現在の掲示板へ戻る

[2800] Fしろくん。 さん(6may@rinku.or.jp) 1999/12/15 Wed 00:46:33
三角の眼をしたもぐらが私の部屋のフローリングを突き破って、部屋をめちゃ
くちゃにして行きました...。

ごめんなさい。意地悪な竜巻きも、あまりの部屋の散らかりようを誰かのせい
にしたかっただけです。(笑)友人達の間ではこれが私の口癖になっている
で...。
わかりにくかったですね。反省。

のりこさんのスカートをはいた竜巻き、この推理は素敵ですね。面白かったで
す。残念ながら私の場合、ごくごく自然に部屋というものが滅茶苦茶になって
しまうみたいです。しくしく。汚いなあ.....。片付けよう。

昨日は会社の人と、真夜中の鍋パーティを決行したので、今日は一日、何も食
べれませんでした。結局、夜中の1時くらいから食べはじめ、5時までダンス
ダンスレボリューションをして....。今日は一日寝てました。

(本間さん、のりこさん)
昨日はいきなり落ちちゃってすいませんでした。
またお話しましょう。ではでは。


[2799] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 1999/12/14 Tue 23:49:31
こんばんわ。
サーバーのLANアダブタが見つからなくて、すっかりはまってしまって帰れない
@ういすけです。

ただそれだけ。
くやしいから

[2798]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/12/14 Tue 23:31:09
 明日にでも雪が降りそうな寒さです。ぶるぶる。

◎ももさんへ
 うーん、どうだろう。変わったかもしれないし、何も変わらないかもしれない。
ただ、既に起こってしまった事から何かを学び取るのは、現在生きている私たちの
役目です。
 それぞれ読まれた方は様々な読後感があることでしょうね。

◎漢方さんへ
 その文章は私も何かで目にした記憶はあるのですが、小説ならともかく、その他
の文章は媒体まで覚えていないのです。「若い読者のための・・・」辺りが怪しい
かもしれません。
 大江健三郎に関しては詳しくないので分かりません。

◎ぶるーうさんへ
 私の車のCDチェンジャーは10枚入るのですが、ビートルズとクイーンはいつ
も入ってますよ。夕方辺りに聞くといい感じです。名作に関しては自分で判断すれ
ばいい事ですので、特に名前にとらわれる事はないでしょう。
 Y2K問題は私たち現場の人間が日付を変えて何回かテストしてます。よって私
は大した事起きない説ですが、まあ準備するのはいい事でしょうね。

◎アキさんへ
 その寒い所に住んでいる私たちから見ても、北海道や北東北はさらに寒そうなの
です。一般的に雪が積もらない太平洋側は、それでも楽ですよ。
 記憶というのは小説のテーマになりやすいため、最近読んだ短編にもある記憶が
欠落した主人公の話がありました。でも結構忘れているものですよ。

[2797] アキ さん(aki‐room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/12/14 Tue 23:12:53
こんばんは。最近トップの一言を見るにつけ「本間さんは寒いところに住んでるん
だなあ」とツクヅク思います。私なんて雪降るとウキウキです。(雪国の方、ゴメ
ンナサイ)。 バトル・・・の後遺症で頭がくにゃくにゃなので、揺り戻すために
「ノルウェイの森」を読んだのですが更にぐるぐるになってしまいました。うぅ。
でも読んでて改めて思ったのですが、私は本格的になにかを忘れた事ってまだない
な、と思いました。良いか悪いかはさておき、そうだと思いました。

[2796] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/12/14 Tue 08:42:40
  おはようございます。2日ほど前から2000年問題に備えていろいろ準備して
いる、心配性のぶるーうです。

 とつぜんですが、世間一般で言われている「名作」を意図的に避けるのってあん
まり良くないですよね。最近それをつくづく痛感した出来事があったのでお知らせ
します。
 じつはつい先日ビートルズの「アビイ・ロード」を買ったんです(CDの話で申
しわけないです)。「アビイ・ロード」と言えばもうビートルズの作品の中でも名
作中の名作と言われてるアルバムです。
 僕は普段はだいたい「名作」という言葉を聞くと結構うんざりして、気持ちが反
対方向に向いてしまうたちなのですが、何故かふとした勢いで「アビイ・ロード」
を買ってしまいました。
 そして家に帰って聴いてみたら、もう1曲目の「カム・トゥゲザー」から最後の
曲「ハー・マジェスティ」まで、それこそ金縛りのようになって夢中で聴いてしま
いました。あっという間の45分間でした。
 うーん。こういう事ってあるんですねえ。先入観って恐いですねえ。なにに関し
てもそうですけど、食わず嫌いってのは人生におけるひとつの落とし穴ですね。反
省。

(2000年問題について)
 みなさんもいろいろ準備されると良いかと思います。電力会社は今年の年末(と
くに大晦日)に「どれだけの電力を供給すれば良いか」というラインを予想するの
が難しいのだそうです。例年ならば年末の電力需要量を過去のデータから予想して
問題なく供給できるのですが、今年はなにしろ「2000年問題」の影響で電力需
要量が一気に減る可能性があるからです。需要にたいして供給量があまりにも大き
いと一種の「パンク状態」になって、ぷつんといってしまう可能性があります。ま
あ、電力会社側としてもいろいろと対策は練っているのでしょうけど、万が一にも
何かあるとまずいので、やはり最低限の準備はしておいたほうが、のんびりと落ち
着いて本でも読みながら正月を迎えられるのではないかと思います。
 我々本読み族としては、忘れずに読書用のろうそくを何本か買っておきましょう
ね(笑)。

(ういすけさんへ)
 ダスタエフスキイさんの「カラマーゾフの兄弟」は、僕は上巻の最後のあたりで
挫折しました。どうやらあの小説を最後まで読破するにはちょっと体力が足りな
かったようです。考えてみると、「読む」より「書く」ほうが何百倍も体力がいる
と思うので、やはりダスタエフスキイさんはただものじゃないです。
 同じく大長編のロシア小説「アンナ・カレーニナ」は途中ちょこちょこと、ほの
ぼのとしたシーンがあったので読みつづけられたのですが(妻の出産のときの
リョーヴィンの慌てようといったら、今思い出しても大爆笑です)、「カラマーゾ
フ」はトーンが一定していて、なかなかきついものがありました。まあ、老後の楽
しみにでもとっておこうと今は本棚の隅っこに収まっています。


[2795] 漢方 さん(ayumu777@d1.dion.ne.jp) 1999/12/14 Tue 00:55:56
文字ばけ、すいません。

こんにちは、はじめてお邪魔します。
実は,質問があります。
村上春樹さんのエッセイで「なぜ小説は、ノンフィクションより力を持つか?」
といった、内容のものがあったと記憶しているんですが
どうしてもどの本に収録されていたか思い出せません。
たしか、ヘミングウェイを例にとって、
「テレビの何とかスペシャル」と同じスタンスではないか。
と書いてられたと記憶しています。

また、同じような内容で大江健三郎さんも
物語が力を持つ理由について書かれていたかと思います。
こっちは、ティム・オブライエンの「小説のたくらみ」や
「村上春樹的アメリカ小説ブームの前に・・・(小説家の名前)的
ブームが来てほしかった、とかいった内容の書かれた本でした。

どちらかの本について知っている方がいらっしゃいましたら
教えてくださいませんか?

長い文でスイマセン。

[2794] 漢方 さん(ayumu777@d1.dion.ne.jp) 1999/12/13 Mon 23:46:19
O?¨YE

[2793] もも さん(vitamin@c.email.ne.jp) 1999/12/13 Mon 20:01:41
「心臓を貫かれて」読み終えました。
ふーーーーっとため息ついちゃうお話でした。
愛や憎しみがもたらすエネルギーの暴走に引きずられていってしまうのは
悲しいですね。もしこの兄弟の中に一人でも女の子がいたなら、なにかが
変わっていたのでしょうか?

▼のたさん▼
定時で帰れるのなら、なにも名古屋市民にならなくてもいいのに(笑)
さすがに2時間は辛くなってきたのですか?


[2792]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/12/13 Mon 08:11:12
 昨日忘年会だったのですが、飲むと次の日は生理的に早起きする事になります。
それにしても今朝は寒い。

◎オザキさんへ
 私の新年は例によって飲み会からかな。2日、3日と飲み会です。
 リクルートスーツはどの店もフェアしてましたよ。オークションでは見なかった
けど、探してみたら?
 「テロルの決算」は山口音矢少年の話ですよね。私も好きな一冊です。

◎のたへ
 いい物件見つかるといいね。くれぐれもエアコン付きの部屋を選ぶように。
 幻魔は懐かしいな。そういえば集英社から復刊されているね。その後真幻魔とい
うのに続くんだけど、それも復刊されるのかな。そういえばウルフガイもハルキ文
庫か何かで復刊されてたね。

◎もし僕らのことばが・・・
 に影響された訳でもないのですが、昨夜はウィスキーを飲んできました。まあい
つも3軒目以降は飲むんだけど。美味しいなあ、ウィスキー。

[2791] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/12/13 Mon 00:17:20
明日は会社帰りに不動産屋さんに寄ってきます。
目指せ名古屋市民,通勤時間2時間脱出。(涙)

>本間さん
最近,平井和正の「幻魔大戦」を読んでます。(完全版とかいうやつ)
元が出版された時代が時代なんで,ちょっとアレなところもありますが,
なかなか良いです。

ときに,平井和正といえばなんといってもウルフガイシリーズなのですが,
「月光魔術團」読んだときはショックだったなぁ。
ウルフガイが大好きだっただけに,余計に。
早くコッチの世界に戻ってきてくんないかな 平井和正。

>アキさん
「検索」に反応してしまいました。(笑)
そういうとき私は,司書を利用しちゃいます。
彼らもプロなので,必ずや探し出してくれることでしょう。
こういった業務への対応は,図書館の質の判断基準にもなります。
(イヤな利用者だな>自分)

「バトル・ロワイヤル」自体は,わたし的には肯定です。
もっとも,本間さんもよく仰っているのですが小説は極々個人的な体験
なので,わたしが肯定したからってどうなるもんでもないんですけどねー。
結局,読んだ人が読みとりたいモノを読みとればいいんだろうな。うん。

ただ,他人の思惑でわたしが読む本を奪われるのだけは我慢できません。
わたしの許可なしにそんなことはさせんぞ。

[2790]オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/12/12 Sun 19:37:15
「バトル・ロワイアル」に反応してしまいました。あの小説の前書きにもある通
り、バトルロイヤルというプロレスの試合形式からその名前を取っています。いろ
んな選手がリングに上がり、無差別的に勝ち抜いていくやつです。
1月2日に全日本プロレスを見にいくのですが、新春バトルロイヤルが予定されてい
ます。全日のバトルロイヤルは生で初めてみるので楽しみです。わーい。頑張れ大
森。頑張れ高山。

という風に、僕の新年はプロレスで始まる予定です。さすがミレニアム。翌日から
はスキー。でもボードばかりやってそう。
その前に今年中にやらねばならないことも山積みです。忘年会。空っぽの頭を絞っ
て芸を考えています。今週土曜から3連荘です。親の3本場。リクルートスーツも買
わにゃならんし、どこまで貯金が耐えてくれるか心配です。YAHOOオークションでリ
クルートスーツがでてませんか?

「バトル・ロワイアル」は僕も肯定派です。面白いからOK。
今は沢木耕太郎の「テロルの決算」を読んでいます。さすがは沢木さんで、とても
面白いです。村上さんの奥さんが沢木さんのファンと聞いて嬉しいです。
でも悲しいのは「テロルの決算」を読んでしまうと、彼の著作は全て既読となって
しまうことです。あと10作くらい読んでいないのがあるといいのになー。
おすすめはやはり「深夜特急」。定説です。


[2789]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/12/12 Sun 10:18:39
 今日は新聞休刊日で休み。昨夜は粉雪だったけど、今朝は気持ちのいい天気。

◎ういすけさんへ
 相変わらず仕事大変そうですね。要領を覚えて息抜きしつつ頑張って下さいね。
 仙台忘年会もそろそろ企画しますので、その時はぜひ。
 「カラマーゾフの兄弟」は読もうとした事すらありません。長いのは好きなのだ
けど。頑張って完読して下さいね。

◎アキさんへ
 うん、私もその小説については肯定派です。小説のテーマや言論には規制をかけ
るべきではないというのが私のスタンスなので。ちなみに私は「ザ・サードマン」
の三村がお気に入りでした。
 検索は一文字違ってもだめだけど、かといって違う本が表示されても困りますよ
ね。その辺りが難しいところです。

[2788] アキ さん(aki‐room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/12/12 Sun 00:52:47
本間さん>ご面倒おかけしました。掲示板復帰です。

「バトル・ロワイアル」読了。2日で。うぅースゴイ小説でしたー。
人間はこの小説が好きな人と嫌いな人のどっちかに別れるでしょうね。賛成とか
そういうコトじゃなくて。私はちょっと泣きましたけどね。
ところで、図書館とかで検索してもズッと「ありません」で何でだ?と思ってた
のですが、やっと分かりました。『バトル・ロワイヤル』っていれてました。
でもねー、分かるでしょー、そのくらいー、機械よーって感じです。私がダメ?

[2787] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.) 1999/12/09 Thu 20:40:01
お久しぶり@ういすけです。

ただ今まだ会社にいます。おかしいなぁ?12時間前にはもうここにいたはずなん
だけどな???
最近なんだか忙しくてあまりここも覗いていませんでしたが、忘れられないように
またちょくちょく遊びに来ます。遊んでやってください。

>そして本の話題
最近「カラマーゾフの兄弟」なるものを読んでいます。
さて私は最後まで読めるのでしょうか?現在まだ1巻の1部。ここまではいいかん
じです。

[2786]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/12/08 Wed 23:37:48
 昨日は雪でしたが、今日には全て溶けました。いい事です。

◎オザキさんへ
 ゆったりとした忘却というのは、歳を取るごとに有り難く思うようになるという
話はよく聞きます。私はそう言えるほど経験を積んでないのですが、それでも時々
ふとそう思うこともあります。そういうものです。無理に忘れる必要はないけれど
無理に思い出す必要もないのです。悲しい想いばかり覚えていると、人は壊れてし
まいますから。

◎Akikoさんへ
 上記同様、悲しい事ばかりではなく、全ての事はいつかは忘れ去られる事になり
ます。確かに時々考えてみるのもたまにはいいかもしれませんね。

[2785] Akiko さん(kasuya@nmao.go.jp) 1999/12/08 Wed 19:08:13
「頭では忘れた、もしくは忘れたふりをしていても、記憶の中枢では必ず覚え
ている」こういうことって、ありますよね>オザキさん<記憶って不思議なも
のだと思います。
私は冒頭の「いつまでも忘れないさ」「君のことを忘れられるわけがないよ」
の箇所で、早くも涙ぐんでしまいます。大事な思い出を忘れてしまう運命をは
かなんで・・忘れてしまう前に時々立ち止まって、暗所へと降りてゆく必要が
ありそう。←生理的欲求に近いものがある。

[2784]オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/12/07 Tue 07:55:54
眠ろうと思ったけれど眠れなくて、「ノルウェイの森」を読み返していました。最
初の方の場面、キズキが自殺するところでなぜか涙があふれてきて止まりませんで
した。
「ノルウェイの森」は何度も何度も読み返しているのに、こんなにも全てが悲し
く、たまらなく悲しかったのは初めてです。僕も直子もキズキも、緑も永沢さんも
石田先生もみんな雨の中で一人泣いているように思えてきました。

どうしてこんなに悲しいのだろうと考えてみたら、今日はちょうど2年前に自殺し
た先輩の命日でした。不思議なものです。頭では忘れた、もしくは忘れたふりをし
ていても、記憶の中枢では必ず覚えているのですね。2年前に流したたくさんの涙
が呼び水のようになって、これからもずっと僕を泣かせ続けるような気がします。
「僕は緑のフェルトを貼ったビリヤード台や、赤いN360や机の上の白い花や、そん
なものをみんなきれいさっぱり忘れてしまうことにした。」
でも"僕"はきっと忘れないのでしょう。忘れることができないのでしょう。女々し
い奴です。でもそれでいいのです。きっと。たぶん。

辛気臭い書きこみですみません>本間さん
”風の歌を聴け”風に言うと
「またいつもみたいな犬の漫才師に戻」ります。


[2783]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/12/05 Sun 14:23:52
 久々にゆっくり寝ました。このままゆっくり過ごして飲みにでも行きたいけど、
夜は仕事なのです。悲しい話です。

◎もも缶さんへ
 雪ですか。1日くらいだといいけどね。
 ハードカバーで買って、未読のまま文庫が出ちゃったというのもなかなか切ない
ものがあります。テーマ的にやたらと重い話ですが、様々な示唆に富んでいるので
いい小説ですよ。静謐な夜にでもゆったりと読んでくださいね。

◎Akikoさんへ
 12/1発売だったから、もう出ているんですね。私も今日買ってこようっと。
 スコッチでもバーボンでもアイリッシュでも、何でも好きな私は飲んでいるだけ
で幸せですが、飲み過ぎた翌日はなかなか切ないものがあります。

◎山田さんへ
 バレーは会社で夜出前取った時に見てましたがテニスに近くなってきましたね。
サーブで崩すというのが主流なんでしょう。クイックが好きな私は切ないものがあ
ります。今日はこればっかりだ。
 「心臓を」は上でも書きましたが、いい話なのでぜひどうぞ。

[2782] 山田 多美子 さん(cat11230@catline.or.jp) 1999/12/05 Sun 12:39:03
本間さんお久しぶりです
最近全然本を読んでいなくて、なかなか書きこみしていなかったのですが、長い間
音信不通で忘れ去られていたらと不安になり、書きこみしました。
私もNO3さんのように野球には興味がないのですが、バレーボールだけは、ほとんど
見ました。全日本男子みんなかっこよかったです。監督が、こいつらをシドニーへ
連れて行ってやりたいんだ!と言っていたけど本当に残念でした
でも中国に勝てたのはうれしかったです!
今読みたい本はいっぱいありますが、真っ先に、
心臓を貫かれて を買ったのでさっそく読んでまた書き込みします。





[2781] Akiko さん(kasuya@nmao.go.jp) 1999/12/04 Sat 07:51:56
『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』get!! アイルランドへ行き
たくなります。ま、とりあえずスコッチウィスキーを飲もう。ダブルロックで
ね。

[2780] もも缶 さん(vitamin@c.email.ne.jp) 1999/12/04 Sat 03:13:03
お肌のかさつき具合が冬になったことを告げています。
寒いのは苦手なのであまり好きではないのだけれど、雪が落ちてくるのを見て
いるのはとても好きです。はやくふらないかな。

なかなか手がつけられない本はお風呂で読めというマイルールに従って
ようやく「心臓を貫かれて」を読みはじめました。
なんだか気が向かなくてそのままなっていたのですが、文庫も出ちゃったし〜
という理由もあり手をつけることにしました。
こんなことなら文庫になるの待てばよかったなぁ。


[2779]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/12/01 Wed 23:16:46
 最近寒いですね。

◎のりこさんへ
 夜更かし大好きな私もそういう感じです。日勤だと毎日5時間位しか睡眠時間な
いのでちょっと辛いですね。
 「秘密」読み終わりましたか。私のお古でごめんなさい。アイディアとラストの
着地点がいいですよね。私のベスト東野作品です。
 本を早く読むコツというか、私は寝る前に一気に読んでしまうので通勤では読ま
ないんですよ。その方が集中出来るのですが参考になりませんね。ごめんなさい。

◎Akikoさんへ
 私もラヂオは好きだったので、残念ですが、その分長編読めると思えば相殺出来
ますね。新作が本当に楽しみです。
 「存在の絶えられない軽さ」は未読ですが、面白いんですか。ふーむ、今度見つ
けたら読んでみますね。

[2778] Akiko さん(kasuya@nmao.go.jp) 1999/12/01 Wed 22:09:08
村上ラヂオ、最終回、しくしくしくしく・・・・
来年頭に、引っ越しされるそうですね(村上氏)

かなり遅れて読んでいた『存在の絶えられない軽さ』読了、面白かった。
Einmal ist Kinmal一度しか起こらなかったことは、一度も起こらなかったの
と同じ、ということで「絶えられない軽さ」らしい(人生は一度きり)。

[2777] のりこ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/11/30 Tue 19:16:12
こんにちは。
朝、起きるのが辛い今日この頃です。
結婚する前は毎日8時半ごろ、のこのこ起きていました。
なんせ、家に帰るのがほとんど終電という(仕事!ほんとよ!)
毎日だったため、睡眠に飢えていたのです。
で、
結婚前に相方の家に初めて顔見せに行った時、泊まりになちゃって
翌朝、ちゃんと起きられるか心配で心配で…。
案の定、11時頃まで眠ってました。ぐ〜ぐ〜。
気を使って起こさないでいてくれたんだなあ。みんな。
こんなことがあっても破談にならずに済みました。よかったよかった。

『秘密』ようやく読み終わりました。
本間さん、どうもありがとうございました。
5倍もの難関をくぐり抜けて来た本なので、
ありがたく、じっくりと読ませて頂きました。
映画での藻奈美役が広末涼子ちゃんだったので
読んでいる間、ずっと彼女の顔がちらついて困りました。
でも、映画も見てみたいな。
切なくて、いい話ですね。
とっても良い家族の形だなあ、と思いました。
直子に感情移入しっぱなしで、辛かったです。
そのうちTVドラマ化しそうな感じがしませんか?

東野圭吾は、他に短編集を読んだことがありますが
とても読みやすくて、面白いですね。通勤中にはもってこいかも。
とはいえ、私は読むのが遅いんです。
(しかもストーリーを忘れる これって読んでる意味あるのかしら?)
本間さんはすごいスピードでびゅんびゅんと読書されているような
印象を受けるのですが、早く読むコツってあるんですか?
あったら、教えて欲しい〜。



[2776]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/27 Sat 00:01:56
 明日から、一泊で東京行って遊んできます。

◎ぶるーうさんへ
 著作権というのは現在50年で切れますが、ある現役作家はこれを100年にし
てほしいと自ら朝日の読者欄に投書しました。凄い話です。
 サーフシティ情報は村上朝日堂を参照して下さいね。そんな話が書いてました。

◎ざんまるさんへ
 私も四六時中あれもこれも読みたい症候群です。読みたい本はほぼ無限、自由な
時間は有限。どう折り合いを付けるかですね。
 ときに、この前の本はエンデではなく、短編の名手として知られるロアルド・ダ
ールでした。ごめんなさい、訂正いたします。

[2775] ざんまる さん(mapyan.09@a2.mnx.ne.jp) 1999/11/26 Fri 07:08:38
  はじめまして。和裁を勉強中の、ざんまるです。

  1年間だけ学生になりまして、時間と心の余裕ができ、最近本を読み始めました。
5,6年ぶりかなぁ。こんなに経つと、本屋や図書館で知らない本がいっぱいで、「あ
れもこれも読みたい症候群」になっています。私、読むのがとってもゆっくりなの
で、もっと早くたくさん読みたーい、と思うこのごろです。
 こんな私に、今イチオシの本があったら、どなたか教えて下さい。

>本間さん
この間チャットで教えて頂いたエンデの本のタイトル、なんでしたっけ? 


[2774] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/24 Wed 08:53:04
 おはようございます。朝飲むコーヒーの豆をハワイ・コナからキリマンジャロに
替えて、ちょっと失敗しちゃったかなと思っている、ぶるーうです。

 きのう夏目漱石の「私の個人主義」という講義を記録したものを読みました。
はっきりいってこれはちょっと、「大発見」でした。今の日本人は、欧米ほどでは
ないにせよだんだんと個人主義的なほうへ向かっていると思うのですが、このよう
な過渡期において個人主義の本質的な意味を再確認するための、これ以上面白く、
かつわかりやすい講義はないと思われます。このような講義ならば1万円出しても
いいとさえ思います。もっとも漱石さんなら、「いやいや、こんなにいただけませ
んよ」と恐縮されそうですが。
 現在なら、著作権の消滅によって無料でダウンロードして読む事が出来るので、
みなさんも良かったら読んでみてくださいね。
 僕はといえば、これを読んで啓発されすぎて、逆に今までの自分はなんて未熟
だったんだろう、と自己嫌悪におちいったほどです。「啓発されすぎ」も考えもの
ですね。ううむ。

(本間さんへ)
  ええっ!「夢のサーフシティー」続編も出るんですかあ?こりゃまいったなあ。
はっきり言って、情報量多すぎです(笑)。希望としては来年の秋ぐらいにだして
ほしいです。あくまで僕のわがままだけど。

(アキさんへ)
  トムソーヤは新潮文庫版で読もうとして、40ページぐらいで止まっています。
やたらトムソーヤが人生に対して悲観的な感じの訳がどうも合わなかったです。僕
の読解力が悪いせいかな。

(サリーちゃんさんへ)
  僕も京都は大好きで、しかもけっこう地元から近いのでよく行きます。京都っ
て、街を歩いているだけでなんだか楽しいです。京都弁の友達がいるのですけど、
しゃべっているととても心が和みます。


[2773]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/23 Tue 23:22:09
 今日は勤労感謝の日ですが、私も今日は休みでした。全国の勤労されているみな
さま、お疲れさまです。

◎ぶるーうさんへ
 「夢のサーフシティー」は続編も出るそうなのでお楽しみに。あの膨大な量はオ
ンラインで読むにはちょっときついでしょうしね。私もラヂオくらいしか読んでい
ません。
 恋愛に関しては、いろいろ頑張ってね。

◎さりーちゃんへ
 名字は安倍ですね、晴明。この陰陽道というのは何年周期かでずっとブームにな
ってます。私が高校の時くらいから、ずっとそうですね。
 ルパンは私も好きでした。コナンは足の指の力が異常に強いところが好きでした
ね。どこでも張り付いて走っちゃうもんな。

◎アキさんへ
 うん、私もそう思って去年くらいから名作を読み直してます。十五少年とかフラ
ンダースの犬とかアンは読んだので、次は小公女とか母を訪ねてを読もうかなと思
っていますが、この手の小説って古本屋にたくさんあるから探しやすいですよ。

[2772] アキ さん(aki‐room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/11/23 Tue 11:31:08
いま「子どもの本の森へ(河合隼雄・長田弘)」を読んでいるのですが、そう言え
ばピーターパンとか不思議な国のアリスとか、ちゃんと読んでないなあと気づきま
した。ディズニー映画とかその絵本版とか、ハウス名作アニメでは見てても原作そ
のままは読んでない。あらすじだけは知ってるけど・・・っていう。しまったなー
と痛感してます。今読んでこそ分かる部分もあるのでしょうが、分からないけど面
白いって時に読んどきたかったにゃー。私のせいでわたしの人生台無しだったのか
も。バカバカ。でも、そう思うと本当にTVっ子な自分に驚きですね。とりあえず
トムソーヤ面白そうなので読んでみます。では。

[2771] さりーちゃん さん(setoes@msn.com) 1999/11/23 Tue 00:50:13
だいぶ前になるが京都の阿部清明神社(漢字間違えてたらすいません。)へ行って
きました。でも、阿部清明ってブームですね。ちっちゃい神社です。一条戻り橋な
んて下に水流れてないもんね。といいつつブームにのる私。
ところで、金曜日にやっていたルパンの昔の映画1978年作にはまりました。
結構今見ても面白いアニメってありますね。「未来少年コナン」とか今見ても十分
見ごたえあります。「未来ー」は私はレンタルビデオを借りて見ました。



[2770] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/22 Mon 08:54:37
 コケコッコー。目玉焼きを食べ過ぎて、朝から気持ち悪くなっているぶるーうで
す。

 昨日、遅ればせながら「夢のサーフシティー」を購入しました。ずうっと前から
買おう買おうとは思っていたんですけど、いつも別の本やCDを買ってしまって結
局いままで買わずじまいだった、というわけです。
 「夢のサーフシティー」の中で村上さんが《恋をしているときは大抵の音楽は素
晴らしくきこえるもの》というような事をおっしゃっていました。
 僕もある曲(こればっかりはちょっと言えない)を聴くと、過去の記憶が酸いも
甘いも一緒になってよみがえってきます。恥ずかしながら自然に涙がでてきます。
こういうときほんとうに音楽の力は絶大だなあ、なんて思います。物理的に考えた
ら音楽なんてただの「空気の振動における周波数のリズミカルな時間的変化」なの
に。「いろんな周波数の重ねあわせ」がなぜ人を高揚させたり、涙を流させたり、
激しく揺さぶったりするんでしょうね。これはまだ物理学的にも医学的にも精神学
的にも解明されていないそうです(確か、そうだったと思う)。人間のこころとい
うものは本当に奥が深いですね。
 だからこそ恋愛は難しくて、そのおかげでこないだみたいな訳のわからない文章
を延々と書いたりしちゃうんだ。・・・やれやれ(笑)。

(Fしろくんさんへ)
  竜巻が部屋の中に進入してくるという状況が全く理解不可能です。でもあまりシ
リアスな感じではなかったようなので、よかったですね。
  ジーン・セバーグいいですよね。サニーデイ・サービスもいいですよね。なんだ
か趣味が合いますね(笑)。ああいうフォーク系の音楽は何といっても「貧乏くさ
さ」が大事です。ゆずはなんだか金持ちっぽいので。

(ユウキさんへ)
  短編ならとりあえずカポーティの「夜の樹」がいいと思います。しんわりと心に
染みます。
  あと、意外なところで角田光代さんの「まどろむ夜のUFO」などいかがでしょ
うか。

[2769]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/21 Sun 22:14:51
 現在仕事休憩中の本間です。

◎Fしろくんさんへ
 一体どうすれば竜巻が入ってくるのかは謎ですが、何とか強く生きてください。
 クラプトンのコンサートだったら私も行ってみたいなあ。まあ楽しめたようで何
よりです。

◎ユウキさんへ
 小説の好みはそれぞれなので、なかなか一概には言えないのですが、そんなに小
説を読み慣れていないのであれば、宮部みゆきはいかがでしょうか? 読みやすい
上に面白いし、テーマも結構深いです。最初の一冊なら「レベル7」か「龍は眠る
」がいいかな。どちらも新潮文庫です。

◎のりこさんへ
 そうですね。パソコンは画面が広いというか、解像度が上がるだけでかなり使い
やすくなります。いつか買い換えるときは、モニターは別売りの大きいのを買った
方がいいですよ。

◎こたつみかんさんへ
 私はこの金土、連続2時まで痛飲を繰り返したため、へろへろです。水割りは飲
み過ぎるから、ロックに変えようかなと考慮中。
 今考えてみると、子供時代は男の子が少年探偵団やルパンを大好きだったように
女の子はアンやアリスを読んでいたのでしょうね。

◎田崎さんへ
 私たちの世代の小説は、既にいろいろ出ていますよ。世代論は嫌いなのでまとめ
ては語りませんが、自分が育ってきた世界の空気を感じさせる小説は好きです。
 私もベスト企画というか、各ジャンルごとのおすすめ小説企画をずっと準備中な
のですが、なかなかまとまりません。

◎tbさんへ
 ふむ、良かったですか。私は小説の最初の数ページで読み続けるか、保留にして
おくか決めるのだけど、ちょっと新潮文庫版は読みにくかったなあ。
 今月は怒濤の新刊ラッシュなので、一段落したら読んでみます。

[2768] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/11/21 Sun 03:12:35
トムソーヤーの冒険は、後半になればなるほど面白かったです。本間さん、良いです
よ。これ、オススメです。引き
続きハックルベリーを読んでいますが、ちょいと訳が好きな感じじゃないので苦戦し
てます。しみじみと、外国文学
って、訳が大切だなあ・・って思う。

>田崎さん
確かに、アリスは一冊じゃありませんね。前回の書き込みは早とちりみたいです。適
当なことを書いて申し訳あり
ませんでした。

[2767]田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/11/21 Sun 01:57:44
鉄道員やっと読みました。いい話だけど、これをどうやって映画にしたのか疑問。

「約束された地で」等
やはりバックが同じような人たちの集まりだからでしょうね。
「受け止める物語」としては学生運動が多分一番大きなものだったのでしょうね。
全共闘世代のいい小説は沢山ある(例えばテロリストのパラソル)けれど、オウム
またはその世代の小説は出てくるだろうか?

tbさん
アリスは一冊ではないです。「不思議の国」と「鏡の国」があるし、ほかにもあっ
たような気がする。

自分のHPに私的ベストを書いてみました。数がやたら多くなってしまいましたが
、覗いてみて下さい。村上春樹は「アンダーグラウンド」を入れてみました。
「赤毛のアン」も入れました。アンの子供たちの代とは「アンの娘リラ」という本
ですか?あれもよかったと思います。だけど結局エンターテインメント系がほとん
どですが。

[2766]こたつみかん さん(mobita@msi.biglobe.ne.jp) 1999/11/20 Sat 10:45:06
こんにちは。休日の定番、二日酔いのこたつみかんです。
「ビールをリッター単位で飲む女」です。糖尿病かあ。しんみり。
最近読んでいるのは、柳美里 「水辺のゆりかご」です。辛い。
なんだか読みつづけることに辛くなって保留中です。どう受け止めたらいいのかも
保留です。

>本間さん
  「赤毛のアン」のシリーズは大好きです。
  アンの子供たちの代になってからの話がとてもいいんですよー。
  もしかして一番再読しているシリーズかもしれません。小学生時代から
  ですから。

>のりこさん
  こんにちは。「贅沢貧乏のマリア」笑っちゃったでしょう?
  可愛くてプライドが高くて世渡りができなくて、でもいろんなことに戦闘的
  な人ですよねえ。森茉莉さん。いいなあ。
  
>Fしろくんさん
  松ぼっくりや木の実・・・。冬ごもりの支度をしているみたいで楽しそう
  ですね(笑)なんて言ってる場合じゃないのかな?
  私の理想の女の人といえば、山田詠美さんと桃井かおりさん。
  育ちがよくて知性があって、かつ蓮っ葉(死語かしら?)でキュート、
  というのが理想です。現実は厳しいですけど(笑)
  
 



[2765] のりこ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/11/19 Fri 10:59:20
こんにちは。ご無沙汰しております。
ちょっと、職場から。
仕事中はなかなかアクセスできない(さぼれない)のですが
今は一段落して、しかも一人。むふふ。
しかし、環境が変わると画面の見え方も全然ちがうんですね〜。
モニタの大きさも違うので、見やすいなあ。
iMacは使いやすいんだけどモニターが小さいのが難ですよね。

Fしろくんさんへ。
こんにちは。竜巻って本物の竜巻ですか?
大変でしたね。後かたづけ頑張ってください。

こたつみかんさんへ。
以前オススメの本「贅沢貧乏のマリア」を読みました。
群ようこはエッセイなどで知っていましたが、例にもれず
読みやすくて面白い一冊でした。
知れば知るほど不思議な人物ですよね。森茉莉って。


[2764] ユウキ さん(yuki10@nyc.odn.ne.jp) 1999/11/19 Fri 03:13:56
はじめまして。
僕は小説を読む習慣があまりないんですが、村上春樹の作品にはなぜか魅かれてし
まっています。しかし、最近他の作家の世界をあまり知らないというのも少し悲し
いような気がしてきました。
そこで同じ村上春樹が好きな人たちに何か良い本を教えていただければと思ったわ
けです。
どなたか一番好きな作品等を教えてくれませんか?


[2763] Fしろくん。 さん(6may@rinku.or.jp) 1999/11/19 Fri 00:36:36
寒いなあ....。最近部屋の中にいじわるな竜巻きが侵入してきて、めちゃくち
にされてしまいました。そんな部屋のなかでりすのように松ぼっくりや木のみ
と同居している今日この頃です。ああ。汚い部屋だなあああ....。

昨日エリック、クラプトンのコンサートに行ってきましたよ。
私はそんなに彼の歌をしっているわけではなかったのですが、友人に推薦され
て。大阪城ホールみたいな大きなところで音楽を聞いたのは初めてだったの
で、場内の空気にちょっと違和感のようなものを感じましたが、座席も結構よ
く、なかなかすごかったです。

ぶるーうさんの「理想の女の娘」なかなか素敵でした。
理想、というと..私はジーンセバーグです。一目惚れしてしまった女の子で
す。かわいすぎる!!
TVで「悲しみよこんにちは」を見ました。私の中で、彼女はスプートニクのす
みれのイメージです。なんかドキドキしますよね。あまりにも素敵で。
ところで私もサニーデイサービス大好きです。詩が良いですよね。街であんま
り聞けないのが残念だけど。みんなゆず、ですもんね。ゆず、は悪くない、む
しろ、良い、と思うのですが、やはり奥の深さではサニーデイには勝てませ
ん。(笑)。というわけで、皆様、一度聞いてみて下さい。



[2762]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/18 Thu 23:22:53
 健康診断で白血球数が要治療判定だったため、内科へと出かけてみました。結局
は何ともなかったのですが、若いお医者さんといろいろ話していて「ビールをリッ
ター単位で飲むと、ほぼ糖尿病になるよ」と言われてちょっと反省。

◎田崎さんへ
 「約束された地」はtbさんも書かれている通り、バックボーンの共通性から出て
いるものなので、その点は仕方ないでしょうね。別な小説で読んだのですが、オウ
ム流れの人を狙う新興宗教が増えているとか。
 画像はどういたしまして。

◎tbさんへ
 実はトムソーヤは既に買ってます。赤毛のアンと共にゆっくりシリーズを読んで
いく予定。私の読んできた翻訳小説の引用では、シェイクスピアよりはアリスの方
が多いかな。
 なるほど、uブックスで出てるんですか。では今度注文してみます。

[2761]tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/11/18 Thu 20:05:05
トムソーヤーの冒険を読みはじめたのですが、これ、本間さんもしかしたら気
に入るかも。ちょっと感覚が古いのが何なのですが、『少年時代』に通ずるよ
うな雰囲気がありますよ。

>引用の二位
本間さん、田崎さん、大当たり。そうです、二位は聖書。僕はてっきり一位こ
そ聖書だと思ってたんですが、そう思われるのが嫌で、みんなシェークスピア
を引くのかもしれませんね。しかし、一位、二位は当然でも、三位のアリスは
、一冊で三位に入ってるんだからすごいよなー。聖書なんて、外伝とか偽書あ
わせてだろうし、シェークスピアに至っては全作品だものな。うん、スゴイ。

>本間さん
『最後の物たちの国で』は、白水uブックスの新書版で出たみたいです。800円
程度で手に入れられるだろうから是非オススメ。これもほんとに面白いですよ
。ムーンパレス同様、物語にすごい比重がかかってます。切なくなります。最
近のオースターはますますそれに拍車がかかってるみたい。良い感じです。

>田崎さん
僕も『約束された場所で』を読んだ時、同じような感じを受けました。多分、
被害者の方は、無作為に被害を受けたのに対して、加害者は(オウム側は)、
オウムという非常に排他性・洗脳性の高い宗教を一つの共通項として持ってい
たから、そういう画一性が出たのかもしれませんね。インタヴューに収録され
ている信者の皆さんのオウムに期待していたものが、驚くほどそれぞれ似てい
るというところに、恐ろしさと幾分の哀れを感じます。僕自身も、まかり間違
えばこうなってただろうなあ・・・と思えるんです。ただ、僕はあそこまで純
粋じゃなかっただけで。物語の重要性、これは今著名な、あるいは有識な人が
けっこう口にすることですよね。村上さんは勿論、河合隼雄や、柳田邦男なん
かも。小説の持つ役割って、「そういう物語」を提供することなのかなあ・・
・って、最近思ってます。

長くなりました。申し訳ないです。

[2760]田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/11/18 Thu 01:13:35
以前書いた「イギリス人の患者」ですが、ゆっくり読もうと思っていたら、部屋の
乱雑の中にまぎれて一時中断してしまいました。その間「約束された地で」等何冊
か読んでます。「アンダーグランド」に比べると出てくる人が画一的かなとも感じ
ますが、村上春樹のいう”今の日本には彼らを受け止める物語がないのだ。”とい
うのには同感します。
そういえば9月のオフと同じ店で別のオフ会しました。あの時お話した通り、毎年
11月恒例にしているものです。今年は待ち合わせ連絡に本間さんからいただいた
写真使わせていただきました。ありがとうございました。
>tbさん
私も引用の2位は聖書だと思います。でなければ「ホメロス」、「オデッセイア」
等のギリシャ古典あたりでしょうか。

[2759]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/18 Thu 00:35:17
 昨日久々にちゃんと運動したら筋肉痛。ふとももが痛い。

◎tbさんへ
 リニューアルオープンおめでとう。引用の2位は聖書かな? これが1位かと思
っていた。
 書き込みスペースの幅は同じですよ。そろそろ広くしたいのだけど、昔のノート
の人がいるだろうから、このサイズにしてます。
 「最後の物たちの国で」は文庫になったら読んでみますね。

◎オザキさんへ
 いや、映画の「秘密」って結構評判いいんですよ。私もビデオになったら見てみ
ようかな。
 東野圭吾はミステリーファンにはお馴染みだったのですが、今回のヒットで一般
小説ファンにも名前が売れて何より。

◎ぶるーうさんへ
 やたら凝ったお気に入りの子シチュエイションですね。でもなかなか面白かった
ですよ。そんな子に出会うのは難しいだろうけど、頑張って下さい。

[2758] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/17 Wed 08:43:19
 おはようございます。さいきん一人で過ごす時間が多くなってきているような気
がして、ちょっと寂しい、ぶるーうです。

			*			*

 ご乗車ありがとうございました、次は終点**駅です、お降り口は右のドアにな
ります、お忘れ物の無いよう、お願いいたします、という愛想のない車掌さんの車
内放送がはいってきたところで私は本から目を上げた。ガタンゴトンと湿っぽい音
を立てて車両はゆれていた。向かいの窓は暖房のきいた(ちょっときき過ぎかも)
車内と外との温度差のせいで真っ白にくもっていて、車内灯と、たくさんの疲れた
大人の人たちの間にぎゅうぎゅうづめにされて座っている私の姿だけが写ってい
た。
 私のとなりに座っているよれよれの背広を着たおじさんがすやすやと寝ていて、
油っぽい頭を私の肩にあずけていた。
 もう、このブラウンのコートと真っ赤なマフラー、先週買ったばっかりなのに。
合計5万円もしたのよお、とよほど言いそうになったけれど、そんな勇気ももちろ
ん無く、眼鏡をずり上げ、また視線を本に戻した。
 「地下室の手記」と背表紙に書かれたこの本は私のお気に入りだ。いろんな事が
うまくいかなくて、地下に閉じこもっちゃった男の人が主人公で(私は個人的に
「ドスト君」と読んでるんだけれど)、ドスト君の手記を読んでいると、意外と結
構お茶目なところもあって、私はそこにすごく惹かれる。
 電車がホームへ入ると、周りの人が一気にドバーっとドアのところに集まり出し
た。私の目の前はドアに集中するサラリーマンだらけになって、視界がさえぎられ
た。それと同時に私の手にだれかのスーツケースが当たって、本がぽとんと床に落
ちてしまった。
 あーっ、ドストくーん、と私は思ったが、床に落ちた本はいろんな人に踏まれた
り蹴られたりしてどんどん向こうへ行ってしまった。そしてとうとう見えなくなっ
てしまった。それを見ながら私はなぜか幼い記憶を思い出した。キン肉マンのおま
け付きチョコボールの箱を振り回しながら「買ってくれなきゃやだー!」と叫んで
いる私を無視して、買物バッグをさげたままどんどん遠く向こうに歩いて行ってし
まう母の姿。どんどん小さな点になっていく母を泣きながら必死で追いかけた私。
あのときの買い物バッグが茶色かったのを、いまでもはっきり覚えている。なぜだ
ろう?

 けっきょく私は、車内の隅に無残にとり残された「地下室の(ぼろぼろの)手
記」の姿をあとに電車を降りた。ごめんね、ドスト君。また新しいの買って、今度
は大切に読むからね。
 
 駅を出ると、澄んだ冬の夜の空気が鼻につんときた。タクシーがずらーっと並ん
でいて、クラクションが絶え間なくそこらじゅうで鳴り響いていた。空には星がひ
とつも出ていなかった。駅の壁にもたれて、ストリート・ミュージシャンが手前に
ギター・ケースを開いたまま、ビートルズの「ヘイ・ジュード」を唄っていた。ス
カートの丈の短い女子高生二人と、酔っ払ったおじさん一人が一緒になって手拍子
していた。
 私は目を閉じて、その能天気な「ヘイ・ジュード」を聴きながらゆっくり一度だ
け深呼吸をすると、茶色の買い物バッグをさげたまま足早に横断歩道を渡っていく
女の人の姿を見つめながら、メンソールの煙草に火をつけ、真っ赤なマフラーを巻
きなおし、眼鏡をずりあげ、歩き出した。

			*			*

 こういう女の人、どこかにいないかなあ。僕のタイプです(笑)。(どうも、
延々とすいませんでした。暇だったもんで)


[2757] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/11/17 Wed 03:46:22
友達が映画「秘密」は良かったよと言っていました。
うそだーと思ったら、彼が誉めるのはストーリーとか設定ばかり。
そりゃ、原作がいいからだろ、と突っ込みたくなりました。

というわけでそろそろ「秘密」を読みたいなと思っているこのごろです。
プレゼント外れましたし(笑)図書券が余ってるので買おうかなと。
どうでもいいですけど、東野圭吾という名前を聞くとどうしても吉本の方を思い浮
かべてしまいます。今まで読まなかったのもそのせいです(嘘)

さらにどうでもいいけど、「秘密」の主演女優を見かけました。
今回はさすがに写真、撮りませんでした。はい。

[2756] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/16 Tue 08:58:49
 たまには工学関係の本も読まなくっちゃな、と思い、昨日は学校帰りにそれっぽ
いのを買ってきました.でも読了するのはいつの事やら…

(tbさんへ)
 ガンズはなんといっても、あのざっくりとしたギターの音がだいすきでした.さ
いきんはもっぱらロックではジミ・ヘンドリックスすげーよなあ、と思って一生懸
命聴いています.
 今一番聴いているのはのほほん和風情緒系フォークです。とくに、サニーデイ・
サービスと、くるりは今一番のお気に入りです.でもゆずはちょっと違う気がして
ます.
 まあ、ドラゴン・アッシュもだいすきなんだけど.

(ユキさんへ)
 はじめまして。僕の住んでるところは身の毛もよだつような田舎なので、めちゃ
くちゃメジャーな映画しか観られません.「勝手にしやがれ」もレンタルビデオや
さんでやっとみつけたほどです.
 でも田舎暮らしもなかなか悪くないと自分では思っています.空気もおいしい、
水もおいしい.こんな良い事はありません(笑)。

[2755]tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/11/16 Tue 00:50:24
どもども、tbです。週末おでかけしてました。
あ、そうそう。HP、リニューアルオープンしました。
皆さん、遊びに来てくださいね。

ハムレットと不思議の国のアリスは面白かったです。たまたま偶然なんですが
、欧米の作家が、自分の作品で引用する本の一位と三位が、シェークスピアの
一連の悲劇とアリスらしいです。さて、二位はなんでしょう?

現在「ムーンパレス」を三読中。フォッグがビクターおじさんのことを、凄く
優しい目で見つめているのところが、なんかやけに泣けてきます。感傷的とい
やあそれまでなんですが、オースターも作品によって全然違いますね。ほんと
に。村上読者の皆さんには、「最後の物たちの国で」をオススメしたいです。

>本間さん
ちょっと書き込みスペースの横幅が広くなった気がするのですが、気のせいで
しょうか?いや、ふと疑問に思っただけなので、何にもしてない場合にのみレ
ス下さい。あれー、僕のブラウザの問題かな。
ところで、グインは見つかりませんでした。なぜだろ。明日また探してきます
。続きが気になる。

>ぶるーうさん
そうですそうです。そのGNR、GUNS N' ROSESです。僕にとっては、BONJOVI、
QUEENに次いで、大事なバンドのです。古い古い付きあいなだけに、8年の沈黙
の末の新曲には、感無量の想いなのです。「じゃなななななななななにーにー
」は、高校のときにバンドでやったっすよ・・・懐かしいです。とかいいつつ
、いまでも歌ってるんだけど(笑)。ガンズを知っててくれる人がいるなんて
嬉しいです。

[2754]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/15 Mon 19:03:54
 2日併せても7時間しか寝てないので、体調最悪。でも新刊はどんどん出るし、
読みたい小説がたくさんあって何よりです。

◎no_3さんへ
 スバルはあれで持ち直したんじゃないかな。昔から評判いいですね、あの車。
 それで、今の車はぼこぼこなんですか。日本人は家を買えない代償として車を求
めるので、異常にきれいにする事が多いというのは島田荘司の説ですが、私も車は
走るのが第一だと思うので、ほとんど手入れしてません。とほほ。

◎Fしろくんさんへ
 そのうち、その未読のストックがどんどん増えてくることでしょう(笑)。
 「ノルウェイ」は小説としては異例のペースで売れたので、古本屋でよく見かけ
ますよね。ちょっと寂しいですが、さすがに買いはしませんね、私は。
 でも集めてみるのも面白いかも。

◎ぶるーうさんへ
 「青が散る」気に入ったようで良かったです。「ノルウェイ」と共に、私が高校
の時読んで大学ってこういう所なんだ、と脳天気な感想を持った小説です。
 宮本輝の長編は外れがないので、どれもおすすめですよ。本屋であらすじなどを
読んで、気に入ったやつから読んでみて下さいね。

◎さゆりさんへ
 お久しぶりでした。タイに行かれたんですか。いいですね。昨日一緒に飲んだ後
輩からインドの話を聞いて、私も旅行熱が高まってます。
 乃南アサは、うーん、「凍える牙」だけは好きです。
 写真、わざわざありがとうございます。希望の方はメールして下さいね。

◎ユキさんへ
 シナモンパウダーは美味しいですよね。私も一時期凝ってました。
 京極夏彦は私も後回しにしてます。読み始めると没入出来るんだけど、読むのに
気合いがいりますし。
 まあ、プリッツでも食べながら読書を楽しんで下さいね。

[2753] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/11/15 Mon 17:34:28
 こんにちは。
 今朝フレンチトーストを製作したのですがシナモンをかけすぎてしまい
まだ気持ちが悪いです。うう。
京極さんの新刊のペース早すぎてついてゆけない・・・。
『心臓を貫かれて』もなかなか読み進めてないし。(モルモン教のところで
足踏み状態です)
つい最近『怪』のバックナンバーを本屋で見つけて買い揃えてしまい
どっぷり妖怪の世界につかっているので今はプリッツの焼き跡さえ
妖精の足跡にみえてしまいます。(よくわからないですね)

☆ぶるーうさんへ
 『勝手にしやがれ』のジーン・セバーグは本当にキュートで私も大好きです。
まさに「ヌーヴェルヴァーグのミューズ」ですな。
渋谷のミニシアターで『ジーン・セバーグの日記』という、彼女の人生を
追ったフィルムを上映してたのですが、彼女は結構ミステリアスな女性だったの
ですねえ。確か41歳くらいで亡くなって、それも国家的な陰謀がからんでいたとか
いないとか。3、40歳になってもひんやりと綺麗でため息出ちゃいます。 

 今週の終末に鎌倉の円覚寺で『陰陽師』の朗読会があるので運良くチケットが
取れたら行ってきます。(マニアックな固定ファンがいるらしい)
今週から寒くなるという噂だし、紅葉がみられるといいな。

[2752] さゆり さん(sayuri17@bc4.so-net.ne.jp) 1999/11/15 Mon 10:45:36
二ヶ月ぶりくらいのさゆりです。本間さん、みなさま、お久しぶりです。
怪我をしたり、タイに行ったり、だらだらすごしておりました。
最近は乃南アサを初めて読んでみました。
ところで、

★9月のオフ会に参加された皆様

遅ればせながら、写真が出来ました。レストランの中のものもあります。
ご所望の方は、差し上げますので、さゆりまでメールを下さい。
お待ちしています!!

[2751] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/15 Mon 08:40:22
 昨日は久しぶりに「風の歌を聴け」の再読をしました。村上春樹の作品を読むの
はとても久しぶりです。
 またも完璧にやられてしまいました(笑)。やっぱり良いものは良いです。
 
 音楽のような口当たり
 表面だけのコミュニケーションの不毛さ
 ぽつりと置かれた透明なグラスの水の中に深く沈殿していくような奇妙な心地好
さ
 夏の終わりの風の匂い
 古いロックン・ロール
 そして静かな波音にのってやってくる普遍的なメッセージ「僕は・君たちが・好
きだ」
 ↑
 まだ余韻に浸っていますね。すみません(笑)。
 
 それはそうと、「僕が寝た三番目の女の子」の「髪はジーン・セバーグ風に短く
刈り込み」という箇所がひどく気になったので、いても立ってもいられず、ジャ
ン・リュック・ゴダール監督の「勝手にしやがれ」を借りて観ました。映画も良か
ったけど(あのラスト・シーンは今みても斬新)、当時のジーン・セバーグちゃん
もかわいい。すっかりファンになってしまいました。
 
(本間さんへ)
 「青が散る」読み終わりました。中盤辺りからぐいぐいと引き込まれていっきに
読んでしまいました。じゅわーとコーラの泡になった気分です(なんだそりゃ)。
とても素晴らしかったです。良い小説を教えてくれてどうもありがとうございまし
た。最後に遼平が坂道を上っていくところで終わったのがとても勇気づけられまし
た(これはねたばれとは言わないよね・・・)。

[2750] Fしろくん。 さん(6may@rinku.or.jp) 1999/11/15 Mon 00:03:25
こんばんは。おひさしぶりです。もう最近マックの虜になってしまいインター
ネットから遠ざかっておりました。....。マックG4は可愛いです。ふふふ。

昨日は久々に古本屋さんにいって、100円の古本を五冊ほど買ってきまし
た。家に未読本のストックがあるというのは良いことですね。嬉しくなりま
す。で、たぶん、去年の今頃も書いたと思うのですけど、この季節になると
ノルウエイの森を買ってしまいます。ハードカバー本。去年は古本で文庫本を
買ったのですが、今回はハードカバー本を一冊180円で買ってしまいまし
た。とても綺麗だったので。これはほとんで病気に近いですね。(笑)

今日はなんとなく買った、長野まゆみの「夜啼く鳥は夢を見た」を読みまし
た。長野まゆみははじめて読んだのですが、一枚の挿し絵を見ているような感
じでした。よくわからないけど。よくも悪くも。ふうん、といった感じでし
た。好きか嫌いか、といわれれば好き、だと思うけど。お勧めがあれば教えて
ください。

最近はやはり、「心臓を貫かれて」がベスト(ってそんなに読んでないんだけ
ど)でした。未読の方はぜひぜひどうぞ。犯罪もの、だと思ってたのですが根
が深くてとても切ないです。ねじまき鳥にすごく影響してる作品ではないです
か??とても良かった..です。ではでは。



[2749]no_3 さん(digital@guitar.club.ne.jp) 1999/11/14 Sun 02:20:38
そうかぁレガシーがあるもんね。(笑)
あれって結構いいらしいですねぇ。

でもうちの機材車はスタジオに行くために狭い道やバック、Uターンなど
ぶつけやすい行為を頻繁に行うせいかボッコボコですよ。(笑)
何代もにわたるローディーさん達の結晶です。
それでもなにか「手応え」のようなものがあって好きです。

ぶるーうさん
バレーボールいいですね。
僕は野球とかってなんとなく好きじゃないのですが
バレー、サッカー、バスケなどは楽しく見れるので
時間帯が合えば見ています。
ビール片手に見てるとなんだか気持ちいいです。(笑)

[2748]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/11 Thu 23:44:01
 さっきまで本読んでいて、ちょっとだけ泣いてしまいました。

◎アキさんへ
 全ての原作付き映像に言えることなのでしょうが、小説読んだ時点で自分の頭の
中に映像やその構図が出来てしまうため、やっぱり違和感ありますね。
 宮本作品では「蛍川」「青が散る」「優駿」を見ましたが、まあ別物と考えれば
みんなそこそこいい出来でした。

◎no_3さんへ
 ああ、ダンスのシーンですね。今はスバルはレガシーがあるので、そんなに大衆
車というイメージではなくなりましたけど。
 私の車ももう11歳なので、大分くたびれてます。でも乗り慣れていると愛着は
湧きますよね。

◎ぶるーうさんへ
 私はバレーは見ないからなあ。まあ楽しそうで何よりです。

[2747] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/11 Thu 09:07:00
 昨日は誕生祝に母からウイスキーをプレゼントされたので、それをちびちび顔を
しかめつつ飲みながら、TVでバレーボール観戦をしておりました.

 近頃はもっぱらバレーボールばかり見ているので、落ち着いて本が読めません.
でも、バレーボール、ものすごく楽しいです.特に昨日のクロアチア戦、めちゃく
ちゃ盛り上がりました.
 いやあ、大懸選手、素晴らしいですね.大懸選手を見ているとなんだか宮崎駿ア
ニメのヒロインを思い出します(なんでだろ).20さいの鈴木選手もかわいいで
す.
 余談ですが、TVで楽しくバレーボール観戦をするためのコツは、重低音をバン
バン効かせるのに限ります.アタックの時の音が、どこーん!!というふうに大砲
のようになります.これはおすすめ。

(tbさんへ)
 ガンズというと、ガンズ・アンド・ローゼスですか.新曲でたんですか?びっくり
しました。僕はてっきりもう解散していたのかと勝手に思ってました.僕は中学の
とき、「ウエルカム・トゥー・ザ・ジャングル」を好んでよく聴いていました.
「シャナナナナナナナ・ニーン・ニーン」という箇所をいっしょによく口ずさんで
いたのを思い出します。

[2746]no_3 さん(digital@guitar.club.ne.jp) 1999/11/11 Thu 06:53:06
本当にお久しぶりのカキコです。
先日修理に出していた車が帰ってきまして、1ヶ月以上乗っていた代車と
さよならをしました。
仕事で使っている機材車なのですが、これがボロい!(笑)
代車のほうが全然性能もいいし、静かでした。
でも久々にボロい機材車に乗ると、何故か帰ってきたって気がしました。
マセラティとスバルって感じなのです。
なんか嬉しくってカキコしに来てしまいました。(笑)

[2745] アキ さん(aki‐room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/11/11 Thu 01:51:44
「わたしたちが好きだったこと」はタイトルがいきなり良いですよね。すごく好き
なタイトルです。映画をビデオで観たのですが、ぬーでしたにゃ。配役とかかなり
悪くないし、何がどうってワケじゃないけどイマイチでした。文章だから感じる世
界なのでしょうか?でもあの生活は確かに憧れます。

ぶるーうさん お誕生日おめでとうございます。見ず知らずですが(笑)。

[2744]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/10 Wed 23:51:03
 仙台の夜の気温10度。さすがにTシャツの上にシャツだけでは、保温の限界を
感じました。もう冬は目の前なんですね。

◎くつさんへ
 私は元旦はY2K出勤っぽいので、嫌でも意識させられますよ(笑)。
 麻耶雄高は本格ミステリ界のプリンスと言われていた時期もありますが、寡作な
ので知る人ぞ知る作家となってしまいました。困ったものです。

◎tbさんへ
 私は音楽はそんなに詳しくないから、小説関係だけ書きますね。
 「私たちが」は一種の大人のファンタジーです。存在しない世界だというのは分
かるものの、読中と読後に少しだけ夢見てしまいます。
 最新長編の「草原の椅子」も私的に気に入りましたけどね。

◎きゅうさんへ
 北村薫は元国語の先生ですし、指折りの読書家なので文章は巧いです。単語の選
び方はさすがですよね。私も読んでいていつも感心してます。「私」シリーズは読
書好きの男性にとっては大事なシリーズなので、ずっと続いてほしい。
 ご希望の小説は、うーん、難しい。今は浮かばないなあ。
 古本屋にあったら、彼が編んだアンソロジーもぜひどうぞ。

◎ぶるーうさんへ
 誕生日おめでとう。今日中に間にあって良かったです。いい一年になればいいで
すね。私も今年30になりました。自分自身の心境の変化はそれほどないものの、
周りの対応がちょっと変わったかな。
 まあめでたいので、ぜひ年上の女性とでも語り合って下さい。

◎のたへ
 恩田陸は現在長編執筆中のはずなので、楽しみに待ちましょう。短編集はまだ読
んでないので何とも。でも本格ミステリを愛する私は楽しみだ。
 あとは頑張らずに普通に読んでね。

◎ozakiさんへ
 ドーベルはマック以来の4年連続GI制覇がかかっている、って掲示板違います
よ、明らかに(笑)。
 村上作品によく出てくる「渡辺昇」は、村上朝日堂のどれだったか忘れたけど、
何かのエッセイに書かれてましたよ。いつかはオザキさんも名前を使われるといい
ですね。ピース。

[2743] ozaki さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/11/10 Wed 22:50:49
エリ女
◎メジロドーベル
○エリモエクセル
×エガオヲミセテ
△ファレノプシス

おっと、掲示板を間違えたか?? まあ良しとします。
昨日から「ねじまき鳥クロニクル」を再読しています。
あの世界観、たまりません。いいです。相変わらずよくわかんないけど。

「村上朝日堂」のフォーラムを読んだら、安西水丸さんの本名が「渡辺昇」とい
い、村上さんはいちいち名前をつけるのが面倒だから名前を借りた、というような
ことが書いてありました。なるほどー。
綿谷昇も佐藤昇もワタナベくんも、みんな安西さんから来てるのかーと感心しまし
た。
いつか僕も村上さんの小説で名前が使われるようになりたいです。できたらね。

>本間さん
「遊んでるだけでなく勉強もしている」のではなく「勉強の合間に遊んでる」とい
うのが正しいです。一応、本当です。でも暇なんですけど。
14日は健闘をお祈りします。ドーベルは堅いと思うのですが。


[2742] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/11/10 Wed 21:55:21
先週の土曜 大学のサークルのOB会でつくばに行って来ました。
しかし帰るのがめんどくさくなったからって会社休んじゃいかんよ>自分

>きゅうさん
読書好きで物静かな男性・・・京極堂ですか?(笑)
でも言われてみれば,そういう話ってないですね。
単に私が知らないだけかもしれませんが。
北村薫ひさびさの新刊 「盤上の敵」もいいですよ。

>本間さん
恩田陸で思い出しましたが,久しぶりに新刊が出ましたね。
「象と耳鳴り」でしたっけ。
本格ミステリへのオマージュっぽい短編集でそれなりによかったけど
私はやっぱり長編が読みたいなぁ。
うーむ 読者って欲張りだ。(笑)


今月は,山本文緒の新刊と辻仁成&江國香織「冷静と情熱のあいだ」が
ノルマです。頑張って読むぞ おー。

[2741] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/10 Wed 08:47:52
 おはようございます。朝のめざましがわりに書きこみをするのが最近の日課とな
っている、ぶるーうです。

 じつは今日は僕の誕生日です。とうとうティーンエイジャーを見事(?)に卒業
して、ただいまはたちになってしまいました。
 でも、とくに心境に何の変化もありません。羊3部作の「僕」にいわせれば「そ
ういうものだ。」で終わるでしょうね。簡潔にして要を得ています。
 本間さんにも「そういうもんです。」とあっけらかんと言われそうです。(笑)

 とりあえず今日はなんかよくわからないけどめでたい(?)ので、勢いあまって
街の女の子をナンパするかもしれません。(笑)

[2740]きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/11/10 Wed 04:10:26
こんにちわ。オザキさんと同じく、書きこむのはすごく久しぶりです(笑)。
チャットには顔を出してはいたものの、最近学術書以外はほとんど読んでいなく
て、何だか書きこめなかったのです(苦笑)。

でも先日、北村薫の「私シリーズ」を読み始めたので、また参加できるかなあと。
古本屋に2作目からしかなかったので、2作目をまず読んだのですが、何と言うか
とても美しい日本語を使う人なのですね。久しぶりに、漢字とかなのコントラスト
や、言葉の響きを堪能しました。
物語自体もとても良かったです。推理の裏に人間のいろんな面が描かれている所が
すごく気に入りました。主人公と、円紫師匠が魅力的なのもあるのでしょうが。
今日も古本屋に行って、第3作と第4作を購入してきました。
ついでに大槻ケンヂのエッセイも。楽しみだなあ。

>本間さん
という訳で、久しぶりの書き込みになってしまってごめんなさいね。
本間さんが北村薫のあの主人公を好きなのもなんとなくわかります。
あんな女の子滅多にいないとは思いますけれど、素敵ですよね。
私とももさんの間で一致したのは、北村薫の「私」に対抗して読書好きで
静かな雰囲気の男の子が主人公の小説があったら、絶対読むのに、という
ことでした(笑)。

[2739] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/11/10 Wed 02:14:29
わーい、ガンズ新曲。たった一曲のために1800円だしたですよ(すでに後悔し
てたりするけれど)。サントラに新曲が八年ぶりに収録されたのです。すでに
若者を脱しつつある僕や同世代のロックファンには限りない朗報なのです。
と、いきなりあまり村上さんには関係なさげな話から。村上さんは、レッチリ
は好きだけれど、ガンズはどうかなあ。好きかなあ。好きだと嬉しいなあ。レ
ッチリは僕も好きだけれど、比較にならんくらいガンズが好きなのです。

さて、今日は色々本を買ってまいりました。E.A.ポーとかシェイクスピアとか
買ってきました。ハムレットですよ。レジに持っていく途中に、落としてしま
いましたよ。あまりに畏れ多くって。

ところで、なんの関係もないですが浜崎あゆみの新作のポスターは凄いですね
。椎名林檎のポスターもちょっとびくりしたけれど、ポスターだけ欲しかった
くらい。今は林檎さんのマキシを聞きながら書いてます。うん、ちょっとジャ
ジーですね。グランジーなのも相変わらず。この路線、好きです。

>ぶるーうさん
「白昼夢」読みました。なんていうか、境界線があいまいな、いかにも「白昼
夢」って感じの短編ですね。大衆と男と主人公の温度差っていうか、奇妙なず
れみたいのが怖いというか、薄ら寒かった。すごい良かったです。
ケルト音楽というと、チーフタンズとかロリーナとかですね。僕もケルト系、
大好きです。あまり持ってないけれど、あの透明感と切なさが好きです。

>アキさん
買った短編集には「芋虫」も入ってたんですが、僕の乱歩的イメージというと
まさにこれでした。強烈ですね。「偉大な肉ゴマ」とか「ユルス」とか、言葉
づかいと使うシチュエーションがちょっと怖すぎます。あの時代に人間をあそ
こまで深く抉ってるって、やっぱり凄いです。心理描写のいちいちに、リアリ
ティー感じますね。これも良かった。凄く良かった。乱歩凄い。

>高橋絵美さん
こんにちわ、久しぶりです。こちらの状況は、数ヶ月前とまったくかわってお
りませんです、はい(笑)。院試に向けて、今はせっせと英米文学の古典を読
んでます。

>宮本輝
「春の夢」は良いですよね。初めて読んだときは、「青が散る」よりも好きだ
ったな。トカゲがなんとも良いです。僕は最近は「私たちが好きだったこと」
を推してます。なんか優しいというか、素敵な小説です。「流転の海」は言わ
ずもがなですが傑作。

>本間さん
えぇ!?僕のどの言葉がボケてますかぁ?・・・などと白々しいことはやめま
すです。観念しました。お縄を頂戴します。

>くつさん
ありがとうございます。でも、先日教授に「バランスが悪い」って突き返され
ました。忙しいんだからさっさと通してくれよな・・・と、思います(苦笑)
。僕の趣味は相変わらずです。メタルも聞けば、ジャズも聞いてます。15日公
開ですんで、よろしくです。くつさんところはこの後行ってみますね。

[2738]くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 1999/11/09 Tue 23:59:40
最近運動不足ですね、完全に。店の中を歩いて入るんではいるんですけどね。
年末の忙しさが、大変そうです。正月はないです(笑)。
きっと2000年なんて、あんまり意識しないまま、
「あ、明日も仕事だ。」みたいな感じなんでしょうね(笑)。

本間さん>
麻耶雄高の作品は、まだ2冊しか読んでいませんが、
結構好きですね。デビュー作で、『メルカトル鮎最後の事件』
というサブタイトルが付いているのは、思わず「?」と
思いましたけどね(笑)。意外と気楽に読めたので、そこが
良かったですよ。京極は結構気合いを入れて読みますから(笑)。

tbさん>
卒論終了おめでとうございます。最近はめっきり、メタル離れ
をおこしておりますが、音楽は聴き続けております。
最近のお気に入りは、HPに書いてあるので、良かったら
読んでみてください。HP再開楽しみにしてます。

[2737]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/09 Tue 22:30:04
 うちの電話はISDNで、TAに着信番号表示機能があります。つまり通知状態
にしている番号が出るのですが、留守の間に知らない番号から電話来てると嫌です
ね。先物取引もマンションもいらないってば。

◎tbさんへ
 突っ込みにくいボケはやめるように(笑)。HPのリニューアル、楽しみにして
いますね。

◎オザキさんへ
 遊んでいるだけではなく、ちゃんと勉強もしているようでほっとしました。
 日本の仏教に関しては、これ以上書くと京極堂みたいな人が出てきて長々と書か
れてしまいそうだ。でも亡くなってから悲しむよりは、生きている時にちゃんと接
しようね。今を生きる、です。

◎高橋さんへ
 キングは世界最強のストーリーテラーの一人です。存分にお楽しみ下さい。特に
長編はどれも読み応え十分ですよ。私も何年かかけて、ゆっくり全作読破しようか
と思ってます。
 過ぎた事はもういいのです。次は14日だ!

◎ぶるーうさんへ
 「青が散る」から入ったんですね。大学生が読むと、同年代なので比較的入りや
すいでしょうし、いい選択だと思いますよ。
 私も旅行行くと、街をぶらぶらするのが好きです。半日も歩いていると、大体の
地理は分かりますしね。

◎アキさんへ
 乱丁は貴重といえば貴重ですが、ないに越した事はないですよね。当たり前です
けど。ひどい文庫になると同じ文章の繰り返しや、話が戻ったりするのも前にあり
ました。「春の夢」は私も結構好きですね。

◎ねじさんへ
 高橋さんとほとんど同時だったのかな? うちのカウンターは信用出来るのか、
ちょっと心配になってきました(笑)。
 「カンガルー日和」は私も一押しの短編集です。いいですよね。

◎こたつみかんさんへ
 力士の人は巡業の時、飲み屋に行くといくらでもいます。一緒に飲みたかったら
いろいろ店を探してみるのが吉でしょう。でもさわっちゃだめですよ(笑)。
 そちらの掲示板に書こうと思ったのですが、恩田陸未読ならぜひどうぞ。「光の
帝国」と「三月は深き紅の淵を」の2冊は絶品です。気に入らなかったら私が返金
保証してもいいくらい。みかんさんの好みだときっと気に入りますよ。

[2736]こたつみかん@仕事さぼり中 さん(mobita@msi.biglobe.ne.jp) 1999/11/09 Tue 14:54:01
こんにちは。今朝もお相撲さんと同じバスに乗り合わせました。九州在住こたつみ
かんです。お相撲さんって、なんか触ってみたくなりますね。バスの中でそんなこ
としたら痴漢ですけど(笑)

>高橋絵美さん
  「グリーンマイル」いいですよねえ。私はおととい古本屋さんで「痩せゆく
  男」を買いました。わくわくー。キングは未読の作品がいっぱいあるので大 
  変。老後の楽しみにしよう(笑)


[2735] ねじ さん(b11j080@isc.senshu-u.ac.jp) 1999/11/09 Tue 14:44:53
春樹さんサイトを巡っていたら、トップカウンタ「111111」をとってしまい
ました。エースのフォーカードプラスツーペアです。なかなかの札ですね(^−^
)。

記念カキコだけでは淋しいのでもう少し。村上作品では「カンガルー日和」と「ダ
ンス・ダンス・ダンス」が好きです。最近読んだ1番厚い本は小野不由美の「屍鬼
」、1番薄い本は長野まゆみの「少年アリス」でした。

それでは〜。






[2734] 高橋 絵美 さん(e-t@rg7.so-net.ne.jp) 1999/11/09 Tue 14:30:23
 不意にここに訪れてみると、1が6つ並んでました。
111111人達成、おめでとうございます。

>ぶるーうさん。
 初めまして、こんにちは。高橋は今のところ、
青春(19歳は、まだ青春ですかね?)の坂道を
転落中です。頑張ります。

>アキさん。
 「春の夢」、私も好きです。乱丁で28ページないとは
すごいですね。でも、自分がとかげになったとこを
想像すると、なんかせつなくなります。


[2733] アキ さん(aki‐room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/11/09 Tue 13:52:00
ぶるーうさん>
芋虫すきなわけじゃないんですう。薦めるけど怖いです。でもアレじゃ超イチオシ
みたいに見えますね。ある意味イチオシなんですが、少年探偵団あがりですから。
ハイ。宮本輝は「春の夢」が好きです。程よいですよ。何もかも。余談ですが、
私、乱丁のため途中が28P抜けた「春の夢」を持っています。貴重?

[2732] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/09 Tue 08:50:54
 おはようございマッスル。だじゃれ大好き、ぶるーうです(なんのこっちゃ)。
 
 さて、個人的にただいま大注目の宮本輝さんですが、まずは「青が散る」を読み
はじめてます。この小説はバス停へと続く大学の坂道をはじめ、そのほか実にたく
さんの坂道が登場して来ますね。坂道というのはなんだか情緒があって僕はとても
好きです。
 2年ほど前にともだちと長崎へ旅行したことがあるのですが、市内はうわさに聞
いていたとおり坂道が多くて(というより、ほとんど坂道だ)一日中表通りから裏
通りへ、公園を抜けてまた表通りへ、喫茶店でコーヒーを飲んでまた街を歩い
て・・・というようにずうっと興奮しながら坂道を登ったり下ったりしていたのを
思い出します(これじゃほとんどあほですね)。
 話しはもとに戻りますが、小説を読んでいて坂道が出て来るたびに「青春って坂
道の上り下り、そのものなんだよなあ」と思います(グミチョコ、パインじゃない
けど)。自分ではせっせと登っているつもりでもふとしたことで坂道を一気に滑り
落ちたり、今度こそしっかり登るぞ、と慎重に登っていると結果として下っている
自分に気付いたり、やけを起こして逆に下ろうとすると、うまく登るこつを覚えた
り・・・。そんなことを考えているので、なかなか先に進みません。スロー・ペー
スです。まさに人間のらくだ(笑)。

(アキさんへ)
 「芋虫」もちろん僕も読みました.でも、あの作品は乱歩のグロテスクな部分を
凝縮したような作品で、素直にすきとは言えません(いつになく弱気な僕).

(オザキサンヘ)
 いえいえ.こちらからもよろしくお願いします.法事の件はかなり適当に思いつ
くままに書いてしまってただいま悔やんでいるところです(笑)

(tbさんへ)
 民族音楽では今はケルトなどが良いかなあと思っています.今度ホームページを
のぞきに参りたいと思っています.

[2731] 高橋 絵美 さん(e-t@rg7.so-net.ne.jp) 1999/11/09 Tue 01:21:43
 本間さん、みなさん、こんにちは。
久しぶりにおじゃまします。高橋です。
最近は、スティーブン キングにはまりかけてます。
『グリーンマイル』、最高でした。
これからもよろしくお願いします。
変な書き込みで申し訳ありません。

>本間さん
 とうとう、こちらの掲示板にも久しぶりに登場してみました。
7日のことは、私としては、残念な結果となりました。
次も頑張りたいと思います。

>tb さん 
 御無沙汰してます。高橋です。
最近は、大学院に行くのをやめることにした高橋です。
そちらの様子はどうですか??


[2730] アキ さん(aki‐room@biglobe.ne.jp) 1999/11/08 Mon 22:55:25
江戸川乱歩>
江戸川乱歩なら「芋虫」でしょー。すごい威力っすよー。これもとても短いし、一
読の価値ありです。でも威力あるので、弱ってる人は読んじゃダメです。失恋直後
とか、もってのほかです。コレホントヨ。

[2729] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/11/08 Mon 21:17:42
なんだかここに書きこむのは久しぶりのような気がします。
というのも、最近本を読んでいない!
10月は1冊も読まなかったのでは??

いやいや、何冊かは読みました。小此木啓吾さんという、フロイトの研究をしてい
る慶応の精神医の先生の本を何冊か。かなり面白かったです。個人的にはフロイト
よりもユングのほうに興味があるのですが、小此木先生独自の視点とか現代日本の
社会病理を書き表した説がすごく面白かったです。

>ぶるーうさん
はじめまして。どうやら僕のほうがほんの少しだけ年上でほとんど同世代のようで
す。よろしくお願いします。

親戚連中が集まるとかならず飲まされますよね。僕はそれを予見(?)して、率先
してビール飲んだり煙草吸ったりしていました。高校2年の冬。さすがに呆れられま
したけど(笑)

ドイツ語は早く取ってしまったほうが無難です。3年になってもフランス語に悩まさ
れているおバカがどこかにいますんで。

>お葬式
日本の仏教は、仏教であって仏教でないのだと思います。あまりにも長く日本に定
着してしまったために宗教としての規律や救い・癒しが失われ、家制度の骨格とし
ての形式だけが残ったって感じでしょう。社会制度を維持するための装置ってやつ
ですな。
今でいうところの学校のイデオロギーフォーム的役割のようなものです。社会学を
やってるとここの所を突き詰めなきゃならないのですが、あまり気にしすぎても胃
がもたれます。


[2728] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/11/08 Mon 20:53:28
寒いですねえ。寒い。
とても自分がアフリカにいるとは思えません。

>ぶるーうさん
はじめまして。tbと言います。本家(と言うのだろうか?)エドガー・アラン・
ポーは、ちょっとした理由もあって、多分二週間後くらいからまとめて読みは
じめるんですが、江戸川乱歩と言うと、小学生時代に明智小五郎&小林少年シ
リーズを読んだだけです。オススメしていただいてありがとう。是非読んでみ
ようと思います。「白昼夢」ですね。いかにも僕好みの題名です(笑)
音楽に関して、たくさん聴いてるのは趣味が高じただけのことなので、尊敬と
いわれると、ちょっと後ろめたい気が・・・義務も何もかも放り出して、小説
と本ばっかりですから、あんまり誇れたものではないです(苦笑)。僕は小学
生の時ロックを聴いて以来、中心はやっぱりロック系ですが、他にもジャズと
クラシックが好きです。民族系の音楽も好きで、タンゴとかも聴きます。最近
はKORNみたいなヘヴィーなものと、気合が抜けるようなお気楽系ロックと、繊
細で荘厳なアルゼンチンタンゴの間で、ふらふらしてます。15日にリニューア
ル公開予定のホームページでは、小説と並んでその辺の音楽を取り上げてます
ので、また覗いてやってください。

[2727]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/08 Mon 16:09:04
 昨日は披露宴から延々3時まで飲んでいたので、なかなか酒が抜けません。

◎怪人さんへ
 文庫新刊は出ていましたけどね。新作となると、奥さんとの共著が今月出るとい
う話だけど、もう出たのかな?
 探していた本が見つかって良かったですね。そういう時は嬉しいものです。

◎ぶるーうさんへ
 飲みたくなければ断ればいいんですよ。それだけの話です。それを大人への一般
論にすり替えるのはアンフェア。
 まあ、そうは言ってもずっと年上の親戚の人にはっきり物を言うのはその歳では
難しいでしょうし、何かと大変な年頃ですよね。

[2726] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/08 Mon 08:54:24
グーテンモルゲン.ドイツ語の課題がたまっていて朝から憂鬱なぶるーうです.

(本間さんへ)
 大人の意見、ありがとうございました.ちょっと前に「ライ麦畑」を読んでいた
ので、なんでもかんでも大人に反発したくなっていたのかもしれません(でも僕に
集中して酒を飲ませるのはなあ・・・)

(tbさんへ)
 間違えました.ただしくは「白昼夢」でした。たった5分で読める短編の中では一
番好きな作品です.なれると1分で読めます(どうでもいいけど)。

アンナ・カレーニナを読み終わってかなりぐったり来ていたので、昨日の夜はのん
びりとTVでバレーボール観戦をしておりました.ロシア、やっぱり強いですね.で
も相変わらずロシアの選手の名前はややこしかったです.


[2725]オペラ座の怪人 さん(fwjc7616@mb.infoweb.ne.jp) 1999/11/07 Sun 03:45:16
こんにちわ。半年ぶりぐらいです。ちーっす。
東京で親が村上春樹の新作を見たっていうんですけど、何か出ましたか?
うーん 最近は本を読んでなかったんですが、昨日津田沼の丸善で「魔法のホウ
キ」がありました。春樹翻訳ってだけじゃなくて絵が好きで、前から探していたん
ですが、「西風号の冒険」とあわせておいてあった。さっそく取っといてもらいま
した。前に読んだのは図書館で、しかも持ち出し禁止図書扱い。本当にラッキー。

[2724]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/06 Sat 23:57:43
 さて、明日は友達の結婚式。洋風なのは久しぶりだな。

◎くつさんへ
 あいにくの雨で、というと私の大好きな麻耶雄高じゃないですか。ぜひ刊行順に
読むことをおすすめします。才能は京極以上。だけど10人読んだら9人は合わな
いだろうという感性の作家でもあります。
 島田荘司は王道を行く作家なので、ミステリーファンとしては必読です。
 工藤はどうだろうね。愛知出身なのでなくはないけど、動向に注目ですね。

◎いつきさんへ
 ジェイズバーというと、ふりふりさんのホームページですね。平均年齢はどうだ
ろう? こちらは半々くらいかな。
 「風の歌」の私の感想は、結構前に書いたものが感想ページにあるので、参照し
てみて下さい。

[2723] いつき さん(s6111433@ic.daito.ac.jp) 1999/11/06 Sat 11:21:35
はじめまして。
これまではジェイズ・バーの方にいたのですが、ちょっとこっちにも来てみまし
た。むこうは大学生中心なのですが、こちらは社会人中心なのかな、という雰囲気
があります。私は今、村上春樹の作品で卒業論文を書いています。題材は「風の歌
を聴け」です。みなさんのご感想、または研究結果を教えて下さい。

[2722] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 1999/11/06 Sat 01:09:52
前に買った『あいにくの雨で』を、医者で待ち時間に
読み始めたら、思っていた以上に面白くて、ほかの作品も
買いたくなってます。早く全作品文庫にならないかな。
とりあえず、次は『催眠』読んでから島田荘司に行こうかなと
思ってます。島田荘司ずーっと気になってるんですよ。
最近文庫化した作品。(名前忘れちゃいました)

本間さん>
工藤はやっぱりダイエー残留ですかね?
中日きたら、武田に続いて第2段なんですけどね(笑)。

[2721]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/05 Fri 23:30:30
 ここのとこ睡眠不足だったし、明日は夕方から勤務なので寝だめチャンス。

◎のたへ
 おつかれさま。ドラゴンズのV2は巨人がどれだけFAで取るかにかかっている
ことでしょう。
 貴志祐介と楡周平の新刊は、私も折を見て読む予定。

◎ぶるーうさんへ
 法事は、故人を忍んでみなが集まるという機会なので、別に飲み会になっても全
く構わないと思いますよ。普段信仰していないのに、ある機会だけお経をありがた
がるという方が、私には不思議です。
 宮本輝は小説ファンなら合うかなと思って勧めてます。他にもいろいろ勧めてい
たと思うけど、その人の好みが分からないまま勧めるのは難しいのです。

◎カムチャッカのアンカーさんへ
 それは何より。

◎こたつみかんさんへ
 本屋がバーゲンするという事は再販撤廃されない限り無理でしょうね。そして、
これが撤廃された時、メジャーな作家以外の小説はますます地方に流通しなくなる
でしょう。私は今でも本の価格は他の物価と比べて安いと思いますけどね。
 それはともかく、荷物が多いときの本は、本当に重く感じますね。私も来週こそ
読書モードに入ろうっと。

◎Akikoさんへ
 青山は結構村上作品に登場しますしね。でもお仕事で、という事なのでそんな自
由になる時間はなかったでしょうし。次回は行きたい所へ行けたらいいですね。
 そうか、もうすぐクリスマスか。全く一年は早いです。Akikoさんも寒いですが
お体に気を付けて下さい。

[2720] Akiko さん(kasuya@nmao.go.jp) 1999/11/05 Fri 22:47:18
今晩は!3日間の東京出張でした。渋谷、青山、原宿あたりでも仕事があった
ので、ついでに春樹さん「ゆかりの地」歩きも敢行したかったのですが、土地
勘もなく・・・「この辺かな〜」と思いつつ、同じ空気を吸って満足した、と
いう感じです。「ハイ・フィディリティ」読んでしまった、面白かったが次が
・・(しくしくしく)//「真夏の夜のジャズ」見たいです。50年代ジャズか
、良いですね>ぶる〜うさん<あんまり詳しくないけど。サラ・ボーンは?//
ところで、ポランスキー映画3本がビデオになって発売されるみたいで、(「
水の中のナイフ」とか)とても楽しみにしてます。クリスマスプレゼントにね
だってしまおう。 では、本間さんも皆様もどうぞお身体を大切に。 

[2719]こたつみかん さん(mobita@msi.biglobe.ne.jp) 1999/11/05 Fri 17:06:48
こんにちは。
今日は仕事がはやく終わったので、いざバーゲンへ!ブーツを買うつもりがなぜか
キッチンワゴンとまな板立てとクッションを買ってしまい、自分を見失ってます。
「2割引!!」の呼び込みが、本屋さんにだけはないんだよなあ。引いてよー。

で、山のような荷物をひきずってなおかつ、5冊ほど仕入れてきました。
「バビロンに帰る」文庫になってたんですね。自分を見失っているので、団鬼六ま
で買っちゃいましたよ。「美少年」(新潮文庫)です。yonda君にも手玉にと
られてます(笑)

>ぶるーうさん
  はじめまして。
  そうですかー、大槻さんから本読みの道に入られたのですね。偉いぞ。
  私も彼の作品はエッセイの方が好きです。(音楽もよいですよ)
  どうぞ私のHPにも遊びにいらしてください。
  宮本輝は、ほんとーにおすすめですよ。「流転の海」のシリーズは最高です。

[2718] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/05 Fri 09:02:23
 またまた朝から登場!のぶるーうです.今朝もコーヒーが上手い.やっぱりコー
ヒーは、ハンドドリップに限ります。

 昨日は講義もとっとと終わったので、暇にまかせてこの掲示板の昔の記録を読ん
でいました(斜め読みならぬ、スクロール読みだけど).
 いやー、いろんな勉強になりました.

(本間さんへ)
 しつこく(?)勧めてくださっている宮本輝を読んでみようと思いました.この掲
示板の皆さんのリアクションを読んでいると、とてもよさそうな作家であります.

(こたつみかんさんへ)
 いやあ、びっくりしましたよ.この掲示板にも大槻ケンヂファンがいらっしゃっ
たとは.僕が読書が好きになったきっかけはふとしたことで大槻ケンヂの本を読ん
だからなのです.
 既に出ている彼の文庫本は殆ど読破しました.なかでも「のほほん人間革命」は
何回読んでも楽しめます.彼はどちらかというとエッセイが上手なのだと思いま
す.あのつっこみは絶妙ですよね.「くるぐる使い」もすごくジーンと来たけど.

(tbさんへ)
 すごくたくさんの本だけでなく、音楽も聴いていらっしゃる事に対して、スゴク
尊敬してしまいます.実は僕は中学のときに洋楽にハマって以来、ずうっと音楽愛
好家です.もちろん、ロック、ジャズ、ブルース、ヒップホップ、リズム・アン
ド・ブルース、カントリー、テクノ、ドラムンベース、和風四畳半フォークなど、
なんでも聴きます.でも、今のところ、現代音楽と、クラシックと、フリー・ジャズ
はちょっと…という感じです.モーツァルトの弦楽四重奏曲は結構好きなんだけど
なあ.
 ちなみに、日本の耽美系では江戸川乱歩の「白日夢]が良いと思います.もうかれ
これ十回は読んでます.

[2717] カムチャッカのアンカー さん(j−yamauchi@mve.biglobe.ne.jp) 1999/11/05 Fri 00:59:29
3年B組きんぱち先生


[2716] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/04 Thu 08:56:37
おはようございます。朝型人間、ぶるーうです.

昨日はまったくひどい目に会いました.家の法事があったのですが、会食のとき親
類のおっさん、おばさんがたに、ここぞとばかりにお酒を飲まされました.真っ昼
間から、ずうっとです.
かれらにとって、成人間近の若造は、格好のいじめられ役になるようです(ちくし
ょー).
ホントに、全く・・・あの世の人のことも少しは考えろよなあ.ホントに飲み会の
おまけにお坊さんのお経があるという感じです.日本ってほんとに不思議な国だ.

それで、このまま寝てしまってはせっかくの休日が無意味なものに終わってしま
う!ということで、千鳥足で(本当は自転車でだけど)TUTAYAにいって、ビデオを
2本「真夏の夜のジャズ]「スケア・クロウ]を真っ赤な顔しながら借りてまいりま
した.あまりに僕の顔が赤かったのでしょうか、店員さんも少しビビってました
(しかたないじゃんか)。
それで、昨日は一本だけ、「真夏の夜のジャズ]を観ました.僕は50年代モダン・
ジャズが結構好きなのでかなり楽しみました.びっくりしたのはアニタ・オデイは
じつは出っ歯だった事です.うーん。

今回は話が長くなってしまいましたが、それでは、ばいちゃ。

[2715] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/11/04 Thu 00:02:43
>本間さん
遅くなりましたが お疲れさまでした。
来年はもっと楽しくなるといいですね。(笑)

最近 井上尚登「T.R.Y」 楡周平「ターゲット」 貴志祐介「青い炎」
と単行本一気読みが続いて 幸せな毎日です。
この中では「T.R.Y」が一番よかったかな。宮部みゆきが褒めるだけあって
読ませるストーリーでした。次作も期待してしまいます。

[2714]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/03 Wed 23:58:49
 さっき晩ご飯食べ終わってお腹いっぱいです。

◎アキさんへ
 アクセス数は長くやってますから、自然に増えますよ。そういうもんです。
 読まなくてはいけない本というのは、私にもLAN関係とかあるのでしょうが、
放っておいて小説ばかり読んでます。読む行為くらいは自由にしたいので。

◎tbさんへ
 そうですね、まあそういう時期もあるのでしょう。そのうち、国内海外問わずに
自分の好みの小説が見つかるので、あまり気にしなくなると思いますよ。
 最近でもないけど、翻訳だと「五輪の薔薇」が読みたいのですが、ボリュームと
値段で躊躇してます。

◎10万人プレゼント
 いつのまにか11月になってしまったので、適当に抽選して当たった方にはメー
ル出しますね。なお、1番人気は「秘密」の5倍でした。人気あるんだなあ。

[2713] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/11/03 Wed 05:02:14
最近ほとんど日本の小説を読まなくなっちゃいました。これは喜ぶべきことな
のか悲しむべきことなのかイマイチ判然としないのですが、「ドグラマグラ」
みたいな、現代日本の古典ゴシック・耽美系列は読みたいなあ・・・と思って
ます。

スティーブン・ミルハウザーと言うアメリカの小説家の短編を読みました。こ
れも柴田元幸氏が訳されてるんですが、めちゃくちゃスゴイです。僕が読んだ
のは「アウグスト・エッシェンブルグ」と言う短編なのですが、文章から匂い
たつような巧緻な”美”がとにかく凄まじい。読んでてこんなに世界に引き込
まれたのって始めてかも。ファンタジーではなしに、ここまで現実から超越さ
せてくれるって、天才的な気がします。一発で気に入ってしまいました。「イ
ン・ザ・ペニー・アーケード」(白水Uブックス)に収録されてます。

あと、フランスのジャン・フィリップ・トゥーサンの三部作や、スザンナ・タマ
ーロの「心のおもむくままに」も読んだのですが、どれも最高でした。最近の
翻訳書は、ほんとに良いです。世界は広い。すっごくそれを実感します。

でも、全てのとりあえずの予定が終わったら、久しぶりに村上さんの作品が読
みたいなあ。

>アキさん
古いレスですが、CUBEは面白いですよね。あれ、僕の回りではスゴイ評判良い
ですよ。最近観た中では、「奇跡の海」が面白かったな。相変わらず映画ばっ
かり観てます。一週間に10本ほど。

[2712] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/11/03 Wed 00:42:36
こんばんは。ちょっとぶりで来たのに11万人を3ケタ超えている。10万人突破
記念とかあるのにスゴイですね。 読まなきゃいけないモノが多くて、読みたい本
が読めない今日このごろ。あー小説読みたい。

[2711]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/02 Tue 21:41:36
 今日は休みだったのでゆっくり本を2冊読んだところで飲みに来いとの電話。今
日はのんびりしたかったのになあ。

◎fjk600さんへ
 高村薫に関しては、デビュー前の話でしょう。今時ル・カレ読んでいるとは思え
ないので。それにデビューのきっかけとその後の話題になった談話からして、結構
研究しているはずですよ、日本のミステリー。
 個人的には「レディー・ジョーカー」ですっかり参りました。あの取材力と日本
人の内面を描ききる力には感服です。まあ何はともあれ、いろいろ読んでみて自分
なりの意見を持つことが大事だと思いますよ。

◎もも缶さんへ
 本を読んでいると手がかじかんでくる時期になりました。今日は4冊は読むぞと
はりきっていたんだけど、来ても来なくても6千円という理不尽な電話が来たので
出かけてきます。雪かきは2月になってからかな。
 今日の新聞で見たのですが「恋愛中毒」ドラマ化だそうです。主演は薬師丸ひろ
子。ストーリー紹介で話を割っているのでとほほでした。まあ見ないけど。
 寝るのもいいけど「タマリンドの木」池澤夏樹、文春文庫でも読んでみてね。途
中まで本のページを更新していて読後感を思い出したので。

[2710] もも缶 さん(vitamin@c.email.ne.jp) 1999/11/02 Tue 19:36:39
寒くなってきましたね。
本間さんはそろそろ雪かきの練習でもするのでしょうか。

最近は時間に余裕が出来てもあまり本を読んでいません。
時間があればあるだけ寝ています。いくらでも寝れるんですよね、不思議。
でも、さすがにこれではいかんと思って本屋に行き、山本文緒の本を3冊ほど
仕入れてきました。睡眠の合間にでも読もう。

最近新潮文庫を買っていないので三角マークが増えなくて悲しいです。
パンダは雲の上でヘミングウェイを読みながら笹を食べているらしい。
もぐもぐ。


[2709] fjk600 さん(fjk.wjec@attglobal.net) 1999/11/02 Tue 00:29:02
本間さん、コメントありがとうございます。

あまり、日本文学を知らないものですから、、外国物ばかり読んでましたので、

リビエラはなんとなくTomCrancyの世界のように感じられたものですから、、、参
考文献に関したら、彼のほうが、もっと詳細ではないでしょうか?また、彼女自
身、日本のミステリーはほとんど読まれておられず、グラハム・グリーンとかジョ
ン・ル・カレに傾倒されているそうです。彼女の作品の主人公の暗さと内面の強さ
は、クワイエットアメリカンそのもののように感じられます。(そう感じるのは、
私がほぼ同時期に、ベトナムに居たからかもしれませんが?)

現在、コーンウエルと同時に司馬遼太郎の「アメリカ素描」ってのを読んでいます
が、ここにも、日・欧の歴史的・文化的な異なりからの文学の違いがあるとの指摘
がありました。そういえば、司馬さんの作品は参考文献がとても多いですね。

彼女の原子力を扱った「業火」というのが日本で待っているので、楽しみです。



[2708]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/02 Tue 00:05:18
 ようやく明日は休みだ。

◎ぶるーうさんへ
 「夜の樹」はわりとよく名前聞きます。何で聞いたんだったっけなあ。村上さん
のエッセイにもカポーティについて触れていた文章があったと思うのですが、どれ
だか思い出せません。楽しんで読んで下さいね。

◎Akikoさんへ
 ふーん、通しで長編を読んだのですか。それは楽しそうな試みですね。私も単独
なら時々再読しますが、通しで読んだことはないですね。
 しかしそのカクテルって甘そうです。私ならオレンジジュースで割ってごくごく
飲んですぐ酔っぱらう事でしょう。

[2707] Akiko さん(kasuya@nmao.go.jp) 1999/11/01 Mon 21:08:14
今日は!ずいぶん間が開きましたが(途中に「俺、南進して」とか、新潮45
の陽水+町田対談、新潮「地震の後で」などが入った)、「ねじまき鳥」と「
スプートニク」再読了し、「風の歌を聴け」からの長篇読み直しが一段落しま
した。ということは、通勤時に「春樹ワールド」に没頭する楽しみが・・・失
われては寂しいため、ニック・ホーンヴィの「ハイ・フィディリティ」(新潮
文庫)購入(from村上ラジオ)。早く奥さんとの共著出ないかな! *ウィス
キーもいいけど、ボージョレ・ヌーボーの季節?夜長に美味しいワインがあっ
たら嬉しい。ウォッカ+氷+カルピス、っていう喉の焼けるカクテルを飲みな
がら。「カラマーゾフ」も良いですね。長く楽しめそう。でわでわ、リーベ・
グリュッセ!

[2706] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/11/01 Mon 08:48:24
おはようございます.あいかわらず朝の静寂な研究室から書きこんでいるぶるーう
です.
昨日の日曜日はロシア文学はちょっと休憩して、カポーティの短編を読んでいまし
た.「夜の樹」という新潮文庫です.
なかでも気に入ったのは、[銀の壜」というお話です.これからのクリスマスシーズ
ンにはぴったりの心温まるストーリーでした.
僕は思うのですが、カポーティの短編って村上春樹の短編の読後感ととても似てい
ます.読んでから数分後に、なんか心のふかいところにはいってきます.
それでは。ばいちゃ。

[2705]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/11/01 Mon 04:05:28
 なかなか更新出来なくてごめんなさい。火曜日は休みなのでその時にでも。

◎くーさんへ
 初めまして。「レキシントン」は文庫になりましたから、これを機に読まれた方
も多いのでしょうね。不思議な短編集です。
 しかしその通勤時間は凄いですね。私は小学校以来、電車で通学・通勤ってした
事ないので分からないのですが、確かにそれだけあると読書に向いてますね。
 くーさんにも読書の精が微笑みますように。

◎fjk600さんへ
 私は高村薫って凄く日本的な作家だと思いますよ。空虚な現代日本人を書くのが
巧い作家ですし。参考文献の多さが伝わってくる小説の書き方というのは日本作家
の一つの特徴だと思います。
 短編は「カンガルー日和」に収録されている「4月のある晴れた朝に100%の
女の子と出会うことについて」ですね。

[2704] fjk600 さん(fjk.wjec@attglobal.net) 1999/10/31 Sun 21:48:39
今日は、

トルコの総括を書くといって、、、いったん、その国を離れると日本での煩わし
さと、思い出が錯綜して上手く書けません。

なんか、ツアコンみたいですけど、今回は、ハノイから、フエ、ダナンまで約
650キロを走破し、再び空路ハノイに戻り、ホーチミン、シンガポールを経由して、
現在ジャカルタの定宿に引きこもり、休養を兼ねて読書三昧。高村薫の「リビエ
ラを撃て」をやっとさっき読了。この方のスタイルも日本的でない作家ですね。
プロットもすごいけど、政治、歴史、各都市の詳細、武器に関する造詣の深さは
感嘆するものがありますね。最後の最後まで、登場人物の食事の表現が無かった
のですけど、最後にさすが女性ライターという豪華な洋風日本食が出てきてほっ
としました。

次は、読みかけてほったらかしていたコーンウエルの「Hornet'sNet」に入りま
す。

ところで、中国系オランダ人で、現在、台北に留学している友人が、次のような
村上関連のHPを送ってくれましたが、これは、何という短編なのでしょうか?

http://www.geocities.com/Paris/Metro/6358/story.html



[2703] くー さん(hbanno@kk.iij4u.or.jp) 1999/10/30 Sat 19:06:29
はじめまして。さいきんやっと「レキシントンの幽霊」を読み終えた
くーと申します。どうぞよろしくおねがいします。

社会に出たらロシア文学は・・というお話。
わたしフルタイムで働いておりますが、このあいだ「カラマーゾフの兄弟」を
読み終えました。これもひとえに通勤時間が1時間40分もあるお陰です。
電車の中ってめちゃくちゃ本が読めますよ!
お勧めですが、御察しのようにそれ以外にいいことなんて、ひとっつもありませ
ん。
ので、最近引っ越してしまいました。今度は電車で10分。
それでも本は読んでますけど。
みなさまに読書の精が微笑みますように。


[2702]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/29 Fri 23:58:07
 昨夜は「また来年」が合い言葉でした。星野監督辞めないで!

◎田崎さんへ
 本を紹介していただいてありがとうございます。機会があったら読んでみます。
 野球はこんなもんです。短期決戦なのでふとしたきっかけで決まります。
 「イギリス人の患者」は映画よりずっと小説の方がいいですよ。じっくり読まれ
て下さい。

◎ぶるーうさんへ
 初めまして。北陸ですか。四国と共にまだ訪れた事がない地域です。一度は行っ
てみたいのですが。
 「アンナ・カレーニナ」は短編「眠り」で出てきて以来、読もう読もうとは思っ
ているのですが、興味ある現代小説追っかけているだけで精一杯です。プルースト
と共に興味はあるのですけどね。
 ここ仙台もずいぶん冬に近づいてきました。私も嫌いな季節じゃないけど、朝が
辛い時期ではあります。特に朝から出勤の時は。

◎のりこさんへ
 今日の名古屋もずいぶん暖かかったです。半袖でもいいくらい。
 森茉莉のおすすめありがとうございます。「カラフル」は評判の良い児童文学で
すが、よく考えると森絵都だったような気がします。森博嗣と森雅裕くらい違いま
したね。まずは古本屋で探してみます。

◎くつさんへ
 星野監督も言ってましたが、これによって公式戦135試合が否定されるもので
はないので、今年一年ありがとう、ですね。関川も最後は活躍したし、山崎もいな
かったし、また来年です。
 ダイエーのバーゲンは話題ですからね。業界全体が活気づいたらいいですね。

◎こたつみかんさんへ
 まあ鳩とかウィスキーメーカーに身売りされると困るから、今年は花を持たせま
しょう。でもダイエー、確かに強かったですよ。特に秋山と小久保はいいバッター
だ。ピッチャーは工藤とペトラザは確かにいい。篠原は案外だったけど。日本シリ
ーズ関連は旅行のとこか何かでその内まとめます。
 森茉莉の件は了解です。幸田文や津島園子パターンですね。

[2701]こたつみかん さん(mobita@msi.biglobe.ne.jp) 1999/10/29 Fri 18:24:31
ダイエー優勝おめでとう!

>本間さん
  ひつまぶしは涙の味がしたのでは?(笑)
  でも正直いうと、土曜日に地元で胴上げしたかったなあ。
  ところで、森茉莉さんというのは、かの森鴎外さんのお嬢さん
  なのですよ。「カラフル」っていうのは知らないんですが。
  うっとりした妄想がてんこもりで、私はとても好きです。

>のりこさん
  そうですか。図書館だったのですね。
  森茉莉ファンとしては、いつかは揃えたいですよねえ、全集。
  私はやっぱりエッセイが好きで、「貧乏サヴァラン」なんて
  わくわくです。その流れで、群ようこの「贅沢貧乏のマリア」
  も読みましたが、これ、爆笑でした。
  あとは、森類さんの「鴎外の子供たち」なんかもからめて読むと
  面白いですよ。
  森茉莉さんって、色の描写にうっとり、ですね。

[2700] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/10/29 Fri 08:56:00
おはようございます。みなさま。あまりにも朝早く学校に着いてしまったので、誰
もいない静かな研究室から書き込みをしています.

(田崎さんへ)
そうですかあ。社会に出たらロシア文学は読めませんか.うーん、でも技術系の会
社に就職すると決まったわけではないし….まあ、とりあえず今は楽しい事を自分
で見つけて心置きなくやっていようと思っています.

もうすっかり北陸地方では冬の気配が近づいてきました.昨日、学校帰りに駅から
外へ出たとき、息が白くなって重苦しい夜の空へ吸いこまれていきました.コート
に身を包んでいる女性の方、サラリーマンの方を見ると季節の移り変わりを感じて
しまいます.
この時期って結構好きです.

[2699]田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/10/29 Fri 01:17:49
 本間さん始め中日ファンの方々ごめんなさい、先回の書きこみで日本シリーズ盛
り上がってよい、と書いたらあっさりダイエーが優勝してしまいました。第三戦が
終わった時点では、盛り上がると思ったのだけど。
 今、「イギリス人の患者」を読んでます、珍しくのんびりと進めてます。

>ぶるーうさん
私もその昔、工学系の学生でした。本読みはたしかに少ないですね。でも今ならこ
うやって、ネット中で本の話ができていいな と思います。我々のころはこんなも
のはなかった。ロシア文学なんて読んでられるのは、学生のうちだと思いますよ。
技術系会社員はあんまり腰を落ち着けて本読めず、複雑な人間関係のものは読む気
も起こらない。

[2698] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 1999/10/28 Thu 23:06:48
中日負けてしまいましたね・・・。
職業柄、この時期のダイエーの優勝は
きついです。同じ業界ですから。
また来年も中日、がんばってほしいですね。

[2697] のりこ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/10/28 Thu 19:45:30
昨日とはうって変わって、気持ちの良い天気の今日でした。
こんな日は仕事しないで、のんびりと公園で読書でもしたいものです。

本間さんへ
森茉莉の入門オススメ編として、わりに軽く読める
エッセイ集の『父の帽子』はいかがでしょうか。
文体にかなり癖があるので、小説は読みにくいかもしれません。
私は『枯葉の寝床』という小説が、読んだ中では一番好きです。
切ない、愛のお話です。(でも、人によっては、もしかして
かなりの拒否反応があるかも?!)

こたつみかんさんへ
こんにちは。残念ながら、全集は私のものではありません。
-うらやましがらせ損-させてしまいましたね。ごめんなさい。
実は図書館で借りて読んでいます。
図書館って、自治体によってホント充実度が全然違いますよね〜。
私もこたつみかんさんと同じで、いつかは全集をそろえたいと思っています。
(返却日を気にしながら読むのも、つらいものがあるので。)
読むたびに、その記憶力の良さと(演出も多少あるだろうが)、
描写の素晴らしさに、感動してしまいます。


[2696] ぶるーう さん(blueu@mail.goo.ne.jp) 1999/10/28 Thu 12:35:00
こんにちは.初めまして.実は今までインターネットの存在は知っていたのです
が、こんなに村上春樹さんのファンが集っているページの存在は知りませんでし
た.深く感動しているところです.
これからゆっくり見せてもらいます.
なんか、やけに堅苦しい文章になってしまいましたが、まあはじめのご挨拶とし
て.
僕はとある北陸地方の田舎に住んでいる工学系の学生です.なにせ工学系の友達が
ほとんどなので、わりと文学好きの僕としては本の話ができる友達がいなくて、非
常に悲しいです.これからちょくちょく遊びに来ると思うので、なにとぞよろし
く。
実は今トルストイの「アンナ・カレーニナ]を読んでいるところです.ロシア文学は
相変わらず登場人物の名前(及び愛称)がややこしくて、一日でもほったらかすとす
ぐ誰が誰だか忘れてしまいます。でもとっても素晴らしい小説です.特にリョーヴ
ィンに、深く感情移入してしまいます.もう少しで読み終えるぞお。


[2695] アキ さん(aki-room@mvvc.biglobe.ne.jp) 1999/10/27 Wed 22:01:43
ういすけさん>
「船を建てる」は集英社ぶーけワイドコミックで全6巻で出ています。あしかの煙
草とコーヒーのお話です。(こうやって書くと何のことかさっぱり分からないです
ね)。同じ作者の書いた人間モノは、ちょっとシドとナンシー系のものが多くて私
的にはあしかモノの方が好きです。

[2694]田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/10/27 Wed 07:44:00
日本シリーズ盛り上がってますねえ。どっちのファンでもない私はこういう感じが
面白くていいです。

>本間さん、ユキさん
ル・グウィンの母親シオドーラ・クローバーが書いた「イシ・北米最後の野生イン
ディアン」という本が感動的です。父親のアルフレッド・クローバーも重要な登場
人物として出てきます。この本の後書きには「ゲド戦記」にも影響を与えていると
書いてありました。行方昭夫訳岩波同時代ライブラリーで出てます。
ノンフィクションなので、本間さんの守備範囲外かもしれませんが、他の方も含め
ぜひどうぞ。

[2693]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/26 Tue 23:35:50
 あまりにふがいないドラゴンズ。明日は打ってね。

◎ユーキさんへ
 その発想はいいですね。村上さん関連サイトが増えると私も嬉しいので、これか
らも更新頑張って下さい。ホームページ作っている内に、画像やファイルの扱いも
覚えるし、あまりパソコンに慣れていない人にはおすすめです。

◎名古屋
 へ明日から3日間行ってきますので、帰ってから更新等しますね。

[2692]ユーキ さん(yuhki@mvj.biglobe.ne.jp) 1999/10/26 Tue 03:56:56
以前から何度も見に来ていたのですが、書き込むのは初めてです。
「春樹堂」の掲示板まで来て、あえて言うまでもありませんが村上春樹さんの大フ
ァンです!村上さんのHPをいろいろ探して見ている内に、自分でもHPを作りた
くなってこのたび自分でもHPを作ってみました。なにしろファイルの保存の仕方
さえ知らなかった私なので少し苦戦しましたが・・・。
いろいろ感想文も書いてみたので、よろしければ見に来てください。

[2691]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/26 Tue 00:06:46
 仕事帰りです。今日の夜食はコンビニのおでん。おでんが美味しい季節ですね。

◎のりこさんへ
 日曜日など、公園の中でくつろいでいる家族連れなどを見ると、ほのぼのします
ね。暖かい昼下がりなどは特にそう思います。
 森茉莉の作品は読んだことないのですが、こたつみかんさんも推しているようで
すし、何か小説でおすすめがあれば教えて下さい。

◎こたつみかんさんへ
 「季節の記憶」は、私は一気に新幹線の中かどこかで読みました。出てくる人物
がのどかだけど一癖ある人ばかりなので、ついつい引き込まれてしまいます。まあ
散歩でもするついでにゆっくり読まれて下さいね。
 森茉莉は「カラフル」書いた人とは違うんですよね?

[2690]こたつみかん さん(mobita@msi.biglobe.ne.jp) 1999/10/25 Mon 19:08:00
こんにちは。
本間さんおすすめの、保坂和志「季節の記憶」を読んでいます。
じっくり読まなくちゃなので、遅々として進みません。

>のりこさん
  はじめまして。
  森茉莉の全集、持ってらっしゃるんですか?!羨ましい。
  私は、いつか自分へのご褒美として買う日まで(?)我慢しています。
  いいなあ。ちくま文庫の「ベスト・オブ・ドッキリチャンネル」は
  読んだのですが。いいですよねえ。
  森茉莉さんは、私は小説よりエッセイが好きです。かわいくて。
  私にとっても、憧れの人のひとりです。
  風邪引きさんの話題、あちこちでききますね。お大事に。

>ういすけさん
  こんにちは。
  『船を建てる』は、のりこさんも書いてらっしゃるように、
  「ぶーけ」に連載されていました。なので、ぶーけコミックスで
  探してみられたらいいと思います。
  私も記憶があやふやなんですけど、あしか(?)が主人公でしたよね? 

[2689] のりこ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/10/24 Sun 22:03:57
こんにちは。
今日は天気が良かったので、お弁当持って河原にいって遊んで来ました。
このところ急に冷え込んできたので、風邪を引いてしまいましたが
鼻水が止まらず困っています。
今は森茉莉全集の『ドッキリチャンネル』を読んでいます。なにせ本が
ぶ厚いので通勤電車向けではないのですが、がんばって読んでいます。
途中、吹き出してしまうこともしばしば。
なんてかわいらしい人なんだろうと、私の憧れの女性でもあります。
彼女の小説はもっと好きです。
描写の美しさにいつもうっとりとさせられています。
現実はともあれ、あの精神だけでもまねしたいものです。

ういすけさんへ
初めまして。『船を建てる』という漫画はたしか5〜7年前に『ぶ〜け』
に連載されていました。(年代はかなりあやしい)たしか、『すずきしほ』
といいう方が描かれていましたよね。独特の世界観をもった漫画で
絵もかなり上手だったように思います。
結婚してから、漫画を買って読むことはなくなりましたので、
その後の活躍は分かりません。ごめんなさい。
その内、詳しい方からのレスがあるかもしれませんね。

[2688]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/24 Sun 14:14:57
 昨日は結婚式で午後4時から延々飲んでました。日本シリーズは負けたようだけ
ど、今日はようやくテレビで応援出来るな。

◎ユキさんへ
 「レキシントン」ゆっくり読まれて下さいね。
 ル・グウィンは「空飛び猫」の作者だと思いますが、なるほど、そういう小説も
書いているんですね。ストーリー的には好みなので今度探してみます。

◎ういすけさんへ
 新入社員らしい初々しい感想ですね。仕事でのミスはともかく、車の事故は気を
付けて下さいね。高速時より低速時の四つ角やカーブが要注意です。
 マラソン雑誌はランナーか何かを実家の父が読んでいるのでちょこっと私も読み
ました。結構マラソンファンというのも多そうです。

[2687] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 1999/10/23 Sat 21:32:47
毎度ご無沙汰しておりました。最近とみに忙しいういすけです。

マジで仕事が終わらなくて、家に帰れません。(;;)
そのくせ実績としての進捗率は芳しくないときているものだから、最近かなりへこ
んでます。へこみついでに会社の車で事故りました。人身でなかったことだけが救
いですが、本当にもう!!!っと自分の運命を呪ってしまいそうです。(TT)

>マラソン雑誌 (最近ちょっと興味深かったこと)
かつて、どこかで村上氏がこれほど退屈な雑誌も珍しいと感心していたランニング
の専門雑誌。そんなの売ってるの?っと半ば信用していなかったのですが、昨日会
社帰りの地下鉄にて、私の隣に座ったおじさんが読んでました。
横目で見た初めて見るマラソン雑誌には、11月〜3月までのマラソン大会の一覧。走
友会なる投稿コーナー。給水場でのポイントと解説特集(図解)。お悩み相談コー
ナー。等、なかなか多彩なラインナップでした。
専門雑誌というものは、地味なくせにどうしてなかなか侮れません。
買ってみようとは思いませんが、おじさんから拝借して読んでみたかったです。

>漫 画 (最近気になっていること)
ずっと読みたいと思っていた(一冊だけ借りて読んだきりだった)漫画本のタイト
ルがようやく判明し、今度はそれを探す旅に出ようと目論んでいます。
「船を建てる」という単行本です。どなたかご存知ですか?

最近新しい本はろくに読んでいません。
しかし活字を読まないことは本来絶えがたく、この頃なぜか地域情報誌?(無料配
布の薄い新聞みたいなもの)をとても熱心に読んでいます。どうしてこんなに集中
して読んでいるのか。。。?自分でも自分自身がよく分かりません。

[2686] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/10/23 Sat 18:00:41
 『レキシントンの幽霊』買いました。これからしみじみ読むんだ〜。わくわく。
〒本間さんへ
 『ゲド戦記』はル・グウィンという人のファンタジーです。
お父さんが文化人類学者かなにかで伝統的な神話モチーフが織り込まれている
少年が精神的に成長して一人前の魔法使いになってゆくお話です。
 心理学をやっている友達にすすめられたのですがなかなかおもしろいですよ。
SFも書いているみたいです。

〒なかて川さん
 駒沢大学の講演会ですか?帰りは地下鉄が混んで混んでしょうがなかったですが
やはり河合隼雄効果ですかね?卒論頑張って下さい。私もゼミ論頑張らねば。
「死生観」の比較文化みたいな事を考えているのですが村上さんのテキストは
私にとって「死」を考えるための重要なヒントを与えてくれます。


[2685]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/22 Fri 23:56:26
 明日は床屋行って結婚式出なきゃ。

◎さかさんへ
 その曲は私も昔探しましたが、見つかりませんでした。いい曲ですか。また探し
てみようかな。何年か前に「この世の果て」というドラマがあった時ひょっとして
かかるかもと思ったのですが、あまり関係なかったみたいですね。
 「世界の終わり」は私もベストです。年に一度ほど再読してますが、初めて読ん
だ時から経った時間を考えると、ちょっとしみじみします。

◎なばた社長さんへ
 もう長いことホームページ続けているので、段々とネタがなくなってきました。
村上さん関係をもっと充実させるのが当面の目標です。
 ホームページにはその内遊びに行きますね。

[2684]なばた社長 さん(mink2000@mail7.dddd.ne.jp) 1999/10/22 Fri 11:22:35
こんにちは。はじめてきました、純和風小説団体MINKのなばたというもの
です。
村上春樹さんについてのHP、かなり盛り上がっているみたいですね。すごい
です。ちなみに僕は風の歌を聴けがとても好きです。何だかすごい格好いいの
で。他の作品も当然好きですが。
もしよろしければ僕のHPにも来てみてください。村上春樹さんとは関係ない
ページですが、毎月0のつく日と祝日は新作小説掲載です。
掲示板を設置したばかりでまだ誰も書き込んでくれていないので、寂しくて、
もし訪れた際は書き込んでいただけたら嬉しいです。
それではまた。互いに頑張りましょう。

[2683] さか さん(sakaik@d2.dion.ne.jp) 1999/10/21 Thu 01:01:06
SKEETER DAVISの「THE END OF THE WORLD」
中古CD屋で苦労して探して初めて聞きました。
いい曲ですね。
この曲を聴くと「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
の「そこを越すことのできるのは鳥だけだった」という一節を思い出します。
最近、2回目読んでます。やっぱり僕にとって1番の小説ですね。

[2682]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/20 Wed 23:29:29
 暖房その一を使い始めました。夜は寒い。

◎なかて川さんへ
 「ノルウェイ」の他の作品との文体の違いですか。うーん、そういう観点で読ん
だことはないですから、何とも言えません。どうか頑張って下さい。

◎tbさんへ
 ごぶさたでした。卒論お疲れさま。tbさんの事だから力作が出来た事かと思いま
す。「キューブ」は見ましたよ。映画日記のどこかにありますが、あの不条理さと
低予算ながらアイディアの良さで私も楽しめました。
 久しぶりの読書、ゆっくりお楽しみ下さい。

◎職人Wさんへ
 4−1で中日なのに。特に1と5は確実に○だ。名古屋へは無理矢理休み作って
行ってまいります。
 「殺人鬼」はホラー映画好き綾辻の趣味パワー爆発小説ですので、本格ミステリ
ー好きには合わないかも。しかし新刊が出ないね。

[2681] 職人W さん(45@pop12.odn.ne.jp) 1999/10/20 Wed 00:55:35
本当に日本シリーズ行くんですか?いやはや…楽しんで来てくださいな。ちなみに
僕は4勝2敗で中日の優勝だと思ってます。当たるといいな…。ちなみに今は綾辻
行人の『殺人鬼』読んでます。冒頭から強烈な作品みたいですが、これも彼の一面
なので、まずは耐え忍んで読んでみるとしまょう。『塗仏の〜』はじつはまだ積読
状態。これ読んだらぼくの『読書の秋』が終わってしまう気がするので、当面ほっ
たらかしです。『殺人鬼』の次は『ねじまき鳥クロニクル』の再読でもしようか
な、と思ってる今日この頃です。

[2680] アキ さん(aki‐room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/10/19 Tue 23:37:49
「CUBE」観ましたー!フラフラ街を歩いてて時間があったのでツルッと観て、
開始7秒でやられました。周りに観た人いないし、大声ですすめるのもちょっと
なーって感じだったので嬉しい。こういう時インターネットの威力を思い知ります
ね。村上さんとカンケーないな・・・。ごめんなさい。

[2679] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/10/19 Tue 01:09:47
思わずメールアドレスのところにタイトルを書き込みそうになったくらい、こ
この掲示板ではご無沙汰してました。tbです。久しぶりに書き込みに来たのは
、卒業論文が仕上がったからです。まあ、仕上がったって言っても、まだ誤字
脱字はそのまま放ってあるし、担当教授にも全部は見せてないので、書き直し
をする箇所も出てくるのでしょうが、峠は越えたでしょう。久しぶりに精神的
な緊張感を味わえたのは、なかなか良かったです(ちょっと嘘)。しかし、こ
の後にもまだ50枚の論文があるのですよね(しくしく)

と言うわけで、最近は卒論関係の本ばっかり読んでました。多分40冊位でし
ょうか。その間に小説は一冊も読めませんでした。しかし、その代わりに今年
の夏休み&最近の娯楽は映画でした。多分夏休みと最近の分を合わせたら、7
0か80くらいは見たと思います。最近映画好きの友達の会話にも付いて行け
るようになって、ちょっとウレシイ今日このごろです。昨日はCUBEを観ました
。めちゃくちゃ面白かったです。ご覧になられた方はいますか?

さて、では今日は久しぶりに本を読みます。ミルハウザーか、サルトルの「嘔
吐」でも読もうと思います。いや、それよか疲れた頭に一服の清涼剤、村上さ
んの「世界の終わり〜」でも読もうかな。ではまた。

[2678] なかて川 さん(takuya20@excite.co.jp) 1999/10/18 Mon 18:04:30
 ぼくは今、卒業論文で「ノルウェイの森」の文体とその他の村上作品の文体
の違いについて調べています。文体とは文章の特徴のことです。
 そこでお願いなのですが、どんなちいさなことでもかまわないので気づいた
ことを教えてくれませんか?
 12月が卒論の締め切りでかなりやばい状態です。
 それではよろしくお願いします!

 ユキさんへ→ぼくも河合隼雄の講演いきました。あの声は落ち着くと
いうか、癒されるというか、そんな感じがしました。気のせいかもしれ
ませんが。


[2677]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/17 Sun 01:37:58
 急に寒くなりました。冬の予感ですね。

◎ユキさんへ
 河合隼雄は教育問題についてなどで、よく新聞で見かけるのですが講演会も面白
いんですか。私も一回聞きに行こうかな。仙台でも年に一回ほどやってますし。
 「ゲド戦記」は読んだことないですね。児童文学なんですか?

◎サリーちゃんへ
 私はチャットにいなかったのですが、どんどん打ってれば慣れますよ。
 女装はそうでしょうね。骨格と顔の大きさの問題だと思いますよ。もちろん逆も
また然り。

[2676] サリーちゃん さん(setoes@msn.com) 1999/10/17 Sun 00:56:29
初めてチャットを使った。うーん。私のパソコンの主な用途はメールだったから
なぁー。
つい最近、リリパットアーミー(中島らも主催の劇団)の男女入れ替え劇を見てき
た。女装って似合う人と似合わない人それぞれですねー。

ユキさんへ 私も河合さんは好きです。ついでに学生時代、お正月の郵便局でアルバ
イトした時、どこに住んでおられるかわかった。とりあえずその小さな町内の3分
の1ほどが河合さん宛ての手紙でびっくりした。奈良市の西部郵便局での話です。

[2675] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/10/16 Sat 15:23:50
 河合隼雄の講演会に行ってきました。色々な対談集で想像していたとおり
のしゃべり方でした。すごく面白かったです。
「思春期と青年期の心理」みたいなお題で、神戸のA少年の事件にも
ちょっと触れつつ、日本人の「自立」とか親子の関係なんかについて
「今の若い人は特に大変ですなあ」としゃべっていました。(でも内容は深い)
2時間くらいずーっと集中して聞いていたので疲れました。
春樹さんが信頼をおく、というか色々お話をしているのがなんとなくわかる
ような気がしました。人徳のような、オーラのようなものがじわじわ〜と
でているのがわかりました。
 
 今は「ゲド戦記」を読んでます。字が大きくて漢字も少なくて子供の頃に
戻ったみたいで、わくわくしながら読んでます。あと水木しげるの「憑き物百怪」
というのを読みました。電車のなかでじろじろ見られた。

[2674]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/16 Sat 03:00:27
 土日と仕事です。福島行きたかったなあ。

◎山田多美子さんへ
 写真に写っている全員の了承取ってなかったため、小さめのサイズです。元画像
欲しい方は連絡して下さい。
 映画関連では、今日新しいアンプを見てきました。パイオニアで19万、ヤマハ
で18万。うーん。このAVアンプがあると、下手な映画館より自宅で見る方が音
はいい位ですが、雰囲気的には映画館で見た方がいいですね。

◎ごえす・かすさんへ
 ごぶさたでした。
 「OUT」に限らず、心理描写が多い小説のドラマ化は一切見ない事にしていま
す。がっかりするのが嫌ですし。ただ、乱歩賞後に映像化された受賞作はそこそこ
良かったですよ。
 ハードボイルドに関しては、男性作家にも傑作多いです。まあ好みですが。

[2673] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 1999/10/16 Sat 01:48:20
こんばんわ。
かなり長い間、ご無沙汰しておりました。
仕事の忙しさに加え、体調崩したりなどなどで、しばらくPCの前に座ること自体
やめておりました。そろそろ退屈の虫が騒ぎ始めましたので、新鮮な空気をもとめ
て、またきました。
さて、今月は、主にフラナリー・オコーナーと桐野夏生を読みました。
「OUT」はドラマが放映され始めましたが、初回を見ただけでもうがっかり。
キャスティングがむちゃくちゃだし、ノリが軽いし、浅いし。
まあ、民放でゴールデンタイムに放映するドラマに、桐野夏生の、あの凄絶な世界
をそのまま再現するのは無理だということはわかりきっていましたが・・・。
「OUT」「柔らかな頬」など、夜10時くらいからNHKで「ドラマ人間模様」
なんかでやってもらった方が、僕にはピンときそうです。
しかし、それにしても、大方の男性作家のハードボイルド作品が、おしなべてロマ
ンチックで、甘さを包含しているのにくらべ、桐野さんの作品は、徹底して仮借な
く、孤独で、救いがなく、それがまた一種、爽快です。



[2672] 山田多美子 さん(cat11230@catline.or.jp) 1999/10/15 Fri 20:06:57
こんばんわ。
最近、心身ともにバテ気味の私です。
昨日までは東京は暑いくらいだったのですが、今日は急に寒くなり、なんだかもの
哀しいかんじです。だけど,本間さんの更新してくれた横浜オフの写真見て、不思議
と元気がでてきました。アップじゃなくてホントに感謝です。
遅くなりましたがマトリックス見ました。渋谷で1時間もならび、かなりつかれまし
たが、おもしろかったしキアヌもかっこよかったから、満足です。
本間さん、今度箱根だったら楽しそうですね。また参加したいです。

こたつみかんさん
大変遅くなりましたが、コーンウェルのすずめばちの巣はおもしろかったですよ。
(私にとっては、、)40才ぐらいで23才ぐらいの男の子と、、というのはちょっと
出来すぎているかなという感じはしますが、女として私としてはうまくいってほし
いとつい応援してしまいたくなります。

[2671] アキ さん(aki−room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/10/15 Fri 11:38:24
>あつしさん(かな?)
私もこの1冊は「世界の終わり」です。出掛けの慌ただしい時、今日のお供文庫に
迷ったらコレです。カバーがかけてあるので上下どちらかは運任せです。上巻なら
図書館の女の子に夕食を作ってあげるくだり、下巻ならイタリア料理を食べるトコ
からラストまでを読みます。(なんか超食いしん坊みたいだ・・・。)
「ノルウェイの森」を読むときはちょい恋愛モードに入ってる時です。元カレに
会ったとか。なに書いてんのかな、私(笑)。

[2670]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/15 Fri 04:24:06
 ビール飲みながら本読んでいたら、目が疲れてきました。

◎こたつみかんさんへ
 宇野千代とは渋めのとこを読んでますね。私はこれから若手で一押し、浦賀和宏
の新刊を読むことにします。
 シリーズチケットはiモードが取りやすかったようです。一般的には災害時指定
電話を使うと繋がりやすいですよ。一般電話よりは公衆電話です。こちらの方は、
18日発売なのですが、さてどうでしょう。

◎あつしさんへ
 初めまして。
 そうですね、私のこの一冊なら「世界の終わりと」かな。もう10年以上読み続
けていますが、やっぱりこれが私のベスト小説です。「ノルウェイ」はまた数年経
って再読してみると、違った感じがすると思いますよ。
 このホームページは空いた時間でこつこつやってますので、村上さん関連のコン
テンツはなかなか更新出来ません。長い目で見て下さいね。

[2669] あつし さん(fwng5079@mb.infoweb.ne.jp) 1999/10/14 Thu 19:55:30
はじめまして。今のところ22のあつしです。です。
「ノルウェーの森」を読んだのが20.あれからもう3年目を迎えようとしてます。
相変わらず自分のバックの中にはノルウェーの森が。
暇を見つけては、読んでいます。仕事中でも呼んでいるけど。
でもなんだか安心をするのです。
みなさんのそんな1冊ってなんですか?
 さて、挨拶が遅れてすみません。
本間さん。どうも、はじめまして。
そしてこれを見られた皆さんはじめまして。
ノルウェーの森をどんなときに他の人は読みたくなるのだろう。
とか、いろいろな事を考えていたら、HPをみればわかりそう。
なにかありそうとおもって、来てみました。
あった、あった。
というわけで・・・・
 このHP、これから満喫しに行ってきます。
わくわく>本間さん


[2668]こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/10/14 Thu 17:15:44
 こんにちは。今日は待ち時間に、宇野千代「不思議な事があるものだ」を、
読んでました。宇野千代さんって、なんだかまだ生きてるような気がしてしまいま
す。あんなおばーさんになりたいな。

>本間さん
  日本シリーズのチケットとれましたか?
  こっちは回線パンク状態で、ダメでした。
  私も猫の写真をアップしました。見にきてくださいねー。

>Akikoさん
  はじめまして。
  私も町蔵ファンです。ピース。でもライブは行ってないです。
  INUの時に見たかったなー。

 
 

[2667]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/13 Wed 04:00:08
 仕事帰りです。たまには真面目に更新しようかな。

◎さかさんへ
 就職決定おめでとうございます。
 村上さんの小説って「個人の物語」という感が強いのですが、合う人にはぴった
りとはまりますよね。いい小説は世の中にたくさんありますし、これを機にどんど
ん読まれて下さいね。
 「街とその不確かな壁」は早稲田文学に掲載されました。ただ単行本化されない
のにはそれなりの理由があると思いますよ。無理に探して読む必要はないかと。

◎ももさんへ
 猫とはたった今、夜食の焼きうどんを分け与えました。キャベツもちゃんと食べ
ることが判明。食後には水を出しておきました。
 画像は父上様もインターネットに出たいに違いないと思って。似てるとは昔から
言われます。天然パーマも父上からいただきました。
 弘前は小京都と言われるだけあって古い町並みが多いですが、城下町だけあって
ごちゃごちゃしてます。綺麗な辺りはるるぶとかに載ってますのでご覧あれ。

◎こたつみかんさんへ
 ふーん、確かに写真から推理するのは難しいでしょうね。まああまりばっちり出
すのもあれなので、小さめにしてはっきり載せないようにもしてますし。

◎オザキさんへ
 そうなんです。今日の社会面に詳しく載っていると思いますよ。パキスタンでク
ーデターがあったので、そちらと併せて熟読して下さい。でも15版じゃないと詳
しく載ってないかも。
 プレゼントの方は今月いっぱいですので、そのうちどうぞ。

[2666]オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/10/13 Wed 01:20:18
こんにちは。三浦綾子氏が亡くなられたそうですね。
大学1年のときに「氷点」を読んでうーんと考えさせられた覚えがあります。
それより前にテレビドラマで見たことがあり、すげー残酷な話しだなって思いまし
た。これを機に再読してみたいです。

おおっ、プレゼント企画ですかー。いいですね。
「秘密」はまだ読んでいないのです。応募しようっと。

>こたつみかんさん
推理してください(笑)


[2665]こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/10/12 Tue 17:16:18
 こんにちは。
 写真館見ました。誰が誰かを推理するのはとっても難しいー。
 みなさん名乗りをあげてください(笑)
 ただいま京極夏彦の新刊に、どっぷり浸かっています。
 「目目連」って、ゲゲゲの鬼太郎にでてきましたよね(笑)

[2664] もも さん(vitamin@c.email.ne.jp) 1999/10/12 Tue 07:00:11
更新したものみましたよ。
やっぱりあのにゃーがかわいいなぁ。いいな、いいな。
お父上まで載せちゃってどうかしたんですか(笑) でも似てます。
男の人って年とともにどんどん父親に似てきますよね。
本間さんは昔から似ていたのですか?

それと新寺町の町並みはとてもきれいなので驚きました。
弘前ってあんな感じなのですか。それともあそこだけ?


[2663] さか さん(sakaik@d2.dion.ne.jp) 1999/10/12 Tue 00:47:20
はじめまして。
やっと就職の決まった大学院生です。

僕が村上春樹さんの小説をはじめて読んだのは2年半くらい前です。
『レキシントンの幽霊』 が平積みにされていたのをなんとなく読んだのが
きっかけで、はまってしましました。
最近『レキシントンの幽霊』が文庫化されたので、そのころのことをよく思い
出します。
それ以前は、学校の感想文とか以外では小説を読んだことはなく、小説はあま
り好きではありませんでした。
でも、春樹さんの小説は国語が大の苦手科目だった僕でもどんどん読み進んで
しまいます。(読むのはとても遅いのですが)
春樹さんの小説をきっかけに文章に対する意識がかなり変わりました。

僕の一番好きな長編小説は『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーラン
ド』です。
『街とその不確かな壁』という 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダー
ランド』のもとになった作品が文芸誌のバックナンバーで読めるということな
んですが、いつのどの文芸誌に掲載されているのでしょうか。ご存じでしたら
教えて下さい。

読者&村上春樹フォーラム363で春樹さんが
>「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」にリンクしている
>長い物語を来年になったら腰を据えて書きたいと思っています。
ということをおっしゃていたので次期長編小説がとても楽し

[2662]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/11 Mon 23:14:33
 久々にたっぷり寝ました。12時間くらいかな。

◎Akikoさんへ
 どういたしまして。
 概ねチャットで話したのですが、長編楽しみですね。

◎のたへ
 映画祭事務局でやっているサイトの掲示板にも恩田陸希望と書いてきました。本
当に実現したらいいな。

◎ブレゼント
 トップページでもリンクしてますが、ささやかながらプレゼントを準備したので
未読の方はぜひメールして下さい。本当は図書券3000円分を10名に、とかぱ
ーとやればいいのでしょうが、最近貧乏なのです。

[2661] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/10/11 Mon 22:29:49
>本間さん
ミステリ映画祭 いいないいな。私も行きたかった。
大沢在昌と馳星周 お好きな人にはたまらない組み合わせですね。
来年こそは 親兄弟 質に入れてでも行くぞ。
来年のゲストは恩田陸を希望。

[2660] Akiko さん(kasuya@nmao.go.jp) 1999/10/10 Sun 23:58:22
わわ、すみませ〜ん>本間さん<ネタばれ、って何かな〜と思っていたのですが、
大ぼけ。なるほど筋がわかるとまずいか・・ しかし気になる、そのあたり。とい
うことで、次の長編とても楽しみ。(でも奥さんとの共著も楽しみ。「歩け、走る
な」もね)。

[2659]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/10 Sun 23:14:00
 盛岡からさっき帰ってきた本間です。いろいろ触発されてきました。この様子は
早ければ明日にでも更新します。

◎アキさんへ
 そのブルータスは発売当時はここでも話題になりました。wwwブルータスでも
見られたと思います。
 その綺麗な脚線美については、村上さんにメールしたら喜ばれると思うよ。ぜひ
ご本人に直接どうぞ。私的にも街で綺麗な脚の子を見るとちょっと幸せ。

◎Akikoさんへ
 その内容はまずいです。未読の人もいますからラストまで明かさないように。と
いう訳で私が差し替えましたのでご了承を。みなさん読んでいると思うけど一応。
 「世界の終わり」については直接の続編ではないけど、イメージを引き継ぐ長編
を来年にでも書くと朝日堂で読みました。楽しみですね。
 サイン会は私も今日並んでしまいました。持っている本を買ってです。この営業
法は確かに有効だ。

[2658] Akiko さん(kasuya@nmao.go.jp) 1999/10/10 Sun 17:22:59
ブルータス持ってるよ!>アキ//今日は、この頃まとめて春樹さんの小説を読み返
していて至福感にひたっています・・あと「ねじまき鳥クロニクル」と「スプート
ニクの恋人」を残すのみ。ところで、その後の「僕」はどうなったのか・・小説で
登場する主人公達は、「*」の姿? と、漠然とこういった疑問が頭を離れないの
ですけれど−。
//前回、町田康のサイン会に行ってしまった私。(春樹さんのサインないのに〜)
握手で感激でした。その昔、町蔵ライブに行ったことあります。ピース

[2657] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/10/10 Sun 00:06:03
ものすごく久し振りにキノクニヤに行ったら、村上さんのマラソン観が載っているブ
ルータスが置いてありました。うーん、いつの間に!?それにしても走る後ろ姿の脚
線美にビックリでした。マジ綺麗。って、こんなバディ系の見方したら本間堂出入り
禁止になっちゃいます?くわばらくわばら。

[2656]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/10 Sun 00:04:16
 明日は盛岡のミステリー映画祭へ行って来ます。東野圭吾と大沢在昌、馳星周の
トークショーが楽しみ。

◎no_3さんへ
 ごぶさたでした。
 京極夏彦は確かにインパクトありますね。デビュー作からしてあのストーリーで
すし。まとめて読むと面白さも増すと思いますので、順番に読んでいって下さい。

◎松屋さんへ
 ありがとうございます。
 村上さんは売れ行きの割に、そういう意見が多いですね。きっとみんな内緒にし
ているだけですよ。本好きの友達に聞いてみてはいかがでしょうか?
 「心臓を貫かれて」は文庫化されたので読まれる機会も増えるでしょうね。かな
りヘビーな内容ですが、読み応え十分ですよね。

◎きゅうさんへ
 広告批評に載っているんですか。それは意外な気がします。本屋で探して読んで
みますね。情報ありがとうございました。
 日本シリーズは4、5戦と名古屋へ行く予定です。問題はチケット取れるかどう
かですね。福岡は往復すると6万かかるので断念しました。

[2655] きゅう さん(monster_q@hotmai.com) 1999/10/09 Sat 23:15:11
ここに書きこむのはお久しぶり、のきゅうです。
今日、M.ギルモアの『心臓を突かれて』の文庫本を買ってきました。
未読本なので、ちょっとドキドキですが、これからの時期、ゆっくりと
読書にいそしもうかなと思っています。

ところで、今日広告批評の10月号を買ったのですが、村上さんの
ロング・インタヴューが載っていました。
まださわりしか読んでいないのですが、結構な量があるようで
こちらも楽しみです。さらに、奈良美智さんの絵やいろいろな方の
インタヴューも載っていて、私はすごく楽しめました。
大きい本屋さんで手に入ると思います。

>本間さん
日本シリーズはチケット取れました?もしかして福岡まで
行くつもりだったりして(笑)。王監督は続投が決まったし、楽しみです。

>ユキさん
お久しぶりです。いろいろ大変だったようですが、お元気でしょうか?
私は調査は台風に振りまわされて大変でした(涙)。
辻仁成さんと江國香織さんの本は『冷静と情熱の間』だったと思います。
ちょっと自信ないですが(苦笑)。両方はさすがに買えないです。

[2654] 松屋 さん(komatu@zephyr.dti.ne.jp) 1999/10/09 Sat 21:59:51
 はじめまして。大学生の女の子です。
ここ、面白いですね。私は周りにファンがいないので、さみしー日々を送ってま
す。今は「心臓を貫かれて」を再度読み返してます。


[2653]no_3 さん(digital@guitar.ne.jp) 1999/10/09 Sat 04:17:30
どうもお久しぶりっす。
最近は京極夏彦さんの本にはまっておりました。
なんか日本人の作家で、久々のヒットです。

ユキさん
 「約束された場所で」を読むと、オウムもある意味かわいそうなのかなぁ・・・
 なんて思ったりしませんか?
 
末端の信者はいわゆる普通の宗教と同じ感覚で入信したのだろうと。
麻原にも魅力があったのだろうし、どこか社会の中で馴染めない人が救いを求めた
のかなぁと。
でもカリスマ的存在で在り続けようとする事によって教主は自身を失い、
科学やトリックに走り、信者は違和感や不満を感じながらも居心地の良い教団から
離れる事が出来なかったのではないかなぁ・・・なんて考えちゃいました。
現実として現在のオウム教徒の幾人かはオウムの良いところ(良かったところ)を
残そうとしているのではないかなぁと思います。
でも迫害されるのはそうした信者であり、麻原は檻の中で黙ってる。
日本の社会システムだって似たようなものかもしれないけど・・・。

長くなってすみません。あの本には凄く考えさせられたもので。

[2652]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/09 Sat 00:03:26
 しかしキャベツという野菜は偉い野菜だ。美味しいし。

◎ももさんへ
 寝たのは8時30分だったかな。寝不足の日々だったし。
 小説は気に入っていただいて何より。ほんわかと心が温まる小説ですよね。読み
終わった後、誰かに手紙を書きたくなりました。
 タイ料理屋ですか。ふーん、実在するんだ。しかしあの失恋の話も切ない。男は
ああいうタイプに弱いんだよな。

◎ユキさんへ
 それは早稲田にあるアイヌ料理屋ですか? 何かで記事を読みました。
 サイン会は人が多いとくじけそうになりますよね。
 オウムはまだまだ終わってないですね。名称変更をするしないでもめてますし。
「物語」はいつの時代でも存在しますよ。私は何度も言っている通り、物語の力を
信じてますし。

[2651] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/10/08 Fri 17:25:17
 今日は朝の5時にやっと眠れました。友達とおいしいアイヌ料理店に行って、
食べ過ぎちゃったので胸焼けしたのです。反省。

 去る10月2日に町田の有隣堂で辻仁成さんと江國香織さんのサイン会が
あったみたいなのですが(男性側からと女性側からそれぞれ同一の話を書いた小説
・・タイトルが長いので忘れちゃいました)その本屋が入っているルミネという
ファッションビルができたばかりで、平日でもえらい人出なので結局行きませんで
した。本も高いし。なんだか負け犬ですねえ。

 「約束された場所で」をやっと読んだんですが、こないだも死刑判決がでたし
友達の家の近くに(群馬県藤岡市)オウムが集結したりしていて、まだまだこの
事件は終わってなんかないんだなあ、としみじみ思いました。ゼミで神話を勉強
してることもあって、現代社会って「物語」のないセチガライ所なのかしら、と
感じました。
 そんなわけで来週河合隼雄先生の講演会に行ってきます。わくわく。

[2650] もも さん(vitamin@c.email.ne.jp) 1999/10/08 Fri 07:16:44
何時に寝ると5時に起きれるのでしょうか。あたしの場合、5時はまだ夜です。

▼本間さん▼
しゃべれどもしゃべれども、読みました。うん、よかったです。
読み終わった後、お散歩いきたくなりました。
でも外は暗かったのでやめときましたけれど。
最初は落語か、まいったなぁとちょっととまどったのですが、意外にすらすら
と読めました。やり過ぎない程度によいお終らせかたしてますよね。
本間さんがおしゃってた通り、たしかに気にいりましたよ(笑)
村上春樹より好きにはなれないけれど、この人の書くものも今後チェック
していきたいですね。.
そうそう、三つ葉さんが失恋した地下鉄駅のそばのタイ料理のお店で食べたこ
とありますよ、あたし。何食べったけかなぁ?


[2649]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/07 Thu 06:16:38
 ここのところいろいろあったため、昨夜は早めに寝たら5時に起きました。こん
な時間に目が醒めても困っちゃうな。

◎Kenさんへ
 そのホームページ普及に前向きな所はいいですね。私も最初はそうだったような
気がします。とにかくホームページは一に内容、二に更新です。前者はともかく、
後者は私もさぼりがちなので、今日こそは更新しようっと。

◎こたつみかんさんへ
 パソコンは物だから壊れますよ。壊れた時どうすればいいか、というのは経験を
積んでいくうちに覚えると思います。バックアップさえ取っていれば大丈夫。
 「血脈の火」は文庫になったんですね。あのシリーズはライフワークというだけ
あって私も大好きです。いいですよね、あの世界観。

◎ういすけさんへ
 VBは興味のあるところから手を付けた方が分かりやすいですよ。あるファイル
を定期的に違うハードディスクへ自動的にバックアップするプログラムとか、普段
の仕事が楽になる方向のやつがいいでしょう。
 LANは私も勉強しないとなあ。最近のはいろいろあってよく分かりません。

[2648] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 1999/10/06 Wed 20:38:43
こんばんわ。
随分とおひさしぶりです。
まだ会社にいる@「ダンス×3」にすっかりはまっている@ういすけです。

今日はもう仕事終わろうと思って、明日しなくてはいけない事を書き出してみたら
11個もあって、かなりうんざりしてます。
VBの勉強も全く進んでいません。(一部飽きたという噂あり)
その代わり(?)最近は半ば強制的にLANの勉強しています。現場というか、必要に
迫られる事態って影響力強いですね。

>清家さんへ
最近ユーザーさんの所で、ショートしてマジに煙ふいたディスプレイを見かけました。
初期不良ということで、取り替えてもらったのですが・・・
画面がないってかなり過酷ですね。


[2647]こたつみかん さん(mobita@msi.biglobe.ne.jp) 1999/10/06 Wed 18:26:46
 こんにちは。雷もおちていないのに、ぱそ壊しちゃったこたつみかんです。
 江國香織「神様のボート」にうっとりし、いまは宮本輝「血脈の火」を
読み始めました。なんだか正反対の世界だわー。
 「血脈の火」は、文庫化を待ちに待っていたので、もーわくわくです。
 しかし、読み始めると「やっぱり『流転の海』から読みなおした後にすべき?」
と、もんもん。

>養老龍雄さん
  「俺、南進して」よいですか?
  町田康もアラーキーも大好きなので、すごく気になっている一冊です。

[2646]Ken さん(kennel@k.email.ne.jp) 1999/10/06 Wed 01:25:14
管理人さん、HP見て下さってありがとうございます。
>
◎Kenさんへ
 ざっと拝見させていただきました。割とレイアウトなどに凝っているサイト
ですね。これからの更新頑張って下さい。
>
でも、レイアウトだけじゃ無いんです。脱いだら凄いんです(笑)
みなさん、一度だまされたと思って、遊びに来て下さい。
春樹さんファンの方なら、楽しんで貰えるページ、共感して貰えるページ
沢山あると思います。お願いします。お願いします。


[2645]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/03 Sun 23:53:25
 秋ですね。新米でも買ってこようかな。

◎のりこさんへ
 布団をかぶって寝る幸せというのはいい表現ですね。
 「行きずりの街」気に入って下さったようで何よりです。志水辰夫の小説に出て
くる男は、これだけは譲れないという矜持を持っているのが好きです。「虹物語」
が改題された、たしか集英社文庫から出ている短編集もおすすめです。私が今まで
読んできた短編集の中では「カンガルー日和」に次いで好きです。
 電車通勤はした事ないので分からないのですが、こんな事はなんて事ないんだ、
という顔をしているのが良いかと思われます。

◎養老さんへ
 ごぶさたでした。
 その新刊はタイトルだけは見ましたが、町田康自体一冊しか読んでないので何と
も言えません。面白い本だったらいいですね。

◎清家さんへ 
 なるほど、それは大変でしたね。
 それは電気が逆流したため起きたのかと思いますが、今時の電源タップは逆流防
止機能付きなど、多機能なやつも多いので使ってみるのもいいかもしれません。
 しかしディスプレイ壊れると困りますよね。ちょっと買ってくるという訳にもい
きませんし。

[2644] 清家 さん(seike@tc4.so-net.ne.jp) 1999/10/03 Sun 22:58:06
お久しぶりです。
本間さん、せっかくオフ会の連絡いただいたのに、お返事できなくてすいませんで
した。
これには深いわけがありまして・・・。
8月の末、関東では夕立・雷が例年にも増して多くて、家の近くにも落ちました。
私は家にいなかったので直接は知らないのですが、すごい音がして停電になり、
電気がとおったときにはテレビ・ビデオ・電話が壊れていて、もしやと思って
パソコンの電源を入れたところ、ディスプレイが壊れていたという・・・。
そのディスプレイは現在も修理中、昨日やっと友達にノートパソコンを借りて、
ネット生活を再開できたのでした。
皆さんも雷がひどいときは、電源を抜いておくことをお勧めします。まじで。

[2643]養老龍雄 さん(yourou@hi-ho.ne.jp) 1999/10/03 Sun 10:36:38
久しぶりの書き込みです。最近は読書ペースがかなり落ちているのですが、
今は町田康+アラーキーの新刊『俺、南進して』を読んでおります。

[2642] のりこ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/10/02 Sat 01:04:25
こんばんわ。
東京も夜はだいぶ涼しくなってきて、お布団をかぶって眠れる幸せを
かみしめています。もっと寒くなるとひとり息子(四才)を
湯たんぽがわりに抱き締めて眠ります。子供ってほかほかしてて
気持ちいいんですよね〜。
しかし、夜中に顔に足蹴りするのだけはやめてほしいんだけど。
先日、『冒険』のジャンルでオススメだった『行きずりの街』を
読んでみました。この手の小説は読んだ事がなかったのですが
とても面白く読む事ができました。かなり男気のある小説ですよね?
たまたま今の職場が乃木坂で、以前は広尾にいたため土地勘があったので
頭の中に地図を広げながら読んでました。
電車通勤していると、先が早く知りたい(読みたい)本に出会うと
うっかりして降りる駅を過ぎてしまう事があります。過去に何度あった事か。
周りの人に気付かれるのが恥ずかしいのですが、
こう思うのって自意識過剰でしょうか?

[2641]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/10/01 Fri 23:40:29
 昨日スポーツニュースと原発のニュースをずっと見ていたので眠い。

◎hirakuさんへ
 「アンダーグラウンド」の逆の視点から見た「約束された場所で」もいいので、
合わせてお読み下さいね。
 P・オースターのサイトを開いているんですか。村上さんの文体と柴田さんの訳
文の雰囲気は確かに似てます。オースターとは原文で読んだことがないので分かり
ませんけど。ただ似てはいるけど、物語の想像と翻訳ではまた方向も違いますし。

◎こたつみかんさんへ
 仙台はようやく涼しくなってきました。私は長袖の袖をまくって生活してます。
 「ランゴリアーズ」もそうなんですが、キングは人物描写とストーリー展開がべ
らぼうに巧いです。好みはあるでしょうけど、力量は世界有数でしょうね。

◎さゆりさんへ
 「氷点」って三浦綾子ですか。それは「塩狩峠」だったかな。この辺りはいつも
間違います。 
 昼から始めるというのはそういう事ですが、別に飲まなくてもいいですよ。

◎Kenさんへ
 ざっと拝見させていただきました。割とレイアウトなどに凝っているサイトです
ね。これからの更新頑張って下さい。

◎くつさんへ
 今日のスポニチは4か面が中日特集だったので、しみじみと読んでいました。た
しか過去5回リーグ優勝して、日本一になったのは四十数年前の一度だけ。各選手
のコメントを読んで胸が一杯です。私的MVPは岩瀬。次点でゴメス。
 日本シリーズは4−1で勝ちます。ローテ的に○○●○○ですね。

[2640] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 1999/10/01 Fri 00:57:16
本間さん、中日11年ぶりの優勝ですよ!!。
やったぁ!!。これで次は日本一ですね!。

[2639]Ken さん(kennel@k.email.ne.jp) 1999/09/30 Thu 21:31:44
こんばんは!
初めてお邪魔します。
突然なんですが、村上春樹ファンの皆さんにお願いがあります。
自分のHPを開設しました。
文学、音楽、映画、自分で撮った写真、フォトレタッチソフトによる
アンディ・ウォーホル風の作品、自分の様々なものに対する意見など
を載せている盛り沢山のクールなHPです。
春樹さんファンの皆さんには多くの部分で共感して貰えると思ってい
います。
是非、一度遊びに来てやって下さい。
お願いします。
http://www.asahi-net.or.jp/~KK6K-DIG/
ご感想、ご意見など頂けたらとっても嬉しいです。


[2638] さゆり さん(sayuri17@bc4.so-net.ne.jp) 1999/09/30 Thu 20:06:11
さゆりです。何故か私の周りで「氷点」が流行ってます。

★こたつみかんさん
 こんにちは。「神様のボート」、この週末、図書館に借りに行こうと思ってたん
ですが、やっぱり買おうかと思います。むずむず。

★本間さん
 「昼から始める」ということは、「昼から呑め」っていうことですか??(笑)
 

[2637]こたつみかん さん(mobita@msi.biglobe.ne.jp) 1999/09/30 Thu 18:16:03
 こんにちは。今日も福岡は暑いです。でもむりやり長袖着ています。

>さゆりさん
  はじめまして。
  江國香織「神様のボート」読み始めました。
  まだはじめの方だけど、これはものすごくいいのでは・・という予感。
  「箱の中」という比喩がね、もう泣けちゃうくらいいいです。
  ぜひ読んでください。私は今までの作品では「流しの下の骨」が、
  いちばん好きだったんですけど。
  やっぱり文章、きれいですー。

>本間さん
 「ランゴリアーズ」やっぱりそうでしょう?あの、まるっこい奴(笑)
 ラストシーンは、なんだか映像が浮かびましたね。やっぱり上手いなあ。

>ユキさん
  やっぱりストレス関係あるのでしょうか?(病気)
  気が小さい私は、なんだかお腹が痛くなってきちゃった・・(笑)
  ヴィレッジ・ヴァンガード、私も好きです。福岡にも、2店めが
  オープンしました。
 

[2636]-hiraku- さん(-hiraku-@geocities.co.jp) 1999/09/30 Thu 14:57:53
はじめまして。本の虫の工学部学生、-hiraku-です。

自称ハルキフリークです。先日ようやく「アンダーグラウンド」を読んで、
「もっと早くよんどきゃよかった」と後悔したばかりです。ノンフィクション
なんで後回しにしていたんです。そういえば今日、死刑判決が出ましたね。

村上朝日堂の村上ラジオに、出版情報がアップされていたじゃないですか。
あそこに翻訳家・柴田元幸さんとの共著の本があったので、すごく嬉しかった
です。私は以下のサイトでポール・オースター&柴田元幸の紹介なんかを
やってます。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/6195/

柴田先生とハルキさんは仲がいいし、ハルキさんはポール・オースターと
ディナーしたそうですし(「やがて哀しき〜」)、柴田先生はオースターの
翻訳者ですし。しかもこの三人は文章が似ているんですよね! たぶん3人の
うちの誰かが好きなら、他の2人の文章も気に入ると思います。

みなさんオースターは読まれましたか? 
本間さんは「ムーン・パレス」と「幽霊たち」を読まれたみたいですね。
ちなみにそれら2冊は、私の選ぶオースターベスト1と2です。^o^

[2635]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/09/29 Wed 23:58:01
 仕事帰りの本間です。

◎オザキさんへ
 先日はお疲れさまでした。

◎ユキさんへ
 なるほど、ストレスのたまる仕事だったんですね。ある種の人には向いているだ
ろうけど、確かに大変そうです、見ていても。
 ヴィレッジ・ヴァンガードはここでもよく名前の挙がる本屋です。本店は名古屋
で社長が気に入った作家は全点置く、本と関連する雑貨やCDは隣に置くなどのポ
リシーがあって楽しいのですが、最近は雑貨中心になっちゃって本が少ないのが難
点ですね。

◎makoさんへ
 メルアドから察するに、ニフティーはされていたんですね。文章だけのニフティ
ーと比べると、wwwは表現が派手なので見やすいかもしれません。

[2634] mako さん(architect.makoto@nifty.ne.jp) 1999/09/29 Wed 22:03:21
インターネットを始めて3ヶ月になります。
こんなところがあったなんてとても嬉しいです。
村上春樹大好き。

[2633] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/09/29 Wed 17:19:06
 こんにちは。皆様ありがとうございます。
もうそろそろ術後のMRIの結果が出るはず。とりあえず散歩などして体力つけてます
。16×20、3キロの腫瘍だったのでおなかがへっこみ、やせました。でも筋肉
は落ちた。
 卵巣は普通は親指の先くらいの大きさが普通なので7cmくらいになると
きらなきゃ駄目みたいですよ→こたつみかんさん。
どうやら電気機器量販店Yでのキャンペーンの仕事が大きなストレスだったらしく
この仕事はしばらく休むことにしました。4月くらいからむくむく大きくなってたら
しいのですが大学の健康診断のとき「体調がすぐれなくて3キロ急に太った」と言
ったら「自己管理ができてないのね」と片づけられたなあ・・アテにならないなあ
しばらくは大学の生協で地味に働くことにしよう。
声かけてくれたら割引にしますよ(嘘)→オザキさん
あ、でも顔わからないのか。

 しばらく行かないうちに町田にヴィレッジバンガードという玩具屋さんのような
本屋さんが出来ていてびっくりなのです。面白いけどみづらいです。

[2632] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/09/29 Wed 01:16:05
日本の未来はWow Wow Wow Wow〜♪
オザキです。

>ユキさん
お久しぶりです。いろいろと大変だったようですね。
生まれてこのかた入院したことのない僕が言うのもなんですが(でも救急車には2度
乗った)自分を成長させることができたと、前向きに考えてくださいねー。
またFAXを売りさばいてください。ちなみに14号館の生協はたまに行くのでよろしく
です。お大事に。

>ケイさん
ヘッドハンターか……いいなあ。
今度ぜひぜひチケットを安く回してください。お願いします。

>ももさん
まだ留年決まってないっつーの。


[2631]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/09/29 Wed 00:21:52
 なんか久しぶりに働いた気がする。

◎くじらさんへ
 それは何よりでした。
 このホームページは、更新頻度はそんなに高くありませんがぼちぼち続けていま
すので、これからもよろしくお願いします。

◎田崎さんへ
 アドバイスというほどのものではないですが、役に立ったなら何よりです。画像
は圧縮率をいろいろ変えてどう見えるか試してみるのがいいですよ。
 リンクは了解しました。次回更新時にでもこちらからもしておきます。

◎ケイさんへ
 名前変えられたんですね。私は地方在住のため、終電を気にしながら飲むという
習慣がないので、気が付かなくてごめんなさい。次回からは気を付けます。
 ところで、そういう事を堂々と書かないで下さいね(笑)。

◎ももさんへ
 笑うところではないのですが。本は面白く読みましたよ。いつもありがとう。
 しかしみなさんのコメント読んでいると人気あるね。単勝一番人気だ。大川慶次
郎にも褒められるよ、きっと。

◎こたつみかんさんへ
 私は飲み出すとあまり食べないので、食事メインにする時は飲まないようにして
ます。今回はあまりに暑いので飲んでました。
 村上さんの中華嫌いは結構有名ですよね。ラーメンの匂いだけでもだめだとか。
 「ランゴリアーズ」はビンゴです。私も同じ事を思いました。人物の書き分けと
ラストがとても好きです。

◎さゆりさんへ
 次回は11月下旬か12月下旬になることかと思います。へろへろになって翌日
何もできないという反省の元、次回は昼から開催して12時には上げようと思うの
ですが、みなさまいかがでしょう?
 健康診断は50%位の会社員は引っかかってますよ。そういうもんです。

◎山田さんへ
 いや、真面目な話をしようといつも思うのですが、酔っぱらってくるとついつい
忘れてしまいます。次回はちょっとキャラクターを変えてみようかな。
 多分次回は都内だと思いますので、またご参加下さい。

[2630] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/09/29 Wed 00:10:50
げっ、今見たら「私の」になってる。「私も」です。訂正!


[2629] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/09/29 Wed 00:08:48
こんにちは。私の江國香織サン好きです。でも「落下する夕方」を観て以来、読む小
説のすべてに管野美穂サンが出てきてしまう。最近では「世界の終わりと・・・」の
世界の終わりの方の図書館の女の子も管野ちゃんです。んー、我ながら単純で嫌んな
っちゃうですよ。困ってるですよ。

[2628] 山田 多美子 さん(cat11230@catline.or.jp) 1999/09/28 Tue 21:40:19
横浜でお会いした方々、どうもありがとうございました。
皆さん気さくな方ばかりで、まったく初めての私でも、楽しく過ごさせていただき
ました。特に本間さん、おつかれさまでした。
こういう集まりに出るのは初めてだったのですが、私がイメージしていたのは、
もっとまじめそうな人の集まりで、かたーい話でもはじまるのかなって思っていた
のに、全然違っていて、本当に楽しかったです!
帰りは二次会にいかなかったので、スマップのコンサート帰りの女の子たちにまぎ
れながら、ひとりしょんぼりしながらさみしく帰ってきました。。。
こんなことなら二次会いけばよかった。。。
皆さん、次の機会に会えるのを楽しみにしていますので、遠くても、愛知でも、絶
対に来てください。


[2627] さゆり さん(sayuri17@bc4.so-net.ne.jp) 1999/09/28 Tue 20:08:34
さゆり@まだまだ職場です。

★横浜オフでお会いしたみなさま
 とても楽しかったです。ちょっと緊張していたんですが(本当か?)、みなさん
のお話がとても楽しくて、朝まで有意義な時を過ごすことができました。

★本間さん
 遠路はるばるお疲れさまでした。とても楽しかったです。また上京してきて下さ
いね。本当にありがとうございました。
★オザキさん
 只今ラブマシーン練習中。
★ももさん
 春のオフでももさんとお話ができなかったのがとても残念だったので、今回はた
くさん話すことができて、とっても嬉しかったです。
★きゅうさん
 またカラオケの画面見て笑おうね。(桑田似、笑)
★山田さん
 もっといろいろお話ししたかったです。根気を養って、また、教材にもお世話に
なりたいです。
★けいさん
 是非今度、銀座デート(?)しましょう。
★えさきさん
 時計、すてきでした。
★のたさん
 あの後はいずこに?秋葉原ですか?
★田崎さん
 またホームページに遊びに行きます。

ところで昨日、健康診断で見事に引っかかってしまいました。再検査…。しくし
く。

★こたつみかんさん
初めまして。私も江国香織大好きです。でもまだ新刊読んでいません。よかったら
感想を聞かせて下さい。

[2626]こたつみかん さん(mobita@biglobe.ne.jp) 1999/09/28 Tue 17:25:11
 こんにちは。オフ会楽しかったみたいですね。ちょっとうらやましいです。
 私もおいしい中華が食べたい。(村上さんはキライだったんでしたよね。実家が
中華料理屋だった私は、なんか悲しかったです)
 
>本間さん
  うちのHPのぞいてくださったんですね。ありがとうございます。
  「ランゴリアーズ」が何だったのかは、わかったんですけど、イメージとして
  某有名アニメ(ト○ロ)に出てきた、まるっこいカワイイ奴が浮かんでしまっ
  て・・・(笑)
  「グリーン・マイル」の方が、なんだか救いがあって好きでした。
  日本シリーズ、楽しみです。中日も、胴上げ間近ですねえ。

>ユキさん
  お元気になられましたか?
  私も同じ病気を飼ってます。お腹を切るのが怖いので、最近病院行ってないん
 ですよ。どきどき。卵巣、二つとも残して手術できるんですね。うーん。どうし
 よう。入院経験ないので、医者に「切ったほうが・・」と言われるのが怖くて。
  ともかく、お大事にしてくださいね。

>ケイさん
  おお!やっぱり私も買おう。「帰れない二人」いいですよねえ。
  詩人ですよねー。しみますよねー。陽水はお喋りもいけてますよね。

 今日は、江國香織「神様のボート」、京極夏彦「百鬼夜行」を、買いました。
ああ、また「これから読む本」の山が増えてしまった・・。 
 

[2625] もも さん(vitamin@c.email.ne.jp) 1999/09/28 Tue 08:21:45
▼本間さん▼
もう、読んだの?早いのね(笑)

▼けいさん▼
タクシーで帰ったのですか。それは大変でしたね。それだったら店に戻って
くればよかったのに。
今度ホテルの前を通った時はよってみます。
知らん顔しないでくださいよ(笑)


[2624] ケイ さん(kys@olive.plala.or.jp) 1999/09/28 Tue 02:55:21
けいこです。名前、本名で書くことにしました。(あまり変わらないけど)

オフ会ではちょっと無口でしたが、みなさんに会えて嬉しかったです。結局、終電
間に合わず、横浜からタクシー乗っちゃいました。もうちょっと、みなさんと話し
ていたかったです。

*本間さん
「暇そうですね」は、失言でした。でも、夜勤中にチャットできるなんてうらやま
しいです。
*田崎さん
やっぱり、間に合いませんでした。しくしく。
*ももさん
今度、ホテルの前通りかかったら、通り過ぎないでくださいね。
*山田さん
また、泊まってください。
*のたさん
パソコン、もーちょっと頑張ります。(ほんとかな?)
*えさきさん
時計、落とさないでくださいね。
*さゆりさん
うちの近所に引っ越してきてください。
*きゅうさん
ジャズバー、良い雰囲気でしたね。しかし、あの数々のお面はいったい??
*オザキさん
ヘッドハンターAかB(どちらか不明)に、私、国際電話のかけかた教えてあげま
した。もーすぐ、来ます彼ら。

というわけで、また会って話したいです。

*こたつみかんさんへ
陽水ベスト買っちゃいました。美しいメロディですね、詩人ですね、良い声してま
すねー。なんといっても心に一番しみるのは、清志郎との共作の「帰れない二人」
でありました。

[2623]田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/09/28 Tue 00:47:14
オフミは美味しく、楽しかったです。
参加した皆さんどうもありがとうございました。皆さんの知ってる歌が歌えずにす
いませんでした。持ち帰りの豚角煮は日曜にチャーハンにして食べました。
>本間さん
我がHPへのアドバイスありがとうございました。写真ずいぶん軽くなりました。
また覗きに来てください。それとオフで直接お願いしようと思っていたのですが、
春樹堂へリンク張らせてください。
>ユキさん
大変でしたね。本間さんの書かれた通り、無理をしないで下さい。
私は骨折で入院したことあるのですが、そのとき(8年ほど前)昼間のTVに時代
劇が多いことを発見しました。

[2622] くじら さん(fwkc2031@mb.infoweb.ne.jp) 1999/09/28 Tue 00:30:22
「村上朝日堂」の件ですが、今行ってみるとちゃんと繋がりました。
お騒がせしました。

ところで、ここのようなHPがあるの、知りませんでした。
とっても、楽しく見させてもらいました。

[2621]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/09/27 Mon 23:33:24
 自転車のパンクを直さないとな。やっぱり自転車ないと不便。

◎ももさんへ
 多分一番大変だったのは日曜仕事のももさんだと思います。お疲れさまでした。
 中華は残業や出前で週1は食べてますが、やはり店で食べると美味しいですね。
まあ700円の出前にそこまで期待するのは酷ですが。
 それとプレゼントの本ありがとう。さっき読み終わりました。

◎KAZUさんへ
 私も今朝見たときは繋がらなかったのでメンテ中かなと思ってました。朝日のリ
ンク辿っても見られない時は、きっとそうなんでしょうね。

◎ユキさんへ
 ごぶさたしている間に、いろいろと大変な目に遭われたんですね。まあまるっき
り健康だと思っている人よりは、病気を経験した人の方が自分の体に気を付けるよ
うになるから病気をするのも悪いことばかりじゃないよ、と昔言われました。退院
後はリズムがなかなか戻らないので、無理しないで下さいね。
 「病院で死ぬ事」「続」は密かに私も読んでました。必要以上に深刻に死を考え
る事はないと思うけど、頭の片隅に置いておきたい事項です。

[2620] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/09/27 Mon 21:31:29
 おひさしぶりです。ユキです。
早稲田大学のユキです。FAXのキャンペーンガールをしていたユキなのです。
本当にごぶさたしておりました。
夏は本当にふらふらふらふらあちこち行ってばかりで、最近まで沖縄にいて
やっと落ち着いてもとの社会生活にもどった感じです。
実は7月20日に病気が見つかり、8月の上旬に手術して入院してました。
卵巣脳腫という病気で、腹もきりました。沖縄出発の直前にわかったので
それはさながら7の月の恐怖の大魔王のようでありました。
幸い良性のものだったし卵巣2つのこりました。今はぼちぼち元気です。
でもまだ体力が回復してなくて一日おきに外出してる状態です。
沖縄に一度いって帰ってきて入院してまた行ってきました。保険は飛んでしまった
。でもマイルはたまった。研究というより療養ですね。
いろいろと自分をふりかえる夏でありました。
ちなみに入院中に読んでいた本は「女医」と「病院で死ぬということ」でした。
北里大学病院の大学書店で買ったのですがそれにしてもたちの悪い患者だ。
オフ会あったのか・・(泣)。って全然こなかった私が悪いか。
とりあえず生きてますという報告まで。

[2619] KAZU さん(okadak@yahoo.co.jp) 1999/09/27 Mon 12:10:49
さきほど、村上朝日堂に無事接続出来ました。
お騒がせしました。

[2618] KAZU さん(okadak@yahoo.co.jp) 1999/09/27 Mon 08:53:03
くじらさんの発言にもありましたが、小生の把握する限り、土曜日から今朝まで村上
朝日堂が繋がりません。ご存知の方教えてください。

[2617] もも さん(vitamin@c.email.ne.jp) 1999/09/27 Mon 08:09:07
お疲れ様でした。
今回は2回目なのであまり緊張しないで参加する事が出来ました。
まともな中華料理を久しぶりに食べられたし、いろいろな方とお話も出来たの
でとても楽しかったです。
またやりましょうね。
今度はいじめられないようにしよう。んん?(笑)

▼オザキさん▼
次回の幹事がんばってね。



[2616]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/09/27 Mon 06:24:46
 お腹が空きました。コンビニにでも行って来よう。

◎こたつみかんさんへ
 ダイエー優勝おめでとうございます。マジックが点いてから早かったですね。1
0月下旬からの日本シリーズは楽しみです。
 「ランゴリアーズ」読まれたようですね。「グリーンマイル」の方が良かったで
すか。それにしてもパワーのある作家です。

◎アキさんへ
 年を取ることの怖さですか。うーん、経験論が全てではないけれど、やはりある
程度の経験がないと分からない事というのもあるし、時間をかけなければ分からな
い事というのもあります。もうここでいいや、とならずに、何とかそういうスタン
スのまま年を取っていきたいなとは思いますが、なかなか難しいですね。

◎エーリさんへ
 きゅうさんが書かれている通りです。村上さんはこの曲とソニー・ロリンズの演
奏が大好きだそうなので、まずタイトルを決めて書き出したそうです。ちなみに、
この短編は村上さんが初めて書いた短編だそうですよ。

◎くじらさんへ
 こちらはオザキさんが書かれている通りです。混んでいる時間帯だと繋がらない
事もあるので、昼間や夕方に行ってみて下さい。

◎オザキさんへ
 お疲れさまでした。私は6時11分の新幹線で仙台に着く10分前まで寝てまし
た。その後3時30分まで寝て、夜10時にまた寝て、起きたら朝5時でした。完
全朝方に戻ったので、ちょっとお得な気分です。

◎きゅうさんへ
 お疲れさまでした。私はきゅうさんがテーブルをいつ回すのかを興味深く見てい
ましたが、そんなに回してなかったですね。
 馬は前述の通りエネルギー切れでダウンでした。来週頑張ろうっと。
 曲はそれでばっちりです。今「自作を語る」を見返していたら、私もソニー・ロ
リンズの演奏する曲を聴いてみたくなりました。

[2615]きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/09/27 Mon 02:47:56
横浜オフ、お疲れ様でした。初参加ながら、楽しい時を過ごさせて頂きました。
人生3回目の、ちゃんとした中華料理もすごくおいしかったですし(笑)。
今日はなぜか熱が出て、一日中おとなしくしていましたが。
これからも、掲示板その他、お邪魔させていただきます。

>本間さん
という訳で、オフ会どうもお疲れ様でした。お馬さんはどうでした?(笑)
初参加だったけれど、楽しくて嬉しかったです。

>エーリさん
はじめまして。『中国行きのスロウ・ボート』についてですが、これはたぶん、
ジャズのスタンダードである"A slow boat to China"から題名を取ったものだと
思います。村上さんはジャズにも造詣が深いようですし。
もし間違ってたらごめんなさい(苦笑)。

[2614] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/09/27 Mon 01:52:01
先日の横浜オフ、おつかれさまでした。
いろんな人と実際に会うことができて楽しかったです。
僕の真面目さもわかってもらえたようですし(笑)

あの後はみなさん無事にご帰宅なさいましたか?
僕は京葉線で寝過ごしそうになりました。しかも一往復したあとさらに。
って、寝過ごしたっていうんですよね(笑)

次回のオフでは文学について熱く語りましょう(ウソ)
就職活動しなくてもいいことになったら(つまり留年が決定したら)
幹事でもなんでもやりますんで。

>くじらさん
初めまして。「村上朝日堂」は本家本元、村上春樹さんのHPです。
休眠中とのことですが、最近はバシバシ更新されています。
繋がらないってことはないので、時間を変えてつなげてみるといいのではないで
しょうか。

まだまだ眠いので、これくらいで。では。

[2613] くじら さん(fwkc2031@mb.infoweb.ne.jp) 1999/09/27 Mon 01:13:34
みなさん、はじめまして。
突然ですが、誰か教えてください。
「村上朝日堂」っていうHPに行ってみようとしたのですがつながりません。
ちなみに、これはyahooで検索しました。
もう、なくなっちゃったのですか?

[2612] エーリ さん(book8@mail.goo.ne.jp) 1999/09/26 Sun 19:02:05
『中国行きのスロウ・ボート』における
「スロウ・ボート」のスペルは「srow boat」なのでしょうか?
どなたか知ってますか?

[2611] アキ さん(aki-room@mvc.biglobe.ne.jp) 1999/09/26 Sun 01:56:05
こんばんは。確かに村上さんの小説は読む時々で印象が変わります。一時、村上さん
の小説を読むといつも「歳をとる」というコトを考えてとても怖い時期がありました
。特に「世界の終わり・・・」と「ダンス・・・」あと「羊をめぐる冒険」。今は前
ほど怖くないのは、私が歳をとったからなのか、しばらく歳をとらない自信ができた
からなのか分からないですけど。
今ごろ横浜オフの夜は更けているんでしょうね。ちなみにカップヌードルのスケルト
ン仕様はイイです。必見!

[2610]こたつみかん さん(mobita@msi.biglobe.ne.jp) 1999/09/25 Sat 10:39:01
 こんにちは。
 台風好きなんていってたら、相方の実家の庇が落ちました。
 車の屋根に、穴が開きました。ばちあたり?

>ういすけさん
  マジで「チョコ」買ってください(笑)しつこい?
  でもね、そうしたら「パイン」がまだこの世に出てないことに
 いらいらするんですよ。早く書けよ!って思っちゃいます。

>うみさん
  私、キングで一番怖いの「ゴールデンボーイ」のような気が・・。
  怖くて再読してないんですけど。怖かったですよね?

>本間さん
  探し物はなんですか?見つけにくいものですか?
  (陽水のベスト盤、まだ買ってないなあ。)
  「ランゴリアーズ」買いましたよ!今からはまろうと思ってます。
  で、本屋さんで一瞬「モンゴリアーズ?ランドリアーズ?」
  と、タイトルがわからなくなってしまいました。
  「ランゴリアーズ」ってどういう意味なのですか?読めばわかる?


[2609]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/09/24 Fri 20:59:41
 探し物が見つかりません。困ったな。

◎ゆみさんへ
 それは典型的テスト前逃避行動の一つです。私もよくしました。他には部屋の掃
除をする、などがあります。
 それはともかく、「国境の南」はある程度年取ってから読み直すと、初読時する
っと読んでいたところがやけに心に残ったりします。心は不思議ですね。

◎こたつみかんさんへ
 東北には今日夜半から明日にかけて来るそうです、台風。
 「ランゴリアーズ」ないですか。ふむー。増刷中なのかな。「ペット」は映画よ
り小説の方がずっと怖いです。あの描写でラストまで突っ走られると、もう。
 バタイユもセリーヌも読んだことがない現代小説まっしぐらの私なので、その話
題は振らないでね(笑)。

◎ういすけさんへ
 読み終わりましたか。気に入ってくれてほっとしました。

◎うみさんへ
 キングは恐怖の四季という非ホラーの中編集を2冊出しています。その内の一冊
が「ゴールデン」ですね。ちなみにもう一冊は「スタンド・バイ・ミー」。どちら
も原作並にいいと思われる数少ない例として、映画化されましたね。
 ノルウェイ散歩コースは結構距離はあるので、のんびりとお楽しみ下さい。
 しかしバナナワニ園ってまだあるんですね。子供の頃行った事があります。

◎明日の横浜オフ
 台風一過でいい天気になるかは分かりませんが、楽しみにしています。

[2608] うみ さん(95A076@media.art.nihon-u.ac.jp) 1999/09/24 Fri 13:22:37
 夏休みの間に色々、本を読みました。
 スティーヴン・キングも古本で「ゴールデンボーイ」を読みました。
 その文庫の中には「刑務所のリタ・ヘイワース」も(映画は「ショーシャンクの空に
」)を読んだんですけど、リタ・ヘイワースの方は怖くないです。
 でもそれを読もうとすると「ゴールデンボーイ」がくっついてきます。「ゴールデ
ンボーイ」はホラーではないけど違った意味で怖いですよ。
 あと、大江健三郎の「宙返り」を読みました。
 私はこれが初大江だったんですけど。
 難しいっていうか、なんというか。
 現代の宗教って難しいなあという言葉につきます。
 今はサリンジャーの「大工よ、屋根の梁を高く上げよ・シーモア序章」を読んでい
ます。
 わたしは、「ライ麦畑」はあまり好きではないのですが「フラニーとゾーイー」にほ
れたのです。
 秋に「ノルウェイの森」の散歩に行ってこようかと思います。
 ここは必見!というところがあったら教えてください。

本間さん>結局私は、東北旅行は行きませんでした。友達は宿も取とれたようです。
そのかわりといっちゃ何ですが、伊豆へ行ってきました。熱川バナナワニ園のワニは
その日も死んだように折り重なっていました。

[2607] ういすけ さん(ui@pop02.odn.ne.jp) 1999/09/24 Fri 00:11:50
こんばんわ。
今日は眠いので、ご報告だけ。

「グミ」やっと読み終わりました。(^^)
久し振りに続きがとっても読みたくなりました。マジで「チョコ」買いそう。


[2606]こたつみかん さん(mobita@msi.biglobe.ne.jp) 1999/09/23 Thu 15:45:58
 こんにちは。
 台風がくるかくるかと待ち構えている、九州在住こたつみかんです。
 でも、外はお天気です。

>山田多美子さん
  はじめまして。
  ケイ先生の、その後、読みたいですよねー。
  マリーノはいいヤツだけど、やはり一緒にいたらいらいらしそう。
  「スズメバチの巣」は読みましたか?
  私は、なんだかもしかしてがっかりしたらどうしよう、なんて思って
 読んでないんですよね。
  「グリーン・マイル」途中でやめちゃいましたかー。
  怖くないですよ。私はすごく好きでした。

>本間さん
  というわけで、キングなんですが、「ランゴリアーズ」ないんですよー。
  本屋さん3件まわったんですけどねえ。読みたいのにー。
  「ペット・セマタリー」は、テレビでやってた映画が怖かったので、
  読んでないです。きっと本の方が怖いでしょ?
   つまんなかったのは「ニードフル・シングス」でした。なんなんだよ。
   それと、下の方に書きこんでるりえいどちゃんは、私の友人です。
  バタイユとかセリーヌとか好きらしいです。どうぞよろしく。

>関係ない話ですが
  私のHPにどーーーしても画像が出ない!せっかくデジカメ買ったのに!
  転送前には出てるんですけどね。なんかのたたりかしら。
  以上、なんかどっかに怒りをぶつけてみたかったのでした。ごめんなさい。

[2605] ゆみ さん(yummy@terra.dti.ne.jp) 1999/09/23 Thu 15:33:04
はじめまして。久々に『国境〜』読んだらあまりにも感動してどきどきして、思わ
ずこのページを開いてしまいました。春樹さんのお話は、「かめばかむほど」のスル
メ的な物ばかりです。(これがファンってもんなのかな?)明日大事なテストだとい
うのに、それどころじゃないです。こまった。

[2604]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/09/23 Thu 14:34:25
 祭日ですが、仕事中です。

◎山田さんへ
 グリーン・マイルはキングの中ではほとんど怖くないと言っていい小説だと思い
ますが、そうですか、怖かったですか。私はペット・セマタリーとITが怖かった
ですね。
 「ランゴリアーズ」はほとんど怖くないのでぜひ挑戦してみて下さい。

◎のりこさんへ
 確かマック用ATOK12も出たと思いましたし、ぜひ乗り換えをおすすめしま
す、って別に私は営業じゃないのですけどね。
 なお私も東北在住ですが寒いのは嫌いです。そっち方面というのが冒険小説を指
すのかノンフィクションを指すのか分かりませんが、前者だったら志水辰夫の「行
きずりの街」新潮文庫をどうぞ。必読です。

[2603] のりこ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/09/23 Thu 00:53:35
こんばんは。
にぎやかなチャットルームより退室後、寝ようと思っていたのですが
ちょっとだけ寄り道しました。
マックを使ってますが、ほんと[ことえり]にはほとほと困っちゃいます。
あまりにもひどい変換に、ときどき大笑いする事もあるんだけど。
ATOK入れたいんだけど、なかなか踏ん切りがつきません。

村上春樹の本以外では植村直己の本が好きで良く読みます。
特に『青春を山にかけて』が好きです。励まされます。
そのストイックな生き方に圧倒されてしまうのです。
実際の私は、山のぼりもなにもかも、運動全般やらないのですが。
スキーをやっても、あまりの寒さに我慢できず(末端冷え性の為)
いつも休憩ばかりしてる…。東北出身なのになんで〜?
特に冒険ものが好きと言う訳ではないのですが、
そっち方面でお薦めの本はありますか?
あったら是非教えて下さい。
それでは、また。

[2602] 山田 多美子 さん(cat11230@catline.or.jp) 1999/09/22 Wed 22:25:53
こたつみかんさんへ
はじめまして。この掲示板でこういう内容を書くのに気が引けるのですが、私もケ
イ・スカーペッタシリーズ大好きです。検死官からはじまりすべての作品にストー
リーは決して続いているわけではないのですが、ケイとマリーノの関係が深まって
いったり、ルーシーが成長していったり、読み進んでいくと、結構話がつながって
いって楽しいです。あれはコーンウェル作者がうけをねらってかいているのか、訳
者がめちゃくちゃうまいのかわかりませんが、たまに大笑いしてしまいます。
本間さん
スティーブン・キングはこわくてだめです。ミザリーよんでおそろしくなりまし
た。グリーンマイルも途中でやめてしまいました。

[2601]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/09/22 Wed 01:49:09
 いい感じで酔っぱらってます。

◎fjk600さんへ
 画像は、今でさえプロバイダーの容量をオーバーしているので計画はないです。
ごめんなさい。ノルウェイの散歩コースは以前歩いた事がありますが、結構ハード
なコースでした。春とか秋ならいいかもしれませんね。
 日本シリーズは投手力12球団一の中日対打のダイエーという構図ですね。7回
までに3点以上リードされない限りは中日が優位です。

◎アキさんへ
 「パン屋襲撃」は全集の8に収録されています。それ以外では初出の雑誌しかな
いでしょうね。この他にも単行本化されていない短編が2つありますので、頑張っ
て読んで下さい。

◎りえいどさんへ
 ご丁寧にありがとうございます。小説が好きな方が楽しめるページを目標に作っ
てますが、更新が遅いのがネックです。仕事の傍ら更新しているので、長い目で見
て下さい。

◎ももさんへ
 私はわりと適当に返事書いてますので、気楽に書き込んで下さいね。
 最近のおすすめは断然「ランゴリアーズ」S・キング、文春文庫です。これはい
いですよ。
 うどんは食べた後飲み始めないと、飲む方に集中してしまうためです。そういう
ものです。

◎サリーちゃんへ
 「十二国戦記」は私も読もうとは思ってますが、まだ一冊も読んでません。一般
向け小説は結構好きなんですけどね。
 それにしてもキング好きで、それに捧げるオマージュ的小説も書いている彼女で
すが、キングというのはすっかり大御所になってしまったんですね。