現在の掲示板へ戻る


[1800]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/06 Sat 23:51:33
 買い物大王と化してプリンターを買ってきました。これで私の夏のボーナスはト
ータル20万ほど減ってます。しかしCDのジャケットをスキャンして原寸で印刷
するのがこんなに大変だとは思いませんでした。今はフォトカラー用紙にいろいろ
試していたのですが、色合いも納得出来ないし。試行錯誤でやっていきます。

◎WAKAさんへ
 私も今日飲みに行こうかなとも思ったのですが、財政難のため断念しました。早
く給料日なり競馬で儲ける日なりが来て夜遊びしたいです。
 「不夜城」は今日「ピアノ・レッスン」と一緒にビデオ借りてきました。これか
ら見ます。でもきっと映像であの雰囲気を出すのは無理でしょうね。
 だんご三兄弟は発売数日で170万枚突破。予約数から見て300万枚は堅いそ
うです。みんなそれでいいのか、という気がしないでもないですが。

◎今日の買い物
 プリンター買うついでに、マウスやキーボードの手前に置いて使うジェリーパー
ムレストというのを買ってきました。手のひらが当たる部分に置いて使うもので、
中に固めのゼリーが入ってます。これは快適ですよ。2個で1400円だったよう
な。自信のおすすめです。

[1799] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/03/06 Sat 17:02:17
調子にのって夜遊びしたら風邪をひいてしまいました。多分花粉症も併発していま
す。ツライです。
なかなか読書にも集中できなくて、実は<リヴィエラ・・>をまだ読んでいます。
私も2〜3冊平行して読むことが多いのですが、最近は時間が無くて1冊ずつの事が多
いですね。

>本間さん
 私は<不夜城>OK派です。あまりの格好良さにすっかりはまってしまいまし 
 た。映画も見に行きましたよ。夏美役は当初葉月里緒菜の予定だったのが、急遽
 アノ人(名前なんだっけ?)に変わったそうですが、葉月里緒菜版も見てみた 
 かったな。また違う味わいの作品になったかも。それにしても椎名桔平には笑わ
 せてもらいましたが。

>だんご
 夜中のNHKだんご3兄弟見ちゃいました。これが噂の・・って感激しました。
 でも普段から気をつけてると、町のそこここから流れて来るんですよね。1日2〜3
 かいは耳にしてるかも。

>ももさん
 高村薫は一見難しいようで、なぜかはまります。私は<神の火>が好きです。
 <マークスの山>・<レディージョーカー>は文庫化待ちですが、文庫が出たら
 必ず読みたいと思います。

[1798]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/06 Sat 12:10:52
 今日仕事が終わったら家に帰って、改めて車でプリンターを買いに行こう。結局
エプソンの770Cにしました。

◎T京Kさんへ
 なんというか、凄い名前ですね。
 小説から何を読み取るか、何を感じるかは読者の自由ですので、別にそういった
感想でも構わないと思います。ある人は感銘を受けるだろうし、ある人は何も思わ
ない。この差は年を重ねる毎に大きくなると思います。
 村上さんの話題でも何でもいいですから、気楽に書き込んで下さいね。

◎田崎さんへ
 読もうと思ったときにその本がないとがっかり来ますよね。読み終わったときの
感想、楽しみにしています。
 梶山季之はわりと固定ファンが多い作家ですが、私は未読です。

◎ごえす・かすさんへ
 ビル・エヴァンスもほとんど聞いたことないです。せっかくだから、今度行った
ときに借りてきます。ジャズとかクラシックは今まで避けてきた分野ですし、そろ
そろ聞いてみようかなと思ってます。

◎床下のカコの井戸さんへ
 集めてるのは私です。何というか、一度も聞いたことがない曲が出てくると自分
で確認したくなります。村上さんが60年代の子供なら私は80年代の子供なので
前の時代の曲はほとんど知りませんからね。80年代だったら詳しいんですが。

[1797] 床下のカコの井戸 さん(kako@dd.iij4u.or.jp) 1999/03/06 Sat 04:34:08
  皆さん色んな分野に詳しいですね。圧倒されちゃいます。僕も昔、「ワルツ・フォ
ー・デビィ」をミニマム・ミュージックのように聞いていた時期がありました。そし
て、その部屋の壁にはムンクの「受胎告知」が・・・・・

  春樹さんの本に出てくる音楽を集めてるって話があったけど、僕も同じことしてま
した。そして「風の歌・・」に出てくる場所の写真を撮ってまわったり。結構、FA
Nって同じようなことしちゃうものですね(笑)

[1796] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 1999/03/06 Sat 03:26:11
 コタツみかんさんへ。山田詠美さんが同じ市内に在住とは知りませんでした。ひ
よっとしてうちの病院にこないかな・・・。最近エステのコマーシャルで脇を見せ
る女の子が出てたでしょ?あの「脇にほれました」って男が言うやつ。あの子はう
ちの病院の患者さんでしたよ。私の同僚がつい最近まで治療してました。ところで
うちのすぐ近くは横田のベースです。中に友達がいるのでパスをつくってもらいま
した。クリスマスに中に遊びに行くとイルミネーションがとてもきれいで楽しかっ
たです。
 本間さんへ。私はチックコリアも好きですが、ビル・エヴァンスが一番好きで
す。はかない中にも芯の強さがあって・・。
 サリーちゃんへ。ゴエスカスいいですよ。一曲目の派手派手さに辟易しないで組
曲全体を通して聴いてみてくださいな。全体が有機的なつながりを持って、一幕の
絢爛かつ幻想的な世界を織り成していることがわかると思います。

[1795] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/06 Sat 02:04:02
今朝電車の中で「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」上巻を読み終わ
ったので、下巻を読もうと思ったら,鞄に入っていたのは同じ本屋のカバーがつい
た別の本でした、やれやれ。
「世界の終わりと・・」はひさびさいい感じです。T京Kさんに怒られそうですが,
「ねじまき鳥クロニコル」には,何がいいたいの?と思った人間ですから。下巻ま
で読み終わったらまた書きます。

>こたつみかんさん
私も2、3冊並行で読むこと多いです。今は「世界の終わりと・・」と梶山季之の
お手軽本を並行させてます。今は2冊だけですが,これにもっとお手軽のエッセイ
とか,逆に重い「日蝕」みたいの(嵐が丘でもいいかもしれない) を組み合わせ
た3冊並行くらいならいけるでしょう。
「嵐が丘」はずいぶん昔に読みました。キャサリンとヒースクリフでしたよね?登
場人物の名前と,ムーア(またはヒース)を思い起こされる雰囲気だけなんとなく
覚えています。
ケイト・ブッシュという人が,「嵐が丘」を歌っているのですが、ご存じですか?
20年近く前になると思いますが。実は今彼女のCDをかけています。

>ユキさん
コロボックルというと佐藤さとるの「誰も知らない小さな国」を思い出します。こ
れも子供のころの思い出です。
「すべてがF・・」は,技術屋に多い実験オタク(私も含む)にはぴったりくると思
うのですが、そうじゃないとつらいかもしれないですね。   

[1794] T京K さん(ktakyo@earth.interq.or.jp) 1999/03/06 Sat 00:31:28
高校の時にはじめて村上作品を読んで以来ハマっている人間です。
僕の周りには村上ファンが少ないので(読んだ後で『で、何がいいたいの?』
とぬかした者も...)みんなさんの声は非常に嬉しいものです。
最近は、自分が読んだ順にまた読んだりしてます。何度読んでも村上ワールド
にはどっぷり浸ってしまいますね

[1793]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/05 Fri 22:42:37
 昨日は暖かかったのに今日は雨。

◎ごえす・かすさんへ
 やはりチック・コリアを好きな方は多いんですね。そのプレリュード自体を知ら
ないのでそれがどれだけ凄いことかは分からないのですが、早く聞きたくなりまし
た。大江健三郎はあの何度も推敲していると思われる文体が取っつきにくさの原因
かと思いますが、読み進んでいくとなぜか気にならなくなりますよね。

◎スノウさんへ
 いい話ですね。何らかの出来事である小説を思い出すというのは、読んでからの
時間が経てば経つほどある種の感銘を受けるのでしょうね。私も再読したくなって
しまいました。

◎オザキさんへ
 母父グリーングラスというマル外もなかなか強烈ですね(笑)。やる気のない歌
い方はピチカートファイブのボーカルより上ですか?
 ビーチボーイズは多分FM東京の企画盤です。ライナーにFM東京の人の名前が
あったので。ちなみに私は「ココモ」が好きなのです。

◎えぐちさんへ
 私だって仕事からは逃避したいですよ(笑)。
 「ピアノレッスン」についてはますます「見なくては」という気持ちになりまし
たので、明日仕事終わったら借りてきます。
 私もビジネス書は全く読まずに来てます。ずっと前に友達の家にあった「Big 
tommorow」という雑誌を見たら気絶しそうになりました。どうやら世の中には金銭
的に成功したい人がたくさんいる模様です。
 「7つの習慣」は草思社の一連の本(平気で嘘をつく人たちとか)と同一線上の
本かと思ってましたが、ビジネス書だったんですか。なるほど。

◎ユキさんへ
 それは歩合制に変えてもらった方がいいかも(笑)。しかしメールがここまで普
及するとFAXはいらないような気もしますが、需要はあるんですね。
 「ニルス」は懐かしいなあ。小学校高学年の頃NHKでやってました。ガチョウ
に乗ってるんですよね。でもガチョウって飛ぶのかな。ちなみにその前は「名犬ジ
ョリィ」でした。私のクラスではジョリーブームが起こったものです。
 森博嗣は5作目の「封印再度」を読んでみて下さい。これで合わなければ後は読
まなくてもいいと思います。

◎サリーちゃんへ
 部屋にムンクというのは結構シュールな風景ですね。私はあのぐんにゃりした時
計で有名なダリの絵が欲しいです。何となくですが。

◎こたつみかんさんへ
 「嵐が丘」とは結構意表を突きますね。4姉妹の話でしたっけ? 多分違うよう
な気がするので、あまり突っ込まないで下さいね。
 平行読みは私はあまりしないんですが、これは不器用なためでしょう。話が混ざ
ってしまうんです。エッセイや軽い話だと大丈夫なんですけど。
 さて、私も負けずにカレーを食べながらワインを飲んだくれる事にします。ビー
ルが切れているのでピンチなのです。

[1792] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/03/05 Fri 21:37:39
 今日も春の陽気で、のほほんです。と、いうのになぜか「嵐ヶ丘」なんか読んで
いるのでした。今日も今日とて飲んだくれているし、週末だし、もっと楽しい本を
読もう。(わたしは2、3冊並行で読んだりするのですが邪道でしょうか)
 みなさんが児童書の話でもりあがっていらっしゃるようなので、アスペクトの
「子供の本がおもしろい!」というのを買ってみました。「エルマー」も紹介され
ていますよ。わたしは、かの安西水丸さんが絵を書いている(文章は嵐山光三郎さ
ん)絵本の、「ぴっきーとぽっきー」(だったかな?)をもってます。今度実家に
帰ったら、読みなおしてみようと思います。

>きゅうさん。
  わたしは焼酎はあまり得意ではなくて、もっぱらビールです。もちろん今日も
 ドカンとつまみを作って飲んでいますよ(笑)

>ごえす・かすさん。
  昭島市といえば、山田詠美さんが住んでいらっしゃるところですね。ごえす・
 かすさんも「昭島音頭」を踊られるのでしょうか?(詠美さんのだんなさんは踊
 られたらしい)



[1791] サリーちゃん さん(setoes@msn.com) 1999/03/05 Fri 21:00:19
3月3日に、京都で開催している「ムンクの版画展」に行ってきました。「孤独な
人々」のポスターを買ってきてしまいました。ムンクの中ではそんなに激しくはな
いですが、。でもまだ部屋にムンクなんか飾ってもいいんだろうかと思っていま
す。
#ごえすかすさんへ〜私も一応ピアノが趣味です。ただいま、「ピアノレッスン」
の中の、「サクリファイス」を練習中です。 一度、「ゴエスカス」という曲が聞
いてみたいので、現在探しています。聞けたら感想を書きます。


[1790] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/03/05 Fri 18:32:07
 お久しぶりです。バイトにあけくれているためなかなか書き込みもできないし
本も読めないしですさんだ生活でした。でもNECのFAXのキャンペーンで派遣された
電器店で一日にFAX10台程売りました。お店の人に誉められました。
1台売るといくらもらえるというわけではないのですが、やり手キャンペーンガー
ルへの道を突っ走っています。(ひとりよがり)
 最近はまだ観ていなかったタランティーノとリュック・べッソンの映画を図書館の
ブースで観ていました。タランティーノは音楽のセンスが好きだなあ。べッソンは
映像が美しかったです。でも図書館にある視聴覚資料には暴力シーンの規制とかは
ないのでしょうか。となりで子供が名探偵コナンを観ていたりするので妙にはらは
らしてしまう。今後は公開されたら「鮫肌男と桃尻女」と「ニンゲン合格」を観よ
うかなあと思っています。
「ピアノ・レッスン」観てみます。映画に出ていた女の子は完成した映画を見せて
もらえなかったと聞きましたが(刺激が強いから)、もうみせてもらえたのだろう
か。
 最近は「二ルスの不思議な旅」にとりつかれています。図書館の子供の本のフロア
で立ち読みしてはまってしまった。ビデオは出てないのかなあ。やはりNHKだからか
?NHKだと「スプーンおばさん」も好きだったなあ。
 小さい登場人物がでてくる物語はなんだか和んでしまいます。いろいろな神話を
読んでいると、親兄弟を殺したりはらわたひきずりだしたり皮剥いだりしていてい
やになってくるのですがコロボックルとか妖精が出てくると嬉しくなります。(大
きい葉っぱを傘にして雨をしのぐ、というのに憧れてしまう)

 あ、あと遅れ馳せながら「すべてがFになる」を読んだのですがいまいち登場人物
に魅力を感じられず、機械のプログラム云々が理解できず、なんだかのめりこめま
せんでした。集中力が低下していたからかなあ。


[1789] えぐち さん(eguc071135@swan.sanyo.co.jp) 1999/03/05 Fri 13:04:01
今日もきました、仕事から現実逃避したいのです、誰か助けて。
ごえす・かすさん、tbさん、本間さんへ
「ピアノ・レッスン」について好評ありがとうございます。私の友人K(なんか
夏目漱石の「こころ」みたい)はけろりと「ただのエロ映画。」と評するのです。
くくくくっ、と心の奥にナイフが刺さったみたいで、ショック状態から立ち直るの
に数時間を要しました。私はこれまでにビデオで4回見ました。なぜここまで惹か
れるのか私自身、大きな謎です。ふーむ。
とにかく、良いものは味わうたびに新しい感触がする法則によるのだと思います。

くみさんへ
「女と女と井戸の中」ってレズビアン映画として私は受けとめています。
たいへん楽しみです♪

ただ今、遅まきながら「7つの習慣」をほそぼそ読んでます。ビジネス書には
起承転結、クライマックス、ラブシーン(んなもんあるかい!)などのメリハリが
ないため退屈です。とわいえ、いい本ですよ。ビジネス書というより人生哲学書に
近いかな?会社に入ってからというもの、軟派路線を突っ走ってきた私が今まで
読まなかった傾向の書物なことは確か。まったく学生以来と言っていいでしょう。
まずは、家に帰って山田詠美を再読しよう(笑)。

[1788] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/03/05 Fri 03:47:59
「アンダーグラウンド」と「不夜城」を買ってきました。東野圭吾は近くの書
店にありませんでした。なにやってんだ>三省堂新浦安支店


>ごえす・かすさん
お勧めありがとうございます。なかなか浸れる悪夢の世界ですか。楽しみです
。僕にも読めるかな?

>本間さん
「ブリリアントグリーン」はさらに母の父がグリーングラスでしょう。ブライ
アンズタイム産駆でマル外というのは意表を突いていて面白いです。
本物のバンドの方は、あのボーカルのやる気のない唄い方が好きです。最近は
売れてきたので少しやる気を出したのか、ちょっとは張りのある声になってし
まったのが残念です。

ビーチボーイズの訳詞が鷺沢萠というのは僕も驚きました。いいっすね。
「風の歌を聴け」にでてくる「カリフォルニア・ガールズ」がたまらなく好き
です。

[1787] スノウ さん(naomi-nt@iss-net.ne.jp) 1999/03/05 Fri 02:37:35
幼稚園のお弁当作らなきゃいけないのにこんな時間に
起きてて 私も早く寝なきゃ。
でも ひとつ感動したことがあったので書き込みたかったのです。
朝日新聞の投書欄で 71歳の女性が91歳のお母さんに
生きる望みをもたせるにはどうしたらよいのかいつも考えているのだけれど
ある日施設の若い介護士さんのはからいで楽しい時を過ごせた
この出来事でレイモンド・カーバーの「ささやかだけれど役に立つこと」
を思い出した
と書いていました、。71歳のおばあちゃんのこの感性 いいですよね。
で、ひさしぶりに読んでみました「ささやかだけれど」
やはり すばらしい短編ですね。泣けちゃいました。


[1786] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 1999/03/05 Fri 02:30:38
 チック・コリアといえば、博多のブルーノートでのライブを聴きに行ったとき、
突然ソロでスクりゃビンのプレリュードを弾いたのを聞いて驚くと同時に感動した
事を憶えています。芸風広い人です。
 オザキさんへ。大江健三郎の「芽むしり仔撃ち」「人間の羊」あたり、いいです
よ。読みやすいし、なかなか浸れる悪夢の世界です。「万延元年のフットボール」
も、主人公が森に入って行くところからは俄然面白くなるので、最初のほうでつま
ずかなければ引き込まれますよ。
 ピアノ・レッスンについて。私もこの映画好きです。ナイマンの音楽については
少し「ストレートにはまりすぎ」てておもしろくないんですけど・・。あの映像に
はもっと孤独でグロテスクなピアノ曲のほうが、かえって似合うような気がします
が。例えばヤナーチェクのいくつかの曲など・・・。主人公が指を落とされるシー
ン、私は夢に見てうなされました。ピアノはあの主人公同様、私にとって生きるた
めのエネルギーのひとつなもので。

[1785]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/05 Fri 02:09:00
 私ももう寝なきゃ。

◎はなえもんさんへ
 ちゃんと届いてましたよ。ご安心下さい。

◎のたへ
 しかしこことtbさんとことオザキさんとこの掲示板は相互リンク状態になってま
す。君が書くべきなのはメールで、人の掲示板に私信を書かないように。
 PSの件はそうだったのか。では今度試してみて報告いたします。

◎スキャナー
 スキャナーの用途がようやく浮かびました。CDのリーフレットの表紙コピーと
CDラベルのスキャニング。それでそこまで考えて、今うちにはプリンターがない
事に気づいたので、やはりプライオリティー1はプリンターの購入でしょう。でも
未だにキャノンのF600かエプソンの770Cか迷っている私です。

◎今日思ったこと
 レンタルの棚見てたら日本のバンドで「ブリリアントグリーン」というのがあり
ました。多分ブライアンズタイム産駒でマル外だと思います。って、これは隣の掲
示板向けですね。
 ビーチボーイズのアルバムを借りたら、訳詩が鷺沢萠でした。ちょっと意表を突
かれましたが、それはそれとしていつ聞いても底抜けに明るい音楽です。冬にはち
ょっと合わないかな。

[1784] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/05 Fri 00:55:07
もう寝なきゃ

>本間さん
あ 例の質問はtbさんの掲示板に書き込んでしまいました。
ごめんなさいね>tbさん
あ それから,PSが初期型かつSONY製ドライブ以外のCD−Rで
焼いたものならチップなしでも読み込めますよ。そういう私のCD−Rは
SONY製ドライブですが。(笑)
ってこういうこと書いてるから本間さんに アングラなのた って言われる
んだろうな。


海底二万哩を読み終わったら 東野圭吾を読もうっと。

[1783] はなえもん さん(hana@rd5.so-net.ne.jp) 1999/03/05 Fri 00:21:31
 以前「博士」と「緑ちゃん」に
投票したはなえもんです。
 はじめまして。
メール送りました。

[1782]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/04 Thu 23:36:40
 レンタルCD屋って今も昔も高校生の溜まり場だという事を確認しました。

◎tbさんへ
 チック・コリアは今日見てきたら4枚しかなくて、探している曲は見つかりませ
んでした。悔しいので同じTSUTAYAの違う店に行ったら、やはり同じ4枚だけ。仕
入れのノウハウは各店同じのようです。こうなったら中古CD屋だ!
 それと村上作品に出てくる音楽CDを作るため、いろいろ借りてきましたが改め
て「音楽図鑑」を読むと出てくる音楽多すぎ。「スタークラフト・ラヴァーズ」だ
けは聞いてみたいところです。
 ネット麻雀はツモ切り表示が出来るまでは麻雀によく似たゲーム扱いでしょう。

◎オザキさんへ
 プレステは本体に識別IDを読むチップがあるので、改造して3千円のチップを
取り付けない限り、CD−Rは読めません。しかしこういう情報がネットで簡単に
手に入るというのも凄いな。
 「不夜城」、感想が楽しみです。わりと好みが分かれるから嫌いかも。
 メンバーの件はその先輩甘いです。ゲーム代は自分持ちなので打てば打つほど店
が儲かる仕組みになってます。レートが200円以上じゃないとプラスになるのは
難しいのですが、それでも麻雀打てるだけ楽しいバイトかもしれませんね。

◎床下のカコの井戸さんへ
 初めまして。
 村上ファンどころか、今は小説ファン自体が少ないため、その中でさらに村上フ
ァンというと身の回りにいる確率は低そうです。ただHPを見る限り、村上さん関
係のが結構あるので、人気作家である事は間違いなさそうですね。

◎ももさんへ
 なるほど、了解です。今度見てみますね。
 デジカメは新しく出たニコンの200万画素オーバーのがいいなと思ってます。
今度会社で記者用に大量に買うので、何とか交渉してみます。でも手持ちのお金が
ないんです。しくしく。

◎えぐちさんへ
 ごぶさたでした。「レディージョーカー」は競馬や新聞社の描写の良さもあるの
ですが、破滅へ向かわずにはいられない人間心理が巧いからです。生きていても、
不合理な事ばっかりで何を目標に生きればいいんだ、という辺りを言葉で表現出来
るのはさすが高村薫。
 CDレンタルの関係でレンタル屋に通いそうなので「ピアノレッスン」、私も見
てみます。

◎くみさんへ
 「うずまき」が文庫化という事はあれからもう3年ですか。早い早い。
 しかしミステリーを普段読まないくみさんのような人まで巻き込むとは、恐るべ
し「私が彼を殺した」。でもこれは2回は読まないと分からないと思いますよ。

◎のたへ
 買ったけど質問は生きているので答えるようにね。8倍書き込みは順調です。た
だCDによっては20倍で読めないものもあるので調整が面倒。SCSI接続のC
D−ROM買えばいいんだけど、そこまでするのもなあ。
 メンバーの件はのたも知っている通り、私のバイトしていた雀荘はバイオレンス
な雀荘なので社会見学になり面白かったです。

◎きゅうさんへ
 私も「僕は勉強が」は大好きです。秀美君の態度が格好いいし。
 そうですか、やはりチック・コリアはいいですか。ますます聞きたくなりました
ので、気合い入れて探します。「50円玉」も頑張って探して下さい。
 仙台のHMVでは「だんご」を買った人に本物のだんごをプレゼントしたそうで
す。特に落ちはありません(笑)。

[1781] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/04 Thu 22:27:36
昨日は久しぶりに麻雀をしました。って言っても、ネットでだけれど。

>えぐちさん
こんにちは。ピアノレッスンは女性が見たらどう思うんだろうなあって思いま
す。先入観からそうなってしまうのかもしれないけれど、主人公の男(名前わ
すれた)が、エイダがピアノ弾いている時に床から見上げるシーンとかに、女
性ゆえの視点の凄さっていうか、エロティックさを感じました。

>くみさん
僕も『エルマーのぼうけん』凄く好きです!『エルマーとりゅう』も持ってま
す。今でも大事に本棚の一番下に収まってます。意外なタイトルが出てきて驚
きました。あの素敵な装丁に惹かれて、子供の時にねだって買ってもらったん
ですよ。僕は小さい時から装丁に惹かれるようだ。

>きゅうさん
「ALIVE」も凄く良いですよね。僕はエヴァンスが凄く好きで「トリオこそジ
ャズの醍醐味」とか思ってる人間なので「ALIVE」にはいつも驚かされます。
「On Green Dolphin Street 」とか聞いていると、彼の凄さが良くわかります
よね。チックのソロは、情熱的で好きです。

[1780] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/04 Thu 21:15:03
今日は,山田詠美の「風葬の教室」を読みました。
いつも思うのですが,山田詠美は少女の心理描写がすごくうまいですよ。
彼女の書く少女性というものは,私の中の少女のイメージにぴったり重なるので
す。山田詠美の著作の中では,「僕は勉強ができない」が一番好きです。

>本間さん
チック・コリアについて。私のお勧めは「LIGHT AS A FEATHER」です。
晴れた日に聴くと,最高に気持ちいいです。特に一曲目が。
一時期,私はこれを目覚ましのタイマーに使ってましたが,とってもよい
目覚めを迎えられます。トリオで,ジャズっぽいのだったら,「ALIVE」がよいで
す。コリアはすごいな,と素直に思えます。
「50円玉」,今日探しに行ってみましたが,なかなか見つかりません。
気長に探してみますね。

*だんご3兄弟
今日,レコード屋の店頭でビデオが流れてて,はじめてみました。
予想以上のかわいさ!!だんごのとりこになりそうです。
ちょっと脱力してしまいそうなかわいさで,ビデオを見ながら口元が
緩んでしまいました。
それにしても佐藤さんの仕事には,いつも感嘆させられますね。

[1779] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/04 Thu 20:21:39
週末が近づくとなんとなくウキウキします。
もっとも例によって例のごとく,なんの予定もありませんが。

>本間さん
CD−Rについてメールする前に買ってしまわれたのですね。
予想はしていたけどこんなに早いとは。さすが。
チック・コリアは私も欲しい欲しい。
あ ちなみに原書房シリーズは以前立ち読みして,コンマ2秒で投げ捨て
ました。

>オザキさん
私も雀荘のメンバー経験者ですが,あれはあれで結構大変でした。
やはり基本は接客業なので,いろいろ気を使ったりするんですよね。
(体調&麻雀の)調子が悪かろうがなんだろうが,ワンカケだと打たなきゃ
いけないし。
そのあたりの事は,きっともう一人のメンバー経験者さんからコメントが
あることでしょう。(笑)


[1778] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/03/04 Thu 20:15:15
みなさんこんにちは。お久しぶりです。
今日は朝に、「うずまき猫の見つけ方」の文庫本を買ってきました!
まだ、読んでなかったんです。
この本写真あるから、ハードで買おうかなって思ったんだけど貧乏学生でお金
がないので、文庫を待ってたんです。
♪昔読んだ本
 私もかぎばあさんシリーズよく読みました。お気に入りは「エルマーの冒
険」シリーズ!映画化したって聞いたけど見たことはありません。どなたか、
観た方いらっしゃいますう?ずっこけ3人組シリーズも読んだような…。

♪映画
 「女と女と井戸の中」おもしろそうだな、と私も関西ウォーカー見て思って
いました。登場人物が二人でそうお金がかかってるとは思えないけど、心理描
写が追えそうで見るのを楽しみにしています。

♪だんご3兄弟
 この前何かのニュース番組で特集をくんでたときには、”こんなしょーもな
いのにどれだけ時間さいてんねん!”と、思っていたのですが耳に曲が残って
離れません。おそるべし、だんご3兄弟。
っていうか、「I.Q」作った人と同じなの?!びっくりです。

♪ひとりごと
 私はあまり推理小説を読まないことにしているのですが、(理由ははまるか
ら、それから何度も読み返す楽しみが他の小説に比べてうすいから)『私が彼
を殺した』はちょっと、おもしろそうなので読んでみようと思います。



[1777] えぐち さん(eguc071135@swan.sanyo.co.jp) 1999/03/04 Thu 13:06:25
こんにちわ、久しぶりにおじゃまします。いつもROMってばかりでしたが
毎日出勤日は読ませていただいてますよ、ほんと賑やかな掲示板ですよね。

本間さん:「レディ・ジョーカー」が中でも秀逸とされているは、競馬が関係して
るから?うーん、私の考えすぎかなあ。

さて、大阪では今週末から「女と女と井戸の中」原題「The Well」という
映画が上映されます。村上春樹作品に出てくる井戸や「リング」のものとも違う
「画面の中にあるもう一つの視点(カメラのレンズ)的働き」を担っていると私は
解釈します。まだ見てないのに、先入観をもって映画を見るというのは邪道か?と
思いますが、楽しみ方は人それぞれありますから。

皆さんの書込みに対して:はあぁ、皆さんよく読んで見てらっしゃいますね。
古典から最新刊、海外もの、漫画、CM、TVまで。「この掲示板は時間管理の
スペシャリストの集まりか?」と思うほど感心するばかりです、はあぁ。

映画について:「ピアノ・レッスン」は、マイベストムービーのベスト5に
入ってます。初めて見た時の感想はtbさん達同様、かなりの衝撃を受けただけに
何も心の襞が錯乱状態を起こしたため、記憶にありません。何度か繰り返して
見るうちに「喪失と再生」の物語なのでは、と思うにいたりました。
主人公のエイダがはじめ黒い喪服ばかりを着ていて、映画の最後には(ネタバレ
防止のため書きませんが)変化しておることが、象徴しているように。
なお、「ピアノ・レッスン」監督のジェーン・カンピオンと「女と女と井戸の中」
の女性監督(氏名忘れた)もオーストラリア出身。
女性監督の作品って小説と同様に不思議な粘着質的雰囲気があって、好きです。

[1776] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/03/04 Thu 05:27:28
《本間さん》
4日の0:50って午前0時50分‥‥夜中だったみたいです。
見落としていました、午前というのを‥‥。
詳しくはこちらhttp://www.demeken.co.jp/~etv/okasan/99/dango.html#H
で確認してください。
CD-Rいいなぁ。次はフジ600Zですかね(笑)
私はキャノンEOSのAPS一眼レフが欲しいです。


[1775] 床下のカコの井戸 さん(kako@dd.iij4u.or.jp) 1999/03/04 Thu 04:43:29
はじめまして。村上春樹さん関連のものを探していて、たまたま立ち寄りました。ま
だ、全部掲示板を読んでません。これから読みます。

僕のまわりには村上春樹FANがいないのです・・・・。どうしてかなぁ?

では、また。

[1774] オザキ さん(nt21@geocities.co.jp) 1999/03/04 Thu 03:47:51
どうもです。大学のメールサーバーがおかしくなってしまったのでジオのアドレス
に一時的に移動しました。

CD-Rですか。僕の友達はFF8を速攻でコピーし、発売日の翌日に売りに行っ
たそうです。やれやれ。

今日は部屋の掃除をしていました。去年買ってまだ読んでいない太宰の「斜陽」を
探すのが目的だったのですが、他にもいろいろと面白そうな本が発掘されてそれに
読みふけってしまい、「斜陽」はみつからないし部屋は汚いままです。やれやれ。

読みふけったのは大江健三郎の「われらの時代」です。感想は……難しすぎてほと
んど理解できなかったです。自分の凡庸な頭脳を呪っています。
大江は「奇妙な仕事」と「死者の奢り」が筆舌に尽くし難いほど素晴らしい出来だ
と思っているのですが、僕の退化した頭脳ではそれ以後の作品を読んでも理解する
ことができません。どうにかしたいです。やれやれ。

明日こそは髪を切り(ついでに少し色を抜くつもり)、本屋に行って本間さんお勧
めの「不夜城」と話題の「私が彼を殺した」を買いに行くつもりです。僕は人より
行動が遅いので、思い立ってから行動するまでに一週間はかかります。やれやれ。

>麻雀
僕はまだフリーに行ったこともない素人なのですが、サークルの先輩が地元の雀荘
のメンバーになってしまいました(笑)。なんでも「時給で金を貰えて、打って金
を貰える」とのこと。先輩は現在就職活動中なのですが、もしどこにも決まらなか
ったらそのまま麻雀界に残りそうで怖いです。
サークルで半荘数、一位、二位、三位、四位の統計とそれぞれの確率を集計してい
る暇な人がいるのですが、その統計によると僕はかなりの勝ち組だということがわ
かりました。なのにフリーに行ったことがないのは僕だけ。ちなみにメンバーにな
ってしまった先輩はダントツのトップでした。だって一週間に四回役萬あがるんだ
もの……やれやれ。

いいかげんしつこいですね。では。

[1773] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/04 Thu 01:56:13
こんばんわ。昨日は一日かけて『私が彼を殺した』の推理をしてました(笑)
そろそろ、宮部みゆき、ポール・オースターをまとめて行こうかと思っていま
す。手始めに「魔術はささやく」を100円でゲット。楽しみだ。

>本間さん
チック・コリアですか。良いですねえ。『異邦の騎士』でも出ていますしね。
僭越だけど、オススメします。やっぱりイチオシは「ROMANTIC WARRIOR」です
。アルバム全体はフュージョンっぽいのですが、タイトル曲だけは凄絶にジャ
ズです。美しすぎます。あと「HYMN OF THE SEVENTH GALAXY」、エレクトリッ
クバンド時代の「EYE OF THE BEHOLDER」も素敵です。以上はちょっとスパニ
ッシュ系でパッショネイトなものですが、純系ジャズではかの有名な「RETURN 
TO FOREVER」、ソロ時代の「EXPRESSIONS」なども良いですよ。すごくリリカ
ルです。でも僕的には、やっぱり「ROMANTIC WARRIOR」。これを聞いてから『
異邦の騎士』を読むと、心底泣けます。あんまり僕は泣かないのですが、これ
にはノックアウトを食らいました。

[1772]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/04 Thu 01:31:33
 何のCDを作ろうか検討中。とりあえず明日一番大きなレンタル屋に行っていろ
いろ借りてきます。CDレンタルは数年ぶり。

◎にしむらさんへ
 ごぶさたでした。4倍と8倍なら結構違いますが、6倍と8倍なら数分の差だか
らあまり変わらないですよ。しかしCD−Rはいろいろ使い道ありそうですね。私
はバックアップ用として会社で買ってもらおうかと思ったのですが説得が面倒なの
で自分で買いました。
 「永遠の仔」は注文中ですが紹介の点は了解しました。でもついつい見そう。

◎のたへ
 頭が痛くなる原書房シリーズがあるため、全部ではないだろうけどあれは別に読
まなくてもいいと思う。おお、そうだ。明日はチック・コリアも借りてこよう。島
田荘司の小説に出てくる音楽CD、なんて面白そうだよね。それはともかく、あの
小説はいい小説です。

◎きゅうさんへ
 読むのがなかなか早いですね。ああ、自分も何かそういう対象を見つけたいもの
だと真っ先に私は思いました。一彰と李歐の関係のような。他の作品では「黄金を
抱いて翔べ」新潮文庫、「マークスの山」早川文庫、「照柿」「レディージョーカ
ー」の合田刑事シリーズがおすすめです。特に「レディージョーカー」は秀逸。
 「100%」は室井滋が主演で短編映画化されてます。原作はそのまま「4月の
ある晴れた朝に100%の女の子と出会うことについて」。
 「50円玉」は文庫になってます。創元は流通数が少ないのでなかなか見つける
のが難しいんです。大きな本屋にはありますよ。
 「ぽかちゅー」はあるスナックで店の子が飲んでたのでメジャーじゃないかもし
れません。ちょっと飲んでみたけど味は普通でした。でも名前がふざけてます。

◎ごえす・かすさんへ
 昭島市って八王子の近くでしたよね。確かによほど特殊なものを買いに行かなけ
れば近くの商業圏で済みますよね。
 私は昔2回入院したのですが、仲良くなった年が近い内科医と話した結果「これ
は本当に好きじゃないとやってけない仕事だな」と実感しました。あの勤務時間に
あの給料では本当に大変です。でも本人は楽しそうに仕事していたので、充実して
そうな感じでした。それが仕事の上では一番でしょうね。

◎怪人さんへ
 ごぶさたでした。八重洲ってインターネット端末置いているんですか。知らなか
った。宣伝してくれてありがとうございます。でもきっと店の人に速攻でヤフーか
何かに戻されてしまいますよ。

[1771]オペラ座の怪人 さん(fwjc7616@mb.infoweb.ne.jp) 1999/03/04 Thu 00:17:57
この前、八重洲ブックセンターでここのページと自分のページを見て、二つともつ
けっぱなしで帰りました。
宣伝しときました。ビシッ!って全然駄目じゃん。バシッ!

[1770] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 1999/03/04 Thu 00:14:12
 本間さんへ。私は昭島市在住です。職場も近くで、都心に出るのは月に一度ある
かないかというところでしょうか。
 こたつみかんさんへ。私の大学(一回目)の同級生も、かつての同僚達もみん
な、リストラがひとごとでなく、かつ住宅ローンを抱えてたりで大変なようです。
私は今は一応安定していますが、貧乏勤務医でして、いずれ開業に踏み切るとなる
とまた、大借金。危ない橋をわたって行かなくてはなりません。不景気っていやで
すね。バブルの頃が懐かしいです、悪い意味でも言い意味でも。

[1769] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/04 Thu 00:09:01
もう3月ですね。日ごとに春が近づいてきてるようで,すごく嬉しいです。
「李歐」読みました。どきどきさせる展開で,一気に読んでしまいました。
中心人物がみんな魅力的で,すごく気に入りました。高村薫の他の作品も
読んでみようと思うのですが,お勧めのがあればどなたか教えてください。

村上春樹の短編が原作の,「100%の女の子」という映画があるって
聞いたんですけど,どの短編が原作かご存知の方いらっしゃいます?
今週末に東京国際フォーラムで上映されるみたいなので,見に行こうと
思ってるのですが・・・

>本間さん
「50円玉」,単行本しか出てないんですよね?うちの店にはなかったので,
図書館で借りようかな,と思案中です。ぽかちゅーって,すごく奇妙な飲み物です
ね。ポカリスウェットとお酒を一緒に飲むと吸収が速くて危険らしいです。
どっちにしろ,生まれも育ちも九州のくせに焼酎は飲めないので,ぽかちゅーを飲
むことはないでしょう。

>こたつみかんさん
つまみの本,おいしそうですね。どかんと作って,飲まれたんでしょうか。
ふくおかっこのこたつみかんさんは,焼酎と一緒につまみをつつくのですか?
お酒のあとのラーメンって,美容の天敵ながらもすごくおいしいですよね。
そしてやっぱり,ラーメンはとんこつですよね。

[1768] のた さん(crazy4i@so.hot.co.jp) 1999/03/03 Wed 23:51:10
うーむ 風邪ひいたかな

島田荘司「異邦の騎士 改訂完全版」読み終わりました。
これで御手洗潔シリーズは全て読んだことになる(はず)なのですが,
この作品を最後に読んだのは,ある意味正解でした。

こうなると改訂前のも読んでみたくなるというのが人情でしょう。

いまジュールヴェルヌ「海底二万哩」を読んでいます。
これもなかなかグッドです。
しかしどーしても 海底二万哩→GAINAX→DAICON3 という
マニアック(というかオタキッシュ)な連想が頭から離れず少々困っていま
すが。

[1767]にしむら さん(v-west@mars.dti.ne.jp) 1999/03/03 Wed 21:49:04
わたしのCD-RはTEACの「6」倍速です・・・。
いつも微妙なところで本間さんに負けてる(笑)。

今読んでる本は、天童荒太、久々の新刊である「永遠の仔」です。
もしかして傑作かも、と言う気がしてますが、上巻のカバー折り返しに
書いてあるストーリー紹介だけは先に読まないようにして下さい。
いきなりネタばれしてます。何だかなぁ>幻冬舎

[1766]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/03 Wed 19:06:57
 ヨドバシとラオックスとTWOTOPを1時間半さまよってCD−R買ってきま
した。8倍速のプレクスターのやつです。さて、今から早速取り付けて焼いてみま
す。でもこんなものを買うより先に後ろが破けたパジャマを買う方が先のような気
がする今日この頃。

◎ごえす・かすさんへ
 「美意識たい」、これが私の麻雀の考え方の基礎になってます。ツモのみなんて
上がりません。小島武夫は今でも私のヒーローです。阿佐田哲也は一通り読みまし
たが、最近出た「病葉流れて」白川道、小学館はそれを越えうる魅力を持ってます
のでぜひご一読を。どちらにお住まいか分かりませんが、いつか打ちましょうね。
それにしても純正2回は凄い。私は普通のが1回だけです。

◎ももさんへ
 JRAのは凄いですよ。前作「タカフミ様」も妙ですが、ますます変です。6時
からのフジのニュースで入ります。もしくは「スーパー競馬」。
 だんごは今日CD発売のようですね。今度見てみます。明日は勤務だから0時5
0分からのが見られそうですし。

◎こたつみかんさんへ
 私はつまみって作ったことないです。出来合いのものか、コンビニで買ってきた
ものをつまみにするので、ぜひ本屋で探してみますね。
 しかしあのCMを朝から見ると脱力しそうですね。ディープな競馬ファンは「メ
ス4歳鹿毛馬」とか普通に言うんですけど。
 「閉鎖病棟」は心に沁みます。特にラストが。「めぞん一刻」はマンガ文庫だか
デラックス版だかが出ていると思ったので両方チェックしてみて下さいね。

[1765] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/03/03 Wed 17:35:49
 今日はなんと福岡は17度もあるのです。春ですねー。本屋さんで大槻ケンヂ君
の新刊「のほほん日記ソリッド」を買って、うきうきです。(ツアーも決まった
し。幸せだあ)はずみで「ドカンとうまい、つまみ」なる料理本までも買ってしま
いました。文化出版局の料理本は、装丁とタイトルにつられて買ってしまうんだけ
れど、ハズレたことはないです。新社会人になってはじめての一人暮しなんていう
方にもおすすめです。ドカンと作って今日も飲むことにします(笑)

>桜花賞のCM。
  すごく笑えますよね。毎朝の楽しみにしています。フジのめざましTVの時間
 帯に見ることができますよ、ももさん。

>ごえす・かすさん。
  波瀾の人生歩んでいるんですねえ。わたしはプータロー→H務省某局→プータ
 ローという後ろ指さされる人生送っています。「差し押さえ」「競売」なんて聞
 くとどきどきです。世の中がこんな不景気になるなんて、辞表書くときには考え
 てなかったんだもん。ああ、明日はどっちだ?

>本間さん。
  年齢のことは冗談ですから、気にしないでくださいね(笑)精神年齢は16位
 から変わらないようなんですが、社会的年齢は、脂肪がつくようにじわじわとき
 ますね。肉体的には、お腹と二の腕にきてますねえ(泣)
  「閉鎖病棟」ぜひ読んでみます。「めぞん一刻」古本屋さんで探しているの 
 ですが、なぜか1巻だけないんですよー。ないとなると、ますます読みたくなっ
 てきちゃいます。ああ、明日はどっちだ?

[1764] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/03/03 Wed 03:35:51
《本間さん》
JRAの桜花賞より笑えるのかどうかはわかりません。
だってそのCMみたことがないんですから。
だんごは一度くらいは見ても損はないと思います。
3/4 0:50(NHK総合)、3/5 14:45(NHK教育)、3/7 10:55(NHK総合)
3/11〜「お母さんといっしょ」でみれるようです。
もちろんビデオにとってアニメーション付でチェックしましょう(笑)
読書一筋(じゃないか)の本間さんの評価も気になります(笑)

《オザキさん》
タンゴとだんごはもちろんかけていますよね。曲がタンゴ調なのがいいです。
この曲を作った佐藤氏はゲームの「I.Q」なんかも作ったしホントすごいで
す。
およげたいやきくんの疲れた感じよりだんごのお気楽な感じのほうが
私は好きです。

《WAKAさん》
「蛇鏡」まだ途中なんですがいい感じですよ。
明日はいつもより長い時間電車に乗るのでたぶん読み終わりそうです。
長いといっても片道40分くらいなんですけれどね(笑)
高村薫は面白いですか?

《ういすけさん》
クラシカルバージョンって聴いてみたいです。
CDに入っているのかな?
明日発売のだんごCD買ってしまうかも(笑)

なんかだんごの話で終わってしまった‥‥ -◯◯◯- ‥‥‥。
今度は違うことを書こう‥‥‥-●●●-(あんだんご)。



[1763] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 1999/03/03 Wed 02:04:42
 本間さんへ。そうそう。そうでした。天、それに、はっぽうやぶれ。名作中の名
作を忘れてました。花島タケオが最後に蟹江との死闘に敗れて見せたあの笑顔、よ
かったですよね。となると、本間さんは阿佐田哲也の小説などもお好きでしょう
か?ちなみに私の打ち方は「攻撃は最大の防御なり」型。引きがあんまり強くない
タケオタイプ、とでもいいましょうか。それでも純正の九蓮宝塔を2回あがったこ
とがあります。いつか囲みたいですね。
 村上春樹とは最も遠い書き込みに終始してしまい、すみませんでした。

[1762]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/03 Wed 00:33:39
 さきほどホームページ容量が5M越えました。今ここの過去ログをニフティーの
サーバーに移したので解決しましたが、その間書き込んだ人がいたら無駄にさせて
ごめんなさい。

◎WAKAさんへ
 宮本輝の小説のようなお父さんですね。ブータンですか。古い王国、というイメ
ージですが、アジア系の顔つきなのですか。なるほど。以前実家に帰った時なぜか
ニュージーランドから来ている中学校の英語の先生がいて、オグリに勝った馬ホー
リックスと飛べない鳥キーウィの話をしてしのぎました。
 寒い時は暖かい缶コーヒー飲んだり、早足で歩いたりしてますが言われてみると
肩に力が入るかも。「リヴィエラ」は高村作品の中で一番読みにくかったです。面
白いんだけど、やはり人物の名前の覚えにくさはありますね。

◎ごえす・かすさんへ
 それはかなり波乱の人生ですね。何というか、凄いです。
 カイジ、アカギと来てなぜ「天」が出ないのか不思議です。あと何回も書いてま
すがかわぐちかいじの「はっぽうやぶれ」を越える麻雀マンガはもう出ないかもし
れないのでぜひご一読を。竹書房です。私はフリーに行っているどころかメンバー
して最高位戦プロ試験まで受けました。実技で惨敗でしたけど・・・。
 六三四の剣は懐かしいですね。盛岡で北上川を見ると思い出します。

[1761] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 1999/03/02 Tue 23:31:25
 本当にみなさん書き込みがはやいですね。
 ところで漫画ですが、私もおたんこナース、大好きです。歯科医師という職業
柄、(メーカーの宣伝部から出版社の営業、そしてプータローを経て歯医者へと、
私は迷走する人生を歩んでおります)医療分野を扱った読み物には比較的よく目を
通します。もちろんめぞん一刻にもはまりました。比較的最近面白いなと思ったの
は、寄生獣、ナニワ金融道(かつて自分も非常に困窮し、借金取りに追われ、家財
を差し押さえられたり競売にかけられたりした経験があるので身につまされまし
た。そんな状況をしのぎきる抜け道的方法をも今では数多く身につけておりま
す)、カイジ、右向け左、アカギ(最近、フリー雀荘には行かなくなりましたが、
一時期溺れていました)、ピンポン、家栽の人、などでしょうか。なお、私にとっ
て、博多っ子純情、六三四の剣、子連れ狼、の三作品は不動のバイブルです。あ
と、ディープなところでは青林堂の花輪和一、自殺した山田花子なんかも結構すき
です。子連れ狼は超アナクロと思われるでしょうが、最高にいいです。全14巻通
して一気に読むと人生観が変わります。読んでいない人にはぜひ、お勧めします。


[1760] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/03/02 Tue 23:03:15
 こんばんは。3日も見ないとすごい書き込みの量なので、ついて行くのが大変で
す。
 昨夜は父がブータン人の研修生の方をうちに招待したので、大掃除でてんやわん
やでした。日本には、遺跡や遺物の保存・修理の技術を勉強しに来られているので
すが、ブータンの人は日本人に近い顔立ちなのでとても親しみやすかったです。
前に来たモロッコ人の方はもろにヨーロピアンのお顔立ちでしたが・・・。
 今日はお休みだったので、船場の問屋に買い物に行ってきました。慣れない大阪
市内を運転したのでかなり疲れました。それにしても路上駐車の多いこと!日々車
で営業している人は本当に大変なんでしょうね。
>本間さん
 寒いときって、知らないうちに肩に力が入ってたり歯を食いしばってたりしませ
 んか?そう言うときすごく肩が凝るんですが、私だけ?
 因みに今日の大阪は14度まで気温が上がり、すっかり春の陽気でした。
 高村薫はちょうど今「リヴィエラを撃て」を読んでます。日本人より外国人の登
 場人物が多いので、ちょっとペースがおそめです。カタカナの名前はやっぱり苦
 手なんです。
>オザキさん
 浅田次郎ってやくざだったんですか?「鉄道員」で泣かされた私はちょっとだま
 された気分です。
>ももさん
 私も「蛇鏡」買ってあります。まだ読んでないけど楽しみです。また感想書いて
 くださいね。
>子供時代の読書
 幼稚園のころは福音館書店の絵本を良く読みました。「シナの五人兄弟」とか知
 りませんか?小学校では「ぐりとぐら」「いやいやえん」「ふしぎなかぎばあさ
 ん」高学年になると乱歩 の明智シリーズ、佐藤さとるのコロボックルシリーズ
 など。そう言えばコバルト文庫の氷室冴子や新井素子は女のこの間で大ブームで
 した。
 「かぎばあさん」がかぎっこの男の子にハンバーグを作ってあげるくだりがすご
 く印象的で、今でもハンバーグを見るとかぎばあさんのことを考えてしまいま 
 す。

[1759]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/02 Tue 18:58:37
 今やってる仕事がちょっと進んだので元気になってきました。今日こそ家に帰っ
たら更新します。

◎田崎さんへ
 27日は多分夕方6時頃から、場所はみなさん一番帰りやすそうな新宿が良いか
と思います。参加希望の方は今の内に場所や趣向をリクエストして下さい。ここの
とこ村上さんと関係ない場所が続いたので、少しは関連した事をするといいかも。
去年断念した青山のジャズが聴けるバーで飲むというのもいいのですが、高く付き
そうですね。

◎のたへ
 だと思ったよ、ネタ元。それとさり気なく3万円のプレゼントの話をかわしてる
し。まあその話は今度会ったときにでも。
 正当派ではないけど、ラブストーリーとしても面白いのが「闇の楽園」。正統派
の美女と行動的だけど笑うと素敵な子に同時に出会った主人公のおたおた振りに共
感出来ます。今年出た本では今のところマイベスト小説。

◎スノウさんへ
 高村薫の合田刑事シリーズは「マークスの山」「照柿」とありますから順番に読
むのがよろしいかと。それと下の方の部分がちょっとねたばれ的なので帰ったらそ
の部分を削除させていただきます。ご了承下さい。
 で、その部分への回答。高村薫はそういう展開好きです。わりといろいろな作品
で見ますし。

◎ういすけさんへ
 お疲れさまでした。だんご三兄弟に関しては今日テレビでやってましたが、去年
出た「クリック」という短編集が元ネタだそうです。CMプロデューサーが書いて
結構話題になった本ですが、好きな方はぜひどうぞ。
 谷崎は実は未読です。私も今度読んでみます。

[1758] ういすけ さん(s952427@titan.tohtech.ac.jp) 1999/03/02 Tue 11:23:54
はぁ、やっと上までたどり着いた。皆さん書き込みのペース早いですよ。

>だんご三兄弟
 私は以前から”みんなの歌”フリークで、この歌もお気に入りだったのですが、
こんなに話題を呼ぶとは思いませんでした。やっぱり私には先見の明がないらし
い・・
 どうでもいいんですけど、昨日まで実家に返っていました。そして、近所のヨー
クに行ったところ、だんご三兄弟クラシカルバージョンが力強く流れていて、力が
抜けてしまいました。

>谷崎潤一郎
 まず初めに、絶版本の情報は本当に不確かなので、気にしないでください。どな
たか否定してくれないかなぁ、と思って書き込みしてしまったヤツなので。
「細雪」読破しました。もう、谷崎=耽美 という先入観で、敬遠していた時間
が、今はもったいなくて仕方ありません。日本語ってこんなに趣深いものだったん
だと、なんだか盛り上がっています。これからは、地道に古本や巡りをして集めよ
うと思います。 

[1757] スノウ さん(naomi-nt@iss-net.ne.jp) 1999/03/02 Tue 02:07:10
>きゅうさんへ
カロリーヌを知っている人がいて感激です。
復刻版は 装丁が今風なので 以前の本より もっとおしゃれです。

この掲示板を読んでいる方達ってやっぱり子供の頃からの
本好きなんですね。
私は子供の頃、本を読まないと眠れませんでした。
本好きというより 活字中毒と言う感じです。

>田崎さん
だんごは1回聴くと歌と映像に釘付けになってしまいますよね。
ところで 「だんごのこと」とか 「鯛焼き」とか
なにも知らない人がよんだら・・・。何の事かと思うとおかしくって
笑ってしまいました。

>本間さん
高村薫の「李歐」おもしろそうですね。私も読んでみよう。
レディジョーカーを読んですっかりファンになってしまったのだけど
次に何を読んだらいいのかわからなかったので。

結構 高村薫って漫画好きだったりして
テレビで インタビュー受けているのを何回か見ましたが
クールなふりしても かわいいところがあるように思えました。

[1756] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/03/02 Tue 01:42:38
今日は暖かくて良い日でした。春が待ち遠しいものです。

>本間さん
その口調は創りすぎッス。
ちなみに最近の私のお気に入りは,スタパ斉藤の口調ですかね。
もう最強に強まってスゲエすげえんだよ兄貴ッくわッ!って感じです。

いやだからそんなことはどうでもよく。

「ぼくを探しに」はラブストーリーではないです。ラブストーリーは「おお
きな木」の方なんですが,もしよろしければそちらもプレゼントさせていただ
きます。いや変な意味でなく。
しかし最近正統派ラブストーリー(笑)って読んだ記憶がないなぁ。
CD−Rの事は近い内にまたメールしますね。

>オザキさん
いや170時間ってかなり多いと思いますよ。
私の勤めているところが一日平均10時間くらいだから*20で200時間。
たぶん水準としては,かなりイっている方なので,それと大差ないオザキさん
は,はっきりいってスゴイです。(笑)
でもよく考えれば,昼夜関係なしに勤めている医療関係や流通関係その他
もろもろの職種の方たちなんかも大変なのでしょうね。
まったく頭が下がる思いです。

[1755] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/01 Mon 23:49:57
>本間さんへ
昨日Mark(アメリカ人)からオフミ誘いへの返事来ないと書きましたが、今日”絶
対行きたい”という返事が来ました。27日か?いつ、どこで、いくらか?予定が
合えばもう一人(日本人の女性だそうです)連れていくと書いてます。とりあえず
日にち以外はまだはっきり決まってないと返事しときますが、それでいいですか?
>だんごのこと
”鯛焼き”に比べると大人が共感できないというのは、確かですね。でもあのころ
より世の中が軽いし、流行を煽りたてる手法は進んでいるような気がします。だか
ら”鯛焼き”を超えることは無いでしょうが、そこそこ行くんじゃないでしょうか
?

[1754]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/01 Mon 23:13:12
 ついさっき「李歐」を読了。92年に「我が手に拳銃を」として出された高村薫
の小説を文庫化に伴い、大幅に加筆修正したものです。多分、高村薫最初で最後の
青春の物語。やっぱりいいなあ、高村薫は。

◎こたつみかんさんへ
 ああ、そういう意味で書いたのではないのです。あくまで私自身の話です。でも
自分が20歳の時と比べ、今いる地点はどれだけ先に進んだろうかと思うと、あま
り変化がないかもしれませんね。
 帚木蓬生は私も全点好きです。この一冊となると「閉鎖病棟」を挙げてますが、
「三たび」もいいですよね。

◎オザキさんへ
 今回の報道合戦は凄かったですね。東北大でも手術が行われたのですが技術的に
は従来の移植とそんなに違わないというコメントが出てました。レシピエンドの人
の今までの苦労を思うと、少しでも役に立つのはいいことですね。ただ、提供時期
などは地域格差を始め、不公平がないシステムを作る事が先決でしょう。そして反
対する遺族などの意見も尊重する事が大事だと思われます。
 小田実は私も読みかけです。この作品と五木寛之の「シベリア」はよく引き合い
に出されるので読んでおきたい一冊です。
 私の労働時間は書いていいのか分かりませんが日勤が8時間*12日、夜勤が6
時間30分*8日、休みが10日、残業が平均10時間で148時間。ほら、オザ
キさんの方が長いでしょ。編集以外の部署はこんなもんです。

[1753] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/03/01 Mon 21:39:06
3チャンネル教育テレビを見ることが趣味(?)の僕は、以前から「だんご三兄弟
」の存在をぞんじておりました。
(なぜなら僕は教育学専攻。実地調査は欠かせません)
あれって、やっぱり「タンゴ」と「だんご」をかけているのですよね。
でも、「バザール」のCMと同じ作曲者とは知りませんでした。
第二の「およげたいやきくん」になるかどうかは微妙ですね。「たいやき」の方は
大人にも通じる普遍性のようなものがありましたが、今回のにはあまりそれが感じ
られませんから。

今の関心はドナーカードに僕も意思を表示するかどうかです。今回の件を見ている
と、提供者の家族にものすごい負担がかかってしまっているようなので少し考え物
なのですが。
でも、朝日新聞の社会面に載っていた肝臓を移植されることになった男性の談話を
読んでいてかなり心が揺らぎました。僕の心を揺るがせたのは提供者とその家族へ
の感謝はもちろん、このケースを次につなげるために自分も頑張る、というコメン
トでした。
こんな僕でも、死んだ時に誰かの役に立てるのならとても光栄なことです。
ドナーカード、成人式のときに貰ったんですよ。こんなささいなことから何かのき
っかけになれればいいなと思っています。

現在、小田実の「なんでもみてやろう」を読んでいます。旅行記としては「深夜特
急」には勝らないけれども、決して劣らない面白い読み物です。特に「深夜特急」
ではあまり扱われていなかった西欧の記述がいいです。

>本間さん
少し前の話ですが、僕の総労働時間は月にせいぜい百七十時間程度です。
学生としてはたしかに多いかもしれないけれど、正式に勤めてらっしゃる方には及
ばないでしょう。

[1752] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/03/01 Mon 19:27:45
 「だんご」ブームですね。わたしも仕事中、頭の中で鳴り響いてました。(おか
あさんといっしょを見た訳ではないですが)
 今日は帚木蓬生の「三たびの海峡」を、鬼のよーな勢いで読了しました。(仕事
中)若者たちにぜひ読んでもらいたいです・・なんて何歳なんだろう、わたし。
 
>本間さん。
  100%のものを夢見ることができるのは、やはり強さと若さが必要なのかも
しれませんね。(わたしはまだ40位じゃないですけどね。ぷんぷん)
 ちなみに新郎はただの酒のみおやじです。
 
>きゅうさん。
 わたしもとんだ酒のみ女です。大学1年の新歓コンパで4年生の先輩をひきずっ
て帰り、「ノミカさん」というあだなまでつけられました。(酒のみのミカさん、
の略です)格好いいと言われたことは・・・ないですね。くすん。


[1751]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/01 Mon 18:47:36
 最近日々退屈だな。会社ばかりにいると飽きる。まさに文化的雪かき。

◎田崎さんへ
 いや、やくざという訳ではないのですが色々な事をして生活していたようです。
 「私が彼を殺した」ってそんなに話題になってるんですか。同様の趣向の前作は
そんなに話題にならなかったのに、これは「秘密」効果でしょうか。

◎tbさんへ
 だから何でそんなに評判になっているのか不明です。単に私があまり熱心に他の
書評サイトを見ていないだけなのかな。田崎さんにも向けて念のために。このシリ
ーズは東野作品には珍しく加賀刑事というシリーズキャラクターがいます。まあ別
にそれを読んでなくても分かると思いますが(多分)。読後の解釈、楽しみにして
ますね。

◎きゅうさんへ
 朝6時まで起きている事はあっても決してその時間に起きることはない私です。
 「50円玉」は本屋でバイトしていた若竹七海が、ある日不思議な事に遭遇した
実話を元に一般読者、プロ作家を交えての解決編競作短編集です。これは面白いで
すよ。
 私も単に飲むのが好きなだけなので、同じ傾向の女性を格好良く思えるだけかも
しれないですね。私の好みでは得体の知れないポカチュー(ポカリスエットの焼酎
割り。美味いのか?)などを飲む人よりは、ビールやウィスキーを飲む女性の方が
断然格好いいです。

◎ももさんへ
 そんなに笑えるのですか。JRAの桜花賞CMより笑えますか?
 板東眞砂子気に入りましたか。何よりです。「蛇鏡」はラストへ向けての展開が
好きです。何というか、奈良や高知はあの方言で舞台効果抜群ですね。

[1750] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/03/01 Mon 17:57:34
「だんご3兄弟」の補足
3CHのおかあさんといっしょで見れます。今月から復活したようです。
1日2回見るチャンスがあります。
また見たいなぁ。


[1749] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/03/01 Mon 17:52:58
さっきはじめて「だんご3兄弟」を聴きました(笑)
すごーーーーく笑っちゃいました。
バザールでござーるのCMを作った人が作った歌なのですがさすがです。
頭ん中がダンゴ♪ダンゴ♪になっちゃいますね。
いやーいいもん見させていただきました(笑)

《本間さん》
「蛇鏡」読みはじめました。こういうの好きです。
小池真理子より坂東真砂子のほうが好きかも。

《きゅうさん》
おたんこナースもとても愉快なマンガでしたね、もちろん読みましたよ。
もとネタの本は読んでいないでそのうち読みたいな〜と思っています。

《田崎さん》
中華全般が嫌いなんでしたっけ?
ラーメンと餃子が得に嫌いだったような?
フォーラムのどこかに嫌いな理由を書いていたような気はしますが
覚えていません。


[1748] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/03/01 Mon 02:36:08
今日はバイト先の棚卸でした。久しぶりに朝6時に起きて(笑)行ってきました。
日当を貰ったので,お気に入りの古本屋さんに行って8冊ほど購入しました。
どれから読もうかな。

>スノウさん
「カロリーヌ」シリーズ,私も子供の頃大好きでした。
今でも実家に何冊か置いてあると思います。
私にとって,あれは外国への憧れを作った本でした。
登場人物もかわいいし、外国の様子も知ることができたし,いい絵本ですよね。
復刊されてたのは知っていたので,読んだことのないものを今度読んでみたいと思
います。

>本間さんへ
「50円玉20枚の謎」読んだことないです。
気になるので,明日さっそく探してみます。
お酒の強い女性が格好いいというのは,きっと本間さんがお酒好きだから思えるん
じゃないでしょうか。
私の周りの男の人たちは,一緒に飲んでて,私がちっとも「気分が悪い」とか「も
うお酒いいです」といわないので,こいつはかわいくないと思ってるみたいです。
格好いいなんて一度も言われたことないです。
酔っ払ってはいるんだけどなあ。いいもん,どうせ酒好きだもん。


[1747] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/01 Mon 01:27:04
忘れてた。

>オザキさん
僕も「ずっこけ三人組」のシリーズと「明智小五郎&小林少年」シリーズが大
好きで、ほとんど読みました。かなり僕の基礎的な好みに影響を及ぼしている
ような気がします。この前部屋の掃除をした時に、「ずっこけシリーズ」が出
てきたので、そのうち読んでみようかなと思ってます。

[1746] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/03/01 Mon 01:24:43
新井素子『チグリスとユーフラテス』を読了しました。ちょっと物足りないと
いうのが、正直な感想です。初めの三編は好きなんだけどな・・・

>本間さん
東野圭吾の「わたしが彼を殺した」というのは、噂のあれですね。僕も明日買
ってこようかと思っていたところです。時流に乗り遅れたくないので、読み終
わったら、メールのお返事とともに早速僕も自分の解釈を送りますね(笑)

>高橋絵美さん
ちなみに『ノルウェーの森』のハードカヴァーは、上下巻あわせて200円でし
た。1000円で売ってたのとの違いは、あの奇麗な帯がないこと。わざわざ文庫
で持っているハードカヴァー買うなら、帯も一緒に欲しいのですが、1000円は
高すぎるのでやめました。

>katzさん
ええ、まさに僕も頽廃的な部分に共通するようなとこがあるなあと思ってまし
た。僕は実は太宰は殆ど読んでないんですが、『走れメロス』以外の本を初め
て読んだ時は、ちょっとショックだったですよ。確か中学生か、高校の初めだ
ったような気がするけれど・・・
ところでRADIOHEADは僕も実は大好きなんですが、そのヴォーカルの弟君がや
っているバンドも凄く良くて、今度村上さんにおしえてあげよーかなーと思っ
てます。

>めぞん一刻
前も言ったような気がしますが、僕もめぞん一刻好きです。僕も宿命的とまで
はいわなくとも、運命的に好きです。

[1745] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/03/01 Mon 01:09:09
図書館で予約していた「本の雑誌風雲録」が来ました。同時に頼んだ「ループ」は
まだです。
>浅田次郎
あの人も元ヤクザだったんですか?
私は「蒼穹の昴」が好きです。
>児童文学
元ネタのカトリーヌは聞いたことあります(読んだかもしれない)。私の子供時代
はほとんど60年代ですが。
江戸川乱歩の少年探偵団は読んでます。しかし一番印象に残っているのはアーサー
・ランサムのツバメ号シリーズで、その他ドリトル先生やナルニア国など好きでし
た。
>本間さん
「私が彼を殺した」の趣向を別のサイトで知ってしまったので、私はしばらく手を
出さないと思います。でもすごい趣向だと思いました。
例のアメリカ人からの返事は一週間たってもこないので、多分どこかに出かけてい
るのでしょう。春休みですしね。

[1744]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/03/01 Mon 00:11:27
 さっきまで会社でプログラミングしていたのですが、危なく寝るところでした。

◎サリーちゃんへ
 その「大きな木」については私は知らないので、今度丸善で探してみます。
 「おたんこナース」は看護婦の間でも人気があったようです。少なくとも看護婦
をしている私の妹が言ってました。

◎bananafishさんへ
 てっちりは食べなかったんですか。やはり気楽に食べられる食べ物ではなさそう
ですね。文字化けの件は不明です。世の中には不思議な事が多々ありますから。
 その毎日がんがん飲んでいる女優はいい味出してますね。酒の強い女性はそれだ
けで格好いいです。

◎まるさんへ
 まさにその本です、私が飛行機の中で読んでいて泣きそうになった本は。親子の
愛情物はずるいよなあ。あの医者もなかなかいい味を出してます。
 「国境の南」は再読しても島本さんの正体は謎です。あそこまで追いつめられる
事情というのがやはりあるのでしょうね。

◎オザキさんへ
 私も今のより「プリズンホテル」が一番好きです。浅田次郎は一時期競馬プロだ
った、とあちこちに書いてますが鷺沢萠のエッセイを読む限り、麻雀もかなり好き
みたいですね。
 「レ・ミゼラブル」は子供向けのを読みましたが、それでも「理不尽だなー」と
思いました。
 有馬温泉。ええそうですとも、思ってましたとも。セザール!(のた風)

◎のたへ
 なんかのたの文体流行ってるんだけど(笑)。
 「ぼくを探しに」ってラブストーリーなの? だったら「星新一ショートショー
ト全集」3万円でも可。買おうと思ったけどさすがにほとんど持っている本を買う
のは躊躇してます。
 CD−Rに関しては知りたい事と違うので改めてメールするね。

[1743] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/28 Sun 23:38:59
土曜日は16時間ほど寝ました。

>本間さん
ああ 「法月綸太郎の冒険」だったんですか。すっきりしました。
ありがとうございます。
私なんかでよろしければ「ぼくを探しに」をプレゼントしましょうか?
普段お世話になってますから,そのお礼ということで。
男が男に「ぼくを探しに」をプレゼントするというのも,なんだかちょっと
イヤ〜ンな感じがしないでもないですが,ある意味美しい風景かもしれない
ないのでこの際考えないことにします。
どんな意味で かは知りませんが。(笑)
CD−RWについてはメールしておきました。

[1742] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/28 Sun 22:25:33
浅田次郎って「鉄道員」がいまだにかなり売れているそうですね。最近の浅田さん
の著作は「狙い過ぎやろ〜」というのが多いのであまり読んでいません。
面白いのが直木賞をとるかなり前の、ヤクザからちょっと足を洗った頃の作品。
二千万円パクって殺されかけたとか、50時間連続して麻雀をしつづけ、最後に字
一色四暗刻単騎を上がって決着をつけたとか、麻布の高級マンションを借りたら(
なんでも高級マンションというのは警備がきちんとしているのでヤクザの事務所に
適しているらしい)ワンフロア全部同業者になってしまったとか。
「殺られてたまるか!」という本だったと思うのですが、面白すぎてヤバイです。
「おっさん、涙もろくなてる場合とちゃうで〜」って感じです。

>本間さん
有馬温泉に効用はないって、もしかして有馬温泉に浸かると競馬運が上がるなんて
考えていたとか?……そんなことありませんよね。ええ、ありませんとも!(←の
たさん風)

>児童文学
小学生のときは「宝島」とか「三銃士」とかを読んでいました。あと、ずっこけ三
人組シリーズと明智小五郎のでてくる江戸川乱歩は全部読みましたね。
一番印象に残っているのが「レ・ミゼラブル」の簡潔版。文章もストーリーもしっ
かりしているので、大人でも読める内容だったと思います。ユーゴーの本場「レ・
ミゼラブル」は長くてややこしいので、こちらの方がわかりやすくていいかもしれ
ません。子供向けには「ああ無常」という題名で出版されていますが、あれでは物
足りないと思いますので。
「レ・ミゼラブル」はいいですよ。あれを読んで僕は仏文学を志したのですが……
いろいろあって断念しました。
それではみなさん良い夜を。ボンスワール!

[1741] まる さん(IZQ00277@nifty.ne.jp) 1999/02/28 Sun 20:09:17
浅田次郎の「天国までの百マイル」を読みました。くたびれた中年男が主人公で
なんだかなぁと思っていましたが、最後にはほろっとさせられました。
マリさんといい、お母さんといいやっぱり女の人はつよいですね。
春ももうすぐだし、ほんわかできる作品を見つけたいです。

話題の「国境の南・・・」も再読しました。何だか登場人物のそれぞれの気持ちが
わかる気がするのはそれだけ大人になったのかなぁ。
(私の中のお気に入り村上作品にはまたしてもランクインされませんでしたが。)
それにしても村上春樹の作品は本当にクラシックにジャズにと音楽がいっぱい
ちりばめられていますね。これらをBGMに再読するのもなかなか贅沢な
気分でした。

[1740] bananafish さん(c9701384@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/28 Sun 02:54:23
ちはーっす。実家で普段食わないまともな食事をしてきて
胃がもたれているbananafishです。
(でもてっちりは食わしてくれなかった(;;))
大阪では友達の学校にもぐりこんで(笑)書きこみしたんですが
文字化けしてしまいご迷惑をかけました。OSがちがうせいでしょうかねえ?
 遅くなってしまいましたがFしろさん、ぜひぜひ
大阪南軍団作りましょう!あ、でもぼく弱いですが(^^;
 くみさん、ぼくは天王寺では阿部野橋駅(天王寺の近鉄線での駅名です)
にある「あやとりの像」(あやとりしている、そのままやん)を待ち合わせの
場にしてました。そういや天王寺は変な像が多いですねえ。
 話はとびますが、3月1日のTIMEのアジア版のBOOKSで
村上さんが2/3ページほど取り上げられてました。
期待して読みましたがあんま大したこと書いてませんでした。
隣のHsu Chi(香港映画の女優らしい)のインタビューの
記事の方がなんぼか面白かったです。
(“You drink?" "I drink."
 "Hard alcohol?" "Yes." "How much?" "Every day.")
 明日からスキーです。脚折らん程度に遊んできます。

[1739] サリーちゃん さん(setoes@msn.com) 1999/02/28 Sun 02:53:28
ちょっと前の話になりますが、「大きな木」silverstein作は、私も好きです。洋
書では「The Giving Tree」です。私は京都の丸善で買いました。中学校の教科書
に載っていたぐらいのレベルです。
「Papa Told Me」を書いたささやななえさんには、幼児虐待のルポを漫画にした
「凍りついた眼」と「続凍りついた眼」があります。かなりきつい内容です。
「おたんこナース」は私も好きです。看護婦さんっていいですねぇー。注射と血が
嫌いな私にはとてもできない。

[1738]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/28 Sun 02:30:30
 話の枕。東野圭吾の新刊「私が彼を殺した」はちょっと趣向が凄いです。ミステ
リーファンはご一読を。そして私に解釈を教えて下さい。

◎ごえす・かすさんへ
 「ニューヨーク炭坑」は「中国行き」で合ってます。あの手法はそれらの作家と
共通するところがあるのですか。なるほど。この辺りに詳しいkatzさん、いかがで
しょうか?
 ヴォネガットは前に江口さんに勧められて「猫のゆりかご」を読みましたがなか
なか独特な小説でした。その「母なる夜」はいずれ読んでみます。

[1737]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/28 Sun 02:24:21
 結局灯油は買いに行けないまま今に至ってます。もう寝よう。

◎きゅうさんへ
 それはある意味凄いですね。だって文庫で売れているあんな作家やこんな作家よ
り村上春樹のような小説が売れるというのは、大学もまだまだ捨てたものではあり
ません、って凄いまとめ方だ。
 別に暇な時は話していてもいいのですが(私もよくしてるし)、彼とのデートの
話などをされるとその前の棚が見にくいのです。書店のバイトといえばねそのもの
ずばりの「50円玉20枚の謎」若竹七海、創元推理文庫は読みました?

◎オザキさんへ
 確かに大学生としてはかなり働いてますね。総労働時間は私より長いですよ。
 「国境の南」はなるほど、そういう見方もあるんですね。まああんなに劇的に人
生が変わる出会いというのはそうそうないでしょうけど。小説を読んでいて笑って
しまうのも泣きたくなるのも本当に困ります。
 有馬温泉、やはり効用はないですか。露天で秘境な温泉は東北、北海道にはたく
さんあります。電気来てないとことか、海に面しているとか。日高のある温泉は高
台の下が太平洋のため、男なら全裸で海に向かって「天下取ったる!」と叫びたく
なるそうです。

◎スノウさんへ
 その「カロリーヌ」は知りませんが、小学校位の時なら「モモ」とか「チョコレ
ート工場の秘密」とか「ぐりとぐら」とかポプラ社の江戸川乱歩とかが大好きでし
た。6年生の時はクリスティーと星新一を溺愛してましたね。何にせよ、今子供が
いる人は児童文学をもう一度追体験出来るので楽しそうです。
 紀伊国屋は言われてみるとそうですね。いずれはWeb上から在庫も検索出来る
ようになると思いますよ。

◎田崎さんへ
 今子供が3歳位の先輩がいるのですが、その人に解説されながらNHKの子供番
組を見ていたら妙なものが多いですね。音楽の番組でキャラクターが「ファド」と
か「ド」とか「レミ」とか。そのままや(笑)。
 私が「めぞん一刻」を好きなのはどうしてだろう。なんか宿命的に好きです。
 雑誌発表時と単行本時に書き直しがあるかどうかは作家に依存しています。それ
に加え文庫時に加筆訂正までする代表作家は高村薫です。今出ている「李歐」もそ
うですね。ただ後の方が当然完成度は高いので、後は早く読みたいかどうかの問題
でしょう。私は対談を読みたいので買うと思いますが。

[1736] ごえす・かす さん(kahtan@anet.ne.jp) 1999/02/28 Sun 02:08:19
 おかあさんといっしょといえば、あゆみあねえさんよりむしろちかお姉さんが気
に入っているごえす・かすです。こんばんわ。
 確か「中国行きのスロウ・ボート」だったでしょうか、中に「ニューヨーク炭坑
の悲劇」という作品があり、強く印象に残っていたので再読しようと思って探した
けれど、見つかりません。物語の最後に、それまでの話の流れとまったく異なる、
落盤事故で炭坑に閉じ込められた男達の会話が突然現れて消えます。いろんな思い
を喚起させる、何か凄みのある作品でした。一回しか使えないあのような手法をび
しっと鮮やかに決めたのはさすがだと思います。アップダイク、ヴォネガット、
カーヴァーあたりでもこの手法を使った作品がありそうだなという気がするのです
が、今まで読んだ短編に、そのような作品はありませんでした。もしどなたかご存
知でしたら教えていただけると幸いです。ところで私はヴォネガットの「構内の
鹿」という短編と、長編「母なる夜」が大好きです。心に沁みます。ヴォネガット
を未読の方は、ぜひこのあたりからお読みになってみてください。

[1735] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/02/28 Sun 00:59:13
NHKおかあさんと一緒 一月の歌「だんご3兄弟」がヒットの兆しです。3月に
CDとビデオが発売されます。だんごは果たして第2の鯛焼きになるか?  Real 
Playerがあればここで一部聞くことができます。
http://www.ponycanyon.co.jp/wtne/cdj/0303_dan.html
私の妻が「ノルウェイの森」を読みました(多分村上春樹初読)。世界には引き込
まれたけれど、主要な登場人物が自殺しすぎるのがちょっと気になるといってまし
た。若い人が読んだら厭世観を抱いてしまうのではないかと。ここに来ている若い
方々、そんなことってあります?
>ももさん
中国でも大都市ならば、トイレの仕切りくらいあります。でも扉がなかったり、あ
ってもちゃんとしまらなかったりするのもあります。街を歩くときはできるだけホ
テルのトイレを借りるようにするとよいです。
中華料理は毎日食べると油がきつくて嫌になります。やっぱり生まれ育ったところ
の食べ物が一番です。ところで春樹さんはなんで中華料理が嫌いなんでしょう?
>本間さん
古い話題で恐縮ですが、私も「めぞん一刻」大好きです。自分自身の学生時代と五
代君の学生生活が重なってましたし。
宮本輝の増刊号が出るとのこと。本になってから買おうかと書かれてましたが、多
分少し内容が変わってくると思います。少なくとも私が雑誌の増刊とそれの単行本
化を見たことがある椎名誠についてはそうでした。ですから正しいファンはきっと
両方買うんです。

[1734] スノウ さん(naomi-nt@iss-net.ne.jp) 1999/02/28 Sun 00:57:48
小さい頃 読んだ本で 思いで深い本ってありますか?
この間 新聞の本の広告のところで
70年代にはやった「カロリーヌとお友達」シリーズが
新装でまた出版されますというのを見ました。
私が子供の頃 大好きなシリーズだったので なつかしくて
さっそく 紀伊国屋bookwebで 注文しました。
今 見ても 絵も内容もすごくかわいい。
カロリーヌという女の子と 7匹の小犬とか小猫とか小熊 子ライオン 子豹が
いろいろな冒険をするのです。どなたかこの絵本 知っている方いますか?
この掲示板を見てる方達って70年代って存在してなかったのかな?

ところで こんなせこいこと考えるのって私だけかもしれないけど
宅配で本を注文すると1回につき何冊でも宅配料同じでしょう?
だからって1冊だけ注文すると何だか損な気がして
その辺の本屋さんで買えるものも一緒に注文してしまうのです。
そしたら 1番欲しい本だけ品切れでありませんと事後にメールがきて
どうでもいい本だけ届いちゃうとなんだか悲しい。
すごく損をした気分になります。

[1733] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/27 Sat 23:01:28
お久しぶりです。最近忙しくて本を読む時間がほとんどなかったので書きこみづら
かったのですが、もう大丈夫です。なぜならこれから夢の六連休!!
でもよく考えれば大学生って本来3ヶ月くらい休みなんですよね。
どうしてここまで働くのか自分でも不思議です。

>国境の南
これを読んだとき僕は高校三年で、正直言ってよくわかりませんでした。もっと大
人になったときに読み直してみるつもりです。その時にはものすごく実感が湧いて
くるのかもしれません。
この小説が優れていると思う点は、ひとりの「ふつうの」男が思春期を経て恋をし
て大人になっていく姿を描いていることです。人生の遍歴っていうのか、そんなも
のを辿っていけるのがすごく面白いです。
一番印象に残っているのが、「僕」がコンドーム(失礼!)を入手しようとしたシ
ーンです。代ゼミの早大プレテストを申しこむために窓口に並んでいた時にそのシ
ーンを読んでいた僕は笑いをこらえるのにかなりの努力を要しました。ピリピリし
た浪人生からは白い目で見られるし、偶然そこにいあわせた友達には「さっき変な
笑いかたしてたでしょ」と言われる始末でした。

>有馬温泉
親戚が近くに住んでいるため、昔はよく行きました。
競馬の有馬記念よりもこの温泉の方を先に知っていたため、どんな関連性があるの
かと疑ったことがあります。実際には何も関係ないそうですが。
有馬記念は有馬某という競馬界のお偉いさんの名前から取ったそうですね。
温泉、僕も行きたいです。箱根はちょっと飽きたのでマイナーな所がいいです。露
天で秘境っぽい温泉。どなたかブリリアントでベリーナイスなところをご存知ない
でしょうか。

[1732] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/02/27 Sat 22:43:37
うちの大学の生協では,村上春樹が昨年の文庫の年間ランキング1位をとったらし
いです。「ねじまき鳥クロニクル」が出たのが大きいみたいです。
でも,立ち読みしてる人とか見たことないんだけどなあ。
友達は,「ねじまき鳥」について,「ちょっといやらしいね」ともらしていまし
た。うーん。そうか,そういう見方もあったか。

>本間さん
私もよくしゃべってるので,耳が痛いです。気を付けなきゃ。
灯油が切れるのは厳しいですよね。サークルの部室の暖房器具がコルトレーンとい
う名の石油ファンヒーターで,灯油が切れると部室はシベリアになります。(笑)

>ももさん&こたつみかんさん
「おたんこナース」はもう読みました?「動物のお医者さん」に負けず劣らずなお
かしさです。二つとも,電車の中では読めませんよね。

[1731]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/27 Sat 18:27:43
 灯油がもうすぐなくなりそう。

◎WAKAさんへ
 なぜ暖かいと肩が凝らないんですか? 不思議。
 宮部みゆきは映画とS・キングとゲームが好き、と公言しているのでその辺から
の影響かと思われます。でもキングより後味はずっといいですけどね。

◎きゅうさんへ
 おお、書店員の鏡のような方ですね。こちらの地元書店のレジのバイトはおしゃ
べりばかりしていてとても本の在処を聞ける雰囲気ではありません。客注に関して
は角川書店が取り次ぎ通さずに直接書店に卸すという方式を始めてますね。私もど
うも取り次ぎのシステムが諸悪の根元ではないかと最近思います。街の本屋が金太
郎飴書店になったことも含めて。

◎tbさんへ
 「赤毛のアン」を読んでぜひほのぼのして下さい。
 「ピアノレッスン」は結構話題になりましたね。私も見ようと思いつつ今まで来
ています。
 村上さんの新刊については、あの小説を2つのタイプに分類する話が面白かった
ですね。まあ二元論はともかく、ある時期をターニングポイントとして村上作品の
在り方そのものの説明でした。

◎高橋さんへ
 私は洗濯より掃除をしないといけません。料理と洗濯は好きだけど掃除はなあ。
 書き込みが少ないと切ないですよ。枕を濡らして寝ます。正しくは「会社からゆ
っくり書こうと思ったときに少ないと残念」くらいかな。多くても少なくても誰か
書いてくれるだけで嬉しいです。

◎katzさんへ
 文学系の翻訳は時間がかかりますね。私の好きなミステリー系だとわりとすぐ出
るのですが、それは人気作家だけで人気のない作家はやはりタイムラグがかなりあ
ります。まあ気長に待ちましょう。

◎こたつみかんさんへ
 でもいつか100%のものに出会えることを夢見て、私は生きてます。80%や
90%はあるんですけど。失う事より得ることの方の嬉しさの方を取ります。これ
は純粋にその人の人生観の問題でしょうけどね。だから私は「国境」の島本さんに
は全く共感出来ません。40位になって再読すると変わるかもしれませんが。
 そのお二人幸せになるといいですね。きっと新郎はすごくいい方なのでしょう。

◎ういすけさんへ
 谷崎潤一郎は古本屋で全点入手出来ると思います。わりとよく見かけますし。新
刊書店では品切れもあるかもしれませんね。でも品切れの本を探すのはなかなか楽
しいですよ。私も仙台、東京と探して宇都宮で見つけた時は嬉しかったです。

◎ももさんへ
 もう春物の時期なんですね。春はいい季節です。
 CD−Rはデータのバックアップもあるのですが、音楽CDをコピーしてオリジ
ナルアルバムが作れるという事を知って以来欲しくなってます。私はオーディオが
好きな癖にカセットデッキは面倒だからないし、DATは売っちゃったし、録音メ
ディアがないんです。この前のスキャナーみたく、衝動買いしそうで怖いですが、
ここまで来るときっと買っちゃうことでしょう。
 サン・ジョルディはキリスト教の聖人なのでしょうが、なんで本なのかが不明で
す。もっと地道に本を売る努力をした方がいいような気が・・・。

◎くみさんへ
 卒論お疲れさまでした。銀色夏生は女の子に絶大な人気がありますね。
 「国境の南」は票がなかなか入らず、たまに入れてくれた人には「私も再読して
以来好きになりました」とコメント付けてます。長編群では独特の位置を占める作
品だと思いますが、あの静謐さというのはやはり好みが分かれるかも。
 兵庫で温泉といえば有馬がありますね。名前故に、一度行ってみたい温泉です。

[1730] くみ さん(9573230s@maiggate.kobe-u.ac.jp) 1999/02/27 Sat 15:22:49
くみです。やっと、卒論を提出しました。
この一週間卒論のため、このページにも来ることができず
皆さんの話題についていくのが大変です。
それでも、遅ればせながらちょこっと書くことにしよう!

♯本のプレゼント
 中学生のころは、銀色夏生がはやっていてその詩集を親友にプレゼントしま
した。あと、イギリスに留学する友達に「国境の南、太陽の西」をプレゼント
しました。どちらも、すごくよろこんでもらえてうれしかったな。
♯「国境の南、太陽の西」
 もう、私はこの小説が大好きで本間さんの作品アンケートにももちろん一番
好きな小説に挙げました。私からすると、”怖さ”というのはほとんど感じ
ず、淡々とした文章なのに心に直接響く感じがして、とりあえず印象が強いん
です。忘れられない、再読したくなる、そんな本です。
♯「ピアノレッスン」
 これも、私の中では「国境の南、太陽の西」と同じ感じかたをした映画で
す。怖さときれいさを合わせたような、ダイナミックではないけど、なにかし
らのメッセージが心に入り込むような。
♯「春琴抄」
 高校生のとき、クラスでこれを演劇にして発表しました。ちなみに、私はお
琴を習う生徒の役でした。(笑)谷崎潤一郎のは描写がきれいでいいですよ
ね。絶版の作品なんてあるんですか?私は知らないけど、そんなのきいてし
まっちゃ、私まで気になるじゃありませんか。 >ういすけさん

私は、卒業旅行には行けません。研究のため。しくしく。
でも、温泉でもドライブついでにいこうかな。


[1729] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/27 Sat 15:07:35
よく買う洋服屋さんから春物入ったよ〜とハガキが来てからしばらくたつのに
なかなか買いにいけません。
あたしもCD-RW欲しいです。昨日ほど欲しいと思ったことはありませんでし
た。MOのおたんこなす。くすん。ノートン・ユーティリティももっとがんばっ
てほしかった‥‥。MOに入っていたデータ‥‥1/3くらいは死亡してしまいま
した‥‥。わーん。
そのせいではありませんが、今週も土日はお仕事です。うーん。

《本間さん》
あーありましたね、そのような日が。本間さんに言われるまで忘れていまし
た。その日の事を世の中のどれくらいの人々が認知しているでしょうね。
あたしはサン・ジョルディなる人の事はなーんにも知りません。
でも知らなくて困った事はありません(笑)
香港ドルってそのような状況なのですね。いいんですかね、そんなんで。

《田崎さん》
中国という国は好きでないけれど、中華料理は大好きです。
中国貨幣情報ありがとうございます。お札は基本的にばばっちい物ではありま
すが、中国はとくに汚そうです。(偏見)
トイレの仕切りぐらいはそろそろ普及してるのでしょうか?

《のたさん》
いえいえ、どういたしまして。
あれは本間さんがオリジナルだったのですか(笑)
「おおきな木」は読んだことあります。でもあとがきは何が書いてあったのか
さっぱり覚えていません。この話も男の人の方が好きなような気がします(笑)
ちなみにグリコアーモンドキャラメルはアーモンド4倍のやつが好きです。

《こたつみかんさん&きゅうさん》
あっ、そうでしたね。松苗あけみでしたね、失礼しました。
こたつみかんさんがゴムパッキンとか書くから読み返しちゃったじゃないです
か。でもでも何度読んでも楽しいです。
続きを描いてほしいですよね。ハムテルお医者さん編が読みたいです。




[1728] ういすけ さん(s952427@titan.tohtech.ac.jp) 1999/02/27 Sat 13:00:43
お久しぶりです。ういすけです。
何度か覗いてはいたのですが、書き込みするほど体力とか時間とかがなくて、ずっ
と書き込みしてなかったような気がします。そして今日も後十分で、私は出かけな
くてはいけない・・・でも、何だか寂しいので、ちょっとだけ書きます。

 最近、谷崎潤一郎にはまっています。
以前に「春琴抄」を読んで、とてもいい感触を持ったのですが、それ以来全く読ん
でいませんでした。それが古本屋でたまたま「細雪」を手にして読み始めたら・・
まだ途中なのですが、これもとてもいい!!
これから集めて、他の作品も読もうともくろんでいます。
ただ、気になるのは、「谷崎潤一郎?あれ、なんか絶版のがあった気がする」とい
う、友達の言葉・・・・これは本当なのでしょうか? 

[1727] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/02/27 Sat 12:59:09
 「国境」再読しました。やっぱり時をおいて読み返すと、以前読んだ時の印象と変
わりますね。・・・・うまく言葉にできないけれど。現実の世界に近すぎるのが、
いやなのかもしれない。お金のこととか。私は、人は欠落した部分を抱えて、それ
を埋めるものをいつでも求めていて、でもきっと100%のものはないんだー、と
思っています。もしも欠落した部分にぱちんとはまる誰かと出会ってしまったら、
島本さんが考えたように、死を考えそうな気がします。100%が永遠に続くとは
思えないし、失うのはもっと怖いし。ふう。何年かたったらまた読もう。自分が年
齢と共に変わっていくのを確かめることができそうだー。
 という感じです。ごえす・かすさん、奥さんに勧めてもいいと思いますよ。有紀
子さんにはハジメ君との未来があるじゃないですか(笑)

 さて、今夜は元職場の上司と後輩の、結婚お祝いパーティです。新郎45歳・新
婦24歳!(村上さんの苦手な)中華を食べまくって、呑んだくれて、新郎をひや
かしたおす予定です。

[1726] katz さん(katz@rose.plala.or.jp) 1999/02/27 Sat 12:06:36
 春樹さんはジョン・アーヴィングの新作を読んでいるみたいですね。
翻訳されるのはいつのことやら。9年ぐらい前にでた前作もまだ未訳なので
アーヴィングの新作が訳されるのは2010年位なのでしょうか。ふわぁぁ・・。

★ tbさん
 フィッツジェラルドと太宰治ってなにか共通するものを感じます。そこにルキ
ノ・ヴィスコンティをいれると堕落派3人衆完成(笑)ですね。
 「若い読者のための短編小説案内」は取り扱われているテキストを集めるのが結
構大変でした。近くの図書館ではぜんぜんカバーできなかったので紀ノ国屋BWで取
り寄せお金がかかりました。まあ庄野潤三や長谷川四郎に出会えたのでよしとして
います。ねじまき鳥のノモンハンの場面と長谷川四郎の世界は微妙にだぶります。
 ピアノレッスンは音楽がいいですよね。音楽といえば春樹さんはラヂオヘッドが
好きらしいですが、OASISあたりも聞くんでしょうかね。

 1998BEST CDに春樹さんが選んでいた「WILCO&BILLY BRAGG」とはどんな人
たちなのでしょう?知ってる方いらっしゃったら教えてください。


[1725] 高橋 絵美 さん(emirinnomori@mug.biglobe.ne.jp) 1999/02/27 Sat 04:10:40
 今、雨がふってます。朝になったら洗濯しようと思ったのに、無理っぽいで
す。

>tbさん
 『ダンスダンスダンス』のハードカバー上下巻セットで500円はおいしす
ぎます。

>きゅうさん
 私が勝手にこう思うのですが、苦労して本を得た時の喜びは、簡単に手に
入った時のそれよりも、はるかに上だと思うんです。だから、そんなに気にす
ることではないのかもしれません。

>本間さん
 変なことを尋ねますが、書き込みが少ない時は、それなりにせつないものな
のですか??

>こたつみかんさん
 「稚加榮」の字は、そういう字でしたか。忘却とは、悲しいものですね。3
月の末に、福岡に帰ることが決定しそうです。1年ぶりなんで、かなり楽

[1724] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/02/27 Sat 01:29:06
バイト代が入ったその足で古本屋さんに行き、10冊ほどまとめ買いしてきまし
た。フィッツジェラルド作村上訳の『マイロストシティー』、村上春樹『若い
読者のための短編小説案内』、新井素子『ひとめあなたに・・・』、モンゴメ
リ『赤毛のアン』、太宰治『人間失格』、中井英夫『人形たちの夜』、あと『
ダンスダンスダンス』のハードカヴァー上下巻セットが500円で売ってたので
それも買いました。まあ色々と買ったもんです。

今は新井素子の『チグリスとユーフラテス』を読んでいます。久しぶりに読む
とちょっと文体的にひっかかるところがあるんですけれど、相変わらず切ない
です。女性作家の書く切なさというのは、全部が全部そうとは決していいませ
んが、肉感的な部分があってほんとに切ない気分になるような気がします。

今日は「ピアノレッスン」と言う映画をみました。なんだか凄かった。そうい
うしかないです(笑)

村上朝日堂の新刊についての話でかなり安心した・・・というか、凄く期待が
膨らみました。初めは”STYLISH”と言う説明に不安を持っていたのですが、
ああいう意味だったんですね。何て言うか、『風の歌を聴け』もこの系列上に
ある作品の気がします。まあ、実際に読んでみるまで、真相は闇の彼方なんで
すが・・・。

[1723] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/02/27 Sat 01:06:59
 私は本屋でバイトしてるんですが,お客様に本の在庫を訪ねられて検索した結
果,本が店においてなかったりするとすごく申し訳ない気持ちになってしまいま
す。たまに,「これは切らしちゃいかんだろう」というような本が棚にもストッ
カーにもないときがあるんですが,それに気付いたときはがっかりです。所詮バイ
トの身,発言力はゼロに等しいので,せめてお客様から客注を承るようにしてるん
ですけど,本は注文してから来るのが遅いので,またまた申し訳なく思ってしまう
んです。

>こたつみかんさん
オースター読みました。実は私,オースターは初読みで,ちょっと慣れるのに時間
がかかりました。しかも,オースターを読もうとしたきっかけは,『ルル・・』の
中にジャズが出てくることと,オリーブで紹介されてたってことなんですよね。
おもしろかったです。設定をのみこむまでは?って感じだったんですけど。じーん
と来ました。石がかなり重要なポイントです。って,何のことだかさっぱりです
ね。ごめんなさい。人に感想を伝えるのがどうも苦手で,月並みなことしか言えな
いのです。




[1722] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/02/27 Sat 00:27:01
 こんばんは。今夜は割とあったかいので、肩がこらなくてご機嫌です。早く春に
ならないかなあ。
 <蒲生邸事件>昨夜読了しました。奇しくも2/26!因縁めいたものを感じまし
た。宮部みゆきと言う人は、超能力にそうとう興味があるようですね。勢いで<鳩
笛草>も買ってきたので、今日からとりかかります。
 

[1721]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/27 Sat 00:19:53
◎こういちさんへ
 早速行ってみました。この手のページは更新が大変だというのは経験上知ってい
ますが、どうか頑張って更新して下さいね。

[1720]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/27 Sat 00:18:18
 今日は書き込み少ないですね。

◎こたつみかんさんへ
 この小説からの引用ですが、と前置きするだけでもいいような気がします。まあ
何にせよ、それが善意に向かう出来事だったらいいのではないでしょうか。悪意は
もうたくさんですしね。
 おでんといえば、仙台の有名店も大阪の有名店も大して美味しくないと評判です
し、やはり普通の店で食べる方がいいですよね。元々高級食じゃないし。
 「国境」、私は再読したら印象が変わりましたが、人それぞれですから色々な感
想がある方が自然だと思いますよ。

◎村上朝日堂
 の村上ラジオが更新されてますので、みなさん見てみて下さい。コードネームの
件は応募が多くて難航しているようですよ。
 なお、新しいスタイリッシュな長編は4月刊行だそうです。
 

[1719]こういち さん(chronicle@po.teleway.ne.jp) 1999/02/26 Fri 23:30:13
こんばんは。ホームページ作りました。
村上春樹好きの、個人的なページです。
好きな本の第1回は「風の歌を聴け」、第2回は「1973年のピンボール」・・・
あと、ミッシェルとブランキー好きのページです。

[1718]こういち さん(chronicle@po.teleway.ne.jp) 1999/02/26 Fri 23:30:07
こんばんは。ホームページ作りました。
村上春樹好きの、個人的なページです。
好きな本の第1回は「風の歌を聴け」、第2回は「1973年のピンボール」・・・
あと、ミッシェルとブランキー好きのページです。

[1717] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/02/26 Fri 18:52:57
 福岡は今日も雨です。「日経01」という雑誌を読んでいたら、気になる記事があ
りました。「インターネットは癒しの場や心を語るメディアになり得るか」という
コラムだったのですが、「自殺を考える」目的の掲示板に、生きようとする自分の
決意を書き込んでいる子がいて、その内容が「風の歌を聴け」に出てくるDJへの
手紙とうりふたつだった、ということでした。それを書き込んだ子は善意だったの
だろうけれど、自分の言葉で語った方がいいんじゃないかい?と思いました。うま
く言えないんだったら「風」の何ページを読め!といってもいいんだし。自分の言
葉で何かを伝えるのは、ほんと難しいけれどねえ。うーん。

>高橋絵美さん。  もちろん明太子は「稚加榮」ですし、ラーメンは細打ち固め
 んです!福岡でフリーターっていうのはおすすめできませんが(笑)

>のたさん。
 「銀河鉄道の夜」映画は観ました。ほんとにばっちりマッチしてグーでした。
(笑)3800円のまんがは、勇気がなくて買えないです。
 スーツのジャケットのことを「背広」とサラリと言えるようになったら、もうま
 ちがいなくオヤジですが、エプロンのことを「まえかけ」と言えるようになると
 おばさんです。ハンガーはもちろん「えもんかけ」です。

>ももさん。
 「純情クレイジーフルーツ」は、松苗あけみですね。あれもおもしろかったです
 ね。「動物のお医者さん」といえば「犬の口にはゴムパッキン」ですね。(笑)

>きゅうさん。
 「Papa told me」いいですよね。わたしはゆりこちゃんファンで 
 す。「アンダーグラウンド」を読了されたんですね。すかさず「約束された場所
 で」を読んでみてください。(もしかしてもう読んでるのかしら)被害者の方、
 オウムの人たち、わたしたち、の間には、ほんとーにちょっとの差しかないのか
 も、って気がします。河合隼雄さんと村上さんの対談が、すごくいいんですよ。

>本間さん。
  なんだかいっぱい書いちゃってすみません。おでんは屋台で食べるのが最高で
 すよ。がんもときんちゃくが好きです。(なんかわたし食べ物の話多いなあ)
  「国境」再読中ですが、やっぱり???です。全部よんでみないとなんともい
 えないけれど。





[1716]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/26 Fri 04:32:26
 仕事帰りにコンビニでおでんを買って食べました。熱くて美味しかったです。

◎きゅうさんへ
 ああ、それは幸せな一日でしたね。うとうとして、というところが特に。
 「アンダーグラウンド」を読んで初めてPTSDという症状があるのを知りまし
た。日本では心理面の病気がなかなか理解されないので被害者の方は社会からも被
害を受けていることになります。なんだかやりきれないです。
 新潮の日めくりは私も愛用してます。でも余白が少ないのでメモ代わりにならな
い点が残念。

◎やまとさんへ
 そうなんですよ。結構書き込みされる方が代々変わっているのです。みなさん卒
業とか結婚とかで忙しくなったのかな。たまにでもいいから書いてくれると嬉しい
のですが。
 めめちゃんの話題としては、小説誌に断続的に書いている麻雀短編が早くまとま
らないかなと思ってます。完成したら史上初の女性麻雀小説となるのですが。

◎のたへ
 ここでは真面目な文体で書くようにしているのでそういう事を言わないように。
「ぼくを探しに」、私にも下さい。代わりに梅田香子の「勝利投手」を上げよう。
 法月綸太郎の沢田穂波さんが出てくるのは「法月綸太郎の冒険」。図書館シリー
ズは連作となってます。なんかあの件がスランプの理由の一つになっている気がし
て後味悪い一件でした。「新冒険」での復活を待ち続けてもう何年になるかな。
 私用ですが、CD−RWについて知りたいので音楽CD書き込みについて詳しく
メールで教えてね。特に音楽CDからの取り込み方と焼き方。

[1715] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/26 Fri 02:33:59
今週末は自分のしたいことをいっぱいするぞ。うん。

>ももさん
わざわざ口調をまねて頂いてありがとうございます。(笑)
でもあれは本間さんがオリジナルだったりするのです。
「ぼくを探しに」「ビッグオーとの出会い」のシリーズも面白いのですが,
私は「おおきな木」という絵本が,シルヴァスタインの作品で一番気に入
っています。
まずなにも考えずに読んで,訳者あとがきを読んでから再読するとさらに
深みが増します。一粒で二度おいしい作品です。

>本間さん
質問なのですが,法月倫太郎の作品で図書館司書がでてくるのって
何でしたっけ?例の,日図協からクレームがついたやつなんですけど。
この前ふと気になって,それ以来頭を離れません。ご存じでしたら
教えて頂けないでしょうか。

[1714]やまと さん(yamato@seaple-n.icc.ne.jp) 1999/02/26 Fri 01:03:28
お久しぶりです。
久しぶりに来てみたら、掲示板に書いてらっしゃる方の
顔ぶれがずいぶん変わっていて驚きました。

さて、鷺沢萠さんの小説が(ついに、というかやっとと言うか)4月に
刊行されるそうです。タイトルは『遮断機(仮題)』ホラー色のある
短編集になるさうで、どんなものなのか非常に楽しみです。
あと文芸誌「新潮」4月号に、中編小説が掲載されるらしいです。
こちらもまた読むのが楽しみですネ♪

でわまた。

[1713] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/02/25 Thu 22:00:39
 今日は風が強かったけれど,昨日とうって変ってよいお天気でした。窓際のベッド
の上で,のほほんと本を読んだりうとうとしたりして幸せな一日でした。学生の役
得ですね。春休みは宿題もないから最高です。
 『アンダーグラウンド』読了しました。分厚い本だけに読むのには時間がかかり
ましたが,読み始めたらとまりませんでした。あの事件が自分の予想を越えて悲惨
だったこと,まだ苦しんでいる人たちがいることをほとんど知らなかったので,驚
きの連続でした。いろいろ他にも思ったんですけど,うまく言葉にできません。と
にかく,ショックでした。
 年末に新潮文庫のYonda?君の日めくりカレンダーを買ったんですが,ぜん
ぜん日めくりしてません。今日見たら,17日までしかめくってませんでした。い
つもまとめてめくってしまう。ずぼらなだけってこと?
 漫画は,連載中のものでは榛野なな恵の『Papa told me』が一番好
きです。それ以外では,『動物のお医者さん』かな。読みながら大笑いしてしまい
ます。



 

[1712]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/25 Thu 21:41:16
 佐藤多佳子の「しゃべれどもしゃべれども」を読み終わってから会社来たのです
が、余韻がまだ残ってます。いい小説を読んだ後は幸せですね。

◎ももさんへ
 書店業界も「サン・ジョルディの日」なるものを作っている割には今ひとつ普及
しませんね。やはり「サン・ジョルディって誰?」という基本的疑問があるし。
 オフはあと一ヶ月もあるので近くなってからでいいですよ。高尚な話には酔って
いるとならないので大丈夫です。
 香港ドルは発行銀行によって何種類もあるので、どうも偽造しやすそうな気がし
ますね。

[1711] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/02/25 Thu 17:43:24
>ももさんへ
中国の外貨兌換券は確か94年に廃止になりました。中国の常でいきなり廃止を告
知したものだから、外資系企業の人たちは随分あわてたらしいです。
今は外国人も中国人も同じ人民元を使ってます。あのお札って汚いんですよね。
中国のことだったら2年間住んでた私に聞いて下さい。(答えられないことも多い
と思うけど・・・)

[1710] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/25 Thu 04:05:51
本ってプレゼントとしてあげた事ないなぁ。
プレゼントとしてもらった事もないなぁ。
読み終わった本ならもらったこともあげたこともあるけれど。

《本間さん》
東京も降るかなーと期待していたのに雪にはなりませんでした。
オフ会の出欠の件はギリギリまで待ってください。
たぶん大丈夫だとは思うのですが‥‥。
ここは賢そうな方ばかりなので高尚なお話しになったら寝たふりしているかも
しれません(笑)
ちょっと前の話ですが元っていけそうですね。
人民元ってもうないんでしたっけ?今は外国人も中国人も同じお金を使うん
でしたよね?香港ドルは見た事ないです。
万里の長城はゲームの中だけでいいです。(トゥームレイダース2)

《高橋絵美さん》
次に読む本、私の場合その時の気分しだいです。
なんにも考えてないだけかもしれません。

《のたさん》
「ぼくを探しに」持ってます。残念ながら自分で買ったものです(笑)。
ええ、かいましたよ、かいましたとも、自分で‥。(←のたさん風)

《こたつみかんさん》
吉野朔美って純情クレイジーフルーツ描いた人でしたっけ?
純情クレイジーフルーツは面白かったです。
私のベストは「動物のお医者さん」かなぁ。
シベリアンハスキーをみかけると今でもチョビだ〜っと喜びます。
佐々木倫子のセリフの間の取り方?って好きなんです。
もう一つあるけどそれは内緒です(笑)




[1709]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/25 Thu 01:53:29
 雪は雨に変わりました。山下達郎のきっと君は来ないー、の逆バージョンだな。

◎のたへ
 確かに最近聞かないね、背広。
 私の蔵書管理は、エクセルで縦軸に作家、横軸に文庫出版社・ハートカバーでや
ってます。現在2千3百冊。私の人生の目標蔵書数は5万冊。「五万と本を読んだ
なあ」と言うのが理想。読書記録の方はTHE CARDというカード型DBでや
ってますが、発売元アスキーなのでバージョンアップされるかどうか不安。

◎宮本輝ファンの方へ
 明日というか25日付けの朝刊に新潮社の広告が載っていたのでお知らせ。
 宮本輝特集の「月刊新潮増刊号」が出るそうです。「流転の海 第四部」連載ス
タートが目玉で、後は宮本輝論とか対談など。3月上旬発売で値段は千円。
 でもこういう体裁って、後で本になってからまとめて読むべきか、とりあえず読
むべきか悩みますよね。

[1708] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/25 Thu 01:15:10
今週はずっと外回りの仕事です。
着慣れていないスーツを着ると,肩が凝ってしょうがありません。
しかしスーツのことを「背広」というとオヤジ臭いのはなぜ?

>オザキさん
確かに掲示板など,HPっぽい作りになっていますね。<FF8
しかし仕事柄か,「作りの良くないユーザーインターフェースだなぁ」など
と思ってしまうのは,きっと私が大人になったからか,単なる職業病なの
でしょう。(笑)

>こたつみかんさん
私のオールタイムベストマンガは,ますむらひろし の「銀河鉄道の夜」
です。題名の通り,銀河鉄道の夜を始め宮沢賢治の作品を漫画化したものです
。
大学一年の時に大枚3800円を,清水の舞台に放火する思いで購入したもの
です。ますむらひろしのファンタジックな絵柄と宮沢賢治の世界がバッチリ
マッチしてなかなかグーです。(←頭の悪そうな文章だ)
ちなみに,ますむらひろしは映画版銀河鉄道の夜のキャラクターデザインや
ハウスシチューのTVCMに出てくる猫(ヒデヨシ)の作者でもあります。

◎HP作成が全然進まないので,頭に来て蔵書管理データベースを作って
しまいました。著者名や作品名を50音順にソートでき,全文検索もできる
なかなかにイカシたヤツです。もっとも作成したのはデータベース自体で,
中身は空っぽですが。(笑)
なんか意欲のベクトルを間違えてるってば>私

[1707]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/24 Wed 21:40:21
 雪が積もったら車で帰れないので困るなあ。

◎オザキさんへ
 私たちの世代がちょうど「タッチ」が爆発的に流行った頃高校生位で、アニメ化
されたら、フジテレビのスーパータイムで「南ちゃんを探せ」コーナーまで出来た
ほど人気がありました。ちょうど麻雀しながら見ていて「どこが」といつも突っ込
んでいたのを覚えてます。しかし今でも同じ内容を書いているあだち充はある意味
凄いですね。

[1706]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/24 Wed 21:34:56
 今日はみぞれっぽい雪です。

◎ごえす・かすさんへ
 それって形を変えた惚気ですよ。何にせよ仲がいいのは良いことです。
 異性を傷つけることに対する捉え方は性別より性格に負うところが大きいでしょ
うね。こればっかりは致し方ない問題です。無意識の内にしてしまう事が多いとこ
ろが怖いですし。

◎きゅうさんへ
 絵本はいいかもしれませんね。誰か私に「ぐりとぐら」をプレゼントしてくれた
らすぐ好きになってしまうのに。
 その映画館での話はなかなか強烈ですね。でも楽しそう。私も結構そういうのは
好きです。東北大は発表じゃなくて二次試験だったのかも。車は首都圏だと実用的
じゃないですしね。でも夜の首都高走るととっても綺麗ですよ。

◎こたつみかんさんへ
 再読しました? たまねぎのみそ汁って実家では飲まないですね。別に青森でた
まねぎが取れない訳じゃないんですけど、ポピュラーじゃなかったです。
 先日の日記にも書きましたが私のオールタイムベストマンガは「めぞん一刻」で
す。次点で「寄生獣」。3位に細野不二彦の大人向けのマンガ。

◎高橋さんへ
 金星の話は今日初めてFMで聞きました。明日見られるといいですね。
 カクテルは普通のところで飲むとそんなにこないけど、いい店で飲むと結構酔い
ます。多分分量を守って、かついい酒を使うからでしょう。ちなみにロングアイラ
ンドアイスティーというカクテルは半分くらいがアルコールなので避けた方が無難
です。私でもかなり酔っぱらいます。

◎スポニチ
 台湾で人気がある日本のアイドル「麻里麻里」についての連載企画を読んでいた
ら、この子は膨大な読書量を誇っている女の子だそうです。「初期の村上春樹作品
を連想させる無力感が話をしていて現れている」みたいな感じで書かれていて「ふ
ーむ」という感じです。でも小説マニアのアイドルがいたら面白いかも。ちなみに
この人は日本では売れているのかな?

[1705] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/24 Wed 21:14:50
しばらく見ていないと読むのが大変です。

>スノウさん
タッチの南ちゃんとドラえもんのしずかちゃんですか。面白い表現で笑ってしまい
ました。でも、南ちゃんはかっちゃんの死で傷つき、しずかちゃんはのび太という
ストーカー(?)に何度も入浴シーンを覗かれてけっこう傷ついているのではない
でしょうか。
タッチの再放送、3回目くらいですがまた見ています。何度見てもいいですね。野
球ファンには「このマンガで野球は恋愛のモチーフに成り下がった」という意見も
あるようですが、80年代っぽくって僕は好きです。

>FF8
にコンピューターを起動できる場所があるのですが、そこで見ることのできる内容
がHPっぽくて面白いです。作者は絶対にHPを意識しているのだと思うのですが、ど
うでしょうか>tbさん、のたさん

[1704] 高橋 絵美 さん(emirinnomori@mug.biglobe.ne.jp) 1999/02/24 Wed 20:37:24
 昨日の夜と、今日の夜は、金星と木星が接近して、非常に近くに見えるそう
です。「明日ゆっくり見ればいいや。」って思って昨日ちらっとしか見なかっ
たら、今日はなんと雨。ちょっとショックです。

>こたつみかんさん
 博多っこなんですか??奇遇ですねえ。私も、去年の春まで15年間福岡市
に住んでましたよ。今は大学に通うために名古屋にいます。福岡はいいですよ
ね。最近、「福岡に帰ってフリーターしよっかなあ」なーんて考えたりしま
す。もちろん、そんなことはできませんけどね。いつかは永住地に決めている
福岡に帰りたいです。
 ちなみに、「やまや」の明太子のコマーシャルは、名古屋でもやっていま
す。でも、味は「知香栄(漢字あってたかなあ?)」が一番だと思います。
ラーメンは、渡辺通の「赤のれん」が好きですね。名古屋では、まだおいしい
とんこつラーメンに出会っていません。とんこつラーメンの基本は、細打ち固
麺です。

>きゅうさん
 昨日、家の近くで梅が咲いているのを見かけました。なんだかうれしかった
です。春は、もうすぐそこにいそうです。

>本間さん
 お酒には、結構自信があるほうなんで、大丈夫だとは思いますが、気をつ

[1703] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/02/24 Wed 19:45:18
 こんばんわ。今日は雨降りです。話題になっているので、今から「国境の
東・・」を読み返してみようかな。初読のとき、あまりいい印象もたなかったの
で、再読していないんです。年月たって読み返すと、変わるものだし。(そういえ
ば村上作品で一度しか読んでないのはあれだけかも。)

>本間さん。
  マイベスト朝食は、ごはんと、たまねぎのお味噌汁と、納豆と明太子です。
(博多っ子なので)

>スノウさん。
  同年代(!)なのでしょうね。えへへ。がんばりましょう。(何をだろう?)

>高橋絵美さん。
  私もそう思いました。この掲示板って、居心地の良い部室、みたい。うれしい
なあ。

>きゅうさん。
 ポール・オースター良かったですか?私は映画「スモーク」観て泣いちゃった奴
ですが、原作は読んでないんです。(原作者ですよね?)感想をきかせてくださ
い。

 さて、今からダ・ヴィンチのFAXアンケートを書かなくちゃ。「人々の琴線を
揺さぶるマンガ」についてです。やっぱり吉野朔美と高野文子だなー。皆さんはど
んなマンガがお好きですか?   

[1702] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/02/23 Tue 23:49:03
 皆さん,本のプレゼントについていろいろ書いてくださってありがとうございま
す。私はよく絵本をプレゼントします。値段も手ごろだし,みんな結構喜んだり懐
かしがったりしてくれます。本屋さんではラッピングしたりもしますので,よろし
ければどうぞ。
 テスト及びレポートがすべて終了し,春休みに入ったため昨日本を買ってきまし
た。『アンダーグラウンド』とポール・オースターの『ルル・オン・ザ・ブリッ
ジ』の文庫2冊です。オースターの方は,映画を見に行こうと思ってるうちに終
わってしまったので,文庫で我慢しようと。横浜で再上映してくれないかなあ。
 映画といえば,昨年サークルの人たちと15人くらいで大挙して「ブルースブラ
ザーズ2000」を見に行ったことがあります。映画館の一列にずらっと座って,
大盛り上がりでした。まるでコンサート状態で,「ジョシュアー」「ディジョネッ
トー」という感じで叫び,JBが出てくれば拍手をし,かなりノリノリでした。金
曜の最終回で,他にお客さんはほとんどいなかったから良かったようなものの,普
通に考えたらかなり迷惑ですよね。普段は一人で行くのですけれど。

>本間さん
東北大って発表早いですね。うちの大学はあさってから前期の入試が始まります。
あと,実は私免許持ってないんですよ。書き込みを見ると,確かに持っているよう
に書いてありますね。うまくその状態を説明できなかったので,ああいう書き方を
してしまいました。すみません。免許とる予定も今のところないんです。横浜で暮
らすぶんには車って必要じゃないので。そのぶん実家に帰ると不便です。

>高橋絵美さんへ
本当に,そんな感じです。今まで,夏が長く冬暖かいところに長い間住んでただけ
に,こっちの四季の移り変わりのさまには少し驚きつつ暮らしてます。山田詠美読
んでるんですか。高校生の頃良く読んでましたけど,私は『僕は勉強ができない』
が一番好きです。

>こたつみかんさん
私も好きな作家の本をあげたことがあります。ついこの間も実家に帰ったときに妹
に『ノルウェイの森』をあげました。まだ感想は聞いていませんが。

>のたさん
図書券,いいですね。値段がいくらかすぐわかっちゃうのが難点といえば難点です
が。おつりもでるし。でももらったらかなり嬉しいですよね。私の場合,もらった
ら写真集とかちょっと高いものを買います。

[1701] ごえす・かす さん(kahtan.@anet.ne.jp) 1999/02/23 Tue 23:48:30
 きゅうさんへ。実は私も「国境の南」好きです。でも妻にはあんまり勧めたくな
い。自分の内面の深いところにある、知られたくないある種の感情を、彼女に覚ら
れそうだから・・・。ちなみにうちのかみさんは超能力者か、と思うほど私の心を
見抜きます。彼女に言わせると「あなた、考えてること全部、顔に出てるもん」と
のことです。

[1700] ごえす・かす さん(kahtan.@anet.ne.jp) 1999/02/23 Tue 23:30:18
 本間さん、スノウさんへ。「国境の南」は男と女ではやっぱり違う読み方となる
のでしょうか。面白いですね。異性を傷つけるということをどうとらえるか、こ
の、シンプルな命題について久しぶりに考えました。かつて盛んに異性を傷つけ、
傷つけられる日々を過ごしていた頃「ノルウェイの森」の永沢さんという登場人物
に似ているとかつての彼女に言われた私ですが(そう言われたこと自体はまったく
の誤解だと思いましたが)、その頃のパワーと鈍感さ、あるいはそれに相反する繊
細さはいったいどこにいっちゃったことか・・・。

[1699]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/23 Tue 18:33:24
 休みだったので駅前まで買い物に行ったらやたら高校生が多く、合唱団や応援団
までいました。そうか、今日は東北大合格発表か。

◎こたつみかんさんへ
 その「日本の朝ごはん」、私も読みたくなりました。マイベスト朝食はごはんが
2杯とみそ汁とのりと卵焼きとたらこかな。
 その直感方式、結構楽しいですよね。だんだん世界も広がっていきますし。

◎WAKAさんへ
 その繋がらないのはAPの電話番号が変更になっているか、接続している人が多
すぎて繋がらないかどちらかです。「蒲生邸事件」は宮部みゆきSF路線の佳作で
すが、私もひそかに好きだったりします。演劇の値段はそんなもんですよ。4千越
えると「高いなー」と思います。
 「たぬ」は6フロアまで行きましたが「チンイツを上がれ」で難航してます。

◎くつさんへ
 確かに早いですね、「バースデイ」。「ハーメルン」は島田荘司特別賞でしたっ
け? 大賞作「闇の楽園」に載っていた選評は読みました。でも「闇の楽園」がい
た以上、相手が悪かったですね。

◎のたへ
 私も上旬に札幌行き、中旬に泊まりで温泉、下旬で東京の予定だったんですが、
資金難のため札幌を断念。活き毛がに、食べたかったなあ。
 という訳で今度会うのは6月あたりに名古屋で会いましょう。ただし私が人事異
動になってなかったら。それまでにヴィレッジバンガード本店把握しておいてね。

◎Fしろくんへ
 ヨーロッパですか。もう出発したんでしょうね。いいですねー。美味しい食べ物
をたくさん食べてきて下さい。
 私は旅行記を読むのが好きなので、旅行系のHPはわりと見ています。自分でも
書きたいのですが、海外へはなかなか行けないので難しいですね。ぜひHP作って
下さい。

◎tbさんへ
 阿刀田高は大学の先輩なのです。もっとも4年制になる前、しかも上野にあった
頃だからほとんど別物ですが。
 新井素子は感想に書いた通りです。構成は好きなんですけどね。でもこれは私自
身の変化によるところが大きい問題かな。

◎高橋さんへ
 ピナ・コラーダは甘口で飲みやすいので女性向きでしょう。ただカクテルという
のは村上作品にも出てくる通り、女性を酔わせるのが本来の目的なので結構アルコ
ールは強めです。みなさん気を付けましょうね。
 いい人が多いかどうかは分かりませんが、みなさん村上ファンという共通項があ
るため、話しやすいというのはありますね。

◎スノウさんへ
 そういえば、大学生が多いですね。きっと日本で一番通信環境が整っているのが
大学だからでしょう。
 顔文字は最近見ないですね。一時期すごく流行ったのですが。私も時々つい使っ
てしまうのが()内文字。(笑)とか。文章で表現しきれない所が弱いですね。

◎文庫おすすめ
 今日本屋行ったら文春文庫の新刊で「少年時代 上下」マキャモン、が出てまし
た。何回かこの掲示板で取り上げましたが掛け値なしの傑作です。ぜひご一読を。
扶桑社や創元でも文庫復刊フェアをしていて、品切れだった文庫が復活していたの
は嬉しい限りです。

[1698] スノウ さん(naomi-nt@iss-net.ne.jp) 1999/02/23 Tue 16:06:47
なんやかやで忙しいと ここの掲示板も見るだけで
書き込む気力がなくなっていました。

>こたつみかんさん
風の歌を聴けからリアルタイムで村上春樹を読みつづけているって
たぶん私と同年代、大学生が多いここの掲示板ですが
がんばりましょうね。なんて、なにを・・・?

>ごえす・かすさん
国境の南・・ですけど、女性の立場からするとあんまり怖いって感じ
ないですよ。冷たい言い方だけど あの女の子は あの主人公の彼の
しうちが もしなかったとしても いずれああいうふうになる人だと思うのです。
ノルウェイの森の 女の子も言っていたけど 思春期にきちんと傷ついて
おかないと大人になってから問題がおこってくるのじゃないかな。
そういう意味で タッチのみなみちゃんとかドラエモンのしずかちゃんは
危ないと思います。

>高橋 絵美さん
ほんとここの掲示板にくる人 いい人ばっかりみたい。
記号で顔つくる人もいないし・・・・
これもひとえに本間さんのお人柄のせい?

[1697] 高橋 絵美 さん(emirinnomori@mug.biglobe.ne.jp) 1999/02/23 Tue 14:49:35
しばらく来ない間に、私の、「次に読む本をどうやって決めますか?」という質問
に皆さんがいろいろ答えてくれていて、本当に恐縮です。ありがとうございます。
今日は、本屋に行き、友人にすすめられて「蝶々の纏足・風葬の教室」(山田 詠
美)を買ってみました。3月2日が締め切りのレポートが、まだ二つも手付かずの
まま残っているのですが、とりあえず読んでおこうと思います。

>こたつみかんさん
確かに、村上さんの作品を読んでいたら、ビール、飲みたくなりますね。特に、鼠
の三部作を読んでいるときに私は飲みたくなります。ピナ・コラーダにも興味があ
ります。

>きゅうさん
温泉に浸かってお酒を飲んで・・・。最高ですね。日本に生まれてよかった。って
感じですかね。

>本間さん
ここに来る人は、いいひとが多いみたいです。


[1696] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/02/23 Tue 01:20:17
阿刀田高の『ギリシャ神話を知っていますか』を読んでいます。ちょっとずる
いよな・・と思いつつも、ユーモア溢れる文章なのでついつい読みふけってし
まいます。

>日蝕についてまとめて
あまり長く書くわけにもいかないのでコンパクトにまとめますと、控えめに言
って傑作だと思います。村上さんが自分のHPで、「僕のやろうとしているのは
あるいは簡単なカラマーゾフを書くことなのかもしれません」とおっしゃって
ましたが、平野啓一郎のやろうとしていることは「難しいままのカラマーゾフ
」を書く事なのかもしれません。もちろんテーマなどは各々まったく違います
。どれが凄いとかそういうのは置いといて、ドストエフスキー、村上春樹、そ
して平野啓一郎と、やろうとしている方向性においてはある共通点を僕は感じ
ます。それは僕の勝手な見解なのでどうでも良いのですが、とにかくも『日蝕
』は留保・条件なしで素晴らしいです。あるいは彼の意識の高さは、ツァラト
ゥストラを書いたニーチェのそれにも似ているかもしれませんね。また、キリ
スト者の目を通していますが、神学の話というよりはある普遍的な志向を目指
していますので、敷居の高ささえ気にしなければ誰もが考える事の出来る内容
になっていると思います。とまあ、こんなところですか。結局長くなってしま
いましたが、これでも全然言い足りてないと思います。というか、文章で『日
蝕』を評する事が出来るのか・・・と言うのに疑問を持ってしまいます。でも
この説明はまた長くなるので、すっぱり割愛(笑)

>本間さん
と言うわけで、新井さんの新刊を買いました。さわりの部分を読んだだけでち
ょっとぞくぞく来てしまいました。どうしようもないサガです(笑)今読んで
るのが終了次第、読もうと思います。

>WAKAさん
そうですか。筑紫さんも絶賛なのですか。僕は基本的に評論やマスメディアの
話題は気にしないのですが、それでもさすがだなあと思います。言葉は難しい
ですが、50頁も読めば慣れるので、たぶん大丈夫と思いますよ。

>のたさん
FFのカード集めはオモシロイですね(笑)僕は結局10枚ほど足りませんでした
。GFはすべて持っていますので、解らなかったらメールででも聞いてください
ね。日蝕の方は上を読んでください。

[1695] Fしろくん。 さん(6may@rinku.or.jp) 1999/02/23 Tue 01:18:55
3かほどみてないと、すごい量ですねえ。やっと読み終わりました・・・。
さて、明日からヨーロッパへ行って来ます。卒業旅行です。南のほうを廻るつもり
です。シチリアから北上して、南フランスへ入り、そこからスペインに入ります。
約20日間。ほとんど宿も決まってないし・・・。シチリアの火山、噴火しそうだ
し。(笑)大丈夫かなあ・・・。

私は普段、日記というものを全然かかないのですが、旅行へ行ったときだけ、書き
ます。学生時代の旅行は一冊の日記帳に全部書かれてます。良い思い出になります
よ。もし、自分のHPがもてたら、旅行記のようなものを作りたいなあ・・・。
って、誰が読んでくれるんだろう、と思わないでもないですが。

帰ってくるのは3月14かです。そのころにはまたこの掲示板はいっぱいになって
るんでしょうねえ・・・。
ではまた。



[1694] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/22 Mon 23:45:54
>tbさん
そうですかー 「日蝕」はそんなにすごったんですかー。
いずれ読もうとは思っていたんですけど,予定を早めてみようかな。
ちなみにFFは,私はDISK3でカード&GF集めをしていて,全然先にすすんで
いません(笑)

>きゅうさん
私が昔 人にプレゼントしたのは,シルヴァスタインの「ぼくを探しに」です。
かなりお約束ですね。(笑) あと本ではないのですが,中学校の時に
わたせせいぞうの「ハートカクテル」をプレゼントしたことがあります。
ちなみに私は「誕生プレゼント なにがいい?」と聞かれるといつも
「図書券」と答えています。しかもコンマ2秒で。(笑)

>こたつみかんさん
そうですか 大槻ケンヂの曲からなんですか。
あの人の本はまだ読んだことがありませんが,幸いにも家に「ぐるぐる使い」が
転がっているので,読んでみますね。

>本間さん
うーん うちは有給ってありませんしねえ。(笑)
しかも3月の連休は旅に出ようと思っているので,先立つものが・・・・
もっとも連休の旅はポシャる可能性が大ですが。
「異邦の騎士」は完全版じゃないヴァージョンを読んでないので,ちょっと
わかりません。できればそっちも読んでみたいと思っているのですが。

[1693] くつ さん(masa_9@momo.so-net.ne.jp) 1999/02/22 Mon 23:37:01
今日古本屋で、鈴木光司の「バースデイ」を
発見しました。早いですよね。結局買わなかった
んですが。で、前から読みたかった、藤木稟の
「ハーメルンに哭く笛」を発見して買ってきました。
今二階堂黎人を読んでいるんで、それが終わったら
読もうっと。

>本を買うこと
1.好きな作家の新刊(文庫中心)
2.薦められた本(古本中心)
3.タイトル(基本的に古本)
古本ならまとめ買いしますね。

TBさん>
今年は卒論ですね。頑張って下さい。「日蝕」
良かったですか?ゼミの先生や、友人の評判が
悪く、「なんであれで賞がとれんのかな。」
と言われ読んでないんですよ。今度読んでみよう。

WAKAさん>
俺は劇団四季1回しか行ってないですけど、
「オペラ座の怪人」3000円でしたよ。
後ろの方でしたが。

[1692] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/02/22 Mon 22:44:20
 最近インターネットの接続が不調で、何回トライしても「回線はビジー」だそう
です。今日は3回目でつながりましたが、どこかおかしいんでしょうか?ここんとこ
ずっとです。
 明日はやっとお休みです。家と会社の往復でちょっと疲れ気味。でも帰りに本屋
を冷やかす気力があるうちはまだ大丈夫なんでしょうね。
 <豚の報い>は、正直言って?でした。読んでも読んでもピンと来ないうちに話
が終わってしまいました。気を取り直して宮部みゆきの<蒲生邸事件>読んでます
がこれは手応えありです。京極ばりの厚さですが、今夜は徹夜かも。
 中島らも・わかぎえふの<リリパット・アーミー>を読んだら、どうしてもナマ
で芝居を見たくなったので、早速4月公演のチケットをゲットしました。でも前売り
3800円って安いですよね。劇団四季なんか1万円ほどするのに・・・。

>本を買うこと
 1.好きな作家の新刊(ハードカバーでも全然OK)
 2.話題の本、すすめられた本
 3.装丁・タイトル(文庫多し)
 1度に買うのは5〜6冊ですかね。

>tbさん
 日蝕そんなに良かったですか?ニュース23で筑紫哲也が絶賛しておりましたが、
 とにかく難しい言葉を多用していると言うことなので、ちょっと敬遠していま 
 す。文庫でないと買えないかなと思っています。

>こたつみかんさん
 私が村上作品を読んで食べたくなるのは、パスタとドーナツ、そしてうどんで 
 す。

>本間さん
 「狸の皮算用」、お父さんに取られてしまいました。彼は現在3つのフロアを所有
  しています。

[1691] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/02/22 Mon 19:05:04
 こんばんわ。またまたお邪魔します。私は今日は「日本の朝ごはん」(向笠千恵
子)という本を読んでました。表紙がかわいかったので。読んでたら、お腹がぐー
ぐーになってしまいました。村上さんの本も、いつも食欲を刺激しますよね。(特
に羊をめぐる冒険)そしてビール欲(?)も刺激されてしまいます。

>のたさん。
 私の「こたつみかん」という名前は、大槻ケンヂ君の曲からもらったものです。
とても幸せになる曲ですよ。彼のエッセイも大好きです。私は基本的にへなちょこ
野郎が好きなんですよね。
        
>きゅうさん。
 本のプレゼント、悩みますけれど、自己紹介みたいに自分の好きな作家の本を
贈ったことがあります。その感想を聞いて、相手と自分の似ているところや違うと
ころを実感できる気がします。ちょっとずるいやりかたかな。

◎本についてのルール。
 たいていは直感です。それで気にいると後は「いもづる式」です。武田百合子の
「富士日記」→武田 花の写真集、とか、幸田 文のエッセイ→青木 玉のエッセ
イ、とか。でもなぜか武田泰淳や幸田露伴にはいかなかったけれど。久世光彦→向
田邦子とか。
 仕事でいやなことがあったりすると、丸善に行って値段も確かめずにバカ買いし
ちゃいます。(たいてい文庫ですけど)そのときは、ざまあみろ(誰に対して
だ?)と思うんだけど、お給料日前にはちょっと後悔したりします。なぜか丸善で
そうすることが多いのです。なんでだろう?

[1690]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/22 Mon 11:57:33
 サーバーのホームページレンタル容量があと300Kで一杯になります。画像が
多いページはニフティーの方に移しているのですが、また何かを引っ越さないと。

◎ユキさんへ
 金曜日は仕事なので、土曜日バイト終わった後にぜひどうぞ。どうせ終電ぎりぎ
りまで飲んでますし。
 新渡戸稲造は青森出身なので地元では割とメジャーなのですが、やはりマイナー
でしょうか。私も何した人なのか今ひとつ分かっていません。
 「死国」は初期の作品なので、ぜひ最近のものも読んで下さいね。講談社文庫か
ら出ているものはわりと最近です。

◎オザキさんへ
 オフの翌日の日曜日もオプションで競馬ありますから良かったらぜひ。ちなみに
中山で日経賞です。
 本屋といえば買わなければいけない義務感は感じませんが、何らかの自分の本を
持っている時は入れません。小心者かも。

◎ごえす・かすさんへ
 なるほど、そこから由来していたんですね。
 「国境の南」は女性より男性の方が応えると思いますよ。あくまで個人的感想で
すが。下手なホラーよりよっぽど怖い小説です。

◎こたつみかんさんへ
 というと村上さんを読み出して結構長いんですね。私がリアルタイムで読み出し
たのは「ノルウェイ」からなので、羨ましい気もします。
 私が何かを思い出すファクターは匂い、音楽、小説の順です。匂いというのは不
思議なものです。
 それと私は結構休みの日は寝てますよ。仕事が日勤の日は6時間位ですけど。

◎ういすけさんへ
 那須高原って行ったことないですね。ハイランドパークがあるとこですよね。吹
雪の山荘というシチュエーションは面白そうです。
 その欲しい本リストを作るというのはかなり有効な手段だと思います。読もうと
思っていたけどタイトルを忘れてしまうというケースも多々ありますしね。

◎田崎さんへ
 オフの告知は3月に入ってからしますので、まだ未定でも結構ですよ。
 「ターン」といえば、三部作完結編の出版が待ち遠しいですね。

◎のたへ
 3月3週はたしかクイーンCで4週は日経賞のため、当然日経賞を取ります。2
9日の月曜日有給にすればいいじゃん。
 「異邦の騎士完全版」は私はどこが変わったか分からなかったので、もし分かっ
たらそっと教えてね。

◎tbさんへ
 「日蝕」良かったですか。私は各種書評を読む限り、ストーリーと雰囲気は良さ
そうだけど、やたら難読漢字を使っているというところが引っかかって未読です。
まあそれが作品の雰囲気を醸し出しているのでしょうけどね。
 新井素子、買われたんですね。確かに表紙は綺麗でした。

◎きゅうさんへ
 みなさん卒業旅行の時期なんですね。文章を読む限り、自分で運転して行ったん
ですか? 私も昔箱根まで運転して行きましたが山の方は確かにカーブがきつかっ
たです。
 本を贈るのは難しいので私はいつも無難なところで選びます。村上春樹だったら
「カンガルー日和」、宮部みゆきだったら「レベル7」とか。
 CDは相対的に高いと思います。私の中では1500円が適正価格。

◎ちょっと感動した話
 今週の週間モーニング「柳沢教授の生活」が本の話だったんですが、ちょっとい
い話です。まだコンビニなどにあると思うのでご一読を。

[1689] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/02/22 Mon 04:16:36
 バイトの給料日前でお金がないというのに,研究室の卒業旅行で箱根に行ってき
ました。はじめて行ったのですが,すごく寒いし,曇ってくるし,これは雪見風呂
を期待できるかな,って思っていたのですが,雪は残念ながら降りませんでした。
温泉に4回入り,お酒を飲んで,ぐっすり寝ました。極楽でした。

 箱根は温泉郷のたたずまいがものすごく静かでひっそりとしているように感じま
した。湯本のあたりは賑やかですが。箱根といえば,『国境の南,太陽の西』です
ね。確かに,物語の最後でハジメ君と島本さんが向かう場所として選ばれたのもな
んとなくわかるなあ,と思いつつ,道のカーブを曲がっていました。

一時期,誕生日に本を贈るのが自分の中ではやってたんですけど,本好きな人な
ら,結構はまるかもしれません。相手のことと、本のことをよくわかっていない
と,ぴったりの本って難しいんですけれど。
皆さんは,本をプレゼントしたこと,されたことってあります?

>ごえす・かすさん
確かに,独身者にはその複雑な気持ちはわからないかもしれませんね。
私は独身ですが,でも結構『国境の南,太陽の西』は好きな作品です。
でも,実感はあまり伴わないかも。確かに結婚して子供を持ったらまた感想も違っ
てくるのかもしれませんね。

>本についてのルール
私は,たいていこんな感じです。
・ハードカバーでも買って読む好きな作家の本
・まだ読んでいない好きな作家の本(文庫)
・文庫新刊で,装丁や後ろのあらすじを見て気に入った本(作家にはこだわらず)
ハードカバーは,装丁がいいなと思っても上の条件以外ではめったに買いません。
そういう本は,図書館で借りて、2週間家でゆっくり眺めて読んで楽しみます。
なにぶんバイトに頼る学生なので,本のまとめ買いをして5000円札とか出すの
にはちょっと勇気が要ります。
でも,CDは単価が高いのに平気で2・3枚まとめ買いするんですよね。中古レ
コードやとかに行くと,安いと思ってつい買ってしまうんですよね。なんでだろ
う。




[1688] ごえす・かす さん(kahtan.@anet.ne.jp) 1999/02/22 Mon 02:21:58
 妻から「国境の南、太陽の西」って面白い?読んでみようかな、と聞かれ、い
や・・あんまり・・とうやむやに答えつつ、内心あせりました。この複雑な気持
ち、独身の方にはわからないでしょうね。ああ私も完璧なマイホームパパになった
んだなあ、としみじみ思います。

[1687] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/02/22 Mon 02:16:31
お久しぶりです。しばらくFFをやってたおかげで本を読む事が出来ずに、書く
ことが出来ませんでした。そういう僕の腑抜けた状態をショック療法で治すべ
く、平野啓一郎『日蝕』を読みました。一言で言うならば衝撃です。こんなに
驚いたのも久しぶりです。「世紀末の聖文学」なんて、単なるギミックと思っ
ていた僕ですが、あまりの面白さに一気に(といっても二日ですが)読み切っ
てしまいました。ペダンティックと言われてますけれど、これらはこの作品に
おいて必要不可分な成分として働いています。大満足の一作でした。恐るべし
23歳の才気です。たった一つしか歳が違わないとは思えない、圧倒的な筆力で
す。悔しい事ですが尊敬してしまいました。
ただ多少敷居が高いですね。漢字漢文調はまだしも、この作品は哲学・神学の
知識がないと、ちょっと苦しいと思います。

>本についてのルール
僕は第一には好きな作家、第二に薦められた作家、第三に装丁ですね。実は第
三と言いつつ、この第三の理由で選ぶことが凄く多いです。僕が『日蝕』を買
ったのは初版の頃なんですが、これも表紙で選びましたし、昨日買った新井素
子の『チグリスとユーフラテス』も凄く装丁が奇麗だったで、もう心はアルプ
スの高原を鼻歌を歌いながら歩いてるような気分でした(嘘80)。

[1686] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/22 Mon 02:01:33
やっと咳が止まってきました。

>田崎さん
「ターン」について書かれていたので,思わずレスしてみました。
そうなんです。私が北村薫を好きな理由の一つは,話の終わり方がとても
綺麗なところなのです。
辛い話を安易な「お約束」でごまかさず,それでいて読者が希望を持てるよう
な話を読むと,「人生捨てたもんじゃないよな」と思ったりします。(笑)
北村薫の作品は全てそういったカラーなので,きっとこれは作家の人間観なの
でしょう。
ま たまには「それはちょっとあざといよな」というのもありますが。(笑)

>こたつみかんさん
はじめまして。とても幸せな気分になれそうなお名前ですね。
本当にみなさん いつ寝てるんでしょうね。(笑)
私もHPを作ろうとしているのですが,全然進みません。
本間さんを始め,HPを運営している方たちを尊敬してしまいます。
仕事と家事の両方をこなすのは大変だと思いますが,頑張って下さい。

○オフ会について
3月の連休だったら参加できるのになぁ。
ってもう休暇の届け 出しちゃいましたよね?>本間さん

○本についてのマイルール
特にないのですが,読みたいときに目に付いた本をまとめ買いします。
幸いなことに,読みたい本は星の数ほどあるので,どんな辺鄙なところの
本屋に行っても,読みたい本がないということはありません。
一度に1万円までならなんのためらいもなく払えます。
こんな時,定職を持ってホントに良かったなぁと思います。
もっとも,最近「屍鬼」の購入をためらうなど少々日和り気味ですが。(笑)

というわけで,今日は
島田荘司 「異邦の騎士(改訂完全版)」
フィッツジェラルド 「グレート・ギャッビー」
ジュール・ヴェルヌ 「海底二万哩」
を購入しました。
うーん 我ながら節操がない選択だ。

[1685] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/22 Mon 02:01:18
やっと咳が止まってきました。

>田崎さん
「ターン」について書かれていたので,思わずレスしてみました。
そうなんです。私が北村薫を好きな理由の一つは,話の終わり方がとても
綺麗なところなのです。
辛い話を安易な「お約束」でごまかさず,それでいて読者が希望を持てるよう
な話を読むと,「人生捨てたもんじゃないよな」と思ったりします。(笑)
北村薫の作品は全てそういったカラーなので,きっとこれは作家の人間観なの
でしょう。
ま たまには「それはちょっとあざといよな」というのもありますが。(笑)

>こたつみかんさん
はじめまして。とても幸せな気分になれそうなお名前ですね。
本当にみなさん いつ寝てるんでしょうね。(笑)
私もHPを作ろうとしているのですが,全然進みません。
本間さんを始め,HPを運営している方たちを尊敬してしまいます。
仕事と家事の両方をこなすのは大変だと思いますが,頑張って下さい。

○オフ会について
3月の連休だったら参加できるのになぁ。
ってもう休暇の届け 出しちゃいましたよね?>本間さん

○本についてのマイルール
特にないのですが,読みたいときに目に付いた本をまとめ買いします。
幸いなことに,読みたい本は星の数ほどあるので,どんな辺鄙なところの
本屋に行っても,読みたい本がないということはありません。
一度に1万円までならなんのためらいもなく払えます。
こんな時,定職を持ってホントに良かったなぁと思います。
もっとも,最近「屍鬼」の購入をためらうなど少々日和り気味ですが。(笑)

というわけで,今日は
島田荘司 「改異邦の騎士(訂完全版)」
フィッツジェラルド 「グレート・ギャッビー」
ジュール・ヴェルヌ 「海底二万哩」
を購入しました。
うーん 我ながら節操がない選択だ。

[1684] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/02/22 Mon 00:51:14
 今日最寄の駅近くの本屋を覗いたら、「世界の終わりとハードボイルドワンダー
ランド」上下ともありました。棚に一冊ずつ揃っているなと思ったら、なんと平積
みもされてました。えらいぞブックスキタミ。さっそく買って来ました。
 A.J.クィネルの方の反応ありませんが、取材の自由を確保するため、国籍、性別
、年齢、素顔すべて秘密にしてます(した)、という作家で少なくとも日本のメデ
ィアに出たのは始めてだと思います。マフィアとかテロ組織とかを敵役にした冒険
小説の書き手で、前半の作品群は舞台、人物すべて全く違えて書かれており、非常
に面白いと思っています。読みたいと思った方は「燃える男」からどうぞ。新潮文
庫です。ブックスキタミには全作揃っていましたので、文庫品切れということはな
いでしょう。
 オフには私も出たいと思っています。27日夜ならば多分大丈夫です。例のアメ
リカ人にも誘いのメールを出しておきました。多分彼は日本語OK(話す方)だと
思います。
 「ターン」も読み終えました。ネタばれにしないように簡単に書くと、あの終わ
り方好きです。話のつくりもいいなあ。主人公(女性)も私(男)からみるといい
んですが、女性からみたら?なのかな。
ではまた。

[1683] ういすけ さん(s952427@titan.tohtech.ac.jp) 1999/02/21 Sun 16:43:42
 卒論と引っ越しの準備で、気もそぞろなういすけです。
 そんな中、研究室のみんなと那須まで旅行に行って来ました。(教授付き)
 初めて那須に行って来たんですけど、那須って嘘臭いかわいい建物が多いところ
ですねぇ。ログハウスの病院が私は一番気に入りました。今度は夏に行きたいで
す。閉まっている店が多いし、何よりとても寒かった。
 でも、こんな季節的に寂れた所って、よく村上さんの話に出てくるよなぁって一
人でほくそ笑んでいたりもしたんですけど・・・実際行ってみると、私には耐えら
れそうもない。ホテルに着いたら外は吹雪で、金田一君かコナンがいたら殺人事件
でも起きそうでした。

>本についてのマイ・ルール
 私は基本的に古本やフリークなので、新書を買うことはまず滅多にありません。
ですので買うときは、本屋に入る前から決まっています。
 古本屋においては、まず好きな作家を一通りチェックし、次におもしろそうだ
なぁと思っていた本のリストを作成しておいて、それを中心に探します。あったら
買う、なければ買わない。おかげで大学生になってから、忍耐力が身に付きまし
た。

[1682] こたつみかん さん(macho@try-net.or.jp) 1999/02/21 Sun 16:21:43
 みなさんはじめまして。なんだか凄く密度の濃いページですね。
 私は、村上作品は「風の歌を聴け」からずっと、出版されるごとに読んでいたの
で、作品を読み返すとその頃の友達のこととか、好きだった人のこととか(本をプ
レゼントしたので)思い出してしまいます。音楽でもそんなふうに突然記憶がよみ
がえってくること、ありますよね。ちょうど青春(!)っていう時期と重なってい
るせいでしょうね。
 村上作品が時と共に変化していくのも、自分が歳をとっていくのと重なるので、
ちょうど良いのかも。(でもやはり初期の作品が好きなのだけど)まだ全部読んで
いない方は、発表された順番で読んでいくといいかもですね。
 それにしてもHP作っている方っていつ眠っているんでしょう?私なんか仕事と
家事と酒のみと読書で手一杯で、なかなかPCと仲良くなれません。やっぱり8時
間も寝てちゃだめなのかな。ともかくまたお邪魔しに来たいと思います。がんばっ
てくださいね。

[1681] ごえす・かす さん(kahtan.anet.ne.jp) 1999/02/21 Sun 03:47:40
 こんばんわ。本間さんのご質問にお答えします。グラナドス作曲のピアノ組曲
「ゴエスカス」が大好きなもので。私はピアノが趣味で毎日弾くのですがこの曲は
あまりに難曲で手を出していません。第二曲「窓辺の語らい」は奇跡的な素晴らし
さです。初めて聞かれる方は何だかごちゃごちゃした曲に聞こえるかもしれません
が、非常に官能的かつ精緻な音楽です。1曲1曲ごとのモチーフが全体に互いに有
機的に結びついているので、できたら組曲全体を通して聞いたほうがよいと私は思
います。CDではアリシア・デ・ラローチャの演奏が絶品です。

[1680]オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/20 Sat 19:50:40
オフ会、参加させていただこうと考えています。僕は3月後半でしたらいつでもO
Kです。基本的に暇人ですので(笑)。
10万円札はバブルがはじけて立ち消えたような話を聞いたことがあります。坂本
竜馬の5万円札も同じく。どうでもいいのですが、お札になる人って明治維新の志
士が多いですよね。

本屋に行くとどうしても一冊は買わなければならない義務感のようなものを意識し
てしまって、大抵の場合本を買い求めてしまいます。選ぶ基準としては
1.好きな作家の未読本
2.人に勧められた本
3.タイトルと表紙、それと簡単な説明を読んで気に入ったもの
です。
今はバイトしまくってリッチですが、辞めたあとにもこの習慣が残ってしまうと危
険だと現在自分に言い聞かせています。

[1679] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/20 Sat 16:19:09
 むむむ、土日は6時までバイトがあるのでちょっと微妙です。金曜日では駄目でし
ょうか。
 お札といえば、5千円札は何故に新渡戸稲造なんですかね。世界史選択だったから
かもしれないのですが、日本史の中でもあまり印象にのこってないです。大隈重信
の顔で10万円札を作るとかいう話もありますが、もしあったら落した時ショック
だろうなあ。
 マドンナの「frozn」(だったかな)のビデオクリップは凄く奇麗でした。神奈川
テレビは音楽番組がやたら多いところとベイスターズびいきなのでよく見てしまい
ます。でもバラエティー番組の質は低いです。

 最近気付いたのですが、飲み代が安くあがるとよっぱらった勢いもあって新刊を買
って帰ることがままあります。こないだそうやって「死国」を買いました。女性の
怨念渦巻く話ですね。所々うそくささを感じたのですがひさしぶりに恐かったです
。次は何を読もうかなあ。
 

[1678]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/20 Sat 11:36:09
 東京オフですが、3月27日土曜日ではいかがでしょうか? 今日までに3月の
休み希望を出さないといけないので、希望があれば今日の夕方まで書いて下さい。

◎ごえす・かすさんへ
 その点で私も「世界の終わり」は奇跡的な小説だと思っています。多分村上さん
もあの時期にしか書けなかった小説かもしれません。
 「ねじまき鳥」は名前の通り「クロニクル」です。様々な物語、本当に様々な物
語を小説としてまとめ上げていますよね。従来と違い一つの物語は深く語られませ
ん。ほんの少しだけしか語られない物語、枚数を費やしている物語、幻想的な物語
にシリアスな物語、暴力的な物語、ほのぼのした物語。物語という観点から言うと
これら複数に分散した分、確かに物語の印象よりも、これらをクロニクルとするた
めの技巧の方が前面に出ているという印象が強いかもしれませんね。
 未だに私は「ねじまき鳥」を自分の中で消化出来ていないので、漠然とした話し
か書けないでごめんなさい。
 ところで、ごえす・かすという名前は何に由来しているのですか?

◎田崎さんへ
 村上さんの小説は全点文庫品切れなしです。これは昨今の出版事情を考えればそ
れこそ奇跡的ですね。だからこれから読む方は幸せだと思いますよ。これが余り人
気はないけど、いい小説を書く作家だとするとせっせと古本屋通いをしなくてはい
けません。例えば志水辰夫の文庫旧刊は新刊書店で見かけないので寂しいです。

◎高橋さんへ
 またひっくり返ってしまいましたね。相変わらず原因不明です。なんでだろう。
 灰谷健次郎は「兎の眼」(たしか)を読んで泣いてしまった記憶があります。次
はこれを読もうというマイルールは、
 1.ハードカバーでも買う事にしている作家のハードカバー新刊
 2.文庫でも買う事にしている作家の文庫新刊
 3.好きな作家の未読本
 4.勧められた本、本や新聞の書評で気になった本、過去の乱歩賞受賞作
 5.棚を見ていて気になったタイトルやカバーの本
 6.数十冊ある未読の本
 です。初読みで気に入った作家が出たときは例外として、入手出来る本をまとめ
て読みます。最近だと山本文緒がそうでした。
 みなさまもマイルールがあれば教えて下さい。マイボールについては書かなくて
いいです。

◎きゅうさんへ
 鷺沢萠に出てくる登場人物は女性でもあまりフェミニンな人は出てこないので、
わりと安心して読めます。私はそちらよりの小説が苦手なので、最近人気のあるそ
の路線の小説は敬遠気味です。
 本屋でバイトしているのですか。私は出張に行くたびに出張先の虎ノ門だか日比
谷何とかセンターにある丸善に行くのですが、女の人なんてほとんど見ないですけ
どね。新橋周辺は男ばかりです。会社員になってよく考えずにハードカバーを買え
る様になりましたが、たしかにそれは幸せな事かもしれませんね。

◎「めぐむ」と打っても「萠」が出ない方へ
 辞書登録すると簡単です。ATOKなら範囲指定してctrl+F7です。作家は結
構すんなり出ない字が多いんですよね。

◎ももさんへ
 朝6時まで見ているというのも凄いですね。
 「パライヴ」は何故にマドンナなんでしょうね。不思議です。どうでもいいです
が私は昔マドンナのアルバムよく聞いてました。声が好きです。
 カラーコピーの件は、私が思うに中国の元や香港ドルは大丈夫そうな気がします
が、別に使おうとしている訳じゃないのでご心配なく(笑)。フランは多分だめそ
うです。ユーロは実際のお札が流通するのは来年だか再来年だそうです。でも紙面
に使うため、年末にはせっせと紙面用の各種サイズの文字を作りました。

[1677] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/20 Sat 06:03:56
朝日堂のフォーラムをせっせと読んでいたらこんな時間になってしまった‥。
ふふっ。春樹さんが「スターシップ・トゥルーパーズ」のファンであることが
判明し、とても嬉しくなってしまいました。だからなんだよと言われると困る
のですが、ちょっとウキウキしています。
私も密かにお気に入りの映画なのです。
パラサイト・イブがハリウッドでリメイクされるかもしれないですね。
J-Waveでちょろっと言っていて、映画化権を買ったのはマドンナと
言っていたような。うーん、マドンナ‥‥。

《本間さん》
本間さんの疑問を解決するべく外国のお札をやってみるかなっと
フランスの50F紙幣を取り出してみたのですが、一目みてこのお札は
だめだとわかったのでやりませんでした。カラーコピーなんかじゃ絶対
きれいにでないキラキラ系の帯があるので。
50Fはサン・テグジュペリです。飛行機と星の王子様も描かれているとっても
ラブリーなお札です。ユーロってどんなデザインのお金なんだろう?
見てみたいなぁ。
んんっ?コピー出来るかどうかが問題であって本物とそっくりかどうかは
どうでもいいんでしたっけ???(笑)


[1676] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/02/20 Sat 04:32:45
 鷺沢萌結構好きです。先輩にすすめられて読み始めたのですが,
けっこうはまってます。主人公の考え方に共感できることが多いです。
今のところ一番気に入ってるのは,「ハング・ルース」です。
あと,私は横浜に住んでるので,地名にすごくなじみがあるのが出てきたりして,
そこら辺も楽しんで読んでます。
≪田崎さん≫
 私も実は,「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」をきちんと読ん
だことがないのです。高校生の頃に一度読んだことがあったきりです。
再読してみようと思いつつ,文庫買ってないんですよね。
もう春休みに入ったことだし,読んでみようかなって思います。

 ところで,私はオフィス街にある本屋でバイトしてるのですが,
村上作品を買っていく女の人って,わりときれいなひとが多いんですよ。
何ででしょう?誰か,この謎を解明してください。
あと,サラリーマンの方で文芸書を何冊も買っていかれる方がたまにいるんですけ
ど、実にうらやましいです。
学生だと,どうしても文庫と古本屋が中心になってしまって,なかなか新刊文芸書
を買わなくなってしまうんですよね。
それでも,一ヶ月のバイト代の中で書籍代が占める割合が多くなってしまうのは
なぜなんだろう。 

[1675] こんにちは。やっとテストがおわって、やっと一息つけるかんじです。今、灰 谷健次郎さんの「太陽の子」を読んでます。今まで読んできたのと全く違う種 類のお話なので、うまく入り込めるかどうか心配だったのですが、全然大丈夫 でした。順調に読み進んでます。  本間さん 『次はこれを読んでみよう!』とかいうのは、何が決め手になります?今日、 つれと一緒に古本屋に行ったのですが、これといういものがなく、寂しい気持 ちで帰ってきてしまいました。  田崎さん 「世界の終わりとハードボイルド ワンダーランド」、サイコーです。その不 思議ワ−ルドの虜にきっとなれるはず!是非探して読んでみてください。私は 大好きです。  ごえす かすさん 「コミットメント、デタッチメント」については、確か、「村上春樹、河合隼 雄に会いに行く」でも少しふれられていたと思います。機会があれば読んでみ るのも面白いかもしれmkエ 絵美 さん(emirinnomori@mug.biglobe.ne.jp) 1999/02/20 Sat 00:49:40
f?v 

[1674] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/02/19 Fri 21:22:39
 最近の話の流れからしてやっぱり「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーラン
ド」を読まねばと思い、川崎の本屋を覗いて来ましたが、全くなかったり、上しか
なかったりで結局買ってきませんでした。
 かわりに覆面作家A.J.クィネルのインタビューが載った E.Q.という雑
誌を買ってきました。A.J.クィネル好きな人ってここ見ますかね?

[1673] ごえす・かす さん(kahtan.@anet.ne.jp) 1999/02/19 Fri 01:48:06
 本間さんのいうとおり、新しいファクターへのアプローチを志向してゆくところ
に、村上さんの地力と言うか、作家としてのパワーを感じます。ただ、やっぱり危
惧してしまうのは、かつての氏の「物語」に感じられたある種の霊感が、最近
ひょっとして枯渇してきているんじゃないかということです。技巧は洗練され、作
品の完成度は高くなってきているのに、「世界の終わりとハードボイルド・ワン
ダーランド」にあった、あの現実を圧倒するような「物語」をうみだす力にかげり
はないのかと・・・・。現実へのコミット、デスコミニュケーションからの脱却は
いいのですが、「物語」はどこへゆくのかと思わせられたのが「ねじまき鳥クロニ
クル」です。この作品に、私は氏の技巧を感じてしまいました。それは、おのずか
らあふれ出てくる「物語」を制御するためのものではなく、注意深く集めた既存の
モチーフを材料に、緻密に計算して「物語」を構築するためのものとして。ただ、
そのような感じ方は、むしろ読み手である私自身の側の変化によるものかもしれま
せんね。

[1672]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/18 Thu 23:52:37
 それぞれの作家のベスト作品表紙を片っ端からスキャナーで取り込んで、今送信
しているところなのですが、ホームページ容量5Mが危うくなってきました。

◎ごえす・かすさんへ
 ある時期から村上さんは「コミットメント、デタッチメント」という言葉を使う
ようになってきました。作品の傾向としても従来のような自己完結型世界から現実
社会への介入が見られます。一種のファンタジーとしても読める初期の作品と比べ
現実を扱う事は確かに突き破れない壁が存在するのかもしれませんね。ただ諦念は
それほど私には感じられません。現状維持で良しとしている作家が戦争や暴力など
新しいファクターに取り組むとは思えないからです。
 円熟の境地については賛成に一票です。

◎ももさんへ
 真保裕一の「奪取」で偽札については幾分知識があったので、国産のコピー機に
はお札コピー防止装置が付いているかどうか試してみたのです。私は磁気でチェッ
クしていると思うのですが、あれはどうやってるんでしょうね。外国のお札にも対
応しているのかな?
 それとメッセージ欄に書き込んだままリロードすると再書き込みとなります。私
もたまにやるので気にしないで下さい。

◎くみさんへ
 そうですね。単に男に付いていくだけが幸せじゃないと思いますしね。鷺沢作品
の中では穏やかな作品ですが、結構好きです。映画は見たくないですけど。
 その先輩にどんどん違う作品も貸してファンになってもらえると嬉しいですが、
「酒とサイコロの日々」を貸してギャンブル&酒に走られると困りますね。でもあ
のエッセイはなかなか鋭いエッセイなのです。

◎のたへ
 ではそのおすすめのやつを読んでみます。

[1671] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/18 Thu 10:58:08
のた@会社です。

>本間さん
ああ そうでしたそうでした。私が薦めたのを思い出しました。
それで恥の上塗りなんですが,下の書き込みの「風見鶏」は,
「雨鶏(あめどり)」の間違いでした。
まぁ気が向いたら読んでみて下さい。なんだか大学時代が懐かしくなるお話
ですので。

[1670] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/02/18 Thu 07:07:50
おはようございます。くみです。
昨日も実験で徹夜になってしまいました。

昨日、先輩に貸してた鷺沢萌の
”大統領のクリスマスツリー”が返ってきました。
その人も、ちょっと鷺沢萌を好きになったみたいで、
いろいろ感想をいってました。
この話はもちろんストーリーとしてもひかれるんだけど
それ以上に主人公である香子が強くなっていく過程も
感じられて、そういうところが私は気に入っています。

この前も、同じ研究室の子に本貸したし
ただいま私の棚はミニ図書館になっています。

WAKAさん>ユーゴー書店の地下にあったアニメイトは多分移転してたと思いま   
   
     す。移転先の名前はちょっと度忘れして思い出せませんが。

[1669] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/18 Thu 02:10:45
またやってしまいました‥‥。
再読込をすると2度書きになっちゃうんですよね。
ごめんなさい。


[1668] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/18 Thu 02:07:38
今日は6時に起きなければ‥‥。

《本間さん》
そうそう、この前の書き忘れ。
カラーコピーでお札をコピーするのはお縄もんですよ(笑)
私はよいこなのでそんなことはいたしません。(本当か?)

《おざきさん》
京葉線乗り換え情報ありがとうございます。
新木場という手もありましたね、そういえば。
国際フォーラムの近くに京葉線の改札があるなんて知りませんでした。
ひとつおりこうになりました。
今日の帰りは乗り換えが一番少ない東京、新宿経由でした。
地下鉄を使うと5、6回乗り換えなんで2回ですむコースをチョイスしました。
旅の御供がアンダーグラウンドだったので、八丁堀経由も臨場感があって
いいかなぁと少々不謹慎な事が頭をよぎったんですがね‥‥。




[1667] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/18 Thu 01:50:54
今日は6時に起きなければ‥‥。

《本間さん》
そうそう、この前の書き忘れ。
カラーコピーでお札をコピーするのはお縄もんですよ(笑)
私はよいこなのでそんなことはいたしません。(本当か?)

《おざきさん》
京葉線乗り換え情報ありがとうございます。
新木場という手もありましたね、そういえば。
国際フォーラムの近くに京葉線の改札があるなんて知りませんでした。
ひとつおりこうになりました。
今日の帰りは乗り換えが一番少ない東京、新宿経由でした。
地下鉄を使うと5、6回乗り換えなんで2回ですむコースをチョイスしました。
旅の御供がアンダーグラウンドだったので、八丁堀経由も臨場感があって
いいかなぁと少々不謹慎な事が頭をよぎったんですがね‥‥。




[1666] ごえす・かす さん(kahtan.@anet.ne.jp) 1999/02/18 Thu 01:49:44
 はじめまして。こちらに書き込みさせていただくのは初めてです。
「ダンス・ダンス・ダンス」以降、村上作品は、なにか突き破れない壁に行く手を
阻まれているかのような気がするのですが・・・。作品が新しくなるにつれ、ます
ますトーンに苦渋が加わってくるように思えます。この変化は村上さんの年齢と密
接なかかわりがあるんじゃないかと思う。氏の小説にはある種の諦念が通奏低音と
して存在しており、それがまた私を惹きつけるのですが、その諦念が少しずつ変質
していっているような・・・。つまり、先が見えない、また見えないからこそ抱い
ていた若者の諦念から、現実に老いを意識せざるをえない年齢の立場からくる諦念
へと。しかし氏には負けないでほしい。年をとってやっと自分や他人がみえてくる
などという欺瞞の誘惑に。円熟の境地などと言う言葉は氏にとって最も遠いもので
あってほしいと私は強く願っています。

[1665]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/18 Thu 01:35:26
 2回目だと話の振り方が難しいな。あ、板東眞砂子の新刊短編集「葛橋」は久々
のホラータッチで、相変わらず怖くかつ巧いです。短編集のハードカバーはコステ
パフォーマンス的には悪いのですが、買う価値はあるでしょう。

◎のたへ
 タバコといえば、30年吸っている私の先輩が禁煙したら私もしますよ、と冗談
で言っていたら本当に禁煙してるし(笑)。ピンチです。
 芦原すなおは確かに初読みです。むしろのたに昔勧められたと思ったな。作品に
よっても何も一作しか読んでいないのだけど「ブルーフォックス」を読む限りはち
ょっと・・・。まあ、あと一冊位読んでみるね。

[1664]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/18 Thu 01:28:03
 みなさんFFやっている中、ひそかに「狸の皮算用」やってます。「ちょうどプ
ラマイ0」とか「チンイツ上がれ」とかは無理だって。

◎オザキさんへ
 逆方向は分かるのですが、東京まで行くやつと行かないやつがあるので紛らわし
いのです。しかも本数少ないし。西船までのバスは渋滞で進まないし。西船は飲み
屋どこも混んでるし、とグチを言うコーナーじゃないですね(笑)。

◎WAKAさんへ
 最後のはいいじゃないですか。仕事の後のビールは美味いし。
 その手のメールは年に何回か出るデマメールです。テキストファイルを読むだけ
で感染するウイルスは存在しません。それでメールが回り回ってトラフィックが増
えるだけなので人に回さないのが鉄則です。詳しくはウイルスの元締め、IPAの
ページをご覧下さいね。私、ウイルス担当の仕事もしているのです。
 私のプロパイダーはmeshが途中で改名してbiglobeになったんですが面倒なので
今まで放っておいてました。

◎きゅうさんへ
 掲示板へようこそです。
 初めて読んだ村上さんの本が文庫の「はいほー」と聞いても、ついこの間出たよ
うな気がするんですが、気のせいでしょうね(笑)。
 再読すると読後感が変わる、というのは村上作品の特徴だと思いますが「ノルウ
ェイ」も結構読む時期を選ぶような気がします。10代の頃に読むと結構影響受け
ますよね。
 「アンダーグラウンド」はじっくり読んで下さいね。見方によって様々な面が見
えてくると思います。

[1663] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/18 Thu 01:20:17
追加

「青春デンデケデケデケ」は大学生モノじゃないっすね。
主人公は高校生だから。

どーでもいいことなんですけどね。(笑)

[1662] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/18 Thu 01:16:43
タバコが不味い。このまま禁煙しようかな。

>本間さん
書評を見ててふと思ったんですけど,芦原すなおって 初読みでしたっけ?
「青春デンデケデケデケ」を大学の時に読んだんですけど,本間さんに勧め
られたのだと思ってました。
芦原すなおは結構作品によって作風が違うと思うのですが,どうでしょう?
私は「青春デンデケデケデケ」や「風見鶏」のような,大学生モノが一番
持ち味が出ていて面白いと思います。よかったら読んでみて下さい。

[1661] きゅう さん(qmio@angel.ne.jp) 1999/02/18 Thu 00:59:58
はじめまして。きゅうといいます。どうぞよろしく。
村上春樹は,高校生の頃から一番といってよいくらい好きな作家です。

私の場合は,確か文庫で,「はいほー」を読んだのが最初です。
小説で最初に読んだのは,確か「ノルウェイの森」でした。
高校の図書室で,なんとなく表紙の赤と緑に惹かれて借り,読んでみました。
そのときは,あまり心にぐっとこなかったです。
でも,それから一年後ぐらいに再読して、とても心を揺さぶられ,
それからはほぼすべての作品を読みました。
どれも好きです。

エッセイも相変わらず好きです。
水丸さんのイラストもいいですよね。

「アンダーグラウンド」の文庫版が出ましたね。
テスト期間中で,まだ読んでないのですが,テストが終わったら,
腰を落ち着けてじっくりと読んでいこうと思ってます。

それでは、このへんで。




[1660] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/02/18 Thu 00:54:33
この3日ほど棚卸し、消防訓練、会社の飲み会等忙しくってくたくたです。
本もなかなか読めないのでストレスがたまります。今日買ってきた<豚の報い>は
何時読めるのでしょう?

先日元上司から、新種のウィルスに気をつけろというメールが届きました。ある特
定のタイトルのメールを受け取ったら、治療法の無いウィルスに感染するので、読
まずに削除せよ。そしてこの情報を受け取ったら、直ちに知ってる人全員に転送し
て、注意を促すようにといった内容でした。でもこの情報もネットで回っている
メールなのでその安全性にも疑問があるし、第一不幸の手紙みたいで気持ち悪いの
で、困っています。皆さんはどう思いますか?もしこのメールを読みたい人は、連
絡くだされば転送します。でも、最初にこうして断わってからでないとやっぱり人
には回せませんよね。もらった私は親切だとしてもちょっと気分悪いです。

>本間さん
 アドレス引っ越したんですね。私と同じBIGLOBE!少数派だと思ってたの
 でなんだか嬉しいです。

>サリーちゃんさん
 <あさきゆめみし>のおかげで、大学受験のとき源氏物語だけはばっちりでし 
 た。実際いくつか受けた大学のうち2校で<若紫>が出たときは、思わずにやっと
 笑ってしまいましたね。

>bananafishさん
 大阪ですか。それも天王寺!ディープですね。ユーゴー書店のところにあったア
 ニメイトってまだあるのでしょうか。小学生のころナウシカの下敷きを買ったの
 を思い出しちゃったです。
 去年の夏には、近鉄百貨店と駅をつなぐ歩道橋の下で、行き倒れのおじいさんが
 死んでいるのを見てしまいました。シュールな町です。

[1659] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/17 Wed 23:44:00
たびたび登場です。
武蔵野線は確かに京葉線に乗り入れています。ややこしいのでまとめてみまし
ょう。

船橋法典(中山競馬場最寄駅)から西船橋方面に行きたい場合は、
西船橋行、東京行、南船橋行、新習志野行のいずれかに乗って下さい。
府中本町行と東所沢行は埼玉県に行ってしまいます。
南船橋とその次の新習志野に行きたい方はほとんどいないでしょう。
総武線に乗り換えるため西船橋で降りるか、東京行に乗ってそのまま行ってく
ださい。いずれの電車も西船橋には止まります。

また下らない千葉ネタを書いてしまいました・・・

[1658]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/17 Wed 18:47:06
 今日は残業の本間です。社食嫌いなので、出前は何を取ろうか考え中。

◎オザキさんへ
 なるほど、有楽町のあのビルからホームに行けたのか。それにしても詳細な報告
お疲れさまです。湾岸線だか京葉線だかの高速を夜走ると幕張の辺りは綺麗ですよ
ね。先日結婚した私の後輩が千葉に稲毛にずっと住んでいたので、あのあたりはよ
く行きました。余談ですが、武蔵野線って京葉線に乗り入れてません? いつも船
橋法典から乗ると混乱します。他の人も混乱しているようです。難しいです。

◎のたへ
 私としては、女の子の写真を載せたかったのだけど、無断で載せる訳にはいかず
ああなりました。でもあのタバコの写真はなかなかよく撮れているね。その内送り
ます。

◎高橋さんへ
 どうも最近「私たちが好きだったこと」の話題が多いですね。さては最近文庫に
なりましたね。使い古された言葉だけど「現代のファンタジー」といった内容です
が、あの設定を受け入れられる人は楽しく読めると思います。
 しかし−6万は大きいですね。学生の6万なので余計価値があるでしょうし。そ
ういう時は飲み会を避けて地味な生活をするか、親に頼るかでしょうが、私のよう
に「勝てばいいんだ」とギャンブルにつぎ込むのはやめましょう。危険です。
 お父さんは明るそうな人ですね。何よりです。

◎清家さんへ
 読みにくいですか。「夢を見ずに」の方がずっと読みやすいと思いますよ。内容
は結構きついけど。
 それにしてもなんて優しい彼女なのでしょうか。あんまり甘やかすと後が大変で
すよ、と私が言う事じゃないですね(笑)。でも仲がいいのは何よりです。寒い冬
を一緒に乗り切って下さい。

[1657] 清家 さん(seike@tc4.so-net.ne.jp) 1999/02/17 Wed 01:41:30
こんばんは、おひさしぶりですー。
「帰れぬ人びと」を読んでから書こうと思ったのですが、全然進まなく
てー・・・。はじめの2つくらいは読みました。
感想は・・・、なかなか難しい。というか、なかなか進まないんですよねー・・。
なんでだろう。昨日の夜3つ目を読み始めたんですけど、3行目くらいに主人公の
名前がでてきて、そうしたら急に読む気がしなくなってしまった。あんまり得意な
文章ではないのかもしれない。「夢を見ずにおやすみ」も買ってあるので、そちら
を先に読もうかと思っています。

昨日、私は彼氏の大学に泊まり込みでした。彼氏の卒業設計を手伝って久々に徹夜
をしました。最近規則正しい生活をしていたので、徹夜はつらい・・・。
夜中の2時すぎるともう眠くてどうしようもなくなります。
明日の朝10時に提出なので、今頃焦りまくっていることでしょう・・・。
私は建築学科なのですが、学校に泊まるときはたいてい課題提出の前で、夜中の3
時すぎても大勢の人が起きていて、明かりが煌々とついているので全然怖くないで
すよ。

FF8,やってます。ほとんど1年ぶりくらいでゲームをやってますが、おもしろいで
すねー。FFシリーズは1のときからやっているので、やらないわけにはいきませ
ん。今日始めたばかりですが、なんか今回はややこしいシステムになってます
ねー。理解するのが大変でした。

「あさきゆめみし」は、いいですよねー。私が初めて読んだのは中学校か小学校の
時だったと思います。今でも家の本棚にちゃんと全巻入ってます。
なんと言っても絵が美しい・・・・。


[1656] 高橋 絵美 さん(emirinnomori@mug.biglobe.ne.jp) 1999/02/17 Wed 00:58:45
相変わらず、本間さんのホームぺ−ジは、書き込みが多くってびっくりです。
少し見ない間にこんなに話が進んでる。

今日、以前から気になっていた宮本輝さんの「私たちが好きだったこと」を手
に入れて、読破してしまいました。明日は心理学のテストなんですが、近くに
読むものがあったら、もうダメですね。読まずにいられませんもん。「私たち
が好きだったこと」、とっても素敵なお話でした。とえも読みやすいんですけ
ど、内容が薄いというわけでもなくて、ちゃんと訴えかけてくるものがあるん
ですもん。ああいう本に沢山巡り会えたらいいと思います。

 本間さん
私の場合、肺炎で3週間バイトができないため、来月の収入がいつものマイナ
ス6万です。今から来月の生活が心配で心配で、とるものも手につきません。

 サリーちゃんさん
「あさきゆめみし」サイコ−です。感動しすぎて、涙の嵐でしたよ。名作です
ね、あれは。「フィツジェラルド短編集」は、私にはいささか難しすぎまし
た。機会があれば、また挑戦したいです。

 のたさん
お大事に。頑張ってください。

 FF8
プレステを買えない貧乏学生の私。親元を離れる前は、FFシリーズはかなり
チェックしてたのに、無念です。先日、父親に電話したところ、『もう三枚目
終わりそうよ。初日に10時間もやっちゃった。ハハハハ。』だって。ただた
だ

[1655] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/17 Wed 00:49:06
>本間さん
あわわわ。スゴイ写真のっけてくれましたね。
っていうか,タバコは本間さんが「やれっ!」って言ったんじゃないですか。
ま 面白かったからいいんですけど。
親族の方たちには,犬にかまれたと思って諦めてもらいましょう。(笑)

>オザキさん
そうですか,やっぱり幕張に行くにはちゃんと調べていかなきゃだめですね。
しかし いろんな建物があるわりにはアクセスが悪いし,生活の匂いがしな
い不思議なところでした。


あ 奇遇ですね。私もDISK3に入ったところです。(笑)

[1654]オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/16 Tue 21:22:49
>ももさん、本間さん
幕張のことなら任せてください。なにせ中学・高校と六年間通っていたのです
から。
最寄駅はJR京葉線の海浜幕張駅です。京葉線の東京駅は地下四階にあり、距
離的にも中央線とかからものすごく離れているのですが、心配ありません。実
は有楽町駅とかなり近いのです。
元都庁があった東京国際フォーラム(有楽町駅徒歩1分)のエスカレーターを
降りればそこはもう京葉線東京駅の改札口なのです。切符が途切れるのが難点
ですが。どうせなら有楽町駅にすればいいのにと思うのは僕だけでしょうか。
ちなみに山手線ホームまでは13分くらいかかります。
地下鉄日比谷線から八丁堀駅で乗り換えるとたしかに近いです。土日は快速が
止まらないのですが、平日なら止まります。
それよりも有楽町線の終点・新木場駅で乗り換えるのがベストではないかと僕
は思っています。僕もいつもこの駅で乗り換えています。
TLDのすぐそば舞浜、僕の住んでいる新浦安を過ぎると、快速ではもう海浜
幕張です。メッセに行くには歩きでも余裕ですが、無料バスが出ているのでそ
れを使うのもいいかもしれません。ロッテの本拠地・千葉マリンスタジアムま
で行けます。
JR総武線を使うなら幕張駅ではなく幕張本郷駅で下車してください。そこか
らバスやタクシーがわんさかでています。津田沼っていう村上春樹さんのエッ
セイにも何度か登場するまあまあ大きな駅の次です。どうでもいいけれどここ
の代ゼミに通っていました。
うまい店はあまりありません。僕は学生らしくサイゼリアとかカプリチョーザ
によく行っていました。

たくさん書きましたが、ほとんどの方は興味のかけらも持たないと思います。
幕張はサイバーなところなのに妙に落ちついていて僕は好きでした。
ふと懐かしくなったので。
ちなみにFFはDISC3に突入しました。ただの暇人です。

[1653]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/16 Tue 18:55:50
 給料日は金曜日なのですが、今2000円しかないです。卵ともやしの世話にな
ろうかな。

◎bananafishさんへ
 1653番の書き込み、化け化けでしたので削除いたしました。ご了承下さい。
でも気合いで解読した限り、大阪からの通信のようですね。てっちりとてっさを食
べて感想を教えて下さいね。

◎のたへ
 数日休めば良くなるんだろうけど、そうはいかないのが勤め人。頑張ってね。し
かしオザキさんとtbさんとのたの話を聞いていると私もしたくなってきたなあ。早
く終わらせて私に売ってくれ。
 それと江崎の結婚式の写真を旅行記に載せました。のたがキャンドルサービスの
愛の火でタバコを吸っているシーンもばっちりです。しかし今考えるとやっぱり親
族の隣のテーブルであれはまずくないか?(笑)。

◎サリーちゃんへ
 昔のサーバーに書き込んだものが新サーバーに自動的にコピーされたためかと思
われます。多分こういうのは他にもあると思うので、見つけたら教えて下さい。で
も新サーバーにしたら早くなると思ったけど、そんなに変わらないのでがっかり。
 しかし凄い取り合わせで読んでますね。恋愛が生活の全て、というのは貴族階級
でもないと無理かと思われます。非日常はそんなに続かないですし。

◎ももさんへ
 私たちは水道橋から行ったのですが、素直に総武線で行った方が良かったような
気がします。新習志野止まりのため結局遅刻しましたし。
 しかし私の性格把握してますね(笑)。「一番好きな子と飲みながら好きな本の
話をする事が人生で一番幸せである」というのが私の座右の銘です。これ以外の組
み合わせだとうまくないです。例えば「好きな子と競馬場で飲みながら麻雀の話を
する」、これではだめな人です。何にせよ「最近何か面白い本読んだ?」「本読ん
でないから」と3秒で終わる会話は嫌だなあ。

◎スキャナー
 さて、今日もせっせとスキャナーで表紙を取り込もうかな。

[1652] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/16 Tue 16:33:35
これから幕張です。寒そう。
銀座でひろってもらうので車だかららくちんです。
電車でも地下鉄の八丁堀で乗り換えるとあまり歩かないですみますよ。
だたし一番早い快速だか急行だかには乗れません。
電車だと舞浜で降りたくなります。メッセよりもTDLに行きたいです。

《本間さん》
無事ブックマークの変更も出来ました。ありがとうございます。
本間さんてお酒と本と競馬と麻雀があれば生きていける人なんだと思っていま
した。煩悩もあるんですねぇ(笑)

《のたさん》
FF8ですか、大変ですね。会社のMacでやろうかな。
でも時間がかかるからなぁ、RPGって。
HPがんばってください(笑)

《サリーちゃん》
あさきゆめみしをよんでおくと源氏物語にはすーっと入っていけますよね。
私は高校生の時に読みましたよ。高校の図書館にも置いてありました。


[1651] サリーちゃん さん(setoes@msn.com) 1999/02/16 Tue 15:00:27
なんかちょっと調子悪いって言いましたけど元に戻ってました。

[1650] サリーちゃん さん(setoes@msn.com) 1999/02/16 Tue 14:55:58
あまりパソコンについて知らないので、なんでうまくこのホームページにつながら
ないのかと困っていました。本間さんご苦労様でした。でもなんかまだちょと調子
が悪いようです。変な記号がいっぱい出てきている。
私は、今『あさきゆめみし』(大和和紀ー絵、原作源氏物語)と、フィッツジェラ
ルドの短編集を読んでいます。濃厚な愛ですね。恋愛が生活の全て、と言う生活は
どんなものでしょうかねぇー。

[1649] のた さん(crazy4u@so.hot.co.jp) 1999/02/16 Tue 13:18:56
セキが止まりません。

>本間さん
ご無沙汰してます。
ここ2週間程だらだらと風邪をひきつづけています。セキのし過ぎで腹筋が
痛いわ,喉を痛めて血痰がでるわでもう大騒ぎです。
おまけに仕事も忙しくて,全然HPの作成が出来ずに泣きが入ってます。

FF8を買って,もうすぐDISK2が終わりそうなくらい夢中になってやっている
なんてことはありません。ええ ありませんとも。
今週末までにはクリアだ がんばるぞ。おー。(←ほんとに社会人か?)

>ももさん
あ・・えーっと,その・・・・・もごもごもご。
いや でもホントに頑張って作ります。<HP
公開目標は3月まで延期となりましたが。(笑)

[1648]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/16 Tue 11:56:25
 今朝出勤前にメール見たら、新アドレスが見えないというメールを2通いただき
ました。急いで直したので大丈夫かと思います。ご迷惑をおかけしました。

◎Fしろくんへ
 楽しかったようで何よりです。ウォンの下落が一時期盛んに報道されていました
が、今でも安いのかな?
 O・ヘンリーは中学校の時に感想文か何かで読まされて以来読んでいないですが
確かに今読む方が面白いかも。
 大阪南軍団、名前が強そうでいいですね(笑)。

[1647] Fしろくん。 さん(6may@rinku.or.jp) 1999/02/16 Tue 04:10:08
ソウルは楽しかったです・・・。買い物と食べるのに走り回りました。やはり、2
泊3かの旅では本を読むどころではありませんでした。というわけで、京極夏彦の
「姑獲鳥の夏」は手つかずに・・・。

旅行の帰りに寄ったブック・オフで0・ヘンリーの短編集など買ってしまいました
。結構おもしろかったりします。外国の有名人の作品を読んでみようかな、と思っ
てます。「大いなる遺産」をさがしてるんですけどね。映画が好きだったので。

bananafishさん、河内の出身ですか??私は泉南です。ご近所ですね。
大阪南軍団結成?(笑)やはり、ローカルねたがでるとなんだか嬉しいですよね。
というわけで、くみさん、bananafishさん、よろしく。(笑)




[1646]管理人 本間 (honma@mub.biglobe.ne.jp) 1999/02/16 Tue 00:35:08
 ようやくURL引っ越し作業が終わりそうです。疲れたー。リンクが切れている
とか画像が出ないなどありましたら、ぜひ教えて下さい。
 本の感想と作品リストのページもリニューアルしましたのでぜひご覧下さい。

◎ももさんへ
 私たちのように一つ手前の新習志野止まりの電車に乗らないように気を付けて下
さい。それにしても東京駅の京葉線乗り場は異様に遠い。
 「帰れぬ人々」は確かにある意味悲しくなる小説ですよね。私は学生寮のベッド
の上で読んだ記憶があります。
 残念だったのは両方です。私の好きなもので唯一両立する要素なのです(笑)。
 カラーコピーは来た日にお札と手や顔をコピーしてました。あと雑誌をコピーし
ました。Nプリンタとして使えるなら使いようもあるんですけどね。残念。

◎怪人さんへ
 まあ今無理して読むことはないですよ。もう少し経験を積めば分かることという
のも世の中にはありますからね。読む時期を選ぶ本なのかもしれません。

◎田崎さんへ
 好みは人それぞれですから、それはそれでいいと思います。しかし見事に怪人さ
んと逆パターンですね。
 オフはどなたが来られてもいいのですが、私は英語を苦手としていますのでちょ
っと緊張するかも。
 写真のコピーですか。私の会社は仕事柄ビクトロとかがあるのでそちらに頼って
しまいます。でも手軽に取れるからいいかもしれませんね。
 「ターン」は「スキップ」と比べると結構作風が違いますが、巧い小説です。お
楽しみ下さい。

[1645] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/02/15 Mon 23:58:42
どうも、「ノルウェイの森」以外の村上春樹の小説ってあんまし苦手な田崎です。
その代わり、エッセイ、旅行記やノンフィクション物は好きです。こんな奴はここ
では多分少ないんだろうな。
というわけで図書館から借りた「遠い太鼓」を読んでます。遠い太鼓につられて旅
に出るなんていいじゃないですか。しかもヨーロッパをあちこち住み歩きながら小
説を書いているなんて。こういう生活が成り立ってしまうとは、さすがに実力のあ
る作家だと感じます。今の私なんて会社や諸々に縛り付けられている感じで、こう
いう自由な生活に憧れます。ま、実際そういう生活になってしまうと、それはそれ
で大変なんでしょうが。
>本間さん
ところで3月に東京でオフをやると書かれてましたよね。今日ふと思い出しました
が、私が始めてここに書きこんだのは、村上春樹を研究しに来ているアメリカ人が
いるよという話題でした。あれ以降彼とは没交渉なんですが、スケジュールがあっ
たら連れて行こうかなと思っています。もっとも今でも日本にいるかどうか不明で
すが。
>カラーコピー
写真のコピーに便利です。僕ら実験結果を写真に撮っておくことが多いのですが、
それをひとに伝えるときに重宝してます。色の情報が必要無い写真でも、カラーコ
ピー機でコピーしたほうが再現性がいいです。

図書館で「ループ」、「ターン」(北村薫)、「本の雑誌風雲録」(目黒孝二)を
予約したら、「ターン」が一番最初に来ました(一週間くらい)。次は何だろう?

[1644]オペラ座の怪人 さん(fwjc7616@mb.infoweb.ne.jp) 1999/02/15 Mon 17:47:43
お久しぶりです 本間さん

アンダーグラウンド 文庫にしてはでかすぎだって・・・。
それに村上春樹のノンフィクション物と旅行記ってあんまし苦手なんですよ
ね・・・。

[1643] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/15 Mon 03:51:19
今週は幕張行かなくちゃ。遠いなぁ。

《帰れぬ人々》
私は友達と待ち合わせの時に暇つぶしにこの本を読んでいたなぁ。
人の気配に顔を上げた私を見て友達が「なんか悲しいことあったの?」と
言いました。えっ、なんで?と聞いたら「なんか悲しそうな顔してたから」と
言われたのですが、悲しそうな顔をしているつもりはなかったんですがね‥‥
うーん。読んでいた場所や状況を覚えている数少ない本です。

《乙武くん》
服と化粧品とほんの少しまじめな話題が載っている雑誌に登場していました。
マーガレット・ハウエルやコム・デ・ギャルソンの洋服を着こなして、
携帯電話で楽しそうにお話している姿はなかなかです。もちろん彼女もいて、
「体も心も頑丈なところが気に入りました」と言っていました。

《本間さん》
合コンお流れ残念でしたね。
女の子とお酒、どっちが楽しみだったのでしょうね?(笑)
蛇鏡と一緒に買ったアンダーグラウンドをつい先に読みはじめてしまいまし
た。なので、空飛ぶ馬はさらに後回しになります。
スキャナーは命綱のケーブルを外され机の上から下ろされ床にいます。
御役御免になりました。5年前の物なのでちょっと大きくとても重いです。
今度はCanonのスキャナーを買うらしい。
カラーコピー(Acolor)はPCとつないで出力機としても使っていますが、
とくに面白い機械ではないような気がします。顔でもコピーしてみます?


[1642]管理人 本間 (honma@mxg.meshnet.or.jp) 1999/02/14 Sun 23:12:39
 合コンが数合わずに流れたので、おとなしく家にいます。外は寒いし。

◎ユキさんへ
 「斜影はるかな国」は逢坂剛得意のスペイン物でなかなか読ませますよね。他の
スペイン物の作品も面白いのでぜひどうぞ。
 その新種のコンビニは店内で飲食出来る形式みたいですね。でも自分の店でパン
を焼いているのはポイント高いかも。私も学生時代コンビニでバイトしていたので
すが、食べ物は利益率高いんですよね。

◎高橋さんへ
 バレンタインは一昔前は3倍返しが相場だったような気がしますが、今は10倍
返しまであるそうです。高く付くチョコレートだなあ(笑)。
 病院まで1時間ですか。大変でしたね。ところで入院生活の方はいかがでした?
看護婦さん、優しかったですか? 医者はちゃんと毎日様子見に来てくれました?
私も入院して初めて知ったのですが、大学病院では医者の給料って凄く安いんです
よね。朝から夜まで仕事してあの給料では、好きじゃないと出来ない仕事だな、と
つくづく思いました。しかし入院して暇だからってそんな話するなよ>私。

◎ういすけさんへ
 障害者の話では数年前に、障害者同士でのプロレスについて書いた本が話題にな
りました。著者インタビューで「障害者だってスポーツしたいし、セックスもした
いんだ」というのがあって「そりゃそうだよな」と妙に納得した記憶があります。
自分と違った体を持っていても「何々が不自由な人」という一線を引いて終わりの
社会じゃなくて、対等に付き合っていける雰囲気が出来たらいいのですけど。
 鷺沢萠は何回か書きましたが、私の一つ上です。19の時「帰れぬ人々」を読ん
で参って以来愛読してますが、作家志望の人は読まない方がいいかもしれません。
本当参っちゃいますよね。

◎新井素子
 tbさんからリクエストもあったし、今日から新刊の「チグリスとユーフラテス」
読み始めてます。新井素子ってデビューしてもう20年以上かー、という感慨はと
もかく、半分読んだ感じではいい感じかも。ここ数年のライトエッセイとは打って
変わったSFとなってます。でも文体はそのまま。ただ高校時代に「グリーンレク
イエム」とか「絶句」とか「ひとめあなたに」とか読んだ時ほど興奮しないのは私
が年を取ったからかな。読了したら改めて感想書きますね。

[1641] ういすけ さん(s952427@titan.tohtech.ac.jp) 1999/02/14 Sun 16:31:00
引越しのため,何かとせわしない生活を送っているういすけです。それにしても,
このところの仙台は嘘みたいに寒い。原チャ生活はつらいです。(TT)

>乙武君について、
 私は仙台在住なので、出会うことはまず無いのですが、この間「徹子の部屋」(な
んで見てたんだろう・・・)と、いつだったかの多分「ニュース23」で,筑紫哲也さ
んとの対談で彼を見ました。
 私にはとても身近に片足の無い人がいます。
 私が物心つく頃にはすでにそうだったので,それは気にならないし,それこそが
その人の本来の姿みたいに見えます。でも、その人は片足を無くしてからざっと二
十年間、一歩も家の外に出ようとはせず、周囲の人もそれは゛仕方の無いこと”と
して暮らしていました。(現在では,少しづつ外に出ています)
 乙彦君の話を聞くと、自分が当然のことと思っていた先入観に呆然としてしまいま
す。いたわりだと思っていたこと。その生活。そこのボーダーラインは本当に難し
いなぁと思い知らされました。

>高橋さんへ
肺炎とは大変でしたね。しかも救急車・・・どうぞ、ホントにお大事に。
けど、その店長さんは良い人ですね。うらやましい。

>清家さんへ
「帰れえぬ人々」はいかがでしたか?
私はあれを読んで、作者近影を見、自分の年と変わらないことを知って、自分の成
長過程が嫌になった口です。 

[1640] 高橋 絵美 さん(emirinnomori@mug.biglobe.ne.jp) 1999/02/14 Sun 16:09:40
   Happy Valentine!!

と、いうわけで、今日は世間ではValentineのようですね。こんな日
に家にいるのは少し寂しい気もしますが、病み上がりなんでしかたありませ
ん。これは言い訳かなあ?

 本間さん
救急隊には、私の言葉が通じなかったらしく、救急車を呼んでから病院に着く
までに一時間近くかかってしまいました。苦しかった。

 オザキさん
FF8、買ったんですね!!羨ましい限りです。今手元にプレステないんです
よ。FF7の時に相当はまったんで(あれは名作でしたよね!)FF8も絶対
に手に入れたいです。ところで、やってみてどうですか?はまってます??


[1639] ユキ さん(h9701522@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/13 Sat 17:13:11
 乙武君、見たことありますよ〜。
確か正門前で見かけました。本が出た後だったのですがすぐに結びつかなくて後で
「そういえば」と思いました。最近は大学名を出すと結構広末さんネタでつっこま
れることが多いのでこういう話題はなんとなくうれしかったりします。
 オザキさん、三田誠広の授業とるのですか。去年行こう行こうと思いつつも文学部
キャンパスまで行くのが面倒で挫折したのは私です。今年は文学部の他の授業も取
って、ちゃんと行こうと考えているのですが去年と同じようになる危険あり。

 教育学部と社会科学部の試験監督のバイトをするのですが、試験開始と終了のチャ
イムのかわりに鐘をがらんがらんならしながら走り回る仕事には当たりませんでし
た。がっかり。でも試験受けたときにはびびりました。

 逢坂剛の「斜影はるかな国」読みました。すごく分量あったのですが、続きが気に
なるけど終わらないで欲しい〜という本にひさしぶりにぶつかりました。面白かっ
たです。うん。

 いつもは大学内の生協で働いているのですが休み中はしごとがないので近所のファ
ーストフードとコンビニのあいの子のような変な店で働いています。新種のコンビ
ニらしいのですがとても暇です。昼時なのに暇。やばいです。お店でパンを焼いて
売っているのですが大量に廃棄処分されていてしのびないです。でもドーナツを揚
げていると幸せな気分になります。


[1638]管理人 本間 (honma@mxg.meshnet.or.jp) 1999/02/13 Sat 10:50:47
 今朝出勤途中で温度表示見たら0度。春はまだかな。

◎高橋さんへ
 肺炎だったんですか。それは災難でしたね。私もほとんどの人と同様救急車は乗
ったことありませんが、手際が悪いというのは近くの病院に行かないという事?
 でもいいバイト先の店長さんですね。入院中は自由に本を買えないので、差し入
れは嬉しいですし。

◎ももさんへ
 私の部署では、先日カラーコピーが入りました。10日間限定のお試し導入なの
ですが、何に使おうか迷います。スキャナー、早く機嫌が直るといいですね。
 「蛇鏡」を読んでくださるのは嬉しいのですが「空飛ぶ馬」を途中で放っておか
れるのも複雑な気分です。読んでいて幸せになりませんか? 男だけなのかな。

◎くみさんへ
 12時過ぎまで学校にいるというのも凄いですね。お化けが出るよ、って子供じ
ゃないか(笑)。
 村上龍関係のホームページは見たことないですが、ファンの人は熱そうですね。
なんか肉を常食してそうです(偏見100%)。私のページは私がお気楽な性格な
のであまり深く考えずに作ってますが、そう言ってもらえると嬉しいです。
 スキーといえば、関西系スキーヤーは長野あたりでいろいろ有名ですが、みんな
巧いですよね。

◎オザキさんへ
 私もオザキさんのページ見て買いに行ったら売り切れでした、って私はいくつに
なったんだ(笑)。ゲームは面白いんだけど、えらい時間が取られるのがネック。
 大学の授業は学部が多数あって、様々な授業を選択出来るだけでも羨ましいと思
いますよ。私のとこは単学科で選び甲斐がなかったですから。
 「五体不満足」は未読なのですが、こういう内容の本が売れるのは嬉しいです。

[1637] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/13 Sat 08:23:10
受験生の敵・FF8を買い求めました。予約をしていたし、コンビニだったので何
の問題もなく買うことができました。
それにしてもこの時期に出すとはひどいですね>スクウェア
ちなみに2年前、ひどい目に会ったのは僕です。
「なんで受験の一月前にだすんだよ!」と叫びつつも1日十時間ほど指定校推薦が決
まった奴と競いながらプレイしていました。
あーあ、あのとき真面目にやっていればこんなつまらない学部に行かなくて済んだ
のかもな、なんて思うのはただの負け犬の遠吠えです。現実は甘んじて受け入れま
す。どこの学部も同じくらいつまらないようだし。

「五体不満足」の乙武くんの前向きさに驚いています。手足がないのは障害ではなく
個性だなんて、そんなことを言えるひとは凄すぎます。少しだけでも見習いたいで
す。
ところで、僕の友達に聞いたらみんな乙武くんを見たことがあるといいます。確か
にものすごく目立つでしょうし、早稲田に住んでいるようなので見る頻度も高いは
ずなのですが……僕はまだ見たことがありません。あまりにも大学にいかなすぎだ
からでしょうか。
何人かいらっしゃる早稲田の方、見たことありますか?

[1636] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/02/13 Sat 00:20:22
くみです。
ただいま、卒論の関係で学校に居残りです。くすん。>_<..
そのおかげであまり本も読めません。

私は結構村上龍の方もdeepで好きなのですが、
龍関係のHPを覗くと、やっぱり書き込んでおられる人の層は
若干違う気がします。
まあ、HPつくってる人にもよるのでしょうが。
とにかく、このBBSは気軽でしかも楽しいのでお気に入りです。
そんなに小説に詳しくなくても居づらくないし。

>Bananafishさん
 私が高校生のころは実はまだMIOも出来ていなかったので
 もちろん、マネケンはなかったです。
 よく天王寺で遊びましたが、待ち合わせはいつも
 ”飛んでる天女の下”でした。(みどりの窓口の前)
 (金色に塗った天女の形の人形が、駅のコンコースに天井からぶらさげてあ
 るのです。天王寺に行く用事がある人は中央出口を出るとすぐ目の前にある
 ので、見てみてください。)

そうそう、昨日、今シーズン初のスキーをしました。(卒論あるのに)
日帰りだけど。
ハチ北高原という、兵庫県の北西にあるスキー場です。
吹雪いて大変だったけど、めちゃ楽しかった。
関西にいると雪に出会う機会が少ないので、はしゃいでしまいました。


[1635] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/12 Fri 21:02:18
あれれ、万が抜けてる‥‥。
あいかわらずちょいミスが多いなぁ。
100万光年ですね(笑)。


[1634] もも さん(ringo@postpet2.so-net.ne.jp) 1999/02/12 Fri 20:44:56
本間さんがスキャナーを買ったから会社のスキャナーが不調になったという
のは‥‥嘘です。スキャナーがご機嫌ななめなのは事実ですが。

さっき本屋に行ったらはるか100光年程前にすすめてくださった『蛇鏡』が
文庫で出ていたので買いました。そうです、まだ読んでいなかったのです。
『空飛ぶ馬』がまだ途中だけどこっち先に読もうっと。


[1633] 高橋 絵美 さん(emirinnomori@mug.ne.jp) 1999/02/12 Fri 20:41:15
本間さん、皆さんこんにちは、お久しぶりです。実は、この一週間というも
の、肺炎のために入院してしまい貴重な経験をすることができました。春樹堂
を覗けないのはとてもつらかったですけどね。
生まれて初めて救急車で運ばれてしまいましたよ。救急隊の手際の悪さにうん
ざりさせられました。でも、苦あれば楽ありで、よいこともありました。バイ
ト先の店長が、「レキシトンの幽霊」と、「村上春樹の世界」のハードカバー
を持って、お見舞いにきてくれたんです。最高に感激でした。私の趣味を覚え
ていてくれたなんて!

 本間さん
わざわざメールありがとうございました。めげずに頑張り

[1632]管理人 本間 (honma@mxg.meshnet.or.jp) 1999/02/12 Fri 19:31:29
 本当寒いですね。この寒いのに明日の朝も仕事だ。しくしく。

◎ぴかさんへ
 名前の件はそうだったのですか。
 スキャナーはただ置いてスキャンするだけなので楽は楽です。ただ写真だけ取り
込みたいのであれば、デジカメの方が楽ですね。今のところ200dpiでしかス
キャンしていないので、600での綺麗さは不明ですが、あればあったで確かに面
白いかも。何かいい使用法思いついたら私にも教えて下さい。

◎田崎さんへ
 本の表紙を取り込めるのはいいかな、と思ったのですがまだ実行してません。ホ
ームページは画像があるとそれらしく見えるので、わりと簡単ですよ。
 村上さんが和敬塾にいたのは確か1年間だったと思います。和敬塾については村
上春樹の世界、という写真集のような本が詳しいですよ。

◎清家さんへ
 雪かきもたまにだったら楽しいんですけどね。毎日だと重労働ですよ。しかし関
東地方で大荒れだというのに、昨日の東北各地のスキー場はまれにみる好天気だと
いう話です。不思議ですね。
 「帰れぬ人びと」は初期の代表作とされているし、私も結構好きです。感想お待
ちしてますね。それにしても初心者マーク4つは付けすぎでは(笑)。ちなみに私
は雪降ると夏タイヤなので一切運転しません。

◎WAKAさんへ
 会社員にとっては人事異動の時期ですねー。私は前々から「究極のメニュー」を
担当したいのですが、社内にそんな部署はないようです。
 ねじめ正一は私もその一冊しか知りませんね、そういえば。
 原田宗典ネタで、私が想像したのは西早稲田キャッチボール愛好会に入らされる
伊集院静でした。5分で帰りそう。

◎bananafishさんへ
 仙台も含め、東北地方でも太平洋側ではほとんど積もりません。年に数回かな。
その分日本海側や山地では嫌というほど積もります。毎日かな。
 私が小学校の頃は青森県の弘前に住んでいたので、学校が終わると靴に付けるミ
ニスキーとかそりで毎日遊んでました。子供の頃は雪は嬉しかったな。ある程度大
きくなると学校行くのが面倒なので嫌になりますが。

[1631] bananafish さん(c9701384@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/12 Fri 15:15:44
 ちはっす。休みなのでいま実家(大阪)に帰る用意をしています。
ほんとは昨日だったんですが、昼頃雪が積もり始めて
「さぶい・・あしたにしよ。」となりました。
でも今日もさっきまで「ぬくい・・」と昼寝していた(笑)
 去年・今年と東京は雪が積もりましたが大阪ではめったに積もりません。
本間さん、仙台ではやっぱよく雪がつもるんですか?
清家さん(はじめまして)東京とくらべて埼玉はすこし寒いのですか?
 そうそう、三田誠広さんの授業ですが、去年少しもぐってました。
生徒の面倒見がすごくいい先生だと思います。ただ、当たり前といえば
当たり前ですが、どんな風に書けば印象が変わってくるかは人に聞けますが、
自分が何を書けばよいかというのは自分しか知らない、ということも
授業を受けていて感じました。結論としては早稲田の文学部の文芸専修の
中では比較的よい指導をしてくれる先生である、といったとこでしょうか。

◆くみさんへ
 遅くなりましたがふっふっふ、ボウルタカハシ、知ってます。
 昔の旭屋書店の並びのちょっと小汚いとこですよね。1Fのゲーセン
 たまにいってました。ユーゴー書店はよく参考書を買いに行ってました。
 くみさんが高校生のころってマネケン(わっふるやさん)が出来た頃ですか?
 Mioのなかの“卵と私”は行ったことありますか?
 あ゛ー、天王寺人(宇宙人みたいだ)の血がさわぐー!
 すいません、本間さん、みんなの掲示板で。今度天王寺Offしてください。
 その時は実家に帰って参加します(笑)

◆tbさんへ
 いま学校入試で閉鎖されているので
 3月に大学生協で村上さんちょっとイチオシ計画(笑)実行予定です。
 しかし僕の周囲では一般に龍ファンの方がドライで押しが強いような気が
 します。やっぱ作家によってファンの性格の傾向ってあるんだろうか?
 卒論計画これでたてよかな?
 

[1630] WAKA さん(k-waka@mvg.biglobe.ne.jp) 1999/02/12 Fri 12:09:43
気がつけば12日!コードネーム応募するのを忘れてました。しくしく。
社内では人事異動の話題で持ちきりです。人から聞いた話と憶測が入り混じり、訳
がわからない状態ですが、人の異動は楽しいです。自分のはいやだけど。

直木賞シリーズ、<高円寺純情商店街>読んでます。でもねじめ正一って、これ以
外知らないなー。興味がなかったから知らないだけでしょうか?

インド映画<ムトゥ踊るマハラジャ>のとりこになってた私は、同じくラジニカー
ント主演の<踊るゴットファーザー>を見ました。どうやらインドの任侠もんのよ
うでしたが、やっぱり歌と踊りが要所要所に入ってて笑えました。どちらもツタヤ
でレンタルやってますので、暇な人はぜひ見てください。爆笑必至!

>ういすけさん
 ハイジのブランコ、気になってたので抜粋ありがとうございました。
 でも文系の私にはわかったようなわからないような・・・。
 読みながら固まってるうちにタバコの灰が畳の上に!

>くみさん
 伊集院静と原田宗則は通じているんですか?伊集院作品は<受け月>、原田作品
 はエッセイしか読んだことないので、酸いも甘いもかみ分けた大人の男伊集院静
 が、「びっくりしたなー、もぅ。いやいやっ!」と言ってるとこを想像しちゃい
 ました。

[1629] 清家 さん(seike@tc4.so-net.ne.jp) 1999/02/12 Fri 01:47:05
雪ですー!今日、埼玉県・大宮市では雪が降りましたー!!
結構積もって、(とはいっても3cmくらい)雪かきもしました。
私は雪かきが好きです!楽しいじゃぁありませんか。
スキー場以外で雪と戯れることができるのは年に1回くらいです。
この年齢になるとさすがに雪だるまを作るわけにもいかないので、雪かきをして
雪を堪能するわけです。今日も堪能しました。

雪の中、車を走らせて本を買ってきました。
先日本間さんに勧めていただいた鷺沢萌さんの本で、「帰れぬ人びと」です。
「夢を見ずにおやすみ」は、おいていなかったので、とりあえず違うのを買ってき
ました。何しろ雪が降っていたので、車に初心者マークが4つもついている私とし
ては、あんまり遠くの本屋さんにいく勇気はありませんでした。
これから読もうと思っています。呼んだら感想書きますね。
本間さんどうもありがとうございました。

[1628] 田崎 さん(sataz@po.teleway.ne.jp) 1999/02/12 Fri 01:00:49
私もデジカメよりスキャナがいいかなと考えています。買いこんだら自分のホーム
ページを作ってしまおうかとも思いますが、そこまでやれるでしょうか?

ところで今日(昨日か)朝10時ごろからNHK総合で和敬塾紹介の番組をやって
ました。村上春樹のことにも触れるかと思いきや、全く言及なしでした。春樹さん
もあそこにいたのですよね?でも4年までずっといたわけではないのかな?
和敬塾そのものは随分体育会系の乗りで思っていたのとは印象が違いました。今で
もあんなところがあるんですね。しかも4棟も。

[1627]ぴか さん(hikari-postpet@geocities.co.jp) 1999/02/11 Thu 23:26:16
書きこむのはひさしぶりです。オザキさんのページではじめましてといわれました
が、
以前はtさやかと名乗っていたものです。わかりにくくてすみませんです。
スキャナー買おうかどうか迷ってます。使い心地とか、どうですか。
デジカメと迷ってるんですが、値段が圧倒的に安いのでスキャナに傾いてます。

[1626]管理人 本間 (honma@mxg.meshnet.or.jp) 1999/02/11 Thu 13:49:32
 あと30分したらスキャナーを買いに行く本間です。キャノンの1万のやつにし
ようか、エプソンの3万のにしようか未だ考え中。

◎くみさんへ
 そういえば合唱大会とか、そういうのありましたね。私が中二だったときはビー
トルズの「オブラディオブラダ」でした。だからこの歌の事を書いた村上さんのエ
ッセイを読んだときは色々思い出しました。あれはあれで面白いイベントかも。
 伊集院静は作家としてよりも、ギャンブラーとしての姿に接する方が多いので、
小説もそちらの方は読んでます。文学系はまた結構感じが違いますが、原田宗典と
似てますか? うーん、小説の方の原田宗典とだったら多少似ているかも。

◎フヂヲカさんへ
 さっそくのお越し、ありがとうございます。
 自分たちと違うもの、一般的じゃないものには冷たいですよね。私もなるべくそ
ういう偏見を持たないようにしよう、と思っていますがきっとどこかで同じ様な事
をしているかもしれません。「自分が正しいんだ、普通なんだ」と思いこむことは
怖いことです。

◎中山文太郎さんへ
 はい、初めまして。
 ローカル番組はなかなかあなどれないですよね。しかしなぜ福岡のテレビ局が香
川まで? 「香川の旅特集」みたいな企画だったんでしょうか。それとも私が思っ
ているよりずっと福岡と香川は密接な関係があるのかな。

◎余談
 先日本を読んでいたら、アメリカのプリンストンはサラブレットの牧場がたくさ
んあり、アメリカ1の生産・育成牧場もそこにある、という事を書いてました。プ
リンストンはそういう所だったんですね。ちなみにヒシアマゾンのお母さんも、彼
女自身もそこにいます。

[1625] 中山文太郎 さん(bunchan@19.alphatec.or.jp) 1999/02/11 Thu 06:14:16
皆さん、初めまして。僕は21歳の大学生です。初めてこの掲示板を利用させても
らってます。
僕は九州の福岡に住んでいるのですが、昨日テレビを見ていたら、なんと中村うど
んが紹介されているではありませんか。(ドゥーモというローカルの情報番組で
す。)春樹さんが書いていた通りかなりディープなうどん屋さんでした。(おばさ
んがものすごく愛想が悪い)でも不思議と嫌な感じはしませんでした。
僕は、「へーこんなところなのか」と結構楽しみながら見れたのですが、春樹さん
がもし見ていたら、あまりいい気分はしなかったのかな?と思っちゃいました。
それではこのへんで。

[1624]フヂヲカ さん(tks@mte.biglobe.ne.jp) 1999/02/11 Thu 04:18:20
皆さん、初めまして。
掲示板の方には登録させてもらっていましたが、
掲示板は初めてです。
僕は今、自動車学校に通っているのですが、
ここに、突撃隊みたいな人がいます。
ドモルんです。あと、なんとなく動作が変というか。
でも、実際に突撃隊のような人と会うと、あまり笑えませんね。
かわいそうで。
彼は性格はすごく良いですよ。見たところ。
でも、みんな彼がどもったり、すこし態度が変だったりするので
馬鹿にしているというか、まともに相手にしないんですね。
そういうのを見ていると、何となくムカッときます。
世間って冷たいものですね。
なんか話が変になってしまった。
それではこの辺で。

[1623] くみ さん(9573230s@mailgate.kobe-u.ac.jp) 1999/02/10 Wed 20:55:18
くみです。
やっと、”コードネーム下さいメール”出しました。

Queenのことが話題になっていましたが、そのことで。、
私は9月に母校の教育実習(高校理科<化学>)に行っていたのですが
その時受け持ったクラスが音楽祭のときに
”ボヘミアンラプソディ”を歌っていてすごく感動しました。
もちろん、歌を作ったQueenもすごいんだけど
その曲に魅力を感じて、編曲して一生懸命になって歌ってる生徒にも
すごい、と思ってしまいました。
    ↑
   関係ない話だけど、思い出してしまったので。

最近読んだ本は伊集院静の”ジゴロ”です。
初めて、伊集院さんの本を読んだのですが、
軽快ながら、心に伝わるものがありました。
私の印象としては、原田宗典と少しかぶるのですが…。
どうなんでしょう? >all



[1622]管理人 本間 (honma@mxg.meshnet.or.jp) 1999/02/10 Wed 14:14:57
 昼食べた後のこの時間が一番眠いですね。

◎barbaraさんへ
 はい、はじめまして。「中国行き」は山手線の逆回りに乗せてしまう場面が印象
的でした。分かっていて乗る、というのも何か分からないでもないです。
 映画や音楽でも何でも、こちら側も年を取って感受性が変わっているからかもし
れませんね。村上さんのエッセイにもありましたが「昔はどんなつまらない映画か
らでも何かしらの教訓を得ることが出来た」です。

◎清家さんへ
 ですよね、ありますよね「中国行き」。こちらだけ一杯あるのかと思いました。
 その好きな作家ラインだと文学系がお好きなのでしょうか。それでしたら鷺沢萠
をおすすめします。講談社文庫の先月の新刊で「夢を見ずにおやすみ」というのが
出ましたのでとっかかりとしてこれをおすすめします。

◎katzさんへ
 吉本で、というその発想が凄いです。あの話の羊男はちょっとかわいそうです。

◎tbさんへ
 論文、お疲れさまでした。自分で頑張った、と思えるのならそれでいいと思いま
すよ。頑張り具合なんて評価できるもんじゃないですし。

◎オザキさんへ
 という訳でどこかの本屋さんで見つかるといいですね。

[1621] オザキ さん(e97a0654@mn.waseda.ac.jp) 1999/02/10 Wed 12:39:23
W杯、NFLスーパーボール、NBAファイナル、どこでも定番の曲がQueen
の「We will rock you」と「We are the champions」ですね。高校の文化祭の
後夜祭で友達と一緒に「We will rock you」を演奏したことがあります。とい
っても僕はタンバリンを叩いて観客をあおっていただけなのですが(笑)


>清家さん
「中国行きのスロウ・ボート」、探しているのは僕です。
意外に(と思っているのは僕だけなのかもしれませんが)多く本屋に溢れてい
るようで嬉しいです。書店巡りの旅に出ようかと思ったのですが、風邪でダウ
ンして果たせないでいます。ちなみに、千葉県在住です。

[1620] barbara さん(barbara@kc4.so-net.ne.jp) 1999/02/10 Wed 11:11:22
昔,Queenのコンサートに行ってフレディーマーキュリーの歌唱力にひっくり
かえりそうになった。もし生きていたらオペラでもやってもらいたいくらい。
ボヘミアンラプソディは心に染みる。

[1619] tb さん(shiva@mx.biwa.ne.jp) 1999/02/10 Wed 01:41:12
論文終わりました。ちょっと急ピッチだったので、肩が凝っています。これで
本年度の学業はほんっとに終わり。なんか随分頑張ったような気がするけれど
、多分単なる誤解なんでしょうねえ(笑)

このまえ忘れてたのをまず・・・

>katzさん
ポールオースターは、「偶然の音楽」の事です。僕の無知から、紛らわしい表
記を用いて申し訳ありませんでした。オースターについては、「ニューヨーク
三部作」を手始めにそろそろ一気に読もうと思っています。論文が先ほど終わ
り、後は履歴書をまとめて書き上げれば、しばらくのほほんとした時間を過ご
せそうなので、その時にでも読んでみます。
ところでkatzさんはアメリカンロックにも詳しそうですね。僕もアメリカンも
、UKも、ヨーロピアンも、ロックは何でも大好きです。最近ではKORNとオアシ
スがお気に入りです。一番はBON JOVIとQUEENです。

>barbaraさん
80年代も大好きです。リアルタイムで聴きはじめたのが80年代ラストあたりな
ので、その分思い入れが大きいようです。ガンズが出てきた時は吃驚仰天でし
た。

>bananafishさん
僕の名前は実に散文的な構成で、単なるイニシャルです(笑)
以前はもっと凝った名前を使っていたのですが、何て言うか突然翻意して、現
在の名前に至っております。今はどこでも、本名かtbを名乗っています。村上
さんの本については、たまに村上春樹のところに村上龍が入っている所もある
けれど、大体逆ですよね。入れ替えてる所を見つかると、多分怒られますので
、気をつけてやってください(笑)

[1618] katz さん(katz@rose.plala.or.jp) 1999/02/10 Wed 01:13:55
「中国行きのスローボード」の「シドニーのグリーン・ストリート」を吉本新歌劇
でやったら面白そうと思うのはきっと僕だけでしょうね。

★ういすけさん
 理系の知識もこういうところに生かせるとすごく楽しいですね。文部省も「鉄球
の落下速度を求めよ」というお堅い問題はやめてハイジとかガンダムとか宇宙戦艦
ヤマトとかの問題を出せば理系嫌いも減るんじゃないでしょうかね。
 ところでスキーのジャンプ競技の飛び出し速度が時速80km位だったはずですから
ハイジがブランコの手を離したら最長不倒ねらえますね。それにしても40kgの体重
を飛び出さないように支えるハイジの握力も恐るべしという感じです。

★barbaraさんへ
ロックも映画もアメリカよりイギリスの方が元気いいような気がしないでもないで
すが、90年代も捨てたものじゃないですよ。
 ’80-’90はレコードからCDへ、ラジオからMTVへと音楽を取り巻く事情は革命的
に変わりましたね。
 最近の映画では「Shooting Fish」というイギリスの映画がめちゃいけてまし
た。

★オザキさんへ
 三田誠広氏関連ですが、一度ホームページを訪れメールを送ったらなんと1時間
後にメールの返事がきてとてもビックリした記憶があります。内容はたしか「人間
の死は小説の一つの大きなモチーフなので時代とともに人の死に方が変わってくる
と小説の形態も変わってくるのか」といった暗いものだったのですが、さすが早稲
田で教えているだけあって非常に論理的な返答でした。そういえば春樹さんの「ノ
ルウェイの森」も引用してましたね。小説家志望の人にはまじめに対応するという
姿勢が窺えました。案外まめで親切な人なのでは?


[1617] 清家 さん(seike@tc4.so-net.ne.jp) 1999/02/10 Wed 01:05:16
久しぶりにお邪魔しました。
皆さんお元気そうでなによりです。

「中国行きのスローボート」は、どなたか探してらっしゃるんでしょうか?
家の近くの本屋ではけっこう見かけます。文庫本のやつですよね?まだ探している
のでしたら教えてください。ちなみに私は埼玉県在住。

最近私は暇を持て余しており、本読みまくりー、です。
今は「国境の南、太陽の西」を読んでおります。
この本は授業が空いたときに大学の図書館に通って読んだので、本は持っていな
かったのですが、今日買ってきて読み始めました。
この本が終わったら次には何を読もうかしら、と考えています。
そろそろ新しい作家さんを発掘したいのですが、お勧めはありませんでしょうか?
今のところは村上春樹、小川洋子、椎名誠、がお気に入りです。