだか恥ずかしかったりします。頭の中を覗かれてしまうようで・・。
でも、人の読んでいる本には興味があるのです。相当にいやらしいですね、私。
(笑)



[4606] しの さん(shinobu_1496@hotmail.com) 2001/05/21 Mon 15:43:17
春樹堂に来ると、皆さんがさまざまな読書をしていて、楽しいです。
「本を読むこと」って、毎日の生活の中で友達と語ることがないからかなあ。


[4605] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 2001/05/21 Mon 12:07:56
久しぶりにこの掲示板を訪ねてみましたが、まるで浦島太郎のような気分です。
1400番台のころによくカキコしていたWAKAですが、本間さん覚えてますか?
あのころの掲示板を読み返して、あー読書の時間があるということはなんて贅沢な
ことだろうとしみじみ感じました。
あれから私は結婚し、そして今年に入って子供を産んでしまい、今ではパソコンを
開く時間さえ思うように取れないのが現実です。「シドニー」や「スメルジャコフ
対・・・」も買ったはいいけど読めてません。しくしく。宮部みゆきの「模倣犯」
を一気読みできるのは文庫化してからかしら。
皆さん、時は金なりですよ。本は読めるときに読めるだけ読みましょうね。では、
またいつか・・・。

[4604] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 2001/05/21 Mon 12:07:32
久しぶりにこの掲示板を訪ねてみましたが、まるで浦島太郎のような気分です。
1400番台のころによくカキコしていたWAKAですが、本間さん覚えてますか?
あのころの掲示板を読み返して、あー読書の時間があるということはなんて贅沢な
ことだろうとしみじみ感じました。
あれから私は結婚し、そして今年に入って子供を産んでしまい、今ではパソコンを
開く時間さえ思うように取れないのが現実です。「シドニー」や「スメルジャコフ
対・・・」も買ったはいいけど読めてません。しくしく。宮部みゆきの「模倣犯」
を一気読みできるのは文庫化してからかしら。
皆さん、時は金なりですよ。本は読めるときに読めるだけ読みましょうね。では、
またいつか・・・。

[4603]ぴぴ さん(sweet@redbit.ne.jp) 2001/05/20 Sun 14:52:36
>Qさん
「ホテルカクタス」はもう順番街の本の仲間になっています。
今読んでいるのは「きらきらひかる」ですね。
「神様のボート」は評判がよいので文庫化されたら読もうかなと思っています。
「サヨナライツカ」気になるのならば手にとられる事をお勧めします。
私的には、かなり心の琴線に触れました。

[4602] RIE さん(rie-388@qk9.so-net.ne.jp) 2001/05/19 Sat 22:39:33
こんばんわ、初めてカキコします。現在大学2年生でちょうど村上春樹読書歴
がやっと1年になります。私はあと1月で20歳になる、ということで1年前に
読んだ「ノルウェイの森」をもう一度読み返しました。やっぱりこの話は大すき
です。読んだ後、ビートルズの「ノルウェイの森」も聞きたくなって聞いてしまい
ました。始まりのギターのサウンズが素敵ですよね。私は村上さんの文章の内容も
、書き方も勿論好きですが、音楽や土地の固有名称がよく登場するところが分かり
やすくっていいですよね。きっと読み込んでいる方は記載されてる音楽を詳しく知
っていたり、歩いてみたりするんでしょう。そういう楽しみ方って2度おいしいっ
て言いますか、何かドキドキします。(うまく表現できない・・・(-_-;)
みなさんの読み返したくなるような本はどんな本ですか?

[4601] Q さん(nyao-c@par.odn.ne.jp) 2001/05/19 Sat 18:37:40
 本間さん、みなさん、はじめまして。

 今「ダンス・ダンス・ダンス(下)」を読んでます。初心者なので、初期作品か
ら読み進んでますが、先を楽しみに読み進んでいきたいです。(まだまだ長いです
ね)あっ 新しいものも少し読みました。「シドニー!」「神の子どもたちはみな
踊る」の2冊・・・。自分の時間がとれなくて(作るのがヘタなのかもしれません
ね)なかなか読み進めないのが難です。

 耳鼻科で受付をしています。きのうも「春樹くん」が登場しました。
・・・といっても小学生の春樹くんですが(笑)。今まで何人も「春樹くん」に出会い
ましたが、いつも決まって突然です。まず、ドキっとして、チラリと本人を見ま
す。そしてお母さんをじっと見ちゃいます。「・・・もしかしてムラカミハルキのファ
ン??」などと思いながら聞けるわけがないので、ふつうにしてますがちょっとド
キドキです。

☆ぴぴさんへ
「サヨナライツカ」は店頭で見かけて気になってます。読んでみたい・・・・
江國さんの本は「ホテルカクタス」ですか?江國作品では「神様のボート」がいち
ばんのお気に入りです♪