現在の掲示板へ戻る

[4200] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/02/12 Mon 01:04:00
こんばんは。何だかtbさんと趣味がかぶっている模様です。おやおや。
「停電の夜に」はいいです。ものスゴクいい。各短編のタイトルからして、もぅ
『病気の通訳』『神の恵みの家』とか、来たっ!て感じ。かなり贅沢な小説です。
そして作者が美人というのにも一票。美人というか美貌の域に達しています。
こんな人もいるんだなーと遠い気持ちになってしまいます。ふぅ。
『20世紀少年』もメチャメチャ面白いですよね。間違いなく傑作。二次元のモノ
でこんなに興奮したのは「バトル・ロワイアル」以来かも知れないです。ただ、
いかんせん連載中なのでキリキリしちゃうんですよねー。うぅ体に良くない。
さて、おととい密かに引っ越しをしました。で、新しい本棚を探していたのですが
サクッとくるモノが見つからないので、ハンズで木を買って自分で作ってしまい
ました。当然ですがピッタリ。嬉しいなぁ♪何でも出来るようになるなぁ・・・。


[4199] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/02/12 Mon 01:03:58
こんばんは。何だかtbさんと趣味がかぶっている模様です。おやおや。
「停電の夜に」はいいです。ものスゴクいい。各短編のタイトルからして、もぅ
『病気の通訳』『神の恵みの家』とか、来たっ!て感じ。かなり贅沢な小説です。
そして作者が美人というのにも一票。美人というか美貌の域に達しています。
こんな人もいるんだなーと遠い気持ちになってしまいます。ふぅ。
『20世紀少年』もメチャメチャ面白いですよね。間違いなく傑作。二次元のモノ
でこんなに興奮したのは「バトル・ロワイアル」以来かも知れないです。ただ、
いかんせん連載中なのでキリキリしちゃうんですよねー。うぅ体に良くない。
さて、おととい密かに引っ越しをしました。で、新しい本棚を探していたのですが
サクッとくるモノが見つからないので、ハンズで木を買って自分で作ってしまい
ました。当然ですがピッタリ。嬉しいなぁ♪何でも出来るようになるなぁ・・・。


[4198]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/02/12 Mon 00:02:47
 今年は本当に雪の日が多い。今日もでした。

◎tbさんへ
 確かに結構ボリュームありましたね。ちなみに犬伏選手は、今日出ていたレース
で34位だったかな。完調ではないようです。
 その「停電の夜に」という短編集は未読ですが、どこかで見かけたら見てみます
ね。それと全くの余談ですが、句読点やかっこなどの約物が行頭に来ていると、ほ
とんど職業病的に、直したくて仕方ありません。
 浦沢直樹だったらパイナップルアーミーかなあ。古いですが。

◎でんぼさんへ
 どういたしまして。
 「シドニー!」はオリンピックコーナーにあるんですか。書店によっても違うで
しょうけど、確かに妙な気がします。多分図書館にも置いてあるのでは?
 なんだか知らないですが、図書券当たるといいですね。

◎スーさんへ
 私は幸い今年は風邪引かずにここまで来てます。一人暮らしで会社員だと、風邪
引くと最悪ですからね。気を付けましょう。
 銀色夏生は、私が高校生の頃からいろいろ出てましたが、一度も読んだことない
です。旅行記も出しているんですか。多分この時期だと、アジア物の旅行記が熱帯
を感じさせていいかもしれませんね。

◎ゆかこさんへ
 私は平和にラジオ面を作ってました。明日休刊日だから二日分。
 「トトロ」にそんなシーンありましたっけ? 私一回しか見てないのでうろ覚え
ですが、まっくろくろすけはよく覚えてます。
 多分「メジャーリーグ(一作目以外は不可)」で、チャーリー・シーンが最後に
登場するシーンで目頭が熱くなる私の気持ちと一緒なのでしょう。全然違うような
気もします(笑)。

[4197] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/02/11 Sun 21:26:36
こんばんわ。今日は連休の2日目、ウェイトレスとしては地獄の日でした。ああ疲
れた。
でんぼさんへ。
「ブルー・ベルベット」ですね、早速観てみようと思います。「ツイン・ピーク
ス」も、前から気になってたんですよねー。この機会に、観てみようかな。
本間さんへ。
「となりのトトロ」で泣くところは、さつきちゃんが「お母さん死んじゃったらど
うしよう!」と言っておばあちゃんに泣きつくところです。何回観ても、そこで泣
いてしまいます。
今、「審問」がすごくいいところです。今夜、徹夜しちゃうかも・・・。明日も仕
事なのに・・・。

[4196] スー さん(sugako@yutopia.or.jp) 2001/02/11 Sun 17:53:56
 こんにちは。すっかり流行りの風邪に負けてしまいました。
今年の風邪は苦しいので、皆様も気を付けてくださいませ。
インフルエンザは予防接種までしたのに、全然はやらないし、
ちぇー、っていう感じです。ま、人生こんなもんでしょうか。
 まる2日間寝込んで、今日は銀色夏生「バリ&モルジブ旅行記」
「つれづれノート1〜9」(日記・1年に1冊出ます)を読み返していました。
この人の詩は全然読まないんですが、旅行記は気楽に読むことができて好きです。
どうも外に出られないと、旅行の本を読みたくなります。
だいぶ風邪もよくなりましたが、外は氷点下ですので、あまり外出する気にも
なれず、村上さんの旅行記に突入しそうです。
 

[4195] でんぼ@管理人さん、ありがと。 さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/02/11 Sun 15:43:28
♪ゆかこさん
そうです、「ストレイト・ストーリー」はデビッド・リンチです。
でも、これはリンチ作品の中ではとても珍しい分類のものです。
私の一番のお気に入りはなんといっても「ブルー・ベルベット」。
ぜひお試しくださいませ。
アメリカのテレビシリーズ「ツイン・ピークス」もおもしろいですよ。
まだレンタルショップにあるのかな〜。
♪大木さん
リュック・ベッソン、いいですよね。「グラン・ブルー」「レオン」大好きです。
ティム・ロスが西村雅彦というのはなかなかおもしろいです。受けました。

昨日、久しぶりにダンナに子供を預けて友達に会いました。
本屋へも行ったのですが、「シドニー!」がオリンピックコーナーにちゃんと
置いてあったのでなんだかおかしかった。
実はまだ買ってません。主婦にあの値段は高すぎる。。。
宮本輝も読みたいし・・・。図書券当たらないかな〜。


[4194] tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2001/02/11 Sun 15:18:46
  村上さんの『シドニー』、ようやく金銭的余裕が生れたので、昨日購入しま
した。しっかし分厚い本ですねえ。「なんでしたら、凶器にでも使えますよ」
って感じです。なんのことやらさっぱりわかりませんが。

  ここに書き込んでらっしゃる皆さんは日本の小説を多く読まれてると思いま
すが、ジュンパ・ラヒリという人の『停電の夜に』という短編集は素晴らしか
ったです。同じ新潮クレストブック(最近お気に入りのシリーズです)から出
て話題になった、ベルハルト・シュリンクの『朗読者』は、個人的には、あま
り面白いとは思わなかったのですが、ラヒリの短編はほんとに大オススメです
。村上さんの訳しているレイモンド・カーヴァーと比較されてるみたいですが
、確かに雰囲気が似ています。なんというか、焦点の当て方の様なものです。
”ささやかだけれど、大切な”ところを、的確に。
  作者はインド系の移民二世だったとおもうのですが(そして、べらぼうに美
人なんですが)、文化的狭間に生れる悲劇を扱うのが上手いというよりも、文
章そのものが抜群に上手いです。デヴュー作でピューリッツァー賞を獲ったの
も肯けるような、成熟した文章なんですよね。是非読んでみてください。最近
の村上さんの短編にも、似た匂いがあると思うので、すんなり読めると思いま
す。訳文もとても上手いので全然問題ないのですが、原書の英語もとんでもな
く易しく素敵なので、そっちもオススメ。

  映画は、遅まきながら「ブエナ・ビスタ」を見て、心安立てに感動しました
。タランティーノは良いですよね。「レザボア・ドッグス」は、確かに大傑作
だと思います。なんべんも観ました。あと、トゥルー・ロマンスも、脚本だけ
ですが、面白かった。大好きなブラッド・ピットが、チョイ訳で出てるのも嬉
しかったし。そして、ここ数年で一番受けたのは、「マトリックス」です。先
日、またレンタルして見てしまいました。6回目くらいです。いやあ、ほんと
に面白いです。
  気になっている映画は、ビョークの出ている「ダンサー・イン・ザ・ダーク」
。監督が同じなので、「奇跡の海」と比較されてるのをよく見かけるのですが
、「奇跡の海」が大好きな俺としては、観にいきたくて仕方ありません。ビョ
ークも、まあ、好きな方の歌ですし。

  そして今日は浦沢直樹さんの『20世紀少年』というマンガを読んでます。『
MONSTER』が傑作と言われてますが、俺はこっちのが面白いと思いました。
  あと、ジャズの話も出てましたけれど、大西順子さんのデヴューアルバムを
聞いたら、ぶっとんでしまいました。まじでスウィングしてます。

[4193]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/02/11 Sun 00:01:27
 今日も明日も仕事です。みなさんは3連休楽しまれて下さい。

◎なみぞうさんへ
 私は「ビタミンF」は未読ですが、重松清好きですよ。「ナイフ」がベストでし
ょうか。ずっと家族をテーマにした小説を書いてきた人なので、合う合わないはあ
るでしょうね。もっとも、私も文庫新刊待ちなので、それほど大した読者ではない
です。

◎チロさんへ
 マキャモンの「少年時代」は私にとっては、凄く印象深い小説です。子供の頃っ
て自転車大事にしたよなあ、というような事を思い出させてくれますし。文春文庫
から上下巻で出てます。もし読まれましたら、感想教えて下さいね。
 「ライ麦」は高校の時に読みましたが、それほど印象は強くなかったです。春樹
訳はいつか出したいと言ってましたから、その時読んでみようかな。

◎おたまじゃくしさんへ
 私もそんなもんですね。映画館は早く閉まるので、なかなか行けません。その分
せっせと自分の家をホームシアター化してます。前にも何回か書きましたが、自宅
の大画面化はなかなかお勧めです。映画ファンは、きっといつかはここに辿り着き
ますよ。その「心のおもむくままに」今度見てみますね。最近のイタリア物では、
去年ビデオ化の「踊れトスカーナ」が良かったです。

[4192] おたまじゃくし さん(kuboki_it@yahoo.co.jp) 2001/02/10 Sat 22:17:36
みなさんこんにちわ。 映画は私も大好きです。でもリアルタイムで映画館に
行く、というよりはヴィデオ化されたものを観ていますが。今日9日は「ハンニバ
ル」公開の日です。これは映画館でみたいな。多分今夜見に行くかもしれない。
最近みたヴィデオでよかったなぁ、と思ったのは「アメリカン・ビューティ」。
様々なことにこだわって生きる人生、こだわりも何もなくなったときって一番
幸せなんだなぁ、誰が生き生きと生きているかは歴然としてて私もこういう潔い
生き方っていいなぁ、と思いました。あと「Missione Impossibile 2」ストーリ
はありきたりだったけど、トム・クルーズがとてもかっこよかった!!!!!!
「ニュー・シネマ・。。。」はもちろん好きですよ。イタリア映画ではちょっと
暗いけど「心のおもむくままに」も泣けました。「ハリケーン」(日本題はしらな
い)黒人差別問題が重かったけど よかったよ。そういえば「ナチュラル・ボーン・
キラーズ」ってタランティーノだった??

[4191] チロ さん(c-kimoto@syd.odn.ne.jp) 2001/02/10 Sat 21:26:06
こんばんは。

>ゆかこさん、大木君さん
お返事ありがとうございます。
昔(学生の頃)は映画が大好きで俳優・監督ともにチェックしながら新旧問わず見
ていましたが、最近はさっぱりなので貴重な情報ありがとうございます。
「レザボア・ドックス」早速ビデオ借りてきて見てみようと思います。

>本間さん
マキャモンは以前から気になる作家の1人だったので、「少年時代」今度是非挑戦
してみます。
今はサリンジャーの「ライ麦畑」を読んでいます。今更って感じですが未読だった
ので・・・。翻訳が古いせいか言葉使いがちょっとひっかかる感じもしますが、先
を読むのが楽しみです。春樹さん訳の「ライ麦畑」があるといいんですがね、って
贅沢かな?(笑)


[4190] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/02/10 Sat 10:17:19
お久しぶりです。なみぞうです。

直木賞に輝いた「ビタミンF」読みました。家族小説ということで、昼のメロドラに
似た感じがします。日常ありがちなことを淡々と書いてありました。ミステリとか
ではないので、ドキドキとかはないですけど、まあ楽しんで読みました。ちょっ
と、期待はずれ、という感じは否めませんでしたが。

[4189]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/02/10 Sat 05:43:39
 夜1時に仕事終わって、本読んでいたらこんな時間。

◎keiさんへ
 いや、私はさほど努力してません。ただ場を提供しているだけですよ。
 村上さんはよく「僕はただ個人的な物語を書き続けているだけだ」と言いますが
その物語が、なぜある種の人の心に響くのか、というのは不思議な事ですよね。自
分でも、なぜ村上さんが特別な作家と成り得ているのか、巧く言葉には出来ないの
ですが、出会って本当に良かったと思う作家です。

◎fmさんへ
 私はサッカーって全然興味ないのですが、それでもユニフォーム交換のパートは
面白かったです。確かに不思議ですね。ちなみに、なんで興味ないのかといえば、
逆転劇がないからです。残り5分で5点差だとどうにもならないし。まあそんな事
はどうでもいいんですが、長編は本当に楽しみですね。

◎デ・メディロスさんへ
 という事は、その「On Writing」は「ライディング・ザ・ブレット」とは違う作
品なのですね。キングはファンが多いから、文春などから翻訳が出るのでいいので
すが、クーンツファンはやるせない気持ちで一杯です。瀬名秀明辺りが翻訳してく
れるといいのですが。

◎チロさんへ
 いや、その言葉は半分は自分に言い聞かせているからいいのです(笑)。なかな
か難しいですよね、世の中。
 「スタンド・バイ・ミー」も良かったですね。少年物というジャンルは、胸を熱
くさせます。あれが好きなら、ぜひ「少年時代」マキャモン、文春文庫もどうぞ。
 時に、「海の上のピアニスト」は映画館で見ました。ピアノ弾いた後、煙草を吸
うシーンはクールでしたね。「ニューシネマパラダイス」と同じ監督ですが、なか
なか渋い映画ばかり撮る監督です。一方、ティム・ロスは24作品に出ているよう
ですよ。こういうのは、http://www.stingray-jp.com/allcinema/ が便利。

◎ゆかこさんへ
 まあ原作は結構量あるし、多分設定はばしばし簡易化されただろうし、そんなも
んです。椎名何とか(名前忘れました)が出ていたと思いますが、あの人の「不夜
城」での妙な演技と髪型が忘れられません(笑)。
 「ニューシネマパラダイス」は、今DVD買おうか真剣に考えているのですが、
5.1chじゃないので今ひとつな感じです。私もラストでは確実に泣きますね。
「トトロ」って泣くとこありましたっけ?

◎大木さんへ
 みなさん俳優に詳しいんですね。私は物語で見てしまうので、いつまでたっても
名前は覚えません。困った物です。リュック・ベッソンは、やっぱり「レオン」が
好きですね。例によって名前は覚えてないのですが、ヒロインの子を「スターウォ
ーズ・エピソード1」で見て、大きくなったな、としみじみしましたよ。化粧濃す
ぎというのもありましたが。

◎今日の恩田陸
 ここに来るみなさんにも最近は恩田ファンが多いようですが、新刊の「MAZE
」読みました。これは「上と外」と表裏一体ですね。詳しくは感想で書きますが、
今年も楽しませてくれそうです。

[4188] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp) 2001/02/10 Sat 00:35:49
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。
 映画の話が出ていると嬉しくなります。私もタランティーノの映画は大好きで
す。特に「パルプフィクション」、「レザボア・ドックス」の2本は傑作だと思い
ます。あと、監督はリドニー・スコットなんですけど、タランティーが脚本を書い
た「トゥルー・ラブ」もいいですよ。この人の映画でハーベイ・カイテル、サミュ
エル・ジャクソン、ジョン・トラボルタなどのかっこいいおじさん達がばーんと出
てきましたよね。
 ティム・ロスもすっとぼけた味が何とも言えません。私は勝手にアメリカ版西村
雅彦だと思っています。彼の出た映画で私が観た中ではやはり「レザボア・ドック
ス」が一番だったかなあ。
 あと、私は「レオン」「ニキータ」などのリュック・ベンソンが好きです。皆さ
んはどうですか?
 昨日は図書館に行って、藤原新也の「映し世のうしろ姿」、青木雄二の「ゼニ論
十番勝負」を借りてきました。オレってバカだな、ってしょっちゅう思うこの身、
こういう頭のいい人達の世間の見方って本当に勉強になります。
 春樹さんの「辺境・近境」、今ノモンハンの章をゆっくり読んでいるところで
す。辛いって感じがひしひしと伝わってきますよね。
 では。

[4187] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/02/09 Fri 23:53:01
こんばんわ。
「溺れる魚」、観てきました。おもしろかったです。おもしろかったですけど、う
ーん、ちょっと期待しすぎてたかな・・・。という感じでした。私的には。
パンフレットが売り切れで買えなかったのがちょっと心残りです。
チロさんへ。
「海の上のピアニスト」、素晴らしい映画ですよね。私も大好きです。
ティム・ロスは、大好きな俳優の一人なんですが、私の大好きな映画、「パルプ・
フィクション」にもでていますよ。パンプキンという名前の役です。
後は、タランティーノの「レザボア・ドッグス」のティム・ロスもかっこいいし、
「ライアー」という映画は主役です。ただ、「ライアー」は、うちの弟なんかはイ
マイチだと言っていますが。「ライアー・ライアー」はジム・キャリーの映画で
す。こちらもなかなかおもしろい映画ですが、ティム・ロスはでていないので、ご
参考までに。
本間さんへ。
「ニューシネマパラダイス」、私も好きです。私は映画を観て泣くということがあ
まり無いのですが、これは泣けますね。ちなみに、観るたびに泣いてしまう映画
は、「となりのトトロ」です。お恥ずかしい・・・。

[4186] チロ さん(c-kimoto@syd.odn.ne.jp) 2001/02/09 Fri 21:42:03
こんばんは。本間さん、あたたかい励ましのお言葉ありがとうございます(笑)。
ところでキング原作の映画ベストといえば、私はやっぱり「スタンド・バイ・ミ
ー」ですね。あの主題歌といい、今は亡きリバー・フェニックス君といい、あの映
画はもうビデオで数え切れないくらい何度も見ました。なつかしいですねえ。
あと最近のお気に入り映画は、ティム・ロス主演の「海の上のピアニスト」です。
最近BSのWOWOWで放送されたのを見てすっかりとりこになってしまい、
サントラまで購入してしまいました。
ティム・ロスの独特の雰囲気、好きですね。彼が出演している映画って他には
「フォー・ルームス」しか見た事ないんですが、どなたか彼が出演している映画ご
存知ありませんか?お勧めがありましたら是非教えて下さい。

[4185] デ・メディロス さん(keikei@sphere.ne.jp) 2001/02/09 Fri 18:04:06
最近、村上春樹、柴田元幸、新元良一という文学界を代表する3人にはまっている
デ・メディロスです。
管理人さん、ゆかこさんお返事ありがとうございます。
英語は褒められるほどはできません。「わからなくていいからどんどん読め」とキ
ング研究家の風間賢二さんもおっしゃっていました(確かEnglish Journal誌)。
On Writingはやはり、まだ翻訳は出ていないようですね。『ザ・スタンド』の後書
きで、これまたキング研究家の風間賢二さんが、そんなことを書いていました。
それでは、皆さん、よい週末を。

[4184] fm さん(nikkun@mvb.biglobe.ne.jp) 2001/02/09 Fri 11:58:32
こんにちは。春樹さんの「シドニー!」を読みました。サッカー好きの僕は春
樹さんがサッカーのことをどう書かれるのか注目していたのですが、さすがに
鋭いことが書かれてたと思います。試合後のユニフォーム交換に関する考察に
は思わず笑ってしまいましたが。最後の方にある有森さんのインタビューもよ
かったです。
春樹さんの次回の長編小説が楽しみな今日このごろです。

[4183] kei さん(tongtongo@hotmail.com) 2001/02/09 Fri 04:00:56
 はじめまして。
 掲示板にあった皆さんのものを拝見させていただきましたが村上さんの小説に対
する丁寧で洗練された気持ちがあったのでとてもうれしいです。
 真面目で真摯な意見交換の場・・いいですね。
 管理人さんの努力もあっての上で成り立つことだと思います。
 
 村上さんの作品はすべて目を通しているわけではありませんが全体を通じて一貫
している独特な世界観は「これが一個人が書いたものか?」と思うくらい魅了され
ます。
 私の妹も村上さんのファンなんですが「村上春樹の『僕』っていう一人称はあの
人だけの専売特許じゃない?」と言っています。
 村上さんの文章構成はとてもマテリアルでニュートラルだと思うのですが、どう
してキャラクターの哀しみと憂鬱が見事にあらわされているのかが不思議です。
 きっとあの人には私たちに無い特別な才能や技術があるのではなくただの字の羅
列に何かを表現しようとする意志みたいなものがあるだと思います。
 「私が信用するのは愛情だけよ」
 『ノルウェーの森』でのミドリのこのセリフを見たとき私は言葉よりも限りなく
叫びに近い声にならない声と意志を聞いたような気がしました。

[4182]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/02/08 Thu 23:53:58
 今日も寒かった。

◎でんぼさんへ
 田口ランディと村上龍の評価は、私は逆ですね。どうにも合わない作家が何人か
いるのですが、村上龍がその一人なんです。好きな女性作家は感想のページを参照
して下さいね。リスト作っているのは、全て好きな作家です。
 三谷幸喜のその舞台、機会があったら見てみますね。

◎デ・メディロスさんへ
 なるほど、そういう事ですか。私の言いたかったのは、外国の人なら、キングの
ような商品名が頻出する類の小説でも、全て分かるだろうし、読んでいてより面白
いでしょうね、という事だったんです。
 そのキングの「On Writing」って、オンライン販売されたものの製本化ではない
んですか? だとすると既に翻訳が出てます。私はようやく出た「ザ・スタンド」
の方を読みたくてうずうずです。「IT」以来の傑作のような予感がします。

◎mangoさんへ
 初めまして。12歳で読むというのも早いですね。そこまで思い入れがあると、
確かになかなかメールが書けそうにないかもしれません。
 フォーラムじゃなくても、何気ない特集(コードネームとか質問とか)に送れば
良かったのに、と思わなくもないですが、もう遅いですね。いつか再開するのを楽
しみにしてましょう。

◎ゆかこさんへ
 せっせと運動されているようで何よりです。継続は力なり、ですし。
 私もキングは「IT」がベストです。前半部のみですが。あの落ちがどうも、し
っくり来なかったので。何回か書いてますが、キング原作の非ホラーには、いい映
画多いですね。「リタ・ヘイワース」の映画化「ショーシャンク」は、原作よりい
いと思う数少ない映画です。映画のオールタイムベストは、もう断然「ニューシネ
マパラダイス」ですね。この映画、愛してます。アメリカ映画だと「バックトゥザ
フューチャー」が大好きです。あの設定はSF心をくすぐるので。
 「溺れる魚」は戸梶圭太の原作は読みました。変な話ですが面白いですよ。もう
続編の映画作る事が決まっているようですね。

◎チロさんへ
 そうでしょう、「三月」はもう導入部からして、一気に物語世界へ引き込む吸引
力があります。多分、この先ずっと読み続けられる傑作ですね。恩田陸は、専業作
家になってからは正直、「これはどうかな」と思う小説もあるのですが、はまると
凄くいい小説になります。今年の活躍も楽しみですね。
 えーと、彼の件はゆかこさんと勘違いしたのだと思われます。失礼しました。そ
れはそれとして、本好きの子には、今年はきっといい事ありますよ、うん(笑)。

◎Akikoさんへ
 群像で読んだ、というのも凄いですね。ほぼリアルタイムで読まれているという
のは羨ましいです。
 「イアン・ブルマの日本探訪」は、買ったのはいいけど、未だに読んでません。
村上さんのとこだけちょこちょこっと読もうかな。

◎海王星へ
 私も最近その手の海外作品ばかり読んでいるのだけど、「神が忘れた町」は中で
も面白かったよ。楽しんで下さい。
 「ノルウェイ」は、たまたま私もこの前再読したのだけれど、あれを読むと誰か
に手紙を書きたくなるので気を付けてね。私はそれでピンチになったし(笑)。

[4181] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/02/08 Thu 23:07:11
こんばんわ。今日はちょっと寒かったけど、頑張ってジョギングしました。
明日は仕事お休みです。「溺れる魚」を観に行く予定です。「ケイゾク」のファン
なもので・・・。どなたか「ケイゾク」みていた方いらっしゃいますか?
ええと、でんぼさんへ。
デビッド・リンチは、まだ観たことないです。確か、「ストレイト・ストーリー」
の人ですよね?私の好きそうな感じなのでしょうか。今度レンタルビデオショップ
に行った時には、探してみようと思います。楽しみだなぁ。
それから、岩井俊二、私も大好きです。私が好きなのは「フライド・ドラゴン・フ
ィッシュ」です。深夜にテレビで放送していたのをみて、いっぺんでファンになっ
てしまいました。切ないんですよねぇ。
デ・メディロスさんへ。
お返事ありがとうございます。実に楽しみです。それにしても、やっぱり原書で読
めるのはうらやましいですよー。すごいなー。
英語ができる人って、無条件で尊敬してしまいます。

[4180] デ・メディロス さん(www.sphre.ne.jp) 2001/02/08 Thu 19:14:44
>ゆかこさん
キングのOn Writingはどこかが翻訳出版するみたいですよ。キングファン必見の内
容なので、楽しみですね。
シドニーは僕も読み終わりました。
村上春樹の比喩的なオーストラリア史が面白かったです。

それから、『翻訳夜話』で村上春樹と共著した柴田元幸が、『みすず』でポール・
ピアソンの小説を翻訳連載していますね。『舞踏会に向かう三人の農夫』もこの形
式で好評だったみたいだから、今から要チェックですかね。

ではでは。

[4179] でんぼっ♪ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/02/08 Thu 18:11:46
>ゆかこさん
「パルプ・フィクション」に始まり、ジョン・ウー、コーエン兄弟など、
穏やかな文章を書かれるわりに、激しい濃い映画がお好きなのですね。
「ショーシャンクの空に」は私も素直に感動しました。
ひょっとしてデビッド・リンチもお好きなのでは?

管理人さん、三谷幸喜が結構お好きということですが、ずい分前の舞台で
「笑いの大学」というのがあるんですが御覧になりましたか?
何度かテレビでも放送して私はビデオに保存してあるのですが、西村雅彦と
近藤芳正のふたりだけが出てる舞台です。もんのすごくおもしろいです。


[4178] 海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/02/08 Thu 13:12:40
こんにちは。
ロス・トーマス『神が忘れた町』を見つけました。なんだか、面白そうです。教え
てくださり、ありがとうございました。
あと、こちらも思うところあって『ノルウェイ』を再読しようと思っています。因
縁の作品です(笑)。
読了したら、感想を書きます。それでは、失礼いたします。

[4177] Akiko さん(kasuya@gold.ocn.ne.jp) 2001/02/08 Thu 04:42:45
mangoさん、本間さん、みなさん今日は!

わかるわかる!あなたのその気持ち。私も、初めて読んだのが忘れもしない、「群
像」に乗ったデビュー作、あれは高校の図書室でした。で、それ以来夢中で、もは
や「初恋の人」とも言えるし、私にとっての「長年の連れ添い」とも言える(すっ
ごい一方的!)。なので、いざ何か書こうとしても、改まってしまうのよね。その
うちに閉鎖されてしまった・・・『シドニー!』もちろん即購入して読みました。
それから、遅ればせながら『イアン・ブルマの日本探訪 村上春樹からヒロシマま
で』というインタビューに基づくレポート本もゲット。面白く読んでいます。
*かわうさん、『ダンス・ダンス・ダンス』だと、主人公は「僕は君を必要として
いるんだ、ユミヨシさん」ということで、とっても愛されているのでは、と思うん
ですが・・・・(?)ご幸運をお祈りしてますです。

[4176] チロ さん(c-kimoto@syd.odn.ne.jp) 2001/02/07 Wed 22:34:31
こんばんは。
今本間さんお勧めの恩田陸さんの「三月」を読んでいる最中なのですが、
なんかこの本すごいですね、色んな意味で。
あともう少しで読み終わりそうなのですが、すっごくドキドキします。
最後まで読むのが楽しみなようなちょっと怖いような・・。
少なくとも私にとっては、こういうタイプの本は初めてです。
やっぱり恩田陸さんってすごい作家だなあ、と再認識しました。

◎本間さん
この間の掲示板でお返事いただきましが、どうでもいいことかもしれませんが、
“ミステリー好きの彼”がいるのは私ではありません、念のため。
誰か別の人ですね。そんな素敵な彼がいれば言う事ないんですが(笑)、
現実はなかなかそう上手く行かないようです。トホホ。

[4175] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/02/07 Wed 21:37:24
こんばんわ。今日はひどく冷たい雨が降っているので、ジョギングはあきらめまし
た。仕方がないので、筋トレをして寝ようと思っています。
ところで、デ・メディロスさん、キングを原書で読めるなんて、うらやましい限り
です!私もキング大好きなんです。私が一番好きなのは、「イット」かな・・・。
「グリーンマイル」かな・・・。
映画だと「ショーシャンクの空に」良かったですよね。
映画といえば、私の一番好きな映画は「パルプ・フィクション」です。タランティ
ーノ最高。ジョン・ウーやコーエン兄弟の作品も好きです。
本間さんの一番好きな映画って何ですか?
なんだか今日はとりとめのない文章ですいませんでした。

[4174]mango さん(mango@eroca.com) 2001/02/07 Wed 14:55:23
こんにちわ、初めて書き込みさせていだただきます。
私も勿論春樹さんの大ファンなんですが、あまりに好きすぎて、もはや初恋の
人(初めて読んだのが12才)のような存在になってしまっていて、いざフォー
ラムがオープンしても、今までの思いをどう伝えたら良いのかわからず、そん
なうちにフォーラムも閉鎖、悲しいです。
http://www.eroca.com/


[4173] デ・メディロス さん(keikei@mba.sphre.ne.jp) 2001/02/07 Wed 10:41:45
管理人さんお返事ありがとうございます。
はい。僕は日本人で、日本に住んでいます。25歳です。何でデ・メディロスという
けったいな名前にしているかというと、フランスの女優、マリア・デ・メディロス
という女優に惚れているからであります。

The New Yorkerに載っていた村上春樹の短編は新作ではないようです。『スプート
ニクの恋人』の英訳版が出るようで、出版前にその一部を雑誌に載せたようです
よ。

キングのOn Writingは原書で読んでいます。
『イングリッシュ・ジャーナル』という雑誌でキング研究家の風間賢二が紹介して
いたので、Amazon.co.jpから買いました。安いですよね、あそこは。



[4172] でんぼ@今日は一番乗りっ。 さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/02/07 Wed 09:29:08
田口ランディの「ミッドナイト・コール」を読みました。
とんと本屋から足が遠ざかっていたのであんまり知らない人だったのですが、
あー、やっぱり村上さんの本買えばよかったなーって思っちゃいました。
文章が刺々しいし、性描写があんまり好きではなかった。。。
女の子の気持ちは分からなくもないけれど。
激しい文章でも村上龍なら大好きなんですけどね。(「69」は私の教科書♪)
そういえば金城一紀も「69」が好きで、俺にもこういうの、書ける!と
息巻いて「GO」ができたらしいです。妙に納得しちゃいました。

管理人さんはお気に入りの女性作家はいますか?

[4171]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/02/07 Wed 01:31:10
 仕事帰りです。寒い。

◎デ・メディロスさんへ
 ところで、日本人の方じゃないんですか? 内容からふとそう思ったので。だと
すると原文で読んでいるんですね。
 私はキングも好きですが、クーンツとマキャモンが更に好きです。だけど、クー
ンツは版権をアカデミー出版に取られてひどい訳になったし、マキャモンはさっぱ
り新刊が出ません。でもこの3人の物語の力は、いずれも強力ですよね。
 その村上さんの短編は新作か翻訳か分かりませんが、新作だといいですね。

◎ごえす・かすさんへ
 お久しぶりでした。
 まあ気楽な独身なので、ぼちぼちと夜中に読んでます。仕事柄、昼まで寝られる
というのも大きいんですが。
 ゴダードは私も読んでみたい作家です。今年中に読めるといいんですが。
 九連でラスというのは、うーん(笑)。私も1回だけ上がった事ありますが、狙
ってもフリテンになりやすいので、本当に難しいです。

◎どーもさんへ
 BSのキャラクターですか?
 「ねじまき鳥」は名前通り、様々なファクターが詰め込まれた小説なので、消化
するのは難しい小説です。いつかまた、再読してみて下さい。きっと何か新しい発
見がありますよ。
 会った話は、本当偶然ですからね。もうこんな事はないでしょう。

◎でんぼさんへ
 知らなかったので、ちょっと調べてみました。岩木山の麓にあるキリスト教系の
宿泊施設で、泊まりながら食事を作るというシステムのようです。食での癒し、と
いうのがテーマのようで、癒しを求める20代の女性に人気とか。ふーん、勉強に
なりました。他に弘前には、戦場カメラマンの沢田教一の未亡人の方が開いている
レストランもあります。「地雷を踏んだらサヨウナラ」にも出てましたね。
 ちなみに、私は弘前に実家があるだけで仙台在住です。

◎かわうさんへ
 何というか、手抜きな彼氏ですね。言葉を引用するのはいいんだけど、そういう
事は自分の言葉で伝えないと。好きな子に好きだという表現を何通りも出来なくて
どうする、という気がする今日この頃。
 という訳で、それは私にも分かりません。二人で話し合ってみて下さい。

◎ゆかこさんへ
 こちらは読み終わったのですね。
 ジョギングは、寒い中走ると、肌が引き締まって気持ちいいかもしれませんが、
無精な私は、走りたい気持ちはあるものの、氷点下はやっぱり嫌です。
 でもきっかけは何であれ、続ける事は価値ある事だと思いますよ。

◎おたまじゃくしさんへ
 それは貴重な体験でしたね。顔を見てすぐ分かるなんて、弟さんもかなり熱心な
ファンかと思われます。そんなにマスコミに露出してないですし。
 私も声掛けようかどうか躊躇したのですが、仙台在住の私には、こんな事は一生
に一度しかないだろうと思って掛けてしまいました。

◎アキさんへ
 そして、アキさんはようやく買われたんですね。確かに表紙はいい感じです。
 それにしても、9/17がちょうどオリンピック期間で良かったですね。その日
の文章は熱心に読まれた事でしょう(笑)。
 読まれた人はみんなそう思うのでしょうが、やっぱり長編楽しみですよね。年内
に出たらいいなあ。

[4170] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/02/07 Wed 00:23:39
こんばんは。「シドニー!」やっと買いました。この表紙すごくイイですね。
今回嬉しかったのは、日付別で書かれていること。オリンピックの観戦記録なんだ
から当たり前なのですが、実は私は9月17日生まれなので何だか個人的な手紙と
いうかオマケをもらったような気がしちゃいました。何て自己チューな(笑)。
そして最初の有森さんの短編(?)を読んで、相変わらず繊細で美しい文章に感激
しました。お気楽エッセイも好きですが、やっぱり小説だよなぁ、と感慨ヒトシオ
です。長編小説も書かれているようなのでスーゴク楽しみです。嬉しいなぁ。で
は。

[4169] おたまじゃくし さん(kuboki_it@yahoo.co.jp) 2001/02/06 Tue 21:56:24
今 「村上さんと会った」をみていて思い出したのですが私も会いました!と
いうより「見ました」というべきでしょうか。もうかれこれ10年ぐらい前かなぁ
弟(彼も春樹さんのフアン)と表参道を歩いていると弟が「おねぇちゃん、前から
歩いてくるの、春樹さん、春樹さん!!」控えめながら興奮していうではないです
か。ぅわぁ!来る来る!! 目立つ顔立ちではないのになぜかオーラを放っていて
まるで大海をゆく鯨のように彼のまわりには誰も近づかないのでした。人に声を
かけられるのが嫌いという春樹さん、「僕を放っておいてオーラ」がでていまし
た。もちろん声なんてかけれっこないけれど、感激の一瞬でした。この人が
人をふるわせるたくさんの言葉の発信地だなんて、、、ってね。

[4168] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/02/06 Tue 21:14:50
こんばんわ。
「シドニー!」、昨日やっと読み終わりました。最近忙しかったので、思ったより
時間がかかってしまいました。
そして、さっき仕事が終わってから、少しジョギングをしてみました。今までの人
生で、まともにスポーツをした事がない私ですが、これからしばらく、頑張って走
ってみようと思っています。影響されすぎ?
うう、足が痛いよう。でもなんだか、いい気分です。

[4167] かわう さん(opus_one@a7.shes.net) 2001/02/06 Tue 13:21:06
彼が、(別れる予感アリ)自分の思いが、『ダンスダンスダンス』のなかに
あると言っているのですが、何がいいたいんだと思いますか?
私は、読んだのですが、やっぱり分かりません。

[4166] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/02/06 Tue 08:55:40
管理人さんは弘前にお住まいとのことですが、弘前というと、
森のイスキア(イスキアの森だったっけ?)という民宿(?)をご存知ですか?
   ↑
名前はちょっと自信ナシ。
心を癒す食事と出してくれるとかで雑誌に載っていたのですが。
おばあちゃまが作るおにぎりがとてもおいしいらしく、映画にも出演なさったと
いうことで、ちょっとした話題になってますね。
私もあのおにぎり、食べてみたいです。


[4165]どーも。 さん(ttn2ijm2cd@mx1.ttcn.ne.jp) 2001/02/06 Tue 05:51:33
はじめまして。
村上作品の大ファンです。
この前やっと「ねじまき鳥クロニクル」を読みました。
とても気分良かったです!
ところで、村上さんに会った話、大変面白く読ませていただきました。
僕も訪ねて「はいそうです」って言われたいです。

[4164] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 2001/02/06 Tue 02:50:42
こんばんわ。
相当にお久しぶりです。いつ来ても春樹堂は新鮮でいいですね。
管理人さんの超人的な読書量にはいつもびっくり!
私はというと、子供に邪魔されて家ではほとんど本を読めないのが悩みですが
、仕事の合間にロバート・ゴダートの「千尋の闇」(上下巻・創元推理文庫)
を読みました。
切なく、面白かったです。タイトルの翻訳はもうすこしなんとかしてほしかっ
たけど。
それと、全く関係ないですがつい先日、九連宝燈をあがりながらラスを引くと
いう、本当に貴重かつ情けない体験をしました。
では、また。

[4163] デ・メディロス さん(keikei@mba.sphre.ne.jp) 2001/02/06 Tue 00:43:05
管理人さん、お返事ありがとうございます。
モダンホラーっていうと、僕はキングなんか読んでます。今はOn Writingという、
キングの最新作を読み進めているところです。
それから、村上春樹の話題。The New Yorkerというアメリカの一流紙に、村上春樹
の短編小説が載ってましたね。でも、あの挿絵はないよなあ、って感じです。
ほかに読まれた人がいましたら、「なぞの挿絵」の感想を聞かせてください。
では、また。

[4162] デ・メディロス さん(keikei@mba.sphre.ne.jp) 2001/02/06 Tue 00:42:26
管理人さん、お返事ありがとうございます。
モダンホラーっていうと、僕はキングなんか読んでます。今はOn Writingという、
キングの最新作を読み進めているところです。
それから、村上春樹の話題。The New Yorkerというアメリカの一流紙に、村上春樹
の短編小説が載ってましたね。でも、あの挿絵はないよなあ、って感じです。
ほかに読まれた人がいましたら、「なぞの挿絵」の感想を聞かせてください。
では、また。

[4161]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/02/06 Tue 00:21:35
 いい事があったので、少しご機嫌です。

◎ぴぴさんへ
 読まれましたか。「タイランド」はちょっと不思議な話だけど、じんわりと心に
響きますよね。私は「かえるくん」と「蜂蜜パイ」に惹かれました。最初は三人称
にとまどったけど、短編なら、あれはあれで結構いいですよね。
 この変化を受けて、長編がどうなるか、本当楽しみです。

◎デ・メディロスさんへ
 はい、初めまして。
 私はあまり現代アメリカ文学って読まないので、詳しくないのですが、たまに読
むと、やっぱり世界は広いなと思います。私の好きなミステリーやモダンホラーで
は、やっぱり作品世界の持つパワーが凄いですね。

◎でんぼさんへ
 最近あまり更新していない映画日記ですが、どうも映画となると辛口になるよう
です。私も昔はアメリカ映画が好きでしたが、最近はイタリア映画と単館物中心で
すね。どうも無邪気なアメリカ賛歌が楽しめなくなってきました。
 岩井俊二は仙台市出身なので、密かに応援しています。「スワロウ・テイル」は
チャラの配役が大当たりでしたね。

◎クレヨンさんへ
 うーん、確かに。「ノルウェイ」で、僕とハツミさんと永沢さんが食事をするシ
ーンでデザートが出てきたような気がしますが、定かではないです。あとは緑が愛
情を表現するところでケーキの比喩が出てきましたね。それくらいかなあ。
 ラーメンも出てこないですね。エッセイで歌が出てきたくらいでしょうか。
 読んでいたら、私も久しぶりにモンブラン食べたくなってきました(笑)。

◎シンジさんへ
 ええ、「時と人三部作」です。グリムウッドの「リプレイ」に触発されて書かれ
た「スキップ」以降、モチーフが同じ三作を指します。主人公などは全部ばらばら
なので、どこから読んでもいいのですけど、やはり発表順がベストかと。
 本好きにはたまらない「私」シリーズもぜひ読んでみて下さいね。

◎大木さんへ
 うどんの描写を読んで、そばに辿り着いたんですね。私もそばが好きで、そば処
山形が近いので、たまに食べにいったりしてます。でも生涯ベストは、地元弘前に
ある「高砂」ですね。あそこのそばは絶品。旅行される方はぜひどうぞ。
 食べ物屋でのBGMはいろいろ意見があるでしょうが、ジャズは珍しいですね。
午後3時くらいの空いている時間に、そばがきでもつまみにしながら軽く飲むと最
高でしょうね。

[4160] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp) 2001/02/05 Mon 23:47:09
 皆さん、今日は、または今晩は、大木です。
 本間さんのご指摘通り、「辺境・近境」を読んでいたら蕎麦屋に行きたくなりま
した。で、今日うちの近くの蕎麦屋にカミさんと行って来ました。私の家の近くに
ある「藪そば」は、蕎麦も旨いのですが、多分店主の方の趣味なのでしょう、いつ
行ってもジャズがかかっているという、変わった蕎麦屋なのです。初めて店に入っ
たとき、チャーリー・パーカーの「ディズ・アンド・バード」がかかっていて、お
おっとのけぞって以来、蕎麦というとその店に決めております。デューク・エリン
トン、ビル・エバンス、カウント・ベイシーなどが店主の方のお好みのようで、今
日はビリー・ホリデーがかかっていました。ビリー・ホリデーのかすれた歌を聴き
ながら本庄まなみ似の奥さん(多分)が運んできた蕎麦を食するというのも、ある
意味ディープな感覚であり、私にはたまりません。
 もっともうちのカミさんは曰く、「蕎麦は旨いけど、音楽が最低」(ま、気持ち
は分かります。私の職場の近くのラーメン屋は、確かに旨いんだけど、いつも北島
三郎が大音量でかかってるのには私自身閉口してるし。ジャズって受け付けない人
には本当に騒音にしか聞こえないようですから)。だからって車の中でモーニング
娘のベストはかけないでほしいよな。まったく。
>にしんさん 「サイダー・ハウス・ルール」いいですよね。映画はアービングさ
ん自身が脚本を書いたということなのですが、小説中の重要な人物(特にメロニ
ィ)が何人かカットされていたりして、小説の良さの半分も伝えていない気がしま
した。最後は本当に泣けますよ。きっと。
 では。


[4159] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2001/02/05 Mon 23:39:02
こんにちは。
本間さんやみなさんに影響されて北村薫の「スキップ」と「ターン」
文庫で買って来ました。まだ開いてもいないのでドキドキです。
これって「リセット」とあわせて3部作と考えていいのですか?
(変な質問ですみません。ホント、北村薫に関しては全くの無知なもので・・・)

[4158]クレヨン さん(omsk@maple.yyy.or.jp) 2001/02/05 Mon 21:55:25
こんばんは。


さてさて・・・

「スプートニクの恋人」の中で、
すみれが喫茶店で、コーヒーといっしょにモンブランを
注文するシーンがありましたが、最初に読んだとき、
「あれ、村上作品の登場人物が、喫茶店でケーキも
食べるなんてめずらしいな。いつもだいたいコーヒーなどの、
飲み物だけが多いんだけどな」と思いました。
でもなんだか新鮮で、そんなすみれが、かわいかったです。
きっと、村上さん自身が、甘いものを好きじゃないからでしょう。
ドーナツだけは例外みたいですが。

ラーメン食べるシーンなんかもないんでしょうね、やっぱり(笑)


どうして急にこんなこと書きたくなったかと言いますと、
さっき、モンブランを食べてきたからなんです。
おいしかった(^^)

[4157] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/02/05 Mon 20:28:29
映画日記、読ませていただきました。私も映画が大好きなのです。
「ファイト・クラブ」の批評は驚きました。さすがかなりの冊数を読破している
管理人さんの感想だなーと感心してます。私は単純におもしろかった、ので。
ブラピと共演しているエドワード・ノートンという役者、うっとりするほどの
素晴らしい演技をするのでデヴュー作から目をつけていました。
彼が出ている作品は、私はどれも好きです。ちなみに「ファイト・クラブ」の他に
「真実の行方」「ラウンダーズ」「世界中がアイ・ラヴ・ユー」
「ラリー・フリント」「アメリカン・ヒストリーX」そして今公開中の、
「ナナ・バナナ」(初監督・製作・主演作品)があります。←まだ観てませんが。
興味なかったらすみません。。。
映画日記の中にあった作品の中では「バグダッド・カフェ」がとても好きです。
あと、「ラヴ・レター」。岩井俊二、大好きです。
「スワロウ・テイル」観ましたか?めっちゃいいですよ。
長くなったので、この辺で・・・。

[4156] デ・メディロス さん(keikei@mba.sphre.ne.jp) 2001/02/05 Mon 14:57:50
はじめまして。デ・メディロスと申します。
村上春樹はもちろん、オースター、オブライエン、ヴォネガットなどのアメリカの
小説が好きです。
今読んでるのは、『シドニー』です。
これからは、ちょくちょく書き込みをしますので、どうぞよろしく。

[4155] デ・メディロス さん(keikei@mba.sphre.ne.jp) 2001/02/05 Mon 14:57:49
はじめまして。デ・メディロスと申します。
村上春樹はもちろん、オースター、オブライエン、ヴォネガットなどのアメリカの
小説が好きです。
今読んでるのは、『シドニー』です。
これからは、ちょくちょく書き込みをしますので、どうぞよろしく。

[4154]ぴぴ さん(sweet@redbit.ne.jp) 2001/02/05 Mon 05:09:10
こんばんは。やっと「神の子供達はみな踊る」を読んでしまいました。
どれもよかったですねぇー。
私的好みでいえば「タイランド」ですかね。
「アイロンのある風景」も切なかったですね。
じわんと切なくなる小説って、やっぱり「良い小説」なんだなあと
つくづく思いました。

[4153]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/02/05 Mon 03:10:07
 あるきっかけで「ノルウェイ」再読していたら、こんな時間になってしまいまし
た。明日は夜勤なので、こういう時は便利です。

◎でんぼさんへ
 うーん、なかなか凄い話ですね。人はいろいろな物を抱えて生きてますが、その
人の場合、多少問題があるような。小説の一つのタイプに「最後の女」テーマとい
うのがありますが、多くは幻想です。世の中にはろくでもない人もいますが、素敵
な男性も女性もいるのに、何だか惜しいような気がしますね。

◎チロさんへ
 一週間も楽しめるなんて、逆に羨ましいですよ。オーストラリアとイギリス、ア
メリカの関係の部分では、私は思わず笑ってしまいましたが、通勤の最中吹き出し
たりはしませんでした? 欲を言えば、昔からよく短編のモチーフとして出てくる
カンガルーについての描写を、もっと読みたかったです。
 「三月」は結構ボリュームがあるので、これも長く楽しめるかと思います。ミス
テリー好きの彼も気に入ると思いますので、ぜひ二人で読んでみて下さい。

◎にしんさんへ
 それは久しぶりです。
 映画・小説の関係はちょっと前にも話題になりましたが、映画はよほどの事がな
いと2時間という制約を外せないので、どうしても原作はカットされますね。でも
楽しんでいるようで何よりです。私はアーヴィングだったら「未亡人の一生」の方
を読みたいのですが、いつになることか。

[4152]にしん さん(rasinban@hotmail.com) 2001/02/05 Mon 00:42:50
はじめまして。
...でもないんです。むかし「しん」という名前で
なんどかお邪魔させていただいてたのですが、
覚えていらっしゃいますでしょうか。
なぜかにしんになりました。

北海道から群馬に転勤し、ようやくごたごたも癒えて
ふたたびあそびに越させていただいた次第です。
よろしくお願いします。

いまは『サイダーハウスルール』を読んでます。
これは最初に映画をみちまったんですが、
250ページほど読んでるのにまだ
映画のスタートラインに立ってないです...。
でも、おもしろいです。
遅読な上に『シドニー!』もっかっちゃったので
読み終わるのはいつのことやらと、とほほな状態ですが
二冊とも楽しく読んでます。それでは。

[4151] チロ さん(c-kimoto@syd.odn.ne.jp) 2001/02/04 Sun 23:16:57
こんばんは。
今日やっと「シドニー」読み終わりました。
読むのが以上に遅い上に読書のほとんどが通勤時間中という私は、この本を読み終
えるのにかれこれ1週間ぐらいかかってしまいました。かかりすぎですね。
でもじっくり読んだかいあって、すごく面白かったです。
春樹さんらしいオリンピック論を堪能する事ができました。
次はそろそろ長編が読みたいですね。
でもまだまだ時間がかかりそうなので、とりあえず次は恩田陸さんの「三月」を
読み始めようと思います。ずっと読みたかった本なので(最近やっと手に入りまし
た!)すごく楽しみです。

[4150] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/02/04 Sun 17:41:15
美容院に行きました。
もう10年近く通っている美容院で、私の髪型をいつもおまかせしている
女の子とも10年来のお付き合いです。
何を隠そう彼女も村上春樹さんの大ファンです。
ファンという言葉では片付けられないかもしれません。
はっきり言って彼女は村上さんに恋をしています。
ずーっと彼氏もいないのですが(29歳)村上さんと結婚したいそうです。
村上さんじゃなきゃ、ダメ なのだそうです。
以前その子は一人暮らしを始めましたが、夜中に入浴中、不審な男が窓を
こじあけて家に侵入してきてしまったそうです。
お風呂から出てきた彼女は当然びっくり。ところが彼女、なんと、そこで
「こういう時、村上さんの話だったらどう展開するだろう。。。」と考えて、
その不審者を捕まえて、朝の4時まで話こんだというのです。
結局その男は女の子を好きで、ストーカーまがいのことをしていたらしいのですが
さすがに女の子の態度に驚き、その後、二度と姿を見せることはなかった、という
ことでした。
恐るべし、村上力。

[4149]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/02/04 Sun 00:12:52
 今日はなんか書き込み多いですね。張り切って返事書く事にしましょう。

◎大木さんへ
 私は「行動が思考より先。その逆は不可」という方を採用しています。「ステッ
プを止めない」というのも実行してますね。
 いわゆるサイコ物や社会病理物は80年代にヒットして、現在まで続いている流
れですが、それ以外の小説もたくさんありますよ。選択肢が多いのも小説の強みで
しょう。

◎なみぞうさんへ
 私はホームページでは、なるべくプライベートな事は書かないようにしているの
ですが、私もほぼ同じ状況です。別れた後って、いい事ばかり思い出しますよね。
感傷の時期が終わったら、きっと良いことありますよ。ゆかこさんみたいな例もあ
るでしょうしね。頑張って下さい。

◎でんぼさんへ
 うーん、ハードカバーと文庫の違いですか。私は特にないですが、ハードカバー
の方が読みやすくて好きです。むしろ、今ほど自由に買えなかった時、厳選して買
った文庫本の方が、表紙や読後感など、覚えている気がします。
 私の髪は天然パーマなので、伸ばしていると収拾着かなくなるので、あんな感じ
です。野球ファンは、ストレスたまるのですが、止められません。私一時期、有線
で仙台にいながら、「東海ラジオガッツナイター」まで聞いてましたよ(笑)。
 「レキシントン」では「緑色の獣」が印象深いです。「沈黙」の青木に似ている
というのは何とも言えませんが、きっと確執があるのでしょうね。

◎おたまじゃくしさんへ
 今はwww書店がいろいろあるので、入手しやすいのかと思ってましたが、そう
でもないんですか?
 その村上作品を思いついたところから再読する、というのは良く分かります。そ
して、ある描写が、まるで自分の事のように思える、というのもよく分かります。
心の中の一番柔らかいところに触れてくる文章を読むと、特にそう思いますね。

◎スーさんへ
 津軽弁は何でも省略する傾向にあるので、きっとそうでしょう。テレビは見ない
のでそのコーナー分かりませんが、高校の時、頭の中では標準語か津軽弁で考える
かを友達とずっと議論していた事を思い出しました。
 私の英会話については触れないでください(笑)。頭金が足りなくなって、途中
で解約したので、なんとかまた再挑戦をもくろんでいます。

◎ゆかこさんへ
 絵に関しては、ほとんど知識ないので、反応出来ませんが、作品の変遷に関する
事はよく分かります。ある作家に対して、もちろん村上さんに対しても、初期作品
が好きで、最近のは読まない、という意見はよく聞きます。古典と違い、リアルタ
イムで作家を追いかけられる醍醐味というのは、作品の変遷を肌で感じられるとい
うのが一つだと思うので、私もその意見に全面的に賛成です。作家にとっては「何
とかみたいな作品を読みたい」というのは、結構失礼な意見ですしね。
 盛岡は、年に2回は行きますが、食べ物の美味しい街です。チャグチャグ馬コは
祭りもありますし、赤と黒の木で出来た置物の事も指します。南部藩は昔、馬の名
産地だったんです。ぜひ、会場でぴょんぴょん舎の冷麺でも食べてみて下さい。

◎Setyさんへ
 そうなんですよ。ふと本読み出すと、休みの大半が終わっている、というのは私
もよくあります。少しもの悲しくなりますね。
 ラヴゼイはいい味出してますよね。私は「偽のデュー警部」から入ったのですが
今年中には全作品読破をひそかに目指しています。
 十二国記も巧いですよね。作品によって結構当たりはずれありますが、このシリ
ーズは結構いい感じです。新刊が出ないのが気がかり。

◎クレヨンさんへ
 新聞に週一で載る本の売り上げベスト10では4位だった気がします。結構読み
やすいので、普段小説読まない人にも読んでほしい一冊ですね。確かにオーストラ
リアについて、知っている事って少なかったですもん。楽しんで読まれて下さい。
 しかし、その上司、いい方ですね。その連想をするクレヨンさんもきっといい人
なのでしょう。

◎あさこさんへ
 同意見1通ですね。私は千倉といえば、千倉真理ですね。誰だったか忘れたけど
なんか連想します。しかし、誰なんだろう(笑)。

[4148] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/02/03 Sat 22:19:16
今更ながら・・・とお思いかもしれませんが、
「レキシントンの幽霊」を読んでいます。
その中の「沈黙」というのが、すごく心にずっしりと響きました。
青木という嫌な男、まさにうちの母親なのです。

ゆかこさん:小岩井農場ソフトクリーム、私も食べたい。。。←それだけかいっ。
            

[4147] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/02/03 Sat 22:04:37
こんばんわ。
今日も仕事が忙しくて、ほとんど本は読めませんでした。
最近仕事が忙しいのは、盛岡のせいです。私の勤めている喫茶店はデパートの中に
あるんですが、この間から、8階の催し物会場で盛岡の名産品フェアをやっている
のです。盛岡、大人気。
どなたか、盛岡に住んでいる方、いらっしゃいますか?ポスターが貼ってあったん
ですけど、チャグチャグ馬コってなんですか?名前が可愛いので、気になりまし
た。お祭り?
とりあえず、小岩井農場ソフトクリームを食べてみました。すごくおいしかったで
すよ。村上さんが工場見学に行ってましたよね、小岩井農場。


[4146] あさこ さん(kuwano@aob.geophys.tohoku.ac.jp) 2001/02/03 Sat 21:31:19
> クレヨンさん
>「そうか、千倉か。千倉と言えば、・・・安西水丸氏の故郷だな」

わたしも思い出します。そして連鎖反応で「ふじつぼ」が頭に浮かびます。
インパクト強かった。たべてみたい。
かきだったら、子どもの頃海でとって食べたんですけど。
今思うとあんな汚い海で。

[4145]クレヨン さん(omsk@maple.yyy.or.jp) 2001/02/03 Sat 19:16:37
こんばんは、クレヨンです。
おひさしぶりです。

今日、TVを見ていたら、本の売り上げランキング(文芸部門)
というのをやっていました。
そうしたら、春樹さんの「シドニー!」が1位でした。すごい(^^)
私はまだ持っていないので、欲しくなりました。
近いうちに買いに行こうと思います。表紙もきれいですね。
ところで、タイトルの末尾の「!」が、なんとなく好きです。

それから先日、職場の、退職した上司から、旅行のお土産で、
魚の干物がたくさん箱に入って、クール宅急便で届きました。
千葉県の千倉というところからでした。
「そうか、千倉か。千倉と言えば、・・・安西水丸氏の故郷だな」
と思ってしまう私って、やはり、「村上朝日堂」の読みすぎ
かもしれませんね(笑)

ではまた〜♪

[4144] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp) 2001/02/03 Sat 10:31:28
がっはっは。すぐれた「店」だって。もちろん「点」です。

[4143] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp) 2001/02/03 Sat 10:24:51
皆さん、今日は、または今晩は、大木です
>おたまじゃくしさん T・ハリスの「ハンニバル」について
私は一気に読んでしまいました。ストーリーテリングの旨さはやはり尋常ではあり
ません。ぐんぐん引き込まれます。また、「羊たちの沈黙」ではほとんど明かされ
なかったハンニバル・レクター博士の内面が描きこまれ、説得力抜群のその部分は
実に興味深かったです。また、おたまじゃくしさんはイタリアにお住まいとのこ
と。この小説の第2部はフィレンツェが舞台になっているので、そこら辺も興味深
く読めるのでは。
ただ、殺人や人肉食の場面の描写はなかなか気持ち悪いので、そういうのは嫌いな
人にはお勧めできません。それに、「羊たちの沈黙」では主役だったクラリスが完
全に脇役の一人に追いやられ、なんだかなあ、という展開もあります。今回の映画
化において、ジュディ・フォスターが降りたのももっともという気はしますね。
結論から言えば、確かに「凄い」という表現がぴったりの小説だと思いますよ。

 それにしても最近は、猟奇殺人物とかマインド・コントロール物とか殺伐とした
映画や小説が多くていささか食傷気味です。まして世田谷の一家惨殺事件とかの、
興味本位の記事を、また興味本位に読んでいる自分とかも本当に嫌になりますね。
 鼠の小説には優れた店が二つある。まずセックス・シーンのないこと。それから
一人も人が死なないことだ。放っておいても人は死ぬし、女と寝る。そういうもの
だ。春樹さんの「風の歌を聴け」からですけど、こういうのがいいですよね。


[4142] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/02/03 Sat 09:58:59
またまたなみぞうです。

スーさん>「ハリーポッターと賢者の石」はJKローリングというバツイチの女性の
作品です。生活保護を受けてて、コーヒー屋で、たった一杯のコーヒーを頼んで、
カリカリ書いたらしいですよ。すごいファンタジーで、感銘をうけました。ここ3
年ぐらいで一番ぐらいの傑作でした。子供がいたら、是非読んでやりたいですよ。
ゆかこさん>励ましありがとうございます。時間ができた分、読書にあけくれます
よ。

[4141] Sety さん(sety@earth.co.jp) 2001/02/03 Sat 01:50:24
現在試験中なんですけど息抜きに読書でも・・・
とか思うと1日が終わってたりします(^^;
なのでなるべく短編集を読むようにしようかな,と思ってます.
今日はラヴゼイの「ミス・オイスター・ブラウンの犯罪」を読みました.
ホントは「煙草屋の密室」から読みたかったんですけど,
店に置いてなかったのでこちらから.
ラヴゼイ良いですねー.はまりそうです.
後勢いに乗って小野さんの「図南の翼」も読みました(一貫性がナイ)
12国記シリーズは講談社文庫になってから読むようになって,
面白いなー,と思っていたので読むのが楽しみだった1冊でした.

この掲示板みてて「賢者の石」が読みたくなってきました.
この前店で見てみたら「135版」くらいでした.スゴイ.

[4140] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/02/02 Fri 23:24:47
こんばんわ。ユトリロ展、行ってきました。
ユトリロはなかなか複雑な育ち方をした人のようで、ずっと母親の愛に飢えていた
そうです。前から、ずいぶんと寂しい風景画を描く人だなぁと思っていたのです
が、なるほど、そんな事情があったのですね。
絵は、描かれた年代順に並べてあったのですが、晩年に描かれた絵になると、ほと
んど自分の絵の模倣、というか繰り返しになっていて、若いころの絵にあったエネ
ルギーみたいなものが、すっかりなくなっていました。
最近の村上作品は、昔と変わってしまって嫌だから読まない、という人がいるよう
ですね。私にはよくわかりませんが、今日のユトリロ展を観ていて、変わらないっ
て事は、つまらないって事じゃないかなぁと思いました。だから、村上春樹さんの
作品が昔と変わっているとしたら、それはいい事なんじゃないかと思います。
ところで、なみぞうさんへ。
私は21の時に、さんざん貢いだ上でこっぴどくふられて、もう二度と彼氏なんて
要らないと思っていましたが、2年たって今の彼氏と出会いました。ごめんなさ
い、余計なお世話かもしれないけど、いつか絶対、自分にぴったりな人と出会えま
すよ。頑張ってください。頑張ってください。

[4139] スー さん(sugako@yutopia.or.jp) 2001/02/02 Fri 23:07:29
 「めじゃー」という津軽弁、初めて知りました。私の方は「うめしゃー」です。
「うめじゃー」→「めじゃー」に変わっていったんでしょうか。
スマスマで、慎吾くんが青森県人の役になるのがありますよね。
普段は標準語だけど、つい方言がでてしまう、ってやつ。
あれも、津軽弁なんでしょうか。隣県ですけど、だいぶ違いますね。
 「翻訳夜話」を、読み終えました。
翻訳と小説では、使う脳が違うんですね。なんとなく分かります。
私は英会話を習っているのですが、英語を話そうとすると、後頭部がむずがゆくな
ります。ただ、うまく話せなくていらいらしているだけかもしれませんが…
本間さんは、英会話は進んでおりますか。
英会話日記、続編をひそかに楽しみにしておりますが、いかがでしょう。





[4138] おたまじゃくし さん(kuboki_it@yahoo.co.jp) 2001/02/02 Fri 19:06:01
うぅっ、みんないいなぁ、本が読めて、、、。私は少しおあずけです。
去年は日本から本を結構送ってもらったので今は5月に両親がくるまで待ちます。
イタリア語の勉強もかねて、ジェームス レッドフィールドの本でも読みます。
何年も前に読みましたが今読むとまた新鮮かも。日本語だと即刻読みはじめるのに
イタリア語だとなかなか読む気がしないのよ。。。
ゆかこさん、車酔いの「アンダーグラウンド」、しばらくおあずけだけど、5月
までたのしみに待ちます。
この掲示板見てると、読みたい本リストがどんどん増えていってしまいます。
T.ハリスの「ハンニバル」伊訳だったらあるんだけど。去年主人がむさぼるよう
に読んでいたのを覚えています。そんなにすごいんですか。
「ハリーボッターと賢者の石」って誰の本ですか?春樹さん??
昨日、本棚にたまたまあったあった「スプートニクの恋人」をがばっと
広げてそのページから読みはじめたんだけど(春樹さんの作品のときは読み返すと
きによくこれをします)後半 ミュウといるとき 夜中に音楽が聞こえてくるところ
あるじゃない?そしてあんなに聞こえていた音楽がまったく跡形もなくなくなって
気がつくと自分の中での色彩がうすれていた(でしたっけ?)というところ。
私、こういうのって とてもよくわかる気がします。自分の中の感覚が何かの
拍子になくなったり 転換したり 変化したりする瞬間。春樹さんてどうして
こんなことを書けるんだろう、って今更ながらすごいとうなずいてしまいます。

[4137] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/02/02 Fri 18:30:33
ハードカバーと文庫本とでは、読むときの心構え、みたいなものに
違いはありませんか?
物語の内容は同じなんだけど、なんとなく、読み終えた後の本そのものに
対する愛着度が少しだけ違うというか・・・・。
私の髪をいつもカットしてくれる美容師の女の子は、エッセイなんかは
文庫本で読むのがなんとなく、いい、と言っていましたが、うなずける気が
します。
ハードカバーのほうが、後々表紙を見たときに、物語の情景や、読んだ時の
自分の印象がまざまざと蘇ってくるような感じがするのですが。

写真館、見せていただきました。
管理人さんは、トム・ハンクスみたいな髪型ですか?←答えなくても結構ですよ。
中日ドラゴンズのファンなのですね。私は名古屋なのですが、野球はとんと・・。
ダンナの義理の兄も「ドラキチ」というやつで、名古屋に来ると、いつも
ドラゴンズ関係の新聞やら雑誌やらを買ってほくほくしています。

[4136] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/02/02 Fri 14:47:23
こんにちは。読書にあけくれていたなみぞうです。

今かれと別れました。別れるべくして別れた、そんなかんじでした。
傲慢で、わがままで、思いやりのない彼。そんな彼から、「わがままばかりだったけ
ど、いつも第一に君の事を考えていた。」と最後にいわれてしまいました。涙がこぼ
れました。その言葉、もっと早くにいってくれていたなら・・・。人は皆、出会い
と別れを繰り返して、生きていくんですよね。

[4135] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp) 2001/02/01 Thu 23:58:25
皆さん、今日は、または今晩は、大木です。
私の座右の銘=
ピンボールの目的は自己表現にあるのではなく、自己変革にある。
エゴの拡大にではなく、縮小にある。
分析にではなく、包括にある。
春樹さんの「1973年のピンボール」からの一節です。すごく含蓄のある言葉だ
と思いませんか。
「辺境・近境」を読んでいます。相変わらず面白いですね。さすがです。

[4134]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/02/01 Thu 23:52:08
 明日からまた天気が崩れるようです。

◎ゆかこさんへ
 私も歩き方が悪いのか、うおのめが出来やすくて苦労してます。結構痛いし。
 彼はミステリーが好きなんですね。いい人です。挙げた作家を見ると本格好きの
ようなので、法月綸太郎でも勧めておいて下さい。
 ピカソの本物の絵は、まだ一度も見たことないです。ユトリロ展、楽しんできて
下さい。

◎なみぞうさんへ
 「小夜子」は綾辻行人がべた褒めなのが印象的ですが、ある閉鎖的環境における
10代の人たち、というテーマは恩田陸が得意とする分野です。他にもこの路線の
作品はいろいろあるので、読んでみたらいかがでしょうか。
 ただ、私の好みでは「小夜子」はそれほど上位にはないです。ぜひ「光の帝国」
も読んでみて下さい。

◎沙羅さんへ
 「リセット」を読むために、というのは正しい行為です。直接の繋がりはない三
部作ですが、やっぱり発表順通り読むのがベストですね。
 北村作品で他に読みやすいといえば「冬のオペラ」でしょう。これは私がかなり
好きな作品。他には角川の「覆面作家」シリーズも、軽妙なミステリで読みやすい
ですがあえて去年の「盤上の敵」を推します。この出来はちょっと凄いですよ。
 名前のご指摘、ありがとうございました。一体何と間違ったんでしょうね。この
手の思いこみは不思議です。

◎大木さんへ
 初めまして。その村上的比喩なかなかいいですね。このホームページには、たく
さんの村上ファンと本好きの方がいらして下さるので、私も楽しく返事してます。
 T・ハリスは、ようやく「羊たちの沈黙」を読んだばかりなので、一作目を読も
うか、三作目に飛ぼうか考えてます。
 「辺境・近境」は、描写上、うどんが食べたくなるので、手元に準備して読み進
めるのがよろしいかと思いますよ。

◎スーさんへ
 本屋や図書館の人は、腰痛が職業病と言われている位ですから、大変みたいです
ね。
 一方、その「工藤パン」は地元ではすごくメジャーです。メジャーといえば、津
軽弁では「おいしいよ」という事を「めじゃー」というのですが、そこから転じて
「めじゃーラーメン」という賞品もあります。どうも方言が付くと、とほほな商品
名になりがちですね。

◎でんぼさんへ
 「GO」は読後感いいですよね。自分が高校生の時持っていた気持ちを思い出さ
せてくれます。一方、同時期に出たものの「本の雑誌」以外では不評に終わった、
「一瞬の光」を私は同じ程度に評価しているのですが、この不評さが不思議です。
 恩田陸のSF以外のおすすめは講談社の「三月は深き紅の淵を」です。ただ、こ
れはそろそろ文庫になりそうなので、時期的に勧めるのが悩ましいですね。
 私、個人的にSF大好きなので、なんか勿体ない気がします。人間が夢を映像化
したものが映画なら、頭の中で見る夢を現実化したのがSF小説だと思います。

[4133] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/02/01 Thu 22:38:30
こんばんわ。
昨日はとても仕事が忙しくて、全然本を読めませんでしたが、明日はやっと休みな
ので、今夜こそ「シドニー!」を読破しようと思っています。
明日はユトリロ展を観に行く予定です。久しぶりに絵画展を観に行くので、とても
楽しみです。一番好きな画家はピカソなんですけど、箱根の、彫刻の森美術館にあ
るピカソ館には、まだ一回しか行ったことありません。また行きたいなぁ。
ところで、恩田陸。私はまだ未踏の地なんですけど、皆さんの書き込みを読んでい
て、読みたくなってしまいました。うう、また部屋に本が増えていく・・・。で
も、増えていくのもまた幸せだったりするんですけど。


[4132] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/02/01 Thu 21:16:10
息子が4時間30分という驚異的な昼寝をしてくれたおかげで
本が1冊読めました。
金城一紀の「GO」です。
まず、テンポが良くてとても読みやすい文章でした。
私は「差別」のことに関しては知識がないので安易に述べることはしませんが、
この小説はテーマは重いはずなのにとても軽快な部分が多くて読んでいて
疲れませんでした。(映画「月はどっちに出ている」のノリ、でしょうか)
ラストは少し意外な感じもしましたが、作者の希望的観測、なのかな。

ここでよく出てくる管理人さんオススメの恩田陸さんの本も読んでみようと思いま
す。
手始めにどれから読んだらいいのでしょう?
ちなみにSF小説は個人的に、ダメです。(映画はOKのくせに。)
     ↑
そんなのなかったらすみません。

[4131] スー さん(sugako@yutopia.or.jp) 2001/02/01 Thu 21:13:15
 なみぞうさんへ〉「小夜子」面白いですよね。私も、恩田陸、大好きです。
この掲示板のおかげで、私もだいぶ読ませていただきました。
また、図書の仕事が見つかるといいですね。私は図書が本職ではなくて、
教職に就いているので、図書担当の仕事もしている程度です。(残念ながら)
それなりに楽しんでやっていますが、「本の受け入れ」など結構重労働です。
本の整理とかも、結構手が荒れますし、まあ、本屋さんや図書館の人は、
もっと大変でしょうけれど…。
 また、今日、青森のおみやげで「青森市で有名なパン屋さん」(本当?)という
「KUDO PAN」の鬼のお面のパンをいただきました。
あさっては節分ですから、これをかぶって豆まきをしようかしらん。
 

[4129] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/02/01 Thu 09:23:36
こんにちは。「小夜子」を読破しました。面白かったです。皆さんが恩田陸にはまる
わけがわかりましたよ。次は、村上朝日堂はいかにして鍛えられたか。その次はい
よいよ、「オルファクトグラム」にいきます。

[4129] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/02/01 Thu 09:23:35
こんにちは。「小夜子」を読破しました。面白かったです。皆さんが恩田陸にはまる
わけがわかりましたよ。次は、村上朝日堂はいかにして鍛えられたか。その次はい
よいよ、「オルファクトグラム」にいきます。

[4128] 大木君 さん(wood@music.email.ne.jp) 2001/01/31 Wed 23:31:30
皆さん、今日は、または今晩は。初めて書き込みさせていただきます。大木(たい
ぼく)と申します。
つい最近こちらの掲示板を見つけまして、ああ、こんな素敵な掲示板があったんだ
と、とても嬉しくなりました。
私は37歳になるのですが、周りに本について語り合えるような人間がいなく、森
の奥でアナグマが巣穴にがらくたをため込むがごとく、独りもそもそと本を読んで
きました。この掲示板には本好きの方が集まっているようですので、そんな方々と
好きな本の話ができれば嬉しいなと思っています。
昨日の夜T・ハリスの「ハンニバル」を読み終えました。今日は本屋に行って村上
春樹さんの「辺境・近境」を買ってきたところです。村上さんは学生の頃から読ん
でますから、もう15年以上の付き合いですかねえ。特に3部作の頃はどっぷりと
浸かっていました。
これからちょくちょく寄らせていただくつもりです。よろしくお願いします。で
は。


[4127]沙羅 さん(so_dyu@f7.dion.ne.jp) 2001/01/31 Wed 12:02:38
 こんにちわ。今日は冬の日溜りが眩しいです。

 北村薫氏の「リセット」を読むために「スキップ」、「ターン」と急ぎ足で読み
ました。両方とも気に入りましたが、特に「ターン」は私にとっては久し振りにと
きめいた恋愛小説でした。でもその後に読んだ「六の宮の姫君」はあの引用文献が
堅苦しくてすぐにポイと挫折しちゃいました。「リセット」以外で次に読むとした
ら何が”読みやすい”のでしょうか?いろんなジャンルがあるようなのでよくわか
りません。

 余談ですが私が本選びの参考としている本間さんの私的ブックガイドで「月の砂
漠をさばさばと」の女の子の名前が「かなちゃん」となってましたがこれは「さき
ちゃん」なのではないでしょうか?
 どっちでもいいことを指摘するのもなんなのですが・・でも女の子の名前は呼び
間違えると時に大変な思いをする(私はさせたほうですが)こともあるようですの
で・・。余計な老婆心でした。(^^ゞ


[4126] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/01/31 Wed 10:07:58
こんにちは。
友人のすすめで、「小夜子」を読んでます。うわさにはきいてましたが、怖いです
ね。みなさんが恩田陸にはまる気持ちがすこしだけわかるなあ、と思いながら、勉
学にいそしむ冬の夜長でした。

スーさん>はじめまして。66版も出てるんですか?驚きを超えて感心します。「秘
密の部屋」は買わないでおこうと思ったんですけど、(¥1900もするし・・・)1
作目を読み終えた今では、買わずにいられません!!あと、スーさんは図書関係の
仕事なんですか。うらやましいかぎりです。私も今年3月末で退職の予定なので、
4月からは、本屋などで、バイトできたらな、と思うんですけど、なかなかなく
て・・・。









[4125] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/01/30 Tue 23:44:56
こんばんわ。
今日は仕事の帰りに皮膚科によって、うおのめをとってもらいました。
一時間半も待って、治療は五分で終わりました。待ってる間に、彼氏に借りた本を
一冊読んでしまいました(「シドニー!」は忘れてしまったので、彼が読んでいた
本を無理やり借りたのです)。
島田荘司の「火刑都市」、おもしろかったですよ。彼は、推理小説が好きなんで
す。コーンウェルも、彼から借りたんです。後は、京極夏彦とか。
読むジャンルが微妙に違う人と付き合っていると、色々なジャンルの本が読めてと
ても便利ですよ。いや、便利だから付き合っているわけではありませんが。

[4124]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/30 Tue 23:44:12
 今月は本ばかり読んでいた気がする。

◎でんぼさんへ
 初めまして。私も長編は覚えていますが、短編はうろ覚えのものも多いですね。
人気投票で投票されても、「こんなのあったっけ?」という感じです。
 その「行間を読む」というのは、私も好きですよ。また余韻を残して終わる物語
の場合、その後をつらつらと考えるのも好きです。その物語が夢にまで出てきたり
します。単に私が夢見がちなだけかもしれませんが。

◎スーさんへ
 66刷。それは凄いですね。辞書とか絵本並です。私の仕事は新聞を作る仕事な
ので、その用語に関しても結構厳しいです。なんでこんな言い換えを、と思わない
でもないですが、不特定多数の人を相手にするというのは難しいですね。
 私も語学力に関しては同感です。中学から10年も勉強して、なんでこうなんだ
とへこみたい今日この頃。

◎トンボさんへ
 私は様々なとこで「いいですよ」と推しているのですが、反響があって嬉しいで
す。3月には映画化されるそうなので、どう映像化されどう音楽が入るのか、今か
ら楽しみです。あの「何でもベスト5」、結構影響されますよね。車で音楽聞いて
いると、考えてしまいます。
 という訳で、未読の方はぜひどうぞ。村上作品のように、音楽は出てくるけど、
音楽ファン以外の方にも、ぜひおすすめ。特に独身の方に。

[4123] トンボ さん(yoichi67@hotmail.com) 2001/01/30 Tue 23:33:30
ごめんなさい。訂正です。
『ハイ・フェデリィティ』の主人公はロブでした。
恵比寿ガーデンシネマでこの小説を原作とした映画が
3月頃に上映されるみたいですね。とても楽しみです。


[4122] トンボ さん(yoichi67@hotmail.com) 2001/01/30 Tue 23:28:20
こんばんは。
管理さんの評価が高かった『ハイ・フェデリィティ』を読みました。
僕は一時期、売れ線の邦楽を聞いている人を軽蔑して、そんな人たちとは
友達になれないよって思っていたので、主人公のボブのことが他人事とは
思えませんでした。とても感動しました。僕はイギリスのロックを好んで
聞いていたのですが、イギリスロックを聴いているとそのような偏屈的な思考
に陥るのかもしれませんね(笑)まだ、未読の方で音楽好きの人には
おすすめですよ。

チロさんへ
僕もビル・エヴァンズはお気に入りでぶるーうさんがお勧めしている
「ワルツ・フォー・デビイ」はすぐに買いに行きました。とてもよかったです。
ソニー編は一曲目のビリー・ホリディが歌う『When you're smiling』が
とても好きです。この曲は村上さんの小説にでてきたような、でてきてないような
ちょっと記憶が曖昧です。

[4121] スー さん(sugako@yutopia.or.jp) 2001/01/30 Tue 22:18:05
 なみぞうさん、私も「ハリー・ポッター」を読みました。
1作目の「賢者の石」しか読んでいませんが、これからの展開が期待できる作品で
嬉しいです。余談ですが、2作目の「秘密の部屋」で、66版(だったかな)より
前には差別用語があるらしく、それ以後の版(1文が削除されたらしい)を買うよ
うに、という文書が入っておりました。(図書の仕事をしているため)
 なんだか、筒井康隆の断筆を思い出してしまいました。
 また、遅ればせながら「翻訳夜話」を読んでいます。村上さんは語学力がない、
なんて書いていましたけれど、私にしてみれば、日常会話ができるだけでもすごい
と思います。私は、典型的な日本人で、話そうとすると頭が真っ白になります。
なーんて、次元の違うことを書いてしまいました。
 




[4120] でんぼ さん(yukilica@mue.biglobe.ne.jp) 2001/01/30 Tue 14:37:11
初めてカキコします。でんぼと申します。
去年の暮れにやっとPCを購入し、初心者ながらほそぼそと触っていたら
こんなステキなページを発見!
10年以上の村上ファンですが、すでに記憶の薄れている物語もあり、
じっくり再読しなければ・・・・と思っています。
やんちゃ盛りの2歳の男の子がいるのでほとんど読書する時間はありませんが、
ここを読んでいたら本屋へ直行したくなりました。
私は物語の内容の他に、空白部分に「何か」を感じると、おぉ。。。。と
唸ってしまいます。文字間や行間になんともいえないニュアンスを感じ取って
しまうのです。そしてそれは私にとってすごく重要なことなのです。
こんなことは、月に20〜30冊も読んでいらっしゃる管理人さんにとっては
当たり前????? 



[4119]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/30 Tue 00:04:25
 平日に競馬やっていると、正月みたいで変な感じ。

◎なみぞうさんへ
 いろいろ入手したんですね。ゆっくりと読まれて下さい。
 「ハリーポッター」は海外でも凄いブームだそうです。前にブックフェアの様子
を放映している時に、その出版社のブースが凄かったですし。

◎ゆかこさんへ
 「シドニー」は名前もないパブに行って飲む、という描写が多いですし、確かに
飲みたくなります。
 コーンウェルも人気ありますよね。私は一作目だけしか読んでないのですが、そ
の内、続きを読もうかと思ってます。
 読みたい本に関しては、確かに。増える一方で幸せです。

[4118] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/01/29 Mon 23:13:02
こんばんわ。今日は仕事が忙しくて、ちょっと疲れました。
「シドニー!」、順調に読み進んでいます。ビールが飲みたくなりますね。今、お
風呂あがりなんですが・・・。飲んじゃおうかな。
「シドニー!」を読み終わったら、次はパトリシア・コーンウェルの「審問」が待
ち構えています。このシリーズ、最近最初から一気に読んだのですが、おもしろい
ですね。私は好きです。
ハリーポッターも読みたいんですよ。「審問」の次に読もうかな。
読みたい本がいっぱいあって、幸せです。

[4117] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/01/29 Mon 09:33:43
ついに「シドニー!」「オルファクトグラム」「ライオンハート」を入手しました。いま
は、「ハリーポッターと賢者の石」をよんでます。すごい本ですよ、あれは。ページ
をめくったことを忘れるぐらい、面白いです。著者の想像力には関心してしまう。
久々に児童書を読んだんですが、いいですね。

[4116]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/28 Sun 23:30:13
 寒いけど、ビールでも飲もうかな。

◎shokoさんへ
 その問題は、確かに頭を悩ませます。私は断然、小説読んで映画派なのですが、
理由は物語の楽しさって、先の展開がどうなるか読めないところにあるからで、映
像でストーリー知ってしまうと、その趣が薄れるからですね。一方映画は、映像の
妙味や音楽など、違うところに見所があるのでこの順番です。
 でも、そのお友達が言われる事も、何となく分かるような気がします。

◎ういすけさんへ
 ありがとうございます。未だ企画考え中です。みなさまも、なんか村上関連でし
てほしい企画がありましたら、書き込んでみて下さい。
 ジオは不調なんですか。たまに繋がらなくなる時がありますからね。
 新しい作家を開拓するのは楽しいですよね。書き込んだ作家はいずれもおすすめ
ですので、お楽しみ下さい。

◎ゆかこさんへ
 おお、ついに入手しましたか。導入部からして、結構惹かれますよね。私もつい
つい一気読みしてしまいました。仕事に差し支えないように、楽しまれて下さい。
徹夜で読むのも、その時は楽しいんですが、昼ご飯食べてからが辛いんですよね。
目の前にフィルターがかかったみたいで。
 月曜の仕事、頑張って下さい。

◎スーさんへ
 スーさんはオーストラリアに行った事があるんですね。自分の体験と、村上さん
の描写とをすりあわせて考えられるのは、なかなか貴重な体験ですね。購買意欲に
関してはそうかもしれませんね。食べ物以外でオーストラリア産って聞かないし。
 私は、番外編のオーストラリアの歴史のパートが好きでした。あの視点は、村上
さんならではですよね。

[4115] スー さん(sugako@yutopia.or.jp) 2001/01/28 Sun 23:04:10
 おひさしぶりです。楽しみにしていた「シドニー!」をみなさんと同じように少し
ずつ読みました。私は、この間オーストラリアに遊びに行ったので(シドニーには
2日間しかいませんでしたが)、村上さんはこんな風に思ったのかとフンフン言い
ながら読みました。ビールが美味しかった、購買意欲がわかなかった(元々ある方
ではない)というのは、私も同じでした。
 でも、この本を読んでから、旅行したかったなあ。なんとなく。
それでは、本の中にも書かれてありましたが、次の長編小説に期待しましょう。

[4114] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/01/28 Sun 22:52:14
本間さん、こんばんわ。
「シドニー」、ついに!手に入りました!今、お風呂に入りながら読んでいたので
すが、途中でやめるのが難しくて、危うくのぼせてしまう所でした。明日は早番な
ので、今日はもう読まないでおこうと思います。これからまた読み始めたら、徹夜
してしまう事間違いなしなので。
ああ、明日の休憩が楽しみ。明日もお仕事頑張ろう!

[4113]ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 2001/01/28 Sun 22:06:57
こんばんわ。お久し振りです。
遅れ馳せながら20万人突破おめでとう御座います。
もうなんだか桁の違うお話で、それがどんなものなのか、見当もつきません。

先日は私のHPにもカキコありがとう御座います。
レスをつけたいのですが・・・どうも最近のジオシティーズはご機嫌斜めの様子
で、受けつけてくれません。というか、更新もままならない状態。
最悪です。
そこでこちらにカキコにきました。

最近は新しい作家さんの作品への挑戦が多いのですが、
姫野カオルコ、桐野夏生、中島らもは大健闘です。
今度「ガダラ・・」も読んでみます。
それでわ。

[4112]shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2001/01/28 Sun 13:14:07
本間さん、みなさん、こんにちは。
お久しぶりです。
かねてから、映画と小説どちらを先にしようか迷っていた、
「サイダーハウス・ルール」の文庫を買いました。
やっぱり小説を先にしました。
映像観てしまうと、想像力があまりかきたてられなくなるような気がするので
。
でも、友人の
「映画は小説(というよりも読む人の想像)を越えないから、
小説→映画だとがっかりしてしまう。
だから映画を先に観る方が両方楽しめる」
という意見にもちょっと納得してしまったのでした。
 それはそれなのですけれど、翻訳がいまいち難しい……。
原文ですらすら読めたらいいのになあ、と思うのでした。
ではまた。

[4111]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/28 Sun 01:25:57
 せっかく雪がなくなりかけていたのに、また降ってきました。

◎チロさんへ
 見つかって良かったですね。その手の企画盤CDといえば、「ノルウェイ」がヒ
ットした時、ビートルズのナンバーを日本人がカバーした同名のアルバムを思い出
します。松任谷由美とかも歌ってたんですよ。
 私もレンタル屋にあったら、ぜひ聞いてみます。

◎ゆかこさんへ
 美味しいものを食べると幸せですよね。私は少しの美味しいものと、たくさんの
美味しい酒があると、とても幸せです。
 「シドニー」は入手出来ましたか? これも読んでいると、ほのぼのと幸せにな
る部分がいろいろあるので、楽しまれて下さい。

◎ぶるーうさんへ
 焼酎は、学生御用達ですよね。何より量があって安いのがいいです。
 ジャズは詳しくないので、その中学生問題について書きますが、やはり早いと思
いますよ。「ノルウェイ」のヒットで中学生にも認識されたのでしょうが、それで
もよほど本好きじゃないと、辿り着かないと思います。でも中学生が一生懸命読ん
でいる場面を想うと、何だか微笑ましいですね。

◎緑忍者さんへ
 無事見つかるといいですね。私も昨日古本屋に行ったので、ついでに探してみま
したが、そこでは見つかりませんでした。村上作品に出てくる料理のレシピ紹介が
あったりして、なかなか楽しい本ですよ。

[4110] チロ さん(c-kimoto@syd.odn.ne.jp) 2001/01/27 Sat 23:04:05
こんばんわ。今「シドニー」を読んでいるところです。
もったいないので春樹さんの新刊はいつもかみしめながら読んでます。

◎ぶるーうさん
お返事ありがとうございます。ジャスに対するぶるーうさんの愛情と熱意がひしひ
しと伝わってくる文章ですね(笑)
お勧めの「さよならバードランド」ですが、前からちょっと気になってはいたので
今度是非読んでみます。
ジャスに対しても以前よりは興味がでてきた所なので、ぼちぼち聞いていきたい
な、と思います。

[4109] 緑忍者 さん(ma-nyu@hotmail.com) 2001/01/27 Sat 21:30:51
本間さん、アキさんありがとうございました。
古本屋頑張って探してみます。

村上さんのソフィスティケートされた料理がいいですね。

[4108]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2001/01/27 Sat 14:25:05
 書き込んでから気になったんですが、長文になりすぎてしまいました。
 ごめんなさい(笑)。

[4107]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2001/01/27 Sat 14:24:15
 お金がないので安い焼酎ばっかり飲んでいる、ぶるーうです。

 前の話題見ててちょっと思い出したんですが、中学生で村上作品を読んでるひと
ってけっこう多いような気がします。確か1年ぐらい前のことだったと思います
が、うちの近所の図書館で、中学生ぐらいの女の子が「村上春樹全集」全巻(たぶ
ん)を両手いっぱいに抱えて歩いてたのを見たことがあります。だからどうという
事もないのですが、ただ思い出したのでちょっと書いてみました(笑)。

◆チロさんへ
 ジャズを気に入られたのならば、今度は春樹さん訳の「さよならバードランド」
へ突入することをおすすめします。モダン・ジャズ黄金期の暖かさがよく感じら
れ、春樹さんもずいぶん楽しんで翻訳したんだろうなあ、というのがびしびし伝わ
ってくるいい本です。ストーリー主体なので、特にジャズ愛好家ではない方もきっ
と楽しめると思います。映画「真夏の夜のジャズ」の裏話なんかも出てきて、僕は
これを読んでひっくり返りました。巻末にはかなり膨大な量の村上的レコード評も
くっついています。春樹さんによる音楽評論はけっこう珍しいので、かなりお得な
一冊なのではないかと思います。ちなみにこちらの挿絵も和田誠さんです。
 ちなみに、ビル・エヴァンズの「ワルツ・フォー・デビイ」という作品は、すご
ーくいいです(笑)。ヴィレッジ・ヴァンガードというNYの老舗ジャズクラブで
録音されたものなのですが、ここの店の雰囲気がそのまま収録されていて、観客の
ちょっとした会話や、グラスをころがる氷の音や、ドアを開ける音まで入ってい
て、そのなかで黙々と演奏するエヴァンズ・トリオがかなりすごいです。やっぱり
ジャズはライブだなあ、と、これを聴くたびに思います。
 あ、ライブといえばやっぱりアート・ブレイキーの「バードランドの夜VOL1」が
最高にかっちょいいです。なんてったってバンドメンバーが、クリフォード・ブラ
ウン、ルー・ドナルドソン、ホレス・シルヴァー、カーリー・ラッセル、アート・
ブレイキーという、ちょっと信じられないようなラインナップです。この人たちが
ひとつの音楽を演奏するわけですから、出てくる音は、それはもう、バズーカ級で
す(笑)。僕はこれを聴いて腰が抜けました。

[4106] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/01/26 Fri 23:54:56
本間さん、またまたお返事ありがとうございます。
今日は、給料日後という事で、彼氏とおいしいものを食べに行ったので、本屋には
行けませんでした。でも彼が、「シドニー」を売っているのを見た!と言っていた
ので、明日には手に入りそうです。うう、楽しみ。
 おたまじゃくしさんへ。
 「アンダーグラウンド」は、私は読んでいて車酔いをした時のようになってしま
 いました。そんな感じの本です。私は好きです。重いけど。



[4105] チロ さん(c-kimoto@syd.odn.ne.jp) 2001/01/26 Fri 23:50:18
こんばんわ。
「ポートレイト・イン・ジャズ」のCD版(ポリドール編)無事入手できました。
ジャス初心者の私でも結構すんなり聞く事ができて、なかなか良かったです。
春樹さんの文章と和田誠さんのイラストを見ながら聞くと、じわっときますね。
ちなみに私はビル・エヴァンスとアート・ブレイキーが気に入りました。
予想以上に聞きやすかったので、早速ソニー編も予約してきたところです。
このCDの存在を教えてくれたトンボさん、ありがとうございました!

[4104]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/26 Fri 23:50:00
 今日は古本屋に行って、20冊ほど仕入れてきました。

◎なみぞうさんへ
 アクセスはおかげさまで。
 読書量は、テレビを見ないからです。私は大体300ページを2時間で読むペー
スなので、早い方ではあるでしょうが、そんなに早いという訳じゃないです。
 なみぞうさんの環境ですと、昼夜共に時間が取られるでしょうし、落ち着くまで
は厳選して読んでいればいいのではないでしょうか。

[4103] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/01/26 Fri 11:28:28
本間さん、アクセス数20万突破おめでとうございます。すごいですよね。もうひ
とつすごいのが、本間さんの読む量なんですけど。私は社会人と学生の2足のわら
じをはいているため、なかなか時間にゆとりがもてず、速く読めるようになりた
い、と思ってます。どうしたら、そうなりますか?

[4102] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/01/26 Fri 11:27:57
本間さん、アクセス数20万突破おめでとうございます。すごいですよね。もうひ
とつすごいのが、本間さんの読む量なんですけど。私は社会人と学生の2足のわら
じをはいているため、なかなか時間にゆとりがもてず、速く読めるようになりた
い、と思ってます。どうしたら、そうなりますか?

[4101]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/26 Fri 00:32:43
 ヨドバシカメラにDVDソフト買いに行ったら、発売中のモー娘ベストがエンド
レスで流れていて、大変でした。

◎おたまじゃくしさんへ
 1は、オリンピック期間中ずっとシドニーにいた村上さんの、観戦記兼旅行記み
たいなものです。オーストラリアの紹介の仕方が面白いですよ。
 2は多分震災をテーマにした短編集「神の子どもたちはみな踊る」とごっちゃに
なったかと思われます。「アンダーグラウンド」は地味だけど、いい本ですよ。
 3は好きずきなので何とも言えないですが、私は好きです。感想のページの山本
文緒のところを参照してみて下さい。

◎アキさんへ
 講談社+α文庫だったんですか。なるほど。

◎Setyさんへ
 私は昨日一気に読みました。あの独特の視点がいいですね。私は作品世界に浸り
たいため、その小分けにして読むのは、昔から出来ません。その方が長く楽しめる
のでしょうけどね。
 帚木蓬生は、年に一作のお楽しみ作家です。他の長編もいい小説が多いので、ぜ
ひどうぞ。

◎ゆかこさんへ
 うーん、中学校の女の子にはそうでしょうね。村上さんの性描写ってそんなに生
々しくはないけど、高三の私も「うーん」と思いました。今でも潔癖性の人を中心
に、あの描写は不必要では、という意見も多いです。私は好きですが。
 「シドニー」は文春なので、割と刷り数多いと思いますが、いったん品切れにな
ったのかもしれませんね。早く見つかるといいですね。

[4100] おたまじゃくし さん(kuboki_it@yahoo.co.jp) 2001/01/25 Thu 23:21:57
おもいっきり勘違いしていました。春樹さんのフアンのHPなのに
こんな間違いをするなんて、、、ほんとに失礼しました。
質問2にあったのは阪神の地震のではなくてサリン事件を扱ったもののようです。
「アンダ−グラウンド」っていうんですね、多分。本間さんあるいは
どなたか読まれましたか?


[4099] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/01/25 Thu 21:42:17
本間さん、お返事ありがとうございます。
そうです、私が初めて読んだ村上作品は、「ノルウェイの森」です。私の学年で一
番頭の良かった女の子が、「これおもしろいよ。」と言って貸してくれたのです。
懐かしいなぁ。中学生の私には、「ノルウェイの森」はものすごくエロティックな
小説に感じられて、親に隠れて読んだものです。お恥ずかしい。
ところで「シドニー」、どこにあるのでしょうか?読みたいのにどこにもない!
明日は仕事が早番なので、終わってからちょっと遠くの本屋まで足をのばしてみる
事にします。見つかるといいなぁ。

[4098] Sety さん(sety@earth.co.jp) 2001/01/25 Thu 02:56:15
おひさしぶりです.

村上さんの「シドニー」を入手しました.
んで,今日からぽつぽつと読み出しました.
なんか一気に読みきってしまうのはもったいなくて,
小分けにして読んで行こう,という考えです.
まぁ,小分けにできれば良いのですが・・・.
大体は途中でやめられなくなって一気に読んでしまいます(^^;
なんか旨い酒を飲むときの「これが今日最後の一杯」
とかいう感覚に似ているような気がします(笑)

賞の話題の時に書こうと思ったのですが,
僕は基本的に山本周五郎賞は信頼しているので,
新しい作家に手を出す場合の一種の判断基準になってます.
んで,帚木蓬生の「閉鎖病棟」を読んでみました.
ホントは学部がら,「臓器農場」の題名にひかれて帚木さんを読もうかな,
と思ったのですが,とりあえず山周賞のものから読もう,
と思ってこちらから読みました.良かったです.ホントに.
思わず涙が出てきました.

これから試験期間なので暫く読書はおあずけです(^^;
勉強の合間に「シドニー」を読もう.

[4097] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/01/25 Thu 02:14:07
緑忍者さん>はじめまして。私は「羊のレストラン」の文庫版を持ってます。
      詳細は、 『羊のレストラン−村上春樹の食卓』
            高橋丁未子著・講談社+α文庫発行 本体価格583円
            ISBN:4−06−256144−1    です。
      ケッコウ古本屋さんとかにあると思うので頑張って探してください。
      健闘をお祈りします。
                                
            

[4096] おたまじゃくし さん(kuboki_it@yahoo.co.jp) 2001/01/25 Thu 01:27:02
またまたお邪魔しました。
日本は雪など降ってとても寒そうですね。
ところで 
1.「シドニ−」ってコラム集ですか?
2.春樹さんの本で 阪神の地震のドキュメンタリ−だかインタビュ−だか
    がでていて、すごい内容だ、と きいていますが、どんなんでしょう??
    私も大学時代は芦屋、神戸にすんでいたもので。
3.山本文緒さんの本ってそんなにいいんですか?


[4095]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/25 Thu 00:15:15
 今日はこの後「シドニー」と「リセット」を読みます。

◎hamさんへ
 村上作品のどこに出てきたかは覚えてないですね。覚えている方は、教えてあげ
て下さい。

◎ぴぴさんへ
 そういう話になってましたね。重松清の受賞コラムは読んだのですが、作家は賞
を目指して仕事をしている訳ではないが、きっかけとして嬉しい、というような内
容でした。文緒さんも嬉しい事でしょう。
 ノーベル文学賞は海外での知名度からして、そうなりそうですね。いつになるか
は分かりませんが。

◎NEOさんへ
 私は映画の方も結構好きですよ。小説はディック派じゃなかったので、それほど
読んでませんが、インパクトがあったのは覚えてます。

◎ゆかこさんへ
 初めまして。中学生の時から読んでいる、というのも何だか凄いですね。ちょう
ど「ノルウェイ」の時だったんでしょうか?
 インターネットの世界も普通の世界も、ある点では一緒です。自分なりのモラル
があれば大丈夫ですよ。ない人も結構いますが、それも現実と一緒ですね。楽しん
で下さい。

[4094] ゆかこ さん(0901*9242**@jp-t.ne.jp.) 2001/01/24 Wed 22:03:28
はじめまして、24歳のフリーターです。村上春樹さんのファン歴は、丁度10年ぐら
いになります。
最近やっと自宅にパソコンが導入されたので、こうしておじゃまさせていただいて
おります。なにぶんなれていないもので、色々とご迷惑をおかけするかもしれませ
んが、これからよろしくお願いします。


[4093]NEO さん(PXF04304@nifty.ne.jp) 2001/01/24 Wed 21:57:35
hamさんへ、
それはたぶんP.K.ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(ハヤカワ文
庫)のことですね。
春樹さんの本の中で言及があったかどうかは失念しました。
映画「ブレードランナー」の、一応原作です(わたし自身は原作と呼ぶのにちょっ
と抵抗ありますが)。

[4092]ぴぴ さん(sweet@redbit.ne.jp) 2001/01/24 Wed 15:50:45
すみません、ひとつ削除してください。(汗)
お手数、お掛けします。

[4091]ぴぴ さん(sweet@redbit.ne.jp) 2001/01/24 Wed 15:48:53
お久しぶりです。
今掲示板見てました。
文学賞の事で結構盛りあがっていたようですね。(←遅い?)
私は、個人的に山本文緒さん大好きなので直木賞は素直に嬉しいです。
きっと、本人もずっとずっと嬉しいんでしょうね。
「プラナリア」受賞前に買っていたのに、受賞後の今もまだ半分ぐらい。
なかなか読書全般が進みません。(泣)
ところでノーベル文学賞ですが、もし今度日本人がとるとしたら
私はやはり春樹さんしかいない、と思うのですが・・・・。どうでしょう?(笑)


[4090] ham さん(itghhama@hotmail.com) 2001/01/24 Wed 11:53:45
はじめまして。
すいません、先週から気になって眠れないキーワードが・・・
「電気羊は夢をみるか?」とかなんとか、
どこかで読んだんですけど、どの作品に載ってましたっけ?
教えてください!


[4089]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/23 Tue 23:53:21
 いつのまにか20万アクセスしてたんですね。うーん、記念企画は何も考えてな
いです。

◎なみぞうさんへ
 風邪治ったんですか。良かったですね。風邪引いていると、何していても集中力
なくなって困ってしまいますし。
 「シドニー」は、私は今日買いましたが、丸善では山積みでしたよ。

◎緑忍者さんへ
 その本は高橋丁未子という人が書いていて、親本はCBSソニー出版です。文庫
化もされていますが、どこの文庫かは忘れました。多分どちらも品切れなので、古
本屋をまめに探してみて下さい。

[4088] 緑忍者 さん(ma-nyu@hotmail.com) 2001/01/23 Tue 21:59:52
こんにちは。

村上さんに関する本で「羊のレストラン」という本があったと思うのですが、
どこの本屋さんを探しても見つかりません。

どなたか知っている方はいますか?


[4087] 緑忍者 さん(ma-nyu@hotmail.com) 2001/01/23 Tue 21:59:03
こんにちは。

村上さんに関する本で「羊のレストラン」という本があったと思うのですが、
どこの本屋さんを探しても見つかりません。

どなたか知っている方はいますか?


[4086] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/01/22 Mon 10:16:27
やっと風邪なおりました。ところで、「シドニー」探してるんですけど、
ないんですよね。

大ちゃんさん>はじめまして。私は少しだけ、絵本好きですよ。
レオナルドバスカリアの「幸福行き9番バス」はまりますよ。
私は、失恋して、人生投げ出したくなった時に本屋でみつけて、涙ボロボロ流しな
がら読みました。あとは、有名ですけど、「葉っぱのフレディ」はいいです。
絵本ていいですよね。無心で読めるから好きですよ。大ちゃんさんもおすすめあっ
たらおしえてくださいね。

[4085]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/22 Mon 00:11:47
 今日の競馬は全然だめでした。昼前から飲んだのが敗因かも。

◎トンボさんへ
 もう読まれたんですか。いいですね。私も明日こそ買ってこよう。
 タイトルからオリンピック絡みかと思ってましたが、やっぱりそうでしたか。私
は一応報道する立場なので、読むのが楽しみです。

◎シンジさんへ
 ふーん、そういう内容なんですか。高橋尚子は、多忙のあまり「勝つ前に戻りた
い」とコメントしてますが、違う切り口はいいですね。
 長編の方も楽しみです。

◎アキさんへ
 「紙婚式」はそんなにいいんですか。なるほど。でもここまで来たら、早く文庫
になってほしいものです。
 私の個人的長編お勧めは、やはり「あなたには帰る家がある」と「恋愛中毒」で
すね。

[4084] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/01/21 Sun 23:26:45
こんばんは。ちゃんと雪を見たの久し振りでした。温暖湿潤育ち。
茶々さん>はじめまして。山本文緒サンの話題だったので、書いちゃいます。
     うぉお〜。なんてギューなセレクト!「紙婚式」と「みんないってしま
     う」はどちらもメッチャはまりますよね!特に前者に収録の『土下座』
     はスゴイです。こんなコワイ話初めて読んだと思いましたもん。あぁ私
     女で良かった、と。個人的なオススメを言うと、長編は「眠れるラプン
     ツェル」短編は「ブラック・ティー」が好きです。宜しかったら是非。

[4083] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2001/01/21 Sun 22:14:04
こんにちは。
北陸も寒い日が続きます。今日はひさしぶりに晴れました。
「シドニー!」出ましたね。
きっとマラソンをテーマに何か書くだろうと
思っていたのですが、勝った高橋尚子選手ではなく
犬伏選手や有森裕子さんにスポットを当てるあたりが
春樹さんらしいなあと思いました。
本文中によれば、長編も少しずつ書き始めているようですよ。


[4082] トンボ さん(yoichi67@hotmail.com) 2001/01/21 Sun 00:00:18
こんばんは。
学年末試験の真っ最中にも関わらず、『シドニー!』をつい読んでしまいました。
この本は、シドニーオリンピックの観戦を基本とした旅日誌の形をとっているの
ですが、最近の村上作品に通じる思考(だと僕は考えています)がちらほらと
書かれていて、とてもおもしろかったです。ちなみに最近、村上さんはiBookを
使っているようですが、なんだかとてもかわいらしいですね。(かなり年下で男の
僕がいうのも変ですけど。)もうすぐPowerBook G4が発売されますが、
村上さんはきっと買うんだろうなぁ。

[4081]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/20 Sat 23:40:19
 今日も本屋には行けませんでした。

◎なみぞうさんへ
 いくつになってもひどい風邪は辛いですよ。皆が辛さを想像できる病気って風邪
くらいかもしれませんね。虫歯になった事がない人はいますから。
 「夢で」は、私は糸井さんのパートが邪魔で、スキップして読んでしまいます。
糸井さんには悪いのですが。

◎茶々さんへ
 早速読まれたんですか。「紙婚式」は私は未読なのですが、今まで読んできた傾向
からすると、確かに日常生活の裏側を描いている事が多いですね。割と読みやすい
文体なので、すんなりと読めますが、時々ふと引っかかる描写や意外な展開が魅力
です。
 南の方でも雪が降ったんですね。私は「春の暖かさ」が懐かしいです。

◎おたまじゃくしさんへ
 それは遠くからありがとうございます。
 デビュー作からという事は、もう長い事読み続けているのですね。イタリアは村
上さんが取り上げる事も多いので、きっと身近に感じられるのでしょう。
 三浦綾子は、一冊しか読んだことがないですが、宗教について考えさせられまし
た。そのグループで、また良い本に巡り会えるといいですね。


◎大ちゃんへ
 ええ、覚えてますよ。
 私は童話はほとんど読みません。最近児童文学出身の作家が多いので、そちらの
方は読むことがありますけど、童話はすぐ読み終わるので物足りません。
 村上作品で言うと「羊男のクリスマス」が、絵本風でまさに童話風ですね。児童
文学でしたらダールの「チョコレート工場の秘密」がおすすめです。

[4080] 大ちゃん さん(kobayuka@aurora.ocn.ne.jp) 2001/01/20 Sat 23:09:48
 最近童話作家佐藤さとるさんの作品に心酔している大ちゃんです。本間さん、覚
えてますか?
 いきなりだけど、村上ファンの皆さんって、童話読みますか?
 僕は22歳のとき、一種の回顧的気分がキッカケで童話や絵本に凝りだしたんで
す。結構友達には「いい年こいて絵本読んでる」と馬鹿にされたりするんですが、
「ユング派の河合隼雄さんあたりがファンタジーとして発達心理学、精神衛生上良
いって言ってるよ」と河合さんを引き合いに出して反論しています。
 村上ファンの方で童話好きの人っていますか?もし名乗りを上げて下さる方がい
たらオススメの一冊を教えてください。
 村上春樹って「羊男の・・」とか「図書館奇譚」とか「かえるくん」とか童話風
の作品多いですよね。村上ファンは結構童話好きなのでは、と勝手に僕は踏んでい
るのですが、皆さん、いかがでしょう?

[4079] おたまじゃくし さん(kuboki_it@yahoo.co.jp ) 2001/01/20 Sat 22:34:41
イタリアに住んでいます。日本の本がなかなか手に入りませんし、
日本から送ってもらうにも 何を頼んだらいいのやらわからない状況で
このようなHPは非常にうれしいです。
春樹さんは「風のうた、、、」出版時からのフアンです。春樹さんの
本は何度読み返してもそのときの自分の状況で感じ方も変わってくるから
不思議です。伊訳では「ノルウェイ、、、」と「国境の、、、」があり
主人も春樹さんのフアンですよ。
ここには日本人主婦達による長年(?)のまわし読みの本が何冊もあり、
その中で 「私だったらきっと 本屋さんでは選ばないだろうなぁ」というような
本とも出会うことがあり、それでも中にはとてもいい本があって驚かされます。
その中で三浦綾子さんの「道ありき」という本は感動しました。 


[4078] おたまじゃくし さん(kuboki_it@yahoo.co.jp ) 2001/01/20 Sat 22:34:38
イタリアに住んでいます。日本の本がなかなか手に入りませんし、
日本から送ってもらうにも 何を頼んだらいいのやらわからない状況で
このようなHPは非常にうれしいです。
春樹さんは「風のうた、、、」出版時からのフアンです。春樹さんの
本は何度読み返してもそのときの自分の状況で感じ方も変わってくるから
不思議です。伊訳では「ノルウェイ、、、」と「国境の、、、」があり
主人も春樹さんのフアンですよ。
ここには日本人主婦達による長年(?)のまわし読みの本が何冊もあり、
その中で 「私だったらきっと 本屋さんでは選ばないだろうなぁ」というような
本とも出会うことがあり、それでも中にはとてもいい本があって驚かされます。
その中で三浦綾子さんの「道ありき」という本は感動しました。 


[4077]茶々 さん(tee_ti_ti@hotmail.com) 2001/01/20 Sat 10:04:57
早速、山本文緒を2冊読みました。「紙婚式」と「みんないってしまう」。
確かにはまるかも。全冊読もう、という気にさせられました。
こういう、日常に潜む狂気とか幸福の裏側を書かれると、かなり弱いです。
のほほんとした私は、本を読むことで改めてわが身を振り返る事がしょっちゅうで
す。
今週はこちら日本の南にも雪が降って、久々に小さい頃の「冬の寒さ」がよみがえり
ました。

[4076]茶々 さん(tee_ti_ti@hotmail.com) 2001/01/20 Sat 10:04:26
早速、山本文緒を2冊読みました。「紙婚式」と「みんないってしまう」。
確かにはまるかも。全冊読もう、という気にさせられました。
こういう、日常に潜む狂気とか幸福の裏側を書かれると、かなり弱いです。
のほほんとした私は、本を読むことで改めてわが身を振り返る事がしょっちゅうで
す。
今週はこちら日本の南にも雪が降って、久々に小さい頃の「冬の寒さ」がよみがえり
ました。

[4075] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/01/19 Fri 10:57:21
おはようございます。

すごい風邪を引いてしまいました。気持ち悪くて、水も吐きたくなるし、
おなかくだしちゃうし。病院でおしりに注射うたれてしまいました(-_-;)
まだ弱冠23才の私にはつらい試練でした(-_-;)
皆さんも風邪には気をつけてくださいね。
今、村上さんと糸井重里さんの「夢であいましょう」を読んでます。
なんだか不思議な本ですよ。おっと、ネタばれになりますので、このへんで。
ウフフ。

[4074]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/19 Fri 00:28:22
 明日は飲み会でふぐを食べます。

◎ぶるーうさんへ
 北陸も雪が降るというイメージがあったのですが、そういう状況なんですか。東
北は元々雪が降って当たり前という感じなので、南東北以外はさほど混乱はないで
すね。新聞のコラムで歩道の除雪は行政、市民どちらの区分か、というのを読んで
「そんなの市民だろ」と思う私は、やっぱり青森育ちです。
 まあ語り草になるので、こういう経験もたまにはいいと思いますよ。

◎ユキさんへ
 村上さんの大学の後輩のユキさんですか? お久しぶりでした。
 「シドニー」もう出たんですね。私も近い内に買いに行きます。北村薫の「リセ
ット」も出たので、併せて楽しみです。
 私と同業者ですか。それは楽しみ。こっそりとメールででも教えて下さい。情報
交換しましょう。どの部門か分かりませんが、少しはお役に立てるかと。雪が降ら
ないって、沖縄タイムス? 海外かも。メール、お待ちしてますね。

[4073] ユキ さん(shinamon@fj8.so-net.ne.jp) 2001/01/18 Thu 23:47:37
 ものすごくお久しぶりです。
本間さん、覚えていらっしゃいますか?
ぶあついほこりをぱたぱた払うとうっすら、ぼんやりと
なんとなく思い出されるかもしれませんね。

 やっと卒論を提出できたので、少し専門書以外の本も
腰を据えて読めそうな余裕が出てきました。
ちょうどタイミングよく、村上さんの『シドニー!』
が出ていたので即買ってしまいました。
表紙の青が美しいです。
ひさびさに読書の純粋な楽しみを味わう喜びにうちふるえちゃいそうです。

 冬の空はしんとしていて綺麗ですがここ最近ぐぐっと寒いですね。
本間さんも寒い中、通勤お疲れ様です。
私は4月から、どうやら本間さんと同業者になりそうです。
いや、なる事になりました。でも雪の絶対降らない所です。

 そんな訳で、またぼちぼちお邪魔させていただきます。
今年もよろしくお願いいたします☆

[4072]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2001/01/18 Thu 08:27:47
 おはようございます。いやー、寒いですね。それにしても。

 僕の住んでるあたりでは積雪80cmを超えて、さすがに笑えない状況になって
きました。10数年ぶりの大雪なので、スリップして道の真ん中で立ち往生する車
が後を絶たず、国道も高速道路もほぼストップ状態、JRや私鉄もほとんどまとも
に機能してない状況です。高速バスの中で3夜明かした人もいるほどです。おかげ
でスーパーにも商品がなかなか届かず、A新聞社も配達遅れのお詫びをTVで流
し、小中高校も臨時休校になりました。
 ここ数年は北陸地方もあまり雪が降らなかったので、油断していたようです。J
Rの駅員さんやその他色々なところに文句を言うのは簡単だけど、こういうことも
ありうるんだな、という意識を日常的にもつことも大事なんだな、と思いました。

[4071]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/17 Wed 23:26:51
 OSを変えると、各種ドライバーも更新しなくてはいけないので面倒。

◎沙羅さんへ
 そうですか。子供は雪好きですからね。でも積もると歩道が狭くなるので、結構
危ないんですよ。
 20年先は、私も予測出来ませんが、今と大して変わらない生活しているような
気もします。少なくとも小説と競馬と酒は続けている事でしょう。
 直木賞受賞で、ファンサイトは盛り上がっているでしょうね。

◎茶々さんへ
 どういたしまして。
 村上さんは、結構小説以外の本が多いので、これを機会にあれこれ読んでみるの
もよろしいかと。朝日堂シリーズ辺りから読み始めるのがおすすめでしょうか。
 山本文緒は、ある種の人は確実にはまります。感想のページに作品リストあるの
で、良かったら参考にしてみて下さい。

[4070]茶々 さん(tee_ti_ti@hotmail.com) 2001/01/17 Wed 21:43:05
遅れ馳せながらあけましておめでとうございます+リンクありがとうございます。
この間「遠い太鼓」を読んで、いたく感動しました。
今まで、村上さんのは小説しか読んだことなかったんですけど、
エッセイ(旅行記?)も面白い、とかなりはまりました。
山本文緒さんの本、読んだことないんですけれど
直木賞受賞なら読もうかな。


[4069]沙羅 さん(so_dyu@f7.dion.ne.jp) 2001/01/17 Wed 19:06:32
 こんばんわ。さっき粉雪が散ってたけどなかなかこちらでは子供の喜ぶような雪
は降らないようです。

 山本文緒さんの「落花流水」読み、その波乱万丈な生涯にクラクラと眩暈が起き
そうでした。落ちついたタイトルからは想像しかねるジェットコースターみたいな
お話でした。私は10年先ぐらいの未来は予想できても、20年先なんてとんでもない
です。想像したくもないって心境かな・・・。
 新聞で「プラナリア」直木賞受賞を知り、驚きでした。候補だけでも嬉しかった
ので。ファンサイトの掲示板を覗くとファンからの祝福の投稿がいっぱいでした。
  



 




[4068]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/16 Tue 23:55:49
 昨日も今日も多分明日も真冬日。最高気温が氷点下というのは辛いです。

◎NEOさんへ
 重松清は、ようやくの受賞ですね。3回目か4回目のノミネートだったよう
な。山本文緒の受賞は嬉しいけど、これで取るなら、他の作品でという気がし
ないでもないです。天童荒太は宮部みゆきパターンになりつつありますね。い
つか取るとは思います。
 一方、芥川賞は私もさっぱり分かりませんでした。

[4067]NEO さん(PXF04304@nifty.ne.jp) 2001/01/16 Tue 21:17:09
直木賞決まりましたね。
重松清と山本文緒、超順当ですね。このまま天童荒太は直木賞と無縁でいきそうな
気がするのはわたしの気のせいかしら? 『永遠の仔』が直木賞をとれなかった時
点で、直木賞との相性が決まったような気がする...。
芥川賞は名前も知らない人たちでした。文学も奥が深い。

[4066]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/16 Tue 00:19:05
 冬たけなわです。

◎スーさんへ
 お帰りなさいませ。きっと午後は眠くなった事でしょう。
 何というか、その話には「上下巻を読む時は順番に気を付けよう」という教
訓が感じられます。そりゃ下巻から読み始めたら分かりませんって。
 重いけど得る事も多い本なので、ぜひ再挑戦してみて下さいね。

◎アキさんへ
 吉川賞はミステリー作家に贈られる事が多いので、他にも新保裕一、馳星周
に帚木蓬生なども受賞してますね。確かに豪華ラインナップです。
 私が新人賞を好きなのは、やっぱりデビュー作が読める、という事に尽きま
すね。まだ評価が確定していない作家を読むというのは、いい感じです。

◎なみぞうさんへ
 それはご愁傷様でした。長生きされたんですね。
 それにしても9人の子供がいるというのは、凄いですね。最近はなかなかそ
ういう話聞きませんし。小説がきっかけでも何でもいいですが、時々は思い出
してみて下さい。残った者が出来るのはそれ位だから。

◎ぶるーうさんへ
 そちらも凄いですか。こちらも仙台で根雪になったのなんて初めてです。お
かげで、昼休みサンダルで昼食食べに行くのが、危険で仕方ありません。
 ディックのは「ブレードランナー」の原作ですね。私も中二の時に読んで、
1/3位はよく分からなかった記憶があります。一方、「ハイ・フィデリテ
ィ」はいいですよ。ぶるーうさんは音楽好きだから、気に入るかと。

[4065]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2001/01/15 Mon 19:31:36
 こんばんは。雪かき一直線の、ぶるーうです。

 それにしても、雪すごいですね。おかげで歩行者も車もみんなつるつる滑ってて
すごい光景です。信号もほとんど意味なしです。でもドカ雪が降ると、市民の間に
あたたかな連帯感が出ます。そういうところが好きだったりします。

 そうそう、ひさしぶりに海外SFものを読みました。P・K・ディック「アンド
ロイドは電気羊の夢を見るか?」です。SFなので、すこし古さは感じましたが、
それでもいろいろ考えさせられました。

 本間さんお勧めの「ハイ・フィデリティ」という小説は知りませんでした。今日
ちょっと本屋で見てたら面白そうだったので買いました。感想はまた読んでから書
きます。それではまた。

[4064] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/01/15 Mon 10:59:06
こんにちは。先週、うちの祖母が89歳で亡くなりました。心にぽっかりと穴が
空いて、ノルウエイの森を再読しました。ワタナベ君て、強い人だったんですね。
生きている者が死者の分まで、生きて幸せにならなくてはならないんだ、て思いま
した。私は、9人の子を産み、13人の孫と10人のひ孫に囲まれ、うちの母に「世話に
なったね。ありがとう」といい、医師にも、手を合わせ、天国へ旅立ったうちの祖母
を誇りに思います。

[4063] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/01/14 Sun 00:44:57
こんばんは。賞って確かにビミョウなものですね。まず数が多すぎるし。
私のほとんど唯一無二のお気に入り文学賞は<吉川英治新人賞>です。
他は賞をとってようがベストセラーだろうが、あんまり関係ないのですが
吉川英治賞だけは「じゃあ面白いのかな」と思ってしまいます。だって受賞者が
浅田次郎・中島らも・山本文緒・・・と好みのド真ん中なんですもん。買うさ。
いわゆる吉川モノは読んだことないんですけどね。では。

[4062] スー さん(sugako@yutopia.or.jp) 2001/01/13 Sat 22:51:13
 今日、旅行から帰ってきました。もう仕事を頑張っている方もいるでしょうが、
私は月曜日から頑張りまーす。休みボケをしそうですが。
 さて、かっこうさんが読まれたという「心臓を貫かれて」ですが、何かの本に村
上さんが「ぜひ読んでほしい」と書いていたので、私も読もうと思っていました。
(翻訳ものは、私には読みづらく、ほとんど読んでいません。)
でも、家にいても進まず、旅行にこの本だけ持っていけば、絶対読むだろうと自分
を追い込んでみました(?)。しかし、本を読む間もない日程で、帰りに絶対読も
うと文庫本「上」をバックに入れました。しかし、いざ見てみたら、なんと「下」
の本を入れていて、仕方なく「下」を読み始めました。でも、意味が分からなく途
中で放棄しました。ということで、一体いつ完読するのか分かりませんが、今年こ
そ読めるといいな、と思っています。
 「心臓を貫かれて」を読まれたみなさん、とても立派です。ぱちぱち。
 


[4061]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/13 Sat 01:28:28
 キングの「スタンド」読みたいなあ。

◎Setyさんへ
 私の場合、実家にいると妹の子供がいるので、落ち着いては読めないけど、気合
いで読んでました。
 瀬名秀明は、「八月の博物館」で一皮向けたと思います。物語が好きな人には向
いているかと。「Mr.クイン」は、読んで損はないでしょうね。

◎かっこうさんへ
 「心臓を貫かれて」完読されたのですね。言われる通り、ずっしりと来る本です
よね。家族とか血の繋がりって何なんだろう、と宿題を出された気分です。
 「夏への扉」は、よくオールタイムSFベストに選ばれる名作です。猫のピート
(でしたっけ?)がいい味出してます。
 陽子さんのは多分品切れでしょうね。本屋で見たことないので。

◎海王星へ
 それぞれ、お気に入りの賞がある反面、きっと気に入らない賞もあるよね。私の
場合だと横溝賞が信用出来なかったけど、最近はそうでもないかも。あと河出の賞
も信用出来ない。

[4060]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/01/12 Fri 23:30:05
言葉足らずだったようで、すみません。
文学賞を軽視しているわけではないのです。
私も、山周賞などは楽しみにしています。
いろんな賞があって読書の参考になるということが、言いたかったのかも。
それでは。

[4059] かっこう さん(cuckoo@os.xaxon.ne.jp) 2001/01/12 Fri 22:03:21
 おひさしぶりです。
『心臓を貫かれて』を読みました。ぐっと胸にくるというよりは、ずっしり
とお腹にこたえる本でした。
 そのあとすぐにハインラインの『夏の扉』を読み始めたら、ビュンビュン
読めてしまうのでびっくりです。
『心臓を〜』が面白くないとか、読みにくかったというわけじゃないんです
が・・・。

 今年は、これまでに途中で読むのをやめて放り出したままの小説を片っ端
から片づけていこうと思っています(『カラマーゾフ』とか)。

 ところで陽子さんの『風のなりゆき』(リブロポート)はもう絶版なので
しょうか?
 数年前に見かけたきりなんですが・・・。あの時、買っておけば良かった
な。


[4058] Sety さん(sety@earth.co.jp) 2001/01/12 Fri 02:50:01
お久しぶりです.
年末年始はあまり読書ができなくて少々残念でした.
もっと暇だと思っていたんですけど,
実家だとどうも集中できなくて.
実家から帰ってきてからはまた以前のペースに戻ったのですが,
もうすぐ試験期間にはいるのでちょっと憂鬱です.
お正月は瀬名秀明の「BrainValley」を読んでました.
僕は理系の人間(学部は瀬名さんと同じ)なので,
内容の理解にはあまり苦しまなくて,結構面白かったです.
今度は篠田真由美を読もうかな,と思ってます.
その前に森博嗣の新刊読みたいですが.
本間さんの書評みててMr.クインを読んでみたくなりました.
今度捜して読もう.

[4057]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/12 Fri 00:03:42
 せっかく今日晴れたと思ったら、また明日から雪の予報。

◎fmさんへ
 私は個人的に、村上作品は現在第三期であると思うのですが、そういう分け方も
面白いですね。その点は気にして読んだことないですけど、「ねじまき」はそんな
に読みにくかったですか? 消化するのは難しいけど、リーダビリティーは良いと
思いますが。
 長編はいつ出るか分かりません。どんな作品かも分かりませんが、楽しみです。

◎fujiさんへ
 それは隣の隣の掲示板の事ですね。全てが当たりとは言いませんが、「三月」と
「光の帝国」は、自信を持って勧められます。本好きの方には特に。
 「ネバーランド」の文庫化は、あと2年半ほどかかるでしょうね。

◎コンさんへ
 初めまして。
 そうですね、「ノルウェイ」以降に読むとなると、私は「世界の終わりと…」が
おすすめですが、三部作を読んでみるのもよろしいかと。この辺りの順番は、私的
ブックガイドを参照してみて下さい。
 私の読書環境は9割がベッドの上です。寝る前に読むのがほとんどなので。

◎海王星へ
 いや、私は山周賞とサントリーミステリー大賞と新潮ミステリー賞とメフィスト
賞と推理作家協会賞は信用してるよ。
 なぜ直木賞に拘るかというと、いい小説は出来るだけ多くの人に読んでほしいか
ら。この辺りは去年「永遠の仔」の時に何回も書いたので割愛します。
 田口ランディでもいいのだけど、読む人を選ぶような気がするな。もっともそれ
を言ったらこのところの芥川賞全てもそうなのだけど。

[4056]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/01/11 Thu 23:35:16
芥川賞、直木賞について。
本間さん同様、私もいつからか選考委員に疑問を持ち始めたので、あくまで参考程
度に捉えるようになってしまいました。その他の「賞」と名がつくもののすべて、
ミステリもSFも海外も、同様です。あの、筒井康隆の映画になった作品とかのせ
いかも(笑)。「賞」はステイタスだし、もらえればいいとは思いますが・・・。
多分、作家さんは欲しいでしょうし、私も欲しいし。まあ、個人的な嗜好もあるの
で、やっぱり私だったら・・・、ということになりますよね。
と、個人的に考えれば、田口ランディは注目ですね。

[4055] コン さん(lambsy@excite.co.jp) 2001/01/11 Thu 13:01:51
はじめてです。社会人3年目で、いろいろ現実が見えてきました。高校のとき「ノ
ルウェーの森」を読んで、爽快感があったので、いまなにか読みたいのですが、い
い本がありましたら、おしえてください?
あと、このごろ、長文を読むとき、飽きや集中力がなくなるのですが、どういう環
境で読んでますか?
ちなみに、最近、いろんなジャンルの映画を続けてみたのですが、「ファイト・ク
ラブ」が一番考えさせられたりしてよかったです。

[4054] fuji さん(fuji052@hotmail.com) 2001/01/11 Thu 12:02:51
2度目の書き込みです。
みなさんがあまりに恩田陸をすすめているので、
昨日本屋で探してみました。
一番気になったのは「ネバーランド」。
オビに紹介されていた作中のセリフ(これ書いてもネタバレ?)に
かなり魅了されてしまいました。
たった一文でこんなにその本を読みたいって気になるなんて久しぶりです。
でもそれは新刊。
貧乏学生の私としては安い文庫版を待つばかりです。(ないですよね?)
でも「買っちゃえ」って誘惑に負けてしまいそう・・・



[4053] fm さん(nikkun@mvb.biglobe.ne.jp) 2001/01/11 Thu 10:51:22
初めて書き込みます。春樹さんの作品好きな一大学生です。

既にいろんなところで言われていることかも知れませんが、春樹さんの作品に
は二つの系統があるような気がします。

・リアリズム系(ノルウェイの森や、国境の南太陽の西など)
・非リアリズム系(世界の終りや、ネジマキ鳥など)

想像力が不足している僕は、前者の作品の方が読みやすくて好きです。後者も
面白いのですが、読みながらつい考え込んでしまいます。ねじまき鳥は一度挫
折しちゃいました。同様の理由で短編でもリアリズム系が好きですね。(「レ
キシントンの幽霊」の中の「沈黙」や、「神の子供たち・・・」の中の「蜂蜜
パイ」などです。)みなさんはどちらの系統が好みなのでしょうか。

ところで、春樹さんの次回作(長編小説)の刊行予定はあるのでしょうか。でる
としたら上で挙げたうちのどちらの系統なのでしょう。


[4052]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/11 Thu 00:27:41
 新井素子って、何年経っても文体変わらなくて凄い。

◎そらさんへ
 初めまして。
 やはり読む時期とその環境によって、自分にとってのベストは変わりますよね。
私は18歳の時からずっと「世界の終わり」でしたが、最近は「ダンス」に引きこ
まれつつあります。

◎シンジさんへ
 私も芥川賞候補は一作も読んでないので、よく分かりません。直木賞の方は3作
読んでいるのですが、天童荒太は「永遠の仔」で取らせてあげたかったですね、や
っぱり。宮部みゆきの「火車」、志水辰夫の「いまひとたびの」落選以来、私は選
考委員を信用していないのですが、さて結果はどうなるでしょう。

◎アキさんへ
 私は話題性なら岩井志麻子がこのままいってしまうかも、と思ってます。
 賞はあくまで作品に対してですね。ちょっと調べたい事があって、ここ10年の
直木賞受賞作と候補作調べたのですが、いつ見ても私の評価と受賞作が合ってませ
ん。まあ、いいんですけどね、うん。

[4051] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2001/01/11 Thu 00:01:31
こんばんは。さっそく直木・芥川賞の候補作を見てきてみました。
芥川賞、知らない人ばっかりですねー(笑)。なんだかもう却ってスゴイ感じです。
直木賞はかなりムズカシイですが、話題性なら田口ランディ、人にあげるなら
天童荒太、順当なトコなら重松清、という気がしますがどうなのでしょう?
こういう賞は、ノミネート作品に送られるのか、作者に送られるのかがイマイチ
よく分からないので予想しづらいです。しなくてもイイんですけどね。うん。
個人的には山本文緒さんは直木賞より山本周五郎賞をとらせてあげてほしいです。

[4050] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2001/01/10 Wed 22:39:58
芥川・直木賞候補発表されましたね。
芥川賞関連の作品に関しては全く無知ですが、
直木賞候補には好きな作家が揃っているので興味津々です。
個人的には田口ランディか山本文緒に取らせてあげたいところですが、
やはり天童荒太が本命でしょうか?

[4049]そら さん(bluesky@iruka.cx) 2001/01/10 Wed 22:05:08
初めまして。Yahooから検索してやってきました。

最近「TVピープル」を読み終えたばかりです。
村上さんの作品では、やっぱり「ねじまき鳥クロニクル」と
「ノルウェイの森」「羊をめぐる冒険」がベスト3です。
でもこれは結構ころころ変わって「世界の終わり・・・」が
トップにくいこむこともあります。

それでは、また来ます。
失礼しました。m(_ _)m

[4048]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/10 Wed 00:31:34
 1つ書き忘れ。

◎海王星へ
 はい、おめでとう。
 「さらば」は私も結構前に読んだので、あまり覚えてないのだけど、あのシリー
ズは外れがなくて良いよね。御都合主義という批判もあるけど、あの完成度なら私
はそうは思わないし。
 しかし、新刊出ないよね、あの人も。

[4047]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/10 Wed 00:23:53
 芥川・直木賞の候補作が発表になりました。重松清と天童荒太の一騎打ちか。

◎マツさんへ
 私は朝弱いからこの職業に就いたようなものなので、めざましテレビは見たこと
ありません。だからお役に立てませんが、分かる方は、教えてあげて下さい。

◎Yasuyukiさんへ
 初めまして。9年目となると、もう日本より馴染み深いのかもしれませんね。
 「風の歌」は数少ない映像化された村上作品ですが、私も真行寺君枝はいいな、
と思いました。映画そのものはそうは思わなかったですが。彼女が出るシーンでは
彼女ばかり見ていたような気がします。
 「遠い太鼓」を読んで、イタリア辺りに行くと格別でしょうね。

◎なみぞうさんへ
 「ソフィー」は私も半分読んで止まってます。寝る前に少しずつ読み進めるのに
ちょうどいい本ですね。
 「ライオンハート」は売り切れ中でしょう。初めて読むなら、文庫化されている
「光の帝国」集英社文庫、がおすすめですよ。

◎あきらさんへ
 初めまして。
 多分「ピーターキャット」の事かと思いますが、以前ちらっと前通ったときには
何かの店になってました。場所はよく覚えてません。ごめんなさい。

◎tbさんへ
 お久しぶりです。出来るだけオープンなホームページにしようと思っているので
メンバーは確かにすぐ変わりますね。私もなかなか覚えられません。
 「コインロッカー」ですか。何年も村上龍読んでないけど、古本屋にあったら読
んでみますね。また合わないかもしれないけれど。
 日本のその時代の作家は、私もほとんど読んでいません。もうちょっと年取った
ら読んでみようかとは思ってますが。
 さて、「暗黒の塔」シリーズは正直私は好きじゃないです。まだ2作目までしか
読んでないけど、ファンタジーとキングという取り合わせがどうも。1作目だけ買
ってみて試しに読んでみるというのが、おすすめです。

[4046]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2001/01/09 Tue 23:54:21
あけまして、おめでとうございます。ずいぶん遅くなりましたが。
私信、その他お世話になりました。
やっと、我慢に我慢を重ねていた原寮『さらば長き眠り』を読了し、興奮気味で
す。5年間待った甲斐があったというのもです。<って単行本買えよ。でも、文庫
書き下ろし短編もついていて、得した気分です。
ここにくると、読みたい本がいっぱいで本当に困ります。
では、また。

[4045] tb さん(li0319@mail2.doshisha.ac.jp) 2001/01/09 Tue 20:29:50
  こんにちわ、ものすごくお久しぶりです。tbです。
  掲示板に書き込んでいる方々もすっかり様変わりしてしまって、それでも相変わ
らずの盛況で、さすがだなあと思いました。

  年末年始は、星新一さんのショートショートをつまみつつ、エドガー・アラン・ポ
ーと格闘し、『カラマーゾフの兄弟』をまた最初から読み始め、上巻の途中でやめ
たりと、なかなか気ままに本を読んでました。最近読んだ中では、村上龍の『コイ
ンロッカー・ベイビーズ』が、もう、やたらめったら、べらぼうにオモロかったです
。すごく面白かったといってしまうと、土地柄、真情が表現できないので、めちゃ
オモロかった!です(笑)。一方、『愛と幻想のファシズム』は、上巻だけなら『
コインロッカー』と同じくらい面白かったのですが、後半はちょっと義務感で読ん
でました。すみません、村上さん、もとい、ここではちゃんと、龍さんって言わな
きゃですね。

  最近また日本の作家を読むようになってます。芥川竜之介とか田山花袋とか室生
犀星とか萩原朔太郎とか、古臭いのばっかですけれども、やっぱり面白いです。ま
た折りに触れて、ちょこちょこやってきますので、今年もよろしくお願いいたしま
す。

  あ、そうだ。キングの『暗黒の塔』のシリーズが、中古屋でまとめて一冊百円で
売ってたのですが、買い、でしょうか?キング大好きの本間さんに聞きたかったの
です。これが目的で来たのだった。ふふふのふ。では、また。

[4044] あきら さん(sanada@tk9.so-net.ne.jp) 2001/01/09 Tue 19:31:23
はじめまして。村上春樹作品のいちファンです。
現在、勤務地が千駄ヶ谷なのですが、そういえば彼は昔ここで
喫茶店(のようなもの)を営んでいなかったでしょうか。
ミーハーかつ基本的(?)な質問なんですが、場所を知っていたら
教えて下さい。
現存しているのならば一度行ってみたいと思っています。

[4043] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/01/09 Tue 09:30:09
こんにちは。今、ソフィーの世界を読んでます。
哲学て、難しいですね。それから、恩田陸さんの小説にも挑戦したいんですけど、
「ライオンハート」て、どこにもないんですよね。

[4042] Yasuyuki さん(uq8y-uso@asahi-net.or.jp) 2001/01/09 Tue 02:36:27
始めまして。仕事の都合で欧州生活9年目に突入しているYasuyukiと申します。宜
しく願い致します。今はオランダのアムステルダムに住んでいます。

大変充実しているホームページで驚いています。もっとじっくり読ませて頂いて勉
強させて頂きます。

私も皆様同様、彼のファンなのですが、「風の歌を..」の映画を見たのが読み始め
るきっかけです(出演していた真行寺君枝の大ファンだったのです。ビデオは持っ
ているのですがDVDで出たら永久保存したいですね)。私も神戸出身で、高校の先輩
(面識は当然ありません)というのも身近に感じた要因です。作品中で、私の昔の
愛車のプジョー405 Mi16をお褒め頂いていたのも嬉しかったのです(作品名は憶え
ていませんが)。

彼の作品ではヨーロッパの旅行記の「遠い太鼓」を好んで繰り返し読んでます。
ホリデー中に旅先でゆっくりした時に読むのに最適と思っています。

それではまたお邪魔します。ページの一層の充実を期待しております。



[4041] マツ さん(kayom@excite.co.jp) 2001/01/08 Mon 15:57:46
明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。

しょっぱなから質問になってしまいます。
めざましテレビのワールドキャラバンで流れている曲って、
どこかで聞いたことがあるんですが、
「恋する惑星」でしょうか?
すごく好きなんですよー。
フジテレビにメールを出したけど、
ここで聞いたらきっと答えが分かると思いました。
どなたかご存知ないですか?

[4040]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/07 Sun 23:55:47
 久々に仕事したら、だるい。

◎マサコさんへ
 村上さんはどんななんでしょうね。割と、きちんとおせちを自分で作っているの
かもしれません。
 チャットはお疲れさまでした。今時の教習所にはPCまであるんですね。ふむ。
 長編全て未読なんて、とても幸せなので、ぜひ順番通り読んでみて下さい。

◎るいるいさんへ
 私も結構前に、児童文学再読月間を作って、「フランダースの犬」や「赤毛のア
ン」を読んでました。たまにはテーマを作るのもいいですよね。
 さて、藤原伊織ですが、新作が出るごとにその偏屈度が上がっていって、なかな
か面白いです。「テロパラ」より、それ以降の作品の方が絶対におすすめですよ。

◎シンジさんへ
 三部作構想なんですか。なるほど。近い内に読んでみます。読むまでは、ただの
流行作家だろと思っていたのですが、結構当たりで嬉しかったですね。
 数万人に配信しているとかいうメールマガジン、私も読んでみようかと思う今日
このごろです。

[4039] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2001/01/07 Sun 22:31:44
本間さんへ
田口ランディの「コンセント」を読まれたのでしたら
次はぜひ「アンテナ」に取りかかることをおすすめします。
このシリーズは3部作で近々「モザイク」という完結編が
出るそうです。
このテの世界観が嫌いでなければきっとハマると思います。
エッセイや短編は割と軽いノリですが、
これがあの長編を書いた人かと驚くかもしれませんね。

[4038] るいるい さん(t-rie@mkomi.rcast.u-tokyo.ac.jp) 2001/01/07 Sun 18:56:38
本間さん、みなさま、あけましておめでとうございます。
どうぞ今年もよろしくお願いします。

今週は「世界名作文学週間」なので、ドストエフスキーの「罪と罰」を読んでいま
す。「カラマーゾフ」は、、、もうちょっと後かな、、、、。年末は「村上作品一
挙読み返し週間」でしたが、「ねじまき鳥」は今回も私の胃液では満足行く程度に
消化することができませんでした。次々とまわりの景色が流れていくのに、自分は
動いてないような、そんな感じ。まあ、あせらず行きます。

そうそう、藤原伊織の「テロリストのパラソル」を読みました。(本当はSetyさん
おすすめのひまわりの祝祭を読みたかったのですが諸事情により。)でも数ページ
読んで結構衝撃を受けました。村上さんに本当に似てますね。会話や人物、主人公
の基本的スタンスなんか。でも語りたい内容が絞られていたので文章はいたってシ
ンプルでした。普段あまり読まない種類の本でしたが、楽しめました。今度はひま
わりの祝祭、読んでみます。

それでは。東京にも初雪ですが、たいした量にはならないらしいです。私は雪が大
好きですが、東京に降られるとかなり困るのでまあ良かったです。

[4037] マサコ♪ さん(gogo035@hotmail.com) 2001/01/07 Sun 13:31:20
村上氏の今年のお正月は…一体どんなものなのだろう…?
昨年は,回文作り…と物凄いものをやってのけた…嗚呼!
「お雑煮はこんな感じです」と『そうだ〜』にあったけれど…
忘れてしまっている今日この頃です。

昨夜は初めてココのCHATに参加させて頂いてとても楽しかったです。

今私は,教習所のPCから発信していますよ♪
空き時間は使い放題☆なんて良いシステムなんだろう。

そして,村上作品をこう読むと幸せなれる…!と,本間@管理人さんから教わったので
それを参考に,今だ手付かずの小説の世界へと入って行こうと思う次第です♪

それでは,またお邪魔します。

[4036]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/07 Sun 00:02:54
 正月休みも今日で終わり。明日から仕事しよう。

◎なみぞうさんへ
 まだ全然出ていません。今年後半か来年かな、と私は期待しています。
 名古屋は何人か知り合いがいるので、旅行記のページ見てもらえれば分かるとお
り、おととし2回行きました。またその内行くと思いますので、その時にでも。

◎クレヨンさんへ
 こちらこそ、よろしくお願いします。
 私の帰省は、ハードカバー2、文庫2を持っていったのですが、やはり無意味に
重かったです。でも新幹線の中って妙に読書しやすいですよね。空いていれば。
 「世界の終わり」は、どうでしたか? どちらの世界が好きでしたか? あなた
にとっての一角獣の頭骨は何だと思いますか? と、質問責めにしても仕方ないの
で、ゆっくり余韻を楽しんで下さい。

◎ふみおさんへ
 今年はふみおさんにとって、いい1年になるといいですね。
 「またたび」はそうですね。余力で書いた本という感じがします。
 今年は1月に「シドニー!」が、3月に「村上朝日堂wwwの続き」が出るので
それはそれで楽しみですが、長編が出る事を祈ってます。

[4035]ふみお さん(sekifumi@hotmail.com) 2001/01/06 Sat 23:36:45
新年明けましておめでとうございます。
とても久しぶりになりますが新年のご挨拶にきました。

年末、「またたび浴びたタマ」を読みました。
30分くらいで読み終わってしまったのですが…
感想をHPに載せようとしたのですがなかなか文章が浮かんできません。
完璧に遊び心で書いた本という感じですね。
21世紀には村上春樹の作品はどんな方向に進んでいくのでしょうね?
楽しみです。




[4034]クレヨン さん(omsk@maple.yyy.or.jp) 2001/01/06 Sat 17:35:44
本間さん、皆さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、年末年始の休暇は、読みかけの本、
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を
鞄につめて帰省しました。(重かったけど)
おかけで全部読み終わりました!

でも、終わっちゃうとちょっと淋しいですね。
読む楽しみがなくなっちゃうから。

次は何の本を読み返そうかと考え中です。

[4033] なみぞう さん(namizou@mx9.freecom.ne.jp) 2001/01/06 Sat 10:52:58
ごめんなさい。メールアドレス間違えてました(-_-;)
正しくは、mx9.freecom.ne.jp.です

[4032] なみぞう さん(namizou@mx.9freecom.ne.jp) 2001/01/06 Sat 10:48:55
こんにちは。本間さん、すまいるさん、返事ありがとうございました。
すまいるさん>凄いですよね。読むの遅いから倍ぐらいかかりそう・・・。
本間さん>ブックガイドのページで、世界の終わりの続編が出る、ていってみえま
したけど、もう出ましたか?
それから、私は、名古屋に住んでます。オフ会をやる際には、ぜひ、東海地区でも
開催してくださいね(>_<)

[4031]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/05 Fri 20:53:14
 みなさま、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 私は明日まで休みなので、明日こそ去年出来なかった大掃除をしよう。正月気分
も今日までかあ。今日は飲みながらチャットにいますので、夜11時くらいに時間
ある方は遊びに来て下さいね。

◎チロさんへ
 和田誠もジャズに造形深いですからね。同名の曲から取った監督映画「真夜中ま
で」も、今年公開されるはずです。

◎シンジさんへ
 100本近く映画を見るというのも凄いと思いますよ。私は年間50本くらいで
すし。
 私はただ単に好きで読んでいるだけだし、理由も多く読むと傑作に当たる可能性
が高いというだけです。いい本に出会えるといいですね。

◎トンボさんへ
 見つかって良かったですね。聞いてみた感想を教えてもらえると、嬉しいです。

◎スーさんへ
 こちらでは初めてでしたっけ? こちらでもよろしくお願いします。
 弘前も吹雪いている日が多かったですが、久々に津軽弁で存分に話せて、なかな
か楽しかったです。
 「サーフシティ」の続編は3月に出るそうですよ。朝日の広告に載ってました。

◎ぼのさんへ
 私も読んでいる本の2/3ほどは既刊ですよ。既刊にどれだけいい小説があるか
想像も出来ませんし、特に拘らなくても良いのでは?
 私の各ベストは5位くらいまでは、どなたにも安心して勧められます。特に、既
刊の各ベスト5は自信のお勧めです。

◎ツンドラさんへ
 未読が本棚1本ある私は、もうそんな事は諦めてます。読みたい時に再読するの
が良いかと思いますよ。でも「ねじまき鳥」にとりかかると大変なので、私は短編
集を再読する事が多いですね。

◎なみぞうさんへ
 気になる位でしたら、読んでみたらいかがでしょうか。面白さは人それぞれです
し、これがいいきっかけになりますよ。
 私はもうちょっと年取ったら読もうかと思ってます。何となくですが。

◎すまいるさんへ
 仙台は数センチの積雪ですが、冬タイヤ履き替えを放棄した私には致命的です。
今日は歩いて灯油を買いに行きました。
 DVD版「サイダーハウス」は、しかも音が最新のドルビーで出ましたね。ツタ
ヤにでも行って借りてきます。

◎あさこさんへ
 山形新幹線が止まった位ですからね。お疲れさまでした。
 それは、作家とエージェントの手直しの部分の話ですか? 改竄問題は、日本で
も何かと問題になりますが、文章のリズムというのは私はとても大事な問題だと思
います。読み心地に直接関わってくるし。
 もろちん、物語そのものを作った人の作品となりますが、ただそれが悪い方へ流
れ出すのは辛いですね。翻訳でもあるんですよ。クーンツが超訳されたのには、た
だただ辛かったです。

[4030] あさこ さん(kuwano@aob.geophys.tohoku.ac.jp) 2001/01/05 Fri 19:58:53
あけましておめでとうございます。久しぶりに書き込ませていただきます。
今日実家の新潟から、仙台へもどってきたのですが、高速バスが高速を走れず
1日がかりでした。すごい雪でした。

バスの中で、「月曜日は最悪だとみんなは言うけれど」の最初の話を読んで
ました。
わたしはもともと、一からつくり出す才能と、既にあるものを加工する才能は
別物だと思っていたので、なんていうか、作品の核となるところを作った人の
作品ととらえてもいいんじゃないのかなあ、と思いました。
新年からわけわかんないことを書いてすみません。まだ考えてます。

[4029]すまいる さん(pin1973@yahoo.co.jp) 2001/01/05 Fri 17:44:36
本間さんご無沙汰しております。アーヴィングのサイトのすまいるです。遅くなり
ましたが、おめでとうございます。今年もよろしくです。東北地方は大雪だそうで
すね、仙台は大丈夫でしょうか?ところで話は変わりますがアーヴィング原作の映
画『サイダーハウス・ルール』のビデオレンタルが始まったようなので、よろしか
ったら一度観てみて下さいね。映画もなかなかなんですよ。もちろん僕は原作の方
が好きですが。

>なみぞうさんへ
『カラマーゾフの兄弟』に挑戦されるのですか、ふふふ、あれは凄いですよ。っ
て、なんだか無気味ですね(笑)、ごめんなさい。僕が春樹さんの『世界の終わり
と…』に影響されて、数年前に読んだ時には、読み終えるのに2ヶ月くらいかかっ
た記憶があります。読了したときは矢吹のジョーさんのように真っ白な灰になった
気分でした。面白かったか?と問われれば、YESです。


[4028] なみぞう さん(namizou@mx.9freecom.ne.jp) 2001/01/05 Fri 13:48:02
おめでとうございます。2度めのカキコです。
村上さんの愛読書でドスエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」ていうのがあると思
うんですけど、誰か読んだ事のある人いませんか?気になってます。
面白いんでしょうか?

[4027] ツンドラ さん(g-m@watv.ne.jp) 2001/01/04 Thu 10:08:04
おめでとうございます。今日もよく晴れてるのですが、からっ風が強くて大変で
す。

Akikoさん、『外道の条件』はすぐさま買ったのですが、まだ読んでません。その他
は全部読みましたが、日本の現役作家では村上春樹に次いで好きな存在となりまし
た、町田康さん。とにかく屑を最後まで屑として描き抜くとこがいいですね、とっ
てつけたような救いや甘さがない。といって暗くもなく笑えますし。それからあの
神経症的な律儀さは御本人の人柄をうかがわせます(笑)。なにより文体がすごいと
おもいますけど。かっこいいです。INUもいいです。

今年は村上さんの旧作を順にまた再読したいけど、それやると積読の山が片付かな
いんですよね...。でも『1973年のピンボール』だけは年に一回は必ず読んでる
んですね、短さもあるけど不思議です。好きなだけですけど。


[4026]ぼの さん(crucifix9@hotmail.com) 2001/01/04 Thu 04:04:41
明けましておめでとうございます、そしてお久しぶりです。

一年を総括すると、古本ばかり読んでいて新刊をあまり読んでいない1年でした。
本間さんのベストを見ていて宿題がどんどん溜まっていってるなぁと
新年早々、思ってしまいました(笑)今年は、資金の許す限り新刊を頑張って
読みます!!

どうか今年もよろしくお願いします。

[4025] スー さん(sugako@yutopia.or.jp) 2001/01/03 Wed 14:47:12
 こちらの掲示板には、はじめて書き込みします。スーです。
みなさま、あけましておめでとうございます。どんな正月をお過ごしでしょうか。
私の住んでいる地方の天気は大荒れで大荒れで、大変です。
こんな時、全国の天気予報を見て、いつも晴れマークのところがうらやましく
なってしまいます。
 さて、まとまった休みということで、私は本読みにいそしんでおります。
今年、はじめて読んだ本は、
「沈黙博物館」小川 洋子 …私にはだんだん読みづらくなってきてしまった。
「冷静と情熱の間」江國 香織・辻 仁成 …救いのある結末でよかった。
1月には、村上さんの新刊も出るそうなので、とっても楽しみです。
また、「サーフシテイ」の続きもずいぶん待たされているので、早く出るといいで
すね。ただ、ずっと見ていると、目が痛くなるんですけれど。
 それでは、今年もよろしくお願いします。


[4024] トンボ さん(yoichi67@hotmail.com) 2001/01/02 Tue 10:06:14
管理人さん、チロさん、返答していただきありがとうございました。
2のCDはタワーレコードのHPで検索してみたところ、正式なタイトルは
『ポートレイト・イン・ジャズ 和田誠・村上春樹セレクション』
というのだそうです。僕はネットで2枚とも注文しました。来るのが楽しみです。

[4023] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2001/01/01 Mon 23:43:19
あけましておめでとうございます。
 
僕もこのページを訪れるようになってから
本間さんを真似て観た映画や読んだ本の感想記録を
つけるようになったのですが、
去年は100本近く映画を観たのに対して、
読んだ本はまだまだ50冊程度でした。
うーん、まだ1週間に一冊程度か・・・。
本間さんの域に達するまでにはだいぶ時間がかかりそうです(笑)。
今年は昨年以上に乱読に磨きをかけようと思うので
皆さんからのいい本の情報を楽しみにしています!
今年もよろしくどうぞ!!

[4022] チロ さん(c-kimoto@syd.odn.ne.jp) 2001/01/01 Mon 22:50:52
明けましておめでとうございます。2度目の書き込みです。
トンボさん、はじめまして。
2の「ポートレイトインジャズ」ですが、ヤフーで検索したところ確かにポリドー
ルから“同名タイトル”で出ているみたいです。表紙も和田誠さんのイラストで。
実際に実物を見たわけではないので断言は出来ませんが、一度CD屋さんで聞いて
みたらいかがでしょうか?(結構色々と調べてくれますよ)
私も「ポートレイトインジャズ」を読みながらこのCDが聞きたくなってきたので
行きつけのCD屋さんが営業を開始したら調べてもらうつもりです。
上手く見つかると良いですね。


[4021]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2001/01/01 Mon 11:58:06
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。出してない年
賀状のケアしてから、実家に帰省します。

◎るいるいさんへ
 そのような感情は、会社に入るとまた格別です。「こんな人って本当にいたのか
」という方は、確かにいますね。派閥とまでもいかないけど、小説のような事もあ
るし。私はお気楽会社員なので、そういうのを見ているのは楽しいです。
 何回かここでも書いたと思うけど、ある時期に読むいい小説は、後々まで影響し
ます。学生の内に、いい小説をたくさん読んで下さいね。
 それでは、その太宰が高校時代を過ごした弘前へ帰省してきます。

◎トンボさんへ
 初めまして。
 1はまだですね。そろそろだと思うのですが。
 2は、私も分かりません。CDの検索サイトで、検索かけてみると良いかと思い
ます。

◎おまけ
 今日の朝刊の広告に、文春のがあって、見た方も多いと思いますが、村上さんの
エッセイ(多分)新刊「シドニー!」が1月刊とありました。楽しみですね。
 東野圭吾の新刊は3月だそうです。こちらも楽しみ。

[4020] トンボ さん(yoichi67@hotmail.com) 2001/01/01 Mon 05:08:42
どうもはじめまして。
まだ村上さんのことを知ってから日が浅く、
発行物の事に関してわからないことがあるので教えてください。
1.『スメルジャコフ対織田信長家臣団』は既に発行されているのですか?
2.村上朝日堂のホームページのコーナー、村上ラヂオで村上さんが
 『ポートレイトインジャズ』にでてくる曲を集めたCDがソニーとポリドール
  から発売されているとおっしゃっていましたが、アルバムのタイトル
  は何ですか?
もし、ご存じの方がいらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします。
  

[4019] るいるい さん(t-rie@mkomi.rcast.u-tokyo.ac.jp) 2000/12/31 Sun 17:50:33
こんにちは。今年もあと少しですね。
>Setyさん
どうもありがとうございます。早速本屋で探してみますね。年始年末は比較的まと
まった読書の時間がとれてうれしいな。

>yuaさん
私の場合は長い学生生活があと一年で終わります。憂鬱です。(yuaさんの憂鬱とは
違いますが。多分。)
私も本間さんのように早く大学生になりたかった記憶があります。`大学生`は予
想とは少し違ったけれど、それでもかなり面白かったです。「高校生まではほんと
に楽だったなあ」と思う事もあったけど。意志決定の必要が無いから。でもとにか
くあんなに多くの種類のモノ(人、物、考え方)に接する事ができるって楽しいで
すよ。本を読んでて「こんな奴いないって」とか思ってたような人が平気でいたり
する。
ちなみに高校時代は太宰にはまってました。今読むとうーんと思うところも多々あ
りますがやっぱり文章が生きていてすごいなって思います。

本当は興味のある本かたっぱしから読んでいきたいのだけれどそんな時間も無く、
皆さんのこの掲示板でのお話、ランキングは参考になります。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を。

[4018]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/12/31 Sun 11:05:21
 昨日社員食堂が休みのため、空腹で会社で飲んでいたら(年末だからビールと日
本酒があった)、今日は9時に目が覚めました(お腹が空いて)。夜勤の時、朝起
きるなんてすごく久しぶり。このまま大掃除に突入しようかな。しかし、ようやく
今日で仕事の日々が終わる。明日から6連休。嬉しいな。

◎fujiさんへ
 はい、初めまして。
 そのCMを知らないのでイメージ湧かないのですが、そういう結びつきってあり
ますよね。私ならなんだろうな。うーん、fujiさんのような映像バージョンで
は、ぱっと浮かばないですね。引っ張った割に出なくて、ごめんなさい。
 来年もいい年になると良いですね。

◎ぴぴさんへ
 私は素敵な方はともかく、小説の方は、なかなかいい一年でした。
 ぴぴさんも、来年もいい一年になるといいですね。私はこれで、21世紀に残し
たいこの何とか、という特集を見なくて済むと思うとほっとします。だって、あな
たは100年生きていたのかと、突っ込みたくなるので。
 ホームページ見ました。素敵な感じですね。年始バージョン楽しみにしてます。

◎ツンドラさんへ
 私と読書範囲が被っているようで、被っていないですね。もっとも、読書範囲が
全く一緒の人なんて、いないのでしょうけど。
 何にせよ、来年もいい小説に出会えるといいですね。私の場合だと、早速1月に
北村薫の時三部作三作目が出るそうなので、期待大です。

◎Akikoさんへ
 「翻訳夜話」ですね。私も結構好きです。創作と翻訳の違い、という点で村上さ
んの考え方が分かったのが特に興味深かったです。
 再読すると、そうなりますよね。ある程度時間を置くと、視点が変わるというの
も面白い感じです。年に関しては、自分のベースとなる部分は、そんなに変わらな
いですよね。私は31ですが、大して成長しているように思えないし。多分、40
になろうが50になろうが、そう思っているのかもしれません。

◎おまけのあいさつ
 今日は天気いいですね。仕事さえなければ、ビールでも飲んで昼寝したいところ
です。
 今年はわりと本も読めたし、引っ越しもしたし、人事異動もあったし、他にもい
ろいろあったし、と面白い事も落ち込む事も何かとあった一年でした。
 確か今年はホームページに村上作品の感想をもっと充実させる&はしご酒は3軒
で止める、という目標だったような気もしますが、どちらも果たせませんでした。
来年こそは頑張ります。
 今年一年、前から見てくれた方も、新しく来てくれた方も、遊びにきてくれてあ
りがとうございました。また来年もぼちぼちと更新しますので、よろしくお願いし
ます。

[4017] Akiko さん(kasuya@nmao.go.jp) 2000/12/30 Sat 21:49:52
ツンドラさん、『きれぎれ』挙げて下さっていて嬉しい、『外道の条件』は読
まれましたか?ちゃらんぽらんな様でいて、妙に律儀な所がまた、いいですよ
ね。

春樹さんは翻訳について出た本がとても面白かったです。長篇、楽しみだな〜
。つい数日前に『ノルウェイの森』を読み直したばかりです。次は『ダンス・
ダンス・ダンス』だ〜!久しぶりに読むと、また新たな読み方ができて新鮮で
す。前は直子ちゃんとかミドリちゃんに感情移入していたのに、何といつの間
にかレイ子さんの年に近くなっていて愕然・・ちょっと年寄じみ過ぎてないで
しょうか、レイ子さん!?(自分ではそんなに年だという感じがしないので、
ちょっとびっくり)。

[4016] ツンドラ さん(g-m@watv.ne.jp) 2000/12/30 Sat 18:36:08
 こちらのメインの掲示板にははじめて書かせていただきます。
 で、お言葉に甘えて今年読んだ本のベストなど。今年出たものではなく、あくま
で今年読んだ本ですが。活字作品では、以下の本にやられ、痺れました。順不同で
す。

1『この闇と光』服部まゆみ 
2『ポストオフィス』C・ブコウスキー
3『短歌という爆弾』穂村弘
4『きれぎれ』町田康
5『またたび浴びたタマ』村上春樹
6『カラフル』森絵都
7『異形家の食卓』田中啓文

 4は表題作より「人生の聖」、かつてこれほどに馬鹿馬鹿しく切々と哀しい文学
があっただろうか、ぶちきれたイマジネーションが堪能できます。5は今年出た村
上さんの中でいちばん好きです、『神の子ども』でなくてすみません。7も想像力
の極北、ただしグロテスクな描写に耐性のある人向け。

 では、本間さん、みなさん、来年もどうぞよろしく。それから村上春樹さんに感
謝の雨を。





[4015]ぴぴ さん(sweet@redbit.ne.jp) 2000/12/30 Sat 18:15:19
ご挨拶です。
今年もたくさんの素敵な方、素敵な小説に出会いました。

どうかみなさん、よいお年を。
ウチのTOP期間限定年末バージョンにしています。
よかったら見てね。

本間さん来年もよろしくお願いします。

[4014] fuji さん(fuji052@hotmail.com) 2000/12/30 Sat 17:35:05
はじめまして。
メアドを手に入れたので待望の初書き込みさせていただきます。
いきなりですが皆さんの企画に便乗させていただいて・・・
今年変に印象に残っているのは再読した「TVピープル」です。
日立(東芝?)のTVのCMに出てくる宇宙人を見た瞬間、
「あっ、TVピープルだ!」とおもって、すぐに再読しはじめました。
あの宇宙人を想像しながら読んでみるとその姿が妙にしっくりきて、
私の中ではちょっと奇妙でシリアスな話だった「TVピープル」が
なにかコミカルで現実感のある話になってしまいました。
それ以来あの宇宙人以外のTVピープルは想像できません(笑)
くだらない話ですみません。
またお邪魔させていただきます。
来年もいい本といい友人に出会えますように。


[4013]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/12/30 Sat 14:52:59
 今年のカウンタダウンもあと2日。出社までの3時間の間に何とか更新したいと
思います。

◎ういすけさんへ
 お休みに入ったのですね。ごゆっくり休んでください。
 今年のベストは「ねじまき鳥」ですか。私のベストは、今から読書録ソートして
更新します。
 今年はホームページを作られたり、色々変化があったかと思います。来年もいい
年になるといいですね。

◎アキさんへ
 掲示板に書いて下さったんですね。後で引用します。他のみなさんも、今年のベ
ストなどあれば、このような形式でぜひどうぞ。日記の方に引用します。
 司馬遼太郎に限らず、歴史小説はちょっと躊躇しますよね。少しだけ読んで、面
白いのは知っているだけに、読む比率が増えそうで。私は40過ぎてからにしよう
かな、と漠然と思ってます。
 アキさんも、来年は良い1年になるといいですね。

◎ぶるーうさんへ
 いいですね、掃除。私は元旦、帰省する前にぱぱっとする予定です。
 「耳をすませば」って、昔見たなあ。図書館の貸し出しカードがどうこうって映
画ですよね。その挙げられた本の中では、私は「キッチン」がベストでしょうか。
初期の吉本ばななは、確かにいい小説書いてました。親しい人を喪った喪失感から
の再生、というテーマはいつも同じだけど、それでも良かったですね。
 ぶるーうさんも、良い1年になるといいですね。

◎チロさんへ
 初めまして。パソコン買われたんですね。小説好きにとっては、作家オフィシャ
ルホームページもたくさん出来たし、wwwはなかなか面白くなってきましたので
楽しんで下さい。
 恩田陸は、今年1年一番頑張った作家かもしれません。気に入っていただけて何
よりです。「上と外」の続き、楽しみに待ちましょう。
 それでは、チロさんも良い1年になるといいですね。

[4012] チロ さん(c-kimoto@syd.odn.ne.jp) 2000/12/30 Sat 13:41:11
はじめまして。いつも楽しく皆さんの書き込み拝見してます。
今まで会社のホームページからこそこそと読んでいたんですが、
最近やっと自分のPCを購入しまして、めでたく掲示板デビューとなりました。
本間さんのおかげで今年は恩田陸という素敵な作家に巡り会えたので(ここの掲示
板を拝見するまで全然知らなかったんです)、一言お礼を言いたくて。
年末はずっと読みたかった「ネバーランド」を一気読みするつもりです。
あ〜楽しみ!
それでは皆様お体に気を付けて、良いお正月をお迎えください。

[4011]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2000/12/30 Sat 09:09:56
 おはようございます。昨日は朝から夕方まで家の掃除に明け暮れた、ぶるーうで
す。

 さて、個人的に今年いちばん感動したのはスタジオ・ジブリの「耳をすませば」
というロマンチックなアニメ映画だったのですが(笑)、それはそれとして、今年
最後の書き込みということで、印象にのこった本をいくつか書きこませてください
ませ。

芦原すなお「青春デンデケデケデケ」
村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」
吉本ばなな「キッチン」
中島らも「今夜、すべてのバーで」
ジョン・アーヴィング「ガープの世界」
梁石日「修羅を生きる」

以上です。ぜんぜん2000年的じゃなかったですね(笑)。とくにはじめの3冊
はページをめくった記憶がないほど入り込んでしまいました。最後の「修羅を生き
る」は父親の描写に異様な迫力があって不思議な本でした。

 さて、来年の正月は今年と同じく山田風太郎の忍法帖を読みながら面白おかしく
過ごす予定です。
 皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。それではまた来年。

[4010] アキ さん(aki-room@mvc,biglobe.ne.jp) 2000/12/30 Sat 00:43:35
こんばんは。
いよいよ年の瀬というコトで、本好きらしく『今年読んだ本ベスト』などを考えて
みました。(ただ私、新刊を軒並み読むタイプではないので「今年出た本ベスト
5」と「今年読んだ本ベスト10」という配分でイカしていただきます。)
では、自己チュースイッチON♪

■今年出た本ベスト5
 1、ネバーランド (恩田陸)
 2、神の子どもたちはみな踊る(村上春樹)
 3、ALONE TOGETHER(本多孝好)
 4、GO     (金城一紀)
 5、象と耳鳴り  (恩田陸)

■今年読んだ本ベスト10
 1、三月は深き紅の淵を  6、神様のボート
 2、紙婚式        7、永遠の仔
 3、光の帝国−常野物語− 8、もう消費すら快楽じゃない彼女へ
 4、眠れるラプンツェル  9、プチ哲学
 5、ぼくがいつか見た部屋 10、ドンキホーテのキッス

今年の読書テーマが、ここ数年の気になってたけど読んでない本を洗い直す、と
いう感じだったので「何で今これを読むの?」というモノも多数含まれてますね。
そして私にとっては、意外とエッセイの当たり年でした。
それにつけても2000年は、前半は山本文緒・後半は恩田陸にやられました。
どちらも当分断筆・絶筆にはなりそうにないので安心して未読本を制覇してます。
るる。21世紀は禁断の果実・司馬遼太郎に手を出そうかと思っていますが、
それより目を休めてあげるべきかしら・・・。う〜ん。
本間さん、今年もお世話になりました。来世紀もよろしくお願いします。

[4009] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 2000/12/29 Fri 21:56:55
こんばんわ。
年末休暇に突入し、明日にはネット環境のない実家に帰省するので、
年末のご挨拶に伺いました。

20世紀最後の年。今年で一番思いで深い本は「ねじまき鳥クロニクル」
最後に読む本はこの調子だと、桐野夏生になりそうです。

本年も、こちらのホームページにはたびたびお世話になりました。
本間さん、皆様ありがとうございました。
来年もまた宜しくお願い致します。それでは。
よいお年を!

[4008]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/12/29 Fri 01:28:26
 今日こそ「ライオンハート」を読もう。

◎むしくぼさんへ
 ご丁寧な挨拶、恐れ入ります。
 村上ファンは、きっと周りにもいるのでしょうが、ひっそりとしているので分か
らないだけでしょう。多分。
 作品人気投票など、各種企画もしていますので、ぜひご参加下さい。

◎るいるいさんへ
 私は色々な人に初めて読んだ村上作品について聞いてきましたが、「世界の終わ
り」は珍しいですよ。二つの世界が交互に語られる、という多重構造に加え、やや
象徴的な描写が多いので、必然性を求めると結構悩むかもしれませんね。でも考え
させられる小説というのは、結構貴重なのです。
 レスについては、なかなか更新出来ないので、せめてここくらいは。

◎Setyさんへ
 男女差については、それくらいシンプルな世界になるといいですね。やっぱり、
これはちょっとという描写も多いですよ。せっかくですから、その彼女に船戸の描
写でどこが引っかかるか、聞いてみれば良いかと。男性の視点と女性の視点の差が
分かります。その後は上野千鶴子辺りを読んでみれば万全ですね。

◎海王星へ
 なるほどね。ただ、読後感を言葉にするのって結構難しいんだよね。その会場で
もきっと、言葉にならない思いを伝えたかった人はいると思う。
 本は読みたい時に読みたいものを読めばいいので、ジャンルは気にしなくていい
と思うよ。

◎なみぞうさんへ
 初めまして。しかし、周りに読者がいないという意見多いですね。何というか、
私が思うに、本好きの人は読む本ばらばらだけど、最大公約数的作家に村上さんは
入っていると思うのですが。他には宮本輝とか宮部みゆきとか高村薫。だから、本
好きの人を見つければ、話は早いと思いますよ。
 もてる問題については、「ダンス」だとユキに今までデートした子を聞かれて、
15人ほどと答えてますね。さて、これは多いか少ないか微妙かも。

◎yuaさんへ
 私なら、課題図書と言われても、自分の読みたい小説を読むだけで無視しますが
きっかけという点ではいいかもしれませんね。大体、国語って文学の味わい方なん
て全く教えてくれないし。
 大学生のなる時ですか。早く大人になりたかったですね。こぢんまりとした世界
で生きている高校生なんてうんざりだったし。

◎シンジさんへ
 ええ、読みましたよ。本当は文学書きたいんだろうけど、デビューの間口を考え
てミステリーデビュー、という感じがありありでした。良い悪いの問題じゃなくて
文学とSFは、今は本当に売れないですからね。
 最新作も悪くはないですが、もう少し自分の色が前面に出てもいいような。

◎沙羅さんへ
 大掃除されたんですか。羨ましいです。その長編と短編が何になるか、興味あり
ますが、いい本でしたら良いですね。
 村上さんはもちろん、その二人の作家に出会えて良かったですね。来年も新たな
作家との出会いがある事でしょうし、いい年になればいいですね。
 沙羅さんも良いお年を。

[4007]沙羅 さん(so_dyu@f7.dion.ne.jp) 2000/12/28 Thu 19:30:35
 こんばんわ。懸念の大掃除も一段落でホッとしています。
 20世紀最後に読むつもりの短編と21世紀最初の長編を何が良いかなぁと思案中で
す。この2冊は明日書店で購入の予定でとても楽しみです。

 今年は、村上春樹氏、山本文緒さん、宮部みゆきさんというお気に入りの作家の
作品を読む中にアナザーワールドに浸れる至福な時間をいっぱい持つ事ができまし
た。 私にとっては穏やかな良い一年であったような気がします。

 来年もまたよろしく御願いします。
 本間さん、ここに集う皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください。



[4006] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2000/12/28 Thu 15:12:40
こんにちは。
本間さん、本多孝好読まれたんですね。
「MISSING」では「瑠璃」も好きですが
「祈灯」も気に入っています。
今後の作品が非常に気になる作家の一人です。

[4005] yua さん(yua@cat.zero.ad.jp) 2000/12/28 Thu 13:03:46
  こんにちわ。二度目の書き込みです。
課題図書といっても膨大な量なので村上さんだけではありません。(数を書いちゃ
うと学校がバレてしまうので・・・)ちくま新書とかいっぱいあります。その中で
は村上さんと漱石さんの小説が自分にピタリと合いました。
 村上さんとは全然関係ないのですが、僕は春になると大学生になってしまいま
す。なんか憂鬱です。勉強が嫌いなわけではないのですが。本間さんや皆さんは大
学生になるときとか17から18になるとき、どんなことを感じましたか?


[4004] なみぞう さん(namizou@mx.9freecom.ne.jp) 2000/12/28 Thu 09:58:58
はじめまして。春樹さんの作品をよんで、5年程になりますが、周りに理解者が全く
いないため、誰か語れる人はいないだろうかともんもんとしておりました。当ホー
ムページを見つけ、お友達になれる人はいないか、とお便りした次第です。最近、
世界の終わりとハードボイルドワンダーランドを読みました。思うのですけど、
なぜ、春樹さんの小説には、もてる男の人ばかり、主人公なんでしょうか?


[4003]海王星 さん(yumeya@moon.co.jp) 2000/12/28 Thu 03:13:47
課題図書といえば、高校時代、市の高校生の読書会というものがあり、参加した記
憶があります。テキストは『遠い海から来たCoo』だった。このときは、いろん
な解釈があることを、いろんな人から直接に聞き、有意義だった気がします。
現在は、超乱読中。暇があったら覗きに来てくださいね。

[4002] Sety さん(sety@earth.co.jp) 2000/12/28 Thu 03:04:06
下のカキコで題名を間違えてしまった.
「風の歌を聴け」が「声」になってた.うぅ〜・・・.
実はこれ結構間違えるんです・・・.

連続で書き込みしてすいません.

[4001] Sety さん(sety@earth.co.jp) 2000/12/28 Thu 02:59:05
実家に帰省しました.
実家でもネットができる環境なのはありがたいです.
でも自分のPCのFDドライブがクラッシュしてて,
HPの更新ができないのが哀しいです.
ISDNじゃ僕のPCは接続できないし・・・.
しかも読みたい本も家に置き忘れてきたりして,
何だか良いことのない日でした.
こっちで本調達しないとなー.

>本間さん
藤原伊織が最近仕事をしている,
ってのはかなり嬉しい情報です.楽しみです.
ってその前に既刊の分は全部早く読みたいなぁ・・・.
あと,以前に女性の知り合いに船戸与一の「猛き箱舟」を貸してみたら,
思いのほかかなり良い感じの感想がかえってきました.
それ以来彼女は船戸与一にはまってしまったそうです(笑)
ジャンルに関係なくやっぱり「良いなぁ」と思える本は,
男女差がないのかなぁ,と思った出来事でした.

>るいるいさん
藤原さんは「テロリストのパラソル」が有名な本だと思います.
乱歩賞と直木賞をW受賞した作品です.
僕は地の文だけじゃなくて,
会話のテンポみたいなものも村上さんに似ているなぁ,と感じました.
一度機会があれば読んで欲しい作家さんです.
個人的には講談社文庫から出てる「ひまわりの祝祭」が好きです.
ちなみに僕は春樹さんは「風の声を聴け」からはいりました.
とりあえず最初はデビュー作からかな,って感じで.

>yuaさん
僕は高校時代に読んだ本だと,
綾辻の「時計館の殺人」がなぜか印象に強いです.
あれ読んで以来ミステリィと読書にはまりました.
でもホントに読書にはまり出したのは森博嗣の,
「すべてがFになる」を読んでからかなぁ・・・.