現在の掲示板へ戻る

[3600] クレタ さん(abiko007@f2.dion.ne.jp) 2000/08/30 Wed 21:18:01
お陰さまで、回文集を入手できました。ありがとうございます。
てっきり27日の発売だと勘違いした私。市内の書店を探し回ってしまいました。
それにつけても、村上春樹のお正月は、回文三昧だったようですね。
お陰でとても楽しい一冊になっています。
回文もさることながら、それにまつわるエッセイも素敵ですね。
本間さんは読まれました?



[3599] つらら さん(kumokari@bmail.plala.or.jp) 2000/08/30 Wed 19:34:55
こんばんわ。今日は、夕焼けが真っ赤でした。そういうのを見ると、一瞬だけ穏や
かになれます。。
本間さん、きのうはありがとうございましたぁ。今日、本屋さんに行ったけど、恋
愛中毒は、見つかりませんでした。。。明日また探すとしましょうか。。。
ところで、こんなお話の短編小説、どなかか知りませんか?思い出せなくて、でも
読みたくて・・・。恋人(男性の方)が実は二重人格者で、その隠れた人格という
のが乱暴者なのだけれど、彼女の方はしだいにその乱暴者のほうに惹かれていって
しまい、それが真の人格者にもばれてしまうのですが、最後には、二つの人格はひ
とつになって、めでたし!といった感じの短編です。たぶん、翻訳されたものだっ
たような気はするのですが。。。その乱暴者は、よく彼女のことを、がみがみちゃ
んと呼んでたのは、よく覚えてるんですけどね。(笑)こんなんで分かったという
方がいらしたら、うれしいです。教えてくださーい。
では、では。

[3598] shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/08/30 Wed 00:31:33
 本間さん、みなさんこんばんは。
最近、硫黄のにおいが本当にします。

 今日、本屋さんで、マタタビ浴びたタマを見つけて、
さっそく買って帰りました。
長編のいい気分転換なのかしらと思っていたら、
あとがきで、息抜きどころか頭の中いっぱいにして
全力で取り組んでいたらしいことを知りました。
長編を首を長くして待っているのですが、でも素敵です(笑)。

 永遠の仔について。
原作を先に読んで映像になったものを観ると、
いろいろとあらが気になってしまうことが多いのですが、
今回は逆で、ああ、こういうことだったのかって、とても楽しいです。
ドラマ自体もよかったのでなおさらです。
こういう楽しみ方って、わたしにとって初めてな感じがします。

[3597]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/29 Tue 23:36:04
 ゲームのやりすぎで眠い。子供か、私は。

◎takuroさんへ
 映画は見てないですが、結構評判いいですよね。
 私は海外のミステリーはわりと読みますが、アーヴィングに限らず、文学はほと
んど読んでないです。もちろん広いジャンルなので、これから読み進んでいって自
分に合う作家を見つけるのが楽しみです。

◎つららさんへ
 軽いエッセイもいいですよね。私もヘビーな小説を何冊か読んだ後は、エッセイ
が読みたくなります。肩が凝らない読み物は力まなくても読めるので、ごろごろし
ながら読むのには最適ですし。
 次に何を読まれるのか分かりませんが、いい小説だといいですね。

◎ちびきちさんへ
 それは残念でしたね。生と死については、本当に数多くの小説で扱われています
が、自分で体験する身近な死を考えることは、読む行為とは全く違いますよね。
 同世代の人の死は、私はほとんど体験していませんが、やはり悲しみより先に驚
きがきそうな気がします。

◎リコさんへ
 私はアリーmyラブのサントラばかり聴いています。お気に入りなのです。
 回文倶楽部ですか。なかなかユニークな会を作っていたんですね。回文じゃない
けど、小学生の時友達みんなで何でもひっくり返していう事が流行ったのを思い出
しました。
 「熊を放つ」上巻挫折が私だけじゃなくて良かったです。

◎すまいるさんへ
 私の好きな書評家が今月号の「本の雑誌」で取り上げてましたよ、「未亡人」。
自分と好みが似ている書評家が見つかると、当たりの小説が見つかる可能性も高く
なっていい感じです。読んだら感想書きますね。

◎クレタさんへ
 前の方に書かれていた記憶からして、30日発売だったと思いますよ。青森のど
ちらにお住まいか分かりませんが、成田書店や、紀伊国屋や今泉でお買い求め下さ
い。私の御用達は弘前紀伊国屋でした。

◎大ちゃんへ
 休み明けってそんな感じですよね。私も6連休明けは、仕事の一部をすっかり忘
れてました。昼ご飯食べたら眠くなるし。
 「双子と・・・」は渋いですね。人気投票でも時々票が入ります。私は「パン屋
再襲撃」の中だったら「ファミリー・アフェア」でしょうか、やっぱり。
 「熊を放つ」挫折組って結構多いのかもしれないですね。

◎シンジさんへ
 確かに作品中に様々な小説や映画が登場しますね。「格好いいかどうか」という
基準は人によって全く違うので、その辺りの価値観が合うとかなり幸せです。特に
異性同士で。
 村上さんの影響はあまり感じませんでした。でもあの読書傾向から読んでいるで
しょうね、きっと。

[3596] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2000/08/29 Tue 22:38:42
こんにちは。おひさしぶりです。
金城一紀「GO」読みました。
この方はいろいろな映画や小説などの影響を受け、
それを本文中にも登場させていますが、
影響を受けた中に少なからず春樹さんも含まれていると
思ったのは僕だけではないと思います。
「恋愛小説」を売りにしているだけあって、
「ノルウェイ」にも通じるものがあるなあと感じました。
それにしても登場人物一人ひとりが全て個性的ですよね。
僕はやっぱりオヤジに感激しました。
こんな大人になりたいものです、ハイ(笑)。

[3595] 大ちゃん さん(saika@jeans.ocn.ne.jp) 2000/08/29 Tue 21:09:43
 皆さん、こんばんは。私こと大ちゃんは、夏季休暇を終え、職場でリハビリ中で
ございます。まだまだ社会復帰の道は遠く、職場では新入社員状態です。早く人間
になりたい・・・疲れるし。
  
 昨夜、寝る前に「パン屋再襲撃」を読みました。
 最近村上春樹をあまり読んでなかったのですが、春樹堂の掲示板で皆さんのメー
ルを読んでいて、久しぶりに読みたくなったからです。
 中でも昨日は、以前あまり好きではなかった「双子と消えた大陸」に何故か惹か
れました。なぜかしらん。

 「人気投票や批評等であまり顔をださないけど、アタシは好き!」という作品が
あったら、皆さん教えてください。

 アーヴィング・・・、僕も「熊」挫折したので、すまいるさんのリコさんへのメ
ッセージを読んで救われました。 

[3594] クレタ さん(abiko007@f2.dion.ne.jp) 2000/08/29 Tue 20:57:00
お尋ねします。
回文集はすでに発売されているのですか?
捜したけど、どこの書店にも置いていません。
もしや青森だから?まさかね。

[3593]すまいる さん(pin1973@yahoo.co.jp) 2000/08/29 Tue 07:28:07
本間さんへ
『未亡人の一年』は恐らく楽しく読んでいただけると思います。個人的には
『ガープ』や『ホテル』の次くらいのお気に入りです。

takuroさんへ
こんにちは。takuroさんがどこに住んでいるのか分からないのでハッキリとは
言えませんが、「サイダーハウスルール」の映画はまだいくつかの映画館で上映
していると思いますので(新宿他ミニシアター系の所もいくつかは確実)
takuroさんの最寄りの映画館でもまだやっているかもしれませんよ。

リコ さんへ
『熊を放つ』は村上さんからアーヴィングに入った人でなくても、あまり読みや
すい作品とは言えない様です。『熊を放つ』はアーヴィングがまだ学生の頃に
書いたものでまだ習作的な部分があるのも読みづらさの原因かもしれません。

あと、まだまだ満足のいくものではありませんが、アーヴィングのページを
やっていますので一度足を運んでいただけたら嬉しいです。それでは。


[3592] リコ さん(ishiquru@d7.dion.ne.jp) 2000/08/28 Mon 22:40:06
こんばんわ。近頃『tahiti 80』ばかり聞いているリコでございます。

春樹氏の新刊発売もうすぐなのですね。
回文と言えば、何を隠そう私は一年ほど前に友人と『回文倶楽部』を結成して
いたのです!活動休止状態にある今、あぁ先を越された〜と思いました。
ゆって下されば何個か自作回文を提供したのに〜と。(笑)
”寝付きのいい野キツネ(ネツキノイイノキツネ)”とかね。

ところでアーヴィング。
私も「熊を放つ」から読んで上で挫けて、アーヴィングと相性悪いかも・・・
と、他の作品も躊躇していましたが、あれは誰しも読みにくかったんですね。
誤解が解けました。今後はりきって読んでみます。


[3591] ちびきち さん(chibikichi@hotmail.com) 2000/08/28 Mon 22:39:37
知人の女性が亡くなったという知らせをうけました。
病名はアンディ・フグさんと同じです。
個人的に特に親しかったわけではありませんが、ある時期ともに
ある活動をしていたひとです。正直いって悲しみより驚きをかんじています。
彼女は亡くなるにはまだ早すぎるし、幼い二人の子どもが残されました。
「生きることと死ぬることとは、ある意味では等価なのです」とニミットはいいま
す。同世代の女性の死・・・私には初めての出来事でした。

[3590] つらら さん(kumokari@bmail.plala.or.jp) 2000/08/28 Mon 22:24:08
こんばんわ。お久しぶりです。
ここにくると、ほっとします。最近は、新しい本は、軽いエッセイものばかり読ん
でるわたくしです・・・・。
コーラ(ペプシ!!がすき)片手に、ぱりぱりとお菓子を食べながら、かるーく読
んでますが、そろそろ重たいものも読みたくなりました。
本に救われることって、多いなと近頃思う、わたくしでありました。。。
では、また。

[3589] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/08/28 Mon 15:54:18
どなたか「サイダーハウスルール」見られましたか?見たいみたいと思いつつ一人
では映画館にいけない性分で結局見られませんでした。ビデオ待ちですかね。

アーヴィングは「村上さんが訳してるから」との理由だけで「熊を放つ」を読んだ
んですが、どうにもよくわかりませんでした。それでも他のも読んでみようと考え
て(村上さんが訳すんだからきっとすごいんだろうとのミーハーな理由で)読んだ
んですが、おもしろいですね。「ホテル・ニューハンプシャー」が私のナンバーワ
ンです。作品によってそうとうあたりはずれがある気がするのですが、それでもい
いですよ、アーヴィング。好きな作家が増えるのはうれしいですね。

[3588]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/28 Mon 01:32:52
 ようやく明日は休み。

◎ひよこさんへ
 私の感覚では、夏は祭りですね。なんだか知らないけど驚異的パワーがあるねぶ
た、ねぷた祭りの青森出身だからでしょう、きっと。
 「神の子どもたちは」は、三人称の文体もあるし、ストーリー的にも各短編いろ
いろ含んでいて、これからどこへ向かうのか興味深いですよね。短編にせよ、長編
にせよ、新作が待ち遠しいです。

◎すまいるさんへ
 そうでしたか。その頃は私もまめにメール書いていたんですね。人気投票などで
メールしてくれた方、なかなか返事書けなくてごめんなさい。
 アーヴィングに関しては、おっしゃる通り「熊」から入ったので挫折しました。
最近翻訳が出た「未亡人の一年」(?)が面白そうなので読んでみようかと思って
います。

◎izumiさんへ
 初めまして。「そうだ」に関しては、本当そういう感じです。ディスプレイで読
むのとはまた違いますよね。男性の中にもずいぶんおばさんみたいな人がいて、や
たらテレビのワイドショーネタに詳しい人がいます。やれやれです。
 男の子でいる条件は、shokoさんが答えている通りですね。一つか二つ前のエッ
セイ集だったと思いました。

◎shokoさんへ
 仙台も5日連続真夏日だそうです。暑いですね。
 「永遠の仔」読み始めましたか。映像ではどうしても心理描写が難しいので、小
説ならではの描写を楽しんで下さい。決して明るい話ではないですが、得る部分は
多いですし。
 男の子の条件の「言い訳しない」は本当難しいです。でも最近は一方的に何か言
われていても「まあいいかな」と思うようになってきました。そんな感じです。

[3587]shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/08/27 Sun 23:31:37
 本間さん、みなさんこんばんは。
まだまだ暑い日が続きますね。

 遅ればせながら、ただいま永遠の仔を読んでいます。
(前にも、図書館で予約してなかなかこない、というようなことを
書いたと思いますが。やっと順番がきたのです)
原作を後に読むことって少ないのですが、なかなか面白いですね。
ミステリーの醍醐味はなくなるのでしょうけれど・・・。

izumiさん
 男の子でいるための条件、やがて悲しき外国語かなにかで、
書かれていましたよ、たしか。
スニーカーをはくことと、月に一度散髪すること、言い訳をしないこと、
という感じだったと思います。違っていたら、ごめんなさい。

 下の本間さんの書き込みをみて、月曜日は〜、を読みたくなってきました。
永遠の仔を読み終えたら、買いに行くことにします。


[3586] izumi さん(saraizumi@hotmail.com) 2000/08/27 Sun 11:08:23
本間さん、皆さん、こんにちわ。
こちらの掲示板にはじめてお邪魔致します。

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」はホントに面白い、パラパラとページをめく
るうちになんだかとても気持ちが癒されます。
朝日堂で読むのもいいけれど、こうして活字になると、時と場所と姿勢?を選ばず
ここしばらくのおやすみなさい前のバイブルになっています。
ところで、質問のなかにある「女の子でいられる条件は?」または「女の40才
は?」についての村上さんの回答は、おばさんにならないために弛まぬ努力をし続
けているつもりの私にとっても、ありがたいお言葉です。
40才過ぎても残るための3つのポイントはとても参考になりますが、では男性は
・・・男の子でありつづけるための条件をエッセイで書いていらっしゃるとか?
どの本に書いているのか知っている方がいたら教えて下さいませんか?
村上さんがいつまでも素敵なのは、このへんのところを勘違いせずにうまく歩いて
(走って?)来たからなんでしょうね。

[3585]すまいる さん(pin1973@mue.biglobe.ne.jp) 2000/08/27 Sun 05:02:27
本間さんへ
誤解させてしまったようでごめんなさい。
>そのメールは人気投票などでしょうか? 私は慢性的にメール返事書きが遅いの
>で、返事出せなくてごめんなさい。
だいぶ前に出したメールというのは、たしか『街と不確かな壁』について
2〜3年前にメールさせてもらった時のことなのですが、すぐに丁寧なご返事を
頂きとても感激した。という、嬉しい記憶なのです。安心してくださいね。
>ホームページ見させていただきました。
有難うございます。村上春樹ファンのひとは(僕もですけれど)、アーヴィング
の本のなかで『熊を放つ』を最初に読んでしまって、ちょっととっつきにくい
印象を受けてしまいがちなようですが、あれはアーヴィングの作品でいちばん
読みづらいです。(たぶん。)
『ガープの世界』や『オウエンのために祈りを』あたりから読んでいただけると
気に入っていただけるのでは、と思っているのですが…。
もし気に入っていただけたら嬉しいです。では。


[3584] ひよこ さん(r-hiyoko@mpd.biglobe.ne.jp ) 2000/08/27 Sun 00:55:00
本間さん、皆さん今晩は。 隅田川の花火大会に行ってきました!やっぱ夏は花火
ですヨネ。今年の夏はけっこう遊びました。
遅ればせながら、「神の子どもたちはみな踊る」読みました。仕事の休憩時間に読み始
めたのですが、時間になってもやめられなくて困りました・・・。今の自分にすごく
響いたのは「タイランド」と「蜂蜜パイ」。二ミットの言葉に涙がでそうになりまし
た。そして、あんな選択しかできなかった高槻の哀しさ・・・。痛いです。死とか
愛とか自分が理解してるとは思わないけど、切ないです。やっぱり村上ワールド大好
き!こないだ眠れなくて「夜のくもざる」読んでたら、面白すぎてよけい眠れなかっ
たひよこでした。 

[3583]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/27 Sun 00:03:32
 ドラクエが今日届いたので、ちょこっと遊んでます。

◎すまいるさんへ
 そのメールは人気投票などでしょうか? 私は慢性的にメール返事書きが遅いの
で、返事出せなくてごめんなさい。
 ホームページ見させていただきました。アーヴィングについてなんですね。ファ
ンの方はぜひ見てみて下さい。
 株は発売週だというのに下降気味なので、来週からの上げに期待してます。

◎大ちゃんへ
 どういたしまして。私も詳しくないので、ああいう解答でごめんなさい。
 小説を読むことと国語の成績は関係ないですよ。授業から離れて読む小説の方が
ずっと面白いですしね。自分なりの読み方が出来たら、それが一番です。

◎くつさんへ
 「痾」は何だか変な小説ですよね。私も新刊のついでに再読しました。その読後
感が残っている内に新刊を読むのが良いかと思います。私はすっかり細部忘れてま
したし。

◎律さんへ
 朝日の紙面でもいくつか回文が紹介されていましたが、回文にまつわるエッセイ
も収録するそうです。そちらの方が楽しみかも。
 発売は30日でしたか。楽しみですね。

[3582] 律 さん(nosk22@nifty.com) 2000/08/26 Sat 22:46:30
オペラ座の怪人さん へ
 はじめまして、お邪魔します。
 村上春樹さんの新刊のことなんですが8月30日発売の
『またたび浴びたタマ』(文藝春秋)のことでは? 「あ」から「ん」までのイ
ラストつき回文カルタ集(ミニ・エッセイつき)だそうです。ちなみにイラスト
は水丸さんではないようです。
 これは一番あたらしい「文学界」の広告ページでみつけました。このページに
は回文の一部の載ってましたよ。わたしがいちばんすきだったのは
「そうよ、私したわよ。……嘘」というものです(笑)
 発売が楽しみですね。
出版社は

[3581] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 2000/08/26 Sat 19:28:55
『痾』を読みました。話が色々とリンクしてくると
嬉しくなってきますね。そろそろ二階堂黎人もまた
読もうと思っております。あとまだ読んでない京極。

でもドラクエがでたので、そっちの方にどっぷりと
つかりそうです。


[3580] 大ちゃん さん(saika@jeans.ocn.ne.jp) 2000/08/26 Sat 19:19:11
 本間さん、御回答ありがとうございます。実はファンの間では常識で、自分だけ
知らなかったら嫌だな、と思って掲示板で質問してしまいました。リアクション、
かなり嬉しかったです。

 僕は今現在26歳なんですが、村上春樹は高1の時のクラスメイトに薦められて読
み始めました。かれこれ10年になります。国語の成績は悪い方なので、あまり良
い読者ではないですが・・・。

 またお邪魔するかもしれません(常連のポジションを狙ってます)。
 今後も不躾な質問を掲示板にぶつけてしまうかもしれませんが、いろいろ教えて
やって下さいね。
 

[3579]すまいる さん(pin1973@mue.biglobe.ne.jp) 2000/08/26 Sat 02:26:08
こんにちは。すまいるといいます。
ずぅ〜と前に本間さんにメールを出させて頂いた事はあるのですが、
掲示板に書きこむのははじめてです。たぶん。

アーヴィングの話題が目に飛び込んできたので、これは書き込まなくては!
と思ったのです。
もともと村上春樹のファンで彼の影響からアーヴィングを読み始めたのですが、
今ではアーヴィングのほうもだいのお気に入りの作家になってしまい、
最近、アーヴィングのファンのページを始めました。よろしければ一度足を運んで
頂ければ嬉しいです。(宣伝です(笑)。ごめんなさい。)

ついしん。ドラクエ7は今のところ買う予定です。本間さんの株が少しでも
確かに上がる(少確上)ことを願っております(笑)。では。



[3578]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/26 Sat 01:10:12
 明日は何年ぶりかのドラクエ発売日。一応株主なので、みなさん買ってね。

◎大ちゃんへ
 昨日のチャットに私はいませんでしたが、また遊びに来て下さいね。
 ペンネームについては分かりません。エッセイなどを違う名前で書いていたとい
うのはどこかで読みましたが、単発としてで、単行本にはなってないと思いました
よ。

◎羊女さんへ
 うーん、そうですね。私はもはや読書は日常化してしまったので、そういう事は
あまりないですが、読書を他の事に当てはめると、よく分かります。
 マンガは受動的メディアなので、楽は楽ですよね。ただ心に響いてくるマンガを
読むと、私もすぐ影響されてしまいます。特に麻雀マンガでは。

◎しんさんへ
 ちょうどこの前「月曜日は憂鬱だと・・・」を読んだところだったので、アーヴ
ィングの話はタイムリーでした。その2作が出された頃の話も載っているので未読
でしたら、読んでみると面白いかと思います。
 「ねじまき鳥」はストーリーに引っ張られて読みやすいですが、再読するとあち
こちで思考が枝道に入って面白いですよね。この作品を消化するのは大変です。

◎リコさんへ
 今度は化けませんでしたね。良かったです。
 本当に最近は夏の終わりという感じですね。私もこれという事はしていませんが
わりとのんびり過ごせた時期もあったので良い夏でした。
 旅はしたい時にするのが一番楽しいので、国内だろうが海外だろうが、いつか興
味のある場所に行けたらいいですね。

◎アキさんへ
 ふむ、私における「カンガルー日和」はアキさんにおいては「ダンス」なのです
ね。なるほど。「ファミリー」と「とんがり」は何となく分かります。そのライン
の短編は私も大好き。ただ、「今夜すべてのバーで」はどうかと思うのですが。好
みがいろいろで面白いですね。本を読む動機は、私もその意見に賛成しますね。
 「動物のお医者さん」は私も気に入ってます。また犬飼いたいなあ。

◎ももぬいさんへ
 その3冊はどの本屋も力入れて売ってますよね。平積みしているのをよく見かけ
ます。余談ですが、この前読んだ本に載っていたのですが、書店の単行本の売り上
げって、棚差しが7割、平積み3割だそうです。一見逆のような気がしますが、こ
れこそ書店は棚が命という事でしょう。
 恋愛もののおすすめはブックガイドのコーナーに書いてますので、良かったらご
覧になって下さいね。

[3577] ももぬい さん(momolms@earth.co.jp) 2000/08/26 Sat 00:18:11
お給料も入って、何か面白そう単行本がないかと本屋をぶらぶらしました。
柳美里さんの「命」と「朗読者」、それから「GO」のうち、どれを買おうか
迷いましたが、結局「命」を買ってきました。

今、とっても恋愛もの(大人の恋愛がいいな)が読みたい気分です。
報われない恋をしているからかなぁ。
新旧、村上さんの小説であるかどうかを問わず、何か恋愛ものでお勧めがあ
れば教えてください!



[3576] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/08/26 Sat 00:16:13
こんばんは。羊女サンの「読書スランプ」というのは何となく分かります。
私は本を読みたくない、と思うことはありませんが、新しい本が読めない時は
結構あります。やっぱり相対的に見てツカれている時が多いかな?
でもそんな時にも本は読みたいので既に暗記するほど読んだ本の好きな部分だけを
読みます。再読というよりつまみぐいです。でもコレがなかなか侮れないのです。
で、そんな時に読む本ナンバー1は、ぶっちぎりで「ダンス・ダンス・ダンス」で
す。
ハワイ部分と何故かアメの登場する部分を(特にあの親子が好きってワケでも
ないんですが。)次いで「ファミリー・アフェア」「とんがり焼きの盛衰」です。
他の作家の方のものだと「眠れるラプンツェル」「今夜、すべてのバーで」
「MISSING」、あと黒井健さんの「ホテル」です。うーん、統一性ないな。
そう思うと私が読書をする一番の動機は『気持ちいいから』という気がします。
作家との相性って作風もあるでしょうけど、一番大きいのは文章の好き嫌いなの
かも知れない。例えるなら俳優さんの“声”みたいなモノでしょうか。
ちなみに私の読書モードでない時に読むマンガの定番といえば、もぅ間違いなく
「動物のお医者さん」です。例え動物が苦手でも面白いですよ。オススメ!
なんだかまとまりのナイ文章ですが、推敲もないまま送信するのでした。送信。

[3575] リコ さん(ishiquru@d7.dion.ne.jp) 2000/08/25 Fri 23:50:26
はじめまして。(というか初登場は宇宙語で失礼しました。。。)
玄米フレークシェイクとうどんの好きな25歳です。どうぞよろしく。

もうすぐ一つの夏が終わってしまいますね。
私はずっと”井戸の中”的状態にいて、夏もただ眩しかった。
気がついたら過ぎていた。もったいなかったな・・・。

そして私も羊女さんのように暫く本を手に取る事ができずにいましたが、最近
『遠い太鼓』や昔のエッセイなんかを引っぱり出して、少しずつ読んでます。
知らない国や島の風景や人々を実際に見てみたくなるし、トマト料理とワイン
がとてもおいしそう!(しかし未だ海外進出したことない・・・。この狭い日
本だって行ってない所がたくさんあるし。うーん、これからこれから。)

でわまたおじゃまします。おやすみなさい。




[3574] しん さん(sinrabansyo@hotmail.com) 2000/08/25 Fri 23:38:49
ちょっとまえになってしまいましたが
『ガープの世界』、読了しました。久しぶりに「止まらない」
本でした。面白い上に、考えさせられる本ですね。
それで、今度は『ホテル・ニューハンプシャー』を読み始めました。
でも、さすがに翻訳物ストレスがたまってきたので、
『ねじ巻き鳥クロニクル』を読み直しています。
最初読んだ時はとにかく「読み終えなくては」という気分が強すぎたのですが
今回余裕を持って読み直してみると、「これってすごい小説だなあ。」、と
思うようになりました。
もしかしたら、一番好きな作品になりそうです。

[3573] 羊女 さん(trm13h@f4.dion.ne.jp) 2000/08/25 Fri 22:01:05
 本間さん、みなさん、こんにちは。
 いま私は筋肉がきしきし痛いです。それもこれも春樹さんの文章さえも読めなく
なるという、読書スランプのようなものになってしまったからです。
 ときどきあるんですよね。本なんて読みたくないというときが。みなさんはそう
いうことありませんか?そんでもってそうなってしまうと私の場合、必ず漫画を読
むんです。(イメージしなくていいからでしょうか)
 今回はあだち充の「タッチ」でした。「スポーツっていいな、私もなにかしよう
かな、朝倉南みたいにスタイル良くなるかもしれないし」ここのところ毎晩、腹
筋・腕立て伏せ・ストレッチ・その他もろもろです。ばかだなあ、いつまでつづく
のやら。ほんとに影響されやすいんだから。
 ごめんなさい、それだけです。

[3572] 大ちゃん さん(saika@jeans.ocn.ne.jp) 2000/08/25 Fri 11:48:43
 はじめまして、大ちゃんと申します。
 高校1年生の頃から村上春樹のファンです。昨日、チャットに初参加させて頂きま
した。(ういすけさん、ちびきちさん、昨夜はお世話になりました)
 時々このHPにお邪魔すると思いますが、見かけた時は相手してやって下さい。

 あ、それと、「はいほー!」とフォーラムで村上春樹は2つペンネームを持って
いる、って話が出てくるんですけど、ペンネーム知っている人いたら教えてくださ
い。本とかその名前で出てるんですかね?

[3571] 大ちゃん さん(saika@jeans.ocn.ne.jp) 2000/08/25 Fri 11:47:27
 はじめまして、大ちゃんと申します。
 高校1年生の頃から村上春樹のファンです。昨日、チャットに初参加させて頂きま
した。(ういすけさん、ちびきちさん、昨夜はお世話になりました)
 時々このHPにお邪魔すると思いますが、見かけた時は相手してやって下さい。

 あ、それと、「はいほー!」とフォーラムで村上春樹は2つペンネームを持って
いる、って話が出てくるんですけど、ペンネーム知っている人いたら教えてくださ
い。本とかその名前で出てるんですかね?

 
 


[3570]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/25 Fri 03:03:20
 今日は市内版担当だったため、帰りが遅めです。

◎ひよこさんへ
 キャンプは楽しかったようで何よりです。
 村上作品の読後の余韻が好き、というのはよく分かります。読み終わって、ふと
現実に戻らなきゃと思う瞬間が来なければいいのに、と思いますし。30代に突入
すると、また読後感が変わってくるので、何年後かに改めて読み返してみて下さい
ね。きっと、ああこういう事だったんだ、と納得する出来事があるでしょう。

◎ちびきちさんへ
 古本屋になかったですか。あると思ったんですけどね。「グレイが待っているか
ら」共々おすすめです。
 少しずつシフトを変えて・・・、は深いかもしれませんね。惰性で流されがちだ
し、口で言うのは簡単なのですが、実行するのは難しい事柄が多いですし。

◎tokiさんへ
 お久しぶりでした。残暑はなかなか厳しいですよね。でもすっかり秋が来ると、
また夏が懐かしくなるのです。
 柳美里は1冊しか読んだことがないのでよく分かりませんが、日比野宏はいいで
すよね。旅行記マニアの私としては、彼の文章と視点が大好きです。

◎怪人さんへ
 オークションは落札するより出品した方が面白いですよ。私は1年前ほどにかな
り凝って、ヤフーの評価は+30くらいです。
 その新刊の話は(この場合は新刊で合ってますよ)、何日か前の朝日新聞に載っ
ていたという話が掲示板でも出てました。回文集+エッセイです。今月中には発売
されるようですね。

◎ぶるーうさんへ
 就職するのであれば、プログラムは出来るに越した事はありません。ただ会社に
よって使用する言語が全く違うので注意が必要です。枝葉的テクニックより全体的
に見る視点を身につけた方がいいと私は思います。
 私が村上作品を再読する時は、新刊が出た時が多いですね。遡って読みます。変
遷が分かって面白いですし。あと眠れない夜に短編集かな。カンガルー日和が十数
年間ずっとお気に入りですね。

◎リコさんへ
 文字化けしてしまいましたね。もう一度書き込んでみて下さいね。

[3569] リコ さん(ishiquru@d7.dion.ne.jp) 2000/08/25 Fri 00:22:22
;?7?

[3568]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2000/08/25 Fri 00:06:19
 おひさしぶりです。近ごろプログラミングに泣かされ続けている、ぶるーうで
す。オブジェクト指向のバカぁ〜。数値積分のバカぁ〜。GUIのバカぁ〜。ああ、す
っきりした(笑)。

 気を取り直して書きますが、僕にとって春樹さんの小説って、疲れたときに読み
たくなるものです。僕は最近「ねじまき鳥」のページを適当に開いて、そこを離散
的に読むと、何故か心がすっと落ち着きます。脈絡のなさが逆に、脳にいい刺激を
与えるのかもしれません。まあ人それぞれだと思うんですけど。
 他の方々も「私はこういう風に村上作品を読んでいる」というのがあれば、ぜひ
聞きたいです。

[3567] オペラ座の怪人 さん(candyman1@excite.co.jp) 2000/08/24 Thu 23:06:20
おひさしぶりです。最近ヤフーオークションにはまってて
つい先日 世界の終わりと〜の初版(1985年)のハードカバーが500円で売ってい
て検討中。
ところで春樹の新作(新刊ではないっす。新作!)がでるって
新聞に載ってたようなのって無かったような・・・。
なんだか逆さまから読んでも同じになる言葉がどうたらこうたら・・・。
間違ってたらスイマセン。
僕は死に    マセン。
貴方が好きだから・・・。
↑
意味無し

[3566] toki さん(toki158@guitar.ocn.ne.jp) 2000/08/24 Thu 22:54:46
こんにちは。久しぶりです。
この暑さで体力気力共にへばってます。
身体の調子がわるいと気力もへろへろになってしまうのですね。早く涼しくならな
いかなあ。
最近は春樹さんの小説おいといて。。うちにあった柳美里さんの「家族シネマ」を
読みました。なんかとっても怖いなあと思いつつ、ついふらふらと本屋さんにいっ
て今度は「フルハウス」を買ってしまいました。そうしたらなんだか片足つっこん
でしまったって感じ。。でも、なんかとっても深いところで実感わくんだなあ、、
ちょっと疲れてしまったので、今、日比野宏さんの「夢街道アジア」を読んでま
す。この本も違った意味でホンモノの本です。
 ちびきちさんのお話しを読んで私もうなってます。
はあ。。でも人生って一度きりですからね。世の中の重圧にめげず、家族のしがら
みにもめげず、がんばろうね。(この言葉は私に向けて、だな。)

[3565] ちびきち さん(chibikichi@hotmail.com) 2000/08/24 Thu 14:10:55
本間さん 皆さん こんにちは
>本間さん さっそく古本屋で探してみたのですがみつかりませんでした。今度は本
屋で探してみます。
>つららさんの考え 胸にしみます。
>ひよこさんの・ タイミング次第・よーくわかります。
皆さんの言葉が私の血となり肉となります、アリガトウございます。
私は、春樹さんの視点に救われます。「失われるべきものの栄光は真の栄光にあら
ず」は、初めて出会ったときから、いまだに救われています。最近ガツンときの
は、「タイランド」のニミットの、「少しずつシフトを変えていかなくてはなりま
せん。」です。ニミットが、私に向かっていってくれたような気がして、とても
ショックを受けました。でも、この言葉は私の中に、種をまいてくれたんです。
私は一生懸命水をあげ、肥料をやり、育てていこうと思います。

[3564] ひよこ さん(r-hiyoko@mpd.biglobe.ne.jp) 2000/08/23 Wed 23:22:25
本間さん、皆さん今晩は。1泊でキャンプに行って来ました。
>本間さん はい、興味のあることを見てる時が1番楽しいし、集中できます!高校
の頃、読み始めた時は、村上さんの文章のリズムとか、読み終えた後のなんとも言えな
い余韻がすごく好きでした。20代半ばの今は、言葉や文章の奥にあるもの、その時
の自分でいろいろに感じられるもの、見つけながら楽しんでます。だから全ての村上
さんの本は、読み飽きることが無いし、何十回も読みたいです。
>ちびきちさん はじめまして。待つことも、飛び込むことも、絶対タイミング次第
ですよね。私は以前周りに流されて結婚して、後悔し、それまでは他人に何も言えな
い性格だったのですががんばって離婚し、自分で掴み取ることの大切さやしんどさを
経験しました。自分が何が1番ほしいのかさえわかっていれば、いろんなことはシ
ンプルに見えて来ますよね。
>じずーさん 私もミステリーだめだったんですが、火車・永遠の仔、めっちゃおも
しろかったっす。かんけーないですが、最近読んで良かったのは龍さんの「希望の
国のエクソダス」です。

[3563]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/23 Wed 01:15:54
 今日の仕事帰りの夜食はローソンのチキンライス+牛乳。健康的だな。

◎ちびきちさんへ
 そうですね。全く同感です。ある年代の人の中には、いつか誰かが幸せにしてく
れる的願望が強い人がいますが、他力本願では何も変わりません。
 多分、ちびきちさんには上野千鶴子の本が合うと思いますよ。フェミニズムの本
ですが、男の私が読んでも面白い本です。文庫や古本屋でいろいろ出てます。

◎つららさんへ
 ビデオって借りる時はいいんですが、見る時間を作るのが大変ですよね。
 そうですね、その「待つ」という行為は雌伏の時を思わせます。私の場合は今ま
でそういう時期ってなかったのですが、いつかはやってくるのでしょう。心して待
つことにします。

◎かわうそさんへ
 初めまして。仙台に住んでいてコンピュータ関係というのは私と全て共通してい
ますね。
 コンピュータやシステムに関連する、あの妙な日本語読んでいると私も時々空し
くなります。そういう時は村上作品を再読するのが確かに効きますね。
 「ピンボール」は双子ばかりが取り沙汰されますが、スペースシップとの再会シ
ーンが結構好きです。

◎じずーさんへ
 こちらも初めまして。そのミステリーのラインナップは豪華ですね。もちろんど
のミステリーもそのレベルにあるという訳ではないですが、勢いのあるジャンルだ
けあって、いい小説が多いのも事実です。ミステリー初心者向けにブックガイドも
書きましたので、良かったら見てみて下さい。
 源一郎さんのその小説は以前違う方に勧められて以来、私も古本屋探索リストに
入れてます。競馬エッセイという点から見ると、私は高橋直子の方が好きですね。
なんで離婚しちゃったんでしょうか。残念です。

[3562] じずー さん(ryoiez@zephyr.dti.ne.jp) 2000/08/23 Wed 00:54:26
はじめまして、じずーと申します。
僕は中学生くらいからの村上春樹のファンですが、実は競馬も大好きなので、この
HPを見つけてとてもうれしくなりました。
ところで、私は最近までミステリーというものを毛嫌いしていて、今まで全然読ま
なかったのですが、最近ふと気が向いて宮部みゆき「火車」、東野圭吾「白夜
行」、天童荒太「永遠の仔」などを読んでみたところ、どれもとても面白くてやめ
られませんでした。おかげで寝不足になりましたが、やはり読まず嫌いはいけませ
んね。純文学もミステリーもいいものはいいと改めて実感しました。

実は初書き込みの手土産に、お勧めとして「GO」を紹介しようと思っていたのです
が、すでに本間さんが紹介されているようなので(本当にいい小説ですよね)、か
わりに高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」にしようと思います。
ちょっと古いですが、僕にとっては村上春樹諸作品と並んで衝撃を受けた一冊で
す。気が向いた方は、このとても美しい小説(と言ってしまっていいのかどうかわ
からないのですが)をぜひ手にとってみてください。高橋源一郎がただの競馬好き
ではない(少なくとも昔は)ということがわかると思うのですが。
それではまた。


[3561]かわうそ さん(kawamura@eva.hi-ho.ne.jp) 2000/08/23 Wed 00:16:32
かわうそといいます。はじめまして。
仙台に住んでいてコンピュータ関連の仕事についています。

最近忙しくてなかなか本を読む時間がとれなくて残念です。(読むものといえばロ
クでもない仕様書ばかり。)
村上氏の作品は、疲れた時に読みたくなります。特に1973年のピンボールが気
に入っています。
まとまりがありませんが、今後とも宜しくおねがいします。

[3560] つらら さん(kumokari@bmail.plala.or.jp) 2000/08/22 Tue 23:20:22
近所に、レンタルビデオやさんがオープンしたので、ついつい嬉しくって、何本も
ビデオを借りちゃいました。寝不足になりそう。
>本間さん、tbさん、ちびきちさん
 待つことの書き込み、ふむふむと読みました。確かに、待つのは結構なかなか難
しいものです。でも、待つという中には、ただ待ってるというより、何かしら、物
事の流れを見極めて、自分の力をじっとたくわえて、そのときに備えるという
か、、、そういうことが含まれているんだと思うのですが、、、これが、なかな
か。春樹さんの小説の主人公が、待つことで、次のステップへと進んでいくのを、
じっくりと読んでみようかな・・・。では。


[3559] ちびきち さん(chibikichi@hotmail.com) 2000/08/22 Tue 20:12:17
本間さん 皆さん 今晩は。 
>つららさん、tbさん ちびきちも 待つことの大切さ
とてもよくわかります。でも、今私が待つことと同じくらい大切に思っている事
は、待ってるだけじゃだめだという事です。特に三十過ぎた既婚で無職の人間に
は・・・。今のちびきちには、ただただ待っているだけでは何も降ってきません。
誰も何もしてくれません。そんな時、多くの同じ環境の人達は諦めてしまいます。
諦めて、家族の為に生きる事を選びます。それも、一つの幸せなのでしょうが、
私は嫌なんです。待つ事を選ぶより、自ら飛び込みこの手でつかむ事を選びます。
春樹さんのいう・待つ・からは、とてもズレていますね・・・ごめんなさい。


[3558]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/22 Tue 01:14:32
 夜中まで仕事しているとお腹が空きます。

◎ひよこさんへ
 パソコンなんてただのツールなんですから、好きなように使っていればいいんで
すよ。自分の趣味に使っていると覚えるのは早くなりますよ。
 高校の頃から読んでいると、何よりも読者である自分の変化が分かって、時々妙
な気分になりませんか?

◎takuroさんへ
 英語で好きな作家の話ができる、と聞いただけで凄いなと思ってしまいます。前
に英会話学校行っていた時、好きな小説を聞かれて「英語でなんて言うんだ」とし
ばらく悩んでしまいました。
 韓国にも村上春樹のHPはいろいろあるそうですが、フォントが違うので見られ
ないのが残念です。

◎つららさんへ
 なるほど、何か個人的な事情で待つ事になっているのですね。でも待つという行
為は難しい時もあります。ひたすら待つのも辛いものですし。
 そういう時に村上作品を読むのもいいかもしれませんね。

◎tbさんへ
 こちらは自己嫌悪ですか。私も週一くらいでなりますよ。こればかりは大人にな
ってもなくなるという事はないですね。

[3557] tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/08/22 Tue 00:53:27
  自己嫌悪というのは、なかなか辛いものです。相手が自分なだけに。

>つららさん
  こんにちわ、はじめまして。僕も村上さんの小説は、「待つ」っていうのが
凄く大事な要素の一つの様に思ってました。僕が村上さんの小説に惹かれるの
も、僕自身が「待つ」ことをすごく自分にとって重要な行動の一つだと思って
いるからなんですよね。それともう一つ、「探す」ということと。「待つ」と
「探す」っていうのが、僕には凄く重要な行動で、村上さんの小説でも、この
二つが中心の一つになってるような気がします。二つは一見正反対の行動のよ
うな気がするんですが、深いところで同じ根を持っているんじゃないかなあ・
・・とか、思ったりもします。
  なんだかよくわからない書き込みですみません。

[3556] つらら さん(kumokari@bmail.plala.or.jp) 2000/08/21 Mon 23:53:22
お久しぶりです。なんだか、秋らしい風もときたま吹いたりして、いい感じです。
最近、友人と話してたんですが、村上春樹さんの小説の主人公達は、よく待つこと
の大切さを、メッセージとして、送ってくれていますね。はっとしました。ついつ
い結論を急いでしまったりしがちですが、そのときがくるまで、待つというのは、
大切だよねって。。。なんか、個人的な話をしちゃいましたね。。。では、また来
ます。

[3555] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/08/21 Mon 13:37:49
先日同年代の韓国人と女の子と知り合いました。友達と日本を旅行していてうちの
大学によってそこで知り合ったんです。英語で話したのですが、けっこうそれでも
通じて、彼女が村上春樹のファンだとゆうことがわかりました。「風の歌を聴け」
が欲しい、と言っていたので本屋に行ったのですがそれだけがなかったんです。残
念でした。ほかでは村上龍と吉本ばななが好きだと言ってました。W村上は若い人
たちにとくに人気あるんですね。


[3554] ひよこ さん(r-hiyoko@mpd.biglobe.ne.jp) 2000/08/21 Mon 02:01:50
はじめまして。パソコン超!!初心者のひよこです。
高校の頃から村上さんが大好きで(10年前くらい?)、
このページも楽しく拝見しました。みんないろx2
知っててすごいなあ。勉強になります。

[3553]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/21 Mon 01:12:52
 今日は一ヶ月ぶりに競馬でヒット。大当たりでした。

◎ハチコさんへ
 うーん、ここにそういう事を書かれてもどうしようもないので、出版社気付で手
紙を送るのが良いかと思いますよ。それなりの手順を踏まない限り、会うのは難し
いでしょうね。

◎naoさんへ
 全くその通りで、まだまだ昼間は暑いですね。
 朝日の文化面は書評.comには載らないのかな。見てみることにします。共同通信
が取材したら、全国の地方紙に載ったのに。ちょっと残念。

◎ちびきちさんへ
 発売日は28日なのですか。しかし回文集ってどんな本になるのでしょうか。村
上さんもいろいろな事をしていますよね。
 コミットメントとデタッチメントという言い方を最近はよくしてますが、必要と
思える事をするのは確かに素敵ですね。

◎本の虫さんへ
 いや、なんでと言われてもみなさんの投票結果なので何とも。ただ発表時期が一
番新しいというハンデはあるかもしれません。未読の人もいるでしょうし。

◎ういすけさんへ
 ふーん、写真も載っていたんですか。確かにそれは珍しいですね。私もそういう
仕事なら一生懸命紙面作るのに。
 田中芳樹より私は栗本薫派なので、それは何とも言えないのですが、好きなシリ
ーズの新刊出るのは嬉しいですよね。私も中断中のシリーズを早く読みたい。

[3552] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 2000/08/21 Mon 00:31:51


こんばんわ。

>naoさん、ちびきちさん
私も朝日新聞読みました。村上氏の新刊(言葉遊びの本と紹介されておりました
が)。これは春樹堂に書きこまねばと思ってましたが、先を越されました。
写真嫌いの村上氏の写真も載ってましたね。
取りあえず発売日には本屋さんに行きます。

>新刊にまつわる余談
どうでもいいんですけど・・・・
今日書店に立ち寄った際に、田中芳樹の「創竜伝12巻」を発見しました。あまりの
懐かしさにしばらく呆然と立ちすくんでしまいました。
一体何年ぶりのシリーズ再開なのでしょうか?あまりにブランクがありすぎて情熱
も記憶ももうあらかたないのですが、読むべきか悩んでます。

[3551] 本の虫 さん(yutaka25@abox5.so-net.ne.jp) 2000/08/20 Sun 21:49:15
本の虫です。作品投票で「スプートニクの恋人」はなんで最下位なのでしょう。僕は
あれが1番か2番目に好きなのになあ。せめて六位ぐらいにはなって欲しいです。

[3550] ちびきち さん(chibikichi@hotmail.com) 2000/08/20 Sun 16:44:38
本間さん 皆さん こんにちは
naoさん、私も今朝朝日新聞を読んで、やったあ!と思いました。
28日の発売日が楽しみです。
新聞には 「近年、社会へのかかわりに関心を深め・・・」とありましたが
どうなのでしょうか・・・
以前春樹さんがどこかで 今自分にとって必要な事をやっている・・というような事
をおっしゃってましたが、そういう生き方は素敵だと思います。
なかなか難しいと思いますが、私もそんな風に生きたいです。


[3549] nao さん(nao_326@anet.ne.jp) 2000/08/20 Sun 03:51:09
朝晩は涼しさも感じられるようになりましたが、日中はまだまだ
暑いですねぇ。

今日(20日)の朝日新聞文化面に春樹さんが載っていますよ。
回文集「またたび浴びたタマ」を出版するにあたって
メールでやりとりしたような雰囲気です。

ああ、でも私まだ「神の子〜」も「〜聞いてみよう」も
読んでないんだった・・・。
文庫派にはつらい(苦笑)


[3548] ハチコ さん(a001035@honan.ac.jp) 2000/08/19 Sat 14:53:21
村上春樹さんの居場所教えてください。彼にどうしても会いたいんです。ストー
カーじゃありません純粋に逢いたいんです。知ってる方はぜひおしえてください。
お願いします。

[3547]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/19 Sat 09:19:26
 珍しく朝仕事行く前に書いてます。9時30分に家を出て、暑いから缶コーヒー
飲んだりして、のんびりと自転車で50分に会社に到着予定。

◎羊女さんへ
 でも朝方なんてずいぶん涼しくなって、夏の終わりという雰囲気がちょっと寂し
い気もしますね。
 「カンガルー日和」は私が一番好きな短編集です。「バート・バカラック」も「
図書館奇譚」も何度読んでも好きです。言われるとおり、短編には短編の良さがあ
りますよね。
 誕生日へのコメント、ありがとうございます。31歳になりました。

◎アキさんへ
 ふてくされていたんですか。日々の生活を過ごすのには、楽しい気分でいるのが
一番ですが、なかなか毎日そうは出来ませんよね。しかしそれなのに充実している
とは、もうばっちりではないですか。
 「ナルニア国」は「想い出の本」などでよく名前が出ますが、私は読んだことな
いですね。いつか読んでみたいですが。
 こちらも誕生日のコメント、ありがとうございます。18歳になりました(笑)

◎ういすけさんへ
 こちらは「カラマーゾフの兄弟」ですか。なかなかヘビーな本に挑戦したんです
ね。古典であろうが前衛であろうが、当人が面白いと思うのが一番ですよ。そのま
まロシア、東欧路線に行くと、私が詳しくない分野なので助かります。
 会社は退職されたんですか。忙しい日々お疲れさまでした。本と同じように、自
分に合う会社が見つかるといいですね。
 誕生日は、これで21に、ってもういいですね。

◎tbさんへ
 なるほど、そういう事ですか。宮本輝と村上春樹の作品の一番違う部分は、作品
の中のエピソードを通して箴言があるかないかだと思うのですが、確か品性につい
ても何かで語られていましたね。
 サンドイッチは巧く出来たんですね。何よりです。暑いときにサンドイッチとア
イスティーなんて、いい組み合わせかもしれません。

◎ちびきちさんへ
 はい、ありがとうございます。ある事情によりゆっくり過ごそうかと思っていた
のですが、ついつい飲みに行ってしまいました。
 ちびきちさんも気遣いお疲れさまです。村上作品が普段の自分を取り戻すきっか
けになる、という話はなかなかいい話ですね。悲しくなったり、疲れていると読み
たくなるのも、そういう部分なのかもしれません。

◎くつさんへ
 ええ、烏有シリーズです。詳しくは感想のページを見て下さいね。
 くつさんは仕事だったのですね。私もお盆に休みを集めて連休にしたため、後半
きついです。来週は水曜以外全部出勤だし。まあ休んだ分働きますか。くつさんは
働いた分月末にのんびりして下さいね。

[3546] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 2000/08/18 Fri 09:43:34
痲耶雄嵩の新刊なんでしょうか、新書コーナーに
聞いた頃のないタイトルの本が置いてありました。

ようやくお盆も終わり、明日は休みです。
月末の3連休まであと一踏ん張り。

[3545] ちびきち さん(chibikichi@hotmail.com) 2000/08/17 Thu 23:48:39
本間さん お帰りなさい そして お誕生日おめでとう!!
なんか、あたり前なんだけど、本間さんが居るっていいですね(あたり前だけど)
ちびきちは、あんのじょう(配偶者)の実家から帰ってきて、ボロボロになりまし
た。そんな時15の時からしているように、春樹さんのエッセイを読んで・じ・
ぶ・ん・ら・し・く・なれました。そういうモノがあるから、ここまでこれたんだ
と、改めて思いました。

[3544] tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/08/17 Thu 23:42:10
  今日は古い友達に会ってきたのでした。今日は一日、有意義に過ぎたなあ。
最近朝から晩までギター弾くか本読むか図書館行くかしかしてなかったので、
なんだか助かったのです。

>yuzukiさん
  漢字だともっと素敵ですね。名前が素敵って良いですよね。僕の場合、本名
の漢字の字面がとても堅くて困ってしまいます。それで頭を打ったら死んでし
まいそうなくらいに堅いのです。
  僕も出来得るならば品性のある人間になりたいんですが、世の中ではどうも
言葉の定義が微妙に違ってて、説明するのに困る言葉の一つではありますよね
。自尊心とかも、定義が微妙に僕の中のそれとずれてて、困ったりします。
  うん、僕も村上さんの小説には、なんというか「ちゃんとしたところ」があ
るような気がします。多分、yuzukiさんが言うところの品性なんだろうなと思
います。

>本間さん
  そういう訳で(↑参照)、「ちゃんとしたところ」っていうのが、多分譲れ
ないところでもあるんだろうなあ・・・と思います。そして多分怒ると、もの
すごく深く深く、怒らはりそうです(なぜか京都弁)。
  サンドウィッチはとても好評でした。味見しなかったんだけれど(笑)

>ういすけさん
  どもども、こんにちわです。勿論、覚えています。わりに記憶力は良い方な
んです。アインシュタインの話、朧げに覚えています。僕はとりあえず元気に
やってました。色々なものや人や感情みたいなものを失いましたが。
  ところで、ドスト氏はとても良いですよね。奇遇ですが、僕も今、だらだら
とカラマーゾフを読んでます。フョードルよか、ミウーソフの方が僕はよっぽ
ど嫌らしい人間だと思うんですが、どうでしょうか(笑)。ドストエフスキー
の小説って、エンタティメント性も高くて面白いですよね。『罪と罰』も凄く
面白いですよ。

[3543] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 2000/08/17 Thu 14:03:40
こんにちわ。
今日までお盆休みのういすけです。
最近は「カラマーゾフの兄弟」を読みながら、漫画を読み漁るというぐねぐねな読書にか
まけています。しかしドストエフスキーなんて、自分が読むとは思っていませんでした。
でも読むと中々おもしろいと感じるんだから、世界の名作は奥が深いです。
・・・もう、本当はそれより就職活動しろって感じなんですけどね。

>本間さん
お誕生日おめでとうございます。
上記コメントから、有言実行でこの度会社を辞職しました。(もう少し引き継ぎで
出社しますが・・・)これから就職活動です。

>tbさん
なんだかお久し振りです。と、急に言ってもお忘れでしょうが・・・・昔工学部学
生でアインシュタインに狂っていたういすけです。お元気でしたか?

>夏のブーム
今年は「みなさん読書しましょう!」キャンペーンにのせられて、読み漁った夏でし
た。その中でのヒットは江国香織の「すいかの匂い」でした。これは最近の江国さ
んでは一番でした。どなたか読まれました?

[3542] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/08/17 Thu 00:27:51
こんばんは。明日からまたお仕事。ゴートーシー。
ワケあってふてくされているうちに夏休みが終わってしまったのですが
ケッコウ充実の夏休みでした。20世紀最後の夏が「ケッコウ充実」という
レベルなのが何とも私らしいなと思ってます。どーでもいいか。
読書的には夏休みらしく「ナルニア王国モノ」と何故か「もし僕ら・・・」を
読んでいました。時間を気にせず読むべき本達ですね。
そういえば本間さん今日お誕生日ですね。おめでとうございます。

[3541] 羊女 さん(trm13h@f4.dion.ne.jp) 2000/08/17 Thu 00:26:19
 まだまだ暑いですね、体は動きにくいし眉間にしわがよります。

 さてさて、「カンガルー日和」と「回転木馬のデッド・ヒート」を読みました。
私がいいなと思ったのは絞りに絞りきって「バート・バカラックはお好き?」と
「スパゲティーの年に」と「図書館奇譚」、「プールサイド」と「ハンティングナ
イフ」です。やっぱり短篇もいいな、ほくほくしちゃいますね。
 つぎに読むのは「ダンス・ダンス・ダンス」。初期の三部作は大好きなのでとて
も楽しみです。

本間さん、お誕生日おめでとうございます。

[3540]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/16 Wed 23:43:05
 ここの返事書くのも久しぶりです。

◎tbさんへ
 でも村上さんって、ある部分では絶対譲らないですよね。その部分にさえクロス
しなければ、あんなにユーモラスでほんわかする回答をしてくれるのでしょう。つ
まり、どう読むかとか書評に関して以外は。
 エビスは私も好きです。先日2リッターほど飲んでしまいました。
 サンドイッチの出来はいかがでしたか?

◎ちびきちさんへ
 はい、帰ってきました。周りの既婚の人に聞いても、配偶者の実家に行くのはと
ても気を遣うようです。そりゃそうですよね。
 時に、私の妹は実家の近くにいるだけあって、子供を連れてかなりの頻度で実家
に来てます。やっぱり結婚しても実家は居心地がいいのでしょうね。

◎takuroさんへ
 ジンもウォッカもきついから、飲み過ぎると大変ですよね。これから、どんどん
いい想い出を作ってください。
 なるほど、「風の歌」でしたか。そういえばそんなシーンがありましたね。私の
好きな食事シーンは「ファミリー・アフェア」と「午後の最後の芝生」です。短編
はすぐ読み返せるので、ちょくちょく読んでます。

◎日宇俊彦さんへ
 小説を読み始めるきっかけは何であれ、自分にぴたりと合う作家が見つかった時
の喜びは大きいです。
 ただ、村上さん以外の小説は読まないという声もたまに聞きますが、それはあま
りに勿体ないような気がします。これだけ様々なジャンルの本を自由に読める時代
というのはなかなかないですよ、きっと。
 ホームページは今度見に行きますね。

◎しんさんへ
 ずっと仕事だったのですか。それはお疲れさまです。私の会社も、13日以外は
誰かが常に仕事してます。つまり、私の6連休はそんな人たちのおかげですね。
 私にはあまりそういう周期はなくて、いつも同じような傾向で読んでますが、翻
訳ばかりを立て続けに読むと、さすがに国産のを読みたくなります。そういうもの
です。レッチリよりも今はSS産駒でしょう。馬場が荒れるまでは大丈夫。

◎yuzukiさんへ
 それは本名だったのですか。いい名前ですね。
 品性ですか。なるほど。確かに文章には品性が出ますね。私も言動一致するよう
にだけは努力しています。

◎sumikoさんへ
 はい、初めまして。
 見つけられない時は書店員の人に聞いてみるのが早道ですよ。店によって単行本
のところに置いてある店と、雑誌のところに置いてある店がありますし。
 早く見つかるといいですね。

◎Akikoさんへ
 私はジャズはビル・エヴァンスくらいしか聞かないので、「さよならバードラン
ド」も読んでないのですが、ジャズファンにはたまらない一冊なのでしょうね、き
っと。村上さんの長編に関しては、おっしゃる通り。待ち遠しいですね。
 同時代の作家が村上さんはともかく、町田康というのは私の感覚だと違うかな。
私にとっては鷺沢萠と宮部みゆきかなあ。何となくですが。町田康はむしろ花村萬
月か、筒井康隆のラインだと思います。

[3539] Akiko さん(kasuya@gold.ocn.ne.jp) 2000/08/16 Wed 21:31:37
本間さん、皆さん、今日は。ちょっと遅蒔きながら、ビル・クロウ著、村上春
樹訳『ジャズ・アネクドーツ』新潮社、購入しました。「ジャズ・ミュージシ
ャンという"部族"が残した抱腹絶倒・荒唐無稽・言語道断・喜怒哀楽の逸話集
。レコードを聴きながら、ゆっくりお読み下さい」という帯がついております
。以前、同じ著者の『さよならバードランド』という回想記が出ましたが、そ
れに次ぐ翻訳です。五十年代、モダン・ジャズ全盛期のジャズメン秘話。ルイ
・アームストロングやマイルス・デイヴィス達の活躍する栄光の時代が甦って
きます。村上さん関連書物はついつい買ってしまいます。。アーヴィングの「
サイダーハウス・ルール」はペーパーバックで買いました。映画も来てますね
。「そうだ村上さんに聞いてみよう」も、もちろん購入、とっても面白いです
。だけど彼の長篇小説が切に待たれる昨今!

英語翻訳とかドイツ語、ポーランド語翻訳本にもつい手が伸びて、マニアック
に集めています(村上著作)。同時代だと村上春樹か町田康か、って感じなの
ですが(一緒にしたらいけないかも?)。。


[3538] sumiko さん(stuku@nifty.com) 2000/08/16 Wed 11:54:57
管理人さん みなさん はじめまして。
このあいだ 新しい”そうだ村上さんにきいてみよう”を購入しようと百貨店内の
大きな書店にでかけたんですが、見つけられませんでした。
帰宅して、確認しましたがちゃんと発売日はすぎてますよねえ。がくっ
またで直すことにします。
  では お邪魔しました。

[3537] yuzuki さん(yuzuki-i@par.odn.ne.jp) 2000/08/15 Tue 17:45:39
tbさん、名前を褒めて下さってありがとうございます。
ちなみに漢字表記では「優月」と書きます。
私は、春樹さんの小説には、品性のようなものを感じます。
品性、というのは、人の痛みを想像できる柔軟な心のような気がします。
そんな人間でありたいと、私も思ってはいるのですが‥‥‥
まあ、努力に勝る天才なし、ですね


[3536] しん さん(sinrabansyo@hotmail.com) 2000/08/14 Mon 15:08:45
こんにちは。お久しぶりです。
最近は貝のように働いています。
一応夏休み中なのですが、どうしてもしなければならない仕事があって
ずっと会社に出てきています。そしてあしたもあさっても。
でも、休みの日の会社はなんだかすがすがしいです。
いや、アン・シャーリー的ロジックです。

ちなみに...。
最近読んだのは、新潮文庫の『ヘミングウェイ短編集(1)』
『フィッツジェラルド短編集』です。
で、いまアーヴィングの『ガープの世界』を読んでます。

たまに「翻訳ものをやたらと読みたくなる周期」があるのですが
今は、まさにそれで、翻訳小説がもつ、「絶対に変換のできないなにか」
を、とにかくかんじたくなります。
それがストレスになってくると反動的に日本の小説やマンガへ流れて行きますが。
英文で読めれば一番いいのですけれどね。

その他には...
「単館系映画がやたらとみたくなる周期」、
「山菜がやたらと食べたくなる周期」、
「芦毛がなんだか走りそうに見えてしまう周期」
などがありますが、レッドチリペッパーは買いません。
それでは。

[3535]日宇俊彦 さん(cdz64880@hkg.odn.ne.jp) 2000/08/13 Sun 22:36:28
管理人の本間さんをはじめ、みなさん、はじめましてこんばんは。
日宇と申します。
僕も大学時代に春樹を読んで大ファンにはりました。
まともに小説など読んだことがなかったのにどっぷり漬かってしまいました。
(あんな3部作なんか読めそうもなかった僕なのに)
春樹以外の小説家は読まないしというか読めません。

僕のHPでも■−ロック喫茶「ノルウェイの森」−■という掲示板を
開設してます。春樹かビートルズが好きな人のための掲示板です。
ほとんど僕と親友の「おさむ」君としかやり取りしてません。
とても寂しい思いをしてます。どうか気軽に書き込みをお願いします。
15日くらいから留守にしますが。

なんか宣伝みたいな形になってしまいましたが、ちょくちょくこちらの
掲示板にはお世話になりたいと思います。
ではまた。よろしくお願いします。

[3534] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/08/12 Sat 15:03:24
こんにちは。思い出のお酒というお題だと、私はジン、ウォッカです。といっても
安いやつをがんがん飲んで気分が悪くなったという忌まわしい思い出ですけど。
好きな人とのお酒についての思い出って素敵ですよね。今のところは思い出すほど
のことがないので、そんな思い出を作りたいです。

>本間さん、ゆきさん
「風の歌を聴け」で昔の彼女と2人でベッドで食べていたやつがレタスとソーセー
ジだけのサンドイッチでしたが、それじゃないでしょうか。それにしても村上作品
の食べ物はどれもこれもおいしそうですよね。私は「世界の終り・・・」の最後の
ディナーのところだけ読み返したりしちゃってます。


[3533] ちびきち さん(chibikichi@hotmail.com) 2000/08/12 Sat 00:03:09
本間さん、帰省されるのですね・・・ちびきちは、既婚で無職なので夏休みが無い
といえばないし、毎日夏休みといえば夏休みです。明日から配偶者の実家へ墓参り
に行きます。とっても憂うつです。そこは海辺の小さな町で、両親は細々と漁業を
営んでおります。なぜに憂うつかと申しますと、やはりそこは他人の家・・・私の
居場所はありません。そんなの当たり前とわかっていても、孤独は辛いものです。 

[3532] tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/08/11 Fri 23:16:53
  「そうだ、村上さんに聞いてみよう」を読んだのですが、村上さんて、一見
人に対してクールそうに見えて、ほんとは(というかなんというか)心の暖か
い人のような気がします。疑問185を読んでると、そんな気がしました・・・
って、ここに来ている人は、皆さんそう思ってますね。
  なかなか言えませんよね。厳しく、優しい言葉って。

  僕の想い出の酒は、ビール、しかもエビスかなあ。初めて自棄酒(に類する
ような飲みかた)をしたときのお供だったのですが、それまで嫌いだったのに
、その自棄酒の日以降、なぜかビールが好きになってしまいました。何がきっ
かけになるかわからんもんです。

>NEOさん
  こんにちわ、はじめまして。全開の僕の書き込みは、誤解を招くような表現
でした。中身は全然「マディソン郡」には、似てもにつかないと僕も思います
。飽くまで、現象が、しかも僕個人に関してのみと言う意味で、「第二のマデ
ィソン」です。ちょっと通常小説で扱われる恋とは(年齢的に)違うという点
で共通してるかもしれないですけれど、「朗読者」って、多分ちょっとミステ
リというか、サスペンスっぽく展開するように予想します。

>本間さん
  はは、僕も物好きだと思います。でも、明日はがんばるぞー。美味しいサン
ドウィッチを作るのです。フランスのkiriもちゃんと手に入れたことですし、
用意万端です。

[3531]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/11 Fri 15:47:49
 今日更新しようと思ったけど、時間がなくて出来ませんでした。ごめんなさい。
16日に帰ったらします。

◎アキさんへ
 お題になってしまいましたね。お題といえば、飲んだときにするナンバー1ゲー
ムを思い出します。「一番何とかそうな人」とみんなで指さすゲームです。アキさ
んもやってみて下さい。と、そんな事はどうでもいいのですが、塩抜きは確かブル
ドッグですね。私はソルティーの方が好きですが、確かに不用意に飲むと塩は付き
ます。でもそれで笑い合っている内に緊張がほぐれていいかも。
 アキさんも良い夏休みをお過ごし下さいね。私は今から帰ると夜だなあ。

◎NEOさんへ
 NEOさんには好評ですね。うーん、私も文庫になったら読んでみる事にします。帯
で大体ストーリーを判断してしまったのが間違いだったかも。しかし、ハードカバ
ーに解説が入っているのは珍しいですね。訳者が気を利かせた結果、裏目に出たと
いうところでしょうか。
 NEOさんも良いお盆休みをお過ごし下さい。

◎あさこさんへ
 こちらはテキーラサンライズですか。みんなカクテルですね。たまには「大関で
す」という人がいると面白いのだけど。
 確かにみなさん恋愛がらみですね。元々カクテルなんてそういうお酒だからだけ
ど、好きな子と飲むお酒が一番美味しい気がします。私の持論は、好きな子と飲み
ながら本の話をするのが一番幸せ、ですし。

◎帰省
 それでは、350キロほど北に帰省してきます。新幹線+高速バス。今日は混ん
でいるだろうなあ。盛岡で冷麺でも食べてから帰ろうっと。
 ここを見ているみなさんも、良いお盆休みを。

[3530] あさこ さん(kuwano@aob.geophys.tohoku.ac.jp) 2000/08/11 Fri 12:56:14
こんにちは。わたしの思い出のお酒はテキーラサンライズです。
昔好きだった男の子が、彼の家で作ってくれました。
私にだけではなくて、そのとき集まったみんなにですけど。

みなさん、思い出のお酒は好きな人の思い出と重なっていますね。

[3529]NEO さん(PXF04304@nifty.ne.jp) 2000/08/11 Fri 12:55:14
今週『朗読者』読みました。うーん、90ページで止まっていると、次の局面には入
ってないですよね? わたし的には『マディソン郡の橋』とは全く違う物語でしたが
。流石ドイツの小説、って感じです。「朗読者」というタイトルの意味は、後半にな
ってまた大きな意味を持ってきます。えーと、泣ける小説ではありませんでした。
色々なことを考えさせられました。漠然としていてすみません。でも、結構ネタバ
レは興趣をそぐ小説なので...。これから読もうと思う方も、解説(思いっきりスト
ーリーを割ってます)は見ない方がいいと思います。以上、『朗読者』レポートで
した。
ああ、ハワイに行ってピナコラーダ飲みたい。


[3528] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/08/11 Fri 00:53:08
こんばんは。「思い出のお酒」ってイイお題ですね。(別にお題じゃないけど)
私の思い出のお酒はソルティードッグです。
すごく好きな人と付き合いだしたばっかりの時に小洒落たバーで
飲んだのですが、そのまま飲んで口に塩がついてしまったワケです。
それで取りたいんだけど何か口元を意識してるみたいで恥ずかしくて
なかなか取れなくてすごく困ったですよ。うーん懐かしい。
私は明日働くと夏休みです。はばないすう゛ぁけーしょん。

[3527]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/11 Fri 00:10:58
 今日で仕事終わり。明日からは夏休みです。明日帰省する前に更新はしますが、
当分ここの返事も書けないので、帰ってきたらまとめて書きます。

◎ちびきちさんへ
 ふーん、なるほど。いい感じの想い出ですね。私の想い出のお酒は、やっぱりス
クリュードライバーかな。学生の時、ずっと好きだった子と飲みに行って、このカ
クテルを飲んでいたら、彼女より私の方が先に酔っぱらいました。今はもうそんな
事はないけど、懐かしい想い出です。

◎tbさんへ
 「マディソン」の後に映画化もされた「ホース・ウィスパラー」というブームも
ありました。翻訳恋愛小説というのは一定の周期でブームになるのでしょうね。
 この暑い時期にピクニックとは物好きですね。日射病にならないように、木陰を
見つけて下さいね。
 「朗読者」は私も手に取るとこまでは行ったのですが、ひらめかなくて読んでい
ません。後半、心に響くものがある事を祈ってます。

[3526] tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/08/10 Thu 23:46:41
  ベルハルト・シュリンクの「朗読者」を90ページまで読んだのですが、そこ
でつらくなってやめました。つらくなったというのは、内容に関してというわ
けではなくて、ちょっと個人的なことで、作品とは関係なくつらくなっただけ
なのですが、読めなくなっちゃいました。ここまで読んだ感想としては、第二
の「マディソン郡」になるかなあ・・・というものですが、最後まで読めなく
なったので、なんとも言えません。残念。

  「そうだ、村上さんに聞いてみよう」は、ついついやめられなくなって、時
間をわすれて読みふけってしまいますね。朝日堂、再開しないかなあ・・・

  明日、サンドウィッチを作ります。明後日のピクニックの間食担当なんです
が、その予行演習です。スモークドサーモンのトーストサンドとか、生ハムと
レタスのサンドなどを作る予定です。ちょっと楽しみ。

>yuzukiさん
  話には関係無いのですが、yuzukiというのは素敵なお名前ですね。素直に、
そう思います。
  僕は、村上さんの作品を読むと、哀しいのになぜか救われたような気分にな
ります。どうしてなのかはわかりません。彼の物事への距離の取り方が、心地
よいのかもしれません。言語化してしまうと、なんだか違うような気もします
が、離れられないのは僕も一緒ですね。

>本間さん
  その日は花火があったので、結局上巻しか読めなかったんです。で、下巻を
読む前に、「朗読者」を読みはじめてしまったのですが、個人的にはそれほど
面白いとは思えず、途中でやめてしまいました。これから下巻を読みます。健
闘を祈っていてください。

[3525] ちびきち さん(chibikichi@hotmail.com) 2000/08/10 Thu 21:05:27
本間さんへ
こんな私の文章にも、お返事が頂けるので、初心者のちびきちは嬉しくて
今日もキーを叩いております。
私は、ブラデイ マリーというお酒を ダンス・ダンス・ダンス ではじめて知りまし
た。十数年前、当時好きだったバーテンの男の子に作ってもらって<レモンを
きゅっと絞って、リーぺリンをふりかけて>一体何杯飲んだだろう・・・
なんだか、ふっと思い出しました。本間さん、皆さんは思い出のお酒はあります
か?

[3524]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/10 Thu 01:26:44
 明日というか今日、会社行けば夏休み。

◎本の虫さんへ
 一体どこからそんなデマを。そんな話は初めて聞きましたよ。大体村上朝日堂の
wwwの更新を止めたのだって、小説の執筆が理由ですし。
 小説の読み方は人それぞれでいいでしょうから、今のままでもいいのでは? 私
も数読む方ですが、別に変えようと思ったことはないですね。

◎ちびきちさんへ
 それは良かったです。なんか少し脱力したので。
 村上さんのエッセイに「いくつになろうと自分と同年代の女性は女の子だ」とい
う文章がありますが、私もそんな感じですね。凛とした部分を持っていれば、みん
な女の子です。
 森瑤子はともかく、向田邦子は私も好きですよ。日本にもこんな時代があったん
だな、と胸が少し痛みます。

◎あさこさんへ
 ビーフ・カツレツはイタリアンレストラン行けば食べられますよ。個人的にはし
ょうゆをかけて食べたい気がしましたが。
 パレード、見ていたんですか。私は仕事してましたが、よく考えたら今まで一度
も見たことないかもしれません。来年は見てみよう。ちなみに花火大会も雨で大変
だったようです。せっかくの浴衣が可哀想ですね。

◎ゆきさんへ
 こちらは暑かったり夕立来たり、変な天気です。
 福岡に帰省されるんですか。その上沖縄。いいですね。美味しい物をたくさん食
べて来て下さい。私はゆっくり本読んだり、友達と飲んだりする予定です。
 食パンにソーセージ。うーん、私もどの短編か分かりません。分かる人は教えて
下さいね。ちなみに私の食べたいものベストはやっぱりサンドイッチかな。

[3523] ゆき さん(kanakana.u@justnet.ne.jp) 2000/08/09 Wed 17:45:28
こんにちわ。東京は毎日とても暑いです。
そちらも暑いですか?
明日から20日まで、念願の夏休みです。
もっと暑い、福岡の実家への帰省と沖縄旅行の予定です。
本間さんもお休みなんですね。よい休日をお過ごしくださいね。

村上さんの作品を読んで食べたくなる物・・・
私は、ドーナツ、サンドイッチ、チーズクラッカー、讃岐うどんですね。
でも、何にもない時に食パンにソーセージを挟んだだけのサンドイッチ
(どの短編でしたっけ?)も、読んでて無性に食べたくなりました。


[3522] あさこ さん(kuwano@aob.geophys.tohoku.ac.jp) 2000/08/09 Wed 14:26:47
こんにちは、あさこです。

ここなっつさん
>みなさん、村上さんの作品を読んで、こういうことありません?

わたしは、村上朝日堂を読んで以来、ウインナ・シュニッツエルが
食べたくて食べたくて。(バターがかけてあって、白い塩ゆでパスタが
そえてあって・・・)

いつか神戸を訪れる機会があれば、必ずビーフ・カツレツを食べよう
と思っています。

本間さん
>仙台七夕初日でしたが、夕方の雷でパレードが途中中止になったそうです。
観光
客の人にはかわいそうかも。

わたしは、実家から遊びに来た母と一緒に、新聞紙をしいて通り沿いでみてま
した。まさに雨に降られてしまいましたが、少し早めに立ったおかげで、本ぶ
りの前にお店に入ることができたので、ラッキーでした。

[3521] ちびきち さん(chibikichi@hotmail.com) 2000/08/09 Wed 13:14:27
本間さんへ
はるりん は、ちょっと真似してみただけです。<悲しくならないでね>
私は、本間さんより一つ年上の・お・ん・な・の・こ・です。
春樹さん以外は、向田邦子・森瑶子のエッセイなどを愛読しておりました。
羊男が大好きです。それでは、また・・・

[3520] 本の虫 さん(yutaka25@abox5.so-net.ne.jp) 2000/08/09 Wed 00:33:59
本の虫です.村上春樹はもう長編小説は書かないのでしょうか.もし知っていたら、
教えていただけるとうれしいです。
僕は小説を山羊が草をたべるように「むしゃむしゃと」読んでしまいます。
やはり精読した方がいいのかなあ。

[3519]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/08 Tue 23:42:21
 今日久しぶりに区役所行きました。

◎takuroさんへ
 冷たい返事になってしまってごめんなさい。でもこういうのは、話を聞いてもら
うだけでも大分楽になるので、友達からすれば助かると思いますよ。
 結果的に巧くいくといいですね。

◎くつさんへ
 もうお分かりかと思いますが、それは「長い」「白い」「動く」の3シリーズで
す。最近また復活したんですけどね。ドラッグ好きの名探偵、信濃は私もなかなか
気に入っているキャラクターです。

◎tbさんへ
 はい、お久しぶりです。色々な事があったのですね。何かが起きる時というのは
まとめて起きる可能性が高いような気がします。経験則ですが。
 「世界の終わり」はもう読み終わった頃でしょうか。私は、気分がダウン系の時
再読すると、「世界の終わり」の方の世界に同調してしまう事が多いですね。何に
せよ、穏やかな毎日が帰ってくるといいですね。

◎ちびきちさんへ
 はい、初めまして。はるりんという呼称は、一般的になってしまったのでしょう
か。だとすると、ちょっと悲しいです。何となく。
 成人式の時私が買ってもらったのはセーターでした。男なんてそんなもんです。
でも行きたい場所で、食べたい食べ物に囲まれてというのはいいですね。また大人
になって、何らかの機会の時に楽しんで下さい。

[3518] ちびきち さん(chibikichi@hotmail.com) 2000/08/08 Tue 21:51:02
はじめまして、ちびきちです。 
私が、はるりんにはまったのは、高校生の時です。<何年前かは秘密>
成人式のとき、着物はいらないから、ハワイに行かせて!!と親に金をもらい
ABCストアーでピナコラ−ダとローストビーフサンドイッチを買ってワイキキビーチ
で祝いました。 ダンスダンスダンス


[3517] yuzuki さん(yuzuki-i@par.odn.ne.jp) 2000/08/08 Tue 15:48:48
tbさんこんにちは、yuzukiと申します。
書き込みは初めてです。私は春樹さんを読むと、心の中に風を感じます。
いみじくもデビュー作の「風の‥‥‥」というタイトルとおりに、そよそよと
風の流れを感じます。
それはあらゆる励ましよりも、時として、慰めにもなり
叱咤にもなる‥‥‥だから春樹さんを止められないのかな

[3516] tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/08/08 Tue 12:07:24
  おひさしぶりです、tbです。色々なことが山のように起きて、それに翻弄さ
れてるあいだに、半年近くの年月が経ってしまいました。その間に色んな経験
をして、色んなものを失って、はっきりいって混乱していたのですが、昨日久
しぶりに『ノルウェイの森』を読んだら、気持ちが落ち着きました。前はそれ
ほどでもなかったのに、今回読んだときは、書き置きがとても哀しかった。と
ても哀しかったです。
  今日はこれから、『世界の終わり〜』を読む予定です。村上作品を読むとき
は、なぜか自分にとって哀しかったり、辛かったりするときが多いです。嵐が
通り過ぎるのを、頭を低くしてひっそりと待っているような感じかもしれませ
ん。

[3515] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 2000/08/07 Mon 22:42:02
先日歌野しょうごを読みました。
身内の不幸があってから、ミステリーを読む気力が
失せていたのですが、あまり厚くないので
手を出してみたら、黙々と読んでしまいました。
『白い家の殺人』です。またそのシリーズを
古本屋で探してこようかなと思ってます。

その前に買って、読んでいない本がたまっているんですけどね。

[3514] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/08/07 Mon 14:04:59
本間さん、お返事ありがとうございます
やっぱりおっしゃられるようにこればっかりは仕方ないですね。できるだけ話を聞
くだけでもしようと思います。
私事でもうしわけありませんでした。

[3513]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/07 Mon 02:36:28
 仙台七夕初日でしたが、夕方の雷でパレードが途中中止になったそうです。観光
客の人にはかわいそうかも。

◎Kumiko Flasckさんへ
 日本語が使えないと思われる環境からの書き込み、ありがとうございます。
 さて、クロニクルというだけあり、様々なエピソードに加え、今までの村上作品
になかった実際の戦争や暴力の描写、という特徴を持った作品なだけに、難解だと
いう意見はよく聞きます。いわゆる村上作品解説本を読むのもいいでしょうが、自
分なりに解釈する事が大事だと思いますよ。昨日も書きましたが、私も解釈しきれ
ない部分もありますし、お互いゆっくり消化していきましょうね。本は手元にある
限り、何度でも読むことが出来ますし。

◎takuroさんへ
 私もどちらかというと、その考え方に近いです。個々が考えるべき問題は個人で
解決すべきであって、馴れ合いや依存では何も解決出来ない、という感じ。ただ、
人を好きになるという事は、何らかの影響を受けるという事だし、その彼があなた
の友達の事を好きなら、合わせる部分も出てくるでしょう。
 何にせよ、この手の話は当人同士が話し合って決めるしかないでしょうね。

◎ここなっつさんへ
 私の書き込みはみなさんの書き込みに比べると短いし、そんな大した事ないです
よ。毎日こんな適当でも文章を書くというのは、楽しいですし。
 読んだら止まらないというのは私の性格も一緒です。ただ、長い作品を読み出す
と翌日辛いので、夜読むのなら、「カンガルー日和」などの短編集をおすすめしま
す。「村上朝日堂」などのエッセイもいいかも。
 村上作品を読んで、描写される食べ物が食べたくなるというのは、ファンのほと
んどが体験していると思いますよ。私の場合、サンドイッチとビールに強力に惹か
れます。

[3512] ここなっつ さん(konkons@d6.dion.ne.jp) 2000/08/07 Mon 00:20:12
みなさん、こんばんは。本間さん、丁寧なお返事ありがとうございます。毎日一人
一人の書き込みをきちんと読んでくださっているご様子。心がほんわかハッピーに
なります。穏やかであったかいHPに寄せていただいて、うれしいかぎりです。さ
て、未読の作品を楽しんでくださいと言われたばかりなのに、一度読んだ『ねじま
き鳥クロニクル』をゆうべ寝る前に手にとってしまいました。読み出したら私の性
格上、止まらない(笑)! 今回はどういうわけか、最初のシークエンスに出てく
るスパゲティが気になって仕方ありません。文学的にあのスパゲティの登場はふか
ーい意味があるのでは、とかいうんじゃなくて、ただ単に食べたくなるのです。昼
にスパゲティをゆでるなんて何てことない作業なのに、今日のお昼、無性にスパゲ
ティをゆでたくなって困りました。夏休み中の10歳の娘に「おかーさん、今日の
お昼はいなり寿司だって言ったじゃん」と押し切られましたが。みなさん、村上さ
んの作品を読んで、こういうことありません? 今日は食い意地がはっているここ
なっつでございました。お休みなさーい。

[3511] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/08/06 Sun 16:13:59
こんにちは。皆さんのご意見をいただきたいことがあるのです。

私の友達の彼氏の話なのですが、その人は「ノルウェイの森」の永沢さんのような
性格なんです。結局別々だ、とはじめっから割り切ってるような人なのでどうもい
まいちしっくり行ってないらしいんです。その考え方もわかるのですが、好きな人
にあんまり期待できないのはつらいと言ってました。うまくいくといいな、とは思
うのですが、こればっかりは手助けできないことだろうし。しっかり話を聞いても
どう答えてあげればいいのかよくわからないんです。

すいませんが、どなたかご意見をくださいませんでしょうか?
お願いします。

[3510] Kumiko Flasck さん(suzukumi@yahoo.com) 2000/08/06 Sun 07:30:18
"Nejimaki dori Kuronikuru" wo yomi oemashita. Shujin mo English 
version wo yomimashita. Shikashi konkai ha imaichi "Theme" ga tsukame 
masen deshita.Toujou jinbutsu ya iroirona dekigoto no kankei ga umaku 
musubi tsukerare nakatta to iu no ga kansou desu. "Watashi ha konna 
fu ni yonda yo!" to iu kanji de kaisetsu shite kudasaru hito ha 
inaide shouka?

Onegai shimasu!


[3509]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/05 Sat 23:42:18
 今日は福島で偶然祭りを見てました。うーん、祭りはやっぱり見るより出る方が
絶対楽しいと思う。

◎アキさんへ
 おっ、ようやく読み終わったんですね。堪能したようで何よりです。でもそんな
に長いかなあ。最近の日本のエンターテインメントはみんなあんな感じです。しか
し、なかなか凄い例えですね。リアリティーあります。
 軽めで切なくない青春物かあ。「ネバーランド」は結構重いですよ。私なら「今
夜は眠れない」「夢にも思わない」宮部みゆき、中公文庫をおすすめ。少年書かせ
るとなんて巧いんだ、と参ります。

◎megさんへ
 どういたしまして。早めに見つかるといいですね。割と古本屋にもあるかもしれ
ません。

◎ねむさんへ
 こちらもどういたしまして。
 私のスタンスは読書なんて個人的体験なので、読者の数だけ読後感があるのは当
たり前だし、正しい読み方なんてないんだ、というものです。でも、他の人の読後
感を聞くのは楽しいですよね。なるほど、と思うのも中にはありますし。
 「ねじまき鳥」は名前通り、様々なエピソードがあって、私は未だに自分の中で
消化しきれていません。いつか、こういう事だったんだ、と分かる日が来るのが楽
しみです。

[3508] ねむ さん(hitoshi@mui.biglobe.ne.jp) 2000/08/05 Sat 13:27:42
早速のお返事ありがとうございました。
村上作品は何度も読み返すのでつい細かいところにばかり目がいってしまいます。
悪い癖ですね。
松(pine)と痛み(pain)の音が似ているので、それをかけているのかな
と思ったりもしたのですが・・・。
身近に村上ファンがいないので、このHPを見つけて嬉しかったです。またちょく
ちょく寄せていただきたく思います。どうぞよろしく。
私は「ねじまき鳥クロニクル」が今のところ一番好きです。



[3507] meg さん(jazzmeg@hotmail.com) 2000/08/05 Sat 01:19:49
あさこさん、管理人さん、
情報どうもありがとうございました。
大変参考になりました。

[3506] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/08/05 Sat 00:05:44
こんばんは。ちょっとゴブサタですかね?
長かった『ホワイトアウト』をようやく読了し、晴れて自由の身になりました。
確かに面白かったのですが、なんだかスゴク時間がかかってしまいました。
なんて言うか「2年付き合って、思い出もあるし、イイ所もたくさん知っている
彼氏と、それでも別れた後にホッとしている」ような開放感です。分かりにくい?
そんなこんなで、次はちょっと軽めのモノを読んだみようと思っています。
夏とは言え、あんまり切なくない青春系(恋愛重視じゃないヤツ)なんかいいな。
何かオススメはありますか?『ネバーランド』面白そうですね。読もうかな。


[3505]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/04 Fri 23:57:25
 追加です。

◎shokoさんへ
 実は私も持っています、英語文庫。これで練習しよう、と思って読み始めました
が、挫折しました(笑)。
 そのお友達が翻訳された本、本屋で探してみますね。翻訳のハードカバーは、な
かなか手を出しにくいので、ちょっと立ち読みしてみます。

[3504]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/04 Fri 23:53:51
 8月ですね。東北は各地で夏祭り真っ盛りです。

◎ねむさんへ
 はい、初めまして。
 うーん、松の木ですか。それについては考えたことなかったですね。「井戸」ほ
ど前面に出されてないし。単に村上さんが木といえば松、と書いているかもしれな
いし、言われる通り暗喩としての松なのかもしれません。という訳で、私は特に考
えはないです。ごめんなさい。何か思いついたら書いてみますね。

◎空さんへ
 はい、初めまして。飲み会でジントニックというのはちょっと珍しいかな。私は
ビールに普通に惹かれました。
 私が卒論で村上春樹を取り上げるとしたら、短編集「TVピープル」、長編「国
境の南」を取り上げて、作品の変容というテーマでします。個人的にはこの両作品
から第二期に入ったと思うので。

◎ここなっつさんへ
 こちらも初めまして。翻訳に関しては深町真理子さんの本を読んで以来、いろい
ろ気を付けて読むようにしていますが、なかなか深い世界ですよね。翻訳をきっか
けに村上さんの小説を読み出した、という事ですが、きっかけは何であれ自分に合
う作家を見つけるというのは幸せな事です。未読の作品もあるでしょうから、これ
からゆっくりと村上さんの言葉を楽しまれて下さい。

◎くろひょうさんへ
 夏風邪だったんですか。それはそれで大変でしたね。でも言われる通り、ゆっく
り本を読む時間が確保出来て、ある意味では良かったのかもしれません。
 時代を先取りする作家というのはM・クライトンのキャッチフレーズみたいなも
のですが、時代がどうあろうと、自分のスタンスは変えないという村上さんの小説
は、普遍的なものを持っているのでしょうね、きっと。

◎Megさんへ
 講談社英語文庫から上下巻で出ていますよ。何回か見たので品切れにはなってい
ないと思います。他には「世界の終わり」と「カンガルー日和」も翻訳されていた
記憶があります。

◎あさこさんへ
 仙台在住なんですか。初めまして。
 紀伊国屋にペーパーバックのコーナーがあるんですか。知らなかったです。

◎まさたかさんへ
 私は、クリスマスに「羊男のクリスマス」をよくプレゼントしていた時期があり
ました。文庫版も出ていたし。佐々木マキさんの絵は素敵ですが、あれを単体で読
んでも分かりにくいのがネックでしたね。
 プレゼントした本を読んでくれると、嬉しいですよね、やっぱり。

◎つららさんへ
 こちらも夏風邪ですか。私は夏には引いたことないですが、大変そうなのでお大
事にして下さい。
 「村上さんに聞いてみよう」は妙にとぼけた解答が面白いですよね。あのウィッ
トさは真似できません。
 「国境の南」、早く見つかるといいですね。

[3503]shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/08/04 Fri 23:30:21
本間さん、みなさんこんばんは。

 クリスマスの思い出と、あとの2冊、
山本さんの版画もとても素敵ですよね。
 ノルウェイの森の英語版は、講談社英語文庫からも出ています。
わたしはそれで持っています。受験生のとき、長文読解だー
とかなんとか理由をつけて読んでました(笑)。
 ところでちょっと宣伝です。お友達が翻訳をした小説が出たのです。
ジェン・バンブリィ著 ガール・クレイジー 河出書房新社
ハードカバーの本です。
春樹さん好きにはなかなか面白い小説だと思うので、
見かけたひとはぜひ手に取ってみてくださーい。
わたしにはとても面白かったです。

[3502] つらら さん(kumokari@bmail.plala.or.jp) 2000/08/04 Fri 23:12:58
こんばんわ。
夏ですね。でも、夏風邪をひいてるわたしには、つらいです。。なのに、明日は土
曜出勤。。。ついてないです。やれ、やれ。。。そうだ、村上さんに聞いてみよう
を、今は、少しずつ楽しみながら読んでます。時に、わっはっは!と笑いながら。
そして、時に、ふむふむと。突然、国境の南・・・が無性に読みたくなりました。
なのに、、、みつからなーい。。読みたい本が、すぐに見つかるような部屋にしよ
うかなっと。。。では、では。

[3501] まさたか さん(c0012567mn@waseda.ac.jp) 2000/08/04 Fri 15:18:22
僕は「クリスマスの思い出」のあとがきが好きで何度も読みます(もちろん本編も
好きです)。
あれは素敵な本ですよね。ちょっと高いけど。
少し前のクリスマスにたくさんの友達にあの本ばらまいたときがありました。
みんな読んだのかな?(たぶん読んでなさそうな雰囲気)


[3500] あさこ さん(kuwano@eos.hokudai.ac.jp) 2000/08/04 Fri 10:49:18
はじめまして。あさこといいます。

>日本で「ノルウェイの森」の英語版を手に入れることができるでしょうか?

私は仙台在住ですが、先日紀伊国屋書店にいったら、ペーパーバックのコーナ
ー
に、上下巻セットで箱に入って売っていました。値段は忘れました。
大きめの、英語のペーパーバックを取り扱っている書店なら、おいてあるかも
しれません。 

[3499] Meg さん(jazzmeg@hotmail.com) 2000/08/04 Fri 09:36:42
こんにちは。
突然ですがお尋ねします。
日本で「ノルウェイの森」の英語版を手に入れることができるでしょうか?
現在アメリカにいますが
友人がぜひ読みたいと言っています。
こっちでも英語版はもう入手できないそうです。
日本ではどうなのでしょう?
もしご存知の方がいらっしゃれば
教えてください。

[3498] ここなっつ さん(konkons@d6.dion.ne.jp) 2000/08/04 Fri 04:44:49
おはようございます。くろひょうさん、ごめんなさい。村上氏の翻訳したのはカポ
ーティ作品には間違いないのですが、『ティファニーで朝食を』ではなく『クリス
マスの思い出』です。まぎらわしい書き方をして誤解をまねいてしまいました。本
当にもうしわけありませんでした。

[3497] くろひょう さん(naomi-nt@iss-net.ne.jp) 2000/08/04 Fri 01:47:01
 ひさしぶりの 書き込みです。
4日間くらい 珍しく かぜをひいて 38度のねつがでて 寝込んでいました。
直ったら 前より すごく元気がでました。
疲れがたまっていたので 逆に 休む事が出来てよかったのかな。
羊をめぐる冒険の 再読と そうだ村上さんに聞いてみようを読む事が
できてよかった。
 羊は 10年ぶりくらいに読んだけど 今でも とても新鮮です。
自分がなぜ 村上春樹を好きになったか思い出しました。
 生活のスタイルや 服装や 食事の ディテイルも 全然古く感じないし
村上春樹って かっこいい。

 ところで ここなっつさん 村上春樹の「ティファニーで朝食を」
が あるなんて知らなかった。 大好きな小説なので 読みたいな。
翻訳集か 何かにはいっているのでしょうか。どなたか知っている方
教えて下さい。

長くなってしまいました。では おやすみなさい

[3496] ここなっつ さん(konkons@d6.dion.ne.jp) 2000/08/04 Fri 00:20:12
初登場の「ここなっつ」です。管理人の本間さん、みなさん、初めまして。ここ数
年、英日出版翻訳を学んでいます。翻訳学校のテキストがT・カポーティの『ティ
ファニーで朝食を』だった時のこと。講師が二種類の訳例を配りました。一つ目が
ふるーい翻訳家の手によるもの、二つ目が村上春樹氏の翻訳。「村上春樹の出現を
機に、小説の翻訳は変わったと言われています」と講師。読み比べると確かにすご
いのです。前者の、平板で分かりにくい文章とは比べものになりません。文章の表
面はさらりとシンプルなのに、奥には何か精巧で貴いものがあると確信できる。村
上氏のパワーが(翻訳という)カーテン越しにはっきり見えたのでした。それから
しばらくして、初めて小説を読みました。『スプートニクの恋人』。続いて『ねじ
まき鳥クロニクル』。別世界へ連れていってくれる作家だと感じましたね。読む前
と読後とでは、周囲の風景がちがって見えるのですから。若い頃から三島オタクの
私は、小説のラストでは作者から置き去りにされるのが当たり前と思って来まし
た。でも村上氏は、ラストになっても読者の手を放さずにいてくれるような気がし
て、何だかとてもうれしかった。温かくてやわらかいものを感じたのでした。「温
かくてやわらかいもの」を確認するため、村上朝日堂HPを訪れてみると、すてき
な村上氏の言葉たちが適材適所で跳躍していました。私もメール読んでもらいたか
ったな。あっ、最初から長ーい書き込みでごめんなさい。では、これにて。

[3495] 空 さん(k0ma21@rj8.so-net.ne.jp) 2000/08/03 Thu 23:59:42
こんばんは みなさま ハジメマシテ
私は大学 1年のときにクラスのコに薦められるまま
春樹作品を手にし 以来 すっかり魅せられてしまいました
文学部日本文学専攻なので クラス中が春樹ファンになり
飲み会行くとジントニック注文するヤツがいたり
会うと春樹の話ばかりしてました
現在 大学 4年 卒論は 春樹についてやりたい!と
教授に言ったはいいが 何についてやるか具体的には決めてないのです
けれども 最も敬愛する作家なので 春樹について是非書きたいと思ってます

もしも みなさまが春樹について研究するとしたら
どんな事をしますか?参考に教えてください
突然現れて ヘンなお願いでゴメンナサイ

[3494] ねむ さん(hitoshi@mui.biglobe.ne.jp) 2000/08/03 Thu 23:00:15
初めて書き込みいたします。
もう十年以上村上春樹さんの作品を読み続けています。
昔々、学生の頃は、「心の震えがなくなった」という感覚が実感としては理解でき
なかったのに、今ではすっかり鈍くなった心を抱えて呆然と暮らす二十八歳です。
さて、本間さんはじめみなさんに伺いたいのですが、村上作品における「松の木」
の意味って何なのでしょうか。無意識としての「井戸」と対になっているように思
うのですが・・・。「ノルウェイの森」で直子と僕が「野井戸」の話をするとき松
林の中を通るし、「ねじまき鳥クロニクル」「スプートニクの恋人」では高い松の
木に登ったまま消えてしまう(あちら側にいってしまう?)人や猫のエピソードが
ありますね。クミコの手紙の消印「高松」も高い松の木の意かと思います。松の木
は何を象徴しているのでしょうか。よろしければご意見をお聞かせ下さい。

[3493]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/03 Thu 00:04:34
 暑くて、だれてます。サッポロビールをミニ株で持っているので、せっせと飲む
ことにしよう。

◎新藤さんへ
 初めまして。私も16歳の時「1973年」を読んで、面白いけど状況がよく分
からない。この不条理さが純文学? って思ったことがあるので、気持ちはよく分
かります。時系列順に読まれた方は幸せですよね。
 休みの日などに、ゆっくり寝て、のんびり本読んでいるとほのかに幸せですよ。
夏はともかくも秋にでもお試し下さい。

◎ごえす・かすさんへ
 はい、ごぶさたでした。
 私は小さい頃の記憶がほとんどないですが、きっと親は親で幸せな気分になるの
でしょうね。それにしても子供の発想と飽きっぽさと好きな物への執着は、見てい
て微笑ましくなる時と悲しくなる時がありますね。不思議です。

◎羊女さんへ
 はい、初めまして。私は獅子座で黒ひょうだったかな。何というか、猛獣系ばか
りなのがよく分かりません。
 さっきも話題にしましたが、時系列順に読むのがやはり一番良いですね。作風の
変化も分かりますし。その作品観に関しては、全く同感です。
 「夜はやさし」は角川文庫でしたっけ? 翻訳の問題は結構大きいですよね。

◎篤志さんへ
 こちらも初めましてですか。羊三部作+1が未読なのは幸せですね。時間のある
時に一気に読むと、なお幸せでしょう。何にせよ、作品観が自分に合う作家を見つ
けるというのは貴重な体験ですので、ゆっくりでもまとめてでも楽しんで下さい。
 私も数は読んでいる方でしょうが、読書は量より質だなと最近は思います。ただ
ある時期に自分に合う作家を見つけるため、数をこなす事は後々効いてくるので、
いい作家にたくさん出会えるといいですね。

[3492]篤志 さん(fwnp1925@mb.infoweb.ne.jp) 2000/08/02 Wed 21:30:26
初めて書き込みします。篤志です。
村上ワールドに今ちょうどはまりかけているところです。
といってもまだ『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』と『ノルウェイ
の森』『村上朝日堂はいほー!』の3冊しか読んでいません(苦笑)。
学生なんですけどこの夏休みには読みたい本がたくさんあります。
その中に何冊村上春樹を盛り込めるか・・。

なんでしょうか、彼の作品を通して伝わってくる世界観のようなものがひどく読後
に心地よく伝わってきます。
今は多読しようと思っているところで再読する時間はありませんが、大きな出会い
だと思っています。それにこのようなHPがあることも嬉しいです。
それでは挨拶程度にということで。また来ます。

[3491] 羊女 さん(trm13h@f4.dion.ne.jp) 2000/08/02 Wed 16:02:32
 はじめましてです。干支も動物占いでも「羊」の羊女(ひつじおんな)です。

 私は年代順に村上作品を読んでいるのですが、最近「世界の終りとハードボイル
ド・ワンダーランド」を読了したばかりです。やっぱり村上春樹という人はとんで
もない人ですね。例のごとくしばらく抜け出せないでしょう。なんだか空の様子や
サンドウィッチの具が気になるし。

 ところで、今はフィッツジェラルドの「夜はやさし」を読んでいます。訳文が古
くて読みづらいのですが、これはしょうがないですね。原文で読めたらなといつも
思います。

[3490] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 2000/08/02 Wed 03:53:41
こんばんわ。
ずいぶんとご無沙汰いたしました。
最近、寝るとき長男がなにかお話をして、とうるさくせがむので、いつも適当に思
いつくまま寝物語をきかせてやっています。ちょうど「蜂蜜パイ」みたいな感じで
す。
寝入ると、彼はそのお話の世界に入りこむらしく、時々面白い寝言をいいます。
彼の夢の中で、そのお話が勝手な方向へ脱線しているのがわかります。
では、また。ときどき顔を出させてください。


[3489] 新藤 水葉 さん(aquaseed@mail.goo.ne.jp) 2000/08/02 Wed 03:15:31
始めまして!
学校で読む小説が無くなったので、姉に何か良い本無い???って言って
村上春樹の小説と出会いました。
最初に貸してもらったのが「羊をめぐる冒険」
コレは姉の一押しだったのですが、「鼠」の前ニ作を読んでいない為
う〜ん・・・って感じでした。
でも、独特の世界観は好きです。
今はノルウェーの森読んでます。
が・・・・高校を卒業しちゃって今フリーターやってるので
読むペースが遅い(><)
1日中読んで居たいです・・・・。


[3488]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/01 Tue 23:26:32
 本の雑誌で取り上げていた「GO」。おお、これが直木賞取ったのか、と読んで
みたら、これがいい! おすすめです。

◎かたつむりさんへ
 うーん、涼しくなる方法ですか。プールに泳ぎに行くとか(笑)。
 それはともかく、水分をちゃんと取るのは続けた方がいいと思いますよ。取らな
いとかえって体に悪そうですし。屋外で仕事をしている人は大変だなといつも思い
ますが、どうか頑張って下さい。

◎ろばさんへ
 初めまして。なかなか面白い省略法ですね。私は頭だけ取る方法を採用していま
す。「世界の終わり」とか。
 私も就職して9年目ですが、読書ペースはさほど変わりません。時間は作りよう
だと思いますが、そんな余裕もない職種もあるでしょうし、一息つける時間に、ふ
っと読書が楽しめるといいですね。

[3487] ろば さん(naokiyuko@do3.enjoy.ne.jp) 2000/08/01 Tue 22:05:42
初めてお邪魔致します。昨日の日曜日に「スプ〜恋人」「世界の終わり〜ランド」
「そうだ、村〜聞いてみよう」を買ってきました。学生の頃はイッパイ時間があっ
て春樹ワールドにドップリだったのですが・・・。今では仕事に追われる毎日。な
んとか時間を作ってワールドに舞い戻りたいと思っております。頑張るぞ〜。



[3486]かたつむり さん(mieko@louis.nasu-web.or.jp) 2000/08/01 Tue 04:22:03
お久しぶりです。
ときどきは覗いていました。
最近、とても暑いです。店をはじめてから、
ブロックのガレージにいますが、家の中と違って、
日中は壁面や天井が
焼けるような感じがします。
エアコンを入れたのですが、
扉を開け放っているので、アセダクダクになっています。
隣にカフェがあり、コーヒーの焙煎小屋があるのですが、
その中で焙煎をしている彼の方がかなり暑いとのことです。
40度近いところに一日中居て、この夏で10キロも痩せたそうです。
私は、というと、恐しくて体重計に乗れません。
アイスコーヒーやジュース漬けになっています。
飲まないと死んでしまうのではないかと思うほど、
汗が出て、夕方は暑さで頭痛がします。
本間さん、涼しくなる方法、何か知りませんか?

[3485]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/08/01 Tue 00:02:23
 さっきまでビデオで「ジャンヌ・ダルク」見てました。思っていたのと違う方向
での物語だったのが面白かった。

◎斎藤さんへ
 えーと、ここは売ります買いますコーナーじゃないので、その手の掲示板に書い
た方が効果あると思いますよ。あと、メルアドは正確に入力しましょう。

[3484] 斎藤 則之 さん(nori/5347@jp-t,ne,jp) 2000/07/31 Mon 22:55:54
8月21日の 宇多田ヒカルのコンサートペアチケットを一番高く買ってくれる人
に、売りたいと思います。千葉マリンスタジアム 6:30〜 一階の一塁側の席で
す。欲しい方は 値段と連絡先をメールで送ってください!!


[3483]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/30 Sun 23:22:12
 飲み会が続いて、へろへろです。

◎ゆきさんへ
 今日は2連休2日目だったんですね。楽しまれましたか? 子育て中の夫婦でも
夫は遊んでいるケースは多いので、不公平感がありますよね。
 「パプリカ」気に入っていただいたようで何よりです。更に関連テーマで法月綸
太郎の「誰彼」や井上夢人の「ダレカガナカニイル」がおすすめですが、一冊の本
を読むことにより、幅が広がるのは本当に楽しいですよね。
 「ゼルダ」は読んだことないですね。フィッツジェラルドは、アメリカの小説に
たまに出てきます。過ぎ去りし黄金時代という比喩で使われることが多いかも。

◎本の虫さんへ
 はじめまして。
 なるほど、そういう読後感もあるのですね。私はあれで終わったという気がしな
いので、ずっとイメージが持続してます。
 ところで、まだ未読の方もいるので、この手の話は難しいですね。小説をどう読
むかという点については正解なんてないだろうし、自分で考える事が大事だと思い
ますよ。

[3482] 本の虫 さん(yutaka25@abox5.so-net.ne.jp) 2000/07/29 Sat 23:13:07
はじめまして。本の虫といいます。「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」
を読み終えました。村上春樹の作品のなかで、一番悲しい終わり方をしたような気
がしました(もちろん今まで読んだ範囲内ですが)。
両主人公、両図書館の女の子とも不幸になってしまいました。
「世界の終り」の最終章、「鳥」の最後がわかりませんでした。影は何処へ行ったんで
しょうか?

[3481] ゆき さん(kanakana.y@jusynet.ne.jp) 2000/07/28 Fri 23:21:24
こんばんわ。2連休は楽しまれましたか?私も明日、明後日は2連休。
明日の夜は久々にだんなさんにムスメを頼んで遊びに行きます♪

本間さんオススメの「パフリカ」、読みました。
この手のものって、自分からは手を出さない分野なのですが、本当に面白く
読めました。これからも色々、教えてくださいね。
今は、”ゼルダ”を7、8年ぶりに再読しています。読まれたことありますか?
フッツジェラルドの奥さん、ゼルダの生涯を書いた本です。
村上さんの”ザ・スコット・フィッツジェラルドブック”を読んで以来、作品
よりも、本人に興味を持って、色々読みました。
こういう風に、ある作家を知ったことで、色んな方向に広がるのも楽しいです。
グレート・ギャッツビーの村上さん訳版はいつ出るのでしょうかね。


[3480]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/26 Wed 23:59:29
 明日から2連休。嬉しいな。

◎サクラさんへ
 初めまして。そうですか、最近読まれたのですね。一頃は大ベストセラーになっ
てしまい、様々なメディアに情報があふれたので、今読む方が先入観がなくて良い
かもしれません。
 「ノルウェイ」は読む時期によって読後感が結構変わるので、しばらくして再読
してみるのも良いものですよ。

◎じゅびさんへ
 お久しぶりです、ってさっぱり誰だか分からないのですけど。何にせよ、お元気
そうで何よりです。
 恩田陸はいい作家ですよ。今「青春と読書」に常野物語2を連載しているので、
そちらがまとまるのが楽しみ。「紳士同盟」は確かに映画化されましたね。今はい
ろいろ昔の小説を読もう年間なのです。

[3479]じゅび さん(jubijubi@a3.shes.net) 2000/07/26 Wed 11:43:38
本間さん、こんにちは。お久しぶりです。こちらに書きこむのは初めてですが、
以前、パティオでお世話になっていた者です。
本間さん、相変わらず、いろんな本読んでいますね。「ネバーランド」は、私も、
今まさに、読書中であります。
新刊ばかりかと思えば、「紳士同盟」ですって?
懐かしいですわ。中高学生のころ、小林信彦ファンだったんです。これは、
薬師丸ひろ子で、映画化されたような記憶があります。
ではでは。

[3478] サクラ さん(acco@spice.or.jp) 2000/07/25 Tue 22:05:38
はじめまして。
最近私は、「ノルウェイの森」を初めて読みました。
読みながら、涙がたくさんでてきました。
そして、読み終わっても自分の中が悲しさで一杯で、やるせない気持ちのままでい
ます。
どうしてそんな気持ちになってしまったのか。
それはきっと、本の中に自分と重なっているところがあったからだというのはなん
となくわかっているのですが・・・。
それが一体誰の気持ちで、どんな時のものなのかはまだ考えたくない段階です。

この本の最後は、胸を撫で下ろしました。
でも、私の中ではどん底をさまよっています。
それは、もし自分だったら・・・を考えると・・・。
その辺の気持ちも、このような気持ちの基になってるようです。

じっくり時間をかけて、この気持ちを見つめてみようと、思っています。



[3477]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/25 Tue 14:36:01
 今日は夕方6時から仕事。夜ご飯は会社で食べるから、昼ご飯の食べどきが難し
い。

◎永沢的紳士さんへ
 はじめまして。
 本は高いか安いかというのはよく議論になりますが、私も学生の時は貧乏だった
ため、ハードカバーを買うか、昼ご飯を抜くか、よく躊躇していました。ただ、本
当に好きな作家のハードカバーは即買ってましたね。図書館という手もありますし
早く読めるといいですね。

◎アキさんへ
 ふむ、出た当時は「これは雪山版ダイハード」だという評判になったのですが、
これもネタバレ寸前かも。
 パソコンが普及して以来、エンターテインメント小説のページ数は増加の一途を
辿っています。上下巻、二段組とかくると、いい小説だったら嬉しいのだけど、普
通の小説だと苦痛ですね、確かに。映画版はビデオになったら見ようと思ってます
が、真保裕一が結構時間かけてシナリオ自分で書いたそうなので期待できるかも。

◎うえさんへ
 はい、こんにちは。私も学生の時は「やれやれ」を使う機会を狙っていましたが
日常生活において違和感なく使えるシチュエイションというのはそんなにありませ
ん。同様に「ノルウェイ」の「春の熊」エピソードも狙っていますが、これも使い
所が難しいですね。そんなものです。でも文体は影響すると思いますよ。

[3476] うえさん さん(981706k@edu.sapporo-u.ac.jp) 2000/07/25 Tue 13:42:03
こんにちは。最近村上春樹ファンになったばかりの
ものです。春樹さんの本を読み終えたあと、
「やれやれ」を連発してしまうのは僕だけでしょうか?


[3475] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/07/25 Tue 00:56:37
 こんばんは。ちょっとお久し振りのカキコです。
 何故なら今「ホワイトアウト」を読んでいるからです。
映画が公開されて無神経な批評家とかがネタをバラしてしまう前に
読み切ってしまおうとガムシャラに読んでおります。熱闘読書。
確かに面白いのですが、この本のブ厚さは何とかならんのかっ。
普通の小説ならもう読み終わってるよぅ。手もツライです。うぅ。
 でも読んでると汗がひいていくようです。凍傷にすらなりそう。
部屋にクーラーなくて朦朧としている、という方がいたら、コレは
おすすめです。一度ハマっちゃえば炎天下で読んでも寒いはず(多分)。
 ところで、こういう小説を読むと悪者はみんな「ダイハード」の人を
想像してしまうのは私だけでしょうか? 髪薄いって言ってるのにねぇ?


[3474] 永沢的紳士 さん(y-ikeda@ara-net.co.jp) 2000/07/24 Mon 12:58:35
はじめまして。ゲストブックとどちらに書き込もうか迷ってしまいました。
村上さんの長編小説がが大好きで気に入った作品は何回も読み直してしまい、
そのたびに喜びにふるえております。
でも、事情により貧乏なので文庫本しか買えません。
今出てる長編も早く文庫化しないかな〜?

[3473]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/21 Fri 23:18:14
 今日は暑かったですね。東北南部も梅雨明けだそうで、何より。

◎つららさんへ
 私は午前5時だったかの地震で強制的早起きさせられたせいで眠いです。自然な
早起きが一番ですね。
 新刊は無事買えましたか。良かった、良かった。
 2千円札はさほど使いでないかと。半端だし。

◎kazuさんへ
 そうですね、そちらの方の新刊の事もちょこっと書かれていました。
 私が書いた「おじさんおばさん化しないための方法」は新刊の「村上さんに聞い
てみよう」からです。他にもいろいろ「ふーむ」と思う話があって面白いですよ。
しかしwwwで一度読んでいるはずなのに、結構忘れているものですね。

[3472] kazu さん(okadak@yahoo.co.jp) 2000/07/21 Fri 16:50:44
こんにちは。以前本間さんとチャットにてお話した者です。

「そうだ村上さんに聞いてみよう」が発売されましたね。「村上朝日堂 スメルジャ
コフ対織田信長家臣団」も秋に発売されるということで、多少重複するのかもしれ
ませんが、うれしいです。

ところで、本間さんの発言にある「おじさんおばさん化しないための方法」って、
どの本に書いてあるのでしょうか?

是非教えてください。



[3471] つらら さん(kumokari@bmail.plala.or.jp) 2000/07/21 Fri 07:55:14
おはようございます。
お休みなのに、早起きしていまいました。。。洗濯でもして、ゆっくり図書館にで
もいくつもり・・。二千円札!!まだ見てないけど、、、どうなんでしょぉねぇ。
わたしも、新刊のそうだ村上さんに聞いてみようは、友人に赤い表紙だよっと教え
てもらっていたので、赤い表紙を目印に、探しまくりました。2件目の本屋さんに
てゲットしました。よかった、よかった。
では。また、きます。。。


[3470]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/20 Thu 23:32:14
 ひっそりと出された2000円札、会社の上司から見せてもらいました。おもち
ゃみたいだ。個人的には5万円札の方を先に出して欲しかった。

◎にしかたひろゆきさんへ
 ざっと拝見させていただきましたが、アイコンなど、朝日堂を意識していて面白
かったですよ。個人ホームページにとって大事な事は、一に中身、二に更新頻度で
す。負担にならない程度にぼちぼち頑張りましょうね。

◎Jさんへ
 とすると、私と同じくらいの年代の方ですね、多分。何度でも再読出来るという
作家は本当に貴重です。
 「村上さんに聞いてみよう」は雑誌コーナー、特に小説誌のコーナーにある可能
性が高いので、探してみて下さいね。私は文藝春秋の隣で見つけました。

[3469] J さん(tanion@mx2.ttcn.ne.jp) 2000/07/19 Wed 08:40:23
はじめまして。
高校生の頃からの村上春樹の読者で、
15年、何度も何度も、同じ小説を読んでいる人間です。

7月10日に新刊が出ていると聞いて、
本屋で探しても、店員に聞いても、出てこない。
でも、皆苦労しているのですね。
また、探してみよう。


[3468]にしかたひろゆき さん(allentown@nifty.com) 2000/07/19 Wed 01:44:00
最近暇なのでHPを作りました。何を書いていいのかわからなかったので、村上春
樹の文体をまねて書いてみました。なかなか自分では面白いかな、と思っていたの
ですが、反響があまりありませんでした。そして今また暇になりました。誰か遊び
に来て下さい。

[3467]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/18 Tue 00:02:07
 暑くて、朝には一回目を覚まします。遅刻の心配がなくていいかもしれない。

◎ゆきさんへ
 ええ、無事手に入り、昨日一気に読みました。朝日堂で一回は読んでいるはずな
のですけど、それでも本という形で読むと、やっぱりいいですね。何というか、身
に浸みます。
 私が数多く読むのは、単に好きなだけです。テレビはほとんど見ませんし、読み
たいという欲求が強いのでしょうね、きっと。村上さんの「おじさんおばさん化し
ないための方法」にも同じような事が書いてあったのが、ちょっと嬉しい(笑)。
 しかし、長い通勤時間を懐かしむ、というのも複雑ですね。子育ては時間がかか
りますが得る物も多いと思いますよ。二人の子育て中の妹を見ているとそう思いま
す。

◎takuroさんへ
 いつか取るとは言われてましたが、今回でしたね。まあそちらは順当だと思いま
すが、直木賞は複雑です。好きな船戸与一が受賞したのは嬉しいものの、こっちの
作品が取らせたかった、というのがたくさんあるので。どうもここ数年の直木賞は
そんな感じばかりで信用出来ません。
 町田康は一作目の「くっすん大黒」が、そろそろ文庫化されるような気がします
が、うろ覚えなので初版から判断されて下さいね。
 新潮のyonda君は、私も去年の文庫フェアのストラップ愛用してます。今年のが
届いたら、取り替えようかな。

[3466] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/07/17 Mon 17:07:24
こんにちは。町田康が直木賞取っちゃいましたね。きちんと読んだことはないので
すが、「ダ・ヴィンチ」の連載小説をずっと読んでいて、「おもしろいなぁ〜」と思
ってました。相当異色な人ですけど、そこが新しくていいんでしょうね。文庫が出
たらきちんと読んでみたいです。

某文庫のパンダにはまっちゃってます。かわいいんですよ〜、ほんと。あの無表情
なとこがなんともいえません・・・。今我が家には高さ30センチのパンダがいて
くれてます。ストラップも応募しちゃいました。めろめろですね。

[3465] ゆき さん(kanakana.y@ma4.justnet.ne.jp) 2000/07/17 Mon 00:09:40
 こんばんわ。 新刊は手に入りましたか?
 NEOさんのおっしゃるとおり、新刊はムックで、雑誌コーナーで発見しました。
 やはり、紙面で読めるというのはうれしいです。

 本間さん、本当にすごく沢山の本を読んでるのですね。
私は、子ども(3歳)が生まれてからは、なかなか読む時間を作るのが大変です。
寝たあとに読もうと思っても、一緒に寝てしまったり…。
仕事先は徒歩10分なので、楽なのですが、ある意味悲しいです。
以前、通勤に1時間半かかっていた時は思う存分、読書できたのになあ。

[3464]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/15 Sat 23:54:52
 今日は朝刊用の芥川賞、直木賞受賞者小組みを作りました。町田康と船戸与一。
作家についての紙面を作るのって、何だか妙な感じです。

◎NEOさんへ
 なるほど、ムックなのですね。そういえば「夢のサーフシティー」もムック扱い
だったような気がします。パソコンのソフト売り場でも売られてましたし。
 私は今日も本屋に行けなかったので、明日こそは。

◎ういすけさんへ
 新刊は例の村上朝日堂www関連だそうです。
 辻仁成の「オープンハウス」といえば、ミステリー映画祭で映画見ました。南果
歩が出ていて、主演の子が舞台挨拶していたけど、なかなか可愛かったです。って
別に関係ないですね。
 小説は読みたい時に読みたいものを読むのが一番ですよ。邁進してください。

[3463] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 2000/07/15 Sat 22:04:29
村上さん、新刊出したんですか?
こんばんわ。情報が遅いういすけです。
今日も書店に行ったのに気が付かなかった・・・・不覚。
明日にでも出直して探してきます。

最近暴走気味に本を読んでます。
ラインナップは以下のように

辻仁成の「オープンハウス」「旅人の木」
三代目魚武濱田成夫の「世界が終わっても気にすんな俺の店は開いている」「俺様は約
束してない事を守ったりする」
三谷幸喜の「俺はその夜多くのことを学んだ」
青木玉の「帰りたかった家」
田辺聖子の「鏡をみてはいけません」
吉本ばななの「ハチ公最後の恋人」

かなりしっちゃかめっちゃかです。
夏で、書店はフェアまっさかり。その熱に浮かせれているのでしょうかね。しかし
いい感じにスピードが戻ってきていることが体感できてます。かなりいい気分で
す。やはり本読みとはこうあってほしいなぁ。

[3462]NEO さん(PXF04304@nifty.ne.jp) 2000/07/15 Sat 10:53:44
朝日新聞社の新刊は、厳密には単行本ではなくムックなのです。
わたしも夫に会社帰りに買ってきて貰ったのですが、最初見つからず、ムックであ
ることを伝えたら、無事発見できました。
雑誌コーナーも要チェックです。
雑誌扱いの割りに帯もついているし、サイズもA5判と小さいです。



[3461]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/15 Sat 00:08:53
 暑いです。夜仕事から帰って部屋が暑いと、疲れが30%アップ。

◎迷える子羊さんへ
 うーん、ある程度知名度のある作家に関しては、評論家というのはそんなスタイ
ルですね。これがミステリーになるとまた違うのですが、文学だとそんな感じ。ま
あ別に私たちは仕事で読んでいる訳ではないし、個人が好きなように読めばいいと
思いますよ。読書なんてそんなもんです。

◎ゆきさんへ
 書店によって、結構時間差ってありますよね。取次の東販と日販の差なのかも。
よく分かりませんが、無事手に入る事を祈ってます。私も明日こそ本屋に出かけて
買ってこよう。
 筒井の「パプリカ」は結構おすすめですよ。SFが好きな人には特に。
 プールですか。いいですね。心地よく疲れてまどろむのは気持ちいいです。

[3460] ゆき さん(kanakana.y@ma4.justnet.ne.jp) 2000/07/14 Fri 21:24:03
こんばんわ。今日、村上さんの新刊を買いに行きました。そこそこ大きな書店な
のですが、店頭に出てなかったので、”村上春樹の新刊ありますか?”と聞くと、
レジにいた、4人とも”?”で、5人目の店長さんが”あ。入ってますよ!!”と
持ってきたのは、”神の…”でした・・・。そんなものなのかなー。ちょっと寂し
かったです。
筒井康隆は、短編しか読んだことなくて、もう、10何年も読んでません。
読んでみますね。
明日はお休みなので、午前中はプール、午後からは、ゆっくりと楽しむつもり
です。うれしいなあ!!

[3459] 迷える子羊 さん(zue10423@nifty.com ) 2000/07/14 Fri 02:14:06
2回目の書き込みです。突然ですが、最近村上さんのことを正面から批判する人がい
なくなったような気がするのですが・・・。まあ、乱暴な話、ファンにとって文芸
批評なんてどうだっていいんですけどね。短いですけど今日は以上です。ではま
た。


[3458]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/14 Fri 00:14:06
 昨日読んだ新刊が、5年前に出た小説の続きだと気づいて、前作も再読していた
ら、すっかり明け方でした。幸せな時間の過ごし方でしょうが、眠いものは眠いで
す。

◎ゆきさんへ
 二つ違いでしたか。私の年だと高三の時に「ノルウェイ」が出て、大学に入った
らこういう生活が待っているのか、とわくわくした覚えがあります。宮本輝の「青
が散る」でも同様だったのですが、現実はそんな簡単にはいきません。
 私のここでの文章は思いつくまま、適当に書いているのでそんな大したものでは
ありません。ほっと出来るとしたら、村上さんの力でしょう。
 「ガダラ」は面白いですよね。読み終わったら筒井康隆の「パフリカ」を読むと
テーマが多少リンクしていて面白いですよ。

◎shokoさんへ
 読み終わりましたか。北村薫の小説には、基本的に悪い人は出てこない、と書こ
うと思ったら、最新作の「盤上の敵」に出てくるのを思い出しました。でもいい小
説ですよ。北村薫といえば「私」シリーズが有名ですが、「冬のオペラ」も結構お
すすめです。中公文庫から出ていますので、ぜひどうぞ。
 北村薫を気に入ったなら、モチーフの関連で加納朋子など読書世界も広がります
よ。何はともあれ、寝る前のほっとする時間にでもおすすめです。

◎かんさんへ
 なるほど、ノルウェイでしたか。それは意外な感じです。
 想像力という意味では、確かにそうですね。映画やマンガなど映像型のメディア
と違って、物語が持ちうる力でもあります。

◎えぐちさんへ
 私はわりと紀伊国屋webで買うことが多いです。本は中身が分かっている分、
便利ですし。
 児童文学に関していえば、二度体験出来るというのは子供を持つ強みですよね。
私は特に結婚したくはないのですが、子育てはしてみたいなあ。

◎ユウさんへ
 無事見つかって良かったですね。

◎yamada takanoriさんへ
 そのような気持ちは多かれ少なかれ、村上ファンが感じていると思います。大事
な事ですよね。流行や周りの環境に妥協せずに、自分の世界を持ち続けるというの
は難しいですが、必要な事ですし。

[3457] yamada takanori さん(t20.s@d6.dion.ne.jp) 2000/07/13 Thu 20:17:40
 僕は村上春樹の小説が好きです、『ノルウェーの森』を読んで、主人公の「僕」の
物事に対する姿勢にとても感動しました。それを簡単に言葉にすることは出来ない
けど、あえてするのなら「自分の気持ち」、「自分にとって大切な人」に誠実であ
ろうとする僕に共感したんだと思っています。
 この小説を読んで僕と同じ様な気持ちを抱いた方、できれば連絡をもらえるとと
てもうれしいです。

          山田たかのり  eメールアドレス t20.s@d6.dion.ne.jp

[3456] ユウ さん(x-sanuki@f2.dion.ne.jp) 2000/07/13 Thu 18:43:26
>かんさん
 どうもありがとう!!
 さっそく読んでみます。
 なんかあったらまたヨロシク。。。

[3455] えぐち さん(tare@sannet.ne.jp) 2000/07/13 Thu 09:31:21
初めてネットで本の通販依頼をしました、納品が楽しみです。

本間さん>禁煙宣言、残念な結果でしたね。どうか懲りずに1000回くらい
チャレンジするつもりで、心がけなすって下さい。

sinanoさん>今日、近所の図書館に行って「アン」シリーズをごっそり
借りてきますね。たくさん借りれたらいいなあ。

児童文学とされている絵本や童話はつい「いつでも読めるから、また今度借りよ
う。」と根拠のない理由をつけて先送りしてきました。例外的に読んだものは
倉橋由美子氏訳の「ぼくを探しに」、同じく倉橋由美子氏書き下ろし「大人の
ための残酷童話」くらいですね。これからどっさり堪能できそうでうれしいです。
長い夏休みでちょっと困ることは、家事メニュー(掃除、洗濯、買い物)と
娯楽メニュー(読書、インターネット)が心の中で葛藤を引き起こしますことで
す。毎朝、うんうん困ってます。

[3454] かん さん(kan19@eb.mbn.or.jp) 2000/07/13 Thu 02:52:19
>ユウさん
その文章は「ノルウェーの森」だったと思います。
他の村上春樹サイトで書いてあったので
たぶん(ちゃんと調べてなくてアレなんですが)。

しかし村上さんの小説は読者の想像力を
自在に泳がせる力があるみたいで面白いですね。
(あまりにも巨大な世界を描いてるからかもしれませんが;;)
そいでは!


[3453] shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/07/13 Thu 01:46:55
本間さん、こんばんは。
ターン、読み終わりました。
後半、こわいひとが出てきてドキドキしてしまいましたわ。
こわい話は苦手なのです。でも面白かったです。
この間も書いたように、わたしには
どうも文章に馴染めない作家さん、というのが時々あるので、
好きな文体の作家さんに出会うと、
その人の作品をばーっと読む傾向にあるのですが、
私的ブックガイドを拝見したりしたことも手伝って、
今度は北村さんの作品にとりかかろうと思うのでした。

ところで下記のユウさんの引用されている文章、
わたしにも覚えがあるのです・・・が、やはり出典が分かりません。
こういうのってすごーーーーーーーーく気になってしまいます。
ちなみに片岡さんと大沢さんの作品は未読です。

[3452] ゆき さん(kanakana.y@ma4.justnet.ne.jp) 2000/07/13 Thu 00:08:29
本間さん、皆さん、こんばんわ。
そうです、同世代ですね。あ、でも私のほうが2つ若いかな。
自分の学生時代に、村上さんの書いた、同世代が主人公のものを読めるって、
とても幸せだったと思いませんか?
新刊、出たんですね。買いに行かなきゃ。

今日、仕事でイヤな事があったのですが、帰宅してこのHPを開けたら、返事を
書いてくださってて、何だか心が癒されていく感じがしました。
本間さんの文章には、いつも勝手にホッとさせてもらってます。
今、読まず嫌い(?)だった、”ガダラの豚”を友達に薦められて読んでます。
(今、Vです)寝る前に読んだら、怖い夢を見てしまいました。
中島らもって、男だったのかって、今更ながら知りました。あほだー。




[3451]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/12 Wed 23:35:58
 帚木蓬生の新刊はごみ問題。うーん、確かに出したら終わり的問題なので、なか
なか面白いです。

◎まささんへ
 言われて思い出しましたが、今日もリンクの更新忘れました。今週中には更新し
ますのでもう少しお待ち下さい。しかし演劇というのも面白いジャンルですよね。
楽しみにしていますので、更新頑張って下さい。
 ぼちぼち読まれてますか。私は気になって途中で止められない性格なんですよ。
睡眠不足と読書は直結してます。

◎NEOさんへ
 なるほど、そういう内容でしたか。そういえば、質問特集をするので、質問のあ
る方はメールして下さい、というお知らせが一時期出てましたね。
 今度本屋に行った時にでも買ってきます。

◎えぐちさんへ
 仙台も暑いですよ。幸い私の職場はスーツ着なくてもいいのですが、それでも暑
い事に変わりはありません。とほほです。
 禁煙は初日で既に吸ってます。明日こそは。名前を挙げられた4冊は、いいライ
ンナップですね。「奇跡の人」は前半部はとても好きですし、「行きずり」は最初
の一冊としてはベストかと。他にもいい小説書いてますので、他の作品もぜひどう
ぞ。ここ数年の短編集もかなりいいです。
 周りを見ていても生まれてからはかなり大変そうなので、今の内にのんびりして
いて下さいね。まさに長い夏休みという事で。

◎sinanoさんへ
 sinanoさんはもう買われたのですね。しかし、その書店の子はいい味出してます
ね。自分もファンなのか勉強熱心なのかは分かりませんが、対応が早いのはいい事
です。ちなみに私は、自分で探さないと気が済まない損な性格なのですが、面白そ
うなので、今度聞いてみる事にします。
 なお、私の「アン」シリーズは「友達」で止まってます。

◎takuroさんへ
 関西の方は暑そうですね。そちらからすると東北は涼しいというイメージでしょ
うが、日本最高気温記録地は山形市なのです。40度ちょっとだったかな。気が遠
くなりそうですね。
 その夏の過ごし方、賛成に一票です。更に理想を言えば、パラソルと文庫本があ
って、ぱたぱたとうちわで仰いでもらうのがベストかも(笑)。それはともかく、
それに近い夏が過ごせるといいですね。

◎ユウさんへ
 うーん、村上春樹っぽくない文章なので、違うような気もします。知っていると
いう方いましたら、ぜひどうぞ。私の読みでは片岡義男か大沢在昌っぽいですけど
ね。

[3450] ユウ さん(x-sanuki@f2.dion.ne.jp) 2000/07/12 Wed 19:39:46
「彼女の白い腕がボクの水平線のすべてだった」
っていうの誰か知らない?
たぶん村上春樹の小説に出てきたとおもうんだけド。。。

[3449] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/07/12 Wed 19:11:00
こんにちは、蒸し暑い毎日が続いています。京都は盆地なのでとくに。

村上春樹さんの夏はからっと暑くて、すごくさわやかですよね。神戸の夏って感じ
がしてうらやましいです。海があって、そこに寝転びながらビールを飲んで、隣に
は綺麗な女の子がいる・・・というのが理想の夏なんでしょうか?ビーチ・ボーイ
ズの世界そのままで幸せそうです。一回くらいはこんな夏を過ごしてみたいなぁ〜
なんて思っちゃいます。せめて海とビールだけでも。

[3448] sinano さん(shinano@ppp.fastnet.ne.jp) 2000/07/12 Wed 16:57:16
 ごぶさたしています。先日はメールのお返事を下さってありがとうございま
した。
「そうだ村上さんに〜」を買いました。活字で読んでも村上さんの温かさが
伝わってきていいです。購入時に、このタイトルを言うのがちょっと気が引
けて、「あのう、村上春樹の新刊で...」と言いかけたら、若い女子店員さん
に「そうだ、村上さんに聞いてみよう!」といきなり言われて、「は、はい
そうです」と答えました。最近は同年代の主婦の方とばかり話しているの
で、ちょっとどきどきしました。別に彼女に「お友達になって!」と
言われたわけではないんですが。
それでは、また〜〜〜。

*えぐちさん、私もアン好きです。アンが母になってからも泣けますよ。

[3447] えぐち さん(tare@sannet.ne.jp) 2000/07/12 Wed 10:23:10
こんにちわ、大阪は毎日蒸し暑いです。ネクタイ姿の男性方が汗をふきふき
働いてるのを見て、いつも頭が下がります。

本間さん>禁煙達成するといいですね、がんばってください。

ただいま出産休暇のため、自宅でのんびり育児準備に専念しておりまして
のんびり育児書を読みながら、嵐の前の静けさをかみしめております。
村上氏「ダンス・ダンス・ダンス」再読、志水辰男「行きずりの街」
真保氏「奇跡の人」モンゴメリ「赤毛のアン」再読。志水辰男氏の小説は
文句無しに面白かった!(本間さんおすすめの作家ですよね?)
だんなさんに「嫌なことから現実逃避させてくれる本だから。」と薦めたところ
いつのまにか本棚に横積みされてました、礼儀に欠けるなあ、まったく。
なお、「赤毛のアン」は再読にもかかわらず、後半部分で号泣しました。
これから村上氏「アンダーグラウンド」読みます、今まで手を出してなかった
のですがここ数週間の報道で心が動いたようです。心してとりかかろう。

では、散歩がてら買い物に行ってきます。グウタラで出不精な妊婦はお産が
たいへん、と周りからアドバイスを受けてるので実行するとしましょう。

[3446]NEO さん(PXF04304@nifty.ne.jp) 2000/07/12 Wed 06:21:33
『そうだ、村上さんに聞いてみよう』が朝日新聞社から7月10日に発売されたようで
すね。
今週の「週刊朝日」に村上さんのインタビュー(例によってメールインタビュー)が
出ていて、慌ててホームページの村上朝日堂を見たら、ちゃんと新刊の案内も出て
いました。
内容は勿論村上朝日堂ホームページでのQ&Aを元に構成されています。
早速買いに行かなくては。


[3445] まさ さん(m-tsuji@d8.dion.ne.jp) 2000/07/12 Wed 01:25:30
本間さん
HP見てくださって、ありがとうございます。
リンクしておきました。どうもです。
今のところ毎日更新してるので、また、遊びに来てくださいね。
(いつまで続くか、わかりませんが・・・)

「世界の終わり・・・」はぼちぼち読んでます。
始めは一気に読んだので、じっくり読むと、それはそれで結構面白いですよ。

[3444]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/12 Wed 00:13:03
 何度目か分からないけど禁煙中。今度はセラピー方式でやってみます。

◎シンジさんへ
 私は単に好きなので読んでいるだけです。何回か聞かれましたが、速読なんてし
てませんってば(笑)。子供の頃から読んでいるので、読むのは早い方かもしれま
せんね。2時間で300ページのペースです。
 仕事は医療関係と比べると、忙しいなんて言葉使えないですよ。ぼちぼちマイペ
ースでやってます。
 私の事はさておき、そうやって記録に残しておくと、ある程度たまった時感慨深
いですよ。一千を越えると、資料としての価値も出てきますしね。

◎shokoさんへ
 あらら、それは残念でしたね。時三部作の三作目が待ち遠しいですが、なかなか
出そうにありません。北村薫はあの二作もいいのですが、他の小説にもとてもいい
のがありますので、自信のおすすめです。
 私が苦手な作家は、数少ないけどいます。村上龍と菊池秀行。前者は4冊読みま
したが感覚からして違いすぎて、だめでした。後者も同じ理由ですね。ファンが多
い作家たちなので、あまりここで書くのも何なんですが、私の個人的感覚では合い
ませんでした。

[3443]shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/07/11 Tue 22:29:25
本間さん、こんばんは。
北村さんのターンを買ったつもりが、
間違って既読のスキップを買ってしまったことに気付き、
悲しいけれどターンを買いなおして
これでYONDA君のストラップがもらえるのでそれは嬉しいしょうこです。

ところで少し前に話題にあがっていた辻仁成さんですが、
海峡の光は、池澤さんのスティルライフのような印象の、
とても好きな作品でした。(芥川賞つながり!)
オススメです。
そしてどうでもいいことですが、
わたしはどうも村上龍さんとディケンズが苦手みたいです。
何度かチャレンジするのですが、どうしても1冊読み終えられないのです。
(ディケンズの方は翻訳の問題かもしれませんが)
本間さんにはそういう作家さんいますか?

[3442] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2000/07/11 Tue 12:23:43
こんにちは。
前からうかがいたかったのですが、管理人様の読書量には
いつも驚かされてばかりです。
お忙しそうな仕事をされているのにそれだけの読書量を
保っておられるということは、なにか速読のようなことをされて
いるのでしょうか?
僕も管理人様と同じく読んだ本や観た映画などは
感想を書いて残しておくタイプなのですが、
読書となると週2〜3冊が限度です。

[3441]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/10 Mon 02:33:16
 仕事帰りです。ほとんどの新聞社が今日は休刊日だというのになあ。お腹が空い
たから冷やし中華でも作ろう。

◎ゆきさんへ
 初めまして。私も春までいた職場では、よく仕事中にwww見てましたが、今は
全く見られなくなってしまいました。残念です。
 多分、あなたは私と同年代ですね。読んだ時期も一緒です。ある種の記憶を共有
していると、感覚が似ているので楽ですよね。
 「僕」のような人と出会えるといいですね。

◎アキさんへ
 朝日堂が本になるのですか。それは知らなかった。www上のものをまとめたも
のなのかな? 私もディスプレイで読むより紙で読む方が5万倍位好きですね。ア
ナログだろうが何だろうが、好きなものは好きという姿勢で臨むのが吉かと。
 その質問に関してはヒントも浮かびません。本当です。

◎ねねさんへ
 「夢で会いましょう」は、共著という事もあってか、今ひとつ印象が薄いですよ
ね。作品人気投票でも覚えがないタイトルだな、というのは大体この作品集からの
投票だったりします。
 「世界の終わり」は、年代が違うと読後感は結構変わりますよ。私の場合だと、
初めて読んだ高校生の頃はストーリーだけ追っていたけど、今はふとした描写で考
え込みます。自分だけのサブストーリーに迷い込む事もしばしばですね。

[3440] ねね さん(007@himitsu.070.fm) 2000/07/09 Sun 23:57:51
本間さん、皆さん、こんばんは。

>「パン屋襲撃」は「夢で会いましょう」に入っている「パン」と同一です。
どっひゃ〜〜〜!!! 知らなかったです…!!
しかも、私、「夢で会いましょう」は学生時代に読んでるハズなのに…!!
記憶がない……恐ろしや。。。
貴重な情報、ありがとうございました。

そういえば、「世界の終わりと…」は、私が初めて読んだ村上作品でした。
当時、図書館に勤めてた姉が借りてきたものを、ちと拝借して読んだのが始まりで
す。
懐かしいなぁ。。。
今なら、また違った角度で読むことが出来るんだろうなぁ。。。

[3439] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/07/09 Sun 02:07:03
 こんばんは。ついに出ますね、村上朝日堂の本!
CD−ROMじゃなくて書籍のものが!嬉しーっ!!
やっぱり文字は紙の上で読みたいと思う私はアナログい
人間なのでしょうか?ふふん。
 ところで朝日堂の質問でスゴク印象に残っているのが
「『ダンス』の中でメイが僕にした簡単には思いつけない
サービスって何ですか?」というものです。密かにスゴク
気になってました。それともあれは村上的比喩の一種と
受け取るべきなのでしょうか? う〜ん。
どなたか心あたりがあるなら教えてください。ヒントでも可。


[3438] ゆき さん(kanakana.y@ma4.justnet.ne.jp) 2000/07/08 Sat 23:38:56
はじめまして、こんにちわ。ここ、何ヶ月か、ずっと見させていただいてたので
すが(仕事中に…笑)、やっと、ボーナスで自分のPCを手に入れて書き込みでき
ます!うれし〜!!
春樹さんの作品は、10何年前の高校生のころ、初めて読み、それからずっと大
好きで、読んでます。本間さんと同じく、世界の終わり…が一番好きです。
春樹さんの書く男の子のような人がどこかにいないかなあ。。。

[3437]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/08 Sat 23:23:55
 夕方には雨が止んだ仙台です。もっと凄い嵐になるかと思ったのに。

◎つららさんへ
 夕立は夏、という気がしますが、しとしとしとしと24時間降られる梅雨の雨は
うっとうしい方が強いですね。
 確か去年あたりにお風呂で読書という人が何人か書き込んでくれて、こんなにい
るんだと驚いた記憶があります。図書館奇譚は私のベスト短編なので、ゆっくりと
楽しんで下さいね。

◎ぶるーうさんへ
 私はわりとのんびりしている方なので、それをする時間もない人というのは凄い
と思います。そういう状況が好きなのか、そうせざるを得ないのかはともかくとし
て、たまにはのんびりしたいですもんね。

◎まささんへ
 台風は仙台への影響はそんなになかったので良かったです。何十かの傘が壊れた
くらいでしょう、多分。
 「世界の終わり」は、私のベスト長編ですので、一気に読んでほしい気もします
が、ゆっくりじっくり読むのもいいかもしれませんね。
 ホームページ、見ました。昔つくばに住んでいた頃は様々な小劇団をよく見に行
ってましたが、最近は離風霊船くらい。いつか見に行きたいです。リンクはこちら
からもしておきますね。

◎ねねさんへ
 もうちょっとたまったら更新しますので、お待ち下さいね。単に私がさぼってい
るだけなので、気にしないでください。
 「パン屋襲撃」は「夢で会いましょう」に入っている「パン」と同一です。でも
「パン屋襲撃」というタイトルの方が私は好きです。村上春樹全集には単行本化さ
れていない短編がいくつか入っているので、お得ですよね。

[3436] ねね さん(007@himitsu.070.fm) 2000/07/07 Fri 23:59:14
本間さん、皆さん、こんばんは。
少し前に「ゲストブックに反映されてな〜い」とカキコした者ですが、
ごめんなさい。
本間さんのおっしゃる通り、更新されていないだけでした(汗)))!
少し恥かしいや…(穴があったら入りたい)。。。

>つららサン&ぶるーうサン 初めまして。
『パン屋再襲撃』といえば『パン屋襲撃』!!
私は『パン屋襲撃』たるものが発表されていたとは知らなかったのですが、
このあいだ、何かのキッカケで知り(こちらのサイトかも?)、
急いで図書館へ#村上春樹作品集#を借りに行き、読みました。
感想は…「さすが…村上春樹。。。」といったところでしょうか。。。
今のところ、私のお気に入り短編;ベスト1ってところかしら。。。
しかし『はちみつパイ』も譲れないような…<(短編)Myベスト1
    ↑ごめんなさい。コレはあちらで書く話題ですね。
いずれにしても、もう”降参”です。村上短編集は(笑)!

[3435] つらら さん(kumokari@bmail.plala.or.jp) 2000/07/07 Fri 23:41:35
台風ですね。台風の中継は、けっこう見てしまいます。そして、読書でもという気
分に、なぜかなります。

>ぶるーうさん 結構お風呂の中で読書というのは、ありだと思いますよ。(笑)
まぁ、本はヘナヘナになりますが、あたしは気にしないんで。(笑)けっこう、そ
ういう人いるんじゃないかな??

>むぎさん えっと、そうです。『図書館奇譚』ですね。ありがとうございます。
これで、また読めます。本棚から、一冊一冊さがす手間が省けました。
わざわざ、ありがとうございましたぁ。

[3434]まさ さん(m-tsuji@d8.dion.ne.jp) 2000/07/07 Fri 13:49:07
おひさしぶりです。まさです。
なんだかんだと忙しくすごしているうちに、すっかり夏になってしまいました。
おまけに今日の夜から、台風がくるみたいで、どうしよう・・・
急がしくなると、犠牲になるのは読書です。
「世界の終わり・・」が読みかけのまま、止まってます。
いつ、読み終わるんだろうか?
>本間さん
頑張ってHPを作りました。
遊びに来てください!
あと、リンクさせて頂きます。
まだまだ、未完成ですが、よろしくです。

[3433]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2000/07/06 Thu 23:25:06
 蝉の鳴き声を聞きながら初夏の訪れを感じている、ぶるーうです。ミンミン。

 最近ようやくのんびりできるようになりました。のんびりできる時間というの
は、こんなに貴重だったのかと今さらながら驚いてます。ちなみに今日の午後は扇
風機の風に当たりながら、縁側でずっと寝てました。とてものんびりした一日でし
た。

(つららさんへ)
 お風呂の中で読書するって、すごいですね。本がべとべとになってしまったりし
ないんですか。
 それはともかく、僕のお気に入り短編はつららさんと同じく「パン屋再襲撃」で
す。ああいう短編はまさに村上ワールドといった感じがします。

[3432] つらら さん(kumokari@bmail.plala.or.jp) 2000/07/05 Wed 23:26:55
こんばんわ。えっと、多分3回目ですね、ここに書かせていただくの。
昨日、今日と夕立がやってきて、稲光もあったりして、そんな天気がなんとなく好
きだったりします。
夏って感じがしますもんね。でも、昨日の雨では、被害を受けちゃった人もいらっ
しゃるかもしんないですね。。。
暑苦しい夏の夜には、短編をバシバシとすらすらと読みたくなります。お風呂の中
で、もっぱら短編は読みます。やっぱ、パン屋再襲撃なんかが、すきです。あと、
題名が忘れちゃったんだけど、図書館に閉じ込められるお話、ありましたよね?ま
た、読みたいのに、探せない・・・。わかりますか??教えてくださーい。
なんか、ここって、ほっとします。では。


[3431]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/05 Wed 00:01:25
 明日こそ更新します。

◎まーさんへ
 「国境」は、初めて読んだ時には、イズミとの再会シーンが怖くて、村上作品で
は唯一読後感が悪い作品でした。数年してから再読した時、これはこれでいい小説
だな、と見直しまして、それ以降は結構好きですね。でも彼がハジメ君に似ている
という事は、いい人なのですね。思慮深くて優しいというのは珍しいですよ。
 ネタバレというのはですね、ミステリーなどの小説を謎部分まですっかり書いて
しまう事です。一般的用語ではないかも。だから、まーさんみたいな話は問題あり
ませんよ。

◎柊さんへ
 そうですね、クロニクルと付くだけあって、サブストーリーもたくさんあり、自
分の中で消化するのに時間のかかる小説だと思います。私も、数年経っても完全に
消化したとは言えない状況です。
 読後感が変わるのは、言われるような理由が一番でしょうね、きっと。

◎ふみおさんへ
 ごぶさたでした。
 「ダンス」の文章のテンポ感とキャラクターの魅力はいいですよね。私も最近は
読んでないけど、再読するのは好きです。
 現実に関してどう思うかはスタンスが分かれるでしょうが、私はひどい事も多い
けど、そんなに捨てたもんじゃないという感じでしょうか。悲観的で後ろ向きにな
るのは簡単だけど、そんな生き方はしたくないので。

[3430]ふみお さん(sekifumi@hotmail.com) 2000/07/04 Tue 07:25:28
ずいぶん、ひさしぶりの投稿になります。

1年ぶりにくらいに「ダンス・ダンス・ダンス」を読み返しました。
以前はどちらかというと「羊をめぐる冒険」のほうが好きだったのですが
じっくり読み返してみるとすごく深い小説ですね。

この作品はハッピーエンディングなのでしょうか?そもそも踊りつづけること
によってとどまっていられると考えられるこの世界、それ自体にどれほどの
意味があるのだろうか?

HPのほうにもいろいろな作品の感想を載せているのでお暇な方はいらして
ください。


[3429] 柊 さん(yu-ke@fra.allnet.ne.jp) 2000/07/04 Tue 02:24:04
「ねじまき鳥」をまた読み返しました。
何回読んでも、哀しいことに未だ理解したとはとてもいえません。
漠然としたものしか、なかなか浮かんでは来ないのです。
でも読む毎に少しづつ違った印象を受けるのは、その時その時に
自分自身の状況が違うからでしょうか?








[3428] まー さん(m.ookaze@fsinet.or.jp) 2000/07/03 Mon 15:42:25
初めまして。まーといいます。
たった今、「国境の南、太陽の西」を読み終えた所です。
なんだか、読み終わって切なくなったので書き込んでしまいました。
村上春樹は大好きなので、遅かれ早かれこの本は読んでいただろうと思うけれど、
実は私の好きな人が絶賛していたから読む順番を早めてしまいました。
ハジメくんは、その人に考え方とかがどこか似ています。だから、彼も共感する部
分があって絶賛してたのかもしれないですね。
今、彼との事でいろいろ悩んでいるので、なんかタイムリー過ぎてちょっと辛かっ
たし、だからこそ切なくなったのかもしれません。
脈絡のない、しかも長ったらしい文章ですみません。
また参加させてください。
p.s.あの・・・ねたばれ禁止ってどういう意味ですか?
  私が書いたような私的な事はいいんでしょうか・・・無知ですみません。

[3427]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/02 Sun 23:16:13
 今日の夜、帰ってきました。東京はやたらと暑い。

◎しょうさんへ
 えーと、見ていません。朝日の書評用サーバーに載っているかどうか分かりませ
んが、今度見てみます。
 しかし、1000年というスパンは長すぎるような気がします。投票者によって
大きく変動しそうなランキングですね。

◎アキさんへ
 ananに関しては、単行本化されるまで静観する事にしました。ふむ、そうい
う特集だったのですね。
 浅野忠信は、charaの夫という知識しかなかったけど、2本ほど映画を見て
印象変わりました。大きなスクリーンで映える役者ですね。
 異性の好みというのは、本当にまちまちでよく分かりません。私は藤原紀香のど
こが良くて人気なのか、未だに分かりませんし。

[3426] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/07/02 Sun 03:59:12
 こんばんは。今週のananはアノ一部国民的企画ですね。
買いづらいなーもぅ。買ったけど。そんな中でも春樹さんは
普通にスキヤキの話題で、その我関せずなスタンスが良いな、と
思いました。ポッ。確かに浅野忠信は相当カッチョイイですが
個人的には村上春樹さんのが断然セクシーですな(当たり前
ですが)。好みというのは本当に自分勝手で理不尽なモノですね。


[3425] しょう さん(syo_m@yahoo.co.jp) 2000/07/01 Sat 04:49:45
こんにちわ。
おとといの朝日新聞で「この1000年『日本の文学者』読者人気投票」
という記事をごらんになりましたか?
村上さんは、なんと、12位に入っておりました。
1位の夏目漱石はわかるにしても、14位の清少納言や28位の中原中也
なんかをみるとなんだか奇妙なランキングに思えました。
1000年というのも不思議な区切りですね。




[3424]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/07/01 Sat 00:15:07
 今日は昨日に引き続き、真夏のような暑さでした。

◎takuroさんへ
 教室にはクーラーないんですか。それは辛そう。でも私の時もなかったような気
がしたなあ。

◎ももぬいさんへ
 同感です。私の今日の仕事は午後2時からだったため一番暑い時に出勤でした。
仕事さぼって喫茶店にでも行きたくなりますね。クーラー効いている本屋でもいい
ですが。

◎私事
 明日から、麻雀&競馬しに東京へ行って来ます。暑そうだなあ。

[3423] ももぬい さん(momolms@earth.co.jp) 2000/06/30 Fri 22:35:18
 今日はホントに暑かったです。
 気温31度はまだ許せますが、湿度80パーセントには参りました。
 クーラーの効いた図書館で読書三昧がしたい。

 ぶるーうさんへ
 私も5年前、教習所で車が嫌いになりました。
 でも免許を持って自分で運転している分には楽しいものです。
 海岸沿いのドライブなんか最高ですよ。

[3422] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/06/30 Fri 18:11:46
今日も一日蒸し暑かったです。大学の教室にクーラーがないなんてひどすぎませ
ん?みんな貧乏がわるいんや(涙)

>ぶるーうさん
今通ってる教習所は親切な人が多いのでらくですよ。京都なので学生を相手にして
いるからでしょうか。競争激しそうだし。まだ5回ほどしか乗ってませんが、S字
もクランクもこなせるようになりました。ひそかに才能があるのでは・・と勝手に
思ってます(笑)ちなみに私も菅野美穂は好きです。あの年であれだけの表現ができ
る人はそういないですよね。




[3421]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/30 Fri 02:41:07
 今日は眠くて、うとうとしていたら、夜中になってました。さて、これから眠れ
るかなあ。

◎アキさんへ
 辻仁成は、合わないというより、ちゃんと読んだことがなく、彼が原作の映画し
か見たことないので、それで判断してます。3冊読まないと、その作家については
分からないが私の信条なので、今度読んでみようかな。
 そのフジのドラマは私は見ないだろうな。「永遠の仔」の後には、野沢尚原作の
ドラマが続くようですね。あの小説は確かにテレビ向きかも。管野美穂は好きでも
嫌いでもないなあ。顔からして怒ると怖そうですね、たぶん。

◎ぶるーうさんへ
 私も世俗的な事で色々ありますが、十万単位でお金がなくなるのを見ていると、
とほほな気分になります。まあ、こういうのは一つずつこなしていくしかないです
よね。お互い頑張りましょう。
 わがままについては、私もわがままな部分があるので、結構許せる部分と許せな
い部分があります。かわいいわがままだといいんですけどね。

[3420]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2000/06/29 Thu 23:38:00
 こんばんは。いろんなことがたまっていて、それを片付けるのにものすごい時間
と労力をつぎ込んでいる今日この頃の、ぶるーうです。そして明日は週末恒例のグ
ループ実験。参考資料に目を通すだけでも朝になりそう。ぐはっ。

(takuroさんへ)
 僕は逆に、教習所で車嫌いになりました。世界の中でもあんな不条理な学校、他
にないと思います(笑)。

(アキさんへ)
 僕も管野美穂は好きです。なんの役をやっても管野美穂になってしまうところが
気に入ってます。すごいなあ。

(ケーキのエピソードについて)
 わがままはわがままでも、それが100%ピュアな女性のわがままだったら、
我々男性としても素直に許せてしまうのですけど、そこにひとかけらでも生活臭が
入り込んでしまうと、とたんに醒めてしまうところがあります。
 その点、緑はエライなあと思いました。

[3419] アキ さん(aki-room@mvc,biglobe.ne.jp) 2000/06/29 Thu 03:00:33
 こんばんはーん。密かに私も辻仁成は合わないです。
歌がスキなので何冊か読んでみたのですが、ぬぬでした。
巧いなーとは思うし、似た人もいないと思うのですが、
こういうのは本当に相性としか言えないんでしょうね。
でも夏からフジテレビでやる辻脚本によるドラマは見ると
思いますが。何故なら管野美穂がスキだから(笑)。
異常者による犯罪とか、ベストセラー小説をアイドルで
強引に撮ったドラマには辟易してたのでちょっと楽しみです。



[3418]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/29 Thu 01:07:18
 明日は車検です。午前中に車持っていかなければならないのですが、起きられる
かなあ。

◎ういすけさんへ
 辻仁成ですか。どうも巡り合わせが悪くて、本屋で軽く立ち読みしたくらいでし
か読んだことありません。
 ケーキのエピソードに関しては、いろいろ意見出ますね。私はこう思う、という
方いましたら、書き込んでみて下さい。
 メールの返事遅くてごめんなさい。資格取って、ぶいぶい働きだしたら、ぜひお
ごって下さいね(笑)。

◎かたつむりさんへ
 ごぶさたでした。ノートパソコンですか。ずいぶん安くなりましたし、高機能に
なりましたよね。女性はバッグを持ち歩くことに慣れているので、違和感ないかも
しれませんが、私は物を携帯するのが嫌いなので、いつも手ぶらです。時計すらし
ません。携帯電話はポケットの中。
 そんな事はともかく、お仕事頑張って下さいね。

◎柊さんへ
 こちらもパソコン買われたのですか。うーん、ボーナスシーズンですしね。最近
メーカー製のパソコンに疎くて、シンプレムというのがどういうPCか分かりませ
んが、気に入るというのはポイントですよね。
 場外馬券に関しては、分不相応な額を突っ込んで後悔の涙という可能性が一番高
いです。最も、小遣い程度で遊ぶギャンブルなんて何の魅力もないですが。

◎シンジさんへ
 そのドラマ、結局1回目しか見ませんでした。私としては、中谷美紀のイメージ
が合わなかったですね。どうしても坂本龍一プロデュースのイメージが強いので。
まあこれは小説と同じく、合う合わないの問題でしょうから、ドラマのお陰で原作
読む人が増えるなら、嬉しいですね。
 短編は結構数ありますので、楽しみながらゆっくり読まれて下さい。

[3417] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2000/06/28 Wed 16:45:56
こんにちは、シンジです。

ドラマ「永遠の仔」終わりましたが、かなり
原作に忠実で、なおかつ一つのドラマ作品として
見た場合でも、結構よく出来ていたように思います。
特に配役がベスト。優希、ジラフ、モウルの三人は
まさにこの人たちしかいない!といった感じでしたね。
僕もこのような場合、何はなくとも先に原作を読むタイプなのですが、
やっぱり逆じゃなくてよかったなあと思います。
「サイダーハウス・ルール」も楽しみです。

最近、ようやく春樹さんの短編にとりかかりました。
今のところ、「ファミリーアフェア」と「100%の女の子」が
お気に入りです。

[3416] 柊 さん(yu-ke@fra.allnet.ne.jp) 2000/06/28 Wed 10:39:33
僕もパソコンを買いました。
余りの可愛さについ「シンプレム」に決めました。
一応DVDが観れるので、嬉しくて仕方ないです。

日曜に場外馬券売り場の前を通りがかると、
初老の男性が号泣していました。
う〜む?


>ういすけさんへ
辻 仁成は芸術活動の時は「じんせい」と読み分けるそうですよ。



[3415]かたつむり さん(mieko@louis.nasu-web.or.jp) 2000/06/28 Wed 02:33:23
お久しぶりです。
今日、ノートパソコンを買いました。
機能重視といきたかったのですが、
やっぱりデザインで選んでしまいました。
とにかく、軽くて、持ち運びによさそうです。
これで、何処にでも携帯することが出来、
より仕事がはかどります。
パソコンをチューンナップしてくれる友人が
いるので、セットアップを頼みました。
その人が、「ま、これでもいいか」と言えば、
なんとかしてくれます。
一代目のノートパソコンが来て、
大変嬉しいです。

[3414] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 2000/06/27 Tue 21:41:58
最近 辻 仁成(初めジンセイと読んだ)をゲットし、これが予想以上の大当たり
でほくそえんでいるういすけです。

皆さんこんばんわ。
仙台は今 雨が降っています。

>ケーキエピソードについて
これは当然のわがまま。
これは女性のかわいげ。
これは「ここは自分がいてもいいんだよね!」と強気に問い掛ける方法。
と勝手に解釈していました。
違うかったのかなぁ?

ま、なにはともあれ、自分はケーキは捨てないなぁ。

>本間さんへ
この間はご馳走様でした。&選挙ご苦労様でした。
今度出世しますので(もしくは大勝しますので)おごらせて下さいね。(予定)

[3413]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/26 Mon 03:24:23
 開票日の今日は、早番の一面担当でした。もう、ばたばたして大変で、どっと疲
れた一日だったなあ。競馬で勝ったからいいか。

◎柊さんへ
 私もそうなのですが、かなり省略した文章ですね。「神の子どもたちは」は、人
によってどの短編が好きかというのは、かなり別れるようです。「アイロン」は、
面白い話だとは思いますが、特に私にはインパクトはなかったです。
 しかし、最近は何とかテラピーが多いですね。それだけ疲れている人が多いので
しょうが、アニマルテラピーは効果大のような気がします。

◎takuroさんへ
 教習所は、理不尽な事も多いので(ポール見ながらの車庫入れとか)、そんな場
所は、早く卒業して、自分で自由に運転した方がずっと楽しいですよ。教習頑張っ
て下さい。

◎shokoさんへ
 いや、緑は本当に窓から捨てそうな勢いです(笑)。ケーキにせよ、何にせよ、
ちょっとした物をあげて、喜んでくれるとこちらも嬉しいです。ケーキでも花でも
小物でも、本当に欲しいと思われる物をあげるのは難しい事なのですけどね。
 「サイダーハウスルール」についての解説、ありがとうございました。なるほど
アーヴィング原作でしたか。こういうケースのマイルールとしては、読んでから見
ます。逆は不可です。想像力が失われるのはつまらないので。

◎アキさんへ
 でしょ? 偉いところもあるよねえ。10代から20代にかけての大体の女の子
は、えらいわがままな部分があります。それが個性として魅力に繋がればいいのだ
けど、ただ単に物欲から来るわがままには参ります。
 まあ、そういう話をしていると「男もわがままだ」という話になって旗色が悪く
なるのでこの辺で(笑)。昨日「ふぞろいの林檎たち」の原作読んでいたら、そう
いう話が出てきて、確かにと思ってしまいました。女の子も大変だ。

[3412] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/06/26 Mon 01:12:09
 あの「ノルウェイの森」のケーキのエピソードは印象的です。
ものすごくよく分かります。そうそうそう!って感じでした。
でも私はああいう感覚は普通のコトだと思っていたので(初
読み当時は高校生だったし)、緑が『完璧なわがまま』と言った
のに対して衝撃を受けました。えっコレはわがままなのっ?!って。
 ケーキはまぁ食べ物に対する道徳もあるから捨てないですが、
似たようなコトを女の子は日常よく言ってると思います。男って
エライなぁと思いますもん。ホントに。と、他人事のように言う
私でした。おやすみなさい。


[3411] shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/06/25 Sun 22:43:37
 いくらなんでもせっかく買ってきてくれたケーキを
窓からポイしたりはしませんが。
というか、全部なんだかんだ言ってもちゃんと食べます(笑)。
実際やるかどうかはまた別のお話です、
緑さんにとってもそうじゃないかと(たぶん・・・)。
 サイダーハウスルールはアーヴィングの小説です。
映画の方でもアーヴィングが関わっていて、
アカデミー賞の脚色賞だかなんだかをとったのではなかったかと。
アーヴィングさんの小説は、4作くらいしか読んでいないのですが、
わりと好きです。特にホテルニューハンプシャーが好きです。

[3410] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/06/25 Sun 16:32:29
教習所に通い始めました。車の運転っておもしろいですね。いつかスバルにのって
みたいものです。
アキさん>ワタナベトオルにそんな由来があるとは知りませんでした。私、あんま
     りエッセイは読んでないんです。エッセイも好きなんですが、それより
     小説のほうが好きですし、雑誌に発表されるものも読んでないんです。
     ハルキストとはとてもいえないですね。

[3409] 柊 さん(yu-ke@fra.allnet.ne.jp) 2000/06/25 Sun 08:41:33
「アイロンのある風景」が妙に心に残ります。
最近読んだ、山本文緒の「いるか療法」に相通ずるものがあるように思えます。
癒し方は人によって、様々なんですね。
それを見付けられただけでも、幸運といえるのでしょうね。



[3408]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/25 Sun 00:48:53
 明日はいよいよ衆院選投票日。私の勤めている会社は新聞社なので、選挙は最大
のイベントです。だから、投票日というより開票日のイメージが強いですね。

◎のたへ
 あの後、更に起きていたんだね。
 さて、お勧め本コーナーは、最近さぼっているのがネックだけど、なんでこんな
名作読んでない人が多いのだろう、と思って始めました。余計なお世話的企画だけ
ど、いい小説は数多くの人に読んで欲しいものです。
 柴田よしきは、当たりはずれが激しい作家だと思う。RIKOシリーズは好きな
のだけど。本屋で探してみます。

◎かえるさんへ
 はあ、そういうものですか。中学生の時、同じような事を言ってオーブンを欲し
がっていた妹の事を思い出しました。
 私は半分くらいは自炊なのですが、フライパンと鍋で、大体のものは作ります。
得意だからじゃなくて、適当な料理なのでこれで構わないのです。それにしても、
料理が得意だと、あれこれ作れていいですね。私もレパートリーを広げたい。

◎shokoさんへ
 いいですよね。私はポスターとして壁に飾りたいと思い、熱心に探したのですが
どうやら商品化されてないようです。残念。
 ケーキのエピソードは、わがままにならず個性として出るような性格の子の実在
は非常に珍しいです。そりゃ、緑なら許しますが。
 男性が経験則で語る女性というのは、私が男性だからだろうけど、共感出来る部
分が多いですね。でも違う所を見つけるのが楽しいんですよ(笑)。
 「サイダーハウスルール」って何ですか? 良かったら教えて下さい。

◎アキさんへ
 もう夏風邪でしょうね。梅雨が本格化し、こちらもぐっと寒いです。関節が痛む
のは辛いし、じっとしているのも退屈でしょうが、何とか治して下さいね。
 ワタナベトオルは私もそういう風に記憶してます。確か。

[3407] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/06/25 Sun 00:04:33
 こんばんは。風邪をひいてしまいました。ツレー。
この風邪は「夏風邪」って言ってもいいんでしょうか?
まだ早い? あー背中痛い・・・。
takuroさん>ワタナベトオルというのは安西水丸さんの
         本名だったと思います。村上春樹さんの
         エッセイか何か書かれていたと思うのですが
         違ったかなぁ? あんまり自信ないですが多分。


[3406]shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/06/25 Sun 00:03:13
本間さんこんばんは。
 羊男のクリスマス、いいですよね。
全部のページをポストカードにしてしまいたいくらいです。
 緑さんのケーキ買ってきて、はとても深く共感いたします。
単なるわがままじゃないのです。おそらく。
 春樹さんのエッセイ、面白いとは思うのですが、
ときどき、これは偏見ではなく経験から感じたことだけれど、
みたいに前置きをしておいて、
女のひとは云々・・・
(地図を正確に書けないとか、怒りたいから怒る、とか)
とかって書いてあったりして、そういうのを読むといらいらっと
してしまうのです(笑)。
たぶん、わたしもあてはまっているからくやしいんでしょうけれども。
 サイダーハウスルール、映画と小説どっちを先にするか、
とても悩んでいるのでした。小説読みたくてうずうずしているのです。

[3405] かえる さん(akibamiho@hotmail.com) 2000/06/24 Sat 23:34:03
包丁とかフライパンは欲しいんですって!自慢だけど私はすごく料理が得意なのに
家は電気レンジなんでろくなものが作れなくってすごくすごくつらいです。




[3404] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 2000/06/24 Sat 02:09:51
>本間さん
大変ご無沙汰しておりました。

お薦め本のコーナー 拝見させていただきました。
やっぱり自分が読んだ本があると「そうそう」って
思うものですね。

って 以前本間さんに薦められて読んだ本ばかりですが。

私が最近読んだ本では 加納朋子以外では 柴田よしきの
「桜さがし」(集英社)がヒットでした。
登場人物の年齢はやや高めですが,青春モノと言ってさしつかえ
ないでしょう。おそらく本間さんも気に入っていただける
・・・はずです たぶん。

以上 珍しくお薦め返しでした。(笑)

[3403]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/23 Fri 23:56:39
 今日は古本屋で一気に70冊買いましたが、重くて腕が抜けそうでした。

◎シンジさんへ
 こちらはレイコさんですか。しわが魅力的というのは面白い表現ですが、あの飄
々とした態度にはちょっと憧れます。大人になっても、そういう存在でいる事はと
ても難しい事ですしね。
 3部だけを文庫で買えばいいのに、と思わないこともないですが、本棚に並べて
いて版型が合わないと気持ち悪いのはよく分かります(笑)。私も持っているのに
今日「羊男のクリスマス」ハードカバー版を買ってしまいました。

◎ねねさんへ
 えっ、そうですか。4月分までは更新したと思うのですが、抜けたかな。それ以
降でしたら、単に更新していないだけです。来たのは全部載せてますが、名前がな
いのは見送ってます。でもそれは大丈夫そうですよね。どういう内容だったか、簡
単に書いてもう一度メールしていただけると、助かります。
 掲示板の過去ログは結構な量になってしまいましたね、いつのまにか。
 ラビット消しゴムについては、すっかり忘れました。もう一度そこだけ読んでみ
ますね。

◎かえるさんへ
 なるほど、そういう点ですか。私は「ショートケーキ買ってきて」のエピソード
が印象深いです。理不尽なんだけど、そういう点をかわいいと思わせる女の子は結
構少ないですしね。
 しかし、包丁やらフライパンやら、そんなに欲しくなるものなのでしょうか? 
謎です。

◎noryさんへ
 初めまして。
 ホームページも見させていただきました。書評のメルマガというのは、面白いで
すね。ただ、継続していくのが大変だと思いますので頑張って下さい。私は、ここ
に載せている感想程度の長さなので、何とか続けてます。

◎takuroさんへ
 「ファミリーアフェア」に関しては、主人公そんなにひねてましたっけ? 私は
ユーモラスでいいなと思ったのですが。最近の短編は、ああいう感じの短編はない
ので、ちょっと残念です。
 ワタナベトオルという名前は、名前を考えるのが大変だから使い回している、と
何かのエッセイに書いてましたよ。

◎にこちゅうさんへ
 初めまして。私は獅子座のO型ですが、特に損した事も得した事もないです。
 私はメール無精なので、なかなか書けないのですが、メールというのは面白いメ
ディアですよね。時間を気にせずに書けるところが特に。
 ダンスは、音楽に彩られた表現が、私も好きです。登場人物もみんな魅力的です
し。あのストーリーのテンポ感は村上作品随一かもしれません。

[3402] にこちゅう さん(nikochu@xf6.so-net.ne.jp) 2000/06/23 Fri 23:07:06
村上作品に出会ってからはや10年。最悪なことに山羊座のA型です。
さらに小学校を芦屋市で過ごしてしまいました。ムラカミしている私です。
今心がちょっと病んでいるので、氏の作品について以外でも、話をしてくれる人
mail下さい。当方33歳独身です。よこしまではなく、村上ファンのひと
お待ちしています。
一番好きな作品はダンスダンスダンスですね。

[3401] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/06/23 Fri 20:00:12
こんばんは、takuroです。本間さん、「ファミリー・アフェア」についてレスあり
がとうございました。さっそく本屋さんに行って探してきました。
ああゆうひねた感じの主人公は今の村上さんは書かれないですね。おもしろかった
です。「立派なカジキだ」には笑ってしまいました。
読んでて思ったのが村上作品にでてくるモチーフについてです。ワタナベトオル、
はんだごて、この2つはちょっとひっかかるものがありました。きっと文学で論文
書くような人は綿密に研究するんでしょうが、一読者としては「こんなとこにもあ
った」くらいのかんじですね。