現在の掲示板へ戻る


[2000] kou さん(kou@kisnet.ne.jp) 1999/04/12 Mon 18:01:34
失礼しました。
mailアドレスまちがって
/を入れてしまいました。文章だけ確認してもダメですね−


[1999] kou さん(kou@kisnet.ne/jp) 1999/04/12 Mon 17:53:01
はじめまして、歴代のみなさん
インタ−ネットはじめて2年になりまが
いつも仕事関係のデ−タ−集めばかり、趣味も少々
仕事が忙しくなると、ふと本棚より
村上 春樹を手に取ってがむしゃらに読みます
何故かいつもノルウェイの森なんです?
その他すべて文庫本と2冊ずつあるのですが
いつもなんです。
それで・ふと・・・
村上春樹について検索したことがないなと思い
探して見ると、みんなの活発ぶりを見て
ビクリ
それではバイバイ


[1998] T京K さん(ktakyo@earth.interq.or.jp) 1999/04/12 Mon 17:47:01
選挙権持ってないけど
どうせなら楽しい方がいいなあ


[1997] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/04/12 Mon 16:36:47
 きのう私も初選挙、行ってきました。私もかなりミーハーな気持ちでした。
献血みたいに飴とかチョコレートとかもらえるのかなあとちょっと期待していたの
にあっさり済んでしまってちょっと拍子抜けでした。
 小さい頃から「大人の社会には、二十歳未満には教えてはならない(教えると
社会的に葬られるまたは消される)秘密があって、(地球は象と亀がささえてる
とか)成人式にそれを教えてもらえる筈・・」という妄想を持っていたのですが
何もなくてがっかりです。それとも私が悪い子だから教えてもらえないのか・・・
 まあ県知事の岡崎氏は去年ベイスターズの優勝決定のとき横浜スタジアムを開放
したりしたし(違う人だっけ?)妥当なのかなあ。
 しかし都民の方は選挙が楽しそうでうらやましかったです。話題になっていた
ポスターというのはもしや宮崎よしふみ氏では・・・?何枚かはがされてました。
あぶない橋をわたってまで欲しくなる気持ちはよーくわかります。四隅のシールも
花の形でラブリーだったし。あと、マキなんとかさんのポスターのロゴがマツモト
キヨシのものだったり、なんだか青島知事の時から都知事、都議会選挙はギャグに
走っている気がしてしょうがありません。

 今月のダ・ヴィンチに「京極夏彦の『鉄鼠の檻』を映像化したらどういうキャステ
ィングになるか、という写真があったのですが「見るんじゃなかった・・・」と
思いました・・アレはなんか違う〜。そんなに完璧なものを期待してた訳ではない
のですが、ズレすぎです。

[1996] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/04/12 Mon 11:38:52
きゅう@学校です。今年度初めての授業に来たのに、休講でした。ぐすん。
というわけで、今図書館で書き込んでいます。
新入生に間違われないかな、と校内を歩いてみましたが、さすがに間違われません
でした。そうさ、私はもう3回生。フレッシュさはないさ。

>本間さん
結局投票には行きました。選挙が盛り上がっていなくても、初めての経験で、私自
身はちょっとわくわくしながら投票所に行きました。なんだか、県知事選も議会選
挙も、対岸でやっているような感じだったので、本当に、ピンときませんでした。
こんな私が、投票に行っても言いの?という気もしましたが、せっかく葉書きがき
たんだし、軽い気持ちで。ミーハーだなあ。

>tbさん
新しくコンポを買われたのですね。初歩的な質問ですみませんが、そういう場合っ
て交換とか出来ないんでしょうか?
うーん、それともtbさんの好きな音と合わなかった、ということなのですか?
なんか、質問ばかりですみません。
それから、後輩に「Portrait In Jazz」を貸していたのですが、やっと戻ってき
ました。枯葉の、別テイクのを最近聴きたくて聴きたくて、耳と心がずーっとそれ
を求めていたので、すごく嬉しかったです。図書館に来る前に部室でひっそり聴い
てきたので、今すごくいい気分です。

[1995] もうだめ? さん(JIcrimson@aol.com) 1999/04/12 Mon 01:58:11
wisperer >>> whisperer
しくしく・・・。
どなたか春樹さんのサイン本、サイン会の情報ご存じでしたら
教えて下さい。ないのかな・・・。

[1994] 再入学again さん(JIcrimson@aol.com) 1999/04/12 Mon 01:54:16
訂正
"A horce wisperer" >>>> "A horse wisperer"
大事なことですから。

[1993] 再入学 さん(JIcrimson@aol.com) 1999/04/12 Mon 01:49:36
"Nothing perfect lasts forever.Except in our memories.
                                         -A river runs through it-"
私もこの映画には一時入れ込みました。今久しぶりにこの
掲示板を見たんですが、ハルキストにこの映画が好きな人が
いてとても嬉しかった。映像、ストーリー(ピットさんがやや
かっこよすぎるが)綺麗ですよね。あそこで扱われてるテーマは
春樹作品に通ずるところがあると思います。R・レッドフォード
「A horce wisperer」もなんだかとってもいい映画だったなー。
まだの人は要チェック。

村上龍は私も読みます。というか最近は春樹さんと、龍さんの
作品しか読んでない。「限りなく・・・」と「ノルウェイ・・」
がいちばん好きだなー。まあこういうのはどうなのか知らないけれど
とりあえず、この二人の作品があればなんとか元気になれそうな気が
します。満員電車とかで作品のタイトルをボソボソっとつぶやくと
(例えば「うう、風の歌を聴け・・・!」とかね)「ああ、世界には
まだまだ美しいものもあるんだ。これがいつまでも続くわけじゃないんだ」
と少し人間性を取り戻すことができます。そういうことありませんか?

新作、「スプートニクの恋人」楽しみだなー。早く読みたいなー。

[1992] もも さん(ringo@postpet2.so-net.nejp) 1999/04/11 Sun 23:57:41
昨日、仕事中ボスがぼそっと“スプートニク‥‥ぼそぼそ”と言い出したので
“い、今なんと?”と聞いたら、“今流れていた曲(ラジオ)を聞くと連鎖的
にスプートニクを思い出すんだよね”なんて言うのでびっくりしてしまいまし
た。スプートニクというグループがいたのですね‥‥。
人工衛星の他にもあったのか‥‥スプートニク。むむむ。


《本間さん》
新聞社最大のイベントが選挙だったとは知りませんでした。
私にとっては‥‥関心なさすぎて何も言えませーん。

そうそう、よかったですね。見つけちゃった(笑)。ふふふ

《けいこさん》
私が気になったのは、髪を7:3に分けてぴたーっとなでつけてる30才のお方
の写真です。たしかにちょっと北ぽい。狙い過ぎですよね、あれ。

キムベイシンガーが賞をもらうほど演技が凄かったかどうかはあたしにも
よくわかりません。得に印象に残らなかったです。

《きゅうさん》
私もイルカや鮫より犬や猫の方が好きです。
私もきゅうさんと同じくこぶたを飼いたくなりましたよ(笑)
ベイブの頭についてるかざりを真似してつけなくてはなりませんね。
ベイブ2も観たいです。


[1991]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/11 Sun 23:53:31
 今日も中日は勝ってセ・リーグタイ記録の開幕から7連勝。打率、防御率は12
球団一。夢のようです。

◎けいこさんへ
 キム・ベイシンガーって私が中学生の時から美人女優として活躍してましたよ。
 これはある種極論ですが、ここ1年のミステリー関連小説を知るには「レディー
・ジョーカー」と「永遠の仔」だけを読めばいいと思います。あとはジャンルが細
分化され、レベルは高いものの一般性を失った小説がほとんどですから。
 精神状態によって感想が変わるというのは本当ですよね。幸せな時は何を見ても
何を読んでもいい気分です。

◎きゅうさんへ
 土曜日は会社で逆転したシーンを見ていましたが、本当よく打ちますね。佐々木
がまだ投げていないのが少し気がかりですけど。
 担当した文庫が売れて良かったですね。そういうやる気が結果に直結する仕事と
いうのは結構貴重ですので、これからも頑張って下さい。
 選挙は公約がはっきりしないし、それを実行するとも思えないので本気で投票率
を上げるつもりがあるならもう少し焦点を絞ってほしいですよね。

◎tbさんへ
 そんなに音楽が好きなtbさんでもオーディオはコンポなのですか。単品で組むの
に比べて2割方安いコンポは、その分アンプとスピーカーのクォリティを下げてい
ます。いつか、専門店で自分の好きな音を出すオーディオを一つずつ揃えていって
下さいね。結構幸せですよ。当面はスピーカーケーブルを買い換えるだけでも結構
違いますのでお試し下さい。店員さんに「高音が延びるやつ」とか「低音重視」と
か希望と予算を伝えるといろいろ教えてくれますし。

◎田崎さんへ
 地方選で盛り上がっているのは都知事選だけです。その都知事選にしたって投票
率がそんなに上がるのは見込めません。大体地方選は投票前に90%は当選者分か
って、すっかり予定稿も出来てますからね。
 ニフティーのFADVは老舗的存在です。興味があったらニフティーに入会して
フォーラムを見ると更に深く色々な事を覚えられますよ。私はミステリーと文学の
フォーラムに入ってましたが、もう2年くらい行っていません。

◎のたへ
 私のとこははなからCGIしか使えないのだけど、それでも最初は苦労したな。
ホームページざっと見たけど、まあこれからの更新に期待いたします。

◎まゆみさんへ
 私も「国境の南」序盤の描写は好きです。「そういう事もあるかもしれない」と
三人兄弟で一番上の私は感心してしまいました。
 「苺とチョコレート」という映画は初めて聞きました。小説もそうですが、見た
い映画もたくさんあって困ってしまいます。

[1990] まゆみ さん(fwnd1910@mb.infoweb.ne.jp) 1999/04/11 Sun 17:53:34
「国境の南」を読んで、また村上春樹が読みたくなりました。あの主人公はやはり
閉塞的ですよね。島本さんとの子供時代の、たおやかな時間の描写が好きです。
今日ビデオで観た、「苺とチョコレート」という映画、よかったです。キューバの
共産党活動員の青年が、風変わりなインテリ同性愛者との交流によって自由な心を
取り戻す話です。リュックベッソンの映画では「サブウェイ」がお勧めです。

[1989]のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/04/11 Sun 07:15:17
やっとHPを開設しました。
が SSIを使おうとしてのべ2日かけた上に挫折しました。むー。

>本間さん
5月の件 了解しました。こちらからも後日メールします。

◎村上龍
私は「だいじょうぶマイフレンド」が好きです。
これ一作だけ,なぜか系統が違うんですよね。
あ 「快楽のテニス講座」という怪作もあったか。。。

[1988] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/04/11 Sun 01:30:44
地方選、確かに神奈川は盛り上がってません。
誰がどんな主張をしているのか、今もって???です。明日の投票はどうしようか
な?
>旅歌さん
はじめまして、私は昨年30代も半ばを過ぎてから本格的に村上春樹を読み始めま
した。冒険小説も(の方が?)好きなのですが、ホームページ拝見しますと私の好
みからは少し外れているようです。しかしリンクされているニフティのサイトには
好みのものが揃っていました。冒険小説読みの人たちとやっとめぐり合えた気がし
ます。
>tbさん
というわけで、旅歌さんのところからリンクされている
http://www.nifty.ne.jp/forum/fadv/
に海洋冒険小説のオススメも沢山出ています。ぜひ参考にして下さい。
>本間さん、くみさん
村上龍は一冊も読んだことありません。そのうちいつかです。
宮本輝は個人的につい最近 発掘した作家で非常によいです。私にとっては2冊目
の”春の夢”を一昨日よみました。
花村萬月や梁石日も気に入ってます。ま、私は正しい春樹ファンじゃないしな。

[1987] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/04/11 Sun 00:29:31
コンポが壊れたので新しいやつを早速買ったのですが、なんと新品のくせに片
方のスピーカが壊れてました。低音で微妙にビビるんですね。これはちょっと
許せません。機能が幾つか壊れてたりする程度ならまだしも、”音”が悪いの
は我慢出来ないです。これで音ナシ生活三日目です。人生における物事の優先
順位をつけると、女の子、飯と来て三番目が音楽なので辛いです(笑)

巨人は散々です。なんか、初っ端から開幕前の不安的中。もうちょっと中継ぎ
がんばってよね・・・。

村上龍は『限りなく透明に近いブルー』を読みましたが、かなり好きです。エ
グイ描写は確かにあるんですが、全然露悪的に思えなくて、文章・・・言うか
、視線の透明さに強く惹かれました。今、毎朝電車で『海の向こうで戦争が始
まる』を読んでますが、これも良い感じです。
最近保険屋の新聞広告にでかでかと顔が出ていたのでビックリしました。

>けいこさん
ミステリーは個人的には島田荘司を推したい所なんですが最近はミステリを出
してません。ここでも人気があるのは、京極夏彦の妖怪シリーズではないでし
ょうか。一作目の『姑獲鳥の夏』から最新作まで、高品質な物語が楽しめます
。推理小説・・ミステリーと言うかどうかは、多少疑問なのですが(笑)

[1986] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/04/11 Sun 00:02:41
ベイスターズがやっと勝って,金曜の横浜スタジアムは試合が終わった後も
大盛り上がりでした。

>本間さん
 POPを書いた新潮文庫は,さっそくプッシュしたシリーズが売れていて嬉しい
です。この嬉しさが仕事のやる気にもつながるし,いいことです。(にこにこ)
 明日が生まれて初めての選挙の投票日なのですが,東京に比べて神奈川は盛り上
がりを見せていないようだし,なんだか実感が全然ありません。だから,街宣カー
を全然見かけなかった人に投票しようかな,というかなり不真面目な計画を立てて
います。関心を持っていないわけではないのですが,なんかピンと来ないんですよ
ね。

>ももさん
「ベイブ」かわいいですよね。この前観たら,久々にほろりときました。ほのぼの→
どきどき→ほろり,という流れで,もうにこにこしちゃいました。動物ものでは,
イルカやサメみたいな大きなのより,犬や猫,牛馬みたいのが好きです。もうベイ
ブがかわいくてかわいくて,観た後に子豚を飼いたくなりました。

>村上龍
村上龍は高校時代のボーイフレンドが好きで,すすめられて読みましたが,私はあ
んまり好きになれませんでした。「コインロッカー・ベイビーズ」は衝撃でしたが,
「限りなく透明なブルー」の世界には入り込めず,それからほとんど読んでません。
そのうちまたトライしてみるつもりです。

[1985] けいこ さん(kys@olive.plala.or.jp) 1999/04/10 Sat 22:52:58
*ももさん
そのポスターって、原色使った、青い空と花に囲まれたあれですか?友人との間で
は、「北朝鮮っぽい。」ってことになってます。違ってたら、ごめんなさい。その
他、ポーズ決めてる人とか、お葬式っぽいのとか、いろいろですね。
「ベイブ」の動物達は、みんなイメージぴったりの性格で楽しいです。
「L.A.コンフィデンシャル」は、見ごたえありました。でも、キム・ベイシンガ
ーは、賞とるほど、良かったですか?(疑問)

*くみさん
「コインロッカー・・・」は、10代半ば過ぎに読んでかなり衝撃でした。それま
で読んだことのなかった種類の小説だったからだと思います。
「リバーランズ・・・」の1シーンでの、ブラピの笑顔は本当にさわやかで、こち
らまで、心が晴れやかになります。でもせつない話ですよね。

*本間さん
「永遠の仔」読んでみます。
「KYOKO」は、映画もわりと良かったです。

映画も本も音楽も、自分の年齢やその時の精神状態によって、感じ方が随分左右さ
れるように思います。ある時は、素通りしちゃっても、違う時には心の支えになっ
たりするし。これからも、良い作品に出会いたいな。

[1984]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/10 Sat 18:19:06
 今日こそ更新したいものだ(願望)。

◎けいこさんへ
 村上龍ですか。「69」と「限りなく」を読みましたが、それ以来10年ほど読
んでません。今読むと結構はまるかもしれませんが、当時はどこがいいのかさっぱ
り分かりませんでした。
 最近のお勧めは「永遠の仔」天童荒太、幻冬舎。これに尽きます。
 「愛と青春の旅立ち」の彼女は良かったですよね。映画自体は非常にシンプルな
のですが、あの映画は結構好きでした。
 「リバーランズスルーイット」といえば映像の色の確かさでプロジェクターやモ
ニターのチェック用ソフトとしてよく使われていました。あれにはブラッド・ピッ
トが出ていたのですか。なるほど。

◎ももさんへ
 そうです、明日は統一地方選です。新聞社最大のイベントが選挙のため、選挙班
の人たちは日夜残業してますが、地方選レベルだと市民との間に温度差を感じます
ね。大体県議や市議って何しているのか今ひとつ不明ですし。
 「ベイブ」はそういう深い映画だったのですか。なるほど。では今度3本セット
で借りてきます。
 「黄金を抱いて飛べ」もそうなのですが、私は銀行強盗とか偽札作りとかそうい
う計画を進める小説が大好きです。わくわくしますね。
 上下本は得てしてそうなります。特に長い話だと顕著ですね。文庫本でも上下明
らかに刷り数が違うのがよくあります。

◎旅歌さんへ
 どうもはじめまして。HPも拝見いたしました。浅田次郎の「競馬の達人」は加
筆修正の元幻冬舎文庫から名前を変えて出ていますよ。
 労働意欲は始めからないのですが、仕事でも自分のするべき事でも何かしないと
いけないな、という気に私はなります。
 冒険小説界もなかなか活気のあるジャンルとなってきましたが、志水辰夫の新作
はいつ出るんでしょうね。原りょうに至ってはもう諦めの境地です。

◎くみさんへ
 明日は仁川で桜花賞ですが、雨らしいですね。晴れた日に走らせてあげたい。
 村上龍に関しては、じゃあだまされたと思って「KYOKO」を読んでみます。龍フ
ァンに春樹ファンが多いというのはよく聞きますが、逆が少ないのも分かるような
気がします。そして春樹ファンが宮本輝ファンと重なるのはよく理解出来ますが、
きっと花村萬月とは共存出来ないでしょう。こちらは龍ファンとは重なっていると
思います。梁石日も同様かな。この辺りはXY軸で表現方法によるチャートが作れ
そうですね。
 ブラッド・ピットが格好いい、というのは私にも理解出来ます。私的にはチャー
リー・シーンが一番格好いいと思うのですが最近出てこない所を見ると女性にはあ
まり人気がにいのかもしれませんね。
 村上春樹の新刊まではあと10日です。楽しみに待ちましょう。

[1983] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/04/10 Sat 14:57:33
こんにちは。桜が散ってるー。あああ。

>けいこさん、みなさん
私は村上龍も好きです。「KYOKO」はいいですよね。「ライン」もいいです。
「コインロッカベイビーズ」もいいです。何がいいかっていうと、精神状態の
変化の描写がいいです。タイムリーに危機意識を持っている作家だと思いま
す。エッチな描写も多いので、「限りなく透明に近いブルー」を読んで”もう
ダメだ”って思う人も多いと思いますが一回だまされたと思って「KYOKO」を
読んでみてください。
村上龍ファンには村上春樹ファンは結構多いと思いますが。

>映画のはなし
「レオン」は私の心に残る名作なんですが。「セブン」は強烈。
「リバー…」は良かった。
ブラピかっこいい!「ユージュアル・サスペクツ」も予想を裏切る展開でい
い。「グレート・ブルー」もいいし。
いっぱいいいたいけど、思い出せないよー。

村上春樹の新作、早く読みたいな。



[1982]旅歌 さん(take4@be.mbn.or.jp) 1999/04/10 Sat 06:51:50
  はじめまして。
 自分のHPでは扱っていませんが、村上春樹さんはとっても
好きな作家です。
 出会いは遥か昔、『風の歌を聴け』の文庫が出た頃。その後、
リアルタイムで読みつづけています。
 好きな作品は『羊をめぐる冒険』か『世界の終わりとハード
ボイルドワンダーランド』。ただ、30代になってから再読した
のですが、20代のころほどの感慨は無かったかもしれない。
村上春樹さんの本を読むと労働意欲が無くなりますねぇ。

 現在は冒険小説&ハードボイルドばっかりの本読みです。
 どうぞよろしくお願いします。

[1981] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/04/10 Sat 04:53:23
そうか、週末は選挙なのですね。そういえばハガキが届いていたわ。
選挙権を手にしてからはや?年‥‥投票に行ったことはありません。
田中真紀子が立候補していたら入れにいっちゃうんだけどな。
でも町中の選挙ポスターの中に一人とても気になる人がいます。
通りすがりに初めて見た時、ポスターの前でお地蔵さんになっちゃいました。
狙ってるとしか思えないあの雰囲気は受けました。
でも入れてあげないのよ。

《本間さん》
セブンはテーマが少々重いのでその後にベイブを見れば気分もほのぼのして
いいですよ、という繋がりです(笑)。
本間さん、ベイブをたんなる小ぶたのお話とあなどってはいけません。
こころ暖まるお話なのですよ。すごーく、ものすごーくかわいいんだから。
ベイブは英語のシナリオ本が出ているようなので見つけたら手に入れる予定
です。(マイラバの女の人が訳した絵本は買わないけれど)
この前書いた3本をなぜセットですすめたのかは見るとわかります、たぶん。
なぜなのかというのは言えません。

《けいこさん》
私は西の空に浮かぶ月はしょっちゅう見ていますが、東に浮かんだ月を見る事
はまれです。
龍さんの本はかなり昔、電車の中で読んでいる時に最初は本を開く角度が
180°だったのに、徐々にすぼめてゆき60°くらいまではなんとか読もうとし
たのですが、周りの人に覗かれるのは避けたかったので閉じた事があります。
最近の物はまったく手をつけていません。

《高村薫》
のたさんに続いて「黄金を抱いて飛べ」をちびちび読んでいます。
この手の話はあまり興味がわかないので時間がかかってしまいます。
大阪の地理がとんとわからないのも一因かも。
レディ・ジョーカーの方が題名からして面白そうだなぁ。

《天童荒太》
『永遠の仔』売れていますね。
上の方が減っていて下とかなり段差ができているのを見かけるのですが、
下の方が上よりも減る日がちゃんと来るのかどうかが気になってます。
私は図書館ででも借りようかな。

《キューブリック》
「博士の異常な愛情」をパロったシーンが「アルマゲドン」でありました。


[1980] けいこ さん(kys@olive.plala.or.jp) 1999/04/10 Sat 01:24:44
今日も、東の空に赤く輝く星を眺めながら、帰ってきました。天文オンチの私には
あの星の名前がわかりません。

最近、暇があると、掲示板を遡って読んでいます。そこで思ったのですが、同じ村
上でも、龍さんは、あまり人気がないのでしょうか?そう言う私も、読み進めるに
は、かなり厳しい作品もあるのですが、最近の「イン ザ ミソスープ」、「ラブ
&ポップ」は、興味深く読みました。あと、女子高生にインタビューした「夢見る
ころを過ぎれば」も、面白かったです。「KYOKO」はかなり好きです。
先日、柳美里さんの、「ゴールドラッシュ」を読了しましたが、今の中学生が、こ
の本を読んだら、どのような感想をもつのだろうと、ふと思いました。

ミステリー文学は、ほとんど読んでいないので、特に最近出たもので、お薦めの本
を教えてください。

*映画の話
残念ながら、「レオン」と「セブン」は吹き替えで観たせいか、あまり感動しませ
んでした。(反省)リュック・ベッソンは「フィフス・エレメント」、ブラッド・
ピットは「リバーランズスルーイット」が好きでした。

*本間さん、私は、「愛と青春の旅立ち」や「愛と追憶の日々」のデブラ(デボラ
?)・ウィンガーが好きでした。「マイライフ・・」の監督は、スウェーデンのラ
ッセ・ハルストレムという人です。(難しい名前です。やっと覚えました。)

[1979]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/09 Fri 12:48:49
 睡眠不足で会社にいる本間です。眠いなあ。

◎りぴよさんへ
 なぜ書き込みに失敗するかは私にも分かりません。たまになるみたいです。その
内に消しておきますね。
 映画はたくさん見たくなる時期というのがあるような気がします。小説でも映画
でも、そういう時期に見た作品はよく覚えているというのが不思議です。

◎WAKAさんへ
 「マークスの山」に限らず、高村作品は心理描写が多いのでそういう作品は映画
には向きません。合田刑事も誰が演じてもイメージと違うような気がします。
 宮本輝はある種日本文学の王道を行っている作家です。同じ村上ファンでも読む
小説はかなりばらばらなのに、宮本輝だけはここでもこれだけ支持されているとい
うのはある種凄い事かもしれませんね。長編ならどれでもおすすめですので本屋で
気に入ったあらすじのを買ってくるのがいいと思いますよ。

◎オザキさんへ
 「レディー・ジョーカー」を中断するとはなんともったいない。
 都知事選はこのままだと石原慎太郎が当選ですね。高投票率になって無党派層が
動けば少しは面白いのですが。
 レンタルビデオは私も期限が来て見ないで返すことがままあります。ちょっと悲
しいですよね、そういう時。

◎きゅうさんへ
 「ロリータ」は再映画化を期に新潮社がプッシュしてますよね。私もちらっと読
もうかなと思ってます。
 「スプートニクの恋人」は12面積み、前面POP付きで大々的に出来たらいい
ですね。自分で書いたPOPを読んで買っていくお客さんがいたら幸せな気分にな
れそうですし。系統的に同じ小説を「関連図書」として置くのも面白いかも。
 野球は打率、防御率共に12球団一なので出来過ぎのような気もします。

◎のたへ
 たしか1月の末に「もうすぐHP出来ます」と聞いたような気がするのだけど。
 5月の名古屋行きは、ざっと調べた所5月下旬の土曜日が野球、日曜日に競馬が
いいのではないかと思われます。日程予定を近々江崎と共にメールします。
 中日は明日勝つとマジックが点灯するみたいだよ。

◎くみさんへ
 大学院入学おめでとうございます。心機一転とはいかないと思いますが、新たな
舞台で頑張って下さい。
 「河合隼雄に会いにいく」はざっとしか読んでいないので深い印象はないのです
が、心理学というジャンルは確かに面白そうです。

◎ラインさんへ
 元気の出る本は、ラインさんの状況からして「就職戦線異常なし」杉元伶一、講
談社文庫がおすすめ。映画にもなりましたが小説の方が100倍面白いですよ。
 「優駿」は映画の方は関西弁が標準語になっていて魅力50%ダウンでしたがメ
リーナイスの走りと根本の棒読みがあるから良しとしましょう。私はダービー前に
なると小説再読&ビデオを見て気合いを入れています。
 織田裕二は真保裕一が「イメージに合っている」とコメントしてました。まあ作
者がいいならいいですけど、ちょっと明るすぎるような気がします。

[1978] ライン さん(umeno@sol.dti.ne.jp) 1999/04/09 Fri 09:04:31
こんにちわ。最近、就職活動でちょっと疲れ気味です。なんか元気の出る本はありま
せんか?

>宮本輝
私は競馬好きなので「優駿」が大好きです。競馬を知らない人でも十分に楽しめると
思います。あとは絶対に泣ける「錦繍」かな。

>ホワイトアウト
今度、織田裕二主演で映画化するらしいです。この作品については個人的に早く映像
化してほしかったので楽しみです。でも、織田裕二はどうかな? 

[1977] くみ さん(997s224n@kobe-u.ac.jp) 1999/04/09 Fri 03:39:34
くみです。とうとう大学院生になってしまった!
といっても生活は何も変わらないですけど。

>WAKAさんはじめ皆さん
宮本輝は、私もかなり読みましたがやっぱり「青が散る」は読みやすいし
おすすめです。あと、「ここに海始まり、地終わる」なんかもいいです。
それから、「葡萄と哀愁」も。初期の川三部作は私には少し読みにくかったで
す。時代のずれが大きく感じられるという意味で。
tbさんが春樹さんのと気分的・蜃気楼的に似ているというのも
わからなくはないですね。

>オザキさん
「博士の異常な愛情」ってキューブリック作品ですよね。見れましたか?
うちの近所のレンタル屋さんはホント品揃えが悪くって、キューブリックの
作品が全然ないんですよー!ぷんぷん。見てたら感想教えて下さいねー。

そういえばやっと「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」やっと読みました。
やっぱり河合隼雄さんの考え方、好きだなあ。
なんだか、心理学の勉強もしたくなってくる。




[1976] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/04/09 Fri 01:20:26
ホームページ作成ソフトを衝動買いしてしまいました。
しかもホームページの作成のためというより,純粋にその機能に惹かれたという
一番たちの悪い衝動です。(笑)

>本間さん
いやー 我が中日ドラゴンズ 調子いいっすね。
5月はぜひ名古屋ドームに観戦に行きましょう。
試合のスケジュール 調べておきます。

◎宮本輝
既に何人もの方が挙げていますが,私のお薦めは「私たちが好きだったこと」と
「青が散る」です。特に「青が散る」のテニスシーンは絶妙だと思います。

◎「秘密」
私もラストで泣きはしませんでしたが,途中でほろりとくることは何度もありまし
た。あとこの小説 タイトルの付け方が抜群だと思います。

[1975] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/04/09 Fri 00:50:27
こんばんわ。今日学校にいって新年度の授業のシラバスをもらってきました。
学校には新入生がたくさんいて,新学期特有のふわふわした感じが校内に漂ってい
てなんだか微笑ましかったです。

今,「ロリータ」を読んでいます。まだ途中までなのですが,男の人の少女を見る視
線にどきどきしながら読んでいます。これが終わったら映画も見ようっと。

>宮本輝
私は「流転の海」と「錦繍」しか読んだことがないのですが,「流転の海」はすごくいい
小説だと思います。熊吾の気骨あふれる生き方は,生命力が感じられてついその世
界にひきこまれてしまいます。

>本間さん
私の次なる野望は,「スプートニクの恋人」のPOPをつけることです。そして,平
積みのコーナーを手書きのPOPで飾ることです。ふっふっふっ,がんばっちゃい
ます。中日の6連勝,さぞかし喜んでらっしゃるんじゃないでしょうか?横浜は6
連敗,悲しくなっちゃいます。

[1974] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/04/09 Fri 00:43:02
読みかけの「レディー・ジョーカー」をバイト先に置き忘れてしまいました。
あーあ。早く続きが読みたいのに、時間があるときに限って手元にないのです
。
これから1週間、毎日バイトです。14日に帰す予定の「博士の異常な愛情」
と「タクシードライバー」がピンチです。
都知事選はスーツを着て石原慎太郎陣営に中継に行って、どさくさに紛れてバ
ンザイをやろうかと企んでいたのですが、もし当選した場合翌日まで帰れない
ようなので、ドクター中松のとこにしようかと考えています。バイト歴が長い
ので、好きな中継先を選べるのです。

あまり関係ないことですが、ドクター中松は「インターネットでは私が1位」
と言っています。しかしどこのwabを指して言ってるのでしょうか。その辺が
非常に疑問です。

>wakaさん
僕も宮本輝になじみがありません。決して避けているわけではないのですが、
突っ込んでもいません。けっこう前に「泥の河」と「蛍川」を読みましたが、
高度成長前の雑然とした雰囲気が伝わってきてなかなかよかったです。
でも、皆さんが勧めている作品はこれとはまた違うような気もします。


[1973] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/04/08 Thu 15:09:56
こんにちは。昨夜思い余って<マークスの山>のビデオを見てしまいました。
忙しくてなかなか読書の時間が取れないので、手っ取り早くビデオを借りたのです
が・・・<R指定>だったのでびっくりしました。
合田刑事が中井貴一っていうのもちょっとねえ。萩原聖人は良かったように思いま
すが、何分原作を読んでいないのでなんとも言えませんね。グロテスクな映像も多
くて、寝つけなくなりました。

>宮本輝について
 ほとんどの方が読んでる(しかも結構好評)宮本輝になじみが無いと言うことは
 とてもモッタイナイことかも知れないと感じ初めています。<青が散る>あたり
 から行ってみようかな。

[1972] りぴよ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/04/08 Thu 09:29:12
先程は失礼しました。なぜ?
失敗した書き込みを消す事ってできないのでしょうか?
こういう事に全く無知なので、教えてください。
「さよなら子供たち」はとても良い映画でしたね。私も同じ友人と
2回足を運びました。やはりその頃「エリザとエリック」を観たのですが
これは文句なく好きな映画です。宮本輝は「錦繍」が好きです。


[1971] りぴよ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/04/08 Thu 09:14:19
?3H?¨

[1970]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/08 Thu 03:55:20
 寒いのでビールより白ワインを愛飲してます。ビールにチーズもいいのだけれど
ワインだとより美味しくて幸せ。

◎けいこさんへ
 「マイライフ・・・」は学生時代シネスイッチ銀座までデートがてら見に行きま
した。スウェーデンかどこかの監督が撮った映画だったように記憶しています。ル
イ・マルの「さよなら子供たち」もその頃でしたね。映画を見まくっていた学生時
代が少し懐かしいです。
 「秘密」に関してはネタバレになるので詳しくは書けませんが、要は戻っている
か、いないかの解釈です。私はラストは泣かなかったのですが、途中ちょっとほろ
りと来ました。男はそういう所があるのでやっかいですね。

◎tbさんへ
 夜型も何も深夜勤があるので自然と夜型になる私は二日連続朝刊を読んでから寝
ています。まあ中日が調子いいのでその記事を早く見たいというのもありますが。
 「永遠の仔」の下巻も読み応えありますよ。こういう小説が売れてくれると嬉し
いのですけど。

[1969] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/04/08 Thu 03:00:18
明日は学校だってのに、全然寝られない。夜型人間のヤクザな体質です。

天童荒太の『永遠の仔』の上巻をよみおわりましたが、痛い作品です。だから
こそ心に染みますね。梁平のあり方に、どうしても自分を見てしまいます。

>けいこさん
僕の場合は友人に薦められると言う王道パターンで、去年の2月ごろに読みは
じめた、まだ一年ちょっとの若輩読者です。『世界の終わり〜』を初めに読ん
で衝撃を受け、それ以降は一作目からエッセイなども含めて、時代順を追って
読みました。ほんとに好きになると僕は異様に読むのが速くなるのですが、そ
れでも村上さんの作品は、人生で一番早く読んでしまったと思います。まだ読
みはじめて間もないんですが、それでも村上作品は僕の根本的な部分にかなり
決定的な影響を与えた一人になったような気がします。

>WAKAさん
大体宮本輝関係には口を出してしまうんですが、『青が散る』が出てるので、
僕は『ここに地終わり海始まる』と『流転の海』、『私たちが好きだったこと
』の三つを推します。特に『私たちが〜』は、今では『流転の海』と共に、宮
本作品で一番好きです。何て言うか、村上さんの作品に、ほんのちょっとだけ
似てなくもありません(あくまで気分的・蜃気楼的類似)。

[1968] けいこ さん(kys@olive.plala.or.jp) 1999/04/08 Thu 02:32:32
私の質問に答えてくれた皆さん、ありがとう。1982年頃、”風の歌・・”から
春樹さんの作品を読み始めた私は、”ノルウェーの森”がベストセラーになった時
(こんなヘビーなものが何故売れるのだろう?)と不思議に思ったのを覚えていま
す。

この掲示板は、なかなか面白いですね。
最近観た映画では、香港映画”ボクらはいつも恋してる!”が良かったです。これ
は、一作目の”君さえいれば”の続編ですが、2作とも楽しい映画です。
あと、昔の作品では、”マイライフ・アズ・ア・ドッグ”と”ギルバート・グレイ
プ”の2本をビデオで観て、心にしみました。同じ監督が撮った作品ですが、素敵
です。前者は、10年以上前に観て印象的だったので、また手にとりました。

*本間さん、”秘密”についてですが、やはり解釈の仕方がいろいろあるのでしょ
うか?先輩(男)に強く勧められて読みましたが、読後、彼と感想を言い合ったと
ころ、どうも根本的なところで”ずれ”を感じました。ちなみに彼は、特に後半は
”泣きっぱなし”だったそうです。


[1967]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/07 Wed 04:06:55
 夜、本当に雪になりました。もっとも雪というよりみぞれかな。

◎WAKAさんへ
 ああ、いいですね、そういう雰囲気。私の部署は17名全員男性なのでその手の
楽しみは皆無です。使えてルックスもいい新人だといいですね。
 宮本輝は長編で力を発揮する作家なので、長編を読むことをおすすめします。作
品は「青が散る」が読みやすいのでおすすめです。

◎ユキさんへ
 インフルエンザから元気になって良かったですね。元気が一番です。横浜戦は今
日ラジオで聞いていて「このまま祝勝酒飲みたいな、会社行きたくないな」と思い
ました。中日のマジックは今日で2つ減って148です。
 「燃える地の果てに」は最後まで気が抜けないので、楽しんで下さい。しかしそ
の公民館の本を選んでいる人はなかなかやりますね。
 大学に関しては災難ですね。

◎ももさんへ
 鍋まで持ち込むとは本格的。暖まりそうですね。
 謎は解けませんが、仕方ないので削除しておきます。「セブン」は見たいのです
が、その「ベイブ」等に繋がる流れが分かりません。「ベイブ」って豚の子供が出
てくる映画じゃなかったでしたっけ?
 宮本輝に関しては読み通り「青が散る」が入門編としておすすめです。さすが読
み切ってますね。「夢見通り」も好きなのですが、最初があれだと辛そうなので。

◎春の抱負
 ユキさんも書いてますが、春になるとやる気が出ます。
 という事で私も長年の課題の英語力向上のため、今年こそは英会話学校に通おう
と思います。20日に給料が出るので今月中には何とか。それと労働省が新設した
「国家試験を取る労働者には8割補助」制度を使って何か資格を取ろうと思ったの
ですが、あまり面白いのがありません。「インテリアコーディネーター」取っても
仕方ないしなあ。講座表を見て考えてみます。でもこの制度、試験に落ちるか授業
に8割以上出ないと補助は出ないそうです。シビアですね。

[1966] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/04/07 Wed 03:02:28
昨日はとあるイベントの打ち上げも兼ねてのお花見でした。
夜桜を眺めながらの鍋はあたたかくておいしかったです。
もちろん桜当ての照明も仕込んだので桜も美しかったです。
でも、気温が徐々に下がってきて終わりの頃はぶるぶるでした。

《本間さん》
かなり低レベルな謎ですね、とほほ。またまたまたまたやってしまいました。
のんきに“謎です”とか言っていないですみやかに削除してくださいまし。
(お願い事なのにちょいと偉そうですね。ま、いいか。)
「セブン」面白いですよ。セブンの監督って照明に凝る人なんですかね。
懐中電灯の明かりとかがとてもきれいに画面に映っていたりするのが
なんともかっこいいんですよね。でかでかマグライトが欲しくなります。
こんな所で本を読んでみたいよと思ってしまう図書館もちらっと出てきます。
もし見るのなら口直しのためにも「ベイブ」も一緒に借りるといいかも。
ベイブもかなりごきげんな映画です。セブン→ベイブときたらお次はやはり
「LAコンフィデンシャル」ですかね。セットでどうぞ(笑)

さっそく作っているのですね。感心しちゃいます。
で、何をこしらえたのでしょうか?

《オザキさん》
“世をすねたエリート・キャリア”はよけいです。
素直で控えめな良い子のつもりです(笑)。
ではサークルがんばってくださいね(しつこい)

《ういすけさん》
午前8時から午後11時までは使い放題というコースはよそにもあるかもしれ
ませんが、so-netにもあります。2000円でデイタイム使いたい放題。
どの時間でも使いたい放題は5000円です。

《WAKAさん》
最初が避暑地の猫というのもなんだか不思議な感じです。
本間さんはきっと“優駿”とか“青が散る”あたりをすすめるのではないかと
思われるのですが、私が好きな宮本文学は「ドナウの旅人」など外国に行っ
ちゃう話です。


[1965] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/04/06 Tue 18:20:00
こんにちは。ごぶさたしてました。
3月の後半はインフルエンザウイルスにやられてしまいオフ会にも行けなくて
家でぐったりしていました。しくしく。
でももう完全復活です。毎年4月になって桜を見るとやるぞお〜という気になって
はりきった時間割を作成してしまいますが毎回5月になると後悔するのです。

3,4日は鎌倉でゼミ合宿でした。4月あたりは観光にもってこいの季節で、(5月
は風が強く夏は人が多い)教授にくっついてお寺をめぐって遠足みたいで楽しかっ
たです。ただ鎌倉は日帰りで行けちゃう距離なので新鮮味にかけてはいたのですが
。合宿中は神話やら妖精と妖怪の違いやらについてばかり話していたのでようやく
人間世界に戻ってきた今日このごろです。ああでもベイスターズが3連敗で
ブルーです。
今は逢坂剛の「燃える地の果てに」を読んでます。すごい内容量読むのに体力がい
る感じです。最近この人の小説に出てくるヒロインのパターンがなんとなく分かっ
てきた気がします。うん。
この本と京極夏彦の「わらう伊右衛門」と篠田節子の「聖域」と「ゴサインタン」
は近所の公民館で借りてしまった。最近まで侮っていたのですが穴場でした。

 あー、お花見したいなあ。でも段取りやら場所の確保を考えるとめんどくさくなっ
てしまう。青山墓地とかなら空いているのかな。

教育学部の事務所で働いている友達から聞いたのですが事務所の人は教育学部の
学生が使う建物のトイレにとりつけられるだろう盗撮用カメラの対策を本気で練っ
ているようで、なんだか我々一般女子学生はとばっちりをうけている感じです。
まったくもー。


[1964] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/04/06 Tue 10:54:05
新入社員がやってくる季節ですね。うちの売り場にも16日に男の子が一人配属され
るそうです。うちの女三人は期待を膨らませて待っています。仕事が出来て体力が
あって素直でかわいい子だったらいいな。

>くみさん
 恥ずかしながら宮本輝は<避暑地の猫>しか読んだこと無かったんですが、あれ
 って宮本作品の中では異色なんですか。これだけ読んであまり好きになれなかっ
 たので、それ以来手を出していなかった作家です。

>けいこさん
 はじめまして。私は中学校の図書室にあった<ノルウェイ・・>を借りて読んだ
 のがきっかけです。なぜ中学の図書室にあったのか謎ですが、やっぱり私も理解
 できませんでした。高校生のとき古本屋で<ノルウェイ>が目にとまり、2冊600
 円で購入して何度も読みましたが、自分の中で納得し咀嚼できたと感じたのは大
 学4回生の時でした。当時ちょっと鬱っぽくなってたのではまりすぎてしまいまし
 たが、読んだ後ふしぎとほっとするので一番何度も読んでる作品です。

[1963]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/06 Tue 04:05:07
 本間@深夜勤明け です。仙台の今日の天気予報は雨か雪。

◎オザキさんへ
 夜桜はライトアップしている所としていない所がありますからね。しかしいつも
思うのだけど、花見の名所はビールやらごみが臭すぎです。
 それと、その名前へのコメント読んで昔のメールを思い出しました。よく考える
とオザキさんと知り合ってから長いですね。

◎さゆりさんへ
 やっぱり最初は忙しいですか。私の会社も新入社員は研修中でどこにいるのか分
かりません。5月頃になるとどの会社でも「今年の新入社員は・・・」という会話
が交わされると思いますよ。
 東京へは出張付きの仕事が今年もありそうなので、ちょくちょく行くと思います
ので、6月頃にでもまたお会いしましょう。

◎名古屋と仙台オフ
 オフというほどのものでもないのですが、5月に名古屋行きます。ここの掲示板
見ている人で私の後輩以外に名古屋の人がいるかどうか分かりませんが、良かった
ら飲みましょう。
 仙台オフの方は4月下旬かGW明けに予定してます。

[1962] さゆり さん(sayuri17@bc4.so-net.ne.jp) 1999/04/05 Mon 21:54:23
こんばんは。お久しぶりです。さゆり@多忙…、です。

★ももさんへ。
私も、もっとお話ししたかったので、次の機会では是非、よろしくお願いします。

★田崎さんへ
メールありがとうございました。もう少し落ち着いたら、お返事書きます。

★オザキさんへ
次のオフでは、色々お話ししたいです。ああ、学生に戻りたい。
 
★ういすけさんへ
初めまして。ういすけさんも、新入社員ですよね。私も、研修やらなにやら、大変
です。この掲示板を、心のオアシスにしてます。(仕事中も見る予定)

★本間さんへ
また、上京してください。私の社会人デビュー話を聞いてください!!  では。
 

[1961]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/05 Mon 02:41:22
 中日3連勝。野球ファンは単純なので、こんな事が凄く嬉しかったりします。

◎ももさんへ
 なぜ時間差で同じ書き込みが? 謎です。

◎くみさんへ
 夜桜はいいですよね。圧倒的な迫力に息をのんでしまいます。私の地元弘前も、
小京都と言われる角館もそうなのですが、武家屋敷がある所に桜の名所が多いです
ね。武士は潔く散る桜が好きだったのかもしれません。
 「イギリス人の患者」はぜひぜひ。ラストは唐突ですが、それまでの雰囲気が凄
くいい小説です。

◎田崎さんへ
 日本史って大体途中の平安時代とか江戸時代に時間を割かれて、現代に近づく頃
には駆け足になっちゃうんですよね。
 文部省が教科書の言葉の使い方に過敏になる気持ちは分かりますが、実際あった
事なんだからそのまま教えればいいのにと思います。

◎きゅうさんへ
 私も早速P・オースターを2冊入手しました。
 POP書きましたか。新潮文庫は「何とかの10冊」とかいろいろキャンペーン
してましたね。宮部みゆきの直木賞フェアもあちこちの書店でよく見かけます。
 仙台丸善では「書店員おすすめコーナー」というのがあって、POPがばしばし
付いてます。見ていて楽しいのできゅうさんも頑張って下さい。絶対売り上げ延び
ると思いますよ。書店は過当競争なのだからそういう所で頑張ってほしいです。

◎のたへ
 また大阪に行って来たの? ふぐ食べた?
 「秘密」に関しては、ラストがいろいろ解釈出来るのでその人の個性が出る、と
北上次郎が書いてました。私はストレートに読んだけど。
 何はともあれ、東野圭吾は全点読んでいる私が自信を持って代表作に推せる小説
です。「スキップ」「リプレイ」が好きな方、面白い小説が読みたい方はぜひどう
ぞ。

[1960] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/04/05 Mon 02:33:59
春になると毎年嬉しくなってくるオザキです。
でも、花見は昼間の方がいいですね。夜桜はライトアップがないとよく見えないの
と、外が寒いので飲まずにはいられないのが欠点です。

>ももさん
どうもお疲れさまでした。お褒めの言葉(?)ありがとうございます。
サークル? 楽しいっすよ。ええ、楽しいですとも。
ももさんも世をすねたエリート・キャリアウーマンみたいで格好よかったです。

>けいこさん
はじめまして。僕の場合は「春樹」という名前に惹かれてのことでした。
というのもウチの父親が「本当はお前を春樹と名付けたかった」と口癖のように言
ってましたので。どんなものかなと「風の歌を聴け」を読んだのが5年前のことで
す。ああ、けっこう昔のことなのだなぁ。


[1959] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/04/05 Mon 01:55:39
>本間さん
ご無沙汰しております。
先日 大阪に遊びにゆく道すがら,東野圭吾の「秘密」を読んでみました。
なんというかもう,はっきり言って衝撃でした。
タイトルが作品全体に覆い被さっている雰囲気といい,話の内容といい
なんでこれが直木賞とれなかったんでしょうねえ。
本間さんには「なにを今更」と言われそうですが。(苦笑)


[1958] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/04/05 Mon 01:48:31
プロ野球開幕。バイトに行く途中横浜スタジアムの横を通ったら,大歓声が聞こえ
てきました。いい季節になってきましたね。

「ムーン・パレス」読みました。素敵な青春小説で,途中泣きそうになりながら読み
ました。柴田さんの翻訳も気に入ったし,これからオースターを読んでいこうと思
います。

>本間さん
ついに初めてPOPを書きました。本についての感想ではなく,新潮文庫の例のプ
レゼントについてなのですが,一応新潮文庫のお勧めのシリーズを添えて,新潮文
庫コーナーに張ってきました。これで度胸がつきました。POPが嫌いな社員さん
の前でも,もうばしばしつけられます。今後は某S文庫(笑)の平積みにも書けるよ
う,修行を積みますね。

>解説について
私もないほうが好きです。特に最近の文庫についているのはちょっと。作者自身に
よるあとがきは好きなのですが,解説はないほうがすっきりしててよいです。

[1957] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/04/05 Mon 01:00:47
>くみさん
本間さんも書かれてますが、一つの本から読書が広がって行くのはいいことだと思
います。ノモンハンについては「静かなノモンハン」講談社文庫、伊藤桂一著を読
んでみて下さい。あとは司馬遼太郎がいろいろなエッセイや小説の端々に書き残し
ています。
村上さんはアメリカの大学にいた時に沢山ノモンハンの資料を見つけて、一種のシ
ョックだったとエッセイに書いてました。(ショックという表現ではなかったかも
しれせんが)
>けいこさん
私はくみさんと同じで世間でヒットしているものにはあんまり手を出さないので、
リアルタイムでは読んでないのですが、週刊朝日で村上朝日堂を読んでいい文章を
書く人だなと感じました。それがきっかけで、エッセイをちょくちょく読むように
なりまして、昨年5月に古本屋で「ノルウェイの森」を入手して一気にはまりまし
た。ただしその後に読んだ「ねじまき鳥クロニコル」は?です(よくわからなかっ
た)。
>本間さん
戦争のころを学校できちんと習っていないのは私も同じです。個人的に中国と関わ
りがありますので、その関係の本はいくつか読んで知識を仕入れています。社会科
は現代史のところだけ別に教えるようなシステムにすればいいのにと思います。
>ももさん
次回もお会いできましたらよろしく。体力なし(トシなだけ?)の私は朝までのお
付き合いは出来ないとは思いますが。

[1956] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/04/03 Sat 23:01:52
もう一週間たってしまいましたがオフ会楽しかったです。
初めて会う方との会話は話のつぼがつかみづらいのでなかなか大変ですね。
くだらない話につきあってくれた皆様ありがとうございます。
一応人見知りをしちゃったりするのでそれなりに緊張していました。
(そうは見えなかったかもしれませんが‥‥)

《本間さん》
CDありがとうございます。
CDトレーにいれっぱなしなのでここのところ毎朝聴いています(笑)
本間さんの「最近なにか面白い本読んだ?」という問いかけに、
「読んでいません」と1秒で会話を終わらせたのは半分冗談でしたが
残りの半分は本気でした。次回は会話が成立するようがんばろう。

《オザキさん》
熱唱しながらけほけほしちゃうのがなんだかかわいかったです。
サークルがんばってください(笑)

《ねじねじさん御夫妻》
いつもにこにこしている奥さんというのは貴重ですね。
結婚してもまだまだ恋愛中というのもすごいです。
ラブラブで羨ましかったです。

《田崎さん&さゆりさん》
座席の関係かお話できませんでしたね。
お互い次回も参加できたら今度はもっとたくさんお話しましょう。

今週はなんだかとっても忙しくてへにょへにょでした。
ようやくお休みなのでなぜだか見ていなかったブラピの“セブン”をレンタル
してきて見ました。ストーリーもそういうことかと驚きましたが、出だしとい
うかキャスト紹介部分の映像のかっこよさに感激してしまいました。
あのアルファベットの書体が知りたいなぁ‥‥‥あーっ、手描きかも。


[1955]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/03 Sat 22:21:16
 本間@会社です。原稿をあちこちに運ぶ学生バイトの所へさっき行って来たので
すが、彼は板東眞砂子の文庫本を読んでました。いい奴かも。

◎ういすけさんへ
 研修って仕事しなくてもいいし、早く帰れるしなかなか幸せな期間ですので関東
での生活をお楽しみ下さい。プロバイダーはホームページ作る気があるかどうかで
結構違うのですが、午前8時から午後11時までは使い放題という所が面白いと思
います。なんて名前かは忘れました。

◎けいこさんへ
 はじめまして。私の場合は図書館で「1973年のピンボール」という変わったタイ
トルに惹かれたためです。「ノルウェイ」が出る2年前の16歳の出来事です。し
かし16歳なんてすごく前のような気がする。

◎ラインさんへ
 その3作品を一気に読むのは、なんかもったいないというか豪華というか。「ノ
ルウェイ」はある程度色々な経験積んでから読むとまた読後感が変わりますよ、き
っと。でも初読から「国境の南」を気に入るとはなかなか凄いと思います。
 浅田次郎の新刊、また出るんですか。ペース早いですよね。

◎りぴよさんへ
 私のアパートの近くにある桜は二分咲きといった所です。実家のある弘前は大き
な公園全体に桜があるので子供の頃から桜には馴染んできました。いかにも春を代
表する花ですが、群生していると豪華すぎるので、一本だけあるのも好きです。
 村上さんの声については想像通りとか格好いいという意見が多かったように覚え
ています。モニターの文字は私も疲れます。慣れの問題もあるのでしょうが、長文
はやはり従来通り紙のメディアがいいですね。

◎ももさんへ
 もう一週間経つんですね。早いものです。私はぼけるのが好きなのですが初対面
の人相手だとなかなかタイミングが掴めずに苦労します。あと本をどうもありがと
うございました。早速何品か取り組んでおります。
 音楽は「スパニッシュハーレム」と「ワンダフルワールド」が私は好きです。あ
のほんわかぶりはなかなか出せません。
 「セブン」は見てませんが、面白そうですね。

[1954] くみ さん(9573230s2mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/04/03 Sat 22:15:14
くみです。
この前花見をしました。夜桜でビール片手に。
神戸の夜景を見ながらで、良かったですよ。

>けいこさん
私は読まず嫌いで、
最初春樹さんの本は全然読もうと思っていませんでした。
世間一般で大ヒットしているものにはあまりはまりたくない性分で。
(「ノルウェイの森」が大ヒットしていたんです。そのころ。)
それから数年後、彼氏の家に「ノルウェイの森」があって
(注:2年前のはなし)
昔はやった小説も一応目を通しておこうか、という感じで
手にとって読み始めたのがきっかけです。 

今では、大ファンです。「国境の南、太陽の西」が一番好きです。
春樹さんの生きる姿勢が好き。

>オザキさん
私の場合、弟が私の影響でハルキストになっています。

>ういすけさん
「避暑地の猫」もう読まれました?
私はすごくこの小説が怖くて、宮本輝のイメージが
大きく変わってしまいました。でも結構好き。


>本間さん
「イギリス人の患者」読んでみたいと思います。

V


[1953] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/04/03 Sat 20:54:46
もう一週間たってしまいましたがオフ会楽しかったです。
初めて会う方との会話は話のつぼがつかみづらいのでなかなか大変ですね。
くだらない話につきあってくれた皆様ありがとうございます。
一応人見知りをしちゃったりするのでそれなりに緊張していました。
(そうは見えなかったかもしれませんが‥‥)

《本間さん》
CDありがとうございます。
CDトレーにいれっぱなしなのでここのところ毎朝聴いています(笑)
本間さんの「最近なにか面白い本読んだ?」という問いかけに、
「読んでいません」と1秒で会話を終わらせたのは半分冗談でしたが
残りの半分は本気でした。次回は会話が成立するようがんばろう。

《オザキさん》
熱唱しながらけほけほしちゃうのがなんだかかわいかったです。
サークルがんばってください(笑)

《ねじねじさん御夫妻》
いつもにこにこしている奥さんというのは貴重ですね。
結婚してもまだまだ恋愛中というのもすごいです。
ラブラブで羨ましかったです。

《田崎さん&さゆりさん》
座席の関係かお話できませんでしたね。
お互い次回も参加できたら今度はもっとたくさんお話しましょう。

今週はなんだかとっても忙しくてへにょへにょでした。
ようやくお休みなのでなぜだか見ていなかったブラピの“セブン”をレンタル
してきて見ました。ストーリーもそういうことかと驚きましたが、出だしとい
うかキャスト紹介部分の映像のかっこよさに感激してしまいました。
あのアルファベットの書体が知りたいなぁ‥‥‥あーっ、手描きかも。


[1952] りぴよ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/04/03 Sat 20:15:57
こんにちは。今日は寒かったけど、晴れていて気持ちのよい一日でした。
近くの公園で息子と二人で、ジュースでお花見しました。(さすがに
散歩の途中でビールは飲めなかった!しかも子連れ。)
仙台は桜はまだですよね。桜は好きですか?
『夢のサーフシティ』を買ってみるまで、村上春樹さんの声がどういう声を
しているのか全く分かりませんでしたけど、聞いてみたら結構素敵なので
意外?でした。もしかして、以前話題にのぼったかしら。書き込みが
あまりに多いので、チェックしきれずすみません。
しかし、情報量が多くて長く楽しめるけどモニターの文字を追い続けるのは
ちと、しんどいですね。私は、仕事では文字というよりは図形を見ている
感じなのですが、普段から『読む』行為をされている人にはあれは
そんなに負担ではないのでしょうか?なもんでなかなか先に進めずにいます。


>オザキさんへ
私も中学生の頃兄貴の本棚から、よく本を借りていました。星新一とか
筒井康隆とか…。たまにラブレターとかちょっとエッチな本があって
気付かないようにしていましたけど。ふふふ。
当時は認めたくなかったけど、今にして思えば多少の影響があるかな?
読書好きになったのは。聞く音楽とかね。

>けいこさんへ
たまたま本屋で『羊をめぐる冒険』を買って読んであまりの面白さに
はまってしまったのです。私のベストワンはここでも大人気?の
『世界の終わり…』です。博士の孫娘が大好きです。

[1951] ライン さん(umeno@sol.dti.ne.jp) 1999/04/03 Sat 17:52:02
 ちょっと用があったので新幹線に乗って日帰りで名古屋に行って来ました。時間が
たっぷりあったので「ノルウェイの森」「国境の南、太陽の西」「蛍、納屋を焼く」
を一気に読んでしまいました。この中では「国境の南、太陽の西」が一番好きです。
「ノルウェイの森」は印象的でしたが正直言ってあまり好きではありません。なんだ
かとても暗くなりました。村上春樹さんの長編も残るは「ねじまき鳥クロニクル」1
冊になってしまいました。ですが、この作品はもったいないのでしばらく読まずにと
っとこうとおもいます。    >けいこさんへ                
                私が読むきっかけになったのは本屋さんで平積み
にされていた文庫本を見て「なんか長いタイトルだな(世界の終わり・・・)」と思
って買ってみたのがきっかけです。そういう意味では本屋さんに感謝しないと。  
                             >浅田次郎    
                              の新作が出るとい
う噂を聞きました。何か知ってることがあれば教えてください。 

[1950] けいこ さん(kys@olive.plala.or.jp) 1999/04/03 Sat 03:17:51
はじめまして。ここにいるみんなが、どういうきっかけで春樹さんの作品に出会っ
たか、知りたくなって書き込みました。私の場合、昔、坂本龍一さんがラジオで、
「羊をめぐる・・には泣けた」と言ったことが、きっかけとなりました。
また、お便りします。

[1949] ういすけ さん(s952427@titan.tohtech.ac.jp) 1999/04/03 Sat 00:08:30
 うわわわ。一時間前なら本間さんいらっしゃっていたんですね。
 お久し振りです!のういすけです。
 昨日入社式で、今日は仙台研修。来週からは埼玉と幕張で泊まりこみの研修が始
まります。しばらく来れないって言いながら、最後のあがきで自宅からやってきま
した。(でもこのアドレスじゃぁ、もう私は見れないんですけど・・・)
 今は“IIJ”か“4U”当たりを検討しているのですが、お勧めのプロバイダ募
集中です。

 この間、研修に向けて、駅ビルの特設古本市で本を買いこんできました。
 「にんじん」「キトキトの魚」「慇懃礼讃」「老人と海」「避暑地の猫」などなど・・・
一体私は何しに行く気なんでしょう?しかも、研修に行く前にもう手をつけ始めて
いるし・・・はぁ。疲れて、ハイテンションなので文章が変ですね。

>ノモンハンについて、
 この前「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」を読みました。
 これについても村上さん本人が沢山書いていて、中々興味深かったです。「ねじま
き・・」を読むまでは私も本当に何も知らなかったのですが。
 本自体はそれ以外にも、村上さんが注目している事柄が沢山あって、個人的には
とても面白かったです。 

[1948]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/02 Fri 23:15:45
 プロ野球が開幕して嬉しい限りです。

◎WAKAさんへ
 なかなか凄い取り合わせで読んでますね。まるまる違うタイプの小説なので比べ
るとちょっと可哀想かも。真保裕一は「奪取」が一押しです。そろそろ文庫になる
のではないでしょうか。
 装丁は消しゴムで消すと綺麗になるようです。よく古本屋の人がやってます。

◎田崎さんへ
 確かアポロ13号の年生まれなので、月よりは火星や木星世代ですね。
 ATOKは変な変換というか、余計な変換です。顔文字に変換されます。
 学校の歴史の授業では概ね太平洋戦争は駆け足で語られるので、アジア侵略の辺
りは確かに私もよく知りません。様々な小説で読んだ位です。

◎オザキさんへ
 私も大学の時帰省した際に本を借りに妹の部屋に行ったら吉本ばななやシドニー
シェルダンと並んで「ノルウェイ」を見つけた時は「むー」と思いました。しかし
他の作品が無いところを見ると単なるミーハーだったような気がします。妹さんは
ちゃんと読破しているようで何よりです。
 庄司薫は文体の平易さに比べ、内容が複雑なので私は気に入ってます。難しいこ
とを簡単に伝えることほど難しいことはないのです。といいつつ、単に私が夢見が
ちな性格なだけかもしれないけど。

◎あたおころいのなさんへ
 お帰りなさい。
 船戸与一と志水辰夫は自信を持って勧められます。熱いですよね。
 ベトナムはいまいちでしたか。観光化がすっかり進んでしまったのかな。何はと
もあれ今年こそ。

◎くみさんへ
 宇多田ヒカルのライブについては新聞で見ました。凄い倍率だったようですね。
 小説を読んで、そこから違う本へ広がるというのは読書の黄金パターンですので
そういう読み方も面白いですよ。

◎文庫化
 先日読んだ「イギリス人の患者」が今月の新潮文庫の新刊になってました。私は
古本屋で安く買ったのですが、いい小説ですのでぜひどうぞ。少なくとも映画より
はずっと面白いです。

[1947] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/04/02 Fri 17:00:50
くみです。
昨日宇多田ヒカルのコンサートだったのに
当たらなくて非常に悔しい!

「ねじまき鳥クロニクル」の話がありましたが
ノモンハンの歴史的背景をほとんど知らない私でも
割と想像して特に問題なく楽しめたと思います。
って、いうか逆にあの小説を読むことでそういう歴史的背景を知りたいな
と思いました。特に何も読んではないですけど。

歴史小説はほとんど読んだことがなく、社会が小学校時代から
大嫌いだった私でさえも興味を持ってしまう、
そんな小説だったということは間違いなく言えます。
解説でその事に触れていてもいいけど、
やっぱりないほうが個人的にはいいかな。

>あたおころいのな さん
「伝説なき地」って誰のですか?
教えて下さい。


[1946] あたおころいのな さん(c9704423@mn.waseda.ac.jp) 1999/04/02 Fri 15:50:14
2ヶ月の旅行を終えてようやく帰ってきました。今回は何故かものすごく疲れまし
た。やっぱり日本はいいなあ。

旅行中に知り合った人に高村薫を熱心に勧められたので、さっそく読んでいます。
なんだかはまってしまいそうです。ああ、泥と汗と埃にまみれたバックパックがま
だそのまま部屋の真ん中に転がしてあるというのに・・・。おまけに科目登録につ
いてもまだなにも考えていない・・・。そしてもうすぐ居候の荷物が僕の部屋に運
び込まれる・・・。やっぱりカンボジアやラオスのほうがいいかも。遺跡の中の木
陰で本を読んでいるだけで一日が過ぎていくし。

>本間さん
「伝説なき地」、最高ですね。ゲストハウスにいた日本人の間でも大好評でした。

ベトナム調査報告。
残念ながらいまいち、と言わざるを得ません。といっても異国というのは見る人に
よってだいぶ印象が違うので、是非一度行ってみてください。飯は安くて(といっ
ても安く食べるにはそれなりの苦労が伴う)うまいです。
僕としては、ボリボリ天国ベトナムよりもカンボジアやラオスをお勧めします。良
いところですよ。

>オザキさん
僕は社会学専修です。遅れ馳せながら。
教育は大変ですね。広末のおかげで。ちなみに僕の知り合いは「絶対トイレ盗撮す
る」と意気込んでいました。どうなることやら。

さて、明後日から韓国なのでそろそろ準備にかかります。

[1945] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/04/02 Fri 05:07:57
最近気付いたのですが、妹がどうやら僕の本棚から勝手にいろいろ本を取り出して
読んでいるのです。特に村上春樹はえらく気に入ったらしく、「世界の終わりとハ
ードボイルド・ワンダーランド」なんか一ヶ月くらい僕の部屋に戻ってきません。
妹の本棚をこっそりと探ると、僕も持っているはずの「風の歌を聴け」や「カンガ
ルー日和」、僕は図書館で借りた「羊をめぐる冒険」なんかがあります。こりゃあ
はまってるなとひそかにほくそえんでいます。
妹は僕や母親と違って年に一冊読むか読まないかという程度の本好き(好きではな
いという見方もある)だったのですが、成長すれば本を読むようになるのだなあと
思いました。

庄司薫の「赤頭巾ちゃん気をつけて」を読んでいます。すぐに読み終えそうです。
カッコがやたらと多いので少し影響されています。個人的には話しの流れが読みに
くいので、あれほどまでの乱用は避けたほうがいいと思うのですが。
内容もやや冗長で、感想はいまいちかな。よくあれで芥川賞をとれたな、ってのが
正直な感想です。


[1944] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/04/02 Fri 02:20:58
>WAKAさん
私「ホワイトアウト」は珍しくハードカバー新刊で読んでますので、4年くらい前
ですが、警察組織の描写は記憶に残っていません。そんなところより本題で引っ張
ってくれるからいいのじゃないでしょうか?

>本間さん、sonomaさん
スプートニクご存じなかったですか?ソ連が打ち上げた世界初の人工衛星です。村
上さんの世代だと一大ニュースだったのでしょう。
ATOKでも変な変換するのですね。”ロケット”MS IME98は正しく変換してくれまし
た。

>解説について
一般論をいうと解説があった方が好きです。読んだ本の理解が深まるような気がす
るから。特に私の好きな冒険小説の類は、舞台裏の説明、作者がどんな人であるか
がわかった方がいいです。解説が触れているところを再読するのも楽しみです。

村上さんの本は一元的な見方ができないでしょうから、下手なのはつけない方がい
いでしょうが、「ねじまき鳥クロニコル」にはノモンハンの説明があった方がいい
と思う。多分ノモンハンとその背景は司馬遼太郎などを読む人以外では、知らない
人が多いですよね。


[1943] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/04/01 Thu 23:38:12
こんばんは。<ホワイトアウト>と<レディー・ジョーカー>を併読しているうち
に<ホワイト・・>が終わってしまいました。感想はダイハード小説版ってところ
でした。高村薫と交互に読むと警察組織なんかの描写が甘い感じは否めませんでし
た。<レディー・・>のほうが数段骨太な印象です。

<レディー・・>も然りですが、汚れやすい装丁ってありますよね。白いデザイン
なんかだとインクがこすれて汚れちゃってるのが気になります。村上春樹の<象工
場のハッピーエンド>が改訂版で本屋に並んでましたが、あまりに汚れているので
買うのをためらってしまいました。<ねじまき鳥・・>みたいな汚れが目立たなく
て、なおかつ美しい装丁が理想的ですね。

[1942]本間@新潮文庫の回し者 さん(honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/04/01 Thu 16:09:30
 さっき新潮文庫のHPを見てきた本間です。なんか今までのも使えるようなので
これなら何でも手に入りそう。とりあえずYondaリストウォッチでも送っておこう
かな。URLは私の名前をクリックして下さい。

◎ラインさんへ
 セミナーは一回も行ったことない私です。就職活動自体まともにしていないので
まるで参考にならないでしょうが、会社なんて遊びに行くところではないし元々面
白いようには出来ていないので、どうせだったら自分の興味がある職種に絞った方
がいいと思いますよ。社名のネームバリューよりもそれが大事かと。
 解説に関しては以前も話題になりましたが、私はあればあったで読みます。初読
の作家だと作品の流れと系列が分かって助かりますしね。

◎はなえもんさんへ
 さっき見てきました。ちゃんと「老人と海」ミニチュア版を持っています、と書
いてました。ちなみに100冊分と引き替えです。私はこれと引き替えようかどう
か考え中ですが、車に置いておくのも面白いかも。いや、いっそ会社に(笑)。

◎sonomaさんへ
 確かにソ連のロケットでありそうですね。余談ですがATOK12でロケットと
打って変換すると脱力します。持ってる方は試してみてね。
 あとがきも解説も私は最初に読んで、作中のストーリーに触れられているところ
だけは最後に読みます。ですが、そういう意見があるのは分かります。文庫でも付
いているのと付いていないものの比率は8:2位でしょうか。

[1941] sonoma さん(sonoma@prontmail.ne.jp) 1999/04/01 Thu 03:29:45
スプートニクというロケットなかったかなあと
新刊の題名を知ってからずっと考えています。
>ラインさん
村上さんが解説は頼むひと頼まれるひとの間の
エールの交換みたいで好きじゃない(正確な表現ではないです)
と以前おっしゃってました。
あとがきはともかく解説がないのは私は大賛成です。
読後の世界がこわされないから。
セミナーって一度サボると癖になるかも(笑)
気をつけなければ。

[1940] はなえもん さん(hana@rd5.so-net.ne.jp) 1999/04/01 Thu 01:00:56
 こんにちは、おひさしぶりです。
前のほうで「Yonda?のパンダちゃんぬいぐるみがほしい」
とおっしゃっているかたがいましたね。
 私の友人が前回の抽選でそれを当てたのですよ。
ものすごくかわいいです。
(ちょっと自慢)
毛がふかふかでさわり心地もいいし、手足も動くし
なんと言っても持ってる本が「老人と海」。
まいっちゃいます。

 ちなみに私がねらっているのは太宰時計です、、、。

[1939] ライン さん(umeno@sol.dti.ne.jp) 1999/03/31 Wed 21:49:16
 就職活動中の私ですがセミナーをさぼって映画館に行ってしまいました。「パッチ
・アダムス」を観たのですがこれが当たり。自分は何を目的に生きていくのか、何を
したいのかという就職活動中に忘れてしまいそうなことを思い出させてくれました。
更にこれが実話と言うことでびっくりしました。それにしてもロビン・ウィリアムス
はうまいなぁ。                              ち
なみに今は「ダンス・ダンス・ダンス」を読んでいます。このシリーズはだんだんお
もしろく加速度を増すような気がします。ところで、村上春樹さんの本の巻末にはな
ぜ解説がないのでしょうか? 

[1938]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/31 Wed 19:48:42
 宇多田ヒカルのアルバムを借りてきました。30枚ほどあって空いてるのは3枚
だけでした。凄い人気ですね。今日はこの後ご飯食べたら小野不由美の「屍鬼」の
下巻を一気読みします。いったん読むと止められないです。

◎マサオさんへ
 「世界の終わり」の続編長編はいずれ書くとは言ってますが、まだ時期は未定で
すって昔村上ラジオに書かれてましたね。どういう形になるにせよ、どこから始め
るのかが楽しみです。
 しかしその新作のコピーだけ見ていると山本文緒か小池真理子の新刊のような気
がして変な感じ。

◎きゅうさんへ
 そちらも寒いですか。仙台も2月下旬並の寒さが続いてます。ハードカバー20
冊の人は家に着くまで重そうですね。
 返品をしないと社員の給料が払えない書店がほとんどだそうなので、社員のため
にも豪快に返品しましょう。この制度が崩れる時は再販が崩れる時だと思います。
 新潮文庫は2年あったら結構たまりますね。ちらしで詳細を見てみます。

◎さささんへ
 リンクありがとうございます。こちらからもリンクしておきますね。
 URL変更の件はよろしくお願いします。

[1937]ささ さん(sousu@ma7.seikyou.ne.jp) 1999/03/31 Wed 03:35:40
はじめまして。実は、こっそりリンクさせてもらっちゃっています。
アドレス、変わっちゃうんですね・・。変更しとかないと・・。

これからも頑張ってください。では。

[1936] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/31 Wed 02:40:29
下の書きこみ、お恥ずかしいことに題名が間違ってました。
「スプートニクの恋人」が正しいです。
うーん,恥ずかしい。

[1935] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/31 Wed 00:15:39
春はどこへいっちゃったの?というような寒さです。風邪が治ったので,今週はお
花見しようと思ってたのになあ。今週は5日間バイトがあるので,ついつい本を買
い込みそうです。先日,サラリーマンの方が20冊ほど単行本を買っていかれまし
たが,早くあんな風にかっこよく本を買えるようになりたい,と思う今日この頃。

>本間さん
そういう考え方もありますね。返品のとき気にしてると,他のバイトの人には私は
少し思い入れが強すぎる,と言われます。このまえは、こっそり他の作家の本の下
に隠しましたが,見つかって社員の人に嫌な顔をされました。あたりまえですが。
新潮文庫のやつは,期間は2年間だそうです。お店に,小型のYonda君のフィ
ギュアが来てて,それを見るたびににこにこしてしまいます。

>マサオさん
返品はつらいですよね〜。「スプトーニクの恋人」はその情報であっていますよ。
お店に取次ぎのほうからそういうファックスが来てました。そこには,「『ノルウェ
イの森』以来の恋愛小説」みたいなコピーがうってありました。なんか,内容を知り
たくなかった気もするので,ちょっと残念です。

>ムーン・パレス
読み始めましたが,いい感じです。柴田さんの訳もいいんでしょうね。物語にすっ
とはいっていけてます。

[1934]大阪某大学生マサオ さん(osaka-masao@geocities.co.jp) 1999/03/30 Tue 22:42:06
えーと、分かりにくいことを書いてしまいました。
つまり、話題に上ってないみたいなので新刊のタイトルとかに
触れてはいけないのかなと思っちゃったんです。

タイトルは「スプートニクの恋人」で講談社から発売。
〜22才のすみれは生まれて初めて恋に落ちた〜とか何とかいう
説明がついてました。間違った情報ならごめんなさい。
みなさんとっくに知ってたんならごめんなさい。
でも、どこかで聞いた「村上春樹の新作は『世界の終り』の続きらしい」
という噂は何だったんでしょうか

[1933]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/30 Tue 22:10:44
 新年度を前に会社の机を片づけようと思いましたが思っただけで終わりました。

◎きゅうさんへ
 返本はそういう気持ちになるのかもしれませんね。でも巡り巡って違う地方の違
う読者の手に渡ると思えばいいのかも。
 新潮文庫のポイント制はなかなか楽しみですね。私も集めてみます。

◎tbさんへ
 感想も読みました。なるほど、そういう見方もあるだろうなと思います。私は暗
黒小説として好きなのですが、なかなか一般的には勧めづらい小説です。
 その「傑作レーダー」が最後まで回り続けているといいのですが、おそらく大丈
夫だと思いますよ。
 「ムーン・パレス」は最後まで面白く読みました。違う作品も読んでみます。

◎のたへ
 「黄金を」ってそういう構成だったっけ? 私はあの手の企み物の小説は好きな
のでテーマに押されて一気読みでした。
 ぽんかん取れないならマンゴーでいいや。

◎マサオさんへ
 新刊情報はあまり追っていないので役に立てずにごめんなさい。
 そのこんな事というのが新刊情報なのか書き込みの内容なのか分かりませんが、
ここは何の話題でもOKですよ。

◎ねじまきさんへ
 これで私がニフティーの方をさぼっている理由が分かってもらえたかと。私もも
っぱら会社で返事書いてます。
 モニターはやはり大きい方が絶対いいですよ。私の提唱するパソコンの使いやす
さの重要項目は1に早さ、2に画面解像度の大きさですし。

[1932] ねじまき さん(takafumi.yokoyama@nifty.ne.jp) 1999/03/30 Tue 12:29:52
強制改行で、非常に読みづらい文章になったみたいですみません。
掲示板の書き込みのペースがとても速いので驚いています。
会社で書くとお金を気にせずにかけるところがよいですね。

>本間さん
モニタが17インチになっても私のページのデザインは全く変わってません。
きっとまだ13インチの人もいるだろうし(いないって)
でも世間のページを見るのは随分楽になりました。

>さゆりさん
妻がメールのお礼を言っておりました。
多分今は仕事で疲れてそれどころじゃないでしょうけど。

>ozakiさん
 本間さんも書いてらっしゃいましたが、さすが元気ですね。
 ozakiの歌も気持ちが入っていてよかったです。

[1931]大阪某大学生マサオ さん(osaka-masao@geocities.co.jp) 1999/03/30 Tue 02:20:37
えっと、初めて書かせてもらいます。
というのも、村上春樹さんの新刊情報を
さがしてここに行き着いたんです。

僕は本屋でバイトしてまして(きゅう さんと同じですね。
僕も返品やってます。辛いっすよね)、そこで書店に配られる新刊案内の
雑誌を見ると、村上春樹さんの新刊の情報が書かれていました・・・
ってこんな事書いていいんですか?

[1930] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/30 Tue 00:56:02
高村薫「黄金を抱いて翔べ」を読みました。
視点がコロコロ変わって 少々読みにくかったです。
ちょっと残念。

>本間さん
ポンカンは愛知じゃとれませんってば。知っててやってるでしょう?(笑)
というわけで 本間さんには家でとれたキュウリをプレゼントします。
しかもコンテナ一杯。

それはともかく,わざわざプリントしたものを送っていただきありがとう
ございました。またなんか描いたら送りつけますね。

[1929] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/30 Tue 00:43:15
馳星周『不夜城』をよみおわりました。けっこう個人的には厳しく評価してる
んですが、公平に見てすごく力のある作品ですね。というか、純粋に面白い。
テーマの設定や、人物の個性などが際立っていたのも良かったです。

引き続いて、天童荒太『永遠の仔』を読みはじめました。上巻の3分の1ほど読
んだのですが、なんというかすごく期待が持てます。僕の「傑作レーダー」が
くるくると回りはじめてるような感じです。これを書き終わったら、早速続き
を読もうかと思います。

>本間さん
『ムーン・パレス』は良いでしょ?『幽霊たち』も非常に面白い作品だと思い
ます。というか、ムーンパレスよりも、完成度とか文学的意味は高いと思いま
すので、そちらもオススメです。

[1928] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/30 Tue 00:06:11
今日は体調復活で,久しぶりのバイトでした。4月20日に出る村上さんの新刊を
予約して,書籍を返品して,コミックにビニールをかけて,という作業も久々に楽
しんでやりました。書籍の返品あまり気持ちのいい作業ではありません。好きな作
家の本を返品するときは,とくにつらいです。
 そして,今日はお店に新潮文庫のYonda?CLUBのフェア用のディスプレイが来て
ました。4月から,ポイント制になり,読んだ冊数に応じてプレゼントがもらえる
ようです。私が気になってるのは,ビデオです。どんな内容なのか,見当もつきま
せん。あとは,パンダのぬいぐるみが欲しいです。新潮社の策略に踊らされている
ような気もする(笑)。
 今日はP・オースターの「ムーンパレス」を手に入れました。新潮文庫の装丁もな
かなか素敵です。楽しみです。

[1927]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/29 Mon 23:14:59
 前にここの掲示板でtbさんも書いていたけどP・オースターの「ムーンパレス」
を半分読みましたが、いい感じです。翻訳小説が苦手な人でもこの文体なら大丈夫
でしょう。

◎さゆりさんへ
 初日はいかがでしたか? その内慣れてくると夜更かしして出社しても大丈夫な
ようになりますよ、ってそういう慣れ方のだめな例の私でした。
 土曜日はお疲れさまでした。私も一回会えばそんなに緊張しないので次回はのん
びりと飲みましょう。

◎ねじまきさんへ
 ここへの書き込みは久しぶりですね。
 ねじまきさんのPCが13インチのマックから変わったというのはなかなか衝撃
的でしたが、お互い更新頑張っていきましょう。
 にこにこした顔が印象的な奥様にもまた飲みましょうとお伝え下さい。

◎WAKAさんへ
 オフはですね、一軒目がえび・かにの店、二軒目が洋風の居酒屋、三軒目がカラ
オケボックスでございました。もっと暖かくなったら晴海埠頭で「世界の終わり」
的にビールでも飲むオフをしようと思っています。
 シュウマイも美味しいんですか。私の食べたい物リストの中に入れておきます。

◎田崎さんへ
 翌日の仕事お疲れさまでございました。
 土曜日はさすがに私もビールは飽きて、3時位に飲むのは止めました。5時にお
開きでした。しかし朝までいるとお腹が空いているんだかどうか自分でも分からな
い妙な状態になりますね。

◎ozakiさんへ
 一番元気だったのがオザキさんとねじまきさんの奥さんでしたね。さすがだ。
 今度は早めに集まって麻雀しましょう。その場合のたが愛知からおみやげのぽん
かんを持って駆けつける事になってます。
 「極楽とんぼのデブの方」というのはひどい扱いのような気も(笑)。

◎こたつみかんさんへ
 福岡も行ってみたい所の一つなので機会がありましたら飲みましょう。しかし行
ってみたい理由が「小島武夫の地元だから」というのは珍しい理由かと。
 しかしなかなか凄い酔っぱらい方ですね。私も精進する事にいたします。
 村上さんの翻訳は私は苦手としてます。何故だろう? 後ろに村上さんの文体が
透けていて個性がぶつかるからかもしれません。

[1926] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/03/29 Mon 16:59:15
 こんにちわ。オフ会に参加された皆さん、楽しかったようですね。ちょっとうら
やましいです。いつか参加してみたいなー。
 私は週末のんだくれて、カウンターで隣にいた知らないおぢさんに夏みかんをむ
いてもらって食べ、(出張のお土産だったらしい日向夏。とってもおいしい)メ
ニューにないおつまみを無理矢理注文し、「懐メロをかけろー」と脅してPANT
Aや小坂忠をかけさせ、森のくまさんを歌いながら歩いて帰りました。
 上の文章に脈絡がないのは、記憶の断片だからですね。ほかにどんなことをしで
かしたのかは謎。とほほ。

 反省して、日曜はおとなしく「本当の戦争の話をしよう」を読んでました。村上
さんの文体って、読んでると落ち着きます。翻訳はあたりはずれが結構あると思う
んですが、村上さんの訳だと安心。
 ちなみに猫のあたりはずれは、舌の裏に書いてあるそうです。(大槻ケンヂ説)

[1925]ozaki さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/03/29 Mon 00:25:56
こんばんわ。東京オフ、お疲れ様でした。
とても楽しかったです。どうもありがとうございます。

徹夜で遊び、家に帰ってクマのように眠った後、またバイトで徹夜です。
どうでもいいけれど、SMAPの中居くんと極楽とんぼのデブの方を見ました。

>本間さん
今度打ちましょうね。CD、家に帰ってからゆっくりと聴いてみます。

>ねじまきさん
素敵な歌声を聞かせていただいてありがとうございます。
ラブリーな奥さんにもよろしく。

[1924] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/29 Mon 00:24:41
どうも東京オフお疲れ様でした。楽しかったです。CDもどうもありがとうござい
ました。
朝まで飲んでいたのですか?
私は今日、軽い二日酔いで仕事(肉体労働)をしてきました。筋肉痛になりそうで
す。とりあえずお礼まで。

[1923] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/03/28 Sun 23:58:37
こんばんは。いつのまにか東京オフ終わっていたんですね。参加された方楽しかっ
たですか?実は私は東京に行ったことが無いんですが、オフってどんなところに行
くんでしょうか?書きこみから察すると居酒屋か?

>ももさん
 大変失礼しました。書きこんでから気づいてしまったと思ったんですが、やっぱ
 り気になりましたか。正しくはくみさんでしたね。

>本間さん
 そうです。豚まんと言えば551です。ここのシュウマイもでかくておいしいです。
 崎陽軒の2〜3倍はあります。


[1922]ねじまき さん(takafumi.yokoyama@nifty.ne.jp) 1999/03/28 Sun 23:04:48
ねじまきです(初めましての方、はじめまして)。東京オフ、お疲れさまでした。今
日は2時まで寝てま
した(妻は4時まで寝てました)。徹夜で遊んだのは何カ月ぶりだろう。今、いただ
いたCDを聴いてい
ます。なかなか渋い選曲ですね(春樹さんの選曲が渋いと言うこともあるんでしょう
けど)。
妻も「楽しかったです、ありがとうございました」といっておりました。

[1921] さゆり さん(sayuri17@bc4.so-net.ne.jp) 1999/03/28 Sun 21:27:44
さゆり@明日からOL(とほほ)です。今日は早く寝なくちゃ。

本間さん、ももさん、オザキさん、田崎さん、横山さん。
 オフでは大変お世話になりました。実は結構緊張していったんですが、とっても
楽しかったです。また、お会いして色々お話ししたいです。

 私は三島作品では「美しい星」が好きです。
 

[1920]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/28 Sun 20:23:55
 さっき東京から帰ってきました。

◎きゅうさんへ
 「レター教室」は私が唯一読んだ三島作品ですが確かに面白かったです。
 犬はそうですねー、小さい頃から知っている犬だといいですが、初めて見る大型
犬だと結構怖い場合もありますね。毛がふさふさしている系以外は特に。
 ジャズはBGM的にしか聞いていないので、今度ちゃんと聞こうと思ってます。

◎東京オフ
 に参加されたみなさま、雨の中どうもでした。特に最後まで付き合ってくれたみ
なさまお疲れさまでした。私はちょっと寝て中山へ行って負けてきました。
 新幹線でも寝過ごして盛岡まで行きそうになりましたが、よく考えると秋田行き
新幹線だったので寝過ごさなくて良かったです。

[1919] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/27 Sat 00:50:50
>本間さん
犬と遊ぶのはすごく楽しかったです。小さくても確かな幸せでした。
でも,犬を散歩に連れていったら,知り合いの犬が放してあって,ちょっとしたス
リルを味わいました。というよりも,かなり怖かったです。すごい勢いでほえてく
るし,こっちに走ってこようとするし。うちのこはかわいいが,よそのこは怖い!
ジャズは素敵です。いつも元気をもらってます。テレビで流れてるだけで頬が緩ん
でくる音楽があるってすごく幸せなことですよね。

[1918] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/27 Sat 00:32:59
熱がやっと下がって,元気回復しつつあります。
ベッドで寝ていると,何もすることがないので「三島由紀夫レター教室」を読んでま
した。女性の心理描写が手紙という形式ながらもすごくよく出ていて,思わずう
なってしまいました。三島の他の作品とは感じが違うけど,手紙好きなら楽しめる
と思います。
それにつられて、昔書いて出せなかった手紙を読んでみたのですが,「若くて青いね
<私」って感じで,ちょっと赤面してしまいました。手紙は夜書くものではないです
ね。


[1917]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/26 Fri 23:31:07
 あと10分で仕事終わり。今から飲みに来いという電話を断ったところです。さ
すがに今日行くと明日起きられないし。

◎くみさんへ
 卒業おめでとうございました。卒業式で泣かないーとー  by 斉藤由貴。
 豚まんは551でしたか。なんで551なんでしょうね。本店の住所が55−1
なのかな。
 「レオン」は私も見たかったのですが仕事&飲み会で返しました。再び借りて見
ますね。

◎ラインさんへ
 「羊」まで行きましたか。長編は8作品しかないので、ゆっくりと読まれて下さ
い。なお4月に9つ目の新作が出るそうです。
 私も誰か作家を好きになると、既刊の小説をまとめて読む方なのでその気持ちは
分かります。

◎さゆりさんへ
 明日のオフはさゆりさんとオザキさんが初対面なので、集合がちょっと心配です
ね。メールに書いたので分かりにくかったら明日の朝までにメール下さい。パワー
アップした目印を考えます。甘栗とバナナを両手に持つとか(嫌すぎ)。

◎オザキさんへ
 本当卒業シーズンですね。卒業したって別にその人の人格や性格が変わるわけで
はないでしょうが、やはり一つの区切りです。
 春闘に関しては公表している数字と実状が違う場合がありますので注意が必要で
す。ストに関してはそういうもんです。繁忙帯の時間にストする事は仕事の放棄だ
し誇りを持って仕事している以上、それは出来ません。

[1916] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/03/26 Fri 23:03:43
>くみさん
ふっふっふ。ちょうど尾崎豊の「回帰線」というアルバムを聴いていて、しか
もちょうど「卒業」が流れていたので、なんだか嬉しくなって書きこみます。
昨日馬場で飲んでいたらスーツ姿でやたらめったら騒ぎまくる不気味な集団が
いて、なにかと思ったら僕の大学の卒業生でした。立教も昨日が卒業式だった
ようです。シーズンなんですねぇ。

大学の卒業って、モラトリアムからの卒業なのだと僕は思っています。卒業し
たらもう親に頼るわけにもいかず、自分ひとりで生きていかなくてはなりませ
ん(そう僕は思っています)。卒業とは、バカ騒ぎしつづけた大学生活のけじ
めをつけて、社会人への道を歩むための儀式なのではないかなと思います。
最後になりましたが、卒業おめでとうございます!

>本間さん
メール、送りました。
春闘はどこも厳しいそうですね。僕がバイトしている会社(といったら本間さ
んにはばれてしまいますが)はベアゼロだったようです。んでもってストライ
キをやっています。でも、朝の番組を担当している人は午後から、午後の番組
の人は午前だけのストなんて、どれだけ意味があるというのでしょうか。疑問
です。

>さゆりさん
初めまして。卒論で村上春樹をやるなんて、変な学部(ヒロスエの入ったとこ
ろといえばいいでしょうか)に入ってしまった僕にとっては羨ましい限りです
。
村上さんの作品は普通に読むにはすごく面白いのですが、深く突き詰めようと
するとたしかに難しいですよね。
卒論を書いたといえば四年生ですか。卒業おめでとうございます。
僕も早く卒業したいなぁ。(By留年決定)

[1915] さゆり さん(sayuri17@bc4.so-net.ne.jp) 1999/03/26 Fri 21:34:14
 さゆりと申します。初めて投稿します。
 卒論で、春樹度の(異常に)高い生活をしてました。
 が、終わったらちょっと気が抜けちゃいました。春樹さんの作品は、大好きだけ
どやっぱり難しい。
 4月からまた気合いを入れて、文化的な(?)生活をしようと思ってます。
 なかなか勇気が出なくて書き込めなかったのですが、すごく楽しい掲示板なの
で、参加したいと思って…。よろしくお願いします。
 オフ会に参加されるみなさま、よろしくお願いします。

本間さんへ
 メールありがとうございました。ハンドルはさゆりですが、メールを頂いている
サカイです。



[1914] ライン さん(umeno@sol.dti.ne.jp) 1999/03/26 Fri 18:26:50
みなさんのアドバイスに従って「風の歌を聴け」から読み始めています。いやー凄い
ですね。他のことが手につきません。いろいろ本を読んできましたが一人の作家にこ
んなにはまるのは宮本輝以来です。いまは「羊をめぐる冒険」を読んでいます。私が
小学生の時に話題になっていた「ノルウェイの森」(すでに購入済み)を読むのが楽
しみです。

[1913] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/03/26 Fri 15:55:49
昨日は卒業式でした。
でも、一体何から卒業するのだろう。by 尾崎豊
って感じで今日も相変わらず研究室に来ています♪(大学院に進学のため)

>本間さんへ
大阪の豚まんは551です。
それから、レオンはすごくおすすめです。絶対見てください。
ベッソンの作品のなかでは私は一番好きです。グレートブルーもいいけど。

>tbさんへ
新刊は20日なんですか。知らなかったよー。
早く読みたいな。まちどおしいものです。

>こたつみかんさんへ
「ムーンパレス」よさそうなので、読んでみます。



[1912]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/26 Fri 14:35:38
 今日がビデオを返す日だった事が判明。夕方5時から仕事だし、結局「レオン」
は見られませんでした。また今度借りよう。

◎のたへ
 郵便届いた? 黒やぎさんに食べられなかったか?
 私が愛知で行きたい所はヴィレッジ本店、中京競馬場、名古屋ドームの3点。こ
れに美味しい物が加われば完璧。その節はよろしくね。

◎ももさんへ
 そういえばすももはしばらく食べてないなあ。あけびもいちじくも食べてないで
す。こけももは食べた事ないです。
 ひつまぶしってうなぎを細かくしてごはんに混ぜたやつですよね。
 個人的には誰かが話すのを聞くのは好きなのですが、要点を押さえずにだらだら
話されるのは困りますね。

◎あみさんへ
 はじめまして。花粉症治ったんですか。良かったですね。さすがは漢方です。
 ホームページはざっと見ましたが、何というか可愛いホームページですね。更新
頑張って下さい。

◎きゅうさんへ
 犬と遊ぶのは幸せですよね。
 チック・コリアはバンド名だかアルバム名だか分からなくなったので混乱いたし
ましたが、何とか探しているのを見つけました。ジャズは今までほとんど聴かなか
ったのでなかなか新鮮です。

◎tbさんへ
 新作の発売日決まったんですね。あと3週間ですか。楽しみです。
 それと調子良くなって良かったですね。すっかり春ですし、楽しい日々を送りま
しょう。
 「不夜城」は合うといいのですが。「ムーンパレス」は明日新幹線の中で読んで
みます。

[1911]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/26 Fri 04:07:35
 今日の午後4時から始まった春闘の団交が午前2時30分までかかってようやく
妥結。打ち上げで飲んできて今日も酔っぱらいです。掲示板への返事は明日書きま
すね。

◎東京オフ
 とりあえず午後6時新宿で待ち合わせという事で。場所とかは明日の昼間にメー
ルいたします。遅くなって本当にごめんなさい。

[1910] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/26 Fri 02:41:34
アーヴィングの『熊を放つ』を読了しました。随分・・・ほんとに長くかかり
ましたが、それでも読んで良かった作品です。読み手にパワーを要求する作品
ですが、それさえクリアー出来たら、最後の感動はやはりアーヴィングならで
はでした。

これから馳星周の『不夜城』を読みます。ちょっとだけさわりを読んだ感じで
は、なかなかいけそうです。

村上さんの新作が4月20日ですね。今年一番の楽しみです。今からワクワクし
てます。早く20日来ないかな。

>本間さん
おかげさまで、調子の悪い所から復活しました。やっぱり悪い時には悪い時な
りの過ごし方をしないといけませんね。3日ぐらい、ぽーっとしてました。本
間さんのオススメにより『不夜城』を読みはじめます。感想はまた後日に。

>kazsさん
『ムーン・パレス』はほんとに良い作品でした。翻訳されている作品全部を読
みたいと思うのですが、人気がないのか、あまり書店で見かけません。噂のヴ
ィレッジ・バンガードが大阪・京都にもあれば良いのになあ・・と思います。

>こたつみかんさん
80頁あたりの部分、僕も他人事とは思えなくって、読んでてほんとに切なく
なりました。けっこう散漫だけれど凄いパワーに溢れた作品ですよね。

[1909] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/25 Thu 21:04:24
久しぶりに来たら,書きこみが増えててやっとここまで駆け上がりました。ふう。

一週間ほど実家に帰って,のんびりしてきました。
実家に帰っている間は鶏や犬と戯れたり,昔はまっていた吉本ばななを再読したり
して,すごくよかったです。
しかし,そのあと行った福岡で寒さを甘く見て薄着で過ごしたため,風邪をひいて
しまい,今熱でボーっとしています。

>本間さん
オフ会の件,遅くなってすみませんでした。メール送りましたので,そちらに詳し
いことは書いてます。
コリアのCD,見つかってよかったですね。「リターントゥフォーエヴァー」は,素
敵なアルバムですよね。とくに4曲目の激しさがたまりません。他の曲に比べて3
曲目がすごくさわやかなのも,ちょっと面白い。

>こたつみかんさん
教えていただいたヴィレッジヴァンガードには,風邪をひく前に行ったので楽しん
できました。いやはや,すごい本屋さんですね。「こんな本屋さんがあるんだ〜」と
いう気持ちで,すごく嬉しくなっちゃいました。店員さんもかっこよくて,さりげ
なくおしゃれさんで,もうどきどきしっぱなしでした(笑)。

>ももさん
語れる話を持ってる人,素敵ですよね。そういう話を聞くときには,あいづちを打
つしかできないのですが,その姿を見てるだけで胸がぽっと暖かくなります。

[1908]あみ さん(amiangel@yahoo.co.jp) 1999/03/25 Thu 07:25:49
はじめまして。
東京在住のはたちです。
あみも去年までひどい花粉症でしたが,女子医大の漢方ですっかりよくなりました
。今年は春になってもルルルル〜♪
あみのホームページができたので,よろしかったらあそびにきてください。

[1907] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/03/25 Thu 04:30:12
のぞみに乗ってハクを付けたすももはさぞやおいしかろうと楽しみにしていた
のですが残念ながらいつもと同じ味でした。
でも無印のすももはきゅーっとすっぱいので好きです。

《本間さん》
すももともものラブラブな関係はいいとして、仲間はずれにされたこけももの
立場が不憫でなりません。
今回はひつまぶしを食べそこなって悲しかったので私の分まで食べて来てくだ
さい。食べたかったにゃんにゃんにゃにゃーん。
語れる話を持っている人はすてきです。がんばってください(笑)

《WAKAさん》
春樹さんの本の読む順序についてのコメントを書いたのは私ではないです
くだらない事にはぴっぴと反応しますがきちんとした事には‥‥‥にこっ。

《こたつみかんさん》
いいですね、元鉄っちゃんの美容師さん(笑)。
タトゥーはもちろん線路柄にしていただきたいです。
私も妊娠した事がないので子供を持つ気持ちというのはいまひとつ分からない
のですが、妊娠した友人のお腹を触った時すいかのように固くてひえーっと驚
きました。もういやだと言っていたの2人目を作ってしまう事はさらに謎で
す。結婚してる男の人に生まれてくる子供は自分の子だと信じられるものなの
か?と聞いみると結構面白いです。はっはっはっと笑いながらも目がちょっ
びっと真剣になったりします。

《オザキさん》
ポケモンよりプロレスの方がちんぷんかんぷんです。
といいつつはるか昔、ビューティペア(女子プロ)の下敷きを持っていたとい
う消したい過去があります(笑)。語れる話を持っていない方が問題だと思う
のでがつがつ増やしたほうがいいでしょう。
いつか役に立つはずです、たぶん。

《のたさん》
地元の方はあれをAPITAというのですね。知りませんでした。
ひつまぶしは大好きです。お茶づけで食べるのいいですよね〜。うん。
木曽川ライン下りも面白いかも。まだあるのかしら?


[1906] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/25 Thu 02:12:20
今月は文庫を買おう。先月お金使いすぎたし。うん。

>ももさん
APITAにもあったんですね。知りませんでした。意外な盲点です。
今度いってみますね。
APITAは高校の時よく塾をサボッていったのですが,あそこ自体 結構
遊べますよね。でももう随分かわったんだろうな。

>江崎
なんだ 会社のすぐ近くにあったんだ。
会社の帰りにでも寄ってみるよ うっきー。

>本間さん
飲み足りないといいつつも,結構酔っぱらってますね。(笑)
愛知にいらっしゃったら,存続の危ぶまれている南知多ビーチランドと
日本モンキーパークと明治村にご案内いたします。
それできしめんと天むすとひつまぶしを食べたら愛知はシメたも同然です。

[1905]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/25 Thu 00:37:44
 本間@送別会で酔っぱらいです。でもこの時間に終わると飲み足りないなあ。

◎ラインさんへ
 原作の「イギリス人の患者」を読むと「ああ、そういう事だったんだ」と腑に落
ちると思います。多分来年以降に文庫化されますのでその際にはぜひどうぞ。

◎江崎へ
 丁寧なご案内ありがとう。前にも言ったけど5月にでも名古屋に行くので、その
時はのたと二人で案内してね。もちろん中京競馬場も。
 それと前にも書いたけど、そのメールアドレスは3月で使えなくなるので早く変
えるように。変え方が分からなかったら私までメールしてね。

◎ももさんへ
 店の場所、分かって良かったですね。私が思うに、名古屋ですももを買って東京
まで運ぶことはないと思います。すももももももももの内と言いますが、すももと
ももは明らかに違う気がする今日この頃。
 ポケモンを熱く語られても困ってしまってわんわんわわんだと思いますが、それ
は男の習性なので許して下さい。

◎のたへ
 なので、早く行け(命令形)。

◎WAKAさんへ
 という訳で神戸にはあるようですので是非行ってみて下さい。ところで大阪とい
えば505だか508だかのエドウィンみたいな型番の豚まん、美味でした。
 「レディー・ジョーカー」は新聞社に勤めている私から見ても、描写がリアルで
す。後半になるにつれ、ボルテージは上がりますので楽しんで読んで下さい。

◎こたつみかんさんへ
 私も先日「ムーンパレス」を買ってきました。楽しみにして読みますね。
 邦画でイメージ通りというのは確かにないかも。別に邦画に限らず洋画でもなか
なかないですけどね。
 私が中学校の時好きだった「戦国自衛隊」も「うーん」という出来でした。

◎オザキさんへ
 「謎の不審船」といえば北朝鮮ですね。私の部署でも盛り上がってました。
 私の部署の部長は釣り用にクルーザーを持っているのですが、北朝鮮の船に追わ
れた場合、逃げ切れないことも分かりました。

◎東京オフ詳細
 今日は酔っぱらっていてとてもメールを書ける状況ではないので、明日詳細をメ
ールいたします。でも春闘の回答指定日なので遅くなるかも。

[1904] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/03/25 Thu 00:17:29
昨日はバイトで一晩中「謎の不審船」に付き合わされました。
マスターカット(この時間は番組を変更してニュースをお送りしますというアレ)
が5回くらいあったし、ネットにも繋げずにヒイヒイ走り回っていました。
臓器移植のときもそうだったのですが、僕が泊まりのときはかなり巡り合わせが悪
いらしく、事件がよく起こってしまいます。

>江崎さん
幕張にあるヴィレッジ・ヴァンガード、僕も今度行ってみようと思います。
パティオスって、たしかあの日当たりの悪いマンション街ですよね。
高校の水泳部の冬練で、学校→メッセ→マリンスタジアムというルートを辿って、
たまにそっちの方も走った記憶があります。
「西欧風」が売りらしいけれど、日当たりの悪さを正当化しているだけと感じるの
は僕だけでしょうか。

>ももさん
僕の場合、プロレスについて語ると何時間も止まりません。
先週スノボに友達6人と行ったのですが、そのうち3人がプロレスファンで、旅館
の部屋で修学旅行の中学生のようにプロレス技をかけあっていました(笑)。
大仁田のマネ(わかる人にはかなり受ける)をしたりしてかなり面白かったです。
あとの3人は完全に引いてましたが。


[1903] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/03/24 Wed 18:24:32
 「ムーン・パレス」読みました。80ページ位で泣きそうになっちゃいました。
なんか泣きのツボにぐぐぐっとはまってしまって。とてもいい青春小説でした。後
半ちょっと疲れましたが(ソロモンの残した小説のあたり)。
 それと、セックスする→妊娠する→産むまたは中絶するという行為の、重さとか
不思議さとか男女での実感の違いとか、考えてしまいました。男の人は、自分にも
し子供がいてもそれを知り得ないことだってあるのよねえ。不思議だー。自分の子
供を持つってどんな気分なんでしょうね。

>ももさん。
  男の人が興味のあることを熱く語る(笑)の、かわいいですよねー。おととい
 美容院に行って、体中にタトゥーをいれてる美容師さんの子供時代の「鉄道模 
 型」の話を聞いてて、ニコニコしちゃいました。彼も熱く語っていたぞ。

>映画の話
  「ショーシャンクの空に」観ました。キングの原作、もう一度読みたくなりま
 した。それにしても邦画で、原作のイメージどおりっていうの、なかなかないと
 思いませんか?「風の歌を聴け」にしても「キッチン」にしても、なんだか  
 なーっていう感じ。

[1902] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/03/24 Wed 17:30:46
 ヴィレッジ・ヴァンガード相変わらず流行っているようですね。こんなに知名度
があるのになぜ大阪に無いのでしょう?名古屋方面に出かける機会なんてないし
なぁ。すごく気になってます。
 <レディ・ジョーカー>読んでいますが、ここのところの体調不良で12時には目
が開かなくなっているので、スピードダウンしています。ハードカヴァーを毎日会
社に持って通うのも辛いので、通勤用には<ホワイトアウト>をお供させていま
す。

>ラインさん
 これから読む村上作品がたくさんあるなんて、とても幸せなことですね。
 私的な好みで読む順を決めるなら、ももさんと同じく「鼠と僕」のシリーズを順
 に読んで行くのがおすすめでしょうか。「風の歌を聴け」から羊3部作へ、とまら
 なくなること請け合いです。あと、村上氏の歴史をたどるみたいに発表順に読む
 のも面白いかも知れませんね。

>本間さん
 <レディ・ジョーカー>まだ事件は起きたばかりです。合田刑事の出番はこれか
 らです。読み終わったら感想を書きますね。 

[1901] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/03/24 Wed 04:24:23
行ってきました、ヴィレッジ・ヴァンガード植田西本店。
昨日の名古屋はお昼頃に強風とともにパラパラと雪も降りました。
そんな天気だったので、夜のヴィレッジ・ヴァンガード店内は冷蔵庫の中のよ
うに寒かったです。感想は‥‥このお店を東京でもやるならやっぱり下北だよ
ね、という感じの店でした。下北のお店に行こおっと、近いし。
さらに、もう1ケ所見つけましたよ。ふふふ。
りすでも分かる場所です(笑)
名駅前の生活創庫の6Fです。私はこちらの品揃えの方が好みです。
お店の雰囲気が本店のようなディープさがあまり無いのは残念ですが‥‥。
でも下の階には無印もありこちらもまたなかなかかと思います(笑)
なにもわざわざ名古屋の無印で80円のメガネふきと230円のすももを買う事も
ないんじゃないかと思いながら“のぞみ”で東京まで運んできました。
あっ、おまけにHMVもありましたよ、1Fに。

ちなみにP・オースターは“ ヴィレッジで今熱い人”みたいなコメントがつ
いてました。

《のたさん》
なので、行ってくださいね。

《余談》
いとこの子供である7才の少年と話をしていてふと思ったのですが、男の人が
自分の興味がある事や得意な事を嬉しそうに話をする傾向って子供の時からす
でにあるものなのですね。熱く語ってくれましたよ、ポケモン(笑)





[1900] 江崎 慎哉 さん(ezaki@mx2.meshnet.or.jp) 1999/03/24 Wed 00:30:53
こっちに書き込みは久しぶりです。
まだ、競馬用掲示板が分離する前だったような、、、。
  ヴィレッジ・ヴァンガードは千葉県には、幕張の横にある
パティオスというマンション街の一角にあります。
ここはあまり大きくないのですが、周りの無機質な環境に
溶け込んでいてとてもオシャレな雰囲気です。
何度か、ドラマや映画の撮影にも使われているようです。
  愛知県では、豊田市のそごう横のT-FACEのなか、愛知教育大学の
裏あたり、天白区植田西などにあります。
  T-FACEのはあまり広くなく、漫画、グッズが主ですが、場所がわかりやすく
また、上の階に「100円ショップ」、下の階に「無印良品」などあり、
いろいろなものを買いに行くついでにはなかなかです。
  愛教大裏はなかなか広く、品揃えも多く飽きがこないのですが、
ちょっと見つけるのに苦労すると思います。
  植田西のは、とても広く、個人的には一番気に入っているのですが
駐車場が小さく、車で行くと止めるところに困るかも。
地下鉄では、植田で降りR153方面に信号2つ、R153を右に折れ、
信号1つ超えた右側にあります。

>本間さんへ
「菊池君の本屋」は本間さんがなくさないように、大切に僕が保管しています。
正確には実家に保管してあります。
今度、愛知オフのときにでもお返しします。
>のたへ
さるにでも分かるように植田西のを書きました。
すぐ行くように。
どうしても分からないようであれば、植田駅近くの
本屋に飛び込み「植田西郵便局の向かいにある、ヴィレッジ・ヴァンガード
という本屋に行きたいので、道教えて!」と言い、ひんしゅくを
かってください。

[1899] ライン さん(umeno@sol.dti.ne.jp) 1999/03/23 Tue 23:27:57
くみさん、本間さん、どうもありがとうございました。早速参考にさせていただきま
す。                            「イングリッシュ
・ペイシェント」は正直言ってよくわからなかったです。「12人のやさしい日本人
」はかなり楽しめたと記憶に残っています。

[1898]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/23 Tue 18:53:13
 昨日の夜中に「スワロウテイル」を、今日は「イングリッシュ・ペイシェント」
をビデオで見ました。前者は偽札のディテールは疑問だけど、作品世界的にはなか
なか面白かったです。CHARAの歌もいいし。後者は原作の大筋は合っているの
だけど、枝葉の部分がばっさり切られているのが残念。もっとも全部追っていけば
4時間の映画になるだろうから、興行的にやむなしでしょうけど。

◎わぞさんへ
 解決して良かったですね。文字コードはパソコンと違ってホームページ用のサー
バーはUNIXで動いているためS−JISが一般的に使われていないからだと思
われます。

◎まるさんへ
 こちらも見つかって良かったですね。
 確かに引き出しのたくさんある人は魅力的です。私も頑張って引き出しを増やそ
うっと。

◎ラインさんへ
 まあ一般的に発表順からがいいのではないでしょうか。「風の歌を聴け」講談社
文庫から「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」と読むのが妥当かもしれませ
ん。もちろん短編集やエッセイから読み出すのもいいかもしれませんね。

◎くみさんへ
 私の先輩はてん茶(どういう字か不明)を定期的に飲んで花粉症の症状はかなり
収まったようです。お茶屋さんで売っているそうなので一度試してみては?
 「12人の」は日本にも陪審員制度があったら、という話ですよね。私も見たい
映画なのでその内見てみます。

[1897] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/03/23 Tue 17:37:13
くみです。
花粉症でくしゃみがいっぱいでちゃいます。

最近本は読んでないんですが、
いつも本を貸してあげてる先輩がビデオを貸してくれました。

「ヒート」と「12人のやさしい日本人」です。
軽く内容を聞いた限りでは、なかなかおもしろそうです。
12人…のほうは高校時代に演劇でやってたクラスがあったし、
大学の英語のテキストでもやったのでよく知ってるんですが。

「時計仕掛けの…」はあれだけいろいろ教えてもらったのに
まだレンタルしてません。

>ラインさん
 人によっていろいろあるとおもうんですが、いい作品から突入されたと思い
ます。小説だけでなく、エッセイもおもしろいとおもうのでいろいろ読んでみ
てください。(なーんてえらそうなこと書いてしまった)

東京オフに出席される皆さん、私の分も楽しんできてね。
ではでは。


[1896] ライン さん(umeno@sol.dti.ne.jp) 1999/03/23 Tue 16:06:08
「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」にとても感動してしまいました
。これから村上春樹さんの作品を読んでいこうと思うんですが何から読んでいけばい
いのでしょうか?何か良いアイデアがあれば教えてください。

[1895] まる さん(IZQ00277@nifty.ne.jp) 1999/03/23 Tue 13:12:00
探していた本みつかりました!!
katzさん ありがとうございました。

春樹氏も「未来世紀・・・」が好きなんてちょっと嬉しいです。
大笑いした後のラストシーンがよかったです。
ブラジルって曲も大好きになりました。
それにしても村上春樹って人は本はもちろん音楽にも映画にも詳しいですね。
でもってトライアスロンしちゃうくらいたくましいし。
たくさんの引き出しを持っていて本当にかっこいいですね。

[1894] 春木屋わぞ さん(tnishi@singnet.com.sg) 1999/03/22 Mon 21:07:40
本間さん、再び登場の春木屋わぞです。(^^ゞ
文字化けの理由分かりました。 IE5.0のツール・バーの表示(V)
のエンコード(D)がデフォルトで日本語(シフト JIS)となっていた
為のようです。試しに自動選択か日本語(自動選択)を選択してみた
ところ文字化けが直りました。といっても、詳しい理由は分かってい
ないσ(^^)ですが・・・・
と言うわけでお騒がせしてすみません。
ではでは。




[1893] 春木屋わぞ さん(tnishi@singnet.com.sg) 1999/03/22 Mon 19:48:11
本間さん、早速コメント付けて頂いてありがとうございます。
ちょっと不可解な現象が春樹堂HPにだけ(いまのところ)生じて
いますのでご連絡します。
今日、会社のLAN経由でIE5.0をダウンロードしてセットアップ
したのですが、な、な、なんと春樹堂HPを表示しようとすると文字化け
してしまいます。いまのところ他のHPでは文字化けしません。
HTMLにはほとんど無知な私だけに原因がわかりません。IE5.0
のせいでしょうか?
取り急ぎご連絡まで。



[1892]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/22 Mon 17:25:08
 昨日は雪、今日も小雪がちらつく仙台です。

◎サリーちゃんへ
 ここの掲示板では岩井俊二の人気は圧倒的ですね。
 浅野忠信という人は知りませんが、チャラは結構好きです。

◎田崎さんへ
 事件当日にオウムのセミナーが行われていて、結構物議を醸しだしてましたね。
遺族の方の気持ちを思うと、ちょっと複雑な気分です。

◎わぞさんへ
 ごぶさたでした。お元気そうで何よりです。東京オフはあれから2回ほどしてま
す。横山さんには伝えておきますね。
 しかしシンガポールは暖かいんでしょうね。今年こそはアジアに行きたいです。
なお、日本のプロ野球セリーグはキャンプの仕上がり具合から中日・巨人・横浜の
三つ巴になりそうです。

[1891] 春木屋わぞ(西) さん(tnishi@singnet.com.sg) 1999/03/22 Mon 15:02:44
本間さん、すっかりご無沙汰しています。
次回の東京オフって去年の5月のオフ以来ですか?もうあれから一年近く
経つのかと思うと不思議な気分です。
出来れば今回も参加したいのですが、時間と旅費の工面ができませんので
今回は涙をのんで不参加とさせていただきます。
きっと今回も横山さんや刑部さんは参加されるのではないかと思いますので、
わぞから宜しくとお伝えください。なんとかシンガポールで生き長らえてお
りますので・・・・(^-^;)
ではでは、この辺で。






[1890] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/21 Sun 21:42:03
昨日、霞ヶ関駅で日比谷線から千代田線に乗り換えました。帰ってから気がついた
のですが、あの事件からちょうど4年目だったのですね。地下鉄にはあまり乗らな
いのに、ちょっとした偶然でした。
「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」を読み終えました。「ねじまき鳥クロニコ
ル」では井戸に重要な意味があったことがわかりました。その他のことも含め作品
への理解は深まった気がしますが、再読してみようとまでは思いません。なんせ長
いし。
>こたつみかんさん
「へびのみち」読み終えました。ちょっと事情で読み飛ばしてしまったのですが、
それこそ波瀾万丈の人生だと言うことがよくわかりました。「外道の群れ」もどこ
かで見かけたら読んでみます。
>katzさん、オザキさん
私も歴史小説、特に司馬遼太郎は好きです。司馬遼太郎だと「竜馬が行く」や「坂
の上の雲」などの明治を舞台にしたものが良いです。しかしオザキさんの全巻読破
はすごいですね。半端な量じゃないのに。

[1889] サリーちゃん さん(setoes@msn.com) 1999/03/21 Sun 20:28:18
私も、岩井俊二監督の映画は好きです。一番好きなのは「フライドドラゴンフィ
シュ」です。フライドに出てくる浅野忠信さんのファンです。ミュウジシャンの
チャラの旦那さんでもあります。確かにかっこいいけど、それだけではなくて演技
も結構上手ですよ。去年の夏にトマトジュースの宣伝にも出てました。演技なんで
すが、自然体に見えるところが上手だなぁーと思ってみています。


[1888]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/21 Sun 14:07:47
 昨日人事異動の正式発表がありました。私は入社以来同じ部署8年目突入です。
更に切れていた名刺を作ろうとして、ここのURLを入れようとしたら目ざとい先
輩にチェックされてしまいました。ちぇっ。

◎オザキさんへ
 なかなか粋なお母さんですね。レディージョーカーは一応合田刑事シリーズなの
で、オザキさんに限らずもし読んでみて設定に疑問があったら私までメールして下
さい。さらに知りたくなったら「マークスの山」早川書房をどうぞ。これはシリー
ズ1作目で直木賞受賞作です。
 「打ち上げ花火」は確かにレンタル屋にありました。「スワロウテイル」は中山
11Rの後4時から見てみます。

◎東京オフ
 急遽、以前話題になった元ピーターキャットでしようかな、と思ってます。千駄
ヶ谷にあるそうです。なお、参加締め切りは今週の金曜なのでまだメールしてない
方はお早めにどうぞ。現在希望者は6名位かな。

◎仕事
 昨日から明日まで仕事なのですが、よく考えたら世間は3連休。こういう時はち
ょっと悲しいです。

[1887] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/03/21 Sun 11:59:21
きのう家に帰ったら「レディー・ジョーカー」がありました。
なんでも母親が図書館から借りてきたとのこと。母親は市立図書館でボランテ
ィアみたいなものをやっているので、そのコネで恐ろしいほど予約の入ってい
た本を借りることができたのでした。試験のヤマが当たったみたいで嬉しいで
す。多謝。

読んだら感想をメールで送りますね。そうそう、「不夜城」の感想も一緒に送
ることにします。あのラストはかなり気に入っています。本間さんも言ってい
るように10人中7人は気に入らないと思いますが。

>スワロウテイル
ちょこっと観たのですが、個々の映像は良かったものの、テーマや世界が広が
りすぎて収拾に困っているなという印象が拭えませんでした。岩井俊二は限定
された空間や世界を描くととてもいい仕事をするのですが。その点が残念です
。
岩井作品でお薦めなのが「打ち上げ花火、横から見るか下から見るか」です。
これはもともとタモリが進行役をやっていた「IF――もしも」というテレビ
番組(世にも奇妙な物語の続編のようなものです)のオムニバスの一遍だった
のですが、口コミでブームになりダビングテープで広まったという作品です。
今ではレンタルビデオ屋にもありますので良かったらどうぞ。
それにしても岩井俊二の映像のセンスは目を見張るものがありますね。

>katzさん
僕も歴史ものは好きです。吉川英二と司馬遼太郎は全巻読破しましたし、ゲー
ムの「信長の野望」なんて大好きです。

>映画
「時計仕掛けのオレンジ」と「トレインスポッティング」を借りてきました。
バイオレンス二本立てです。「村上朝日堂」で書いてありましたが、トレイン
スポッティングという言葉は特に意味のある言葉ではないようです。ユアン・
マクレガーはやっぱりかっこいいっす。


[1886]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/20 Sat 18:35:55
 7時から床屋へ行って、9時から深夜勤。晩ご飯はいつ食べれば・・・。

◎tbさんへ
 調子悪いようですね。そういう時は無理せずのんびりお過ごし下さい。
 P・オースターはざっと検索してみたら結構作品があるんですね。
 「スワロウテイル」はみなさんの評を読んでいても面白そうなので楽しみです。
今日帰ってからか、明日起きてから見ることにします。

◎katzさんへ
 私も「影武者徳川家康」にKOされて以来、歴史物も読みたいのですがね最近読
書ペースが落ちているし、のんびりと読んでいこうと思っています。
 P・オースター、見つからなかったらお願いします。もちろん翻訳版を(笑)。
岩井俊二は見てから感想書きますが、私の邦画ベスト1は「麻雀放浪記」、洋画は
「ニューシネマパラダイス」ですね。

◎スノウさんへ
 山口智子は素でも格好いいですよね。岩井俊二の他の作品も徐々に見ます。
 NTTのCMといえば深田恭子のしか知りません。あ、さとう宗幸が出てくるの
も知ってます。今度注意深く見てみます。

◎床下のカコのイドさんへ
 フォローありがとうございます。

◎ういすけさんへ
 アメリカの卒業式みたいに派手にやったら面白いかもしれませんね。でも大学時
代の友達とはずっと会うことになると思いますよ。そんなもんです。
 それでは研修終わったら飲みましょう。なお、「屍鬼」はようやく古本屋で下巻
を見つけました。しかしなぜ下巻だけ・・・。

◎WAKAさんへ
 私は春に限らず、いつでもぐーぐー平和に寝てます。
 「スワロウテイル」は確か三上博史(この字だったかな)が出ていたと思います
が、私は彼の演技が好きなので期待してます。
 「レディー・ジョーカー」がもしつまらなかったら、今度大阪行ったときにタバ
コ2カートンと取り替えて上げましょう。安心して下巻も買って下さい。
 しかし2週間も吸わないで我慢出来るんだったらそのまま禁煙した方がいいので
は? 私は先日禁煙に失敗しているので禁煙の難しさは身にしみてます。

[1885] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/03/20 Sat 15:14:52
目がさめたら13時半!12時間も寝てしまった。春眠不覚暁ですね。
岩井俊二は、ぜったいはまる予感がするので<スワロウテイル>しか見てません。
すっかりはまって思う壺だったらなんか悔しいから。案の定<スワロウ・・>を見
てから、しばらくあの世界から抜け出せなかったですね。映像や音楽、登場人物も
素敵だったけど、一番印象に残ったのは科白でした。日本語、中国語、英語が混
じった科白が、円街の混沌とした雰囲気を的確に表現しているのに感動してしまい
ました。

>tbさん
 宇多田ヒカルのシークレットライブとは、FM802のやつですね。新創刊の「関西
 一週間」という雑誌に載ってましたが、私は出してません。なぜかと言うと私は
 くじ運が悪いからです。tbさん、そしてくみさん当選すると好いですね。

>本間さん
 そそのかしてくれてありがとうございます。<レディ・ジョーカー>買ってきま
 した。上巻を1700円で買いましたが、読んだら下巻も買っちゃいますよね。2週間
 タバコを買わないと心に誓いを立てました。260円かける14日・・そんなもんです
 ね。 

[1884] ういすけ さん(s952427@titan.tohtech.ac.jp) 1999/03/20 Sat 14:50:30
 昨日は卒業式で、今日忘れ物を取りに学校に来ているういすけです。
 久しぶりの二日酔いで、頭が痛いです。友達誘ってさっき朝御飯食べてきたので
すが、胃がろくに受け付けてくれませんでした。
 昨日は、日常の延長線のような卒業式だったのですが、今日の寒々しい学校を見
て、もうどこを探しても友達一人いないのだと思ったら、どんな時間に行っても、
大学には誰かしらいるものと思っていたので、とても妙な気持ちになりました。
 
>本間さんへ
 ということで、私はしばらく研修やらなにやらでここにもこれなくなります。
 五月には新しいアドレスでまたくると思うので、その時は遊んでやって下さい。
そしてオフ会に誘って下さい。
 ちなみに、そっくりの表紙についてはご指摘の通りでございます。

>「時計仕掛けのオレンジ」について
 タイトルからしてかっこいい、すてきな映画ですよね。あの乱雑なクールさが個
人的にとてもだいすきです。
 それから映画の端々に出てくる、あのインテリア・センスも見習いたくはないけ
ど好きです。この映画は私の映画ランキング・ベスト3です。

>映画と言えば、
 この間吉本バナナ原作の「キッチン」の映画を見ました。
 小説では自然の節回しも、口で言うと少し変だなぁなんて重いました。そして雄
一がイメージより濃くて少しがっかり。けど、私の場合イメージより濃くてがっか
りは、小説の映像化にはかなり多いので一概には言えないのですが・・・  

[1883] 床下のカコのイド さん(kako@dd.iij4u.or.jp) 1999/03/20 Sat 03:55:30
■くみさんへ
神戸の「遊べる本屋」は新神戸OPAとハーバーランドのキリンのあるビル(エコー
ルマリン)にあります。でも、先述したけどそこが「ヴィレッジ・バンガード」かど
うかの確証はありません・・・。

[1882] スノウ さん(naomi-nt@iss-net.ne.jp) 1999/03/20 Sat 01:07:13
岩井俊二の スワローテイルいいですよね。
私は ラブレターを見てから 1時期 岩井俊二に はまちゃって
アンドゥー とか ピクニック(この2つの題名はうろ覚え)とか
続けてみたのだけれど 後の2つは 特にピクニック(だと思う)は
どろどろすぎてちょっとだめでした。
スワローテイルは どろどろとか かっこいいとか ちょうどよい
混ざり具合で 好きです。
ちょっとしかでてこないけど 山口智子が すごいかっこいい
また 岩井俊二の 映画で 山口智子を見たい。

さっき テレビで スマップのやっているNTTのCMを見て
このシリーズは 岩井俊二がつくっているんだよなあ
ううむ やはりかっこいい スワローテイルの世界だ。
とひとりで思っていたら ちょうど スワローテイルの
話題だったのでうれしくなって書き込んじゃいました。
 


[1881] katz さん(katz@rose.plala.or.jp) 1999/03/20 Sat 00:41:12
 本棚整理していてつい手に取ってしまった司馬遼太郎「国盗り物語」から
抜け出せないでいます。たまには歴史物もいいですよ、といってもここでは思いっ
きり浮きそうですが・・・

★まるさんへ
 センスのいい選択ですね。「未来世紀ブラジル」はどこかで春樹さんも絶賛して
ましたよ。「時計仕掛けのオレンジ」はセンセーショナルな作品です。「雨に唄え
ば」にあわせた暴力シーンはウルトラミルク的超クール。キューブリックの音楽セ
ンスは天才的です。
 「ジャッキーブラウン」ですが原作はエルモア・レナード「ラム・パンチ」で
す。角川文庫から出てます。タランティーノはエルモア・レナードの大ファンで
「ラム・パンチ」以外に3本の作品の映画化権を持っているそうです。エルモア・
レナード作品では「ゲットショーティ」も映画化されヒットしました。

★ tbさんへ
 「ムーンパレス」いいですよね。魂の変遷というかとにかく心憎く深いですよ
ね。この4本を立て続けにみるとはかなりハード。近くのパン屋とか襲撃しないで
くださいね(笑)。この路線だったら「テルマー&ルイーズ」あたりも面白いです
よね。古くは「俺達に明日はない」とか。あとタランティーノの「レザボアドック
ス」も欠かせないですよね。

★本間さんへ
 P・オースターは今度のオフの時にでもお貸ししますよ。洋書までそろってますの
でご希望ならばそちらも。
 それにしても見応えのある3本ですね。岩井俊二の「スワロウテイル」は僕の中
では邦画ランキング1位の作品です。岩井ワールドにはまるとなかなか抜け出せな
いですよ。「フライドドラゴンフィッシュ」とか「ラブレター」とか秀作ぞろいで
す。


[1880] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/20 Sat 00:20:01
ここ2日ほど調子が悪くて家では本を読めないんですが、今日は電車の中で小
林秀雄の『考えるヒント』を少し読みました。なんていうか、本当に頭が良い
人ですね。知性と知識のバランスは、やっぱり大切です。

>くみさん
長々と書くのが申し訳なかったので、メールにしました。<オレンジについて
シークレットライブについては、3万人ほどの応募で、あたるのは500組だ
とか。うーん、60分の1ですね。でも、ほんとにそんなもんなのかなあ・・

>りぴよさん
その「麻原裁判」のお話、すごく心に響きました。あたり前ですけれど、職員
さんたちは、まだ全然わすれておられないんですね。「物事に対して何も出来
ない時、我々が出来る有効な手段は、それを忘れないことだ。覚えておくこと
だ」とは村上さんの言葉ですが、それを思い出しました。

>本間さん
ええ。ここに熱心になりつつある読者がいます(笑)
僕は物欲が強いのか、いまだに本を売ることが出来ません。CDも無理ですね。
マンガはほとんど、読んだ直後に売りに行くのですが・・・。
とりあえず新潮文庫から出てる『幽霊たち』がオススメです。柴田元幸氏の訳
も絶品ですよ。

あ、それと「スワロウテイル」は良いですよ。何が良いって、あの雰囲気が好
きです。ああいう、一種の”異界的”な雰囲気にとことん弱いです。あと、ア
ジア的な雰囲気にも。両方兼ね備えてる「スワロウテイル」にはノックアウト
です。主演の女の子も凄く素敵です。あんまりテレビとかで見ないけれど。

[1879] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/20 Sat 00:16:45
ここ2日ほど調子が悪くて家では本を読めないんですが、今日は電車の中で小
林秀雄の『考えるヒント』を少し読みました。なんていうか、本当に頭が良い
人ですね。知性と知識のバランスは、やっぱり大切です。

>くみさん
長々と書くのが申し訳なかったので、メールにしました。<オレンジについて
シークレットライブについては、3万人ほどの応募で、あたるのは500組だ
とか。うーん、60分の1ですね。でも、ほんとにそんなもんなのかなあ・・

>りぴよさん
その「麻原裁判」のお話、すごく心に響きました。あたり前ですけれど、職員
さんたちは、まだ全然わすれておられないんですね。「物事に対して何も出来
ない時、我々が出来る有効な手段は、それを忘れないことだ。覚えておくこと
だ」とは村上さんの言葉ですが、それを思い出しました。

>本間さん
ええ。ここに熱心になりつつある読者がいます(笑)
僕は物欲が強いのか、いまだに本を売ることが出来ません。CDも無理ですね。
マンガはほとんど、読んだ直後に売りに行くのですが・・・。
とりあえず新潮文庫から出てる『幽霊たち』がオススメです。柴田元幸氏の訳
も絶品ですよ。

[1878]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/19 Fri 23:27:02
 今日はいろいろ予定をこなして順調でした。

◎tbさんへ
 P・オースター、今日古本屋で見つかりませんでした。あまり古本屋に流通しな
い作家というのは熱心なファンが多い作家だという事です。新刊書店で探してみま
すね。
 映画は当分私も週に3本借りることにしました。洋画2本、邦画1本でここ数年
分を取り戻します。ちなみに今日は「スワロウテイル」「レオン」「イングリッシ
ュ・ペイシェント」。

◎くみさんへ
 きびだんごは食べましたか? 3/14が誕生日だと覚えやすいですが、プレゼ
ントをホワイトデーと一緒にされる危険が大ですね。
 ヴィレッジバンガードは梅田から阪急に乗って、どこかで乗り換えて仁川駅で降
りてから10分位です。阪神競馬場はともかく、分かる方は教えて下さいね。

◎まるさんへ
 「卒業」といえば尾崎の「卒業」を連想します。3月なら「人事異動」か「弥生
賞」です。お気楽ですね。
 その「ジャッキー・ブラウン」自体を知らないので、分かる方はフォローして下
さい。

◎りぴよさんへ
 初めまして。「心臓を貫かれて」は重いテーマの本ですが、マイケル・ギルモア
の生きてきた人生、兄の生きた人生を思うと想像するのも難しい部分があります。
体験する事が全てではないけど、当事者にしか分からない心情というのは確かにあ
るのかもしれません。
 オウム事件は徐々に忘れ去られそうになっています。注意深く新聞を読むと各地
でセミナーが行われている事、福島で新教祖の家が撤去になった事などは分かりま
すが全体像はなかなか見えません。文庫化を機に、この事を考える人が増えたらい
いですね。
 でも東京で普段地下鉄を使っている人にとっては本当にリアルな悪夢なのでしょ
うね。路線がよく分からない私でもそう思います。

◎チック・コリア
 今日ようやく探し当てました。「浪漫の騎士」と「リターントゥフォーエバー」
の2枚。良かったです。

[1877] りぴよ さん(isono@zc4.so-net.ne.jp) 1999/03/19 Fri 23:05:16
こんにちは。初めてお邪魔します。
最近ようやっと、『心臓を貫かれて』を読みましたが
とても読みごたえがある一冊でした。通勤電車のなかで
一週間かけて読みましたが、30分立って読んでいると
さすがに手がしびれてきてつらかったなあ。
『アンダーグラウンド』も通勤電車で読みました。
これは本当につらかった。おまけに私は千代田線を利用しているので
けっこう辛いものがありました。この間」
霞ヶ関で気持ちが悪くなり、駅員室で休ませてもらった時、
スケジュール表に『麻原裁判』の予定が書き込まれていて
それを見た時、本当に私達はあの出来事を忘れてはいけないと
思いました。みんな優しかったのです。
では、また。

[1876] まる さん(IZQ00277@nifty.ne.jp) 1999/03/19 Fri 16:22:09
そうかぁ3月といえば卒業式のシーズンなんですね。
卒業されるみなさんおめでとうございます。
3月といえば決算月と答えてしまう悲しい社会人です。

>くみさん
私は以前「未来世紀ブラジル」と「時計仕掛けのオレンジ」という
こい2本立をみました。「未来・・・」は最高に面白かったけど
「時計は」・・・結構昔の作品ですが、今みても強烈なシーンが
いっぱいです。帰りに目薬を買った記憶があります。
でもすごいなキューブリックって思いますよ!きっと。

「ジャッキー・ブラウン」を観て面白かったので読んでみたいのですがどこから出版
されているかご存知の方おられたら
教えて下さい。

[1875] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/03/19 Fri 12:29:56
くみです。
卒業旅行をかねて車で岡山へ温泉旅行へ行ってました。
でも、卒論発表のあと遊びすぎて風邪をひいて、まだしんどい。
こんななかでむかえた、3月14日はそう、私の誕生日。

>tbさん
バイオレンスものの映画って、結構好きなんですが「時計仕掛けのオレンジ」
は見られました?
これを、見たい見たいと思ってるんですがあまりレンタルやさんに置いてな
くって。あっても、貸しだし中だったり。
もし、見てたら感想教えて下さい。
それから、シークレットライブって、FM802のんですか?私も出しました。

>みなさん
ヴィレッジバンガードって、大阪、神戸あたりではどこにあるんですか?
何で私知らないんだろ?



[1874] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/19 Fri 00:38:09
オースターの『ムーンパレス』は、実に個人的な意味合いで傑作でした。深い
深い印象が残りました。でも、万人にはオススメできないかも。

映画はここ数日バイオレンスが多いかも。「トゥルー・ロマンス」「パルプフ
ィクション」「ナチュラルボーンキラーズ」「ヒート」と来ています。後の二
本はまだ見てないけれど、最初の二本は面白かった。何が良いって、パトリシ
ア・アークエットの・・・。うほん。いえ、面白かったです。ほんとに(笑)

>こたつみかんさん
一行目の直観は、多分間違っていませんよ。多分、最初の100ページと、その
後の300ページの間に断絶さえ感じなければ、感動できる気がします。ほんと
に僕にとっては素晴らしい小説でした。幸福です。最近幸福な小説によくあた
るので嬉しいです。

>WAKAさん
宇多田ヒカルのアルバムは、大都市圏では全然手に入らないらしいですね。僕
は発売日前日にゲットして、ずっと聞いていたんですが、ほんとに良い声をし
てるし、表現力も抜群。彼女の周りのミュージシャンも、良い人材が揃ってい
るみたいだし、久々に大きく期待出来る邦人アーティストですね。シークレッ
トライブの抽選にまで応募してしまいました。久々に真剣に葉書を書きました
よ(笑)
彼女はガンズやQUEENが好きな上に、安部公房や夏目漱石も好きらしいので、
そういうのを聞かされると、かなり好感度アップしてしまいます。HPはYAHOO
で検索すれば見れます。ざっくばらんな、面白い子ですよ。

[1873]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/19 Fri 00:03:52
 春闘はどこも厳しいですね。私の会社のベアは見たことない数字でした。学生の
人は各社の数字見れば、その業界の勢いが分かると思いますよ。

◎WAKAさんへ
 ヴィレッジバンガードは切り口が面白い本屋です。例えば「ハーシーズとドラッ
グ」という本の隣にハーシーズのチョコレートを、ジャズの本の隣にはジャズのC
Dを置いたりしています。本の陳列台もビリヤード台を使っているそうですし。
 北新地の本屋はジュンク堂なんば店より大きいんですか? それは凄いですね。
 高村薫はかなり手を入れるので、普通より文庫化は遅れます。改題になった李歐
は7年かかりました。「レディージョーカー」はハードカバーで買って絶対損はし
ないですよ。保証いたします。 
 宇多田ヒカルは300万枚突破だそうですね。凄い。ホームページがあってカラ
オケでの歌い方などを自ら指南しているそうです。探してみては?

◎床下のカコの井戸さんへ
 そうです、キャッチフレーズが「遊べる本屋さん」。仙台にもようやく出来たの
ですが、小さいためあまりそそられる本はないですね。雑貨は楽しいけど。
 村上春樹の品切れになった本というのは初期の非小説でしょうが、これはなかな
かないですよね。私は古本屋で見つけました。

◎T京Kさんへ
 それはおめでとうございます。カウンターは特にこだわってないのですけど10
万人になったときは何か考えます。
 しかしヴィレッジバンガードでぼけるのは難しいと思いますよ。長すぎます。

◎養老さんへ
 私は役者の名前を覚えないのですが、あの主演の子の凛とした表情と、格好いい
タバコの吸い方。意表を突く展開。これが良かった点です。私はあの手の田舎での
出来事を描いた映画がわりと好きなので面白かったですよ。ただラストでなぜ彼女
が選ばれたのかが分かりません。多分主演の子が言った言葉と手紙がだぶっている
からだと思うのですが、そこまで注意深く見ていませんでした。
 しかしあの方法は日本では法に触れそうですね。

◎ういすけさんへ
 そういえば卒業シーズンですね。今日もそういう子を朝見ました。まあ何はとも
あれ早起き頑張って下さい、じゃなくて卒業おめでとうございます。そろそろ仙台
オフをしようと思うので、また飲みましょう。
 その表紙は辰巳四○では? という突っ込みはともかく、その表紙へのオマージ
ュなのかもしれませんね。関連があればですけど。

◎今更ですが
 「イギリス人の患者」を読みました。映画ファンの方には「イングリッシュペイ
シェント」の原作と言った方が通りがいいかも。
 新潮社の現代世界の文学シリーズの一冊ですが、やはり世界は広い。いい小説は
まだまだたくさんありますね。しかしどうやってこの複雑な心理描写を映像化した
のか興味があるので映画も見てみることにします。

[1872] T京K さん(ktakyo@earth.interq.or.jp) 1999/03/18 Thu 18:04:07
動揺して2重書き込みしてますね はい

[1871] T京K さん(ktakyo@earth.interq.or.jp) 1999/03/18 Thu 18:01:45
今来たら77777人目でした どうでもいいことでしょうけど
ちょっと嬉しかったりします


[1870] T京K さん(ktakyo@earth.interq.or.jp) 1999/03/18 Thu 18:00:40
今来たら77777人目でした どうでもいいことでしょうけど
ちょっと嬉しかったりします


[1869] ういすけ さん(s952427@titan,tohtech,ac,jp) 1999/03/18 Thu 15:12:30
  すごくお久しぶりです。明日は卒業式のういすけです。
 式は11時からなんですが,着付けとかなんとかで美容院には7時に行かなくてはな
りません。朝の7時。引越しをしてしまったので,学校の近くの美容院に行くのはか
なり厳しいです。(T-T)
 とにかくやることが沢山あってこの頃はろくに本も読んでいません。とりあえ
ず,みんなとの飲み会リレーが終わったら、高村薫と谷崎順一郎、あと「パリのレ
ストラン」が読みたいです。

>「屍鬼」の表紙について
 この間古い雑誌をスクラップしていたら、この表紙にそっくりの本を見つけまし
た。一部は違うのですが,どう見ても構図が同じなのです。
 こんなことってあるんですね。

[1868]養老龍雄 さん(yourou@hi-ho.ne.jp) 1999/03/18 Thu 12:32:54
久々の書き込みです。

>本間さん
随分前ですが『天使はこの森でバスを降りた』を見ましたけれど、
僕はこの映画のどこがおもしろいのか全く分かりませんでした。
本間さん、おもしろかったですか?

[1867] 冗談です T京K さん(ktakyo@earth.interq.or.jp) 1999/03/18 Thu 10:00:07
あー ヴィレッヂヴァングァードね あれ美味しいよね

[1866] 床下のカコの井戸 さん(kako@dd.iij4u.or.jp) 1999/03/18 Thu 02:40:35
ヴィレッジバンガードってもしかしたら神戸にも2つあるんじゃないかな?ちょっと
固有名詞に弱いんではっきりしたことは言えないんだけど、遊べる本屋さんでしょ?
僕は村上春樹さんの本をかなりそこで買いました。

皆さんは村上春樹さんの絶版になった本とかはどうしているんでしょう?やっぱり古
本屋めぐりなんでしょうか?

[1865] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/03/17 Wed 23:38:38
こんばんは。噂のヴィレッジバンガードってそんなに有名な本屋サンなんですか?
初めて聞きました。大阪では北新地のほうに巨大書店がオープンしました。1周回
ると2キロあるとか。あと全集や実用書などの安売りコーナーがあるそうです。
ちょっと画期的ですよね。
高村薫の<李歐>読みました。良かった!!ここんとこすっかり高村ワールドには
まっています。<レディージョーカー>の文庫化を待っていますが、思わず単行本
買ってしまいそうです。気をつけなくちゃ。

>宇多田ヒカル
 宇多田ヒカルのCDを買おうと思ったら何処へ行っても品切れ!だんご3兄弟より
 売れているのでは?今日弟が梅田で見つけてきてくれたので、これから聞こうか
 な。




[1864] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/03/17 Wed 23:30:26
こんばんは。話題になってるヴィレッジバンガードとはそんなに有名な本屋サンな
のでしょうか?初めて聞きました。大阪では北新地のほうに新しく巨大書店がオー
プンしました。一周まわると2キロあるとか。あと珍しいのは本の安売りコーナーが
あるそうです。1度いってみなくては。

ここんとこ読んでたのは<李歐>と<蛇鏡>です。<李歐>は良かった!最近高村
薫にすっかりはまっています。文庫化されてるのは全部読んじゃったので、<マー
クスの山>、<レディージョーカー>、<照柿>あたりの文庫化を心待ちにしてい
ます。でも今勢いがついてるので、単行本買っちゃいそうです。ストレスをためな
いようにしなくっちゃ。

>こたつみかんさん
 「原田宗則は、どれを読んだのかわからなくなる」同感です。<買った買った 
 買った>を読みましたが、初めて読んだ気がしなかったですね。

>宇多田ヒカル
 宇多田ヒカルのCDを買おうとしたところ、何処へいっても品切れ!すごい人気
 です。だんご3兄弟より売れてるのでは?弟が今日梅田で見つけて買ってきてくれ
 たので、これから聞こうかな。

[1863]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/17 Wed 23:20:06
 トップページにはああ書きましたが「イギリス人の患者」を読み始めました。な
かなかいい小説です。

◎田崎さんへ
 あら、そうでしたか。私の記憶力もさっぱり当てになりません。
 アーチャーは数年前にまとめて読みましたが、最近は読んでないです。きっとク
ーンツとかマキャモンとかに出会ったからでしょうね。
 翻訳の新刊では、先月ダン・シモンズの「ハイペリオン」シリーズの新刊も出て
ましたね。あの世界観とボリュームは一級品なので、読むのが楽しみです。

[1862] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/17 Wed 01:31:26
>本間さん
目黒孝二氏は本の雑誌4月号に、今年の2月3日に読んだ「王妃の離婚」が佐藤賢
一の初読だと書いています。まさかペンネームをかえただけで、読んだ本の記憶が
変わるということはないと思いますので、「永遠の仔」より上に順位させたのは、
本人の好みによりあっただけではないでしょうか?
アーチャーは長いけれど面白いです、本間さんの本の感想のところには書いてない
本ですが、個人的には「ロシア皇帝の密約」がベストだと思います。
別のところに書いたので、ここには書かなかったのですが、R.J.ソウヤーの新
作「スタープレックス」も買ってきました。
>くつさん
私も学生の時と今とでは読む量はほとんど変わっていないです。ただ家事に時間が
取られる状況が発生すると(結婚後家事分担がうまく出来なかった等)格段に減る
ようです。


[1861]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/16 Tue 23:07:25
 明日こそは更新します。「天使はこの森でバスを降りた」も見ましたし。

◎のたへ
 私も一太郎で文書作っていたら眠くて、ふと気が付いたら画面が変な記号で一杯
になってました。とほほ。
 CDのイメージ画受け取りました。ありがとう。今週にでも作ってみます。

[1860] のた さん(carzy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/16 Tue 16:57:56
空気が春のそれに変わってきましたね。
思わずうたた寝をしてしまいました。(仕事中だってば)

>ももさん
ヴィレッジバンガードはいわゆる郊外型の書店なので,中心部にはない
のかもしれませんね。天白の方は,たしか地下鉄の八事か植田駅から
行けたと聞いた覚えが・・・
お察しの通りまだ行ったことがないので,不正確な情報で申し訳ないです。
住んでいるのが田舎の方なもので,休日に名古屋までというのもなかなか
大変なのです。ちなみに通勤時間は1時間半です。(笑)
一度行ってみたいのとは常々思っているのですが。

>本間さん
あーあー そういえばヤツの家で見た覚えが。確かあれはE崎が千葉に
いた頃,本棚に菊池君の本屋があったので「あ 買ったんだー」と思った
記憶があります。
あと絵のファイルをメール送っておきました。
気に入っていただけるといいのですが。

[1859]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/16 Tue 11:29:43
 2分遅刻した本間です。でも起きてから20分後には会社にいるというのもなか
なか凄い。

◎こたつみかんさんへ
 何を読むにせよ、元気になるといいですね。

◎のたへ
 了解しました。それではE崎だな。

◎くつさんへ
 くつさんも卒業、就職ですか。1年目は何かと環境が変わるし、覚えることも多
くて大変だと思いますが、慣れれば大丈夫ですよ、きっと。
 ただ読む時間自体は学生の時よりは無駄な時間を省くようになるので対して変わ
らないと思います。

◎ももさんへ
 スーパーでのお買い物は午後3時位がすいていていいですよ。
 BOSEのラジカセは。数年前まではアメリカのみでの発売だったのですが確か
日本版も出ていたと思います。MDは多分ないでしょうね。

◎きゅうさんへ
 面白く読めたようで何よりです。
 そしてチック・コリアのCD見つかって良かったですね。しかも安い。私も金曜
日が休みなので、昼にでも一生懸命探してみます。
 メールは遅くなってもいいですよ。

[1858] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/16 Tue 04:11:04
明日,正確に言えば今日から実家に帰るので,かなりうきうきです。

「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」読了しました。
物語が先へ進むにつれて,だんだん二つの世界が近づいていくのには興奮したし,
そしてラストを知ったときには悲しくなりました。いやいやすごい話でした。
村上作品のマイ・ベストにくいこんできそうな勢いです。

>こたつみかんさん
どうもありがとうございます。妹はふくおかっこなので,彼女にナビを頼もうと思
います。妹と二人で行って,ついでにかっこいい店員さんもばっちりチェックして
きますね。

>本間さん
いやはや,幸せな休日だったんですね。やっぱり温泉はいいですよね。
天童荒太のことを店長に説明したら,「勉強になります」と言ってました。
私,おとといコリアのCDを買いました。今セフィーロのCMのバックで流れてる
曲の入った「Return to forever」です。1050円,適正価格ですね。
オフ会の返事,もしかしたら25日になっちゃうかもしれません。
実家のパソコンが使えるかどうか怪しいもので。すみません。

[1857] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/03/16 Tue 02:27:13
デパートでのお買い物は平日がいい。

《本間さん》
BOSEのスピーカーなら見た事あるのですがラジカセも作っているのですか。
知りませんでした。見てみたいです。MDついているのもあるのですか?
でもMDってPCにつなぐタイプもあるとコピーがらくそう。
でもそれだったらCDーRの方が利用価値は高そうですね。うーん。

《のたさん》
名古屋ヴィレッジバンガード情報ありがとうございます。
本店は名古屋市内ではなくて藤が丘の先の方なのですね。
長久手町駅までは30分くらいで行けそうですが、栄にあってくれたほうが行き
やすくてよかったなぁ。天白区のは八事あたりにあるのですか?
もしやのたさんは行ったことがないのでしょうか?

《こたつみかんさん》
「贅沢貧乏のマリア」は持っているけれどまだ読んでいません。
こんど読んでみます。
原田宗典は読んだ事がないのですが1冊持っています(笑)
古道具屋さんの軒先で50円で売っていたので買ったものです。



[1856] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 1999/03/16 Tue 01:36:37
本日『ハーメルンに哭く笛』を読み終わりました。
雰囲気的には、京極に似ているような気がしますが、
結構面白かったです。まだ1作目を読んでいないので、
今度は1作目に取りかかろうかと思っています。
その前に、『火車』を読もうかなと思っています。
働き始める前に・・・。

[1855] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/15 Mon 21:57:09
あうう サーバのバックアップソフトが動かない。
再セットアップかな。いやだなぁ。トホホ。

>本間さん
私じゃないですってば。(笑)<菊池君の本屋
偶然にも昨日本棚の整頓をしたのですが,本間さんに借りた本は「少年時代」
だけでした。(いけね 早く返さなきゃ)

終電の時間が近いので,尻切れトンボですがこれにて失礼。

[1854] こたつみかん さん(macho@trry-net.or.jp) 1999/03/15 Mon 18:15:48
 みなさん、元気が出る本のおすすめ、ありがとうございます。どれから読もうか
なあ。わくわく。(でもまだ10冊くらい読む本がたまってるんだわー)

>きゅうさん。
  福岡のヴィレッジ・ヴァンガードは、三越を右手に大丸を左手に見ながら2分
 ほど直進すると、ジークス天神というビルがあります。そこの地下1階です。店
 員さんが格好いいので、おたのしみに(笑)

>tbさん。
  ポール・オースターの「ムーンパレス」、私も今日から読み始めたところで 
 す。1行目から、「あ、この小説よさそう」って感じですよね。わくわく。

>ももさん。
  群ようこと原田宗典の本は、どれを読んでて、どれを読んでないのかわからな
 くなっちゃいますよねえ。群ようこでは「贅沢貧乏のマリア」が好きです。私、
 森茉莉ファンなので。

>田崎さん。
  「蛇のみちは」凄かったですよー。ふっふっふ。なんだか勢いあまって「外道
 の群れ」も読んじゃいましたが、買うときはさすがにちょっと恥ずかしかったで
 す。

 


[1853]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/15 Mon 11:31:38
 今帰ってきました。午前4時まで飲んでいたので気持ち悪いです。でも久しぶり
にプールで泳いで、温泉に入って、いっぱい飲んで幸せでした。

◎tbさんへ
 今気づいたのですが、大学生って春休みなのかー。いいですね。
 ブラッド・ピットは「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」にも出てますが、
あの映画の音響の使い方は反則的です。音で驚かすのは下の下でしょう。
 リー・トンプソンは「恋しくて」がベスト。でも世間的には主演した女優の方が
評判いいですね。確かにそちらも素敵な子です。

◎田崎さんへ
 書評の北上次郎は佐藤賢一をデビューから推してましたからね。
 藤田宣永は実際にパリに住んでましたから、街の描写は確かにリアルです、って
行った事ないからよく分かりませんが。
 アーチャーは連作長編なので気軽に読むにはちょっときついかもしれません。で
も「ケインとアベル」から読むと面白いですよね、あのシリーズ。

◎ももさんへ
 ヴィレッジ・ヴァンガードはのたがフォローしてますね。地下鉄の駅のそばとい
う記述を読んだ記憶があります。
 マッキントッシュは量販店にはないでしょうね。「HIVI」とかの専門誌の後
ろの方にたくさん広告載ってますので、それを見て置いてある店に行くのが確実で
しょう。BOSEのラジカセもなかなか格好いいですよ。

◎のたへ
 だから詳しい場所が書いてあった私の本はどこへ行ったんだ(笑)。

◎映画
 さて、今日は雨だし寝不足でだるいので、だらだらとビデオでも見ることにしま
す。借りてきたCDも録音しないとなあ。

[1852] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/15 Mon 10:32:21
うう 体調が悪い・・・

>ももさん
ヴィレッジバンガードですが,ちょっと調べただけで確かではないのですが,
本店は長久手町というところにあるみたいです。
あと私の会社は天白区というところにあるのですが,そのあたりにも一店舗
存在することが確認されています。
確かあともう1,2店舗 名古屋の中心部にあったと思いますが,場所は
未確認です。


[1851] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/03/15 Mon 02:01:44
ただいま「死国」を読んでいます。

《本間さん》
いいなぁ、温泉。長風呂は得意中の得意です。
ヴィレッジ・ヴァンガードは下北沢にもあるのですね、今度行ってみよう。
名古屋本店ってどこにあるのでしょうか?
今度の連休に名古屋へ行くので時間があったら行ってこようかと思います。
リー・トンプソンについては“ハワード・ザ・ダック”に出ていたのを思い出
しました。

《こたつみかんさん》
レストランなどで“なんちゃらかんちゃらのゴルゴンゾーラソース”という風
にソースに入っいるのは食べられるのですが固形はだめです。
ちょっときついですよね‥‥におい。ブルーチーズは苦手です。
ちょっと元気が無い時は、群ようこの本なんていかがでしょうか?
肩の力を抜いて読める本ばっかりです。
私はこの人の本は、古本屋でこれ読んだっけ?と読んだのか読んでいないのか
わからなくなってしまいやすいんですよね(笑)

《ちょっと昔の話題・オーディオ》
優先順位は低いです。あまり高価な物を買おうとは思いません。
でも、(車の)バンパーかい とつっこみたくなるような昨今のラジカセを買
う気はもっとなく、数年前に買い替えた時に選んだのはオンキョーのINTEC185
です。この前、いいかげんMDも欲しいよな〜と見に行ったのですが‥‥色が変
わっていました。寡黙なアルミヘアライン仕上げの前面パネルがゴージャス
というよりヤンキーなゴールドがかった色になっていました。おまけにピカピ
カの金ボタン‥‥。悲しかったです。もちろん買わずに帰ってきました。
ひそかに欲しいと思っているのはマッキントッシュのラジカセなのですが、
マッキントッシュのラジカセっていったいどこにゆけば実物がみられるので
しょうか?ヨドバシとか量販店にはおいてないんですよね。



[1850] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/15 Mon 01:04:38
図書館で「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」を借りてきました。また久々新刊本
屋をじっくり覗きました。「永遠の仔 上下」天童荒太、幻冬舎もものすごく魅力
的だったのですが、図書館に予約してしまいました。結局雑誌やそう簡単に出てこ
なそうなノンフィクションもの中心に\7000ほどの出費におさえました。

本の雑誌も買いましたが、目黒孝二氏は「永遠の仔」を今年の第二位に、第一位は
佐藤賢一「双頭の鷲」(新潮社)にしてます。この佐藤賢一という人も面白いです
。「双頭の鷲」は14世紀半ば100年戦争当時のフランス舞台だそうでこれも楽しみ
ですが、今回ジャンヌ・ダルクの時代を描いた「傭兵ピエール」が文庫化(集英社
文庫)されているのをみつけました。ここにはあまりいないかもしれませんが、国
際冒険小説お好きな方は読んでみて下さい。また藤田宣永(小池真理子の旦那)の
「鋼鉄の騎士」も文庫化(新潮文庫)されてました。こちらもフランス舞台のハラ
ハラドキドキものです、もっと現代に近いですが。佐藤賢一、藤田宣永のフランス
ものは逢坂剛のスペインものに匹敵すると思います。

図書館では北村薫「覆面作家は二人いる」、団鬼六「蛇の道は・団鬼六自伝」等を
借りてきました。後者は借金取りから逃げて賭け将棋をしているシーンから始まっ
ていて、なかなか凄そうです。

>本間さん、こたつみかんさん
アーチャーの女性大統領候補の話「ロマノフスキ家の娘」も女性を元気づけるのに
いいかもしれませんね。金曜日は忘れてました。

[1849] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/14 Sun 19:27:58
封印していたのですが、オースターの『ムーンパレス』を読みはじめました。
初めの50頁で、すでにはまってます。オースターは素敵です。

引き続き映画週間で、「デビル」と「ホテルニューハンプシャー」を見ました
。ブラピが良いですね。彼、好きです。この後には「時計仕掛けのオレンジ」
と「この森で天使はバスが降りた」が控えてます。明日みようっと。

>サリーちゃん
意味というか、必然性なんてないような気がします。最低限の理由はあるので
しょうが(つまり、支離滅裂にならないための文脈的意味合い)、どっちかと
いうと、静との対比としての暴力、絵的な意味合いで使われてるような気がし
ます。僕はあの暴力のシーンがあるからこそ、他のシーンの静けさが異様に引
き立つんだと、そんな風に感じました。好きとか嫌いじゃなくって、それが北
野武という監督の中核をなしているテーマの様にも思います。ああ、これは飽
くまで僕の私見です。あんまり映画評とかみないので、とんちんかんなことを
いってる可能性大です。
ところで久石さんの曲は良いですよね。楽譜もいくつも持ってます。久石さん
は”空気”を捉えるのがほんとにうまいと思います。
「ANOTHER ONE」と言うのは、イギリスのバンドにそんな名前のバンドがいた
ような気がしますが、多分関係無いでしょうね(笑)

>本間さん
僕の方が結局早く見てしまうことになりそうです(笑)<この森で・・・
やっぱり主人公の女の子は素敵でした。
リー・トンプソンは、僕は「バックトゥーザフューチャー」で初めて見たので
すが、奇麗ですよね。その分、「愛と栄光の旅立ち」(だっけ?トムクルーズ
と共演した、ラグビーの話)でヌードが出てきた時はびっくりしました・・・
って言うか、嬉しかったんだけれど(笑)

[1848]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/14 Sun 16:09:42
 あと10分で温泉に行って来ます。

◎サリーちゃんへ
 この前久々に会った小学校の同級生の子もそういう仕事をしてました。先日読ん
だ小説にも出てきましたし、その職種に就職が決まったというメールももらいまし
た。なぜか最近馴染みがある職種です。
 でも「ANOTHER ONE」って何でしょうね。私も気になります。
 北野武の映画はそんなに見てないので、その内見てみます。

[1847] サリーちゃん さん(setoes@msn.com) 1999/03/13 Sat 22:31:39
私は老人ホームに勤めています。(いつやめるかわからんが)今年四月採用の女の
子が背中から首にかけて入れ墨を彫ってある。「ANOTHER ONE」と彫ってある。一
体どういう意味なんだろうか。けっこうみんなのうわさになっている。それで人間
性を評価することはできないんですが一部からどうしても注目を浴びますね。それ
で評価が低く見られることもあるし。茶髪じゃないし一度書くと消えないのでやっ
かいですね。
もうひとつ、私も「HANA-BI」を見ました。何であんなに北野武は暴力が好きなの
だろうか。私は奥さんの悪口を言うだけでぼこぼこに殴った意味が理解できない。
あの映画の音楽を作った久石譲さんが好きです。今度NHKで、「NHKスペシャル人体
PART3ー遺伝子ー」の音楽を作るそうなので楽しみです。

[1846]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/13 Sat 22:22:43
 本間@会社です。

◎tbさんへ
 「クロスファイア」に関しては、tbさんとこの掲示板に書きますね。
 「この森で天使はバスを降りた」は、そうですね、月曜日あたりに見ると思いま
す。タイトルで探して、パッケージはよく見なかったのですけどそんなに素敵だと
聞くと楽しみだな。私のベスト女優リー・トンブソン位素敵だと幸せです。

[1845] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/13 Sat 07:43:21
宮部みゆき『クロスファイア』読了。
良いですねえ。面白かったです。不満はあるんだけれど、良い作品です。細か
く言い出すときりがないので、この位で。

ここ3日ほど、映画を毎日一本見てます。一昨昨日は「グッド・ウィル・ハン
ティング」、一昨日は「HANA-BI」、昨日は「セブンイヤーズ・イン・チベッ
ト」を見ました。意外に、「HANA-BI」が一番良かったです。静かな映画、好
きです。五月蝿い映画も好きだけれど。「男達の挽歌」とか。

ここ数日、『世界の終わり〜』が話題になっていますね。僕はこの小説がいま
までの人生で一番面白かったのですが、皆さんの話を聞いていると、また読み
たくなってきます。もう4,5回読んだのに、読む度に異世界へ旅立つことが出
来る、希有な本です。ああでも、「ねじまき鳥」も読みたいな・・・。

>のたさん
名作劇場の主題歌は素敵な曲が多いですよね。「ロミオの青い空」の時の主題
歌はすごく素敵でした。アイリッシュメロディーを透明な女性の声で歌われる
と、僕はノックダウンです。ロリーナとか、エンヤに近い雰囲気だったかもし
れません。
そのセディのエピソードの方は、またそのうち教えてください(笑)

>きゅうさん
僕も色々なビデオが友達の家に行ってて、帰ってきていないのが10本ほどあり
ます。QUEENとか、メガデスとか。エヴァンスだけはそうなって欲しくないの
で、黙ってることにしました。ふふふ。

>こたつみかんさん
確かにあの曲は原作と全然ちゃうやん、と言うことで評判です。キャシーとヒ
ースクリフ・・・こんなに美しいメロディーの恋したかなあ・・・と(笑)。
でも、ほんと良い曲ですよね。確かどこかの番組で一時使われてたらしいです
ね。テーマとして。

>本間さん
「この森で天使はバスを降りた」の感想、待ってます。実は3週間ものあいだ
、借りに行っては貸し出し中ばっかりで、未だ見れてないのですよね。なんか
主人公の女の子が素敵だったので、見てみたい・・と言う、不純な動機なので
すが(笑)

[1844]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/13 Sat 02:16:52
 明日は夜勤なので安心して夜更かし中です。

◎田崎さんへ
 アーチャーといえば、アメリカで初の本格女性大統領候補が現れましたね。つい
ついアーチャーの小説を思い出してしまいました。でも小説とはかなり違うシチュ
エイションですけども。

◎きゅうさんへ
 天童荒太は、日本サスペンス大賞(だったような)に応募したのがきっかけで、
その時の応募作が「孤独な歌声」。2作目の「家族狩り」で小説ファンを驚かせて
くれました。今回のが3作目です。先行する作家でいえば高村薫タイプのどっしり
とした本格派作家です。今回で完全に化けました。私は今からこれが直木賞取ると
予告しておきましょう。自信のおすすめです。

◎ごえす・かすさんへ
 「黒い家」はホラー大賞受賞作ですが、当時「ホラーは数あるがやはり○○持っ
た○○が一番怖い」と言わしめた作品です。その後の作品は更にパワーアップして
いるのですが、私はむしろ同時期に出た小林泰三の方を評価しています。
 ある業界の内幕物小説は乱歩賞がきっかけとなり、最近特に多いです。
 その「この人はやばい」話、楽しみにしてますね。

[1843] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 1999/03/13 Sat 01:51:52
 青二才・島田雅彦は面白いとおもいます。フォルマリズムと革命性、簡潔志向な
がら練られた文体・・・・「未確認尾行物体」を気に入っております。所々笑えつ
つしんみりもでき、全体に整った作品です。
 貴志祐介「黒い家」というのを読みました。怖い怖い作品でした。ただ、作者が
親切過ぎて、余計な心理描写に所々興をそがれた。生命保険という、小説の素材、
ネタとしてはいいところに目をつけているのに、もったいないナーと・・・。渡辺
直巳なんかが読んだらぼろくそにけなしそうな作品ですが、でも、読んで損はな
かったと思います。かの林真須美、賢治夫妻にあれだけ通じる人物を、よくぞあの事
件が起こる前に、まるで予告でもするかのごとく造形できたと思う。とにかく犯罪
者のキャラ立ちが非常にいい。この作品の作者は保険会社で多くの人を相手に仕事
をしてきたのでしょう、ディテールが正確で、人物をよく見てるなというのがよく
つたわってきます。ちなみに私も毎日多くの人々を相手に仕事をしてますが、サイ
コパス、とまではいかずとも「この人はやばい」と思えるような人物に時に出会い
ます。そのうち、報告いたしましょう。

[1842] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/13 Sat 01:09:55
まだまだ寒いですね。「世界の終わり〜」は上巻を読み終わり,これからいよいよ下
巻へ突入,どきどきします。

>こたつみかんさん
福岡のヴィレッジヴァンガード,どこらへんにあるのでしょうか?近日中に福岡へ
行く予定があるので,行ってみようと思うのですが。
私の場合,気分がローのときは「動物のお医者さん」「おたんこナース」を読んで気を
紛らわしてます。小説は,そういう時はあまり読みません。大好きなCDを聴いて
ることが多いです。あんまり参考にならない答えですね,すいません。

>本間さん
天童荒太の「永遠の仔」上下,売れ始めてます。今日,バイト先で実物を見かけまし
たが,かなりのボリュームですね。店長も私も天童荒太についてほとんど知らなく
て,今日二人でそのことについて考えていました。どんな人なのでしょうか?

[1841] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/12 Fri 22:19:33
>こたつみかんさん
本の「嵐が丘」だめでしたか?私は良くも悪くもラストのシーンだけ印象に残って
います。
 元気が出る本、私は「遠い海から来たCoo」(景山民夫 角川文庫)、「わしらは
あやしい探検隊」(椎名誠 角川文庫)、「大きな森の小さな家」とその続き(ロ
ーラ・I・ワイルダー 多分角川文庫:昔NHKでやってた大草原の小さな家の原
作)、「奪取」と同じような路線の「100万ドルを取り返せ」(ジェフリー・ア
ーチャー 新潮文庫)などお勧めします。 

[1840]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/12 Fri 21:35:19
 あさっては秋保温泉というところに一泊です。会社の部署で行ってきます。

◎のたへ
 なぜ突然それを読み出すのか不思議。クリスマスも終わったのに。でも強く生き
てほしいよね、あの主人公。
 ラベルは私の作っているCDじゃなくて、一般的にコピーしているCDのラベル
の事です。今はオレンジを半分に割った画像をマイラベルとしてます。ピースマー
クも捨てがたいんだけどね。

◎こたつみかんさんへ
 福岡にもあるんですね>ヴィレッジ・ヴァンガード。この本屋を始めた菊池さん
の事を紹介した本があるんですが、なかなか面白いですよ。名古屋にあるこの店の
本店へ今年こそ行くつもりです。
 しかしその3冊のラインナップは私の好きな小説ばかりですが、元気が出るかど
うかは微妙ですね。元気になる本ですかー。うーん、「奪取」真保裕一、「女たち
のジハード」篠田節子、「就職戦線異常なし」杉元伶一、ぱっと今考えて出るのは
この位です。

◎映画
 今日は3本借りてきました。「ハル」「この森で天使はバスを降りた」「ショー
シャンクの空に」。みんなすすめられていた映画です。とりあえず「ハル」を見て
みました。聞いていた通り、村上春樹の本が数回出てきます。発行順に並べ替える
シーンがあったりして芸が細かい。
 私の日記のページはいつも芸がないな、と思っていたので映画を見たときには映
画日記にする事に今決めました。多分脈絡のない選択になると思いますが、たまに
は読んで下さいね。さて、ご飯食べてから「ショーシャンク」を見ようかな。

[1839] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/03/12 Fri 18:38:26
 ヴィレッジ・ヴァンガードに寄り道して、またまた衝動買いしてしまいました。
ずっと探してた高野文子の「おともだち」他4冊ほど。その上ビールを6本買っ
て、食材を買って、腕がぬけそうでした。
 「嵐が丘」やはり最後まで、楽しめませんでした。その反動でサクサク読めるも
のをと思い、「臓器農場」(帚木蓬生)、「きっと君は泣く」(山本文緒)、「桜
雨」(坂東眞砂子)をたてつづけに読み、どーーーーんよりな気分です(泣)なん
だかなあ。どれもすごくいい小説なんだけれど「臓器」は重いし、あと2冊を読み
終えたら、「どーせあたしはこんなバカのまま、何もないまんま歳をとってお婆さ
んになって、誰からも顧みられなくなるのよね」とか考えちゃいました。←バカ?
 どうも不調だなあ。なにか元気の出るおすすめの小説はないですか?(日々の生
活に疲れた30代女性向き・・・なんて書いててむなしいですねー。)

>田崎さん、tbさん。
  ケイト・ブッシュ聴きましたよー。あの曲だったんですね!昔よく耳にしてい
 た曲でした。懐かしかったです。わたし、洋楽のタイトルやなんか、ぜんぜん覚
 えられないんですよね←バカ?
  久しぶりにアナログ盤を手にして、緊張してしまいました。
  小説の方とは、ずいぶんイメージ違う気が・・・。でもお薦めしてくださって
 ありがとう。懐かしくて、昔のこといろいろ思い出しちゃいました。(しんみ 
 り)

 うーん。今日はなんだかすっかり老け込みモードになってしまいました。

[1838] のた さん(crzay4u@so.hot.co.jp) 1999/03/12 Fri 01:31:32
鷺沢萠「大統領のクリスマスツリー」 読みました。
いやぁ よかったー。(しみじみ)

>本間さん
それ 今度是非やって下さい。(笑)<サーバー

あらら ラベルとか作ってしまったんですか。
じゃあ 私は作らなくてもいいのかな。
ま 今度の週末にでも暇つぶしに描いてみて,納得いくのができたら無理矢理
送りつけますね。

[1837]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/11 Thu 23:15:54
 夕方からさっきまでCD作りに燃えていました。ようやくプリンターの位置合わ
せも把握して、ラベルやタイトル作りもばっちりです。

◎のたへ
 島田雅彦は私も未読です。なぜか今まで読む機会がなかったのですが、そろそろ
読んでみようかな。
 サーバーについては一応辞書で引いたのだけど「給仕をする人」とか「テニスな
どでサーブを打つ人」「料理を取り分けるフォークなど」と全然使えません。いっ
そのこと「メールの給仕をする機械」か「メールのサーブをフォークで打つ人」と
書いて出せば良かったかな。それじゃ始末書だ(笑)。

◎きゅうさんへ
 それは幸せですね。後半へ向けて、テンポが上がっていく展開がたまらなく好き
です。
 オーディオはとにかくお金がかかりすぎます。パーツもたくさんあるし、学生じ
ゃなくてもきついですよ。でもスピーカー間でボーカルや映画のセリフがぴたっと
像を結ぶと気持ちいいんです。いつか就職して余裕が出来たら、くらいでちょうど
いいのではないでしょうか。

[1836] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/11 Thu 01:27:52
「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を今読み進めつつありますが,
早くも今まで敬遠してたのがもったいない,という気にさせられてます。残りの展
開が楽しみです。

>本間さん
確かに,私の周りにはオーディオに凝ってる女の人は皆無です。凝ってる女性もい
るのだろうけど,何せ学生なので,自分もそこまでは手がまわりません。
凝りだすときりがないんじゃないでしょうか?コンポくらいは欲しいですが。
自分はひどい傷の入ったLPやCDを聴くことが多いので少しでも音がクリアだと
嬉しくて,手持ちのラジカセでいいかな,と思っちゃうんですよね。

>のたさん
99のたりサーチによる考察,いいですね。思わず納得してしまいました。
ほんと、そんなところなんでしょうね。サークルの男の子達が今週「プラモデル合
宿」するって言ってたし,遊びで機械をいじりなれてるのは圧倒的に男性ですね。

>tbさん
そうです,4回シリーズのやつです。私もビデオにばっちり録画したのですが,友達
の間を回遊してて,未だ戻ってきてません。誰かの家で擦り切れてたりして(笑)。
宇多田ヒカル,よいですよね。あんな声で歌えたら,と思います。

[1835] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/11 Thu 00:42:44
島田雅彦の「やけっぱちのアリス」(「流刑地より愛をこめて」 改題作)を
読みました。真ん中の何ページかと終わりの方の何ページかは面白かったの
ですが,なんかこう今ひとつモヤモヤした感じです。
島田雅彦は初読みだからかなぁ。
「彼岸先生」あたりから,いくつか読んでみようっと。

>本間さん
池澤夏樹のお薦め ありがとうございます。週末にでも買って読んでみます。

文書作成時の気持ち よく分かります。(笑)
しかしサーバーって本来は召使いって意味なのに,振り回されてばかりな気が
するのはなぜ?どちらかというと人間のほうが召使い,というよりむしろ奴隷
と化しているような。。。

さてと明日はLotusフォーラムに行って来ます。

[1834]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/10 Wed 23:58:42
 今日ある仕事の内容を簡単に説明する文書を作ったのですが「サーバー」は日本
語に変換するのは無理でした。無理に訳せば「司る機械」かな。

◎新藤さんへ
 ありがとうございます。早速レンタル屋を探して無いようでしたら大きいCD屋
に行ってみます。

◎前野さんへ
 なかなか不幸な出来事ですね。この話の教訓は「本はバッグなどの入れ物に入れ
る」という事でしょうか。でもよりによってそんな所に落ちる事はないですよね。
めげずに頑張って入手して下さい。

◎WAKAさんへ
 もうビデオ返してしまいましたよ。残念です。それにしても衛星放送ってメジャ
ーなんですね。「日蝕」、やはり読みにくいですか。私は古本屋に出た時点で読ん
でみようと思ってます。
 風邪がぶり返さないように、本を読むのもほどほどにして下さい。肩とか腕が冷
えますし。

[1833] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/03/10 Wed 23:29:18
こんばんは。激しい風邪で4日間寝こんでました。
その間、NHK衛星第2で<ピアノレッスン>の放送があったので見ました。
冒頭のほうでエイダ親子が海辺で一夜を明かした後、迎えと共にぬかるみの山道を
上って行く場面で、先住民の男がなにやら現地語でしゃべるのですが、何回聞いて
も「そんなとこは生きて通れねえ」といってます。ばっちり日本語で。
興味のある方、手元にビデオのある方はチェックしてみてください。以上空耳ア
ワーでした。

ずーっとベッドにいたので、<リヴィエラを撃て><蛇鏡>続けて読みました。
読み終わって心に残ったのは<リヴィエラ>でした。読むのに苦労したからでしょ
うか?そして母に頼んで<日蝕>買って来てもらいましたが・・・平野君、もう
ちょっと素直な言葉で書けんか?と言うのがはじめの印象です。まだ途中ですが、
最後までこの印象がぬぐえなかったら、2度と彼の作品は買わないだろうな。



[1832] 前野 拓海 さん(w98345@sendai-pc.ac.jp) 1999/03/10 Wed 10:45:39
僕みたいな極貧学生がアンダーグラウンドのハードカバー版を
買うことなんてできる訳もなく、最近文庫版がでたので、やっと
買うことができました。そして、その後なにげに、街を放浪していると
本が手からすっぽ抜け、なにやら、道路脇の暗い溝の中に・・・・・・
「!!!!!!!!!!!!!!」
僕は極貧なので、もうしばらくは買えません。
がっかり・・・


[1831] 新藤 亮 さん(shindor@otis.co.jp) 1999/03/10 Wed 08:38:58
本間さん

「国境の南、太陽の西」に出てくる「starcrossed lovers」という曲は、Tommy 
Flanaganというジャズピアニストのアルバム「Tommy Flanagan 3」に入ってま
す。普通の大きいCD屋さん(TOWERとかHMV)に行けば売ってると思います。

[1830]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/10 Wed 01:17:17
 書き忘れました。

 「永遠の仔 上下」天童荒太、幻冬舎は傑作です。今年のベスト本が早くも出た
という気もします。家族愛、老人問題、子供と親の関係など、みんな一度は考える
事を言葉にしてくれた小説です。全ての人たちにおすすめ。
 それにしても作品世界から現実に戻るのが辛かったです。かなりのボリュームの
ハードカバーなので値段的に厳しいかもしれませんが、今大学生の人にもぜひ読ん
でほしいなあ。

[1829]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/10 Wed 01:12:05
 うーん、今日は眠い。

◎のたへ
 池澤夏樹は「マシアス・ギリの失脚」新潮文庫が読みやすいと思う。「南の島の
ティオ」文春文庫の方が短くて読みやすいかも。でも「マシアス」は小説ファンと
して必読の一冊。
 でもさ、音楽好きな女性って多いじゃない? そこから一歩進むと「いい音で音
楽聞きたい」と思うのだろうけど、その人たちはオーディオ関係はどうやってクリ
アーしているのだろう? やっぱり凝っている人もいるのだろうけど、オーディオ
ショップで女性はほとんど見ないなあ。
 まあ私にとっても遊びの延長線上です。遊びに没頭する時間は幸せだしね。

◎田崎さんへ
 「赤毛のアン」は人種差別的用語が出てくる他は、割とすんなり読めました。で
もこれは翻訳全体に言えますが、言葉遣いに違和感感じるかどうかで、作品に感情
移入出来るかどうかは決まるような気がします。
 先日初期のクーンツを読んだのですが、ちょっとひどすぎでした。今の文春文庫
のは名訳なのに。

[1828] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/10 Wed 01:01:52
「世界の終わり・・・・」の次は「閉鎖病棟」に取りかかりました。並読はとりあ
えずなし。
海洋小説の書きこみ お役に立ったようで幸いです。冒険ものって好きなんでつい
沢山書いてしまいました。「ホーンブロワー」にも固定ファンいるはずなので、そ
んなに苦労せずに見つかると思いますが。

>本の「嵐が丘」について
翻訳が古いじゃなくて、原作そのものが古いのではないでしょうか?
本間さんが読んでいる「赤毛のアン」の翻訳も古いですよね?でもそんなに違和感
ないのでは?
20年以上より前に読んだので、細かいところは覚えてませんが、何だか閉鎖的な
感じをうけたように記憶してます。ただ最後のシーンだけはすごく印象に残ると思
います、好みは分かれるでしょうが。頑張ってこの最後のシーンを味わってくださ
い。

>音楽の「嵐が丘」について
嵐が丘という書きこみを読んだときからずっとTHE KICK INSIDEをBGMにしてま
す。解説によればKATE BUSHは78年に19才でデビュー,1st cut single 
"WETHERING HEIGHTS"は発売後数週間でヒット・チャートのトップの座についたと
あります。78か79に日本のTV CMで邦題”ローリング・ザ・ホール”原題 THEM 
HEAVY PEOPLEが流されていたのを覚えています。何のコマーシャルだったかな?

[1827] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/10 Wed 00:43:17
追加です。

>本間さん
池澤夏樹も私の「読みたいぞリスト」に入っているのですが,オススメとか
ありますか?とりあえず「南の島のティオ」は読みたいなと前から思って
いたのですが。

それと男が機械関係を好きなのは,私の「推理の翼ロジック」によれば,
オモチャの延長線上にあるからでしょう。
日本の成人男性の95.6%がプラモデルや鉱石ラジオ,学研の科学付録を
作った経験があるという統計(99年のたリサーチ調べ)も,それを裏付けて
いると言えるでしょう。

・・・・などというのはもちろん冗談ですが。
でも案外そんなところかもしれませんね。
少なくとも私にとってはビデオも車もコンピュータもオモチャのような
もんです。
でも,まさかそのオモチャを飯の種にするとは思ってませんでしたが。(笑)

[1826]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/10 Wed 00:27:29
 もう10日なんですね。早いなあ。

◎床下のカコの井戸さんへ
 ありがとうございます。今度機会があったら行ってみますね。

◎くみさんへ
 辻仁成といえば「つじひとなり」なんですね。エコーズ時代は「じんせい」だっ
たのに。
 前に彼が原作で南果歩が出演している映画を見ましたが、ナイーブな感じがする
ストーリーでした。私が結構苦手としているタイプです。
 目標を達成したのだからたくさん飲んで歌ってきて下さい。そういう酒は美味し
いですよ。

◎こたつみかんさんへ
 「紙で出来ている」はいいですね。私も今度誰かに使ってみよう。
 チーズは結構高いですよね。私はビールのつまみにするのが好きです。大学2年
の頃、恵比寿におばさんが住んでいたので、近所のイタリア料理屋でご馳走になっ
たのですが、あの店は美味しかったです。それを再現すべく、弟には優しくしてお
こうかな。

◎tbさんへ
 古本屋で見つかったのはラッキーですね。宇多田ヒカル、そんなにいいですか。
私も今度レンタルしてこよう。

[1825] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/10 Wed 00:24:13
>田崎さん
詳細な説明 ありがとうございました。
「コン・ティキ号探検記」は聞いたことがあります。
確か私の愛読している雑誌 BE-PAL で紹介されていたような。
しかし題名を見ただけでなんか旅に出たくなりますね。
ああ 南の島が私を呼んでいる。(たぶん幻聴)

>tbさん
ええ こっち(アニメ)もかなりイケます。(笑)
というかあのハウス名作劇場シリーズは結構好きだったので覚えてるんです。
その昔 番組提供がカルピスだった頃から見てました。
でもよく考えたら,あのシリーズは小公女・若草物語など原作があるものが
多いので,もしかしたらフローネも原作があるかもしれませんね。
関係ないけど,私は小公子セディで主人公がフルートで吹いていた,
アニーローリーという曲が好きです。この曲にまつわるエピソードなど
聞くと,男として う〜〜〜〜〜む と腕組みをして考えてしまいます。
どんなエピソードかは またいずれ(笑)

[1824] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/09 Tue 23:20:32
『鳩笛草』『クロスファイア』上下二巻、中古で揃いました。すっごくらっき
ーです。感無量(おおげさ)。
スキー行ってきました。腰が破滅的に痛いです。
宇多田ヒカルは歌も上手いけれどキュートですね。アルバムすごく良いです。

>のたさん
フローネが中に入ってるのがのたさんらしくって素敵です(笑)オープニング
の主題歌、今でも覚えてますよ。そうか〜、あれも海洋だよなあ。でもほんと
、海洋文学って、海を扱ってるだけに茫洋としてますよね。海がでてくりゃい
いのかな。海が。そう考えると、多くの文学に海が出てくるから、全部海洋文
学になっちゃいそうですよね(笑)

>きゅうさん
はい。ジャズでは多分、一番エヴァンスが好きです。特にやっぱり「PORTRAIT 
IN JAZZ」が好きです。彼のタッチ、旋律、どれもが心にビビッときます。も
ちろん、NHKの番組は見ました。4回シリーズでやってたやつですよね。ばっち
りビデオまで撮りました。擦り切れるほど見たですよ(笑)

>田崎さん
おお、凄いです。あまりに凄いので、書き留めるのは諦めて、コピー&ペース
トでメモ帳に記録させて頂きました(笑)
ラッキーなことに、僕はほとんど読んだことが無いので、参考にさせて頂きま
すね。とりあえず僕の心の一冊、銀英伝と比較されてる『ホーンブロワー』か
ら探してみようと思います。ほんと、参考になりました。ここの掲示板はやっ
ぱり凄いです。多謝。

>こたつみかんさん
僕へのレスじゃないのですが、口を挟ませて頂きますね(笑)音楽の方の「嵐
が丘」も、ものすごく素敵です。ケイトブッシュは78年(だったっけな)にデ
ヴューした、天才と言われた女の子です。当時20くらいですが、なんせ師匠は
ピンク・フロイドのデイブ・ギルモアってんだから、筋金入りの才気です。デ
ヴューでいきなりチャートを席巻して、爆発的にヒットしたらしいです。アル
バム名は「THE KICK INSIDE」。「嵐が丘」以外にも「MOVING」と言う名曲他
、才気の結晶みたいなピュアで美しいポップを堪能出来ます。お門違いに見え
るヘヴィーメタルのバンドがカヴァーするくらいだから(このカヴァーも素晴
らしいのです)、やっぱり凄いです。

[1823] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/03/09 Tue 18:18:57
 今日も雨です。学生時代、雨降りの日に「学校行きたくないなー」と言うと、母
親に「あんた紙でできてるわけじゃないでしょ」と、いつも言われてました。大人
になった今でも、雨の日のお出かけはいやなものです。
 
>本間さん。
  弟さんがイタリアンのコックさんなのですか。ちょっと羨ましい。私は先日苦
 手だったゴルゴンゾーラを克服したので、うかれて買いに行ったのですけど、そ
 の日着ていた500円のジージャンよりも高かったので、悩んじゃいました。 
 (着てるものが安すぎ)ソースにしてアスパラとクレソンのサラダにかけるとお
 いしいですよ。

>田崎さん。
  「嵐が丘」停滞しています。昭和38年の翻訳を読んでるのがいけないのかし
 ら。キャサリンもヒースクリフにもちっとも共感できないんです。いらいら。
  ケイト・ブッシュのアルバムの方は良いですか?タイトルはそのまま「嵐が 
 丘」なのでしょうか。

>タランティーノのこと
  監督はしてなくて脚本だけだったと思うけれど「トゥルー・ロマンス」凄くい
 い映画です。はじめに二人が出会って恋におちてくいきさつが可愛いのです。ち
 なみに同じタイトルの筋肉少女帯の曲も名曲です。(このページを読む方々の共
 感は得られない気がするが・・)

 

[1822] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/03/09 Tue 17:45:43
先ほど発表が終わりました。かみまくった。
床下のカコの井戸 さん、先輩なんですか。こんなところで。

キューブリックが死んじゃって、すごく悲しい。
私は彼の映画はあまり見たことがないのですが、
見たい見たいと思っているものが「時計仕掛けのオレンジ」をはじめ、
いくつかあって、興味を持っていたのに。
でも、まだ公開されていない映画があるそうですね。
みようっと。

最近読んだ本は
辻仁成の「愛の工面」です。南果歩の写真が挿絵のように入ってます。
でも、ちょっと印象が薄い感じ。あんまりかも。

海洋小説はちょっと思い浮かびません。
みなさんすごいですね。

あああああ。
今日はたくさん飲みたいな。カラオケもいきたーい!
(私的なことでごめんなさい)


[1821] 床下のカコの井戸 さん(kako@dd.iij4u.or.jp) 1999/03/09 Tue 05:33:57
皆さんすごく本に詳しいですね。驚きです。

◎本間さんへ
   初めは国分寺で、その後 千駄ヶ谷みたいです(さっき調べなおしました・・・)
。八幡神社にのびる道の左手にあるビルの2階でガラス張りです。

[1820]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/09 Tue 04:05:58
 本間@帰宅5分後です。寒い。

◎ごえす・かすさんへ
 死因は公開されず、だそうです。私のとこでは社会面に4段で載ってました。
「フィールド・オブ・ドリームス」でもお馴染みのディマジオも亡くなったし訃報
が続きますね。
 それとビル・エヴァンス聞きました。ポートレイト・イン・ジャズというアルバ
ムだったんですが、なるほど、こういう感じなのですか。静かな夜に聞きたいアル
バムです。

◎のたへ
 という訳で田崎さんが詳しく解説してくれたのでばっちりだね。
 私が名付けるところの「南の島文学」というのもあって、池澤夏樹が第一人者で
す。「南の島のティオ」とか「マシアス・ギリの失脚」とか。鈴木光司の「楽園」
もここに入ります、って勝手にジャンルを作らないように>私。

◎床下のカコの井戸さんへ
 なるほど、そういう記述があったような気がします。今度再読してみますね。そ
れにしても私の記憶力の減退は・・・。
 東京の方かと思ったら違うのですね。私はそもそも何駅にあったかすら知らない
ので今度教えて下さい。行ってみます。

◎きゅうさんへ
 映画は多分見ない方がいいと思います。いや、室井滋が嫌いな訳じゃないのです
が、あの短編はみんなそれぞれに違うイメージを持っているだろうから。
 「50円玉」品切れなんですか。やる気ないですね、東京創元社。
 オーディオ大好きです。自己紹介にも書いてますが、私のテレビは100インチ
のスクリーンですし、スピーカーも9本繋げてます。ボタンが一杯付いている機械
が好きです。でもこの世界キリがないんですよ。例えばミニコンポのスピーカーを
10万のスピーカーに換えると音は2倍良くなるでしょう。でもこれを20万のス
ピーカーに換えたからといって大して変わりません。高音や中音部の延びが良くな
るだけです。それとケーブルの相性もあるし、電源の問題もあります。
 確かに一般的に男の方がこういうの好きですね。どうしてだろう?

◎田崎さんへ
 読み終わりましたか? あのラストは当初違うものだったそうですが、書き直し
たそうです。そして、その後の話を長編で書くと言ってまして、楽しみに待ってい
る状況です。司書に関しては色々解釈があるのですが、私は表裏一体説を採ってま
す。でもあのラストへの盛り上がりは凄いですよね。
 海洋文学について、詳しい解説ありがとうございます。私はあまり読まないジャ
ンルなので参考になりました。

[1819] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/09 Tue 01:50:33
忘れてました
梅原 克文 「ソリトンの悪魔」朝日ソノラマ もいいです。
海洋物は考え出すと どんどん出てきそう。

[1818] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/09 Tue 01:37:46
”世界の終わりとハードボイルドワンダーランド”読み終えました。終わったとき
、何だかほわっとした感じにつつまれました。二つの世界の絡み方とその両方の盛
り上げ方、ちょっと予想をはずされた終わり方、さすが村上さんです。しかし世界
の終わりの方の図書館の女の子は誰のイメージなんだろう?

>海洋小説について
こういう冒険小説の類はお任せ下さい。
読んだことないんですが、セシル・フォレスター(確か)という人のホーンブロワ
ーシリーズが有名です。英国伝統海洋小説の一番主流どころでしょう。英国海軍に
入隊した若者が活躍して、だんだん昇格していくシリーズで、10何冊かあったと
思います。外伝も出てまして、ご存じかどうか知りませんが、田中芳樹の銀河英雄
伝説のパターンですね(というより銀英伝がむこうのパターン)。確かハヤカワか
ら出ています。あと別の作者の海の戦士ボライゾーシリーズってのもあったと思い
ます。多分ホーンブロワーの方は品切れなどになっていないと思いますが、ご確認
下さい。

それから本の雑誌でみたのではないですが、椎名誠のお薦めとしては
トール・ハイエルダール”コン・ティキ号探検記”筑摩叢書
トリスタン・ジョーンズ”信じられない航海”舵社
スティーブン・キャラハン”大西洋漂流76日間”早川書房
E.シャクルトン”エンデュアランス号漂流”多分文藝春秋、一月には平積みでした
佐野三治「たった一人の生還」新潮社:たか号の事故の記録
などです。全部小説というよりノンフィクションですね。
椎名誠自身の「ずんが島漂流記」もいいんじゃないですかね。

私が読んだことがあるお薦めは
吉村昭「漂流」、江戸時代鳥島に漂着した人の話です、新潮文庫
原岳人「なんか島開拓史」、いわば日本版十五少年漂流記、新潮社
A.J.クィネル「血の絆」、冒険小説の手練れが繰り出す海洋物,新潮文庫
中浜博「私のジョン万次郎・子孫が明かす漂流の真実」小学館ライブラリー
景山民雄「遠い海から来たCoo」海洋小説といえるかな?,角川文庫
最後に子供向けで海より湖舞台が多いですが
アーサー・ランサム”つばめ号"シリーズ,帆船用語はたいていこれで覚えました、
岩波書店,図書館の子供向けのところにはたいていあると思います。

>不夜城
映画は見てないですが、金城武は確かにイメージ合わないですね。本は読みました
が、ちょっとその後敬遠してます。他に読むのなかったら読みますが,積極的に読
みたいとは思いません。

>梶山季之
娯楽小説の超一級品だと思います。古いので、内容が現在にそぐわなかったりしま
すが、話の進め方がとてもうまいです。「赤いダイヤ」,「黒の試走車」など機会
があったら手にとってみて下さい。

[1817] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/09 Tue 01:36:39
土曜にサークルの追いコンがあり,久々に飲みました。
家に帰りついたのが朝の4時,それから死んだように眠り,起きたのは日曜の夕方5
時で,結局「100%の女の子」は観られませんでした。
まったく,「やれやれ」です。

今日は「世界の終わり〜」を買ってきました。きちんと読んでなかったので,じっく
り読んでみます。

>本間さん
「50円玉」,どうやら文庫では品切れみたいです。店長が創元社に電話してくれてわ
かったのですが。今では単行本だけみたいです。こうなったら図書館ですね。
あと,男の人ってオーディオに凝る傾向があるような気がしてならないんですが,
なぜなんでしょう?HPを見る限りでは,本間さんも結構オーディオ好きなんじゃ
ないかと思いますが。
そして,せっかく教えていただいたのに,上のような始末で,結局観にいけません
でした。とほほ。

>tbさん
エヴァンスお好きなんですか。私もすごく好きで,好きなジャズ・ピアニストのベ
スト・スリーに入ってます。昨年NHK教育で放送されたエヴァンスのプログラムはご
覧になりました?すごくいいプログラムで,観た後しばらくはエヴァンスの音楽ば
かり頭の中で鳴っていました。
ピアノ・トリオいいですよね。夜中に聴いてると,だんだん空気が親密になってき
て,音楽全体がこちらにぐぐっと寄ってくる感じがたまらなく好きです。

[1816] 床下のカコの井戸 さん(kako@dd.iij4u.or.jp) 1999/03/09 Tue 00:59:23
◎本間さんへ
「小指がなくなって、誰も間違わなくなった」ってあったような気がします。
店の場所は、僕が東京の地理にうといので、忘れちゃったんだけど、駅前に体育館(
プール?)があって、その方向に歩いていくと、読みにくい神社がありました。駅の
構内の改札の近くに立ち食い蕎麦屋がありました。わかります?

◎くみさんへ
どうやら僕の大学の後輩のようですね。卒論発表頑張ってください。

[1815] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/09 Tue 00:56:07
うーむ 眠い。

>tbさん
そう言っていただけると少し気が楽になります。今度からは気をつけますね。
「海底二万哩」ですが,えーーっと海洋文学というものの定義が分からない
のでアレなんですけど,他の二作の雰囲気からすると多分その範疇にはいる
と思います。
まだ半分ほどしか読んでないのですが,ノーチラス号の航海の様子や海の
描写などを,色々な学者(多分実在する)を引き合いに出してしていますし。
私の読んでいるのは創元SF文庫版なのですが,挿し絵が「いかにも」って
感じでグッドです。
始めは「どーせ子供向けの話だろう」と見くびっていましたが,正直言って
子供だけに読ませるのは惜しいものだと思います。
もっとも,量が多く途中で少々間延びするな という印象がないでもないです
が。
とはいえ,じっくり読むのにはなかなか良いと思います。
特に私のように通勤途中にチョコマカと読むのには最適。

はて それにしても海洋文学ってなんだろう。
「ロビンソンクルーソー」とかも入るのかな。
「宝島」は冒険っぽいし,「南の島のフローネ」はアニメだし・・・
うーむ 気になる。明日会社のパソコンから(笑)調べてみようっと。

[1814] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 1999/03/09 Tue 00:55:34
 スタンリー・キューブリック監督が亡くなりましたね。淋しいことこの上なしで
す。作品の完成度、オリジナリティ、芸術性、寡作であること・・・・私にとって
文句無しにナンバーワンの映画監督でした。「彼は誰の真似もしなかったが、われ
われはみな、彼を模倣しようとした」とのコメントをスピルバーグが寄せていまし
た。彼の作品について書き始めたらとまらないので今日はもうやめて、今から一人
酒でも飲みます。

[1813]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/08 Mon 23:27:37
 今日から深夜勤です。

◎床下のカコの井戸さんへ
 「風の歌」の女の子って双子という設定でしたっけ? 今思い出そうとしている
のですが、その辺りの設定は思い出せません。
 その二店目の方のお店の場所はどちらにあったんですか?

◎石井さんへ
 確か去年に増刷か新装になったため、見つけやすいと思います。

◎くみさんへ
 発表、頑張って下さいね。その種の緊張ってたまには心地よいかもしれません。
 「不夜城」はある種の人々には強烈に響く何かを持っています。2作目以降は作
品全体を覆う無常観がさらに強くなっているので、デビュー作の「不夜城」を読ん
で合うかどうか判断してみて下さい。

◎tbさんへ
 スキー楽しんできて下さい。
 海洋文学は椎名誠が好きで、本の雑誌で特集していたような覚えがありますが、
今はさっぱり覚えていないので羅列する事が出来ません。

[1812] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/08 Mon 22:14:52
長くかかずらってた作業が終わり、ようやくほのぼのとした日々を送れる状況
になりました。明日はスキー行ってきます。今日は本読みます。ヴォガネット
jrの『猫のゆりかご』とメルヴィルの『白鯨』を買いました。楽しみです。

>のたさん
気にせんでください。僕も参考になりました。<書き込み
ところで『海底二万哩』はどうでしたか?あれって海洋文学になるのでしょう
か。ちょっと訳ありで海洋文学を色々読むつもりなんですが、『白鯨』と『老
人と海』、『十五少年漂流記』くらいしか思い付きません。しかも困ったこと
に、そのうち二つはすでに読んでしまってます。『海底〜』読んだら、また感
想聞かせてください。

>ユキさん
タランティーノは良いですよね。最近レザボアドッグス見ましたが、やっぱり
凄くいかしてました。フェティッシュは見てないのだけれど、サントラだけ持
ってます。ラテンサウンドを集めたコンピなんですが、素晴らしいですよ。彼
の音楽へのフェティッシュ的拘りは素敵です(笑)
ところでコロポックル良いですよね。数年前にもらった人形、いまだに僕は大
事にしてます。あの葉っぱがなんとも言えず、良い。

[1811] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp.) 1999/03/08 Mon 18:52:21
くみです。
明日、とうとう卒業研究の発表です。

東京offいいなあ。

不夜城っておもしろいんですか?
本読んでないし、映画も見てないんですけど。

でも、金城武の人気はすごいですよね。
前、心斎橋にあるちょっとマニアックな映画館で
「グラスハープ」という、エドワードファーロング主演の
これまた、ちょっとマニアックな映画を見に行ったとき(ああ、長い前フリ)
となりでやってた金城武の昔出ていた映画をやっていて、
そっちのほうが人がすごく多かったです。

個人的にはそんなに好きな顔ではないけど。

最近読んだ本は「アンダーグラウンド」です。
あの時、私は高校の卒業旅行で長崎にいて
すごくびっくりしたのを思い出しました。
こういうのも、たまには読むのはいいなあ、と思いました。



[1810] 石井 明宏 さん(kimosui@mse.biglobe.ne.jp) 1999/03/08 Mon 10:31:59
T京kさんと管理人の本間さんへ
わざわざ質問に答えてくれてありがとうございました。
さっそく買いにいこうと思います。

[1809] 床下のカコの井戸 さん(kako@dd.iij4u.or.jp) 1999/03/08 Mon 05:23:40
◎本間さんへ
   返事が早くてびっくりしちゃいました!

   「風の歌・・・」の小指のない双子の女の子の方です。一緒に暮らしてた双子の女
の子ではなくて。

   春樹さんのBARはひとでに渡って、つい数年前に閉鎖されました。(近所の服屋
さんにききました)で、しょうがないから、その下の喫茶店でコーヒーを飲んで東京
をあとにしたんです。ガラスごしに中を覗いてきたけど・・・。多分2店目の方だと
思います。

[1808]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/08 Mon 03:22:48
◎床下のカコの井戸さんへ
 9分違いでした。
 双子の女の子という事は「1973年のピンボール」ですね。村上さんがやっていた
バーの写真などは「村上春樹の世界」で紹介されていますが、ああいう店だったん
ですね。
 なお、渋谷にある「ジェイズバー」は全然村上作品の雰囲気はありませんので、
ご注意下さい。

[1807]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/08 Mon 03:19:52
 以前西村さんも書いてましたが、「家族狩り」の天童荒太の3年振りの新刊であ
る「永遠の仔」いいです。帯には宮本輝も推薦文を書いてますが、前半を読んだだ
けでも傑作っぽいな。幻冬舎から上下で出ています。

◎オザキさんへ
 馳星周の作品世界、共感出来ましたか? 読み終わったら改めて感想聞かせて下
さい。「テロパラ」の藤原伊織とですか。うーん、多分読み終わると「やっぱり似
ていなかった」と思うかもしれません。私はむしろ大藪春彦とか船戸与一に似てい
るような気がします。
 映画でも確かに格好いいのですが、山本未来の方がずっと格好いいですよ。寛斎
の娘ということしか知らなかったのに、今は結構気に入ってます。

◎コードネーム
 「朝日堂」の方のフォーラムでぼちぼち発表されていますので、メールした方は
見に行きましょう。2/2分まで出てました。
 そのフォーラムについて、ある人から「本間さんがこのホームページの事で村上
さんにメール出したのが載ってますよ」と聞いたのですが、私は出した覚えないん
です。ホームページ作ったときにリンクの許可は聞いたんですけどね。どなたか、
そのメールがフォーラムのどこにあるのかご存じの方は教えて下さい。あまりに膨
大な量なので探すのが大変なのです。

◎3/27の東京オフ
 がそろそろ近くなってきたのでお知らせ。27日土曜日の6時頃から東京でオフ
というか飲み会をいたします。この掲示板にいつも書いて下さる方とは実際に会っ
て話してみたいので、東京近辺の方はぜひご参加下さい。秘密のプレゼントがある
かもしれません。
 なお会場はあまり人数多くならないようだったら一軒目はイタリア料理屋にしよ
うかなと思ってます。私の弟がコックをしていて店変わったので一度見てみたいし
融通が利くと思いますので。九段下の武道館の向かいでオーナーがイタリア人だと
言ってましたから、多分まずくはないかと思います。二軒目以降は適当。翌日の都
合なり終電に合わせて適当に帰りましょう。

[1806] 床下のカコの井戸 さん(kako@dd.iij4u.or.jp) 1999/03/08 Mon 03:10:17
この間、「風の歌・・」で双子の女の子と最後に食事をするレストランでランチをと
ろうと思ったら、閉店してました・・・・・。春樹さんがやってたBARも閉店しち
ゃうし、映画で出てきたBARもなくなっちゃうし、寂しいかぎりです。

P.S.僕の大学の後輩も書き込んでいますね。なんだか嬉しいです。

[1805] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/03/08 Mon 02:26:53
いま「不夜城」を読んでいます。文句無しに面白いです。
ハードボイルドで、そのわりにデリケートな主人公がたまらなくかっこいいで
す。これを読んでいてなぜか「テロリストのパラソル」を思い出したのですが
、なんとなく似ていません?

映画も見てみようと思います。北京語と日本語を話す役柄は、やはりどんなプ
ロデューサーも金城武を起用するのではないかと思います。
金城武って個人的に好きなんですよ。顔が濃いという批判もありますが、やっ
ぱりかっこいいです。
一時期髪形をまねたのですが、かなり不評だったようですぐにやめました。今
は髪を短く切って、育ちのいいボンボンみたいな髪になってます(笑)。


[1804]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/07 Sun 22:53:08
 ついさっき「ピアノ・レッスン」を見終わりました。

◎ももさんへ
 私の部屋はBSもCSもベランダの位置が悪くて入らないのです。とほほ。

◎石井明宏さんへ
 T京kさんが答えている通りです。大きな書店に行けば、英語版コーナーがある
ので見つかると思います。

◎T京kさんへ
 別に講談社と書けばいいような気がしますが、なぜに伏せ字なのですか?
 英語版の他にもイタリアや中国、韓国などでも翻訳されているそうです。特に中
国では人気だとか。

◎映画の感想
 「不夜城」夏美役の山本未来は微笑がいいですね。彼女だけは作品の雰囲気に合
っているような気がする。結構好みです。健一役の金城武は、うーん、熱すぎるか
な。しかし予想通り登場人物の中国語読みと日本語読みが混在して分かりにくい。
 「ピアノ・レッスン」予想外の話でした。どうやら私の中で「シャイン」とごっ
ちゃになっていたようです。しかもフランスが舞台だと思っていたら違うし。それ
はともかく、不思議な映画ですね。最後のモノローグがなかなか意味深長でした。
「音の存在し得ない世界」からの脱却、特に自分の象徴であった○○を○○するの
はいいシーンですね。
 ああ、でもやっぱり映画はいいなあ。「ピアノ・レッスン」がなかなか見つから
ないため、あちこちの棚をうろうろしていたのですが、ざっと見ただけでも見たい
映画がたくさんありました。「ショーシャンク」「トリコロール三部作」・・・。
 でもこの趣味を復活させると機器の方の趣味も復活してしまうのです。新しいヤ
マハのAC−3対応アンプ欲しいし、新しいプロジェクターも欲しいし、メインス
ピーカーも換えたいし。まあ当面はソフトだけで我慢しよう。

[1803] T京k さん(ktakyo@earth.interq.or.jp) 1999/03/07 Sun 13:59:48
石井明宏さんへ
英訳版やっぱり読みたくなりますよね。
某k談社の英語文庫で鼠三部作やノルウェイの森は出てます。
R.カーヴァーなんかもあります、確か。
本屋さんの、文庫のK談社のところ(の端の方)か、あるいは洋書の所に
あると思いますよ、大抵。 
"風の歌..."と"1973年..."は読んだんですけどなかなか
雰囲気があって気持ちよかったです。

[1802] 石井明宏 さん(kimosui@mse.biglobe.ne.jp) 1999/03/07 Sun 08:34:18
村上春樹さんの英訳版はどの種類だされているのでしょうか?しってましたら教え
て下さい。あと、それは何処にいけば売っているのか教えて下さい。
僕は、春樹さんの大ファンですが、春樹さんの小説って1回目よんだら当然おもし
ろいけど何回よんでもサイコーです

[1801] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/03/07 Sun 05:38:55
ピアノ・レッスン
3/8(月)にBS11でやりますね‥‥‥。