現在の掲示板へ戻る

[3400]nory さん(nory_scrap@geocities.co.jp) 2000/06/23 Fri 01:33:01
はじめまして。
こちらHPはすごく充実していますね。私も最近自分のHPを作り始めたのです
が、まだまだこれから作り込もうと思っているので、ぜひ参考にさせて下さ
い。自信ができたときには、相互リンクお願いします。がんばるぞ!

[3399] かえる さん(akibamiho@hotmail.com) 2000/06/22 Thu 23:50:47
本間さん、緑のことで一番印象に残っているところは包丁やらなんやら買いたいが
為にブラを毎日洗濯していたことをぼくに語ったところです。私にも同じような事
があってすごく印象に残っています。
あのさっぱりしていながら後ろ向きな性格が好きです。



[3398] ねね さん(007@himitsu.070.fm) 2000/06/22 Thu 23:46:54
初めまして。だいぶ前にゲストブックに記帳したのですが、
反映されてなく、少々不安な日々を送ってる者です(…というのは大袈裟です
が)、
なんか、変なコト書いたかしら…#どきどき#
因みにHNは違います。

感想や人気投票など、とても充実したサイトですね。
こちらの過去ログも最初から追って読んではみたのですが、途中で力尽きてしま
い、諦めました。
ごめんなさい<管理人様

先日、『日出る国の工場』を初めて読んだのですが、ラビット消しゴムって、文房
具屋に行けば、手に入るのでしょうか。
お恥ずかしながら、この本を読むまで、その存在すら知りませんでした。
私はいつも、トンボのMONO消しを使ってるのですが、今、物凄く”ラビット”
が欲しくなりました。
う〜んんん。。。書物の影響って、スゴイなー。

[3397] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2000/06/22 Thu 23:25:54
おひさしぶりです。シンジです。

鼠3部作のあと、続けて「ダンス・ダンス・ダンス」を
読もうと思ったのですが、ちょっと脇道にそれて
「ノルウェイの森」に立ち寄りました。
今回、最も感情移入できたのはレイコさんでした。
彼女が背負ってきた痛み、そして自らが選んだこれからの人生・・・
生きていくことを選んだ登場人物の中で一番身近に感じられるのです。

「ねじまき鳥」に関するこぼれ話が一つあります。
第一部、第二部は古本屋ですぐに見つかったものの、
第三部だけがどこを探してもまったく見当たらなかったのです。
あきらめて普通の本屋で注文しようと思ったのですが、
いつもは行かないような古本屋で三巻セットで売られているのを発見。
もう続きが気になってしょうがなかったので、
背に腹はかえられずその三巻セットを2700円で購入しました。
というわけで、今、手元には一部と二部が2冊づつあります(笑)。

[3396]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/22 Thu 00:20:54
 毎日暑いなあ、と思っていたら週末からずっと雨予報。それはそれで鬱陶しい。

◎tokiさんへ
 はい、こんにちは。ノルウェイと納屋を焼く、を読んで、後者の方に言及してい
るというのが個性的でいいです。味がある短編集ですし。
 「納屋」については、自分の中の納屋は一体何のメタファーなのか、というあり
がちな事を言うまでもなく、色々と考えてみて下さいね。

◎柊さんへ
 なるほど。私は新刊以外のハードカバーを買おうかどうか考える時、まず奥付を
見ます。1年以内の発行なら即買いますね。東京創元社や早川書房など、なかなか
文庫にならない出版社、もしくは文庫化されない可能性のある小説なら、その限り
ではありませんが。昨今珍しい太っ腹なあなたは、出版社にとっては、有り難いお
客様だし、そう思っていれば気分も晴れるでしょう(晴れないかな)。
 パソコンは一にスピード、二に画面の広さ。性能よりも、毎日見るディスプレイ
にお金をかけるといいでしょう。今は19インチセットもありますし。

◎かえるさんへ
 初めまして。それはいないと思っているだけで、密かにいると思いますよ。特に
「ノルウェイ」は、ある年代の人は読んでいる率は高いです。
 緑のどこが好きか、今度はそれを書いてみて下さいね。私は、最初読んだ時はや
っぱり緑が好きでしたが、今はハツミさんに感情移入してしまいます。ああいう性
格の子には、現代の世の中は辛いだろうけど、幸せになって欲しいですね。

[3395] かえる さん(akibamiho@hotmail.com) 2000/06/21 Wed 22:05:01
初めまして。私の周りには村上春樹ファンが一人もいません。
「ノルウェイ〜」の緑についてなどお話ができたらと思って書きこみました。
村上春樹はぜんぶ好きだけど、鼠とみどりが一番好きです。

[3394] 柊 さん(yu-ke@fra.allnet.ne.jp) 2000/06/20 Tue 23:17:02
「ねじまき鳥」をハードカバーで三冊買いました。
その二日後、文庫で店頭に平積みされてるのを見た時のくやしさといったら・・。
(個人的に持ち歩けるので、文庫の方が好きです。)

私事なんですけど、パソコンを購入する事にしたので、
おすすめや、アドバイスをお願いします。


[3393] toki さん(toki158@guitar.ocn.ne.jp) 2000/06/20 Tue 22:37:52
こんにちは
久しぶりに書き込みますー。
だけど、あんまりネタありませーん。。

その間にノルウェイの森と蛍の短編集を読んじゃいました。
それにしても、納屋を焼くの納屋ってどこの納屋を焼いちゃったのかなあ??
うーん、、うーん、、何を焼いちゃったの?
わからなーい。眠れなーい。。

[3392]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/19 Mon 23:25:50
 今日は休みだったので、午後は土曜分の代替競馬をしてました。たんぱで中継だ
ったんですが、通常の株式番組とミックスされて、変な感じ。

◎shokoさんへ
 タイトルは言われてみると、確かに凝ってますね。昔初めて「蛍・納屋を焼く・
その他の短編」というタイトルを見たときには、むむむと感心させられました。
 作家のエッセイを読むと、タイトルを付けるのに苦労する人と、さっと付けると
いう人と両極端なようですが、村上さんはきっと考え込んでいるのでしょう。
 好きな作品の順番は私も同じです。早く出るといいですね。

◎takuroさんへ
 「ファミリーアフェア」は「パン屋再襲撃」に収録されていると思いましたが、
ちょっと調べてみます。やっぱりそうでした。
 前から不思議に思っていたのですが、ハルキストという言葉はいつから言われる
ようになったんでしょうね。私が大学生の時はなかったなあ。
 「蜂蜜パイ」は、これを受けての今後の小説がどう変わるか、楽しみです。

[3391] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/06/19 Mon 16:35:50
こんにちは、takuroです
私は今までほとんどの村上作品を読んできたと思ってたのですが、「ファミリーア
フェア」は読んだことがないんです
ハルキスト失格ですね
そこで、お願いします
どの本に収録されているかどなたか教えてください

話はぜんぜん違いますけど「蜂蜜パイ」最高です!!
最後の独白はジンときました

[3390]shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/06/19 Mon 00:09:18
本間さん、こんばんは。ちょっぴりお久しぶりです。
ふと思ったのですが、最近の春樹さんの著作は、
特にタイトルが素敵じゃないですか?
スプートニクの恋人とか、神のこどもたち〜とか、月曜日は〜、とか、
ウイスキーも。長めなものがはやっているのでしょうか。
そう考えてみると、春樹さんの著作って昔から、凝った、というか、
ちょうどいいところをついてくるタイトルが多いなあ、
と改めて思ったのでした。
春樹さんの作品は、長編>短編>エッセイの順に好きなので、
早く長編が読みたいです。うずうず。

[3389]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/18 Sun 23:19:26
 今更ながらフォーサイス読んでます。巷で言われるほど巧いとは思わないけど、
ストーリー自体は結構面白いですね。

◎西方ひろゆきさんへ
 ホームページも見させていただきました。自分で監督をしようと思った、という
バイタリティーが凄いですね。あとカメラマンが必要な思いも、ひしひしと伝わっ
てきましたよ。
 SSの方はまだ読んでいませんので、そのうち読んでみますね。

◎すうさんへ
 短編も人気投票をしているのですが、長編に比べて、結構票が別れるので集計し
ていても面白いですね。「ファミリー」にはいろいろ好きな言い回しもあって、ひ
そかに使っていたりします。
 この前も書きましたが、「かえるくん」は、昔の「あしかシリーズ」を彷彿とさ
せるキャラクターで、何だか懐かしかったです。もう書かないのかな。

◎棚村洋子さんへ
 それは羨ましい環境ですね。普通の書店には厳しい状況だと思いますが、本読み
の期待に応えて頑張って下さい。再版制度絶対維持です。
 お店では村上春樹の売り上げはいかがですか? やはり自分の気に入った小説だ
と平積みしたくなるのでしょうか? 「ねじまき鳥」は、かなり分量があるので、
時間のある時に一気に読むと、ほのかに幸せな気分になりますよ。

[3388] 棚村洋子 さん(y.y-tanamura@nifty.com) 2000/06/18 Sun 03:48:31
昨日パソコンが自宅にきました!はじめまして洋子です。実家が本屋さんです。仕
事も実家の店を手伝っています。やっぱり、村上春樹が一番好きな作家です。ここ
を見ていて、またいろいろ読み返したくなりました。今は、長編・・・特にクロニ
クルを読み返したい気分です。アイモードには、こういうサイトが無かったので、
うれしいです。短編はタイトルが思い出せないな。いっぱい読んでまたここに来た
いです!!それでは、よろしくです。

[3387] すう さん(Est0000@aol.com) 2000/06/18 Sun 00:04:35
村上さんの短編、いくつかお気に入りがありますが、「ファミリー・アフェア」は
大好きです。タイトルがまず好きですし、最後の、兄弟の和解(?)のシーンがま
たいいです。
この間の短編集の中では、「かえるくん・・・」がベストです。かえるくんの一挙
一動の描き方がもうとても好きです。
それからそれから(もうとまりません)、「氷男」とか「めくらやなぎ・・・」も
何度も読み返してますー。




[3386]西方ひろゆき さん(allentown@nifty.com) 2000/06/17 Sat 03:29:52
「風の歌を聴け」で創作人生が開花。以来小さい劇団で脚本を書き、自主映画でビ
デオの映画を作った。今、念願のHPが完成。「アレンタウンへようこそ」。特に
メインである連作ショートストーリー「わにのボビージーン」はもろ春樹(の影響
を受けた作品)。10年前の作品で、しかもイラストがない状態ですが、お気軽にお
立ち寄り下さい。

[3385]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/16 Fri 23:37:23
 湿気が多くてうっとうしい日々が続きます。

◎迷える子羊さんへ
 初めまして。地下鉄開通の頃は、私はまだ仙台にいませんでしたが、その頃から
比べると、泉近郊は結構開発が進んでいると思います。山形から八文字屋書店とい
う郊外型大型書店も出店しましたし。
 「ファミリー・アフェア」は私も「図書館奇譚」の次に好きですよ。シニカルで
楽観的な主人公は理想的です。

◎いけのっちさんへ
 無事行けましたか。何よりです。
 小説に関する私のスタンスはかなり変わっているかもしれないのですが、昔の小
説は当時の人でも読めただろうけど、現代小説は今しか読めないから、という屁理
屈のような理屈を結構気に入ってます。少なくとも、気に入っている作家より先に
は死ねないよな、という気にさせられますし。

◎アキさんへ
 ふーん、お兄さんがいるのですか。私も妹がいますが、とても小説のような感じ
ではありません。しかし村上さんは、フリオ・イグレシアスを効果的に使いますよ
ね。ちゃんと聞いた事はないけど、イメージが先行してしまいます。

◎柊さんへ
 本当そうですね。自分の心の空虚感にぴったりくる作家を見つける事は、本読み
の幸せの一つです。
 さっきもそういう話ありましたが、何を好きだって変という事はないですよ。人
気投票をやっていると、マジョリティが何かは分かりますが、ぽつんと票が入る作
品へのコメントの方が面白いものが多いです。
 「J’s BAR」は渋谷にある同名の店に行った事がありますが、結構ひどい
店だった記憶がありますね。割とよくある名前なのかも。

◎シンジさんへ
 逆に言えば、未読の作品がたくさんあって幸せではないでしょうか。
 それにしても、日勤の時はいつも寝不足で会社に行っている私は、それで休みと
いうのは羨ましい。当日休が取れない職場なのです。
 その再読の順番だと、後半になるに連れ、ボリュームアップですね。ねじまき鳥
もそうですが、まとめて再読すると、作品世界にずっと浸れて、いいですよね。三
部作なら、私はいつも相棒の変遷に心が痛みます。

[3384] シンジ さん(zap10272@nifty.ne.jp) 2000/06/16 Fri 13:03:12
僕はまだまだ春樹歴が浅いので
短編はほとんど読んでいないのですが、
「神の子どもたちはみな踊る」の「蜂蜜パイ」は
感動的でした。

ちなみに昨日は寝不足のために仕事をお休み。
ついつい「鼠3部作を」読み直してしまいました(笑)。
再読するというのはやはりいいものですね。
特に「羊をめぐる冒険」印象が最初に読んだ時に比べて
大きく変わりました。
次は「ダンス・ダンス・ダンス」に取りかかります。


[3383] 柊 さん(yu-ke@fra.allnet.ne.jp) 2000/06/16 Fri 03:28:41
はじめまして。
僕は高校の時に「ノルウェイの森」で村上春樹の世界に入りました。
波長の合う作家に巡り合うのは、本当に幸せなんだという事を実感します。

好きな短編は「駄目になった王国」です。
作品中の独特なムードに惹かれます。変かな?

余談ですが、先日「J’S BAR」という店名につられて入ってみると、
何とボーイズバーでした。慌ててダッシュで逃げました。(笑)





[3382] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/06/16 Fri 01:24:48
迷える小羊さん>私も「ファミリー・アフェア」好きです。
        あれと「パン屋再襲撃」が短篇部門1位の座を争ってます。   
     春樹さんの書く女の子は何だか皆「何もかも知ってる」
        みたいな感じがありますが、「ファミリー・アフェア」の
        妹はそうじゃない所がなんか可愛い。比喩もスキです。
        私が妹だというのが結構大きい理由かもしれないですが。

[3381] いけのっち さん(mimi0606@f3.dion.ne.jp) 2000/06/16 Fri 01:01:12
 みなさんこんばんは。
 おかげさまで、行けました!!>村上朝日堂
 よかったよかった。

 本間さん
 そうですね。作家についてのいろいろなことが、リアルタイムで
 分かる、そしてその作家がリアルタイムで変わっていく姿を
 見ることが出来るのは、幸せかもしれません。
 ただ、あとになってから見た場合に感じることというのは、
 それはそれで、意味のあるものだとも思いますが、両方を望むのは、
 欲張りですもんね。

 ではでは、またおじゃまします。


[3380] 迷える子羊 さん(zue10423@nifty.com) 2000/06/16 Fri 00:31:36
どうもです。初めて「書きこみ」というものをします。パソコン買ってまだ5日め
です。ここの管理人の本間さんは仙台在住だそうで、実は僕も仙台市泉区に6年間住
んでいました。泉中央駅ができたときも知っています。なんか懐かしくて・・・。
最後に申し訳程度に村上春樹さんネタを,僕は村上さんの作品の中では、短編です
が「ファミリー・アフェア」が一番気に入ってます。変ですか?

[3379]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/15 Thu 00:09:33
 昨日そば粉100%の手打ち蕎麦を自分で打ってきました。思ったより堅かった
です。

◎大塚ヒロユキさんへ
 ベスト長編は私も同じです。何度再読してもいいですよね。
 新刊の数はあまりに多いので、残念ながらあなたの小説は読んだ事はありません
が、今度本屋で探してみます。それにしても柴田元幸さんが帯を書く、というのは
結構豪華ですよね。
 文字化けの件は文字コードが異なるからだと思われます。

◎林檎さんへ
 東口より西口の方がうるさいですよ。注目度が違うためでしょう。
 山形はそうですね、そばと果物というイメージです。スキーと競馬でしか行った
ことないので、機会があればゆっくり訪れてみたい気はします。
 金港堂は、まあ普通の街の本屋ですね。私は丸善の方が好きです。
 チャットはどうでしょう。好みの問題かと。

◎いけのっちさんへ
 初めまして。私は逆パターンで、名作と言われている小説になかなか馴染めず、
現存する作家の小説ばかり読んでいます。リアルタイムで読めるのも、なかなかい
いものですよ。変遷が肌で感じられますし。

◎ニャン玉さんへ
 初めまして。朝日堂に関しては、下にまとめておきました。
 ただ、林檎さんも書かれてますが「夢のサーフシティー」というCD−ROMに
まとめられていますので、そちらで一気に読むのも良いかと思います。

◎村上朝日堂
 何ヶ月かに一回はこういう質問来るのですが、朝日堂のサーバーはたまにメンテ
ナンスしているようで、一切アクセスが出来ない時期があります。私も今日の昼と
夜とアクセスしてみましたが、昼は駄目でしたが、夜は大丈夫でした。
 という訳で、今は普通にアクセス出来ます。

[3378] いけのっち さん(mimi0606@f3.dion.ne.jp) 2000/06/15 Thu 00:06:16
 やっぱり!>ニャン玉ニン太郎さん
 なぜいけないのでしょう・・・・・・。
 
 林檎さん
 壁抜けって何ですか?初耳なのです。(パソコン、よくわかりません)
 HARUKI CLABって?
 そこのHPに行けば、「村上朝日堂」に飛べるんですか?
 ふーむ、よく分からないけど、やってみますね。

[3377] 林檎 さん(s9931346@izavc.tohoku-gakuin.ac.jp) 2000/06/14 Wed 16:11:29
ニャン玉ニン太郎さんといけのっちさんへ
HARUKI CLABというHPの壁抜けっていうものを知っていますか?
あたしもYAHOO!で検索できなかったので、
ちょっとやってみました。そしたら、いけましたよ。
壁抜けは、何処へでもいけて、いい感じです。
あたしは、そこでも、掲示板にいますので、覗いてみてね。

[3376] ニャン玉ニン太郎 さん(pk5y-tnk@asahi-net.or.jp) 2000/06/14 Wed 11:26:54
初めて書き込みします。
私もいけのっちさんと同じで、
村上朝日堂に行こうとしても行けないのです。
昨日までは見たんですけど・・・。なくなっちゃたのかなぁ?
まだフォーラムとか村上ラヂヲを全部読んでないので、
どうなっているのか知りたいです。
どなたか事情をご存じでしたら教えて下さい。

[3375] いけのっち さん(mimi0606@f3.dion.ne.jp) 2000/06/14 Wed 01:01:49
 はじめまして。いけのっちといいます。
 
 専門は、近現代文学なのですが、春樹さんは約一年前、私の心に
ヒットした初の(?)「現在生きている」作家でした。
 初めて読んだのは、学部二年生のとき、「風邪の歌を聴け」でしたが、
当時の私には合わず、数ページで読むのをやめていました。
 はじめてきちんと読んだのは、「ねじまき鳥クロニクル」です。そして、
エッセイを読みまくり、現在にいたります。

 ところで、春樹さんのHP「村上朝日堂」にいこうとしても、
どうしてもいけないんですが、なぜなのですか?もう存在しないとか?
YAHOOで検索しても、朝日出版のHPから先にいけないのです・・・・・・。
どなたか教えてくださいませ。
 
 では、またお邪魔します。よろしくお願いします。 

[3374] 林檎 さん(s9931346@izavc.tohoku-gakuin.ac.jp) 2000/06/13 Tue 15:47:42
大塚さんへ
私のこと分かるかな?インターネットカフェは、いかがでしたか?
私も行ってみたいけど、もし、そこのパソコン壊したら・・・・(^^)って思う
と行けないですねぇ。
管理人さんへ
あたし、1年間専門学校行ってた時、仙台駅東口の近くに住んでました。
あそこって、金曜の夜になると、族の方の集会があってうるさかったのを覚えてま
す。泉は、山形に近い感じです。
そばと、競馬かぁ。山形名物?かな。
今度、山形に行く時は、もっと、南のほうへ。あたしの実家近くは、今ごろさくら
んぼで、にぎわってますよ。
ところで、金講堂へ始めていったら、結構いろんな本があって、名前忘れたけど、
村上氏のインターネット上でのやつ、面白くって、ひとり本屋で笑ってました。
あたしって怖い?って思いながらも、最後まで読んでしまいました。
最後に、チャットって、したことないけど、面白いものなのかな?

[3373]大塚ヒロユキ さん(cafe_esnesnon@hotmail.com) 2000/06/13 Tue 03:11:04
 僕の好きな村上春樹さんの小説BEST3は(月並みですが)
1「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」
2「1973年のピンボール」
3「ダンス・ダンス・ダンス」
 です。

村上春樹さんの小説を読み、現代アメリカ文学や、その他いろいろな作品に興味を
もちはじめ、今は自分でも小説を書いております。
タイトルは『APE LITTLE FOOL』といいます。幸運にも柴田元幸さんに帯の言葉をい
ただき、地味ながらも、静かな波は広がりつつあるようです。
オフィシャルサイトは http://go.to/cafe_esnesnon です。興味のある方はお気
軽に覗いてみてください。


[3372]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/13 Tue 00:03:56
 明日は山形・上山へ仕事で行って来ます。美味しいそばを食べられたらいいな。

◎アキさんへ
 昨日のは、余りにここのサーバーが重すぎたのが原因でしょう。アキさんのPC
のせいではないですよ、多分。最近特に重いんですよね、biglobe。
 いつも書いている事ですが、PCなんてたかだか道具なんですから、自分の使う
方面にさえ詳しければ、それでいいんですよ。私みたいに仕事としている人が詳し
いのは当たり前ですし。

◎シンジさんへ
 初めまして。という事は、1年半で長編9作を読まれたのですね。ちょうどいい
ペースだと思います。長編作家としては寡作なので、あっという間に全部読んでし
まうのも味気ないでしょうし。
 私の長編ベストは断然「世界の終わり」なのですが、この小説は高校3年の時初
めて読んで以来、この12年間で何度読み返したか分かりません。シンジさんも、
この先再読してみると、きっと初読時とは違った読後感になると思いますよ。

[3371] シンジ さん(zqp10272@nifty.ne.jp) 2000/06/12 Mon 15:15:04
はじめまして。
23歳の社会人一年生、北陸在住のシンジと申します。

春樹さんの作品に触れるようになってまだ1年近くですが、
先ほど「ねじまき鳥クロニクル」を読み終え、
これでようやく長編全9作を読破しました。
ちなみに入り口は「ノルウェイの森」で、以後鼠3部作へと続きます。
お気に入りの順番もやはりこの通りですね。
「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」と
「ねじまき鳥クロニクル」はかなり難解でしたが、この世界観も好きです。
あっ、このページは「ダ・ヴィンチ」にのっていたのでアクセスしてみました。
今後ともよろしくお願いします。

[3370] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/06/11 Sun 23:57:29
本間さん>チャット中に突然消えてしまってスミマセン。
     何かわからないのですが、固まってしまって・・・。
     また行ってもまた固まるような気がして怖いので
     PCちゃんの機嫌が良さそうな時に改めて伺います。
     うぅ、いつになったらPCに強い人になれるんだろぅ。
     本当にゴメンナサイ。
     (そして私事に掲示板使ってスミマセン。)


[3369]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/11 Sun 23:17:52
 仙台は何だか寒いです。

◎takuroさんへ
 蛍ですか。子どもの頃は近所でも見たような気がしますが、ここ何年も見てない
ですね。儚さが気を引くようで、色々な小説に登場しますが、確かに「蛍」「ノル
ウェイ」での描写が、私も一番印象に残っています。
 綺麗な水辺に真っ暗な暗闇での蛍、という情景をまた見てみたいものです。

◎naoさんへ
 気に入っていただけたようで何よりでした。あの本屋が入っているビルは、昔の
デパートをそのまま使っているので内装や設備は古いのですが、中身はあの通りの
テナント+ジュンク堂のため、妙な雰囲気です。ああ、十字屋の上のビレッジ・バ
ンガードを紹介するのを忘れたので、今度来た時には是非行ってみてください。

◎アキさんへ
 それはいい傾向ですね。別に読書が高尚な趣味だとは思わないし、読みたい時に
読めばそれでいいと思います。その友達方が本好きになって、一緒に本の話が出来
るといいですね。
 しかし、その中では「流転の海3部作」が、読み慣れていない人には結構なボリ
ュームだったと思います。時間を忘れて読みふけっていたのでしょうか。それはそ
れで凄く幸せな事ですね。

[3368] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/06/11 Sun 08:08:56
 おはようございます。
 最近、読書好きを公言して憚らない私。そのせいか、
「オモシロイ本ない?」と言われることが多くなって来ました。
特に本好きってワケじゃない人でも小説読みたいのだなー、と
改めて知りました。世界は奥が深い。
 で、高校からの友達には「バトロワ」を、職場の先輩(30代
・女)には「流転の海3部作」を、同僚(20代・男)には
「スメル男」をススメてみました。結果は・・・。
 本を紹介した知人の寝不足顔を見るのはちょっとした「中確幸」
だと思いました。ククク。




[3367] nao さん(kotsunao@interlink.or.jp) 2000/06/11 Sun 04:46:18
先週仙台へ行ってきました。
ジュンク堂っていい本屋さんですね!!!!!
いいな〜、あんな本屋さんがあったら毎週通っちゃいます。
坂本サトルのライブもすごくよくて、大満足で帰ってきました。


[3366] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/06/11 Sun 03:39:15
書き込み2回目です
今日蛍を観にいってきました
近くの神社で納涼祭があって、そこで蛍を水辺に放していたんです
青白くてかすかなのに鮮やかな光がすごく綺麗でした
それを見ていて「ノルウェイの森」の蛍の描写を思い出しました
今まで読んだ文章の中で私にとって一番美しいものです
蛍を見ながら、そんなことを思ってました



[3365]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/10 Sat 23:41:20
 今度の火曜日には山形へ。そば打ち体験と上山競馬場システム見学&レース体験
です。プライベートではなく、某メーカーのユーザー会での出張。こんな美味しい
仕事は二度とない事でしょう。

◎ぶるーうさんへ
 パチンコは小ばくちなので、勝負するなら競馬か麻雀が良いです。レートが変わ
らないギャンブルなんて、魅力が殺がれてしまいますから。
 花村萬月は面白い小説書きますが、結構当たりはずれが激しいです。
 自転車はただの街乗り用中古自転車ですって。暗くなると勝手にライトが点くの
はいいのですが、前輪のバッテリーが重いです。

◎えぐちさんへ
 関西は梅雨入りしてましたね。これで残っているのは東北と梅雨がほとんどない
北海道だけです。「ダンス」は北海道とハワイ、東京が舞台なだけに様々な情景が
浮かんできますよね。どうかステップを踏み続けて、暮らしていきましょう。年を
取るというのは、そんなに悪い事じゃありません。
 その言葉は知らないですが、白川道の小説にでも出てきそうです。でも本を読ん
でいて、びっくりする位はっとさせられる言葉は、私もいくつかありました。

◎ういすけさんへ
 お仕事お疲れさまです。私の自転車は今日が初出勤でした。
 疲れている状態に読むと優しい気持ちになれると思われる小説が新潮文庫の新刊
「しゃべれどもしゃべれども」。おすすめ本コーナーでも挙げましたが、いいです
よ。ぜひ読んでみて下さい。
 批評は私もほとんど読みません。書評なら好きだけど、この小説は何とかなのだ
と断定されてもなあ、と抵抗がありますし。好きなように読めばいいんですよ。た
かが小説、されど小説。

[3364] ういすけ さん(masae@t-usac.co.jp) 2000/06/10 Sat 11:36:20
こんにちわ。ういすけです。
今日は休日出勤で、午前中に仕事を切り上げて帰ろうと思っていたのですが、なん
だか雲行きが怪しくなってまいりました。
そして仙台のお空も・・・
>本間さん
せっかく自転車購入されたようですが、東北もいよいよ梅雨入りですかね。

あああ。もう今日は帰りたいなぁ。駄目なのかなぁ。
最近よく本読みしてます。
宮本 輝「幻の光」、金子みすゞ「童謡集」、村上春樹「世界の終わりとハードボイル
ドワンダーランド」、ドストエフスキー「白夜」、それからビレッジバンカードに言っては、村上
春樹特集の雑誌((?)でも\1400もするから立ち読み)を読んだりしてます。
今迄批評というものに心を砕いて読むことはなかったのですが、村上春樹という名
前につられて・・しかし、私が狭了なのか・・・どうも批評って肌にあいません。
感想ならわかるんですけど、これは何を表現しようとしていて云々には、なんだか
胸が悪くなってしまいました。

「私にとって、村上春樹の書くサンドウィッチは、セブンイレブンへ向かわせる原
動力です」

これくらいシンプルな批評があったらおもしろいのに、なんて思って雑誌を閉じま
した。

[3363] えぐち さん(tare@sannet.ne.jp) 2000/06/09 Fri 12:52:11
こんにちわ、えぐちです。大阪は梅雨入りしたのかなあ、朝から灰色の空が
会社の窓という窓からのしかかってくるので、気分も薄暗くなってしまします。
以前、本間さんからおすすめいただいた通り、今「ダンス・ダンス・ダンス」
再読中です。北海道の空もこんな灰色なのかなあ、とか考えてしまいます。
まったく仕事しなさいってば(笑)

「ダンス〜」初読から約3・4年を経て、なおかつ「三部作」を読み終えている今
「こんな内容だったっけ?」とまるで初めて読む小説のように読み進んでいるとこ
ろです。読み終えるのが勿体無いので、極力朗読するようなスピードで丹念に文字
を追ってます。大人になること、年をとること、大切なものを失うこと、etc いっ
ぱい考えて、少しずつ前を進もうとしている「僕」と一緒に「うーん。」と唸って
しまいます。ほんと、村上春樹は何度でも読ませてくれる作家だなあ。

話しはかわりますが、出典を忘れてしまったMy名文句を1つ。
「人がこの世に生を受けてすることは、働くことと愛すること。」てな内容です。
この言葉、今の私の心にしみいりました。

[3362]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2000/06/09 Fri 02:19:29
 お久しぶりです。今日の午後、友人と2人でパチンコ屋で勝負してみたら、見事
に負けてしまった、ぶるーうです。がっくり。

 ところで、ひさびさに本を読みました。ブック・オフで100円だったのでなん
となく買ってみた花村萬月の「ヘビィ・ゲージ」が見事にヒットしました。なかなか
黒くてブルーズィーな雰囲気をつくる人だなと思いました。明日はついでに買って
きた、重金属なんとかというのを読む予定です。

(本間さんへ)
 ところで、自転車はなにを衝動買いされたのですか。MTBファンの僕として
は、けっこう気になるところです(笑)。

[3361]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/08 Thu 23:46:41
 ふと通りかかった自転車屋で自転車を衝動買いしました。競馬で勝ったお金は物
に変えた方がいいのです。

◎林檎さんへ
 私は哲学の知識はほとんどないため、そちらはtbさんにお任せ。
 学院大って2年まで泉なんですか。ふーむ。万葉堂泉店の近くですよね。SEL
VAは未だに行った事ありません。宮城野区から遠いんですもん。
 司法試験受験生ですか。優遇期間を活かして頑張って下さい。

[3360] 林檎 さん(s9931346@izavc.tohoku-gakuin.ac.jp) 2000/06/07 Wed 15:17:01
tbさんへ
ハイデガーの事を書いた後、あたしね、誰も書き込んでくれないのかなって思って
たの。だから詳しい人がいてほんと良かった。
あたしは、法律やってるから、雑学程度でしか読んでないけど、哲学書って好きな
の。今、教養の講義で、ニーチェやってるけど。
あたしにとって、ハイデガーほど、偉大な実存哲学者は、いないんじゃないかって
思ったりする。”死への存在”って言う言葉は、あたしのささやかな人生におい
て、救いだったりするから。まだまだ、読みは、進まないんだけど、読んでて世界
にはいちゃう。残念ながら、あたしが読んでるのは、岩波だけど、読み終わった
ら、もう1回読んでみます。訳の違いって、結構おもしろいから。
管理人さんへ
あたしは、まだ泉にいます。2年だから。けど、週に2回土樋にいってます。
司法試験講座ならぬものをしてるので。どっかであってたりするのかなぁ?
naoさんへ
あたしは、一応仙台在住です。坂本サトルは、仙台市内でかなり、ライブしてたよ
ね。秋田に住んでるんだ。友達に、秋田県人多いよ。ついでにあたしの実家は、
山形にあるの。仙台ととなりなのに、チョー田舎だから。
あたしは、ジュンク堂にしょっちゅう行ってるよ。
あたしの仙台オススメは、近いっていうのもあってだけど、SELVAかな。
意外と、ブランド物が安かったりする。でも、飲みい行くんだったら、
仙台駅の近くだと、おんなのこ同士でも、安心だよ。
あたし、お酒好きだからね。よく行くの。

[3359]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/06 Tue 23:27:29
 うーん、特に前振りはありません。

◎tbさんへ
 まあ、休講になっても、久しぶりに友達に会えると思えば、それもまた一興だと
思います。
 そのチーズケーキの話、久しぶりに聞いたような気がします。さては、持ちネタ
ですね。

◎ユキさんへ
 私はビデオ化されたら見ようかと思ってますが、本家の「炎の少女チャーリー」
を越えることは難しそうです。そもそも予算が違うか。
 クトゥルーはラヴクラフトの作品世界に出てきます。幻想文学ジャンルではお馴
染みですが、日本では栗本薫がよく取り上げてます。グインと並ぶ代表シリーズの
「魔界水滸伝」ではばんばん出てきますので、参考文献としてどうぞ。

[3358] ユキ さん(shinamon@fj8.so-net.or.jp) 2000/06/06 Tue 00:04:25
 こんばんわ。
「クロスファイア」の試写会のチケットをいただいたので観に行ってきました。
なかなかナイスなキャスティングでありました。
伊藤英明格好良いし。
チケットもらわなきゃ行かなかったかもしれないけど
なかなか、きちんと作ってありました。気持ちの良い燃えっぷり。
金子修介監督だからかしら。
前の席におすもうさんが座っていたのが気になりましたが・・・。

 先月ゼミ主催のイベントで佐野史郎さんとお話する機会があったのですが
佐野さんも好きだという「クトゥルー神話」について、どなたかご存知
ないでしょうか。ちょっとマニアックな世界らしいのですが・・・。
それにしてもそこはかとなく色気のある俳優さんでありました。

[3357]tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/06/05 Mon 10:11:21
  わざわざ一時間半もかけて、週に一度しかこない教養の校舎、しかも月曜の一講
目が突然の休講になると、いい感じでホテルまで行ったのに、実は相手は男でしっ
たって時に感じるような、そんな切ない気分になります。まあ、いいんですけれど
・・・いいんですってば。

>オペラ座の怪人さん
  「さようなら、ギャングたち」は、多少アクが強いかもしれませんけれど、ほん
とうに良い小説だと思うので、お楽しみください。多分切なくなること請け合いで
す。
  ところで余談ですが、僕の20の誕生日は、いつもは来るなといっても勝手に押し
かけてくる友人が、その日に限って電話すら通じなく、一人で近くのスーパーで買
ってきたチーズケーキ300円ナリを、涙流して食べた記憶があります。あの時ほど、
人生に悲観したことって、後にも先にもありません。そんな僕ももう24を目の前に
控えてます。月日が経つのは、早いもんです。20の時が、まるで数年前のことのよ
うです。

[3356]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/04 Sun 23:17:39
 最近競馬が絶好調。今日も万馬券を2つ取りました。

◎naoさんへ
 なるほど、坂本サトルのライブですか。ジガーズ・サン時代よりも今の歌の方が
いいような気がします。いいライブになるといいですね。
 本屋は時間があれば、紀伊国屋もいいのですが、本当は古本屋の万葉堂がおすす
めです。あの広さは一見の価値はありますよ。でも車ないと行けない場所なのがネ
ックです。

◎tokiさんへ
 大佛次郎は私も読んだことないですね。その手の話はよく北上次郎も言っていて
現在では入手出来ない小説の多さを嘆いています。菊池寛とか、銭形平次を書いた
岡本綺堂とかも入手しづらいみたいです。最も後者は復刻版が出ているかな。
 新刊がこれだけ大量に出るという現実は、作家のデビューのしやすさを呼び、小
説の多様化が進むのはメリットなのですが、店頭からあっという間に消えるのは困
ったものですね。でも、そういう本を古本屋で探すのもまた楽しいですけど。新刊
の在庫の有無は現在急速にオンライン化が進んでいますが、古本屋のネットワーク
で同様の物が出来たら、本好きには感無量です。
 私も興味のあるテーマだったので、ついつい長くなってしまいました。

[3355] toki さん(toki158@guitar.ocn.ne.jp) 2000/06/04 Sun 15:41:58
こんにちは
借りてきた大佛次郎の本を読みました。とってもおもしろかったです。
時代物は池波正太郎が好きなら、とてもはまると思います。
大佛次郎はいろんな本を書いているんですが、ほとんど本屋さんで売っていませ
ん。有名な本もたくさんあります。たとえば「鞍馬天狗」などは大佛氏の作品。
鞍馬天狗という名だけ有名でその著者があまり知られていないのはどうしてなので
しょうか。。。
(だって「宮本武蔵」といえば吉川英治、「龍馬がゆく」といえば司馬遼太郎とす
ぐに思いつくでしょ。)

大佛氏の作品で他に有名なものは「霧笛」「帰郷」などがあります。これは現代
物。(といっても今は昔となっていますが)
私が好きな作品は「花火の街」です。

それで、借りた本を返した後に、そういえば。。と。
読んでいて、あ、ここがいいな。と思ってそのときはいたく心に響いた言葉があっ
たんですけど、それがちっとも思い出せない。。
いつもは書きとめておくんですが今回はそれもせず。。
まあ、また借りれば済むことですが。

それにしても、こんなにおもしろい本がどうして本屋さんに置いてないんだろうと
不思議に思います。きっと、古い人と、ひとからげにくくってしまって、たとえ本
屋さんに置いてあってもみんな目も留めないんだろうな。。
もともと大衆小説家ですから、誰が読んでもおもしろいんですが。。

そんなわけで村上春樹とはぜんぜん違う話ですが、みなさんも機会があれば
ぜひ読んでみてくださいね。


[3354] nao さん(kotsunao@interlink.or.jp) 2000/06/04 Sun 00:53:41
「ジュンク堂」を教えていただいて、ありがとうございました。
仙台へは「坂本サトル」というアーティストのライブを観に、来週行きます。
でも1泊なので観光というわけでもなく、是非、仙台の本屋さんに
行きたくなったのです。
私の住んでいる秋田には、大きな本屋さんがないので楽しみです。

4月に東京の紀伊国屋に行ったときはドキドキしました(笑)


[3353]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/03 Sat 01:07:52
 衆院選へ向けて一直線ですね。

◎コリントさんへ
 なるほど、宮本輝でしたか。「朝の歓び」は今ひとつ印象が薄くて、ストーリー
もぼんやりとしか覚えていません。でも、宮本輝だったらありそうですね、そうい
う話。
 という訳で、解決したでしょうか?>ハナさん

◎怪人さんへ
 という事は、明日が誕生日なんですね。おめでとうございます。
 私と11歳違うんですね。私は10代の終わり頃は早く大人になりたい、と思っ
ていたので怪人さんとは違いますが、いい20代になればいいですね。

[3352] オペラ座の怪人 さん(candyman1@excite.co.jp) 2000/06/03 Sat 00:04:45
あと17時間と少しで。僕の10代に完全に終止符がうたれます。

色々な事を今日は一日考えて、メモにとって置くつもり。20代が終わった時に見る
から。今日は19でもない20でもない日なので無駄にすごさないようにしたい。


やっぱり自分が20になるという事は自分自身何時か来るのは分かっていた事だけど
も、まだ実感が湧かない。素直に言っていやだ。ノルウェイの森じゃないけれど
も、18の次が19,19の次が18みたいに、なれば素敵だと思う。

追伸
Tbさん「サヨウナラ、ギャング達」かいました。読んだら感想かきます。

[3351] コリント さん(b9801059@mn.waseda.ac.jp) 2000/06/02 Fri 17:07:25
 初めて書き込みをさせてもらいます。1ヶ月近く前の話になってしまうのです
が、5/12のハナさんの言っていたのは、宮本輝の「朝の歓び」(講談社文庫)で
はないでしょうか。気になって、昨日本屋で立ち読みしてみたのですが、上巻の第
5章「嵐の海」にそれらしき場面がありました。もう既に、解決済みかもしれませ
んが、ご参考までに。


[3350]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/06/02 Fri 00:09:24
 仕事前に寄った本屋で板東眞砂子と若竹七海の新刊を見つけました。小さいけれ
ど確かな幸せ。

◎宇宙人さんへ
 それはまさに、私の再読感と一緒です。初めて読んだ時は、直子や緑に惹かれた
のですが、ここ数年はハツミさんが気になって仕方ありません。感情をなかなか表
に出せない人には、現代は辛い世の中なのかもしれませんが、ああいう子にこそ、
幸せになって欲しいですね。
 現実にある物を見て村上作品を思い出すのは、ダンキンドーナツでしたが、なく
なってしまってちょっと残念です。

◎naoさんへ
 それはごぶさたでございました。
 仙台には観光で来るのか出張で来るのか分かりませんが、紀伊国屋は遠いです。
地下鉄で12分くらいでしょうか。駅前のペデを出て左斜め方面にイービーンズと
いうビルがありまして、そこの6Fのジュンク堂がおすすめです。
 なお、地下鉄はそこそこ使えます。ただ一番町などの繁華街に行くのであれば、
地下鉄乗らなくても駅前から歩いて15分ほどですよ。これが食べたいなどのリク
エストがありましたら、メールでも下さい。

◎ふみおさんへ
 こちらもごぶさたでした。新社会人なんですね。業種によっても違いますが、学
生の時と比べて確実に世界は広いので、戸惑うことも多いかと思います。
 時間の管理さえすれば、読書の時間なんていくらでも作れますよ。どうかいい時
間が過ごせたらいいですね。
 桜井亜美。うーん、私は一冊読んで挫折しました。

[3349]ふみお さん(sekifumi@hotmail.com) 2000/06/01 Thu 20:36:04
すごくご無沙汰していました。ふみおです。

4月から社会人としての新しい生活がスタートしました。
忙しい中に新しい発見がたくさんあっておもしろいです。
その反面、大人の世界になれずに混乱することも度々です。

でもそういう時にこそ本を読む時間って必要なんだなあ、
と実感しています。幸いにも会社も近いので本を読む時間も
たくさんあります。特に村上春樹の作品はぼくをすごく癒してくれます。

最近、桜井亜美にもはまっています。
村上春樹と近いものがあるようなないような・・・。
まだよくわからないですが。

[3348] nao さん(kotsunao@interlink.or.jp) 2000/06/01 Thu 00:01:03
おひさしぶりです、というか、2年前に一度メールを出して以来なので
ほとんど「はじめまして」ですね。

今度仙台に行くのですが、仙台駅周辺でいい本屋さんはありませんか?
紀伊国屋は地図でみると仙台駅からちょっと遠いようですが
地下鉄で何分くらいなんでしょう?
それと、地下鉄ってのはかなり「使える」交通機関なのですか?
教えてください。



[3347]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/31 Wed 23:32:25
 私的ブックガイドを更新するために、いろいろ本を読んでいると、ついつい読み
ふけってしまいます。

◎くつさんへ
 気に入ったようで、何よりです。ドラマの影響で、また売れてきたみたいです。
 重い文体と重いテーマといえば、そりゃ高村薫です。ぜひ読んでみて下さい。同
一テーマというなら、東野圭吾の「白夜行」とかいろいろありますし。

◎tokiさんへ
 まだ一作目しか読んでいないので、肩身が狭いです。でもシリーズ物に関する気
持ちはよく分かりますよ。例えばグインサーガは中一の時から17年読んできてい
ますので、本当にそういう感じがしますね。それにしても、あれだけ売れているの
に文庫で出す講談社は偉い。文春と早川は見習うように(笑)。
 私の読書は単に好きでやっているだけですから。
 サンドイッチですか。やっぱり水分と良く切れる包丁がポイントでしょうか。

◎アキさんへ
 男の私にとっては、怖い小説でした。分からない事もないですからね、ああいう
気持ちは。しかし馳星周も、あの作品で作品世界が広がるかと思いきや、新刊では
従来通りでちょっとがっかりです。
 援交は上野千鶴子がばっさり斬った文章が面白かったですが、河合隼夫は「たま
しいが汚れるから」という理由で否定しているそうです。ふむー。

◎林檎さんへ
 土樋キャンパスだとしたら、近いですね。
 それはともかく、哲学はニーチェを19の時に読んで、挫折して以来読んでませ
ん。「ソフィーの世界」をちょこちょこ読む位でしょうか。で、tbさんに振ろうと
思ったら、タイミングよく書き込んで下さったので助かりました。

◎tbさんへ
 という訳で、私が全く知らない世界なので助かりました。余談ですが、ナチス関
与問題は、欧米の小説の背景に本当よく出てきます。ここのところ読んだ5冊中、
3冊に出てきたし。未だ根深い問題なのでしょうね。

[3346] 宇宙人 さん(you-know@mx4.ttcn.ne.jp) 2000/05/31 Wed 23:27:55
 こんばんは!ごぶさたしてます。
久しぶりにおじゃまさせていただきました。なんだかほっとする・・・。
こないだ、もう何度目かわからないけど、「ノルウェイの森」再読しました。
前回読んだ時は、直子にすっごく感情移入したんだけど、今回は、
ハツミさんと、レイコさんに迫ったかわいい女の子がなぜか気になりました。
読む度に、違った印象を受けます。
自分自身の感情を映し出してくれるんだろうな・・・。
やっぱり、好きです。
ノルウェイの森世界を、まだ引きずってます!!
茗荷谷を通ると、「緑のアパートがあった!!」とかね。
そういえば、マックのコーヒーを見ても、
「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」の駅員さんを思い出します。
日常の中の春樹ワールド。そうとうひたってます。


[3345]tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/05/31 Wed 23:00:09
>林檎さん
  横からしゃしゃり出ますが、ハイデガーと聞いては黙っていられません(笑
)。去年書いた僕の卒論のテーマが、ハイデガーの「死の実存論的分析」のと
ころでして、去年後半はずっとハイデガー関連の書物を漁っていました。ハイ
デガーを初めて読んだ時が、僕の哲学との馴れ初めで、高校三年生の時です。
その結果、前の大学では哲学を専攻するはめになったのですが、いまだにあれ
は僕にとっての一つの契機だったなあ・・・と思います。高校三年生ですから
、ハイデガーの言ってることなんて一言もわからなかったのですが、わからな
いなりに全部読みきって、衝撃を受けたのを良く覚えています。「世の中には
こんなにスゴイ奴がいたんだ・・・」って。
  林檎さんは、今読まれているのですね。『存在と時間』は、後半になればな
るほど面白いです。全部読まれると、世界の観方がちょっとかわりますよ。
  あ、そうそう、訳書を読まれていると思いますが、『存在と時間』に関して
言うならば、ちくまか『世界の名著』のシリーズ、とくにちくまの方をオスス
メします。岩波のはちょっと訳が古くなりすぎてて、意図がはっきりしない箇
所が多いのです。
  将来はハイデガーのナチス荷担問題やヴィクトル・ファリアスのそれに関す
る研究を調べたいんですが、今は英文学科に在籍しているので、随分先の話に
なりそうです。
  と言うわけで、割り込んでしまいました。また全部読まれたら、感想聞かせ
てくださいね。

[3344] 林檎 さん(s9931346@izavc.tohoku-gakuin.ac.jp) 2000/05/31 Wed 15:43:49
管理人さんへ
世間は狭いですね。ホント(^^)近くにいらっしゃるとは。
いま、あたしは、ハイデガーの本を読み始めました。
とっても難しい哲学書だけれど、文章は、実にドラマチックな綴りだったりするん
です。詠んだことがあるなら感想を!(管理人さん以外も歓迎です)

[3343] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/05/31 Wed 11:48:17
  こんにちは。昨日、久々に図書館に行って「M」を借りました。
何の気なしに借りてきましたが、もっとコッソリ借りるべきだったかも、
とか考えてしまうウブめな私です。ポッ。
  それはいいんですが、悪いコトというのはやっぱりやっちゃいけないな
と普通に思いました。本物の悪人でない限りは酷い目にあうだけだ。
こういう話、特に「声」とかを高校の現国の教科書に載せれば援交とか
なくなるんじゃ?と思いますが、甘いでしょうか? では。


[3342] toki さん(toki158@guitar.ocn.ne.jp) 2000/05/30 Tue 23:09:19
Book review、一覧をみてたらP.コーンウェルが入っていたのでちょっと嬉しく
なりました。
検死官シリーズは10作もあり、いつも怒涛のごとく読んでいくのでありますが、、
新作が出るたびに嬉々として購入する本の一つです。
ストーリの内容ももちろんおもしろいんだけど、ここまでくるとそれ以上に
登場人物に愛着を感じてしまって、(長屋のおばさんが近所の娘を心配するような
境地にまではまりこんでしまっている感じ)
そんな感じですから話しの展開によっては、えっ。。。そうなっちゃうの?
それはないんじゃない。。?ってな具合。(特に10作目)
いずれにしても、どの作品も読者に飽きさせないようにしっかり工夫してるし、
何よりそのおたく的ともいえる専門性にはいつも感心してしまいます。
今年の夏に11作目を出版の予定と解説には書いてありました。

コーンウェルではないんですけど、アネット・ルームの「私のはじめての事件」と
いう本も何年か前に読んでおもしろかったです。これは英国推理作家協会賞新人賞
受賞作です。当時わたし、子育ての真っ最中でして、ちょっと疲れ気味の時に読ん
だらなかなか将来に希望が持てるような気持ちになった作品でした。
でも、彼女のその後の作品を見た事がないんですけど、どこかで出ているかしら?

それにしても本間さんえらいたくさん本を読んでいるんですね。
それでは再読したい本があっても後回しになってしまうのは無理ない感じ。。

話しは違いますが、村上春樹的正統派サンドイッチのおいしいお店ないかなあ。。
一軒、これは!と思うお店があったんだけど、久しぶりに行って注文したら
味が落ちてしまっていた。。
村上春樹的正統派サンドイッチというのは「世界の終わりとハードボイルドワンダ
ーランド」のハードボイルドに出てくる老人の孫娘が作ったサンドイッチです。

[3341] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 2000/05/30 Tue 21:49:46
今日『永遠の仔』を読み終わりました。下巻に入ってから、
かなりペースがあがり、一気に読みました。
重たいけど、好きですね、この1冊(2冊?)は。
最近、ミステリーと言うよりも、重たい内容の(結構どろどろ
したタイプの)本が好きなようです。何かこれはいいよと
言う作品があったら、教えて下さい。
今度は、『スプートニクの恋人』を再読したくなってきました。

[3340]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/30 Tue 00:07:11
 しかし暑いですね。夕方5時前、会社行くとき温度計見たら27度でした。

◎サミアドさんへ
 私はその試験は受けた事はないですし、今後も受けることはないでしょうが、そ
ういう感じの試験なんですね。
 村上さんが何歳からジョギングを始めたか、はちょっと記憶にないです。分かる
方はぜひ教えて下さいね。

◎林檎さんへ
 ある作家の事を深く読むか浅く読むかについては、良く分かりませんが、小説か
らいい方へ影響を受けるのは、面白い現象だと思います。私も様々な小説に影響を
受けて、今の自我があるかと思うと不思議な気がしますし。という訳で、特に気に
しなくても、好きなように読めば良いかと思いますよ。
 ただ、読む順番などはこうした方がいいというのはありますので、私的ブックガ
イドなどを参考にしていただけると幸いです。
 余談ですが、メルアド見る限り会社の近所ですね。

◎ゆきこさんへ
 本当食べ物の描写は素敵です。ビールの魅力も捨てがたいですが、ちょっとした
食べ物の描写がいいですよね。「辺境」でも思ったのですが、村上文体で食べ物の
描写をされると、食べたくて仕方がありません。「世界の終わりと」のハードボイ
ルドの世界の方での描写が、特に気に入ってます。
 玉村豊男は読んだことないですね。おすすめですか?

[3339] ゆきこ さん(abiko007@f2.dion.ne.jp) 2000/05/29 Mon 21:51:40
本を読むことが大好きです。
特に村上春樹は大ファン。
翻訳本も含めて、ほとんどの作品を読みました。
たまらない魅力がありますよね。
あまり皆さんが書いていませんが、食べ物の描写もすばらしい。
サンドイッチとビール、パスタを茹でているシーン。
つい試してみたくなります。
実は、玉村豊男も大好きな食いしん坊の私です。


[3338] 林檎 さん(s9931346@izavc.tohoku-gakuin.ac.jp) 2000/05/29 Mon 15:30:00
あたしは、村上作品をよみはじめて、まだ、浅いです。
周りに、読んでる人が、いなくて、なかなか村上ワールドに
深く入れないでいます。
こんなあたしに、
村上春樹氏のことや、作品のことについて、教えて下さい。

[3337] サミアド さん(hiroyama@wb3.so-net.ne.jp) 2000/05/29 Mon 01:43:10
  今日TOEIC試験2回目を受けた。
 1回目のREADING(LISTENINGはおいておく)は時間が全然足らなくて後半でき
なかったので、2回目は文章読解問題から始めた。が、それでも時間が足りない。
 原因は2つある。
 1.集中力が続かない 2.訓練不足。とにかく時間がたりずにできない(出題
文が日本語でもスラスラと答えられるか!と思っている)
 村上春樹がジョギングをはじめたのは、「小説執筆の集中力のため」だったとい
うことが何かで書かれていた(ダビンチか?)のをフト思い出した。
 資格試験のために体力UPが必要かと今考えている。
  ところで、村上春樹は何歳からジョギングを始めてか教えてください。
 ちなみに私は33歳です。35歳頃だったような気がしますが・・

[3336]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/29 Mon 00:39:08
 河内騎手が7センチ差で武に勝ったため、私の懐は暖かくなりました。それはと
もかくいいダービーだったなあ。

◎かたつむりさんへ
 最近いろいろ家具を見ているので、そういう話は興味深いですね。近ければ見に
行くのですが。
 日本の夏の暑さは、北海道辺りまで行かないと逃げられません。青森ですら結構
暑いですよ。その分冷たい物が美味しい季節ですね。

◎tokiさんへ
 本当に一言だけなんですけどね(笑)。
 「神の子どもたちは」は、私は未だに再読してません。読む量より買う量の方が
多いためかも。本末転倒なので、私もぜひ再読してみます。
 「蜂蜜パイ」は、後日村上作品の作風が変わるターニングポイントとなる・・・
とか書かれる作品かもしれない可能性がありますね。今後に期待です。
 「ノルウェイ」はクリスマスカラーを意識した、とか全集の「自作を語る」で読
んだような気もしますが、不確かです。ごめんなさい。

◎アキさんへ
 ついに読みましたか。どちらかというと男性側サイドから書かれた話なので、女
性の感想を聞きたいと思っていたところです。気に入っていただけたようで何より
でした。
 心の空洞、空虚感は日々ふとした時に意識します。村上作品と同じようなモチー
フを扱っている部分もありますが、描き方が全く違うのが面白いです。しかしラス
トまではまどろっこしかったなあ。

◎ういすけさんへ
 その決断もさっぱりしていていいですね。でもボーナスはいた期間分は出るでし
ょう。出ないのかな。出る事を祈ってます。ういすけさんの業界は転職が当たり前
の部分があるし、その業界にいるならステップアップになるのですが、そうではな
さそうですね。まあゆっくりと考えてください。現実は下らない部分も多い、とい
うより今はほとんどそうかもしれないけど、そう捨てたもんでもないですよ。
 いつか時間出来たら、ゆっくり飲みましょうね。私も最近疲れ気味です。

[3335] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 2000/05/28 Sun 22:44:42
お久し振りです。理工系大学卒で現在ソフトウェア会社二年生のういすけです。
久し振りに覗いてみたら・・・・オペラ座の怪人さんに始まる論壇に驚きました。
(そしてド・ブロイ波に苦笑。なつかしかったです)
そして自分的にも中々皆様のご意見が身に染みたりしました。

小噺をひとつ。
自分はもう社会人で、恐ろしく忙しい会社で一年。取りあえず一年仕事をしまし
た。「なんでも経験だから!」という甘い言葉に拠りかかり、就職活動を軽く考
え、職場では忙しいことが美徳であるかのように本当によく働きました。
というか働かざるを得なくて、それはそれで自己満足してたりしました。
そのストイックな生活に仲のいい人はみんな呆れ果て、最終的には自分も要領の悪い自分
自信を責めるようになってしまいました。
今はその仕事も少しずつ落ち着いてきました。
これからこの職場でやり直すことも可能です。
会社の人は皆口を揃えて「決断が早い」といいます。そしてボーナス直前です。で
も、自分は今会社を辞めようとしています。
やりたいことがあって、自分は今の生活に愛着もあるけれどやり直したくて、「石
の上にも3年」が自分の座右の銘だったのですが、ちょっと進路変更を計ってます。
正直「はやまってはいないか?」と疑う自分がいて、それが一番怖いのですが…
落ち着いて考えられる時間がほしくて、ボーナスはもったいないけど、それ以上に時間
が今すぐ(もう遅すぎるくらいですが)ほしくて。

経験は一番大きな財産です。
いつでも人はやりなおせるものなのでしょう。
しかしその経験によって10得る内に自分の何かを損なう事ってないのでしょうか?
その狭間で今苦しんでます。いや、現実ってやっぱり予想以上にヘビーで、自分は
弱くて、情けなくて、自分のやりたいことを守ろうとすると(ローン抱えて働くお父さ
んみたいに)必死にならざるを得なくて、おもしろいですね。

自分の方向について、オペラ座の怪人さんより少し歳を得て考えています。

オペラ座の怪人さんへ、赤の他人のういすけが言いたいことは、あなたの判断は正
しいと思う。何をどうしても心の底からそう思います。

しかしその反対を言っているようになってしまうのですが、
定番となりつつある、「何事も経験」「やりたいことをやる」大体はこのような考
えに最近大きな矛盾を感じてやまないういすけです。
とりあえず、大学生の自分はこの言葉の解釈を間違えてしまったように思います。
言葉って難しいですね。

[3334] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/05/28 Sun 17:41:11
 こんにちは。白石一文の「一瞬の光」を読みました。
なんというか切実な小説でした。別に私、虐待をうけてた
ワケじゃないですけどね。昨夜は遊びに(つーか飲みに)
行ってたんですがお店で「あの本の続きが読みたいなー」とか
思ってしまうほどでした。小説中毒だ。ヤバ。
 多分もう少し年齢を重ねてから読むと、また違った風に
感じるのでしょうね。そう思うとあんまり成長ないな、私。まぁいーか。



[3333] toki さん(toki158@guitar.ocn.ne.jp) 2000/05/28 Sun 15:54:13
こんにちは

ここは本間さんの一言が必ず入ってくれるのでとっても居心地がよく、つい書き込
んでしまいたくなりますな。ありがとうございます。

昨夜読みかけてストップしていた「神の子はみな踊る」を再スタートしました。
途中から読んだらなんだかおもしろくなってもう一度最初から読み直しました。
”「・・・いったん言葉にしてしまうと、それは嘘になります」”
”「・・・言葉をお捨てなさい。言葉は石になります。」”
というのは「タイランド」に出てくるのですが、そこの文だけ覚えていていったい
誰が書いて、何の本で読んだのか思い出せないで気になっていたら、春樹氏の本だ
ったんですね。さすが。。

最後の「蜂蜜パイ」を読んで、!!・・
「スプートニクの恋人」でもそうでしたが、結末が今までのものとは違う。
ちょっと興奮して眠れませんでした。

「スプートニクの恋人」は大好きな本の中の一冊ですが、いろいろある好きなとこ
ろの中でも、”夏の午後の冷蔵庫の中にあるキュウリ”を考えるというところが
特に好きです。
何かいろんなことがあって頭が混乱している時に、夏の午後の冷蔵庫の中にあるキ
ュウリを思い起こすと不思議と気持ちがおちつきます。

ところで話しがあちこち飛びますが、「ノルウエイの森」の装丁は著者自装と書い
てありますが、この色、デザインについて何か特別な意味があるのでしょうか?
どなたか知りませんか?




[3332]かたつむり さん(mieko@louis.nasu-web.or.jp) 2000/05/28 Sun 01:46:56
お久しぶりです。
お元気でしょうか?
最近、自宅のガレージで、地元の人気ショップの
Saleをやっています。バリもの、椅子やテーブル、
アクセサリー、ライト、たいまつ、アルミ製品、
丸テーブルや文机などの和物・・といろいろ
売っています。
地元と言うと、栃木県黒磯市・那須なのですが、
やっぱり夏が近いのか、暑くなりますね。
避暑地なのにね。
また、みなさん、私の掲示板にも遊びに来てください。

[3331]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/28 Sun 00:27:30
 明日はダービー。競馬ファンにとっては胸躍るイベントです。頑張れ、河内。武
に負けるな。

◎Fしろくんへ
 その手の職業は何でもそうなんですが、名乗ればその瞬間からなる事は出来ます
ね。それが実業となるかどうかは、全てその人次第でしょう。物を作るというのは
素敵な事ですが、いい物を作るというのは厳しい行為でもあります。
 広告コピーとはちょっと違いますが、毎日見出しを考えている整理部の人を見て
いるとそう思いますよ。

◎tbさんへ
 高橋源一郎はかなり前に2冊ほど読んで、そのままでした。もう一つの顔の方は
お馴染みですが、作家としてはごぶさたでした。
 その小説は読んでないのですが、そんなに良かったですか。では古本屋探索リス
トに加えておくことにしますね。ただ、多分tbさんとは違う結論になりそうな気も
します。
 筒井康隆は話題になった「文学部」以前の方が私は好きです。それこそ好みなの
でしょうが、SF第一期の作家はみんな好きなので。

[3330]tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/05/27 Sat 13:07:58
 どもども、ひさしぶりです。久し振りに書き込むのは、もう、めちゃくちゃすごい
小説を読んだからです。

高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』(講談社文芸文庫)

は、多分、この村上春樹掲示板に投稿している皆さん、とくに『風の歌を聴け』が
好きな方が読まれれば、すさまじいヒットになると思います。初めはギャグ小説か
と思われるかもしれないですが、とんでもない。透明な、拘らない文体の下に、い
たましさとせつなさが息づいてます。しかも、それはもちろん、下品な感傷になっ
てない。村上春樹の作った土台、いやというよりも、『風の歌を聴け』の上にうち
たてた作品であることは疑いがないのですが、それでもなお、この20年ほどの内で
、日本作家が到達しえた最も高い成果の一つであると、(個人的に)断言できるほ
どの作品です。

  ちょうど、『作家の価値』でしたっけ?あの作品批評の本の中にこの小説も紹介
されてて、91点という点がついてましたが、二章の冗長さをかんがみても、それ
以上の評価を与えて良い作品だと思います。同著者の他の作品には強烈に悪い点数
がついていましたが、ちょっと他のも読んでみようと思ってます。

  それ以外では、最近筒井康隆にはまっています。有名な『文学部唯野教授』を読
んでかなり失望して、危うく筒井康隆を見限るとこだったのですが、いやはや、他
の作品はすごい。特に『邪眼鳥』の出来は強烈でした。中編(村上さん的に言うと
、いささか長い短編、あるいはいささか短い長編とでも言えるでしょうか)ですの
で、興味がある人はぜひどうぞ。最後がちょっと気に食わないんですが、そりゃあ
まあ、好みの問題でしょうし。

  ではまた。

[3329]Fしろくん。 さん(6may@rinku.or.jp) 2000/05/27 Sat 01:06:26
こんばんは〜。お久しぶりです。
最近本屋へはいくのですがちっとも本読んで無いなあ。でもアンアンで村上春
樹が毎週読めるのはすごく嬉しいです。小説とかエッセイの連載なんて今まで
読んだことなかったのに。・・・

怪人さんへ。
クリエーターを目指すのってすごく楽しくて大変ですよね。私も今はしがない
事務員ですが、将来はイラストを描いて生きていきたいな、なんて考えていま
す。幸い家でできる作業なので、仕事や学業の合間にでも作品づくりができ
る、というのが魅力です。日頃からネタ帳を持ち歩いて、いろんな事を書き留
めていくうちに言葉が生まれたり、絵がうまれたり・・・。卒業前に言葉をま
とめて、本をつくりました。手作りで。(笑)作品集みたいなのを持っている
と、いろんな人に観てもらえるし、仕事を取る上でもすごく便利みたいです。
ネットの職業欄なんかにもコピーライター募集、というのがたまに載ってます
よ。チラシのコピーでもなんでも経験、の世界だと思うので自分を売り込んで
みたら良いと思います。あとは公募ガイドとかで、コピーのコンペやってたり
します。そこで大賞などに入れば、仕事がちょくちょくやってくる、との話で
す。「好きだということは、才能である。」こういう言葉を広告で見たことが
あります。私は自信ないですが、こういう言葉に励まされています。広告コ
ピーって大事ですよね。時々ドキっとします。すごいなあ。言葉が持つ力です
よね。
良い言葉を生み出してください。
何かを生み出せる、というのは素晴らしいことだと思います。頑張ってくださ
いね。


[3328]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/27 Sat 00:19:57
 昨日の酒が残っていて、今日は酒臭いと様々な人に言われました。

◎shokoさんへ
 私が昔そのコースを歩いた時は、お茶の水まででした。それでも結構歩いたなと
いう気がしましたから、駒込までだと相当だったでしょうね。考え事しながらの散
歩は楽しいですが、ハードなお散歩もたまにはいいかもしれません。
 図書館は人気あるんですね。早く読めますように。
 新潮文庫はスピン(しおり)が付いているので重宝してます。販促用にそういう
しおりもあるんですか。なるほど。

◎tokiさんへ
 そうですね、私のアイデンティティが確立したのは20歳くらいでしょうか。そ
の頃から今までは大して変わってません。ただ、その頃からとは逆に、行動の自由
は出てきたように思えます。もちろん各種しがらみはありますが、方向的には行き
たい方向へ進んでいます。小説も昔よりは今の方が読んでいるかな。知識と経験を
考えると、今更学生生活に戻りたいとも思いませんし。時間があるのは羨ましいで
すが。
 その夢に向かう行動は良いですね。夢が何かは分かりませんが、ステップを踏み
続けていると、きっと前進すると思いますよ。

◎あきさんへ
 村上フォーラムは「夢のサーフシティー」というCD−ROMにまとめて収録さ
れてます。近々第二弾も出る予定です。のほほんとしたコメントがいいですよね。
どのような文章書いても、文体が現れるというのはなかなか凄い事ですし。
 そのような感性を持った人と、いつか出会えるといいですね。

◎YMOさんへ
 うーん、読めません(笑)。今度は何か書き込んでみて下さいね。

◎怪人さんへ
 その葛藤と屈折を越えるという事が大人になる事の第一歩かと。何だか庄司薫の
小説に出てきそうなエピソードですし、彼の小説を読むと何らかの助けにはなるか
もしれません。
 ただ、沼うなぎさんもそうなんですが、大手がいいという意見は一概には言えま
せん。私の勤めている新聞社で言えば、朝日・読売の記者が良くて、他の社はただ
の記者なのかな? まずは業界の研究でしょう。中小でもいい会社はたくさんあり
ますよ。

[3327] オペラ座の怪人 さん(fwjc7616@mb.infoweb.ne.jp) 2000/05/26 Fri 15:46:58
沼うなぎさん
ご意見ありがとうございます。沼うなぎさんからいただいた意見は、親や友
人から受けたアドバイスの中で飛びぬけて参考になりました。
>中小広告会社にもコピーライターはいます。けれど、彼らはいったい
何のコピーを書いているんでしょうね。あなたはどんなコピーを書きたいの
?
そうせすよね、ただ単にコピーライターになるだけだったら多分何年か勉強
したらなれると思います。だけれどもそれは本当に“ただの”コピーライタ
ーなんだと思います。この言葉はまさに目からうろこが落ちました。
>大学を出なくても入れる広告会社でできる仕事の可能性は?フリーでやっ
ていけるだけの才能は?
次にきたコノ言葉。正直最初はかなりきついなぁと思いました。なぜなら僕
はまだ20前なわけで、自分の才能を信じて恐れを知らないから。口ではわ
かっていても「僕は多分一万人に一人大成するやつの中に行くんだろう」的
な考えをもっていたから。
でも、何度か読み返すうちに(そう、僕は大学でコノ記事を呼んで家に帰っ
ても何回も読み直してしまったのです)、すごく考えるようになりました。
果たして僕は本当にできるのか?二年間ぐらいフリーターをしていろんな町
を見て、感受性を増してセンスを磨くなんていってるけれども、本当に何と
かなるのか。
その結果は(結果なんてものはどれだけ考えても出てこないけれども)当然
のことながら難しいと思います。でも、やっぱりあきらめません。

そんなわけで僕は大学は辞めません。自分を磨くなんてやる気になったらど
こでもできるから。大学ひとつも克服できないなんて、後からくるだろう困
難に比べたらたいしたこともないから。
皆さん、いろんな意見ありがとうございます。まだ少し迷いがあるけども、
何にもしないよりかはましなんで大学にがんばっていってきます。それでは
また。

チャオ!


[3326] YMO さん(hagiwh01@kanagawa-u.co.jp) 2000/05/26 Fri 10:41:28
??

[3325] あき さん(myonn@lycos.ne.jp) 2000/05/25 Thu 17:31:47
しまった、村上朝日堂でした。ごめんなさい。

[3324] あき さん(myonn@lycos.ne.jp) 2000/05/25 Thu 17:30:34
はじめまして。
今、村上春樹堂のサイトで、村上フォーラムをずっと読んでいました。
ファンからきたメールに対して彼が返答していますが、それが
まさに春樹さん調の返事の仕方で。
やっぱりムラカミハルキっていいなあ、と思いました。
小説、エッセイ大好きですが、その作り手の人間性がまさに
私にとってストライクなんだよなあ、としみじみ。
こんな人が身近にいたら絶対恋してしまう。いないかなあ(-_-。
突然の書き込みで、脈絡ない話しでした。

[3323] toki さん(toki158@guitar.ocn.ne.jp) 2000/05/25 Thu 15:14:35
ごめんなさいね。年齢の話ばかりして。
自我が芽生えるころ、私のまわりは年上の人ばかりでした。
そうして年月がたって気が付いてみるとまわりは年下の人ばかりです。
でも、私はいっこうに変わっていないような気がするのです。

それで気になって友達にかたっぱしから
自分が何歳で止まっているか聞いてみました。
みんなそれぞれです。
高校生、短大、就職してからという人もいました。
中には小学生という人もいました。。。
大体そのころの精神年齢でみんな生きているんでしょうか。。

20代の前半は30代の人はみんな年寄りにみえました。
自分がその歳を越えて40に近くなってみると
それはまったくの誤解だということに気が付きました。

夢を持つ事はいいことですね。
何かをやりたいと思うと一日いちにちがとても意味のあるものになってきます。
いくつになっても夢を持つことはできます。
ただ歳をとるといろんなしがらみがあってなかなか自由に行動することが出来なく
なりますね。でも、好きなことですからめげずに夢に向かって進みます。

それにね、思うのですが、その歳なりの選択バージョンは結構無限にあるんです
ね。好きで夢中になって首をつっこんでいると結構そこからいろんな事が広がるん
です。

ありゃ、独り言のようになってしまいました。
今、バラの花が満開ですね。あまくてとてもいい匂いがします。。



[3322]shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/05/25 Thu 03:29:59
本間さんこんばんは。

先日の5月半ばの日曜日、直子さんの散歩をしました。
四谷からスタートして御茶ノ水や本郷を抜けて駒込まで。
晴れていてよかったです。
それにしても、直子さんは本当に健脚だとしみじみ。
お蕎麦屋さんは見当たらないので、パスタを食べたのでした。
今年で5回目。散歩にはいい季節なので、続けられるのでしょう。

永遠の仔、図書館で予約したまま、3週間くらい経つような気がします。

ところで、新潮のYONDAパンダのしおり、非常にキュートじゃありませんか?
近所の書店で「ご自由に」とあって、1種類ずついただいてきました。
大切に使おうと思います。

とりとめもなく。また遊びにきます。

[3321]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/25 Thu 00:21:24
 今さっき、ようやく延長戦終わりました。今日は中日の勝ち。

◎tokiさんへ
 多分書かれている人の大部分は私よりは若いでしょうね。まあ人は年齢ではなく
中身です。若い人でもしっかりしている人には感心させられますし。
 職場で村上ファンが見つかったのは良かったですね。あれこれ思ったことを話し
合える人がいるというのは良い事です。
 私の「ノルウェイ」での例をいえば、初めて読んだ18歳の時は緑に目が行きま
したが、今はハツミさんに感情移入して読んでしまいます。辛い時、辛いと素直に
言える人は幸せです。

◎学生のみなさまへまとめて
 年を取るという事は選択肢が減るという事です。ただ、20代の内は路線変更は
いくらでも出来ますし、学生である事を卒業してからの人生の方がずっと長い。み
なさんも自分のやりたい事が見つかるといいですね。そのための努力は何をするに
せよ、身に付くことでしょう。
 大人になっても、「親がどうこう」とか「私のしたい事はこんな事じゃない」み
たいな愚痴をこぼす人間にはならないように、悩みつつ考えてみて下さい。幼児期
で全てが決まる、みたいな考え方が最近多いですが、自分の人生位はある時期から
は自分で全責任を負って生きましょう。幸せな事に今の日本ではそれは可能です。
 私もまだ30なのに、説教モードに入ってしまって失礼しました。

◎ようこさんへ
 私にとって村上作品は、自分の心の中の空白を埋めてくれる小説かな。言葉の一
つ一つがぴったりはまるような感覚です。
 あなたが言われるように、小説の解釈なんて読者一人一人が個人的にすればいい
のであって、正解なんてないと思いますよ。

◎しなのさんへ
 メールありがとうございました。もう少々お待ち下さいね。

[3320] 沼うなぎ さん(ktateda@hotmail.com) 2000/05/24 Wed 13:56:40
今日の札幌はとても気持ちのいい天気です。
イチョウ並木がゆれています。さらさら。

オペラ座の怪人さんへ。本間さんも言うように、ある種の職業につくためには大学
卒業というのが必要な場合があり、そうでない場合、非常に非常に難しいです。
そんな学歴社会は犬に食われてしまえばいい、というのも意見ですが現実はそうで
す。たとえば、コピーライター。もちろんフリーのコピーライターだっているでし
ょうが、広告会社にはいるのが現実的です。調べてみましたか?大手でいえば、電
通、博報堂、アサツーディケイ、東急エージェンシー、読広、etc。もちろん大手で
なくたって、中小広告会社にもコピーライターはいます。けれど、彼らはいったい
何のコピーを書いているんでしょうね。あなたはどんなコピーを書きたいの?
TVCM、商品パッケージ、雑誌広告、交通広告、折り込みチラシ・・・。大学を
出なくても入れる広告会社でできる仕事の可能性は?フリーでやっていけるだけの
才能は?(コピーライターは詩人、小説家といった類の芸術家というよりも、むし
ろ職人に近いと聞いたことがありますが)考えることはたくさんあります。がんば
って。

それから、ようこさん。
無駄になんかならないというのには大賛成です。すべての経験は良いことも悪いこ
とも、自分の中に蓄積されていくように感じます。
おたがい、大学4年生。最後の一年、充実した時間がすごせるように。

[3319] ようこ さん(yoko@aa.alles.or.jp) 2000/05/24 Wed 06:18:26
オペラ座の怪人さんへ
わたし、同じ大学生としてひとこと。
「いままでかけてきたお金や、私たちにかけてきた気苦労、自分でやってきた努
力を統べて無駄にするのよ、もう少しゆっくり考えなさい」
というところが引っかかりました。
そうですか?
わたし、それはまちがってると思います。
今までやってきたことは全部大学のためなんですか?
大学に入るためだけじゃないと思います。
というのも自分が大学に入ってみて、そして入るまでにも
感じた事がたくさんあったからです。
大学に入って、最初は「なんだここ?」と思うこともありましたが
ぶるーうさんもいっているように「刺激」の多いところでもあります。
なんのためにこんなことやってるのか?
を考えるよりも、とりあえずこなしてみると
あとになってみて、いろいろなものがパズルみたく
繋がっていきます。(いろいろなものが、です)
しかし、やりたいことあるのはとてもいい事です。
わたしは大学生活がもうすぐ終わりそうなのに
やりたいこと、まだやりきれてないです。
でも、それは生きてる間ずっと思うことだとも思います。
やりたいことを見つけるには、いろんな刺激を受けることです。
刺激のない中で見つけるのは難しいと思う。
いいかえると、刺激を受けていると自然となにかやりたくなる。
刺激がなかったらこんなこと考えもしなかった
なんていうこともあります。
今やりたいことをちょっと続けながら
もっといろんな違う刺激を受ければ、もっともっと
やりたいこと増えると思います。
その中で本当にやりたいことはなんなのか選んでも
まだ遅くないと思います。せっかく入った大学って
少しでも思うなら、もうちょっといてみたら?
大学って、なかなかおもしろいとこだよ。
何度もいいますが、今までが無駄になるってことだけは
思わないでほしい。今までやってきた過程が大事です。
過程の中で、糧になるものいっぱい得られたと思うから。

えらそうなことかいて、すいません。
わたしもそう思った時期があったので
参考にならないかもしれないけれど
頑張ってくださいね!



[3318] ようこ さん(yoko@aa.alles.or.jp) 2000/05/24 Wed 05:56:48
はじめまして、みなさん。
今大学4年です。あと1年で大学が終わっちゃいます。
大学に入ってから村上春樹を読み始めました。
村上春樹をむしょうに読みたくなるときがあって
その時はいっきに読んだりします。
村上春樹の作品は、遠くのことのようで
身近なことのようで、言葉でなんといったらいいか
よくわかりません。だけど
解釈のしかたはやっぱり自分の中にある気がします。
それか、もしかしたら解釈なんてないのかも・・・、
とも思います。

皆さんはどう思いますか?



[3317] オペラ座の怪人 さん(candyman1@excite.co.jp) 2000/05/24 Wed 03:22:10
どうも 皆さん貴重な意見をアリガトウゴザイマス。
沼うなぎさん、辞めるにせよ、通いつづけるにせよ、確かに自分の生き方には自信
を持って生きていきたいなぁとは常々思っています。そして今現在の僕の置かれて
いる立場、環境,信念などを考えるとやはりどうもこのままではいけないなぁなど
とかんがえちゃってもいます。
ぶるーうさん、確かに色々な刺激を受けるのは大事ですよね。今の僕はなんだかも
うコピーライターしか移ってなくて、他の事を考えて無かったかも知れないです。
本間さん、やっぱり高校を出ると全ての責任を自分でうけないと行けないんですよ
ね、それが重荷ではあるんですが、支えにもなる訳ですし、やっぱり満足の行ける
ように考えてみます。

今日、正式に親の所に「大学を辞める」旨を伝えに行く為に電話したんですが、母親
の「いままでかけてきたお金や、私たちにかけてきた気苦労、自分でやってきた努
力を統べて無駄にするのよ、もう少しゆっくり考えなさい」との一言で、とりあえ
ず前期が終わるまで考えつづける事にしました。うーん、確かに小学校から塾に
通って中学生で私立に入って高校もエスカレート、浪人した時には二回一人暮らし
をさせてもらって、私立の大学に入って又一人暮らし、それなのに2ヶ月で辞める
なんていわれたら親にしてみたらやりきれないんだと思うし、僕自身かなりまだ世
間知らず的な面からこんなこといってるんだとも思う訳なので、もうすこしかんが
えてみます。


[3316]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2000/05/24 Wed 01:00:00
 暑くて暑くて扇風機が手放せない、ぶるーうです。ぶーん、ぶーん。

(オペラ座の怪人さんへ)
 同じ理工系の学生として、僕にもちょこっとだけお話をさせてください。参考程
度に読んでいただけると幸いでございます。
 はっきり言ってしまうと、少なくとも理工系の学生ならば、大半の人が怪人さん
と同じようなことを考えてきております(まあ、入学する前からド・ブロイ波とか
シュレディンガーの波動方程式とかアインシュタインの重力場方程式とかをかじっ
ているようなマニアックな人は例外として)。早い遅いの個人差はあるにせよ、必
ずみんなそこを通過します。つまり「こんな学校やめちまえ、俺は自由に生きてや
る」と。僕も例に漏れずそういう学生の一人でした。毎日授業に出ても教授の口か
ら飛び出してくるのは、抽象性を極めた数式のオンパレード、無機質極まりない教
科書、さらに毎週大量に出る課題レポート、終了するまで絶対に帰宅させてくれな
い実験の数々などで、精神的にパンク状態になります。誰もがそう思います。僕も
そう思いながらずっと過してきました。
 でも、やっぱり早合点してしまうのはちょっと無謀だと思います。義務教育(事
実上の)を終えてから僕らがまず最初にやるべきことは、あらゆる方面からの刺激
を受けることだと思います。いろんな場所へ行って、いろんなものを読んで、いろ
んなものを見て、いろんなものを聴いて、いろんなものを食べて(これはちょっと
違うか)それから自分なりの結論を出すのがいいと思います。決して結論を急いで
は駄目です。一年ぐらい落第したってかまわないぐらいの慎重さがいいと思いま
す。
 毎週のレポート地獄もある意味実社会へ出るための訓練期間だという風に割り切
ってしまうのも一つの考え方だと思います。そこらへんは自分で考えてみてくださ
いね。
 いろいろ長々と書いてしまいましたが、とにかく自分の本当にやりたいことがう
まく見つかるといいですね。僕も日々頑張ります(笑)。

[3315] toki さん(toki158@guitar.ocn.ne.jp) 2000/05/24 Wed 00:05:43
はじめまして

前からこのページ、気になってちょこちょこ見てたんですけど、
ちょっと年齢層が若いなあ。。。と思ってまして、、、
といってそんな年寄りでもないのですが。。。(春樹氏よりは若いです。幾分。)

職場で村上春樹愛読者を発見しました。
それも同じ歳ごろ。。
彼女は短編やエッセイが好きで、私は長編が好きです。
同じ愛読者なのに愛読書の傾向が随分と違う。
たぶん感じ方、受け止め方も違うんだろうなと思う。

そういえば、昔、ノルウエーの森を読んでさっぱり。。だった。
それが、結婚し、出産後に読むと開眼してしまったのだ。
人間が変わったのだろうか。。
それとも人間に深みが出たのだろうか。。。




[3314]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/23 Tue 23:31:41
 いよいよダービーウィークです。頑張れ、河内。

◎アキさんへ
 おお、社内報ですか。私が書いた時は何ももらえなかったなあ。それはともかく
図書券の価値ですが、確かにバスカードや商品券とは違いますね。更に余談として
一昔前までは金券ショップで500円のが450円で売られていましたが、今は、
475−485円なのが残念です。
 読書は個人的体験だし、サブカル全盛の今となってはマイナーな趣味ですが、細
々と続けていきましょうね。

◎怪人さんへ
 親身なアドバイスは、沼うなぎさんが書かれているので私は現実的に。
 就職機関としての大学を捨てると、ある種の職業への就職は非常に難しくなりま
す。中退した私の実感として。逃避としてではないのか、自分でゆっくり考えて決
めて下さい。高校出たら自分で全ての責任を負ってもいい年頃でしょうし。でもそ
の年でやりたい事が見つかるのは幸運だと思いますよ。

◎いるかさんへ 
 それはどうもありがとうございます。私の取り柄は小説に詳しい事くらいですの
で、簡単な感想ですが、それが役に立っていれば嬉しいですね。
 ただ読めば読むほど、小説の世界の広がりを感じて、読みたい本が無数に出てく
るのが困りものです。

◎沼うなぎさんへ
 仙台もそんな感じの気候だったのですが、今日辺りは夜でも暖かいです。
 考える時間があるというのは、やはり幸せな事だと思います。いい時間を過ごし
て下さいね。

[3313] 沼うなぎ さん(ktateda@hotmail.com) 2000/05/23 Tue 23:02:12
こんにちは。
札幌は初夏と呼ぶにもまだ早いです。夜になるとけっこう冷え込みますが、これが
札幌の空気なのです。

オペラ座の怪人さん。とても気持ちはわかります。
何か力のあるアドバイスをしたいと思うのですが、僕はそんなに立派な人間じゃあ
りません。けれども、僕なりの気持ちを伝えたいと思います。
僕は文学部の4年生で、わりと呑気に好きな勉強をしてきましたが、周りには今の
大学を辞めて医学部を受けなおした人、1年休学して、映像の学校に通った人など
がたくさんいます。そのような人たちを見て思うのは、
やりたいことに気付いて、ちがう道を歩こうとするのに、遅すぎることは無い
ということです。自分自身はそうではないのに、何を偉そうにと思いますが、でも
やっぱりそう思います。ノルウェイの森のワタナベ君のように「自己訓練」なんて
考える必要はないと思う。ただ、自分が歩く道なのだから、きちんと自分の気持ち
を整理することは必要だと思います。大学の何が合わないのか、大学でない場所な
ら自分に合うのか、自分の方に問題はないのか、何が好きで、何がいやなのか、大
学を辞めることのいい点や悪い点・・・。
 誰かさんのように、すんでしまったことはもう既にすんでしまったことだし、何
か問題が起こればまたそのときに考えればいい、というのはある意味、的を得てい
るかもしれないけれど、あなたは今、選択できる立場にいるのです。考える時間が
あるのです。大学というのは考える時間だけは与えてくれます。
 もちろんいろんな考え方があって、何が正しく何が間違っているのかなんて僕に
はわからないし、そもそも正しさというのもないのかもしれない。けれど、自分の
歩く道なのだから、どんな道にも苦労はあるだろうけれど、その困難を考慮しても
やっぱり、という姿勢が大切なんじゃないかなって思います。
 何だか、偉そうなことばかり言っているけれど、自分の選んだ道に誇りを持てる
ように。誰に何を言われても、結局自分が決めたのだと思えるように。
 僕の言いたいことはそれだけです。気持ちを整理するためのツールになれるのな
ら、メイルしてくれてもいいです。とにかく、がんばって。

[3312]いるか さん(iruka_kujira@anet.ne.jp) 2000/05/23 Tue 21:53:40
はじめまして、こんにちは。

ずいぶん前からこのホームページを拝見させて頂いているのですが、ずいぶん本を
読んでますね。
実はここのBook reviewを結構参考にさせて頂いたりしています。




[3311] オペラ座の怪人 さん(candyman1@excite.co.jp) 2000/05/23 Tue 01:29:22
少し相談があるんです、聞いてください。
今僕は大学生なんですが、実は大学が向いていません。
というよりも、大学という物自体に向いてないんです。
まず理由を。えーとですねぇ、僕は本来本を読むのが好きなんですが、
何の因果か行ってる大学が東京理科大学なんです。何でかといいますと
行きたかった大学に落ちて、一番ネームバリューのある大学に行っただけなんで
す。行ってみたら数学とか色々あるし、そもそも高校もサボってばっかなんですが
だいがくになってさっぱり。なにぶんにも一人暮らしを大学の傍ではじめてるので
友達とかも来てくれて、友人はたくさんできたんですが、非常に大学がつまらな
い。まだ始まって2ヶ月経ってないのに、前期の単位が半分以上取れなくなってし
まいました。しかもこれからもあんまり行く気が無いし・・・。
そんな中今日大学を休んで表参道をぷらぷらしてたら、道端で文字を書いて売って
る人がいたんです。なんでもコピーライターの専門学校に通っていたらしくて、
色々と話を聞いたんですが、正直とても引かれました。
今までなんで大学を辞めなかったかといいますと、やめても何かやりたい事がある
訳じゃなくて、漠然とコピーライターになりたいとか新聞社に勤めたいとか思って
ただけだったので、やりたい事が見つかった今、もう無理して大学行く必要なんて
無いんじゃないかなんて思い始めています。
うーーん どーしようかかなり考えてます。どなたか意見求む

[3310] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/05/23 Tue 00:11:27
 こんばんは。今日、社内報の記事を埋めた謝礼として
図書券をもらいました。こういうのスゴク嬉しいなぁ。
でも私が余程嬉しそうな顔をしていたのか、同僚に
「お金、困ってるの?」と遠慮がちに聞かれてしまいました。
うーぬぬ・・・。いやお金が余ってるとは言わないけど、
でも本好きにとっての図書券は、他の金券、例えばお米券とか
文具券とかとは違うんだよぅ。同じだけどちょっとね・・・。
読書が若いコちゃんの趣味として認知される日は来るんでしょうか?
とか、ちょっとぼやいてみました。おやすみなさい。


[3309]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/22 Mon 23:34:56
 うーん、前振りのネタが特にありません。

◎NEOさんへ
 なるほど、もう一作映画化されていたんですか。ちなみに、「パン屋襲撃」は早
稲田文学掲載後、改題されて「パン」になりました。「バート・バカラック」から
「窓」になったようなもんですね。いずれも前の方が良かった気がしますが。
 しかし、あの短編を映画化しても30分ほどのような気がします。100%もそ
うですが。

◎しんさんへ
 村上春樹も近代日本文学に入るのか、と思ってしまいましたが、スタンスは広い
方が視野が広がっていいでしょうし、興味深いゼミだった事でしょう。
 愛ですか。普段余り気にしたことがないテーマですね。

◎yyzさんへ
 いえいえ、どういたしまして。紀伊国屋などのwebは海外発送もしていますが
自分で手にとって買った方が感慨は深いでしょうし、早く読める日が来るといいで
すね。

◎怪人さんへ
 まああり得ないとは言わないけど、全ては今オフに前田を残留出来るかにかかっ
ているでしょうね。広島だったら、やっぱり彼が一番好きですね。

[3308] オペラ座の怪人 さん(candyman1@excite.co.jp) 2000/05/22 Mon 22:59:31
多分後3年ぐらいしたらカープ優勝しますよ。
さわざきや東出とか若手が良いし、3年までだったら佐々岡も何とか・・・。

[3307] yyz さん(yinyz@publik.hh.nm.cn) 2000/05/22 Mon 10:45:07
管理人の本間様へ:
早速のご返事を頂、誠に感謝しております。今度日本へ行ったらこの2作を買ってみ
たいです。有り難うございました。

[3306] しん さん(sinrabansyo@hotmail.com) 2000/05/21 Sun 01:42:39
「蛍」を読んだときのゼミは確か、
「近代日本文学における愛」というテーマだったはずです。
伊藤整の「近代日本文学には愛はない」というテーゼをもとに
毎週課題図書を読みあっていくとゆうもので、
それはそれは面白かったです。

ところが、肝心の「蛍」の討論内容をさっぱり忘れてしまってます。
かなり白熱したのはおぼえているのですが。

[3305]NEO さん(PXF04304@nifty.ne.jp) 2000/05/21 Sun 01:37:01
もう1作、映画化されてます>本間さん。
「100%の女の子」(というのが映画のタイトル)と同じ、山川直人監督で、「パ
ン屋襲撃」という映画があります。「パン屋再襲撃」ではありません、糸井重里との
共著の『夢で会いましょう』の中に入っている「パン」が原作です。
映画の存在を知った時点ではまだ未読だったので、どんな作品なんだろう、と思っ
ていたのですが、原作はただの「パン」だったのでした。
「100%の女の子」は未見ですが、「パン屋襲撃」と「風の歌を聴け」は、昔池袋
の文芸坐で見ました。ちなみに鼠は、ヒカシューの巻上公一でした。


[3304]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/21 Sun 01:15:09
 明日のオークスは自信満々。

◎くつさんへ
 「遠い太鼓」が未読だったのは、何だか羨ましい。
 「永遠の仔」は私の昨年度ベスト小説で、ここ10年でもベスト3に入ります。
ぜひぜひ一気読みなさって下さい。上下巻で上だけといえば、学生の時、キングの
ITを読んでいたら、続きが読みたくて、徹夜で朝本屋に行き、そのまま下巻を読
み続けた事があります。ただそれだけなのですが。

◎yyzさんへ
 初めまして。メールアドレスからして海外の方なのでしょうか?
 レキシントン以降の小説は、結構ありますね。と、ここまで書いて調べたら、小
説は2作しかありませんでした。長編の「スプートニクの恋人」と連作短編集の「
神の子どもたちはみな踊る」です。両方ともハードカバーのみですね。

◎アキさんへ
 会社に原稿を運ぶ連絡員さんという学生バイトがいるのですが、そこの場所にア
ンアンがある事に今日気が付きました。でも気を遣わせるからそこで読むわけには
いかないのです。しくしく。
 「ぼっけえ」は私も買おうかどうか迷いました。第二の板東眞砂子になりそうな
気もします。

◎Noriさんへ
 ええ、映画化されてます。大森一樹監督で、主演が小林薫と真成寺君枝。私的に
は特に見ない方が良い、と思いますが。
 他には「4月のある朝に100%の・・・」が短編映画化されてます。こちらの
主演は室井滋。早稲田の演劇サークル時代に撮ったという話だったような。こちら
はさすがに見たことないですね。

[3303] Nori さん(k.nori@cityfujisawa.ne.jp) 2000/05/21 Sun 00:58:07
こんばんわ。久しぶりに書き込みします。
ところで、この前友達に聞いたのですが”風の歌を聴け”って映画化されているん
ですか?友達は「確か映画になってたよ」と言っていたのですが、本当なんです
か?。あと、他にも映画化されている作品ってあるんですか?
映画の事についてお知りの方がいましたら、教えてください。

[3302] アキ さん(aki‐room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/05/20 Sat 14:50:46
  こんにちは。
  むしろ少数派anan村上ラジオ愛読者です。
  今週のタイトルは「飛ぶ前に見るのもわるくない」だったんですが、
やっぱり村上春樹さん本人による『わるくない』はギュッとなります。
あぁ〜春樹さんだー、と興奮してしまいました。内容もタイムリーでした。
そう思うと冒険しない人生だったかも…とか…。うーん。
  ところで『ぼっけぇ きょうてぇ』は怖いですね。岡山、侮りがたし!

[3301] yyz さん(yinyz@publik.hh.nm.cn) 2000/05/20 Sat 10:14:42
<<レキシントンの幽霊>>以来、まだ新しい小説がございましたら、教えて下さ
い。

[3300] yyz さん(yinyz@publik.hh.nm.cn) 2000/05/20 Sat 10:10:43
ご訂正いたします。3299のメールアドレスはyinyz@publik.hh.nm.cnです。
(yinyz@publik.hh.nm.cm) はミスでした。すみません。

[3299] yyz さん(yinyz@publik.hh.nm.cm) 2000/05/20 Sat 10:06:07
始めまして、インと申します。
12年前から村上春樹様の小説を大学の先生のご紹介で、読みはじめました。素晴ら
しかったと思う。それ以来、村上春樹様の小説をよく買いました。好きです。

[3298] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 2000/05/20 Sat 00:02:11
お久しぶりです。少しずつ読んでいた、
『遠い太鼓』も、あと少しで読み終わります。
そして、最近小説はあまり読んでいなかったのですが、
『永遠の仔』の上巻を買ってきました。
TVでやっているからと言うのも、ないではないですが、
TVの方は見ていないので、読んでみての楽しみです。

[3297]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/19 Fri 23:24:43
 今日は40冊ほど買ってきました。重かったです。

◎しんさんへ
 はい、初めまして。
 ゼミで「蛍」ですか。その場でどういう結論が出たのか、ちょっと興味あります
ね。でも何人かで話し合うにはいい題材かと思います。
 「ねじまき鳥」のそのシーンは印象的ですよね。クミコという存在は、あちら側
とこちら側を行き来して、実在感が希薄なようでいて、リアリティーもある不思議
な存在です。

◎ろっきーさんへ
 こちらも初めまして。
 「もし僕のことばが」は、私も強力にウィスキーに惹きつけられました。私はわ
りと普段から飲んでいますが、意識してみるとシングルモルトウィスキーは、ほと
んど飲んだことがありません。今度重厚なバーででも試してみることにします。

◎しなのさんへ
 私は注文はしたのですが、未だ届きません。そのため、誰の翻訳かも依然として
謎のままです。
 そうですか、良かったですか。読むのが楽しみになってきました。

[3296] しなの さん(shinano@ppp.fastnet.ne.jp) 2000/05/19 Fri 20:10:00
おひさしぶりです。
新刊の「月曜日は最悪だとみんなは言うけれど」をやっと購入しました。
やっぱりいいです。なんだかまたカーヴァーの翻訳を読み直したくなります。

ではでは、また〜。最近はなんだかすぐ固まってしまう。


[3295] ろっきー さん(glass_h@bk9.so-net.ne.jp) 2000/05/19 Fri 17:13:11
はじめまして。パソコン使い出して間もないのでこんなページがあったとはうれし
い限り!春樹さんはずっと好きでしたがしばらく遠ざかっていました。でもこの間
『僕らのことばがウイスキーであったなら』を読んでまた春樹さんに戻ってきまし
た。特に前書きの最後の部分。。。心にしみこみましたね〜。
ウイスキー飲みたくなった。(普段のまないけど)
ということでまたちょくちょくおじゃまします。よろしく。

[3294] しん さん(sinrabansyo@hotmail.com) 2000/05/19 Fri 01:34:10
はじめまして。しんといいます。

大学の文学講読ゼミで「蛍」を読んでいらい、村上春樹さんは
ぼくにとって重要な作家でありつづけています。
最近のお気に入りは『ねじまき鳥クロニクル』。
精神の暗闇の中でしか再会できない二人のイメージが
今になってひどく心を捉えています。

また、ちょくちょくかおを出させていただきますね。
それでは。

[3293]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/19 Fri 00:01:33
 仕事ばかりの一週間を何とか乗り切りました。明日は午前中から古本屋に行って
思う存分本を買うことにしよう。

◎Tokizawaさんへ
 初めまして。
 ホームページ拝見させていただきました。ペーパーバックを読むという行為にた
だただ感心いたします。私の好きな作家の版権が他の出版社に移って以来、翻訳が
荒れてしまったので、私も読みたいのですが、時間を考えると躊躇しています。英
語の勉強もまた始めたいのですけど、なかなか。
 アクセントとしての引用は面白かったですよ。私も参考になりました。

◎まゆみさんへ
 こちらも初めまして。
 私は犬が大好きなので、そのエッセイはあまり記憶に残っていないのですが、探
す方法としては、うーん、何があるでしょうか。時計専門店の店員に聞いてみる、
という事くらいしか浮かびません。後はモノマガジンなどの時計特集のバックナン
バーを調べるとか。無事見つかるといいですね。

[3292] まゆみ さん(nutmeg@lycos.ne.jp) 2000/05/18 Thu 11:27:31
はじめまして。まゆみと申します。
このようなHPがあったとは、春樹ファンの1人としてとってもうれしいです。
今日はどうしても知りたいことがあって書き込みします。
たしか『うずまきネコ』に載っていたと記憶しているのですが、
そこに掲載されていたネコの腕時計がほしいのです。
春樹さんは「ニューズウィークの広告欄に載っていた」と
書かれていたと思います。
ネコ大好きの私としては、どうしてもあの腕時計がほしいのです。
どこのメーカーのものか知っている方がいらっしゃったら、
ぜひおしえてください。
よろしくおねがいします。




[3291] まゆみ さん(nutmeg@lycos.ne.jp) 2000/05/18 Thu 11:03:09
はじめまして。まゆみと申します。
このようなHPがあったとは、春樹ファンの1人としてとってもうれしいです。
今日はどうしても知りたいことがあって書き込みします。
たしか『うずまきネコ』に載っていたと記憶しているのですが、
そこに掲載されていたネコの腕時計がほしいのです。
春樹さんは「ニューズウィークの広告欄に載っていた」と
書かれていたと思います。
ネコ大好きの私としては、どうしてもあの腕時計がほしいのです。
どこのメーカーのものか知っている方がいらっしゃったら、
ぜひおしえてください。
よろしくおねがいします。




[3290]Tokizawa さん(tokizawa@nyc.odn.ne.jp) 2000/05/18 Thu 00:30:06
はじめまして。村上さんのデビュー以来のファンで、作品は一応全部読んでいると
思います。
割と村上さんと年が近いせいか(僕のほうが若いんですが)、音楽とか海外小説と
かの好みが似ている様です(影響されている面もあるかもしれませんが)。
好きな音楽とペーパーバックを紹介するページを作ったんですが、村上作品の引用
をアクセントにしてみたので感想など頂けたらと思います。
ではまた。

[3289]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/18 Thu 00:19:15
 連続勤務6日目終了。あとは明日さえ凌げば、ようやく休みです。

◎つららさんへ
 毎朝ギィーギィー鳴かれるのは、それはそれで大変そうですね。私は鳥ってハト
とカラスと白鳥とカラスくらいしか分かりません。詩情に欠けていますね。
 名前が判明する事を私も願ってます。

◎NEOさんへ
 今日更新したばかりなので、早速の反応嬉しいです。
 「魔法飛行」は本当巧いですよ。加納朋子という作家は、寡作な作家なのですが
それだけに新作が待ち遠しい作家です。
 「勝利投手」を知っているとはなかなか凄いですね。梅田さんはアメリカに渡っ
てスポーツライターになったみたいですが、その話ってNEOさんから聞いたんでした
っけ?
 ちなみに次回は「恋愛小説」を予定しています。得意なジャンルではないのです
が、隠し球ありの予定です。

◎まおさんへ
 単行本化されていない小説は2作ありますが、いずれもその話ではありません。
本当に書いているとすると、謎ですね。

◎沼うなぎさんへ
 私が高校生の時いた弘前でも桜はゴールデンウィークの頃に咲く花でした。時期
が全国でずれているなんて、少し不思議な気がします。
 再読は初読時とはまた違った読後感になるので、なかなか興味深いですよね。自
分の心の変化が分かりますし。
 その賞は正確には推理作家協会賞と言います。この分野では権威ある賞ですね。
師匠の方は評論賞受賞ですね。おめでとうございます。ちなみに長編賞は「永遠の
仔」「亡国のイージス」と私が上下の直木賞で本命だと思った作品でした。直木賞
よりはよっぽど正確な評価だと思います。

[3288] 沼うなぎ さん(ktateda@hotmail.com) 2000/05/17 Wed 23:26:03
わにちんこ。
書き込みするのは2回目ですが、1回目は違う名前でした。
アイデンティティを失った沼うなぎです。

以前、いるかホテル探しに札幌を歩きました。
札幌はようやくさくらが咲き、そしてあっという間に散りました。
時期の早い遅いに関わらず、さくらはどこの土地でも咲いて、そして散るのですね

最近、村上春樹の小説を片っ端から読みなおしています。
というのも、僕は就職活動をしていて、そのために何度も乗った飛行機での時間を
何とかリラックスした気分で過ごすためです。
就職も決まり、飛行機に乗ることもなくなりましたが、村上春樹を読みつづけてい
ます。まるで急ブレーキをかけた車の中のものが惰性で動くように。

推理小説協会って知ってますか。
僕も最近まで知らなかったのだけれど、僕の油絵の師匠がその処女作「ゴッホの遺
言」で協会賞を授賞しました。
情報センター出版局というところから出ています。
この本はいわゆる推理小説ではなく、ゴッホの作品だとされてきたあるスケッチを
贋作であると証明するノンフィクションです。
もしよろしければ本屋さんで手にとって見てください。
ちょっと宣伝でした。
それでは。

[3287] まお さん(yaguchi@yomogi.or.jp) 2000/05/17 Wed 22:13:09
ハナさんへ

私も相当な村上春樹ファンですが、そんな話は読んだことありません。
でも、ちょっとその話を村上春樹が書いていたらと思うとそそられますね。
単行本化されたものに関しては繰り返し読んでいたりするけど、雑誌とかは
追いかけていないので、実際書いていたりして・・・。

[3286]NEO さん(PXF04304@nifty.ne.jp) 2000/05/17 Wed 20:18:42
ほのぼの本、いいですねー。
『魔法飛行』は、こないだ買ってきて、次の次くらいに読もうかと思っていま
したが、明日出かけるときに読むことにしました(笑)。
既読本は5冊、どれも納得ですね。
ちなみに5冊には『勝利投手』が含まれてます。一気に本間さんらしいセレク
ションになった感じです。まだ買えるのかなぁ、『勝利投手』。

第4回も楽しみにしてます。


[3285] つらら さん(kumokari@bmail.plala.or.jp) 2000/05/16 Tue 08:04:03
おはようございまするする・・・。突然ですが、うちの前にある林に、ねじまき鳥
が毎朝やってきます。ほんとぉです!ギィーギィーっとうるさく鳴いております
る。キレイなブルーの長い尾(?)をもったグレーの鳥なんですぅ。警戒心が強く
て、近くでみれないけども。。だれか、この鳥の名前しってますかぁ・・・?? 
では、では。ふぅ。

[3284]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/13 Sat 23:51:32
今日久しぶりに会社へ1時間20分の遅刻。参りました。

◎アキさんへ
 模様替えをするのは楽しいですよね。私にもそういう時期はありましたが、物理
的に物が収納出来なくなった今は諦めてます。
 どういうコンセプトの部屋にしたいのか分かりませんが、居心地のいい部屋にな
るといいですね。

◎ユキさんへ
 仙台は最近寒いですよ。今日もヤクルト戦が中止になるほどの雨でしたし。
 でっかい本棚ですか。家具屋へ行って、スライド式の何百冊か入りそうな巨大な
本棚を見る度に「いつかは・・・」と思いますが、10万あったら本が何冊買える
か式思考に陥り、未だ買えません。耐震としてのつっかえ棒は有効でしょうね。中
性のライブラリアンは本の下敷きになって死ぬことがままあったそうですよ。
 池澤夏樹の新刊はご堪能下さい。カヲルの変貌が読みどころです。

◎きゅうさんへ
 私は逆に、創刊以来数年分のダ・ヴィンチをこの前売り払ったところです。ライ
ターの方がやっているオンライン古本屋に売ったので、そのラインで今月号に載っ
たのかと推理してます。
 ブルータスは本の雑誌ラインからも編集部に就職した人の話が書いてました。
 村上さんの新刊は翻訳新刊でしたか。ちょっと残念。もう注文してしまったので
読むのを楽しみにしている事にします。辺境の文庫は買わないだろうなあ。逆パタ
ーンの文庫持っているけどハードカバー欲しくなる方が多いですね。

◎takuroさんへ
 確かに翻訳は多いですね。作家が訳者をするというケースは鷺沢萠や灰谷健次郎
など案外多いのですが、現役の作家では村上さんが一番多い気がします。こちらの
古本屋では村上春樹翻訳コーナーがある位ですし。
 村上さんの場合、前面には出ていないけど、少しだけ底流に村上さんらしさは出
ているような気が私もします。良くも悪くも。

◎tbさんへ
 それでは今調べてみます。たくさんありすぎて、ここに書けないのでメールして
おきますね。これだっ、と思いついて下さるといいのですが。もちろん、ここでご
存じの方がいたら、話が早くていいですね。
 オークションはさすがに売る物がなくなってきたので、最近やってません。CD
は結構バックアップ取ったりして、手間がかかって面倒ですしね。

◎ハナさんへ
 初めまして。
 うーん、考えてみたのですが、思い浮かびません。村上さんの長短編なら、大体
は分かるのですが、うーん、何だろう。私も気になるので、思いついた人はぜひ教
えて下さい。でも結婚を申し込む、というシチュエイション自体村上作品には珍し
いですよね。

[3283] ハナ さん(hana907@yahoo.co.jp) 2000/05/12 Fri 23:24:13
始めて書き込みします。
春樹さんの本を探してます。
主人公と彼女が旅行をしていて、外は雨、部屋でのシーンで、
彼女が裸!でベランダに出ていて、主人公はバスタブにお湯をはり、
このお湯がいっぱいになる前に彼女がお風呂に入りにきたら、結婚を
申し込もう!
とか、??はっきり覚えてませんが、そのような内容の本があったと
思われるのですが、引っ越し中で手元に本がありません。
春樹さん熱がでてしまい、いてもたってもいられません。
お願いします!!!

[3282] tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/05/12 Fri 09:18:45
  もう一つ、すんません。
  「絵本ならこのページがスゴイ!」ってのを知っている方も、いらっしゃっ
たら是非教えてください。お願いします。連続書き込みすんません。

[3281]tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/05/12 Fri 09:00:51
  今日は質問があって、助けてもらいたくて書き込みます。
  探してる絵本があるんです。五味太郎さんが絵を書かれている絵本で、環境
問題をテーマにしている絵本だったと思うのですが、作者もタイトルもわかり
ません。妖精が出てきて、バオバブの木の葉っぱしか食べられないみたいな、
そんな内容の絵本だったと思います。細部をほとんど忘れてしまったのですが
、とても素敵な絵本だったということ、それとバオバブの木がすごく印象的だ
ったことだけが心に残っています。ふっと最近、「あの絵本、もう一度読みた
いなあ・・・」と思ったら、いてもたってもいられなくなって、色々調べたの
ですが、わかりませんでした。もし御存知の方がいらっしゃったら、メールで
でも構いませんので、教えて頂けると、ほんとに、ほんとうに助かります。よ
ろしくお願いします。

>本間さん
  そういう訳で、あんまり関係のなさげな質問をかいちゃってすんません。と
ころで、エキサイトの方でもオークションが始まったみたいですね。もうご覧
になりました?

[3280] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/05/12 Fri 03:08:25
書き込み2回目のtakuroです
村上さんのは小説メインで読んでたんですけど、翻訳もいっぱいありますよね
今家にあるのはレイモンド・カーヴァーとスコット・フィッツジェラルドだけです
おかげでこの2人の作家も好きになりました
あ、それとジョン・アーヴィングも
このあいだ本屋さんに行ったら翻訳小説集があったので「どれだけ翻訳もやってる
んだろう?」とふと思ったもので
村上さんの訳はくせがなく、それでいて個性を感じさせるいい訳ですよね



[3279] きゅう さん(monster_q@hotmail.com) 2000/05/12 Fri 00:55:35
お久しぶりです。
最近古本屋に行って、昔のダ・ヴィンチやらブルータスやらを格安で手に入れてき
ました。ダ・ヴィンチはたまたま村上さんの解体全書が載っていたから買ったので
すが、結構面白かったです。
ブルータスはかなり編集長のやりたいことをやってるようでその傾倒ぶりが面白
かったです。

★村上さんの新刊情報★
中央公論新社より発売の件の新刊は、翻訳ものです。
誰の翻訳かは確認し損ねましたが・・・(苦笑)。
もう発売になっていますよ。

更に今月末、新潮文庫より「辺境・近境」の文庫版が出ます。
あたしはハードカヴァーを持っているのですが、多分買います(笑)。


[3278] ユキ さん(shinamon,@fj8.so-net.or.jp) 2000/05/12 Fri 00:06:44
 こんばんは。
そろそろ外でビールの呑める素敵な時期ですね。
(年中ビールはおいしいけど)

 念願のでっかい本棚を購入して幸せです。
連休は本の整理であけくれてしまいましたが。
よまなくなった本をたくさん売ってきたのですが
また購入してきてしまった。本棚の上につっかえ棒
みたいなのをした方が地震対策には良いのでしょうか。
本に埋もれて死ぬというのも本望かなあ。
でも苦しそうだしなあ。

 SWITCHが池澤夏樹の特集だったので買ってきました。
なかなか味のある写真が多く、良い按配です。
新刊はちょっとだけ読みました。おもしろそう。
のんびり読もうかな。

[3277] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/05/11 Thu 01:55:39
 こんばんは。昨夜から唐突に始まった部屋の模様替えが
やっと終わりました。ふぅー。余分なモノを全部隠して
本とベットと鏡だけ置いてある、といったカンジです。
満足満足。でも心理学部出身のコいわく「自閉症患者の
部屋みたい」だそうです。なんだかなぁ。今週末にでも
また模様替えしようかな・・・。


[3276]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/11 Thu 01:19:16
 村上さんの新刊の話が出ていないという事は、まだ本屋にならんでないのかな?

◎アキさんへ
 注意いたします。

◎マキさんへ
 それは何よりでした。
 すっきりしていて飲みやすいんですか。上善水如(字は適当)だけは私が飲んで
も唯一飲みやすいなと思った日本酒です。何にせよ、チャンポンで飲むと翌日きつ
いので注意が必要ですね。

[3275]マキ さん(maki-n@janis.or.jp) 2000/05/10 Wed 08:25:10
ブッチさん、本間さんありがとうございました。
すっきりしました**これから早速見てみます。
〆張鶴はすっきりしていて飲みやすいお酒でした。


[3274] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/05/10 Wed 02:04:02
tbさん>ありがとうございました。さっそくメールで
     問い合わせてみました。これで何とかなるのかな。
     皆さんもご注意ください。本当に。


[3273]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/10 Wed 00:30:10
 高橋三千綱の「カムバック」新潮文庫、は言うことなしの野球短編集。野球ファ
ンにもそうじゃない方へもおすすめ。

◎ぶるーうさんへ
 ふーむ、写真ですか。滞在時に取材を受けた時の写真なのでしょうか。でも様々
な資料見ていると、わりと色々な雑誌の取材受けてますよね、日本でも。
 その英文での紹介はシンプルですね。「writer and novelist」というのが、正
確でいい感じです。

◎マキさんへ
 ブッチさんがお答えしてくれたので、これですっきりしたかと思います。
 私は日本酒をほとんど飲まないので、味は分からないのですが、昔はウィスキー
もそうだったし、いつか趣向が変わるかもしれません。美味しく飲んで下さいね。

◎アキさんへ
 こちらはtbさんが詳しくフォローしてくれていますが、本当災難でしたね。ネッ
ト上には下らない人もいます。悪口は言ったもの勝ちだし、アキさんみたいな被害
を受ける人の事を考えない自己中心的人もいます。ネットとはいえ社会なんだから
結局は社会の構図と同じなのでしょうが。
 そんなぼやきはともかく、tbさんが言われているようにパスワードを変えるか、
ヤフーにするのが一番でしょう。割と早めに返事のメールが来ますよ。

◎tbさんへ
 まとめて下さってありがとうございます。今年から日本版も始まったebayの方は
セキュリティが割と厳重なのですが、ヤフーはお手軽なので、やはりヤフーの方が
圧倒的人気のようです。IDは分かるから、パスワードさえ分かれば何ともなりま
すもんね。ただそうしてもあまりメリットがないような気もしますが。そういうを
する人の理屈が私にはよく分かりません。

◎ブッチさんへ
 95年は土橋が活躍した年でした、とエッセイにも書かれてましたよね。ヤクル
トはここ10年、割と強いチームなのですが、昔は確かに万年Bクラスでした。そ
れは中日にも言えるのですが。
 去年のダイエーは強かったです。若手3人が伸びたのが大きかったですね。迷惑
な事というのは何だか分かりませんが、地元にチームがあるのは羨ましいですよ。

[3272] ブッチ さん(Shintarou.Nagamizu@ma8.seikyou.ne.jp) 2000/05/09 Tue 21:53:09
マキさん>「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか」P87〜に
載っています。ついでに読み直していると、95年の日本シリーズ
について、村上さんが書かれていました。この年は、オリックスと
ヤクルトだったんですね。村上さんがあのヤクルトが日本シリーズ
をするというのが、うまく実感がわかないと言われてますが、
私は去年のダイエーで、同じような思いをしました。友達と私たち
が生きているうちに優勝するかどうか。といっているような球団だった
のに。ただ、地元に住んでいると、結構迷惑な思いをしました。

[3271] tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/05/08 Mon 12:49:13
>アキさん
  今ちょうど、そのくだんの検索サイトで、無聊の昼休み時間をつぶしていたんで
すが、そりゃあまた、えらい災難に遭われましたね。一番確実なのは、
http://ms.yahoo.co.jp/bin/auctions-ms/feedback
で、当のYAHOOの方に連絡するのが早いと思います。
  あるいは、パスワード取得画面に飛んで、その「変えられたパスワード」を、再
取得してみて、その後すぐにこちらからパスワードを変える手続きをしてみるとか
も、もしかすると有効かもしれません。パスワード取得画面は、
http://edit.my.yahoo.co.jp/config/eval_forgot_pw?lg=jp&new=1&.done=$.
done&.src=$.src&referer=$referer&partner=$partner
です。うお。コピーしたら、えらい長いURLになってしまった。このやり方は、登録
情報そのものを変えられてたら、まったく効かないです(と思います)。

  役に立つかどうかわかりませんが、とりあえず書いてみました。っていうか、当
たり前のことを書いてしまって、なんだか申し訳ないんですが・・・うまくいくと
いいですね。なんか同じような被害がけっこう頻出してるみたいです。僕も気をつ
けよう。

[3270] アキ さん(aki‐room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/05/08 Mon 10:40:12
 こんにちは。ちょっと相談というか教えてください。
 某検索系サイトのオークションに登録しているのですが、私の名前を使って
入札・出品を行う輩が現れました。質問メールなどもガンガンきて困りはてて
ます。しかもパスワードが変えられているのか私自身はログインできません。
オークションを通じてその人にメールを出そうかとも思いましたが、それだと
私のメールアドレスがその人に分かってしまうので、それもチョット困ります。
こういう場合、どうしたらイイのでしょうか。本当に困ってるので、どなたか
良いアドバイス、対処法を教えてください。 村上さんに関係ない事なのに
スミマセン。でも怖いよー、助けてー。うぅ。

[3269]マキ さん(maki-n@janis.or.jp) 2000/05/08 Mon 08:51:51
始めまして。ちょっと知りたいことがあったのでここに来ました。
わかる方いらっしゃったら、教えてください。

エッセイに、新潟の村上市のお酒「〆張鶴」のことが載っていたと思います。たし
か、安西水丸さんと村上市を尋ねてこのお酒を入手した〜ってことが載ってたと思
います。先日、このお酒が手に入ったのでまた読んで見たいな〜と思い探したので
すが見つかりませんでした。そのエッセイが載っている書名が分かりましたら、教
えてください。よろしくお願いします。

[3268]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2000/05/08 Mon 00:16:25
 こんばんは。何故だか知らないけど腹痛の、ぶるーうです。いたた。

 ついさっき、海外の村上さん関係のページを色々と見て回ってたのですが、何故
か海外のページには村上さんの写真がたくさんあることに気づきました。それも今
まで見たことの無い写真ばっかり。実は海外の方が露出度高いのかも(?)。
 それはともかくとして、タフツ大学のとある記事に、「Murakami is a cool, 
funny and shy writer and novelist who was born in Kyoto in 1949. 」と
いう箇所があって、なんだかこの一文だけで村上さんの全てをあらわしているよう
な気がして、少し可笑しかったです。

[3267]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/07 Sun 23:56:00
 もう一歩なんだけどなあ、ドラゴンズ。ヤクルトの伊藤智の力投は、本を読みな
がら見ていましたが、見応えありました。

◎takuroさんへ
 はい、初めまして。
 韓国や台湾の方からは、たまにメール来ます。英語で来るのに加え、このページ
を見るのに日本語も出来る事を思うと、感心させられますね。私も翻訳が出ないな
んて言ってないで、好きな作家の小説を原書で読みたいものです。
 しかし、海外の本屋さんっていいですね。どんな感じなんでしょうか?
 「神の子どもたちは」は、三人称にさえ馴染めれば、いつもの村上世界です。ち
ょっと最初は戸惑いましたけど。

◎高橋治彦さんへ
 私も以前に、村上作品に出てくる音楽を聴いてみようとして、探した事がありま
した。同様にナット・キング・コールが歌う「プリテンド」は、ナット・キング・
コール名曲集みたいなCDに収録されていましたが「国境の南」は探し出せません
でした。50年代に流行ったスタンダード・ナンバーでシナトラなども歌っている
ようですから、探せば見つかると思いますよ。

◎怪人さんへ
 そうなんですか。全然お知らせメールは来なかったですね。とはいえ、どんな風
に載っているか見てみたいから、本屋で見てみます。

[3266] オペラ座の怪人 さん(candyman1@excite.co.jp) 2000/05/07 Sun 19:20:04
ダ・ヴィンチにココのってましたね、にやり。

[3265] 高橋 治彦 さん(cab05140@pop06.odn.ne.jp) 2000/05/07 Sun 16:43:24
初めて書き込みます。
きっと前にも質問があったのではないかと思うのですが、
重なっていたらごめんなさい。
『国境の南、太陽の西』にナット・キング・コールが歌う
『国境の南』のレコードについて書かれていますが、
はたしてそのレコードはCD化されているのでしょうか?
もし存在するようでしたら、どのCDに入っているのか
教えていただければ幸いです。
どうか、よろしくお願いいたします。

[3264] takuro さん(taks@opal.plala.or.jp) 2000/05/07 Sun 06:51:54
はじめまして、書き込み初のtakuroです
昨日「ダ・ヴィンチ」買ったら韓国でも村上春樹さんは人気あるらしいです
3月に台湾行ったときもかなりそろってました
おかげでわざわざ台湾まで行きながら確かめるためだけに本屋さんに片っ端から足
を踏み入れてました
なにやってんだか

きのう「神の子どもたちはみな踊る」やっと読みました
相変わらずすばらしいですね
この人の本に会えてほんとよかった、と感じました

[3263]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/07 Sun 03:57:38
 ああ、もうこんな時間だ。

◎村上さんの新刊
 中央公論新社より「月曜日は最悪だとみんなは言うけれど」が出ました。私も紀
伊国屋webで見ただけなので内容は分かりません。楽しみです。

◎Chizuさんへ
 はい、初めまして。最初の作品が「ピンボール」という人は珍しいですよね。実
は私もそうでした。人物背景がさっぱり分からなくて、困った記憶があります。
 「作家の値うち」情報ありがとうございます。これですっきりしました。上記の
新刊と共にさっき注文したので、届き次第読んでみますね。

◎りたむさんへ
 更新はしていないようですが、ホームページ自体はまだあります。メールアドレ
スも有効だと思いますが、村上さん本人が読んでいるかどうかは分かりません。
 私のリンクページからでも行ってみて下さいね。

[3262] りたむ さん(yr974139@stu.soc.iuk.ac.jp) 2000/05/06 Sat 10:55:27
あのー‥‥、村上朝日堂はもう終わっちゃったんでしょうか?
村上さんにメールを出そうとしましたが出したメールが帰って
きちゃうんです。アドレスが間違ってるのでしょうか?よく分
かりません。できたら、ちゃんとしたことをご存知の方はメー
ルで教えていただけませんか?すみません、初めてでわがまま
いって。お願いします。


[3261] Chizu さん(woods104@geocities.co.jp) 2000/05/05 Fri 10:43:04
はじめまして。
いつも楽しく読ませて頂いております。

大学1年の頃、「1973年のピンボール」を読み、以来、春樹ワールドにはまっており
ます。今は、「神の子ども〜」を繰り返し読むのとananの立ち読みを楽しみにして
います。

話題になっている作家批評本は、福田和也著「作家の値打ち」飛鳥新社、ではない
でしょうか?朝日インターネットコム〔読書どくだん〕というコーナーで紹介され
ていました。

また、ゆっくりお邪魔させて頂きます。今後とも、宜しくお願いします。

では。

[3260]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/05 Fri 00:13:02
 夜勤だったので、今朝までバス事件をずっと見ていました。

◎shokoさんへ
 私も気になったので、紀伊国屋Webで検索してみたら、112件引っかかりま
した。版元変わると同一作品でもカウントされるので何作品とは言えないのですが
かなりの数ですよね。
 小説は、様々な作家の作品を読むことによって、自分にぴったりあった作家を見
つける可能性は高くなります。私の読書傾向は結構バイアスかかっていますが、そ
れで好きな作家を見つけてもらえたら幸いですね。

◎森下大輔さんへ
 それは識字率とも関連してくるのですが、ほぼ100%の現在、マーケットの広
がりもありますから、昔と一概に比較は出来ませんが、ある程度売れ出すと、後は
加速度がついて売れるという傾向はありますね。「ノルウェイ」の時は、私もこれ
ほど売れるとは、と驚いていました。ただマンガやゲームと比べると、裾野はやは
り狭いですよ。出版機会が増える事は作家にとっては幸せなのでしょうが、いい本
が売れるという訳ではない状況は、逆に不幸なのかもしれません。今でも文学では
初版5000部というのは結構あるみたいですし。

◎怪人さんへ
 その本は私も何かの書評で見かけて探しているのですが、タイトルを忘れた本の
事ですね。フィクション、ノンフィクションからそれぞれ50人ずつ作家をピック
アップして、ミシュラン形式で評価する形式だったかと思います。
 読書なんて個人的体験だし、客観的評価というのは不可能かと思いますが、それ
ぞれの作家がどう評価されているかは読んでみたいです。

[3259] オペラ座の怪人 さん(candyman1@excite.co.jp) 2000/05/04 Thu 06:31:31
ども。少し小耳に挟んだんですが、どこかの出版社から
作家批評みたいな本が出るらしいですよ。
何でも筆者の点数の付け方がすごくて
有名だろうがなんだろうがお構いなし。
三島由紀夫の何かは24点ぐらいだし、小池真理子のナルキッソスの鏡もボロボロ。
んで何が言いたいのかといいますと、何と村上春樹は全体で96点!!!!!!
だって事です。それだけ。



[3258] 森下大輔 さん(dackn@ma4.justnet.ne.jp) 2000/05/04 Thu 01:57:23
この前河合塾の現国の授業中に村上春樹の名が出てきた。永井荷風や夏目漱石や石
原裕次郎とかと売上部数を比較して今の時代が作家にとって良い時代か悪い時代か
についてのお話しだったっんだけど、永井荷風の初版は1000部、夏目漱石が生
きてるときに売れた部数はせいぜい10万部。石原さんの戦後初の超大ヒット『太
陽の季節』は25万部、春樹さんの『ノルウェイの森』200万部。すごいなー。
でもいつも本やインターネットでその名を見るのとは違って、偉大な作家の村上春
樹氏って感じがして妙なものだった。いつもはオモロイ小説家村上ハルキさんって
感じなのに。でもやはり彼も偉大な成功者の一人なのだなぁ。なんて思った。

[3257] shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/05/04 Thu 01:37:36
 本間さん、こんばんは。
 佐々木マキさんの絵本は、本屋さんで探してみたら、
すぐに見つかりました。「変なお茶会」というタイトルです。
持ち合わせがあまりなくて、やっぱり買えずじまいでしたが。
他にもたくさんの絵本を出版されているみたいでした。
 わたし、小説を読むのはとても好きなのですが、
冒険心(?)があまりなくて、
気に入った作家さんの作品ばかり読んでしまうので、
ガイドブック、これからも楽しみにしています。

[3256]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/03 Wed 23:53:26
 バスジャック事件といい、高校生老婆刺殺事件といい、妙な事件が続きますね。

◎アキさんへ
 チャットは昨日復活させました。また遊びに来て下さい。
 京都駅はハリウッドSF映画に出てきそうな佇まいですよね。私も最初見たとき
は度肝を抜かれました。それにしてもこの言い回しって完全に文語ですね。
 今日の食べ物なんて、豆腐とか湯葉とかカロリー低そうですが、そうでもないん
ですか? それにしても30日といえば淀で三強対決があった日ですね。
 アンアンは早いとこ一冊にまとまって欲しいですね。もう弱気なんです(笑)。

◎tbさんへ
 ふーん、漢字で書くとそうなるんですか。それは私も初めて知りました。でも先
ほどに引き続き、たけなわも文語ですね。会話で聞いた事ありません。
 立花隆は脳についての本を買ったまま、ずっと未読ですが、本棚というか書庫の
凄さはあちこちで見かけますね。
 ある小説を読んでみて、それが身に付くかどうかは個人差が大きいと思います。
中学生でも分かる人は分かるし、何十になろうが分からない人はずっと分からない
でしょう。実感出来たとしても、むしろ切なくなるだけかもしれないし、難しいと
ころですね。分からない方が良いことはあるのかもしれません。

[3255]tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/05/03 Wed 21:33:52
  こんにちわ。世間ではGWたけなわですね。どうでも良いことなんですが、「
たけなわ」って、漢字に直すと「酣」なんですね。いやあ、驚いたな。教えら
れたって感じ。

  立花隆の本を読んでると、なんというか、若いうちに量読んでも、あんまり
意味ないんだな・・・などと、ちょっと傲慢なことを思ってみたりもします。
だって、中学生が「罪と罰」やら「カラマーゾフ」読んだって、ためになると
は思えませんもんね。っていうか、害になりそう。でもそれはそれとして、立
花隆って、すごいなあえらいなあ・・・と思います。ものすごく真っ直ぐに生
きたはりますよね。なんて、ちょっと京都弁使ってみたり。

>きぬえさん
  役に立って良かったです。初歩的なミスは、頻出するので初歩的なモノにな
るのでしょうが、頻出するということはみんな同じ失敗をするってことでもあ
るのですよね。なんだかオーベルシュタイン元帥の様な言い様だな。
  まあ、なにわともあれ(この単語も、いまいち正確な意味がつかめません。
英語のNEVERTHELESSみたいです)ちゃんと行くことが出来て良かったですね。

[3254] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/05/03 Wed 08:52:54
 チャット復活されたんですね。
 30日に京都に行ってきました。JRの駅スゲェ・・・。
それはイイんですが1ヵ月地道に続けたダイエットが京都の
1泊2日でパァになったのが、どうにも切ない。泣くぞ。
 アンアンの村上ラジオは読まれてない方が多いみたいですが
今週の「赤い靴」のは面白かったですよ。むしろクダラナイ
事に春樹さんの珠玉の言語センスが使われる様がとても贅沢
でした。ただスゴク個人的な意見としては、イラストが水丸
さんならモアベターかなーなんて思わなくもなくもない・・・。


[3253]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/05/02 Tue 01:08:04
 仕事帰りです。今日は山形版と宮城一県版を組みました。一面やスポーツ面への
道はまだまだ先です。

◎きぬえさんへ
 疑問が解決して良かったですね。閉鎖される時にも書いたのですが、私はフォー
ラムはほとんど読まずに、村上ラヂオの愛読者だったので、あれが読めなくなるの
が残念です。アンアンは読まないですし。
 GWは3連休以外は仕事です。新聞休刊日は一日だけですしね。そうですか、仕
事辞められたんですか。アジアはいいですよ。乾いた空気と石の都のヨーロッパよ
りは、よっぽど面白いと思います。まあ私も各種旅行記で読んだだけですけど。
 北海道はいろいろ温泉あっていいですよね。

◎ブッチさんへ
 確かCDで出るとラヂオに書いてあった気がします。
 批評を書評のみで限定して話すと、「書いてみろ」というのは余りに短絡なよう
な気がしますね。書くのは半年、読むのは2時間という面は分かるのですが、優れ
た作家がいるように、優れた書評家は存在します。信頼出来る書評家を見つけると
読書の幅は確実に広がりますよ。

[3252] ブッチ さん(Shintarou.Nagamizu@ma8.seikyou.ne.jp) 2000/05/01 Mon 21:40:24
本間さん>ありがとうございました。CD−ROMででるんですか?
なるほど。批評は難しいものなのだろうけど、きちんとやってほしいものです。
読後感は確かに人それぞれのものですね。批評は筒井康隆さんが「唯野教授」で、
批評家が一番嫌がるのは、「それだったら、おまえがかいてみろ」というので、
作家はやさしいから、それを言わないというので笑った記憶があります。


[3251]きぬえ さん(kinuewajima@pop07.odn.ne.jp) 2000/05/01 Mon 01:06:51
またまた、来ました。本間さん、tbさんお返事ありがとうございます。

どうやら、前のアドレスのまま見ていたようです(苦笑)
本間さんのリンク先から飛んだらちゃんと見れました。
でも、更新が終ってる状態っていう今のページ以前にも見てるので、
アドレスを入れ替えるのを忘れていたようです、とほほ(苦笑)
一応朝日のページでも探したのですが、なぜか見つけられなかったのです。
初歩的なミスでした(笑)教えてくれてありがとうございました。

ところで、GWはみなさん何をしてるんでしょう?
混んでる時期を外して、私も旅行に行きたいです、ホント。
仕事も辞めることになり(というか、倒産・・・)暇ができるので思いきって
アジア方面とか行きたいのですが、先立つものがないので、近場の温泉に
行くぐらいになりそうです。まあ、それも家にいるよりは気分転換になり、いいで
すよね♪


[3250]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/30 Sun 23:34:49
 競馬絶不調。GWは3連休だけだけど、どこにも行けそうにないです。

◎ブッチさんへ
 初めまして。
 村上朝日堂の新刊は、「夢のサーフシティー」と同様CD−ROMで出るって朝
日堂に書いてませんでしたっけ? 年内だったはずです。
 批評と悪口は別物なのですが、時々ごっちゃになっている文章を見かけます。自
分が絶対正しいと思っている人には好きに書かせておいて、信頼出来る評論家を見
つけるのが早道ですよ。もっとも読後感は千差万別が自然な形だと思いますが。

◎たてだきよしさんへ
 こちらも初めまして。
 札幌にお住まいなのですか。今頃はいい季節でしょうね。静内の桜並木を一度見
に行きたいと思うのですが、なかなか実現しません。
 いるかホテル、ドルフィンホテルのモデルはいろいろ言われてますよね。中島公
園の近くだとホテルアーサーでしたっけ?

◎まささんへ
 先日の飲み会は配属された新人4名も一緒だったのですが、最後まで付き合った
のは一人だけでした。見所があります。あと先日は12時頃お開きだったのですが
私としては、久々に早かったです。問題はお金がかかりすぎることですね。
 それはさておき、全作品再読ですか。再読までの時間が空けば空くほど、新たに
思うことがあったりして面白いですよね。「スプートニク」まで楽しんで下さい。

◎怪人さんへ
 本当にご無沙汰でした。
 合格おめでとうございます。といってもまだまだ人生長いので、様々な経験をし
ながら素敵な大人になって下さい。物事は一面から見ても分からないものです。
 旅行ですか。村上作品に関係したところといえば、やはり神戸方面かな。芦屋の
海を見てくるというのもいいかもしれませんね。東日本に住んでいる人からみると
文化が違っていて面白いですし。

◎ういすけさんへ
 会社の引っ越しですか。私も異動の際、8年分の書類を片っ端から整理しました
が、いろいろなものがたまるもんですよね。昔の「要求貫徹」のハチマキが出てき
たので、友達のロッカーに巻いてあげましたが、喜んでました(多分)。
 山田詠美は「僕は勉強が・・・」だけ好きなのでともかく、宮本輝の長編はどれ
も巧いですよね。オレンジの壺も、当時一気に読んだ記憶があります。流転の海の
4部はいつ出るんだろう。

[3249] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 2000/04/30 Sun 10:53:55
お久しぶりです。ういすけです。
>オペラ座の怪人さんもおひさしぶりです。大学合格おめでとうございます。

昨日会社の引越しがありました。
それで今日はとてもきれいなオフィスで、こんなことしているのですが、引越しだとい
うのに・・・・うちの部署はみんなユーザー先につめていてここだけダンボールだらけ
です。ひたすら忙しい仕事は相変らずを通り越して、グレードアップしています。
しくしくしく。。。

それでも最近よく本読みをするようになりました。
ラインナップは以下の通り。
1.120%クール   山田詠美
2.オレンジの壺   宮本 輝
3.ある男が飛行機から飛び降りた 

どれもなかなかいいかんじです。
宮本 輝はどうして退屈そうになりがちな内容をここまで読ませるんだろう。エイ
ミーおねえ様は、どうしてこんな少女みたいなことが言えるんだ。なんて今更なが
ら悦に入ってます。

[3248] オペラ座の怪人 さん(candyman@tokyo24.com) 2000/04/30 Sun 02:42:15
二年ぶりの書き込みです、お久ぶり。誰か覚えてますかぁ?
まぁ今日は久々なので近況から・・・。
えぇーやっとこの度大学に受かりました。まぁーまぁーの所なので少し安心。
それで大学生活を満喫しているのですが、どーも最近旅に出たくてしょうがありま
せん。それで何処かいい所が無いかと皆さんに意見を聞きたいんです。できれば亜
村上春樹に関係する所にいきたいもんで・・・。
どっかそういう所ってないですか?うーんいきなりでごめんなさい・・・。

ではでは チャオ!

[3247] まさ さん(m-tsuji@d8.dion.ne.jp) 2000/04/30 Sun 02:31:37
こんばんわ!
本間さん、研修お疲れ様でした。
酔っ払ってる時は、本当に幸せです。
でも、次の日が・・・
それにしても、3軒梯子で11時台に帰られるのは、ナカナカ健全かと。

私は最近思うところあって、「風の歌を聴け」から順を追って村上作品を読み返し
ています。
今は「風・・」を読み終わり、「1973年の・・・」に取り掛かっています。
そんなに昔に読んだわけではないのに、結構忘れているもので新たに感動していま
す。
これは村上作品ならでは感動ですね。

>ブッチさん。
書評にも色々ありますね。
私はその書評を読んでいないので、なんとも言いがたいのですが、批評に対してイ
チイチ腹を立てると身が持ちませんから、
こういう意見もあるんだと、やり過ごすのが私のやり方です。
でも悪評を書くというのは、何らかの形で、その人に影響を与えたのではないか
と、心ひそかにニンマリとしてしまったりもします。

[3246] たてだきよし さん(ktateda@hotmail.com) 2000/04/30 Sun 00:58:31
こんにちは
僕は札幌に住む学生です。
村上春樹ワールドの住人です。のつもりです。

札幌にすんでいると
「いるかホテル」が気になります。
もちろん、実在するわけじゃないでしょうが
モデルになったホテルとか、
モデルになった場所なんかを考えて歩くとおもしろいです。

個人的には中島公園という公園の近くのような・・・。
近くにドーナツ屋あったかなあ。


[3245] ブッチ さん(Shintarou.Nagamizu@ma8.seikyou.ne.jp) 2000/04/29 Sat 22:34:00
今日は、はじめて書き込みします。たしか、、村上春樹さんの村上朝日堂
の新刊が来月出るはずだったと思うのですが、いつ出るかご存知のかた
いらっしゃいますか?確か、「織田信長軍団と〜〜」だったような気がする
ですが?このあいだ、このあいだ、GQという本に村上さんがカーヴァーの
新しく見つかった新作(?)の翻訳をしているのを読みました。
その本の後ろに、「神の子どもは〜〜」に対する悪口(批評)が載っていました。
村上さんのカーヴァーの翻訳を読むためだけにその本を買った私は非常に不愉快
でした。

[3244]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/29 Sat 01:11:27
 今日は3週間に渡る研修の打ち上げでした。3軒飲み歩いてさっき帰りました。
酔っぱらっている時は幸せですね。

◎tbさんへ
 キーボードの入力の具合は大事なポイントです。個人的にはIBMのキーボード
のタッチが好きですが、ゲートウェイもまあまあいいです。
 朝日のサーバーの変更って、かなり前じゃなかったでしたっけ? 私が朝日のイ
ガラシさんに許可をもらってリンクしたのって、遠い昔のような気がします。

◎shokoさんへ
 いえいえ、どういたしまして。あれだけ丁寧なメールもらっていたのに、素っ気
ない返事でごめんなさい。
 資格取られたんですか。日本で二つしかない学部の(って言うまでもないですね
)図情大ですら、司書になれたのはほんの一部でした。本当に狭き門です。
 私的ガイドブックは今後も続ける予定ですので、ぜひ読んでみて下さいね。私の
取り柄は小説に詳しい事だけですし。
 佐々木マキさんの絵本が出ていたんですか。私も欲しいです。秋には引っ越すの
で、その時までにはリビングに飾るポスターを何とか入手したいものです。あのタ
ッチはリビングにぴったりだと思うのですが。

[3243]shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/04/28 Fri 21:19:51
本間さん
 お手間をかけて思い出してくださってありがとうございます。
はい、この間卒業いたしました。司書の資格もとりました。
(都立中央で実習したのです。楽しかったです。)
でも今は全然違うオシゴトをしております。
 羊男のクリスマスに最初に出会ってしまったので、
小説を読む順序もめちゃめちゃで。
初心者の頃に本間さんのガイドブックのようなものに出会っていればー。
ということで、わたしも村上作品初心者さんには、
出版年順に読むことをおすすめしています。
 佐々木マキさんのイラスト、素敵ですよね。
なんとかのお茶会っていう絵本をむかし見かけたことがあって、
買っておけばよかったなあ、と思うのでした。

[3242]tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/04/28 Fri 15:46:16
  授業の谷間にお邪魔します。大学のサーバー室って、すごく暑いのが難点だけれ
ど、キーボードがすごく打ち易いので、それだけは気に入ってます。このポシュッ
って感じの打ち具合が、なんとも快感。

>アキさん
  そのアメリカのネット書評の制度、すごく面白い話ですね。日本にもあればいい
のになと思います。プロの書評とか読んでると(小説のことは言いますまい)、よ
くこんなんで金がもらえるよな・・・ってのが多く見られる一方で、とても鋭い書
評がネットに無造作に転がってたりします。システマティックで資本主義的な発想
だとは確かに思うんですが、もしそんな制度がちゃんとした形で日本にも適用され
れば、少なくとも今よりは日本の出版業界は公正になるような気もします。何より
も思うのは、文科系的才能に、もう少し金が支払われるべきだと思うのですよね。
そうでないと、100年後には小説なんてなくなっちゃうような気がします。

>きぬえさん
  本間さんが言われてるように、サーバーダウンの可能性が高いのですが、もしか
するとアドレスが違ったって可能性もあります。っていうのは、朝日新聞自身のサ
ーバーのアドレスが、最近(といってもかなり前ですが)かわったんですよ。僕も
「ああ、村上朝日堂なくなったのか・・・」と誤解したくちです。この本間さんの
ページからはちゃんとリンクを張られてるので、そこから行くことができますよ。

[3241]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/28 Fri 00:58:11
 今現在、灯油がポリタンク半分ほど余ってます。使い切るために、私の部屋の室
温は7月上旬並です。

◎Noriさんへ
 表現は、意味は通じたから大丈夫ですよ。映像メディア全盛期の今、本を読むと
いうだけで結構貴重ですし。
 「竜馬がゆく」ですか。私は司馬遼太郎、ほとんど読んでいません。何となく、
読むにはまだ早いかなと思って。ところで、その時代だと私は新撰組の方に肩入れ
してしまうのです。なんでだろう。東北人の血かも。
 野球の方は、ロッテファンとは渋いですね。ロッテは昔、川崎と宮城球場が両方
フランチャイズだった事もあって、こちらでも結構人気ありますよ。

◎☆さんへ
 直すのは数分で出来るから、なんてことないですよ。大丈夫です。
 ドラゴンズファンは、会社には一人しかいません。大体の反応は「何のゆかりも
ない名古屋のチームを応援する変な人」というものです。完全マイノリティです。
今欲しいCDは「応援歌’00」ですが、まだ出てないようですね。

◎きぬえさんへ
 すごく久しぶりでしたね。お元気でしたか? もちろん覚えていますよ。こちら
こそごぶさたしてました。
 ユリイカ増刊は私も買ったままほとんど読んでません。「神の」はさすがに一気
に読んでしまいましたが。仕事が終わった後にでも少しずつ楽しんで読まれて下さ
いね。で、その仕事が変わったんですか? 今度HPの方見に行ってみます。
 村上朝日堂の方は、去年の11月だったかに更新は終了しました。閉鎖にはなっ
てないですよ。ちゃんと見られます。朝日のサーバーが重かったせいでは?

◎アキさんへ
 お褒めの言葉、ありがとう。あれで村上初心者の助けになればいいのだけど。
 ミステリーは、読まずにやり過ごすのはあまりに惜しいですよ。私は元からミス
テリー好きだったというのもあるけれど(大抵の読書好き少年はポプラ社のミステ
リーを読むため)、いい小説が本当目白押しです。ラスト50ページを読んで、頭
の中の「?」がすっきりする瞬間のカタルシスは、他に得難いし。
 そのアメリカのシステムは面白いですね。私のとこにもバーナー広告収入のメー
ルがたまに来ますが、みんな色々な事を考えるものですね。

[3240] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/04/27 Thu 23:43:19
 こんばんは。私的ブックガイド良いです。そーか、春樹さんは
長編9本しか書いてないのか。スゴイ打率ですね。尊敬。
そしてミステリー編も参考になりました。私は自分はミステリーを
読まない(つーか嫌いな)人だと思っていたのですが、今の日本で
オモシロイ小説を探してミステリーは避けられないのね、と痛感し
ました。なんか切ない・・・。アメリカに、書評のHPを見て第三者が
その本を買ったらHPの管理人にコミッションが入るというシステムが
あるそうですが、それもスゴイですよね。夢あるようでナイ。


[3239] きぬえ さん(kinuewajima@pop07.odn.ne.jp) 2000/04/27 Thu 22:10:33
本間さん、覚えていますか?札幌で会ったきぬえです。
しばらくごぶさたしててごめんなさい。

ユリイカ増刊の「村上春樹を読む」をつい先日買いました。
まだ、ちょっとしか読んでないのですが。
「神の子どもたち〜」もまたなんとなくもったいなくって、
2編ぐらいしか読んでないのです(苦笑)
てか、今あんまり本を読めないシーズンらしくって・・・
仕事が変わったせいもあり、疲れてその気分になれなくて・・・
でも、今日ジョン・アーヴィングのサイダーハウスルール、買っちゃいました
(笑)最近、すごく好きなのです。春樹さんの影響でしょうか?

ところで、今日「夢のサーフシティー」もやっと買ったのですが、
HPはもう閉鎖になってるのですか?しばらくぶりに見たら見れませんでした。
どうも話題が遅くてゴメンナサイ。きっとかなり前に話題になってたのでしょうね
(苦笑)

[3238] ☆ さん(shiyaha@d1.dion.ne.jp) 2000/04/26 Wed 23:59:30
 本間さん!!すごい。尊敬。直しちゃうなんて。お手数かけました。
そちらにはドラゴンズファン友達はいないんですか?熱く語り合えるような。

[3237] ☆ さん(shiyaha@d1.dion.ne.jp) 2000/04/26 Wed 23:55:43
 本間さん!!すごい。直しちゃうなんて。お手数かけました。
そちらにはドラゴンズファン友達はいないんですか?熱く語り合えるような。

[3236] Nori さん(k.nori@cityfujisawa.ne.jp) 2000/04/26 Wed 12:34:09
 こんにちは。2回目の書き込みになります。前回の書き込みをした際に、「あん
まり本とか・・・」と書いていたのですが、あんまり感じの良い表現じゃないです
よね。すいませんでした。
 本間さん書き込みありがとうございます。私は今は学生をしてます。”突然分か
る事”、うーんなんとなくですが、分かる気がします。この前”竜馬がゆく”(高
校時代の愛読書でした)を読み直していた時に、以前より少しだけ作品の中に深く
入れたかな?って感じがしたんです。自分がいままで感じていた竜馬の魅力とはま
た少し違う魅力を発見したかな?って思ったんです。
 あとですね、私も某金持ち球団にはあまり好意的ではありません。(こんなこと
書いていいのかな・・・?)現在最下位爆走中!マリーンズのファンです。

[3235]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/25 Tue 23:24:14
 最下位争い第一ラウンドは勝ちました。3タテで5位浮上だ。

◎Noriさんへ
 はい、初めまして。
 今おいくつか分かりませんが、初めて読んだときは分からなかった事でも、様々
な知識と経験を得てから読むと、突然分かる事ってあります。村上作品がそのきっ
かけとなるといいのですが。
 「ダンス」のテンポの良さと登場人物の魅力は、他の作品よりも強いかもしれま
せん。私もぱらぱらと読み返してみる事がよくあります。

[3234] Nori さん(k.nori@cityfujisawa.ne.jp) 2000/04/24 Mon 23:39:38
こんばんわ。始めて書き込みをします。高校の時に「風の歌を聴け」を読んで以
来、村上作品のファンになりました。あんまり本とか読まないんですけど春樹さん
の本は面白いので結構頑張って読んでます。いままで読んだ中では”ダンス・ダン
ス・ダンス”が一番好きです。

[3233]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/23 Sun 23:55:55
 今日は福島競馬場へと出かけてきました。負けました。以上。

◎☆さんへ
 という訳で書き込みは直しておきました。直せば済む問題なので、気にせずどこ
どこ書き込んで下さい。
 椎名誠は昨日古いエッセイを読んだばかりなのでタイムリーでした。きっと来月
号の本の雑誌で、目黒さんの笹塚日記でその事が書かれるのでは。お楽しみに。し
かしあの人は社長はするし、山ほど本読んでいるし毎週競馬行っているし、凄い。
 声ですか。うーん、私は電話や人と会うとき、時々意識的に低くして遊んでいま
すが、確かに好きではないです。でも、その「もっと聞いていたい」という気持ち
は分かりますね。「スプートニク」での夜中の電話みたいなものかも。

[3232] ☆  さん(shiyaha@d1.dion.ne.jp) 2000/04/22 Sat 23:54:21
 今日、名古屋(ナディアパーク)で「本の雑誌と仲間たち」トークセッショ
ンというのがあり、友人(ヤノ)と、シーナさん大ファンの母親も連れて3人
で行ってきました。椎名誠、沢野ひとし、木村晋介、目黒孝二。4人いっぺん
にナマで見ちゃった!!シーナさん、カッコええわ〜!!声がステキだった。
 自慢する相手が周りにいないので、ここでさせてもらいました。すいませ
ん。観客は老若男女。(比較的、オバサン多し。うちの母親含め。)な〜んか
不思議な集団って感じでした。春樹ファンだったら若者が多いんかな。オバサ
ンファンはあまりいなさそうだけど・・・。
 ところで、「声」ってあまり言われないけど、人を好きになるとき私にはと
ても重要なポイントです。持って生まれたものなんだから、どうしようもない
んですけどね。心地よい声の人って、「もっと聞きたい」って思うし、電話や
会って話をする時も、その声で気持ちが安らいだり、幸せな気持ちになります
よね。でも、大抵の人は「自分の声が嫌い。」と言います。というか、「好き
」という人に会ったことないな。例えば森本レオは自分の声が好きなんかな。
そんな私も、自分の声は大っ嫌い。

[3231]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/21 Fri 23:34:14
 研修も来週で終わり。久しぶりに日勤ばかりは疲れます。

◎shokoさんへ
 気になったので、過去のメールなどを検索して思い出しました。本当に久しぶり
でしたね。もう卒業されたのですか? 司書の資格は取りましたか?
 それはさておき、池澤夏樹の長編の方の新刊を先日読みました。例によって南の
島物かなと思ったのですが、舞台はそうでもテーマが結構変わっていてびっくりで
す。週刊朝日でのエッセイはまだ連載しているのかな。
 佐々木マキさんのイラストは私も大好きで、今度壁にポスター飾ろうかと思って
いるのですが、なかなか見つかりません。残念です。しかし、最初に読んだのが、
「クリスマス」というのは珍しいですね。初めて聞きました。

[3230]shoko さん(sweetish@zb3.so-net.ne.jp) 2000/04/21 Fri 01:30:03
この間、久しぶりに(2年ぶりくらいかも・・・)
書き込みをして、覚えてますか?と書いたら、はぁなんとなく、
と言っていただいたしょうこです。(ちょっと残念)
こんばんは、おじゃまします。
池澤さんのエッセイ、「直子さんの散歩」に触発されて
今年も5月半ばの日曜日に、散歩を決行する予定です。
晴れますように。
ちなみにわたしが最初に出会った村上作品は、
羊男のクリスマス(中3)です。
佐々木マキさんのイラストがあまりに素敵だったので。
そして羊をめぐる冒険から村上さんの作品にはまっていったのでした。

[3229]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/18 Tue 23:35:40
 池澤夏樹7年振りの長編書き下ろしは、なかなか不思議な話でした。東野圭吾の
方は加賀刑事物短編集。新刊ラッシュは続きます。

◎アキさんへ
 私の電話に対する姿勢は既に書いたので割愛します。
 公共交通機関での携帯の使用はいろいろ言われてますが、ほんの一部分だけが聞
こえるため、その後どうなったか気になります。
 村上作品における電話では「ねじまき鳥」の方が威力は感じるかな。

◎ゆきこさんへ
 ようやく雪は消えましたか。2月に札幌行ったとき、吹雪で大変でした。
 ドーナツは実は10個買ってきたのです。久しぶりに食べたくなって、車でミス
タードーナッツまで行って買ったのですが、客のほとんどが若い子という店はやっ
ぱり居心地悪いですね。それはともかく、当分ドーナツは食べなくてもいいな。

[3228] ゆきこ さん(ohhiroki@d8.dion.ne.jp) 2000/04/18 Tue 18:03:26
積雪0となり、日陰にすこしだけ根性のある雪が残っている札幌です。
それにしても本間さん。いくらなんでもドーナツ7個はねえ・・うっ・・よだれが
でそう・・私はコーヒーと甘い物(特にケーキ)には目が無いのです。
一時期アップルパイを主食にしていたほどです。人の事は言えませんね。
コーヒーはもう中毒ですね。ごはんを食べながら飲んでます。
北海道に住んでいても生ものは苦手です。いくらやうになんかこの世になくても
いい・・!!!

[3227] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 2000/04/18 Tue 00:56:41
 こんばんは。電話の話題まだいいですか?
 私は電話好きです。基本的にオウチ派なので家で出来ることは
割りと好きです。あと電話は偶然じゃないトコロが愛しい。私に
かけたくてかけてくるワケですから。嫌な人には番号教えませんし
用がある時は出ないですしね。しかし居留守はよくない。反省。
但しK帯は嫌いです。気つかうし面倒くさい。と感じます。すごい
プライベートな事をバスとかで話してる人を見ると、どうかしてる
んじゃないかと思います。おもちゃとしてならイイですけどね。
「ダンス・・・」を読むと電話に威力を感じません?


[3226]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/16 Sun 23:41:02
 ふと思い立ってドーナツを7個食べたら胸焼けしました。

◎Fしろくんへ
 そういう友達を持つという事は確かに素敵な事ですが、電話を介在しないで直接
顔を見合わせていろいろ話した方が楽しいですよ。まあ好みでしょうけど。あくま
で電話は、その代替手段だと思います。

◎tbさんへ
 ふむ。じゃあ先物や布団クリーニングや、その他色々の勧誘電話が来ることもな
いんですね。それは羨ましい。
 ドラマはパート事に何年とテロップ入れて、切り替わってます。読むのではなく
耳から聞くと、子供時代でも大人の会話しているかもなと思わないこともないです
が、だからと言って、それが疵になっている事はないんですけどね。

◎ノザキさんへ
 携帯については、そういうものですか。
 仲間内でのコミュニケーションがどうこう、というのは確かにそういう面はある
でしょうね。ある程度経験を積むと、そういう点はなくなっていく傾向にあります
が、いい大人でもそのような手段しか取れない人は確実に増えてます。困ったもの
です。

◎まささんへ
 今日は天気良かったです。朝からあまり天気がいいと、仕事に行く気力がなくな
ってしまうので善し悪しなんですけどね(笑)。

[3225] まさ さん(m-tsuji@d8.dion.ne.jp) 2000/04/16 Sun 20:45:56
こんばんわ!
天気が悪いですね、明日は晴れるでしょうか?

何だか、電話の話で盛り上がっちゃいましたね。
>Fしろさん。
別に電話を悪者にしてるつもりはないんです。
私自信、長電話の経験は少なからずありますし(9時間はさすがにありません
が・・)
仕事の都合上、不本意ではあっても、携帯も持ってます。
ただ、ぶるーうさんが仰ってたように、静寂の中に突然割り込んでくる、あの呼び
出し音に、恐怖を感じるんです。
ただ、生活の中で電話のない生活は考えられないので、うまく折り合いをつけて生
活しています。(笑)

>tbさん。
春樹さん関係のHPで、別役さん好きに逢えるとは・・・
あの、回りくどくて真綿で首を締めるように、笑わせながら確信に迫っていく所な
んて、上手いなぁ〜っと尊敬してます。
私は「天才ばかボンのパパなのだ」「眠れる森の美女」あたりなんてお気に入りで
す。



[3224] ノザキ さん(n_yuki@d5,dion,ne,jp) 2000/04/16 Sun 20:13:51
電話の話題みたいですね。
私の電話についての悩みは・・・・
最近、携帯の機種変更をしてから
着信がゴッソリと減ってしまいました。
1日かかってこないってことも・・・
これって、女の子にとってはやはり淋しい
ものですよね。
確か、村上龍さんだったかな(?)
日本はパソコンよりも携帯電話の方が
爆発的に普及した。日本人は他人との
コミュニケーションより仲間内での
コミュニケーションの方を大事にしている。
(多分こんな事だったと思います。
 すみません、良く思い出せない・・・)
これって、良いのか悪いのか?
でも、これってすごく分かる!
まさに、今の私!ですね。
チョット、悲しいですね。

今日の、玄界灘の夕日はとっても
綺麗でした。
今週は良いことがあるといいけどな。
良くない事って、続きますね。

[3223]tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/04/16 Sun 01:47:22
  次から次へと出てくる知らない単語に、なんだか自分がすごく物を知らない
人間であるとそのたびに宣告されてるようで、ちょっと悲しいです。はぁ。

  電話ですが、僕はけっこう好きです。電話番号は、まず好きな人間にしか教
えていないし、僕の好き嫌いの基準はかなり厳しいので、その数もものすごく
少ないです。かかってくることは滅多に無いですし、かかってきたときはその
分、そういう好きな人々からの連絡なので、嬉しいものです。実家の電話には
100%出ないし、僕の部屋まではその音は届かないので、普通の電話に何か時間
を邪魔されるようなこともありません。電話、特に携帯電話というのは、それ
を使うということが重要なんじゃなく、自分がいつでも誰か好きな人と繋がっ
ている、連絡が取れるという、その安心感が心地よいからだ、誰か忘れました
が、そんなことを言ってました。僕もそう思います。僕の月額の携帯の通話料
は、200円を越えることはないので、ほとんど使ってないと言っていいでしょ
う。でも、それを持っているということは、自分が誰かと繋がっているという
証拠だし、その証拠がもたらすささやかな安心は、害も勿論あるけれど、手放
しがたい物の様に思います。
  結局何でも、使い方次第なのでしょうね。

>本間さん
  リンクはいつでもけっこうですよ。今回のページは、あんまり刺激的ではな
いので、のんびりやっていくつもりなんです(笑)
  ところで、永遠の仔、観られましたかぁ〜。僕は案の定見忘れました。そし
て、ドラマは一回目を見逃すと、もうその後は見る気を失うものなので、今後
も見ないでしょうね(笑)。残念です。しかし、いったいあのドラマ、どうい
う構成でやるんだろうなあ・・・

>まささん
  上に書いたことは書いたこととして、別役実の言ってることには、僕も肯く
ことが多いです。あのよく考えると力技以外の何物でもない論理の展開は、笑
えますよね。『電信柱のある宇宙』が、個人的に好きです。

[3222]Fしろくん。 さん(6may@rinku.or.jp) 2000/04/16 Sun 01:14:29
 こんばんは。私も社会人になるまで携帯電話もたなかったですよ。それにあの
呼び出し音がキライなのでいつもサイレントにして気がつかなかったり。

私も電話嫌いですが幼なじみとは最長9時間という長電話記録をもってます。
家もほんの近所なのに。修学旅行の夜のような気分で、日常生活では話さない
ようないろんなことを二人だけの世界で共有するのです。耳が熱くなり、ます
ます話に熱が入り、部屋の中の空気がどんどん濃密になっていきます。気がつ
けば朝。そして二人で笑います。

そういう友人を持つ、というのはとても素敵な事だと思います。
だから電話さんを悪者にしないであげてください。(笑)
それにしても9時間は長すぎ。(笑)自宅の電話だったのでどうにかなりまし
たが。携帯での長電話は後の請求に泣きますよね。ご用心。


[3221]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/15 Sat 23:45:10
 ブロードキャストに出てくるプリンちゃんは日本で一番怪しい犬だ。今日は見て
ないけど。

◎まささんへ
 ある程度の音量やメロディーは変えられるとはいえ、あと30ページで読み終わ
る一番いい時や、映画のラストシーンを見ている時などに電話がかかってくると、
苛立ちのあまり、出ない事にしています。
 もちろん便利な点もあるのですが、不便な点も多いですよね。

◎ぶるーうさんへ
 CADを使わなくてもVISIOで何とかなりますよ、多分。いつのまにかアス
キーからマイクロソフトに販売元変わっているのが不思議ですが。
 さて、こちらは携帯も嫌いなのですか。私も一昔前まではそうだったのですが、
便利さに負けて買ってしまいました。でも持って歩かない時もあります。ついでに
時計もしてません。あまりそういう物に束縛されたくはないですね。

[3220]ぶるーう さん(horiyus@cocoa.plala.or.jp) 2000/04/15 Sat 23:32:03
 こんばんは。実験報告書作成の為に慣れないCADを3時間ほどいじくってたら、
何故だか知らないけど吐き気がもよおしてきた、ぶるーうです。ああ、気持ち悪
い・・・。

(電話について)
 電話についての話題が出てきたので、僕も一言書かせていただきますね。
 僕もはっきり言って、電話は苦手です。いや、苦手というよりは、はっきり言っ
て、嫌いです(苦笑)。まささんもおっしゃってましたが、何故だか僕も小さな頃から
電話に関しては全くいいイメージを持っておりません。突然電話のベルが鳴ったとき
のあの独特の緊張感がきっと生理的に駄目なんだと思います。
 というわけで、僕は未だに携帯電話を持っておりませんし、これから持つつもり
もありません。
 電子メールなら、電話のように押し付けがましくないので、いくらでも連絡でき
るのですけどね。

[3219] まさ さん(m-tsuji@d8.dion.ne.jp) 2000/04/15 Sat 09:37:33
こんにちは!

電話が苦手!という話で一言・・・
実は私は大の電話嫌いなんです。(女としは珍しい?)
子供の頃、1人で留守番をしていて電話のベルがなると、押し入れに隠れて鳴り終
わるまで、じっと隠れている子でした。
何が嫌いって事は自分でもわからないのですが・・・

別役実さんのエッセイの中で、こんな事が書かれていました。
「会社を定年退職した男が、それまでは何ともなかったのに、急に電話のベルが怖
くなった。電話とは自分の生活の中に唐突に外部から何の予告もなしに、土足で入
り込んでくるから」
読んで、確かにそうかもしれないと思いました。
私の電話嫌いが、当てはまるかは解りませんが?

今日は朝から、すごい雷がなってます・・・


[3218]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/14 Fri 23:52:51
 しかしドラゴンズは不甲斐ない。

◎まささんへ
 「永遠の仔」は奈緒役の石田ゆり子がはまってますね。映像は人間の想像力には
及ぶはずはないのですが、私のイメージ的には凄く近かったです。私は過去のパー
トの方が好きなのだけど、これからあんなシーンやこんなシーンが出てくると思う
と、今からはらはらです。
 デビット・リンチは詳しくないのでコメント出来ません。ごめんなさい。

◎かたつむりさんへ
 いや、そうでもないですよ。語る人というのは性別よりも性格でしょう。「私は
正しい。周りが間違ってるんだ」「僕はこんな所にいる人間じゃないんだ」、要は
この2点を様々な言葉で話す人が多いです。もう少し考えて話せばいいのにね。楽
しい話ならどれだけ話されても歓迎なのですが。
 電話は顔が見えないから苦手です。

◎ゆきこさんへ
 札幌にお住まいですか。冬が長い分、春が来たときの喜びはひとしおでしょう。
ジンギスカンでも食べながら、存分に花見してくださいね。
 春といえば「4月のある晴れた朝に・・・」も春の話ですね。女の子が一番綺麗
に見える季節かも。

[3217] ゆきこ さん(ohhiroki@d8.dion.ne.jp) 2000/04/14 Fri 18:35:10
本間さん、書き込みありがとう。
私は札幌に住んでいるのですが、桜が早く見たいですねー
今日はやっと春らしい1日となりました。外を歩いているとなんだかねむーくなっ
てしまいそうな・・やっぱり春が1番好きですねー北国だからなおさらかしら?
元気をくれる季節です。お酒はダメですがお花見したいべさー*

[3216]かたつむり さん(mieko@louis.nasu-web.or.jp) 2000/04/14 Fri 13:22:09
タイトルをネームに入れてしまいました。
間違えてすみません。
このページにいらっしゃる方々、
私は、ドジなかたつむりです。
本間さんごめんなさい。
皆さん、これからも宜しくお願いします。

[3215]本間さん電話好きではないですか? さん(mieko@louis.nasu-web.or.jp) 2000/04/14 Fri 13:19:43
女の人って凄くお喋りですよね。
男性は、聞く一方ではないでしょうか?
私は、大勢で集まったりするときは、
ほとんど喋りません。
話そうと思っているうちに、
次の話題になってしまっているので。
また、私の話はそんなに面白くないと思います。
女性がたくさん集まるときの話題とは、
少しズレがあるみたいなんです。
私が一言話し出すと、皆の方がテンションが高くなっているので、
話を横取りされて、おしまい。
でも、私は、聞くのが好きなので、
横取りされるのが嬉しいんです。
「コイツはバカだから喋らせちゃダメ」
と言われるのも、案外好きです。
でも、電話は、一対一なので長く話すんです。

[3214] まさ さん(m-tsuji@d8.dion.ne.jp) 2000/04/14 Fri 02:13:41
こんばんわ!
春眠暁を覚えずなのか?最近きづくとうたた寝をしています。

「永遠の仔」のドラマ見ました。
本当に結構原作に近くて、これからが楽しみになりました。
過去の出来事と現在をどういう風にオーバーラップしていくのか?
久しぶりに楽しみにドラマを見ようと思います。

ところで、先日デビット・リンチ監督の「ストレイト・ストーリー」を観て来まし
た。
リンチ監督の映画は好きだったのですが、今までにない作風と聞いていたので
「どんなもんかな?」と思っていたのですが、
すごく良かった。
確かに、今までのリンチ監督の独特の狂気の世界や暴力はないのですが、
リンチ的な愛がしっかりと語られていて、タンタンとした映画ですが、見ごたえの
ある映画でした。
私の超ド級オススメ映画です。
何だか、ほんわか興奮しているので、ついつい書き込んでしまいました。

春になっていい気にうたた寝をしているものだから、何だか風邪をひいたみたで
す。
喉が痛い・・・

[3213]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/13 Thu 23:25:44
 半分まで部屋の掃除をしたところで挫折しました。もう収納スペースが限界。

◎tbさんへ
 私も久しぶりにドラマ見ましたよ、「永遠の仔」。わりと原作に忠実に作られて
いたため、この先のストーリーを思い出してすっかり涙ぐんでしまいました。私的
には中谷美紀以外は概ねOK。リンクは今日するの忘れたのでもう少し待ってね。
 なお、去年からこのホームページを見て下さった方は分かると思いますが、様々
なとこで私が推していた小説のドラマ化です。ドラマは見なくても小説の方はぜひ
読んでみて下さい。

◎かたつむりさんへ
 そういう時、というのは「小さく感じられました」という文章に係っているとは
思うのですが、飲みに行って夜中の3時という事ならよくあります。長電話する事
は今ではほとんどありません。あまり好きじゃないですし、電話。
 雷鳴などの音で、相対的に全ての音が小さく感じられるというのは分かります。
奇妙な体験ですよね。

◎しなのさんへ
 本当にぽかぽか暖かいと眠くなりますよね。昼ご飯食べた後の3時頃が一番辛い
です。仕事中に眠れたらさぞかし気持ちいい事でしょう。
 「アンダーグラウンド」は、そうですね、自分の中での距離感が計れる本です。
様々な物事に対しての。

◎ゆきこさんへ
 初めまして。
 20年は長いですね。その年に生まれた子が成人する程ですから。様々な理由か
ら作風も色々変わってきていますが、やっぱり村上さんだな、と何を読んでも思い
ます。新作長編も楽しみですよね。

[3212] ゆきこ さん(ohhiroki@d8.dion.ne.jp) 2000/04/13 Thu 17:25:22
初めまして。ファン暦20年になります。(けっこう長い?)
春樹さんが大好きです。なんていうか・・・感覚的に同じものがあるような
気がして・・・お話してみたくなります。ほとんどの本は読んでいます。

[3211] しなの さん(shinano@ppp.fastnet.ne.jp) 2000/04/13 Thu 10:54:34
いいお天気ですが、眠くなります。桜も見頃をすぎて
いくのに、まだ花粉が飛んでいるそうで、私の周りは
辛そうです。
花粉の方どうぞ、お大事になさってください。

友人からアンダーグラウンドを借りましたが、
まだ踏み込んでいません。考えてしまいそうです。

ではでは。

[3210]かたつむり さん(mieko@louis.nasu-web.or.jp) 2000/04/12 Wed 00:55:32
夕べは、雷が鳴り横殴りの雨が降りました。
友人とレストランで食事をしていて、
外の様子を見る度に帰るに帰れなくて、
とうとう、夜中の3時になってしまいました。
それから、結局、大雨の中を走り出て、
車に乗り込んだので、ずぶ濡れになりました。
こんなことだったら、もっと早く店をでれば良かったねと、
互いの車の中から、携帯で話しつづけ、
家に着いたときも、玄関のドアを開けたときも、
鍵を閉めたときも、部屋のドアを開けて、
CDを掛け、キッチンでコーヒーを沸かしながらも、
ずうっと話していました。
それで、結局5時になりました。
明日は、7時に起きなくちゃならないの・・こんなこと
だったら、時間を決めて話していれば良かったね。と、
また、話し込みそうになったので、
お互いに、お風呂に入ろうと言い合って、やっと電話を
切りました。可笑しかったのは、
お風呂に入っていても、彼女と一緒にいるような気持ちがすること
です。彼女が入浴剤を使っているのかどうかわからないのですが、
私と同じ、ミルクの入浴剤を入れているような、
または、ストロベリーの入浴剤を入れたら、匂い消しゴムの
匂いがすると言っているような気がしました。
外は、大雨。自分の部屋が耳鳴りのように小さく
感じられました。
そういうときってありませんか?


[3209]tb さん(takahirob@sannet.ne.jp) 2000/04/10 Mon 19:31:38
  どうやら今日から『永遠の仔』をテレビの連ドラでやるみたいですね。中谷
美樹(漢字これだっけ?)というのは、なかなかいかした配役だと思いました
が、どんなドラマになるのでしょうか。観たいんだけれど・・・多分忘れるだ
ろうなあ。

  今日新天地で授業を受けてきました。朝から夕方まで全部英語というのは、
さすがにちょっときついものがあります。右脳のあたりがじんじんしてます。
今いる校舎は、一回生と二回生が殆どなので、浮いてないか心配なのですが、
言わないとどうやらわからないらしく、ちょっと自信が出たりして。むふ。

>本間さん
  快くリンクを承諾してくださってありがとう。そちらからのリンクはいつで
も構いませんので、よろしくお願いいたします。
  ところで隠してましたが僕もNNユーザーなのです。嗚呼、言ってしまった。

>ユキさん
  僕もハリポタを外で読むのはちょっとだけ恥ずかしかったりしますので、主
に家で読む仕儀と、相成りました。なんか口語英語が出てくるので、ちょっと
会話が読みづらいんですが、面白いですよね、ほんと。
  ところで、ユキさんは古語が流行ってらっしゃるらしいですが、僕は最近、
英語の直訳にはまってます。それゆえに、しばしば日本語が奇妙になることも
ありえます。あなたはどのようですか?

[3208]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/09 Sun 00:05:43
 うーん、特にネタはないです。

◎たかしさんへ
 英語のホームページは、翻訳ソフトを使うとアウトラインが掴みやすくなります
よ。各社から何千円かで出てますし、手軽に読めるのがいいところです。楽しんで
下さいね。

◎ユキさんへ
 今日は会社で最初と最後だけ見てました。石井もあれじゃ可哀想。打ち取ってい
たのに。まあ、まだまだこれからですよ。
 夜桜もライトアップされていると綺麗ですよね。しかし何も古語で対抗しなくて
もいいような気はしますが(笑)。

◎ひろさんへ
 はい、初めまして。
 ギャグというか、あのユーモア感覚は独特ですよね。ふとした描写にもすごく凝
っている表現が使われている辺りが、私も好きです。
 変わっていく事に関してはそうでしょうね。同じ所に留まっている事はないでし
ょうし。

◎オザキさんへ
 集客力なら、その隣にある黄色いビルも凄いよ。日本一の集客力を誇るジャンル
ですしね。
 中日は川上が戻るまでの辛抱です。ディンゴも当たってきたし、これからです。

◎ちあきさんへ
 何にせよ目的があるという事はいい事です。その資格獲得のために頑張って下さ
いね。達成された時の開放感は努力に比例するでしょうし。
 気楽に読めるという点では短編集もいいと思いますよ。私なら「カンガルー日和
」をお勧めいたします。眠れない夜などによく読んでます。

[3207] ちあき さん(mastupn@d8.dion.ne.jp) 2000/04/08 Sat 23:24:55
こんばんは。
就職活動をせず、資格獲得のためにかなり
いそがしく過ごしているので、
電車の中とか、本を読んでる人うらやましいです。
だから、ぽけーっと読める
朝日堂なんかはもちあるいてますけど。
春なのに、のんびりできないなんて!!!
ねじまき鳥クロニクルでもよみなおして、
わたしも井戸のなかにはいってしまいたい・・
とほほ。

[3206] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 2000/04/08 Sat 23:22:45
おひさしぶりです。
あまりにも桜が綺麗なのでプロレスを観にいってしまいました。
小橋は強かったです。ノーフィアーの試合では年齢を忘れて叫びまくってました。
・・・自分勝手な書きこみですみません(笑)

後楽園ホールに観にいったのですが、行きも帰りも東京ドームの大観衆に飲み込ま
れました。かたや上原の登板する土曜日の巨人戦5万人、かたや全日本プロレス2000
人。
僕らは超少数派だったようです。同じ日テレ放送で、チケットはプロレスの方が高
いのに(笑)

>本間さん
 ドラゴンズはこれからです!
 巨○なんかには優勝させません!(笑)


[3205] ひろ さん(o-hiroyu@ms.aist-nara.ac.jp) 2000/04/08 Sat 22:34:57
はじめまして、ひろです。
今、読み残してた蜂蜜パイ読み終えました。
途中の、今日のすき焼きは牛肉的展望に欠ける
に爆笑してしまいました.
春樹ギャグは健在だなって思いました。
そして、とても幸せな結末に
良い意味で、村上春樹はまだまだ変わっていくなと思いました。
俺はとても好きな短編です。


[3204] ユキ さん(shinamon@fj8.so-net.or.jp) 2000/04/08 Sat 22:07:38
 特定のチームのファンでいるという事は、当然楽しい事もある訳です。
すいません本間さん。えへへ。ま、明日はどうなるか解らないですが。

 昨日大学の近くで花見をしました。泡盛ばっかり呑んでしまい
朝はさすがにつらかったです。夜桜もまた良いものですね。
隣の団体が英語関係のサークルかなにかで、英語まじりで談笑しており
我々は古語(「いとおかし」とか)と方言で対抗したのでした。

 今はハリーポッターをペーパーバックでちまちま読んでます。
ただ、電車の中で表紙を見られるのを少し恥ずかしいと感じてしまうのが
自分でもよくわからないのですが。

[3203] たかし さん(t-m@wj8.so-net.ne.jp) 2000/04/08 Sat 12:31:53
2回目の書き込みです。本間さんコメントありがとうございます。
昨日は、レイモンド・カーヴァーとフィッツジェラルドのHPを
見ることができました。全部英語で、手元に辞書もなく、なんとなくしか
わかりませんでしたが、楽しめました。
ではまた。
あっ、ERってすごく面白いですよね。ビデオで全部見ました。
ジョージ・クルーニーがかっこいいです。

[3202]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 2000/04/08 Sat 00:26:47
 火曜日は盛岡出張。冷麺でも食べてこよう。

◎かたつむりさんへ
 読了されましたか。どの短編が気に入りましたか? その人の抱えている事情に
よって好きな短編というのは変わるので、面白いです。
 アンアンは立ち読みしようと思っても、いつのまにか次の号が出ているのでなか
なか読めません。個人的には週間朝日の方が良かったかな。

◎ももさんへ
 私はいつも出がけにえさ上げるので、遊ぶのは数分かな。
 遅刻はそれはそうなんだろうけど、早く始めれば早く終わるのでは?
 引用は当たり。私は読書家の人の言葉が好きなんです。やはり言葉に重みがある
し。現実は誠実に生きてますってば。知ってるくせに(笑)。

◎ぴんがさんへ
 はい、初めまして。
 やはり検索エンジン経由でここに辿り着く方は多いのでしょうね。様々なサイト
がありますから、ここも含めていろいろ見て回って下さいね。
 「突撃隊」ですか。今頃はどうしているんでしょうね。その後が気になります。

◎tbさんへ
 ホームページ見てみました。シンプルなトップページですね。私はNNですが、
ちゃんと見られましたよ。あと、思っているよりNNユーザーというのは多いので
す。
 そうかあ、いろいろあったんですね。リンクは一向に構いませんよ。こちらから
もまたしましょうか?

◎Fしろくんへ
 ソメイヨシノは北海道を除く小学校のほとんどに植えられているそうです。昭和
初期にぱっと咲いてぱっと散るのが潔いという事で採用されたようです。
 私の会社も新入社員が入ってきました。私も異動して1年目なので、彼らには負
けないようにしたいと思う所存でございます。HPはまた見に行きますね。

◎まささんへ
 早朝出勤が終わったんですね。お疲れさまでした。
 私は天気がいいと徒歩、悪いか二日酔いだとバス通勤なのですが、通勤途中で桜
の花を見かけます。春ですね。
 「永遠の仔」の話は初耳です。今月からですか? うーん、心理描写が多い小説
の映像化は難しいんですけどね。気になるので一回は見てみます。

[3201] まさ さん(m-tsuji@d8.dion.ne.jp) 2000/04/07 Fri 23:29:50
こんばんは!
今日で早朝仕事も終わりホッとしています。
これでまた、宵っ張りの生活が戻ってくるわけです。
この方が私にはあっている。

私も通勤途中に花見をしています。
自転車通勤なので、ずっと桜並木の下を通っています。
この季節は本当に綺麗ですよ。
とくに桜吹雪の中を自転車で走るのは、夢の中の光景のようです。
ただ、夏になると毛虫との闘いですが・・・

ところで四月からの連ドラで「永遠の仔」をやるんですよね。
あの小説がドラマになるのってどんなんだろうと、少し期待してるんですが。
あの痛いほどの感情を表現できるのでしょうか?